「アメリカ大陸」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アメリカ大陸とは

2019-08-12

お金欲しい

三連休。暇なので、某旅行会社パンフレット(以前一度利用した後、自宅に送付されるようになった)を眺めていた。

と、今年の正月休みは、休みが長く取れることに気がついた(勤める会社はおおむねカレンダー通りの休日である)。つまり1週間の海外旅行も充分に行ける。

となると問題になるのは金だ。100万あれば、ヨーロッパでもアメリカ大陸でもどこでも行ける。行きたい。せっかくパスポート取ったし。

しかし残念ながら金がない。残念なくらい金がない。ああ、金が欲しい。

というか、私の周囲にある問題、金があればすべて解決する気がしてきた。

2019-07-04

旧宗主国と旧植民地間でのトラブルについて

欧米旧宗主国アジアアフリカの旧植民地各国との間であまりトラブルが起きないのは、両国間の距離が離れているからではないだろうか。旧植民地は、周辺国との競争の方が重要であり、旧宗主国相手にする余力は無いということである韓国場合日本旧宗主国周辺国立場を兼ねているため、周辺国との競争の一環として、旧宗主国に対する批判を行っているのではないだろうか。

 

と思ったが、これでは日本と台湾の関係説明できないことに気が付いた。誰かヒントください。

 

※と言うか、アメリカ大陸含めて世界のほぼ大半の国が、一時的にとは言え植民地経験しているんだな。

2019-06-18

anond:20190618095348

南アジアからみたらアメリカ大陸マリアナ海溝を超えた先だが、マリアナ海溝を超えたらすぐにアメリカ大陸にぶち当たるわけじゃない。

海溝を超えた先の広大な海を超えた先にやっと大陸があるわけ。

2019-05-05

anond:20190505021855

そのガラパゴスって言葉からもわかるけど君がガラパゴスって思ってる島はアメリカ大陸くらいの大きさあるから

2019-03-01

女児ペニスを挿入したい

でも女性器が損傷するので可愛そうだからやりません。

はあ、女児普段からディルドやローターで開発するよう義務教育勉強させれば良いのに。

だって今まで性器裂傷で死んだ子供って何人いるんですか。

数え切れないですよ。その子達を救わなきゃ。

そう今日クラブ言ったんですよ、ラテン系女の子がたくさん来るクラブ

そこで仲良くなった金髪でクリっとした目の女の子に、結婚にはお金必要だっていうんです。

でも結婚して賃貸住んで子供も作らなければそんなにお金いらないでしょと言ったら、結婚には持ち家が必須条件なのが当然だしって言われその考えは無かったわ。

周りにいたペルーコロンビア人もそういうんですよ。別に彼女たち金持ちじゃないですよ。

全くどうなってるんでしょうか。そんなことに金使ってるから南アメリカは貧しいんだ。うそうそ。今後経度単位での土地面積が最も多い地域が勝つからアメリカ大陸はまだまだ有力なんですよ。

ネットワークの発展でね。それぞれの国で生まれ先天的天才割合は変わらないと研究出てたよね。そう、みんな同じ能力になったら同じタイムゾーン内でいかにチームワークを発揮できるかが鍵なんです。

からこそアフリカにみんな投資してる。アフリカはみんなすごくセックス大好きでポッシビリティの塊なのです。

いっぽうラテン系女の子は血が一瞬で沸騰するからやめとけって言われたしね。その言ってた子が今となりで寝てます

2019-02-01

anond:20190201012703

2600年の中で3回しか戦争しなかったのを「延々」って言うか?

しかも3回とも相手は違う国だし。

それにヨーロッパ諸国だってアメリカ大陸はるかオーストリアまで行って侵略戦争してるだろ。

日本好戦的な国だってことにしたい連中ってなんなん

はてなブックマーク - 日本サハリン北方領土急襲も」 元ロ軍高官主張、主要メディア一斉に報道47NEWS

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/this.kiji.is/463499364229923937

日本他国侵略したのなんて大日本帝国の時だけだろ。

秀吉朝鮮出兵は負けたし。

2600年の歴史の中で明確に外国に攻め入ったのこの2回くらいじゃねえか。

他の国見てみろ。ヨーロッパユーラシアも年中攻めたり責められたり

アメリカ大陸オーストラリアをまるごと侵略してるし。

しろ日本なんて外国との戦争ほとんどしてない平和国家じゃんかよ。

そもそも第二次大戦以前はどこの国も覇権主義が当たり前でスキあらば領土権益の拡大を狙ってた。

それが国際連合ができて、一応表向きはもう戦争はやめましょうってことになった。

でもアメリカソ連ロシア)も中国戦争しまくってたし外国への権益拡大を隠さなくなった。

イギリスフォークランド紛争とかあったし。フランス核実験したし。

世界的に見て日本こそが戦争を避け続けてる国じゃんかよ。

それでホントにいいのかって考えが出てきたから「普通の国」論とか出てきた。

ことさら日本戦争したがってることにしたい人たちは何が言いたいん。

日本自衛力さえ縛って外患誘致したいんか?

2019-01-29

anond:20190129153036

でもあくまでも人じゃん。ロボットとかじゃないんだから。並外れた人って意味別に通る。

アメリカ大陸とかもsupercontinentとか呼ばれるけど、大陸以外の何かじゃなくてあくまでもバカでっかい大陸っしょ。

2019-01-18

anond:20190118143209

孝謙天皇

日本女帝

お気に入り僧侶後継者にしようとし、それを諌めた者を卑しい名前改名させるなど、きわめて冷酷かつ感情的に振る舞った。

呂后

漢の高祖・劉邦の妻。

夫が死ぬと絶大な権力を握り、側室四肢を切り落として厠に放置、「人豚」と呼んで糞尿を浴びせた。

武則天

中国史上唯一の女帝秘密警察拷問代名詞

皇后四肢を切り落とされて生きたまま酒壺に漬けられ、数日間泣き叫びながら絶命。

エリザベス1世

イギリス女王

海賊を手懐けて奴隷貿易を開始。

アフリカ黒人アメリカ大陸で売ることで利益を上げて国内の安定を得た。

ヴィクトリア

イギリス女王

インドをはじめとして世界中植民地にして圧政を敷き、イギリス帝国主義の最盛期を迎えた。

エリザベートバートリ。

ハンガリーの女貴族

650人もの若い娘を誘拐して惨殺、美貌を保つためと称して人肉を食べて生き血を浴び、女性器を切り出して性的興奮を覚えていた。

個人が直接的に手を下した殺人数としては史上最多では?

イサベル1世

スペイン女王

国内では異教徒虐殺対外政策ではコロンブスをはじめとして征服者を援助し、アメリカ大陸から資源収奪する構造を作り出した。

女性権力を握った例は圧倒的に少ないにもかかわらず、

男性には思いつきもしないような残虐な暴力性が発揮されている。

女性権力者は個人的な嫉妬欲望のためにおぞましい殺人を行う。

いまなお人類悪として語られる奴隷貿易植民地主義は、

まさに女性が作り上げたものであり、

女性による収奪世界中怨嗟を振りまいたと言える。

2018-12-13

ファンタジー歴史ものゲームRPGアクション)のキャラクターの体格について

今までまったくゲームに触れてこなかった歴史好きが

中世ヨーロッパ風だとか戦国時代風のRPGアクションゲームを初めてプレイした時、

まず出てくる感想は次のようなものだろう(私もそうだった)

人間でかっ!」

博物館戦国時代日本中世ヨーロッパの実寸大の甲冑デカくても150~160センチ程度)を見ながらヨダレを垂らして、

ドラマゲームも触れてこなかったような人間は、

平然と現代人の平均(170センチ)の体格の人間中世風の街並みを闊歩している光景

初めて見たとき驚愕する。

しかもこれは騎士武士といった「戦う上流階級」ではなく、

「その辺を歩いている町の人」の体格なのだ

戦士となると平気で180~190センチ、2メートル越えのキャラクターも現れる。

日本だとまだいい方で、

アメリカゲームになるともうボディビルダー世界だ。

どいつもこいつも胸板がデカすぎて、

甲冑の胸部装甲がもはや平たいエプロンみたいに引き伸ばされている惨状を呈している。

どうしてファンタジー世界歴史スペクタクルものゲーム

キャラクターの体格はこんな異様な事態になっているのか?

パパッとGoogle検索過去までさかのぼってネット上の書き込みを調べたところ、

どうも「文明に囲まれ現代人はひ弱で、昔の人は強かった」という思い込み

「昔の騎士武士あんな重そうな甲冑を着て戦っていたのだから、さぞマッチョに違いない」という思い込み

合体したことによって生まれたのが「騎士サムライマッチョ」というゲーム界隈のミームらしい。

さらに、このミーム進化して「騎士サムライマッチョじゃないとリアルじゃない」にまでなってしまった。

そして、ファンタジー世界人間は際限を知らずにマッチョになっていった。

もし誰か一人でも博物館に行って、実物の甲冑を見たら考えを改めたのかもしれないが……

このミーム出所アメリカだとしたら、「博物館で本物の甲冑を見ろ」というのは酷かもしれない。

白人アメリカ大陸を開拓した時代には彼らはもう甲冑なんて着けていなかったのだから

アメリカで本物の甲冑を見られる博物館なんて数少ないだろう(たぶん)。

実際には前述の通り、(昔といっても広いが概ね)昔の騎士やら武士やらは

160センチあればもう「長身」の世界現代日本人の高校生タイムスリップしたらもう「大男」で、

現代人のボディビルダー体形の人間中世ヨーロッパタイムスリップすればもはや「巨人」だ。

これは歴史学的には常識で、「たまたま例外的デカ人間もいた」というだけで、

特に中世の人は全体的にデカかったんだ!」という異論あんまりない。

いや、「異論が無い」というか、実物を見れば誰でも一発でわかる。

当時の甲冑博物館で見れば、どう見ても「昔の人は小さい」という結論以外は出せないだろう。

もし見たことが無いという人はぜひ博物館に行ってみてほしい(宣伝)。

大量生産なんて当時はもちろん無かったので、全身鎧はオーダーメイド

なので実物の甲冑の体格=当時の「戦う人」たちの実際の体格といえる)

他にも中世ヨーロッパ家具の実物、当時の人々が使っていた家の寸法……

あらゆる事実が昔の人は小さい、というか「現代人はデカい」という結論を示している。

そして、別にこの事実はさほど驚くに値しない。

毎日安定的たんぱく質摂取してる現代人の方が昔の人よりデカいのは栄養学的に当たり前だ。

しかし、

人間筋肉たんぱく質ちゃん摂取しないと成長しない」という保健体育の知識

畜産技術輸送技術が未熟だった昔は今と違って肉を安定的供給することはできなかった」という世界史・日本史の知識を合わせれば、

「昔の人の体格は小さかった」という合理的結論がすぐわかりそうなものだが……

この二つの知識自体小学生レベルだが、

教科と教科がまたがっているので、

案外二つの知識を繋げて想像するのは難しいのかもしれない。

2018-10-14

anond:20181014195854

アメリカインディアンからアメリカ大陸奪ってんじゃんとか

オーストラリアアボリジニから奪ってんじゃんとか

ヨーロッパバイキング時代にうんたらとかなんでも言えるよな。

そいつの例えはアホ過ぎる。

2018-09-22

出来ない理由ばかりで何もしない人

日本て、太古からそういう人の吹きだまりだったのだろう

行動する人はこんな極東島国から抜け出してる

ベーリング海を越えてアメリカ大陸に渡って行った

俺もこんな日本から脱出したい

脱出した先が天国なんて思ってないけど

そうだなー

火星とか行きたいな

2018-09-18

豚肉の値段が数倍になるかも

岐阜豚コレラ心配だけど、中国アフリカ豚コレラが超やばい病気らしい。

簡単にいうと、アフリカ養豚を始めると必ず全滅して失敗に終わると言われていたアフリカイノシシが持ってるウイルス

イノシシはピンピンしてるのに、豚はほぼ全滅。

そんなヤバい病気だけど、アフリカしかなかった。

ところがどっこい、ヨーロッパに飛び火、ロシアに飛び火、そしてついに中国に飛び火してしまった。

沈静化しなかったらどうなるか?

中国世界最大の豚肉消費国で、世界豚肉需要の半分を占める。

中国で食べられる豚肉ほとんどは、中国国内での生産だが、中国での養豚が打撃を受けたら、まちがいなく大量に輸入することになるだろう。

どれだけ、豚肉の値段が跳ね上がるのだろうか。

中国人はよく機内に食肉加工品を持ち込んで没収されるが、やはり大きな消費地である東南アジアに、豚肉輸出国アメリカメキシコがあるアメリカ大陸にアフリカ豚コレラが持ち込まれたらどうなるか?

豚肉の値段がどこまで上がるか、想像もつかない。

2018-07-14

サッカー大陸対抗戦とかないんけ?

1年に1度チャリティーの要素とかワールドカップへのテストとかで、大陸選抜試合したらいいやん。

アメリカ大陸ヨーロッパ大陸ユーラシア大陸アフリカ大陸かに別れてさ

島国適当にどっかに仲間に入れてもらえばいいやろ

2018-05-29

馬がいないウマ娘世界歴史が気になる

あの世界には四足歩行の馬がいないらしい(衝撃)

車が普及する以前は最速の移動手段だった馬が居ない世界果たしてどういう歴史をたどったのだろうか?

まず馬が存在しない戦場はどうだろう。歩兵による集団戦術がずっと有効だったのだろうか?あの世界にモンゴル帝国存在したのか?あったとしてもこちらの世界とはだいぶ違う歴史をたどっていそう。

偵察や連絡はウマ娘でも可能だろうが、女性しか居ないウマ娘に奇襲は可能だろうか。

人間の移動手段は何が使われていたんだろう。荷物の運搬なんてとてもムーーーリーーーだろうし。馬は居ないけどロバは居たりして?

農業にも影響があっただろう。機械化前の農業を支えた馬という労働力が無かったら?牛で全て代用できたのだろうか。

そもそも「馬」の語源自体騎馬民族から世界中に広がったらしいが、その騎馬民族存在すら危ういあの世界でどこからウマ娘」という言葉はどこからまれたんだろうか。

馬が存在しなかった世界について考えてみたが、すでに同じ考えをしている人が居た。

“もしも馬がいなかったら”という実験はできませんが、それを裏付け根拠のようなものアメリカ大陸歴史からわかるそうです。アメリカ大陸にも馬はいたのですが、すべて食べてしまって1万年ほど前にいなくなってしまいました。ヨーロッパアメリカ大陸進出したのは今から500年ほど前。それまでのアメリカ大陸文化は、馬に乗っていたヨーロッパに比べると、とても遅れていたそうです。「僕は馬がいなかったことが大きな影響じゃないかなと思います」と語った本村さん。人類歴史にそんなに大きな馬の影響があったとは、おもしろいですね!

http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/03/post-3437.html

馬が居ない世界西部開拓はどうだったんしょうね~気になりますね~。

その他気になる疑問

2018-04-28

anond:20130514160010

西部開拓時代アメリカ大陸土着の食材で食べられていた物といえば多分

・ただの茹でたジャガイモに塩つけたもの

バッファローの肉

トウモロコシの粉を使った何か

とかだったのではないかと思う

2018-04-21

世界大戦って何?

第一次世界大戦世界大戦になったのって、日本が絡んだせいかなと思うんだけど、どうなんだろ

スペイン継承戦争だってヨーロッパのみならずアメリカ大陸も巻き込んでるけど、世界大戦とは呼ばれないし

2018-04-13

anond:20180413092838

増田は「バウンティハンター」を知らないのかな?

日本の面積よりも30倍くらい広い広大なアメリカ大陸には、捕まえて保護機関に渡すだけで高額な報酬がもらえるバウンティという生物が潜んでいるとされている。

日本でいうところのツチノコと同じものだな。

そのバウンティを捕えて生活する職業の人を俗にバウンティハンターと呼ぶんだね。

彼らは特にどこかのスポンサー契約しているわけではなく、多くがバウンティを捕えた報酬暮らしているとされる。

その程度にアメリカにはバウンティが沢山生息しているんだ。だからといってバウンティ捕獲簡単というわけではない。奴らは道路を車より速く走る。賢く、罠は仕掛けても逆にハンターが引っかかることが多い。さらには「ミッミッ」と鳴く。

そんな手ごわいバウンティからこそ捕まえると沢山の報酬がもらえるように設計されてるんだ。角度とかが。

ともかく、日本でもバウンティを捕えた報酬が如くそこらじゅうで賞金を出す大会を開けば、報酬で暮らせる人は生まれうるんじゃないかな?

eスポーツにしたってそうだ。両国国技館でやる大会にのみ賞金が出るんじゃなかなか生活は苦しいだろう。

地方巡業とかも興していけば変わっていくんじゃないかな?

2017-11-26

アメリカにおけるサカジェウェア信仰の怪しさ

サカガウィアとかサカジェウェアとか、呼び方一定しないようだ

アメリカ大陸横断する探検隊を助けたとかで硬貨に描かれるほどの先住民女性

調べてみても、言うほど凄いか、というエピソードが出てくるだけ

というか、むりやり美談にするために話盛ってるように感じる部分もある

アメリカ人先住民も気にかけてますよ、というポーズのために使われてるだけだろう

2017-11-15

いわゆる独裁政治って効率そんなによくないよねって話

記事がどっかに流れてしまって、大したことを言ってないので探すのも面倒なのでこのまま書くけども、

民主主義より独裁のほうが効率よくないか、という話の反論というか徒然なる雑感です

 

まず基本的に、会社国家だと、会社経営者経営が失敗したら倒産して社員失業して、

それはそれで大変なんだけど失業保険とか再就職とかそこそこ逃げ道があるんですが、

国家が破たんすると会社と違って逃げられないという問題があります

日本語なんて日本しか通じないですし、今どきはどの国も難民に冷たくて排斥されます逃げられないですね

まり会社経営失敗してもしょうがないけど、国家運営失敗しちゃいけない

国の運営に参加してる人(国民)は、そういう「絶対に引けない戦い」をやってる

 

つぎに、経営政治がやってみて上手くいくかどうかは、究極的には「わからない」です

一部の例外を除いで正解なんかないので、特定事業に全リソースを注ぎ込むようなカッコイイことをやって

上手くいくかどうかは時の運というのは、会社はやっていいけど国家はやっちゃまずいです

 

つぎに、その一部の例外である「必ず正解する政治」ですが、

後進国先進国の真似をして追っかけるてのがありまして

先進国イギリスとかが成功したのはアメリカ大陸インドアリカを筆頭に超絶に搾取しまくったからですが、

そのあとを追いかける国が真似しまくったのが啓蒙専制君主とか重工業に集中投資とかそういうやつで、

今どきだと、いわゆる開発独裁ですよね。ソ連の五か年計画みたいのも入れちゃっていいと思うけど、

工業とか何もないところに工業を導入したら上手くいくというのが開発独裁の言い分ですけど、

しばらくすると高成長でごまかしてたのが成長が落ちて、取り分の配分で意見が分かれるようになって

正解のない政治世界に逆戻りしま

日本明治から戦後高度成長期自民党一党政治でずーっと開発独裁と呼んで差支えない状態でしたが、

80年代セカイイチ経済になったあたりで正解のない政治と向き合うようになり、それで政策失敗して今に至ります

 

さて、話の方向をちょっと変えまして、国会の話し合いとか時間無駄だよねって件ですが、

議会政治がないと、もっと効率が悪くなります

選挙自分たち意見を表明する人を出して話し合いをするわけですが、あれで大事なのは合意形成なんですよね

政治って、「あれはやらない、これはやる」というイエスノーもありますけど、

「あれもこれもやらないといけないけど、どこから順番に手をつけようか」ということをやりまして

橋をかけるのが先か、保育園を建てるのが先か、優先順位をつける

もちろん、最終的には全部やるということで、それぞれの現場議会の結果を持ち帰って、

「後で橋をかける順番になったので、先に保育園を作るのを協力してくれ」と、選んでくれた支持者に合意を説得する

みんなが「自分意思で協力する」体制を作るための議会なんです

 

これが議会がないとどうなるかというと、合意してない人にやらさないといけなくなる

自発的にやる気がある人だったら、自分で動いてくれると期待できます

けど、やらされてると感じてる人だったら、隙を見て自分の都合でサボります

サボる奴は監視して管理すればいいだろう、と思うかもしれないけど、そうすると、管理費がかかります

人間自分の面倒もろくに見きれないのに、他人の全部を監視できるわけがない

管理って大変なんです

 

会社だって、人数が増えると少人数の頃に比べて管理費が膨大に膨らみます

IT革命って「管理費がちょう安くなるよ」って話だったはずなんですが

現状、総トータルの管理費あんまし変わらん感じでして、むしろ増えてたりもしまして

大企業で10万人単位かそこらの管理で大変なのに、日本国場合、億ですよ億

 

1億の人間監視して管理して効率よく動かそうと考えた場合コストって、どれだけかかるか見当もつきません

警察官をどれだけ増やせばいいのか。警察官監視する内部監査職をどれだけ用意すればいいのか

かといって、管理しきれないからと放置して、みんなが好き勝手に動いたら、効率よくなるわけがない

 

独裁とか専制とか、管理費用がかかりすぎる仕組みを高成長率が期待できない状態でやったら、管理コスト国家が縮小してくしかない

地下資源取り放題とか植民地搾取とか奴隷狩りとか、そういう美味しい搾取が出来るなら話は別です

独裁体制軍事増強して韓国中国に攻め込んで奴隷労働者を確保できるとかね

今は乱世だ、朝鮮半島を再植民地化して搾取しようとか、そういうビジョンがある人が独裁を唱えるなら、それはそれでアリかと思ったりしま

そうじゃないと現実的じゃないと思います

それが不可能というなら、国内コスト負担するしかないので、つまり国民負担がかなり重くなります

 

最初の話に戻りまして、なにが正解かわからない現状の政治に参加する(参加させられる)にあたり

管理費を軽減するための合意形成のための議会って大事だと思います

2017-09-28

日本がもしハワイを跨いでアメリカ大陸に到達できてたら?

歴史ってどう変わってたの?

ハワイには確かだいぶ前に到達していい関係だったわけじゃん

近代化がもう少し早くてフロンティア精神みたいなものがあれば、ヨーロッパから移民より早くアメリカに到達してたかもしれない

アメリカ地政学的なメリット享受した上で日本的開発をアメリカで行ってたら日本はどうなってたの?

2017-09-16

anond:20170916203437

安倍問題反らしする為にミサイル飛ばしたとか

妄想凄すぎて頭大丈夫

北朝鮮問題が昔からあったと言うけど

アメリカ大陸まで届くようなミサイル開発したのはここ数ヶ月よ

アメリカ安全が脅かされ始めた=日本も危ないって事よ

なんせアメリカ依存日本から

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん