「悪辣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悪辣とは

2020-08-11

打ち切り漫画の件

正直言うと作品ないしあの作者を責めるほど当事者である中学生を苦しめてないか

犯人漫画家倒錯していて弁護のしようもないが、彼が著名な漫画の作者でなく一介のサラリーマンだったならば当然こんな大騒動にはなってない。

すれ違いさまに胸を触られることは確かに嫌だろうが、事件の深刻度で言えば町の駐在所レベルのことだろう。

最近、車がパンクさせられる。多分近所の嫌がらせに違いない」とか「酔っ払いか何か知らないがいきなりアッパーくらって喧嘩になってる」とか、

件の中学生(とその親御さん)もそのぐらいのことを告発する心持ちだったはずだ。

おそらく娘から痴漢にあったという話を聞いた親御さんが、街に潜む変質者を摘発し移り住んでもらう目的警察相談…というケースが相次いで、犯行が発覚したんだろう。

犯人社会的抹殺することないし、人気漫画メディアミックスプロジェクト頓挫させ大混乱を巻き起こす覚悟なんてさらさらなかっただろうと思う。

ニュースにならない数多のある町の事件同様、犯人から謝罪反省言葉、そして誠意の形としての幾ばくかの示談金を期待しての通報だったのだろう。

それがいつのまにか犯人はまるで強姦殺人犯かのようなバッシングを浴びながら社会から抹殺されようというのである

私は犯人情状酌量を求めたいわけではなく、

レイプ等か絡んだ悪質なセクハラ告発やおぞましい集団強姦事件等と同規模でこの事件が報じられることで、

今回の被害者サイドがそういった性犯罪被害者が被るのと同じ位の好奇の目に晒されているかもしれないという危機感や、

意図せずとも漫画打ち切りの原因を作ってしまったという戸惑いとストレス懸念

そして犯人がここまでの社会制裁を受けてしまった故に、本来ならば被害者が受けられるはずだった賠償がかなりの割合でなくなってしまうのではないかということを心配している。

まず私たち外野がこの事件差し向ける態度として、事件のものと、スキャンダルに対するコンプラ判断として下された漫画打ち切りを別問題としてわけて考えることだろうと思う。

今回の騒動における損害の大きさをセンセーショナルに煽ることや犯人感傷的な言葉で詰っていくことなんて、被害者のことを思えば言語道断なのではないか

それは被害者にとって負担しかないし、そういった発言をしている人間がそれで被害者に同情しているというならば思い上がりも甚だしい。

マスコミネット有象無象も別の角度から彼女らを苦しめていて、顔も知りもしない彼女らの味方を気取るなんて傲慢迷惑この上ないはずだ。

更に言えば犯人Twitter投稿を切り出してそれを異常な感覚の発露だと揶揄したり、共作者の心境を憶測で語り勝手にこの方の意見を代弁していくという行為は、多方面問題派生させ悪影響を及ぼしている気がしてならない。

犯罪者糾弾されるべきだが、この事件をどう捉え扱うのかは私たち問題であり、

この事件スキャンダラスに弄んでおいて「我々がこのような態度に出ることも全ては犯人事件を起こしたことが悪いのだ」と責任転嫁してしまうのは悪辣かつ論理的破綻してはないだろうか。

2020-08-01

ゴクドルズ、声まで変えるの大変だよな。滝行でどうにかなるもんでもない。手術と時間経過が必要だ。

あと、組長のヒロシが元気そうで切ない(というか、悪辣非道なプリズスクール理事長という感じだ)

他の人達も随分振り切れている。血管が千切れそうだな…。

徐々に身も心もアイドルになって行くのかな。

恐ろしいな。

2020-07-10

anond:20200710015213

悪人悪人寄りの人物に対して惹かれる事ってあるよね

封神演義の悪役だと聞仲が好きだったなあ…もう国としては完全に死んでいる殷を守るためにどんな手段でも使ったし何人も殺したけど

聞仲にとって殷は我が子のような物だったからどんな悪辣手段を使おうと決して失えない大切な物だったと…人間臭い悪役だから妲己ちゃんとはまた違うか

2020-07-05

樋口円香はただ純粋性格が悪いだけなのではという話

 enza対応ブラウザゲー厶、アイドルマスターシャイニーカラーズはApp StoreGoogle Playでも配信中です。(時候挨拶)

=====

~悪辣な態度は何に起因するのか~

 円香を記す上で避けられないのがPに対する口の悪さ。厨二病めいた罵倒悪口ですがこのキャラある意味個性とも言える部分です。

 何故Pに対し攻撃的な態度を取るのか。当初は不審からだと考えましたが、実は劣等感に起因するものではと考えるようになりました。

~円香が抱えるストレス~

 ずばり透への劣等感と雛菜の態度に対する不満の2つ。

 「透に出来ることは全部私にも出来る」という台詞一見ただのマウントのようですが、実際自分より劣った相手に対しこういった感想抱くことは殆どありません。何故なら普段そういった意識を抱く機会すら無いからです。(むしろこの意識は小糸に向けられているよう。後述)例えば赤ん坊を見て私ならう◯こも歯磨きも出来るのにと思う人は中々いません。円香にとっての無意識言語化であり、強がりなのでしょう。

 雛菜との関係一見悪そうに見えますが原因は円香にあるのではと思います。雛菜はある種スマート事象の結果と原因の推測が出来るタイプです。加えてWINGでのPへの態度がわかり易いですが、自身に対し既存概念や枠を押し付けられることに嫌悪感を抱いています負けず嫌い他人との上下規定しようとする傾向が強い円香とソリが合わないのは当然の帰結というか。雛菜にとってはある種あしらう対象で、円香にとっては自身感性を無碍にする存在という関係性が見えてきます

~捌け口~

 Pへの態度が最もわかり易いですが、実は小糸もそのストレスのはけ口の1つなのではと思います

 Pへの態度という点にあまり特筆することは無いですが、強いて言うなら円香の幼稚さの象徴なのでしょうか。

 小糸との関係於いて目立つのお菓子を上げたり、問題が起こった時にフォローするような保護者的な振る舞いです。描写が増えてくるにつれこれらが優しさや憧れより、無意識下の優越感を得、透に対する劣等感の代償行為という意味合いが強いように思えました。

~埋め合わせるもの詰め合わせるもの~

 人の期待を純粋に受け取りそれに答えようと努力する小糸。円香の行動はそのある種理想的な姿への敬意や評価としての優しさに見えます

 しかし円香のもう一つの面としてストレスに対する強い拒否反応があります。透をより手の届かない位置へ連れて行くPへの日常的な悪態、年下ながら遠回しな拒絶すら見せる雛菜への素っ気ない(塩?)対応のように、その場でストレス相手にぶつけるような傾向が見られます

 では今まで透に感じていた劣等感ストレスはどう消化していたのか。そこで白羽の矢が立つのは小糸の存在です。年下であり、後輩としての従順さを備え、純粋行為の外見を受け取る「小動物的」で「後輩属性」の小糸は優越感を得るための存在として申し分ない存在だったのでしょう。お菓子を配るのも小糸に対してだけであり、透と雛菜には配らない所か同じく後輩であるはずの雛菜には拒絶すら示します。

 お菓子を配るというのは一般的にお礼や謝意、親愛を示すものであり、円香の行動がその延長にないことの隠喩なのでしょう。

 「天塵」での小糸へのフォロー。「予定に無い仕事をさせた相手方が悪い」「ユニット内で1番仕事をしていた」という内容ですが共通するのは「他者との相対的評価」です。特に後者には円香の上下を決めようとする傾向が見て取れます。つまり小糸を他者性の中で評価しているというか、大袈裟に言えば「今日はベイスに負けたがヤクルト中日より強い」というタイプフォローの仕方に思えました。

 特にオリンピックが顕著ですが、「自国選手が凄い=自国は凄い=私が凄い」という図式で優越感を得る人というのは少なから存在します。「小糸だから」では無く「~より上」だから評価し、自己投影することで自身尊厳を満たすという図式でしょうか。

 前置きが長くなりましたが要するに格上の存在である透への劣等感ストレスを埋め合わせるため、小糸を利用した認知バイアス形成と〇〇が凄いなら〇〇を応援する私も凄いという自己肯定の手段としてのお菓子配りであり、フォローなのだと思います

~あ~

 社会に出たら上司への悪口とか、特に後輩や部下に対する当たりがきつそうな円香。到底良いとは言えない性格だと思いますがこれが思春期不安定さに起因するのか、生まれつきの救えない類のものなかは釈然しません。私的に言えば周りにストレス転嫁してしまタイプは苦手なのですが、なまじそういった面が唯一の個性となっている円香に変化が訪れるのか逆に受け入れるのかは気になるところです。

2020-06-24

蝗害と戦ってみてえ

防護服着て、農薬射出マシン持って、背中にはタンクに入った大量の農薬をくくりつけてさ 腰には最期の近接戦闘用の刀だな

雲のようにたわめき蠢動するバッタの群れに雄叫びをあげながら突っ込むわけですよ ウオオーッ農薬射出ッ!!!死ねえええええッッバッタどもッ!!!!!つってさ

そして無我夢中農薬を撃ち終えたら刀を抜くわけ 男の戦いは古来肉弾戦闘で終わるもの

そこから先はもう千切っては投げ千切っては投げ、八面六臂・快刀乱麻の大立ち回りよ

一振りで100の蝗を断ち、返す刀の巻き起こす風がさらに200を斬り捨てる そういう域の戦いだ 「払えばまたも寄せ来たり、寄すればまたも斬りまくり」ってやつですね 

しかしあの歌はこう続くんだ 「剛は鬼神を挫けども 我の寡勢を如何にせん」

その通り 100万の悪辣な蝗を前に、俺はたったの一人 体力は尽き、身体の節々が悲鳴をあげているのに、目の前には減った気がしない雲霞のごとき蟲の群れ 毒殺し斬殺した死骸の上にもすぐに新しい蝗がたかる始末で、何匹殺したかさえもはっきりしない

俺は慟哭するんだ 一人の人間では蝗害に勝てないことを思い知ってね そして、ならば俺をも喰らうがいいさとばかりにそこに倒れ込む 死体が下敷きになって気持ちが悪いが、そんなことはもはや気にならなくて、疲れのあまり気がつくと眠り込んでしま

 

目を覚ますとそこにはただ無数の死骸が転がるばかりで、蝗どもはもう去っている 何もなかったみたいに空が青いのが無性に悔しくて、俺は防護服を脱ぎ捨てながらまた叫ぶ、って寸法だ

2020-06-21

パワハラ被害者加害者の嫁子供をなぶり殺しにしても裁かれない法ができた社会

絶対に今より良い社会になると思。

全く本気で。

パワハラ野郎どもが社会的制裁を受けずに我が世の春を謳歌している、そんな事例はこの世の中にウンザリするほどありふれてる。



まり日本という国が、日本という社会が、パワハラ等の悪行を社会的制裁を受けて然るべき事柄としては現状扱っていないことがよくわかる。



あくまで建前的に許されていないということになっているだけで、実際のところ、この社会パワハラ等の悪行を、誰が被害者か?どういう状況か?によって、条件付きで不問に付しているということ。


法治国家でありながらも法にもとる行いが許されちゃっている←こういう不完全・不徹底があって、その穴をつく限りにおいては悪行もまあOK♪という歪んだ状態



そんななかで、被害者けがお行儀の良さを求められるのはおかしい。



気狂いになるか死ぬかの瀬戸際に追い込まれるような、理不尽極まる悪辣パワハラ事例においては、

被害者法律など度外視でめちゃくちゃにやらないのは非合理的しか思えない。

例えば、

パワハラ加害者最愛の子供が入園式を迎える日まで待って、満を持してなぶ りゴ ロしにする、

なんて凶行であろうとも合理性は失われないのではないかと思う。

  

子供に罪はない!!という批判に対する見解を述べる。


当人をころすとしたら大して苦しまないで因果応報が終わりになっちゃうじゃん。加害者本人の人生が終わるってだけで。


子供は親の因果を背負ってるし、そんな最低の親の遺伝子を受け継いでるし、少なくとも幼い頃はそんな最低の親のことを無条件で慕ってるだろうし。 


親の悪行を考えたら、このくらいの悲劇や凶行でも釣り合いは取れる。

自業自得最愛の子供に復讐の矛先が向けられたとなると、さすがに自分の行いに思いを馳せて気が狂うほど悩み、苦しみ続けるでしょ。釣り合いは取れてる)。


天道さまは、そうした凶行に及んだ被害者を許すか、あるいは、被害者加害者もどちらも裁くかだよ。


被害者けが一方的に傷を負って、加害者人生を楽しんでいる、というアンバランスな酷い状況を考えてみてほしい。


天道さまの裁定がどっちのパターンになろうとも今よりもマシだろう。  


から、こういう状況では殺人合理的なんだよ。


ここまでの立場になって理不尽を強いられてる、社会公認サンドバッグパワハラ被害者発達障害者社会常識やルールと照らし合わせてこれまで強いられた損害をチャラにできずにいるのはアホくさい。


強姦被害を黙って一生涯自分責任として反省し続けるくらい馬鹿げてる。

 

個人的にはそういう凶行が非合理的になるような未来の訪れを願ってやまない。


そういう世の中は、社会システムの不備やそれによって生まれ一方的危害が消え失ているということだから

2020-06-07

anond:20200605144218

ツイステのことはまあ良いとして、追記の内容がかなりどうかと思う。

俺は直接ツイステには触れてないが増田発言ネット情報を読む限り、まあハリポタから影響を受けているというのは間違いないと思った。

ただそれを以てハリポタパクリ扱いされてアンチに叩かれても仕方ないというのは暴論だろう。

コンテンツ史に名を残すような名作の世界観が、一般化されて”よくある設定”になるのは珍しくない。

そうした”よくある設定”を使用することをパクリ表現するのは極めて悪意的な考え方だと思う。

もちろん何から何までハリポタの真似をしていたらパクリと言われても仕方がない、少なくともツイステの設定を見た限りそうした悪辣なことをしているようには見えない。

ツイステがやったのはせいぜいがインスパイアとかオマージュ、あるいはお約束踏襲とでも言うような、プロ創作界隈でもごくごく普通行為範疇だろう。

一次創作をやっている身としては、有名作品がやっている事は「パクリ」と言われないためにも避けるべきではと感じます

増田自分創作物が有名作品からなんの影響も受けていないと思っているのか?

先人の築いた”よくある設定”を使ったことが一度もないのか?

万が一、そんなことを本気で思っているのならば、思い上がりも大概にするべきだ。

そんな嘘をつく理由もないだろうけど、増田が本当に一次創作やってる人かどうかすら疑わしく感じた。

2020-05-24

SNS交通道路に例えるならその運転免許は何なの?

ある芸能人自身noteSNS法規制を求める内容を記載してた。

そこに挙げられていた例えに「交通事故を起こした運転手免停になる」というものがあった。

まり彼はSNS交通道路見立て著名人誹謗中傷リプライを送るアンチ交通事故加害者見立てていることになる。

ここで高卒ニート24歳の俺に1つの疑問が生じた。

――SNSにおける運転免許って何だろう?

暫く考えてみたが自分には適当存在が思い当たらなかった。

ネットでは古くからネチケットと呼ばれる公共マナー提唱されているが、これは人によって定義が異なる抽象的な概念だし、個別具体的な行為規定してるわけでもなく、ネチケットを広く包摂する法律存在しない。

限りなく妥当に近いのはSNS利用規約だろうかと思ったが、例えばTwitter利用規約にはこの様な一文がある。

――利用者は、本サービスの利用により、不快有害不正確あるいは不適切コンテンツ、または場合によっては、不当表示されている投稿またはその他欺瞞的な投稿に接する可能性があることを、理解しているものします。

字義通りに素直に解釈すれば、TwitterユーザーTwitterを利用することでいわゆる″アンチ″ の投稿によって不快な思いを受ける可能性さえも理解して利用すべき、となる。

仮にこれをSNS(この場合Twitter)の運転免許とした場合、「アンチ行為をしたユーザーからSNS発言権を奪うべきである」と唱えるユーザーから言動免許所持者として適切な言動と言えるのだろうか?

もちろんTwitter利用規約に関して言えば

―― 当社は、Twitterユーザー契約違反しているコンテンツ著作権もしくは商標侵害その他の知的財産不正利用、なりすまし不法行為または嫌がらせ等)を削除する権利留保します。

という一文も記載されており、具体的には各々のユーザーが「このツイート/アカウントユーザー契約違反している」と考え運営に報告し、その都度Twitterの各種ポリシーに照らして個別具体的に判断されて、仮に違反が認められた場合にはアカウントの凍結等々の判断が為される、というプロセスになる。

ちなみにTwitterユーザーなら既知の事実だと思うが運営判断杓子定規的ではなく現状ケースバイケースでかなり判断に幅のある恣意的ものになっていると思う。

なので仮に運営判断運営免許とすると運営に尋ねるまではユーザー免許の所持/不所持が判然としないシュレディンガー運転免許になってしまうのではないだろうか。

そして当然のことではあるが、仮に利用上でユーザーによる触法行為が行われた場合には、それこそユーザーの報告やTwitter運営如何に依らず捜査機関による捜査逮捕起訴等が行われることもあり得るわけで、このケースを例に準えるとSNS運転免許違反ではなく日本国運転免許違反妥当するのだろう。

正直な気持ちを書くと俺はSNS法規制を与えるべきではないと思う。

名誉毀損著作権侵害児童ポルノ投稿等の触法行為に関してはこれまで通り国内法で対処可能であるし、個別具体的な暴言等の″マナー違反″に関しても運営に報告してその判断を仰ぐプロセスが用意されているわけで、仮に運営裁定に納得がいかなければSNSの利用を停止する自由もあるわけである

SNSの利用が強制されたものでない以上始める自由も辞める自由行使できるわけである

自分にとって気に入らないSNSを取り巻く環境法規制を求めるのは自由だが俺は上記理由から全く賛同できない。

なおメディアを賑わせている自死された女子プロレスラーの方に関して書けば、彼女は出演されていた番組プログラム犠牲者なのではないかと思う。

リアリティショーだか何だか知らないが生放送でない以上当然事後に編集が加えられているわけで、そのことを思えば脚本台本が全く用意されていないとも考え難く、言うなれば彼女製作陣の指示に従って喜怒哀楽の演技をしていたら視聴者から嫌われ悪辣言葉を投げかけられて精神病み死を選んでしまったリアリティショーの犠牲者なのではないか、と思う。

赤の他人どの面下げて冥福を祈るんだ?という従前からの疑問があるので「ご冥福祈ります」と書くのは気が退けるが、一方で強い社会規範に締め付けられているのが俺という人間なので、ここは素直に「ご冥福祈ります」と書き込ませて頂く。

当たり前だが本当に死者の冥福を祈る気持ちはある。

俺は死者を差別しないポリシーなので麻原彰晃の死にも同様に冥福を祈ったわけで、木村花さんのご冥福祈ります

2020-05-08

anond:20200508081716

そこに怒るのはいかにもお役人だなぁという感覚だった。法的整合性の面では正しいのであまり違和感がなかったが、むしろ突っ込んでいかにも殊勝に謝った吉村悪辣さを感じた。

所管官庁の違いかもしれないけど、役人判断避けるためにも判断基準は設けられてる印象があるんだよな(「~であること」みたいなどうとでも言える基準もあるけど)。実績は計算方法新規指標持ってきて誤魔化すことがあるが。無謬を求めるのは事実なんだけど、役人仕草としてもこのグダグダには若干違和感がある。

2020-05-07

自分から望んで性産業に関わってる女性ってどのくらいいるの?

はてなーセックスワーカー自主性をよく主張するけど、

実際問題として他にも選択肢がある中で自発的に性産業に関わってる女性ってごくごく少数派じゃないのか?

俺も風俗使うけどほぼ全ては自分借金とか悪辣な家庭環境から流れてきた子だったよ。

反社とのつながりもあってまともな判断力があったら選ぶような仕事じゃないと思うし、

自発的にやってると言ってる子も正直、そうなってしまった現実を受け入れるために強がりで言ってるように見える。

2020-05-04

アベちゃんの喋り方とかドモりを突くのは違わない?

嫌いだからってなんでもイジっていいってことはないと思うけどな

あくま政策ダメさとか政治家としての無能さとか陣営悪辣さみたいなところだけを攻撃するべきで、喋り方に覇気がないとか「これに、これに、これに…」みたいなつっかえを馬鹿にするのはまた違う話だと俺は思う

有能だけどあがり症演説はヘタみたいな人だって多分それなりにいるわけで、しゃべりがうまくない政治家バカにされるってノリを作るのは百害あって一利なしな気がするぞ

2020-04-25

パチンコ屋=キモくて金のないおっさん

営業をやめないパチンコ屋を晒しあげってすげー悪辣なことやってるのに、あまり非難の声が表立たないってまさにKKOだな!

はてなーすら、ブコメじゃ歯切れが悪い!

強制じゃない要請、休業したところで国から補償も得られなさそう。

得られてもパチンコ屋なんて後回しだ。実際に水商売の女は補償の面で差別対象にあってたんだから。表立っては誰も言わないが、職業には貴賤があって、差別されるのが現実

補償がないんだから、休業しないのは当然だろう。家にいるのが命を守る行動っていうが、働いておまんま稼ぐのも命を守る行動だ。

そういう経済弱者たちがパチンコ屋に限らず営業しているのに、パチンコ屋だけやり玉にあげるのは要するにKKOからだ。

考えてみろ。お上が「ここは営業してまーす」晒しあげれば、正義マンたちが殺到して電凸なりしてくるのは火を見るより明らかだ。

こういうリンチ肯定していいのか?なんで声をあげない。

から、晒されたパチンコ屋にかえって行列ができたっていうニュースは最高だった。

ざまーみろ、ばーかばーか

2020-04-04

維新松井市長と橋下氏のダメさが改めて判った

論外。

正直まだ現在自民の方がまだマシなレベル

コロナ禍で生活困窮とか言っている時期ですら貸付だのマイナンバーだの言っている時点でダメ

この辺判っていない時点でどうしようもない。

本当維新政権にいなくて良かったと言うツイート同意せざる得ない。

もうこいつらどうにかした方が良いよなぁ…。

この段階でこんな事言っている時点でマジで終わっているし、危機感すらない。

寧ろこのコロナ禍を利用してマイナンバーを強行させようと言う悪辣さが出ている。

喜多議員最近少しはマシになってきたからどうかと思ったら、やはり維新維新しかいね

論外すぎて話にならない。

こんな事言いたくないがまだあの自民の方がマシなレベルだよ(苦笑)

正直この問題、一番まともな案出しているのが野党ではなく、自民安藤裕議員100人と言うのが一番悲しい所。

2020-03-17

つくづくこの人達弱者権利悪用する事しか考えていないんだな

日本の報告年だからか知らんが良くもまぁ今も児童ポルノ規制悪用しようとここまで悪質な印象操作をできるよねと心から呆れる。

良くもまぁ、豪州ロビーをして悪質なマッチポンプをしておきながらこんな白々しい事言えるよねと。

しかしこの人達根底にあるのは純潔教育何だろうねと思うし、その為に児童ポルノ悪用して規制をしようとしているのは事実だと思うよ。

それとハングルが入ったもの韓国話題を多い事や親韓であるのを見てもそういう事なんだろうなと思うね。

何故か当時もこの問題慰安婦問題を絡めようとしていたのも事実だし、この問題統一教会が絡んでいるのは事実から

そしてこの人達実在児童に無関心なのは当時の児童ポルノ禁止法の予算の件や管轄の件を見ても良く判る事だ。

ようは自身思想の為に児童ポルノ悪用しているだけなのは今までの経緯を見ていれば判る事だし、何せ世間的に反論しにくい話題からね。

ただ余りにも児童ポルノを乱用しすぎたせいで今やこの人達の主張こそおかしい事が認識されつつあるのだが。

そもそも結論ありきでデータを集めてるのだからそりゃ偏るのは当たり前だし、この手のアンケで嘘をつく手法も散々指摘されているし、この人達の良く使っていた強力効果論辺りは科学的に影響がある事自体否定されているからね。

今回にしても速攻で統計学的にも間違った手法を用いている点やら小児性愛者と診断されなかった小児性犯罪者データがない点も指摘されているしね。

ようはフィクション児童ポルノ扱いしている事ありきで話を進めているから余計におかしくなっている。

何度でも言うけど、それに今や創作物規制をしていた国の方が日本より悪く、規制をしても効果がなかったかより悪化する事態を招いただけなのは証明されているし、何より捜査リソースを割くだけでより事態悪化させている弊害なども最近では指摘されているのよ。

更に言えば、創作物規制を主張していたキリスト教国連こそ売春経営性的虐待を行っていたからな。

つーか、日本においても実在児童を書いたら普通にアウトだからな、それも判っていない時点でこの方達は児童ポルノ禁止法を理解していない事を自白しているようなもの

しかしこの手の話題悪辣印象操作をして以降、マスメディアは急速に世間的にも信用を無くして言ったよね。

この手の人達はただ規制を求めるだけで非生産的であり、現に安易規制により業界や国力の低下を招いているだけだし、そりゃ他者権利悪用して綺麗ごとを言い、自身お気持ち悪用ばかりしていたら、世間的にもこの人達の行動こそ問題視され始め出すのは当たり前だよね。

現にこの児童ポルノ問題にしてもただ混乱を招いただけでより事態悪化させたのは事実なのだから

何にしても日本に限らず、それこそこの人達の好きな世界でも割とボロが出始めて、批判意見が増えているのに今も当時と同じ手法強硬しようとしていたら、そのうちこの人達こそ今の歪んだ規制事態悪化を招いた落とし前をつけさせられる事になるでしょう。

この手の先鋭化しきって暴走している人達こそ一番危険なので油断すべきではなく、警戒すべきなのだけどね。

ただ児童ポルノと言う世間反論しにくかった話題な分、この人達に逆風が吹き始めたらそれこそこの人達の言い分は世間で受け入れられるわけがいからな。

何より世間はこの手の偽善者はただの悪人なんかより余程毛嫌いするし、今まで綺麗ごとを言い、好き勝手規制などで大暴れしていた分、一切の同情もなく、責任を追及してくることになるよ。

それこそ一般的に言えば、この人達所業自身の思惑の為に子供を利用していたのと同じで畜生鬼畜外道と言われる所業と言われても仕方がない事だからね。

何にしろ児童保護問題はこの人達が絡んでからおかしく歪んだのも事実だし、この手のフェミニストやらが本格的に反社会的集団認定され始めたら、それこそこのこいつらが悪用していた子供権利も一緒に衰退する羽目になるだろうね。

児童ポルノ禁止法を児童保護ではなく、単なる社会風紀の規制法に貶めた罪は大きい。

2020-03-16

NHKがまた創作物児童ポルノ扱いしたのか

【性暴力を考えるvol.65】小児性犯罪児童ポルノの闇

https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0011/topic034.html

まーたNHK児童ポルノで悪質な印象操作を行ったみたいだね。

赤十字の一件でも使った様なこの手のマスメディア昔ながらの印象操作を使えば、世間誘導できると一部の自称児童保護団体フェミニストは思っているのでしょうね。

NHKしろ朝日しろこの手のマスメディアにはフェミニストが多く潜んでいるのは事実だし、今年は日本の報告年だから必死にこの手の悪辣印象操作をしているのもあるのでしょう。

個人的にはオーストラリアの件や米尼の初音ミクの件、そしてPatreonの件も連動していると踏んでいるよ。

NHKもこんな報道をするならばそれこそラブライブとかのアニメ放送もやめたら?と思うけどね(苦笑)

あの人達JAでこれすら児童ポルノ扱いしていたのは事実なのだから

こんな事をしているからこそNHKは当時京アニの一件で疑われるのも当然だし、オタクに信用されないのは当たり前なんだよ。

ただ10年前と違って、フェミニストと連動してからマスメディア比較的信用されていた当時と違い、それ以外の事でも普通にデマとかも多くて、社会的信用性を失う一方であり、報道中立性すらなく、今やマスメディア自体偏った意見を平然と吐き、嘘をつく連中と世間的に思われて、当時よりも遥かに信頼度が落ちているのも事実だしね。

マッチポンプ手法と言い、マスメディア扇動と言い当時から手法を相変わらず乱用しているけどそれが通用しなくなってきているのは事実

それに当時は言葉兵器とも言えた児童ポルノに関しても余りにもこの人達お気持ち規制ばかりしでかしたから、徐々に効果が薄れてしまい、今やこの人達こそおかし集団である世間的にも認識され始めたからね。

更に言えば、その後の結果でオーストラリアイギリス米国創作物規制まで児童ポルノ禁止法でやった国こそが逆に実在児童犯罪が酷すぎて、創作物規制効果がないorより事態悪化を招いた事を指摘され出した事実もあるのも大きいよ。

更に更に言えば、国連キリスト教等の創作物規制を煽っていた団体人物こそが実は売春経営性的虐待を行っていた事実が露呈し出したのも大きい。

これは日本に限らず、彼等の大好きな世界人達認識し始めているからね。

これ等の規制のせいで捜査リソース無駄に割かれてしまい、逆に地下の連中が好き勝手し出したと指摘されているのもこの辺から

から禁酒法と同じ道を歩んでいると言われ出したのだよ。

からこそいい加減これ等の創作物規制児童ポルノに含めようとする行為自体、見直すべきなのだけど、この人達短絡的で思想的に児童ポルノを利用しているだけであり、実在児童なんてどうでも良いと思っている事は日本ですら予算をつけなかった事から見ても判るから、今ですらボロが出始めているのに今後も同じ事を続け、創作物規制をしようとする動きを止めないのならば、それこそ遠くない未来において、これらフェミニスト自称児童保護団体こそ、この問題を混乱させた責任を追及され取らされる事態を招く事になると断言しておくよ。

そもそも当時性的虐待物に名称変更すべきだったのにそれを邪魔したのはこの人達だしね。

何せ世間的には言葉兵器として用いるには児童ポルノと言う単語の方が都合が良かったからな。

何せ今まで子供と言う世間的に反論しにくい代物を盾にしていた分、いざ自身が責められた際、子供と言う権利悪用していた事について、言い訳できるとは思わない方が良い。

世間はこの手の綺麗ごとを盾にしている連中こそ本気で毛嫌いするのだから

それにこんな悪質な詭弁ばかり行っていたからこそ、児童ポルノに限らず、性的搾取や性暴力と言う反論しにくい代物を盾にしても世間はもはやあーはいはいと段々この人達相手にしなくなり出したのも事実からね。

それこそオオカミ少年効果が働き始めているし、実際規制による実害も出始めているか世間もこれ等の人達こそ問題視し出したのは事実

からこそ国連の身勝手ガイドライン変更が逆に問題視され、赤十字の一件やJAの一件でフェミニストの思い通りにならなかったのも大きい。


ただこんな事を言った所で彼等は自身の行動を改める事はないでしょう。

しろ自身思い込みこそ正しいと勘違いし続けているし、この人達自身もう後がない事位理解しているからこそここまで先鋭化し続けたのがあるからだ。

ただこの手の規制に反対していた人からすれば当時の懸念が全て現在当たっているのは本当に皮肉だと思うし、そりゃ警戒を緩めるわけもないのも当然だよ。

個人的にもコミュニティが先鋭化し、壊滅する直前の連中の行動の方がより危険であり、安心できる所か爆発的に攻撃していく習性がある事も判っているからより警戒すべきであると考えているからね。

恐らくこの人達が暴れつくした後の痕跡はとんでもないものだし、少なくない規制による被害をばら撒き続けると考えているよ。

ただ今にフェミニスト自称児童保護団体もこの問題リソース分散させ続け、混乱させ続けた責任を取らされる羽目になると言う事だけは断言しておく。

2020-03-09

ニュースにも出ているのにやってもいないってどっかの政治家かよ

https://twitter.com/KazukoIto_Law/status/1234512691470860288

この人に関しては今までが今までで疑われる様な前科が多すぎで実際マッチポンプもやっているのだから、今回の件だけ知らないとか言うのは流石に無理だと思うぞ。

更に言えばあちらさんでニュース記事にもなり、その際写真まで掲載されているのにも関わらず、こういう答弁をするのは無理があり過ぎ。

こう言うのを見ても日本人英語が読めないかマッチポンプしても大丈夫だろうと言う当時の意識がある様に思えてならないのよね。

それに大体この手の記憶にございません的な事を言い出すのは自身に都合が悪くなったから逃げようとしている証拠のもの

こう言う時だけ法的措置とか匂わせるのは本当に卑怯だと思うし、この手の界隈の人達によくみられる特徴だよね。

正直個人的には今までの悪辣マッチポンプとか見ているからいい加減その辺も清算されるべきだと思うよ。

おまけ

Anime and manga depicting sexual images of children spark calls for review of classification laws

https://www.abc.net.au/news/2020-02-29/mps-wants-review-of-classification-laws-for-manga-and-anime/12012522

オーストラリア議員日本アニメマンガ有害外圧をかける

https://togetter.com/li/1478647

2020-03-08

ヒューマンライツナウは真の売国奴であり児童に対する弾圧者だよ


しっかしヒューマンライツナウが何時もの様に外圧の輸入をしようとしてマッチポンプ付け火をしているのは本当に性質が悪い。

国連でのECPATと言い世間反論しにくい児童ポルノを盾にしてこの手の連中はこう言う行動ばかり熱心な癖に実際の児童保護には無関心なのは当時の指摘を無視した事からも良く判るからね。

今やこいつらそれを盾に好き勝手し過ぎたせいで規制の結果、あらゆる所で弊害が出てきたし、何より捜査リソース分散したせいで実在児童保護にまで悪影響が出ている点を見てもこの手の規制自体が害そのものなのに今だ創作物セックスドール論点反らしや責任転嫁をしようとしている点は本当の意味悪辣だとしか言えん。

向こうでも言われている様にまず人に言う前に自国バニー案件キリスト性犯罪団体案件を何とかすべきだね。

これ等を無視してこんな事を言い出している時点でそれらに対する責任転嫁論点反らしと言われるのは必然だよ。

何にせよ日本SDキャラ壁紙ですら児童ポルノ呼ばわりされるこんな国に対しては渡航制限すべきだと思う。

普通に旅行に行っただけで逮捕されかねないリスクもあるし、修学旅行学生逮捕されたとかなったら洒落にならないからな。

要はこいつらは活動家のものって事。

実際反捕鯨環境関係で暴れている奴等とも関係あるみたいだしなぁ…。

どこのこの手の活動家のせいで本来研究者等が迷惑をしているのも共通している点。

いい加減日本もこの手の団体国益に害を与え続ける行動に対しては何かしらの行動を起こすべきだろうと思うよ。

それをしなかったからこいつらはここまで増長し続けたのは事実

かに児童ポルノや子供権利世間から反論しにくい話題であるけど、こいつら余りにも好き勝手やりすぎたのは事実から、それこそ日本に限らず、こいつらの言う所の世界我慢限界にきているのは選挙の動きや世情を見ても判る事だしね。

今も懲りずにこの手の運動をしていたら、それこそ日本に限らず、堰を切って逆流し、こいつらこそ責任を取らされる事態を招くだろう。

その時はこいつらが悪用してきた権利である女性の権利子供権利も一緒にそれ以前よりも退行を招く事も確実であろうが。

2020-03-06

自分が客として利用しているトレーナーコンサル美容師、その他対個人アドバイザー系の人達SNSブログYouTubeチャンネルなどを見ると、わりと貪欲に稼ぎたいという姿勢を開示することにあまり躊躇しない人が多い印象。

悪い言い方をすると、しょせん客は金ヅルなんだなとなんとなく冷めてしまう。分かってて選んでるんだけどさ。

自分フリーランスの身だけど、取引先の企業が圧倒的に立場が強いので報酬は向こうの言い値で受けるしかない。

消費税増税の際もあやうくこちらに転嫁されそうになったのでしぶとく交渉して何とか回避したくらいだ。

それにひきかえ個人相手のお商売は好きに値段設定ができてよろしいですなあという感じ。

あと誰も彼も言うことがノマドブロガーみたいに似たり寄ったりで、お金に関する考え方とか判で押したみたいに同じこと言ってるし、脅しで人を動かそうとするのは何なの?(今〇〇しないとヤバいとか、あるいは逆に今これに気づいたあなたはすごい!とおだてるとか)不安定個人事業主からさらに金を搾取しようとする悪辣な奴が裏で手を引いてるの?

2020-03-05

転売屋」ではない。「横取り屋」。

誰かからモノを買って別の誰かに売る、それ自体流通本質であるから転売」が批難されるのはおかしい、というのは確かに道理だ。

アレらの問題はそこではなくて、

・すでに小売→消費者で完結するはずの流通に割り込む「割り込み屋」であり

・小売から消費者へ渡るはずの物品をごっそり横取りする「横取り屋」であり

あまつさえその行為労務うそぶいて実体の伴わない高額な利益を乗せる「ぼったくり屋」である

というところなわけで。

アレらがやってることは、回転寿司で流れてくる皿をかたっぱしから取って自分の後の客に高値で売りつけるようなもんであって

それを実際にやったらまず店からつまみ出されるか、下手すりゃ警察呼ばれるだろう。

ということでアレらを「転売屋」と呼んでもその悪辣さにはかすりもしないんで「横取り屋」と呼ぶことを提案てみるテスト

2020-03-03

日本人民度はぐんぐん落ちてるし、韓国人化はどんどん進んでる

ここでいう「韓国人」というのは実際の韓国人という意味ではない。

ネトウヨが宿敵と見做している「でっちあげの悪辣韓国人像」の人格にどんどん寄ってきているということ。

ネトウヨ呪いが発現したような感じ。

2020-02-22

赤十字JA喧嘩を売ったのは狂気の沙汰だよなー

女性の権利子供権利と言った弱者権利悪用し、何でもかんでも猥褻だの不健全だの道徳的価値観押し付けを行い、社会に対してお気持ちと言う名の規制による抑圧を行い、増長しきった結果、今やフェミニストポリコレ反差別界隈自体社会から反社会的集団と見なされ不健全集団のものとして扱われ出したのはほんと草。

最もこいつらの今までの悪質な行為や何でも他人のせいにする性質を見たら、弱みを見せたらすぐにつけあがる悪辣さもあるので全く同情の余地すらないのだけど。

マジでフェミニズムジェンダー自体これを気に世の中から消滅してほしいと心から願うわ。

その時は今手を組んでいるリベラルも本当の意味で終わるだろうけど、わざわざ自分から手を組んだのだから残念でもないし当然だよね。

2020-02-07

表現の自由戦士さまに「嫌なら見るな」と言われたので、一年アニメ漫画映画ゲームに触れないよう頑張ってみた件

結論 けっこう普通に生きれた

 

理由

年々過激化、リベラルに対するバックラッシュ化するオタクコンテンツ

ウンザリする外周の議論悪辣さを競う新自由主義オタク界隈に嫌気がさしたので

また、世の中には創作物が飽和していて、いい加減「ストーリーから離れたくなった

ちょっと創作物ヴィーガンにでもなってみようと思ったのがきっか

ちなみに学生時代けいおんイカ娘が大好きだった元オタク

 

推移

 

アニメ漫画 

まずアニメ漫画をやめた これは結構簡単だった 

そもそもラブライブかいコンテンツにお熱だった俺は

ミューズ事実上死んでからというものアニメ漫画いまいちハマれなかった

社会人になるとアニメ漫画が楽しめなくなると言うのもあるのかも

この機にスパっとやめてみようと愛用のヴィエラを質に入れた

テレビのものを手放した時、「あ、これニュースも見れねえな」と気づいた

まあバラエティやらは既に一切見てないという御仁もおられるだろう

ニュースネット代用ドキュメンタリーもSVODで見れた

 

開始三ヶ月くらいは「流行に遅れてる」という焦燥感もあるだろうが

これは心配しなくていい 一般人は思ったよりもアニメ漫画を見ていないので

 

次に映画 

これも割と楽

邦画邦ドラはいうまでもなくゴミの山なので、そもそも見てない人は沢山いるだろう 

洋ドラは同じことの繰り返しなの簡単に離れられた

モノコンテンツは一般的に、アニメ漫画より高めの12歳当たりの知能をターゲット創作しているらしい

実のとこ、アニメ漫画と大して変わらない程度の低さ、時代考証杜撰さがあったりする

(特にネトフリのドラマは酷い ほとんどが間だったり、引き伸ばしの為の人間ドラマばかり)

 

洋画はなかなか離れられなかったので、まずハリウッド脚本術の本を取り

そこでコンテンツの骨子を研究した

どんなに斬新な映画にも、シンデレラ曲線やいくつかの型の複合技であることに気づき

作品陳腐化させることに成功し 今は数か月に一本が関の山となってる

(昨年に至ってはアベンジャーズしか見なかった)

また、新作映画も2000円と高価なのでわざわざ映画館に行くことは無くなった

 

ゲーム

正直な話、ゲームはやめられなかった

(といってもストーリーものJRPGなどはプレイしてないが)

APEXやスマブラなど、対戦系のゲームはたいしてアレでもないのでノーカン扱いにした

そもそもゲームコンテンツの規模的に発売される頻度も少なく 

アニメ漫画みたいに一か月に何本も消費出来る創作物ではないのでちょっと判断甘い

 

 

結果としては対戦ゲーム以外はやめられた

ゲームは娯楽の王」という考え方にも頷ける

受動的な映像作品スキップできないのが辛い

ゲームは「ゲーム性」と「物語性」の二つの評価軸を持てるので

物語がややオフェンシブでもスキップすれば我慢できる(BOTWは特にそうだった)が

受動コンテンツゲームではなく、物語性を楽しむしかないので

故に好き嫌いが分かれる感覚がある

 

創作物離れすることによる弊害として

教養が無くなるという主張もあるが

自分場合、そこは土日に図書館に通って、

暇つぶし適当な専門書や小説(当然だがラノベは除外)を読んだり

しろアニメ漫画を嗜んでた頃よりも教養がついた感じがある

また、海外YouTube動画などは結構専門的な動画があったりするので

それを酒のつまみに見るのが丁度良かったりする

 

ゲームだけは離れられたことを鑑みて、プログラミング勉強をすることにしたり

暇をつぶすためにインドアな娯楽以外を調査したりと

案外、映像コンテンツ漬けだった頃よりも有意義時間を過ごせることに気が付いた

 

デメリットとしては映像作品価値を見出すことが難しくなった

例えばオタクがやたら「このアニメ凄いよ!」とゴリ押ししてるモノをちょっとだけ見ると

おそらくそれには数か月前のアニメ漫画コンテクストが関わってるパターンが多いので

こっちとしては何が面白いのか分からないという事態になる

ジョジョネタを嬉々として使う作品を見る時のうすら寒さ、というべきか

子供の頃、両親が自分の好きな娯楽を楽しんでくれない時があっただろう

それと同じような状態

よく言えば客観的、悪く言えば無理解思考になる

創作物自分アイデンティティとまで言い切るオタク

そうでない一般人とで軋轢が生まれるのも無理は無い

 

パーセントとは言わずとも、段階的に創作物の消費を抑えていくことは

悪化する大衆メンタリティや、加熱する競争にたいする抵抗になり得るのではないだろうか

2020-02-06

孤独栄光

吐き出させて下さい。

私は産まれて30余年、常に独りでした。

別に孤児でもなければ、天涯孤独でもありません。話し相手は少ないながらもどの年齢でもいたし、いじめを受けたわけではありません。

それでも私は、どうしようもなく孤独でした。どこで誰と何をしていても、自分が何物とも繋がっていないような感覚ばかりがありました。

理由は何とでもこじつけられる気がします。望まれて産まれたとは到底信じられない家庭環境遺伝的、精神的欠陥。それらを覆せなかった自分の弱さ。

…思い出せる昔の記憶は、階下から響く両親の罵り合い、私が男でありながら腰を振る兄。視線ひとつくれず、仏頂面で鬱陶しそうな顔で過ごす母。家事をろくにしない母への憎しみを私にぶつける父。

記憶にある唯一の母の声は、休日の朝に朝食をせがんだときに聞いた、「風邪ひいたから」という子供でも分かるような嘘。塩ごはん牛乳ごはんなどという手料理も、それが普通だと信じたかった。

両親は自分問題だけで手一杯で、明らかに私を愛していなかったが、それでも奇妙なバランスの上で形を保っていた。だから消極的にも期待していた。いつか両親が真っ直ぐな愛情と関心を私に向けてくれることに。だから耐えるように、道化を演じてみたり問題を起こさないよう強く自分を抑え込む術を自然と身に付けていった。

同級生達とは、関わる度に違和感を感じていた。彼らから発せられる、家族からの温かい愛情やそれに基づく自信めいたものを感じるのが辛く、眩しく、何より悔しかった。私もそうありたいと願い同じように振る舞うのだが、自分を偽った罰なのか、常に自分の中にヘドロのような憎しみが募り、それがとき漏れだしては、私の人間関係破綻させていった。

…ある日、母が消えた。言葉ひとつも、書き置きも無く、突然と。だが何の感情も湧かず、涙も流れなかった。幼心に予想と覚悟はしていたのだろう。そうして、孤独と共に生きるというテーマが課せられた気がした。…それからは、忍耐から麻痺が生きる手段だった。

家はまるで会社のように感じた。父という経営者の下、勉強という仕事の対価に衣食住という報酬を得るような環境。己を律しきれず感情を顕にすれば、待っているのはクビ、つまり死ぬこと。逃げ出す勇気も、自分環境を変える強さも無かった。経を淡々と読み上げるような修験者のように、無痛のうちに日々が流れていった。

不幸にも中途半端事務処理能力が高かったのか、大学入学できた。大学理系で、物理を専攻する学部だった。今にして思えば私はそれそのものには興味は無く、ただただ盲信できる唯一無二の真実を、家族自己内面ではなく、外側の世界に求めていたのかも知れない。

契機はすぐに訪れた。その頃の私は誰の、何の助けも無く生きることに歪んだプライドを懸けており、独りの力で講義をこなそうとしていた。しかし当然のように挫折した。当然のように孤立した。

ある朝、いつもと同じように無痛のまま大学へ向かおうとしたが、体が動かず、講義をサボった。その日からぷっつりと糸が切れたように、大学に行けなくなった。

そしてそのまま2年間引きこもった。無痛という手段も通じないと分かってしまった私には、生きるために何をすればいいのか分からなくなってしまった。しかし罪悪感以上に、解放感と、呪縛から逃れたような安心感があった。そして同時に、いよいよプライドも生きる理由も意欲も自負も、全て失った。

兆候はあったがその頃から急激に死に惹かれるようになった。自分事故病気でいきなり死ぬ妄想をしたり、楽に死ねるという情報から練炭と七輪を買い、日常的に自傷をし、着々と死に近付いていった。流れる血と生々しい傷に、不気味なほど安堵と溜飲が下がる思いを感じた。堆積した恨みの攻撃性の解消と、自罰感情と、ボロボロ精神投影先を見出せる行為だった。それゆえ日々エスカレートし、あるとき刃が大きな血管を切った。噴水のように噴き出す血を眺めながら、まだ死ぬ準備が整っていなかったため、止血の処置をした。特に感慨は無かった。ああ…あのまま放っておけば死ねるんだ…と、妙に冷静になっていた。

そこから、少し何かが変わった。本当に死の一歩手前にまで陥っても、やっぱり私に救いの手は差し伸べられず、また自分の力で生き残ってしまった、と思うと、諦めを通り越した何かが芽生えた。自分は生きることも死ぬこともできない、苦しみ抜いて幽鬼のように漂うのだろう。歪んだ悟りのような暗い閃きを覚え、そこから自傷は少なくなっていった。そこから記憶ほとんど無い。大学へ行かず引きこもっていることがばれ、地元へ戻った。また無痛から忍耐の日々へ逆戻りした。挫折経験したが再起を図る息子を演じつつも、心の底では誰かが殺してくれることを願うばかりだった。

そしてまた不幸にも、さほど時間は掛から定職に就いた。待っていたのは、学生時代より遥かに開いていた周囲との差。普通の人々が青春友情愛情経験している間に自分したことといえば、暗闇の中でもがき蠢いていただけ。真の孤独は人と人の間にあるという言葉通り、人に近付く度に遠く感じた。

しかしそんな生活もそれなりの期間が経てば慣れていった。相変わらず人間の振りをするような不自然な過ごし方であったが、歳を重ねた恩恵なのか、排斥に対するヒリヒリとした警戒心、切迫感は和らいでいった。多様性容認する組織だったからかも知れない。孤独は続いていたが、別種の孤独を抱えた年上の人々との関わりが、私の乾いた傷口を薄く濡らした。

そんな積み重ねから、ようやく初めて「人間」というもの形の一端に触れられた気がした。同時に、自分家系の歪さを思い知らされた。そして、ようやく家系が受け継いできた負の連鎖に気が付いた。

狡猾さと傲慢さ。口では愛を語り、家族を意のままに操作し、自分理想を叶えるための道具としようとする悪辣さ。その邪悪気質を、互いに感じ取っているからこそ罵り合い、また山彦のように帰ってゆき自分をも傷付ける。そんな不毛なやり取りをしながらも、本当は誰よりも自分が得をしたい、愛されたいと思っているからこそ離れられない。その矛盾混沌の中で、私の家系は奇妙な内臓のようにぐぎゅるぐぎゅると腐って混ざりあっていた。

私は先月、家族と絶縁した。帰省しない私に業を煮やし職場に押し掛けてきたとき、従わぬ者に実力行使をする傲慢さに、どうやらこの人達とは一生分かり合えないらしいと確信した。

いよいよ社会的にも孤独になったが、さしたる感慨も無かった。きっとこれもどこかで予想と覚悟を済ませていたのだろう。私の手元には、いつの間にか独りで生きるには充分な資金があったのも、このことを予見していたからのような気さえする。

今になって思う。私は無意識のうちに、生きるための最善を選択していた。代償や失ったものは多いが、今では孤独も不幸も憎しみも、その先にある役割天命のようなものを果たすためだと感じるようになった。両親や神の寵愛を受けて産まれた者と、孤独に魅入れられように産まれる者もいる。そうしてその中間中庸となり、人々の生き方基準が出来上がる。そういう仕組みなのかも知れないと、ぼんやりと考える。

相変わらず生きる理由も意欲も無いが、自分が生き続けることには何らかの意味があるから、こうして結果的に死んでいないのだと思う。人生のどの段階でも、死のイメージといつか自分は人を殺すだろうという直感があった。人生のどの段階でも、自分解放して周囲を巻き込んで破滅することはできた。だがその度にそれを踏み留ませてきた何かを知ることが、目下の関心だ。天寿を全うする気はさらさら無いが、何らかの答えを得るまでは生きてみようと思う。それをもし得られたとき孤独意味と真の栄光を手に入れられると信じて。

…長くなりました。ここまで見ていただいてありがとうございます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん