「偏狭」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 偏狭とは

2019-11-07

[] #80-1「人は簡単に変われる」

人はそう簡単に変われないとはいうけれど、弟から言わせれば楽勝らしい。

事の発端は数週間前、俺たち兄弟課題のために最寄の図書館へ行ったんだ。

今日資料集めをそこだけで済ませるってのもどうかと思うが、あながちバカにできるものでもない。

偏狭な馬面教師を満足させるのに、こういう場所にある本は都合が良いのさ。

兄貴課題って何?」

「『社会科学における価値判断と、その真理妥当性』だ。著者は忘れたが、そんなことを言及している本があったはず」

「うげえ、テーマを聞いただけで吐きそう」

「慣れれば吐かないさ。或いは吐くこと自体に慣れる。船酔いと一緒でな」

「そこまでして乗りかかった船にいたくねーよ」

だが、そこで降りてしまえば、後で確実にコウカイするだろう。

あのシマウマ教師の補修をやり続けたら食道がんになる。

少なくとも壊血病は避けられない。

「ところで、お前の船はどうなんだ。まさかテーマすら決めてないのか?」

「見くびるなよ。テーマは『この国が抱える借金を誰が払うべきか?』だ」

「ほう、如何にも大人が喜びそうなテーマだな。だが、お前的には“吐きそうな話”じゃないのか、それ」

「胸焼け止まりから大丈夫

しかし弟は学校も学年も違うので、教師偏狭でもないし馬面でもない。

課題をこなすことに大したプレッシャーがなかった。

「弟よ、お前さっきから“ま”の段落ばかり探しているが、パソコンで調べたりしないのか?」

必要ないよ。こういう本は『マンガで分かる~』で統一されてるんだから

「……まあ、お前の課題だ。好きにするがいいさ」

弟は結局、目ぼしい本がなかったようだ。

或いは見つけたものの読む気力が失せたのか。

トイレに行く」と図書室を出て行き、しばらく戻ってこなかった。

…………

弟が戻ってきたのは、それから1時間ほど経ってからだ。

俺の資料集めも丁度ひと段落ついたところだった。

「本、借りたんだ」

外国の本だから読み解くのに時間がかかりそうでな。翻訳問題なのか、随分とクドい書き方をしてあるんだ」

「なんでもいいから、用が済んだなら早く帰ろうよ。あそこの肉屋ハムカツ食ってからね」

「その意見には賛成だが、自分の分は自分で買えよ?」

ケチケチすんなよ。いま金欠なんだよ、俺」

「お前の小遣い事情なんざ知らん」

急かす弟に促され、俺はゆるりと帰り支度をはじめる。

バイトしてるんだしさ、ハムカツ位おごってくれてもいいじゃんか」

「お前にハムカツをおごるためにバイトしてるわけじゃ……ん?」

ふと弟の手元にある小さな本が目に留まった。

つの間に借りたんだろうか。

「お前は、その本を借りるのか?」

「えーと……これは買ったんだ」

「なんだそりゃ」


俺たちが利用した図書館ビルに備え付けられた一角であり、他にも様々な施設存在した。

間借りできる部屋もいくつかあり、そこで何らかのカルチャースクールだとかセミナーがよく開かれている。

まり弟は本探しに飽きて、トイレに行くと言いながら辺りを散策していたんだ。

で、やっていたセミナーに体よく引き込まれ挙句講師の自著まで買わされた、と。

いくらしたんだ、それ」

「……1000円」

ハムカツを腹いっぱい、レモンソーダと一緒に味わえただろうな」

本のカバーは無地で飾りっ気がなく、淡白フォントで『誰でも出来る自己改革』と書かれていた。

安っぽい自己啓発にありがちなタイトルだ。

紙質は粗悪ではないようだが、安価メモ帳よりはマシってレベルである

こんなもの買わされる弟も情けないが、ガキ相手に売りつける方も大概だ。

「あ、でも近いうちにまたセミナーやるらしくて。その時に返してくれるらしいんだ」

「ふーん……ん?」

弟がそう言った時、俺はそのセミナーの言い知れない違和感を覚えた。

だが俺は自分課題で手一杯だったのもあり、そのことを深く考えなかったんだ。

あの状況で、弟におごるのが癪だったってのも勿論ある。

「じゃあ、それまでハムカツなしの人生を送るんだな」

「えー!?

から何の気なしにそう答えてしまったんだ。

いま思えば、ハムカツ代を半分くらい出してやるべきだった。

次 ≫

2019-10-28

献血ポスターホッテントリさせるお前らは、ほんとに女心がわかってねぇ

女は取り繕ったり屁理屈言語化するの上手いんだから相手にしなかったらいいんだよ。

だいたいツイフェミやはてフェミなんて腐女子率高いんだから根っから嫌悪排除主義者って多いんじゃね。

普通に理解しがたいが、左右固定だの逆CP地雷だの自分勝手妄想ですら

自分オナニーネタと違うもの本来存在を許したくない偏狭な生き物なんだぜ。

2019-10-22

anond:20191022131107

Not for meだからという問題ではありません。

男女平等ランキング110位と極めて強い女性差別がある国で』『赤十字という公共性の高い団体が』『女性性的な魅力を押し出しポスターを掲げることで』

所詮、女の体なんて性のためにあるんだ」という既に社会にあるメッセージを強調してしまい、男女平等ランキングが低いという状態再生産してしまって国際社会から批判を浴びる以上、

「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐ国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」と前文に掲げている日本国憲法違反しているか絶対に許されるべきではないのです。

2019-09-23

非表示ユーザーが数え切れないほど多い

以前誰それを非表示にしているというリスト増田であって、自分もやってみようかと思ったがとにかく非表示ユーザーが多い。

非表示ユーザーリスト化するようなツールでもなければとてもやっていられない。

最近ではようやく減ったが、はてなを始めた頃は一エントリごとに数十人が非表示になる始末だった。

このNG濫用エコーチャンバー推し進め考え方を偏狭にするからよくない、という意見は分かる。しかし愚にもつかないコメントを読まされる不快感やそれに伴う徒労は如何ともしがたい…

結局党派性に凝り固まった人間が多いので、結論自分意見と合わなければ、どんな論理でそれが導かれたかなど一顧だにせず否定するブコメが多い印象

2019-09-03

anond:20190903120319

娘には娘の尊厳があるんだ。

「娘の尊厳」といいながら、見知らぬ他人尊厳人権を踏みにじるのか、お前は。

そして俺は親だ。

俺は娘を守らなきゃならないんだ。

お前が守ってるのはお前の中の偏見であって娘ではない。

しろ偏狭人権侵害の蔓延社会を娘に残すことのどこが守ってるというのか

わかってくれ

分かる気はない。お前が分かれ。他人の痛みを。

2019-08-19

anond:20190819161655

SF特集別冊宝島で知り合いのSFファン偏狭さをコケにする記事を書いていた。SF自体への知識が薄く他のライターに負けるからそうなったんだろうが。

そう考えると、ずっとそういう路地の隅で蠢く虫のようなライター人生かも知れない。

そしてそういうライターは結局、この商売をするしか無くなると。

2019-07-08

ポリティカルコレクトネス多様性は相性がよくいが、偏狭正義感多様性は相性がよくない。

ポリティカルコレクトネス偏狭正義感批判できることが多様性を維持することにつながる

積極的自由偏狭正義感に陥らないことが大事である

しかはてなを筆頭にインターネット偏狭正義感に満ち溢れている

2019-05-23

[]

久々にこっちで雑感。

ツイッターとかの明示されたアカウントで語るには取り扱いに困る、そんな話をしたかったのが理由。「お前は敵がつくりてぇの?」って聞かれたら、作りたくもないし、作る意義もないからね。とはいえ、やっぱり語りたくなる。今回の『青のフラッグ』の44話には、そういったパワーがある。

各々に考えがあり、理由がある。そこに普遍的な是非を求めることの危うさ。

いやあ、ほんと。本作は漫画という媒体で、どこまで多元的な考え、人格描写するつもりなんだっていう。面白いかっていわれると、愉快ではないんだけれども。安楽椅子状態での会話がメインって絵的には面白みが薄い。どうしてもセリフばっかりになるし、読者側にエネルギーを要する。しかも本作はスッキリしない。わかりやすく間違っている人間に対して、正しいことを言って溜飲を下げるだとか、そういった明瞭な快活さを与えてくれないのでストレスたまる。それでも評価せざるを得ない話ってこと。

本作は各々が自分なりの考えを持っていて、そこに明確な是非を要求すべきじゃないってのを逐一訴える。今回の女子高生二人の言い分も間違ってはないんだよね。むしろ現代社会の通念上は、正しい寄りの考えと言ってもいい。じゃああの丸刈り君は偏狭性差別者で、“普通じゃない、間違っている人間”なのかっていうと「ちょっと待った」ってなるわけ。私も同性に痴漢されたことはあるからからなくもない。そういった経験から来る嫌悪感普遍的な通念では拭い去れない。読者の中には今回の話を読んでなお、あの丸刈り君をただのクソ野朗で終わらせる人もいるだろうけれども、作中ではそれこそ狭量ではないかと指摘しているようだった。

安易善悪二元論の懐疑。ああいった問題で、正しいだとか間違っているだとかの線引きで考えたり、分かりやす悪者を作り出すことの危うさを作者は知っているんだと思う。作劇として見た場合言語化しすぎてて読み味も良くないんだけれども、本作はそういうのを妥協したくないんだろうなあ。『鈴木先生』を思い出す。大衆が受け入れがたい、スッと入ってこないであろう考え方を大げさに、だけど真っ向から長々と語る。

「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ」は名言でも正論でもない。

「好きって感情はいいけど、嫌いって感情ダメ」みたいなセリフが劇中に出てきて、私は「うげえ、また“ツギハギ論”かよ」って思った。「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ」。『ツギハギ漂流作家』という漫画打ち切り間際に描いたあのセリフ。あの漫画顛末を踏まえた場合逆ギレじみた言い分に近い。けれども、なんだかセリフだけ一人歩きしてしまって名言になった。なってしまった。だから私は“ツギハギ論”って呼んでいる。実際このセリフ安易引用する人間の主張にはツギハギ感があるので、その点でも“ツギハギ論”って呼び方は適格だと個人的に思ってる。

で、ちょっとウンザリしたところで、「好きって感情は良い感情、嫌いって感情は悪い感情って考えは雑すぎる」といった指摘が入る。ああ、そこも言語化ちゃうだっていう。もう完全に私はこの作品に踊らされている。「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ」の歪さを分かってる。あのセリフが憚って10年以上も経っているのに、まだあれを正論だと思っている人がたくさんいる。あれが大した理屈じゃないことは、好き嫌いについて向き合っているのなら自ずと分かるはず。けれども、好きなもの他人に嫌いだって言って欲しくないという自己保身のために、あのセリフを都合よく使う人は後を絶たない。

好きという感情肯定する以上、嫌いという感情肯定しなきゃ辻褄が合わない。まあ、肯定否定個人感情によるところも大きいので、各々がどういうスタンスをとるかまでは是非を問えないけれども。そのせいで、意見の不一致による衝突は出てくるし、それを避けたいのも人間本能だしね。だからだって、こういう話は後腐れのないところで書く。とはいえ感想書きは、結局この“好き嫌い”を様々な言葉で紡ぐ表現手法の一つなわけで。好き嫌いのものを、片方だけ是としたり、有耶無耶にしたりすると評論としてはむしろ信頼できない。

とはいえ、これを完全に理解するには面倒くさすぎる。

そんなわけで評価はしているけれども、本作はかったるい。言語化しすぎというか、野暮ったいセリフ選びも多い。セリフの少ない場面とかはすごくエモいだけに尚更そう感じる。エンタメという枠組みで見たとき、あれは愉快な描き方ではないし、上手い描き方でもない。「悪役が何かエグいことをやっている」だとか、そういう“エンタメ的には良い不愉快さ”みたいな意味ですらなく。飲み物なしでビスケット食っているみたいな感覚

例えば、同サイトで読めるのだと、『さよならミニスカート』は分かりやすい。あれは良くも悪くも複雑じゃない。いや、人によってはあれでも余剰過ぎるくらい複雑かもしれないけれども、訴えていること自体はすごくシンプルなんだよ、あれは。基礎的なジェンダー規範を取り扱って、それをテーマにしている作品。様々なマンガで、以前から脈々と語られてきたジェンダー論をメインに、現代の人たちに刺さるようドラマティックにリブートしている。だから陳腐とまではいわないけれども、やや表層的ではあると思う。ああいったテーマを多側面的に考えたことのない、一般大衆向け。それ故に刺さりやすいし、読み味も良い。『青のフラッグ』もウケてはいるけれども、作者が想定しているであろう理解力の読者はそこまで多くないと思う。

その点で『さよならミニスカート』は多くの読者に色んな意味で優しい。まあ、テーマ的に何かすごいことをやってる~みたいに持てはやしだしたら危ないと思うけれども。『サウスパーク』とかで登場する、ソーシャルアジェンダに踊らされた大人たちみたいになってしまう。「私たちはそういうのに理解があるよ」といったスタンスゴリ押すことに一切疑問を持たない、実際のところ無理解人間。「社会正義から」、「一般の善良な考えだから」といった、誰かがあらかじめ作っておいた前提で理屈を紡ぎ出す。だから一見すると尤もらしいんだけれども、ちょっと小突かれただけで論理破綻してしまう。

とはいえ、そういった指摘をフィクション世界でわざわざ言語化しても、ほとんどの人はそこまで様々な視点から物事を考えないので伝わりにくい。一般社会の善良そうな考えで生きれば支障はまずないから、考える必要がない。むしろ考えすぎて自我袋小路に入ってしまうこともあるからちょっと無思慮なくらいが丁度良いまである。色々考えていたとしても、個々人の規範一般社会規範をすり合わせる他ないから。『青のフラッグ』のセリフからとるなら「お前は敵がつくりてぇの?」となる。私は御免こうむるし、多くの人も「そんなつもりはない」と言うはず。自覚しているか、実際の行動と矛盾しているってパターンは多いけれども。敵味方っていう構図の作り方が、そもそも履き違えているのを大体の人は分かっている。前提を共有をしていなければ主張の押し付け合いにしかならないし、かといって論理ゲーム本質から遠ざかっている。

そんな感じで、私の中でもまとまっていないので、ここで雑感は終了。ここまで語っておいてなんだけど、こういう特定作品を基に社会論をアレコレ語るのは、どこぞのサブカルくそ野朗みたいで我ながらアレだと思ってる。自分ツイッターじゃあ、絶対こんなこと呟けない。あれこれ考えてしまうから吐き出して解消したいだけで、漫画もっと気楽に楽しみたい派。ぶっちゃけ私は『むとうさとう』レベルの軽いノリでジェンダー取り扱ってる漫画の方が好きだ。

2019-05-06

anond:20190505203637

元々「コレクトネス」に「偏狭キチガイ主観」という意味が込められてるの分からないのかな

2019-04-29

anond:20190429004305

彼らは彼らなりに体験から得てるでしょ

性交至上主義に偏っててそれはそれで偏狭

2019-04-15

anond:20190415095548

君や一部の偏狭性差別主義者主観を「社会的傾向」と言い換えてるだけだね。

論拠を提示せよ。提示なくばそれはアンタの思い込み

強制」とか「性差別」とかを感じるレアな事例を一般側に拡大してもろともにぶん殴ってるだけ。

これも同様。定量的ものを含めて「レア」と言い切る論拠を提示せよ。提示なくばそれはアンタの思い込み

anond:20190415095115

いや、規定するのは俺でも俺の意思でもないから。だから偏見だってのも俺に問われてもなあ。

これもそう。俺の主観社会的傾向を混同しなさんな。

君や一部の偏狭性差別主義者主観を「社会的傾向」と言い換えてるだけだね。


それに「普通AVの出演契約に「強制」も「性差別」もねーし、訴えでた奴も眉唾もん」ってのは、

アンタの知ってる話を一般則に拡大してるだけだぞ。そもそも普通」って何? 辺りから突っ込まれるだけだと思うが。

これも同様。

強制」とか「性差別」とかを感じるレアな事例を一般側に拡大してもろともにぶん殴ってるだけ。

2019-04-03

けもフレに寄せて――俺はどんな駄作も良いところを見出し評価する

それがアニメオタクというものから

 

 

 

アレ嫌いコレ嫌い、と否定で生きてる人間は可哀そうだ

彼らは勝手自分で作ったルールで自らの幸せを見失ってる

作品を縛るのは彼らの偏狭なモノの見方

 

一方から見ればクソみたいなアニメ、彼らのポリコレ違反したアニメだろうと

もう片方から見れば良アニメ それが変えがたい現実

 

  

 

俺は器の小さい男にはなりたくない

能力が無かろうと肯定してあげる、それがけもフレ1の精神だったはずだ

  

からけもフレ2も全力で肯定したい

もちろん、ケムリクサもだ

2019-03-23

リベラルがどうだとか保守がどうのこうのよりも致命的な問題

自民が一強な事も間抜け野党がこのまま終わるのも

したことだけど大したことじゃないんだよ

はとぽっぽ間抜け無能だと揶揄したって

当人は裕福に暮らし人生終えられる訳だし

 

野党私たち意見を汲み取ってくれないか

政権取れないってのも正しいけどお門違いで

彼らは彼らなりの偏狭主義を守って衰退してるだけで

そもそも私たち意見なんてものを反映させる義理政党としてはないだろう

だまくらかして票集めくらいはするだろうが

政党ってのは自分たち主義の元、集まるもんだろう

 

悪いのは全部若者なんだよ

ここでいう若者ってのは上の世代が全部悪いってのを常にほざいている全ての世代だけど

 

私たち意見とやらを政治に反映したいというのなら

自分たち政党作ってやらなきゃいけなかったのに

与党が悪い野党が悪い、前の世代が悪いと喚き続けて何十年なにもしてこなかったか

なんの力もない世代が続いている

失われた何十年政治バージョンってとこだ

 

根本的に老人に甘えてるよね、私たちにも振り向いて~って媚び売りつつ

なんでもかんでも世代が悪いって体のいい言い訳に使ったり

2019-03-13

anond:20190313181423

だったらアニメにも性的描写なんてないんじゃないですか

偏狭受け手の人が女性身体勝手エロいと思ってるだけで

2019-02-04

anond:20190204155759

「全文読んでもアウト」って思うのが多様性を重んじない偏狭多様性主義者

兎に角与党を叩きたいサヨクモドキだけだから問題なし

2019-01-01

anond:20190101213848

絶対的偏狭とは言えないだろうが、受け入れてくれない人と比べた時に受け入れてくれる人の方が寛大と考えるのは自然では

セクシャル話題に限らず

それを言い換えたら相対的偏狭ということになって別に変じゃないと思うが

他の論点では元彼の方がこの人の今の夫より寛大ということもあり得るだろうし突っかかるような話かこれ?

anond:20190101012656

カムアウトを受け入れない男は偏狭だと言いたいがごとくの増田

2018-12-29

そもそも作品が嫌いなだけで敵って考え方意味不明だし

相手ファンをそんな偏狭性格だと決めつけてるほうが失礼じゃないの?

2018-12-27

どうかみんな見てほしい。私刑ということ、世間というもの

「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。 」

日本国憲法31条に明確に規定されているこの言葉は、いくらか人によって解釈が違う。例えば刑事罰於いて犯罪者に対し口頭での罰や晒し刑などは当然存在せず、また誹謗中傷の類は生命或いは自由を奪うものではないとして、ネットリンチ正当化するものがいる。(ただし31条に関係なく名誉毀損罪として訴えられるケースは多々ある)不倫報道が出れば当たり前のようにネット中で罵詈雑言が書き込まれしかもそれが正義などと囃されたりする。

何度も人に言ってきたことだろうが、上記の通り法律手続きなくして個人個人他者を不当に罰することは法律上認められるものではないことを忘れている人間が少なからずいるようであるネット私刑と言ってネット上での私刑行為問題視する動きもあるが、時折それはネット上でのみ私刑が行われるというような、問題をある概念に閉じ込めてしま不可思議ロジックを感じることがあるためここに明言しておきたい。ネット以外でも私刑というのは存在する。

姦通が行われて、復讐のために一方が他方を害するというのはときおり聞く話である。(弁護士局部切断事件((某大学法科大学院に通う青年が、妻の浮気相手である男の局部を切断した事件))が一例)ただ、この場合強姦されたと勘違いした男側の凶行だったそうだが、率直に言って、強姦であっても私刑が認められるということはありえない。強姦から、大切な人を殺されたから、自分尊厳を著しく傷つけられたから……感情的には理解できる理由だし、被害者権利などを損なうつもりもなく、また加害者を守ろうという意志もない。ただ私刑がいけない。というより、これらは私刑でもなんでもなく明確な「犯罪である。当然、それを行った人間は(さらにいえば、そこが正当な法治国家であるなら)他の犯罪者と同様に裁かれる。

ただし、裁判において情状酌量がないわけではない。例えば尊属殺重罰規定違憲判決(実父殺害事件((実父から恒常的に性交渉を迫られて、父との子供まで出産夫婦同然の関係を強いられていた女性父親殺害した事件)))のさいには被疑者側の事情や心情などを斟酌して、合憲違憲判断に関わらず、すべての裁判所が能う限り量刑を軽くする方針を示し、その過程において尊属殺の法令見直し違憲に至ったという事例があるし、平たく言えば、裁判だって鬼ではない。同じ犯罪であっても同情の余地がないものは重刑となるし、上記の通り減刑されることもあるだろう。

一体なにが言いたいかと言うと、被害者、あるいは被害者親族加害者間に於ける私刑は、それが行われた時点で法律上明確な「犯罪」として認識され、刑法に則った判決が下されるということ、第二に、私刑という観点からのみ指摘できる事由ではないこと、第三に一般的にそれは個人個人との事件であるということである親族を殺されたもの復讐のために加害者を殺せば当然罪に問われるし、そのさい殺害に至った様々な問題メディアリンチ経済的精神的な救済の不十分)が見直される。さらに言い及ぶなら、すべての復讐殺人などをなくそうというのは極端に言ってすべての犯罪をなくそうと言うようなもので、私刑のような一義的観点から捉えられるものではないものの、明確な「悪行」として判断できる事由として扱える。

栃木実父殺害事件がどれだけ同情の余地があろうと無罪になることは決してない。あの京都認知症殺害心中未遂事件でさえ、刑は執行されたのである。さきほど法律は鬼ではないと言ったが、だからといって温情に充ちているわけでもない。設けられた基準範囲内で酌量するだけのことである

ところが、第三者アジテーションの如く私刑を推進したり、「この事例に於ける私刑はいいけど、この事例に於ける私刑ダメ!」などと何故か私刑差別化しているような人間をままみる。全部駄目だ。

ネット以外でも私刑があるとは言ったものの、それが私みたいな一庶民にまで広がってくるツールはだいたいネットで、こんな日記を書き出したのも「不倫をしたやつにはこうしてやれ!」という攻撃的な文体とともに男性器(おそらく偽物と思われる)を女性ジャンプして踏みつけ続けるという奇天烈動画を見てしまたかである最初も私は「なんだ、過激ジョークだ」と笑っていたが、それに寄せられた一連のコメントを見ても冗談ごとではないようだった。しか動画投稿した人の(動画自体は拾い物らしいが……)発言が「女の方が男より二倍浮気をしやすい。だから、女が浮気したときは熱した金属を流し込め」などというもので、ひどく戦慄した。もちろん、こんなものは広いネット世界におけるごくごく一部の一例にしか過ぎない。だからネット上、引いて現実でこのような復讐が認められているなどとは思わない。

けれども、どこかしら皆「悪人なら攻撃したっていいだろう」と思うところがあるかもしれない。しかし、それは間違いである。どんな理由があるにせよ悪行は悪行である。「あいつムカつくから攻撃してやろうぜ」というのと全く変わらない。いじめられる方が悪いなどと言って逃げる場合もあるが、いじめ自体が悪いということに変わりがない。どれほど正当化したところで絶対の誤りである

世間は非常に大きなうねりを持った流動的な性質があるので、一個人の考え方だけが改まってもしようがない面がある。だからこそ線引が難しい。私刑を撲滅したいからと言って一人ひとりの言論や行動に政府法律が過干渉すれば、それはディストピアである。ただ、逆説的に言及すると、ディストピアにせざるを得ないような民衆が力を持っているのも考えもので、人によっては、ある程度制限された世界のほうがずっと平和のように思うかもしれないのである。それはネットによって個人個人情報発信能力を持つことで、なんの権力地位ももたない一般人も、言動論理性、道徳的な真偽など情報発信するもの必然の悩みを抱えなければならないからこそ、より切実に考えられるべき問題なのであるネット私刑なんてものは、人々が出す機会もなかった攻撃性や偏狭視点顕在化した結果生まれ単語であり、その本質には一部の人間が私刑を……もっと悪質であれば、自分ストレスの発散のために他人を陥れることを良しとしていることにある。それに対抗するためには、その考えを持つ個人糾弾するのではなく、その考え自体批判しようという姿勢大事だ。「罪を憎んで人を憎まず」と言う言葉には深い含蓄が込められており、この私刑問題を考えることによって再確認することができるだろう。

こういうことを聞いて少しは反省するもの、この考えに肯い「そうだそうだ」と声を上げるもの犯罪者がいるなら石を投げるのが正義だと考えるもの、いろいろいるだろう。もしこの文章を見て少しは私刑を改めようと思ったとき、こういう風に考えてみてほしい。

自分は知らず知らずのうち、こうした行為をやってしまってはいいか」と。

私もそうするようにしている。これは悪いんだなー、なんて悪いやつだ、と考える前に自省する。これがとても重要である窃盗をしたもの馬鹿だと笑ってみても、よくよく思い出せば幼少期に、冗談ごとで済まされたとは言え窃盗じみた行為をしていたかも知れないし、いじめは良くないと憤る人が、いじめまがいの行為無意識にしてしまっていたということもありうる。罪を犯さない人は理想的だが、そうそうそんな人は現れない。ぜひ、私刑を嫌う人も考えてみてほしい。「私刑を嫌った結果、私刑を行う人々に、また私刑じみた行為を働いてはいないだろうか」。殴る、蹴る、罵詈雑言を吐く、情報が消えづらいネット個人情報を流す、ありもしない話をまことしやかに流布する……。こんなものはすべて私刑である

余談だが不倫事件話題になったベッキー川谷絵音氏の事件で、ネット上に不倫が許せないあまり過剰な罵詈雑言散見されることに苦言を呈していた増田へ、「不倫したいからそんなこと言うんだろう」とか「不倫しなきゃいいじゃん」とか、「人の性だから仕方ない」とかいコメントがつけられていて驚いたことがある。きっとあの増田にとっても予想外のコメントだったと察されるが、それらのコメントを見てどのようなことを思ったのだろうか……。

2018-11-29

はてなーの酒嫌い

何が原因でなったのかわからないけど、全面禁止するべきとか言ってるのいつも笑う

偏狭すぎるだろ

2018-11-23

一番反省すべきは日本

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1290945

satoao0101 これからは迂闊に中国ヘイト書けなくなるな。よく覚えとけネトウヨども。

tuzuraori 国防動員方が発動された時の日本国内の恐怖しか思い浮かばない。

日本だってイタリア顔負けの外国人蔑視入管の件でやらかしてるし、韓国人グループに対するヘイトがひどい

それに日本だって中国顔負けのナショナリズム暴走してリベラル派の講演を妨害したりしてるし、偏狭愛国心を煽って韓国人グループを締め出そうとしてる

はてな理論総合的に見ると、イタリアよりも中国よりも日本が悪い

悪いところどりだ

はてな理論では、場合によって、外国人蔑視の名ばかり先進国としても、ナショナリズム暴走の未開アジア蛮国としても日本位置づけることが可能となる

常に日本が最悪となる無敵の理論である

ついでに言うと、ジェノサイド民族主義悲劇だけど、日本ジェンダーギャップランキング114位だ

2018-10-31

最近はてな界隈は、偏狭非モテオタクな連中が多くなりすぎてしまって、はたから見ていると醜く感じられて仕方がないネット空間になっている

はてブコメントはそういった連中がルサンチマンを吐き出すだけの場所になっていて、2ちゃんねる以上のゴミためになりそうな勢いだ

なので「テクノロジーカテゴリーだけを取り出して、別サイトにして延命をしてほしい

あそこだけは今でもけっこう役に立つから

2018-10-08

anond:20181007094537

うーん。普段オタク多様性尊重する」「老害になるな」「ニワカを叩くな」とかそういう事言うのにこういう時は地が出てるねー

少なくとも20年ほど前私が所属してるオタクサークルでは「何々という作品オタクなら当然知っているはず」などという事は成立しないし逆に言えば「何々を知らないなんてオタクじゃない」というのは成り立たないというのが共通理解だったけど、今はそうじゃないの?

いや「アレくらいは抑えておけよ!」とか、自分が熱を入れてる物をスルーされるとカチンと来るのは分かるけど。

でも「何々を知らないなんてオタクじゃない」ってのは「多様性尊重しない」「ニワカ」を叩く「老害」そのものでしょ?

足りないなら足せばいい。

間違ってるなら直せばいい。

論ずるに足らないならスルーすればいい。

それにコミケを語るのに何々を知らなければならない!

みたいな主張は「コミックマーケット理念」とは正反対まではいわないけど、かなりはずれた感じだよね?

増田は確かに偏りも穴もあるけど、まあこれくらいなら十分オタクでしょ?

天地無用!スルーとかどうなんだよ?と思わないでもないけど、オタクはこんなオタクの与太話も許さないくら偏狭なっちゃったの?

まあ、それが「オタクだ!」と言うなら俺はもうオタクじゃなくていいや。オタクエリートさまでキャッキャウフフしててね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん