「活動的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 活動的とは

2019-08-18

anond:20190818033441

文化資本がしっかりしてるからお金をかけずにいろいろ楽しめるってのは強い

それこそホームパーティーとかサークル活動的な奴とか

ボランティアもしっかり根付いてるし

2019-08-04

気温高いってエナジードリンク並みに効いてるような気がする

梅雨が明けてこの高温状態になってから目が覚めてしまって睡眠時間が5時間くらいなんだけど割と平気で一日過ごせる。

日中もなんかやたら活動的で妙に前向きになっている。

逆に今年の冬はひどく鬱っぽくて病院行ったほうがよいのかなみたいなことを思った。結局行かなかったけど。

これあんまり良くないのかな。

2019-07-28

anond:20190728131652

生産性が無いっていう以上に、活動的バカによる損害を防ぐ必要があるんだよ

そういう話さえ通じない準知的障害でありながら、自分知的障害ではない!!と認識して

オリジナル現実つくってデマ広げたり逆恨みしたりする人間でも

生かしておく、というのがこの社会の総意でございます

おまえら悲劇はむしろ死なせてもらえないことだろ

2019-07-27

おれは10億の男だった

30代半ばで結婚して1年、そろそろ子ども欲しいね、となったので夫婦産婦人科にいってきた。

絶対欲しいというわけではないけれど、そもそも妊娠できるのかどうか知っておきたいのが動機時間的にも金銭的にもつらいという(あとで肉体的にもかなり負担があることを知った)不妊治療をするかどうかはそのあとで考えればいいかと思っていた。あと、妻が子宮頸がん検査をずっとしていないというのも気になっていた。

自分精子、むかしほど栗の花のような匂いを感じなくなっていてこっそりと心配だったというのもある。

選んだのは、無痛分娩もやっている隣駅の産婦人科

女性ばかりだと思ったけれどちらほらカップルもいるし平日の朝から人がたくさん。赤子の鳴き声も聞こえる。

待つことしばらくして、妻の子宮頸がんの検査をする。すぐに問題なさそう、となって一安心

そして臨床検査技師さん(だったと思う)から妊娠不妊治療について説明を受ける。段階を経て検査して、何サイクルかしてからステップアップするとのこと。

無痛分娩は予約けっこういっぱいなので早めに、ということ。少子化だけれど産婦人科はどこも忙しい。

そして、心配事のひとつだった自分精子について、エッチな本でもおいてある採精室でもあるのかと思ったけれど、ただ蓋つきのカップとそれをいれる袋をもらって、いれて1時間めどで持ってきてください、とのことですこし拍子抜け。

注意点は、冷やす活動的でなくなるということだけ。冬はタオルまくのかな。話しぶりからすると妻がもってくることを想定していることに引っかかりを覚えつつ、次回もってきます、となりました。

次の予約日は、妻の月経間中に基礎ホルモンを調べるときなのでそこにあわせてもってくることに。各検査も、月経の何日後目途とかかなり細かくて日程や予約が難しそう。

そして55時間くらいの禁欲ののちの予約日の朝、妻に興味深そうに見守られるなか射精してカップにいれて病院で受付にわたす。

基礎ホルモン検査とあわせて聞くことができた結果は、静液量6.4ml精子濃度1億7800万/ml運動率71.9%。つまり精子数が、11億3900万あって問題ないとのこと。

まず、性教育でならった3-4億くらいというのとけっこう違うと思った。中学生時代は、毎回性衝動に突き動かされて3億匹もの精子ゴミ箱に捨てることに罪悪感をもっていたのは桁が違ったな、と。

ちなみに、最低限の基準としてはWHO基準では静液量1.5ml以上、精子濃度1500万以上、運動率32%以上なら妊娠問題ないとのこと。

また、産婦人科たぬきち先生によると、精液6mlを超える人はなかなかまれ。また多いと薄くなりがちとのことでかなり強いのではないか

ほっとするような気持ちもありつつ、自分努力ではないところでみっともないんですがちょっぴり自慢したい気もする。下品だし、なんらかの原因で問題を抱えている人にとってはセンシティブすぎる話題なのでここで書いておきます

増田での分布を知りたいので各自トラバ精子量を書いてください。

ちなみに検査1000円でした。

2019-07-25

昔のことをたびたび思い出す

今、病気で療養中なんだけど

活動的一生懸命目標に向かっていた昔のことを頻繁に思い出すんだ

病気で体があまり動けなくってさ、今の現状に落ち込む。

すっごい一生懸命資格試験勉強してた学生時代とか、24時間刻みで活動してたし、朝起きて準備して大学行って国家試験受けて受かった時の喜びとかそれなりにあった。

社会にでて周りからいじめられてもなんとか頑張って日々をやりくりしてきた。そんな過去日常は本当に体全体で時間を走りぬいてきてたんだとおもう

嫌なことも多かったし、つらかったことのほうが多くてたくさん傷ついたこともあったけど、倒れてしまったんだ。

それでもアクティブさの消えた今の自分にとってはまだその過去のほうが充実感は少しあったんだわ

あの頑張りが今の落ちぶれた自分につながっていたのかとか考えてしまってさ

これはもうあかんなあ

立ち上がる気力でてこんねん このまま病死かなぁ

2019-07-23

どうでもいい小ネタ

モデルやってる人、特に女性に多いんだけれど

やたら動物愛護だとか

ペット保護活動的とかそのためのアカウント持ってる人

あれ何でそんなことしてるかわかってる人少ないよな

週刊誌はこういうのも暴いた方が良いんじゃないの?

2019-07-21

統合失調症患者なんだけど

まぁリンク貼るの面倒だけど、統合失調症患者に救済はいらないみたいなアホ記事読んだので患者として思うことをつらつらと。

まず救済を経済的支援しか考えてないのがバカだよね。患者にとって何が救済かというと社会存在を許されることが救済じゃねーの?と思う。

まぁ社会存在を許されるってフワッとした事書いたけど、統合失調症患者ってのは実は重大犯罪を犯してしま確率がふつーの人よりも高い。重大犯罪まで行かなくても、妄想幻聴他人迷惑をかけることも多い。ってか、統合失調症の何が障害なのかというと、急性期の妄想幻聴社会と穏当に接することができなくなるのが最大の障害な訳だ。それが社会存在を許されない状態だと俺は定義する。

で、社会存在を許されるのはそうした社会との接点を取り戻す状態のことを俺は指す。では、そのために何が必要なのか?

それが治療であり、社会というか周囲の人の理解でもあり、そうしたものが与えられるのが救済だろうと思う。

で、統合失調症ってのは大きく分けて急性期と陰性期と寛解があるんだけど、社会との接触が極端に困難になるのが急性期だ。これが統合失調症の主症状として知られる妄想幻聴が出る状態にある。そして、この急性期に関しては薬が非常によく効く。急性期が数ヶ月で抑えられることもあるくらいに。

急性期を乗り越えた後には陰性期がやってくる。陰性期ってのはほぼうつ病と同じような感じで、妄想幻聴はみられないけれども意欲などが減退し社会活動が取れない状態にある。この陰性期に効く薬はあまりないと言われている。そしてこの状態は大抵が急性期よりも長く、数年単位で続く。

けれども徐々に活動的になってきて、ここで再発への道を進むのか寛解(再発の可能性があるから治ったとは言い切れないんだけど症状は出ない状態を指す)するのかが、陰性期にもちゃんと薬を飲んでいたかによって決まってくる。ここまで来ると寛解するのが全体の6割くらいだ。

まり、全員とは言わないがその多くが社会との接点を取り戻せる状態にまで持ってこれる。また、寛解まで持っていけなくても症状が軽い状態で安定することも少なくない。

ここで本当に社会存在を許される状態になるには、周辺の理解がどうしても必要になる。

から俺はあのバカを書いた増田を許さない。生半可な知識統合失調症は治らないと広める試みを許さない。厳密な言葉定義を問うなら治るとは言えない病気だが、寛解一般の人が想像する「治った」と言える状態のことだ。

あいうのが広まってしまうことは、統合失調症患者社会復帰を、つまり救済を遠ざける。幸いなるかな、ブコメではボロクソに言われてるんでそこはそんなに心配しているわけじゃないけど、しかし見過ごすにはあまりにも目に余る。

精神科医意味が無いとまで言うけれども、医者になれるような方々が何十年もかけて何百何千の患者を診て少しづつ進めてきた治療歴史を思えばあんな浅はかなことはかけないはずなのに、まぁそれが分からいかバカなんだろう。

ぼくのかんがえたさいきょうのきゅうさいでオナニーしてるから全能感溢れてていいねー、って言われる事すら理解してないもんな。

2019-06-30

就活を終えたのに、大手病にかかっている自分が嫌いだ。

私、21歳。四年制大学の4年生。

それなりに名の通った学校で、はじめましての人にも大学名を言っただけで「頭いいね」「学生生活充実してるでしょ」と言われるようなところに通っている。

私はついこの間まで就活生だった。今もそうかもしれないけど。

GWとに、あるITメガベンの子会社内定をもらって、実質的にそこで就活を終えた。

自分としては満足だった。

それなりに名の通ったイケイケの会社の子会社だし、自分のやりたいこともできる。当時理想としてた環境もそろってる。

こんな事を言うのもなんだけど、自分は周りの同期より情報感度も高いし、ITベンチャーで1年以上インターンをしたりと活動的に動いてきた人間だと思う。

から早々に内定をもらえたし、これでいいんだと思ってた。

だけど、6月に入って、大手志望の周りの同級生が次々と有名企業内定を決めた。

就活がひと段落して、同級生然り先輩後輩と話したり飲む機会が増えた。当然、進路の話が話題にのぼる。

周りの人は私の内定先を聞いても興味を示さない。

というか、鼻で笑われているような気がする。「何それ(笑)」って言われている気がする。

同期の有名企業内定先ばかりがフューチャーされて、おだてられる。

後輩は、有名企業内定を貰った同期の話を聞きたがる。私の話なんて目もくれない。

先輩は、自分企業の話ばかり。大手企業ならではの愚痴を話している

なんか、つらい。

自分って、大した人間じゃなかったんだなぁって。

内心でずっと周りを見下していた罰だなって、思う。

やっぱり大手を受けておけばよかったのかな。

そうしたら、吹っ切れてたのかな。

でも、やりたいことしかやりたくないと思う自分もいるんだよな。

一度は納得して、いいなって思った企業内定を貰ったのに申し訳ない。

自分内定先に誇りを持てばいいのに、

こんな風に思ってしまっている自分が恥ずかしい。

これでいいのかな。

2019-06-01

消費型オタクにもやっとする

ツイッターの@より右側の記述にもやっとする。

とくに消費型オタクに。

生産オタクなら@C95 1日目A-01a みたいな記述になるけど

消費型オタクだとデレ7th一日目 みたいになる。

ライブ参加するのはわかったけど、それって宣伝すること?ライブ行くからなんなの?

自分活動的なのをアピールしたいんだろうけど、でっていう感想しかない。

これは何を目的にしてるの?

2019-05-29

オタクネトウヨではない

それ未満の存在

オタクは言って良いことと悪いことの区別がつかない(あるいは意図的区別してない)

某DCGでは障碍者に対する差別語があまりに多用されすぎてほとんど公式用語同然になっている

e-sportsパラリンピック」という揶揄には絶句するしかない

オーバーウォッチリーグオブレジェンドなどのFPSMOBAにしてもヘイトだのハラスだの人権だの奴隷だの用語がいちいち攻撃的だ

オタクポリコレポリコレと喧しい理由が伺える

ユーザーだけでなく企業悪乗りが始まっており、某ネットバズを安易に使いまくるソシャゲも一向に糾弾される気配がない(マイナーから?)

割と歴史のあるTCGまで個人攻撃的なネットバズに手を染めたのには失望しかない

ネトウヨオタクセットの一品目でしかない

外国人障碍者地域LGBT女性容姿低所得者、あらゆる差別を混ぜ合わせたおぞましいキマイラめいたモンスター

オタクはあらゆる正義、公正、良識、秩序の敵だ

オタクは熱心なネトウヨと違って外で排外運動することもないので(むしろ活動的ネトウヨ晒して嘲っている)公正の機会もない

まったく救いようがない

2019-05-25

リアル知人をブロックして自己満足した

SNS相手ブロックすることなんて日常に溢れていて今更言及する必要もないが、自分自身の心の整理のために書く。

私が週一で顔を出すサークルに、とある知人Aがいる。

Aは自然と周囲に人が集まるタイプ人物で、サークル部長を任されるくらいに人望が厚い。

Aは活動的人間で、複数サークル所属していて(いわゆる『兼サー』)精力的に活動しているらしい。

大学入学した当初、Aの面白そうなツイートを見て興味が湧いた私は彼女フォロー飛ばして、その後Aからフォローが返ってきた。このフォロー/リフォロー前後はあるいは逆だったかもしれない、正確なことは覚えていない。

とりあえず、現実で対面する前から私とAとはFF関係だった。

フォローした当時はAとは一切面識がなく、Aのアカウント中の人がAであったことはサークルに入ってしばらく経ってから知った。

サークルでのAと私の関係は至って普通で、大きな諍いが起こったこともなく日常的に会話もする、サークルの終わりに二人で食事に行ったこともあった。

私に対するAの態度は特別でもなければ嫌っていることもない普通のそれであった。

Aに不信感・嫌悪感を抱き始めた切っ掛けは、ごく小さな彼女言動だった。

サークル活動お菓子を作っていた時のことだ。

Aが危なっかしい手付きで作業していたので「ここをこうした方が良いんじゃない?」と親切心でアドバイスしたところ彼女は「人の揚げ足を取らないでよ」と返してきたのだ。

この時は相当衝撃を受けた。『揚げ足』という言葉は格上や同等の人間に対して使われることは少なく大抵は格下の人間に向けて使う言葉からだ。(似たような言葉として”調子に乗るな”という言葉がある)

私は同学年のAと対等にありたかったし対等に見ていた。

しかし、この時「どうしてそのような言葉を使うのか、もしかして私はAから見下されているのではないか」という小さな猜疑心が内に芽生えた。

それ以降、Aと会話する度に彼女言動一つ一つに違和感を覚えるようになった。

Aと議論しているとき彼女当事者であるにも拘らず「どうどう」と茶化すように私のことをあやしてきたこと。

Aが仕事を振るとき、私だけ仕事を少ないこと。

Aと話の流れで食事に行くことになった時、彼女スマホを弄って一向にその場から動こうとしなかったこと。

約束を守らないこと等々。

私は自身が繊細で被害妄想の気があることを自覚しているので何度も猜疑心を打ち消したが、こうした出来事が積み重なって『Aは私を見下している』という結論に至った。

あるとき私がTwitterで「リアルの知り合いをブロック解除したらギスギスするよね」というツイートをした際、Aが空中リプライで「ブロックして相手が傷つくと思っている人って自己肯定感高すぎるでしょ」といったツイートをした。空中リプライではなかったかもしれないがタイミングから観て、私のことに言及しているのは決定的だった。

どうしてこの人は人に対して攻撃的で自分物差ししか人を見れないんだろうと思った。

かに私は自己肯定感が低いフリをして自己肯定感が高い最悪な人間だ。が、それ以上にAにツイートを見られたくなかったから私はブロック解除がしたい。

とりあえず私はAのツイートから彼女彼女が見下している私ごときブロックされても傷つかないしギスギスすることはないのだろう、と推測してブロック解除した。

ブロック解除した瞬間は解放感に似た爽快なものがあったが、これからのことを考えると憂鬱でもあった。

もうこれ以上Aに精神不安定にさせられるのは御免だった。


サークル活動自体楽しいのでこれからも続けていく。

Aとの関係も表面上は今まで通り続いていくと思う。

口先だけの天然見下し人間関係があっても疲れるだけだった。

2019-04-29

LGBT差別をする奴はマトモじゃない」みたいな流れは好きじゃない

なぜ2019年日本で、トランスジェンダー女性たちが攻撃されているのか https://bunshun.jp/articles/-/11620

この記事ホットエントリに上がっていて、そうかまだLGBT記事って注目されるんだなぁと(この記事に関しては言いたいことが多いし割愛)。ただ正直なところ、たまに目にする「LGBT差別をする奴はマトモじゃない」みたいな流れはあまりきじゃない。いや、差別絶対によくないし、LGBTの方々が生きやす世界だといいなって心から思う。だからこそ、「LGBT差別をする奴はマトモじゃない」流れはわりと怖い。まだまだ、反発されてもしょうがないのが現状なんじゃないのかなと思う。自分価値観が揺さぶられることって結構抵抗感があると思う。それはおかしいから改めましょうねと言われてすんなり受け入れられることの方が難しいんじゃないか嫌悪感からスタートして理解して受け入れるようになるにはそう簡単なことじゃないはずだ。綺麗事ばっかり言えばいいわけじゃないはずだ。理解されてほしいから極端な感情論はできれば少ないことを願う。

私の妹はLGBTで、女から男になったのでFTMというやつだと思う。わりと活動的TVとか雑誌かにもでたことがあるらしい。だから親族はみんな知っている。無論、応援している。妹を応援してくれている叔父アラサーの私に「いい加減結婚しないのか?行き遅れるぞ」と会うたびに言うので、肉親にトランスジェンダーがいても、こんなセクハラ発言をするんだなぁと毎回驚いてしまう。私がLGBT可能性は1ミリも考えないのだろう。当事者の親戚でさえこの程度なんだ。ニュースで聞いたことはあるけれどよくわからないという人の方が多いんじゃないかな。だから無意識LGBT差別していることはあると思う。多々の差別行為で傷ついたLGBTの方々には一緒に理解ある世界を作って行きましょうと言いたいし、「LGBT差別をする奴はマトモじゃない」と言う過激派の方々には私の肉親にはこんな人もいてねとゆっくり理解してもらえるようにがんばりましょうと伝えたい。

妹の件もあってLGBT関係は日頃から気にしていたけれど、なんか近年は妙に攻撃的というか排他的になっている印象がある。理解が進んだことはとても感謝すべきことなんだけど「理解できないなんてどうかしている」みたいな意見も多くて怖いなと思う。LGBTとして生きる自由もあるようにLGBT理解できないことを許されることがあってもいいんじゃないか。差別をしないために、理解をするために、今理解できないという状態を許されてもいいのではないかと思う。

個人的には差別的行為をしなければ理解できなくても許されるのかなと思っている。理解できないという自由があってもいいと思う。あ、無意識的な差別行為もあるだろうから難しいのかな。

とにかく私としては、妹と妹の友人(LGBT関係の仲間)が日々幸せだといいなぁと思っていて、変な極論は誰も幸せにしないだろうと危惧している。

休日だけど外出できない

数ヶ月前に転職して収入がやっと人並みになったけど、転職する前は貧乏貧乏で、休日は家にこもっていた。転職してから初めての連休だけど、習慣で外出できない体になってしまった。昔はもうちょっと活動的だった気がするけど、思い出せない。

2019-04-26

創作作品キャラの中身は○○じゃん問題

https://togetter.com/li/1341666

日本ヒロインは(活発・活動的でも)「中身はおっさん」「男の作者の自我投影した」ものである…かどうかの議論

これ読んでて確かに中身がおっさん作品ってあるなとは思ったんだけど別にそんな悪いことじゃないよな

男性作者でも女性作者でも観察眼とかキャラクター造形の巧い下手があるだけでそのこと自体問題があるわけじゃないように思う

荒井小豆の「醤油を借りにいくだけで死ぬことがある世界の中級サバイバルガイド

なんてまさに中身おっさんだよな!って思って読んでるけど

でもその部分こそにユーモアがあるしものすごく面白い描き方だよなーって感じる作品ですごく好き

団地ともお」も中身全員作者かなって思って読むけどでもやっぱり面白い

あと映画じゃないんだけど橋田壽賀子ドラマ老いも若きも男も女もキャラクターの中身全員橋田壽賀子だよね って思った

老いも若きも男も女も全員台詞回しが同じで「こしらえて」とか言う 

2019-04-15

anond:20190415095325

あー、女性学ってもともとそういう背景があるんだよ。もともと女性学ってのは、資本社会から労働階級解放、と、性から女性解放、のアナロジーが根強くあるんだよ。つまりマルクス主義的色彩が極めて濃いわけ。だから学問的というよりは活動的、って言われて然るべきところがある。ちなみにマルクス主義から女性学解放しようとしたのはかの田嶋陽子だった、って話もあるんだが。

2019-04-05

三年以上精神科入院してて先週退院した23歳だけど人生詰んでる

高校2年のときに体調を崩し始めて、体の不調がだんだん精神的な不調に変わり始め、

最初の三ヶ月の精神入院をはじまりとして

退院→2ヶ月おきに再入院、を繰り返してた

ちょうど三年前、ガチ自殺未遂やらかして、それから一週間前までずーっと入院

しかも途中で突然幻聴がはじまり、病名が気分変調症から統合失調症に変わった

色々な薬を試したり、カウンセリングを受けたり、精神コントロールできるように色々努力して試行錯誤して、やっと一週間前に退院した

気がつけば23歳(今年で24)になっていた

3つ年下の妹は大学の三年生になっていて、勉強したりバイトしたりしてる

高校時代の友人も大学卒業就職し、順調に人生の歩みを進めている

それに比べて自分は、高卒認定こそ取ったもの学歴上は中卒 就労経験もほぼ無し(たまにラ×サーズなどで在宅ライター仕事をしたり、絵が得意なのでソシャゲなどのイラストレーター仕事はしてる)

今回は入院期間が長かったこともあり、主治医デイケアを勧められ、週に3回通っている

退院して一週間、今の所は遅刻休みもなく通えていて、デイケアが無い日にも映画を見に行ったり活動的に過ごせてた

でも三年間も入院していて免疫力が低下していたのか、昨日起きたら風邪をひいてしまっていた

風邪はいつか治るけど、デイケア通いに支障が出たり、そのせいで生活リズムが崩れてまた再入院、ということになったらどうしよう

私もう24なんだよ

普通ならみんな働いてる年なんだよ

なのに私は1銭も稼がず(退院したてなので在宅ワークも禁じられてる)親の脛かじって生活してる

職歴なしってほんと流石にやばいよね、高校だってバイトしてるのに

また再入院したらどうしよう、とか、大学行きたいけど受かっても毎日ちゃんと通えるか、とか、こんな経歴で雇ってくれる会社なんてあるのか、とか

病気についてみんなに知って偏見をなくしてもらいたくて

今までの経過や生活手帳を取得したことなどをFacebookに書いたら

5人の子ブロックされた 聞いたところによると手帳もらうほどの糖質患者は付き合うに値しないらしい

病院でも「働いた事ないの?!」って何回驚かれたことか

仕方ないじゃん あなた発症も遅かったかバイトくらいはできてたのかもしれないけど

こっちバイト禁止高校の途中で発症したんだから

でもそんな言い訳就活では通用しないんだろうな

また再入院したくないよ ちゃんとみんなと同じように大学いって就職たかったよ 

生きていくのが怖いよ

でも風邪のんだら熱下がったし 明後日デイケアの日だから頑張ろう

2019-03-30

彼女とつるみ始めて8年、始めて友人の地元である山口県に行ってきた

8年前に某所のオタSNSで仲良くなった彼女

そして偶然にも同じ年齢、趣味結構被った

そんな彼女地元山口の某端っこの市に先日行ってきた、ライブ観劇もないのに

それ迄は年に1ー2度東京で会っていた

彼女は毎年それなりに東京に来ていたのだが

ある年に体調を崩し、東京に来られない話をされたので

同じ年の私は物凄い心配したのだ

たまたま2016年の冬に某凱旋公演が九州であり、コレで福岡に行けば良い

ついでに!と言って彼女に会えば不安は減るだろうし

福岡に行った事がないかオールオッケーだ!と思い3泊4日の福岡

彼女とは数時間しか会えなかったが物凄い楽しかった

ひらおとロバートコーヒーがあるのがとても羨ましい

あそこには毎日行ってしまった、後は中洲中華屋

そして2018年春、ちょうど人気の博多座公演のチケットの良番が取れ

今度は彼女小倉門司港に行く事に

門司港は抜けるような青空に爽やかな海風が吹く素敵な街だった

門司港から見える巌流島の前で紙芝居を行っていた

小倉はあの憧れの北九州マンガミュージアムがあり

ちょうどモーさま(萩尾望都先生)とドジさま(木原敏江先生)の素晴らしい原画展を

開催しておりそれだけで福岡まで来た甲斐がある素晴らしい展示であった

ここまで書いていて友達山口の方なのに、山口県の話出てこないと思うけどちょっと待ってね






そして門司港から山口県を見た時思ったのだ









「私は下関から門司港を見る、彼女普段見ている景色を私も見る」


海無し県の私には海峡など見た事も無かった




そして2019年3月某日

遂に山口県に行く事になった、山口県は宇部空港と萩石見空港がある(岩国もだが)

私は羽田から宇部空港に向かった、彼女地元からレンタカーで迎えに来てくれた

好きな作品の二つが山口県を舞台にしているのでその聖地に行く目的もあった

聖地は格別であった、やはりキャラ気持ちに浸れる

<ここじゃラクダ親父にくびり殺されるとおもって逃げ出すよな、母ちゃん役立たないし

お姉ちゃん活動的じゃなかったら弟共々あの世行くわ、例えテリブル東京でも

東京に行きたい気持ちがわかるわ>

と思ったりしていた、しかしこれは見に行かなかったら出て来なかった発想だ

それまでは「シェルター行け」「民生委員相談」「そもそも学校何してる?」

という思いが多かった、例の

「つけびしてー」

の方の気持ちまでわかるようであった


二泊三日で到着の朝9時から最終日の11時30分まで山口県の様々な場所を巡ったが

角島の大橋も萩明倫館も下関日和山公園もどこも良い所であった

平家茶屋はあの値段で良いのか?1・8倍は値上げしても客来るぞ

たかせの川棚本店も値上げして良い、などあくどい事を考えていた

彼女普段見ている景色を見るのは新鮮であった


3日目には彼女はいないので唐戸から巌流島渡り門司港

昨年も門司港に来たが素敵な街だと思う、関東にこんな街は他にあるのかな?

私の地元鉄剣タローは違う意味レトロだけど…

門司港から最後目的である萩岩睦美先生原画展の為北九州マンガミュージアム

萩岩先生カラーイラストカラーインクで描かれているので退色しやす

展示は殆ど無かったらしいのだが、40周年記念で最初最後との事

この為だけで旅費の元は取れる素晴らしさであった

シロヤでお菓子を買い北九州空港から羽田に帰った



そして思ったのだ



職場の同じ部署20人中3人しか山口県に行った事がないと話しをしていたが

・おじいちゃん実家山口県の光市から子供の頃は行ってたよ

山口県の某博物館で主人の友人が企画をして日帰りで見に行ったの

広島のやつにいろり山賊に連れて行かれたんだ




山口県は車が無いと詰むし活動出来ない

anond:20190330004723

俺は君が言う活動的福祉にありつけてる立場なんで、どうやって福祉にたどり着けるかをアドバイス出来ると思ってたんだけど。

まあ、自分大事だと思うところを勝手に書いてもう寝るわ。念のため言うと君が実行出来る内容じゃないから。

福祉サービスを受けるにあたって、1番大切なのはなるべくたくさんの人を巻き込むこと。

医者病院ケースワーカー役所保健師さん辺りから始めて、自分が受けられる福祉サービス担当者とかまで。そうすることで適度に連携してもらえる。

次に、窓口をちゃんと守ること。例えば、ケースワーカーさんに就職したいと相談しても窓口違いなので何にもならない。就職したいのだけど支援してくれる窓口は分かりますか?と福祉関係者の誰かに訊いて、紹介を受けるのが正解。

それと、約束を守ること。診断書が出来たら連絡くださいとかお願いされてたら、ちゃんとそれを守る。自分で行うのが難しいのなら人に頼む。連絡忘れそうなので病院の側からも一報お願い出来ますか?とか。

あと、仁義は通す。もしこの病院合わないと思ったとしても勝手に転院したりしないで、ちゃん紹介状をもらってからやるとか。

あと、当たり前の話だけど、ものごとが希望した通りに進まなくても担当者さんたちに当たらない。

書類を揃えるのとかも重要なんだけど、そういう事務的な事については自分で全部把握してなくても、繋がってる福祉関係者の誰かが気づいて教えてくれたりするので、やっぱり人の繋がり大事

2019-03-29

能動的な福祉必要だという当たり前の話

引きこもりおじさんが話題だな

こんなもん100%社会責任であって自己責任ではあり得ない

病院に行けと言われても行けないやつがい

福祉申請しろと言われても出来ないやつがい

かく言う俺もそのタイプ

何度も増田自分の窮状を訴えたが

答えは病院に行けと

バカばっか集まってんだろここも社会

ふざけやがって

そのせいで押しの強い活動的な奴は困ってもないのに社会福祉にありつけ

一方俺や引きこもりおじさんのような弱者社会福祉を受けれず親が死ぬまで待つの

お前らはこれを放置してる血も涙もない中世土人と一緒

ふざけんなよカス共が

呪ってやる呪い殺されても文句言うなよ

2019-03-28

anond:20190328130609

そうなんだよ。この後もしつこくしつこく数年に渡って忠告を続けて、ついにはやめさせることに成功している。後の短編 https://221b.jp/h/miss.html から更に引用

実際、我々の仕事は非常に閑散とした状態だった。そしてこのような不活発な時期が恐ろしい事を、私は経験から学んでいた。ホームズ頭脳は異常なほど活動的で、働かせる対象を与えずに放置しておくのは危険だった。何年もかけて、私は徐々に、彼の素晴らしい経歴を危うくしかねなかった薬物依存を和らげてきた。普通の状況下では、彼がもう人工的刺激物を必要としないことは分かっていた。しかし私はこの悪習が死滅したのではなく、眠っているだけだという事を良く知っていた。そしてこの仕事のない期間、ホームズ禁欲的な顔がやつれた表情になり、謎めいた奥深い目が陰気になっていくのを見ていたので、その眠りが浅くなり目覚めが近づいていることが分かっていた。それゆえ、私はこのオーバートン氏に感謝した。彼が誰であろうとも、この謎めいた電報を打ち、ホームズにとって彼の波乱に満ちた人生のどんな冒険よりも、さらに恐ろしい危険をもたらす平穏を破ってくれたのだ。

2019-03-21

ゾンビのお世話係

お世話係の朝は着替えから始まる。

まずはおむつチェックだ。便尿失禁があれば体を洗ってからおむつを交換する。

交換中に便が出てくることもしばしばだが、それは健康(?)な証拠だ。

  

ゾンビ症候群

ウィルスと菌の複合感染と噂されているこの病気大脳細胞が徐々に死んでいき、次に心臓が停止する。しかし、体は動くのである

もちろん大脳が死んでいるので理性はほとんど無い。

そのためゾンビ症候群と名付けられた。

治療法はないが、皮膚を防腐処理すると生存期間が伸びることはわかっている。

まだ、法的に生きているとも死んでいるとも決着がつかない状況の中でこのお世話係の仕事が生まれた。、

ちなみに4週8休、月給20万円、夜勤有りである。2週間の研修を受けると実務ができる。

  

食事時は戦場である

お皿をひっくり返したり、吐いたり吹いたりは平和日常である

気に食わないときは引っ掻いたり噛みついたりしてくる。

新鮮な生肉食事に出すという実験をしたものがいたがどのゾンビも食べなかったので、

人間を食料だと思ってかじりつくのではないらしい。

常に全力なので結構痛い。でも反撃NG。縛り付けるのもNG

武術の達人のように受け流すことが求められる。

ちなみに本当に食事必要なのかは誰も試したことはない。

  

月に一回病院で検診を受ける。

専門の病院暮らしている場合もあるが、施設から送迎バスで移動することもある。ちなみに施設は街から離れた辺鄙場所にある。

から近いほうがなにかと便利なのだ住民反対運動が実を結び、電車で通えば一時間場所に作られるのである

検診といっても治療法も原因もわかっていないので、動いているか確認と防腐剤の軟膏を塗るついでに皮膚が腐ってないか見て終わりである

  

意外と重要なのが運動である

活動的ゾンビが多いが、動かないゾンビは本当に動かない。

どうにかして動かさないと、万年床の床が腐っていくように皮膚も筋肉も腐っていく。

関節も動かなくなり。着替えをさせようと腕を動かすと骨が折れたりする。

  

その他の時間はなぜかお遊戯流行っている。

使命感に燃えた元小学校校長自主的活動スタンダードになったらしいが、本当のところは誰も知らない

しかし、お世話係は明日やるお遊戯必死で考えている。

  

こんな仕事なのでお世話係は人から「優しい性格」だと思われている。

というか優しい人であることを強要されている。

彼らの低待遇ですらその優しさの証明と思われている。

2019-03-08

学生運動家=パリピ 論

本当はどこかできちんと書くネタかな、とも思うんだけど燃えそうな危うさもあり、増田へ。

かつて日本を騒がした学生運動別に学生に限らないんだけど、つまりは何らかの闘争行為に加担してた人ね)って生まれ時代が違って、いま大学生ならきっとイベサーに入ってた思うんだよね。

そんでほら、日大だったかイベサーの代表が集金に絡んで逮捕されてたけど、あいつだって時代が違えば学生運動をやっていたんじゃないかな。

学生運動ならオルグっていうのかな、イベサーにも強引な勧誘とかあってさ。

そんでぼんやりと生きて来た大学生はなんとなくヤラレチャッテずるずると加入していくことになるんだよね。

高校生じゃあんまりできない(もちろんやってる人もいるよ!)大人っぽい(大人から見れば幼稚だけどね)遊びとか活動思想に感化されたり、逆らえなくなったり。

自分探し自分表現するとかの手段でもあってさ、活動的な奴はどちらでも頭角を現すだろうさ(全然いいことじゃないけどね)。

なにが言いたいかって言うと、人間あんまり変わんないことかな。

学生運動に興じていた老人方がイベサーの事件とか見て「気が狂ってる」とか言うけど、死者数考えりゃあんたらの方が断然狂ってたし「品性がない」とか言うけども学生運動家たちのやったことと比べりゃお上品だろ、とか思っちゃうよね。

あとこれだけは言うんだけど、じゃあ今、学生運動家なんてやってる奴はなにかっていうろと、アンテナ腐った馬鹿か中二のどっちかだと思う。

たまたま時代が違ってサリンを撒く側にいなかっただけ。

2019-01-30

薄々というか結構ガンガンに感じてたけどアメリカって

保守的女性活動的女性をそんなのではいけません!女性は斯くあるべきです!て一方の価値観で他を押しやってた時代とやってる事何もかわんないんだなって今回のトイ・ストーリで改めて思ってやばさに笑った

ファッションでさえ偏見にまみれてそこに自由が許されない感じがやばい

強い女性スカートはかないものなんだって

シュガラでルームウェア画像公開の時に一人もドレスタイプ着てなくて薄々分かってたってなったけどほんとやばすぎて笑う

前にアメリカじゃ子供プリンセスカラー好きだと自立出来ないんじゃないかと親が心配してみたいな記事見てマジかよって笑ったけどマジなんだなって感じ

女性の中の独自価値観による強さじゃなく女性的とされる要素を弱さってやって排除してステレオタイプ男性的な強さに寄る事で安易に強い女性!ってやるやつ拭い去れないアメリカ女性蔑視の闇って感じでほんと笑う

なのに同時進行でマッチョさだけが男性の強さや魅力じゃないってキャンペーンが幅利かせてるのもやばくて笑う

イギリスは割とそうでもない印象なのは女王存在が強いのかな

服装女性保守的である事や活動的男性的でない事が必ずしも弱さを意味するものではないって見てれば分かるもんな

2019-01-21

anond:20190121020809

ありがとう

外的要因であった仕事の稼働の高さから退職して逃げ出したんだよね

最初はぐったりしてても仕方ないかなって思えてたんだけどそのまま何もなしに半年経ってしまった

自律神経おかしくて病院行ってて症状落ち着いたからそろそろ大丈夫かなって通院やめてでも活動的になるでもなく結局布団で一日が過ぎていくのを待つ感じの毎日

ソシャゲイベントしんどいよね 息抜きのつもりのはずだったのに疲れちゃうのわかる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん