「ツインテ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ツインテとは

2020-07-04

おいらが魔法少女に変身すると

おいらさんが魔法少女に変身

衣装勝負下着

髪型と色:ツインテ・白

身長:161cm

バスト:97cm

容姿:標準・美顔

性格:寂しがり

声質:ロリ

武器:杖

魔法属性植物

https://shindanmaker.com/999243

---

ほほう。

いささか予想外の展開だ。

2020-06-28

俺の中ではゼブラ先生ツインテ美少女なんだ

50才超えのおっさんなんかじゃ断じて無いんだ

余計なこと言うんじゃないんだ

2020-05-13

JK関連のエロい夢をみただけの日記

ざっくり言うとJK2人と仲良くなってちょっとエロに踏み込んだ。

覚えておきたいか関係ないところも全部かくけどゆるしてね。

前編:

唐突ながら大規模に避難活動中。なんか現実コロナ関係の影響で、そういう世界観なんだと思う。

自分新幹線を使うレベル下宿から実家近くに帰ってきているところで、忘れ物によって実家に帰れない。

なんか避難中に「北側名古屋らへんにあるミッドガルテロが起きて云々」みたいな情報をきいた覚えがある。そういう世界観なんだと思う(思えない)。

で、自分も移動中、前にJK2人組。どうぶつの森の話をしていて、聞こえてちょっと笑ってしまった。そしたら話しかけられて関係が始まった。

1人目は黒髪2つ縛り(ツインテ)で、2人目はそれより身長があって髪色明るめセミショート

現実の時事に影響されすぎである特にゲーム

移動先がJK2人組の家だった。正しくはJKツインテの家。隣にJKセミショの家。

なんか裏口(むしろ2階の窓とか屋根裏とかの印象)から入って、誰の目にも触れず一晩して、正面から出て解散した。正面の脇に別の部屋があった。

南:移動元→JK家→実家:北 みたいな配置で、特にJKから実家は実際に知っている道のりだった。

知らないうちに自転車で通学モードっぽくなっていたJK2人を追いながら走って帰った。

後編:

で、何がなんだかわかってないけどもう一度再会して、またJKツインテの家に泊まることになった。JKセミショもいる。

「正面の脇の部屋」からJKツインテの両親が出てきたりもして、やたらドキドキしながらすごす。風呂も頂いたりした。

このあたりからJKセミショとの距離感が近い。風呂上がりにやたらくっついてくる。

寝るにあたって、ベッドに3人並んだ。ベッドがデカい。JKツインテJKセミショ|自分の順番。

案の定JKセミショが絡んできて、キャッキャしてしまった。あとから気づいたらJKツインテはオナっていた。

JKセミショが満足して寝入ろうかというところで気付くと、JKツインテが尻を突き出し悶々としていた。下半身パジャマはなかった。ものすごい理想的な尻だった。(唐突描写

どうしたもんかと思って悩んだ末、なぜかプチ奇行に走ってしまい、アナルを舐めた。

その瞬間、セミショの手前声も出せないツインテが驚きふためいて、ベッドの自分エリアにひっこんだ。夢だったので謎視点が発生したけれど、真っ赤になって「なんで!?!?!?!?!?」となっていた。

そんなこんなで夜が明けて、メッチャ微妙空気で朝を迎えて有耶無耶になったところまで覚えている。

起きてから時間経ってしまたこともあって意味わからん文になったけど、備忘夢日記やし多少はね・・・

2020-02-04

萌黄えもに花束

動画配信を題材にした女児向けアイドルアニメキラッとプリ☆チャン』に、「萌黄えも」という登場人物がいる。

物語の中心となるプリチャン(作中の動画配信サービス名前アイドルユニットミラクルキラッツ」のメンバーであり、主人公桃山みらいの幼馴染。スポーツが得意で学校ではチア部に所属金髪ツインテ。口癖は「えもい!」。ユニット「メルティックスター」のリーダー赤城あんなとは犬猿の仲(という名のカップル)。初代プリチャンアイドル?の孫というサラブレッド的な設定も一応ある。第一からみらいと共にCGライブも行っており、メインキャラの一人であることは間違いない。

そんな萌黄えもが、いつの間にか自分にとってプリチャン内で最も気になるキャラクターになっていた。気になる、といっても萌えとか推しかいう話ではない。見ていて妙にハラハラさせられる、危なっかしい存在ということだ。

どの辺が気になるのか。いくつかの要素に分けて見ていく。ネタバレあり。

能力

一期から登場している、えも以外のメインキャラ=プリチャンアイドルたち(トップアイドル白鳥アンジュを除く)を見てみると、

キラッツ

桃山みらい:トップアイドルトップデザイナーに認められた才能を持つ天性のアイドル。特技はキラースマイル(変顔

青葉りんか:博識で、一人でプリチャン配信を行える技術力もある。UMAにも詳しい

メルティック

赤城あんな︰超金持ち

緑川さら芸術家肌でギターの上手いイケメン

紫藤める:飛び級天才

と、なんだかんだで一芸に秀でた超中学生級の面子がそろっている。その中に混じると、えものチア部でスポーツが得意」はやや分が悪い。実際、序盤ではみらいとの運動神経の差がある程度ストーリーに関わることもあったが、以後はえもの特技・特性が作中で活かされることも稀になっていく。ライブ演出ポンポンを使うぐらいか

性格人間関係

ポップ系のアイドルだけあって、えもは基本的には明るく元気な性格をしている。しかし、調子に乗って失敗するとか肝心なところで弱気になるといった、ネガティブな面もしばしば描かれ、むしろそちらの方が印象に残りやすい気さえする。

これがたとえばプリティシリーズ前作「プリパラ」の、「ドロカス」ことドロシー・ウェストのような突き抜けた無軌道さまで行けば、それはそれで一種愛嬌にもなるだろう。だがえもの場合はその人格に、良くも悪くも過剰(異常?)さはあまり感じられない。

そんな中途半端さを象徴するのが、えもがズレたことを言って、みらいとりんかが「「あはは……」」と苦笑するミラクルキラッツ定番の流れだろう(定番とはいえこれはワンパターン過ぎるので正直そろそろ控えてほしい。ついでに、りんかのシルクちゃんオチも)

ライバルである赤城あんなが、高飛車お嬢様ではあるが実はストイック努力家でツンデレという、ベタであるからこそ鉄板好感度の高いキャラ付けであることも、えもの煮え切らなさを際立たせている。

たとえば、えもとあんなのデュエット曲、「ツヨキ!ツインテールズ」冒頭のこの掛け合い。

あんな「今日特別に、一緒に歌って差し上げますわ」

えも「はぁ?感じ悪いんだけど!」

「はぁ?」って……「感じ悪い」って……もっと言い方……

これはもちろんツンデレ同士のじゃれ合いでしかないのだが、あんなが分かりやすく「ツンデレお嬢様」の文脈に乗っているのと比べると、えもの方はほんの少しばかり、無駄に地に足のついたキツさが前に出ているセリフに感じてしまう。要は、「感じ悪い」って言う方が感じ悪くない?

一期終盤の展開

49話「さがして、さがして、さがしてみた!」。ミラクルキラッツはメルティックスターを破り、ネクストプリンセススペシャル大会への出場権を得る。しかし、出場券である「ウレチケ」を預かっていたえもは、大会前日になってウレチケを紛失していることに気付くのだった……

チケットを探す過程で、キラッツが家族やこれまで出会った人々との繋がりを再確認する、という王道エピソードではある。が、あくまでそのきっかけでしかないとしても、最終決戦直前のこのタイミングに、いつもの調子でえものしょうもない失敗をわざわざ持ってくるのか?と、当時はかなり疑問に感じた回だった。

しかオチは、えもがチケットを自分帽子に隠していたのを忘れていただけ(その上チケットは実は再発行可能)というもので、最後までえもが名誉挽回するようなイベント特に無し。ギャグとしても、やはりやり過ぎだったのではないだろうか。

そして更に追い打ちをかけたのが、一期最終話である51話キラッとお別れ、やってみた!」。海外に旅立つメルティックスターを見送るためにお別れ会企画するミラクルキラッツ。だが、時間になってもえもが来ない。みらいとりんかはえもを探しに行く……

今回のえもの遅刻理由は、会場に向かう際に転んでケガをしたせいなので、チケットの件よりは自業自得感は薄い(メルティックへのエール練習をしていて時間が押したことも影響しているが)。とはいえ、仮に本人には一切の責任がないとしても、えもが他の二人の足を引っ張る展開を短期間に立て続けに投入したりすれば、視聴者ヘイト無駄に稼いでしま危険性が高いことぐらい簡単想像できるだろう(実際に批判があったかは知らない)。なぜこんな変な構成にしてしまったのか。

51話で、探しに来た二人と合流したえもは元気を取り戻し、「あたし全力で走るから!転んだって走るから!」と宣言する。これを見るに、何度失敗しても立ち上がるキャラとして印象付けたいのかとも思うが、そもそもの失敗自体が地味では、そこからの復活もパッとしないものになりやすいだろう(しかもそのセリフの後にまたすぐ弱気になってるし……)

やっぱりえもが好き

こういった萌黄えもの造形や活躍?は、主人公であり結局のところ実質的天才であるみらい以上に、「普通女の子もっと言うと「調子に乗った素人」としての役割を負わせる意図によるものと思われる。

動画配信を題材にした作品に、そういう存在をメインキャラとして登場させる意味は分かる。なにも「調子に乗った素人」だけが配信をしているわけではないが、「調子に乗った素人」を受け入れる寛容さこそが現実動画配信文化を豊かにしていることは確かだろうから。実際、作品の初期にはこれが上手く機能していた。

1話で、みらいとえもがデビューすることになったきっかけは、売り言葉に買い言葉でえもがあんなに言い放った「あたしだってプリチャンデビューすればあんたなんて目じゃないんだから!」だ。もちろんこのセリフ根拠と言えるものは何もない。しかも、自分から言い出したくせに、えもは初ライブ直前の土壇場になって怖気づいてさえいる。結局それを立ち直らせたのは、みらいのキラースマイル(変顔)だった。

しかし、たとえ桃山みらいが豊かな才能を持ち人の心を和ませる特別存在だとしても、えもに半ば強引に誘われることがなければ、彼女一人ではデビューに至ることはできなかったはずだ。最初の一歩を踏み出す力として、裏付けのない無謀さの価値を、プリチャンはえもというキャラに託して表現しているのだろう。

その後、りんかもメンバーに加わりキラッツのプリチャン活動軌道に乗ることで、着火剤としての存在意義はやや薄れていくことになる。その結果、えもというキャラをこれからどう動かしていくべきかについて、制作側に迷いが生じたのではないだろうか。それが一期終盤の歪み(えもに関しては迷走と言い切りたい)に繋がった、とは考えられまいか

二期に入っても、目立った失敗エピソードこそないものの、第二の主人公と言っていいほど重要な新キャラ「虹ノ咲だいあ」とあまり相性がよろしくないこともあってか(引っ込み思案な虹ノ咲とデリカシーがないえも、虹ノ咲の憧れの人である桃山みらいとえもは幼馴染)、やはり細かいところで損な役回りが多かった印象がある。

しかし、第89話「聖夜はみんなで!ジュエルかがやくクリスマス!だもん!」。最高のジュエルアイドルを決めるための大会とされていたジュエルオーディションが、実は自分友達を作るために始めたものだったと涙ながらに告白して虹ノ咲が去った後の、このやり取り。

えも「あたしさ……どうもピンと来ないんだけど」

あんな「何がですの?」

えも「ジュエルオーディションが嘘だったってやつ」

あんな「……」

えも「嘘でもなんでもないよ!オーディションしかったし!」

これには思わず

「そうだよ、それだよ兵頭一歩!」

と叫んでラウズアブゾーバーを投げそうになってしまった。それほどまでに、ここは近来まれに見る会心のえもゼリフだった。

主催者自身暴露を受けてもなお、自分たちが参加してきたこれまでのジュエルオーディション肯定する。それ自体はその場にいたアイドルたちの心情の代弁に近い内容だが、これを真っ先に、いい意味で考えなしに半分キレ気味で言葉にしてくれたのがえもだということが、嬉しくてたまらない。

えもって実はこういう奴だったんだな、と再発見したような気持ちにさえなった。この「いい意味でのバカ」を意識し続けてくれるなら、これからのえもには期待できるかもしれない。

現在のプリチャンにおいて萌黄えもというキャラクターは、恐らく企画当初に想定していたよりずっと扱いが難しい、デリケート存在になってしまっていると思われる。言われるまでもないだろうが、監督脚本演出の方々におかれましては、どうか彼女に関しては他のキャラにも増して丁寧に丁寧に丁寧に描いてくれるようお願いしたい。3期も楽しみにしてます

2020-01-09

2019年かわいかったアニメキャラの思い出

年越えちゃったけど、振り返っておくね。








なんか去年はケモミミキャラ多かったね。ケモミミがついていると、この世のものでない感じがして好き。

2019のベストかわいいキャラを決めようと思うと、それぞれの良さがあるから迷うね。

2020-01-05

女装オフパコレポ

「いつも日記画像拝見してますもしかして〇〇に住んでるんですか?」

ことの発端は、僕の住みを言い当てた、某SNSに届いたDMだった。彼女はA菜という年の近い女装男子だ。

はいそうです。もしかしてA菜さんもそうなんですか?」

「やっぱり! 私も〇〇なんですよー。今度女装同士で会ってみません? 私タチ女装ですけど」

すぐに返信すると、相手からも即返信。近場に同行の士が見つかってうれしい。

「いいですね。でも宅女装なんで外出できないんで、会うとしたら個室ですかね。ラブホでいいですか?」

「ぜひ! いつがいいですか?」

「今度の土曜日夜勤明けなんで、土曜の夕方からかな?」

「私も土日休みなんで都合よかった。じゃあお願いします。受付ないラブホ知ってるんでそこでいいですか? 車出しますんで」

「お願いしますね。撮影もいいですか?」

びっくりするほどとんとん拍子に決まる。夜勤から帰ってシャワー浴びて即寝。

夕方ごろ目覚めて再び風呂で髭や脇や腿の毛を処理して、衣装アイロンがけ。それでもまだ約束時間までかなりある。楽しみを待っている時間は長いなあ。と思いながら腹ごしらえ。

日も暮れかけたころ、集合場所の駅へ。ロータリーに伝えられていた番号の車を見つけ、ノックすると、パワーウィンドウを開け男が顔を出す。

髪を短めに整え、もみあげや口周りに剃り残しのない、一見すると「清潔感のある草食男子」といった風貌。それは、女装男子特有ムダ毛を残さな意思を感じられる顔だった。

すみません、A菜さんでよろしいですか」

はいはじめましてA菜です。どうぞ」

男性にA菜という女性名を尋ねるのは我ながら奇妙であったが、女装男子同士の初対面ではよくあることであった。車に乗り込むと、これまた女装男子特有の大きめキャリーバックが置かれていた。

「夕飯どうします?」

「食べてきました」

「じゃあ目的地に直で向かいますか。途中コンビニだけよりますね」

なんのことはない、よくある会話。事情を知らない人からすれば目的地でこれからオフパコするなんて思いもよらないだろう。

必要ものとかありますかね」

ゴムとかは備え付けでありますし、予備も持ってきてます。ローションは現地にもありますけど、別料金だから用意してきました」

「詳しいですね。よく行くんですか?」

デリヘルで。受け付けないから『ここ男同士でもいけるな』ってとこ選びました」

しかし所々で卑猥単語が混ざる。

コンビニでの買い物を済ませ、現地に着く。駐車場から直接個室に入るような作りで、ホテルスタッフと顔を合わせる必要がない。なるほど、ラブホってこうなってるんだな。

お互い大荷物を置いて、大きめベットに腰を下ろす。

「すぐメイクってしますか?」

「僕はちょっと夕飯食べるんで、先にシャワーと一緒にどうぞ」

ナチュラルに先に女装させるA菜さん。男女のカップルと違って一緒に入浴するのにやや抵抗がある人が多いところだが、夕飯という口実で先にシャワーを浴びさせるのはうまい手管だ。

「じゃあ、お先に失礼します」

はいっても夜勤明け、昼寝明けですでに今日二回も入浴していた自分は、ほぼ行水に近い短時間で済ませ、水気だけふき取ってバスタオルだけ巻いて大荷物をもって鏡台の前へ。

ウィッグファンデアイシャドウチーク口紅メイクで見慣れた顔が女性になっていくのはいつ見ても楽しいオフパコ前はなおさらだ。「この鏡の中にいる子が今からエッチするんだ」と客観的に興奮できる。

今日下着は白とピンクの横縞。胸はないが、細くてくびれのあるお腹。つかみ心地がよさそうだ。そして股間はすでに七分ほどのふくらみ。

「お待たせしました」

その姿でA菜さんの前に姿を見せる。

「おお。いいですね。僕も夕飯終わったんでお風呂行ってきます

そういって荷物片手に風呂場へ消えたA菜さん。残された自分自撮り。うむ、ラブホ雰囲気エロくていい感じ。特にお腹エロい。

でも下着からプレイを始めるのは早急な気もするからなんか着よう。……せっかくアイロンかけたしこの初音ミクがいいかな。緑のツインテウィッグはないけど、黒髪ミクもありやね。

しばらく自撮りしてたけど、なかなか出てこないA菜さん。手持無沙汰にテレビをつけると、アダルトビデオ複数チャンネル。これでもみて気分を高めるか。

(このフェラしてる子かわいいな……楽しそうにしゃぶってる)

気分が高まっていく。自分のものが大きくなっていく。パンツ越しに触れていると、お待たせ、と声が届いた。

風呂から出てきたのは、バスローブを着た女性茶色がかった肩につく程度の長さのウィッグと、ややブラウンが濃いファンデに明るめの目元と頬、ややギャルっぽい風貌で、先刻の草食男子とのギャップも相まって映える。

「AV見てたの? あたしも一緒に見よ」」

一人称があたしに変わり、口調もやや間延びした感じになっている。女はメイクで顔を変えられるから怖い、とはいうが、メイクで受ける変身の幅は断然、男のほうが広い。

さっきまで液晶の向こうのAV女優に食い入るように眺めていた自分が、今は隣にいるA菜さんに釘付けになっている。僕の視線に気づいたA菜さんも、身体だけテレビへ向けて目はこちらを向いている。

すると、A菜さんはベッドの下に手を伸ばしたと思うと、何かを取り出して

「えいっ」

と、僕の股間に何かを当ててきた。球体に持ち手を付けたような形状で振動している。デンマだった。

「んっ……」

「あは、いい声出すじゃん」

つい声をあげてしまった僕を茶化すA菜さん。負けじと僕も彼女股間に手を伸ばすと、触りなれたモノの感触があった。

しばらくお互いの股間をいじりながらAVを横目に見ていると

フェラって気持ちいいよね。コスローちゃんにしてもらいたいな」

彼女からの申し出。そこで自分ビデオカメラを持ってきていたことを思い出す。

「ねえ、撮ってもらっていいですか?」

「え、なにを?」

「僕がA菜さんのをしゃぶってるとこ」

撮影して、ってこと?」

はい自分で後でおかずにしたいんで」

「いいよー」

快諾してくれたA菜さんにビデオカメラを渡す。体勢は、今見ているAVと同じようにしゃぶられる側が仰向けになって足を広げ、しゃぶる側が股の間に顔を埋める形だ。

「じゃあ撮るよー」

その合図に合わせ、A菜さんのバスローブをはだけさせ、下着を露にさせる。上下とも黒で、バスローブの白とのコントラストになっていて奇麗だ。何度かパンツ越しに上下させた後、ずらす。

男性のモノが目の前で露になる瞬間は、磯溜まり生物を見つけた時のような悪戯な楽しさがある。イソギンチャクとかヒトデとか形も似てるし。

まずは唇でキス。鈴口と口を合わせる。そのあと舌先でちょんちょんと何回か触れたあと、かぷっ、と咥える。口の中で、舌の前面で撫でる。

「楽しそうだねーこっち向いて」

そう言われて、いったん口を離してA菜さんに向かって笑顔を向ける。

(後でビデオで見て確認したら、この時の自分笑顔人生の中で最高の笑顔だと思う)

その後も飴を舐めるような愛撫から麺をすするような勢いをつけていく。これは初めてフェラした相手が教えてくれた技で、今でも心掛けている。

「おいしい?」

そう尋ねるA菜さん。実際おいしいわけではないが、硬さが変わっていったり、ビクンと跳ねたり、生命を感じる動きが楽しい。ただうなづいて愛撫を続けるが、急に撮られていることが恥ずかしくなっていったん止めてもらう。

「え、やめちゃうの?」

「ごめんちょっと恥ずかしくなっちゃった

一旦体を離して、テレビ目線を移すと、フェラシーンから本番シーンになっていた。

「じゃああたしたちも本番しようか。こっちがいれるほうでいいよね」

「……はい

「好きな恰好ってある?」

「……後ろからが好きです」

うつげて、僕はうつ伏せで肘を立てて上半身をやや受かせた姿勢になって彼女に背を向ける。枕もとの鏡には、緊張と興奮が入り混じった自分の顔が映る。メスの顔だ。

「じゃあ失礼して」

オスの顔をしたA菜さんが僕のスカートをめくり、尻肉をいじったり、穴に指を入れて広げたりしてくる。声をあげたり、歯を食いしばったりする鏡の中の自分に列状を催す。

「そろそろいいかな」

僕の腰を両手でがっしりと固定し、股間のモノを差し込んできた。思いのほかすんなり入り、不意に声をあげてしまう。ゲームダメージボイスみたいだった。

「ごめんね、痛かった?」

大丈夫、です。動いてください」

お願いすると、腰をゆっくり前後に動かしてきた。そしてA菜さんも上半身をやや倒し、上着をはだけさせて両手で僕の乳首をつまんだり、二の腕から肩甲骨のあたりを撫でたりする。

背面を撫でられて、はめられているのになぜか安らぐ。背中を預けられるような相手を見つけられたからだろうか。背中どころか後ろの穴まで預けてるが。

「あ、そろそろいきそう。ゴムしてるから中でそのまま出していい?」

言葉は尋ねているが、身体では有無を言わせないように体重を勢いをかけてくる。そして、ゴム越しでも後ろの穴から全身に伝わる脈動と射精

「ごめんね、溜まってたから出しちゃった。早かったかな?」

「……うん、早かった」

不満ではなく、自分の中でいってくれたことに対する感謝を込めて告げた。彼女が出したゴムを処理している間、僕は恍惚と横たわっていたが、すぐに今度は自分もイキタイという欲望が噴出してきた。

ベットの端に腰掛けるA菜さんの手をつかんで、自分のモノに導くと、意を得たように握ってくれた。

「ごめん、あたしタチでフェラとか本番とかできないけど、手でいい?」

「うん、できることだけでいいよ」

彼女は勢いをつけて僕のモノを上下してくる。他人に手でしてもらうのは自分でするときと力加減が違ってもどかしいが心地いい。

「出そうになったら言ってくださいね

そう頼まれときには、もう出そうだった。

「ごめん、もう出そう」

「え、ちょっと待って」

A菜さんは右手で握ったまま左手ティッシュを抜き取り、僕のモノにかぶせてきた。発射するのはほぼ同時だった。

「すごい量、でてますね」

「やっぱり前立腺突かれた後だとたくさん出るみたいですね」

などと会話を交わして出てしまったものを処理する。二人とも射精したばかりでしばらく呆然と流したままのAVを眺めていた。そして、メイクを落とす時間考慮して早めに身支度を始める。

共にどこにでもいそうな男性に戻る。魔法が解けたようだ。

「さて、そろそろ行きますか」

はいありがとうございました」

「いえこちらこそ」

忘れ物ないですか? 靴下とかよくなくなるんですよね」

「そうですね。まあ百円均一のだからなくしても買いなおすだけですけどね」

部屋を一周確認してから、精算機に料金を入れて部屋を辞す。

駅まで送ってくれたA菜さんに礼と「おやすみなさい」と告げてわかれる。

寝床につき、先ほどの行為を思い浮かべながら、うつ伏せになった自分の尻をもんだりしながら、眠りについたのだった。

2019-11-03

やさしいブクマカ

ブクマカの話、いつもホッテントリ入りしてるのを見るのでこの時間にこっそりと書いておきたい。

届いて欲しいブクマカボトルメッセージ的に伝わってれば嬉しい

lady_jokerさん

yulalilaさん

ねないこだれだアイコンさん

ブコメバランス感覚が良くて、なんか心根のやさしさを感じて、時にはちょっとそうは思わなかったけどなるほどそういう考え方もあるのかと感心しています

これからブコメ楽しみにしてます

あとnatukusaさんがブクマしてる話題だいたい自分が興味あるものなのでいつもめっちゃ見てますブコメし足りないやつはメタブして語り尽くそうとしてる姿勢もすごく好きです

あとkidspongさんと金ツインテおああーの方は本当に優しい人なんだなといつも長文ブコメを見て思ってます投稿するまでたくさん推敲して分量調節して優しいコメントを出そうとしてるのをコメントから感じます。見つけるとブクマしてる記事読んじゃうし、安心して記事を読めます

msdbkmさん

コメント敬語かわいいですし、たまにさらっと書いた増田ブクマされてて嬉しいです。一番最初お気に入りしたブクマカでした

pptppc2さん

2になる前?からお気に入りしてますアイコンと目が合います

そしてAQMさん

ほぼ一年前頃に結婚報告増田を書いた時、おめでとうブコメをされていて本当にびっくりしたし嬉しかったです。

その節はありがとうございました。夫婦毎日穏やかにはてブ見てます

これからも皆さんのブクマを楽しみにしてます感謝

2019-11-02

anond:20191102154511

ショート巨乳童顔というパンチの効いたフェチから連載会議通ったのだと思います

巨乳でも服を着てああはならないです

なお、宇崎ちゃんは好きか嫌いかならすこ

ショート童顔巨乳とか完璧

ロリ巨乳はいてもツインテとか基本的ショートじゃないからなぁ

2019-10-20

オタクを釣るポスターはこうであるべき

ツインテ

公共の場所に貼られている

女性産む機械しか考えていない

性的搾取目的としたポスターというのはこういうのだろ

2019-10-08

メンヘラ

高3でツインテって流石にやばいと思うんだが 超絶美少女でも違和感ない?現実ツインテールってさ…

2019-09-28

メンヘラ

高3でツインテって流石にやばいと思うんだが 超絶美少女でも違和感ない?現実ツインテールってさ…

2019-09-02

anond:20190902111037

ラノベだともっとキャピキャピとかツンデレしてる感じ。見た目的にも地味だし。髪の毛青色とかツインテとかオッドアイな感じ。

2019-08-30

バンドリ!映画やるっつーから

つべ限定タダ見配信しているTVアニメ版を、今頃になってチェックしたんだわ。

そんでついさっき、やっと1期だけ見終わったんだけど、すっげー微妙

贔屓目に見てもヘタウマっぽいとしか言えない作画もだけど、それ以上に話がどうにも。

ぶっちゃけ歌のシーン以外は1.5~2倍速で見たよ、申し訳ないが。

それこそ本放送当時、同時期にやっていたけもフレバンドリより更に絵はアレだったけど、ストーリーは比べるのが失礼なくらい面白くて、そりゃバンドリが大して話題にならなかったのも頷けるわ。

あとストーリーに比べたら些末なツッコミだけど、ステージ衣装私服も「華奢な体格の女しか似合わない」一辺倒なデザインってどうなんだ?そりゃ可愛いけど個人的にはダメ

この辺、ラブライブ!やゾンサガのほうがよく練られていた。

主演の中の人が歌上手いのは間違いないけど、まあこういうアニメじゃそんなの当たり前だし。


つーわけでこのアニメ市ヶ谷有咲のツンデレツインテおっぱいニーソ以外に見所あんの?

あったら教えて。

2019-08-04

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』をみている

あれ見てると、どこか細田守っぽさを感じる。

いままで妹モノや姉モノをみたときに「いやあこんな(かわいい)妹(姉)いないでしょ」とか言っている人たちの気持ちがわからなかった。

でも、いなならわかるね、「こんな(かわいい)母いねえよ」と。

ところで、ワイズちゃんのテカテカして硬そうなツインテが大好きなのですが、ワイズちゃん最終回まで主人公たちと旅を共にするのでしょうか?

2019-08-02

anond:20190802230229

じゃあこうしましょう。

メイド服ニーソ受験した学生は無条件で10点加点。

ツインテならさらに5点加点。

2019-07-22

anond:20190721142704

また腐女子長文じゃん。なんで腐女子ってわかったかって?

男性オタの基準簡単。よくある例でいうと

ひんぬーツインテ金髪碧眼ツンデレキャラじゃないとおっきしない」

そういう内心の自由フェチに従ってるだけ。

からジャンルはなし。3日目の男性向けよろずサークルの多さ見たか

設定を愛してるわけじゃなくてキャラ萌えなんだろ。

ちゃんと外見は書き分けてるならそれも愛だ。

外見から入る愛をまさか否定なんかしねーよなあ?

 

自分という読者を満足させるついでに自分と似たフェチを持つ人におすそ分けしてるだけ

文句っつかぐちばっかいってないでまずは自分フェチを探せよ

2019-06-25

お気に入りに入れておきたいブクマカ

id:vlxst1224

金髪ツインテ属性

「おああーっ」をはじめ、長文ネタコメントで安定感を見せる。

ドライブデート事変の反響は本当のアイドルっぽさがあった。

id:srgy

ネタコメクオリティが高い。

かと思えば、スッと有用URL提示したりもしており、仕事ができそう。

id:whkr

ネタコメ打率が高い。

たまにリベラル寄りのコメントもする印象。

子音4文字寒色系美少女アイコンなのがsrgyさんと一緒。

(yは母音なんだっけ?)

id:AQM

この人の1stブクマに勝てそうになくてネタコメを付けるのを断念することが多々ある。

なんか漫画すごい読んでる。

id:pptppc2

アイコンが怖いけど、ブコメ面白い

vtuber話題だとマジレスする。

id:msdbkm

増田ピッカー。

vtuber好きなのかな。


id:zeromoon0

不安になる」タグをはじめ、増田の選び方が良い意味で独特。

「お母ちゃんタグが好きなので続けて欲しい。

id:aukusoe

「俺だった」の人。

声優ミステリ押井守ネタが多い?

どれも詳しくないからよく分かんないけど。

だいたい何言ってるのか理解できないんだけど、そういう人をお気に入りに入れておくのも楽しい

id:kozilek

スター億り人

今後はスターを狙いに行くのか行かないのか。

id:jt_noSke

ダジャレの人。

ニュース記事無言ブクマも多い。

あとは、牛の人とか、月の人とか、斧の人とか、黄色い背景の人とか、昔の人物写真?の人とか、アルファベットの人とか、ぐにゃぐにゃしてる人とか、デフォルトアイコンの人とか(雑

飽きたからあとはトラバブクマで捕捉してくれ。

[]プラネットウィズ見始めた 今4話終わった

同時に出てたマンガがどうも読む気になれなくてアニメ本編も見るきになれなかったけど、

ふと見始めたら面白い

群像劇っぽさ、日常っぽさ、バトル、テンプレ展開、テンプレ脱却とあってテンポもよくて今んとこ飽きない

あとたまに出てくるさみだれスピリットサークルのコのフィギュアタマランチ会長

ついにさみだれアニメ化か、と

所長が戦国妖狐あいつに見える

これが売れればさみだれスピリットサークルアニメ化いけるんだろうけど、やっぱり1回みて満足するタイプアニメって、

日本アニメ業界円盤商法と相性悪すぎるよなあ・・・

ピンクツインテのコがかわいい

猫があずまんが大王ちよ父に見える

まあ原作不足の中から水上悟志をひっぱってきてオリジナルアニメをやったって事実だけで、

もうこっちとしては愛情やらなんやらを感じまくってしまってしょーがないんだけどね

さーて続きみるか

2019-06-16

最近、トゥギャったんが可愛い

中の人おっさん可能性が高いってのは、百も承知で、可愛く見えてきた。

以前は、広義のセルフブクマうぜぇって思ってたけど、最近は人気コメントにも乗るのも珍しくなくなってきた。

なんかさ、小動物っぽい動きしてそうでさ、そのくせ良コメしたときはヘヘンみたいな感じでツインテピコピコしながら得意がってそうでさ。

おそらく全体的にジャストヒットではないけど、いい感じの所で、自分琴線に合ったてんだろうな。

トゥギャったんに届け、この思い!

2019-05-30

マクロスf見たけど

今更ながら2話まで見た

SF、壮大らしき世界観アイカツの先輩アイドルみたいなアイドル、妹系ツインテ主人公Free!みたいな5人組のイケメン学生達、ロボットおっさん

盛りだくさんすぎてわけわからない

ロボットシーンいるかFree!いるか

Free!男のうち1人は女顔の長髪イケメンって設定だが、中身はモロラノベ主人公。見た目は腐向け、中身は量産型主人公

誰に向けて作ったアニメなのかさっぱりわからない。

ロボットアニメ作りたかったけど、ロボット需要なかったから、萌え豚腐女子に媚びたたらこうなった、、、的な?

2019-05-12

ブラダマンちゃんかわいい

釣り目でいかにも気が強そうな感じがいい

金髪碧眼ツインテがけなげそうで清涼感があってよい

ほとんど競泳水着に防具を付けただけでは、と言いたくなるようなセクシーコスチュームがいい

おっぱいドーンだし肩だしで、ほんと見せびらかし感がよい

たぶん衣装レースクイーンがすごくかわいく見えるのと同じ動作原理

まあ、FGOやったことなくてエロ同人誌でしか知らないキャラなんだけれどね

FGOはすごい、原作をしらなくてもシコれるキャラばかりだ

なんというか、着衣フェチ成分というか「抜くためのデザイン」という確固たる意志みたいなものを感じる

しっかりオタクの性欲に寄り添って、的確にツボを突かれている

最近基本的に服を着ている状態キャラに対してしか欲情できなくなってきたので、本当にありがたい

ほんと、こういうキャラデザしてくれる作者さんには感謝しかない

まじで、ありがとう

2019-03-07

【防犯情報】声掛け・つきまとい事案の発生(白樺台地区)について(釧路市白樺台)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-331300

 3月6日午後3時20分ころ、釧路市白樺台地区において、帰宅中の小学生見知らぬ女性から「話があるから、ついてこい」「名前教えて」などと声を掛けられ、つきまとわれる事案が発生しています

 不審者の特徴は、中高生くらい身長150センチ位、体格やせ型、黒髪ツインテール上衣ピンク色の服、下位ベージュスカート女性です。

 不審者に遭遇した時には、

   安全場所にすぐに逃げて、大人に知らせる

ということを、お子さんに教えてください。

 お子さんから話しを聞いたら、すぐに110番!

 女子中高生ツインテ不審な女事案。

 本当に男変態と変わらない事案が観測されるようになってきたなあ………

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん