「相対性理論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 相対性理論とは

2020-07-08

anond:20200708140347

電気パーフリスチャダラだけ聴き続けてかれこれ30年くらいになるな

新しいやつ聴いたのって相対性理論くらいだ…

2020-06-18

クソデカ土佐日記十二月廿一日~十二月廿二日>

男も女も老いも若きもLGBTQもセクマイも猫も杓子もしまくってると聞くクソデカ日記ってやつを、増田女もしてみむとて、マジくそ真面目にするなり。

それの年(どれの年?)のディセンバー(しはす)の廿日あまり一日の日の戌の刻から逆算していつものように5時間前行動で慎重に門出す。きっとどこかで出会えるからさよならKGB拷問にかけられても絶対言わないと断言するけど、いささかにものに書き殴り付く。

ある人、ジャスコしかないようなドへんぴな田舎で何億光年社畜のごとくこき使われたあげくに、残務整理に終われまくって強迫性障害になりかけたのち、例のことども完膚なきまでにしおへて、内容証明で解由(げゆ)などとりて、ベルサイユ宮殿くらいあるクソデカい館よりいでて、不沈船と呼ばれるほどに屈強な造りの舟に乗るべきところへ亜音速にてたどり着く。知らない奴らもいたけど、マジクソかったるそうにめんどくさそうにしながらも、そこは大人と言うことで形式的な別れの挨拶などしながら送りす。ねんごろに仲良くなった心のマブダであるイツメンたちなんかは、おまえと離ればなれになりたくないと号泣しながら地面を1秒間に5400回くらい転げ回っているうちにマジ秒で朝になってた相対性理論パネェ

廿二日、和泉の国まで何一つ悪いことが起きずに平穏以外の言葉で表しようのないほどスムーズな航海になってくれなきゃ嫌だ嫌だと都合のいいときだけ神仏に願を掛ける。藤原ときざねなんかは完全に調子に乗っていてフォロワー稼ぐためなら何でもするぜくらいの勢いで、舟で行くぞって耳に深海200万マイルに住むタコができるくらい口を酸っぱくして言っておいたのに、馬のはなむけとかしやがるマジキチかよ。全知全能の神と同等程度と言っても過言じゃないくらい偉い人が「今日無礼講で」とか抜かすもんだから、崇高なるものからスクールカースト底辺に至るまで身分を問わず一気飲みコールエンドレスで鳴り止まないほど飲みまくって吐きまくって若干名ほどは急性アルコール中毒で運ばれながらも、いとあやしく、海辺で砂まみれ塩まみれになりながら「海って思ったより居心地悪いんだな」と深層心理無意識レベル阿頼耶識サブリミナルくらいの一瞬だけ思ったけどそんなことを言えば国際条約禁止されるくらいの高い殺傷能力でその場の雰囲気を木っ端みじんにぶち壊すと思ったので口には出さずにあざれあへり。

2020-06-17

マッチングアプリ完全攻略男性向け)

まず自己紹介

都内在住20代一般会社員。めちゃくちゃインドア派。出会いはないけどマッチングアプリ使うような女性もな~とか思ってたけど、インドア派ゆえに何もしなかったらマジで人生イベントが起こらなすぎて利用。1年前くらいに退会した。

自己紹介終わり。

完全攻略、なんて書くと大変におこがましいのだけど、先日マッチングアプリで会うまで繋がらないという知人から相談されて、自分過去に上手くいった考え方を答えてたら頭のなかで整理できたので、出会いがないよ~マッチングアプリなんか使いたくないよ~マッチングアプリ使ってるけど出会えないよ~という人たち(主に男性)向けに書きます

マッチングアプリを使うような女性出会ってもな~と思っている人へ

同じようなことを思いつつ、出会いがなさすぎてしぶしぶお試しで使ってみた、という相手結構いる。合わなければ別に他人のままなのだから、異性との出会いがなくて悩むなら一度使ってみるべきと思います

以下、ざっくりの目次です。

①敵を知る
友達に見せられるプロフィールを作る
メッセージスピード勝負である(と、思う)
マッチしたらとっとと退会したほうがいい


マッチングアプリ完全攻略その① 敵を知る

まず、マッチングアプリを使ってから最初にすべきことは競争相手を知ること。そのための手段として、(これはやらなくてもいいけど)「女性として会員登録してみる」のをオススメする。ほとんどのマッチングアプリだと女性無料から適当に30分くらい男性プロフィール眺めたり、チャットしてみたりしてほしい。

これは人生ネカマをやったことある気持ちの悪い人間しかからないと思うんだけど、女性としてインターネットに放り込まれた時の不快感ってすごいのよ。これをまずは味わうべき。ネカマ女性への接し方を考え直せる裏ワザ

前提として、マッチングアプリ戦場と考えよ。受験とか、就活とか、ライバルの中から選ばれる戦場。で、そういう戦場で何が大事かって最初に敵を知ることだと思うんだけど、男性登録すると競争相手である男性が全く見えないまま戦い続けることになるんだよね。

そうするとどうなるかっていうと、「自分がかっこいいと思う自分の姿」しか見せなくなっちゃう。これはいざ外から見ると、かなりキツい。

ほぼ全員がそういうプロフィールとかメッセージで集まってくる気持ち悪さを女性側の視点で一度味わってみると、理性を保ったプロフィールが書けます

あと、男性チャット送ってくる第一声の気持ち悪さも味わうべし。媚びへつらい、勘違い自己アピール、性欲丸出し…などなど、距離感の掴み方が下手なやつがほとんどだというのがわかる。自分が今後メッセージを送る時に、一回そういう連中を思い出すとブレーキが掛けられます

さらに、しばらくやっていると、女性側の利用スタイルがわかってきます

具体的に言うと、男性検索やら何やらでいいねしまくっているのに対し、女性は基本いいねが来た人の中から選ぶ。放っておいてもめちゃくちゃいいねが溜まっていて、その中から選べばマッチするのは確実なのだからそりゃそうなのだ

なので、基本は「いいねしてきた人」欄の他の男性との相対評価で決まる。

この相対評価というのがキモで、ネカマをやるとわかるが、大体の男は客観視点が足りなすぎて結構キツい感じになっている。だから自分も含め)普段モテないやつでも、理性を保って普通の人でいるというだけで、我々でも相対的に勝つことができる!これがかの有名な相対性理論である


マッチングアプリ完全攻略その② 友達に見せられるプロフィールを作る

さて、女性目線を体験した時点でほぼゴールみたいなもんなんだけど、蛇足として自分なりに色々試してみた結果のプロフィールポイントを書く。

写真編】

結論から挙げると、

 ・最初の2枚は必ず顔写真を入れる

 ・風景とかよくわからない雰囲気写真は入れない

 ・ディープ過ぎない趣味写真、(ペットじゃなくても)動物写真などがあるとなおいい

 ・(NG例)加工アプリ/顔が隠れたor遠い写真/よくわかんない風景

だけ守っていれば、あとは何でもいいです。

これは出会った人複数人にも聞いたから少なくない女性がそうだと思うのだけど、男性写真に求めてるのは「安心感」だそう。まあ中にはイケメンとかマッチョを求めてる人もいるんだろうけど、大抵の場合はそうではなくて、『変な人じゃないか』を見られている。

なのに、大体の男というのは無駄写真アピールしようとして、求めてもいない筋肉とか、加工したイケメン画像とか、顔を隠した写真とか、雰囲気だけしか伝わらない風景とかを載せるのである

なんだかんだ言って、顔の見える相手というのは安心して接することができる。風景や加工じゃ顔がわからなくて不安だし、出会い頭にいきなり上裸やナルシシズム丸出しの自撮りを見せつけてくるやつなど論外なのだ

自分の顔に自身がなくても、とりあえず「顔が見える」「普通の人であることがわかる」ことが大事なので、顔を隠すのはやめたほうが良い。ど~~~~しても隠したい場合は、飲み物を飲んでる写真で口元を隠す、程度だと違和感は薄まる。

プラスアルファで印象をよくしたければ、月並だけど明るい場所で撮った笑顔っぽい写真がいい。直近でなければ、3年前くらいまでなら許される(と勝手に思っている)。

追加情報として、趣味とか仕事関連とか、話のきっかけになりそうな写真も2,3枚あるとそこから会話を広げやすいのでオススメ

風景NGと書いたけど、例えば「地元の綺麗な海」とかを1,2枚入れるのは全然OK

あとは、なんだかんだ言って動物の話はよく知らない他人に話しかけるにあたってちょうどいい。犬の散歩中に話しかけても違和感ないあの感じ。だから実家の犬とか、道端の猫とかでもいいか動物写真もあるといいかもね(これは人によるし相手にもよる)

【紹介文編】

自己紹介文はぶっちゃけわからん!当たり障りでも、真面目すぎても、ふざけすぎても、がっつき過ぎてもダメなのでかなり難しい。あと人によって好みが違いすぎる。

ただ、唯一ポイントらしいポイントを書くと、『会話の最初一言想像して書く』といいです。台本を作るみたいに、「この文章にこう返してくる」という釣りポイントを2,3箇所用意しておく。

単に趣味とか経歴とかを書いてもどう話しかけていいかからないんだよね。だから例えば「映画が好きです」とだけ書くんじゃなくて「この前○○見ました/見に行きたいです」という会話の一言めに繋がる言い方にするとか、「○○な人居たらメッセージください」って人を絞ってみるとか。

あと、ツッコミ待ちボケ(腕が問われる)とか、質問系とか、いっそ潔く相手の話しかける第一声を決めてあげる文章というのも強い。

こないだ、『コンテンツを選ぶ手間すら面倒くさい若者に刺さったのがTikTok』とかいうのを読んだけど、最初に話しかける言葉を考えるのも結構コストだと思うのよね。そこを上手く誘える文章意識すると、考えなくても気兼ねなくメッセージ送れるからマッチやすくなるし、その後に続く会話の距離感も上手く調整できて一石二鳥!ただこれは外すとかなりスベってるやつになるので、試行錯誤を繰り返すか、上手い人のを参考にしよう。

で、写真文章どちらもだけど、どうしてもカッコつけて無駄アピールが増えたり、めちゃくちゃ寒いプロフィールになってたりしがちなので、自分の仲良い友達にそのままそのプロフィールを見せられるか?を考えながら作るといいです。

見せられない(恥ずかしい)時点で、そのプロフィール本来自分を逸脱してるので。

メッセージスピード勝負である(と、思う)

長くなってきたので短めに。

マッチした後のメッセージをやり取りしている時は、ドラクエで言うと毒みたいな状態だと思ったほうがいい。時間が経つと死ぬ

多くのいいねの中から選ばれたとしても、相手には常に新しいいいね、新しいメッセージが来続けている。そのなかで自分への興味を保ち続けるのは、正直かなり難しい。

もちろんじっくり会話するのは大事なのだけど、それは一度会ってからにするか、それもタイプじゃないなら、かなりこまめにやり取りするか、LINEとか別のプラットフォームに移動したほうが良い(これも好み分かれるけど)。

マッチしたらとっとと退会したほうがいい

マッチしたら、というとあれだけど、ある程度仲良い人が出来たらとっとと退会したほうが良い。

やっぱり人間、この人だ!という人とマッチしたとしても、なんだかんだでまた別の人を探してしまうのよね。

人がめちゃくちゃいるマッチングアプリだと(浮気性とかじゃなく)第2の良い人は出てきちゃうし、何人もの人と並行してると、色々疲れるし気持ちも入らなくなってくる。こまめな連絡とかも全部無理になる。

結果、誰も長続きしないし誰とも会えないし、マッチはするけどナンダコレ、みたいになる。

ので、良い人が見つかってそこそこ良い感じになったら、とっとと退会したほうが良いと思います!!!

最後飽きてきて尻切れトンボみたいになっちゃったけど、以上です!!!!!!!!!!頑張ってね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2020-06-03

anond:20200602175446

光速相対性理論ブラックホールもよく出てくる言葉だけど、人に説明できるレベル理解しようと思ったらかなり勉強しないといけないよ。

よく聞く専門用語というのは曲者

2020-04-14

アフリカの60分は日本人の1時間に相当すると思ってる人!違うよ!

アフリカは古期造山帯から全体になだらかな地形だけど日本は新期造山帯から地殻が元気で山が盛り上がりやすいの!

そして全体に標高が高いってのは土が多いってことで、それは万有引力法則日本の方が全体的に重力が強いの!

すると相対性理論重力が強い方が時間が遅く流れるからアフリカの60分は日本人の59分何秒かになるの!

2020-03-23

anond:20200322120238

相対性理論細野晴臣が好きな自分が1番衝撃を受けたのは、YMORiot in lagosって曲。

下のリンクバージョンを聞いた時に衝撃を受けたよ。

https://youtu.be/6VxrjudULGE

あとはパスピエっていうバンドの「とおりゃんせ」って曲も衝撃的だったな。

最近の曲じゃなくて申し訳ないが。

2020-01-16

anond:20200116180025

物事について本質理解している人間と全く理解していない人間説明なら、前者の方が分かりやすいのは当たり前ですよね?

当たり前ではないな。

相対性理論理解している人間説明する相対性理論と、

相対性理論を「光速度不変の原理」と勘違いしている人間説明する相対性理論とでは、

後者のほうが分かりやす道理

2020-01-14

漫画学会から追放された学者ってたまに出てくるけど学会の発表は誰でも出来るし狂ったのも多いから多少変な事を言ったくらいで追放なんてされないんだよね

例えば物理学会の発表だと、八百屋のおじさんが相対性理論の誤りを証明したとか言い出したりするから

アレな人は発表会の初めの方にして実績のある人は後にするって位の調整はするけど追放なんてしないよ

2020-01-07

ブラックホール

あいつはとにかくすごいね

何がすごいかっていったら特異点だよ。

知ってる?特異点

俺も詳しくは知らないんだけど、

特異点あいつの中心にあって

輪っかの状態存在してるらしい。

で、その輪っかは重力無限大かいわれてる。

でもちょっと待ってくれ。

無限大ってなんだよ?

重力無限大ってことは質量無限大ってことと同じじゃないのか?

重力質量の2乗に比例する)

宇宙物質をかき集めたとしても無限大ってありえないだろ!

それに、重力無限大だと宇宙全域にその無限大重力が働くから

全ての物質あいつを目掛けて集まってくる。

そうはなってないか無限大ではないよな?

ただ相対性理論によって導き出された式が破綻して

虚数の時空が生まれるように見えるのを誤魔化して

無限大って言ってるだけだよな?

現実的には式の破綻のようにはいかずに

何かしら条件が加わるんだと思う。

それは多分中性子星密度を超えた天体

きっと素粒子星みたいなものだ。

それがあいつの正体に違いない!

2020-01-04

anond:20200104011034

いやそういうんじゃなくて。相対性理論きいてますかまってちゃんきいてますリスカODしてます、みたいなのが普通になっちゃって物珍しくなくなった気がする。

2020-01-01

100分de名著シリーズバックナンバー約100冊を読破したら人生変わった

補足書きました

思った以上の反応を頂いて驚いてます

コメントへの返信など、追記しようかと思ったのですが、長くなったので別記事しました。

興味あったら見てください。

https://anond.hatelabo.jp/20200102201209

はしがき

釣りっぽく書いたけどほんと。

結構色んな意味読書知識というものに関する意識が変わったので、なんかアウトプットしたくなった

なお、名著そのものを知ったことに関する感銘とかは今更私が言うまでもないので省きます

書きたいのは100分de名著シリーズ対象にした読書を集中して実施したことに関するメタ効果に関して。

ちなみに、読破したと言っても読破したのはあくま解説本。

スペシャル版とか、ブックス版はもう少し厚いけど。どれも約120ページで、読書慣れしてる人なら2-3時間で読める量だと思う。

いやそれじゃ読んだことにならないだろ原典あたれよ、って思うよね。私もそう思っていた。

から最初20冊くらいは解説本を読んで、原典にあたって、と繰り返していたけど、以下の2つのことに気づいて一気に解説本を読む方向に転換した。

原典を読むのは、それが終わってからでも遅くないと感じた。

本の解説で繰り返し取り上げられる要素(人名思想歴史上の出来事など)があることがわかった

勉強とか、何でもそうだと思うんだけど、繰り返し出てくるものって記憶に定着しやすくなる。

さらに、その要素が「影響を与えられた」もの解説として出てきたり「影響を与えた」もの解説として出てきたりする。

何でもそうだと思うんだけど、流れというか構造の中にある知識って単発の知識より遥かに定着しやすくなる。

なので、バックナンバーの中で関連のありそうな同時代、同地域、同分野の本をグループ化して間開けずに読んでいくのが効果的に思えた。

原典が全16巻とか(おまけに明治時代の訳だったり)あるものがあった

まぁ要するに、それを読むだけで半年とかかかりそうなものがチラホラあったということ。

そこに突っかかっているうちに飽きて来ることを懸念した。

実に20年ぶりくらいに読書エンジンがかかっていることを実感していたので、これに水を指したくなかった。

約1年かけてバックナンバー読破して効用として感じていることは、、、


文系学問価値理解できるようになった

ちなみに私は理系出身

よく「文系は作者の気持ちでも考えてろ」と言われるけど、「本気で作者の気持ちを考える」ってのは実に尊い活動だと考えられるようになったこと。

今みたいにリアルタイム意見のやり取りが出来るわけでもないのに、驚くほど人間の考えや意識ってのは「繋がって」いることがわかった。

ある偉い人がいいことを言うに至った過程を忘れてしまうのは人類の損失だなと。というか、理系と一緒なんだよね。

アインシュタイン相対性理論だって洞窟暮らしていたアインシュタインがある日突然思いついたわけじゃない。

それに、曖昧さを嫌い、論理にはもととなる論理が明確に存在する理系学問「ですら」そうなんだけれど、

現時点の主流見解は現時点の正解ですらなくて、考え直しが迫られるのはよくある。

そういうとき、どこから間違っていたかどこから考え直すためにも歴史的な思考の経緯は絶対に失わせてはいけない。

文系学問の究極の目的は、新しい思考を生み出すことと思っているけど、新しいものを生み出すために今までの流れを知ることも必要だ。

果実を生み出すのがポンと生まれてきた天才的な作家哲学者だけれど、

天才誕生を待つ間その過程を丁寧に残すのがむしろ普通文学者役割で、

アカデミズムとしての文系学問の真髄はそちらにあるのかもしれないと思った。

これ、理系ブレイクスルーを起こす天才待ちと同じ構図だよね。

天才、と呼ばれる人間自身の業績についてちょっと違う視点物事を捉えただけ、とかちょっと違う組み合わせを思いついただけ、と語るのはよくあることだ。)

大学教育意味について捉え直せた

バックナンバーの消化も終わりに近づいたことろ、私は思った

「かなりいい勉強になった」

大学生の頃にこういうことをやっておくべきだった」

「というか大学でこういう講義あってもいいのに」

「あ、でもこんな事やってたらそれだけで四年間終わっちゃうか?」と。

そこで計算した。

100分deというくらいなので上記解説本一冊は、約100分の映像となる(補足説明踏めると1-2割、解説本のほうが情報量多い気がするけど)。

以下、とても雑な計算だけれど。

大学はだいたい15時間講義で1単位とされる。

まり900分だ。上記解説本でいうと、9冊。

100冊なら、約11単位計算してみて驚いたが、たったそれだけ。

一般的大学生は1年に20-30単位取得するだろうし、卒業には120単位程度必要だ。

定義サボり気味の大学生の半期分程度の勉強しかしていないことになる。

嘘でしょ?

驚いたついでにもっと攻めた想定をしてみる。

こんなことを意識している大学生はほとんどいないと思うけど、15時間講義には、30時間の事前学習と30時間の事後学習が想定されているらしい。

http://www.ohshiro.tuis.ac.jp/~ohshiro/univlaw.html

1冊辺り6時間程度の読書時間が追加で想定できるわけで、

原典には上記したとおり全16巻あるものもあれば、100ページもないものもあるから、慣らすとだいたいそれで読めてしまうとする。

するとつまり大学とは本来

「最も頭の冴えた4年間に」「専門家が選んだ良質なテキストを」「専門家解説付きで、必要なら質問し放題の環境で」「1200-1300冊読んで理解する」

場所だ、ということだ。

ああ、確かにそれをこなせば立派な「学士様」になれたろうと思う。

私は修士を持っているが、この10分の1も学士になれた気はしない。俺はなぜあん無駄時間を、、、

可能なら、放送大学なりでもう一度大学生をやってみたいと思う。

叶うなら今度こそ、学士になりたいものだ。

読書習慣と、読書をする体力を取り戻せた

なんというか、これから実施していきたい諸種のおもーい本を含む読書に挑む筋トレというかジョギングと言うか、基礎体力を作ってくれた感ある。

活字を追う体力、意味を捉え続ける体力みたいなのがないと、ほんとうの意味読書趣味にすることは出来ないと思った。

ていうか、楽しむ余裕がない。

スポーツと一緒で、やる気と勢いだけでやっても続かないと言うか。

この1年やってきたことは運動部の1年生が実施するような、練習をするための練習。これがまず必要だったとろこで、その役割果たしてくれたと思う。

練習のための練習として、この「解説読破」が有用だったと思う理由は以下の2つ

2-3時間で1冊終わること

週末、朝と夕方に一時間読む気でいればその日のうちに「また1冊読めた」と思って寝れる。

平日でも、風呂に入ってる30分で読めば25%終わり、はっきりと進んだ位置しおりを挟んで寝ることが出来る。

進捗が目に見え、さらにすぐ終わりが見えるというのは精神的に楽だ。

無駄足にならないこと

価値保証されている書物を、その書物についての深い理解があることが保証されている著者が解説する本であるということは、

読んでいた時間無駄になることはない(たとえ激烈につまらなくても3時間で終わるし、つまらなければ原典を読む必要はないという判断ができるということだ。)

という確信を持って取り組めるということだから、これも精神的に楽だった。

つらいだけのうさぎ跳びとかしたくないのよ。

今後読書を続ける動機づけになった

いろいろな本の中で語られていたことだが、

日々「モヤッと」してることはたいてい昔の人も同じこと感じていることがわかった。

下手の考え休むに似たりではないが、自分程度が疑問に思ったことはきっと昔の頭の良い人が一生かけて考え抜いているので

自分の中で結論出そうとするより同じ疑問を持っているであろう偉人の著書にあたったほうが

考えを前進させる上でコスパが遥かに良いことが芯から理解できた。

実はこれが一番の収穫だと思っている。

これから

というわけで、これから年末にかけていよいよ原典にあたっていこうと思う。

の前に

山川日本史世界史を買った。

解説読破の中で出てきたいろいろな付随知識、これがまとまりそうで纏まらなかった。

これをまとめてからの方が、今後の知識吸収速度が格段に上がりそうな気がすると思って、適切な本を暫く求めていたが結論まさか高校教科書だった。

今読むととんでもなく面白い本だ。まさに私の求めていたものだった。無論完璧じゃないが、知識統合がすすむすすむ。

なぜ俺はあん無駄時間を、、、と思うけど、おそらく解説読破と順番が逆じゃだめだったろう、OKOK。

さて、年末山川をやっつけたあと、原典の中で特に気になっていたものを30冊ほど買った。解説本で実施した筋トレ効果で読むスピードが上がっているが、

途中で気になった関連書籍とかその年気になった本とかをはさみつつ、100冊(巻数でいうと200近い)読み終わるのは3年後くらいの想定だ。

来年シリーズは続いていくので、積ん読もどんどん増えるだろう。

やりたいことが増えていくともっと若くからやっときゃよかったと思うことばかりだけど、

何もすることが無いよりはいいか、、、

とりあえず、今買った30冊とプラスαくらいは、今年の年末までに読み終わっておきたいところだ。たぶん出来る気がする

2019-12-22

雨の日

わたしはややあって整体師をしている

色々なお客様がいらっしゃる

今日最後お客様は、長い黒髪大学生だった

お団子に結い上げていた髪の毛をほどいてもらい、施術台に寝てもらう

今日はお休みですか?」

明日試験なんです。なんかもう、疲れちゃって」

「お勉強されてたんですね」

「お勉強しない自分に疲れちゃったんです」

なにをお勉強しに進学なされたのかはわからなかったけれど、彼女の肩はとてつもなく凝っていた

今日で一番だった

とんでもなく労働基準違法した企業会社員だった時のわたしの肩と並ぶほどに

ケアされているであろうしっとりした肌とのギャップが印象的だった

着ている服は大学生御用達、安い量産ブランドのものだったけれど、それでも彼女は研かれた美しさを持っていた

「雨の中のご来店、ありがとうございます

と声をかけてみたけれど、彼女はもう夢の中だった

背中も腰も、凝っていた

彼女スマートフォンの通知の音と雑音、ヒーリング音楽だけの世界だった

彼女の寝顔は、わたし会社員時代恋人に似ていた

とても綺麗な男性だった

地元に帰らなければならなくなった彼も、いまや一児の父である

建築業を営みながら、奥さん二人三脚育児に励んでいるらしい

SNSでそう知ったとき特に思うことはなかった

ただ、わたし子供ができていれば、いま彼はまだ東京にいたんじゃないかと、そう思った

「強くなりましたね」

彼女が声を出した

起こしてしまったのかもしれない

「雨、今日はだいぶ降るみたいですよ」

「雨足じゃなくて」

彼女こちらを見た

「お兄さんの、力」

彼女の正面の顔は、元恋人に似ていなかった

すみません、癖なんです。考えごとをしていたから」

「それくらいの方が好きですよ。たくさん考えましょ。わたしもいま考え事してました。アインシュタイン相対性理論提唱しなければよかったのにって」

彼女理系らしい

意外にもあどけない顔で笑う彼女に、つい笑い返してしまった

彼女ともう少し話がしたいと思った

雨足は弱まっていた

2019-12-20

歌詞の歌い出し

小説の書き出しを愛でる、という趣向がある。例えば、フランソワーズ・サガン悲しみよこんにちは』の書き出し、

 

ものうさと甘さとがつきまとって離れないこの見知らぬ感情に、悲しみという重々しい、りっぱな名をつけようか、私は迷う。 」

 

であれば、楽曲の歌い出しを愛でる風潮があってもいいじゃないか。というわけで、いくつかいろいろな意味で気に入っている歌い出しを挙げていく。

 

スピッツ運命の人

バスの揺れ方で人生意味がわかった日曜日

 でもさ君は運命の人から強く手を握るよ」

 

平易な文だが、わけがからない。「バスの揺れ方で」「人生意味がわかった」「日曜日」。それぞれの繋がりに全く論理性がない。飛躍も飛躍。猛スピードで爆走するバスが聴き手を置いてけぼりにしている。行間を読む力が試される。

さら難解なのは、次段である。「でもさ」と逆説になっている。そこにいるのは「運命の人である運命に対して逆説で語るかね。ちょっとした諦めみたいなものさえ感じられる。果たしてこれはラブソングなのか?

だいたいにして、歌詞の序盤で唐突に出てくる「運命の人」という重要且つ雑なフレーズについて、以降の歌詞で全く説明されない。繊細な歌詞を書くスピッツのことだから、これは意図的にやっているとしか思えないのだけれど、だとすればますます謎は深まるばかりだ。

スピッツ屈指のポップな名曲だが、歌い出しからしてわけがからない。それを含めて名曲たる所以なのかもしれない。

 

aiko「星のない世界

「あたしの髪が伸びて驚くほど久しぶりになってしまわぬ様に

 昨日より少しだけ多めにあたしのことを考えてほしい」

 

aikoは曲も素晴らしいが、歌詞も素晴らしい。一番好きなのがこの曲である

歌い出しの部分、要するに「ずっと好きでいて」ということを言っている。西野カナならそのまま「ずっと好きでいて」と歌うか会いたくて震えるだろう。だが、aikoはたったそれだけのことを、これだけの文量で詩的に語っている。胸に迫る。

 

その続き、

「初めて逢った日にもう一度逢いに行って そしてまた同じ様に

 ぎこちなく合った目の奥にいるあたしを愛して欲しい」

 

これは要するに「ふたりが初めて出逢ったあの日を思い出してね」ということを言っている。実際に西野カナは「トリセツ」で「ふたりが初めて出逢ったあの日を思い出してね」と歌っている。しかaikoはたったそれだけのことについて、何でこんな奥行きのある言葉が思いつくのだろう。

ちなみに、私は西野カナのことが嫌いなわけではない。西野カナメロディーにいい感じの歌詞を乗せる技術に関しては天才的だ。BGMとして心地よく聴ける。

 

LOSTAGESF

「酒、飲ます

 

アルバム『GO』一曲目の歌い出しでいきなりこれである。聴きながら「おや、歌い出しが『酒、飲ます』って聞こえるな」と空耳かと思って歌詞カード確認したところ、紛れもなく「酒、飲ます」であった。助走もなくいきなり飲んでる。

ついでに言えば歌詞の続きは「学校最近どう?」であり、誰に酒を飲ませているんだ。

 

ももすももす「Confession

「海から巨大生物が現れて僕を襲うときには

 あらゆる絶望に食い尽くされているか

 もう食べられるところはないんだ」

 

最近一番インパクトがあったのはこれである爆笑した。巨大生物って何だね。メロウバラードと言ってもいいほどの楽曲で、タイトルに「Confession」とか仰々しく付けられているにも関わらず、歌い出しでこれ。

ももすももすという人は、メランコリック写楽というバンドの元ボーカルももすのソロ名義であるメランコリック写楽時代を含めてほぼ全ての楽曲作詞作曲編曲をこなしている。それにしたってメランコリック写楽とは何だ。ももすももすってなんだ。ロンゴロンゴかよ。

余談だが、相対性理論以降、ポップな楽曲かわいい系のボーカル意味不明な歌詞を乗せることを特徴とするアーティスト散見される。最近だとネクラトーキーとか。もしや遡れば椎名林檎丸の内サディスティック」に行き着くのかもしれない。何だ歌い出しの「報酬入社後」って。

こういうジャンルにそろそろ名前が欲しいと思うものの、名前をつけてしまったら陳腐だなとも思う。

 

THE BEATLESHello, Goodbye」

You say yes, I say no,

 You say stop and I say go go go.」

 

ポール・マッカートニー作品である。甘くポップな曲調に、上記のような特に意味のないような平易な歌詞が乗せられる。

この曲に対してジョン・レノンが「君の曲には主義主張ってものがないからだめなんだ」みたいなことを言ったらしいけれど、個人的に、音楽主義主張を抜きにしてポップであればあるほど好ましいと思っているので、この曲は私の中でポップ賛歌みたいな位置づけとなっている。

歌詞も気が抜けていていいじゃないか。ゴーゴーゴー。何も考えずに聴けて幸せになれる珠玉一曲である

 

 

この歌い出しが好き、意味わかんない、笑える、などあれば教えてほしいです。

2019-12-17

anond:20191217172859

さすがに今時そんなこと言ってるのは市井研究者モドキしかおらんで・・・

相対性理論否定する「研究者」と一緒や

2019-11-27

日本の昔話SF

かぐや姫は月の超文明との遭遇だし

浦島太郎相対性理論っぽいし(時間の遅れ)

海外の昔話もこういうテイストの奴多いのかな?

2019-11-12

信頼よりも論理が勝る物語

はあちゅうインタビュー記事読んで思ったんだけど、信頼よりも論理が勝つような話ってないの?

「お前達がどれだけ強い絆で結ばれていようと相対性理論が覆ることはないぜ!!!!!!」みたいな

2019-10-19

3次元4次元区別がつかない人は相対性理論理解にかなり支障をきたすし、そういうわけで2次元3次元区別するクセも日頃からつけといたほうがいいよ。

anond:20191019000124

運動の3法則があれば解析力学までは多分いける、熱力学はもうちょい法則いるかな?

マクスウェル方程式があれば相対性理論はいけそう

あとはシュレディンガー方程式でどこまで量子力学カバーできるかってくらい?

2019-10-12

アートに関するよくある勘違い

表現不自由騒動きっかけなのか、最近アート」に関する勘違いを頻繁に耳にする。

とりあえずポリティカルなことや特定展覧会人物の動向は抜きに、アートに対して人々が抱いている勘違い淡々と正してみる。

文章が読めない人向けに繰り返すが、別に表現不自由展」など特定展覧会作品の是非について語っているわけではなく、人々が抱く「アート芸術」に対する先入観について語っている。


自費でやれ?

基本的に、人間芸術で食っていけないという前提がある。

前史時代から現代に至るまで、金銭作品発表場所など、なんらかの「補助」なしで歴史に刻まれ芸術作品芸術はいない。

「補助」は大まかに分ければパトロン系、政府系に大別されると思う。

パトロン

バッハミケランジェロボッティチェリレオナルド・ダ・ヴィンチ…今も知られる芸術家のほとんどは貴族王族庇護のもとにあった。特に有名なのはメディチ家。かなりの数の美術作品メディチ家庇護のもと、もしくは依頼で作られている。

モーツァルトのようにフリー音楽家に転身した例もあるにはあるが、彼ですら転身後、晩年は困窮していた。それどころか、主な収入源はやはり貴族などに委嘱されて作った楽曲によるものだそうだ。

現代だと、欧米では自らの作品を売り込んでファンドを得る、ほとんどビジネスマンみたいなアーティストが多い。ビシッとしたスーツに身を包み、自らの作品に新たな価値付けをして売り込む姿は、ベンチャー起業家のそれと変わらない。

政府

こちらは王政封建制より後の政治体制下の芸術に対する補助。大まかに分けると、プロパガンダ芸術と、政治思想のない(あるいは薄い)経済的補助がある。

-

政治思想とは一定距離を置いた経済的補助で、一番大規模かつ有名なのはアメリカが1930〜40年代に行った「連邦美術計画」だ。ニューディール政策の一環として、政府が数千人から1万人単位アーティストを雇い、パブリックアート制作などをさせるというぶっ飛んだ規模の政策である

因みに「連邦美術計画」の効果は凄まじいもので、その後巨匠と呼ばれることになるようなアーティストを多数輩出し(ポロックベン・シャーンなど)、抽象表現主義などのアメリカ発の芸術運動バンバン興った。

それまでヨーロッパ中心だったアートシーンは、この時代前後を境にアメリカに移ることになった。さらに因むと、未だにアートシーンの中心はアメリカである。その市場規模は、世界アート市場の5割弱を占め、日本円にするとおよそ3~4兆円。しかも年々拡大し続けている(参考までに、日本美術市場は2,000億円強 / 中国は1.5兆円弱)。

-

一方、プロパガンダ芸術で有名なのはソ連ナチスなど。政府意向政治思想に沿った作品を、政府が補助して制作させるというもの。作られた作品政府思想を広める宣伝ツールとして使われることが多い。

上述した政治思想とは一定距離を置いた経済的補助とは違い、題材やテーマなどは厳密に決められており、メディチ家などのパトロンの元での芸術活動に少し近いかもしれない。

ただ、これらの政府体制下で作られたプロパガンダ芸術は、今のところ芸術としてはあまり評価はされていない。

あくま個人的見解だが、プロパガンダ芸術はその性質大衆向けにならざるを得なく、どうしても前時代的なものになってしまうのが要因かと思われる。 ※ グラフィックデザインなど、一部評価されている分野もある。

なお、これらの国では、現代アート前衛芸術は「退廃芸術」として弾圧対象となっていたことも言及しておく。弾圧されたアーティストアメリカ渡り祖国に残ったアーティストを横目に名声を得たという例はかなり多い。


政治色をもつ作品芸術ではない ?

上述のようにプロパガンダ芸術にあまり価値が見出されていない現状を考えると、一見正しい意見に思える。

だが「20世紀代表する作品の一つ」とまで言われる、ピカソの「ゲルニカ」をはじめ、政治的なアティテュードを有する芸術作品は意外と多い。

現代であれば例えばバンクシーは思いっき政治的な作品で知られるが、今やアートシーンにはなくてはならない存在だ。

文学音楽映画だって政治的な意味合いが強い作品はたくさんある。

政治色をもつ作品アートじゃない」という言説は、「ジョン・レノンの"イマジン"は政治的なメッセージがあるから音楽じゃない」と言ってるのに等しいのだ。


大衆に受け入れられないもの芸術ではない?

しろ現在享受されている芸術作品で、大衆向けに作られたものはあまり多くはない。

バッハミケランジェロボッティチェリレオナルド・ダ・ヴィンチなどに代表されるような近代以前の巨匠たちは、先述の通り貴族王族むけに作品を作っていた。そもそも一般大衆向けの芸術ではない。

時代大衆向け芸術だと、例えば音楽では吟遊詩人酒場で歌うリュート曲とかがあるが、現代でも聞かれているかといえばNOである。もちろん、歌舞伎ケルト音楽など、現代まで残っている大衆芸術もあるにはあるが、近代以前の大衆芸術ほとんどは淘汰されている。

-

現在大衆に受け入れられるアーティストでいえば、おばちゃんが大好きなモネは発表当時ヘタクソだの何だの批判されまくったし、今や知らない者はいないゴッホはご存知の通り作品が1枚も売れないまま精神を病んで死んだ。ストラヴィンスキージョン・ケージなどは、初演で暴動間際になったこだってある。

これらの例から、むしろ後世に残る作品は、同時代に生きた大衆感覚からはかけ離れていたことが分かる。でも、モネは今や企画展花形だし、ストラヴィンスキーバレエ曲の定番だし、ゴッホの絵を見ては「俺の方がうまい」とか宣うおっさん美術館の風物詩だ。どの分野に関してもそうだが、専門性が高くなればなるほど、大衆感覚はあてにならなくなる。自分感覚と相容れない現代美術作品を「こんなの芸術じゃない」と一蹴することは自由だが、それらの作品は100年後にはもしかしたら現代におけるモネのように広く受け入れられているかもしれないのだ。

かつて相対性理論が発表当時「完全に理解できるのは世界で数人しかいない」と言われていたのに、(専攻科にもよるが)現在では大学で習うのと似ている。これまでの価値観をひっくり返すような価値のあるものは、常人には理解できず、時間をかけて少しずつ受け入れられていくものなのだ

グリーンバーグ論文

この問題については、未だ現代美術に大きな影響を与えているグリーンバーグという美術評論家のおっさんが書いた「アヴァンギャルドキッチュ」っていう論文が分かりやすい。

この論文は、日本語訳もされているし、原文はインターネットでも読めるが、大衆感覚芸術作品価値乖離について論じている。要するに、「大衆迎合し消費される美術」と「前衛的な美術」ならば、後者の方が価値があるっていう内容だ。

80年前の論文なのだが、芸術分野では未だに影響力が大きい教科書の一つ。とても短く、すぐ読み終わるので、興味があればぜひ読んでみてほしい。


不快作品公序良俗に反する作品芸術ではない?

作品の題材として「裸の女性」というのは時代を問わずポピュラーだが、19世紀までは神話聖書出来事以外で裸体を描くことは不道徳とされた。端的にいえば、不快であり、公序良俗に反するとされた。

実際、マネによって描かれた「草上の昼食」や、裸体の売春婦を描いたとされる「オランピア」は発表当時大問題になった。「現実女性の裸を描くなんて、淫猥である不道徳まりない!下品メスゴリラを描きやがって!こんなのはアートではない!」というわけだ。

しかし、どちらの作品も今やマネ代表作。オルセー美術館に収蔵されていて、後の時代芸術からオマージュ対象とされるような絵画として扱われている。

一例を取り上げただけだが、時代を問わず同じような現象枚挙に遑がない。


写真みたいに写実的に描けている作品は素晴らしい?

簡単にいえば、写真実用化された時に「じゃあ写真でいいじゃん」ってなった。「写真絵画は違う」という考えに立脚し、ある時点でそれぞれ全く別の路線を歩むことにしたのだ。

で、モネみたいに空気感を描く作家や、セザンヌピカソみたいに多視点的にものを捉えて一枚の絵に表現する作家が登場した。これらの手法写真では(簡単には)表現できない。要は「写真じゃなくて、絵画からこそできる表現」というものが重視されていくようになった。

そして「じゃあ絵画価値ってどこにあるの?本質って何?」って突き詰めていった結果、「絵の具じゃね?」という話になり登場したのがポロックなどの抽象表現主義。「コンセプトじゃね?」という話になり登場したのがコンセプチュアル・アート特に後者現代美術への影響は色濃い。

もちろん、写真のようにリアル作品価値がないわけじゃなく、スーパーリアリズムのような動きもあった。ただ、20世紀以降のほとんどの芸術家は、「写真みたいにリアルであるかどうかとは別の土俵表現をしていることは知っておいてほしい。アーティストにとって「写真みたいリアルですごい」というのは必ずしも褒め言葉ではないのだ。


終わり

分かりやすさを第一に書いたので、表現が正確ではないところもあるし、時代的に前後したり乖離していたりもするが、だいたいこんな感じ。

文章中でも少し触れたが、アメリカ中国欧州比較すると日本美術市場はかなりちっぽけだ。国内アートがよりよく理解され、シーンが活性化することは、大きなマネーが動く「市場」を生み出すことにも繋がる。先述の「連邦美術計画」などは、政府美術に注ぎ込んだ「補助」に対して、「年間3兆円強のマネーが動く市場」という計り知れないくらい大きい対価をもたらした。アートにはそんな力があるし、前衛を受け入れる懐を自ら作り出したからこそ、現在アメリカ立ち位置がある。兆規模の市場から得られる税収は、控えめに言ってもバカにできないはずだ。

アートの受容と活性化は、普段アートに触れない人にも価値がある。少しでもみんなのアートに対する誤解が解けることを願ってやまない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん