「「ゲーム」」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 「ゲーム」とは

2018-01-02

反出生主義の論理的誤謬

反出生に限らず、この手の誤謬は非常によく散見される。

  • 「何のために生まれてきたんだろう?」
  • 「俺の人生には何の意味があるんだろう?」
  • 「そんなことして何か役に立つの?」
  • 人間存在はこの世界にとって善なのか?」

これらの疑問はどれも共通の誤りを含んでいる。

それは、「人生を外側から見なければ答えを出しようがない」という点である

意味がある」とか「役に立つ」という言葉について

これらの言葉は、「対象をとる」言葉である

まり、「何にとって」意味があるのか、「何の」役に立つのかという目的語を定めなければ意味が定まらない。

意味が定まらないということは議論俎上にさえ上げることができない。

たとえばドラクエをしている人に

と聞けば、

レベルを上げるためだ」

と返ってくるだろう。

ところがこの答えは「ゲーム」という狭い枠組みの中の話でしかない。

レベルを上げることは強い敵を倒すために意味がある。

→強い敵を倒すことはシナリオを先に進めるために意味がある。

シナリオを進めることはゲームクリアするために意味がある。

となって、それ以上は辿れない。すなわち「スライムを倒して何の意味があるのか」という疑問には、

ゲームクリアするうえで】という限定指示が暗に付属していると解釈せねばならない。

これがもし「【人生において】何の意味があるのか」という疑問だったならば、

ゲームを楽しむことで人生満足度を上げるため」

とでも答えないといけない。答えが変わるということはすなわち元の疑問が全く違う疑問に変わっているということだ。

ところで冒頭に上げた疑問のうち、

  • 「俺の人生には何の意味があるんだろう?」

これはいったい、「何にとって」なのか?

他人にとって」、ならば、まだいい。

厳密には、「他人人生に対して何か満足度を上げるようなことができるのだろうか?」という疑問になる。

これは疑問として成立する。

しかし「俺にとって」ならば、これはおかしな話だ。

「俺の人生意味」なんていうのは、「俺の人生」が一度終わってみないと確定しない。

しかし、「俺の人生」が終わっているということは、「俺」はもういないということである

いない対象にとってどんな意味があるかという疑問は、疑問として(語用論的に)成立していない。

一応、死後の世界存在仮定すれば、その疑問を持つことは可能であるが、

神ならぬ我々には死後の世界の詳細がわからない以上、その疑問には「絶対に回答できない」。

絶対に回答できない疑問は、やはり疑問として成立しない。

反出生主義について

反出生主義のキモは、

という主張にある。

かいことを言えば、効用関数とかリスク選好度はどうなんだとか色々突っ込むところはあるのだが、それよりも最も重要なのが、この主張は

ということだ。

言うまでもなく、この比較は、「人生を外側から見なければ評価できない」ことの典型的な一例である

まれ場合と生まれない場合評価を、期待値で測るのか、期待効用原理で測るのかはたまた他の方法なのかは反出生主義の主張からは読み取れない部分だが、

いずれにせよ彼らは「生まれない場合評価フラットゼロである」ということを前提としている。

ここがクリティカルな誤りだ。

我々は人生内部のことしか検知できないため、そもそもまれない場合評価をすることができない。

いわば、生まれない場合評価はNullであり、Nothingであり、#N/Aである

死後や生前世界存在しない場合評価値が存在しえないという意味#N/Aであり、

それが存在する場合、正当な結果を知りえないという意味#N/Aだ。

#N/Aとの比較結果は当然#N/Aであり、前提が成り立っていないことがわかる。

(追記)

これに対する言及です(忘れてた)

anond:20171230111228

2017-12-24

言葉の「幅」を考えられない奴が多いよな

あいつも悪人、こいつも悪人、だから同罪!とか

まらない漫画をまとめて同レベルって言ったりとか

この世に絶対的な両側しかないような考え方するやつってネットに多いよな

白か黒か思考って言うやつ

普通に超悪い奴と超善い奴の間に段階的に人間が配置されてるに決まってるだろ

そこの差をきちんと読み取れよって話

あと、「その言葉定義がきっちり定まってないか議論する意味が無い」みたいなやつ

あれもおかし

自然言語なんてのは大概そうだよ

定まってないなりに、誰もが持つ中心的なイメージがあって、誰もが当てはまらないと思う領域があって、

その間にわずかに、人によって判断の揺らぐスペースがあるわけ

たとえば「ゲーム」って言葉は、

サッカーも指す人と指さない人、囲碁も指す人と指さない人、一本道ノベルも指す人と指さない人、

かに色々いる。色々な定義の揺らぎがある

だけどもそれをもって「ゲーム」という言葉のもの意味をなさないとは言えない

スマブラは(それを知ってる人なら)誰に聞いてもゲームだろうし、オナニーは誰に聞いてもゲームとは言わない

そういう「幅」をとらえることが重要なわけ

そのうえで、必要があるならその議論内だけで定義の「幅」を絞る話し合いをすればいい

話が右往左往してしまった

とにかく0か1かで極端に走りすぎってことをもうちょっと自覚してくれ

2017-12-20

anond:20171219170709

はてぶでもコメントしたが、書ききれないのでこっちで書く

基本的にはインディーズゲームを推す。

ジャンル分けからして難しいような変なゲームがたくさんある。プレステ黎明期っぽい雰囲気があるがそれ以上のものを感じる。「ゲーム」という枠そのものが好きならやらない理由はほぼない。これは探し続ける限りそれなりに無限にできるから俺は平常運転でやってる。最近はGetting over it面白かった。

ADV

かまいたちの夜みたいなサウンドノベルが好きだけど、特に書いてなかったので。一本のゲームを長い時間遊びたい、という意味だったとしたらこれとかインディーズゲームは答えになってないかもしれんが。

・Civ4

特に書いてなかったので。ターンベースシミュはじっくり考えられて楽しい。XCOMも良い。RTSの方が好みだったらアレだけど。RTS良いのでないよなぁ。Dota系はやたら出てる気がするが。Dota系がRTSよりすぐれているという事なのかね? そういやdota系に関する言及はあるけどLoLDota2は?

・PUBG

チェックしてるだろうけど、こっちはFPSTPSと違って殺しあうことそのもの目的ではないよ。アンロックないし。

CSGOはCodみたいにわいわい撃ち合うというよりは、連携とかの方が重いわりとコミュニケーションゲームみたいなとこはある。アンロックないし。

ローグライク

いまさら感あるけどやっぱおもろいわ。nethackやその派生angband変愚蛮怒はさすがに今の時代にはあってないけど、ジャンルで言えば新しいのもどんどんでてるしね。Crypt the necrodancerは脳の処理能力限界に挑んでる感あって良い。

ボードゲーム

テレビゲームばっかりじゃないよ。ってことで。こっちはもうありすぎてどれとかあげられないけど(やってるかもしんないし)カタンから人狼からそれこそ無限にある。著名なタイトルならネットでもできる。

2017-11-28

anond:20171128225038

こういうの見ると、すんげー昔に読んだ南場智子(もしかしたら違う人だったかもしれない)の話思い出す。

うろ覚えだけど政府とか役人とかの集まりに行くと、企業として取り組んでることが「医療」とか「介護」とかだとすごく褒めてくれるのに「ゲーム」っていうと途端にくだらないものを見るような目をされるとかいうことだったと思う。

それで「お前らだって娯楽は必要だろうが、と思った」とかいうふうにまとめられてたんだけど、そういうことなんだよな。

ネット使った事業虚業って切り捨てたり、プロゲーマー仕事としてバックアップしなかったり、そういうツケが今の日本企業活動の停滞の原因になってる気がする。

2017-11-02

ソシャゲ以外のゲームだって後に残らない

何が「ソシャゲサービス終了したら遊べない」だよ。

ソシャゲに限った話じゃないだろうが。

だいたいのゲームはその時遊ばなきゃ遊べなくなっちゃうから、今遊ぶべきなんだよ。

30年以上経っても遊べるゲームがあるファミコンの方が珍しいんだよ。

アーケードゲームにはアーケードゲームからこそ実現できた遊びであるが故に、二度と遊べないであろうゲームもある。

俺は花博ギャラクシアン3をやってみたかった。

けど今この世に花博版=28同時プレイギャラクシアン3は現存していない。全ての設備解体・廃棄されてしまっている。

当たり前だよ。あんなもん維持するだけでいくらかかるか。

再び作るにもいったい何億かかることか。

これってソシャゲ同様に後に残ってないよね?記憶しか残ってないもう遊べないゲームなわけですよ、花博版は。

今でも遊べる移植版はある。4人プレイで通常のゲームパッドを使うやつが。

椅子(床)も動かなければ、円筒形のスクリーンプロジェクターも無いやつが。

これをプレイすれば花博ギャラクシアン3が遊べたことになるんでしょうかね。ちなみに今年は花博から27年。

家庭用ゲームだって精密機械である以上は壊れていく。壊れたらもう遊べない。

実機が壊れたらVCでやればいいじゃない。移植すればいいじゃない。ごもっとも。

でも他の機種に無い独自機能を使ってたゲーム移植されてもそのままのスタイルで遊べないんだよ。

移植はそういうものをバッサリと切り捨てていくんだよ。

GB通信という遊び方はVCでほぼ切られた。ケーブルはもちろん赤外線も。

サテラビューも……これこそ後の時代に残ってないゲーム代表例じゃねえか。BS探偵倶楽部!お前が歴史に消えた過去になってどうする!

あと64のポケモンスタジアムみたいな他ハードソフトデータを使うゲームもその遊びをどう再現する?

ポケステとかビジュアルメモリもこの部類だよな。あとDSGBAカートリッジ挿すやつ。

似たようなところでマリオテニスだかゴルフってGBケータイ通信できたけど、移植してもその要素は削除せざるを得ないよね。ポケモンクリスタルにもあった気がする。モバイル通信

ゲームボーイカラーアドバンスみたいな互換性あるハードごとに違う挙動をするソフトなんかもどう再現するんだろうか。遊びの中身が変わっちゃう。

64のレフトポジション。あの独特の操作感を再現することは一般的ゲームパッドじゃできないよね。

コントローラと言えばダンレボのマットとかガンコンとか釣りコンとかも。あの辺の遊びってコントローラ自体を現行ハード用に作らないとダメよね。

まあアーケードゲームの話と同じで、ボタンポチポチやればダンレボプレイたことになるというなら、それで問題ないんだろうけど。

周辺機器で思い出したけど、ポケットプリンタって来年2月20周年らしいね。まだ印刷遊びできるのかな。これ、ファミコンよりずっと新しい機械なんだけどね。

俺のゲームプレイ遍歴の都合上かなり任天堂に偏ったけど、他社でもいっぱいあるでしょ、こういう事例。スワンの縦持ちとか。キネクトとか。

PSVRソフトだって時代の徒花に終わっちゃえば、後の時代で遊べないゲームの仲間入りよ。

そんな特殊装置付けてないプレーンなプレステ2Xboxソフト10年後に自由に遊べる気がしない。

ハード自体が経年でヘタってきてるし、後方互換性も限界があるし、中古流通数にも限界が出てくるだろうし。互換機なんか出るとは思えない。

この世代になると現行ハードへの移植だって気軽にできるもんでもないのか、アーカイブサービスもそれ以前の世代ソフトに比べて本数が無い。

これまでのタイトル追加ペース見るとこれから10年で急激にそのハードソフトが充実する図も浮かばない。

そうなったらこハードで出たソフト、これからどうやってプレイするんだろうね。

正直もうサターンドリキャスなんかはそういう遊ぶ方法自体模索する時期に入ってんじゃないの。マニア自分で遊ぶために実機の予備機を確保する時期というか。

あとこれが一番致命的なんだけど。

友達の子がいないと遊べないゲームね。

一人でハード二台持ちカセット二個持ちしてポケモン交換すれば何年後からでも一人で図鑑埋めできるかもしれないけど、

そんなことできるのは一部の人だけですよ!だから今みんなが盛り上がってる内に交換するんですよ!対戦相手がいるのも今だけですよ!

そういう環境含めての「ゲーム」でしょ!?ただ動くハードソフトがあれば良しじゃないでしょ!?

RPGはまだいいよ!一人格ゲーもまだ遊んでる気分になれるよ!でも一人FPS対戦用マップ散策!これは虚しい!ただひらすら虚しい!

独りぼっちなんだよ!サービスが終わったのにネトゲアクセスできちゃうのと同じだよ気分的には!俺しかいない!誰とも共有できない!

からゲームは出たてホヤホヤの熱い内に遊ぶしかないんだよ!ソシャゲに限った話じゃねえんだよ!

こうやって独りでコンシューマの旧作を遊ぶ虚しさを文章にぶつけてたら、もう3時半だよ。

カードポン。イマクニ?レッドしかやったことないんだよ……。

2017-10-26

FGOやってて最高にムカつくこと

ゲーム性でもガチャでもオートスキップ不可でも処理がクソ重いことでもない。

「次のクエストに進むのは○○日からです。」

これを見ると高まったテンションが一気に萎える。

どうしてやりたい時にやれない苦しみがわかるか?

お前ら運営バスらせたいのはわかるよ?

足並み揃えて一気にやってもらった方がツイッタートレンドに上がりやすいもんな?

ふざけんなクソシステムでやってるこっちの身にもなれ。

俺たちは広告塔じゃねえんだぞ。

100万歩譲って新規イベントは許そう、だが復刻まで自由に進めれんのはどう言うことだ。

種のわかってるビックリ大事そうに守ってるの見ると本当にイライラするんだよこっちは。

塩川

お前の言う「外圧」とはなんだ?

お前はゲームがめちゃくちゃになるのを防ぐために「外圧」をはね除けているのか?

ゲームをやりたい時にやりたい」という俺の気持ちゲームをめちゃくちゃにするのか?

塩川よ、お前はゲームではなく、マーケティングがめちゃくちゃになるのを防ぐために「外圧」をはね除けているのではないか

ゲームを作ることと金儲けを分けろとは言わない。

そもそもガチャシステム採用してる以上この二つは不可分な所もあるだろう。

だが全てが分けられない訳じゃない。

塩川よ、FGOという「ゲーム」を作ってくれ。

マーケティングではなくゲームで俺たちを広告塔へ変えさせてくれ。

増田より

2017-10-25

ガチャをする動画が「ゲーム動画」となっている現状

Youtubeスマホゲームタイトル検索すると、おおよそ「ガチャをするだけの動画」が検索される。

顔を映して、ガチャで出るキャラアイテム一喜一憂するだけの。そして「今回は勝ちましたバイバイ」「負けました」みたいなコメントで終わり。

これゲーム動画か…?

驚くべきことに需要はあるようで再生数はそこそこある。いくつ再生したらいくら貰えるかはわからないけど、なんとなく「負けました」みたいなのを上げるってことはガチャ代金ぐらいは稼げてるのかなとか思う。

 

正気か…?ガチャ引くだけの動画だぞ?

こんなもん、ゲームをどこまで知っているか関係いから、俺が知らんゲームインストールして3万円いれて「ぶっこみます」みたいな動画と内容はさほど変わらない、まさに誰がやっても同じわけだ。(再生されるかどうかは別として)

いっちょ前に「ゲーム」ってタグ付けしてるけど、どうかんがえてもあの悪名高いHIKARUとかがやってた「クジ全部ひいてみた」の類だろ。

2017-10-20

anond:20171020000217

実話だとして、単語として「ゲーム」を用いないこと

ITでもコンピュータ関係でもネット関連でも通じるならエンタメでもいいから他の単語を用いる

通じない人には「ゲーム」という単語は「=遊び」という認識脳内回路)しかできない

2017-10-17

ニコ生にクリ奨適用年収2000万!?不正ポイント取得が横行中!

ニコニコ生放送クリエイター奨励適用年収2000万になる生主も!不正ポイント取得が横行していて運営のずさんな管理に不満の声も!】

この記事10月より適用されたニコニコ生放送クリエイター奨励プログラムについて記載しております

ツイッターなどで拡散をお願いします。

はてブロの特製上画像を直接貼れないのでリンク先で見てください

クリエイター奨励プログラムとは】

niconico投稿作品に対し、プレミアム会員収入の一部を原資として奨励金(クリエイター奨励スコア)を支払う制度

1点=1円で換金でき動画投稿生放送をすることで収入を得られる制度

大手生主は一回の放送で3万円になることもあります

生放送場合コメント数が多いと1来場で5円くらいにもなります

こちらの方は類型来場者数120人くらいコメント数1200くらいで1来場につき5円くらいもらえてる計算になっています

https://imgur.com/LR7qKZf

動画投稿時代からこの制度悪用したポイント不正取得問題視されていましたが、生放送にも対応して不正取得が増加しました。



◆【生放送での問題点から読みたい方向け】◆

コモンズ運営のチェック体制がずさんなため不正ポイント取得が横行している

第三者著作権肖像権などを侵害していても生放送は長時間の枠が多いことと一日に登録されるクリ奨の枠が多すぎてすべてをチェックしていないため違反があっても見逃される

(例①:対象外ゲーム放送でもクリ奨登録してすり抜けてポイント取得している事案が発生。現在生放送ではごく一部のゲーム以外はクリ奨対象外。)

(例②:ニコニコ許諾楽曲一覧に載っていない曲を流してもすり抜けられている。)(http://license-search.nicovideo.jp

(例③:他人を映したり、他人画像を載せたり、他人放送ミラーしたり、Youtube動画など他人作成した動画画像を流していても長時間放送だとほんの数分なので侵害していてもチェックされない)

・来場者水増しツールコメント水増しツールであからさまな不正でも見逃されている

ニコニコモンズには通報機関がないため不正ユーザー通報できない

・TSを消しても適用されるため不正なことで稼いでることを著作権肖像権保持者に連絡しても確認してもらえないため隠蔽できる



◆【生放送での不正問題結論から読みたい方向け】◆

ニコニコリスナー全体でこの問題を共有して声をあげて運営管理体制を強化してもらい不正を減らすしかありません。

私はすでにニコニコモンズ問い合わせ窓口にこの件を報告しました。ですがテンプレのような回答しか返ってきませんでした。なので多くの方が問い合わせしたら変わると思います


◆問い合わせフォームhttp://commons.nicovideo.jp/inquiry)◆



クリエイター奨励登録している生放送か見分ける方法コンテンツリーに「この作品オリジナル作品表明をされている為、親作品がありません」という表示がでていたら99%の確立登録しています。99%なのは一部の例外があるため。

クリエイター奨励プログラム参加規約 禁止事項】

第三者権利侵害した作品クリエイター奨励プログラム登録する行為

[具体例]

市販映像ソフト(DVDソフト等)の映像画像を無断で登録した

市販音楽ソフト(CD等)を無断で登録した

テレビ番組を録画して無断で登録した

ゲームプレイ映像を無断で登録した

ブログや他のサイト他人アップロードしていた作品を無断で登録した

他人ライブ演奏や出し物の模様をビデオ撮影し無断で登録した

他人の顔や姿を無許可撮影した映像画像登録した

他人個人情報を含んだ作品登録した

他人私生活暴露するなどのプライバシー侵害につながるような内容を含んだ映像登録した

個人人格名誉・声望等を傷つける内容を含んだ作品登録した

◆今回このブログでは10月より適用されたニコニコ生放送でのクリエイター奨励プログラム不正について書いていきたいと思います

つい先日大生主野田草履がクリ奨のおかげで年収2000万円になるとツイートをしてとても大きな反響を呼びました。その他の大手生主もこぞってこれだけ稼げるとツイート放送ポイント収支を見せていました。

NERの場合1来場者数につき1円~3円の幅があります

https://imgur.com/OMvKUrw

https://imgur.com/pdQPoS3

生主放送で対価を得られるのはとてもいいことだと思います

ですが実は規約違反しているのにも関わらず不正ポイントを取得できている生主が多いということがわかりました。

◆まずこちらの画像を見てください。

https://imgur.com/TPHWTLY

横山緑という生主が壊死ニキという人物を無断でネタ放送晒しています

上記に書いてあるクリエイター奨励プログラム規約を見てください。

他人の顔や姿を無許可撮影した映像画像登録した

他人私生活暴露するなどのプライバシー侵害につながるような内容を含んだ映像登録した

規約にひっかかっていますがこの放送クリエイター奨励現在継続中です。

ではなぜ今も継続できているのかと言うとコモンズ管理している運営のチェック体制が甘いからです。

このとき放送時間は1時間になりますが壊死ニキが映っていたのはほんの数分です。

本来不正がないかチェックしなければならない運営放送をずさんなチェックをし見逃しているということです。

また、すべての暗黒放送こちらにも該当しています

個人人格名誉・声望等を傷つける内容を含んだ作品登録した

このような規約違反をしているのにも関わらず不正ポイントを取得しているということです。

このままいくとなんでもありになってしまます

また他に話題になっている不正で多いのが放送BGMニコニコ許諾楽曲一覧に載っていない曲を流していても見逃されることやニコ動Youtubeなどの動画を流していても見逃される、ゲーム放送をクリ奨登録しても見逃されるということがあります

生放送は最低でも30分、長くて6時間もあります。そして毎日大量に登録されるので人件費を考えるとチェックできないのは明らかです。

◆これはとあるマリオ64生主ツイートした画像です。

https://imgur.com/TqjxSuu

現在ニコニコ生放送では任天堂ゲームであってもクリエイター奨励対応していません。

https://imgur.com/dvyMQlX

それにも関わらずポイント付与されています

そして今現在剥奪されてないと報告していました。

まり運営によるチェックが行われておらずすり抜けできているということです。

◆この他にもゲーム放送ですり抜けしている生主が多いです。

こちらのゲーム生主を見てください。

https://imgur.com/QDjsUui

この方もゲーム放送クリエイター奨励をつけています

このことを疑問に思った私は話を聞いてみると

ゲームダメなのは知ってるけどつけてもいいじゃん。」

運営の見逃しでポイントもらえたらラッキーじゃん。」

このような発言をしていました。

このように運営による見逃しを期待して違反にも関わらずゲーム放送クリエイター奨励登録している生主がいるのが現状です。

このような不正が通ると真面目に頑張っている人へ分配額が減り不正をしている人だけが得をする機能になってしまます

そうなっては本末転倒です。

◆また、とあるゲーム生主が公開していたゲーム放送でもポイントをもらえるかもしれないという不正方法も出回っています

カテゴリ「ゲーム」ではなく「一般」で取る

放送終了前に放送タイトルゲームタイトルからゲーム関係ないタイトルに変える

放送終了前にゲーム系のタグを全部消す

このような隠蔽を行うとゲーム放送でも高確率でチェックをすり抜けできるという話まで出ています

コモンズ運営がこの問題認識しているかはわかりませんが、運営のチェックがずさんなことを利用した不正生放送にはたくさん出回っているということです。

今後このほかにあの手この手不正ポイントを取得しようとする輩が出てくると思います

◆一番やっかいなのは来場者水増しツールコメント水増しツールであからさまな不正も見逃されている点です。

こうなったらツールを使える人が楽して金儲けをできます

◆TSを消しても適用されるため不正なことで稼いでることを著作権肖像権保持者に連絡しても確認してもらえないため隠蔽できる

動画みたいに権利者が通報できません


◆以上が現在ニコニコ生放送クリエイター奨励プログラム問題になっている不正です。

これだけの不正を減らすにはどうしたらいいかという問題ですが現在コモンズには通報機能がありません。

ニコニコ生放送番組通報コモンズ運営とは関係ありません。

なのでニコニコユーザーがみんなで声をあげてあの手この手運営にこのことを伝えることが必要です。

一応コモンズにはお問い合わせフォームがあるので抗議文を送るのがいいでしょう。

問い合わせフォームは上のほうにリンク貼ってるのでそちらから飛んでください。

私もすでに抗議文を送っています

このことをより多くの方に知っていただくためにみなさんの拡散が鍵となります

ツイッター放送動画などにして拡散していただいてかまいません。

どうかよろしくお願い致します。

2017-09-11

日本におけるEスポーツの自論

4亀の記事を読んで。

0.スポーツとは

Wikipediaから引用

スポーツとは、一定ルールに則って営まれ競技のこと。

フィジカル(肉体的)スポーツインテリジェント(知的スポーツテクニカル技量的)スポーツといった伝統的な分類のほか、

近年ではローケーションに注目したマリンスポーツや、道具に注目したイー(電子的)スポーツなどの新しいジャンル開拓されている。

一方で競技的要素を含まない体験行為については、アクティティとして明確に区別されるようになった。

また、「スポーツの分類」として

スポーツ技術、記録などの向上を目指し、人間の極限への挑戦を追及する選手スポーツを「競技スポーツ」と言う。

例えばオリンピックなどが挙げられる。

それに対して、老若男女、だれもがスポーツに楽しみを求め、健康づくりや社交の場として行うスポーツ、身近な生活の場に取り入れられているスポーツを「生涯スポーツ」と呼ぶ。

楽しむことを主たる目的として行うスポーツを「レクリエーショナル・スポーツ」と分類する方法もある。

としている。

1.いちプレイヤーから見た、日本のEスポーツの現状

上記のスポーツの分類から見れば、「レクリエーショナル・スポーツ」に限りなく近い「競技スポーツ」という印象。

生涯スポーツ」としては、環境の変化があるので難しいかも。

自分は主にFPSとDTCGのプレイヤーであり、歴は10数年ほどの若い人間

とあるFPSタイトルでチームとして日本代表となり、韓国に渡ったことがある程度(自慢)

どちらかというとPCゲーマー

2.「プロゲーマー」とは?

現状では、ゲームプレイ主体として継続的一定額以上のお金をもらい続けているゲーマーではないかと思っています

プレイスキルの有無は関係ないと思っていますゲームプレイで見ている人を楽しませることが目的

3.Eスポーツ普及に関する問題点

野球にせよサッカーにせよチェスにせよ、スポーツが何故「面白い」と感じるのか。

  • A.見る対象ルール理解出来る
  • B.「凄い」と感じることが出来る
  • C.共有できる人が存在する

この3つが、見ている人に理解出来るよう周知する事だと思います

Aについて。

ルール理解出来なければ、何をもって勝利/敗北とするのか分かりません。

また、そのプレイヤーは、何の意図があって行動をしているのか、見る側は理解出来ません。

理解し得ない行動を見て楽しむことは、お笑いでないと不可能です。

Bについて。

例えば肉体的スポーツ場合、多くの人が学生時代に体を動かしているため、プレイに対しての凄さが分かります

さらに言えば、日常生活において体は常に動いているものなので、プレイいかに困難かということが「直感的」に分かります

Eスポーツ場合は、「ゲーム」プレイした事がない人が「直感的」に凄いと思うことは困難ではないでしょうか。

ゲームならではのグラフィック凄さは感じる事が出来るでしょう。

しかし、プレイに関しての凄さは、「直感的」な、いわゆる「おおげさ」なプレイでないと凄いと感じれないのではないでしょうか。

Cについて。

肉体的スポーツでも同じかと思いますスポーツは楽しみや感動を共有出来る人と続けないと難しいと思います

1人でも観戦やプレイに行く人はいますしかし、その後には何らかの情報Twitter等で発信しているのではないでしょうか?

ゲームについては、特に社会人となった後には職場の差はあれど大変な苦労が予想されます

全て揃ってこそ、継続的に楽しむ事が出来ると思います

2017-07-29

スプラトゥーンプレイだった私は、ゲームクリエイターではなかった

ゲーム会社入社して3ヶ月が経った。

高校卒業後にゲーム系の専門学校入学し、就活を経てゲーム会社入社した。

肩書は「クリエイター」ということらしい。

幼い頃からゲームは好きだった。自分が「オタク」と呼ばれる人種であることも自覚していた。

しか専門学校入学し、ゲーム会社入社をし、様々なゲーム好きを自負する人々に出会い、私は「ゲームが好き」なのではなく、「好きなゲームが好き」なだけなのだと気が付いた。

このふたつの違いは、創り手になってしまった今の私には致命的なまでに大きい。

私は好きなゲームけが好きなのであり、「ゲーム」というコンテンツが好きなわけではないのだろう。

いくつもある好きなもの、そのひとつとして「ゲーム」存在しているだけ。

正直に言うと、頑張らなければいけないゲームは苦手だ。

飽きっぽい性格のためレベリングは途中で挫折するし、ハラハラするのが苦手だから対人戦も得意ではない。

オンラインゲームレイド戦とかギルドとか、ほんとに勘弁してほしい。

なぜ知らない人間に、ゲームの為に自身時間強制されなければならないのか。

でも、ゲームはやらなければいけない。

なぜなら私は「クリエイター」で、ゲームに触れることは義務であり仕事からだ。

そんな私が今日、初めてスプラトゥーンプレイした。

もちろんスプラトゥーンの前作の売り上げや人気、今作発売からの怒涛の勢いは理解していた。

それを理解しながらも、私はスプラトゥーン今日まで一切触れたことがなかったのだ。

しかも「wiiUスイッチも持っていないから」というゴミのような理由から、だ。

スイッチが手に入ったらやろう。でも今、手に入らないしなあ。そんな言い訳脳内で何度繰り返したことか。

そもそもゲーム会社入社することが決まっているなら、スイッチぐらい予約しておけという話である

そんな私がスプラトゥーンプレイに至った経緯は簡単会社の都合である

スプラトゥーンやろうぜー!いぇーい!なるほど、わかりました。参加します。そんな感じ。

で、プレイした。

会社の人と対戦をした。

気が付くと3時間が経過していた。

つの間にか終電を逃していた私は都内ネカフェに転がり込んで、今、これを書いている。

こんなに無我夢中ゲームに没頭したのはいつ以来だろう。

普段ノベルゲームばかりやっている私は、久々に心の底からこう思った。

「ああ、私は今、面白い遊びを体感している!!」と。

ゲーム下手な私は全く勝てない。チャージと塗りの使い分けも上手くできない。

ジャイロも使いこなせないから、突然敵が後ろから現れる。

20秒生き残れたら奇跡ぐらいの腕前だった。

でも、楽しい

上手くなってから楽しくなったのではなく、私は最初から、下手なままでも楽しかったのだ。

スプラトゥーンは対戦ではあるが、敵を倒すことが全てではない。リザルトは「どれだけ多くの面積を塗りつぶすことができたのか」で決まる。

そして塗りつぶすことは、ただボタンを押すだけでできる。だから下手くそでもちゃんとリザルトに貢献できる。

基本操作に慣れてくると、今度は敵を倒してみたくなる。ひたすらペンキをまき散らしていれば、初心者でもキルはできる。

下手な自分が敵を倒し、倒した相手名前が画面下に表示された時、私は満面の笑みを浮かべていたのだ。

たかだか3時間しか遊んでいないため、私はスプラトゥーンに対して適切な講評を述べることができない。

だが、これだけは確実に言える。2が出た今更、ようやく気付いた事実

スプラトゥーンは間違いなく、革新的なまでに面白い「遊び」だ。

こんなに面白いゲームを、私は今まで遊んだことがなかった。

ハードが無い。難しそう。対人戦苦手だし。ガチ勢多いし。疲れるし。

そんな理由をただただ並べて、自ら「遊び」を遠ざけていた。

ゲーム会社入社して3ヶ月、肩書は「クリエイター」というらしい。

何がクリエイターだ、ふざけるな。

こんなに面白い遊びを知らない奴が、ゲームクリエイターなどであるものか。

スプラトゥーンを未プレイだった私は、間違いなくゲームクリエイターではなかった。

そして残念なことに、スプラトゥーン遊んだ今も違うのだろう。

なぜなら私はスプラトゥーンを作れない。誰かの価値観を揺るがすゲームを、今の私はきっと作ることができない。

ゲームをやろう。たくさんのゲームをやって、それを誰かと共有しよう。私は間違いなく、「誰かと遊ぶこと」が好きなのだ

この決意表明じみた文章を読んでくれたうちの一人にでも、私は、私が「クリエイター」として作った遊びを届けたい。

とりあえず、クリエイター駆け出し・ひよっこ新入社員の目下の目標は、スイッチを手に入れるという激ムズクエストクリアすることである

2017-07-22

20歳一般女性政治観

休みに入ったので、日頃モヤついていたことを考えてみた。


結論から言うと、完全に公正明大かつ正確な事実に基づいた情報存在しないので、

ニュースで流れるあれこれについて考えようがない、ということになった。

正確さがない題材に面白みは生まれず、若年層ほど選挙には興味がないのである


私たちは働くことが義務付けられ、とにかく間違いをしないような教育を受けた世代だ。

ミスがあってはならない。何事にも等しく正解があり、それ以外は不正解である

正解すれば加点。不正解であるならば減点。点数を失えば人生が終わる。

誰かが定めた「正解」を引き当て続けなければ生きてはいけない、という考え方。


だいたいそんな感じなので、政治についても「正解」を求める。

最近気づいたのだが、こと政治に限ったことではなく、すべてのことに正解はない。

全員で迷い、議論し、互いができるだけ失わずに済む妥協点・境界線を探ることしかできないのだ。

そんな簡単なことを気づくのにずいぶん時間がかかってしまった。


設問には揺るぎない前提が必要である。なんの前置きもなく、

「1+1」における「1」の定義が「2」であったり「5000兆」であったりしてはいけない。

小学生レベル後出しジャンケンではあり、これを行えば出題者は信頼を失って死ぬ


いまの報道は、テレビネット新聞ラジオ出版物、どれを取ってもそれぞれ、

情報」に「解釈」が加えられることで定義が異なっているのが当たり前だ。

安倍首相がした発言を、己の見解を添えたり、切り取ったり、並べ替えたり、「解釈」を加えて勝手に再定義する。


本来問題というのは面白いものである。私はゲームが好きだ。それと同じであり、

解ける式が増えていけば自由度が増し、理解できる世界が増える。

五七五と季語制限があるからこそ、俳句面白く、世界通用する文化たりえる。

情報」や「前提」、「制限」が明確であればあるほど、問題ゲーム面白みを増す。


いまの報道は、この「情報」「前提」「制限」が「解釈」によって「再定義」され、

「正解」を求め続ける性である私たちにそれへ近づかせようとせず、

ゲーム問題は好きであるが、それをまず「再定義」によって成立させていないので、

単純に「政治問題」は私たちにとって路傍の石ほどに「面白み」がまったくないのだ。


私たち世代は、麻生太郎副総理大臣好きな人々が割と多い。

キャラクター」が明確だからである。ともすれば茶目っ気のあるおじいさん、

ともすればSPに囲われる本格派マフィアのようであり、私はしゃべり方も好きである

彼は私たち世代にとって「面白い存在」であり、興味と信頼を寄せる一因となっている。


そう、単純に「政治」という話題は、サービスインから数週間で消えるような、

まったく無名で見るから面白くない無料ゲームよりもまったく、ともすれば

異世界はスマートフォンとともに」よりも面白くないのである。「オワコンなのだ


互いに他陣営を貶し叩き貶めるだけの政党派閥の争いには、ドラマチックな展開など生まれない。

EVO2017でとき選手が魅せたような、壁際J中Kから瞬獄殺のようなドラマは生まれないのである

愛されるようなキャラクターもいなければ、一見して面白いような設定なども存在しない。

0.01フラクタルほどもBlu-rayが売れない、「JKめし」のようなクソアニメとなるに違いない。

(むしろJKめし」に失礼であるかもしれない。お詫び申し上げます


若者政治に興味を持たないのは、そびえ立つ人口ピラミッドによる絶望感などではなく、

ただひたすら単純に「面白くない」からだ。可哀想なおじさん&おばさんが口汚くしゃべるだけの、

他になんとも言いようがない「苦行」であるコンテンツなのだ。誰が買うか。


政治家たち全員にキャラクター異能力など求めていない(どうせコネ当選から)。

せめて、本当にひたすら正確な情報だけを毎日供給し、参照しやすメディアひとつあれば、

それを基に私たち勝手議論を始めるだろう。それは「問題「ゲーム」として成立するからである


ただ、そんな問題に取り組むよりも、自民党民主党安倍さん蓮舫さんを一方的に罵り、

下卑たクソのような情報をもとにグチャグチャと言いあい共感する仲間がいる方が楽しい

そんな人々の方が圧倒的に多い世の中であるというだけではあるが。


関わらない方が「正解」である。私は正解する。カドホモ

2017-07-02

狙った女性ものにできない男性は雄として男として無価値

…と思う一方、ただ口説き落とすだけのナンパ師や恋愛「ゲーム」をしたいわけでもない。

そんな小手先だけのテクニックを身につけ、実践したいわけではない。

2017-06-14

なんでエロゲーじゃなきゃだめなの?

なんかエロゲー話題が目立っているから聞いてみるけど、なんでエロゲーにこだわるの?

俺はエロゲーブーム(もしくはバブル)期にエロゲーをやってないせいか、上の世代エロゲーブームど真ん中の人らとはエロゲーに対する感覚が大きく違っているように思う。

俺はエロゲー思い入れも無ければ、その感想を誰かと共有するという体験も無い。はっきり言って、エロゲーがそこまでいい物だとも思ってない。

からエロゲーにこだわる理由がまったく分からない。想像もつかない。

面白い話を求めるならラノベでもいいじゃん?

可愛い絵を求めるなら画集でもCG集でもいいじゃん?

可愛い声を求めるならボイスドラマでもいいじゃん?

絵と話が欲しいなら漫画SS付きCG集、声も欲しいならアニメでもいいじゃん?

ゲームがやりたいだけなら他にいくらでもあるじゃん

エロを求めるならエロ漫画エロアニメエロラノベエロCG集・エロボイスドラマほか多数の選択肢あるじゃん

なんでエロゲーじゃなきゃダメなの?

一応自分でも考えてみたよ。

女の子自分好みに調教する育成シミュとか、敵地に侵攻して女の子を攫っちゃう戦略シミュとか、あるいは3DCG女の子キャラ自分で作ってしまうようなゲームとか、その辺は自分が介入することができる「ゲーム」って媒体じゃないと成立しづらいエロからエロゲーじゃなきゃダメ。それは分かる。

でも大多数のADVエロゲーはそれで説明しづらい。なんでADVを選ぶのか。もっと言えばゲームにする必要があったのか(ゲーム会社ADVありきで企画作ってるだろうから、ここの順番が逆なんだけど)。

どうしても絵と声と文章をセットにしないと成立しないエロ表現だったのか。じゃあボイスのないエロゲーダメなのか。コンシューマ移植で削除されても話が成立してしまう程度のエロ価値はいかほどか。考えれば考えるほど分からなくなる。

ルート分岐がどうこういうのも漫画ラノベなら分冊すりゃいい話。

やっぱ分からん。かといってエロゲ時代の徒花だおっさん思い出補正だって言い切っちゃうのもなぁ。

誰か教えて。

2017-04-22

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.デートに行こうと提案する彼女に生返事をしながらゲームをしていたら、いきなり怒り出して「私とゲーム、どっちが大事なの」と言われました。どう返せばいいのか悩んでいます

ふ……現実で一度は聞いてみたいセリフだ。

君が考えた対策を当ててあげよう。

「どっちも大事」、何も分かっていない。

彼女と一緒にゲームに興じる」、愚の骨頂だな。

では何か。

答えは簡単だが、その前に君は知っておくべき2つのことがある。

1つ目は、「取捨選択の天秤に乗せるものは、とても細かくてはいけない」ということ。

君が天秤に乗せるべきは、正確には「ゲーム」と「彼女」ではない。

例えば親の葬式があったとして、それを彼女デートよりも優先するのは、別に彼女」よりも「親」が大事からというアンサーになるわけではないだろ?

まり君が天秤に乗せているのは「ゲーム」と、「デート」だ。

そして2つ目は、物事比重は不変であり、常に一定ではないということだ。

「ゲーム」と「彼女デートをすること」で、いつだって彼女デートをすること」を選ぶわけではない。

何が比重を占めるかってのは、「ゲームでいまいいところ」だから、「期待の新作の発売日で早速やりたい」とか、そういう些細な理由で十分だ。

「『ゲーム』と『彼女』ならいつだって彼女を選ぶが、『ゲーム』と『デート』ならゲームを選びたい気分のときもある」ということだ。

まり答えはこうだ。

「『君のほうが大事だよ』と彼女に言って、ゲームを続行する」

実にスマートな回答だな。

もちろん、それで納得するかどうかは君たちの問題だが。

2017-04-20

anond:20170420175544

ますだのfgoも、婆さんのkofも両方プレイしてたし、二次創作にもかかわってるので、おもしろくみさせてもらった。

 

kofにしろFGOにしろキャラかっこよすぎるし、ファン裾野が(ゲーム難易度にくらべて)ひろすぎるし、その裾野をひろげるのに二次創作がかかわったことをいやがってはいないので、そういうことはよくあるしこれからもあるだろうとおもう。

 

ま、公式が最大手であればファン幸せなんだけど、なにか足りないとおもって二次創作にいくんだけど、やっぱり公式以外は最大手じゃなかった、ってなる。でもやっぱり二次創作さがす。

そういうファン心理はあるし、二次創作者の立場になってみたらもっとわかる。

表現を磨いてたらそこらの訓練が必要ゲームなんてクリアできない。表現してる時点で、「自分プレイしているもっと難しい「ゲーム」クリアしてる人だ」と認めるべき。

 

ひとついえば、天は二物を与えないっていうことだとおもうよ。正直、絵を書いてる人、エモすぎてゲーム能力が十分でないとおもうもん。

思い入れつよすぎてへんキャラをへんな場面でつかいたがるし。

幕間をそのままクリアするのめんどいもん。

 

ひとついえることはゆるゆるで、どんなファンものみこめるゲームがいいゲームなんじゃないのかね。

SNKの倒産はまた違うとおもうけどねー

2017-03-04

Nintendo SwitchOSがすごい

Switchを一日触ってみていちばん満足感が高かったのはOSの出来だった。

まずゲームとそれ以外(ニュース、ストア、設定など)が区別され、

さら基本的なお知らせはニュースに集約されている。

ニュースには新作の発売情報からTIPSまでが掲載され、

もちろん新作情報からシームレスにストアに移行できる。

ストアはこれまでのようなごちゃごちゃ感がなく商品情報が綺麗にまとまっている。

購入ボタンは目立つところにあるし、購入リスト機能もちゃんとあるVITAには無かったんだよな…)。

実にシンプルで分かりやすい。

これからゲームが増えてきたらごちゃごゃしてくるかも分からないが…。

3DSVITAOSはいわばiOSの模造品で、

かい機能がすべて「アプリ」という形で切り出されてホーム画面に置いてあった。

PCで言えば「散らかったデスクトップ状態

どの機能がどのアプリにあるか分からないし、

些細なことでいちいちアプリを起動するのも億劫だった。

その点、Switch「ゲーム」という一点にものすごく集中した作りになっていると思う。

マルチメディア機としての最高のインターフェイスXMBだと思うが、

ゲーム機としてはSwitchインターフェイスいちばん素晴らしいと思う。

2017-01-12

http://anond.hatelabo.jp/20170112094337

うーん、ゲームの楽しさをじゃんけんでたとえるなら、

「グーチョキパーで勝負がつく世界観」の中に入ることが大きいんじゃないのかな?

じゃんけんで勝つことが目的ではなくて、じゃんけん勝負するという世界に入ることが楽しい

勝とうが負けようが、じゃんけん世界でグーを出したりチョキを出したり、戦略を考えることが楽しい

これはコンシューマーだろうがスマホゲームだろうが変わらないと思うんだよね。

もちろん勝ったり強くなったりすることを目的とするなら金を積めば結果に結びつく面はあるのかもしれない。

でも、ゲームの楽しみ方って「勝つこと」だけじゃないでしょ?

その世界の中で、バトルシステムを楽しんだり、キャラクターを育てたり、他のプレイヤーコミュニケーションしたり。

ゲームの中だけじゃなくてゲームの外でも、同じゲームプレイしている人たちと交流したり。

そういうのも含めて「ゲームの楽しみ」じゃないのかな。

金さえあれば強くなれる、そういう側面もあるかもしれない。

だけど、「ゲーム」ってそれだけじゃないと自分は思いたい。

2016-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20161229221913

いいえ。

謝ることはありませんよ。

あなた最初文章からザワッとしたとこ読み直したら

 異性の優しさを受け止める勇気のある人から抜け出せるゲームからさ。

ああ、これって被害者ぶってる割にすんげー上から目線からキモチワルイんだって気が付きましたよ。

これで最初の回答になったね!よかったよかった。

あのね、あなた最初投稿からして潜在的に異性に対して嫌悪感とか憎悪を持つことが大前提になってて、それに対して自分はさも「異性の優しさを受け止められました(あくまで優しさを“受け入れてやってる”のがミソ)」「許せるようになりました」みたいなエラソーな達観を披露してるわけ。

その感覚自体全然世間とはかけ離れてるんだけどね。

そんでそのかけ離れているという感覚「ゲーム」かい言葉にして、自分性格を「サイコパス感情が乏しい。同情心が少ない」とかいうところに帰結させてるの。

自覚してないんだろうけど、そういうところが自分の中では謙虚でいい人演じてるつもりなのに周囲に見下しとか選民意識みたいなキモチワルさを醸し出してるんだよ。

どんなに隠してるつもりでも、そういうネジ曲がった人をバカにする態度は文章の細かいところににじみ出るのがキモチワルイの。

わかった?まあわかんないだろうけどね。

ようするにまとめて言うと、お前は性格が超悪い。

以上

2016-12-10

http://anond.hatelabo.jp/20161210181548

確かに敷居は低くなったんだけど

からこそ、

皆がこぞってそれに頼った結果、

大手が作る大作までがソシャゲなっちゃったって思うんですよね。

ゲームって皆が遊ぶ環境体験を含めた経験だと思うので、そういう意味での

「ゲーム」が少なくなってしまったと思うんです。

スーファミ、はあの頃のゲームの例え。)

敷居は下がったけど、スーファミのころのゲーム文化は失われたかなと。


心を込めたものを一人で作れるという意味ではなくて、

心を込めたもの団体として作れた時代が終わってしまったんだなあ、ということです。






一人でもゲームがこんな簡単に作れる時勢に何を寝言いってんだ!って思うと思いますが、

それは結局、副業か、独立か、って話かで悩まなきゃいけなくて、

それについてが茨の道だと思ったのです。

趣味可処分時間内でのゲーム作りは可能なんですが、それって限度あるので…。



本来仕事としてやれる人が一番時間としては自由なはずだけど、

その人たちは前の投稿で書いた理由で、金策優先の作品作りが加速してるから

つらい時勢だなあと思うのです。

2016-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20161205000002

自分の中に封印されている記憶を引きずり出してみる

小学3〜4年の頃、いじめをしたことがある。俺がいじめていた「彼」は当時つるんでた仲のいい5〜6人の友人グループの一人だった。

友人グループとは言っても、一人のリーダー格とその取り巻きのような感じだったと記憶している。俺はそのグループ内ではNo.3くらいの立ち位置だった。

詳しい経緯やきっかけはもう覚えていないが、グループの中でもヒエラルキーが下の方だった彼には、普段の遊びの中で徐々に「リアクション芸」が要求され始めた。

特に彼に障害があるとか頭が悪いとかではなかった。何故彼がそうなったのかあまり覚えていないが、外で遊んでいる最中に転んだり、何かの拍子にボールが直撃したりした際に叫んだ言葉面白かったとかそういう事だったと思う。当時見ていたテバラエティ番組企画のように皆で公園「ゲーム」をしたり、学校内で鬼ごっこや缶蹴りをする中で、彼には毎度のように何か知らの試練とリアクションが求められるようになった。

そのうち友人グループの間でどんどん遊びがエスカレートしていき、彼に対する仕打ちもどんどん過激になっていった。最もひどかったときはもはや単純な暴力だった。肩パンして痛がっているのを笑うような雰囲気になっていた。

そのなかで俺も、ヘラヘラしながら何度も彼に暴力をふるったことがある。所有物を隠した事もあった。多分もっと色々酷いことをしたと思う。確か良心が痛んだと思うが、その時は良心の痛みよりも仲間内で目立つことや皆が笑うことの方が大事だった。

今思っても本当にひどいことをしたと思うし、自分の中では凄く反省している。思い出すたび胸がズキズキする。

彼の母親学校に殴り込みに来て、いじめは終わった(と思う)。

彼の母親クラス全員の前で、息子が受けた仕打ちや家で落ちこんでいる彼の様子などを怒りを込めて話した。

俺は、少なくともグループ内で遊ぶときには彼は楽しんでいるものだと思いこんでいた。暴力苦痛に思っていたことがショックだった。

俺はクラスの前で立たされ、怒鳴られて泣いて、涙ながらに彼に謝罪した。それまで人前で泣いた事が無かったのでそれもショックだった。

俺はそれ以降その友人グループとつるむのをやめた。怒られたのがきっかけでなんとなく空中分解したという言い方が正しいかもしれない。

彼の母親に怒られた日の帰り道に「これから人に優しくしよう」と決意したこと、帰宅してから事情を聞かされていた母親の前で大泣きしたことはよく覚えている。

今思えばこの経験がそれ以降の俺の人格形成に大きく影響した気がする。

中学に進学した俺はクラスメイトの中でも孤立している人や転校生と仲良くするようになった。いじめていた彼を同じ部活に誘った。そうすることが罪滅ぼしだと思っていた。

あれから20数年経っているが、俺がいじめていた彼は地元に帰ると必ず会う特に仲のいい友人の一人だ。

いじめいたことが良かったなんてこれっぽっちも思ってはいない。今でも思い出すと辛い気持ちになる。

他のトラバにある

一番エグいいじめする奴って、そのグループで2番手3番手だったりするじゃない

というのはその通りかもしれない。

そもそも、いじめてる側は多くの場合いじめてる認識がない。

いじめてる当時は「あいつは私を不快にさせたから、これは正当な報復だ」と正当化し、

年を取って振り返っても「いやあ、あのころちょっとヤンチャしてたわ」と矮小化

こういう「仕返し」でいじめをするパターンもあるのかもしれないけど、遊びの延長線上でいじめパターンが多いのではないか自分経験から思う。

自分行為が「やんちゃ」だったとは思わない。最早トラウマ

2016-11-10

新作スマホゲーム情報だけ遮断したい

アラサーにもなって趣味「ゲーム」おっさん

毎日ゲームの最新情報収集をしている

各種ゲーム関係メディアなのかメーカーなのかブラウザ開発者なのかどこにお願いすればいいのかはわからないけど

お願いがあります

それは新作スマホゲーム情報別にしてください

そして僕の目につかない場所隔離して下さい

ということです

例えば「あの超大作の新作だと?」とか

「昔やったあの名作の続編だと!?

なんて喜び勇んで見に行ったら

「ForAndroid/iPhone

文字

もうすごいガッカリする

なんとなく「どうせスマホだろ」とか予想ついてるけど

やっぱりちょっとは期待しちゃう

別にスマホゲームやそのプレイヤー存在否定するわけじゃないけど

これ以上この「がっかり」を繰り返していると

いつか大好きなゲームに対する情熱が冷めてしまいそうになるんだ

から頼むからスマホゲーム情報隔離するか、それだけ見えなくするアドオンを開発してください

お願いしま

2016-09-30

なぜラノベ主人公努力をしていないという勘違いが生まれるのか

d:id:kazenotori:20160929

こちらの記事を読んで思ったことを書きます

なのでこの記事を読む前に先の記事を読んでください。

主人公努力しないことがラノベの売れる秘訣だ(意訳)」と言うのは散々指摘されている通り事実ではないと思います

そもそも「ラノベ主人公」で括って一概に語れる訳がない。それが一般的な傾向に言及しているとしても。

色々な主人公が居て、それぞれ色々な特性を持っています。それは作品を素直に読めば理解できるところであると思います

ではなぜそのように思うに至ったのか、川上氏がそのような偏見を持ち発言するに至ったその影響の大元となるものはなんだったのか、自分なりに考えました。

主人公が(何かと比べて)簡素努力描写で強さを手に入れたり、最初から強さを持っていたりするパターン作品は確かにあります。それは本当にラノベに限った話ではないですし、欠点ではなく特徴でしかない。

そういった作品は「成長物語」ではないのではないかと思います

成長物語」ってなんだ。

成長物語」という言葉は私が過去何度か某掲示板で見かけた単語で、「無力かそれに近い主人公が鍛錬(=努力)や葛藤をすることで身体的・精神的に強くなり、敵を倒していく」そのような物語類型であり、そのような面白さや内容が主である作品のこと、という意味で以下使います

ソードアートオンライン主人公キリトを例にあげてお話します。

(しかし、私はソードアートオンライン電撃文庫版のアリシゼーション編に入った1巻目あたりまでしか読んでいません。プログレッシブについては漫画版で確か3巻まで読みました。)

これも某掲示板での話なのですが、アインクラッド編においてキリトがしっかり努力をして強くなっているという主張を私がすると、奇異の目で見られたりします。

俺TUEEEE」という言葉イメージが一人歩きしてしまった所為かと思うのですが、実際にキリト努力をしているシーンとしては、月夜の黒猫団の話。夜にモンスターを狩って経験値を稼いでいたものが挙げられます

ですが、それ以外で努力・鍛錬をしている印象的なシーンというのはなかなか思いつかないです。しかもそういうところを指して「努力描写が少なくキリトの強さに納得できない」と言っていたりします。某掲示板での話です。

違うんですよ、そうじゃない。逆です。

まず読者には「キリトが強い」という前提があるわけです。それに対して「強いということはそれだけ努力をしているんだろうな」と推測する。それを裏付けるための努力描写な訳です。なるほどこれをコンスタントに続けていたんだなと理解する。だから垣間見える程度の努力描写で構わない。

そしてキリトは二刀流スキルを手に入れます。これはソードアートオンラインプレイヤーの中で反応速度が最も速いプレイヤーひとりに授けられるユニークスキルです(この事実が明らかになるのがいつだったのか失念しましたが)。これはVRとキリト自身の適正なども関わってくるそうなのですが、もっとさなからVRで自分英才教育を施した結果とも考えられます。「結果」が「努力証拠」として提示されるわけです。

成長物語」は面白い。そこに異論は有りません。主人公が血の滲むような特訓の中で何かに気付き、成長し強大な敵を乗り越えていく。素晴らしいじゃないですか。努力大切なことだと子供に知ってもらいたいがために勧める気持ちもわかります

しかしこの「成長物語」は数ある物語類型ひとつしかない。

ソードアートオンライン努力の尊さを説くところに主眼を置いた物語なのでしょうか?

私は違うと思います

脱線しますが、ソードアートオンラインを読んでいくと、ゲームの中であるのに「死」や「性暴力」という強い現実の要素が登場したり、現実剣道場でゲームスキル再現出来そうになる。ユウキ自分人生を終える場所としてゲームの中を選択し、アリシゼーションは記憶を無くしたキリトが、精巧に作られた「ゲーム」の中をひとつ世界、つまり現実」として認識するところから始まる。

どうも「現実」と「ゲーム」の境を敢えて曖昧にしていくことで、「ゲーム真剣に向き合うように促されている」そのような物語ではないかと思います

もちろん、勧善懲悪ものの面もありますし、フルダイブ型のゲームという仕掛けを使うことで、効果的に努力の尊さを解く、そういう成長物語もあり得るのではないかと思います。でも、このソードアートオンラインはそうではないだろうと思います

からこそ、主眼でない努力描写は、垣間見せたり、証拠として結果を書くだけに留めてあるのではないかというのが個人的ソードアートオンライン観です。

纏めると、キリトはしっかり「努力をして成長している」が「成長が主眼の物語ではない」ので垣間見せたり、証拠としての結果を見せるにとどまっているのだろうということです。

ダンジョン攻略事件解決で奔走する姿は多く書かれていますが、所謂鍛錬というか努力描写の量は「成長が主眼の物語」だとすると少ないと感じます

成長物語」として見るからおかしく見える。そもそも成長を主眼に置いた物語ではなかったりする。そう言った勘違いが、ソードアートオンラインに限らず様々な俺TUEEEE主人公ものと呼ばれるラノベ批判に見受けられます

そのようなところが勘違いの原因になっていたりするのではないかと思いました。

正直、このようになんでもかんでも「成長物語」としての観点で見てしまうのは、少年漫画誌の作品を読んで育ったせいなのかとも勘ぐるのですが、それは少年漫画誌に対する偏見ですし、その少年漫画誌の作品にも最初から強い主人公で、成長物語でない作品というのはそこそこの数存在すると思います

成長が主眼ではない物語が沢山あることは、本当は知っているはずなのですが。どうしても成長物語として見たいのでしょうか。

2016-09-16

したがきがきがき

小学生の頃からクラブチームに入りスポーツを続けていた。監督指導方針「ゲーム」に重点を置くことだったので練習は嫌いじゃなかった。

練習中の経験値もあるけれど、あまり深く考えずにほぼ直感だけでプレーしていた。

小学校中学年のころにかるい虐めにあった。すべてのことに真面目にやりた過ぎて、周囲との温度感があわなかったのかな。

つらかったけど面白いことを喋るようにキャラが変わった。人を笑らせているといじめはなくなってた。

自分感性直感自己防衛を覚えた。

中学に入って市選抜に選ばれたことが自慢だった。

部活に入ってすぐに上級生との練習に参加させてもらえた。

自分感覚は常に正しいと信じていた。

勉強はやればできた。何という万能感。今考えれば公立中学勉強なんてやればそりゃできるくらいのものしか無いとわかるだろうに自分を心の底から

世の中を舐めていた。

2016-09-06

ゲームに飽きが来る時

って本当にあるんだって今本当に愕然としてる。

5歳の時から約22年ぐらいずーーーーーーっとありとあらゆるゲームを遊んできた。

電源有の家庭用機に携帯ゲームPCゲームアーケード格ゲー音ゲーメダルゲー、将棋なんかのボードゲーム全般に、遊戯王からMTGなんかのカードゲームダーツビリーヤード…今思いついたのだけとにかく羅列してみたけど目に付いたものや誘われたものなんかを手あたり次第にやって遊んで楽しんできた。

ところがここ半年ほどでゲームに対する情熱と言うかやる気と言うかなんというか、そういうものだんだんと薄れて行ってるのを感じ始めて、ついに一カ月前から、体調の悪い日や入院してた時や冠婚葬祭の時以外は一日だって欠かした事のないゲームをしない日々が続いている。

仕事が終わってどれだけ疲れてても10分でも触ってたのに。そしてさっき風呂の中で、何処かで見たこんな言葉を思い出した。

ゲーム大人になると飽きる時が来る」

本当にどこで見たのかさっぱり思い出せないんだけど、確かにどこかで昔見た。

雑誌かもしれないしネットかもしれないしここだったかもしれない。なんか思い出した。

この文を見た時には鼻で笑った。「んな訳ねぇだろ!死ぬまでゲームやって遊ぶわ!」って。

うん、確かにその通りだった。飽きたわ。

一瞬の気の迷いで後悔しないようにって事と、ちょっと距離を置いてみようと思って、先月と今月の5日にデカデカ「ゲーム」と書いてそれを赤い丸で囲っておいた。

そして1カ月。昨日9月5日カレンダーを見て、飽きたんだな、って。

今日から手元にあるゲーム関係の物を売り払おうと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん