「和田」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 和田とは

2022-05-11

anond:20220511101216

スーフリ和田の名が出た時点で、あぁ、約20年前の……って思うじゃん。

スーフリ和田被害に遭いかけた1人です

拙い文章ですが、体験談です。

当時、女子大に通っており、友達神宮花火大会へ誘われました。

(友達はその前に六本木スーフリイベントに参加してました)

そこでは、スーフリ主催飲み会が開かれていて、色んな有名大学の男の子がいて、合コンのような男女のグループがいくつもありました。

私たちが混ざったグループ東大男の子スーフリの主要メンバーが数人居ました。

花火もそこそこに、山手線?ゲームが始まり、負けると強いお酒を飲まされます

ただ、私はゲームお酒も強くて、東大男の子がめちゃくちゃ弱くてお酒をたくさん飲まされてました。

その時、主要メンバー達が男の子に「お前が酔ってどうすんだよ!」ってイライラしてたのを覚えてます

私たちを潰す気なのかと思ったので、絶対に負けないと頑張りました。

そして、花火終了後、主要メンバーに「二次会があるから行かない?」と誘われて、居酒屋に行くと思いタクシーに乗せられ、気づけば知らないマンションの前でした。

主要メンバーは、居酒屋ダメになったみたいなことを言い出して、「とりあえずここまで来たし事務所で飲み直すか」みたいな、言葉たくみ高田馬場マンションの一室に招き入れられました。

中に入ると、和田含め男たちが4〜5人いて、直感的に「ヤバい」と感じて帰りたかったのですが、友達が前回参加した六本木イベントビデオを見せてあげると言われて、ソファに座ってしまいました。

私も1人で帰るわけもいかないのでビデオを見たのですが、少し経ち、和田が私の服を引っ張ってきて布団の敷いてある部屋へ招こうとしてきました。

ここで完全にヤバいピークになり、友達に助けを求めたかったのですが、ビデオに夢中で私のピンチに気づいてくれません。

私は咄嗟に「トイレどこですか?」って聞いてその場を離れて、脳みそフル回転でここから逃げる方法を考えました。

とりあえず、トイレで両親から電話がかかってきた風を装ってトイレから出て、リビングにいる友達を連れ出そうとしました。

リビングへ戻ると何となくヤバい雰囲気が漂っていて、「親から電話かかってきたんで帰ります」って言って、友達引っ張って靴を手で持って裸足で逃げました。

私達が帰る時、男たちはニヤニヤしてましたが、捕まえるとこなく逃がしてもらえました。

それ以降、スーフリが怖くて参加しなかったのですが、その1年後に逮捕されたのをテレビで見て、やっぱりあの時あそこにいたら被害に遭ってたんだろうと思うとゾッとしました。

ホント、新入生の女の子たち、田舎から出てきた子達、気をつけなさいね

2022-04-22

HHKBのよくある勘違い

PFUの高級キーボードHappy Hacking KeyboardHHKB)だが使い方を間違えている人が多い

矢印キーは使わない

HHKBの特徴は矢印キーが無いことだ

一応、Fnキーを押しながら使うことはできるが非常に使いにくい

なぜこんなことになっているか、というと、そもそもプログラマーハッカー)は基本的に矢印キーを使わないからだ

Vimの人はhjklでのキー移動、EmacsはC-BPNFでのキー移動

シェルを使う場合Emacs風にキー移動できるしショートカットを使うので基本的には使わない

ちなみに知らない人も多いがTwitterVim風のキーバインドで移動可能

Macの人は例えばメモアプリなんかがEmacs風のキーバインドで移動可能

ブラウザテキスト編集部分なんかでもEmacs風で移動可能

Windowsを使う場合アプリなんかでキーバインドを入れ替えて矢印キーを使わないようにする

こんな感じで矢印キーを使わない人が多いから、矢印キーが無くても問題ないのだ

何故矢印キーを使わないのか

勘違いしてはいけないのは、ハッカー

HHKBを使うために矢印キーを使わない」

のではなく

ハッカーが矢印キーを使わないかHHKBには矢印キーが無い」

ということだ

何故使わないかというと単純に「遅い」から

矢印キーホームポジションから離れた場所にあるため、使うためには一旦ホームポジションから指を離さなければならない

一度話してまた元に戻るという、このコンマ数秒レベルの遅延が鬱陶しくて仕方が無い

なのでホームポジションに指を置いたままキー移動したい、という考えに至っている

同様の理由でBack SapceやDeleteも使わない

Emacs風だとCtrl-HやCtrl-Dで代用する

持ち運び前提

とはいえ、全く矢印キーを使わないかというとそういうわけではなく、そりゃたまには使わざるを得ないし使った方が早い場面もある

なので矢印キーを右下の空いてるスペース(通称、猿が辻)に置いておけばいいし、HHKB Liteだとそこに矢印キーがある

なぜそれでも置かないかというと、そもそもが持ち運び前提のキーボードであって、少しでもキーを減らしたい、という哲学があるから

はっきり言ってしまって持ち運ばないならRealforceを使えば良く、HHKBを利用する利点は持ち運び前提であるという一点だけと言っても過言では無い

これの大きな理由は、昔はサーバルームでの作業のようにキーボードを繋いで利用するような使い方が前提であった、というのもあるがそもそも哲学によるところが大きい

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースからだ。

いまやパソコン消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

和田先生のこの談話代表されるように、キーボード人間コンピュータと関わるうえで重要インタフェースであるという設計哲学がある

なのでキーボードコンピュータに備え付けられているものではなく、持ち運んで自分の好みのものを使う、ということを推奨している

そのためにもキーボードは使いやすさや打鍵感だけでなく持ち運びやすさを重要視してバランスの取れた設計を目指している

その結果、矢印キー排除するデメリットよりも、排除することで得られる持ち運びやすさのメリットの方が大きいと判断したのだ

左右の猿が辻があるお陰で持ち運びしやすいというのも使ったことがある人なら分かるポイントだと思う

複数持たない

この辺りは賛否あると思うが、馬の鞍であるという哲学に基づけば、PC毎にHHKBを用意したり、自宅と会社で2つ置いている、などは使い方として間違えている

全く同じキーボードであっても、物理的なモノが違えば慣れ親しんだものではなくなってしまうだろう

キーボードを生涯のインタフェースとするなら1つのHHKBを持ち運び使うということを体現して欲しい

ただ最近Bluetooth接続が増えたことや、HHKB BTの出来が良くないことなどもあるため、複数持っている人も多いとは思う

ちなみに、BTモデルには充電池が内蔵されておらず電池駆動なのも生涯使うことを考えているのだろうと思う

足は出さな

これはHHKBに限らない余談になるが、キーボードの裏面にある足は基本的に出さな

首に角度を付けるよりも水平の方が使いやすいのは人体の自然原理

なぜあの足が付いているか、というと実は「キートップを見やすくするため」だ

なのでHHKBの無刻印モデルに足が付いている理由は全く理解できないし、HHKBを使うような人がキートップを確認するとは思えないのでそもそもいらない

とはいえ、昔から足を出して手首に角度を付けてタイピングすることに慣れてしまっている人もそれなりにいるだろうから

自分の好みで出したり引っ込めたりすればいいとは思う

2022-04-13

anond:20220413123102

和田豊阪神タイガース監督就任した際、「ちょっとしたスパイスを加えれば優勝できる」と豪語したため、ネット上では和田豊のことをスパイスという愛称蔑称で呼んでいた。

2013年、そんな彼に2005年から2007年までものまねタレント女性不倫関係にあったというスキャンダルが発覚する。その際に出土してしまったのが以下のメールである

愛しい奈々!おはよー!チュッ(笑)

もう俺と奈々は既に運命共同体となっておりますので、どうか最後までお付き合いください(笑)

明日の晩は抱っこして、腕枕して寝てあげるから

奈々!俺にもチュッは?(笑)

まだお風呂かな?一緒に入ろう! 今度ね!って…もう俺と奈々は、何でもありでしょ?(笑)

また湯船に浸かって、ちょっと恥ずかしそうな顔のかわいい奈々を見せてね! チュッ

 いかにも真面目そう、悪く言えば堅物そうな和田氏が、このような文章を書いたというギャップからネット上では大変な話題となり、スパイスからスパイチュ呼ばわりされた

2022-04-05

anond:20220405124117

いや知らなかったねー。

大石あきこだって、標準左派なりのまともな人だと思ってたわ。

和田春樹のようなソ連北朝鮮幻想がある世代でもないのに、何でああなってしまうのか全く分からない。

2022-03-25

anond:20220325100932

レイプオールラウンドインカレサークルスーパーフリー代表和田さんは4留位してて8年生で

一般早稲田学生とは違ったはず。


近年では新宿歌舞伎町明治大学生がヴォッカ入りレイプカクテル

集団げろ吐き写真が印象的だな。

2022-02-03

兵庫県和田岬駅近く 食事処(ランチ

市場食堂 駅前 和田岬

〒652-0863

兵庫県神戸市兵庫区和田宮通4丁目2−3

078-681-0047

https://g.co/kgs/DMRHdj

おすすめ無難

点勝園

〒652-0871

兵庫県神戸市兵庫区浜山通2丁目3−4

078-682-8129

https://g.co/kgs/WTxrFD

おすすめ


餃子のお店 えんろ(艶楼)

〒652-0864

兵庫県神戸市兵庫区笠松通7丁目2−14

078-671-8089

https://g.co/kgs/qeCgZX

まあまあ。


麺処 㐂りん

〒652-0865

兵庫県神戸市兵庫区小松通2丁目2−15

https://g.co/kgs/4cCzrY

いまいち

anond:20220202202907

そりゃそいつらの客層が女だからってだけの話なんでは

和田さんなんて男からしたら存在すら知らんぞ

2022-02-02

anond:20220202194021

いや定形vs発達でしょ

和田さんは喋りの上手さと行動力YouTuberとして成功者になってて

大量の一般的な稼ぎの定型発達者が発達特有空気読めなくて人の感情逆撫でする部分にキレて叩くっていう

北条かやと一緒

北条かや発達障害だけどテレビ単著仕事バンバン来てて、

でも人の感情逆撫でするから定型発達者たちに袋叩きにされた

anond:20220202153614

和田さんについては「うっかりミス」の頻度が著しく高く、ミスを指摘されるとコメントを削除したりユーザーブロックしたり、

嘘をついたりと「その場しのぎ」的な対応をして、余計に視聴者の怒りをかってしまい、炎上が広がると謝罪文を出すというのを繰り返している。

親御さんが療育に失敗したんやろなあ…

もしくは療育必要性自体理解してなかったか

女性に袋叩きにされている女性和田さん」

和田さん」で検索すると和田さんを叩いてる女性ツイートが山ほど出てくる。

 

ペットトイプードル動画に出て来なくなり炎上

和田さんは3年ほど前に犬を迎え入れたが、多忙で犬を構えない状況が続いたことを受け、実家に預けたなどと説明

ワンちゃんはもちろん、元気で幸せにやっております」とも話していた。

しか1月23日、「この度の騒動に関しまして」という動画投稿し、17日の説明は嘘だったと謝罪した。

犬は一時的実家に預けていたが、実家に元々住んでいた犬と相性が悪かったことを受け、家族と仲の良い知人に引き取ってもらったという。

先の動画での説明と異なることについて、和田さんは「皆様にウソをついてしまい本当にすみませんでした」と謝罪した。

https://www.youtube.com/watch?v=KDW_5nsyd5I

 

化粧品店頭テスターで化粧直しして炎上

化粧品販売している店舗に置かれている無料テスターは、購入前に使用感や色等を確認するためのものだが、和田さんは無料で化粧直しできる場所として利用しているという書き込みをして、

品性下劣」「無料テスターが置かれている目的と異なる使い方」だとして炎上

 

ルクアイベント告知が二転三転して炎上

和田さんが「3/17大阪でどなたでも来れるイベントがあります 17日、皆さんに会えるのを楽しみにしてます!!!!!!!!」とツイートしたが、

実際は事前応募の申込みが必要イベントとあったためファン和田さんに質問和田さんが「ルクア会員になれば誰でも入場出来、会えます」と訂正のツイート

しかし本当はルクア会員になったうえで応募して抽選で選ばれないと参加できないイベントだったため、「話が二転三転して申し訳ありません」と謝罪

告知が適当すぎることについて炎上が広がったため、

ルクアイベントの件につきまして情報が固まってない状態で皆様に伝え、誤解を生み、せっかく会員になって頂いたお客様に大変ご迷惑をおかけしました。」と再度謝罪

 

ファンレターの住所氏名晒し炎上

和田さんファンから届いたファンレターをインスタに掲載

ファンレターの封筒に書かれていたファン実名と住所が完全に写っていたため、

視聴者個人情報が写っていますよ!と注意したが、注意した視聴者和田さんがブロックした。

ファン個人情報晒しと、注意したユーザーブロックしたこと炎上したため、

お客様から頂いたお手紙を映したストーリ動画の中で、個人情報漏洩していたことが判明致しました。

お客様には多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。」と謝罪

 

芸能人メイク分析芸能人の顔への中傷だったため炎上

神田うのさんと渡辺麻友さんの画像を「離れ目をごまかす眉メイク」の教材にして、渡辺麻友ファン女性激怒炎上

 

雑誌掲載されたベースメイク方法が独特で炎上

和田さんが美容雑誌で紹介した①下地→②BBクリーム→③ルースパウダーを手で塗ってハンドプレス→④仕上げにリキッドファンデという独特の手順が

キモい手順」として炎上

 

まり「とうふ」さんに限らずずっと誰かは燃えてる。

和田さんについては「うっかりミス」の頻度が著しく高く、ミスを指摘されるとコメントを削除したりユーザーブロックしたり、

嘘をついたりと「その場しのぎ」的な対応をして、余計に視聴者の怒りをかってしまい、炎上が広がると謝罪文を出すというのを繰り返している。

"特性"ってやつなのかなと思う。

そして"そういう女性"を女性正論で袋叩きにしているわけだ。

女性は"特性"を持ってる人を正論で袋叩きにしがち。そういう生き物なんだよ。

2022-01-29

有名Youtuber和田さん炎上

・3年ほど前に和田さんが犬を買ったという動画をあげてその後ちょくちょく動画に出ていたけど、ある時からぷっつり触れられなくなる。

・犬はどうしたんですかと視聴者から質問される。

・忙しくて世話ができないか実家に預けてるとか、知人に譲ったとか、言うことが二転三転。

・知人のところに行って久しぶりに再会した犬との写真を公開するも、素人がみても違う犬じゃね?ということになる。

・弁明や反論もなく動画更新が途絶える

ということらしい。

 

和田さんが炎上してるという動画を見るまで和田さんという人を知らなかったけど炎上というだけで見てしま野次馬根性

2021-09-30

anond:20210930140749

弁護士和田正が小番一騎の妻と不倫したので和田弁護士事務所に妻と乗り込んで

和田局部を枝切りばさみで切断した、ということでよろしいでしょうか?


プロボクサー慶応法科大学院生、小番(こつがい一騎いっき被告(25)

https://oitachi-ima.com/jiken/4024/

弁護士試験の一次試験合格した程優秀な苦学生だった

妻の南部希美事件当時、慶應大学1年生だったそうです。

東京中野区に築40年の1軒屋を間借りして暮らしていたと言われる二人の暮らしぶりは築40年の部屋を借りていただけあって、狭い部屋で質素暮らしぶりだったと言われています

南部希美は、小中は不明でしたが高校東京港区にある頌栄女子学院高等学校(しょうえいじょし)キリスト教系の私立高校卒業しているが、その偏差値は60とも言われます

一説には、実家家族と折り合いが悪く実家を出る口実になると小番一騎との結婚を決めたと言われており今回の被害者となった弁護士和田さんとの行為も実に短絡的な成り行きで性的関係を結んだ事が裁判でも明らかとなっています

被害者和田さんの、怒り狂う夫小番一騎に対して「同意の上での関係だった」は嘘では無く事実で5回程、自らの法律事務所上司にあたる和田さんとの折り合いを考えて優位にアルバイトとして採用してもらえると言う、忖度を考えての性行為に到ったといとも簡単供述しています

2021-09-21

疑問だけど、ウエーイ系って本当に就活良かったの?

たとえば、早稲田和田さんみたいに、ウエーイ系レイパー民間企業だと「ブラックリスト」になってたとか、そんなことないの?赤い人が、そうだったように。

2021-09-20

これで情痴大学は有名になる

和田大学

低能未熟大学

に負けじと情痴大学として有名になるね。和田サンのことはもう知らない人も多そう。

2021-09-11

anond:20210911104321

まんまジョーカーだな

健常者は自分らの被害主張にはご熱心だが、障碍者への配慮なド一切ない

被害を訴えても「意味が分からない」「あなた妄想ではないですか」

中々被害認定されないのは障碍者だったらどこまでも馬鹿にしていい風土からだろうな

https://www.asahi.com/articles/ASN3S3JSKN3RPTIL02G.html

 県警は今月4日、入院中の男性患者同士でキスをさせたり、トイレで水をかけたりしたなどとして、和田容疑者と26~41歳の看護師5人を準強制わいせつ容疑や暴力行為等処罰法違反などの疑いで逮捕していた。

 捜査関係者によると、和田容疑者を含む計4人は他にも2018年10月~19年9月男性患者同士で無理やり性的行為をさせたり、患者の頭にテープを何重にも巻き付けたりした疑いがある。

鴻巣友季子の時評は何が問題だったのか

 『文學界2021年9月号に掲載された桜庭一樹少女を埋める」を取り上げた、鴻巣友季子による朝日新聞文芸時評に対して、桜庭が抗議の声をあげ、記事の訂正などを求めた(文中敬称略)。

 この問題に関して筆者は「鴻巣友季子の時評は何が問題なのか」に始まる3本の文章投稿した。その後、桜庭の求めに沿う形で、9月1日に朝日新聞デジタル版の時評で文面が修正され、9月7日付朝日新聞本紙および朝日新聞デジタルに、両者と時評担当者見解掲載された。

 この記事では総括として、両者の見解検討するとともに、時評担当者が「期待」しているという「文学についての前向きな議論」のために、この一件にまつわる諸論点を、桜庭鴻巣が直接言及していない点も含めて挙げる。なお、はてな匿名ダイアリー仕様URL掲載可能数に制限があるようなので、最小限に留めている。

見解検討

 両者の主張は、以下のように整理できるだろう。

桜庭文芸時評の評者の主観的な読みは、その読みが合理的であるか否かによらず、実際に作品にそう書かれていたかのようにあらすじとして書いてはならない。

鴻巣文芸時評の評者の主観的な読みは、その読みが合理的であるならば、あらすじとして書いてもよい。

 桜庭は主張の根拠として、そのようなあらすじの書き方が「これから小説を読む方の多様な読みを阻害」し、「〝読者の解釈自由〟を奪」うことを挙げている。

 一方で鴻巣自身の主張を、「あらすじも批評の一部なので、作者が直接描写したものしか書かない等の不文律を作ってしまう事の影響は甚大」であり、「読み方の自由ひいては小説可能性を制限しないか」という懸念により根拠づけている。

 では鴻巣は「あらすじも批評の一部」であるという主張をどのように根拠づけているか。これが不明瞭なのである

 鴻巣は「あらすじと評者の解釈は分けて書いてほしいと要請があったが、これらを分けるのは簡単そうで難しい」と書くが、その後に続くのは、作品創造的な余白を読者が埋めるという、読解についての文章である文学解釈にそのような性質があったとして、それがあらすじと解釈の分離の困難とどう関わるのか、説明されていない(まさかテクストに書いてあることと、書いていない部分から自分想像したこととが融合してしまって分離できないというのだろうか。テクストは目の前にあるのに)。つまり鴻巣は、「書く」ことについて言及していないである解釈批評の一部でしかない。当然ながら、読んだ=解釈しただけでは批評は成立せず、「書く」ことが必要不可欠である。だからこそ桜庭の主張は鴻巣の読みの否定ではなく、「分けて書いてほしい」というものだったのだ。分けて「書く」ことが「読み方の自由」を否定することにはなるまい。そして実際にデジタル版の時評の文面を「修正」できたのだから、分けて書くことはさほど難しくはないはずである

 鴻巣は「合理性」や「妥当性」にこだわりを見せるが、この見解文章がそれらを備えているとは言い難い。また、鴻巣見解を発表する段になっても、そもそも桜庭に何を問われているのか理解していないふりをしている、あるいは単に理解できていない。

 繰り返しになるが、問題は「書く」ことなのだ私小説フィクションからどのように読んでもいいとか、誤読される覚悟もなしに私小説など書くなとか、私は鴻巣評のように読んだとか、信用できない過去語りだとか、あるいは鴻巣誤読しなければこんな事態にはならなかったとか、そんなことは関係ない。どう読んだっていい。批評家が誤読することもあるだろう。批評家が作者の意図しない優れた読解をすることもあるだろう。ただし、自分の読解が生み出しただけの出来事を、実際に作品にそう書かれていたかのようにあらすじとして断定で書くべきではない。

 ただそれだけのことを、桜庭は何度も何度も直接本人に訴えかけた。にもかかわらず、鴻巣がその声が受け止め、真摯に答えたとは思えない。

 この文章を書いている最中に、『現代ビジネス』上に、飯田一史による記事「「少女を埋める」論争が文学史上「奇妙」と言える“3つのワケ”」が掲載された。そこで名古屋大学大学院教授日比嘉高モデル小説研究フロントランナーと言ってよいだろう)は、「作家である桜庭さんの方がTwitter上で『私小説』『実在人物モデルに』と事実立脚している点を強調している」と述べているが、桜庭は慎重に「テクストという事実」と「現実事実」の問題を切り分けている。

(強調は引用者。これは桜庭が声をあげた最初ツイートだ)

(強調は引用者)

 桜庭実存にとって「現実事実」がいかに重大なものであったとしても、桜庭あくまでそれを「テクスト(に書いてあるか否か)という事実」と「あらすじの書き方」との問題の下位に位置付けている。主張の動機と主張の根拠を分けるべきである飯田は、「作家が「トラブルを予防する」ために「事実の側に立つ」点でまず「少女を埋める」はきわめて珍しい事例なのだ」と書いているが、「トラブルを予防する」のは主張の根拠ではなく動機である。この一件を「論争」と表現するのであれば、作家動機ではなく、作家根拠フォーカスするべきであるこの記事のまとめ方に〝私は〟断固抗議する。

 とはいえ桜庭見解にも問題点が指摘できる。それも踏まえて、以下、「文学についての前向きな議論」のための論点を、差し当たり三つ挙げる。 

文芸時評というジャンル

 今回の一件に際して、文芸時評不要説や批評の死が取り沙汰されもした。桜庭ツイートで「批評ではない未熟な文章」などの表現を使い、鴻巣見解において「批評」という言葉を用いている。

 だが、文芸時評批評しかないのだろうか? 文芸時評英語ならliterary review(あるいはbook review)やliterary commentary、フランス語でならchronique littéraireなどと言うだろう。批評critiqueと時評は同一視してよいのか? 批評の要素を備えているとしても、時評には時評に固有のジャンル特性があるのではないか

新聞というメディア

 文芸時評新聞という巨大メディア掲載されている点をどう捉えるか? 桜庭見解において朝日新聞の「影響力は甚大」としている。また桜庭は「これから小説を読む方の多様な読み」について言及するが、「これから小説を読まない方」が時評だけを読む可能性も大いにありうるだろう。あるいは前項と関連づければ、文芸誌などの批評は全く読まないが時評は読むという新聞読者はいるだろう。つまり文学の読者と時評の読者は必ずしも重ならない。

 文学の読者であれば私小説で描かれたことが現実でもその通りに起きたと断定できないと承知しているが(あるいは、そのような認識の者を文学の読者と呼ぼう)、時評の読者がそのような前提を共有しているとは限らない。桜庭新聞の影響力への言及の直後に「私は故郷鳥取で一人暮らす実在老いた母にいわれなき誤解、中/傷が及ぶことをも心配し」たと述べている(繰り返すが「をも」という表記に注意。その一点だけで抗議しているのではない)。今回の問題(ここでは主張の論理ではない、現実現象レベルである)はそもそも、「文学についての」「議論」だけに収まらないものをも含んでいるのではなかったか

 以上の論点を踏まえて、時評担当者見解検討することもできるだろう。

書いてあればよいのか

 桜庭見解は冒頭、「私の自伝的な小説少女を埋める』には、主人公の母が病に伏せる父を献身的に看病し、夫婦が深く愛し合っていたことが描かれています」と書く。鴻巣評の印象を覆すためにあえて母の献身夫婦の愛を強調したのだろうが、このまとめ方については異議もあった。文芸評論家藤田直哉が端的に指摘しているのでツイート引用しよう。

 つまりあらすじに書いてよいのは、「作中の事実であるべきではないか 今回であれば、あくまで一人の人物視点に立って、「私の自伝的な小説少女を埋める』では、病に伏せる父と、献身的に看病した母とが深く愛し合っていたことを、主人公が見て取ります」くらいが妥当なのではないか言うなれば、「夫婦が深く愛し合っていた」というのも、「愛しあっていたのだな」という文字列テクストに書いてあるとはいえ中人物の「主観的解釈なのだから、〈そのような解釈が書いてある〉という形であらすじを書くべきではないか

 あるいは、そもそも事実」と相容れない表現というものもある。極端な例を挙げれば、自分幸せだと信じ込みながらオンラインサロン主宰者に投資し続ける人物のことを「幸せ生活を送り」などと書くのは、たとえ作中に「幸せである」と書かれていたとしても、おかしいだろう。幸せ事実ではなく評価からだ。書かれていないことを想像するとともに、読者は書かれていることについても想像し、評価する以上、書いてあれば何でもあらすじに含めてよいとは限らないのではないか

参考になりそうな文献

 最後に、「文学についての前向きな議論」に役立ちそうな文献を、備忘録も兼ねてリストアップしておく。

2021-09-01

BATTLESHIP(2012)見た

あーあれか。これ元ネタ地雷ゲーム

日本だと紙に潜水艦書いて、対戦するテーブルトップpvpゲームだけど

向こうだとプラスチック製のトイなんだよな

今思うと、嘘報告すればスンツもびっくり!百戦百勝危うからずじゃん!

ホモに肉棒、きちがいにハサミだ

なんで俺うそつかなかったんだろう

ビンゴも。嘘つけばよかった

うーん。俺もう少し人生を賢く立ち回った方がよかったなあ

 

敵方シャチ型ロボがクソダサ

ディテール増やせばいいってもんじゃないと思う

がっくり。がっくりだよ

FUIはそれなりに良かった

後半の旧型戦艦に乗り、爺どもがイキリだして、HM/HRが流れだした所はいかにもな展開すぎた

USA!

 

あとさ!名前忘れたけど、日本側のリーダーミスター.....和田名前思い出せないか和田でいいやもう

卑怯者扱いで笑った

そもそも日本サマーキャンプねーよ

日本銃器撃てねーよ

脚本家でてこい!このほんを作ったのは誰だ~~~~!突っ込んでやりたい。肉棒を。寸尺の

夏休みで暇になった邪魔子供を遠くの州の湖とかの一か月間泊まり込みキャンプにぶち込んだり

金の無い子は学校の日帰りの安いキャンプサービスに行かせたりそういうの風習日本じゃねーから

anond:20201115212244

2021-08-29

続・鴻巣友季子の時評は何が問題なのか

 「鴻巣友季子の時評は何が問題なのか」(https://anond.hatelabo.jp/20210826203711)の著者です。

 非本質的な、《誤読か否か》を議論するコメントが依然として多いので、記事を改めて補論を書きます(文中敬称略)。

 元の記事では鴻巣意見から矛盾を示すために使ったまでで、解釈」という言葉を本文で一切用いずとも問題を整理できるし、他にも鴻巣矛盾を指摘できるのでそうします。

論点整理・集約版

 少なくとも桜庭が問うている本質的問題は、

 「作中に描写がないこと」を「作品に書いてあるかのように読める断定で書いた」こと

 である

 そしてこの点について鴻巣スルー、もしくは無理筋意見を出しているのみである

①27日13時39分

②27日16時43分

 桜庭自身鴻巣との対話をやめたが、外野はこの点について把握しておくべきであろう。

 鴻巣意見無理筋なのは以下ツイートから明らかである

③27日1117

 このツイート議論として成立するためには、「描写がある」「明示的な記述はなく」という仮定客観性を持たねばならない。「主張が正しいか」という検討以前の条件である

 よって鴻巣は、桜庭が言う「直接描写されていないこと」は、主観ではなく客観としなければならない

 ところが③の直前の、桜庭に宛てたツイートはこうだ。

④27日11時6分

 お分かりいただけただろうか?

 鴻巣桜庭の言う「直接描写されていないこと」を「なに」という言葉に置き換え、「あるひとりの読者=作者の主観だ」としている。この矛盾について解決しない限り、鴻巣意見無理筋であり、鴻巣桜庭議論する土俵にも立てない。

 なお、鴻巣は主張が成立しないのだから、厳密には「平行線」ですらないだろう。

 論点整理は以上である

 

 以下、元記事にやや補足しておきます

 テクストに「ない」ことを「ある」かのように書いた(ことが検証できる)あらすじなどという珍妙ものを読む機会がないので、そのようなあらすじを目にしたのちにいざ対象テクストを読み始めた者がどう反応するのか、筆者には確たることは言えないが、あらすじに書かれた鴻巣解釈だけを前提とし、桜庭提示した(あるいは以下で私が説得的に示す「真っ当な」)解釈に思い至りもしない、という可能性はあるだろうと考える。

 それは「読み」が閉ざされたことを意味する。なお、「どこかでおかしいとわかるはずなのでそうはならない」と言うのであれば鴻巣の書いたあらすじが頓珍漢だと認めることになる。

 また、鴻巣Evernoteでは「作品紹介のあらすじと解釈を分離するのはむずかしいことです」と述べていたが、「むずかしいこと」ではなく「不可能な」ことにすり替わってしまった。

 こうしたすり替えをわざとやっているのであれば大した度胸だと感心する。同時に、不誠実な書き手だと評価する。

鴻巣解釈検討

 ついでなので、鴻巣の読解が「曲解であることも示します。(「誤読」とは言いません。桜庭が使わないので。)

 不仲だったころもあったよね、と遠慮がちに聞くと、母は「覚えてない」と心から驚いたように見えた。離婚の話が出たことなど具体例を挙げてみるが、「そうだったっけ?」と不審げになる。それから急に目を光らせ、「人の記憶って、その人によって違うね?」と言った。

 瞬間、母とわたしが同じ過去の〝ある時〟……七年前に最後に会った時のことを思いだしているとわかったが、いま対立するのは不毛だと、「ふーん……?」と目をそらした。

 それから

「もしかしたら、病気になる前は、お互いに向きあってたか性格や考え方がちがいすぎてぶつかってたんじゃない? この二十年は病気という敵と一緒に戦っていて、関係が変わったとか」

 と言ってみると、母ははっと息を呑み、「そう、その通りだ」と大きくうなずいた。

桜庭一樹「少女を埋める」https://note.com/sakuraba_kazuki/n/ne3b7aa29cd58

 「不仲だったころ」は病気になる前は、お互いに向きあってたか性格や考え方がちがいすぎてぶつかってた」を指すのではなく介護していた「この二十年」を指すというのが鴻巣の読解です

 この読解を支持できる方は根拠をつけて教えてください。「病気になる前」であるという解釈をあえて却下する理由込みで。

 なお、この点についてのツイート鴻巣はなぜか削除していますが、ツイートこちら(https://twitter.com/maffumi/status/1431506303784943616?s=20)へのリプライの形でした。(スクリーンショットを見たければTwitterに上げても「私は」構いません。)

 さて、(桜庭言及している)「母は「覚えてない」と心から驚いたように見えた」に呼応する、

 いよいよ蓋を閉めるというときになって、母がお棺に顔を寄せ、「お父さん、いっぱい虐めたね。ずいぶんお父さんを虐めたね。ごめんなさい、ごめんなさいね……」と涙声で語りかけ始めた。「お父さん、ほんとにほんとにごめんなさい……」と繰り返す声を、ぼんやり寄りのポーカーフェイスで黙って聞いていた。

 内心、(覚えてたのか……)と思った。

(Ibid.)

 の「内心、(覚えてたのか……)と思った」も、「不仲だったころもあったよね、と遠慮がちに聞」いたのも、「もしかしたら、病気になる前は、お互いに向きあってたか性格や考え方がちがいすぎてぶつかってたんじゃない?」と言ったのも、すべて〈わたし〉なので、「不仲だったころ」をいつとするかによって、母が「お父さんを虐めた」のがいつだったと〈わたし〉が考えているかも決まる(と考えるのが普通だと思いますがどうですか?)。

 当然のことですが念のため言っておけば、実際にいつ「虐めた」かは、作中世界では〈母〉のみが把握し、〈母〉の心中作品視点は入り込めない。よって問題となるのは〈わたし〉がどう考えているかを、〈わたし視点文章解釈することです。

 私は「不仲だったころ」を「病気になる前」としか解釈できません。よって「虐めた」のも「病気になる前」としか解釈できません。

 困りました。私の読解力がないんでしょうか。解釈自由標榜する皆様、お知恵をお貸しください。

 最後に、本から引用します。

 「テクスト解釈可能性は無限である」と言っても、それは「解釈対象、つまりは焦点を当てるべきもの事実テクスト)が存在しない」ということにはなりません。「テクスト解釈可能性は無限である」と言っても、それは「どのような解釈の試みもうまくいく」ということではないのです。

ウンベルト・エーコウンベルト・エーコ小説講座:若き作家告白』、和田忠彦、小久保真理江訳、筑摩書房2017年、48頁)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん