「特質」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特質とは

2022-05-16

anond:20220516104745

女性からすれば、子供男児)が父親からレイピスト特質を引き継いでいた場合自分遺伝子を世の中に多く振りまける可能性に繋がるので、レイピスト男に惹かれる女性がいるのは生物としておかしくはない

2022-03-12

anond:20220312153754

授業の種類というか特質によりそうな気はするんよね

誰が講義しても本質的な内容の変わらない一般的講義から、ただ科学事実のみを持ってくるなら著作権問題存在しないと思う

(線形代数の授業で先生はこの公式はこのような意味であると言ってた、的な)

でも今回の場合ソシュール独自の考えの部分をおそらく主目的出版しているわけで、そこが問題になりそうな気がする

以前、先生現在やってる研究内容の途中経過的なものを授業でしゃべって、それをTwitterにあげた学生が出た時はリスクがあるのではと言ってた人もいたし

2022-02-08

anond:20220207120942

再生数>登録者数 って具体的に誰のことを想定している?

兎田ぺこらと赤髪のとも、レトルトあたりを比較しても特質するほど再生数と登録者数に乖離があるようには見えないんだが

 

あと再生数は24時間は同じアカウントからアクセスしても増えない(つまり同じ人が出入りしても増えない)

24時間以上放送していると2回カウントされるが、そこまで長時間は稀だと思う

2022-02-02

無敵の人

をどう捉えているか、の確認

無敵の人は私

性的特質環境との状態きっかけが重なった結果、万が一の偶然に私は加害者になりうる。

無敵の人に殺されるのは私

宝くじは買わないと当たらないわけじゃない、拾っても当たる。換金しなければ意味はない。何をいってるか分からないがそんな理由被害者になりうる。

無敵の人は不運

加害者がその立場に立つのは偶然であり人格瑕疵欠損を意味しない。

無敵の人が生まれるのは悲劇

私は殺されたくないし殺したくない。避けるべき悲劇だ。悲劇的偶然をどう避けるべきか。

無敵の人人間

性的特質不可侵人権

無敵の人が生まれる背景は何か

環境である社会と言い換えてもいい。物的環境、人的環境

悲劇にいたるきっか

貧困、傷病、規範意識暴言暴力、恐怖、窒息、嘔吐、処方薬、ロープネクタイ、怒号、ペン社用車、その他

無敵の人にならないためにやったこ

ひとり旅

覚えた現地語ははい、いいえ、おはようこんにちはありがとうだけ。生存本能を刺激して社会孤独に恐怖感を刷り込むことが目的だった。助けを求め、それに答え助けてもらえる体験が、帰属社会への防衛攻撃性を軟化させた。

遺書

アカウントパスワード。御旗の錦は我にありと声高に発することで怨嗟を誠実さで包んで懲悪感情を押し留めた。

ラーメン焼き鳥

昔の知り合いと。数年ぶりにあったという事実を植え付ける。これを呪いにしないように頑張ることをモチベーションにした。

2022-01-19

anond:20220117182857

「生類憐みの令(ドッグ・ラン)」特質

能力は思いつかなかった。

弱者(犬にに限らない)に優しくすることて貯まる"徳"を使うとかなんとか。

誰か考えてくれ。

2022-01-18

anond:20220117173830

作中の説明「詠んだ俳句を具現化する」はブラフだと思ってる。

いや、グレイハイカーはその説明で良いんじゃないか俳句の出来を制約として、燃えが弱かったりするのだから、あまり大それた事象は具現化できないんだろう。

意味不明なのはアルカゾルディックのナニカの能力大金積んだ飛行機を呼んで? 事故起こさせるのは具現化じゃないよね。特質系の相互協力型で、各地に浮遊してるガス状生命体アイがねじり殺した犠牲者生命エネルギーを使って(キルア命令はあらかじめプールしといた分で)願いを叶えるのかもしれない。こわい。

2022-01-06

トランスという地獄絵

トランス運動の基盤は生まれながらの肉体的特質だけを性別基準として構築された社会を維持しようとするところにある。

保守派人間社会の大枠の一つである性別定義のものを書き換えようとする急進的なトランス運動を敵視する。

一方でフェミニズムも肉体的特質区別された性別を基盤としているのでそれとは別の性自認という基準を持ち出すトランス運動を敵視する。

そうしてネット上では保守フェミニズムが反トランスという部分で共闘する地獄絵図が生まれるのだ。

2021-11-30

ウェブのお付き合い

わりと発達障害グレーゾーン(いっそ診断がついたほうが生きやすそう)とぼそっといってる方がいて

普段とか話しててもわりといろいろかわった特質が多い

(たしかグレーゾーンといってるだけあってコミュニケーションがとりづらいとか

数は多数派ではないだろうけど変わりすぎているとは思わない程度の趣味のお友達

 

昨日その人に用事があってDMしたんだけど(返信不要です)ってつけといたらb(いいね)でもどってきた。

この人に「用件のみにて失礼します」とかだと「用件のみのなにがわるいんだ?」っていわれそうだとおもってたんだけど

へんふよは逆に全然大丈夫なんだな~あってたか、よかったな~っておもった

2021-11-15

ASD男性家事育児の分担を相手要望を聞き話し合いを繰り返し

自分から質問をしながら家事育児をするつもりがない・しないASD男性結婚すべきでない。

ASD男性が夫となったとき、育った環境父親家事育児をしない家庭だった場合結婚したら家事育児をまったくしない上に、家族との感情交流がごく薄く、思いやっても思いやられる事がない、妻にとって負担ばかりが大きく心身しんどくて報われない何の罰だろうかという生活になる可能性が高い。

家事育児しなくても妻や子供とのコミュニケーション試行錯誤する人もいる、(家事育児をするしコミュニケーションを工夫する余力もある人は今回関係ないですね…)ことは知っているが、大抵は男尊女卑ベースの慣れ親しんだ環境再現し、母親は家庭のことを皆やるものだしそれが仕事からと妻に丸投げして当然で相手負担意識もしない。相手への労りも家族皆を心配することもない。もし自分世界観にそぐわない事、聞きたくないこと、自分の知らないことを聞かされたときヒステリック拒否反応を起こして、反応自体が激烈でなくとも相手への恨み怒りを持って悪感情を態度に表す。

妻はまだ育っていない子供と体と知識は育っているのに金をいれる(ほとんどいれない場合もあるようだ)ものある意味行人より頼りにできない気難しい同居人と化した夫の機嫌伺いと世話に追われる。その機嫌にふりまわされる生活の中での赤子でもない成人にけかる余計な手間暇、その手間暇は報われないし馬鹿にされたり機嫌次第で罵詈雑言を受ける、物を壊される、暴力すらある。

隣にいる大人家庭内で一緒に子供を監護する大人としての振る舞いをしない、出来ないのは、子供を監護する立場として、家族として同じ空間にいることが非常に大きなストレスだ。その振る舞いには悪意を感じたりするし、安心出来ないし、一応は大人父親であるのに不甲斐なさにがっかりし通しで始終傷付き回復しない。

妻がその様子を晒せば選んだ責任がある、自業自得と冷ややかに嘲笑される。

おまけに子供にはその夫から遺伝での気難しさなどの特質から苦労もごく多く、そうでない場合は少数派かと思われる。

家事育児作業日常として分担するならば物理的に妻の負担が減る。

妻は夫に心寄せて精神面で頼れはしないながらも、同志としての信頼と並走者がいる生活をある程度の安心をもって回すことができるはずだ。

日々の心身の負担が大きいだけではなく心の交流がない、労ってもほとんど何も返ってこない、却って更に心遣いを奪われる生活は心が荒廃する。自己肯定感は擂り潰されて、何時なら死んで逃げても迷惑が最小限か、あまり責められないだろうかばかりを妻は考えるようになる。

2021-10-18

anond:20211015010337

日本人マイノリティには徹底的に他人行儀から仕方ない

そっとしておいてほしいと感じるのはもっともだけど、今の日本でかつてに比べてセクマイが生きやすくなってるのは事実だ。かつて声を上げた先人の力があってこそ、多様性提唱する、過ごしやすくも気色悪い時代になった。私たちはそれに乗っかって過ごしている。

敢えて言うけど、いまや大多数の人はセクマイに対して特別感情なんかない。他人のどうでもいい特質のうちの1つになりつつある。

増田こそLGBT特別扱いしていないか。君が傷つくような発言をしたその人が不躾な人だっただけなのに、どうして世の中がLGBT特別扱いしてるように思い込んでるんだろう。世間自分は違うと思い込んでないか

2021-09-27

残ったのは女性嫌悪だけ(かもしれない)という話

数年交際していた彼女と別れることになった。大好きな人だった。

出会いがあれば別れもあることでありそれ自体は仕方のないことなのだが、そこに至るまでの経緯が最悪で、浮気の方がマシだったかもしれない。事情や背景に色々あるのだろうが、現状何が何だかからないまま音信不通となっている。

それからのこと、トドメの一撃とでもいうか、元来自分の中に抱えていた女性嫌悪が最悪の状態になっている。イラスト作者が表現したい「女の子のエモさ」が受け付けなくなったのだろうか、女キャラクターイラストでさえ気持ち悪く思ってしまう。

「男はみんなうっすら女が好きで、女はみんなうっすら男が嫌い」というのは男女の性欲の性差を表した言葉だと思う。実際自分は男で、やはりうっすら女が好きなのだ

…散々言われているだろうが正確には女体がである内面に目を向けた時にはモテる男もモテない男もうっすらみんなミソジニーを抱えている、と思っている。

そのミソジニーを持ちながらも男はセックスがしたいし、子孫を残したい。だから女と関係を持とうとする(気持ちスタートになることが大半だ)し、甘やかすし媚びへつらうし、女の身勝手さをある程度までは許容できてしまう。

情けない話だと思うが結局そんなものである

さて、自分は誰かのパートナーとなるべきではない、まして遺伝子を残すことなどあってはならないと思い続けてきた欠陥人間である。仮に子供を作ったとして自分特質子供に引き継がれた時に子の恨みを引き受ける自信がないのだ。

私の親とは違い、「これ」が生む苦しみを一番知っている自分が、子に同じ道を歩ませるようなことなど万が一にも許されるわけがないのだ。夫として親として健在である時間も限られているだろう。

から家庭を持ち子孫を残したいという積極的意思を持つことができない。

そして自分セックスが満足にできない。性欲はあるし女体は好きだが、セックス必要運動能力が致命的に欠けている。そういう身体なのだ。苦手意識劣等感と、行為を成立させなければというプレッシャーからEDにもなった。別れた後に別の女性行為を試みたが、それで解決するような問題でもなかった。

(実は別れた元恋人と次に行為に及ぶ際はED治療に向かおう、と決めていた。まあちょうど別れることになったのだが、遅かった。色々申し訳なかったと後悔している)

セックス自分にとっては「一般的人間が持つ運動能力」が必要とされる行為の一つであり、劣等感が刺激されずにはいられない行為なのだ

自分が大切に思っている恋人ならまだED治療をしつつ頑張ってみようとも頑張ってみたいとも思うが、そのセックスのためにあえて恋人を作りたいとは思えない。

無駄に長い話をしてしまったが要はこうである

家庭を作る、子供を作る、性愛を求める、といった多くの男(それだけ書くと女もか?)がミソジニーを抱えつつも原動力としているモチベーション自分は全く持つことができていない。

残っているのは女性嫌悪だけ、かもしれない。世の中100%がそうではないと頭では分かってはいるんだけどね。

2021-09-11

もくり痴漢に思うこと

「もくりで痴漢被害にあった」という旨のツイートタイムラインに流れてきた

https://twitter.com/0shiya/status/1434281696719867904

これがずっと心の中に引っかかっている。

mocriというのは、主に同人作家の中で流行っている通話アプリだ。その性質上、非常に女性ユーザーが多い。それに目につけたかたまたま知ったかはさておき、そういった場に性を求めてしま男性が発生し、女性がそれを嫌がるという、典型的セクシュアルハラスメントが発生しているようだ。実際問題として都会にはずっとナンパしてる謎の生き物がいるし、こういった問題根深枚挙にいとまがないなとおもう。

だが、「この漫画」の話は少し違うような気もする。痴漢に見られる嫌がらせスリル、または性欲の押しつけというより、毛色としてはむしろ「喋りすぎてしまコミュ障」に種類が近いような気がする。知らない人と話してみたい、通話面白いことに出会うかもしれないという期待をいだく人間はやはり一定いて(自分には理解できないけど)、それがディスコミュニケーションを起こすと「ナンパ」「チカン」「いやがらせ」と区別がつかないという事例に感じる。

スマートフォンの普及、通信環境の向上、様々なゲーム機の台頭により、「特定不特定関わらず話しながら何かをする」機会が増えた結果、そして社会の大きな動きも相まって、この「喋りすぎてしまコミュ障」の問題は鮮明に可視化され、より深刻にとらえられるようになった。

言ってしまえば、コミュニケーションが下手くそであるために痴漢呼ばわりされる世界がもうすでに到来している。我々は深刻にコミュニケーションの仕方について1からきちんと勉強しなければならない。コミュニケーションとは心の動きだけで行う動物的なものではなく、技術によって行われる理性的ものではならないというのを、もっと大きな声で警告していかなければならない。

コミュ障側に向けての話

実際問題、「喋りすぎてしまコミュ障」の被害は、残念ながら少なくなく、深刻である。「Among us」のプレイヤーたちなどは身近な話題じゃないだろうかと思う。特にこのゲーム制限時間内に話をまとめて人狼と思われる人を探し当てなければならない(人狼必死ごまさないといけない)という性質上「喋りすぎるコミュ障」が強い。したがって一方的に、「集団」や「会」の意図を汲まず、喋りたいだけ喋ってしま人間がどうしても紛れ込んでしまい、時には誰かの胃をキリキリと痛めてしまう。「自分コミュ障なんで」と自虐できたのは残念ながら10年前のインターネットまでで、今後は確実に敬遠されていくことだろう。それだけネットワークは開かれたものとなってしまった。

コミュニケーションというのは料理における味付けの様なものだ。最初は薄味で出して、「好きな様にしてください」といってトッピングを持ってきてもらうのが無難だ。一口カレーといっても、人の好みのからさはばらばら。だが我々コミュ障はここを見間違えてしまう。「私はなんでもいけますよ!」といって自分好みにめちゃくちゃ辛く味付けしたり、「自分料理のこと全然からないです!」といってレシピ無視して作ってしまえば、基本的には大変な事故を起こるのだ。

特にネットワークを介したコミュニケーションはその場にいる全ての人間に開示されてしま特質があり、これはオフラインで行われる「会合」とはまた異なる。この点にも留意し、基本的には「発言に気をつけなければ」ならない。

第二に、とりわけインターネットで呼びかけられる「募集」に関していえば、そのお題目を厳格に守ることが求められるだろう。不安であればどういった主題に基づいて人を集めようとしているのか、それについてよく確認したほうがいい(後述するが、募集する側も極力明確にしておいたほうがいい)。そこに来る他の人々も「募集をする人」や「募集文」を中心にして集まってくるのだ。「建前」や「目的」というのはコミュニケーションにおいて一番上のレイヤーにあるべき便利アイテムだ。

これはゲームに例えると簡単で、「リオレウスから出る逆鱗が欲しくて出るまで行きたいのであと三人きてください」という募集に入ってきたのに、自分が行きたいのでといって別のモンスタークエストを貼ったら、どうだろうか。募集主が気を使って「別に一度くらいならいいですよ」といってもその募集文をよんできた人は「別にリオレウスしか用事なくてそのモンスターに行く義理はぜんぜんないんだけど」と思っているかもしれない。人が立てている募集で出しゃばるというのはそういうことだ。考えられないことかもしれないが、喋りすぎるコミュ障というのはこういうことをしてしまう。

あくまでも募集している人間が主役であり、自分が主役になりたければ自分募集をかけなければならない。

募集する側の話

インターネットというのはまさに「有象無象」と「玉石混淆」の象徴だ。悪意の有無を問わず、様々な人間がいる。知らない人が勝手にめちゃくちゃなコミュニケーションをふっかけてくる時もあるし、なんなら知ってる人間がその場合だって全然ある。嫌がらせだと思っていた行動がADHD性質だった、悪意だと思っていたら単純に能力が低いだけだった、馬鹿にされていると思っていたら単純に生活レベルの違いだった。この様なことが平然と存在する(逆にいうと日常生活ではそういうもの自然境界を置いていると思うとヒトの社会性ってすごい)。そしてもっと言えば、これらの事情大衆面前で明らかになってしまうことをが往々にして存在するのが、インターネットの恐ろしいところだ。「遅い!なにをやってるんだ!」と怒鳴りつけたら「すみません、実は生まれた時から足が不自由で…」と義足を見せられる様なクリティカルな状況を人がめちゃくちゃいる交差点でやる、みたいな現実ではあり得ないことをワンチャンやりかねないのがインターネットだ。

くだんの漫画で言うならば、「もくりは男性が使っているイメージがなかった」「知らない人が入ってくるとは思っていなかった」が正直に言えば甘い。運転免許問題みたいなことを言うが、相手ボイチェンしている可能性もあるし、自分フォロワーコミュニケーション能力が最悪の場合もあるからだ。多様化する社会事情を鑑みれば、当然「性的被害は異性間に限る」という無意識も捨てたほうがどのみち安全だ。

正直に言えば、喋りすぎるコミュ障に対しての対処法は無に等しいと思う。基本的にこっちが強く出るしかないのに、彼らは出しゃばってくるからだ。

だが対処法といて、「建前を強く使うこと」と、それのために「建前をきちんと用意すること」は非常に大切だと思う。友達主催するAmong usにいったときはギチギチに組まれローカルルールのおかげですごく快適に遊べてびっくりした。これももちろん「ゲーム歴も付き合う歴もばらばらな人間と一緒に一つのゲームを楽しく正しく遊んでもらう」という強固な建前の上に成り立ったルールであり、その説明があるから納得がいくのだ。

この人の様に、自分フォロワーがくるかもしれないという気持ちで待っていたら全然知らない人がきたというのであれば「初めて見る名前ですけど、ツイッターフォロワーさんですか?」(ちがうなら)「ごめんなさい、フォロワーさんとやろうとおもってたので……」「これってフォロワー限定かにできないんですかね、次からわかりやすしますね」といかなんとかいってまず素直に追い出すべきだった(たとえ相手がチカンじゃないにしろ、男が入ってくるとは思っていなかったのだから)。それで食い下がってきてやっと「キック」というのが、やはり順序としても正しい。

当然だが、世にはきちんと「悪意」が存在している。この相手にすべきでない悪意を排除したい時に「悪意ではなかったケース」が邪魔するのが、最も避けるべきことである。また相手に悪意がないにしろ自分不快に思ったその感情自体はかわらない。そのためにはやはり「強固な建前」が必要だと感じる。「目的趣旨と異なるため」「ルールに反するため」もちろん「私が主役の会なので私を不快にさせるなんて意味わからんでしょ」でもいい(言えるなら)。必ず作ったほうがいい。

作業通話相手や一緒にゲームをする相手を募りたいという簡単ことなのにそこまで覚悟しないといけないのか?と言われれば……「そうです!」としか言いようがない。なぜなら気の合う友達とわいわい話しながら何かをすると言うのは、通常ほとんどの人間にとっては難易度が高く尊いものなのだ。新しく得ようとすれば難しいし、すでにあるなら必死に抱きしめて大事にしなければならない。「知らない人とのやりとりがおもろかった」みたいな話は、当人、もしくは相手コミュニケーション能力の上で成り立っている。この二つをどうかゆめゆめわすれてはならない。

インターネット存在する有象無象コミュ障のひとりとして、がんばっていきましょう。

2021-08-11

適応障害に向いてる仕事について考えるスレ

単純労働

適応障害究極の選択と一部で扱われている。

ひたすら同じことを繰り返すのが苦にならない、もしくは言うことがコロコロ変わる場合苦痛死ぬほどデカ場合に◎。

ただし全ての適応障害に向いているわけではなく

・同じことの繰り返しでもミスるタイプなら✖

マニュアル通りに作業することが苦手な場合も✖

・独特の閉塞感からイジメが多発するような環境だと真っ先に狙われるかも

等のマイナス面もあるため、結局は単純労働には単純労働能力が求められ結局はコミュ力だが大事に。

肉体労働

パワー系適応障害に向いていると一部では噂されている。

とにかく身体能力が高ければそれだけで優遇されるという点は適正が分かりやすくて◎。

ただし

些細なミス大事故に繋がる

村社会的な風土が強く空気を読めないと死ぬ

・見て覚えろな職場場合質問が苦手だと詰む

といった地雷要素が点在しているため総合的には△に思える。

頭脳労働

インテリ適応障害に向いているともっぱら語られる。

パワー系と同じでとにかく知力が高ければそれだけである程度やっていける部分はある。

ただし

・知能×適応能力の掛け算を前提とした説明不足で躓くかも

インテリインテリ村社会形成することも

適応能力の低さを知能の低さと見做されると低知能者差別自分に飛んでくる

といった要素があるのでこれも案外△。

専門労働

とにかく手に職さえつければ多少の適応障害無関係と言われている。

実際のところは

・専門技能が同レベル場合査定就活定型発達者に対しかなり不利

専門性を持った上で非専門者に説明するタイプ仕事場合コミュ力重要

・専門技能を高める過程質問師事必要になると結局は個人間のコミュニケーション

などなどの「結局はコミュ力」な部分が意外と多くなる。

独学のみでも学習がしやすく、仕事内容に一貫性が高いという条件を満たす専門的業務は意外と少ない説。

水系

もう顔さえ良ければどうにかなるだろという暴論。

実際の所、相性のいい相手を見つけてヒモにでもなっとけばある程度はどうにかなるとも。

問題点としては

職業経験が偏りやすく業種ごとの転職が難しい

・なんだかんだコミュ力

裏社会の変な所と変に関わると詰む

などがある。

まあブラック企業職歴にならない激務して無駄時間過ごすのと大差ないと言われるとそうなのかも。

特質

専門技能という域すら超えた持って生まれた異質さで食っていくスタイル

成功したやつの下に埋まった屍の数がヤバイ

・売れなくなった時の分析が困難

・太客との関係性が重要になると最終的に人間関係が窮屈に

いっそやってみろと安易に勧められがちな気もするけど難易度キチガイ的に高いすぎると思う。

生活保護

ナマポ、親のスネ、親戚に飼ってもらう。

人格によってはプライドへのダメージが顕著

・潰しの最終地点なのでこの先がほぼない

・復帰するためのハードルが意外と高い

犯罪

やめろ

2021-08-01

自分の想定とは違う反応が返ってきた時パニックになる特質といえば・・・

2021-07-25

日本人特質が気付かれちゃった瞬間

から日本人は駄目なんですよね

ドイツ紙が指摘「五輪によって、普段は気づかれない日本問題が明らかになった」(クーリエ・ジャポン

スキャンダル続きで開幕した東京五輪だが、発覚した数々の問題は、問題根本的に解決しようとせず、表面的に対応してやり過ごそうとする日本姿勢が現れただけだ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0de521411b24fa06e0a4564684d444a9cebc8f7

2021-07-10

IT世界は、敷居の低い世界のはず。ちがうのか。

今、ITエンジニアになりたい人たちが、その入り口で苦労していると聞きます。(いわゆる「駆け出しエンジニア」)

その話を聞くと、とても不思議な感じがする。

というのも、私、生まれてこのかた、エンジニアになりたいと思ったことが、未だに一度もない。エンジニアとしての自覚もない。

ハロワ職員にすすめられるままIT世界に入っただけの存在入口ハロワですよ?そのくせ今は、けっこう良い給料をもらえている。

したがって、IT世界ほど敷居の低い世界は無い、と思っている私と、「駆け出しエンジニア」の人たち、

はたして本当に同じ世界の住人なのだろうか?と感じるわけです。

私が零細SESソフト開発企業就職したのは15年くらい前のこと。

フリーターの私がバイトをやめて、希望する職種も業種も何もないまま虚ろな目でハロワに行ったら、あっという間に就職が決まる。

当時私のスペックは、年齢は20代後半、学歴は三流大文系中退職歴はなし。ただし物好きなところがあり、IPAの二種と、SJC-Pを持っていた。

深い考えもなく、シャレでとっていた二つの資格が、おもわぬコスパを発揮したってことになるわけですが、

さてこの当時と今で、何が違い、何が違わないのか。どちらの時代の方がITの門を叩きやすいのか。そこが気になっているわけですね。

IT世界というのは、経験年数や経験の蓄積が役に立たない、という点で、とても素晴らしい世界

先輩や年配者、経験者の市場価値は、まるでダブルインバースオプション価格のように落ちてゆき

から門を叩いた者ほど、つねに有利になる。この、IT業界特質は、私が見る限り、15年前も、今も、変わらないように見えます

からこそ、いい加減な私だって、入りこめたし、若い人や未経験者がこの世界に入りづらいなんてことは、とても考えづらい。

というわけで。エンジニアとして駆け出そう、とか思わなくても、

ただ物好きでさえあれば、きっとIT世界には入り込めるし、いい暮らしが出来るようになるはずだと、思うんですよね。違うんですかね。

一方、きっと努力は報われるとか、継続は力なりとか、そんなこと言いながら、引かれた線路を進むのが得意な人は、

IT世界に入るのは、よしておいたほうがいいでしょうね。IT勉強は、賽の河原の石積みですからね。

ついでに。SES企業には入るべからずみたいな言葉は、真に受けちゃいけませんよ。

あれはパフォーマンスを出せない人たちが、自らの無能を棚に上げて、境遇の悪さを無理やりSESのせいにして納得しようとしているだけ。

彼らの言い分には論理性のかけらもない。底辺は一番数が多いから、声も大きく聞こえるけど、その声だけ拾ってもしかたがない。

2021-07-03

anond:20210703002909

蓋しコンプレックスとは合理性とはかけ離れたものから私生活の損得からコンプレックス動機考察するのはあまり得策ではない

顔なんかは努力しても変化しようのない事実としてそこに存在してるけど、学歴努力次第で容易に覆せるからコンプレックスを刺激しやすいという特質がある

2021-06-06

女性はすべて解決する救いでも手に入るモノでもないし、どこまで行ってもないものねだりなのだから方向性を上手く変えていくしかないのではないかと思うんですよね

ただ、大多数にとってそれがセルフケアなのは割と女性特質じゃないかと思うので、男性には旅行とか軽めの運動(観光地サイクリングとか)がおすすめですよ

コロナが収まってからにはなってしまますが、ああいう娯楽にはなんだか根源的な楽しみがあって、初めてやっても結構楽しいもんですよ

2021-06-02

人材」という言葉話題だが

英語の「human resources」を翻訳したもの resourcesは「有用価値あるモノ、特質」という意味

一方、「人材」は中国語では「人才」と書かれる 才は才能の才 人才(人材)とは才能を持つ人のこと

日本語での「人材」の材は「材料」の材 加工が前提の言葉 会社で育てて使える資源に変えるというニュアンスが読み取れる 昔はそれで良かった 今はそうではない 「人材」という文字を使うのやめてほしい

2021-05-23

anond:20210522095036

何にも染まらない子供なんだろ

思い切って仏教文化に染まってみればいいんじゃね?

心が安定して最強の才能をもつブディストになれるかもしれないじゃん

あるいは理系に染まって見れるもんならみればいい

そこで集中力がないってわかったら

ああ、自分はそういう特質もつ人なんだ、やろうとおもってもできないことがあったんだってあきらめも付くだろ

2021-05-04

anond:20210504220729

弱者男性には弱者男性だけの特質があるので、弱者とひとまとめにしてほしくない。

2021-05-03

中野信子の言っていることはおかしい、具体的に何がおかしいか挙げる

きっかけは母親が「空気を読む脳」を買ってきたことだった。以前からこの人の主張はおかしいと思っていて耐えられなくなりこの人の他の本も読み、言動についても調べた

酷い。矛盾だらけ、エビデンスにならない動物実験ソース、人を見た目で判断することは科学的に正しいという主張、本人の言っていることとも矛盾した倫理観

彼女がいつも言う「日本人セロトニントランスポーターが少ないか不安に駆られやすい」という理論、まずこれが怪しい。SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)について知っている人なら奇妙に感じるだろう。この薬は、セロトニントランスポーター機能をあえて弱めることでシナプス中のセロトニン濃度を増やし不安を和らげる薬だとされている。つまり彼女理論SSRI作用機序についての理論正反対なのだ。モノアミン仮説にもやや怪しい部分はあるが、正反対解釈というのは流石におかしい。神経科学専門家はどう思っているのだろうか。

些細なことから飛躍して「日本人の脳」を論じる。

空気を読む脳」で日本人サイコパシーの傾向が強い人が「どちらかといえば」少ないから内側前頭前皮質が発達していて倫理や美醜の観念に厳しくそれが変わりやすいのだと書いていた。当たり前だがサイコパスの人の数を正確に見積もるのは難しいのであってそういった数字は単なる誤差か診断基準の違いによるものである可能性の方がずっと高い。仮にサイコパスの人が少なかったとしても内側前頭前皮質が発達している人が多いことを意味するわけではない。サイコパスとは行動や心理をもってそう判断されるものであって実際に内側前頭前皮質機能が弱いとは限らない。内側前頭前皮質機能が強い人も弱い人も共に少ないということもあり得る。

ついでに「不倫」では日本人保守的で変化を好まない民族だとも言っていた。それなのに倫理観が変わりやすいらしい。数年前には問題でなかったことが問題になるのは日本に限ったことではないし「日本人の脳」に原因を求めるのは無理がある。

戦国武将精神分析」では汚い手も使って勝った徳川家康が今でも日本人理想モデルとして存在しているとも宣っていた。日本人は美しい敗者を好むのではなかったのだろうか。美醜の観念が変わりやすいのではなかったか

美醜の観念が変わりやすいのに何百年にも渡って義経のような「美しい敗者」が理想化されているらしい。

不倫」でもこういった飛躍がある。たかだか寝かしつけの習慣があるからといって日本人オキシトシン受容体が多いのだということにしていた。もちろん実際に日本人の脳を調べたわけではなし。スキンシップの総量が他の国と比べて多いか少ないかからないのであるオキシトシンの多い人は不倫傾向が弱いとも書いていたが、日本人不倫が多いという同著での主張とも矛盾する。(よくよく見ると厳密には比較不能な国際調査国内調査比較していたが)

更に、セロトニン神経細胞にはオキシトシン受容体存在し、オキシトシンが増えるとセロトニンが増えるという事実は「日本人セロトニンが少なく、オキシトシンが多い」というモデルとも上手くかみ合わない。彼女もこの矛盾に気付いているのか、週刊新潮 2020年12月17日号での佐藤優との対談でまだ発見されていない要因があるのかもしれないと言っていた。

彼女日本人論は矛盾だらけだ。

更に中国韓国の「反日」まで「セロトニンが少なく、オキシトシンに頼りがちな遺伝特質」のせいにしているのには呆れを通り越して笑ってしまった。歴史上何度も革命を起こしている中国人もまた、保守的リスクを好まない形質の持ち主らしい。

サイコパス」でフロイトトンデモだという声もあるほどだなどと書いていたが、リビドー無意識という概念の代わりにセロトニンオキシトシンや脳部位が万能の説明法として君臨するようになっただけで間違い方に大して違いはない。

この記事でも指摘されているように、彼女不要場合でもひたすら専門用語を使って話す。https://anond.hatelabo.jp/20150908145246そういう言葉を用いれば多くの人間科学っぽく感じてしまうことをわかっているのだろう。

人間でもそうだという根拠にならない動物実験をたびたび引用して人間の話に繋げる。キツネマウスプレーリータネズミサバクトビバッタと…

「脳・戦争ナショナリズム 近代人間観の超克」(嫌な部分が剥き出しで、是非お勧めしたい本だ!)で人間に何世代も飼いならされたキツネ容姿が変わってくることを挙げて人を見た目で判断するのは科学的に正しいのだという主張に持っていっていた。少し脱線するが「空気を読む脳」でもたかだか0.126の相関で「容姿と知能に関係がないとは言い切れない」などと書いていた。それだけの数値なら関係いかあったとしてもごくわずかな関係しかないというべきだろう。

戦国武将精神分析」でマウスを取り上げて人間テレゴニーが起こらないと証明されきったわけではないなどと立証責任押し付けた。確かに人間にもマイクロキメリズムはあるがそれはテレゴニーとは違うものだ。それにしても不倫バッシング批判する中野がヒト・テレゴニー説に対して好意的なのは面白い

不倫」でプレーリータネズミのAVPR1a遺伝子を操作すると生殖行動が変わり、AVPR1a遺伝子が人間ボノボで「ほぼ」同じだからといって人間本来ボノボのように乱婚的だと示唆した。

そのわずかな違いが重要な違いであ可能性はあるしAVPR1a遺伝子も実際は空間記憶能力に関わる遺伝子で空気記憶能力の高いプレーリータネズミは行動範囲が狭く単婚的になるというのが実際のようであるhttps://www.eurekalert.org/pub_releases_ml/2015-12/aaft-_4120715.php中野はかなり単純化・歪曲して解釈している。

空気を読む脳」で書いていたサバクトビバッタに至ってはなんとセロトニンが多いバッタ集団志向になるのだそうだ。同著での主張とは真逆だ。

文藝春秋4月特別号の「脳科学者が小室圭を「分析」する 世間常識はなぜあの母子には通じないのか」でゴールドウォータールールに触れておきながら小池百合子ドナルド・トランプサイコパスだなどと言っている。精神科医ですらない人間が直接の診察もなしであの人はサイコパスだなんだと言っているのである

ペルソナ」でセクハラ告発していたが、「脳・戦争ナショナリズム」では以前なら当たり前だったことも「セクハラ」「パワハラ」にされてしまうなどと言い、今日かわいいねと言ったら今まではかわいくなかったってことだと思って泣いた子供批判的に取り上げて世の中が過敏だというニュアンスを込めて論じていた。以前とは考えが変わったという見方もできようが最近でも「昔は乱婚だった、現在倫理を相対化すべきだ」という主張を繰り返している。当たり前だがある倫理が新しいことはそれを否定する根拠にはならない。私は乱婚社会を悪だとは思わないが。

ペルソナ」の話に戻ると、親と子の関係他人が口を挟むなとも書いていた。虐待の温床となる態度である。旧式の価値観に従っていい子でいるくらいなら~などと宣っているが、旧式の価値観にしがみついているのは彼女自身である

そして最後に「不倫」で書いていた、不倫遺伝子によって決定されているのだからそれを断罪することは差別優生学に繋がるという主張について批判しておこう。

別に不倫遺伝子とはあれば絶対不倫するという因果律支配する魔法のようなものではない。ある人はない人に比べてその確率が高くなるといった程度のものなのだ。もし殺人レイプのような重犯罪についてもそのような遺伝子があれば殺人レイプ断罪してはいけないことになってしまうだろう。不倫バッシング遺伝子のせいだとすれば不倫バッシング差別優生学だと断罪することもまた差別ということになり自己論駁に陥る。「あなたの脳のしつけ方」では後天的に脳を変えることもできるのだと書いていた。この頃はまだまともな内容を書いていた。

思うに、彼女の本がベストセラーになるのはこういった免罪的側面のせいなのだろう。そういった遺伝決定論に従えば不道徳な行動も遺伝のせいになり免罪される。世の理不尽なことも「脳や遺伝子のせい」とわかった気になれる。

橘玲の本のレビューにも「遺伝によって決まっているのだから学生時代あんなに頑張ることはなかった」とか「子育てするお母さんに読ませたい」というものを見た。遺伝率とは集団規模での決定係数のことであって個人レベルでは親のIQから予想された数値より高かったり低かったりして当たり前でどのくらい予想された数値と違うかも個人によるのだが。


この記事おかしなところがあったら、具体的な反論をしてほしい。私も流石に脳や遺伝子についてそこまで詳しいわけではない。中野の本を読み、関連する内容を調べた程度なのだ。それでもこれだけ矛盾が見つかる。

追記:2021/5/8

https://next49.hatenadiary.jp/entry/20161220/1482228666

2000年論文で「この損害回避セロトニントランスポータープロモーター領域遺伝子多型との関連を支持する研究と支持しない研究存在し,今後さらなる検討必要である」とあり、2009年メタ分析論文で少なくともフィンランド人サンプルにて不安遺伝子を持っているかどうかと損害回避性(harm avoidance)と神経症的傾向を持っているかどうか調べたところ関係があるという証拠はないという結果がでているのだからセロトニントランスポーター遺伝子が少ないから損害回避的にふるまう傾向があり、そのため、「上位の人間に対して勇気を持って行動できる性質」が日本人にないというのは適切でない主張。”

https://www.ncnp.go.jp/nimh/pdf/kenkyu59.pdf

さらに、この S/L 多型は、PET により測定される脳内 5-HTT 結合に影響しないこと、前述したように、5-HTTLPR の多型は S 型と L 型の 2 つではなく、14 種類のアリルからなり、それぞれの機能の異なる複雑な多型であることからS 型、L型の2分法での研究自体に疑問が生じているのが現状である

https://neurophys11.hatenablog.com/entry/2016/03/01/223747

ざっとこんな趣旨記事だが、先に書いたようにそんな気質のものがたった1つの遺伝子で決まるものでは無いんである。このセロトニントランスポーター気質を決めるというのは実は結構な前から沢山の論文が発表され、ある程度そう言える部分はありそうなのだが、それでもその決まる程度は極僅かで、決して「日本人気質」を作ってなどいない。

こういった「1つの遺伝子が性格を決めている」系の話は、すべて科学漫談として楽しんでおけばいい。特にセロトニントランスポーター気質を決めるという話は良く出てくるが、そんなにすごい力コレだけにはないですよ。”

https://www.amed.go.jp/news/release_20160128.html

SNP品質管理などから、最終的に1088名について解析を行いました。その結果、BMP2遺伝近傍SNPストレスフルライフイベント相互作用が、統計学的有意うつ状態と関連することを見出しました(図2、図3)。そして、抗うつ薬作用点であるセロトニントランスポーターなど、古くから知られる候補遺伝子には、有意な関連は認められませんでした。”

どうやらセロトニントランスポーターが「日本人らしさ」を決めているというのがトンデモだというのはまともな研究者ならすぐわかる話のようだ。中野信子はあまりにも本を流行らせ過ぎた。研究者はもっと積極的反論するべきだろう。

2021-03-31

anond:20210331202727

(読みづらくてすみません。途切れたので続きはこちらにて)

前々から気になっていたことですが、腐女子界隈は、この件に限らず、伝聞や憶測で悪意的に解釈するのではなく、事実に基づいて慎重に意見することが必要です。

事実とは異なる憶測や誤解で非難すれば、それは単なる誹謗中傷となり「ネットリンチ」につながります

ですからいくら伝聞や憶測が広がっていても、すぐさま感情的流行に乗るのではなく、いったん冷静になって、できるだけ情報源確認して意見することが望まれるのです。

そしてそのうえで、ただ界隈の規範を参照するのではなく、相手事情理解しようとする姿勢が要されます

相手言動結果的に界隈の規範に反していたとしても、被害者意識に基づいて悪意的に解釈するのではなく、知識はあったのか、悪意はあったのか、どのような文脈での出来事なのか、いったん主観を離れて、俯瞰してとらえるだけでも、感情に振り回されて疲れたりせずに済みます

これは、インターネットだけの話ではありません。現代多様化時代ですから自分とは違ったさまざまな他者と、お互いの個性を踏まえてコミュニケートしていかなければ、たやす不適応をきたしてしまます

そのような意味合いでも、ただ「炎上」の流れに身を任せるのではなく、一人ひとりが目の前の出来事に対して「なぜ」と問い、理解しようとする姿勢もつことが大切ではないでしょうか。

文芸誌ユリイカ」の女オタク特集内の論文でも示唆されていましたが、腐女子界隈の村社会的な特殊性は閉塞的で、自由議論忌避して多様性を認めず同一性要求する抑圧的な特質があります

従来の規範と異なる意見が上がれば、つまり少しでも周りと違う声が聞こえれば、迷わず躊躇わずほとんど一斉に叩く。そのような出来事が断続的に起こっています

少数派の意見が抑圧されて「なかったこと」にされるのではなく、もっと、風通しのよい界隈であってほしいと、一人の腐女子としても思います

おわりに2

炎上」の件で個人的に思い出されるのは、昨年海外で数百万回再生された、さくらみこさんの切り抜き動画です。

その内容は、みこさんが『GTA5』というゲームの実況配信をするものでした。

注目を集めたのは、そのなかで『GTA5』の作中人物が「Fワード」や「Nワード」を口にした際、みこさんが反復するように発音してしまった場面です。

彼女の「ファッ●ュー」や「ニ●ー」という発言は、その動画コメント欄を良くも悪くも賑わせます

しかし、決して炎上したわけではありませんでした。

しか英語圏では、「Fワード」や「Nワード」は人前では憚られる禁忌で、動画であっても問題視されても不思議はありません。

ですが、コメント欄海外の方々は、彼女英語力がないことや、悪意がないこと、台詞の語感のよさから発音してしまたことなどを踏まえ、冷静に意見を書き込んでいました。

なかには、「Nワード」について、台詞の語感がよかったし発音は仕方がない、と黒人と称する方によるコメントもありました。

もちろん、BL同人誌の一件が、この出来事と同列に語りうるとは言いません。しかし、伝聞や憶測や表面的な印象からただちに被害と加害の構図に重ねたり、原理主義的に規範を参照したりするのではなく、相手立場に思いをめぐらせて、尊重しあえるようになればと願わずはいられないのです。

2021-03-08

anond:20210308135643

えっ?それってネトリベやネトウヨ、なんならはてなーの多くに当てはまる気がするけど…

というかかなりの一般人にも当てはまるような?

人間本来持ちうる(負の)特質を一部の属性特有のものということにしたがるのは理解出来ない

それって「日本人虐殺しない」とかの選民思想差別思想と地続きな気がするなあ

2020-12-13

1212

自分自身否定的になっているのは自覚しているし、どうしようもないほど自信が持てなくなっているので、

今度は自分の良い所を占ってみた。

ここで大事なのはランダム性を利用することで理性を挟まずに自分を納得させるという点。

一枚。ワンドのナイト

勇者/出発/出国/

昇進/せっかち/活力/

気高さ/迅速/情熱

勇気、勇敢、前進、行動力

そうだよね。知ってた。猪突猛進

せっかち。

一番乗りはお得意のもの

後先考えずにバッとダッシュするのは得意。

ダッシュしすぎて周りと差が付きすぎ、誰もついてこないのがいつも気に入らないよね。

考えたり、じっくり続けたりするのはそれに比較して得意ではないから、この行動力は一体どこで使えばよいのかしら?

でも、たしか自分特質からそれを認められて良かった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん