「封書」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 封書とは

2018-11-14

年金

無職になったのでしばらく払ってなかったんだけど未納警告で封書黄色封筒赤字いかにもなかんじ)が来たり

家に委託業者の人がきていよいよ払わせようとしてくる。

中を見ると、本人が支払わないと配偶者世帯主から徴収したり家財差し押さえるとの文言が。

書面も封筒と同じく赤字で強調されており払わせたい気持ちが強い。

年金払ってない人もそこそこの数いるだろうと思ってたんだけどこんな強制徴収するもんだったんだ。

払わない選択というのは基本的にはないものなんだな。

2018-10-17

(改行)わたしの長年の友人が復讐されている

彼女は、7年くらい前に不倫をし、相手を散々振り回し、家庭を破壊した結局不倫相手自殺してしまった。

奥さん精神を病んで、そこに付け込んだかたちで僅かな慰謝料和解たかたちに持ち込んだ。

その後はいろいろあって、彼女も落ち着きあの頃の自分おかしかった、反省していると言っていた30ちょい前に、

ようやく真面目な男性と恋におち、順調に結婚話が進んだ結婚式まであと2週間ぐらいになった時突然、婚約者の所に封書が届いた。

中身は、過去不倫証拠えげつない写真の数々、彼女の人でなしな暴言の記録。あっという間に破談になった。

その後、彼女転職し、遠方に引っ越した。そこでようやく立ち直って、仕事に打ち込み出したが

今度は職場封書が届いた。中身はやはり、彼女えげつない写真等当然犯人不倫相手奥さんだろう。

彼女警察に行ったが、証拠がないとかで、まともに相手にしてもらえなかったらしい。

弁護士を使って訴えを起こそうとしたがこれもうまくいかず、かえって傷付いてボロボロになっていた。

このままだと一生付きまとわれると精神的に追い詰められた彼女は、再び引っ越し住民票ブロックなどもして名前を変えて働きだした。

新住所は、親とごく親しい人しか知らない。

そこで新しい彼氏ができて今度こそ幸せになれると喜んでいた。

名前の事とか、ストーカーから逃げていることとかタイミングを見て彼氏ちゃんと話すつもり…と言っていた矢先、

その彼氏の元にも例の封書が届いたそうだ。

いったいどうやって彼氏のことを調べたのか興信所を使うにしても、

そこまで調べられるものなのか彼女は茫然としているらしい。彼氏にも捨てられそうだと電話号泣していた。

本当に不思議だよね、どこから彼女の転居先や近況が漏れるんだろうね。

しかしたら、親しい人から情報漏れているのかもしれないね

例えば、長年の親しい友人と思っている人から、深く恨まれたりしてたり、ね。

昔、友人を奴隷扱いしたり、親のことまで馬鹿にしたり、彼氏を寝取ったりしたこと

青春時代楽しい友情物語脳内変換したせいで恨まれてることに気付いてなかったりしてねw 

あ、もしかしたらの話だけど。

anond:20181017153128

私の長年の友人が復讐されている。

彼女は、7年くらい前に不倫をし、相手を散々振り回し、家庭を破壊した結局不倫相手自殺してしまった奥さん精神を病んで、そこに付け込んだかたちで僅かな慰謝料和解たかたちに持ち込んだ。その後はいろいろあって、彼女も落ち着きあの頃の自分おかしかった、反省していると言っていた30ちょい前に、ようやく真面目な男性と恋におち、順調に結婚話が進んだ結婚式まであと2週間ぐらいになった時突然、婚約者の所に封書が届いた。中身は、過去不倫証拠えげつない写真の数々、彼女の人でなしな暴言の記録。あっという間に破談になった。その後、彼女転職し、遠方に引っ越した。そこでようやく立ち直って、仕事に打ち込み出したが今度は職場封書が届いた。中身はやはり、彼女えげつない写真等当然犯人不倫相手奥さんだろう彼女警察に行ったが、証拠がないとかで、まともに相手にしてもらえなかったらしい。弁護士を使って訴えを起こそうとしたがこれもうまくいかず、かえって傷付いてボロボロになっていた。このままだと一生付きまとわれると精神的に追い詰められた彼女は、再び引っ越し住民票ブロックなどもして名前を変えて働きだした。新住所は、親とごく親しい人しか知らない。そこで新しい彼氏ができて今度こそ幸せになれると喜んでいた名前の事とか、ストーカーから逃げていることとかタイミングを見て彼氏ちゃんと話すつもり…と言っていた矢先、その彼氏の元にも例の封書が届いたそうだ。いったいどうやって彼氏のことを調べたのか興信所を使うにしても、そこまで調べられるものなのか彼女は茫然としているらしい。彼氏にも捨てられそうだと電話号泣していた。本当に不思議だよね、どこから彼女の転居先や近況が漏れるんだろうね。もしかしたら、親しい人から情報漏れているのかもしれないね。例えば、長年の親しい友人と思っている人から、深く恨まれたりしてたり、ね。昔、友人を奴隷扱いしたり、親のことまで馬鹿にしたり、彼氏を寝取ったりしたこと青春時代楽しい友情物語脳内変換したせいで恨まれてることに気付いてなかったりしてねw あ、もしかしたらの話だけど。

2018-07-30

バイト日記

今日は暇で暇で辛かった。

コンビニバイトで一番嫌な時間は暇過ぎてやることが見つからない時だ。大変でいいから四時間全力で駆け抜けたい。集中してる間にいつの間にか上がりの時間になっていて欲しい。

今日の暇具合には台風関係無い感じ。夕方から晴れてたし。

前任者が結構派手に違算を出してしまい、弁償して帰っていったが、未練があったらしくその後店に電話をかけてきた。もしかしたらあそこに置き忘れてるかも云々。電話の子機を肩と頭の間に挟んでめっちゃ探したけどお金は見付からず。そんな時に限って瞬間的にレジが混んでてわたわたした。

見よう見まねでやってた煙草の補充の仕方を初めて相棒から教えて貰った。煙草を入れるマガジンの下に着いてる赤い爪が前に出てるのが「補充」のサインなのだと。しらなかったー。一々マガジンを引っ張り出して確認してた。

ド暇な時間煙草ドリンクの補充を頑張ろうと思ったけど、残り少ない商品はどれも欠品で補充する物が無かった。悲しい。

切手をおもとめのお客様が、「封筒便箋一枚しか入ってないくらい軽いなら切手は62円でいいんですよね!?軽ければ62円ですよね!!?」って力強く仰るので、なんだかそれが正しいんじゃないかっていう気がしてきてしまったが、

封書は最低82円だって。」

お客様の御息女様がスマホ検索して仰ったので、はっと我にかえって82円切手を売った。

この店で昔バイトなさっていたというお客様がやたらみえる日だった。暇そうだからだろうか。バイト歴が長い相棒は楽しそうに元バイトお客様お話をしていたが、私はウルトラ蚊帳の外

相棒絶対にやらない仕事絶対にする仕事がある。あと相棒は背後に煙草が沢山ある方のレジ担当したがる。

はいまだに出勤したらどっちのレジ担当しなければならないのか、よくわからない。わからないまま、誰が相方の日でも電話がある方のレジばかりやらされている。

カクテルパーティー効果、というのが世の中にはあるらしいが、私は周囲がざわざわしているとどんなに興味のある事でも普通に聴こえないので、出来ればお店で電話取りたくないんだがなぁ。

暇すぎて仕事中にトイレに行きたくなる。これが嫌だ。職場トイレが汚ないとかそういう訳ではなく、ただ、なんとなく。

私がトイレ掃除をしている間に相棒が変な客に絡まれていた。

客が行って私が戻って来た途端に客の悪口をぶわーっと捲し立てる相棒。この様に受けたストレスはソッコーで解消する強メンタルが無いとこの仕事は長く続かないのかもしれないな、と思った。私は溜め込みがちな方だから、潰れない様に気を付けよう。

いつも出勤してくるのが遅い店長正社員氏がちゃんと定刻に出勤してきたので普通に帰れた。今日バックヤードに走り込んで来る正社員氏が開けたドアと壁の間に挟まれるといういつもの事故は起こらなかったが、レジに走り込もうとした正社員氏と危うく正面衝突しそうになった。

帰る前に社内の回覧板みたいなものを読んだら、たむろを防止せよって書いてあったが、チビな女一人でたむろってるチンピラ集団をどうしろというのだろう。

仕事を上がる時に必ずサインしなきゃならない書類があるんだけど(というか必ずサインしてねって今日店長から言われた)、私が自分でそれにサインをして相棒に「どうぞ」って書類ペンを渡したら

「あたしそれ書いた事ないからいいわ」

って拒否られたので私が相棒のぶんもサインした。

2018-07-05

保守速報管理人さん

事の始まりは6/11消印もなければ料金後納でもない封書が自宅マンションポストに入っていた。

曰く、「貴殿ヘイトスピーチサイトを即座に停止し最寄りの警察署に出頭せよ」とのこと。

示されたサイトURLは、あの悪名高い保守速報だった。

一目見て変だなと思うと同時に、厄介なことに巻き込まれていることを自覚した。

心当たりはある。

私は、自分で言うのも説得力がないが、至って清貧Web屋だった。

全ては独学で、どこの会社に勤めるでもなく、デザイナーコーダープログラマエンジニア出世魚のごとくキャリアを積んできた。

無料ブログサービス使用するブログパーツやテンプレート制作手打ちされたHTMLが無数に存在するサイトCMS移行。フルスクラッチで何万行というコードで書かれた複雑怪奇商品比較サイトブラウザベース動作する業務システム他諸々。

フルスタックという名の器用貧乏で、Webに関連することなら一通りのことはやったと思う。

ペアプログラミングのペの字も知らず一人で突き進み、次第に大量のサイト群をメンテしきれなくなり、新規開発との並行によるデスマーチ日常となった。

下手な自営業典型だったことも災いし、往々にして工数賃金釣りわず相見積もりからの値切りは日常茶飯事だった)、プライベート犠牲にしてまで働く虚しさに日々磨り減っていった。

やがて完全に心を病み後遺症は残らなかったが脳の病気(おそらくは過労が原因だろう)で倒れたことを機に一線から引退した。

鬱の治療をしつつ、近頃はコンサル的な業務か、リアルで付き合いのあるごく一部のクライアントからの受注に絞った。

数年前、インフラエンジニアの知人経由でサーバ関係相談を受けたことがあった。

その際、「一日〇〇万PV級の某有名CMSで動くサイトの負荷対策」として諸々をレクチャーした。無論、例のサイトとは知らずだ。

依頼についての請求書を出した時、こちらの住所を記載していた。(向こうは個人名ではなく見知らぬ会社名だった)

継続して相談を受けるうち、サーバ上で運用されているサイト名を知って手を引いた。

個人情報が漏れたのであればそこからしか考えられず、しかし何故今なのか不思議だった。

例のサイトについて調べるうち、#ネトウヨサイト裸祭りを知った。

最初投函されたその『警告』にも、アフィ広告剥がし運動が行われていることは記載されていた。

さすがに張本人からの物とは思えないが、共感を覚えた誰かしらのうち私の住所を知っている者が(あるいは請求書で住所を知った管理人インフラエンジニアの知人など、私に極めて近い何者かが)リークしたのだろうと思った。

しか相手が何者かも分からなければ、私にはサーバサイトを停止する権限もなく、仮に出頭したところで頭の病気を疑われるだろう。

そのため、内心怯えつつも無視し続けるしかなかった。(後ろめたいところはないが)個人的に警察沙汰は嫌だという気持ちもあり、被害届も出さなかった。

そのうち例のサイトの広告が全滅したというBuzzFeedのニュースを目にして、ようやく安心した。

「ああこれで顔も知らない手紙相手も溜飲を下げることが出来ただろう」「皆も例のサイトへの関心が薄れるだろう」

「ほぼ無関係な私も標的からは外れるだろう」、そんなふうに楽観していた。

そして昨朝になって、前回と同じような差出人不明封書が届いた。

曰く、「サーバ管理人である貴殿らを近々メディア(文春やハフポ、BuzzFeed等)に告発する。個人情報を匿名掲示板及びWiki上で公開する。

サイト管理人〇〇〇(調べれば出てくるが一応個人名なので伏せる)共々罪を償わせる手筈は整った。これは最後通牒である」とのこと。

嫌な予感が当たった。

例のサイトさくらインターネットとバリュードメインの利用規約に違反しているという記事をつい先日読んでいた。

はてブでもそれなりに話題になっていたので、他人事ではなくなっていた私は正直戦々恐々としていた。

ただし、「さくらインターネットや(バリュードメイン親会社の)GMOが今回の件で一方的契約解除などの対処果たして行うだろうか?」という感覚でいた。

広告の件はまだしも、ホスティングサーバ提供するさくら社が動いたとしても、ドメインもといレジストラであるGMOが「(主に第三者による)クレーム」で動くというのは少し考えづらかった。

例のサイトが最高裁に上告したことも知っていたため、仮に契約が停止されるとしてもその段階ではないかという気がしていた。

一方で、私に手紙を送ってきた者は「最初からサイトの停止を目的としていたのではないか?」と思えてきた。

漫画村問題以降、悪質サイト広告剥がしによる兵糧攻め効果的という話が周知の事実となっていたこともあり、広告剥がし運動はその延長にある気がしていた。

けれど、根本的にサイトを潰したいのであれば、捨て身覚悟サイトのもの当事者攻撃を行うのが最も有効だろう。

ちょうど今朝だったかグリーンピースがフランスの原発にドローンをぶつけたというニュースを読んで、なんとなく悟った。

これは「保守速報サーバ管理人である(と誤解されてしまった)私へのテロルである、と。

しかしたら、「本当のサーバ管理人」も同じような手紙を受け取っているかもしれない。

なぜなら手紙には「貴殿ら」と複数形で書かれていたためだ。それに関してはお気の毒だなと感じる一方で、ざまあないねという気分だ。

あくま私見を述べると、現在裁判所係争中のヘイトスピーチに係る問題について、私は例のサイト管理人の肩を持つつもりは一切ないし、法のもとで公平に裁かれることを期待している。

ただ、この一ヶ月弱、ある種の当事者として騒動を見守っていて、やはり「行き過ぎではないか」と感じた。

ネット上で起きた問題であっても、司法のもとで裁かれるべきであって、私刑によって晴らされるべきではないという気持ちがある。

さくらインターネットGMOへの申告は「被害を受けた当事者たち」が行えばよいのであって、それを承知の上で「押すなよ、絶対押すなよ」と言わんばかりの記事拡散して「第三者であり不特定多数善意」を期待するやり方は正直に言って寒気がした。

例のサイトの肩を持つつもりはないと言いつつも、実害を受けている立場上どうしても公平性を欠く見方をしている自覚はある。

元々オタクであり、事ある毎に表現規制絡みのセンシティブ話題を目にしてきたことで、常日頃から肩身の狭さを感じる身ゆえに中立とは呼べない「寛容さ」を持ってしまった可能性もあるだろう。

それでも、第三者を巻き込んだ運動や行動(手紙の件は私には脅迫しか思えなかったが)によって社会が良くなるのならば、という思想は反面で危険はらんでいるように感じる。

他人から何かを剥奪する時、それがたとえ社会的に真っ当な仕打ちと思える処分でも、本来その権限を持たぬ者たちによって軽重が左右されることには本能的な恐怖がある。

なんの利害関係もない、「純粋義憤による裁き」は、その正当性担保されなくなった瞬間に理不尽いじめの構図と変わらなくなる。

ならば「誤っていたと認めなければよい」という方向に流れて、一度始めると引っ込みが付かなくなり、時に際限なく激化する辺りもよく似ている。

いじめられる方にも責任がある」という言い分も心情としては理解できる。かと言って、少なくとも私が受けたそれらは、あくま私自身の範疇で「当然の報い」として飲み込める程度のものではなかった。

第一、私を告発しても(例のサイトへの攻撃としては)まったく意味がないのだから尚更だ。多少の犠牲もやむを得ないということならもう知らないが。

私が今後どのような処遇を受けるか考えたくもないが、社会的な死に陥る可能性は五分五分だろうと思う。

「少しでも関わった時点で同罪」「被害者面すんな氏ね」「増田の住所を特定して晒し上げにしろ」とブクマ罵詈雑言を浴びる可能性を覚悟した上で、それでも今回は書くことにした。

なぜなら、私は手紙に対して直接返事を書くことが出来ないからだ。

せめて差出人がこのエントリを読んで、もしも人違いであると気付いたのならば、文字通り命乞いで情けないが思い留まってほしい。

断っておくが、お先が真っ暗だからと言って、私は低能先生のように自棄になって破滅的な行動を起こす気力がない。

それ以前に、今回のことがなくとも、もうボロボロに病んでいる。義憤に駆られたり誰かに恨みを持つのはそれだけで体力を使う。そういう持ち合わせはもうない。

から、ある日朝起きて、ネットの海に漂う自分の住所を目にした時には、全てを諦めようと思う。

それは明日かもしれないし、幸運にも一生やって来ないのかもしれない。

何事もなかったところで、怯えて日々を暮らすうち、悲観に飲まれて気の迷いを起こすのも人間だと知っている。

たとえ私がいなくなったところで、この国ではよくある、珍しくもなんともない瑣末事として処理されるだろう。

これが遺書にならず、怪文書ポエムの類いとして笑い話になれば幸いだが、念には念をというやつだ。最後はこの言葉で〆ようと思う。

グッド・バイ

2018-05-29

anond:20180529143302

殺害予告って個人レベルだと、どう来るのだろう。

封書電話

官報縦読みしてたら出てきたとか?

2018-04-07

名前と住所で個人認証するのはいいかげんやめてほしい

公的申請書とか証明書性別表記無くすって話で思ったんだけど、性別に限らずいろいろ要らない欄が多くね?

1番要らないと思うのは、住所。

そいつが何処に住んでるかとか、ぶっちゃけ要らないだろ?

電話がない時代の、問い合わせするとき葉書送ってた時の名残り?

だって部落差別とかあるんだろ?

住所はいろいろわかる、或いは誤解もうむよ。

田園調布って書いてあったら、あらお金持ちねって思うし、西成区って書いてあったら、あらって思うもん。

もうね、名前+住所で個人認証する時代は終わりにしない?

銀行の口座を開設するのに、住所いる?

そりゃ、昔は葉書封書でやり取りしてたけど、今全部メールだしオンゲのアカウントとるくらいの感覚じゃん。

税法の都合上、国籍市町村くらいは必要かもしれないけど、番地とかもうやめていいでしょ。

名前メアドでよくない?

メアドだと変えられる?住所だって変えられるじゃん。

住所は税とか戸籍と結びついてるから変えてもわかる?

じゃあ名前マイナンバーにしようよ。

ぶっちゃけ名前も要らないよ。

マイナンバーを誰にも知られてはならぬ番号みたいにして、なにしたいの?

なんなら、同姓同名禁止すれば名前だけで個人認証できるけど。

ドメインみたいに。

移行期だけは、同姓同名場合

明日からあなた名前増田一郎256です。」

ってなったりするけど。

2018-02-23

今日、健保から封書が届いた

去年の治療費の明細で、確定申告に使えるとか。

でも確定申告もう終わらせたよ。

遅えよな。

2018-02-14

ハイテク化する泥棒の手口!?

見知らぬ人から届く郵便物を受け取ると、罠が仕掛けられているんですね?

どうして犯罪者って、悪知恵が働くんだろう。

その頭の良さを、もっとまともなことに使えばいいのにw

 

1.空き巣に入る家を決めて、Amazonを装った封書を送る

2.SNSに「Amazon感謝状って何?」と封書をアップした人を特定する(=空き巣に入ると決めた家の住人ということ)

3.特定後、「いま旅行中」「これから出張」など家を留守にするツイートをしたら、空き巣を実行

ということのようです…こっわ!!!(((;゚Д゚)))

ファンレターってフィルタリングしてるの?

漫画家へのお手紙

アイドルへのお手紙

などなど

 

ファンレターって、アンチも送ってきそうなイメージあるんだけど

事務所通す場合はやっぱ中傷とかフィルタしてるんだろうか

封書とかだとカミソリ入ってたりみたいなリスクもあるし(作家が手を怪我したらヤバイし)

2018-02-13

弁護士から手紙

取引先のウェイ系オヤジからいきなり顔を掴まれキスされるというショッキング体験をしたのが秋。

上司取引先と懇意だったため、本件をオオゴトにはしたくなかったようだが、最終的に私のメンタルがばよえ~んしたため、その意向に沿うことは出来なかった。

人事の勧めから警察被害届を出し事情聴取を始めとする諸々の手続きを初めたのが冬。

本日加害者側の弁護士から封書が届いた。「加害者は大変反省している。また自社では重い処分を受けている。見舞金を渡したいので連絡ほしい。」

要するに示談の申し入れだろう。弁護士に連絡しなきゃいけないのはわかっているのだけどいまいち気が乗らない。

というかどいつもこいつも決め台詞のように「会社から重い処分を受けている(ので溜飲下げてね)」と言ってくるが、時代遅れもいいところだ。

手紙は草草で結ばれていた。so so...

本件の対応には精神エネルギーの消耗が激しいが、充分な睡眠/充分な食事/適度な運動を徹底し、エネルギー回復に努めてきた。

だが回復を上回る消耗が時々発生する。ああ疲れた

追記

https://anond.hatelabo.jp/20171125180126

>このときの方かな?お疲れ様です。。はやくものごとが良くなるように願ってます

YES!!皆さんのコメントにどんなに勇気づけられたか本当にありがとうございました

2018-02-02

母が生活保護受給している

実家に暮らす母が生活保護を受けている。

私は20代女性実家を出て母とは離れて暮らしている。

時々会いには帰るのだが、福祉から時々封書で送られてくる援助要請は断り続けている。

なぜなら私にも生活に余裕がないからだ。

無論、自分だけで生きていくぶんにはそこまで困窮していない。

だが、情けないことに母への金銭的援助をするほどの余裕は私にはないのだ。

母は精神的な病気をもう何年も患っており、障害者年金わずかな生活保護費でやりくりしている。

歳も50代後半になり、働くことはもう一生無理なのだと思う。

しか日本にはそんな働けない人のための制度がある。

金銭的に余裕があるわけでもない私が1,2万を気まぐれに「今月は余裕があるからあげられる」「来月は支出が多いから無理」などと言って気まぐれで援助したら、私が出した分は母が受給する生活保護費から引かれる。これは当たり前のことだ。

だが余裕がなくてお金をあげられない月は、母がまた自分で減らされた分を要請しなければならないだろう。

それは国にとっては喜ばしいことなのかもしれないが母にとっては負担になるのではないだろうか。

から私は、母は死ぬまでそのような暮らしをしていていいのだと呑気に思っていた。

だがこの前、久しぶりに母に会った時、母はひどく落ち込んでいる様子だった。

話を聞くと、年に何度か訪問に来る福祉課の担当職員があからさまに母を馬鹿にしたような態度をして嫌味を言って帰っていくのだそうだ。

母の精神障害をまるで嘘であるかのような言い方をするのだそうだ。

大した精神疾患でもないのに生活保護受給している人間はずるい奴だとでもいうような態度で。

母は私に心配をかけまいと、今までずっと私にはそういった話をすることはなかった。

私の話だけを聞いてくれていた。

だが母は、自分の娘のような年齢の若者コケにされ見下される屈辱をずっと味わってきたのだ。

それが限界に達したようで、今回母の今までの精神的苦痛を知ることになった。

話を聞いて私は正直顔も名前も知らないその担当職員に腹が立った。

それと同時に、仕方ないことなのかもしれない…とも思った。

弱者立場に立ったことがない人間には、その人がどんなに肩身の狭い思いをして生きているかなんて知る由もないのだから

だって正直、母が味わってきた屈辱や恥ずかしさや惨めさは半分も分かっていない。

それは母が私にそんな思いをさせないために、母子家庭になってから精一杯普通の家庭の子供と同じような暮らしをさせてくれたおかげだ。

からきっと、その担当職員の人も、とても幸せな人なのだと思う。

んーだからねーなんつーんだろうなぁ

やっぱ結局のところ一番言いたいことはなにかというと

5000兆円欲しいなぁ

それにかぎるなぁ

2018-01-03

続・年賀状はいらない文化なのか?

anond:20180101070125

意外に伸びててびっくりしてるんだけど、ブコメ見てると賛否両論って感じかな

年賀状肯定的人達は俺と考え方が近いのだと思う

まり一応知り合いという程度の人との繋がりを維持するのに年賀状有用って考え方

それに対して年賀状否定的人達の考え方を大きく分けると2つに分けられると思う

①今の時代年賀状の様に紙、つまり物理媒体を使った通信年始あいさつをする必要なんてないという考え方

年賀状を出さない事で失われる程度の繋がりなど人生不要という考え方

考え方は人それぞれだから反論という訳じゃないけど①、②共に思うところはある

まず①の方

俺も将来的には葉書封書での年賀状はなくなっていくと思ってる

ただ、メールLINE、各種SNSなどが年賀状代替を果たせるか? というとちょっと疑問がある

手間がかからなすぎるかなって気がする

お歳暮なんかもそうなんだけど、あなたのためにこの程度は手間をかけましたってのが結構大事だと思うんよ

あくまで俺の経験則に過ぎないんだけど年一回の年賀状と同じ程度の人間関係メールで維持しようとすると、3ヶ月に1回くらいはメールのやり取りが必要になると思う

SNSだったらもっと短期スパンでの定期的なやり取りが必要なんじゃないか

メールにしてもSNSにしても、メッセージのやり取りをするツールとしては年賀状をやり取りする相手より親密度が高い人向けって感じがする

もちろん将来メールを送ることが今、年賀状を送るのと同じくらい手間をかけてると感じる価値観が主流になる時がくるのかもしれない

でも今はまだそうじゃないと思う

個人的には今後、年賀状代替していくサービス電子年賀状的なものになるんじゃないかと思ってる

スマホタブレット年賀状パラパラめくるように見れて、返事を書くのもそのままスマホタブレットでできる

あいうえお順などでソートもできて、職場の同僚や同級生などのタグをつけての管理もできる

一枚一枚手書きでも書けるしテンプレートイラストを引っ張ってきてお手軽にもできる

手作りスタンプを取り込んだり、写真を貼り付けたり、おみくじシールキャラクターイラストを貼り付けることもできる

そういう紙の年賀状をそのまま代替できる様なサービス

作るのにそれなりに手間がかかって、なおかつ更に手間をかけようと思えばいくらでもかけられるサービス

多分、すでに似たようなサービスはあるんだろうけど年賀状代替するほど普及してるとは言えないと思う

年寄りでも簡単に使えるか? っていうとそうでもないところあると思うしね

それに普及したらしたでスパムメールみたいな悪質な広告ウイルス感染源にされたりといった事への対策必要になってくるだろう

から今はまだ紙の年賀状の方が面倒でない面もあると思うんよ

②についてはホント価値観は人それぞれって話になっちゃ

ただし、ただめんどくさいとかい理由年賀状一枚で維持できる人間関係を捨てちゃうのはもったいないかなって思う

言ってしまえばコネとか人脈って呼ばれてるものってそういう緩い繋がりのことだと思うんだよ

人生の中でそういう緩い繋がりに救われる事ってたまーにある

そういう時の為に手間を投資してると考えればそこまで大損してるって訳でもないと思うよ

あんまり打算ばかりで考えるのもアレだと思うけど、緩い繋がりを維持してて損することってあんまりないよ

2017-12-25

全文パクリサイト発信者情報開示請求して1000万円請求した話

 「ブログ文章画像をパクったサイトを作られた! しかもググったら私のブログより上に出てくる!」といった話を見聞きするようになった。

 細々とブログ運営している私には対岸の火事と思っていたのだが、先日、私のブログパクリ被害を受けた。そこで泣き寝入りせず、逃げ得させない方針で対抗し、ある程度、成功を収めたので、個人情報などはぼかしつつ、その経験を共有したい。

————————————————————————————————————

 私がパクリに気付いたのは、外出先で自分記事確認しようと、最新の記事タイトル検索した時のこと。検索一覧で、自分ブログのすぐ下に、見慣れない名前サイトが現れたのだ。「たまたま同じタイトル記事を書いた人がいるのかな?」と確認すると、文章画像も私のブログとまったく同じ。

 「パクられてる・・・

 血の気が引いた。パクリサイトを詳しく見ると、なぜか記事の筆者として私のIDが示されている。私のIDクリックすると、“私の記事一覧”なるページへ移動。そこには、これまで数カ月の私のブログパクリ記事が並んでいた。

 パクられていたのは私だけではない。パクリサイト最近投稿を見ると、数十もの異なったブログから記事をパクっていた。

 パクられているブログには共通点があった。それはブログ更新情報を伝える「RSS全文配信」という仕組みを使っているブログを利用していること。

 RSSブログなどを登録すると、記事更新があった時にすぐに伝えてもらえる仕組み。仕組み自体は便利なのだが、パクリサイトは伝えられた更新情報悪用し、即座に記事の内容をそのまま自動的パクリサイトにアップしていたのだ。「RSS全文配信」ではなく、「RSS一部配信」なら防げるのだが、例えば、このはてな匿名ダイアリーの親戚であるはてなブログではRSS全文配信しか選べないので、こうした被害を受けやすい。

 キュレーションサイト自称するそのパクリサイトには注意書きがあった。

 「リンクさせていただいた際には、運営者さまへご連絡させていただき、ご承諾いただいた上で当サイト運営しております。 万が一、こちらの不手際でご連絡差し上げておらず、ご承諾をいただいてないブログ運営者で、リンクを外してほしいとのご要望がございましたら、すみやかに誠心誠意対応させていただきますので、よろしくお願いいたします」

 何が“誠心誠意”だ、こんなパクリサイトへの転載を承諾しているわけがない。

 私と同じく記事をパクられていて、連絡先が分かった人に確認すると、やはり「まったく連絡はいただいておりません!」との返事がきた。つまり、この注意書きには、パクリ元に見つかったらミス言い逃れ第三者から通報も抑止しようという、悪質な意図が込められていることになる。

————————————————————————————————————

 どうすればいいのか。

 パクリサイトには問い合わせページが用意されていたので、そこから連絡し、私のブログをパクったページを削除させるのは簡単だろう。しかし、それではパクリサイト運営で得た収入をなくせるわけではないし、私以外からパクった記事も削除されない。

 そこでWELQ問題の際、パクられた写真の利用料(賠償金)を請求した例にならうことにした。パクリサイト運営者が今までに得た収入を上回る利用料をとれれば、パクリサイト運営する動機消滅するのではないかと。

参考:キュレーションメディアに写真をパクられたので請求書を送って、18万円支払ってもらった(https://www.photo-yatra.tokyo/blog/archives/11079

 パクリサイトは1日1万5000ページビュー自称しており、Google Adsense広告を利用していた。Google Adsenseだと収入はざっくりページビュー10分の1円ほど、つまり1日1500円の収入パクリサイト過去記事を見ると数年運営していたので、100万円以上得ていると推測した。

 問題パクリ行為100万円以上請求する根拠であるほとんどのブログと同様、私のブログも「記事をパクったら●万円!」「写真は●万円で販売中」などとは示していない。また、パクられた写真すべてが「自分が完全に著作権を持っている写真」と自信を持って言えるかという問題もある。例えば、肖像権が含まれ人物写真ロゴキャラクター商品写真サイトキャプチャーゲームの1シーン、マンガコマなどは難しい。

 そこで発想を転換することにした。今までパクられた記事の利用料をとるのではなく、確実に私に著作権がある有料写真を大量に含んだ記事作成し、それをパクらせた上で利用料をとればいいのではないか、と。

————————————————————————————————————

 さっそく外出して、公園や雲、植物など、権利侵害しない写真撮影。私が撮影した証拠にもなるよう、一部の写真には私のメールアドレスを書いた紙も写りこむようにした。一応、有料販売する体裁なので、ピンボケなどしないように気を遣い、できる限り良い写真を撮ることに努めた。

 こうして撮影した写真ブログ掲載していくのだが、注意すべきはブログサービス規約。例えば、はてなブログでは「記事内での直接販売」を禁じている。そのため、別の場所写真販売して、ブログではそれを紹介する形にしなければならない。

 個人でも写真販売できるサービスにはPIXTAやFotoliaなどがあるのだが、ほとんどは審査があり、料金も自分で決められない。

 そこでオススメなのがnote、「ノート投稿する」からイメージ」を選ぶと、好きな価格写真販売できるのだ。販売価格の上限は1万円だが、noteプレミアムに入ると5万円に引き上げられるので、加入して1枚5万円で50枚販売することにした(1カ月に200点以上または一時点において100点以上の商品新規出品する場合特定商取引法に基づく販売業者として連絡先を掲載しないといけないので注意)。

 次にブログ販売写真を大量に掲載して紹介するのだが、パクリサイト自動的パクる際、相手はどうせパクった記事をチェックしていないと予想されるので、さまざまな注意事項も書いておいた。

 「転載禁止」「転載を認めている媒体はない」「無断使用した場合、1枚につき使用料ペナルティとして倍額の10万円」 「不正使用とみなされる場合損害賠償を求めるなど法的な措置を講じる」「キャンペーンなど短期的な利用であっても同じ料金」などなど。

 写真のものにもPhotoshopで同様の文言を埋め込み、「(C)2017 (私のID)」と著作権表示も加えた。加工なしの写真掲載すると、パクった相手が「これは自分が撮った写真だ!」と逆に主張してきた際、オリジナル写真を示して自分が作者と証明できなくなるので、こうした文言は入れておいた方がいい。私の場合は、1つの写真につき、著作権表示のみの画像と注意事項も加えた画像の2種類、計100枚をブログ掲載した。

 「もしかすると気付かれてしまうかも・・・」と危惧していたのだが、数十分後にパクリサイト確認すると、無事(?)、私の写真紹介記事がパクられていた。ご丁寧に注意書きもそのまま転載されている。

 さっそく証拠確保のため、(1)ウェブ魚拓をとり(念のため「https://megalodon.jp/」「http://archive.is/」双方で)、(2)右クリックからページを保存、(3)右クリックからソースを表示してコピペして保存、(4)Google Chrome拡張のFull Page Screen Captureを使用してページ全体をキャプチャーさら一時的ミスと言いわけできないよう、1週間後にも同様の作業を行った。

————————————————————————————————————

 完全に証拠を押さえたところで、利用料を請求する段であるパクリサイト運営者に連絡するには、問い合わせページを使う方法もあったのだが、より正式方法ドメイン登録者情報を調べて、そちらから連絡することにした。最終的に裁判で利用料を請求することになった場合相手名前や住所が必要になるからだ。

 ドメイン登録者情報の調べ方は簡単。例えばアスカネットワークサービスの「http://whois.ansi.co.jp」でパクリサイトURL検索するだけ。

 ・・・と思ったのだが検索した結果、「Registrar Abuse Contact Email(不正使用の際に連絡するメールアドレス)」として表示されたのは、GMOインターネットメールアドレス。これは個人情報を隠すため、GMOインターネットお名前.comというサービスを利用していた時に表示される。

 なのでGMOインターネット電話し、「著作権侵害され、利用料の請求書を送りたい」と伝えると、パクリサイトエックスサーバーというサーバー会社を利用していると教えてくれた。なお、ここでは著作権侵害の具体的内容を説明する必要はなく、パクリサイトこちらの動きが伝わることもない。

 次にエックスサーバーに連絡すると、パクリサイトエックスサーバー運用されていることは確認できたのだが、「発信者情報開示につきましては、プロバイダ責任制限法に基づき、書面にて発信者情報の開示請求をお送りいただいたもののみ対応いたしています」とのこと。まあ当たり前だ。

————————————————————————————————————

 名前や住所、メールアドレスなど発信者情報の開示請求必要ものとして、エックスサーバーから指定されたのは次の3点。

(1)発信者情報開示請求書http://www.isplaw.jp/d_form.pdf

(2)印鑑証明書

(3)問題サイトから情報流出によって権利侵害されたとすることが確認できる資料(2部)

 (1)発信者情報開示請求書テンプレートがあるものの、自分用にカスタマイズしないといけないので若干面倒。テンプレートの「貴社・貴殿」「注」などをうっかり修正し忘れてしまい、何度か作り直すことになった。書き方は↓の記事を参考にさせてもらった。なお、「発信者に示したくない私の情報」として私の氏名を指定した。

参考:写真無断使用された時の発信者情報開示請求の仕方(http://tanaka-desu.com/puroseki-hassinsya-kaiji/

 (2)印鑑証明書役所で発行してもらえるのだが(350円)、そもそも印鑑登録しておかないといけない。シヤチハタ印は印鑑登録できないので、実印を持っていなければ制作に少なくとも数千円、数日みておく必要がある。

 (3)資料パクリサイトがパクった記事と、自分ブログのパクられた記事PDFで保存して、セブンイレブン印刷写真100枚が含まれ記事で、しかも各々のサイトを2部ずつ印刷したので、コピー代だけで2500円かかった。

 (1)~(3)の書類を合わせると数センチにもなったので、郵便局レターパックプラス(510円)で送付。この書類サーバー会社に届くとパクリサイト運営者に連絡がいくので、必ずここまでに証拠を固めておくことが大切。Twitterなど表で騒ぐのも厳禁、書類が届いてサーバー会社ログを保存する前に該当記事を削除されてしまうと開示は認められなくなるらしい。

————————————————————————————————————

 書類を送った翌日、パクリサイトに変化が生じた。私のブログからパクった記事がすべて削除されたのだ。ただし、サイト自体は通常営業で、ほかの人の記事は全力でパクリ続けている。

 権利侵害根拠となる写真紹介記事が削除されたことで、「もしかすると発信者情報開示請求が通らなくなるかも」と心配したのだが、書類送付から2週間後、エックスサーバーから封書が届く。中を見ると、「発信者氏名」「発信者住所」「登録メールアドレス」が記されていた。

 さっそく登録メールアドレス宛に連絡。「発信者氏名」「発信者住所」が正しいか確認するとともに、該当記事を削除しているがウェブ魚拓証拠を示せること、写真100枚の転載料として10万円×100枚=1000万円を請求すること、そもそもどういう考えで運営しているか聞いてみたい、という内容にした。書き方は↓のサイト、およびネット写真を盗用された場合対処法を解説した『アサヒカメラ 2017年2月号』を参考にした。

参考:キュレーションメディアに写真をパクられたので請求書を送って、18万円支払ってもらった(https://www.photo-yatra.tokyo/blog/archives/11079

 すると、4時間後、すぐに相手から返信があった。謝罪言葉サイトを閉鎖したとのこと、ただし金額については妥当とは思えないところがあるという内容だった。

 この場合裁判金額を決めることになるのだが、そこまで進めるかどうかで悩んだ。同様のパクリサイトが生まれないようにするためにもパクリで高額の賠償金が発生することを判例として残すことは重要。私の主張が全面的に認められるかは分からないが、いろいろ調べた結果、ペナルティ部分は認められないかもしれないが、利用料部分は認められるのではないかと予想していた。

 しかし、相手個人可能性が高いこと、悪用が禁じられているとはい名前や住所といった個人情報が開示される罰則を受けていること、相手Google AdsenseIDなどで調べた結果たどりついた他のアフィリエイトサイトがあまり儲かっていないようにみえたこと(儲かっていたらこんなリスキーな手は使わない)、ほかにパクリサイト運営者がいる中、不幸にも私という当たり屋に追突してしまったのがちょっと気の毒に思えたこと、などからサイトを削除したことで良しとして、また何らかの権利侵害されない限り、請求は保留すると伝えた。ちなみにここまでは私の名前や住所は相手に伝えず進めていたのだが、請求書を送ったり、裁判に訴えたりするとなると、もちろん名前や住所を出す必要がある。

 そもそもRSS情報自動サイト転載する仕組みは、ネットに関する知識技術をそれなりに持っていないとできないこと。それだけの能力を持った人がパクリサイトに手を出した背景には、発覚した時の罰則が軽そうにみえたことがあっただろうが、この記事によって、その認識を変えられたらと思う。

 もし本当に悪い人が目を付けたなら、有料画像を大量に掲載し、パクらせることで、理論上、1億円でも10億円でも無限に、しか理屈が通った上で請求できるので、一発で破滅してしまう。

 今、パクリサイト運営しているならすぐに閉鎖した方がいいし、パクリサイト被害を受けている人がいるなら、ぜひこの方法で利用料を請求してほしい。私もまたパクられることがあれば、今度はしっかり利用料をもらうところまで進めるつもりだ。

 一応、著作権違反損害賠償請求時効3年で、しばらく悪いことはしにくいと思うので、相手の方にはこれを良い機会として、高い能力社会のために生かしてほしいと心から願っている。

2017-12-23

元増田です。追記とごめんなさい。

https://anond.hatelabo.jp/20171220195315

落ち着いた気持ちで書けるようになったので追記します。

私があの日記を書いた時にはかなり頭に血が上っていて、言うべきではないこと・使うべきでない表現で物を言っていたと思います。なんというか、目の赤い王蟲になって無関係民衆に突っ込んで多くの人を傷つけてしまったという感じで、傷つけてしまった人には申し訳ない気持ちでいっぱいです。口汚く罵られもしましたが、実際人を轢いてしまったのだからそれも甘んじて受け止めねばならないと思っています。冷静に宥めて下さった方、わかる部分もあるけどそれは良くないよ、と受け止めやすい形で批判を伝えてくれた方、ありがとうございます。わかるよと伝えて下さった方には、あなた方がいたから冷静になることができて、冷静な批判をちゃんと受け止めることができて、だから謝罪ができるのだと、やはり感謝を伝えたいです。

以降は完全に蛇足ですが、なんでそんなに頭に血が上っていたのかを少し書きます。先の日記ではどんなに仕事の内容で勝負しようとしても下ネタを避けられないという話を書きましたが、私が新人・若手の頃に、先輩社員との仕事中の「コミュニケーション」の中でいきなりラブホの話が出てきたことがありました。仕事に関連する建物構造だか何だかラブホのこれこれこういう部分に似ているよね、増田ちゃんもそう思うでしょ?というような話でしたが、そんな話をされてびっくりしていると「え、うっそもしかして処女?」「いやいや全然イメージなくてめっちゃ経験多そうなタイプに見えるけどそうだったらギャップすごいね」「えーそれギャップあって超いいじゃん」みたいな話を口々にされました。その場は曖昧に笑って濁して話の輪から逃げましたが、最悪の気持ちでした。処女かどうかとか、経験多いタイプに見えるとか、ラブホに詳しくないとか、そんな話を仕事の同僚とする必要がどこにあるんでしょうか。大学までの間でそんな人と接した機会が無かったので、こんな野蛮で下品人間がいるのか、入る会社を間違えたのではとショックを受けました。

学生時代の友人と飲んだ時に打ちあけようと思いましたが、ところがどっこい彼女は私以上に野蛮な環境に耐えていて、具体的には泊りがけの研修合宿に行ったら飲み会の後に男性の先輩社員男性新人社員全員を無理やり風俗店(直接的なサービスのあるタイプ)に連れて行く、連れていかれる同期を見るのが辛いしその話を翌日に自分たちがいる前で堂々とされるのも辛い、彼女持ちの同期に苦痛を打ち明けられてどうにもできないのが辛い、ということでした。それを聞いて自分会社はまだ全然ましでこれくらい耐えなくてはならないのかと思い、仕事で成果を出すことで言わせない空気を作ろうと頑張っていましたが、そうやって仕事で成果を出しお給料に反映される頃には、飲みの席で酔った取引先のおっさんに「どこに住んでるの?えっそんないい所住んでるの?君独身でしょ?なんでそんな街に住めるの、あ、パパがいるのか。いいなー俺もパパになりたいなー」と言われて最悪の気分になりました。かなり酔った様子だったのもあり雑に扱ってすっと帰りましたが、嫌な気持ちは何週間か後を引きずりました。

私にラブホだの処女だの経験多そうだの言ってきた男性も、パパがいるんだろう・パパになりたいと言ってきた男性も、友人の同期を風俗店に無理やり連れて行った男性も、みんなコミュニケーションだの、明るく笑える会話だの思ってやってたんだと思います。ただ、それは本当に野蛮で下品文化だと思いますし、その文化理不尽に触れさせられた人間を傷つけます。だから自分にとって楽しかろうが、飯の種になろうが、自分がそれをやっていると気づいた方にはすぐに止めていただきたいと思っています

そんな訳で、最初バズフィード記事を見た時には「なんと大変な思いをされたのか、是非応援したい」という気持ちしかなかったのが、童貞いじりやヤリマンいじりはセクハラではない、それは許容されてしかるべきだし今言うべきではないと話の流れが変わるうちに、この人(またはこの人たち)は野蛮で下品文化にズブズブで人を傷つけるサイドの人なのか、そんな人になぜ私たち経験した辛さを無かったことにするように言われなければならないのかと、憤りを感じました。

それがああ言う形での敵意の発露となってしまったのは、お察しの方がいたように私が女を武器にして利益供与を求めるタイプ女性に煮え湯を飲まされたことがあったからで、過去に私に被害を与えた女性教授上司等と1:1で頻繁に夜や休日飲食を共にしている女性でした。私の怒りは本来その私が遭遇した彼女たちだけに向けられるべきもので、それをましてや定義曖昧一般化し、属性化して向けるべき怒りではありませんでした。

誤解された方も多かったようですが、私が若手の頃に会社のお偉いさんに取り入ろうとしなかったのではありません。所謂エレベータートーク(移動中のタクシーや会食などの時間の長いものを含む)を頑張ったり、自分担当案件に関連する指標とかを頭に叩き込んでおいて、偉い人との会議案件責任者が答えに困った時にさっとサポートするとか、そういった形で「頑張ってる新人」「伸びそうな新人」ぽさを出して引き立ててもらおうとしていました。職種によってやり方は違うと思いますが、例えば同時期に庶務で入った友人は偉い人に届く封書の封を絶妙に開けやすくするように工夫していたりして、「あの子はすごくよく気がつく」と評価されていました。私も彼女も、夜や休日の1:1の誘いは全部かわしていました。

私は「誘いを断っても居場所を確保することに成功した」人間で、私の競争相手は「自分から”連れていってくださいよ〜””二人で行きましょうよ〜”と誘いをかけるタイプ人間」で、私の中にはその二種類の人物しかありませんでした。ここに想像力の欠如がありました。多くご指摘いただいたように「誘いを断って居場所を確保することができない」状況もままあると思います。そしてそれは決して、本人が責められるべきものではなくて、加害者卑劣さや、雇用流動性の低さによる逃げにくさによる問題です。またそもそも、私が今回の自分の憤りを伝えるために持ち出す話として、完全に不適切でした。私の不適切な行いで傷つけてしまった人たちに、心からお詫びをお伝えしたいと思います。本当にごめんなさい。

最後になりますが、性的関係強要も、下品下ネタによるセクハラも、全て等しくなくなる世界を願っています

2017-12-20

多分、年賀状をやめてもゆうパック負担あんまり減らない

内務限定の話になるんだけど年賀状みたいなはがき封書区分って区分機使ってやるのが大半だから短期アルバイトそれなりに役に立つ

区分にしても難しいことは無い

まり重いものも扱わないし地元高校生アルバイト枠もあるから忙しい時期の人員確保もできてる

でもゆうパックは米(30kg)とか重いし荷物の積み方や台車パレット(小売だとカーゴって呼んでる奴)の扱いにも慣れが必要

なのであんまり短期アルバイトが役に立たない

慣れるまではむしろいちいち教えないといけない現場負担になるくらい

しかキツイ割に年賀状と時給変わらないから人が集まらない

来る人も色々問題を抱えてたりで能力的に……って人も多い(含む俺)から仕事ぶりはお察し

から多分、人を増やせばいいってもんでもないんじゃないかなぁ

人への投資必要だけど設備投資必要だと思う

ぱっと思いつくところだと荷物の量が多すぎて区分するスペースの確保に四苦八苦してる面もあるみたいなので大規模な倉庫とかがあるといいのかもしれない

2017-08-01

https://anond.hatelabo.jp/20170708121935

前々から思ってたいたけれど、郵便ゆうパック区別がついてない人が多すぎる。

同じ郵便局内でも郵便は集配営業部ゆうパックゆうパック集配営業部と完全に独立していて全くの別物だということくらいは知っておいてほしい。

郵便は赤バイクゆうパックは赤の軽ワゴン配達している人が全く違うのでよく見ている人は分かるはずだ。

ゆうパックならヤマト佐川と同じ宅配便から再配達依頼がなくても3回配達するし、不在票にドライバー電話番号が書いてあって直接電話できるようになっている。

一方郵便物なら連絡がないなら再配達はしないし、配達員電話なんかされても困るから不在票に電話番号なんか書いてない。宅配便ではないのだからこれは当たり前のことだ。

本来、集配営業部仕事は、担当区域内の普通郵便物郵便受けに入れるだけなのであって、郵便受けに入らずチャイムを押して呼び出す(更に不在なら不在票を入れる)というのはイレギュラー行為からである

サービスが悪いと思われるかもしれないが、それだけ安いのだから仕方がない。対面配達義務で、ハンコをもらわないといけない宅配便とは別物なのだ

イメージとしては、赤バイク郵便屋さんがハガキ封書DMなどと一緒にアマゾンを持ってきてるという感じである

なので、郵便受けに入るサイズなら当然チャイムなんか押さずに郵便受けに入れるし、受取人もわざわざハンコを押さなくていいから、この点に便利を感じている人は多いと思う。

あと書くの忘れてたけど、狭い担当区域を一日に何度もまわる宅配便と違って、広い担当区域を1巡するだけだから電話されても再配達になんか行けないし、そもそも行くことが想定されてない。

そういうわけなので、文句を言うなら郵便局ではなく、配送料をケチったアマゾンに言うのが筋だろう。

最近自分荷物を受け取るばかりで送るということをしたことがない人が増えているのかもしれない。

参考までに書いておくと、同じ本を送るにしても、郵便安価レターパックゆうメールなら300~400円だが、宅配便なら安くても600円程度で、通常は800円以上が相場となっている。2倍近く違うのである

2017-06-28

Web業界エンジニアスカウトメールじゃなくて封書で送ってくるのやる気ねぇな

それともこの業界も紙の手紙で送るのが誠意だったりするの?

その割に中身全部印刷だったし

2017-03-29

40代無資格転職活動してみたよ 3

税務調査の日になり、私と会計士さんは自宅で待つ。

 

 

待つ。

 

 

 

 

来ない。

約束時間から30分経っても来ない。

 

会計士さんが税務署電話してみたら、すでに出ているという。

結局40分遅刻税務署職員が到着。

バスで来りゃいいのに経費削減か知らないけれど10kmの距離ママチャリで来たらしい。

 

遅れた理由は道に迷っただとか…

特に謝罪もなくフゥフゥ言っている芋洗坂係長似の職員さんをリビングに通す。

 

 

今日は軽い質疑応答過去5年分の領収書銀行通帳の預かりだけらしい。

質疑応答は余計なことまで喋るとよろしくないとのことで会計さんが間に入り私は仕事と称して別室待機。

 

 

職員さんがフゥフゥしながら言うには、収入に対して経費(雑費)の額が多すぎるので調べたいとのこと。

今日預かる領収書全部に目を通し、この支払いが本当に仕事必要ものだったのかを判断したいと。

 

私の確定申告の控えに芋洗坂係長が汗をボタボタ落としながら話すのを眺めながら説明を受けた。

そしてニス加工していない木のダイニングテーブルにもポタポタと落ちた汗は、吸い込まれるようにテーブルへ吸収されていく…

 

 

領収書の束を預かった職員さんが帰った後は会計士さんと打ち合わせ。

会計士さんは「前もって300万円も払ったので追加が発生すると言っても数十万円でしょう」と言うが、正直その数十万円も辛い…。

急に目減りした貯金数字を見て不安になっていき、車の売却も考えた。

 

売れば200万円ぐらいにはなるだろうし、そのお金で100万ぐらいの車を買いなおそうと。

 

 

 

 

一か月後、税務署から経費になりそうなものと、そうでないものの選定が済んだので再び自宅で話をしたいと連絡があった。

選定した内訳は前もって会計士さんに渡しておくとのこと。

 

そして数日後、会計士さんからメールが届いた。

 

 

 

 

「追加で支払う消費税所得税ですが、180万円だそうです」

 

 

 

再び視界グニャァァァ~~~~

 

ひゃくはじじゅうまん!?ひゃっくはちじゅうまんえんんn???

貯金あと250万しか無いのですが…

先月の仕事収入6万だったのですが…

 

 

これは本格的にマズいと子供の定期を解約して支払いにあてる。

車は130万円でしか売れなかった。しかし車が無いと困る土地なので90万ほどの中古車を購入。

 

収入の良い時に買った趣味のもので売れるものヤフオクメルカリ処分

1000冊を超えるマンガや専門書、ゲームフィギュア駿河屋にまとめて売り払った。

それでなんとか追加分の150万円を支払い、残りは3月に届けた確定申告の還付金で処理してもらうことに。

 

 

 

残った貯金は80万円ほど。

 

これで生活していけるのか…?

大人1人と子供1人で切りつめても月に20万円はかかる。

自分1人だったらコンビニ弁当だろうが夕食抜きだろうが削ることはできるが

育ち盛りの子供には、せめてちゃんとしたものを食べさせたい。

 

デザインの依頼は減っていっている。今から転職して正社員になれるのか…? しかし今のままでは…

正社員として働けるよう転職活動をしてみようと決意した翌日、市役所から封書が届く。

 

 

 

 

 

 

確定申告修正があったので再計算したよ!市民税120万追加!」

「おっと!健康保険もヨロシクぅ!80万円なり~」

 

 

 

全て自分が招いた結果だ。払わないといけないものは払わないといけない。

転職できれば支払いの見通しもたてられる。なんとかなるだろうと思っていた。

 

 

思っていた。

2017-03-04

年金定期便という封書が届いた

ネット検索すると、毎年はがきで届いて、35、45、59の節目の歳に封書で届くものらしい。

今までそんなハガキはうけとってなくて、歳も48なんだけど。

今まで年金機構がおれの住所を把握して無くて、去年会社倒産していろいろ手続きをしたからそれで向こうに俺の所在が伝わって、今届いたってことなのか?

 

まあそれは置いといて、俺の年金は年90万。月7.5万。

これで生活はきつい。

嫁が死んで保険やらで1000万くらい入ってきたから、それを月に5万くらい切り崩して足せば12.5万で、これならまあ生活できるな。

でも120まで生きる予定なのに、80くらいで資金が尽きるじゃないか

のこり40年どうすんだ。

2017-03-03

なのはわかっている

内臓壊して失職して3ヶ月経った。

ら、今日よくわかんないところから封書が来てて

開けたら奨学金の返済延滞してるから訪問するかもっていう予告書だった。

すげー。ほんとに訪問するんだってなんだかどっか他人事で思ったけど、

返済猶予願を出し忘れていたことに気づく。

手続きもう少し簡略化しないかなって思いながらこれから書類書きます

2017-02-05

アクションの大きい郵便屋さん

簡易書留の不在届が入っていたので、本日夜間に再配達を申し込んだ。

配達に来た郵便屋さんが、なにかすごくオーバーアクションだった。

「○○さまですね、簡易書留のお届けです~~~!!!遅れまして申し訳ございません~~~!!!

すみませんが、こちらにフルネームサインをお願いできますか~~~???

情感たっぷりに。腕を広げ封書差し出し、跪きそうな勢いで。

ミュージカルとか舞台を見ているような気分になった。

本業役者さんだったりするのだろうか。

2016-11-22

手書き営業手紙

先週、ふと思い立って初めてネイルサロンへ行った。きれいになった指先でなんとなく気分も上がり、またそのうち行こうかなーと思っていたら、そのサロンから封書が届いた。忘れ物たかな、それとも割引券とか?と開封すると、いらしていただきありがとうございました、またお越し下さいという手書き手紙。いえいえ、どういたしまして。

ええと、こういう手書き手紙ってときどきお店からもらうけど、効果あるの?手書きだと嬉しくなって再来店してしまものなの?

私にとっては手書き手紙を書くのは苦痛。すごく字が汚いし、時間がかかるし、失敗して書き直すのも嫌。そうは思わない人が書いてるのかもしれないが、こんな苦痛なことを営業活動の一環として従業員やらせてるお店はどうも信用できず、次に行く気にならない。印刷した手紙でもいいし、いっそ別にメールでいいよ。ごみにもならないし。

履歴書手書きでというのと同じ、昔からそうだからという理由だけで続いている慣習かな。

2016-10-01

ジャニーズ落選チケ返金が詐欺っぽい(追記あり)

ジャニーズコンサートチケット申し込んで落選したが、返金詐欺のようなやり方に驚いている。

該当のチケットは、KinKi Kidsアリーナツアー

9月29日日本武道館公演を皮切りに、11月2日マリンメッセ福岡公演まで全国7アリーナをめぐるツアーである

ファンクラブ会員がこのチケット抽選に申し込むには、

8月5日までにチケット代金(1枚9,000円)と申込手数料(700円)を郵便振込にて支払う必要があった。

※この申込手数料700円のほかに、振込手数料80円は別途支払う。

落選した場合は、【返金手数料(700円)を差し引いた金額】を【払出証書を申込公演日までにお届け】と記載してあった。


私は、日本武道館公演の9月29日チケットを1枚と、9月30日チケットを2枚申し込んだ。

抽選の結果、落選していた。

泣く泣く取得予定の有休キャンセルし、月末の仕事に打ち込んでいた。


返金用紙が届いたのは、9月28日頃だったと思う。

金額は9,000円。

まり9月29日落選分の1枚の金額しかない。

不思議に思ってTwitterで「KinKi Kids 返金」と検索すると、荒れている。

・返金金額が間違っている!

複数落選したが、よく計算したら返金されていない公演がある! など。

私は呑気に、

事務員さんも大量の封書を一斉に発送するのは大変だろうからあと数日待ってみよう、

くらいに思っていた。

さっきまでは。


9月30日ジャニーズコンサート事務局からメールが届いた。

引用すると長くなるので要点をまとめると、

アリーナツアー落選者のなかで、抽選で選ばれた人に次回コンサートの優先案内をする

 (コンサート12月22日1月2日に開催される)

落選したチケットの枚数と同じ枚数だけ応募できる。チケット枚数の変更は不可。

落選した振込金額分を充当するので、応募に際し再度チケット代金を振込む必要はない。

・優先受付を希望しない場合は、11月中旬以降に返金する。

ということである


落選した人を次回の公演で優先して案内しよう、という気遣いファンとしては非常にありがたい。

だがしかし

支払ったお金が別のチケットになってしまうということ、

勝手に返金期限を延長されたこと。

これは看過していいものだろうか。

たとえるならば、こんな感じか。

商品注文して代金ももらったけど、売り切れだった!ごめんね!

3か月後に似たような商品を入荷する予定があるから、そっちにお金を回しといたよ!

もし3か月後の商品も品切れになっちゃったときには後でお金は返すね!

え、似た商品なら要らない?

いやいや、3か月後の商品の売上の目途が立ってからちゃんと返金するから信用してよね!

あ、うちの会社でかかった事務手数料はお客さん持ちだから、その分の代金は返さないよ!」

・・・こんなふざけた商売あるか?

購入したかった商品と違う商品の案内が届く。

返金期日については冒頭にも書いたとおり、

落選した場合は、【返金手数料(700円)を差し引いた金額】を【払出証書を申込公演日までにお届け】する約束だった。

これが、優先案内のメールが届いた人については、何の断りもなしに返金期日が11月中旬まで延長されたことになる。

これって、コンプライアンス的に問題あるよね?

詳しい人教えてください。


転売ダメ!」って言うだけで転売対策をしないジャニーズ事務所のせいで

私が行けなかった公演のチケットチケキャンで15万円以上で取引されてるのを見たり、

複数名義で同じ公演のチケットを押さえるファンがいることにイライラしてる。

1公演だけKinKi Kidsの歌が聴けたらいいなと思ってファンクラブに入ってるけど、

落選したうえにこんな非常識な案内が来て興ざめ。

この状況がなんとかなればいいな。


10/2 追記>

思ったより反響が大きくて驚いています

多く頂いた指摘について、書いておきますね。

消費生活センターなど然るべき機関相談すべきだという意見について

もっともだと思います

実際、Twitterでは消費生活センター通報しようと呼び掛けている人もいるようです。

でも、やっぱりTwitterだと、そういう呼びかけはジャニヲタコミュニティ内にとどまりやすいんですよね。

腹が立ったのでファン以外の一般の方々にも知ってもらえる機会があればと思い、あえて増田に書きました。

◆申込手数料700円の返金がないとおかしいという指摘について

確かに、チケット当選してないのに700円支払わなければならないのは疑問に思うところですよね。私もそう思います

事務処理にかかる費用だといっても、すでにファンクラブ会費で年間4,000円献上してますからね。

ですが私は、手数料700円が落選時に返金されないことが大きな問題だとは思っていません。

なぜなら申込時の案内書類に、落選した場合手数料700円は返金されない旨がはっきりと書いてありますからね。

おかしいなと思いつつも、手数料が返金されないことは承知して応募しました。

 

私が問題だと思っているのは、

別の公演の案内と引き換えに、返金期日を先方都合で勝手に延期したことです。

例え話ですが、もしも会社取引先が支払期日当日に支払を延期したいと申し出てきたとしたら、

一般的には資金繰り悪化倒産懸念するし、取引の中止や法的手段検討をすると思います

それをジャニーズは、さも親切なことをしているかのような書きぶりでファン強要してきたのです。

信じられません。

熱心なファンなかには、未返金分が10万円以上あると憤慨している方もいらっしゃるようです。


ここに書き連ねる意味は無いのかもしれませんが、ジャニーズファン以外の方にも問題提起ができればいいと思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん