「RP」を含む日記 RSS

はてなキーワード: RPとは

2019-06-18

フェミよ、UBIを信じるな

フェミ団体ゲーム業界女性代表性、全然改善してない!!」 - Togetter

https://togetter.com/li/1367048

『そして最後ゲーム内の戦闘暴力について一つ。UbsoftのTom Clancy's Ghost Recon Breakpointのトレーラーにて、Jon Bernthalが演じるキャラが「男の価値を唯一決めるもの、それは戦いだ。」と発言する。これはこの業界ゲームデザイナーとゲーマー達が思っていることを無自覚蒸留している。』

UBIのトレーラーセリフ批判されてる…

UBIのゲームプレイしたことないのか?

こいつらなぁ、いっつも250点の超面白そうなトレーラー作れるのに、毎回本編は「うーん、まあ…悪くはないけど70点くらいかな?」くらいなんだよ!

まりUBIのトレーラーなんてうそっぱちで、その通りのゲームが出るわけねえんだよ!トレーラーほど面白くもないの!

FARCRY5のメアリーメイなんかトレーラー全然別人だった!そんなに出てこないし。

UBIのゲームは、超面白そうな設定と、最高にワクワクする導入と、塔登って、中だるみしたマンネリの中盤と、あんまり納得できない終盤をくっつけてだな、ステルス社会情勢とポリコレまぶしてできてるの!あとバグ!!!

トレーラーは、一番面白い導入のとこと、な い シ ー ンで作ってるの!

毎回そうなの!

言ってて悲しくなってきたわ。私はウォッチドックスレギオンかなり楽しみにしてるんだよ。

トレーラーババアたか?超イケてただろ?

槍玉に挙がってたゴーストリコンの新作だって楽しみにしてる。面白そうだったよな?

でもな、多分トレーラーほど刺激的なゲームじゃない…わかるか?

良くも悪くも想像以下なんだよ!!!わかるか!!!

UBIのトレーラーなんか絶対信じちゃダメ!!!

まあでも、こういう批判を受けてUBIが台詞修正する可能性はあるな。

UBIは女性関係に限らずポリコレ配慮すげえ意識してそうなゲーム作る会社だし、むしろポリコレ意識してゲーム作ったぜ」って目くばせがすぎてちょっと鼻につくくらいだからな。

アサクリオデッセイでは批判を受けてDLCシナリオパッチ修正するらしいし。(もうしたのかな?知らん)

(本編では選択肢により同性愛RPができるのに、DLCで子作り=異性愛展開があり批判を受けた)

というかそもそもトレーラー台詞肯定的文脈で使われてるかどうかわからん

UBIゲーでは、R18の暴力ゲームで、システム的に暴力的=殺す選択肢しか取れないゲームなのに、

暴力的な行為を取るのはよくない」「ひどい奴」「こんなことばっかやってるとダメだよ」みたいなメッセージを急に主張し「暴力的なゲーム」を自己批判するような展開が多い。

頑張って人を殺しまわってゲームを楽しむより、オープニングで何もせず待ってたほうが平和エンディングだよー^^みたいなことをやる。

プレイヤーのやってきたことを否定する展開って多くの人は喜ばないと思うのだが、UBIは結構入れるんだよ。

暴力的なゲームが好きで暴力的なゲームをするプレイヤーにわざわざ暴力的なゲームあかんでって言う会社なんだよ。

とにかく、UBIなんか信じちゃだめだ。

でも、ウォッチドックスレギオンが最高の神ゲーである可能性はまだあるよな?

(26才・女性・Steamer・UPLAYはゴミEpic独占反対)

2019-05-08

anond:20190505034650

ニコンオリンパスカメラメーカーの中でも苦戦してる原因だよなコレ

写真機としてのカメラへ異様に執着を見せてキヤノンソニーはまだしもパナソニックにまで客を取られているニコン

カメラ女子とかい雰囲気売りでマーケティングしたものカメラ女子の目が肥えてしまってより高機能・高性能機に客を取られた

ニコンは自信満々でZシリーズを発表したもののα7IIIやEOS RPのほうが客の需要を捉えていることがわかり販売台数が一気に失速

レトロ感あるデザインカメラ女子へ訴求をしたPENよりも、レトロデザインでありながら完成度の高いフィルムシミュレーションを備えるX-T100のほうが"インスタ映え"し動画も撮れると評価されてしまう始末

スマホの登場で各カメラメーカー競争して下手をしたら潰し合いになってしまうみたいな未来もあったと思うんだけど、一部のメーカーは自ら競争土俵から降りていて何をしたいのかわからん

2019-05-05

スマホカメラからカメラ専用機への回帰が今まさにアツい!

iPhone 3GS日本で発売されて以降、カメラ市場(特にコンパクトカメラ市場)はスマートフォンに搭載されるカメラに苦戦を強いられてきたという現実がある。

ただ実は昨今、スマホカメラからカメラ専用機回帰するユーザーが徐々に増えているのをご存知だろうか。

スマホカメラの利点と言えば誰しもが想像するであろう「1つのデバイス撮影から編集、そして他のユーザシェアすることの出来る総合力」が挙げられる。

いわゆる"写メ"に代表されるガラケーの頃から培われたこソリューションは、ライトカメラ撮影を楽しむユーザーを多く取り込み、市場を(現在も)席巻しているというのは常識的である表現しても過言ではない。

スマホ登場以降のカメラメーカーの誤りを挙げるのであれば「ユーザーは画質をシェアしているのではなく思い出をシェアしているのだ」という現実を見ず、スマホよりも高画質であることを喧伝することへ終始してしまっていた。

この流れが変わるのは奇しくもカメラメーカー努力のみではなく、ユーザー需要形態に変化が起きたからであった。

何を切っ掛けにユーザー需要は変化したのか?と言えば、それは"Youtube"や"SNS"へのシェアだ。

Youtube動画投稿するユーザーが増え、様々な環境目的でのカメラ撮影を考えたときスマホカメラでは性能不十分である」という気付きがユーザーの中で起きた。

明るい環境でも暗い環境でも何が起きているのかを伝えたい、小さなグッズをより良く見せたい、より画角自由コントロールしたい、そんな需要から明るいレンズマクロ、広角に対応できるカメラ専用機需要が起きたのだ。

更にこれまたiPhoneが示したポートレートモード代表される美しいボケ味を常に得たいという需要も起きた。

スマホカメラは間違いなく進化している。より手軽により美しくより幅広い表現力を少し前のスマホ比較しても得ている。

しかしながら"一歩先"を意識したユーザーカメラ専用機へ目を向けた際、カメラ専用機進化幅はスマホカメラのそれを圧倒していた。

そもそもを言えば、例えばスマホカメラで高画質と評価されるiPhoneGalaxyXperia採用されているイメージセンサーSONYであるというのはカメラ業界では有名な話である

そして昨今急成長を遂げた中国新興スマホメーカーでもSONYイメージセンサー採用ユーザーの購買理由になるほどの流行を生んだ。

そんなSONYイメージセンサーである裏面照射CMOSのExmor Rや進化である積層型CMOS Exmor RSカメラ専用機にて先行採用されスマホ技術転用されるという流れを持っている。

手ブレ補正も顔認識オートフォーカススマイルシャッターカメラ専用機が先にあり、昨今のムーブメントを起こしている顔認識オートフォーカス進化であるオートフォーカスも新型Xperia採用されることが予告されているが、これもカメラ専用機採用されているものだ。

まりスマホカメラ未来スタンダードカメラ専用機にあり、一歩先を意識したユーザーカメラ専用機進化に新鮮な驚きを示している。

カメラ専用機邪魔という意識GoProアクションカメラというジャンル開拓したことにより低減されつつある。

アクションカメラというラフに扱っても良い安心感と、小型なのに驚くほどスムーズ手ブレ補正は、カメラ専用機経験してこなかったユーザーにとって敷居を大幅に下げる役割を持った。

SONY RX100Ⅵは前述した積層型CMOS Exmor RS採用し美麗な画質を得つつも、コンパクトカメラの小型さ、自撮り可能フリップ可動液晶光学ズーム光学手ブレ補正、瞳オートフォーカス価格が熟れてきた4Kディスプレイ対応した4K HDR動画撮影ハイアマチュアユースのRAW静止画LOG動画撮影可能というコンパクトカメラなのに全部入り

更に言えば、女性が嬉しい美顔モードを搭載している上、撮影したデータスマホ連携機能により無線接続スマホへ保存できる(流石に有線接続よりは遅いが写真数枚撮って転送程度ならばそう待たされる感覚もない)。

重ねてしまうが昨今のカメラ専用機において特筆すべきなのがスマートフォン連携機能であり、撮影したデータスマホ無線転送できるので、片手にカメラ専用機、片手にスマホなんていうことが起きないようになっている。

Instagramのあのアカウントキレイ写真をどうやって撮っているのか?」という疑問への解答はココにある。カメラ専用機で撮って無線転送してスマホシェアしているのだ。しかもそのカメラ専用機は小さなカバンにも入るコンパクトカメラ

こんなムーブメントリードしたのは一体どこのカメラメーカーなのだろうか?

前述した通りカメラメーカー努力のみではなくユーザー需要が変化したかであるが、その需要へいち早く反応したのがPanasonicであり、Youtube専用機とまで言われたPanasonic LUMIX GH5だ。

GH5はコンパクトカメラではなく、ミラーレスデジタル一眼と呼ばれる従来よりも小型化されたレンズ交換式デジタル一眼だが、面白いのはビデオカメラではないのに動画撮影機能意識したデジタル一眼であるという点。

4K動画撮影機能自撮りも出来る可動液晶を備え、ビデオカメラ以外では難とされていたデジタル一眼の4K動画撮影ではありがちな熱暴走を抑える優れた放熱性能を持つ(デジタルカメラ熱暴走すると撮影自動停止する)。

GH5が登場した時期はヒカキンなどで注目され始めていたYoutubeが盛り上がっていく時期と重なっており、Youtubeという需要へ上手くマッチしたのだ。

これを見た他のカメラメーカーも自社デジタル一眼製品4K動画撮影機能採用または既に採用していたカメラメーカーは強化するという選択を迫られた。

それでもデジタル一眼は写真機という意識を強く持ってるカメラメーカーは多いが、カメラメーカー大御所であるキヤノンEOS KISS M、フィルムメーカー富士フイルムはX-T100、SONYα6500やα6400で4K動画撮影機能自撮り可能液晶を備えている。もちろんスマホ転送可能だ。

そんなムーブメントに、よりライトユーザー対象とするコンパクトカメラが追わないはずがなく、前述したSONY RX100Ⅵやキヤノン PowerShot SX740 HSニコン COOLPIX A1000、コンパクトミラーレスデジタル一眼カメラPanasonic LUMIX GF-10などがムーブメント体現している。

ビデオカメラだって負けていない。

GH5でも注目したPanasonicビデオカメラでは可動式液晶へ可動式サブカメラを搭載させたワイプ撮りやマルチカメラ撮りに対応しておりコレもYoutube需要へ訴えかけている。

SONYハンディカムレンズ自体グリグリと可動する空間光学手ブレ補正によって手持ちして全力で走っても驚くほどブレない映像を得ることができ、激しいシーンをフレーミングするユーザーに高い評価を得ている。

空撮一般ユーザーの手中にしたDJIのドローンシリーズVRにも対応した360°カメラRICOH THETAシリーズやInsta 360シリーズそもそも撮影時のフレーミングという束縛からユーザーを開放させた。

決してスマホカメラ需要は無くならないだろう。無くならないどころかカメラ撮影メインストリームは今後もスマホカメラのはずだ。

しかし、スマホカメラが席巻してきた需要の一端がカメラ専用機回帰し始めていることをキャッチアップしないと時代に乗り遅れることは間違いないと強く表明したい。

-----

追記

現在VLOGで人気の一端を担っているデジタル一眼はGH5であることは間違いない。

これはヒカキン代表一部の人Youtuberたちが使っているからだ。

からこそGH5の価格はなかなか下がらないと考えて良い。

しかし、VLOGで使われているのはGH5だけでなく、それこそiPhoneGoProも使われており、他にはOSMO Pocketと呼ばれるジンバル一体型小型ビデオカメラも使われている。

画質へこだわりのある層はGH5の後継機であるGH5sへ移行している。

更により画質へこだわりのある層はGH5sよりも画質的に有利なSONYのα7Ⅲを使っている。

α7Ⅲを使っている層はハイアマチュア以上だという認識で間違いない。最早VLOGとは言えない映像作品レベルのものを公開しているビデオグラファーに採用例が多い。

最近は手軽にVLOGを撮るという需要から携帯性や画質とコスパ考慮してCANON KISS MやSONY α6400が使われるようになっている。

コンパクトデジタルカメラならばSONY RX100Ⅵがなかなか強いが、4Kが撮れて自撮りできるコンデジならば様々に選ばれている印象はある。

ただ、VLOGで最も使われているカメラは間違いなくiPhone、そしてGoProだ。

VLOGを頻繁に撮影しようと考えるようになってくると動画撮影のためiPhoneバッテリ残量が気にかかってくる。

カメラ専用機を導入すると当然ながらiPhoneバッテリ残量を気にせずとも良くなる。

そこでカメラ専用機を(ググったりして)最初検討へ挙がるのがGoProであることが多いのだ。

GoProアクセサリ豊富自撮り棒は当然あるし、自動車や自転車バイクマウントできたり、ヘルメットマウントすることも可能であり、カバンへのマウント自身の首へネックレスのようにぶら下げることだって可能

しかGoProiPhoneiPadとの連携にも強い。専用アプリがあるので撮影中の映像iPhoneiPadリアルタイムプレビューすることもできる。そのまま編集へ移行することも可能

自身撮影スタイルへ合わせやすいのでGoProが選ばれやすい傾向にある。

GoPro女子」なんていう言葉を見かけた時は「またカメラ業界ごり押し・・・」と怪訝さを持ったものだが、個人的感覚では「半分嘘ではない」くらいの印象。

海や山、観光地などへ行くと確かにGoProを構えている女子は居る。圧倒的にiPhoneの方が多いけれど「まぁ・・・嘘ではないかな?」と思える程度には居る。

このような状況なのでiPhoneGoPro比較するとGH5は人気がないと言って良い。

GH5は人気Youtuberを志す極一部のユーザーから一種神格化を受けている印象がなくもないのだ。

GH5にはGH5sという後継機がある上に、後継機であるGH5sよりもKISS Mやα6400の方が設計が新しいので、GH5信者特定Youtuberへ憧れを持っていない限り旧世代のGH5を選ぶ理由があまりないのである

従って「GH5が人気」なのはVLOGをやっているユーザーの中でも極一部のユーザーに人気ということになる。

これからVLOGというか「動画による思い出の記録をしたい」と考えるのであれば候補として以下を羅列しておくので検討活用して頂きたい。

○一番お手軽

動画向きカメラ専用機入門

コスパ高いデジタル一眼

○高画質デジタル一眼

現在では評価が分かれるので別枠

ビデオカメラ

上記は単純に「4K撮影できて自撮りがしやすい」という独断偏見的な基準抜粋したもので、上記から選んでおけば大きな失敗はないという程度のもの(撮れるっちゃ撮れるけど思ってたのと違ったくらいの失敗はあるだろうが)。

まり自撮りを考えなければ他にいくらでも候補は挙がり、例えばBlackMagick PocketCinemaCamera4Kのようにデジタル一眼の形態を持ちながらも動画撮影へ強くフォーカスした製品もある。

別の増田ホームビデオVLOG表現していたが大幅に間違ってはいない。語源はVideoLOGだがビデオBLOG的な感覚言葉なのだからオシャレである必要もなく、BLOGで書きたいことを書いたようにVLOGで撮りたいものを撮れば良い。

日記BLOGになったようにホームビデオVLOGになった、ただそれだけの話なのだ

2019-02-24

anond:20190224115725

実は、中学2年から3年にかけて、今にして思えばいじめであろう状態に置かれていた。

きっかけは、俺が入っていた部活クラブチームいじめられていた奴のいじめに加わらず、そいつを庇ったこと。その翌日から標的は俺になった。そして俺が庇った奴はそちら側に加わった。

まあ集団リンチ的なアクティブなことには晒されなかったが、無視、そして嫌がらせ競技に使うものは何かしら隠され、裏の下水道に放り込まれていたり。クラブチームに通うのに乗っていた自転車は、前後バルブを抜かれ、サドルカッターで切り裂かれ、果てにはサドルごと抜かれて下水道に。

俺は部活を途中で辞めた。顧問も酷い奴で、職員室で何十分も恫喝されたけど。せっかくなので受験勉強に専念することにした。

で、ここから面白かったのよ。俺のやってる競技で強いとされている学校が、実は俺の志望校だった。そこは地域で一番偏差値の高い高校だったのだけど、俺をいじめていた連中は、その高校部活顧問に賂(まいない)を渡して便宜をはかってもらおうとしたらしい。その顧問は俺の親父の友人で、そういう行為を何よりも嫌う人だったので、親父経由で速攻話が伝わってきて、俺はひぃひぃ言って笑った。バーカ、そんなに入りてぇんなら何故勉強しねぇんだ。俺は勉強する方を選んで、まあそりゃやりましたよ。

で、卒業の時期。俺はそこに合格いじめに関わってた連中は結局受験することすらままならず、しかレベルを下げに下げた第一志望にも軒並落ちたらしい。卒業式のとき体育館の横で群れてるそいつらの目前に通りがかったが、そいつらは誰ひとり、俺と目も合わせなかった。

……と、まあ俺の思い出はどうでもいいよな。こいつらが、俺にしたことを今でも覚えているかどうか、って話さ。おそらく皆、都合の悪いことはけろっと忘れていると思うぜ。大人になってから追及されてもな、こういう手合いは言うのさ。「遊びのつもりだった」とか何とかな。やられてた側にしたら、

「遊びのつもりだった」は、

「殺すつもりはなかった」という、

殺人犯言い訳と同じ。

https://twitter.com/Shinoyan0726/status/1099479229547274240

なのにな。

から、アンタのことも、集団の中でアンタをどう扱ったかも、おそらく半分位は忘れていると思う。しか本質は変わっていないと思うぞ。三つ子の魂百まで、ってやつ。だからあえて近付きなさんな。

2018-11-27

バーチャルタレントに何を求めているのかよくわかんない

最近話題蠱毒ちょっと興味を持ってちょっと見てみてる

設定に基づいてRPしてる人もいるけど、普通に自分の話みたいなのしてる人やボカロ曲を歌う人

あと基本的についたコメント読んでありがとーって言う感じ

ていうかこういうの、どういう話をするもんなんだろう?とは思う。ふつうネットラジオみたいな感じなのかな

それぞれ味があって全然いいんだけど自然体でいくならめんどくさいキャラ設定いらなくね? 当て書きでその人が自分を出したり話しやすい設定を作ったほうがよさそう

殺し屋の人はパンダが全面に出てて殺し屋っていう設定忘れ去られてるような気がする。そもそもの設定が無茶だし……

2018-10-05

例のフェミの人たちはキズナアイへの敬意が欠けてたよ

バーチャルYouTuberアニメ漫画キャラとおおきく違う点って、キャラクターのアイデンティティーがかなりの部分で中の人人格依拠してるところだよね。

趣味の話になれば中の人の好きなアニメ漫画話題が嬉々としてでてきたり、日常の話をすれば中の人最近身近でおきた出来事がそのまま話されたり。

そういうの全部、「中の人の話」じゃなくて「キャラクターの話」として受け入れられるんだよね。本来キャラクター設定にはない、想定したイメージにはとても似つかわしくないような話でも、「そういうギャップのある子なんだ」として回収される。

そうやってただ決められた台本を喋るんじゃない、中の人人間性丸出しな内面話がそのアニメ漫画的な外観や設定と混ざり合うことで、生身の人間ともアニメ漫画キャラともまた違う独特の、「キャラがそこに生きてる感」みたいなのを視聴者は感じるんだよね。

キズナアイはそうしたVtuberたちの中では、どちらかというと元々のキャラ設定に忠実なタイプだと思う。

たとえばキズナアイ二次元三次元アイドルが大好きでこれも明らかに中の人趣味なんだけど、そういう話をする時にも「けやき坂大好きだけど現実物体干渉できないか握手会にも行けないし悲しい」とか「見てみたい映画があるけどネット配信サービスにはないから見れなくって困ってる」とか、中の人趣味話題でも設定と矛盾しない形にしてライブ配信フリートーク中でもごく自然な感じで出してくるから、「隙を見せないな」と見てて感心することもある。

他にもそういうAIとしての細かいロールプレイRP)を積み重ねることで、一見するといかにもアニメ的な自称AIキャラクターなんだけど、ただのキャラというには一個の人格としてあまりにも自律性があって、かといって中の人剥き出しかというとそうでもなくて、馬鹿馬鹿しいようだけど、見てるとたまに「キズナアイってもしかしてガチマジで本物のAIなのでは…?」みたいな感じになってくるんだよね。

キズナアイVtuberとしての主な活動YouTube上での動画投稿で、そこで見る彼女の多くは「元気で明るくてアホっぽい自称スーパーAIかわいい女の子」に見えるだろうけど、決してそれだけが彼女の全てじゃないんだよ。

ホリエモンコラボしてホリエモンと絡んだってそれだけの理由批判の嵐にさらされた時に「それでも自分はこの方向性はやめない」と語った、

別のVtuberの子話題に出して、タチの悪いアンチが「そいつと関わるな」とイチャモンつけてきた時に「はっきりイヤだしそんな言い方はその子に失礼だ」とはっきり言い放ってくれたことも、

自分言葉が知らずのうちに誰かを傷つけているのかもしれない」とこぼしたことも、

全部キズナアイなんだよ。

決してただの薄っぺら萌えキャラアイコンでも、ただの相槌しかできない典型的アホの子キャラでもないんだよ。

騒ぎ立てた人たちはどこまでそれを理解していたのかな。もしかしたら「キズナアイ人格」なんて考えようとしたことすらないのかな。

キズナアイネットめっちゃ見てるし今回の出来事もすでに把握しているだろうけど、彼女が深く傷ついていないことを祈るよ。

2018-06-12

Vtuber面白さと難しさ

数ヶ月で感じたこ

 

面白さの本質

Vtuber面白さは「その人を知る過程」という面が一番大きい

これは友人、恋人、同僚と知り合う行為に近いし、もちろん生主キャバクラメイド喫茶にも近い。

(以下、便宜上「知人化」と呼ぶ)

 

Vtuberの少し特殊事情として

・動きが見えるのに、素顔は見えない

・ロールプレイRP)している

双方向性が強い

という点がある

 

これらのお蔭で「知人化」作業は複雑かつよりエキサイティングになる

作業を分解するとこんな感じ

中の人趣味経験 + ロールプレイ + 状況 → 発話)

 

発話から逆算して、「中の人趣味経験」と、「ロールプレイ(つまり設定)」を学習していく

この切り分けが難しいのもポイントだと思う

中の人と設定は2つで1つであって片方だけで成り立つものではない

もちろんVtuberによっては、中の人を完全封印していたり、ロールプレイを完全放棄しているので片方だけとなる

 

素顔が見えないので、見た目から得られる情報制限されることが大きい

普通よりもスタート地点が後ろにあるので、この作業ゲーム足り得る

これは姿が見えない相手文通する楽しさにも似てるかもしれない(メル友でもいい)

  

双方向性が強く、質問を投げかけることができる(マシュマロ質問箱)

これもゲーム性を強くしている

視聴者は時によって「中の人」を聞き出したり「設定」を聞き出したりする

やってることは「その人を知る」作業

 

身バレという現象

身バレはどういう過程で起こるのかと言えば、この「知人化」のネタバレを見ようとする行為に近い

実行者はより深くまで知ろうとする熱狂的なファン

 

身バレと対になる「設定」を探る行為も一応あると思う

これは3Dモデルを触ってみるとか、制作関係者を調べる行為があたるだろう

ただ、生身の人間に比べたら圧倒的に情報量が少ないので身バレの方が確実に目立つ

 

TwitterSNSファンアート

これらによって参加型に近くなる

言及するほどでもないだろうが、画面の向こうに自分の行動が影響するのは楽しいもの

 

その人を「知った後」

「知人化」作業はそのうち終わりを迎える

複雑なパーソナリティや、人生経験を持った人であっても、大体1クールもあれば底が尽きてしま

そこからVtuberの第二の戦いが始まる

 

この時点で視聴者Vtuber関係は、双方向性が強ければ友人、単方向ならキャラクターに近いだろう

これによってどんな些細なことであっても「その人がやってるだけで面白い」という状態になりエンタメ足りうる

Vtuber面白くない」と批判してる人は単純に知人化できていない可能性が高い

 

視聴者の中には「知人化」が好きな人と、「知人(知人になったあと)」が好きな人が居る

これがこの界隈を地獄たらしめていると思う

知人化そのもの好きな人は「新しい出会い」を求めて自然と離れていくわけだ

 

おそらくだが、知人化が好きな人リアル生活でも大人数と知り合いたいタイプではないだろうか

逆に知人が好きな人は少人数と長く付き合いたいタイプかもしれない

わかりやすいところで言うと、箱推しは知人化好きタイプ個別推しは知人好きタイプだと予想してる

 

パフォーマー視聴者という関係

パーソナリティさらけ出したあとはどうあがいても「パフォーマー」と「視聴者」という関係が強くなる。

この時に取りうる視聴者との関係性でいくつかパターンが考えられる。

  

↑単方向性が強い

テレビ

ラジオ

劇場

リクエスト

キャバ、友人型(コメント応答)

双方向性が強い

 

どこをどう狙うかはVtuber戦略次第だ

テレビ型が一番大きなパイを狙えるが、最も難度が高くネタ切れに喘ぐ方向でもある

 

またどれを狙うにしても「何か面白いことをする人」あるいは「話していて楽しい人」にならない限り視聴者は離れていく

最初の「知人化」の時期は少なくない人数が注目してくれるので

それまでに如何に楽しませるかで長期的な勝負が決するのではないだろうか

(ただ一部の企業的な戦略に乗ったVtuberちょっとまた法則が違いそう、あれはもはやタレント業だ)

 

____

 

おまけ

最近VtuberYoutube登録者数が伸び悩んできている

単純に視聴者パイ限界に近づいてる証拠だろう

大体100万人は居ないくらい?

個人が生き残るには十分だが、企業は生き残れるのだろうか

2017-12-20

今は亡き国産ネトゲアルカディアサーガ

ロマサガオンラインがあったらこんな感じじゃないか?と思えるクソ雑なMMORPGだった

PKができるゲームというのは特に珍しく無いが、

粗削りでコンテンツが薄いゆえにPKメインコンテンツとなっていたゲームだった

PKは赤ネームになり、街の兵士NPCからいかけられるが、

PKerは悪人ランキングとして公式サイト名前掲載され、悪名をとどろかせることもできる

橋の上でカツアゲ悪人RPとかしてる人がいたりした

詩人」というロマサガリスペクト名前PKer(ギルド名も七英雄だったのでおそらく間違ってない)が

NO.1悪人として活躍していた

2回程実際に見かけたことがある。

街中で暴れていた

ROと同じく町で露店を出しておくシステムなのだが、

兵士NPCの警備の隙間をくぐってたまに殺されてる事がある

その現場に出くわしたのだが、

兵士NPCプレイヤー総出で殴りかかってるんだけど、

バードか何かの職業で(忘れた。わしはテイマーというクソよわ職だった)歌いながらその場に居座っている

攻撃全然当たらないwww ふざけてるwwww

野原でおっかけられた

有る日PKerが示し合わせて大勢でおっかけてきた

今は亡きウィザードリィオンラインPKが居たけど、

あれは物陰からカーンみたいなやつで、

このゲームダンジョンとかなくて、鬼ごっこに近い感じで変なスリルがあった

結局捕まって1個物を取られたんだけど、

めっちゃどうでもいいアイテムだったので、

あの有名な詩人PKされた!ってちょっとしかった

余談・ハウジングも雑

ハウジングは町以外のフィールドどこでも建てられるけど不在中モンスターに襲われて壊されるから

基本的には町の近くに皆で作る。

悪人は逆にひっそりとした所に作るんだけど、

ハウスワープれきる機能があるため、

貴重な素材が湧く場所悪人の家が陣取ってたりしててギャザリング中、中から悪人出てこないかキドキ。最高にスリリング

あと家の外の飾りつけパーツがとか空中に自由に浮かせたりできるのでめちゃくちゃ雑な変な家作れる

総括

ユーザー面白さに頼ったゲーム作りすんなあああ!!

国産ゲームらしく、キャラの造詣が割と可愛いのと、

服装が硬派(無意味エロいのとかがない。全体的に茶色い)、クライアントが軽めなところは良かった

2017-11-02

いまさらSkyrim」の魅力

このゲームは全く最高だ

FO4?いやいや、どう考えてもSkyrimのほうが最高だね

楽しい誤訳

この怪物から逃げたらノルドと名乗れ。ドラゴンに殺されろっていうの? そうだ、そうだ!

全く最高だぜ。

正しくは「ドラゴンから逃げておいてノルドって名乗れるの?私が殺されるのを見ているつもり?」とドラゴン討伐を命じられた兵士隊長エルフ女性がノルド人(バイキング的な気風)に発破をかけるシーンである

ゲーム開始して、最速で30分ぐらい、じっくりやって2時間ぐらいで見れる名シーン。めちゃくちゃ熱いシーンが誤訳のせいで一気に冷める。しかし、これはこれでなんというか、味があるのだ。

ぶっ飛んだ数値を作れる「超錬金」

バグではあるのだが、ぶっ飛んだ攻撃力をもった武器を作ったりできる。と、いうことは、好きな武器を好きなだけ強化して使えるということである

このゲームは、村にドラゴンが降り立つと、村人は村を守ろうとそこら辺に落ちている武器を拾って戦うのだ。そして、NPCの鍛えてない人間は死んでしまう。

そこで、いたるところに「一発当たれば即死亡」するような弱そうな武器をそこら辺に隠しておく。

これでドラゴンが降り立って、守るために無謀な戦いをする村人が、一発でドラゴンを仕留める伝説を越えた武器を手にする。

これはまるで主人公にさり気なく伝説武器とか超能力を秘めた武器を渡す謎の人物だー!!

そういうRPをしていると、ちょっと盗みがバレた時にこちらが一発で殺されるので注意が必要

ゲームプレイ無限大

一回クリアたからってそれで終わりじゃない。

いろんなプレイ方法がある。100人いれば100人ストーリーが広がっているのがこのゲームのいいところ。

例えば

http://www.nicovideo.jp/mylist/56006438

このゲームプレイは「死霊術」をメインに自分は拳で戦うというプレイなのだが、RPを貫き通す縛りプレイなので調整を行い、用語年代解説も行ってくれている。Skyrim初心者オススメプレイ動画だ。

2016-11-16

某卓動画騒動について

http://togetter.com/li/1045431

投稿者説明不足の動画を上げてしまった→ルールの誤解が周囲に広まり実際の卓で問題が発生してしま可能性が指摘がされたが、その指摘が少し感情的ものであり相手問題点がうまく伝わらなかった

→うまく伝わらないまま投稿者動画を削除してしまい、その上経緯の説明もきちんとされていなかった→視聴者が混乱→問題点がはっきりしないまま、指摘した人に文句を言う人まで出てくる

投稿者による経緯の説明がされるが、説明が不十分だった→それに加えて体調不良から時間が欲しいと言っているのに遊んでいたので体調不良ってなんだったのとヘイトをかう

動画の再投稿がされたが、修正が不十分であり追加で出された説明謝罪もやっぱり論点がはっきりしない→騒動に巻き込まれ第三者も出てくる→そんな中で実際に間違ったルールキャラ作した人が出たという証言も発生

→なんかもうgdgdになって投稿者動画の再削除←今ここ



記事に直接コメントできないからこっちでくだをまく。

この手の話は問題点を整理してくれないかなっていつも思う。




1:卓動画が上げられたが、ハウスルールシマシの上にどこがハウスルールかがはっきりとは分からず、しかもそのハウスルール採用したら通常の基本に忠実な卓だと総ツッコミをくらい怒られるくらい極端なものだった。

2:以前から動画を見て興味を持った、いわゆる「動画勢」の一部がルルブをきちんと確認せずに動画で使われたハウスルール基準にしたり、実際のリアルな卓の空気と卓動画動画としての演出であり実際とは異なる空気混同して実際の卓に参加することで、動画ハウスルールが通らないことに文句を言ったり空気間を間違えて無駄にKPや周囲の人間攻撃的な態度を取ったりして問題になることがあった。また、某動画動画演出が多く視聴者数が多かった為その動画を見て卓に入った人が問題を起こす率がかなり高かったようで、一時期は動画から入ったというだけで偏見の目で見られることもあった。

3:卓動画を実際に見て「問題が起こるのではないか」と危惧した該当システムに詳しいユーザー動画投稿者問題点の指摘と改善すべきだと意見を伝える。この指摘者は2で上げたような前々からトラブルのことを知っていたので心配をしたのではないかと思われる。また、指摘の内容や動画文言からこの時点で指摘者以外にも動画に対して思うところのある人間はいたと思われるし、何か実際にあったのかもしれない。(指摘の前から動画に「ご迷惑をかけているようだ、オリジナルと捕らえてほしい、といった旨の記載があった。何もなければこのような注意書きはされないはず)

4:投稿者、指摘を受けて動画を削除。しかしこの時点では「なぜ指摘を受けたのか、どこが悪かったのか」ということがきちんと伝わっていなかったのではないかと思われる。(指摘者は削除をしろと言ったわけではなかった)

5:動画の削除の際、元の動画でくわしい説明がされずなぜ削除されたのかがはっきり分からずどうして突然消えたのかと困惑する視聴者が出る。どうもなんだか誰かに何か言われたらしいぞ、くらいのふんわりした情報しかなかった人も多いのでは。

6:視聴者の中の一部が指摘をしたユーザーに凸したり罵声を浴びせたという話が出る。(文句を行っていたユーザーはいたが、直接罵詈雑言を浴びせにいった人がいたのかは未確認

7:また、噂が一人歩きした結果ハウスルール多めの卓動画(同システム使用)に「なぜお前は動画を消さないのか」など言いに行くユーザーも出たらしい(こちらも未確認

8:動画投稿主がツイッターにて謝罪文のようなものを出す。ここで「ようなもの」と表現するのは、謝罪文必要である経緯の説明などが抜けていたから。また文中で体調を崩しているため今すぐは反応できない、という内容があったが同じ時期にツイッターに上がったりイラスト投稿していたため、体調不良とは何だったのか、遊んでいる暇があるなら今回の件に何か対応ができるのではないか、と周囲から更にヘイトを集めた様子。

9:周囲からの指摘もあり、ようやくある程度の体裁を整えた本人発表がされる(あくまである程度であって今回の騒ぎの収集をつけるのに十分な内容とは言い難いというのが個人的感想

10:あわせて修正したという動画も再投稿されるが、こちらも個人的意見を言うなら十分な修正、訂正がされたものかと言われたら十分ではなかったのではないかと思う。

11動画投稿者の態度について十分な対応とは言えないのではと感じる人間が多くなっていった(まとめのコメントツイッター検索結果などからそう判断)ところで、とうとう「該当動画を見てキャラしました!」という人間が出たとの発言ツイッターに上がる。(実際にどこの卓で誰が作ったのかという名前が出たわけではなく、そういう事件があった、というだけの発言のため真偽は不明

12:「やっぱり問題が起こったじゃねーか」と一部の否定的だったユーザー対応が激化

13:また、再投稿された動画は色々と問題があったためコメントがそこそこ荒れていた(見た時点では大荒れというほどではなかった)

14:同時並行で動画ファンの一部が暴走して他動画作者などにお前のせいだなど文句を言いに行くケースも出たという噂あり(凸先がわから確認できず)。そして逆に暴走したアンチ動画ファンに凸したという話もあり。(こちらも真偽不明

15:結局収集がつけられず、動画作者二度目の削除。現在作者は引退を仄めかしている。

自分が追った中での今回の騒動の流れはだいたいこんなもの。まとめを見るだけで7割は分かる。






・そもそものスタート問題点について

動画内容の説明不足=ハウスルール使用されていることや、どの部分にハウスルールが使われているのか明確でなかったこと、が問題視されていた。

ハウスルールハウスルールと言われているが、もっとはっきり言えばキャラ作が普通の作り方ではなかった、ということらしい。(該当システムのルルブを持っていないため、指摘内容から判断するとそうなる)

戦闘シビアのため自分バランスを見ながら選ぶようになっているキャラ能力ダイスで決める、その結果本来はこちらもまたバランスのため取得制限がある能力制限を超えて所持している、などが発生していた様子。(ルルブをry

投稿された動画確認したところ、キャラメイク動画では世界観説明年齢制限などの注意にかなり時間を割いていたため、ハウスルールが使われていることを知らずに初心者が見たら「この動画を見るだけでキャラ作成できるのではないか」と感じるという主張は納得できた。

良し悪しは別として、キャラメイクもっと雑でるるぶを持っている人間しかからいくらカットされていたら動画だけ見てもキャラが作れない(キャラの作り方が分からないので物理的に不可能)のでキャラ作に使われるのではないか心配されることもなかったかもしれない。

そう考えると個人的には説明不足が問題だと一言ですませるより、動画だけでルルブを持っていなくてもキャラの作り方がなんとなく分かってしまうくらいに丁寧なのに本来とは違うキャラの作り方をしていることが明記されていなかったのが問題、とする方がわかりやすい思う。

動画であまりキャラ作について詳しく説明すると、動画を見てキャラが作れてしまう=ルルブ未所持で遊べてしまうことに繋がるのでルールの誤解とはまた別に、ルルブを買わずプレイされてしまシステムの作者にお金が入らない問題が発生するのではないか、という話があったりするが今回はこの問題については取り扱わない)





動画投稿者になされた指摘は適切だったのか

指摘された内容について(説明不足だった点に関しての指摘やどう改善すればいいか提案など)は正しく、もっともな指摘だったと思う。

けれどそれに付随していた「システムへの侮辱である」というは指摘した人個人感情だし、ハウスルールを多めに使っている点について作者が弁明していた「○○というシステムではなくほぼオリジナル」といったような言い方について「オリジナルだと言うなら自作で作り直してあげたらどうか」というのは嫌味であり本筋とは関係のない話だった。

指摘者の発言は、実はどこを機軸にするかで要約のされかたが全く変わってくる。

感情の部分を中心にすれば「あなたは該当システムルールを好き勝手にいじりまわしてしかもその説明をしなかった。システムに対するひどい侮辱だ。それだけ改変するならオリジナル投稿すればいい、オリジナルだとあなたが言ったんだからできるだろう。ふざけるな」である

指摘、改善の部分を中心にすれば「あなた動画は○○という点でルルブからルール変更が入っているが、それがきちんと説明されていない。このままだと誤解をしたまま動画を参考にして実際の卓を遊んだ視聴者問題を起こし、不幸な事故が起きる可能性がある。ハウスルールが使われている部分や実際のルールとの違いなど詳しく説明した方がいい」である

同じシステムで遊んでいる身としては、そりゃあ今回のことは他人事ではないだろう。実際に誤解したユーザーがおしかけてきたら私なら困るし嫌だ。

だが、その思いが強すぎた結果、問題箇所の指摘だけではなく個人感情や嫌味が多分に混ざってしまった。そもそもシステムの根幹をどこに見るか、というのは人によって異なることなので作者でもない一ユーザーが「この改変はシステム破壊している!」とするのは個人的にそう思っても必ずしも他のユーザーと共有できるとは限らないのでは。

ハウスルールが強すぎてこの動画システムを知った人が誤解しかねない。そこから発展して実際に卓を囲んだ時に問題になりかねない」というのは事実とそれを元にした妥当な推測であり、真っ当な危惧である

「このハウスルールシステムの根幹を破壊する侮辱的な改変である」は個人の感想である

いきなりよく知らない人から感情をあらわに怒られてしまえば、もちろん冷静な判断ができる人ならその中から指摘部分を読み取り訂正することはできるだろうけれど、感情面の方に強く反応して指摘部分に目が行かなかったとしても不思議ではない。

腹を立てるのは無理もないし指摘した人が悪いとは思わないが、ベスト対応であったかと聞かれたらベストとは程遠いしベターとも言い辛い。

もっと時間を置いて、なるべく個人感情は取り除き、純粋問題点の指摘と改善相手に伝わるように一晩寝かせてから指摘を行った方がよかったと思う。怒るのと指摘するのは似ているようで違う。

相手に実際に改善してほしいのであれば、問題視している点、改善点が伝わるようにしなければいけないが、今回は怒りの部分が相手問題点改善点の指摘部分を隠してしまっているように見受けられる。

「あれだけ分かりやす説明されていたのにきちんと伝わっていない」と言う人は「いきなり見ず知らずの人からまくしたてるように怒られた時に、パニックにならずにその中に混ざっている指摘、改善点をきちんと捉えることができるか?」ということを少し考えてみてほしい。

個人的にはたとえ理由が書かれていても、その理由に辿り着くまえに相手を怖がらせてしまい耳を傾けて貰えなくなる可能性が十分にある以上あまり分かりやす説明ではなかったと思う。感情的側面が強すぎる。言い分が伝わらなくても不思議ではない。

とは言え、動画投稿者の反応の微妙さを見れば「だから投稿主は悪くない」なんて口が避けても言えないのだが。言い悪いではなくて自身意見を通すためにもっとよりよい言葉選びができたのではないか、という話である

結論としては「指摘内容は正しかったが言い方がよくなかった」につきる。指摘した人が悪いわけではないけれども、もう少し冷静な指摘ができたら結果はまた変わったかもしれない。

もちろん言い方に工夫ができた可能性があることを理由に指摘した人を罵倒するのは論外である。そもそもとして感情的になってしまうのも無理はないくらいに大きなハウスルールでもあったのだ。


・補足 なぜそれほどまでに誤解が広まることが危惧されたのか

ゆっくり妖夢と本当はこわいクトゥルフ神話」という動画と、それにまつわる騒動を知っていれば無理もない、と思う。

もちろんネットの話なので、どれだけが実話でどれだけが創作話だったのかは分からない。だが、当時「当初は初心者向けとされていたのに、だんだんと実際の卓とは離れた動画的な演出がされるようになった」有名な仮想卓の動画があり、そしてその動画からTRPGを始めた一部のユーザーについて、ルールブック未所持でプレイしたり、動画の行動を鵜呑みにして流れを破壊するような過激RPをしたり、といったケースが相次ぎ、一部オンラインセッションの集まりでは「TRPGをする時にはまずルルブを買え」という初歩中の初歩であるはずのことがでかでかと注意書きをされるに至ったとまで言われている。

その結果、良識ある他のプレイヤーまで動画からTRPGに入ったというだけで警戒されたり白い目で見られるという二次被害まで発生していたようだ。

恐らくこの騒動を知っていれば、今回の件はまさに縮小版として見えたことだろう。そうなれば被害を未然に防ごうと指摘に回るのもごく自然な流れだと言える。

かなり極端な話ではあるけれど、実際にこのようなケースもあったと知ればこれだけ心配された理由は察してもらえるのではないだろうか。

http://togetter.com/li/736968 参加したTRPG野良卓があまりにもひどかった件 まとめ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25782630 【第5回うっかり卓ゲ祭り絶対に真似してはいけないCoC地雷





・指摘後の投稿者対応は適切だったか

個人的に一番よろしくなかったと思っているのはこの部分。つまり指摘を受けた後の対応が悉く悪手だったと思っている。

まず最初動画の削除に至る経緯について、動画でも説明がなく、見る人しか見てないツイッター発言を遡ることでやっと分かる状態になっていた。ツイッターのことを知らなければもはや何がなんだかわからいである。

それにより混乱する視聴者が続出、それだけではなく断片的かつ一部側面のみを強調した情報しか確認できなかった人(なんか文句言われたから消したらしいよ、程度しかからなかった人)などは指摘者に文句を言うものまで出てきてしまった。ここで二次被害を出してしまっている。

それだけではなく、きちんと説明されなかったことにより何が問題だったのかが視聴者に伝わらなかった。これでは既に動画を見た人が動画ルールを外に持ち出してしまうのではないか、という本来一番危惧されていたであろう点に対しての対処ができない。

動画の削除はルールの誤解が広まることを防ぐには効果があっただろうが、既に誤解をさせてしまった人への対処としては不十分だった。

ここで経緯の説明があれば今ほど問題が大きくならなかっただろう。

そして、まとめを見てもらえれば分かるかと思うがこの動画削除の件についての説明は数日間放置されていた。この全体的な対応の遅さも問題だったと言える。

この点については、後に出された文章体調不良ですぐに対応ができないことなどが説明されている。そこは仕方がない。別にプライベートより何より動画問題を優先しろ仕事も体調も知らんとかそういう話をするつもりはない。

ただ、理由ありすぐに反応できないならまずその旨を伝えて、後で詳しく説明するのでそれを待ってほしいとだけ言えばよかった

最初に(動画の削除から時間がたってからやっと出された)文章には経緯の説明はなく、「語迷惑をかけてすみませんでした、現在体調が悪くすぐに反応できません」という内容を、しか関係のない話を混ぜて何行にも何文字にも渡って書いているものだった。

おまけに体調が悪いから反応ができない、はずなのに同じタイミングイラストが上がり、そしてイラストには熱がありしんどいという旨のコメントもあったという。

これに対して「体調が悪いはずなのに絵を描く元気はあるのね」と冷ややかな感情を持った人、「体調が悪いのは分かったけれどそれを言うだけでいいのに無駄に長いし関係ないことを言い出すし、これって言い訳したいだけなんじゃないの?」と思った人などが出る。そりゃそうじゃ。(CVオーキド博士

仮に指摘がきちんと伝わっていなかったとしても、それと熱があるのにイラストを上げたり説明がまわりくどすぎて何を言っているのかが分からないのとは無関係だ。態度が悪い、と思われてしまうのは無理もない。

そうして後日改めて修正されたという動画が上がる。私が確認したのはこの修正動画の方のみである

そして修正動画を見た意見としては、何が修正されたかは分からないが、少なくともこの動画では「動画を見てルールを誤解してしまった人が他でそのルールを元に動いて迷惑をかけてしまう」という問題点改善はできていなかったのではないかと思う。

ハウスルールが用いられていたのはキャラ作成部分である。そして、動画への注意書きなどが追加されていたのは本編以降。本編だけを見て誤解する人がいてはいけないので本編への注意書きはもちろん重要だが、本来一番注意が必要なのはキャラメイク動画ではなかったのだろうか。

このキャラメイク動画には、ハウスルールについての説明が不足していることは変わっていなかったし、動画説明文にも特に補足はなかった。

キャラ作動画だけを見て、これでキャラ作ができると思い、キャラ作をしてしまう」人への対処は結局されないままだったのである

もちろんそんな不届きなことをする人がいれば、その人が一番悪いのは間違いない。けれど、誤解する方が悪い、 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2016-10-17

vimをtinyでmakeするとエラーが大量に出るんだが

インストール出来てるし起動もできてるから無視していいのかな

clang: warning: argument unused during compilation: '-I .'

clang: warning: argument unused during compilation: '-I proto'

clang: warning: argument unused during compilation: '-U _FORTIFY_SOURCE'

screen.c:1513:17: warning: self-comparison always evaluates to true [-Wtautological-compare]

if (curwin == curwin)

^

screen.c:5676:19: warning: self-comparison always evaluates to true [-Wtautological-compare]

&& Columns == Columns)

regexp.c:3790:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:3790:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:3790:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:4052:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:4052:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:4052:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:5276:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:5276:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:5276:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:5337:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

{ if ((rex.reg_match == ((void*)0))) *(&rex.reg_startpos[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.pos; else *(&rex.reg_startp[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.ptr; };

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:5337:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

{ if ((rex.reg_match == ((void*)0))) *(&rex.reg_startpos[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.pos; else *(&rex.reg_startp[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.ptr; };

~ ^ ~

regexp.c:5337:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

{ if ((rex.reg_match == ((void*)0))) *(&rex.reg_startpos[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.pos; else *(&rex.reg_startp[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.ptr; };

^~

=

regexp.c:5355:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

{ if ((rex.reg_match == ((void*)0))) *(&rex.reg_endpos[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.pos; else *(&rex.reg_endp[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.ptr; };

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:5355:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

{ if ((rex.reg_match == ((void*)0))) *(&rex.reg_endpos[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.pos; else *(&rex.reg_endp[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.ptr; };

~ ^ ~

regexp.c:5355:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

{ if ((rex.reg_match == ((void*)0))) *(&rex.reg_endpos[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.pos; else *(&rex.reg_endp[rp->rs_no]) = (&rp->rs_un.sesave)->se_u.ptr; };

^~

=

regexp.c:5516:22: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:5516:22: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:5516:22: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:6213:21: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:6213:21: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:6213:21: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:6266:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:6266:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:6266:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:6294:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:6294:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:6294:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:6325:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:6325:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:6325:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:6341:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:6341:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:6341:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:6363:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:6363:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:6363:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:7711:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:7711:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:7711:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

regexp.c:7740:23: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

regexp.c:7740:23: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

regexp.c:7740:23: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

In file included from regexp.c:8043:

./regexp_nfa.c:3995:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:3995:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:3995:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4014:21: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4014:21: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4014:21: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4036:21: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4036:21: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4036:21: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4055:21: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4055:21: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4055:21: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4086:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4086:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4086:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4227:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4227:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4227:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4609:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4609:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4609:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4670:22: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4670:22: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4670:22: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4733:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4733:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4733:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4767:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4767:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4767:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:4954:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:4954:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:4954:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5106:21: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5106:21: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5106:21: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5120:21: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5120:21: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5120:21: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5144:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5144:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5144:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5231:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5231:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5231:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5486:25: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5486:25: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5486:25: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5608:21: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5608:21: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5608:21: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5897:23: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5897:23: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5897:23: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:5987:26: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:5987:26: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:5987:26: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:6873:26: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:6873:26: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:6873:26: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:6997:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:6997:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:6997:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

./regexp_nfa.c:7095:24: warning: equality comparison with extraneous parentheses [-Wparentheses-equality]

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~

./regexp_nfa.c:7095:24: note: remove extraneous parentheses around the comparison to silence this warning

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

~ ^ ~

./regexp_nfa.c:7095:24: note: use '=' to turn this equality comparison into an assignment

if ((rex.reg_match == ((void*)0)))

^~

=

2016-03-18

SEGAカードゲームCOJカードランキングオリジナルポイントの変更を行ったのでメールを送った

お世話になります

COJというアーケードタイトルに60万円以上使っているプレイヤーです。

3月18日に行われたカードランキングおよびオリジナルポイントの変更について思うところがありメールを送らせていただきました。

単刀直入に申しますと、オリジナルボーナスSデッキ使用率を下げるためだけの調整はやめて欲しいです。

今回新しくデッキオリジナルボーナス(以下、DOB)6pのカードが登場しました。

変更内容を確認します。

【変更前】

1-100位 0p

101-300位 1p

301-550位 2p

551位以下 4p

【変更後】

1~30位    0p

31~150位   1p

151~550位   4p

551位~   6p

一見してDOBの高いデッキが組みやすくなったように見えますが、実際は違います

説明しなくても調整した側の人間なら分かると思いまずがプレイヤー馬鹿にしての調整だと見受けられるので、

ここで説明することでその認識をいい加減やめてもらいたいと思いあえて行っています

次にDOBランク必要ポイント数です。

【変更前】

S:80p~ (AP獲得倍率:2.5)

A:40p~79p (AP獲得倍率:1.8)

B:20p~39p (AP獲得倍率:1.5)

C:5p~19p (AP獲得倍率:1.2)

D:0p~4pAP獲得倍率:1.0)

【変更後】

S:160p~ (AP獲得倍率:2.5)

A:80p~159p (AP獲得倍率:1.8)

B:40p~79p (AP獲得倍率:1.5)

C:10p~39p (AP獲得倍率:1.2)

D:0p~9p (AP獲得倍率:1.0)

この【変更前】の以前にはSデッキに関してのみAP獲得倍率を下降させる調整を行っています

この時からSデッキに対する調整を入れていきたいという意向があったことは誰でも分かります

次にDOBランク必要ポイント数を満たすためにより少ないカード数で満たすとどうなるかを書きます

【変更前】

S:80p

4p×20枚(残20枚) or

2p×40枚(残0枚)

A:40p

4p×10枚(残30枚) or

2p×20枚(残20枚)

B:20p

4p×5枚(残35枚) or

2p×10枚(残30枚)

C:5p

4p×1枚+1p×1枚(残38枚) or

2p×2枚+1p×1枚(残35枚)

【変更後】

S:160p

6p×26枚+4p×1枚(残13枚) or

4p×40枚(残0枚)

A:80p

6p×13枚+1p×2枚(残35枚) or

4p×20枚(残20枚)

B:40p

6p×6枚+4p×1枚(残33枚) or

4p×10枚(残り30枚)

C:10p

6p×1枚+4p×1枚(残38枚) or

4p×2枚+1p×2枚(残36枚)

これだけでも高いDOBを組もうとした際にCデッキより高いボーナスデッキは、

DOB確保以外のカードを組み込めるカード数が軒並み減ってしまっていることが分かります

オリジナルデッキの制約というのは、DOB確保のためのカードを除いた自由に組めるカード枚数の数の増減です。

自分で好きに入れることのできるカード枚数が減ればそれだけ難易度は上がります

従来の1p、2pであった現在の1p、4pの層が厚くなったため条件を満たしやすくなったかもしれませんが、

Sデッキに関して言えばより難しい条件になり、Aデッキに関しても自由に使えるカード枚数を増やそうとすると

新しい1p、4pを選択しやすくなった状況でより候補から外れやすくなった6pカード

真正銘の弱すぎて6pでも誰も使いたがらないようなカードデッキに組み込む必要が出てきます

まり、1pと4pの層の拡大化により高いDOBデッキを組みやすくなるというのは見せかけにすぎず、

実際に使用率を集計して変化するDOBシステムにおいてはより難易度が上がっただけということになります

DOBの高いデッキを作るために4p帯の使用率が上がれば1p帯とのループ的な入れ替わりを起こし、

今回の調整により、最下層である6pカードさらに日の目を見ない層になりかねません。

なぜ、このような調整を思いついたのか。

なぜ、このような調整に誰も疑問を投げかけなかったのか。

なぜ、このような調整が通ってしまったのか。

私には不思議しか思えません。

誰かに余計な入れ知恵でもされたのでしょうか?

余計な口出しをされたのでしょうか?

Sデッキ使用率を下げたいがために他のデッキ利用者も巻き込む形で調整が行われてしまった。

そのようなことはプレイし始めれば早かろうが遅かろうが誰でも気づきます

そのときに心に浮かぶことは運営への不満や疑問しかありません。

誰も感謝しません。

ここまでの文章を書くまでの間に何度も残念だという気持ちになりました。

Sデッキを調整したいという思いにはとやかく言うつもりはありません。

ですがSデッキを調整するために他のデッキを使う人間にも影響が出るような調整をしないでください。

Sデッキ運営にとって不満であるならばポイント帯を0、1、2、3、4として新たに作った3p

4p帯を分割してしまえばよかったのではないのですか?

4p帯が本当に誰も使いたがらないカードにする調整はできたはずです。

システム的な問題ならゲームシステムの根幹であるDOBにコストを掛ける正当性はあるはずです。

目先の調整や小手先の調整で回そうとしないでください。

無理をしないでください。

プレイヤーは、特にヘビーユーザーにとっては取って付けたような真新しさはそんなに望んでいません。

遊びたくてもお金はあるけど時間が無い人が大半です。

その人たちにとってはプレイ時間が短いために頻繁な更新をされてもついていけません。

だんだん自分の遊び場ではなくなっていくコンテンツを遠巻きに眺めるようになり、

もっと落ち着いたコンテンツを黙って探し始めます

そうすると運営は躍起になって小手先更新に注力して、火に油を注ぐわけです。

もうやめにしませんか?

プレイヤーが求めるのは更新の頻度よりもクオリティです。

更新して売上が上がるのはプレイヤークオリティ確認しようとしているからです。

決して更新自体お金を払っているのではありません、確認するために課金せざるを得ないのです。

それがカードゲームです。

運営更新すればお金が入ると思っているようですが、

プレイヤー側全体は更新が起こるたびに「このゲームを続けていていいのだろうか?」という評価が発生しています

それに耐えうるだけの更新内容なら問題ありません。

しかしそうでないものを何度も行い続けると結果は目に見えています

その代表的な例が三国志大戦シリーズです。

過去から学んでください。

お金が欲しいだけならアバターの方に力を入れてください。

ゲームシステムを変えることなく、安全に集金することが可能です。

ユニットの絵柄を変えるコンテンツはずっと凍結されたままになっています

あちらに力を入れて課金要素を追加してください。

できればフィールド上でも小さな変化があればいいかと思います

特にRPが余りまくってしかたありません。

RP使用させるコンテンツを充実化させればプレイヤーは実際にプレイするほかありません。

プレイする頻度が高ければ高いほどゲームにのめり込むと考えてください。

なるべくプレイヤーゲームさせるような調整がCOJ未来ファンを作ります

また、Sデッキをしきりに警戒しているようですが、

大部分のプレイヤーにとって少し流行ったSデッキを使いランクを上げたとしても元々の実力がない限り維持はできません。

そしてランクの高さがゲームの終わりだとも思っていませんしランクを上げることにモチベーションを感じる層は全体のごく一部だと思います

そういった一部の人間もランクが上がったからといってゲームをしなくなるというわけでもありません。

ランクの上昇は自分ゲームスキルの向上の一種指標しかすぎないという認識は多いと思います

そもそも1対1のゲームのため分不相応ランク突入しても自分が痛い目を見るだけです。

Sデッキを警戒しすぎておかしな調整を繰り返さない前に誤解をやめてください。

ここまで遊んできたのですからCOJよりも面白いカードゲームが登場するまでは最後まで遊ばせてください。

新しいカードが欲しいわけじゃないんです。

新しいカードを使って楽しいゲームをしたいんです。

新しい調整をしてほしいんじゃないんです。

新しい調整の元、楽しいゲームをしたいんです。

大の大人馬鹿みたいに一喜一憂するゲームがしたいんです。

そしてそれができるのはゲームセンターにおいてセガゲームス以外には無いと思っています

失望させないでください。

夢を見せてください。

以上です、どうぞよろしくお願い致します。

2016-01-23

お前らのメアリー・スーで卓の楽しみが薄れていく。

ある身内ばかりのTRPGコミュニティーについてのくそみたいなチラシの裏側。

以下、自戒を込めての話になる。

RPGあくまで誰かと共存していくことが求められるわけであって、身内ねたで固めたPCやRPは一昨日きやがれ。と思うのは横暴だろうか。

コミュニティーの中で、目的数字が出るまで振り直してPC作成っていうのが横行してPCインフレ化が止まらない。

いつでも俺が世界の中心、ってやつが一人いるだけでつまらなくなる。

KPが公平に話題を振らないのとかも有り得ない。

特に自分が『一般人使用することに意味がある』Cocを基本プレイにしているからかもしれない。

PC情報ミクロ範囲の設定にしてくれ。よくある話にしてくれ。周りが抱え込める程度の話にしてくれ。主人公属性はただの一人にもないはずだったのに。あるいは、みんなが主人公だったはずなのに。個人的取り巻きにも非はあると思っているんだけど、まあ、なんだ、一人が中心のTRPG感。

セルフ二次創作別に言うことはないんだけど、そのノリを卓内に持ち込んでいるのが許せない。みんなとやるもの、という意識がなさ過ぎでは。俺TUEEEEなら永遠にソロプレイでやってくれ。

メタ知識は推奨派だけど、だからって一人のPLが全部決めていいわけではないし、それをどれぐらいPCに反映できるかはまた別だろう。ダイスを振れよ、ダイスを。アイデアでも知識でもいいからさあ。

ある一定コミュニティーで凝り固まりすぎて、ずっとそこについていかなければならないような同調圧力存在している。

これも私個人としては気持ちが悪いと思っている。

そのコミュニティーのTLだけで色々な設定を生んでいくから、そこに張り付いていないと次の卓参加したときにひとりだけギャップがあるとかいくそみたいな事案が出てくる。気がする。

自分PCというただの駒を『うちの子』としてモンペしている側だから(そうだ、だから多分、上気の理由でというより、そこで自分PCがないがしろにされていくのが我慢ならなかったのだ)何も偉そうなことは言えないとは思うんだけど、だけどさあ。

コミュニティー内の誰かと誰かっていう形では一緒にやりたいPLもいるんだけど、そのコミュニティーにいるという理由それだけでもう切ってしまいたい。

何がこんなに気にくわないのかわからないけど、とにかく気にくわない。

そのコミュニティーにいて一緒に目をつむっていれば楽しくやれたかもしれない悔しさかもしれないし、嫉妬かもしれないし。

本当につまらない話だ。

あー、でも色々なPLを見てきて(KPとしてとか、傍聴としてとかも含めて)いらっとした瞬間は大体一緒で、

『お前ひとりで進めんなくそが』だったはず。もっと周りのPLに意見を聞いたり、誰が適任かを考えたりをしろと。そういう。お前のPCはそんなに万能キャラじゃないだろっていう。

やっぱりTRPGでおなにーされてるのがくそ腹立つんだよな、結局。

RPGにおいて、誰か一人が突っ走ること(それはPL、PCわず)が一番良くないと思う。まとめ役は必要だけど、そしたらまとめ役はあまり強く意見を言わないだとか他PL、PCとのバランスを取って欲しい。だってみんなが楽しめるのがTRPGしょうが。まあ、盲目中の本人達楽しいからやっているんであって、それの否定は出来ないんだよな。だからこっちがそのコミュニティーから出たわけであって。

あとはシナリオブレイクするスタイルがかっこいいみたいな風潮が一時期あったけど

被害妄想かな。なんにせよためらいなく犯罪行為無意味にやる発想をしてKP困らせるのはやめてやれよ)あれもクソだなと思う。

RPについて。

卓をやる結果としてのセルフ二次創作はいい。

常識範囲内の設定からの卓内RPで常識範囲内で活用するはいい。

セルフ二次創作設定を卓内で過剰にやる、は駄目。

PLについて。

メタ知識、メタ推理はいい。

ひとりで決めるな、ひとりでやるな。それから、ひとりを持て囃すな。

議題から脱線する形になってしまったんだけど、結局メアリー・スーにも独断PLにも言えるのは、『空気読め』ってこと。

これも同調圧力って思われるんだろうな。やだなあ。

ひとつコミュニティー内のくそみたいな鬱憤だったんだけど、他のコミュニティー見ても、なんていうかこう、一定の一人持ち上げとか俺TUEEEEEEとかそういうのがちらほら見られて

(私のコミュニティーの探し方が悪いのか? 類は友をなんちゃら)

ほとほと困ったわけだ。

なんでかって、こんなにストレスになっているのにTRPGもくっさいRPも私はやってて楽しいからだ。自分も大概どうかと思う。

2015-08-04

ネトゲを題材にしたweb小説アニメ化された作品から

ソードアートオンラインキリトハーレムログ・ホライズンの「記録の地平線」、オーバーロードアインズ・ウール・ゴウンについて勝手に点数付けしてみたぞ!

別々のネトゲから強さ比べても意味ねーだろとかはとりあえず考えないで!

ソードアートオンラインキリトハーレムSAO

ギルド「記録の地平線(ログ・ホライズン)」→LHZ

ギルドアインズ・ウール・ゴウン」→AOG

主人公キャラクターの強さ

SAO8キリトさんはSAO最終レベル96。ユニークスキル持ち。近接のプロフェッショナルで隙のない構成比較対象内だと一番PVP向き。釣りスキルはご愛嬌
LHZ6シロエはアニメ二期前半のレイド時点でレベル93 レベルキャップ推定100なのでもっと強くなるかもしれない。習得スキル廃人レベルらしい。レイド向き。
AOG9アインズ様はユグドラシル100レベル 作中で度々RPに寄った構成のためガチ構成には劣ると言われるが、ゲーム自体バランスおかしかったりPK習得魔法増やしたりで強い。


主人公プレイヤースキル

SAO10人間辞めてそうな反射神経の持ち主。時々カッとなるのが欠点とは言え、同レベルキャラクター相手に無双できるほどプレイヤースキルは圧倒的に高い。
LHZ9未来予知に近い計算能力を発揮する全力管制戦闘が強い。多人数の戦闘なら一番勝率に貢献できる。
AOG6ネタ構成の割にPVP勝率は高いらしいが、人外レベルの実力を発揮する他2人には劣る。キャラクター人外のくせに。


すごいパワー

SAO9ユイ存在システム情報ハックできるのはヤバいチートや!チーターやろそんなん!
LHZ7世界法則を書き換えたシロエの口伝契約術式〉はすごい。けど使いどころがかなり限られる。
AOG10アインズ様は経験値を代償に願いを叶える魔法を使える。持ってるワールドアイテムバランスブレイカ―な代物。


組織

SAO7キリトさんを中心としたわりとゆるい繋がり。組織と言うより友達グループ廃人プレイヤーだらけで平均レベルは高い。
LHZ6人数は少ないもの役割分担はきっちりできている。年少組のレベルはそこまで高くない。
AOG10守護者は強いし、末端にいたるまで忠誠心も強い。部下もやたら多い上に倒されてもどんどん沸く。


女の子の可愛さ

SAO10しっかり者で嫉妬可愛いアスナさんを本妻に、可愛い子ばっかりでよりどりみどり。みんな良い子なのも良い。
LHZ6アカツキちゃんは美少女設定。他は異世界補正で綺麗になっているけどだいたい普通らしい。
AOG7みんな絶世の美女美少女。でも本性出すと醜くなるタイプの化け物ばっかりで辛い。


男衆の魅力

SAO4クラインとエギルキャラとしては好きだけど、もうちょっと活躍する姿も見たい。
LHZ7にゃんた班長CV中田譲治)が素敵。直継も頼れる相棒と言う感じで魅力的。
AOG8バスは格好良いしコキュトス可愛いストーリーデミウルゴスが半分以上動かしてるしアインズ様の魅力も引き出してる。


合計

SAO48
LHZ41
AOG50

AOGの点数が最多となった。

項目が増えれば合計の順位も変わると思う

2015-06-18

オープンワールドゲーとかサンドボックス系ってなんか始めて気づいたら数時間立ってたってことが多くて怖い。

特にRPとか縛りとかしないせいもあってぶらぶら散策しているだけであっという間に時間が過ぎてたり、今回はこのシステムを試すだけ…って始めたはずなのに整地してて怖い。

何がそんなに面白いのかわからないけど数百時間とか表示されてるプレイ時間が怖い。

Terrariaアップデートも怖いしFO4の発売とか怖すぎる。

2011-01-22

父親がGREEはまってネカマしている

ネカマRPも肯定派だったけど自分の父親がやってると思うと気持ち悪い

あんまり考えると吐きそう

ネカマして男釣ってるじゃなくてネカマして女集団に混じって遊んでるなんだけど…

(ついでアイテム貢いだりしてるっぽい)

母親が知ったら発狂するかもしれない

50代の父親が20代女性プロフィールで「ゎ」とか使ってるとは夢にも思わなかった…

2010-10-04

114.162.63.111 (p16111-ipngn201niigatani.niigata.ocn.ne.jp)

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:00:02 +0900] "\xdaW\xbf\xca\xf1\xe8\x9b\x94\x17\x04\xb3\xc9\xf9dC\x8a\xdatH\xb9y\xf3\xf0\xb7\x8f\xc2(^}6\xb0\xf2\xd6\xb7\xd2G\xdc\xa5!\x86\x05\xe2\xd7\xfdlg\x9c..\xa2i\xdc\xf4Y7\x07\x1a\xa3~\x97/8dq\xdb\x1a\x03O\xf1\x1f\xd2\xa9\xb2\xef7g\xabl8i \x85\x8a\xa2+\xeb\x82\x83\xe1qVk\x18\x1eF\xd9K(g\x93\x05\xbc\xa2

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:00:35 +0900] "\x8f\xaeo\xb3\x80\x99\xcc\x80s\xdb\xfdN\x8c\xfa8\xc6\x8f\xe8\xea\x1e\xcf\xb1\x94\"a \x19\xd0I\xf6\xd0\x02_\x07\xfa\xd6\xde\xb2v\x7fM\xb7c\x10k\xf2\xb6\xcc\x1fK[\xb7\xa9\xfe\xac\xcb\x02y\xbd\x9b\xf7ZEB\x1fe\br\xb0\x16o\xce\xcb\xbaO\xfb\xdc\xb4#z\xa7\xb5\xc3\xdc\xb9\xd5F\xa4I\x9a\xd3\x94\xaf\xe0`\xa3\xe0(\xd5\xf1$)\xab!\xc0\x0f\x0e\xffT\v7o\x83?\x8f\xc6\x9d\xd3r\x82{E38\xab" 400 303 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:01:07 +0900] "j9x\x02q\x1c\xb8\x95T\xd8b+m\xc5\xed'\xe8\x84`\xe0.\x1d\xd8\xab\xd7=\x1ab\xa0j\xbb_\xe0\x86\xfb{\xea\xd6-\x91#\x85\x92I\xcc\xb1\xe9\x19\b\x16\x85\xa3\xfeQ\x86*q@\xa9j,\xa9\x06\xb4\xdc\\\xe8\x9a\xcas\xcb\x83>\xad\xbdn\x93\xdf\x95}q\xb5\x82}\xbaC\xc6G\xa1m/\x95\xe8\xe3r^\x14\xa9\x1cb\x1f\xe8\x7f\x10\xd0\xe8\x853" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:01:37 +0900] "\x16\xb9/\x1a\xe7\x07\x8d\xb4\xd0k.\xcc\x9a\xa8\x1d\xf3\x80\xd5\xbd\xcb\xe6\x970#,\xbe\xd4t\x9briK\x7f\x85\x9d\x8f\xda\xae\xaf\xf8\xa2v+\x7fZ\xe6\x82q\x1aj\x19\x88z\x84|\xe0Db\xf5\x15\x97\xf9\xdf\xf8\xd1\x91\rZ\x90'h\rj\x13\xa5I\xe451Rx\xab\xc1\x99\xa6\x8e\x85\xce\xdeh\xbd\xd1\x10\x96\x8dv\x97\xda\xc1\xad\xf5&\xe7S\xf1\xa6M\xb2d\xdc:\x82vc\xacT\xc0\x82\x9f\xcc\xad\x01\x8b" 400 369 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:02:09 +0900] "\xdf.\xb6k\xc6P" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:02:42 +0900] "\x85[\x02\xce\xaf\x03\xf2N\xb3~\xf8\x9c\x06\x9e\xe8\xc1H\xb9=\x9d\x98\x98\x7fsr\xc2\xfa*\x8e\vZ\xb5\xea\xae\x91\x80\xc5\xb4" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:03:15 +0900] "\xc7\xf4\x957y-Z\xc4\xff\xde69\xae*PCE\x8e\xce\xd6\xc9s\xe7\xc9%Q\xc8\x81\x9f,3\x14U\x8b" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:03:47 +0900] "\x14\xeej\xf2^\x0c\x8d\x97g\")\xb9\xd5\xde\xc79\xf4\xd6p\x0e\x93bX\xe0\xe0:\t;\xdc\x95\x14\x8f\x84f^P\xa4\x8d\x15\x01\xdb\x10\xbb\x94\xbfu_iC\x8c\x83\xd5\xa9\xe6^\xe7\r\xf1\xa5\xc4[\xde\x10\xd5\xff\xb2\x85f\xea\x1a:&x\xdcz\x85\xc8\xb5\x81\x95\xab\xd3\xa5\xefW\xe6\x92\x18|\xd1\xb6\x9dX\x97\x81$i\x95\x9b\x15s\xa5\x1e\xb4a\xc0bm\xe7Wb^\x81\x85\x1d\x9d\xb8E\xf4\x14\xa1\xe3S\x8f\xa6\xb0\x93\x13\x88\xfa\x1fr\xa5;\xd6\x1cw\x91\xb18^n\xa6\xf3\x9f\x91\xcc\x18\xac5\xbf\xe2\xa6\x88F\x0e ^33&'\x8bV}\x1e\xe7\xb9-\xc4\x1a\xf5=\x8d\x14H\xbe\xd9\x070\v%\xc89N\x83w\x13FGb\xe7H\x04'\xeb\x84\xb7\x195\x8aA\xe5\xcd\r\x1bv\x05\xe6E\x15\r[\x7f\xd5\xc2\xa2\xbc.\xc7\xa1\xd4\xe8\xd7\xf8y:YAl45\x96\xf0Z\xe7T\x80\x92\xd2\x1f\xbd@\xd6'\xaa\xaf$\xa9\x1b\xb3Q\xb8k\x8c\xaa=n\x0e\xc8=\xa6\xffdZ\xba\xc1l\x9d#0Ur)\xce\xb4\xf4\x0e\x1e\bk\x89M\xda\x13v\x17\t \xcb\xe9_\xfe\xceCg\xdd\x85a\x83mn\x1a9\xe6q\b\xceL\x13\xe9\x16\xf1\xecE\x8a;[R\x9b\xa7x\x14F\x0eJ\xc8\xe9(;\x83UN\xc8\x17$\x84}6M\xb6!\xda\xf5B.\xe3\x88\xb7\x84\x02\t\xdc]\xd7\xa6\xf5\x84V\x90A\xc2o\t\xc7\x99\xee\xbfS5\xa0X\xbb\xa0\xb7Nf5o\xfd\x0fW\xf2\xfa\xc7cy\xa79\xe2\xb5\x042\x04m\xc8aJh\xb1[\x82\x8d\x18\xe1\xf8I\xc8f\xeb1\x10\xcc>\xe9\x17opDpd\xce\xac\xee\x03\xe7\xc5\xba\xa2AM\xa2\xa4JG\xb4\xb3\x91X\x0cI6q\xeau\xa0\xae\b\xdcm~*\xfe\xaf\x05\xf6\xbaU\xbe\x06\x14\xe7e<7w\x14U\xb6\xd4\xac\xc1\x17" 400 437 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:04:20 +0900] "\xbf(\xcf5\xac\x90\xf78\xcc{\x839=0\xc3\x9e\xe6\xb8wy9Mx\xc7\xcf\xc3\xe5\x06\x8d|\r\xaa\xfa{\xd3\xee" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:04:50 +0900] "\xa6" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:05:20 +0900] "\x0c\x14D\xa6\xd6'\xc48y\x1d\xc7nM\xbe\xb0\xcb'\x1d\xcd\xfa\x1d\x1f MI3S\xc6>\\S\x1b\xfb\xc3\xac@\x1cT\xc1T\xf7\"\x8b\x9d\x8f\xf5\x06:\xd0aHt\xf4\x83\x03g\xe5>\xf7\x9e\xc8\x81\x80.V\x87\xc7\xdbT\xc7\xdbl\xd2\xb6c\x90\x02\x1a\x7f\xc0\xd0h\x17\x7f\x8e\xbd\xdd\x81\xa9\\\x9d\xa7F3\xcd\x8c\x89\xbe\x86'\xcb\xf5%\xc1\xd6\x89\x8bd\xb1\xf1\xa8Nm\x8c\xad\xfdd\xd8q\xfd\xc3\xe4\x13\xfeF\b\xe2)C\xd3y\xb4\xeaE.\xb4\xcb>\xae3\x997\xe1\x83-0\x14\xd1\xcd\xe9V\xfd\xafU\"\xaa\xb9L?\x91\x8b\x80\xe5\x1a\xbf\xb2!-o&zE\xf8T\xd5\xc7\xfe\xe0\x96\x93\xb1\xcc\b\xd8N\xed\xff,\xe8\x9b\xbc\xdch\xad\x10\x80\xd3\xa5\xc5\xd3\xcb'9\xc2Y\xb0L\xc3\xe9\x84|h\x96\xe8O4\xa8\x92\xf2\xad[^\x1f\xb2\xe3BC\x0f\xac\x84\xe1O\xe6*1\xd2A\xb3\x0e\x1f\xf5\x04\x0fz\x06\xa5\xf3\xba\xc6-BU\x9b\xfb1\xbd\x02'\xc6\xef\xd4\xb8>H\xc9\x18\xac\x9b:\xc5\xe2\x82+H\x94\xf1\x88k\xbb\x11\xaf\xa78K/\xdc\xba\xa2\xcfE\xe1G\xd3\xaa\xa4gz\xd7\xf0H\xcbN\x91\x94\x919V\xf5\xa5\xa2p\xe1k\xe6\x1c\xb8\x9fg\x82\x0cR\x82\xdc?/\xc1\xdaT\x03QE\xff}\xb6\xe4\xfe2\xbd\x9c\xac\xe3\xb2\xda\xd4\x03\xd46\xc3t\x06P\xa1\x92\xc7\xfe\x01rd\xaa\xb6kl\xf5\xe8\xd6e\xa0h\x13\xbd\xadA\xcd\x04\xc1\x90~X\xcd\x955 \xed\t\x97\xfd\x91\xb2#\xfd\xda6\xbb\x12G-`\xc3\x90y>\"\xd2\xda\xe8\xfe\xed\xbd\xe4Y*Uj\x1c\"\xedi" 400 397 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:05:52 +0900] "\xae\xbah\x061\xf4l\xf7N\xed\xf5\x19\xa9k\x1a\xf84v\xac\xff0(#\x95\xacC~\x87\xbc\xe9\xb9\x04\xb9tkZ}g\xaa\x10*\xb6t\xd7l\x15\xd3q\xdc\xcd\x8e8\x82Eu\xd9\xb8\x07J\x07\x94\x93|\xabCLw;\xae\xd5\"\xcc\xbe\xcfLo\x83Le\xb1\xa8\x9d8o\x91\xb5$\xf6+\x7f\x13\x8e\xdd\xd4zT\x94\")\xaf;k\xd2h7C'\x10\x87\xbb\xc7]Y[\xe7@+\xb8\x97\x170HF$\xf5v\x89>D\xf2\x18\xc6IK\x19\xdd\xf3\xbf\xa2\xd4\x9dRy\xe4\xee\x1d\x1e \xfd\xe9\v\xa7\xb9\xfc:\x1e\x893\xe8^/Q\x99i\xf2\x97\\\xa3\xfc\x95P?\x01?g\xf7!Cj" 400 312 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:06:25 +0900] "\xb4\xf4gA6\xf2\xfa\xf6\xd5\xd0\x97\x8cuD\xb56\xadL(FX\xc3\x8f\x8b-\x8e\x8a\x0c\xbb\t\xab\xcf\xb4WU\x7f\x91Soe/1\xe4;\xeb\x19\xa3\xfd\xc60#\xb8\xa3;r\xedr@\xfe4A\xc2\xd7\x07\xfe\xa0B\xb3\x87`\xa4\xb4\xc0\x10\x11\x90\xb9p\x03\xd5\xc0\xdd\xe1\xb6_Vq\x88N\xcb\xebqE\xf8y+\x03\x05\xa1\xd6H-\x81r\x05\x89\xf8\xa9\xce)j\xa0A\x02\x84\xa0\x996rt\x80\x96R\x12%e\xe9~\x8f_\x95\xec1\xfa\x83%\xbe\xec\"+>\xed\xd8 b\xbe\xf3d\x14j\xe2\xfeS\xcc\xa5=>Q\x82\x9en" 400 376 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:06:59 +0900] "\xc8\xa2\xa5\xfe\xab\xbd\xf3\xd5\x9a\x0f\xb9&\x91Y\xa7\b\xb1\x9a\xb1\xf3Ka\x17\xf2\x80>\xbc.\xf8X_\xbfbt\xa0\rhh\x8e\xd4YI\x7f\x81\x10rG\xf1\x15\xc3W\xe8\x88\x13i\x8c\x80\xb4\xd7\x97Y\v\xc9\xbf*\xb1[\xd5I^\xae&\x04\xef\xf9\xe8G\xab\xe4\x0ea\xff\xa0,*\xbc\x93\x96$Fx\x84xJ\xc6\xd4R\xe6\xc1\x9c8\x8d\x03o6q\x02\xb7\xcd\x9c\xe9\x05\x1aKW\x8bY[\x04/\xa9\xfe\xa8\xde\x0e\xb2\x18#\xbct\xb2\xf8\x930\xfc\xdc\xe6}\x88%\x80\x87\x1b\x98\xe9L\r7\xe5\x0c\xf3Z>\xfa|\x01\xc38\x99i\x91\x02\xe1\xdd\x91*3\xcfB\xc4\x9d'\xb9\"|\xdb\xe6\x03\xe5\xc0\x18\x07D\xa0\xc3fC\x8c\x82\xe2\xeesX\xfa\x14\xf4;a\xf0q\xd3\xae\be\x7fUV\xf7\x99\xd6\xa6\xcf\xfb4?(\xc1\xa9\xc5&Q\x98^j\x99\xc3\x14\xe5\x98\xbe{\xe9 \xa4\x93\x86\xda\b\xef\x13\x8a.\x17\v\x94{,\x1b\xc0+\xcax:B2v\xdd\xc5\xa9W\xb0)\x1b`\xb1\x0c\x043\xd2#\x91XBt\x02\x1d\xed\xc5R\xa0FT\x1a*D\xc8\xb3\xbe\xaah\x9a\xf2\x8c\x8b\x19\xfe\x0fO$\x13p\x8e\x82\xeeH\x0e-\xac\x0e\xf8\xfa\xe0\xdd\x8c|\xe3w\x12&k\x8b\x14\xb1_3\xca\xbd\xea\xc1\xd6\xbb\xcf\xbb2" 400 339 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:07:28 +0900] "7\x94\x0c\x8a\xef\x9a\xe7w1\xf6s\xad\xffi\xa9[\x02\x81\xc3:\xf2\xddg\xb8\xcd#\x18\xd8o\xdcv\xf6\xab\xd6\xeaC\x0f\xfe\x90\xdd1\r\xa8\xb7\x98!\xe7\xf6\xcd\xd2o\xd8\x86b\xec\x0cW\x94\xc6\x95\xfbV@X\xf9g\xe1\xd6\x87\xb3\x1f5\xcfY\x9e\x1a\x95\xc0\x14\x8b\xc5\xc7\x15\x81\xd7X6\xcbJ?M\xafI\"\x9b\x13A'WMIl\xae\x17\xc1\xc8\x91\xc9\xd6?D\xa9\x8c[w\xb4\xbb\"n3VE_\x8f\xf3\x9a\x1cf\x88\xcc\xf1\xdesR\xd0:\xbe\x9d\xab\xab\xa0\x96\"hGG^" 400 421 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:08:03 +0900] "\xa27D\xb2&\xb0\x88\x95\t\xff2-\xaa\xa6R\xbd\xe1\xbd\xe6-\xb7JFy\xe3\xae\x8bB\xa4\xd3\xa3Z\xc5\xa1\x17\xaeG\xd3\x95\xc9h\x83\xca\xae5L\xd1ye\xd5\xea\x01\x8c\x93\xaa\x98\xfd\xdd\x89\xde2\xe3\xb19\xd9\xc4\xd4bT@Q\x1e\xa2\xd69\x15?\xe6\xb2\x0c\xbb\x9b\xe8\xb2\x18\x8b~1\xfe06\x90\x9b.\xee\x11\\\x9d\x9b\x90T\xcf\xf6\xebCB! \xbf\xc3\x01\x95`\x19\x94\\\xc6\xf3\x1d\xc0\xde\x1e\x82\x1eb\xfb\xf2\xf7\x9f1\xcaB{\x9f\xba\x07\xb6\x95$)pC\xc4\x84\xecq\x967\x93q\xf4C<R\xffV\xaaWA\xe1V\xa7\x91poF6; DO\xf8\x115r\xf40\xe1\x93b\xb1<'\xf3S\x98\x8a\xa7\xe6\x19\x9e\xe2" 400 497 "-" "-"</p>

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:08:34 +0900] "\xee\xe1d\xee3\xcc\xf2)\xe0\xf96D\xe2#\rml\xfa\x1a\xe59X\x99v\x892]\xee\x91\x96\xd1\xc6\xc5BNX\\o<\xbb\xb3\x8a[\xdd\xbc\v\xfa4\xe98\xbf@/rT\x8c:\x1d\xc4n \x99\xdb\x01\\\xdf6" 400 296 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:09:06 +0900] "J\xf4,\x9d\x151D\xe5\xc3\x9f\xb1\xe5J\xef\x04\xbd\\\xaa\x1ep\x83#^yO'6\x9c\xdc'\xe3/fk$G\x9b\xe9\x84\xde\xd5<\x01(\x9a\xb3\x83+\xd9zV\xd0)\xbe\xd6H\xe55f\x1f\xb8O\xb3\x8dV\\O\xbea\r\xa9\xe3\x99|qp\xfd[\x8d>\xe1\xc8c\x0fs\xc9\x97\x9c6\x11\xa3\xbd\x9e6\xd3\x1e\xcem\xcc\xec\t\xa6\x9e:\x0e\rL\xc6\xe4YB\x9dx\x93\xf1\xb7\xef\x1c\xc8\x1f;\xf1_S\xec.\xf5\xeeI\xd1\x1c\x84\xa0\xc1\xb3\xce\xda\x0f\x15\x07R{\x90\x95\xe8:\x19\xecQ\xf6=\xb0\xb1\x17[\x19kA\x11\x9c7\x1d\xf4\xc8v]\x84n\xc3\xfa_\x04\xcb\xc0\xb4K^\r\xfb0\xc6\xd6\xe3\xf0W\xea\x8c\x80G{\xf7,\xc0\xda\xbb~4\x82\xf9a\xf1X\x91\x86\xf51\x96\x07\x03\x95" 400 553 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:09:38 +0900] "\x82+\xc4YW\x8cX\x07\be\xd4\x95A?\xc4\x97\xa0\xd7\xa0\xb1\xfa\xb6M\x81\xa95\xe9r\xe7U\xa0M\xd3\xd2+\xf6j\xf1\xc2\x8a\xe8\x97\xbfP}n\x82\xf8\v\xe4\xeaC'\\Y\xd5\xadX\x8c\xd8q\x8bw>-L\xde\xe8+\b\xb6\xd7\x93n\xd1\x161*\x10\xd7\x0ew\xef\x95\xc5\t\x8c}kw\xbf\x84X\xf5\xb0\x1a\xa9\xdf\xff\x05\xb4\x92\xa3%s:@\xcd:\xe6{\xa2l}n\xe2\x9eQ\xf0\x9a\xf9\xf7\x17\x19\xe0W\xfc\xa4\xd3\xff\xbek\x94\xbd\xca\xbc\x88lYw_\x0e:\xc2\xf8\x1b\xd1\xfd~\x19`\xf9\xd8m\x85d@q\x04\x881\xc6\xc76\x87\xec#\xfc\xe2\x0f]\x9eK$m\xc4\x1a5\x01\xf1\x16\xf9\xc5\xb4\xdf\xa8\xe2\"\x89\r\xc4\x83\x8a\xdd!L\xd6G7NH\xccU,DQ\x9c\x12\x9bs\x07\xa4\xae\x1a\xa95\xd7Q6:\x04U\xc5\xfe\xa5\xeb\xd4\x97\xc9\xf7\x8d\x18\x83KH\b\x93\xbdP\x13B|\xea" 400 293 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:10:13 +0900] "\xed\xf8\xc3\xe2C\\?H2\xd5\xe8.\xad\xa3\xdb\xa5\xbe\xd2\x80\xc1\x87\x9a\xc0\xdeV\xa71a\xf6\x9b\x8c@\x1c\x11`\x19\x9f\x1f\xf7\xb2i\xe1\x8b\x85+Q\xd8\xc01{\xbc\x16\xd7\x0c\\\x94a\xb8LFLR\xd4\xa0\xdf\xc62\xd9\xb2\x83\xb6f9$\x95\xa8/\xc58f\xe1\x11\x11>\xc0\x1f\xf5L\xf1A\xe4\x96\x1c\x01]X\xefw\xeaa\xbd\xd7\xae\xa9i\x83\xd2\x01Q8\xb1\xa8\xcb\xbc\x87?\x01h\xddr" 403 265 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:10:41 +0900] "0M%\xed6\xe9\xb1P\xe1\xe6NrA\x1f'8U\xca\x16Z\x95\xbe\xd5\xaf\xf5\x88\xee\xf6\xb9\x0f1P\xe0\xe9\x941\x82\x1b\\\xf7y\xff\xb6\x07;\xed\xf6\x8c\xab\xd6\xd8\x1a\xb6" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:11:15 +0900] "\xa3\x91\x98\x99\xd5%\xff\xa4\xcc\t_\rnU\x18Q{}\xf8*?l\xa1*D~\xf6co\x12\xf7\xc5\xeb\xf5-\x06\xb4\xfd\x13Ia\xech\r\x1c\xaa\xb0\xc5\xc6\xf5\x82:\x04\xfdK7n\xf6\xadA\x9e\xe7\xeaE\xfdRF\xc1\xa4\x18\xcb\xd3\xf9;;::\x05=U\xc3~\x1b\"\xe4\xd8\xac6\xba\x18\xc4o\xcd}-\xf5?\xab\xb0y\x83aI\xbc\xd0xG5M\x8d\xa5\x84ia\xf0\x8e\xc2,NvF4\xc0\xc9\x97\x9d\xa4\xf8\xb4\x83~\x0c\xd7F\xf7\x95\x99%&\xe3\\\x0f\x0fy\xea\xb5i\xbfZ\xe4\xa5\xf74\x12+r\xd57\xe7\x04\x14\xde\x04\xb5%{\xf7\xb9\xbe\xff\xc0\xa3y\xaal\xd5z \xdf;Q\xc0\xd09!1\x15\xe1\x02=!j\xa5\xe3\xcb\xdd7\xa7Q\x12\x87-\x9c\xdbj\x06\xc5\x7f_\xca\xd9jog\xd9\"W\xb8\x05}\xe9ZZ\x12\xb0\xbbZ\xed\xd3s\v\x87;\xd8B\xf5\xf8\xcc!_\xe1\xda\xdf\xb4{\x82\xc7\x9c\x1d\xd0\x84\xaeQ4\x9b\xe4|\x8d9K\xc2\x87/\xff$';W\xeb\xa4\x89]Jyy\x81?\xb8\xa3\x8e\xba\xa1\x19\xdc\x01s\xeb\xc8S\x82\xf1a\xcb\x8a\xc4d\x88C\x0ek\v5\x04a\xe0\xce09\x81\xb2t\xdfwRLo\xc2\xc0S\xa6{\xc2\t\x96\xb8%\xd3\x9d\xb0SC\x97 (\x9aS\xed\x02\x8bD" 400 325 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:11:45 +0900] "^F\xc8!\x92'\x9b\x93\xefPrOGA\xb3\xe4\x93\x85\xc0\xe2v\xb0\xb2\xa2\x16\xe0d\xfe\xbf\xeb\xf6\x1c\x86\xe0\xff\xb6\x12\xa3\xbd`X\x0e\x1at0\xf0\r\xf5\x18\xc4.\x98\xa6\xcb2\x0c\xd4\t0\x190\x97lo\xef\x07\xa7\x85\xc6\"\x83\x90c6(W\xbb\x91\xdc\xc9R\xb2\xa1/$\xa06\xc1,\xe06\xd4\xb3\xc5\x87\x07-\xd5\xd4\xa1\xce\xbe\xf7\xe2S\x96t\x97\xea\xe7\x80\xb3\x11F-\x93\xfb'\xeay5\xf6I<\x89c\x06>#\xfdD\x9d\xf2\x02\x19\xaeQuM\xa7\xe7r_\x9b\xcb\xbf\xc9\xac\xec\xa3\x85|\xb1\xfb\xd0\xe4\xdc\x8a.\xe9\xb4\x91\xae\xebc\x9fo \x9d\xabcA\x82`S\x83\xc6\xb8$\xc9\x0f\xccX\x18\x9e\xeb\xd8K2\xe9\xf0\b)\xb9\x9b\xf2\xe9>\x01 ~_>\xcf\x84ZeSHZ\xc4T*Kj6F\xed\xe7\xd9S'S\x83\xca\x9f\x92\x1aK\x87\xd5\x97>\xbad\xb7\xb6\x07\x9c\xf3\x9a\xcc3\xb3\x06\xc7\xc4\xbf\xef*\x87\xf6\x06\xed_B\xdfh\x1b\xcbS!\xf5k#\xe3_c\xdd\x10" 400 395 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:12:20 +0900] "\xbb:\xa2\xd0\x81G\xde\xce\xc3\x87\"\xda\x01,\x90\x10\xbbl\x91\x97\x1b<^:U7\xc08\xe3\xba+S$FB\xc1\"\x8e;\xcc\xc7\x9aD\xce\xa7{}\xeb\xe5\xe4\x88\xf4~\xc7!\xd5\xc8\xef\xb4\x7f$\xe5\xcd\xf4\xbf\x02\xc47\xfd\xf6\xb3)\xe3\x7f\xb5\x92" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:12:49 +0900] "\x190\xc1\x7fIy\xf6K\xbfO7l\x95\xe4h\xc2e\xfeuL\xce\x9eW\x96\xcd\xa1\x8cv\xcaTB\xd2\xbd\x98\xe4\x12\x93E\xff\x99\xf7\xe5\xb8\xa0\xa7s\xc7a\xd0\rQ\xd3=\xb3\xf4\x02]\x87" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:13:21 +0900] "\xa9\xbb\xddI\xcc\x82m%\xfd\xae\xa8\xe7\xb8\xee\x97h\xbe@u\x11\xe9\xae\x12\xcd8^YtPK?\x87\xbb\x04\xf2\x06\xbc\xa7N\x9f\xc1\x90\xfeF\x11\xb3\xc39~!\xfe\bu\x0e\x98\xe6\xe4\x87\x9f)\xae\xf5\xf2Ye\x06:\x12g\xd0g\xa5\xbb\xf9}\xe4Gr\xed\xf1R\x90\x1e\xcf\x06<\x9d\xddEj*\xfd\x11\xf6\x86\xaf\x16`\xc1\x0eH\xe9" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:13:55 +0900] "\xc8\xd3hI\x14&\vf\xcd\xc9,\x9c\xcd\xb3c\bj\xda\xe9z\x06\xb9\xcb\x1b\xdb\xf0>\x04\xc7^\x98=\x10J\x8a\x80B\xd0\xb8C\xb6\xed\x97\xb5\xc2\xe5\xae" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:14:27 +0900] "\xed\xdd\\4\xda\x9fG%\xeb\x13\xcb\x91U \x05\x1e\x84\x80Q\x0c\x85}\xdb\xe5&\xc5g\x0e\xf2;l$" 400 354 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:14:57 +0900] "\xb51\xa3\x06\xafm\xdc\x11+R\xfd\xd61/\x07\xff\xf3V\xfd\xb2\xcf8l\xaf\x87i\x01\x0f\xfcb\x99\xe1]K\xed;\x1e\xb5\xf2\xdc\x87.\xfc\xa4M\xa1\x8c\xee\xbb\xf6\xc6\xe6\x1f<\x7f\x86\xd6c\xc2G8\xab\x9a\x8a\x15u<\xf2|N\x93\x04;\x19Z\xb6\x06\xd0\xe7~\xe8k\xfe\xf8\x18\x06zx\x8f\x16\xc5\xb3\x01\v\xd0\x8ftGyY\x05\b\x1a\x07\x841\xf0\xd1\x83XJ\x97\xf6\xf6\xc9F\xa0\x11r\xa1\xcb\x18\x02B<\x0f\x81\xdbf\xeb\x1a\xc2\xde@*\xad\x0f\x19\x97\xba/'c\xb2r\x1f\x81\x8e}]\xe7:\x1d\xcd\xe4\x9a9\v\xb4\xcb\x05\xc9R\xabyr\x8d\x9b\x02\x0c^\x83wcy\x17Nd\"Y\x10\xc7B_" 400 692 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:15:29 +0900] "\x97\x7f\x88\xfaD\x811A\xa8\xf9b\xa8\x9e[\x0c\x01o\x19\x9a2\x97\xf3\xac\xbc\x8e\xfcN4\xc6J%\x9f/\x84\xf3\xdb\xc1I F\x0e\xc1\xe6\x89\x1b\xa88kM\xd8\x02{\x13\xc8\xe3\xd3I\xbb>\x04\xf76\x91\xce\xd2 \r\xa5\xc2O89\xd7\x9f\x96\xf7\xef\x80U~0\x11{\xac%P\xce\xc0\x07v\xd5\xabD\xbb~\x13\x9bC\x04\xc6\xdf'\x88\xea\xa0\x98U`\xe6\x11L\x972\x9b\xa2\xfe\x07@\x85\x18\xa9\xc3\x02\xd3%\x8e&\x16\x91\xecc\x99\x95x6\xf9+\xd6\x07\x0c\xa2\xa0Qr\xe9\xa3\x02l" 400 312 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:16:00 +0900] "\r\xc4\xd0\x96\vR;\xdc\xe0\v\xd0\x8d\xd9\xa3\t\x06\xf0b\xc7A\x98\xda\xa7/\t{\x86\xd1o\xf7-\xb3Z)\x87a\xb9\xe2\x84\x15j\xac[1\xa9\x0e]D\xd3\xcc\x07\xe7\xd8\x94\xdc\xf4\xa0Z\x05\xabJN~$j\xe4\xdd\xc3c\xf8\x1c\xa6)\xc5J{\x16:\x1av*K\xb8T\xf6\xf8&\xferm\xc1Y\xa2n\xa28\xfb\xb0\t\x04\xb1\xbc\x97\x7f\x10nT\x16\"\xfa\xabW\xc7\v\xb4\xce\xf2\x1d\x05\x84\x15'\xcb\xc5\xda~\x19&\x14\xf6\x7f\xc7\xf5J\xdf\xd6\x81\xbe|TB\x02T\x1c>Z\xb0!&\xfc\xf9\xf7\xd0\xb9\xcd\x95\xe7\xe0RY\xe2`\xcaL2,h\xa8\xc0\xe4b\x97\x96\xb1H>\xdcq\x94\xfa\x07\x14\x82\xe9ME\"\xad\\M\xablK5\x12\x1b\xd1+\xdb\xfd\xb5(0f\x85\xcf0\xc5\x8b\x97\x89\xe1\xfd,Ict\x13\xf1\x95\x9f\x8d\xcbi9\xbf~\xbd8\x0f\xe0\xddH\xd1\vJw#\xb3\xba2\x15\xb7_p\x0e\xf5l-kc\xd6\x1ah\\W\x93D7\xb9\xd1\xa0\x1eQa)\x1d\xca\xd4vz$\xb93E\xfb\xc8\x80/\r`\x94\xa0\xf74\xa6\x03?A\re\x97\x03\xa6>`\xe8v\x8en\x05\x90,\v\x079[>mK\x9fM\xf5\xd7\xcf\x80T\x0ej(*b.\xe05\xe8\xe7\x13\xc5\x01\x86\xbep9rw\x06o#\xaf\xc87\xec4\xd4|\x18\xf9\xe4j9\x1a8\x8a\xbd\x1b\xd1/\xc2q\xe0\x12,C~9\xf4q\x9d\x1d\xc2\xd6?\v\xbf\xca\xe6\xcb\xa4\xebK\x80\x18\x1eR\xcf8\xd0>Cw\x82!\xf0\xa8\x84\x97WY" 400 328 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:16:34 +0900] "\x80\xa6\xd6X\xd3\xe2s&\x93\xf4\xe9\x8c\x83\x9cp\xaa\xed\x0f\x9e\xf4\x8a\xc4\xfdk\xc9\x96Y\t\xe8U\x9c\xc0Z\x97;\xb7\xb8>\x9f\xd3J\xf6\x9c\x9b\xf3\x10J\x07\xf5\x9e}\x1c\xd7)\xb6t\xa1\x9d\x04\x1c\xa0p\x80\xad\x95\xa7o|z8\xf0\xb4\x0f\x9d\x96\x12\r\xdc\xbe]m\x7fa\xc4\xf0L\xf6-\xfb\xc5\x8f\"\xcd<\xda\xb2pk\xf4\xa0\xb7O`O\ra.\x1f3o\xbd~+\x87\xba\xfb\x9a\xc5\x9e\xb6qix\x15\xcc,\xed\xb9\x1b\xd5}\xb1\x7f\x07\b\xedw]\x90\xf5\xbb\xb9@\xdbh\xd8\xadm^*]\xb0\xe6\xe1\x86\x8a\x99H\x17\xbf}W\xfc\x1fp\x84\x9e\xfd\xca\xdb\xaa\xe2>Q\x14\x83\x01V[\xf1.\xa9\x0e\x10jp\x8fJ\xc4\x88\x17\x84\xde\x1a\xfaQRo-fO\x05\x05O\x83\xe2A`>(K\xed\xd4\xea\xbb\xbeC>\x1d\xbd\x15\x93\xf4\xf2\x88E\xff\xb1\xedo\xba\x12N\x01(\xa2S\x12\xd0Xfw\x05\xcb\x16\x94k\xa1\xb9r\xb7KV\x12\xb6\xf0\xc2\x01\x91\xa6\b-O\xe8\x0e\xf7\x9bEv\x89\xc8U\xc3j\x12\xf1\xbdO'\xa3\x165\xe6\\M\xacfe\xd3v:\x98mP\xf3\xd0\xd9\x10\xe7\x9e\xb4\xf01>\x9b*\xf9\xc9\x91\xc5\xf6\xab\xa0\xae0X\xc3" 400 360 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:17:07 +0900] "\xaf\x975b\xf8m\xf8\xc1\x10\xe2\xcc\xea\xa5\xf70\xeb\xc2l^\xc6\xabW\xed\xdd\xbdc\x9e\xb9\x81\xab\x03\xad(\xd9\xf2\xa4k\xa8\v\xec~w\xbdL\x88\xc3\xa4\x01\xe5G\xeflm\xcdR@<]zw\xb0\xa1\xf2\xc3\x03\xdf\xcf\x9c\x04\xb9\xff]y#`\x98\xb6\xa6n\xe1N?\x9f\x94\xa0E\xbcd\x01\xf4\x14?\xe6\xd1\xe1s\xd2\xfa\x17\xf5\xea\xce\x8c\x04\xb6\xbc\x07" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:17:38 +0900] "\xc56\xe6A\xd2\x0f\x9e\x1dX\xa4-\xc4\xd5\xe1\xacA\x99\xd9&$?zl\xf0#\xc5\x80\x9d\xedu\x1ah\xc8\x8dI\v\xaf\xbbV\xc0\xfdC\x81M\x12\xdf\xb0\xbf\x03I" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:18:11 +0900] "F\xd6\x89\xe7\xa2\xed\xb3m\xeb\x888\xe5LK\xd2\xa3`A\xa2\xac\xf8\xdb*\xf9\xd3\xff\xde\xaa\xdf\x8e\x06\x11\xcd\x89\xcf\xc0?D\xfb\x99\xac\xb2\xa1W\xdb\xe5g\xaf\xbe%7E\r\xc2\xe7\xf2\x7f:\xa0\xfd\xb8\x1d5h\x97e\xcc\xe7r\xfe\x13M\x92;" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:18:43 +0900] "\xff\x19\x07\xcd\xcd,\xb5\x1b\xed>\xfe\x90\x0c\xe9\xd8\xba\xf6\xe6\xa2:\xd6\x82iPZ\x0e\x9a\x8b)s\xe1\xf3`cV5\x8e'\xd8)\x1c5r\x93(\xe6sV\x8eR<\xa1\xf5#\xd8\x82\xb7\x07\x1f\xe6f\x81\xbb\xc3\x1f\xd0\xecS" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:19:14 +0900] "A\x9e\x15\x8a7" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:19:48 +0900] "|H\x06\x8c\by\x99.\xec\xea\xf6\v\x0ej\xffj\xcbE\xb3&\xe0\xcfB\xc5\x9b\x84\xe7\"5\x84\xf8E\x8dg\xd1O\xc0\xcbL\xd4\x10\xc7\xe88\x84\x01\x92\xeeQRMb\xa8\x14\xcf\x04.H\xbf\xcb\x82\xa8\x89Nr\xa8\xde\xdf\xd7\x85\x1f7\xe7\xf8\xd1\x99\x8f@}mM\xc9:\xa7\x83]I\xcd\x12\xcfA\x11\x97M\x19\xef\xe6\xe6K\"\xf8\x14\xd7y@\x94\x90\xe8i\xf7\r\xb5s\xcc\xfa\xf0\xfa\xcbwJ\xbcS\xbb+V\x17\xfd\xfeN\x14\x94\xd0V\xc6]\x19\xcf\x9b]\xd9\x8d\xa8\xa7\xe7\xda\x9a\x80\x86\xbd\xf0\xc2:|h~\xda_\xb7\xe5\xe5\xb7}i\x19\x1fx\x1fB\x02\xf8hQ]\x93\xd0\xad\xc6\x196\xce\xae\xcb.\x07\xe3\xc7\xa3\xa3X\xc7\xc14)\v\x11(\xda\x94\xe6\x9d\xe0\x93\xf9wb!P\xaf@0d\xedU\xc2\x82Z\xf9Yr\xaf\xca\xaeW\x93\xad\xa5\xd6#\x0f\x81z\xd2qTWs#\xba\xee\x94O\xc7Q\x0e:>\x88\xda\xc7\x042&=\xd4o\xa8I3\xfe3G\xa7\xa3\x88\xbd$\xccn(\xc7s\x05\xfc\xc7FW\xe6\xa8\x060T\xb1-07\xa1\xd3\x1e\x07\x9e\xd2\x7f\bn)g\xcd\xe9\x9e\x90\xfa\xae\xa8\xa9N\x16\x8b\xf0\xe0f\xc5\x03\xa8I\xa9\xf3B}J\x9b\xef\xcc\x9a0\xdd>\xd3\x19\xa8\x8d\x16" 400 309 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:20:19 +0900] "h#\xc1\xae\xfeY\rP\xa2\xcb/\v\x1f\x8c\xf0\xfb6\xf8%\xcf\xb6\tG\xe8\x9c?\xdbK]W#y\xee\xd1SV\x01\xbc\x9e\xbfJr\xa1*\x95*Q8G)\xe2\xb5zI\x93\xc8S\xaf\x85S\x9e\x9b\x9e\xd0[d\x91\x0c\xde\x82\xfe=\xe6\xb4\xff\xde\xe8\x9cF6N#\x0e\xc5\x02?\xf3\x84\x0e\x8f\xd4\xe6\x8e\x80$\x943\xc8\xa1:0\x82\x9d\x02\xe3\x81\x92\x904\xe2\xb6\x92$n=\xbd\xa6\x1e\xcco\xb0\xde0\x93\x91\x92P\xc6\x85W`\xb7\x87\vX\xd4f\x0f\xa5#\x1bK\x1emZs9\xa2g\x89\x7fy+\xa4=W\x87\xef}r\xe8\xf446\x1c\x1b\xbd\xe8dm\x86\x89\xca\x9e" 400 330 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:20:49 +0900] "\x18\xa5\xcc\xd6}4\xd0\xe7]P\x86\x92\x03\xfe\x16\xab\x84F\x12\xb1\xa3P\xc6myN/\xa1\x16\xad4\xf6\x17\xb3\xa7\x1f\xbcITl>\xfdN\x7f\x90L\x8e\x82\x04\xa4\xec&x\xe9\xbc" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:21:21 +0900] "r4\x92\x97\xcbM\xa6\xba?g\xd3o\xe3\x89\x01\xbd\xd2,\x9f\xfb\xa5'+|\xbedG\xc6\xaf\xf5\x1e\xa9O\xcf_\xe1\xf3,I\x94\xf6\xa0\xa2j\x9cq\xf3\x8c?kkK\xfc\x93\x7f\xae$" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:21:54 +0900] "\xbd\xcf\\\xf1\xd9\xb9\xa7\xb3eSdJ\x97\xee\x02\x90\xb5\x9e\x06Op\x14\xbd\x86\x06NqA!=\xa8+\xc12\xc0a\xdcWV\xcc\xae\xe0w\x8e\xf8\xc1\xf38\xcf\xa6\xae\xdev\xef\xeei\x9fF\xf0,\xea\x9d\x81\xd9\xde(\xef\xe5AXu\xe5\xbaA'\x04\x0c1\xe9\xa8\xf3\xd4Cf`v~\x1e3\xc36~\xbd\xd4h\x8a.\x1e\xd6\xc2\xb6\xe4\xaa\x18z\x84F\x0e\x80\xf9\x8e\x81\x7f2\x81\v\xfc\xaew1\xb3I\xa6\xde8V\xeb\x11\xde\xed\xc8\xd2\xd8\x86\xa9j\x9e\xc7k\xd3\x93\x9b\x1en\xe4\x84" 400 333 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:22:26 +0900] "\x19\xfd\xb4\xa6\x0e\"\x18i\x99s[d8\xb7C\x04uS:\xd0\x1b\x06\xa3:\xd3\xf7\x9f\xeb\xe9\x1a\xa9{\x80P\x16(/1\x12\xd2\xe8$gu\x98K\x19,\xf0az\x15\xc3\xc6Dx\x97\xb3\x03\x83\"\xc3\x1dm$\xd4\xba\x0c7\xae\xd7\xdc\x0fE\xc3\xc8\xbf\xd2\xb2\xe5(\x05)\xf6\xba\xad\xfa-\xef\"\x83U\xea\xd31J\xb2\xe7\xca\x10\x1f9Iq\x9f\x12\xf0%\xca\xfe+\xb5\x97b\xddK\x17_\xae\xb9c\xf9\xa7\xbc\xd3y\xfc\x82p\x0f(k\xac\xbc?\rQo\x80z\xb8o*\xc5;\xf8\x92\xc2\xec)q\x0e\x88\x1e\x82O\xa6YM\xbd4f=\xe2$\xbe\xf9\x9dc\xed\xf1m\v\xf07\xec\xd9\xe1\x91\x9a\xe1\xd6\xcc\xdc\x80\x06SE\x93-" 400 312 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:22:59 +0900] "\xe8\xc5\xc4\x07 Y\x989n\xa5\xbeK\xb8j\xf8Q\xde" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:23:30 +0900] "\xac\xba3\x96\xd4\x02\xd3_i\x1d2\x01\xd7\x97\xfdc\x9e\"\xf0$\xd8Z+\xcc/\xa6p\xb1\x89\xacN\x0eC]\v\\\x92\xb9\xe0:\x8d\xfa\xab\x15\xaes{\xef\xe71\xba\xfd\x8b\xd4\\`\xf66\xe0\xff\x1c\x95\x82r\xfe" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:24:02 +0900] "hC\x8dJ\x8cQ\xd7\xb0\xe1u\x16\xe1P\xe9%\x01z\x83\xb9\x14Ex\r\x91\xe8\x18\xa5K\b\x7f\xcd\xd2\x8aS\xb1\xbdfxy\x90\xc3\xb5/\x8a\x12=\xef\x1f\x85\xe9\xc3\x9axb\x84z{A?\xd5\x91\xd5:\"\xce\xf16\xd8\x93\x9f\xe2\x8d\xdd\xe2l\x10\xb2\t\xa3\xe8\xca\xbdDft\x8b\x8f\\\xb3]\"5\xde\xecd\xd1_\x7f\xa3\x1d\xaa\x06\x19\xd8`k\x94\xafI\xaa,'d\x12\x06\x9f!\xa6)\xd9\xd0\xc4\x8d\xb6Z\x04uA/c\xff\xef\x7f\xa1\xfa&\xad\xe7\xf7\xfb\x01\xad\xa3@\x9d\xdbT\xbe\xb2.\xe1\xbf\xf3\xde\xb7\xd0J~)\xc4\xca#\b\xfc\xe6\xc8t\xe6\xe0\xf1\xf1\xc4\x84\x8f\xbe\xaf\x15$b\xdb\x88'\x87\x1c\xf0\xaa\v\xa9::U!\x1a\x07\xe5\xcbEE/\"\xe1\xd1\xaa\x919\x18${\xb65X~\vY\xc2\xf9\xafp\xb2\xcb\x90\x01\xa0^\x06V\xbf\xe5\x05\xde\xd4\xe1\x98\xcfI\xea\x8a\x0f}\xacfU_0\xa3\x8c;]\x18x\xd4\xbe\xb6\x9b\xb2\x85uZ\xbd\xd0\x8f\\\v,\xed3\xf7W\xde>sK\x0f\xcd\x9fw\xb8\x87\x9aP\x13\t\x97\b\x12\xd04\x9dQY\b\x16J\x86{" 400 700 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:24:34 +0900] "\xa8\xd14\x05\x1c+\x18\xb3a\xf2\x0f\xebW\x02\xd4q\x97wN+i\x81u\xea`d\x10q\x98\x8d\xe8\xba\xe8\t\x81o\x1c\x05\xcc\xb0\xa1F\xb9\x166?Akv\x02\xee#\x04\x0e\xe6s\x9f\x87\xdf\xf1\xa0l\xa7\x15\x8b\xad\x81\xe0\xe8d\xfbQ\x9a-\x07\xdcA\xc3&\xd7\x0c\xbf\xd3\x0f\x95\xed\x91\x10\xee\xea\xf9\xe7H\x9ePHx\xef\x05?Ma\x1f\xe4\xc6\xffi\xdb\xa7N\xe4o\x1c\x9b;\xeeL=\xf9\v2\x1a\xfa\x81\xa8m\x1f\xf9\xc5\xc6F.iRzO\x16\\f\xa5\x02\x14\x10uj\x8f\xc4((\x10M\xa9\x88\x86l\x0fXU\x82|>Y\x90DO(aR\xdc\x98\x06\xc8\x8f\x82\x83\xe6\xb7\xc5\xc8-\xe1\x8d\xe3\xc4\xa8\xd5s\x1a\xce*`\xcd\x8b\xb2\xc9\xcb$n>\xb7\xc0\xbc0\x8ex \xa5\x8a\xadC0F\x9e\xd4\xacGAcw\xc2\x80\xd9\xc1\x1e\xf7\r\x97\x8a.=\xce\xd4\xc6R9\xd1Qe\x1f" 400 418 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:25:07 +0900] "\x11\x1a\xdd\xdal\xb9\xa0\x05\xfc\x98k4\xa8\xc4\x8f\x0f\x13\xd1\xc3F\xbd\xdfp\xc7D\x0cr\xe6L$\xcf\xd1\xfe\xe9\xeejK!e\xb9\x11SA\xa5x\x9f\xb9\xca\x98\xdb8\xe3\xddw\xfac\xac\xc0\xdal\\\x8e\xbd\x87\xa9\xd3\x91\x06\xac\t\xc8;\x9c\xdf\xab\x9e4?\x1e%\xa0B+\xc6\xfa\xd9\xc0\xf8\xaf\xba\x80l{\x01Z\x1b\xd1\x11\x1a\x97\x86\xf2\xb6E5\xff\x81FD\xd2A\x9c\xc5\v\xa5\x87\x03\x95z\xed[+!\xffN\x1aA\x1a\xd4H\xb9\xeb\xf2u\xd9\xd7\x8e\xc1\xd1\x9a\x83ni.\xf1\xe8\xf3\xee\xd6\x02~\xfb\xe3\x83M\xdf\x88\xe1\x88pRL0\xf7v\xeeX\x92\xaer\x93\xd7C\xc3\xa9\xbak\x16\x8e\xb1\xd6*\x94\x16\x84\xce\xdf\xcc\xd9\xa5\x19%\xf3&h\x03;\xe6\x9d>:\x1a\xafF\xafWg" 400 378 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:25:38 +0900] "\x0e\xe0\xc6\xcb\xd0\xd2\xcb\xd6y\xf3ae\xf9]\xa0W,\xda\x8d" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:26:09 +0900] "\xbdP\x1f\xb0\xcbGp\xc2\xcaOw\xfd\xc9\xcfK-\xd6\xd3\xeaC\xad-H\x85\xd3Qu\xc0\x98!P\x891\x93l]\x15\xa7\xb9T9\xd6\xbas\x8e" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:26:42 +0900] "BE\x9d\xe5<\x9c}{yX\x7fz]\xdcg\\9}j\xc1\xefO\xa8*tuC6\xda\xcf\xf2 m\x91\xeb\xb5\xab\xc8\xfe\xdb-t#\xb1>" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:27:14 +0900] "\x14\x81\xa3;j\xbfK\xae\x82\xee\xee\xfc\x17|a\x9f\x9f\x9d\xb1\xb7$\x9fON96V\xd0F\xe7x?\xc0cq\xf7\xce\xb1I\x86\xb4 \xc5\x8b\xdbu\x88~Y\xad\xca\xea" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:27:48 +0900] "\xd9\x8b}{\r\x89\x18q\xb1\xe7z\x90p\x94\xb2.\x90\xac\xa4&\xa0\xaa\xbf\xed{\xa7\xb9[`2\xc5(\x1ba\xa3\x8a\xb7\xc4\t\x9e\xb8\xd1Z\xaeo\xb0\xe5\x83\xa6O\xcb\x9e\"\x05\xae\xfe[\x07\x0ff\x94S\x82}b?\xa5K\x90t$\x99\x9c;\x0c\x02Z\x80{\x91\xbf\xff#r\x10\x7f\xa4\xb5\x82\xaa\x9aca\rT?\xbe\xad\x8c\x19k7}\xde\x8f\xb1\x9c\x19[\x19D\xc4\xaf[\xfb]\xe0\x0eU=\xb9^\x16&\xbfI\x97\x1b\xb9\x0fktp\xe3A1\xb4\xe7\x0c\x8f\x9fWb\xd9\x1e\x04\"\x81\xac\x05Zoa\xa9h\x99,\xb0_\xd4]\xba\xac\xe9f\xff\xf9\xec\xe2AQ\xc9\xd6\xff\x85 7\xec\xcfS\xad\x9f\xb6\xdd\x97\x8c1\xe5O3\x0f\x12\xaf\x97\x96\xa2\xd4\xf2k\xb6!\xa7\xb2\xf0\x87xu@\x04\xf9J\xfbjD0.b\xef\xbb1\xb0;q\x7f\xb9\x8es\xc4B$`8z\x01v,;*\xfa\xe2\x8d\x14\xda\xa2l]\x92" 400 482 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:28:18 +0900] "2j\xa3<v\xb9\xf0J\xf5\x16\xda\xed\x8bT\x86z8\x1aX\xd8U\xee\b\xccj\r\xa0\xaa\x12\xbb0\xef$;\x1e\xa5\x1bA\xe4isJ\x9b\x80\x04\xcd\xccb\x85W\xe1\xdf\xed\xdf\xdf\xa8'>\x8e\x14\xdc<]\b,\xa0;\x03=\x96\xadd\xe9\xcbP\x15\x1a\xa0\x15\xda,'`o!\xa7s\x1dNG\xf7M\xfb\xebE\x91f_h\xdd\x80\x80\xf5\xa4 " 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:28:51 +0900] "\xd6^\t\xb4b\xe9\x80\xb4(hW\xf9\x1cu\x9e\xb6\x1e\x1a\x10\x03\x11\xffyn@\xc9\xa4C\x14\xb6\xfa[T\xef )\xa5\xc5\xa2\xd6\xa4\xe2C\x8bH\xb72\xf9\x1e\xe5e\xbe\xe0r\xb3\x96\xd8\x9b\x9e;wn\x8a\xa3\xd3a7\x18\xa7n%1@\xf82\xf6Uvk\xbb\xa0\xbc+\x8b\x10\\a\xb1=\x91L\x97U\x15\x17x\x02\xd5\xfb\xd9\xbeE\xff\x13\x81\xe4\xa6\xcfx\xbe\x1e\x96\xd9\xbd\xf9\xbel\x1c\xd4\x86K\x1d7c\xe6\xff\xbd\x94I*u\xfc\xa2\xae\x871\xfd\xeb\x1b\xd1S\x91v\x15\xc3\xccf\xa8\x1f\xb8\xe1\xb9\xaa\x1b\xe9O S\xb2\xdc\xf7\x8d\x07\x16\xe58\xea\x02\xa2\xba{Q\xefa\x1b\xf0\xd7\x9c\xd0\xdb5k\xeb2v\x14\xe9\x8e\xa0\x18\x98\x95\x93e{\xcc\x90\xcdn\xad\xf7\xb7\x8d\xfaU\x14SP\x9d\x95\xff\xff\xb6\x1b<\x196p" 400 309 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:29:22 +0900] "\x98\xd8\xcauw\xe4\xf6\xf6\xb6\xc3\xe5\x9br\x91\xe8\xe3\xf7\xfd\xa2\x1a\x87\x8e\xa4\x05l\x85\vs\x04\xb4\xbbp\xad\xe4y\xc1\xd4\xd9/\xb7b\xa86`-\x95\x85j\xe2\xe6\xa2$\xab\xbb#mb\xc7\x88R\x98\x95|= ~G\x91\x859\x96\x82\xd9\xeb\xd6\x96a\xc1\x02<\xa1`\r\xabmDiT\x06" 400 357 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:29:53 +0900] "QvX\xd4\x9f\xc2\x1d-8\xb9\xc5\x8fK\b\xb1oG\xb0\xe5q\xf4~_\x930\xe6[\xd8\x0c%\xe6\xfdf)>\x86\xbb\x1cp\xa7}\x94F\xacz\xe8T\x02\x8f\xca\xea\xe3g>\x9e\xa0\xdc\xb45\x0f\xea\xdf\x9f\tE\xcc\x06%T\x8e\x19}9\xf6" 400 373 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:30:27 +0900] "M\xa4\xe9\xce\x9drr\xc8\xea\xa0fS\x8a\xa7m9 \x86\x14RU\xe4\x8f\xae\x8eD\x0f\xc5\xae;,]\xcb\xfd\xaf\xd7\\\xe4\x05\x93\xcb\xef\xfa\x18\x9c\x9a\x81\xa1\xf8\x86L5\xa6\xa37.\x05\x15\x9c\xd3\x93Me\\\xb0\x8f\xcb\xfcz1\xd5<NU\xc9j\x05.\x96\xef\x10%z\xbc\xe9\xd5\xe7\x93\xc3\xd4\x94M\xacwp\x7fs*\xe0\xe2\\\x9c@\xdca\xf8+Yk\x92wj\x9d\x11\xfc\x137\xc5\x9bD\xba;\x80" 400 226 "-" "-"</p>

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:30:59 +0900] "6\xe5*-\xde\xa2\xcd\x07\xec)\x04#\x9cC\xfa\xdd\xe9\x97\x9d\xc2\xd3kv\x85\xbb\x7fm\"\xe2D\xb8o,\x16\x9ft\x18\xecR\x1f\xc7\xac\x1f7\xebPn\xaaB\xed\xa2\x8f\xeb\xfe\xa8`\x1ch\xcc14\xd4\x07\x9aW\x85\xab^\x96h5\xfe5\x99x|\x8d\xee\x14h\"9\x0e=8g\x1f\xda\xe9\x07 \xe4\xd1F\xa6_\x04;\x85\t\xc3u\xafD)?\x99\xec@\x0e5;*\x05j\x8b\xadi\xbah\xefV\"\xea}\xb0AA\x92[\xbd\x92\x97\xaf\xe3\x02\xe6&\x8d\x10\xd3XI'\xed*\xb7s\x81B3\xf5`\xbe\xb4\xd2\xe2%\xf4\xf1+\x9d\xd2\xc4\xad_\xf4f\xeei\xb0\xe7\x8cr-\xe4~#\xc5Z\x9c\x84\xae\xbbb\xb5\xdaB\xf1\xde\x1b\x84Vh\x8bI\x0fn+\x99\xcbn\xca\x1arE)\x99eZ\\\xe6\x07\x19s\xe5|\xa3Z\xe2\xb1\xc3\xfe%\x9c%\xb1\xc6\xc5\xc2\xd0\xc3\x05\x9f\xa3P\x8d\xb7\x84n+5D\xbf\xc9\xe7\xca\x997\xf0\xfdY*\xbd\xe5\xfa\x84:\x0c\xe6\xd5E+\v\"c\x022\xe6\xb1\x88\x8cW\x1eD\x8e\xea\xd8\xfb\xff\x19\x04\x8bPd\xb2\x17+\x96\x10dNI\xdd\x83\x9a\xac!\xb1g\x84\x1c{\x1bq|&\xfbs\xd3MA\xacG\xccnh\x8c\xdd\xe1Z\x0f\x81\xa9(t\"\x98+Cv\x98p\xde\xa6B\x02\xb7\xb0\xadk\xbf" 400 559 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:31:29 +0900] "\xc1[\x05\xc3\xcb;A\xbeO\x95\x11\x16\xed\xc7\xa3\xde\x9b_\x8a\x9b3" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:32:01 +0900] "\x0f&\xe7\tx\x14\x1a\x8a\xa2*\xed\xec'\xd0\xaa1\xcbH`" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:32:36 +0900] "_\x16\xc9<u\xbd\xe0\xf2\xb9Bb\xed\xe0!\"f\xf6\xc9~\x91#\xe3\xe9y\xb0S\x03\x1e\xaa(\xcc\xc7\xb0\xa1\xf9*b\xa6\\4P_\xa5\xc0F\xd2z\x7f1" 301 232 "-" "-"</p>

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:33:06 +0900] "\x9f\xab\x0c\xdd\x076\xab\xfcL\x86\x1c\b\xdb\b\x01\xed\x9d6\xdd>\x10\xf8\xf9\x8ceJ\x05\xa7\x8d).\x9d\xb2I\xba\xfd7hB\xe5\x1b\xcd6\xde\xa8+onua\xcd\x9d_\xd0&04K\xb0\xb5\xd1$X\xb6\xea\xf2\x18\xfc\x83\xb5\x91\xf4\xc8lv\xbd2\xcb\xe8!\x9f\x07?'\xc8$\xf1T\xf9s8\xe6\xa2\xa9\xdb\xf6>\x83bn@\x18\x1b\x1f\xd7\x99\x06P\xad\x19\xbf\xbd\xe2H\x02\xc2\xaf\x8el\x12JV\x86\xac" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:33:39 +0900] "\xb3o\xa2C\xf4\xa9\xc4\x8a3\x8f\x05`\x0eQM\x9a\xfc}\x1d\xda\xe3I<\x05\x853\xbb\x8d\x8e\xb6`\xdcW\xaa\x84\xfc\xae\xe6\x92\xdb\xdf\xcc\x13\xca[I/\xe1\xca\xe7x\x16P\x9a\xe1\xbfg\")\x1c_\xbb\xe9\x01\xf6\xbb\x84!t\xcb\x9d\xca\xb6\xa9\xeckr\xab\xcc\x19\x99\xb9\xc1\xa9>\x87d\x94\xe0\xf5\xd8o\xdd|\x1aI\xcc4\xb2\r\xad&[\xd0bF\x81\x10\xd2\xaeb_P5\v\xe7o\xf1\xca\v\x17\xfb\xe7K\xd8r\x8fh\x7f\xc3\x11\xc9\xe7'M\x1e\x12mhCx\xf9\xc5g\x9f\r1m\xecG^\x92\xb9k\x93Q\xa8c\xa1\x846\x84\x19\xcb\x93\x13\xbc1\xb1\b3\r\x9a\x11\x01'\b\xda\xb5\x1c/\x8cd\x04\xde\x94VQ\xc6\xa5" 400 353 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:34:12 +0900] "d6\x9c\xb6k\xf5/~\xb2\xf0!\xdf8\x9br\xc9\xc4\x05\xa3\x1d\x1f\x84F_\xe10\xf82\xe6\x1b\xf6\xb69\xac<INV\\,\xfew\xec\x0f4\xdc\xb2\x85\xf9HK\xd6\xc1\xb9\xf5\xb99O\x07\x9b\x1e\x07\xa5\xf6\x07\x19o$\xa1\xb1\xe9(" 301 232 "-" "-"</p>

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:34:42 +0900] "\xc2D\xa2a#\xaa5\x04\xc1\xdf\xec\xa1\xfc\xe1a\x12.\x0fJ\x0fue8\x17\xb3)\xb8\xb2\xa1\xe8\x8bF\xce\xf7;g\x1fK:n\xa4\\/}\xcc\xf3\xab\xceJ[\xcc\xe0n\x8c\xf0\xb9GK\xf3\x1ao\xca?9?\x82\x8d\xf1\xe9\xe1a\xd9\xeb\xcf,\x98\xbc\xff\x96\v\xe6<\xd8\x02_\xa5$<\x17\xbd\xe5d\x1aFx\xcc\x03n\xfc\x92\x01Q\xfe\xcd\xcc\xb8\xacX\xa8\xe9\x04\xcb\x1e\\rp\x9f\xc9\x97\xf8j\x86Il\xb0\x10\xdbf\xf5\xe8\x9e\x80\xb9\xa0\xa7\rX5\xd3\x07/\x9f\tI" 400 346 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:35:14 +0900] "\x19\xed.\x1fj\xfa#%\x03e\"G\x93\x88\xd3\xf3\"\xdc\xa9\xba\x92@\x0f\xa5L\x9a\x91\xde%\xba\x98\x97\x11\xf6\x99\xdd%\xef5\xaa\xf9;L\x94\xe7\xdb\xae\xc2\xd4O\xe1\xa2\xec\xe0\xadb{#\xe3P3wNFnc" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:35:48 +0900] "\xca\xa5?\xb2\xb4\xe8\xe8\x17xB\xfe\x0f\x12\xbc\xd2\xc5D\xe7\xe0\x8ayJ\xbbz\xcd\xc7\x1c\x87\x9f=J\xfd6_\xdbd\xb9\xbbY\xad&IP3\xe2~9\xae\x15'\xcb\xb1bX\bG$t\xa7}.6\xfe}\\\x14\xc9\xb5;\r\x1a\xb1\x1a\xd6\x1d=\xd8o\x19i\xa0\x7f5\\\xe1\xec\x04\xc0<\xe2\xf6\xa2\xfd6\xfb\x8bV\xb3\x04G\x8c\x84u\x87T\xd2\xde\x98\x80q\xcf\x97D\x1c*\xb5\xa3\x162\xf2(\x12\xe5)\xd6Q\x8cMa" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:36:19 +0900] "\x8f%I\xd0b\xcc4\xd2\xea\x0f\x04\xee9\xda\x93\xdb?\xf0~\x97\xa3\xfd\xa9\x91\x1d\xcde\xb8\b\xef\xba!E\xc7 \x91\xa3k\x03#\xcf\v\xa0\xec\xb3" 400 464 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:36:50 +0900] "z\x96\x86\xe4\xce\xd2\xf3\x8a\xc8\xb7\xfe$9\x85\x1eN\x17\x7f\x98\xa6\xaf\xd0\x11\x9dM\x0c\xde\x98\xcf\xf42\xc2wE\xd66P\x10\xe2\x0c\xadP\xa3\xe1\xfc\xda\x1a\x11\xe6:<\x02)\v<\x9b\xb2\x80b\x13Hw" 400 319 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:37:23 +0900] "!\x91\r\x93\x1c\xcd\xa7\x9d" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:37:54 +0900] "\xdc{\x18d\x1f5\r\x86\xbeTv\x9c\xd1\xe7\xfa\xea*Z\xa5\xb38\xf1a.\x98b7\xf4\x99%\x07\x93\xed\x04\xb7\xf2\xf7@w\x87V\xdd\xef\xaf\x02\x8c\xf9\x9a\xcd\xd9S\xc6\x05yx\x9b\x0eS\xe5t\x8c\x1a\xa6\xd4\xe6\xa9\xcc\x14)\xd6\xc0\x9c(\xf1\xee,\xc6\x97" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:38:27 +0900] "(\xeaWr\xa8t\x11\xee\x89e7\x14\xdfT\x1e\xe3\x9f\xb3\x8c\xadHjE_?\xc1-" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:38:58 +0900] "YmJR~\xac\xb5\xbc\xde\xa4t" 301 232 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:39:33 +0900] "\x83\xf3\x90\xc8\xc4{\xf8>/\xe1\x8b\x1a\x9d$\xff\xf1\xd8!\x8d2T\x07\xfd\xa9\x91]\xf48\x8f1\xb2\xf6\xb1\xae\x88@v\x1d\x03~\xcd\xf2\xc9\x17,|ZH`[E\xb7\xeb\x90Lw\xaf\x8c\xd1\x01\xac)\xcc\xc4x\x83\xea\x82u\x81\xc2\xc1<\xacC\xa7|0L$\xd8\x8fgFP\xf9&\x9e\xc3\xbb)\x17\xb2\xff7\xb9\x81\xff\x07\x94k\x1eO\v[\x93i\x99^\xc0y\xe3W\x91\x0fE" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:40:01 +0900] "~\xb2h\r\x16W\x9b\x12\xcd}\xa6\xc0\xd6\x8f\xa3A\xeeV\xd1\x86\xf0\xc5\xb4]\x0e\xea\xdf\xfb\xfc\x0fE\x03;\\\xc8\xf0\xa9\xc6?4\x8f\xb6$\xcd\xb6\xd5\xdax\x0c\xfb$`\xf3\xffU\xc0\xf1\xe9\x85^\x85\xbc\x0f\xe8\xb6\xc3\x1b\x8e\xca\xe1\x1e?\x0cp\xb1\x99\xe3<\x92\x9e`H5p\xd7\xf9\xa1\xe5\xa4\x1f\x8eQxM\xcb\bb\xa3\x05\xa1\xf6+\xde\x02J\b\xf7\xe4e\xb9'\xca\x8a\xfc\x82\x8d\x05\x869\xac$\xf7\xbb\xe3\x83\r \xff\x8c\x18\xc8\xf0?\xae? /\x9fd\x03\xcd+\xcb\xf0\xe9s_/v.LS\x8e\x9d\x1c\xc9\xb6\xc1\x1f\xb2b\xcb\x11\xee\xbc\xd4\xf7y\xa1\xceJ\xfb\xec\xbbW\x9a\xf8\x1d\xe6\x13`\xad\x1a\t\tO\x98\x9dcF\xeb>\xeb\xa4(\xc2\xf5\x05\xcd\xb6\xa8}\xef\xf3J\xcf\x95r\xbe\xe0_bJkkw\x9e\xf5x\x84\x12\x04LL0\x8cT\x96r\xaa\x8b\x7fL\x94\x9c\x14m\xd1K C\xa5\x11C\xbd\xd0\x06DTx\x05\xa8Lc" 400 325 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:40:33 +0900] "\xbe\xd4\x1fo\xd2o\x93\x13\x83\xc7y\x03^\x04v2J\xd3\xda\xb3\xef\x12\xbd]\x19O\xf9ZJ\x92\x0c&\xea\xa8\xdf\xc5\x0eX7\xdf.| !\x98\x03\xcb=\xacD\xe9\xf8\xdd\xe0\xcc\x94\xd8\xb8#?{`\x98\x7fV*\xd5\xea>\v\xb6\xe0\x88\xcf,\xe1~\xd8\xfe#\x83c\xeb\xbb\x97\xfa\\\x8aZ]\x9e-\xc8L\xb8" 400 313 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:41:09 +0900] "\x07~\xa8\x1f.\xf9S\x06\x92\x17\x91\xd7\xd4WN\xe9\xd1\xdd\xa8\xacU\xa2MJ;\x98\xe4\xe5\xd3\x8bxc\xcb\xf6\x9a\xac\xe1nb\xcd\xfa\xd2\xf1*xDC\x0fo\xd7\xdb\xc3\xf0\va\xd7\xbb\x19X\xb22\x9ff\x0er\xbdY\x9c\xfb\xf2\x1d\xc6\b\xe7.\xcf\x96\x12\xf5I\x8do]\x14\xb0|0\x14\x82]\x96as=\xf6\x92\x04W[\x84\xd9\x19\x91\xb7\vk%\x98\xc8NfRe[\xddWY\xb2u\xf4\x8d4\xe0*\xd3\xf25\xb9\xb3\xe4\xde}n\xdf\xb1\xfd=\xc1]B\xda\xef\b\xe5A\x016l\xb8\xbb\xed\xd7\r?\x17u\x1f\x82'\xfc\x9f\xfd\xff\xd9\x18\xa5\x11\xc5-\x1c\xc5\x99#)\x1bc\x9ff\x92\xb9\xb08HM\x0f\x04b\xc2\xa6\xa0\xae\xbeP\b\x87A\xe0S\xfa5d\xe5'F\xab\xe5\xe9\xf3\x04\xf2\xb9\xe5I\x11\xcf\x80\x1c\xea\x8b\xb9q5\x14'Mo?\\\xcc\xd1\xb2ui\x82I\xf0z\x0c\xb8\xbe\xfa\rr\x99\x8b/\xca\x98\xbbYX\x01\x87'\x9f^\x1e\x98\xec\xd3\xe7\x07\x81\xae\xc4]\xf3@\x99\x84\xd1\xec\b\x1f\x86}\x7fx\x81\xbcu\xb9\x93C\xf0`\x98\x8cK\xedYM6\xdd\xb1\b\xfe\xdc\xef\xdd\x0f7|\xa4\xb7\x90\xbe8,\xd5;\x15\xd1s\x02&\xb5\xc6G\xd8\\\xd4Ms\xc3<\x89\xaa\x9ei\x04q\xe4\v\x01\x0e\x8d\xc8\xe0s\x9b.B\xcbW\xednS\xddC\xf3k\xda\xb7\x8f\xed\x95" 400 440 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:41:37 +0900] "'\x9b\xdf\xae\xbf\xe9|0\xee\xf3\xd3\xe8\x82\xc1\x03\xa9h\xdc\xdeO\xc5\x8b\vK7\xdd\x1b\xf0\x88\x88\v`\xd8\x97_\xae\xf7\xb0\x13U{s\xdaW\x83\xc2\xac\x0e\xb8\x16\xbf\x97\"\xf0\xb7s\xff\xd6\xd50\xc9}\x10\xe9\xaeB\x05\x05^\x06.\xb7/2\xdfD\x8d\xf7A\xed\x81S\x17(g\xe3u\x02\x10c\xa8\x8c)\xb5\x8e\xf05\xef\xbe\xcd\xd8\xff\xe6\x8d5P\xf9\x82" 400 729 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:42:09 +0900] "p\x03\xb2v\\\xf3\tS\xf4Jr\x83p\xa2\xc9x\xcf\x1e_u\x9a\xe5\xd1\x92\xdfC\xbf\xf1\xae\x02\x01\xcb\xef\xc8\x85u\xfd8\x17\xa0N\x82\x17cS%\xcf\x96G5-" 400 226 "-" "-"

114.162.63.111 - - [04/Oct/2010:00:42:46 +0900] " ^\x18\xc7\x0f\xa8'T1\xfey\xa2P2D\x17]r~\xb9\x99\x06\x03\x18{Ib=\"\x9f\x1al\xa6a\xc0\xbf\x95$<\xf2\xc8\xb3\x8e!\x0f\xc9;%\xcd\xb1\x83\x01h\xb0\xc39N4\x88\x11\xdb\x92NI\xb7\x0c\xaa\xa3\xcf\x1ab\xd5\xc4m\x18\xb9\xf9N{\xd2\x12#n\x9a\xdfg\

2009-10-29

尻馬にのって好き放題言いまくってるイナゴ候補生がいるが

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/psychedelicneon/statuses/5232794821

プロフィールにでも一言添えておけば?

http://www.hatena.ne.jp/aitanisan/edit

私はネットに書かれている“現代人が書いた”「旧字・旧仮名遣い」は読みにくい、と思っています。

http://wwww.hatena.ne.jp/sagonohashi/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は「RPしないと書き込めない、人格が不自由な人」という認識でいます。

http://www.hatena.ne.jp/abyssgate/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人はどうしてああなった、と思っています。

http://www.hatena.ne.jp/hyaknihyak/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は読みにくいなーと思う。書きにくくないんだろうか、と思っています。

http://www.hatena.ne.jp/Gewalt/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は、ああ…。と思っています。

http://www.hatena.ne.jp/yamuyam/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は、ニュートラルルートに進めなかった人たちの末路だと思っています。

http://www.hatena.ne.jp/te2u/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は、読みにくくて、読む気になれない。と思っています。

http://www.hatena.ne.jp/kaionji/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は、 読まれるのを拒否してるんだと思ってる。

http://www.hatena.ne.jp/nekoneko713/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は、かなりヤバいイメージがある。

http://www.hatena.ne.jp/karatte/edit

私は「旧字・旧仮名遣い」若しくは「全部平仮名」で書いてる人は、洩れなく非表示にする。



これらのブコメをみて、自分自身でもいったいこの人らの何にイライラしているのか不明。

いや、そこまでは・・・・・って思う?

いや、そこまでブコメで言ってるんでしょ実際。

2009-08-11

ATCGで狩りにはまる

新規IC買う→厨デッキ使う→品orlv10に上がったらIC捨てて最初に戻る

かれこれ半年くらい同じサイクルを繰り返している。何も残らないと分かりつつも。

何よりストレス発散に最適。

同じ狩り同士で負けることもある。負けたときは無茶苦茶悔しいけど

軽く酒飲みながらやっているので(ミネラルウォーターPET焼酎入り)、

次の日には忘れる。

三国志大戦では忠義全盛期で丞相。

悠久の車輪では5剣全盛期(ディア以前)でRP2200。

lovガンダムはやってない。

一時期真面目にやりすぎて(誰もが経験すると思うが)、まさにATCG廃人になりかけてたが

その頃より、純粋ゲームを楽しめている。

位やRP自己ベスト突き詰めるより、勝ったほうが楽しいしね。

対戦相手に罪悪感はあまりない。

こういう人間が多からずいると分かってコイン入れてるんだろうし。

パチンコは未経験だけど、勝ったときには同じような快感を味わうんだろう。

一流(といわれる)大学を出て、一流(といわれる)企業に努めている。

ワークライフバランスは極度にワークに傾いて、仕事ストレスも少なくない。

行き着いたストレス発散が狩り。

ここまで相手を考えない一方的な快楽はそうないと思う。

なんでみんなやらないんだろう。

2009-06-15

http://anond.hatelabo.jp/20090615231716

OMやGZ、EBでは割と見る あくまで比較的という意味

RPでもたまーにいるけど、どっちかというと顔よりもボンキュボン系かギャル系、ビッチ系のが多い

SBやIKではまず見かけない

2009-03-12

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213319272

何てことをおっしゃいますか

私は45年間しっかりと払いました 中学を出てからです

社会保険事務所に行って驚きました アゼンとする額ですよ

酷い惨い残酷な金額です コレなら貯金財テクに回しておけばと思うこの頃です

バブルの頃は金利も良く10年で倍に成りました 株だって上がり放しだったし 悲惨ですよ

55でもらえるはずがドンドンのばされて全額もらえるのはまだ先です

あなた方若者無責任選挙に行かなかったからでは無いでしょうか?現在政治の低たらくは

RPならいいけど・・、本気で言っていたら何者だッ

http://anond.hatelabo.jp/20090312142247

そのミニゲームの塊をMMORPGだと思ってる人が増えてるからな。世界的にみたら終わってないと思うけど殆どの国産韓国MMORPGはそういう面ではオワテル。

MMORPGに限らずWebサービスでもソフトウェアでも、日本ユーザーに成長することを求める商品は売れにくいんだよ。MMORPGなんて中の人が成長することが楽しめる要素なのに。

自由な世界(何をするかはユーザー勝手)←→ミニゲームの塊の遊園地(だってなにすればいいかわかんないし)

中庸管理(ユーザー自身のコミュニティが成長すれば自治が自然発生する)←→監視された世界(どうせコミュの成長が期待できないし)

自己責任の上での自由(悪い事をすれば報復がある。それがわかってるなら悪役を演じるのもまたよし)←→めんどくさいことは禁止

GMユーザー間の揉め事に干渉しない(ユーザー間で解決するのも仮想社会の一環)←→ユーザー間で話あうより先にGMコールするユーザー

RPを楽しめるユーザー←→ゲームキャラ自分が直結していて、何を言われても本気にとるユーザー

(この対比はMMORPGだけじゃなくてSNSはてなにもいえそう。はてなは他のブログサービスに比べると古きよきMMO的なところがあるな)

例えば、上であがってるMoE国産MMOの中では異色だ。そのMoEで以前こんなことがあった。PvP可能エリアで、いかにも二流悪役風の台詞を吐いてきた奴がいた。ここで楽しむ余裕のあるひとなら調子を合わせたり、RPが肌にあわないなら割り切ってスルーするところだ。しかし知り合いは、散々そいつのことを頭がおかしいやら自分不快に思ったからBANされるべきやら言い出してとまらない。いくらなんでもそりゃないだろ、と思ってたらそいつはサポートメールした。帰ってきたメールは次のような内容だったらしい。(うろ覚えなのでかなり要約)

ネットゲームでは相手も人間です。ゲーム内でどのような立場を演じるのかはユーザーの自由です。 中略 ゲーム内で起こったできごとはユーザー同士で解決して下さい。GMは公平性の為にも、ユーザー間の揉め事には介入できません。」

基本的にMoE自由主義ユーザー裁量に任せているので、これを聞いて俺は当然の回答だとおもったのよ。もし、GMユーザー間に干渉するような前例をつくればきりが無くなって一気にバランスが崩れるし言葉狩りが推奨される世界になるから。(社会的に問題になるような差別的発言や規約違反行為は当然別で罰せられる)

そしたらそいつときたら

「こんなサポートはありえない。GMは俺に不快な思いをさせたユーザーを即効BANするべきだ。」

一点張り。そいつは道端でオープン和気藹々と話してる人たちがいるだけで「目障りだ」という奴だったのでMoE空気にはあわなくてもとのゲームに戻ったが・・・(勘のいい人ならこれだけでやつの元ゲーがなにかわかるだろう)

まとめると、お子様向けのサービスばかりになってきてるという話さ。

2009-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20090305093824

昔の人の話には、文通でつつましくやりとりしながらお互いの理解を深め合って、ほのかに思い合い、あってみたら本当に素敵な人だったから本気で付き合った。というのが結構ある。

大昔の和歌とか読むとさ、考えてる事、俺らとあまり変わらないんだよね。一つの流行ネタにたいしてみんなで語り合ったりとか。遠まわしに好きとかきらいとか書いちゃったり。

文通という文化が廃れて久しいが、ネットでのやりとりもそれに近いものがあると思う。そう考えると何もおかしくはないんじゃないかな。

実際、ネトゲがきっかけでしりあって付き合いはじめて結婚して、小学生のお子さんがいる知り合いがいるけど、すっごく良い家庭だよ。ようはちゃんととりくむかどうかの問題であって、知り合った手段でその先まで優劣をつけるなんてことはただの偏見

ただ、ネットでは絶対にリアルのことまでもちこまないと決めてネトゲしてる人もいる。偏見ではなくて、ネトゲRPの手段だと決めていて自分ルールを守ってるような人ね。そういう人に告白したら、避けられたりすることはしょうがないかな。

2008-12-31

2008年月別VOCALOID一押し曲紹介(後編)

http://anond.hatelabo.jp/20081231142209 の後編である。

2008年月別一押し曲、7-12月分を紹介する。

紹介曲一覧

(以下は前編で紹介)


7月:ダンシングサムライ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4136912

私のがくっぽいどに対する評価を180度変えた名曲。

ノリの良さと歌詞のインパクトの強さは、もはやニコニコ動画を視聴する人で

知らない人はいないであろう「みくみくにしてあげる」に匹敵するものがあると感じた。

その評価は非常に高く、「がくぽオリジナル曲」タグの中では再生数、マイリスト数ともに

群を抜いてトップ(再生数73万、マイリスト21000。2008/12/31 現在、以下同様)であり、

「リンオリジナル曲」タグのついている全ての動画よりも再生数が多い。

(「リンオリジナル曲」トップの「ココロ」は再生数55万、マイリスト23000。マイリストはさすがに負けていた)

もちろん再生数等の数字だけで評価を語るのはナンセンスな話であるが、それでも

この曲が VOCALOID 曲のファン達に大きなインパクトを与えたことはお分かりいただけると思う。

みくみくのような、いい意味で「軽い」曲が好きな人にはきっと気に入ってもらえるはずだ。

8月:逆さまレインボー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4218005

どうも雨とか虹とかがテーマの曲ばかり選んでしまっているが、単なる偶然である。

さて8月から紹介するのは、すんzりヴぇrP が奏でる浮遊感漂う不思議で素敵な曲。

この曲も雰囲気を味わう曲だと思うが、特にこの曲は動画自体を味わってほしいと思う。

この曲の動画ニコニコ動画コメント機能を上手く使っていて、コメントするとすごく楽しいことが起きる。

何が起きるかは伏せておく。動画を見ればすぐにわかるので、まずは見てみて、それから

コメントを書いてみてほしい。

9月:BRIGHT RAiN

http://www.nicovideo.jp/watch/nm4605293

7月末にデビューし、8月VOiCE というヒット作を出したラヴリーPが作る不思議ワールド

SLT(Super Lovely Time)と呼称される独特な間奏は、一度はまると病みつきになる。

どうも秋以降の私は歌詞よりも旋律に重きを置いていたようで、例えばこの曲も好きなのは

間違いないのだが、歌詞は……と言われると、なかなか感想が出てこないのが正直なところである。

ところでこの曲、VOiCEとともにJOYSOUNDカラオケ投票に登録されていて、おそらく近日中にも

カラオケ化が決定するだろうが、果たしてカラオケで歌える人がどれだけいるのか疑問である。

10月:UltraHardAttacks of OddMusiK

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4990862

ゆうゆPは実に多彩な曲を作る。……が、こんな激しい曲まで作るとは思わなかった。

今までの曲では「SUPER HATSUNE BEAT」あたりが近いのかもしれないが、この曲でさえ

アップテンポというには穏やかなものであった。(アレンジだし、元曲に影響される部分もあるが)

かしこの曲の激しさは今までのゆうゆPの曲風とはかなり変わっている。

どう変わっているかは、私の貧しい語彙では形容しづらい。是非聴いてみてほしい。

この頃既にラヴリーPや後述のずどどんPの曲にはまっていたので、こうした曲調はすんなりと受け入れることができた。

もちろんもっと穏やかな曲も聴いていたが、選曲の際に真っ先にこの曲が思い浮かんだことを

考えると、やはり自分へのインパクトは相当なものだったようである。

11月:w/orld

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5140252

ずどどんPは、氏の最初の投稿作品fuse」をアップした頃からお気に入りだった。

そんなずどどんPも最近snow knows」がヒットしようやく注目が少し集まってきたようでうれしくもあり悲しくもある。

この w/orld、再生数も10000に満たないマイナーな曲であるが、その激しく疾走感のある曲は最近の私のお気に入りだ。

この曲も歌詞について特にあれこれ語るつもりはない。

Hello, world!」の連呼はプログラムの素養がある人なら気になるところであると思う。

12月:炉心融解

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5602903

年も暮れるという頃にとんでもない曲が出てきた、というのが最初の印象だった。

この文章を書こうと思ったのが12月の初め頃だったが、この曲を聴いて「半月前に書かなくてよかった」と強く思ったものだ。

iroha 氏といえば moon、というのが VOCALOID ファンの間での共通認識であったということは間違いないと思う。

しかし氏の代表作だったこの moon でさえ、2008/12/31 現在でも再生数18万程度である。

もちろん氏の作品が少なかったというのもあるが、高い評価のわりに低い再生数であったことから、

iroha 氏は「知る人ぞ知る名VOCALOID作家」だと思っていた。

かしこれからは「知る人ぞ知る」などという接頭辞など不要であろう。

曲自体も素晴らしい、なぎみそ氏のPVも文句無しに美しい。

しかしなにより感動したのが、リンの扱い方の上手さだ。

リンの歌わせ方の上手さで有名な人といえばトラボルタPとシグナルPだが、炉心融解での

iroha 氏の技術力の高さは彼らに匹敵する。

この曲は間違いなくリンの曲を代表する名曲である。

聴いたことがない人は是非聴いてほしい。

まとめ

前編はなるべく曲を紹介するようにしていたが、後編はどうも自分語りが多くなってしまって申し訳ない。

しかし、私が今年一年でいかにVOCALOIDにはまったか、その熱を少しでも感じてくれれば幸いである。

(暑苦しいという人も多いだろうが)

できれば動画等にまとめてニコニコ動画にアップしたいところだが、そこまでする時間的余裕もないので

こうして増田に投稿という形をとらせてもらった。

これを読んで少しでも VOCALOID ファンが増えてくれれば幸いである。

当然だが、他にも紹介したい曲は山ほどある。

それら全てを紹介していると時間がいくらあっても足りないので12曲だけ厳選して紹介させていただいた。

もし、自分趣味が違う、と思う方がいたら是非貴方の選曲を紹介してほしい。

他のファンのお薦めの曲も、是非聴いてみたいと思う。

最後に、全ての VOCALOID 曲作者に感謝言葉を。

皆様のおかげで今年一年楽しい時間を過ごすことができました。

また来年もよろしくお願いいたします。

以上

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん