「あいつだ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あいつだとは

2018-12-28

anond:20181228191015

すいすいすいようび~


あいつだぁぁ

ねこみこなんとか愛してる

こいつだぁぁ

2018-12-18

anond:20181218032543

入籍しそうな知人の一人が思い浮かんだ

あいつだったら祝福してやりたい

ということで、おめでとう

2018-12-17

ペットロスやばい

一昨日、うちの犬が逝ったんです。13歳のボーダーコリー

そしたらなんかめちゃくちゃ悲しくて眠れないんです。

で、スマホ見たら待ち受けも奴の写真で、メアドも奴の名前をもじったのなんです。

なんだったら部屋にもカレンダーやら写りのいい写真が置いてある。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

お前な、13年ごとき勝手に死んでんじゃねーよ、ボケが。

足りねーよ全然

なんか父親も泣いてるし。一家全員でペットロスか。おめでてーな。

悲痛な顔であいつ他の犬ダメな奴だったかペット霊園でうまくやれるかな、とか言ってるの。もう見てらんない。

お前な、私の寿命なんかいくらだってくれてやるのに。

みんな冗談言ったり思い出話するけど、なんか殺伐としてるんだよ。

テーブルの下に座った奴がどこから顔出すかわからない、

そんな雰囲気がいいんじゃねーか。いつまですっこんでるつもりなんだ。

で、やっと一人暮らしの家に帰ったと思ったら、ぬいぐるみがあるわけです。

そこでまた号泣ですよ。

あのな、死ぬなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。

綺麗な顔して何が、そんなに苦しまなかった、だ。

お前は本当に幸せだったのか問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい

お前、わがまま放題だったけれど、ほんとにちゃん幸せやったんかと。

愛犬家の俺から言わせてもらえばもう、新しい犬なんか二度と飼わない。これだね。

うちの犬あいつだけ。これが通のやり方。

あいつだけだから思い出が多めに入ってる。そん代わり悲しみも多め。これ。

で、それに大盛りフォト(写真)。これ最強。

しかしこれを見ると涙が止まらない危険も伴う、諸刃の剣

素人にはお薦め出来ない。

まあお前らド素人は、生きてるうちにたくさん可愛がってやれってこった。

つらい。

2018-10-31

スナッフビデオが何か分かってる奴2人だけ説

というのを提唱してみたい。俺とあいつだけじゃねえか。

2018-10-29

オタクは何故アイドルに会いに行く時に最低限の身嗜みも整えない人が多いのか

元アイドルオタクとして未だに不思議なんだけど、女性ファンイベント前になるとダイエットしたり美容院行ったり化粧や服も頑張ってみたりで、現場に行くとめちゃくちゃ可愛い子がゴロゴロいるんだけど男性ファンって清潔感のかけらもない人達ばっかりだし、なんか臭いんだけど、あれなんなの?なぜ?

@piggyme__さんのツイート: https://twitter.com/piggyme__/status/1052774891097751552?s=09

ちょっと前にバズったこ

リプを見ていたら、女は目立ってアイドルに見てもらおうとしていると批判的に言う男性結構いて驚いた。

まり男性アイドルを見に行く時に身嗜みを整える=あいつだけ目立ってアイドルに見て貰おうとしていると同じオタク男子から顰蹙を買うから汚い姿で行くのだろうか。

つーか男オタクアイドルに見られてる意識がないから的な主張も見かけるが、度々握手会などで顔をしかめている女アイドル写真が晒されるのは何なんだよと思う。

アイドルの反応はめちゃくちゃ気にしてるのに身嗜み整えないのは謎だ。

アイドルセクハラなど変な絡みをするのもオタク特有文化だが、男オタクがどれだけ身だしなみや言動臭いが酷くても、アイドル笑顔我慢するのが義務だと思ってるとこもあるのだろうか。

2018-10-26

anond:20181026020819

自分も金(モノ)欲しい! なんであいつだけずるいって

僻んでるんだと最近思うようになった。自分がそうだから

金持ちになれば心は広くなりそう。

2018-10-23

日本人全員が一斉に仕事をしなくなったらみんなが生活保護で食べていけるようになるのかな

でもたいていはこういう「みんなで一斉にこうしようよ」っていう提案に対して絶対に抜け駆けする人って出てくるよね

そういう人が一人でもいると「あっ、あいつだけズルい、俺もそうする!」っていう人が次々に出てきちゃって

結局みんなで一斉という条件が揃わなくなるから計画ダメになるんだよね

ダメになった結果が今の日本なんだろうね

2018-10-20

anond:20181020130738

マンガしかよんでねーけどあそこまで一人でずっとやってて、あのクソ女みたいなやつを助けることだって何回もあったはずなのに、あいつだけ助けて以降随行許すっていうそ動機があまりにもゆるすぎて物語として体をなしてないからクソすぎるんだよ

2018-10-14

鼻の粘膜がやられたようだな

○の粘膜「なあにやつは粘膜四天王の中でも最弱」

□□の粘膜「くくくっ……」

△△の粘膜「くくくっ……」

○の粘膜「あいつだけ伏せ字にならないのか……」

2018-10-13

anond:20181013061147

はい

起きてる時間全部仕事しかもそれが追い詰めるようなものだったら一義に職場が悪いに決まってるだろスカタン

典型的日本的組織だな。同調圧力と惰性で適当なことをしてて、問題起きたら俺は(同調圧力と惰性でやってて周りも同じことをしているから)悪くない。悪いのはあいつだ。みたいな。

2018-10-06

anond:20181006184805

男とか女とかニューハーフとか美形とか醜悪かい概念を捨てろ

お前はお前だ

あいつはあいつだ

もともと特別オンリーワンやぞ

2018-10-03

anond:20181003101410

髭って元自衛官あいつだけだろ?

何百人といる議員のうちたった一人しかいない

2018-09-20

anond:20180920020558

わかるわあ

自分は、政府要人(そう、あいつだよ)を暗殺する妄想をしながら眠りにつく。もちろん妄想

2018-08-21

服の上からおっぱい揉んでるAVみたいに

おっぱいを揉みたかっただけ…

服の中で、いったいどういう形になってるか想像もできない形で動くおっぱいを作り出したかった。

から「服着た状態で揉ませてよ」って頼んだんだ。

そしたら、邪魔してきやがった。

あいつだブラジャーが。

ブラジャーが憎い…人生で初めてブラジャーを恨んだ。

2018-08-05

anond:20180805190908

安倍晋三が真面目でコツコツとかへそで茶がわく

死んだ親父があいつだけは政治家にするなって遺言したぐらいのアホでしょ

男の跡取りならどんなアホでもいい長州人間とは思えない遺言だよ

2018-08-03

女性向けジャンルの学級会って学級委員長存在感デカいせいだな

女性向けジャンルは学級会が多いって話あるじゃん

実際は男性向けでもかなりの頻度であるんだけど、男女両方のジャンルに入ってみると、女性向けジャンルの方がやっぱ学級会に本気なんだよね。

規模がデカいし、長引くし、茶化さずガチで語る人多いし、なんかこう、スルーしづらい。

それでうっかり自分ガチでご意見表明しちゃうとそれがまた他人連鎖する。

それで思ったんだけど、学級会というボトムアップっぽい構図なだけじゃなくて、学級委員長っぽいご意見リーダーインフルエンサーになってるトップダウンな構図でもあるっぽい。

ジャンル全体というより、そのジャンル内の島宇宙的な各クラスタに2~3人くらいは学級委員長自治厨っぽいうるさ型のやつがいる。

そんでその人がなにか問題の種を見つけては注意喚起やら問題提起やらマナー啓蒙らする

男性ジャンルにも学級委員長はいるんだけど、女性ジャンルで特徴的に感じたのは、そういう学級委員長がなぜか島宇宙からハブられてないっぽい。

「またあいつだよ」とか「いつもの先生」みたいに縁切られたり茶化されたりがあまりなくて、聞く耳持ってもらえてる。

男性ジャンルだと鬱陶しがられてハブられて、結局議論好きと啓蒙好きの委員長けが集まる島宇宙ができたりすんだけど、女性向けはそうでもない。

私は男性向けでも女性向けでもそういううるさい人はさっさとフォロー切るんだけど、女性のみなさんは情緒不安定になってまで学級委員長説教聞き続けてる。

まあ結局個人的経験なのに主語デカかったかもしれんけど、そんな風に思ったわ。

2018-07-29

パワハラ野郎死んでほしいなあ

台風あいつだけ死んでくれねーかなあ

2018-07-23

anond:20180723114317

イケメンだったとしてもお前とは関わりたくない。

かにつけて「俺があいつだったら!!」って言いそうだから

イケメンでもネガティブで卑屈な奴と関わりたいやつなんていねから

居るのはダメンズがすきな女だけ。

2018-07-05

[] #58-7「罪罰メーター」

理解に苦しむよ。どうしてこの機械よりも、自分たちの方が罪の重さを正しく推し量れると思えるんだ」

ガイドのその言葉に、兄貴は深い溜め息を吐いた。

その溜め息は呆れからくるものじゃなく、どちらかというと諦めに近いものだったように思う。

「やっぱりな。この機械が正しく罪と罰推し量れることが、全面的に正しいことだって思ってる。それが問題本質的解決できる魔法の粉だと信じているわけだ」

このとき、ミミセンは兄貴の思惑が分かったらしい。

「なるほどね……」

「あ、何が?」

「マスダの兄ちゃんにとって、罪罰メーターが実際にちゃんと計測できているかどうかは重要なことじゃなかったんだ。罪罰メーターに対する考え方を通じて、ガイド無知無理解傲慢さを露わにしたかったんだよ」

あー、それなら俺も分かる。

そういう人間を家から追い出すって形の方が、後腐れがなくなるもんな。

そしてミミセンの予想が正解であることは、その後すぐに分かった。

「では、お気をつけてお帰りください」

兄貴が再び木刀を手に取り、構えに入った。

ガイド危険を察知して咄嗟ステルス機能を使ったけど、これは悪手だった。

木刀を構えた兄貴に対して、まずやるべきことは回避か防御だ。

迷いなく振り下ろされた木刀を、ガイドはほぼ無防備状態で肩から喰らった。

「い、いきなり何するんだよ」

「お前はまるで分かっていなかったようだが、俺にとっては全然“いきなり”じゃないんだよ。むしろ待ってやったほうだ」

スーツ耐久性のおかげか、ガイドはそこまで痛そうなそぶりは見せない。

だけど、それがかえって兄貴が手加減しなくていい理由を与えた。

ガイドは様々なアイテムを使ってこの場を乗り切ろうとするが、それよりも早く兄貴攻撃するため何もできない。

「あ、兄貴ちょっとやりすぎじゃない?」

生憎、この家では治外法権なんだよ。相手が身元不明自称未来人なら尚更な」

「どういうこと?」

「今この場においては裁くのは俺で、裁かれるのはあいつだってことだ。それは俺に罪があろうとなかろうと関係ない」

なんか兄貴がスゲえこと言ってる。

完全にキレてんな。

「うわあっ! 次元警察に追いかけられた時よりも怖い!」

にじり寄る兄貴に恐怖を覚えたガイドは、たまらずその場から逃げ出す。

「他をあたるんだな。まあ、その罪罰メーターには致命的な“欠陥”があるから、結果は同じだろうがな」

から追い出されたガイドに、兄貴はそう吐き捨てた。


…………

その後もガイドは色んな人に罪罰メーターを使って見せたけど、兄貴の言うとおり誰にも信じてもらえなかった。

「ええ? これで罪が帳消しなんて納得いかない。もっと罰を与えろよ」

「ちょ、ちょっと待ってよ。むしろやりすぎだよ。何でここまでされないといけないんだ」

ある人はそれでは足りないといい、ある人はそれではやりすぎだと意見バラバラ

「何で今ので自分の罪メーターが増えるんだよ。悪いのはあいつじゃないか

時には罪として計算されること自体を不服に思う人もいたんだ。

結局、ガイドアイテムインチキだとして、誰も相手にしなかった。

「なぜだ、なぜ誰も『罪罰メーター』の力を信じない……」

何となく感じていたことだけど、この頃になると俺たちも罪罰メーターに“欠陥”に気づいていた。

ガイドはまだ気づいていないようだけど。

「仮にそのアイテムが本物だとしても、結果は同じだ」

ガイドにそれを伝えたのは、意外にもシロクロだった。

いつものシロクロは言動がユルいけど、たまにやたらと喋り方がガラリと変わることがある。

どういうきっかけでああなるのか、あれが本来のシロクロなのかは分からない。

考えるだけ無駄なので、俺たちは持病の発作みたいなものだと思っている。

「マスダのお兄さんも言っていたけど、一体どういうこと?」

因果に人が繋がれているならば、罪と罰についての妥当性を判断するのもまた人なのだ。その機械が人の気持ち理解できない以上、いくら正確に検出できてもポンコツなのだよ」

そう、罪罰メーターの致命的な欠陥。

それは計測が正確であるかどうかを判断できる人間が、ほぼ存在しないってことだ。

理解できないよ。どうしてこの時代人間たちは、自分感情を優先させて是非を語ろうとするんだ。そんなので正しく裁けるわけがない」

「正しく裁けるかってのは、必ずしも重要な事じゃない。時には他の事を優先することもある。そして、そのメーターにそんな判断は出来ないだろう」

こうして、ガイドの協力者探しはいつも通り失敗に終わった。

シロクロの言うことをガイド理解できないようだけど、結果が何よりも物語っている。

まり機械が裁くにしろ、人が裁くにしろ、納得できない結果になるってことなんだろうな。

俺は今回の出来事を、その解釈で納得したつもり。

(おわり)

2018-06-27

なあ

みんなでカンパ署名を集めようぜ。

あなたを見捨てませんってメッセージ低脳先生に届けよう。

あいつだって村民だったんだろ?

2018-06-22

anond:20180622113541

作業内容が同じで作業量もきっちり同じだけ分担されてるような職場で、一部の人間だけ残業が多かったら竹中に言われなくても「あいつだ仕事遅くね?」ということになるだろうけど、ほとんどの職場でそうなってないんだろ。

2018-06-18

 

おかしい、京都あいつだけを狙ったのに

大阪というか関西全域に被害がでてしまったのか

申し訳ない

2018-04-10

唐突自分語り

帰ってきた。すごく嬉しい。

 

2002年の話。

ワールドカップ日本であって、地元の会場で日本代表試合があった。

兄貴の伝手で会場でバイトすることになった。

会場の外にいたか試合は見てないんだけど、入場してくる有名人を見てウキウキしたり、お客さんの歓声や悲鳴を聞いてた。

試合が終わるころ、先輩が「もう一生見れないんだぞ」的なことを言ってくれて、ホントダメだけど試合を覗かせてもらった。

おお、中田浩二ってロングパスうまいんだなとか思ってたら、敗戦ホイッスルが鳴って、持ち場に戻った。

日当10000くらい?もっと少なかったかも。これがサッカーとの出会い

同じころ、友人関係でいろいろあって、自己嫌悪と罪悪感に押しつぶされながら将来への不安がはっきりと見えてきてた。

 

2006年くらいから、あとの話。

1年か2年くらいヒキニート的な生活をしたり、社会にご迷惑をお掛けする形ではありながらも、

バイトやなんかでそれなりに社会復帰を果たした。社員になろうかとも思った。

それでも大人になり切れなかったので、モラトリアムかいう知ったばっかりの概念を求めて海外へ飛んだ。

周りにはかっこいいこと嘯いても、逃げだというのは周知の事実だったと思う。歳も歳だし。

あっちに行ったら行ったでちっちゃい日本コミュニティの中で自己顕示欲をまき散らしてて、

将来がぽっかりなんにもないことをひた隠すように、社会の細々したこと権威を持ち出して知った風なこと言って過ごした。

たくさんのかっこいい人に出会った。その中でも、一人、仏像のような人に出会った。

言葉に惚れて、逸話に惚れて、仕事ぶりに惚れた。親や先生学校バイトでは教わらなかった行動規範を見つけたような気がした。

地元を離れての初めての一人暮らし。と言ってもルームメイトは常にいたけど。友達はすぐにできるけど、

それでも心細さはあった。お酒セックスに逃げた。あと、地元とあるプロスポーツチームにはまった。

 

地元にいる間は、できてすぐ名前が変わったり、区が違ったり、やってたスポーツも違うから親近感もそれほどなかった。

それが、貪るように情報をあさるようになった。

海外からネット地元スポーツニュースハイライトを見た。2ちゃんスレに入り浸った。

時間が合えばストリーミング試合を見た。チームの一人一人の顔やプレイぶりや練習風景が分かるようになると、

愛着がわくようになった。スタに足を運べるサポに比べたら、頭でっかちのふぁん(藁)だというのは理解してるんだけど、

それでも自分にとっては心細さを埋めてくれる存在になっていた。

チームの監督コロコロ変わって、ブラジル人頼みのクソサッカー笑のあと日本監督になった。

将来ある若手が移籍していく中、生え抜き選手元日本代表ベテラン活躍して、昇格争いをするようになった。

生え抜きの中に、やんちゃなやつがいた。スーパーサブ的に使われた後、チームの軸になった。

高校時代クズエピソードデマも、ああこいつならやりそうって思えるところが、なんとなく自分に重なって、

特に感情移入してたと思う。

 

いろいろあって心機一転帰国する年に、チームは一部への昇格を決めた。

チームの挑戦と自分の挑戦が重なって、涙が出るほどうれしかったし、心強かった。

 

1シーズン目、ワールドカップイヤー。うちの10番が代表に選ばれた。試合には出なかったけど。

ワールドカップのあと、新生日本代表あいつが選ばれて、試合に出た。出ただけだったが。

 

新社会人1年目の終わり、1部での2シーズン目が始まったころ、震災が起こった。

帰国したとはい地元から遠方にいたので、何もできなかった。

地元ではみんながあんな思いをしているのに、自分には募金することしかできない。

地元ニュースでは、チームの選手たちが自身被災しながらもボランティア活動をしていることを伝えていた。

あのやんちゃあいつも、いろいろとやっていたようで、心の底からうれしかった。

自分にできないことを、やってくれている。それも自分にはできないくらい大きな影響力で、

たくさんの人の支えになってくれていた。おこがましいけど、誇りに思った。

時間が流れ、なんとかシーズンが再開して、チームは好成績を残した。震災の笛wとか書かれても気にならなかった。

 

次のシーズンはずっと首位を走り、終盤まで優勝争いをした。その年の終わり、あいつは移籍していった。

さみしさと呆れと、ステップアップだったからうれしさもあった。

その後、チームは何とか残留し続け数年が経った。

 

自分にとってのチームは、2部時代海外の、1部での躍進期は歯がゆさの、外部記憶装置みたいなもんだ。

特に2部時代選手たちは、当時の心細さと相関して愛着が強い。妻と出会ったのもそのころだった。

当時のチームの中心にいたのが、あいつだ。

あいつは初めての移籍の後、さら移籍したり2部でプレーしたりしつつ、昨年末戦力外になっていた。

それが、今日、うちに帰ってくることが決まった。

海外に逃げていた自分を励ましてくれた、震災後の地元を支えてくれた、あいつが帰ってきた。

うちのバンディエラ笑顔で映ったツイッター写真を見て、涙がこらえきれなかった。

 

勝手自分を重ねて、勝手応援してるだけなんだけど、

おかえり関口、全力で応援するよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん