「富田」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 富田とは

2020-03-01

トイレットペーパー品薄デマ出所人物特定されたというデマ

トイレットペーパー品薄デマ出所富田優史なる人物であるという情報Twitter拡散されている。

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

http://archive.ph/Fh9AY

これはデマである。その理由は↓の記事が簡潔にまとめてくれているので読んでいただきたい。

トイレットペーパー不足デマ発信元はこの人!」→というデマが流れて個人叩きに

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20200229-00165350/



ではなぜ彼が疑われてしまったのか。発端は02/27に配信されたテレビ朝日ANNニュース映像である

https://www.youtube.com/watch?v=3MLKavaaFNw&t=42s

製品品薄の原因として、こんなデマ情報がある、とデマ情報の例を紹介した。

もちろんどこに書かれていたものかは伏せられていたが、その内容が彼のツイートそのまんまだったのだ。

ニュースで紹介された文言をもとに検索した結果彼のTwitterアカウントに辿り着いたのである

ANNニュースでは「(品薄の)背景にあるのは、こんなデマ情報です」という言い方だったが、

つの間にか「出所」が彼であるということにされてしまったようだ。

これは彼のツイート自体も良くなかった。彼がツイートする以前から品薄が発生していたのは冒頭に挙げたyahooニュース記事にある通りだが、

彼は「品薄になる品予測根拠付きでお伝えします」と一次発信者を気取った言い回しをしてしまった。

彼はインフルエンサーに憧れていて、一部から意識高い系揶揄されるようなSNS投稿ばかりしていた。その癖か、自分最初に思いついたような言い回しをしてしまった。

なので実際の品薄の時系列を知らない者からすれば彼のツイートが発端であると受け止められるのも仕方がなかった。

また、彼が叩かれてすぐTwitterアカウントを消したのも悪手だった。

ツイートがなくなったことにより、情報スクリーンショットけが一人歩きしたため「出所」のレッテルを貼られる原因になってしまった(Twitter民に魚拓を取る文化はないようだ)。

彼が品薄の発祥だというのなら当該ツイートはある程度バズっているはずなのだが、拡散されているスクリーンショット意図的か偶然かRT数Fav数が映っていない。

なんとか数字が載っているスクリーンショットを見つけたのだが、その数字RT数19 Fav数23 というとても拡散されているとは言えない数字だった。

彼がTwitterアカウントを消さなければ、品薄騒ぎ起こせるほどバズっていないという証明になっただろうに。

RT数19 Fav数23スクリーンショット

https://i.imgur.com/6codOKt.jpg


ついでに言うと、ANNニュースデマ広めてる人への攻撃意図がないならもうちょっと内容ボカすべきだったんじゃないの?と思う

この件に限らず、テレビニュース番組などでTwitter上の出来事報道するときに、アカウント名とアイコンモザイクかけたツイートスクリーンショットが使われる光景をよく目にするが、

文章検索したら普通にアカウント特定できちゃうから全く意味がないよね。

本件は、テレビ報道と彼のイキりとネット上の悪意が絶妙マッチングしたゆえの悲劇

彼のSNS投稿や住所特定過程もなかなか興味深いので炎上ウォッチャーを自負する人は是非見てみてほしい。

2020-02-23

[]anond:20200223192527

上月城主となっていた寺元生死之助は、陸路から進軍してきた松永軍を相手に防戦していたが、

そこに海から尼子勝久軍勢が到着したので、生死之助はさっと搦手の門を開いて迎え入れた。

生死之助は、鹿之助に対して何事か策を献じたあと、逃げ帰ったていで富田城に戻り、

松永弾正と尼子勝久とで一万余りに攻められては太刀打ちできず」と申せば、

九郎左衛門毛利を頼るしかあるまいと五千の援軍を借り受けた。

元気づいた九郎左衛門は手勢の八千人も連れて城外に陣を構え、そこに尼子勝久の軍が攻めかかった。

九郎左衛門の兵は、先鋒の鹿之助を取り囲んだが、あっというまに蹴散らされ、城門の内に退がるよりない。

城に籠もられると、さしもの鹿之助も攻めあぐねて、その日は退却となった。

翌朝、尼子勝久軍勢を率いて富田城に攻めかかり、

「悪逆無道の尼子九郎左衛門、はやく馬より下りて首を渡せい」と呼ばわると、

九郎左衛門も「小倅ごときに討たれる九郎左衛門にあらず」と前に出てきて采配を振るう

さらに鹿之助が「こののち三声と叫ばぬうちにその方の生命は寂滅する」と挑発すれば、

九郎左衛門さらに怒り「三声は愚か千声万声でも発してみせるわ、我を生け捕る者があるか」と叫んだ。

その声が終わらぬうち、傍に立っていた寺元生死之助が「汝を生け捕るものはこれにあり」と応えるや、

九郎左衛門を馬上より引きずり下ろしてあっというまに縛り上げてしまった。

鹿之助が下知をかけると、八勇士はいさんで敵陣に突進し、

その隙に生死之助は九郎左衛門を抱えて尼子勝久の陣中に転がり込む。

毛利家の河野四郎は薮中茨之助と戦って斬られ、同じく毛利家の来島太郎は荒波錨之助に首を引き抜かれた。

九郎左衛門配下赤星軍八は皐月早苗之助と、田原兵次は秋宅庵之助と戦っていたが、やがて討ち取られた。

その他の勇士たちも各々活躍し、ついに大勝利と相成ったのである

尼子勝久が城内に乗り込むと、生死之助が縛り上げた九郎左衛門を引っ立ててきた。

勝久は「いまぞ天罰の蒙る時節到来」と自らその首を打ち落とした。

兵たちは勝鬨を上げ、民百姓も多いに喜び、尼子家の再興を祝したのだった。

一方で、勝久の父・尼子義久は毛利領内に囚われていたが、

ちょうど正親町天皇即位があり、毛利元就も上洛して献納品を奉ったところ、

義輝公の母君から尼子と和睦して義久を返してやってくれ」と頼まれた。

やむなく元就は頷き、これで尼子毛利は和睦して、義久は丁重に送り返された。

義久と勝久はついに親子の再会となり、また忠臣義士らを集めて労い、

とりわけ功のあった十名、

山中鹿之助

大谷古猪之助

寺元生死之助

横道兵庫之助

早川鮎之助

皐月早苗之助

高橋渡之助

秋宅庵之助

薮中茨之助

荒波錨之助

ここに彼らは「尼子勇士」とされた。

その後、尼子家は万代に渡って栄え続け、尼子のために働いた者はみな立身出世を遂げて幸せ暮らしたのであった。

[]anond:20200223192328

一方、兵庫之助の死体を背負った浮舟は、同じく遊女をしている妹の浮橋のもとに身を寄せた。

浮橋にも愛人の薮中茨之助というものがおり、彼の世話で家を借りてそこで暮らしていた。

ある日、浮舟の夢のなかに不思議な老人が現れ、「白鰻を食べさせれば兵庫之助は治癒する」と言った。

そこで茨之助が白鰻を探していると、川岸百姓たちが集まって騒いでいる。

話を聞けば、白鰻が取れたので売れば十両になるが、他の百姓らは白鰻は神様から逃がせと言うので争いになっているという。

しからばと茨之助は、集まった百姓には一両、白鰻をとった百姓には五両を渡し、半ば奪い取るように白鰻を持って帰った。

それを兵庫之助に食べさせると、すぐさま悪血を吐いて目を覚まし、ひと月もすればすっかり回復してしまった。

兵庫之助は、浮舟を茨之助に任せ、鹿之助を探すために中御門宗教をたずねて京へ上った。

宗教卿へと面会する前に身だしなみを整えねばと床屋へ入ったところ、なんとその床屋は秋宅庵之助であった。

再会を喜んでいる二人のもとへやってきた虚無僧は、何を隠そう高橋渡之助である

この二人は上月城を退去したあと、九郎左衛門暗殺しようと付け狙っていたが失敗し、京まで逃げてきたのだった。

また宗教卿と面会し、皐月早苗之助と会ったことで、鹿之助や古猪之助の消息も知り、兵庫助は大いに喜んだのだった。

さて尼子勝久も、そのころ義輝公の草履取りが鹿之助であることに気付き、

義輝公にそのことを話すと、義輝公・松永弾正はともに驚き、早速、鹿之助を呼び寄せた。

鹿之助は「松永弾正から将軍尼子再興の奏上をしてもらおうと仕えていたのだ」と述べ、涙ながらに尼子再興を訴えた。

松永弾正は感心して、あらんかぎりの軍兵をもって助力しようと約束し、義輝公も松永弾正に勝久の補佐を頼んだのであった。

そこで鹿之助は、兵庫之助に「浮船は京に呼び寄せたほうがいいだろう」と言ったので、

兵庫之助は、茨之助のもとに向かい、浮舟・浮橋を京へと送り、茨之助とともに再び鹿之助と合流した。

ここに尼子勝久山中鹿之助のもと、横道兵庫助や大谷古猪之助らも集い、

松永弾正の三千の兵は陸路から、鹿之助たちは将軍から借りた三千の兵を率いて海路から富田城を目指して出発したのである

ところが、御座船の錨が不思議と重くて持ち上がらないというので困っていたところ、

南蛮鉄の徳蔵」という大力無双の者が一人で引き上げてしまった。

なんという大力無双かと勝久や鹿之助が驚いていたところ、

そこに近づいてきた一艘の小舟から、男がひとり船に乗り込んできた。

怪しい奴とばかり徳蔵が、引き上げたばかりの錨を振り回すと、向こうの男もその錨を掴む。

互いに錨を引っ張り合うも、双方負けず劣らずで決着がつかない。

鹿之助が男の顔をよく見ると、まさしく海に身投げしたはずの早川鮎之助であった。

鮎之助は淡路の岩屋に流れ着き、そこで世話をされて回復したので漁師をしていたところ、

鹿之助の挙兵を聞いて駆けつけてきたということだった。

また鹿之助が、徳蔵の素性を聞いたところ、父は大友家に仕えていた武士だったが、その父が死んだあと浪人していたが、

海賊を退治したことで褒美として船を貰い、それで商売をしていて、このたび尼子の御座船となった次第と言う。

それならばと鹿之助は彼を召し抱え、「荒波錨之助」という名を与えたのだった。

[]anond:20200223191629

日の出の勢いの尼子家は、敵に奪われていた月山富田城まで取り返した。

尼子義久は富田城へ戻り、上月城は鹿之介へと与えられた。

さて、尼子一族には尼子九郎左衛門という邪智奸佞の輩がいた。

その性格のため、もともと義久からまれており、対して鹿之助が重用されているのが面白くない。

そのような心情につけこんだ毛利元就は、尼子裏切り鹿之助を暗殺するよう、九郎左衛門に吹き込んだ。

九郎左衛門は、毛利家の来島徳十郎という者を呼び込み、琵琶法師と偽って上月城に潜り込ませた。

酒宴のときに、徳十郎は毒を盛ったので、鹿之助たちはみな倒れ伏してしまった。

ただ一人、義久の近習の寺元半四郎という者だけが下戸だったので、徳十郎を取り押さえることができたが、

既に鹿之助と兵庫之助は息絶え、鮎之助は見苦しい死体晒したくないと海に身を投げてしまった。

半四郎は涙を流しながらも、急ぎ富田城に戻ったが、

すでに城は九郎左衛門によって乗っ取られ、尼子義久は捕らえられていた。

そこで半四郎は「私はいから生死之助と名を変え、生まれ変わったつもりで貴公に仕えよう」と九郎左衛門に申し出た。

そのとき皐月早苗之助という豪傑が、尼子義久の嫡男・勝丸をさっと抱えて逃げ出した。

この男は、五十人あまりが引いても動かない大岩を、少年でありながら一人でどけてしまったという怪力の持ち主だった。

それを認めた義久が家臣として取り立て、村の名前から皐月早苗之助という名を与えたのだった。

早苗之助を追いかけてきた生死之助は、「私は奥方や若君を救うために偽って寝返ったのだ」と事情を話した。

そこに京の兆殿司和尚が現れたので、若君・勝丸を和尚に預けて、

生死之助は富田城へと戻り、早苗之助は上月城に行くことになった。

上月城に到着した早苗之助は、九重姫に事情説明し、京へ逃れるように言った。

九重姫が「夫の亡骸を捨て置くわけにはいかない」と言うので、

早苗之助は鹿之助の死骸を検分したが、どうも生きている感じがする。

兵庫之助の死体についても同様だったので、「養生すれば助かるかもしれない」と九重姫と浮舟に死体を持たせて逃した。

早苗之助はこれで大丈夫だと、自らは勝丸を追って京へと向かった。

一方で生死之助は、富田城に戻って上手く誤魔化し、九郎左衛門上月城攻めを注進した。

既に上月城にはほとんど人が残っていなかったが、ここに高橋渡之助と秋宅庵之助という二人の豪傑がおり、

生死之助を先鋒に九郎左衛門の軍が攻めてくるというので、城を枕に討ち死にしようと立てこもっていた。

二人の忠義に生死之助は感心し、事情説明した矢文を打ち込み、城を退去して京へ逃れるように言った。

あっというまに上月城を攻め落とした生死之助を、九郎左衛門ますます信用したのだった。

2020-01-30

これは性器大発見なのでは?

「T君」とか「Tさん」って書かれると

田中(たなか)とか

寺田(てらだ)とか

富田(とみた)とか

「た」「て」「と」から始まる名字を思い浮かべがちで

「ち」「つ」から始まる名字だとは思わなくない?

2020-01-14

2020年アニメ1話 雑感想

1話ネタバレ注意

 

ドロヘドロ

原作厨だけど概ね高評価

キャラ3DCG多用していることについて不満の声もあったけど、個人的にはドロヘドロの主役は背景と設定だと思うので特に問題なかった

背景は最高だったし展開も原作通りだった

 

サクサク進むので初見結構戸惑うかもしれないが、ハマればかなりハマる作品

バンバン人が死ぬ割にテイストギャグ多めという、価値観がぶっ壊される感じが心地良い

悪魔設定が好き

 

[声]

二階堂の声は想像より可愛くて違和感あったけどすぐ慣れた

カイマンの声は爬虫類だしどんな声でも正解かつ不正解な気がする

注目は恵比寿cv富田美憂)、作中で多分一番難しい役だと思う

富田さん生き急いでんな

 

種族レビュアー

2020年最大の問題作(確定)

 

地上波限界に挑みすぎ、OPEDはっちゃけすぎ、最高

シリーズ構成ふでやすかずゆき氏で笑った(ミルキィホームズプリパラなど)

 

個人的に実はあまりエロは求めて無くて、考え方の違い・多様性あたりに注目してる

モンむすの時みたいに視聴者厳選展開に期待

 

[声]

リム君(cv富田美憂

富田さん生き急いでんな

 

群れなせ!シートン学園

ギャグアニメ

1話の段階でこれは伸びると確信した

OP情報量が多すぎるのがツボ

けものフレンズ難民救済とか言われてて草

 

原作ありで、既読組的に一番やばいキャラコアラらしく

そのコアラは2話で早々に出るらしいので期待

 

[声]

ヒロン 大狼 ランカcv木野日菜

ほとんどあそびあそばせ華子ワロタ

そして違和感がない

EDの気の抜けた可愛さは最高

 

[スタッフ]

ゾンビランドサガのスタッフがちょいちょい入ってる?

シリーズ構成村越繁さんという安心感

 

推し武道館いってくれたら死ぬ

地下アイドル物のファン視点の話らしい

ただし主人公女性

何かしらのオタクなら気持ちがわかるみたいな話が多く面白かった

 

ところで1話で主人公推しアイドル塩対応されているわけだけど

作者は百合漫画家らしい

まり!?

 

EDはもちろんアイドルが歌う、と思ったら主人公が歌っててワロタ

 

恋する小惑星

2話まで視聴

きらら系の、部活ものの、少しキレイめ系の、ガチ百合って感じ?

ありがとうございます

 

動画工房です

ありがとうございます

ごちそうさまです

 

キレイめ系は結構スルー対象なんだけどこれは行ける(南極は断念した)

ED原画は噂によるとちかっとちかちか書いた人らしい

 

[スタッフ]

監督は私に天使が舞い降りた!の平牧大輔さん

その絡みか、みゃー姉、花ちゃん松本声優が出演している

わたてん視聴済みだと脳が混乱して面白

 

ランウェイで笑って

少女漫画家と思ったらマガジン連載でビックリ

どうやらダブル主人公らしい

構成ストーリーはかなり上手いと思った

2話以降どうなるか次第

 

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

今時珍しいMMOモノ

話はゆるめで、主人公女の子MMO初心者

 

こういうのゲームの設定で突っ込まれがちだけど、個人的にはこういう緩いの大歓迎

可愛いし細かいことはいっか!」って人はイケルと思う

こういうので良いんだよこういうので

こちゲーマーじゃないんだから

 

どうみてもナーブギアみたいな装置を外した時に「ログアウトできるだと!?」でざわつく実況好き

 

ネコぱら

元はエロゲ?

 

自称萌え豚な割にこういうあからさまな萌えアニメ苦手だったんだけど

これはかなり楽しく見れそうな気がする

雰囲気的にはごちうさっぽい?

時代適用した感じかな、かなり微妙バランス取ってる

 

最近こういうので男主人公居るの珍しいよな

 

理系が恋に落ちたので証明してみた。

見る気無かったけど案外面白かった

知的を装ってるギャグアニメって、かぐや様に近いね

こっちはもっとからさまにギャグだけど

 

噂によると教授面白キャラらしいので期待

 

ダーウィンゲーム

殺し合いゲーム

こういうの嫌いじゃないんだけどいつの間にか視聴が止まってしまいがち(4敗くらい)

どうしても新キャラバンバン死ぬから引きが弱くなるんだよね

 

どうやらギルドが組めるらしいのでそこら辺の展開に期待

とりあえず4話くらいまで頑張って見よう

 

斉木楠雄のΨ難Netflix

6話まで見てしまった

 

おっふ、照橋さん の回は1個もなかった

これ原作アニメ化してない部分をチョイスしてる関係で照橋分が減ってるな?

 

もちろん面白かったけど

あと6話で重要な回飛ばしてるけどこれ自分が見逃してるのかな、後で調べよう

 

短い系・他

・八十亀ちゃんかんさつにっき(2期) ひたすらかわいい

・へやキャン

ドラマゆるキャン△

 

前期継続

 

歌舞伎町シャーロック

 

見たけどちょっと様子見

 

・SHOBYROCK

制作変わったのは良いけど、ちょっと不安定

枚数制限かかってる? キャラデザと歌はかなり良いんだけど

トイレの花子さん

かなり評判良いけど、個人的には少女漫画過ぎた

鬼頭明里の演技幅広がっててすごいと思った

 

はてなイリュージョン

こちらも少女漫画過ぎた

 

見てないけど見るかもしれない

 

異世界かるてっと2 (ニコ動待ち)

映像研には手を出すな!(独占、どうしよ)

マギレコード(評判次第、できればまどマギの思い出をキレイに保っていたい)

虚構推理

とある科学の超電磁砲(元信者だが一周してどう向き合えばいいかからない現象

 

迷った上で見ないと決めた

 

ソマリ (話が自分にはキレイすぎると思う)

22/7 (評判良ければワンチャン

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (こういう方面も攻めたいけどモチベが沸かなかった)

・うちタマ (評判良ければワンチャン

・ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 (少女漫画かな)

・へんたつ (最後に一気観する)

 

追記ID 見る

追記虚構推理 見る 可愛すぎる

2019-08-14

とっても仲の良い幼馴染を「名字呼び」していると驚かれる

私   「増田 京子

幼馴染 「富田 真美」

小学生の頃からの仲だけど

社会人になった今でもお互い「名字呼び」をしている。

高校生になった友達のことも名字で呼んでいる。

10年以上も長い間名字で呼んできて、今更名前呼びに出来ない。

一度試したことあるけど、二人とも照れてダメだった。

特に呼ばれる側が耐えられなかった。

お互いに結婚して名字が変わった今でも、名字呼びは変わらない。

旧姓が「あだ名」のようなものになっているのかもしれない。

友達とは、いつまでも増田で居れる。

そのことに妙な安心感がある。

友達のあまりいない旦那に話したら

名前呼びとか、あだ名しろよ」と言われたけれど、断固拒否

子どもはまだ居ないし、別に良いじゃんね。

2019-01-18

anond:20190118180238

睾丸病気で余命数年となったスクールカースト上位のイケメン高校生富田正造

ひょんなことから彼の睾丸を見てしまい、クラスで唯一彼の病気を知ったネクラ高校生・支倉義明

高校生教室、二人きり、何も起きないはずがなく・・・

2018-02-08

橋本ハッシー率は異常

https://anond.hatelabo.jp/20180206205336

橋本高橋ハッシー

吉田吉村ヨッシー

増田マッスー率

牧・槙のマッキー

望月もっちー

内村内田うっちー

矢野のやのっち

北野のきたっち率

宮田のみやっち率

井上イノッチ

松本まっちゃん

松本もっちゃん率 松と本は組み合わせ自在採用率も高く優秀な漢字だな

山下やまちゃん率 山田山田

阿部あべちゃん

福田のふっくん・ふくちゃん率

松田松本松村まっつん

小松こまっちゃん

清水のしみっちゃん率

杉本のすぎもっちゃん率

山本のやまもっちゃん率

藤本フジモン

山口ぐっさん

安田のやっさん率

板垣ガッキー

三木ミッキー

山崎ザキヤマ

富田富永トミー

渡辺のナベ率

田村のタム率

小林のコバ率

木村のキム率

長谷川のハセ率

佐藤佐藤 クラス複数いる可能性が高いか名前側であだ名ついてるか

鈴木鈴木 同上。ズッキー?

加藤加藤

森は森

林は林 ハッシーありそう?

田中田中

中村は、チューソンはないよね。なかむーあたりか

佐々木佐々木

伊藤伊藤

本田本田

東、西、南、北のそのまま率

やっぱり3音以下はそのままで十分言いやすいからそのままのことが多いのかな。

斎藤とか、サイトーで3音扱いだろうし

有名人にその例があるとやっぱりなんだかんだで広まるね。(いや逆に良くある例だからこそ芸能人にもその例が見られるだけか)

2017-09-23

anond:20170922174954

それはさすがに厳し過ぎだろう

富田を「とみた」と読むとかならやばいけど

2017-07-14

松居一代を見て思うこと

失礼だけど、面白い

と思うこともあるけど、個人的には、「自分もこの"ヤバい側"なんじゃないか?」と思う時がある。

野々村議員とか、富田真由子とかは、面白いと思った。笑った。

けど、松居一代を見て、なんとなくこれは未来自分ではないか?と思った。

普段変人ぶってる人とか、自分マジヤバい(笑)とか思ってる人、どう?

松居一代とか見てゲラゲラ笑ってる人、自分絶対こうならないって言える?

注意喚起とか問題提議とかでなく、純粋に、私、こうなるかも、と私は思ったよ。

2017-03-30

徳島珍地名リスト

すごいローカルネタ申し訳ないんだけど。

自由研究自分の住んでいる徳島県珍地名リストを作っている。

全然公開するあてもなく作ってたんだけど、

増田ぐらいがちょうどいいかなと思ったので大公開する。

全然研究じゃなくてただのリストなので、

誰か私より暇な人がいたらぜひ由来まで追加調査してほしい。健闘を祈る。

徳島 地名メモ

由来がありそう系

鬼太郎 〒774-0046 徳島県阿南市長生鬼太郎

髭作り 〒774-0015 徳島県阿南市才見町髭作り

うその口 〒774-0046 徳島県阿南市長生うその口

天皇 〒779-4100 徳島県美馬郡つるぎ町半田天皇

「ネ」と読むのかな系

ソ子 〒771-6403 徳島県那賀郡那賀町木頭和無田ソ子

ナカウ子 〒771-6404 徳島県那賀郡那賀町木頭南宇ナカウ子

「志」だけ漢字

かま志やう 〒779-1401 徳島県阿南市内原町かま志やう

とふや志き 〒771-5413 徳島県那賀郡那賀町蔭谷とふや志き

志んじやく 〒774-0017 徳島県阿南市見能林町志んじやく

いも志屋敷 〒771-6512 徳島県那賀郡那賀町木頭北川いも志屋敷

怪しい日本語

蔵ノホケ 〒779-1101 徳島県阿南市羽ノ浦町中庄蔵ノホケ

響きが汚い系

ドブドブ原 〒771-4101 徳島県名東郡佐那河内村下ドブドブ原

どぶ石 〒774-0017 徳島県阿南市見能林町どぶ石

にくぶち谷 〒771-6118 徳島県那賀郡那賀町岩倉にくぶち谷

ゴミダニ 〒779-5163 徳島県三好市池田町中津川ゴミダニ

難読系

廿歩 〒779-1510 徳島県阿南市新野町廿歩

兀石 〒771-4503 徳島県勝浦郡上勝町生実兀石

築溜枕 〒774-0017 徳島県阿南市見能林町築溜枕

意味不明

ウメン 〒775-0306 徳島県海部郡海陽町櫛川カウメ

チウゲ 〒775-0305 徳島県海部郡海陽町中山チウゲ

コカロト 〒775-0205 徳島県海部郡海陽町吉野コカロト

キロ 〒775-0309 徳島県海部郡海陽町富田キロ

ヲコキ 〒774-0046 徳島県阿南市長生町ヲコキ

ボラ 〒775-0415 徳島県海部郡海陽町相川ボラ

こんそく 〒774-0046 徳島県阿南市長生町こんそく

ふちう 〒774-0017 徳島県阿南市見能林町ふちう

不んでん 〒771-6512 徳島県那賀郡那賀町木頭北川不んでん

ふかんとふ 〒774-0017 徳島県阿南市見能林町ふかんとふ

ハーフ

チノタウ日浦 〒771-6326 徳島県那賀郡那賀町府殿チノタウ日浦

キビケ谷口 〒779-0111 徳島県板野郡板野町那東キビケ谷口

あなたどなた系

恵美子 〒776-0000 徳島県吉野川市美郷恵美子

クララ 〒771-6327 徳島県那賀郡那賀町成瀬クララ

送り仮名おかしい系

松ノ溝ノ下タ 〒771-5516 徳島県那賀郡那賀町大戸松ノ溝ノ下タ

下モ春モリ 〒771-5516 徳島県那賀郡那賀町大戸下モ春モリ

わかりやすい系

川ヨリ東 〒775-0101 徳島県海部郡海陽町浅川川ヨリ東

川ヨリ西 〒775-0101 徳島県海部郡海陽町浅川川ヨリ西

昔はこれがかっこよかったの系

光の大地 〒774-0015 徳島県阿南市才見町光の大地

県民の中では常識

サラダ 〒778-0003 徳島県三好市池田町サラダ

十八女(サカリ) 〒771-5178 徳島県阿南市十八女町

たぶん全部google map確認はできる

2017-03-23

籠池理事長証人喚問 独自採点

10点満点

参議院

山本委員長 会議進行能力グダグダ存在が軽すぎ 3点

西田議員安倍晋三名前を使って寄付金集めたいのが核心」を攻めたのは理解できる。7点

福山議員 質問が散発的であり、追求も甘く、なにしに来たのお前? 1点

竹谷議員 何聞いてたっけ?印象に残っていない 採点なし

山本議員はしご降ろしたのは誰か」で安倍晋三名前発言させたい感がバレバレだったが「大阪府知事しか答えず肩透かし 1点

増田は他の参議院議員は見てないのでブコメにお任せしたい。

衆議院

浜田委員長 淡々と進行を仕切ってくれた印象。7点

葉梨議員 さすが元警察官僚という質疑であるが、それぞれの追求が知り切れで終わってしまう 4点

富田議員 何聞いてたっけ?印象に残っていない。採点なし

枝野議員 さすが弁護士質問が短く多くの情報を引き出した。FAXの中身追求で、更なる証人喚問必要性を印象づける。10

宮本議員 何聞いてたっけ?印象に残っていない。採点なし

下地議員 籠池証言「何らかの政治家の関与があったのではと思う」「安倍晋三名前を使ったのは一瞬だけ」を突っ込んだのは理解できる。最後は籠池が質問をトボケテ逃げたのが残念。7点

2017-03-02

冨田真由事件は闇が深い

冨田真由事件は闇が深い。テレビ印象操作によって「キチガイストーカーによる犯罪」と言うことになってしまったが本当は「告げ口されたことによる恨み」が原因ではないか

http://sonicch.com/244716.html

岩崎くん、冨田さんのファンになる

岩崎くん、プレゼントをもって冨田さんのライブに行く

冨田さん、岩崎くんにtwitterアカウントフォローしてと伝える

岩崎くん、冨田さんのアカウントフォロー

冨田さん、岩崎くんのカウントフォロー

岩崎くん、冨田さんに時計つけてくれてるか尋ねるが冨田さんシカト

富田さん、他のファンから貰ったバンダナを身に着け感謝ツイート

岩崎くん、冨田さんに僕の送った時計もつけてとお願いする

冨田さんスルーしてバンダナくれたファンとリプ交わしつづける

岩崎くん、使わないなら時計を返してくれと冨田さんに伝える

富田さん、岩崎くんからプレゼントを送り返す

岩崎くん、本が数冊足りないと冨田さんに伝える

富田さん、ガン無視

岩崎くん、自分必要ものだけパクるのかと冨田さんに更に抗議を続ける

冨田さん、ガン無視してバンダナくれた人とリプ交わし続ける

岩崎くん他のアイドルに乗り換えてtwitterフォローする

岩崎くんが乗り換えたアイドル岩崎くんにフォロー返す

岩崎くんと岩崎くんが乗り換えたアイドルしばらくリプを交わして楽しむ(岩崎くん平穏期)

岩崎くんが乗り換えたアイドル冨田さんに誘われて一緒に食事に行った様子をアップする

冨田さんも岩崎くんが乗り換えたアイドルと一緒に食事に行った様子を伝える

岩崎くんが乗り換えたアイドル岩崎くんのフォローを外す

岩崎くん、冨田さんから何か言われたのと乗り換えたアイドルに聞くがスルーされる

岩崎くん冨田さんに乗り換えたアイドルになにか言ったのと聞くがスルーされる

めった刺し


この事件冨田真由警察利害関係が複雑に絡み合っている可能性が高い。

冨田真由としては告げ口した嫌な女というのを全国区にしたくないし、警察としては業務怠慢を責められたくない。落とし所としてキチガイに全ての責任をなすり付けるということで終わらせようとしているのではないだろうか。

2017-02-07

小金井殺傷事件富田真由さん叩きがマジョリティ日本

警察反省しろとは何事だ!反省しなきゃいけないのは自衛が足りなかったお前のほうだ!」ばかり

ひどいのとなると「あのまま死ねばよかったのに」「このスレ調子乗ってる被害者に見せてやるべき。自分世間からどう思われてるかわかるだろう」等等

彼らにとっては、被害者叩きが正義なのだ

被害者の悪いところを言ってあげなかったらまた同じ犠牲者が出る」ともっとぶって正当化する。

娯楽でやっているくせに。

いや、被害者叩きを娯楽でやっているからこそ、これを正義ということにして正当化したいのだ。

被害者叩きという言葉非難されるがあえて泥をかぶって世間の言いにくい本音被害者に言ってやる。俺らは憎まれ役を買っているが『被害者叩きガー』という偽善者とは違って俺らこそが正義なのだ」というゆがんだ正義感

偽善者」に対して優越感を感じられて、弱い者(彼らの言葉でいえば最強の弱者)を大勢で叩きのめす快感を得られて一石二鳥

そして、誰かの言っていた通り、人々は「主張する弱者」が嫌いなのだ

じっと黙って涙を流している最中は同情してくれるが、主張をし始めると「感謝が足りない」といってバッシングする

――最近は、じっと耐えて涙を流している最中ですらバッシングしてくるがね!

2016-09-12

守るも攻めるも増田伝統富田で素真盛る目背盛るも真(回文

バンコクに行ったとき

案内してもらった親しい友達に、

あなたなら日本食でしょって言うことで

寿司屋さん連れてってもらったのよ。

まあ、私はせっかくだから

現地のものを食べてみたかったのもあるんだけど、

ご飯の上に鶏肉が乗ったやつとか!

でも、ここはその人に乗っかってみたの。

チャッチャチャッチャラチャッチャチャチャラチャラ

まーもるもせめるもくろがねのーぉ~!

じゃんじゃんバリバリ的な

軍艦巻きよ!

ワカメ軍艦があるとかって

もう独自のゴイスーナシースーの進化よね!

海苔の黒とワカメの黒とかって

彩りはイマイチだけど、

成立しないでもないわ。

でも美味しいの!

自分では、それ頼もうとは思わないけどね。

まあ、冗談よ!JYODAN!

海外アレンジっていいわよね。

緑茶にも砂糖を入れるのはあり得ないけど。

井戸田さんばりに「あまーーーい」って言うわ、ってくらいの甘さ。

日本イタリアンパスタも、

現地の人から見たら、

なんだ、このパスタ!って思われるかも知れないし、

パンツェッタ・ジローラモさんも

マンマ・ミーア!ってお腹減ったって怒るレベルよね、

空腹は最高のスパイスよ!

きっと、たぶん。


今日朝ご飯

おにぎりにしたわ。

久しぶり赤飯おにぎり明太子のやつ。

もう朝はそれでいいの。

デトックスウォーター

久しぶりにピンクグレープフルーツウォーラーしました。

蜜柑買って皮剥くのめんどくさかったけど

作り出したら

楽しくなっちゃうわね。

キッチンに広がる柑橘系香りがいいわ!

朝の目覚めって感じ!

今日は生ゴミの日だっけ。

ちゃんと捨てなきゃ~


すいすいすいようび

今日も頑張りましょう!

2016-05-23

被害者をクソ呼ばわりする高校生

むとうじゅん @FootballerMutoG

玉造c2-C 30代目生徒会長東京学館1-3➡️2-7理系物理小栗旬石原さとみAqua TimezコブクロBEGINが大好き。 切実に運動神経センスが欲しいすぎる爬虫類飼いたい! リムブロオナ禁since5/10 next6/10頑張って我慢する大切な人→@ooooo_xoxo777

Instagram.com/mumumutto

https://twitter.com/FootballerMutoG/status/734580505975349252

むとうじゅん @FootballerMutoG

がち冨田真由くそだろ

性格わるいにもほどがある。

20:03 - 2016年5月22日

https://twitter.com/FootballerMutoG/status/734515295495262209

むとうじゅん @FootballerMutoG

富田さん可哀想だとは

思うけどさ、

ファンの人が本読んでください!

って送ってさ

それでさそのファンの人が

ツイッター

なんで読まないんですか?

読まないなら返してください

ってなって

それで送り返したって言うね

クソ野郎だろ爆笑

15:44 - 2016年5月22日

2016-02-28

死霊術師井上

死霊術師としてのすべては、今は亡き祖母から伝習した。大学では文学部に進学した。これはもともと歴史学に興味があったことと、死霊術師としていつか遭遇するかも知ない事態に備えるためだった。

大学3年生の終わりころ、死霊術師としていよいよその事態を迎えることになった。

ある日テレビを見ていると、旅番組のようなものがやっていて、滋賀県西部の山林地帯をいつも見る芸能人が歩いていた。何の変哲もない番組だった。しかし、テレビを介しても充分過ぎるほどに、死者が放つ霊の波動が伝わってきた。もちろん、普段生活していてもその種の死者の波動を感じることはある。霊波は一般に、腐ったり火葬したりして身体が失われると弱まる。またたとえ身体があっても、時間経過によっても霊の波動は弱まる。人間やその他の生き物は、その場にとどまろうという意志を長くはもちえないのだ。恨みだとか、一般に強そうと言われる意志ですらそうだ。こういうのは仏教的に言うと成仏していくってことなんだろう。魂は残らない。めったには。

テレビで知った、滋賀県の霊波は別次元と言えるほど古く、そして強力だった。おそらく、亡骸がある程度そのままの、古い死体があるのだろう。そして、強靭意志21世紀でも保っている。

死体と強い意志。これが重要だ。死者蘇生の用件を満たしている。そしてかなり古い。

腕試しにはちょうどいい。見つけてしまったらもう止められない。死霊術の行使者として、その興味関心を止めることはできない。

祖母から習った作法で、霊波の質から霊が生きた(死んだ?)時代のおおよその年代を感じとった。520年+-30年前くらい? 手元の『日本史辞典』を紐解く。室町後期? 手が震える。研究室で『国史辞典』にかぶりついた。

その頃の近江一般に長享・延徳の乱と呼ばれる動乱期にあった。守護六角氏討伐のために将軍足利義尚が長く近江に陣を設けていた。どうやら死体はこの時期のものらしい。

私は大学研究室院生の先輩に聴いてその時期の文献を学んだ。また隣りの言語学研究室国文学研究室に行って、室町時代言語やその発音について質問した。かなり難しい。筆談の方がいいかもしれない、と祖母アドバイスを実感をもって思い出した。まさか室町期の死体に会えるなんて。せいぜい行って天保期くらいだと思っていた。古い死体なんてもの時代を遡るにつれて加速度的に少なくなる。祖母明治4年に死んだ男の死体蘇生したことがあると言う。これでもだいぶん古い方だ。室町期の死体なんて、祖母からもきいたことがない。後で聞けば、先輩方は私が卒論室町時代後期を扱うから一生懸命調べていると勘違いしていたそうだ。


春休み近江に旅した。大きなスーツケースを持って。蓬莱なんてお誂えむけの地名だ。山の方に入っていく。山は静かだった。ほどなくして現場に到着した。霊波は強い耳鳴りのような形で私の身体に具現する。こんな古くて強い霊波、他の死霊術師が気付かなかったのはちょっと不思議だ。まぁ波長が合う、合わない、はかなり厳密だから。私にもってこいのチャンスなのだ。私は女ながらオリエンテーリング部で体を鍛えていたから山歩きは結構得意なのだオリエンテーリングなんて全然興味が無かったんだけど、新人歓迎コンパで迎えてくれた先輩方の雰囲気がすごく良かった。サークルでは、大学生なりだけど、人との付き合い方、間の取り方を学べたと思う。高校生の時にはあまり意識できなかった、人間(じんかん)の距離感や発話。

山道から沢に下りる。死体が残った理由が、何となくわかった。日本では死体はすぐ腐って亡くなってしまう。しかし沢下にはぽっかりと、知られざる洞窟が顔をのぞかせていた。多分ここに死体がある。相違ないだろう。もしかしたら近年はずっと埋まっていて、最近になって地震などで再び穴が地表に現れたのかもしれない。だから今まで波動に誰も気づかなかったのかも? 洞窟は沢が近く低温が保たれ死体が保存されたのかも。あるいは永久凍土なんかがあって風穴で涼しいのかも。ま、これを考えても詮無い。とにかく、死体があるのは明らかなのだから

ひんやりした洞窟に足を踏み入れる。かなり急だ。いよいよだ。震えるほどだ。周囲には驚かれるけれど、死霊術の技術は、実は私にとってはとても簡単なものだ。血も継いでいるし、祖母と言う佳き師もあったから。祖母もいっていたことだが、基本的死霊術師は技術的な部分はそんなに問題にならない。むしろ重要なのは、死者と会い、契約する時の対話の仕方だ。死者が生きた時代言語常識を、こちらが把握してしっかり対話せねばならない。そうしないと蘇生に応じないこともあるだろうし、蘇生したい旨すら伝えられないこともあるだろう。死霊を怒らせてしまっては、あるいは成仏させてしまっては元も子もない。死霊術師の実力はここで決まる。このことを上手くやるために、私は大学では文学部へ行ったのだ。もし死霊術師に生まれなかったら、稲の光合成研究をしに理学部農学部へ行きたかった。

洞窟の奥にややひらけた場所があり、その壁によりかかるように木製の箱型の人工物が見える。…ああ、かなり古い牛車だ。小八葉の牛車? 公家が移動手段として用いていたもの。八葉の大きさ、小さい? 大きい? これで身分が大体分かるのだが…肝腎の大きさが、大きいのか小さいのかわからない。そんなの文献に載ってない。牛車なんて初めて見るんだ。そもそも近江に牛車。やや不可解? 足利義尚近江出陣の際には公家近江まで出向いたというから牛車できてたのか? それにしたって牛車で近江まで行くの? なにもかも自信が無くなってくる。

これではだめだ。祖母の言によれば、まずはその人をそのまま、そのままに感じるのだ。先入主観は退けるのだ。牛車の文様が大八葉だろうが小八葉だろうが、なかに居る主こそを見るべきなのだ

精神を澄ませる。霊とは頭の中で会話する。結局、『太平記』のテキストをメインに準備を進めていた。『太平記』は南北朝時代を描いた軍記物で、室町後期には往来物として身分を問わず人々に広まっていた。死体教養がいかほどであっても『太平記』の語調なら大丈夫ではないか、と考えた。とうぜんテキスト変わっているんだろうけど…。

太平記』の文法で私は語りかける。

「私はあなたよりも後世を生きる人間で、その間に人間が語る言葉も変わってしまった。この言葉あなたにどの程度通じるか私にはわからないが、どうか話を聞いてほしい」。ここまでテンプレ国文学研究室富田先輩ありがとう

…牛車がガタガタと動く。御簾が超自然的な動きを示し、内の暗闇をあらわにする。お化けが怖い人はびっくりするんだろうけどもちろん私はそんなことはない。打掛の裾が見える。小袖が二重? そして茶色く干からびた手のひらが…暗くてよく見えない…が、死者に話しかけた段階で幽界との淡いが生起し、この世ならざる強烈なイメージ五感以外から五感を経由し認知される。死体は髪の長い公家女性が見える。平安時代のオカメ十二単イメージがあるけど、それより軽装だ。でも相当めかしこんでいる。この時代人間は小さいしガリガリだな。さぁ、いよいよだ。頑張って蘇生素体になってくれるよう語りかけよう。

「…私の寂滅からどれくらいの時間が経過しまたか?」むむ、なんとかこれくらいなら聴き取れる。うほっ、「太平記読み」専攻の坂田先輩ありがとう! 高校非常勤やりながら大変でしょうけど博論頑張ってください。

「五百有余年でございます。『太平記』を読んであなた時代言葉を学びました」「…私も『源氏物語』で古の言葉の遣いに触れました。」「実は、…今日あなたお話しがあって武蔵国から参ったのです」いよいよ本題だ。

あなたは強い心をお持ちで五百有余年をお過ごしになられました。そして幸いにしてお体も崩れず残されております。私はあなた精神と身体とを結び付かせ、再び現し世に復することができます。再び洞窟の外に出て暮らしてみるのはいかがでしょうか」

「たしかに私はまだ黄泉の食物を口にしておりませんね」さすが公家の娘だけある。当意即妙にこたえねば。「私なら黄泉比良坂をあなたを連れて戻ることができます。」「どうして私を選ぶのです」「あなたのように長らく意識と身体とを保つ例はめったにないことなのです。」実はこれはあまり理由になっていない。死霊術師の衝動説明するには、私には言葉が足りない。彼女が尋ねる。

「当時(筆者注:ここでは現在の事を指す)は死者を供養する作法は未だ仏式を用いますか?」意外な質問だ。自らの供養を望んでいるのか? 「ええ、大分形はかわっておりますが仏の教えは今でも通用しております」「ならば既に死んだ者を私なりのやり方で供養して、意味があるということですね」…あやうく意味を取り損ねるところだった。ちょっと不可解な質問だ。彼女は何を考えているのか。彼女の事を深く知った今になって考えると、これは彼女なりにかなり考え抜かれた、ある種の哲学のようなものだった。彼女の培った供養の作法。そのルールがもし現代で途絶えていたら。つまり仏教現代に伝わらなくて、もし私たちが何か違う祈りの作法で死者を弔っていたら。きっと彼女蘇生に応じなかっただろう。彼女の知っているルール現代でも供養ができる。これが彼女にとって重要だったのだ。

「私は京都六角富小路邸宅がある公家(筆者注:ここでは「こうけ」って読んでね!)に生まれました。大乱(筆者注:ここでは応仁の乱を指す)の後の騒擾の世でありますから、私は近江根拠にする武家の御仁に嫁ぐことになりました。いよいよ渡嫁のとき、牛車が谷に落ちて私は命を落としたのです。嫁ぐことが決まってから武家奉公人生活が如何様であるか、主人が如何なる稟性を持つのか。和歌は読めるのか古典は存じているのか。いつも想像していました。」死霊術師の常識から考えれば、それだけでここまで精神は保てない。私はほとんど確信をもって尋ねた。「もちろんそれだけで想いを保つことはできなかったでしょう。どうして。」

彼女はここで初めて表情を私に感じさせた。「実は洛中で一度彼の人をお見かけ申上げたことがあるのです。私の生家は上って四位の家柄ですから、ふらふらと外にでてもあまり咎められることは有りませんでした。ある日京師が物騒になり武家の人が20騎ばかり邸宅の前を過ぎりました。颯爽と武者を連れていたのが、後々判ったことですが我が主人となる方でありました」え? それだけ。うーん恋愛感情ってわからないけど、そんな単純な感情で何百年も持つのかな? 単純だからこそ長持ちする? わからんね。すると彼女が続ける。

「死んだあとはずっと新しい生活の事を考えていました。武家生活。今まで見知った知識や噂話全てからひとつひとつ、未だ来ぬ時の先をずっと、ひとつひとつ限りなく。一日の起きてから寝るまで衣服の糸先から世情に至るまで。とにかくひとつひとつ。世に現れるであろう現象をすべて想像しうる限り、ひとつひとつ。彼や周囲の人間との交わされたであろう会話をひとつひとつ。彼の人とのありうべき時と出来ごとの全てをひとつひとつ想像していたのです。そうしたら、ええと、五百有余年過ぎ去っていたというわけです。」そうして彼女は莞爾した。私は一発でこの女性を好ましいと思ってしまった。こんな偏執的で叮嚀な思考回路を持った人があるだろうか。この人なら。彼女21世紀平成の世の中で夫となるはずだった人の菩提を弔わせたり、あるいは彼の一族についてその後どうなったか調べさせたりすることは、彼女の心性をおそらく負に傾けることはないだろう。ひとつひとつ彼女には想像したことの自分なりの答え合わせをしてもらえたら。私がそのお手伝いができたら。ちょっと勝手か。とにかく、この人なら大丈夫だ。

好奇心イマジネーションとを併せ持って、平成の世まで意識を有した五条顕子姫の死体は、その意識と共に、こうして私の赤羽マンションにやってきた。

2015-09-03

エルカンターレと同じ

絵柄の可愛い板垣恵介から筆を折るべきだと糾弾されたことでおなじみの富田紀子氏が今度はmacska氏にボコられていた。

天下の集英社作家である富田紀子氏については皆様ご存知のこととは思うが一応説明する。ネトウヨ漫画家である

絵柄こそ今風でないものビーム辺りに載ってそうな雰囲気を醸し出しており、その筆力はバーぴぃ先生なんかとは一線を画している実力派である

当然グレンデールでのSLAPP訴訟についても応援されているわけだ。

この訴訟に関して、現地の日系人慰安婦像理由迫害を受けているという、よしこ謹製デマがある。

以前からmacska氏はブログ等でこのデマ批判しており、今回twitterでも同様の呟きをしていたところ富田氏が絡んだのである

富田氏の著作には祖先戦争犯罪理由迫害を受けるヒロインが描かれている。

そしてなんやかんやあって、富田氏は上記のシーンについてフィクションである旨を改めて宣言させられたというのが顛末である

macska氏は、「事実を基にしたフィクションという体で描いているんだろう、基にした事実を示せ」と迫ったのであるが、当然ないものは示せないのである

そうすると、じゃあさとうふみや氏はどうなるんだという話になる。

エンゼルスのアレはさとうふみや氏の信念に基づく作品であり、氏もまったくの虚構を描いているとは考えていまい。

しか実在大川隆法ファイト出来なければCV子安武人ではないのだから、あの漫画はまったく客観的事実に基づいていないフィクションである

だが、氏は、この作品根拠を示せとは言われないのであるし、言われるべきでもでないのである。皆いろいろ察しているのである

実は富田氏もこれと同じなのである

氏のネトウヨプロパガンダ漫画事実に基づかないのは事実である。だが、それがどうしたという態度が我々には求められている。

さとう氏と違いこちらはヘイトクライムを誘発するのではないかという議論もあろうが、幸福の科学もまたダーウィン佐々木小次郎に対して悪辣な批判を加えているのである

富田氏にとってのエルカンターレが桜井氏であり、釈量子よしこなのである。きょう子はいない。

2015-04-01

子供を持つ人にも、持たない人にも届いて欲しい事実

4/1に投稿しますが、ウソではありません。

自分ブログに書こうとも思いましたが、宣伝目的だろうと罵られるだろうので、増田に書きます

これを特定地域の人に拡散したいし働きかけたいのですが、どうすればいいのかわかりません。

一人でも多くの人の目についてほしい。とにかくネットに流すしか


事の起こりは去年末に、広報されたこちらのニュース

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201412/0007573135.shtml

兵庫県芦屋市新規開発地区小学校建設する方針であると報じられました。

ここはかねてから小学校建設予定とはされてきていたものの、子供人数の上昇の推移などを

鑑みてから建設を決定するということにされていました。

そして、今まさに子供の数もピークを迎えるし、若い世代の人たちを市に誘致しようという

願いで、小学校建設の話が封切られました。

これには近隣住民は皆喜び、良いニュースだと捉えていました。

ところが先週になりこのようなニュースが。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201503/0007862043.shtml

議会が反発をして、建設が中止になりました。

過半数以上の議員名前を連ね、市長に直訴をして、白紙撤回させたというのです。

議員達はこれは市民の声だと言うのです。

では、私たち近隣住民市民ではないのでしょうか。

そして、この議員達を束ねている畑中議員は、こんなビラを号外といって配りました。

https://www.facebook.com/ashiya.hatanaka.toshihiko/photos/a.1421338688166901.1073741828.1421027394864697/1427419907558779/?type=1&theater

すみませんFacebookをしてないとみれないかもしれません。

今月26日には、市会議選挙が行われます

それを前にして、「小学校建設無駄公共事業を中止した正義議員は我々です、反対したクズ議員はこの人達です」

と言わんばかりのビラです。

そしてこのビラは、小学校建設される予定だった地域はいっさいくばられておらず、

それ以外の地域に大量に配られました。

(私の母がその地域に住んでおり、この事実が発覚しました)

やり方が汚いと思いますが、それは別に良いとしてもこの畑中という議員

過去汚職事件を起こしています

http://4.pro.tok2.com/~mat/kawaraban/m0106.html#30

内容としては、古くなった「小学校の改修増築工事」の際に、発注業者から100万円の賄賂を受け取っていたのです。

一方、畑中としひこ市議仲介富田被告から便宜供与を受けた業者は、

市議から「もうけさせてくれるのか」「もうけの半分をくれ」と持ち掛けられた経緯や、

畑中としひこ市議に200万円を渡したときは元助役市議の100万円ずつという認識だったことなどを生々しく証言しました。



その後、事実は認めながら議員は辞職せず、今もずっと議員を続けているという人です。

その人が、「小学校建設には利権が絡んでいるから辞めさせないといけない!」と声高々に叫んで

建設を辞めさせました。

自分小学校増改築賄賂を受け取っているのにです。

この過去小学校増改築にかかる費用は30億円かかったと報告されています

今回の小学校新設費用予算は70億円、そのうち30億円は土地取得費用

建設費用自体は40億円です。

過去増改築に30億円は多すぎやしないですか?

その過去の金額も当然知っていながら、畑中議員は「小学校新設にそれだけ税金を投じるのは税金無駄」と訴えています

その畑中議員HPに掲げている、最優先事項は、「その他の古くなった小学校増改築」なのです。

また賄賂を受け取る気なのかと勘ぐりたくなってしまます

それに、先ほどの号外に載っていた、建設賛成派の木野議員ブログを読んでみると

もともとそんな声かけ自体がなかったというのです。

http://blogs.yahoo.co.jp/urukino07/68372002.html

木野議員も、基本的には建設には反対派であるのに、なぜ、号外には「賛同しなかった議員」として

肩を並べられているのか。

なにかもうやり口が汚すぎて反吐が出ます


建設反対派である無所属の寺前議員

この方も過去事件を起こして議員を辞職しています

http://cat.cscblog.jp/content/0000235533.html

神戸新聞の写しではあります

と、まあ建設反対派の議員さん達が「正義」を自称していますが、

正義でないことは明らかなのですね。

何か、最近はこれとは色が違うと思いますが、保育園地域住民の反対で開園できなかったり

トラブルが多発しているというニュースをよく目にします。

多くは少子高齢化問題から寄ってくるものなのでしょうが

これで、子供を切り捨て、高齢を守っていくのがあるべき姿なのでしょうか。

しばらくはそれでやっていけるかもしれませんが、いつか終わりが来ます

また、そうした時流はなおさらに少子を加速化させていくだけなのではないかと思います

ここまで書いたものの、自分も何が正しいのかはわかりません。

皆さんのご意見をちょうだいできれば幸いです。

2014-08-14

サッカー海外組 ユース年代まとめ


よく出るユース年代海外


海外

玉乃淳    アトレティコ・マドリードY→(トップが降格、EU外枠ルールの関係帰国)→ヴェルディユース→ヴェルディ、徳島

        横浜FC徳島草津引退→カナダで語学勉強帰国時に「Foot!」出演など

高野一也  エスパニョールY→(ホームシックで帰国)→清水Y、大学進学後バルサキャンプの通訳指導。『サッカーキング』、『ワールドサッカーキング』など

篠田悠輔  エスパニョールY→(腰を痛め帰国)→清水Y、富士常葉大学 

松永祥平  シャルケ04Ⅱ(ドイツ4部)→浦和水戸甲府入団テスト不合格愛媛入団半年解雇→ペルシブ・バンドン→グレシック・ユナイテッド(インドネシア)

・沓澤曙    プリマスY(イングランドFL1部)→流通経済大 [読み:くつざわ あきら]

宮川類     アトレティコ・マドリード・カデーテ(U14-15)→同地域の他クラブ(16歳~19歳のチーム)→日本帰国、流経柏高に編入

・金城クリストファー達樹 (JFAアカデミー福島→)フォルトゥナ・デュッセルドルフU-19→福岡



海外未遂組

田中裕人  リーズ・ユナイテッドJYのオファー蹴る→ガンバY、関西大→磐田

比嘉厚平  バルセロナのオファー蹴る→U-19カタール国際で中国人破壊される→柏U-15,18,トップ昇格→秋田山形



海外

富田平    (JFAアカデミー福島→)シャルケU-17→シャルケU-19→オーバーハウゼンU19→清水練習参加→オッフェンバッハⅡ(ドイツ5部)

・古山瑛翔  (JFAアカデミー福島→)ボルドー(ユースでプレーもプロ契約できず)→トゥールーズ、ディジョンとも契約できず→ディジョンBチーム

・湊幸輝    ブレシア(ユース)(将来的な獲得を視野に、15歳がメドか?)→不明

内田将志  サラマンカ(スペイン2部)、ペニャロールB(ウルグアイ)、ラージョ・マハダオンダ(スペイン4部グループ7)等所属の噂→その後、消息不明

古川頌久  ブレシアB(ユース)→川崎ユース→ナシオナル・モンテビデオB(ウルグアイ)

久保建英  バルセロナ・アレビンC→アレビンA

伊藤遼哉  グラスホッパー →バイエルンU15

・タルハニ在哉 エスパニョール・アレビンB

中井卓也  レアル・マドリード・アレビンB

・野中望    (JFAアカデミー福島→)ボナーSC(ドイツ5部)→SCブリュール(ドイツ5部)→ベルギッシュ・グラートバッハ(ドイツ4部)→?

佐藤令治  (JFAアカデミー福島→)モレリアU-20(メキシコ)→トップデビュー

・亀倉龍輝  ポルト(U19?)→ポルティモネンセ(ポルトガル2部) ※代理人テオ・コンスタンティンの息子


特に有望なの

シャルケ伊藤

ドルトムント丸岡(セカンドチーム)

トットナムのサイゴダード

フライブルク木下(セカンドチーム)

バルサ久保

2013-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20130426095323

Yahooや、Googleスパムを直す方法富田貴典)

このレポートが欲しい方は、ここからダウンロードしてください。

http://www.kaigainet.com/seo-spam.htm

そういうのがスパムじゃね?評判悪くなるわけだ。

2013-04-27

富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典富田貴典 Permalink | 記事への反応(0) | 11:52

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん