「HE★VENS」を含む日記 RSS

はてなキーワード: HE★VENSとは

2019-09-25

マジLOVEキングダムを観てきた話

自分でもよくわからないままに沼落ちしたので、備忘録として。匿名から無責任に書きます

そもそもうたプリマジLOVEキングダムを観よう!と思ったのは、友達に勧められたから。そうしてまた別の友達蘭丸さんのファンオタクではなくファンと書くのは、それがこの作品に適しているからというわけではなくて、彼女がほんとうにオタクではないからです。オタクではない人間ドラマを観るような気軽さでアニメを観るタイプで、つまり妄想考察を一切しない)だったからです。カラオケに行くとカルナイの曲をいくつか歌うので、私もなんとなく覚えたし、好みの曲が多いなあと思っていた。ついでに言うとカラオケ流れるアニメ映像をながめて藍ちゃんタイプだなあと感じていました。私は次元を問わず中性的容姿をしているアイドルに弱いので。つまるところ、私はうたプリのことをほとんどなにも知らなかったわけです。

楽しそうなことに関しては「明日やろうはばかやろう」が信条なので、勧められたその日の内に、ひとりで映画館に足を運びました。これが一回目。そう、一回目なのです。

ルナイと勧めてくれた友達推し以外は名前あやふやでしたが、確かにしかった。ただその楽しいは"感心"が多く含まれものだったように思います。他の男性アイドルジャンルをあちこちつまみ食いしてきた私の個人的イメージですが、うたプリって、このジャンル確立するに至るまでの主軸というか。最初から、そうして今も、ずっと男性アイドルジャンルの先頭を突っ走っているようなイメージがあって。そういう作品が見せてくれる夢はやっぱりすごいのだなあという感心がありました。あと、藍ちゃんは思ったとおりにかわいかった。曲もよかった。しばらくGIRA×2ばかりをリピートすることになったし、ナギちゃんもかわいかった。

二回目は友達に誘われる形で行きました。音響設備が売りの映画館で、作中の歓声があまりリアルで笑いました。このときも私は藍ちゃんを見ていましたし、終わった後、アンコール曲におけるアイドル特有の力が入っていないBang!がかわいかったなあなんて話したことを覚えています。で、ここから

「GIRA×2の、Bang!で七分割になるところ、かっこよくて叫びそうになっちゃったな」と何気なく言ったんです。友達は「ああ、ヴァンのところ」と返してきました。そのときにようやっと気がついたんです。ヴァンという名前からBang!と歌っているのか、と。

書いていてまったく意味がわからないのですがこの瞬間に推しが決まりました。なんで?ほんとうにどうして?どういう思考回路ヴァンは作中で藍ちゃんとよく絡んでいたので、藍ちゃんを追えば、自然と視界に入っていたという理由も大きいと思いますが。

それからはGIRA×2に加えてUDUと彼のソロ曲リピートしまくることになり、速攻でdアニメストアに加入して、お行儀の悪い視聴方法ですがアニメ3期の最終回から4期を一気に観ました。アニメ感想割愛しますが。とりあえず綺羅の顔がよすぎたことだけは書いておこう。綺羅の顔がよすぎる。

それで、三回目を観てきたんですね。三回目にしてようやくHE★VENSに限り人格を把握したうえでの鑑賞で、他のグループに関しても一回目の頃よりは理解している状態。なによりも推しが決まっている。結果としては……最初ヴァンが大写しになったときに思わず口元を手で覆いましたよね。女オタクは口元を手で覆いがち。緩む頰を隠したいのか、声を出さないようにしているのか、あるいは自分の体温や匂いを近くに持ってくることで安心したいのか……4期の知識があったので、翔くん大和くんが絡んだり、音也くんと瑛一さんが手を合わせたりしていると脳が茹だりそうになりました。あとは綺羅の顔がよすぎた。ついつい目が綺羅を追ってしまうので、その引力をしまってくれ、と思いました。好きだ。

これから少しずつ、地層を掘って輝く石を探すように、あるいは降ってくる光を受け取るように、彼らのことを知っていけるのだと思うと楽しみでしかたがないです。アニメも今度は1期からきちんと視聴したい。ドラマCDも集めたい。他のグループのこともちゃん勉強していきたい!まずは気軽に行ける場所にまだ上映している映画館があるので、今月、もう一度は足を運びます。すでに約束も取り付けました。

想定よりも長くなりましたが、いつか読み返したとき、今の胸の高鳴りがよみがえりますように。おしまい

2019-07-22

劇場版うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダムの…

ウルトラブラスト歌唱後のMC違和感しかない。

レイジング事務所所属するHE★VENSエンジェル(※HE★VENSファン呼称)に寄り添ったコメントをしていて、事務所指導が行き届いているなあと思った。

一方、シャイニング事務所所属するST☆RISHQUARTET NIGHTコメントのお粗末具合にがっかりした。

この二つに重点が置かれたコメントオンパレード。誰向けなの?

私の推しST☆RISHの中にいるから、望んでいたコメントを貰えなくて駄々こねてるだけ?

2018-11-04

うたプリについて今一度見つめ直そうや

うたプリおばさんの独り言です。

愚痴ばっかりですが一人の意見としての話です。ほぼマイナス意見しかありません。

最初はへヴの話ばっかしてますが後半はうたプリ全体の話してます

殴り書きのように書いてるので文めちゃめちゃ日本語めちゃめちゃですが許して下さい。

公式おかしいところは色々あるけどまず根本としてキャラ設定が本当にガバガバHE★VENSの売り出し方もガバガバなのに腹が立つ。うたプリオタクの中にはST☆RISHメンバー七海春歌に対する言動の数々が理由HE★VENSが嫌いな人も沢山いると思う。それをあまりにもテキトーに受け流しすぎではないか意味ありげキャラ設定過去設定をしたにも関わらず、それを全く掘り下げない、公開しないのはどういう事か。そのせいでHE★VENSメンバーの作中でのST☆RISHに対する素行発言オタクから見ると「可哀想」「不愉快」というものになってしまっていると思う。HE★VENSオタクはこの子は本当はいい子だからドラマCD聴いたら素敵な子だからって言えるかもしれないけどアニメを見てHE★VENSを嫌いになってしまったオタクドラマCDも聴かなければHE★VENSについてチェックも何もしないんだからそんなこと分かるわけないだろう。公式シャニドルオタクHE★VENSを徹底的に嫌わせたいのか?としか思えない。この問題声優さん達を使って解決させようとしているのか知らないけどそんなもの解決して欲しくない。なんでキャラ達の問題声優さん達の絆卍みたいなので解決されるんや、それはちょっと違うんじゃないか?(話逸れるけどだからリライ前のHE★VENSオタクはプリライ後に手のひら返ししてへヴ最高〜;;とか言ってるオタクが嫌いって人が多いんですわ。キャラを見て好きになって欲しいって意味なんですよ。声優さん達のわちゃわちゃを見て好きになられてもそれはHE★VENSを好きになったって事になるの?って話なんですよね。)もうHE★VENSは登場してから結構な月日が経ってますキャラにとって大切な過去や生い立ちが何もわかってないんですわ、すごい話だよね。私は毎日ゲームを出して欲しい、ゲームを出して欲しいって口癖のように言ってるけど本当にこれでしかない。このままズルズル彼らの一番大事なことを何も知らないまま推し続けていくのはとってもモヤモヤするし、シャニドルオタクHE★VENSを悪く言われ続けるのも悲しい。ドルチェどこいったんだマジで、覚えてっからな!時間が経とうが覚えてんだわこっちは!とにかくうたプリは本当にHE★VENSの売り方がクソ、マジでHE★VENSをどうしたいんだ。

・色んな人の意見を見たけど、なんとなく論点がズレてる気がする。カルナ単独が終わって気持ち単独につられてるかもしれないけど、私は「HE★VENS単独をやって欲しい」からこんなに腹が立っているわけじゃない。むしろ単独をやる前にゲーム出せやと思ってる。単独単独って言う前にどう考えてもキャラ設定の方が大事だと思うけど一般的には違うのか…普通に謎でしかない。

HE★VENSってなんかのおまけなんですか?って感じ。私は随分前からHE★VENSってうたプリにとって"小遣い稼ぎ"レベルしか思われてないんじゃない?って本気で思ってる。基本的な土台としてST☆RISHとQUARTET NIGHTを動かしながらまあたまにHE★VENSも動かしてやるかレベルしか見えない。ST☆RISHオタクが「カルナイばっかふざけんな!」「贔屓してんじゃねえ!スタリどうなった!」って怒ってるの私のTLでも毎日のように見るけど普通にこっちからしたらスタリも羨ましいことだらけやで。スタリのオタクはへヴなんて興味無いかもしれんけど新規絵もグッズも新曲も展開もイベントゲームも何にもぜんっっっぜん無い挙句、悪いようにだけ言われて公式からゴミみたいに扱われて終いには秋発売予定だったCDをもう秋終わるけど?っていうクソタイミングで「あ、そうそう!CDね!へヴね!秋って言ってたんだけど無理だわ!遅れてるわ!すまん!公式サイトと同じ日に詳細出すから!ごめんな☆あ、ちなみに秋に発売はむり!」って言われて(実際そんな言い方してないけど私には余裕でこれに見えた)んだけどどう?スタリ恵まれてるで、へヴ7人出てから3年以上経ってるやで。私も、いや色々とカルナイだけおかしいやろが〜いwwwwwとは思ってるけど何にもないへヴからしたらスタリは贅沢だと思うわよ。スタリやスタリのオタクを下げてる訳じゃないです。ただへヴとスタリをまとめて「カルナイはあんなに贔屓されてるのにへヴとスタリは…」みたいな言い方はあんまりされたくないです。スタリとへヴ間でも雲泥の差だし。お願いだからうたプリはへヴを小遣い稼ぎとかおまけとかいう扱いにしないで欲しいし売り出し方とかちゃんと考えて欲しい。

まあなんか話逸れるけど、こんなダラダラやってるうたプリオワコンって言われるのも仕方ないよなって思った。いくら声優さん達や上松さんが「うたプリ永遠だ!」と言ったところで傍から見たらオワコン要素しか無いよねって話。スタリファンミや今回のカルライを見て改めて「ここにキャラ存在しないのかな」って思ってしまったのは私だけじゃないって信じたい。取り敢えず声優さん達じゃなくてキャラもっと大切にして欲しい。声優さんしか大事にしてませんよね感がすごい。今一度HE★VENSだけじゃなく、もはやうたプリとしてあるべき姿をよく考え直してみて欲しいって思った。

そんでこの際だから言うけど声優色が強すぎてキャラが死んでるなって年々思ってる。(声優さんアンチじゃないから怒らないでね。)私がカルライとカルライ見た人のツイート見て1番感じたのは、みんなが感動してるのは「QUARTET NIGHTステージ」ではなく「QUARTET NIGHT声優さん達のステージ」でしか無いんだなってこと。本来QUARTET NIGHTステージなのだからQUARTET NIGHTとしてのパフォーマンスを見れるのが当たり前だと思ってるんだけどカルライでのMCとか見てて引っかかる点が何個もあったように感じた。特に鈴木さんの「年に一度のチャレンジ企画発言普通に違和感しか感じなかった。この人黒崎蘭丸じゃなく鈴木達央としてステージやってんだろうなって思った。その後の挨拶MCとかステージ段取りを見てもQUARTET NIGHTというより声優さんを感じてしまって私はかなりショックだった。段々"キャラステージ"から"声優さん達のステージ"になってるのにみんな違和感覚えないのかな?って心の中で思ってる。前回のカルライと比較してもMCばかりで曲数もかなり減ったし。スタリのファンミも思い出してみれば前半声優さん達のお楽しみ会を見せられてる感じでキャラ存在普通に忘れそうになったなあ、と。声優さん達が作品キャラを大切にしてるのもよく分かるけど正直ちょっと違くないか?と違和感を感じる点も多々ある。キャラ存在意識しながらライブ見ると発言とか行動謎なところいっぱいあるからみんな見てみて欲しい。

シャニロマやフォスライ雪月花でまたキャラ存在が色濃くなった気がしたけど結局声優さん達の存在に頼りすぎてしまってたらそこまでの作品になってしまうと思う。声優さんあっての、ということもわかっているけどキャラが主役なのを絶対に忘れないで欲しい。もっとキャラクター達それぞれを大事にして欲しい。

結局へヴの愚痴うたプリ愚痴やなんかごっちゃで意味わかんなくなっちゃったスマン、とにかくうたプリ頑張ろう。

2017-08-30

HE★VENSが好きなのは十分わかったから、シャイニングを下げるな、叩くな、妬むな。

あなたに合わせてHE★VENS好きなふりするの疲れました。

最初は嫌いではなかったけど、あなたシャイニング下げのせいでいい印象はもう無いよ。

2017-06-01

今回初めてプリライに行ったけど期待したものが見れなかった話

今までプリライに行って見たかったけど当たったこともなく、推してるプリンスがいるわけでもなくなんとなく残念だなーと思ってきた。

しかし今回は違う、ゲームにもならないうえ3人の頃は全くフィーチャーされず、帰ってきたと思ったら大人ユニットの別事務所ライバルとして逆風を浴びておりメンバーによっては糞シナリオによってヒールに仕立て上げられている私の一押しユニットHE★VENSライブに出るからです!!!!!!

なのでチケットを確保し埼玉エンジェルHE★VENSファンを指す言葉)になるシュミレーションをしていたのです。

まず事前物販の時点で嫌な予感はしていた。

元々普通のグッズが少ないのもあってさみしーなーと思ってはいたけど、皆シャイニング事務所HE★VENSじゃない方)のトレーディングしか買っていない。

もしかしてHE★VENSファンはそんな多くないのかなーって当日行ったら、周りはシャイニングファンばかりだった。

まあ出たばかり?(不遇の3人での初登場

2013年)だからしょうがないよね??でもライブはちゃんとHE★VENS名前あるし皆で盛り上がれるのだと思っていた。

前半が終わってもHE★VENS一曲も歌わなかったのである…??

カルテットナイトさんとスターリッシュさんは散々歌ってたしソロユニットも全部歌っていたのであるHE★VENS影ナレがあるだけである

後半にHE★VENS集中しているのだと思ったら最終的に4時間ライブHE★VENSが歌ったのはユニットの曲3曲とデュエットプロジェクトの曲(メンバー7人がスターリッシュさんとこと一人一人デュエットした企画)のみである

スターリッシュもカルテットナイトもあったソロHE★VENSだけなかったのだ。えっ???

セットリストセットリストだが、客も客である

大半の善良なお客さんはいいのだが、一部のシャイニングゴリラどもが私の愛しいHE★VENSの待ちわびた出番になった途端座ったり、それどころか携帯いじったり喋り出したりするのであるゴリラから仕方ないのかもしれないが、ショッキング景色であった。

露骨にそんなことして許されるなら私だって前半座ってたかった…でもエンジェルスはそんなことしない…ゴリラじゃない…と思って初日も二日めもずっと立って声を出して応援した…。

帰ってきて演者さん達のパフォーマンスは素晴らしくて楽しかったのに、ゴリラシャイニング事務所の先輩に気を使ったセットリストのせいでむなしくなってきた。

私たちだってずっと生でアイドルパフォーマンスを楽しみたかったし次の機会はないかもしれないのに…。ゲームにもなってないし…。

そもそもなんでWe are ST☆RISHという歌詞を皆で歌う文化があるのか甚だ疑問である

スターリッシュじゃなくね?みたいな気持ちで歌っていた、カルテットナイトファンの皆さんはどう消化しているのかしら、私はうたプリが好きなのではなく、HE★VENSが好きなだけなのだろう。

スターリッシュに気を使うというかスターリッシュのファンに気を使ったライブなのかなぁって思う。

帰ってきてHE★VENSの出番が少なかったと話をしたら、出てき始めのカルテットナイトは1人しか出られなかったからそれよりましと聞いた、なにそれこわい

カルテットナイトさんもシャイニングゴリラから不遇の扱いを受けてたのはわかったけど、事務所同じだし良きライバルって感じだし何よりシナリオ的に超良待遇だし!今は単独先にやっちゃうくらいの扱いの未来が待っているわけだけど。

事務所で3年くらい放置されて一部ヒール扱いでキャラ中の人炎上するユニットにはそんな未来があると思えないのだ…中の人も皆忙しいし…だから今回に賭けていたのに…。

二日めのカルテットナイトリーダー最後挨拶を聞いてパチンと切れてしまった。

何がどう同じなのと思ってしまった。

巷で大きく流れたリストバンドもしんどかったし事前物販もしんどかったしほぼ屋外でしんどかったけど、何年もずっとずっとこのステージを楽しみにしてた。

演者さん達は100%どころじゃなくその期待にずっと多く応えてくれたHE★VENSステージだった。

なのに見たかったものが観れたはずなのにどうしてこんなにむなしく感じるのだろう。

なんでこんなに元々いるユニット配慮しまくってファンが遠慮したり、好きなアイドルを見下されているところを見なきゃいけないの。

正直シャイニングシャイニングでやってくれ、もっとさな箱でもいいかレイジングレイジングでやってくれ。

もうこんな嫌な気持ちで素敵なパフォーマンスを見るのはこりごり。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん