「日本軍」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本軍とは

2019-05-24

anond:20190524203223

戦中の覚せい剤アヘンに活路を見出していた日本軍は正しかったと思うんだ

破壊殺戮よりも薬物の売買のほうが儲かる

2019-05-15

anond:20190515122935

自称勇ましい人らが口だけだと分かったのが日本第二次大戦

プライド世界一だけど覚悟はない日本軍がやることは記録を改ざんして英雄になること

われ敵戦艦800隻を撃沈せり

2019-05-09

anond:20190509234924

自分たちが色眼鏡でみといてこれ以上相手にどうしろとwww

眼鏡はずせよww

わかる? よけいな欲望存在を止めるには主体である男性をいじるしかない。

なんで女性だけのせいにしたの?

万が一、なんらかの要因で女性ヴァギナ力がなくなったら

次はアナル力でそこあげされてるってゲイを攻めたり

テンガを禁止するんでしょ

くりかえされて陳腐になりさがった欲望ファシズム復権希望かよ

はいはい日本軍日本軍

バカすぎて脱力するね

じゃあバイバイ

2019-05-07

anond:20190507165627

慰安婦証拠隠滅で手投げ弾で殺された

南京では日本軍正規戦で勝利して証拠隠滅する必要はどこにもないのに民間人がなぜか皆殺しにされた

anond:20190507164856

政府書類捏造だし

自衛隊書類捏造で好きな大本営報道国民をだませるから

理屈より勘定で十分だ

存在する資料を見て冷静な議論など自衛隊の黒塗り文書公式情報国民相手情報戦でウソなのだから知る意味なし

過去日本軍自由だった時代に連中が何をやったのかが全部だ

国民を殺して敵から逃げる人でなし集団と会話や討論の意味なし

2019-05-05

9条意味がわかってないのがいるな

日本軍はイキって国民シバき倒してばかりで国防にはクソの役にも立たなかったのでもうやめましょうって意味やぞ

外国のことはハナから眼中にない

2019-05-03

俺はネトウヨなのか?

ネトウヨネトウヨ呼ばれ続けて、自分でもネトウヨだと思ってきたが、

何か最近、本当にネトウヨなのかどうなのか判らなくなって来たんで、ジャッジしてほしい。


支持政党について:なし。ただ、記録の隠蔽改ざんは、国民から判断基準を奪う行為看過できないので、次は自民以外(多分、立憲民主)に入れる。もし自民党が2つの党に分裂したら、多分迷う。

経済政策について:わからない。しかし、上がり続ける消費税と、遠ざかり続ける年金受給年齢と、負け続ける日本企業と、増え続ける国債残高と、全く示されない将来像を見るに、まともな経済政策が行われているとは思えない。政権ガチャを引きたい。

原発について:反対。コスパとか技術力とかでなく、とにかく管理してる組織が全く信用できないし、事故は起こるもの、という認識なので。即時でなくても速やかに全廃に向けてロードマップを開示して確実に進めるべき。事故問題なく処理する技術ができたなら、賛成に回ると思う。

普天間基地辺野古移転について:賛成。本来普天間の街は米軍基地の周りに後から作った物なので、米軍に移れと言うのは筋が通らないが、街を移設する事ができないので仕方ない。本土移転については、米軍がそれでいいなら、その方がいい。

移民政策について:反対。難民を人道的見地から受け入れるのならともかく、労働力不足解消のために受け入れるというのは、明らかに「対等な立場国民を受け入れる」姿勢ではなく、将来に渡って酷い害を発生させるだろうと思うので。

天皇制について:廃止すべき。皇族への人権侵害が酷すぎるし、「国民審判掣肘を受ける事が無い権力者」がトップにいるのは民主国家とは言えないと思う。

女系天皇について:上の項目により、無い方が良い。但し、天皇制が存続するなら女系だろうが男系だろうが同じなので、そこに拘る事はない。

慰安婦問題について:絶対解決しないので、後は放置しとく方向で。

自衛隊について:軍なので、軍と呼ぶべき。憲法9条国防目的軍事力行使を認める方向で改憲するべき。現状追認が良いとは思わないが、実態原則憲法)の違いが大き過ぎて詐欺になってるし、原則の方には合わせられないと判断している。

大きな政府小さな政府かについて:小さな政府を目指すべき。年金とか国債とかの運用を見るに、大きな政府をやり切るだけの体制はない。

親米親中かについて:親米。たとえ米国のやり口にどれだけ不満があろうと、国民政府掣肘できるという一点のみで、米国の方が遥かにマシ。

韓国について:恨みつらみがあるので仲良くできるとは思わんが、米中対立や対北朝鮮については概ね同陣営である事に留意し、ビジネスライクに付き合うべき。

LGBTについて:恋愛自由。ただし子供作らない人たちが結婚したがるのは、たとえ異性間だろうと図々しいと思う。ただでさえ一人暮らしより同棲二人暮らしの方が経済的に楽なのに、この上税制優遇を受けさせるべきではない。

女性社会進出について:進出積極的にすれば良いと思う。医学部問題のような差別的扱いは話にならないが、アファーマティブアクションについては個々人の努力蔑ろにするものと考えており、現状においては導入するべきではないと考えている。

もし女性側に強い問題意識があるなら、女性有権者が女性議員をガンガン当選させているはずなので、大多数の女性は大して問題意識を持ってないのではないかと薄っすら考えている。

保育園については、いっそ小学校と同様に全員入所くらいで良いと思う。

第二次大戦について:侵略なんて大抵の国でやってるし、およそ戦時中ならば虐殺レイプもどこの国でもやってると認識している。戦争をするべきだったとは思わないが、際立って悪かったとも思わない。普通戦争普通軍隊だったと認識してる。無能だったとは思うが、無能もまた日本だけの話じゃない。

原爆について:威力が大きい爆弾という以上の意味はない。原爆死ぬのも焼夷弾死ぬのも同じ。核軍縮倫理的な側面はなく、単に「相手に使われるとやばいから減らしたい」以上の意味はないと判断している。

捕鯨について:他を獲ってるのに鯨だけ取らないのは生態系バランス上望ましくないと考えている。もしその問題がないなら、バランスが崩れない程度に獲って食う分には文句言われる筋合いはないと考える。鯨は家畜よりは幸せな一生であろう。

就職氷河期中年無職について:バイトでもしろ。定年過ぎた老人でもバイトする時代だぞ。他の世代よりは楽じゃないかもしれないが、衣食住と読み書きそろばん健康身体があるなら、全然詰んでないだろ。

政治活動について:ネット上でコメント書いたり、家族友人とブーブー言う以上の事はしない。


ズラズラ書いてきて思うに、ネトウヨというのは、「全体としてネトウヨか」というより、

数多ある問題についてどれか一つでも該当したらネトウヨと呼ばれるものなのかもしれんな。

追記

id:Yutorigen

-2.4/0.74のリベラル右派だそーです。

今後はリベラル右派を名乗ろうかな。

id:FutureIsWhatWeAre氏

まあ、大抵は脊髄反射と後付けの理屈程度だよ。

ただこんな質問する以上、主張の理由くらい書いとかなきゃ何が何だか判断のしようもないでしょう。

id:HanPanna

そうだろうなーとは思うが、そこは気にしない事にしている。

自分に厳しくはともかく、他人に甘くする義理もないし。

確証バイアスについては自覚しづいから何とも言えんけど、そういう事もあるだろうね。

とはいえ自分で全てを経験して考えるなんてできないんだから、せいぜい聞いた話から自分経験に照らして比較的信用できそうな話をピン止めする程度の事しかできませんよ。

id:hagakuress

普天間歴史について、簡略ながら調べなおした。

まり時間をかけてないので、個人ブログ複数読んである程度信用できそうな記述を選んだだけなのは容赦願いたい。

なお、検索キーワードは「普天間 歴史」や「普天間 どっちが先」等。

普天間場所には、戦前集落があった(サイズについては主張が別れており、「田んぼがある程度で町は無かった」説から、「1万人位住んできた」説まであるので、概ね100人~10000人の間と思われる)

戦時中は、疎開日本軍による作戦等により、無人化した。(その場所には、まず日本軍が飛行場を作ろうとした、という主張するブログもあった。真偽不明。)

戦後、元の住人は捕虜として隔離されており、その間に米軍基地飛行場建設した。

・元の住人が解放された。(ここで、行く場所のない元の住人たちは基地の周りに住むことを余儀なくされた、と主張するブログもあった。真偽不明。)

米軍基地の規模を拡大するために、周りの土地接収し、そこの住人を追い出した。(真偽不明。これを「銃剣ブルドーザー」と呼んでいるブログ複数あり)

米軍基地の周りには、基地仕事経済をあてにした街が形成された。(これについては、航空写真によりほぼ間違いないと思われる)

米軍交渉を通じて何度かに分けて基地を縮小・土地返還しており、そのたびに返還された土地には街が形成され、今のように街に囲まれ基地が作られた。(本来安全を確保するために山林のままにしておくべきだった土地が街になってしまったため、大変危険基地になった)

・危ないので基地の一部機能について移転計画が持ち上がった。

※これ以降については、色々な主張が入り乱れていて全く真偽不明

上記歴史的経緯についての自分認識は、以下の通り

基地ができる前は、おそらく数千人規模の集落があった。

基地形成に際して(人が死なない程度ではあるが)強引且つ悲劇的な方法が取られた。

基地の周囲に街が作られたのは、元住んでいた数千人を除き、ほぼ自己都合によるもの

基地が危なくなったのは、安全についての見境なく周囲に街を作ったため。

以上の認識により、自分の主張は以下の通りとします。

1:「普天間土地返還せよ」というのは、元住んでいた数千人及びその子孫に限り正当な主張であると言える。

ただし、先祖伝来の土地である可能性を考慮しても、既に土地基地となって久しく、その場所が元々は彼らの物であった事を除いては主張するべき権利ほとんどないため、金銭による補償を以って解決する事は不当とは言えない。

2:移転必要となった原因である基地と街が近すぎる」については、ほぼ自己都合で移り住んで来た人達であるため、その責任は住人自身にある。米軍責任は「危ないから街を作ってはいけない地域」を設けなかった事に限定される。

従って、「土地を返せ」というのは正当な主張だが、「危ないから他へ移れ」というのは止むを得ない部分はあるにせよ大部分の責任が住人側及び行政にある。

id:Dragoonriders

根本から学ぶべき」って、そんな時間は取る気ないよ俺。

こういっちゃなんだけど、世の中、沖縄より重要問題なんて沢山あるし。

っつーか、id:hagakuress氏もそうだったけど、

自分見解も書かずに「勉強しろ」と主張するのは余り感心しないね

あんた、自分の満足する回答が出てくるま相手不勉強扱いする気じゃない?

あんたは教師じゃないし、俺は生徒じゃない。

議論なら応じるにやぶさかでないが、教育に付き合う気はないよ。

id:nagatafe

うん、まあ、実際昭和生まれおっさんだし。

とはいえ、それはネトウヨであるかどうかとは関係しない点だと思う。


えー。

これまでの皆さんのトラバ及びブコメを拝見させていただきました結果、

多くの気づき及び啓発を得られましたが、

あえて焦点を「俺はネトウヨなのか?」に限定して結論を出しますと、

ほぼほぼ右派である事については意見の一致を見るものの、観測者によってネトウヨであったりなかったりするシュレディンガーネトウヨである」という結果となりました。

同時に、ネトウヨの定義とは人によって様々なのだなあと思った次第です。

意見が合う方も合わない方もいらっしゃいましたが、私の意見も時が経てば変化する物なので、

いずれ意見の合う合わないも変化する物であろうと思います

お付き合いいただきありがとうございました。

2019-05-01

anond:20190501224732

その話は1970年台の学生闘争でさんざん聞いたし、

その理屈をつきつめた結果、連合赤軍って山の中にこもって内ゲバの殺し合いして強者数人だけがきのこって亡命したよ

日本軍とおんなじくらいの大失敗だけど赤い人はなかったことにするんだよねさすが汚い

 

よかったら山本直樹のREDって漫画買って読んでね

anond:20190501135025

日本軍毒ガス人体実験ですね分かります

オウムが騒がれてるのに便乗して民間人対象実験を行い、罪を全てオウムに着せた、と。

さすが自民党汚い。

2019-04-30

ヒロシマナガサキ極悪非道!っていうけど

日本軍の兵糧不足による飢餓の方がはるか日本人を殺したんだよなあ・・・

2019-04-29

なぜ日本戦争で負けたのか? そして今も同じ愚を繰り返しているのか?

答:誰も責任を取らない+他人責任押し付ける発想=失敗を前提とした対応策を考えていない。

 

あなた突破口を見つけるのは簡単です。

歴史を学びましょう。

先人のアンチパターンを知り、その解決策を知れば改善できます

 

敗戦した日本軍現代日本人の共通点とは?

まずは、この本を読んでみてください。

日本アメリカ戦争で負けたのは偶然ではありません。

日本の無策によって必然的戦争で負けたのです。

現代日本も同じです。改善されていません。

 

日本人の脆弱性

あなた会社施策には脆弱性があります

結論から言うと「絶対ミスをすることなく」という前提が不可能なので、間違いなのです。

必ず失敗する/負けるパターンの特徴です。

 

正解は「ミスがあっても復旧できる手段を確保しておいてから実行する」ことです。

保険をかけておく」という発想が皆無なのはあなたの上にいる人々が全員無能からです。

(残念ながら、あなたも現状は同様に無能といえます。)

 

保険をかけるだけのリソース(人・モノ・金・時間etc)がない場合、せめて「OODAループ」で対処して、目の前の課題を1つずつ確実に解決していきましょう。

 

サンクコスト損切りの発想

あなたはすでに「失敗するパターン」に陥っています

今日も偉い人たちを交えての打ち合わせがありました。

私はやっぱり、「絶対ミスできない」ということを念押しで言われました。

それならなぜ、ソフトウェアに触ったことがないたかが三年目の私がその仕事をしなければならないのかがわかりません。

他の人にも仕事内容の相談ができません。

調べても全然出てきません。

他のメンバーはいろいろみんなで相談しながら前に進んでいるのに、私は自分が一つわからないことがあるだけでそこに立ち止まってしまます

解決策がわかりません。

どうすればいいかわかりません。

集中力がなくて、どうすればいいかもよくわからなくなってしまいました。

まだ破綻する前なので、今なら軌道修正可能です。

あなたが今取るべき選択は「撤退」です。

 

「できます」と言って、後で失敗して「やっぱりできませんでした」では、相手対応に困ります

それなら、先に「できません」と言って、迷惑回避しておくことが、相手に対する親切にもなるのです。

「できません」という理由として、成功への道筋手段方法が確保できていないことを明言して、説明しましょう。

アサーティブに(ありのままに、誠実に)話すことは、悪いことではないので、この場合は遠慮する必要がないのです。

 

損切りをしなかった場合の結果=当然の失敗、敗北

日本戦争で無条件降伏(完全敗北)を回避するチャンスが何度もありました。

しかし、日本軍指導部が無能だったので、チャンスがあったにも関わらず、チャンスを捨てて破綻を選びました。

日本歴史を学ぶとき、松谷誠の提言を知っておく必要があります

(本書は日本人全員に読んで欲しいです。知らない日本人は老若男女を問わず馬鹿と断言して良いです。)

 

この増田印刷して、ステークホルダー全員に渡して、読んでもらいたいです。

  1. 家族(親、兄弟姉妹、親戚など)
  2. 精神科主治医
  3. 会社とは関係ない友人
  4. 職場の同僚と上司
  5. 取引先のプロパー社員(決定権を持っている人)

 

日本産業が自滅している理由

こんなかんじで、日本IT業界人材を使い潰していますね。

うつ病患者仕事をさせても、世界相手にして戦えるわけがありません。

日本産業ソフトハード)が外国勢に負けたのは当然と言わざるを得ません。

 

あなたが現状を変えて、まずは回復されることを願います

(これがリアルなら、労務問題に強い弁護士を紹介できるんだけど、増田から仕方ないねw)

 

長い話 https://anond.hatelabo.jp/20190425182402

2019-04-27

anond:20190427054037

俺がバカだろうが

日本軍民間人虐殺しかしない卑怯者の軍団である現実は何も変わらない

戦後記録を改ざんして英雄だったことにしてる部分も何も変わらない

軍人に勇ましいだけだ連中

anond:20190427055556

国民脅迫する日本軍人らは自分らが戦う段になったら途端に平和主義

絵にかいたような卑怯

日本軍みたいな糞が野党議員を見たら国民の敵だと怒鳴るのだろう

anond:20190427053312

から地上戦だよ

地上戦をやれば日本兵に勝てる軍団はこの世にない

過去にも現代にも接近戦をやれば日本軍は最強

無敵皇軍から最強

戦いさえすれば勝つの日本

でも死ぬリスクを考えたら自分はそれをやりたくなかったのが日本の歴史

2019-04-25

anond:20190425093801

右派として高く評価を受けてるぞ ウハウ

評価

肯定

嶋津格は、秦の著書『慰安婦戦場の性』の裏表紙で「このような結論を導くに際して、秦は、自らが国内外にわたって収集調査した資料を駆使する歴史学的態度を堅持している。そして、その結果生まれた本書は、総合性の上で、既存の類書の水準を超えた、「慰安婦」及び「慰安婦問題」の百科全書ともいうべき力作になった。これでやっと、冷静な遠近法の中で慰安婦問題を語る土壌が作られたのではないか」との賛辞を寄せている[32]。

池井優は、秦の著書『日中戦争史』および『軍ファシズム運動史』を、この分野における古典的名著である評価した[33]。

チャルマーズ・ジョンソンは、秦の『日中戦争史』を「1930年代日本対中政策に関する最も徹底した研究」と評した[34]。

佐々木隆は、東京大学出版会より刊行した『日本陸海軍総合事典』を日本近代史軍事史研究必携の事典評価した[35]。

アメリカ軍事史であるエドワード・J・ドレアは、「日本軍事史研究長老」と評する[36]。そして、秦の著書を研究や精度、解釈モデルであると指摘する[37]。

中国研究を専門とするヨーク大学ジョシュア・A・フォーゲル英語版)は、「40年以上にわたって日本戦争に関する優れた研究を発表してきた著名な学者」と評価する[38]。

ワイオミング大学講師山本昌弘は、「日本近代史研究日本代表する学者」と評価している[39]。

伊藤之雄は、中曽根康弘が、内閣が一致して決めたことには、憲法天皇には拒否権がなく、自動的に裁可したと誤解しているのも1989年研究水準に照らすと無理はないとして、「たとえば、高い実証能力を持つ歴史研究者の秦郁彦ですら、1984年に公刊された著作で、次のように述べている。」と記している。また太平洋戦争終結は、広島への原爆投下ソ連の参戦のどちら(もしくは両方)が主要因なのかは研究者でも見解が一致していないが、両方がないと終戦にもっていけなかったという秦郁彦聞き取りは当を得ている、とも述べている[40]。

奈良岡聰智は、「私の好きな中公新書3冊 現代古典を読む」において、秦郁彦の『南京事件 増補版「虐殺」の構造』(中公新書)を挙げて、「膨大な一次史料に基づいて実証的に虐殺の背景に迫っており、その堅牢実証は他の追随を許さない」「いかなる立場に立つにせよ、本書を読むことなくしてこの事件について語ることはできない」と評している[41]。

北岡伸一は、自身日本座長を務めた「日中歴史共同研究報告書を秦が概ねフェアとコメントしていることについて、さすが日本近代史研究第一人者と評している[42]。

否定

林博史は、『慰安婦戦場の性』における資料引用に際して、出典を示していないものがある、数値を誤っている、証言の一部分だけを抜き取って都合よく引用している、などとして批判している[43]。

永井和は、1998年になって自由主義史観を教材対象とするときにこの問題を調べ始め、この問題の中心はいわゆる広義の強制責任問題であり、それを『もっぱら「強制連行」の有無を争う』ことに絞ろうとする自由主義史観派が対立の因であり、それに実証的な立場のはずの学者(秦)が協力的だったと批判している[44]。また自身ブログで、『慰安婦戦場の性』について、秦が「おそらく、(略)大多数を占めるのは、前借金名目で親に売られた娘だったかと思われるが、それを突きとめるのは至難だろう」とする結論については支持しつつも、結論に至る論証の手続きについて実証史家としては問題がある、などとしている[45]。

前田朗は、上記著作には国連組織への初歩的な間違いや憶測に基づいている記述が多いとも述べ、秦の手法に対して方法論的な疑問を提示している[46]。これに対する秦の反論が「前田朗氏への反論」(『戦争責任研究2000年夏季)。

anond:20190425092506

教授ですらこう言っているのに・・?

秦郁彦 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/秦郁彦

南京事件 に移動 - 南京事件については自著『南京事件』において、日本軍不法行為による犠牲者数を「3.8万-4.2万人」とし、以後も被虐殺者数は約4万人程度と推定している。

anond:20190424005118

日本は「場の空気が盛り上がった」なら何でもOKの国

レイプではありません、みんな盛り上がって楽しんでました」←みんな不問

いじめではありません、プロレスごっこです」←みんな不問

戦争犯罪ではありません、喜んで日本軍のため働いたり殺されたりしてくれました」←これだけは不問にしてもらえない。理由は何故か? 相手外国人から

2019-04-24

anond:20190424001223

沖縄歴史勉強してないな

日本沖縄に軍を置かない時代平和だったんだよ

軍隊を置かず民間人警察しかいないなら敵が来ても素通りか占領下で死ぬことはない

日本軍が居座ってその場で敵軍とバトルするから巻き込まれ大勢死ぬ

2019-04-15

anond:20190415184000

住民は日ごろから鬼畜米英、捕まれば、女は強姦され、男は八つ裂きにされ殺される」と教育され、米軍上陸前には「日本軍の足手まといになるか ら、敵の手に落ちる前に自決しなさい」と自決用の手榴弾を渡されていた。生き残る恐怖から逃れるには死しかなかった。

 静子さんは、隣で男性が、家族を殺していく場面をしっかり見ていた。「屠殺場で豚を殺しているような感じでね、ヒモで首絞めてね、六、七人殺されてい た」と話した後、「ハハハハ」と意味もなく笑った。あまりにも悲惨で、笑わなければ耐えられなかったのかもしれない。

舅が棒きれで、家族を次々と殴り始めた。静子さんは「お父さーん、早く殺してちょうだいよー、彰(息子)も殺してよー」と叫んだ。舅が静子さんの後頭部を殴り、静子さんは気を失った。

 翌日、「姉さん、彰が泣いているよ」という義妹の声で意識が戻った。彰は死んでいる人の上を、泣きながらハイハイしていた。ケガはなかった。七人家族のうち、義妹と静子さん、彰が生き残った。

 後でわかったことだが、配られた手榴弾は不発が多かった。死ねなかった住民は、ナタや鎌、鍬、棒きれ、ひも、石などで年老いた親や我が子、妹や弟を、次々殺していったのだった。住民六〇〇人以上が北山に集まり、三二九人が犠牲となった。

https://www.min-iren.gr.jp/?p=5443

自衛隊国民を守らない

F35Bも増税国民を殺すだけ

欠陥機でパイロットも殺された

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん