「シンオウ地方」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シンオウ地方とは

2022-08-12

一応ポケモンを(略)ピカブイ・第八世代アルセウス

カブから最新のアルセウスまで書きます。主に第八世代追記修正しました。

三世代~第五世代anond:20220812150701

第六世代~第七世代anond:20220812184049

カブイ・第八世代アルセウス:ここ

おまけ:anond:20220812194606

7.5世代(ピカブイ):Switch

舞台カントー地方(赤・緑と同じ)

第七世代と第八世代の間に発売された「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ」のことを

便宜上7.5世代と呼ぶ人もいる。ピカブイ限りのシステムもあるので参考程度に書く。

今作からイーブイの声が悠木碧のものになった。これは第八世代でも継続される。

アメ

カブイは一応初代のピカチュウバージョンリメイクしたゲームという体裁だが

ポケモンGOとの連動を強く意識したゲームで、システムにもポケモンGOの影響がある。

ポケモンGOではポケモン博士研究所に送ったときにもらえるアメでポケモンを強化するが、

カブイでも同じようにアメをもらえ、ポケモンレベルとは別に強化できる。

これは本編では導入されなかったが、第八世代では経験値アメという似て非なるアイテムが導入された。

経験値アメはその名の通り経験値が入る。

ポケモンGOっぽいポケモンゲット方式

ポケモンGOでのポケモンゲットはタッチパネルを使ってボールを投げるの方式だったが、

カブイでもそれっぽい方式になっている。

カブイではSwitchJoy-Conを使って投げる動作を行うこともできる。

でも面倒なのでSwitch携帯モードボタンを押す方式のゲット方式にする人が多いと思う。

ポケモンの入れ替えがどこでもできるようになった

今まではポケモンセンターに行かなければパーティを編成できなかったが、

カブイではポケモンセンター外でもポケモンの入れ替えが可能になった。

この仕様変更ソードシールドにも引き継がれている。

第八世代(ソードシールド、BDSP(ダイパリメイク)):Switch

舞台はガラル地方(イギリスモチーフ)。

現在の最新世代。

ダイマックスの導入

メガシンカZワザ廃止された代わりに導入された戦闘中1度だけ使える特殊システム

ポケモンが数ターン巨大化して、その間はわざも「ダイマックスわざ」に変化する。

どのポケモンで、どのタイミングダイマックスを切るかという駆け引き結構好評だったと思う。

また、ポケモンによっては「キョダイマックス」という特別なすがたに変化して、

わざも通常のダイマックスわざとは違う「キョダイマックスわざ」を使うことができる。

システム的にはメガシンカとZわざの折衷のような仕組み。

DLCの導入

今回はエメラルドプラチナウルトラサンムーンのようなマイナーチェンジは発売されなかったが、

その代わりに有償の追加ダウンロードコンテンツとして「鎧の孤島」と「冠の雪原」が遊べるようになった。

前回のウルトラサンムーンが「DLCみたいな内容なのにフルプライスなのはおかしい」と言われていたし、

金も2000円ちょっとで以前と比べてかなり良心的になったと個人的には思う。

オープンワールドフィールドワイルドエリア

ガラル地方にはワイルドエリアというオープンワールドフィールドがある。

ポケモンシンボルエンカウントとなったがあくまオープンワールド「風」なので

別にポケモンに襲われて死ぬ事は無い。後述のアルセウスでは死ぬ

マックスレイドバト

ワイルドエリアにあるポケモンの巣から光の柱が出ているときに、

巣の中にいるダイマックスポケモンと戦うことができる。

倒せばそのポケモンを捕まえるチャンスが与えられ、またいろんなアイテムも手に入る。

これがまた大縄飛びを面倒臭くしたようなゲームで、正直面白くなかったんだよね…

DLC「冠の雪原」で歴代伝説のポケモン出会うチャンスもあるダイマックスアドベンチャーも追加された。

リージョンフォーム独自の追加進化の登場

サンムーンで初登場したリージョンフォームだが、

今回はさらリージョン独自進化を果たすポケモンも現れた。

例えばルビサファで初登場した「マッスグマ」にはガラルのすがたがあるけれど、

(設定上ではガラルのマッスグマ原種なのだという)

そこからさらに「タチフサグマ」というポケモン進化するようになった。

まり従来のマッスグマには進化が与えられないわけだ…そこはちょっと悲しいね

ちなみに伝説のポケモンリージョンフォームが登場したのも第八世代で、

初代に登場したファイヤーサンダー・フリーザーリージョンフォームが登場した。

登場ポケモンリストラ

サンムーンまでに809種類ものポケモンが追加されてしまったので、いよいよ限界が来てしまった。

ポケモンは開発期間がビジネス上の都合で制約がある(ゼルダのように4年も5年も開発期間を裂けられない)ため

全てのポケモンを新しい作品に連れて行くことは今後できないという話だ。

例えばサンムーンで初登場した「ネッコアラ」は最新作の剣盾やアルセウスには連れて行けない。

ただ、リストラされてもポケモンHOMEのようなクラウドサービスには残せておけるため

今後リストラされたポケモンが復活するまでHOMEで寝かせることはできる。

とくせいパッチとせいかく変更ミント

とくせいパッチ使用するとポケモンのとくせいを隠れとくせいに変更できるようになった。

また、ミント性格ステータス補正を別の性格のものに変更できるようになった。

これらによって厳選難易度が落ちた。

正直、とくせいパッチしろミントしろもっと早く実装して欲しかった要素だ。

俺はそういうの疲れちゃったからポケマスやってるよ。

わざレコードの導入

第五世代わざマシン何度でも使えるようになったが、

使い捨てわざマシンがわざレコードとして再び導入された。

わざレコードマックスレイドバトルなどで手に入れることができる。

もちろん何度でも使えるわざマシンも今まで通りある

第8.5世代(アルセウス):Switch

舞台ヒスイ地方(過去シンオウ地方)。

Pokémon LEGENDS アルセウス」は今のところポケモン本編最新作だが、

従来のシリーズとは大きく違っているため便宜的に8.5世代とする。

今作でピカチュウイーブイの声が電子音に戻った。

次回作スカーレットバイオレットでも電子音継続されるらしい。

3Dアクション

なんと今回はポケモン戦闘に入るまでが3Dアクションとなっている。

モンスターボール自分で狙って捕まえられ、相手が気づかないうちに遠くから狙い獲ることもできる。

ただしポケモンプレイヤーを襲うし、プレイヤーの体力が尽きると持っていたアイテムフィールドに落としてしまう。

他の人も言っているかもしれないが全体的にモンハンっぽい。

ヒスイ最初出会うラベン博士も「ポケモンは怖い生き物です!」と言っている。

オヤブンと呼ばれるオーラをまとったポケモン特に強く、プレイヤーはかいこうせんを撃ってくるものもいる。

がんばりのいし

カブイのアメのシステムちょっと洗練させたもの

ポケモンを逃がしたり捕まえたりすると通称ガンバアイテムと呼ばれるアイテムをもらえる。

今作のポケモンにはガンバレベルという個体値的なパラメータが設定されているのだけれど、

ガンバレベルガンバアイテムを与えていくと最終的にMAX(10)まで上昇する。

従来の個体値努力値(ポケモンを倒すと取得できるいわゆる基礎ポイント)を統合させたような仕組みで、

今後はこれでもういいんじゃねえかという気持ちになってくる。

 

他にもいろいろあるけど、正直書き切れないわ。勘弁してくれ。

今日一日一連のポケモン記事だけで2万字も書いて疲れた

一応ポケモンを全世代やってる俺が第三世から第八世代の大まかな変更点を書いてみる(第三世から第五世代まで)

anond:20220811195707

間違ってたらポケモンに詳しい他増田(not順一)が指摘してくれると思う。

書いてたら分量がアホみたいに増えちゃったから今回は第三世から第五世代まで。

三世代~第五世代:ここ

第六世代~第七世代anond:20220812184049

カブイ・第八世代アルセウスanond:20220812213515

おまけ:anond:20220812194606

追記ブコメ返信・補足:anond:20220815093836

三世代(ルビーサファイアエメラルド、FRRG(初代リメイク)):GBA

舞台ホウエン地方(九州地方モチーフ)。

ソーナンス進化前のソーナノが登場したのはこの世代

金銀までとの互換性の消滅

年齢などの要因もあるかもしれないけど、おそらく増田はこれが原因でポケモンから離れたんじゃないかな。

ちなみに第三世から第八世代互換性があるからルビサファからソードシールドポケモンを持ってくることもできる。

めっちゃくちゃ面倒臭いしいつまでできるかわからないんだけど…

この互換切りによって当時リメイクが発売されなかった金銀のポケモンの入手性が下がってしまって、

ホウオウルギアイベント配布以外ではポケモンXDというゲームキューブゲームが無いと入手できない

ほとんど幻のポケモンのような存在になってしまった。

この問題はFRRGやエメラルドで金銀のポケモンが追加で登場することで多少緩和され、金銀リメイク自体も後にDSで発売された。

ダブルバトル

従来のポケモンバトルは1対1のシングルバトルだったが、第三世代では2対2のダブルバトルが登場した。

シングルダブルでは戦略が大きく違ってくるため

シングルでは活躍できないポケモンダブル活躍できる、といったこともままある。

現在公式大会ではダブルバトルが主流。

とくせいの追加

ポケモンがかならず1つ特別能力を持つようになったのが第三世代の大きな特徴。

攻撃力が2倍になる「ちからもち」や戦闘後に何らかのアイテムを拾ってくる「ものひろい」だとか

ポケモンごとにいわゆるパッシブスキルが追加された。

同じ種類のポケモンでも違うとくせいを持っていることがある。

いかくの追加

ポケモン性格が追加され、同じポケモンを捕まえても性格が違うということになった。

性格は25種類あり、また性格は単なるフレーバーでなくステータス補正に影響するため

本気で対戦をする場合は厳選するのが当たり前だった。

複数のすがた(フォルム)を持つポケモンの登場

金銀(第二世代)まではポケモンには性別色違いくらいの違いしか無かったが、

三世代では条件によって異なるすがたをとるポケモンが登場した。

たとえば「ポワルン」は天候によって3種類の異なるすがたに変化する。

ポケモンコンテスト

三世代(及びORAS)と第四世代(及びダイパリメイク)のミニゲーム

ポケモンには従来のステータスの他に「かっこよさ」「うつくしさ」「かわいさ」「かしこさ」「たくましさ」の5つのコンディションを示すステータスがあって、

それぞれの優秀さを競うコンテストポケモンコンテスト

コンテストには1次審査と2次審査があって、ポケモンのわざを見せてアピールする2次審査結構奥が深い。

ダイパリメイクだと音ゲーめいた要素も追加されている。

ほとんどやってなかったから完全に忘れてたわ。

うつくしさを一定以上にしないとヒンバスミロカロス進化できなかったけど

ポロックやポフィン(木の実から作る)を投与しまくればよくてコンテストに出させる必要すら無いんだよね。

やらない人はとことんやらないモードだと思う。

ちなみにミロカロスコンテストが無い世代では「きれいなウロコ」というアイテムを持たせて通信交換することで進化する。

世代によって進化条件の変わるポケモンは数あれど同じポケモン進化するのに進化方法複数あるのはミロカロスくらいじゃないかな?

第四世代(ダイパプラチナHGSS(金銀リメイク)):DS

舞台シンオウ地方(北海道モチーフ)。

シンオウ地方チャンピオンシロナプレイヤーから制作からも人気で、

第五世代と第七世代にも登場するしグッズも豊富。ポケマスでは不遇気味。

追加進化

第四世代テーマの一つがポケモン進化についてで、

今回最初ポケモンをくれるナナカマド博士も「ポケモンの9割は進化関係している」という説を唱えている。

それもあってかこの世代では結構な種類のポケモンに追加の進化が与えられた。

実はこの手の追加進化の大盤振る舞いはこれ以降あんまりなくて(第六世代ニンフィアくらいかも)、

その代わり後述するリージョンフォームなどで追加進化に相当する形態が追加されるようになっている。

わざごとに物理特殊が分けられるようになった

三世代までだとわざのタイプ物理わざ(こうげきを参照するわざ)か特殊わざ(とくこうを参照するわざ)かどうか決まっていた。

例えばほのおタイプなら特殊わざ、かくとうタイプなら物理わざといった具合。

ただこれだと「ほのおのパンチ」のような名前「パンチ」が入っているわざでも特殊わざだったので、

攻撃力が高いポケモンがそのステータスを生かしたタイプ一致わざを使えないということも少なくなかった。

特にゴーストタイプはなぜか物理わざ扱いだったかゲンガーシャドーボールをつかってもそこまで大きいダメージを期待できなかったわけだ。

第四世代からはわざごとにその区分が設定されるようになったおかげで、ゲンガーシャドーボールをメインウェポンにできるようになった。

インターネットを利用した通信交換、GTS(グローバルトレードステーション)

第四世代ではついに世界中の人と通信交換を行えるようになった。

掲示板SNSなどでポケモン交換を呼びかけるようなことももちろん可能だが、

GTSポケモンを預けて指定した条件のポケモンと交換するといったこともできる。

ただし、コラッタのようなその辺にいるポケモンミュウツーのような伝説のポケモンを釣ろうとする子どもが非常に多かったし、

さらにそれに対して改造ポケモンを送りつけるという嫌がらせまであった。

何かとトラブルの絶えない仕組みだが、GTSは今でも形を変えて続いている。

第五世代(ブラックホワイトブラック2・ホワイト2):DS

舞台イッシュ地方(ニューヨーク皇居モチーフ)。

クリアするまで過去作のポケモンが出てこない

なんとブラックホワイトではクリアするまで全てのポケモンが今までに見たことの無いポケモンだった。

追加されたのは総勢156種類。こんなにポケモンが追加されたのは後にも先にも第五世代だけ。

ピカチュウですらクリアするまで出てこない。(流石にアニメでは普通に登場しているが)

ただ、その反動か第六世代では新ポケモンは72種類と控えめになってしまった。

ポケモンデザイン多様性が広がってきたのもこの頃で発売当時はアンチも少なくなかったけれど

今ではなんだかんだで受け入れられている。

シナリオの強化

第五世代の一番大きな変化はシナリオだと個人的に思う。

第四世代まではジム攻略しながら悪の組織を倒しつつ最後チャンピオン戦という流れが確立していたが、

そのパターンが第五世代から崩れ始めた。

チャンピオンを越え人からポケモン解放しようとするプラズマ団の王Nと

彼を傀儡としてポケモンの独占を企むNの養父にしてプラズマ団の真の首領ゲーチスは何かと人気。

今でもキャラ人気が根強いのもこの世代で、ポケモンマスターズというトレーナーに重心を置いたスマホゲーでは

バージョン(季節限定衣装など)の実装イッシュ地方トレーナー特に多い。今のところNは3種類実装されている。

隠れとくせい(夢特性)の追加

三世代でポケモンは各種類1~2種類とくせいを設定されるようになったけれど、

それに加えて特別なとくせいが新たに設定されたのが第五世代

ただ、これは「ポケモンドリームワールド」というゲームと連動する(クソ)ブラウザゲームを遊ばないと捕まえられなかったり

メスのポケモンじゃないと子どもにとくせいを引き継がせられないなどの理由であまりにも入手性が低かった。

特に歴代御三家隠れ特性攻略本やムックポケモンカードのおまけとして限定配布された。

とくせい「かそく」(毎ターンすばやさランクが1段階上がるすごいとくせい)を持ったアチャモ(BW攻略付録)や

とくせい「サンパワー」(天候が晴れの時に体力を犠牲とくこうが1.5倍になるとくせい)を持ったヒトカゲ(ポケモンぴあ付録)

特に需要が高かったが、付録に付いていたコードを使ってももらえるポケモン

アチャモの時はアチャモミズゴロウキモリからランダムで1匹、

ヒトカゲの時はヒトカゲフシギダネゼニガメからランダムで1匹だった。

これらを入手するために攻略本やムック複数購入するガチ勢も現れるなど

かつてなくえげつない商売が行われていたのもこの世代

なお、この手のキャンペーンは「幻のポケモンゲットチレンジ」などにも引き継がれる。

幻のポケモンゲットチレンジ」は期間中ポケモン関連商品を購入すると

貴重なアイテム幻のポケモンなどを手に入れられるキャンペーンで、

加速アチャモなどとちがってお金さえ出せば確実に手に入るので多少は良心的。

わざマシン何度でも使用可能になった

今までわざマシンは使いきりだったが、第五世代からは一度手に入れたわざマシン何度でも使えるようになった。

わざマシンのために周回する必要が無くなったが、その代わり店で入手するわざマシン価格は高騰した。

例えばギガインパクトは90000円もする。

続く→anond:20220812184049

2021-06-26

アニメポケモンがすっかりゆとり仕様

以前のポケモンと言えば、何をするにもどこに行くにも徒歩徒歩徒歩。

徒歩がテーマってくらい徒歩。

それが、前シリーズサンアンドムーン)でサトシはなんと学校に通い始めたもんだから、すっかり冒険色が薄れてしまった。

シリーズ(新無印)でもそれは継承され、サトシには自室とベッドがあり、長距離移動は飛行機高速鉄道バンバンつかう。

先週はイッシュ地方、今週はシンオウ地方目的地に一瞬で到着。

移動先での宿泊は当然ホテル野宿フィールドワークの時だけ。

なぜか。

疑問に思った増田は昨今のサトシ君について調べてみた。そして驚愕事実が明らかになった。

サトシ君は25年のキャリアを持つベテランポケモントレーナー。

マサラタウンを旅立って20年間のフィールドワーク

その間、各地方ジムを制覇し、ポケモンリーグに幾度となく出場。上位入賞多数。

その後アローポケモンスクールにて3年間の専門課程を修了。

課程3年目にはアローポケモンリーグに出場し、見事優勝。

現在はガラル地方サクラ研究所非常勤リサーチフェローとして日々調査研究に勤しみつつ、ポケモントレーナーとしてはガラルリーグ的なものに参戦中。

(ちなみに研究所の同僚ゴウ君は素人コネ採用

すごい経歴じゃないですか。

そりゃあ、移動も飛行機になるってものですね。

すみませんでした。失礼しました。

サトシ先生のより一層のご活躍をお祈り申し上げます!!

2021-02-27

anond:20210227083124

まさにその期待されているシンオウ地方イメージオープンワールド世界観で楽しめるゲームってことでアルセウスが出てるんだと思ったけど、そんな不満なんだ?

ダイパリメイクが来た

純粋に大好きだったはずのポケモンという作品に対して、自分がどういう感情を抱いているのかわからなくなってきてしまったので、長々としたお気持ちを吐き出させて欲しい。

めでたく25周年!という時にこんな文を書いている時点で、自分はもう純粋作品を楽しめてはいない気はするが。

ポケモンが昔からずっと好きだった

ダイパ世代自分は、小学校から帰ったらなんとなくアニポケを見て、DSを開いては夢中で冒険し、兄弟友達と遊ぶとなれば対戦や交換で盛り上がり、夏休みには映画を見に行く。そんなありきたりな日常を過ごしていた。

長くなるので諸々の話は割愛するが、現在自分が今一番好きな作品は何か?と問われたらすぐに「ポケモン」と答える程度には好きだ。まあ、歴戦のポケモンファンたちに比べれば自分ライト層の方ではあるのだが。

でも、最近作品プレイしている時、昔ほどの「たまらなく好きだ!!!」という感覚が無いことに気づいた。

夜な夜な布団でこっそりプレイするほど熱中していたあの頃のような熱量を持てていない。

今も昔も変わらず大好きなはずの作品なのに。

原因を考えてみたりもした。自分公式ターゲットから外れた可能性は高いかもしれないと思った。ポケモンって基本子供をメインターゲットに作られている作品だろうから。でも過去作は変わらず好きだし……まあそれには思い出補正も含まれるのかもしれないけど……自分価値観がそう急に変わったとは思えなかった。

……のである日、「自分が変わったのではなく公式が変わってしまったのかもしれない」と思い、ネットポケモンに対するファンの不満や愚痴アンチ意見などを検索してみた。自分公式盲目になりがちなきらいがある為、何かに気づけるかもしれないなと思って。

結果、それらの意見に納得できる部分が沢山あることに気づいてしまった。

不満点については自分でも整理しきれていないし、ここでは伏せさせて貰う。気になる人は自分検索して欲しい。

それでもやっぱりポケモンが好きだという思いは自分の中にずっとあり続けた。

ゲームなんやかんや楽しみながら追った。GOTCHA!が出た時もリアルタイムで見て泣いてた。

なので今回のポケモンプレゼンツもすごく楽しみにしていたし、この下書きも綺麗さっぱり消すつもりだった。



ポケモン歴史みたいなムービー、単純にワクワクできた。思い出がたくさん詰まってたから。

ポケスナの情報、好きなポケモンたちがイキイキしているのがすごく嬉しかった。

ポケマスの情報。まあ嬉しい。なんやかんやログイン続けてるゲームだし。


ダイパ映像が流れた。時が止まるかと思った。

ついに来るんだ、ダイパリメイクが。

思い出の詰まったシンオウがついにSwitchで旅できるんだ。




???

グラフィックダッッッッッッッッッサ!!!!!!!!!ゲームキューブとかで出たゲームHD版か!?

本当に令和に出る、しかポケモンかい世界的有名コンテンツの本編のゲーム!!!!????

バトル画面もしょっっっぼ!!!これが第8世代?嘘だろ???カブイは別物だったが、剣盾まで順当に進化していったはずであろうグラはどうしたんだよ!!!!8世代同士なら流用しやすモデルとか沢山あったろ!!!!なぜそれをしなかったんだよ!!!何のためにライバルの部屋に木彫りのグレッグル置いた!???

外伝っぽいアルセウスは自社開発!?リメイクが本編扱いになるだろうにそれを差し置いて外伝制作!?

そのアルセウスもアレの後に出したか映像よく見えてるだけで全然CGクオリティ高くないしな!!!

ダイパ忠実再現??じゃあもう3DSダイパVCでも出してろ!!!!!

っていうかそんなに再現に拘るとか言うんなら2画面のハードで出せ!!!!!!

辛い。何もかもを投げ出して今すぐゲーフリ本社に泣きながら殴り込みに行きたい。

自分の好きなシンオウ地方は、多分リメイクでは見られない。

静かで仄暗く、厳かで美しい。

そんな大好きだったダイパ雰囲気を、自分はあの映像から感じられなかった。

15年自分が抱いていたシンオウイメージをぶち壊された気分。まあイメージなんて所詮感性問題だろうけど。



ああ、自分が待ち侘びてた「のちの世代の最新システム導入したダイパリメイク」なんて全部幻だったんだ。

ゲーフリはダイパリメイクなんて作りたくないくらダイパのこと嫌いなんだ。

大好きな作品を作った会社は、10周年当時に「究極のポケットモンスター」なんて銘打って発売しておきながら、その作品思い入れなんて全く無かった。どうせキッズが鬱陶しく絡んでくる作品くらいにしか思ってないんだろう。

新地方にシンオウポケが少なかったのだって、「リメイクへの伏線!」とか例の如く言われてたけど、ただ単にシンオウがゲーフリに嫌われてたからなのかな。

もう何もかもが辛い。

部屋に飾られたポケモンのグッズを見るだけで悲しくて涙が出てくる。

「好きな作品が過剰な改悪リメイクされるくらいなら一生リメイク来ないで欲しい」とここ十数年で何度も内心願ってきたものだけれど、こんな辛い気持ちにさせられると思ってなかった。しか原作に忠実とか言ってるリメイクで。

楽しみっていう純粋意見ももちろん見かけた。正直羨ましい。自分もそう思える人間でありたかった。

リメイクトレーナーデザインを大幅に変えられてないのが嬉しい」「当時の等身っぽいグラで遊べるの良い」「ストーリー準拠っぽいし」みたいな意見を沢山見た。そういう意見も分からなくもない。

でも、逆に「リメイクは別作品から」「パラレルワールドから」と割り切れた方が自分にとっては救いだった。

ぶっちゃけ今の時代に合ってるか?これSwitchで令和に世界作品が出すクオリティじゃないでしょ。


グラしか批判するとこ無ぇのか?って言われそうだけど、ストーリーキャラデザは大きな変更なさそうだから今のところ別に意見は無いので。

自分第一報でまだどうなるか分からないこの時点で軽率に叩くような発言なんてしたく無いけど、吐き出さざるを得ないくらいショックだった。退化したグラもだし、外伝作るために丸投げ外注されたっぽいのとか、諸々。

ゲーフリへの不信感が増していく一方だ。辛い。



……何が嫌かって、こんな気持ちになっていながらも発売されたら結局買ってしまうであろう自分が一番嫌だ。

多分、こんな気持ちになるくらいならコンテンツから離れるのが正解なんだろう。

最初の方にも言ったが、自分はきっと既にメインターゲット層なんかではない。

今の時代の子供達がこれを純粋に楽しんでくれるっていうんなら、老害であろう自分は黙ってこのリメイクを受け入れるし、大人しくDSでDPtをやって過去の思い出に浸る。

どうせつらつらお気持ち述べたって、懐古厨思い出補正でまた何か言ってるわって流されるだけだし。

結局、自分は一回好きになったコンテンツからは完全に離れることなんてできない、どうしようもないオタクだ。

だってポケモンのことが好きだ。大好きだ。だからこそこの気持ちをどうして良いかからない。

公式ポケモン人質にでも取られているような最悪の気分。

純粋に大好きだったはずの作品に、こんな気持ちを抱えて一晩中泣く日が来るなんて。

寝て起きた時、全部夢だったらいいのに。

2017-03-01

[]2月28日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:助六寿司

○夕食:ご飯、納豆(二つ)、減塩野菜たっぷり味噌汁フリーズドライ)、春の15品目サラダベーコンポテトの焼いたの、ツナ缶

調子

はややー。

ちょっと仕事の進むが非常に悪い。

難しいとか、仕様が緩いとかでなく、単純にやる気が出ない。

まあ、こういう時もあるので、貯金してある仕事を吐き出しつつカバー、まあ今週はスケジュール的にも助走期間だから貯金を完全に吐き出さないように考慮しつつ、適度に仕事をしよう。

DS

世界樹の迷宮

12Fをウロウロ、あんまり進まなかった。

3DS

すれちがいMii広場

すれ違い株トレーダー目標の全アイテムコンプを達成。

長かったー、半年ぐらいやってたんじゃないかな? 去年分はこの日記になぜか書いてなかったからわかんないけど。

面白いとか面白くないというよりは、義務感が強かった感じだけど、さすがに達成感あるな。

勇者食堂探検隊は二周目が始まったばかりで、迷宮はまだまだまだ先が長いし、合戦はやる気でないし、ガーデンは難易度高いしと、最近すれちがいMii広場全体に飽きてきたな。

バッジとれ〜るセンター

確認のみ。

ポケとる

ユクシー捕獲

エムリット捕獲

アグノム捕獲

クレセリア捕獲

こんだけ毎日ポケモンのこと書いてるのに知識が足りないことを書くのは若干恥ずかしいんだけど、未だにこのシンオウ地方エスパータイプ準伝説三匹の個性名前と絵が一致しない。

ぼうぎょとくぼうが高くて黄色くて目をつむってるのが、ユクシー

こうげきとくこうが高くて青くて三角髪の毛なのが、アグノム

能力値は三匹の中ではバランス型で赤くてツインテールなのが、エムリット

……あってるよね? 自身ないなあ、対戦でも滅多に当たらないもんなあ。

iPhone

ポケモンGO

レベルはあがってないけど通勤経路でちょこちょこプレイ

ポケモンコマスター

ログボで久々に4連。

びっくりするぐらいしょぼくて、何が出たか書く気力すらわかない。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん