「夜泣き」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夜泣きとは

2020-07-12

anond:20200712114402

夜泣きの耐えない修道院

掛け算出来ない寺子屋のー

涙に濡れたーラーメンーの

の子にかかったザーメンのー

ノートエンドロウ

ノートエンドロール

ふーりーかーえるなのーろー

2020-07-09

anond:20200709212514

じゃあ普通に耐えればいいじゃん

そうやって子供育児者の存在を許容できずそれどころか大人同士で子供あつかいされなきゃ家庭生活さえおくれないやつがいっぱいいるか少子化なんでしょ

おまえも夜泣きして母親に心痛かけて大きくなってきたんだから順送りなのにな

2020-07-07

こどもかわいい

赤ちゃんが好きで好きで好きでかわいくてたまらなくて

こんなに可愛い子供を抱きしめられて

成長を見守ることができるのなら、頑張ってもいいかなあと思って

不登校から一念発起して難関大にも合格したし就職第一志望に内定して、仕事も不出来ながら食らいついて、やっとひと段落ついたところで

念願の赤ちゃんを天から授かってやろうと、未婚で産もうとしたけど周り人みんなに反対されたので

大学サークル(就活のために仕方なく部長までしたけどすごく嫌だった)であった男性(たぶんいい人)と結婚して

毎晩夢見た赤ちゃんを産んで、幸せ幸せ幸せでほんとうにかわいくて、こんなに幸せになってもいいんだなあと夜泣きあやしながら涙ぐむぐらい幸せ

赤ちゃんが一番かわいいものだと思っていたけれど、成長してどんどんかわいく愛おしく思えるようになっていくし

子育て大変?かわいい子供に尽くすのに大変とかあり得ないですよね。、みたいなことを素で思っちゃえるぐらい愛しい

もう、子育て天職というか、このために生まれたんだと思う

今2人目がお腹にいて、こないだやっと産休に入った

ただでさえかわいいのに、2人も育てていいなんて夢みたいで

不登校死ぬしかないと思ってたのが嘘みたいな

家庭環境も良くなかったし、多分遺伝的にメンタルヘラやすく(親戚も含め自殺お葬式4回経験とか)こんな親が産んで申し訳ないなーとかは思う

多分中2ぐらいのときに、初潮だったんだけど(遅い)そのへんから母性っていうのか、オキシトシン爆発してて

通りすがり小学生とかも愛おしくてたまらなくて、保育園手押し車とか、もうやばいぐらいかわいい

子供わがまま盛りで、ちょっとうざいのもかわいくてたまらない

セロトニン生産とかドーパミンの受容とかがダメ脳味噌を持って生まれたんだと思っていて、一生幸せになんかならないんじゃないかと思ってたのに

オキシトシンひとつで、こんなに幸せになれるとか思わなかった

夫も結婚したときはけっこう嫌いで、セッ○スも苦痛で、「きも、死ね」って脳内しょっちゅう舌打ちしていて

そういう自分も、きっと異性愛者じゃない(かといって同性に興味もない)のに子供欲しさに結婚して卑怯だし自分は最悪だなと、イライラして

イライラした気持ちを押し殺して夫と接するから、どんどん夫がストレッサーと刷り込まれて、負のスパイラルだったのに

今は嘘みたいに愛おしい(子供ほどではない)

人付き合いも嫌いだったけど、今は人と話すのが楽しくて、誰構わず抱きしめたくなるし、そばにいたくなるし(排他的になるというのは個人差があるのだと思う)

今の自分にすごく満足してるけど、こんな幸せも、オキシトシンブーストがなかったら、また苦痛に満ちた人生になってしまうのかなと思うと怖い

あの、周りの人がみんな敵意を向けてくると思い込んでしまい、思いつめやすく、自己愛で、ネガティブで不幸なとき自分に戻るのじゃないかとか

そういう自分が家庭を家庭を壊すのではないかとか思うと怖い

もう最高の幸せを手に入れてしまったし、このまま死んだ方がみんなのためにいいじゃないんだろうかと思い始めていて、怖い

2020-06-20

anond:20200619175741

71年生まれ

大学入学までゲーム禁止の家庭で育ったのでゲームに作られた感触はあまりない

けど娯楽としては本、漫画アニメとおなじくらい優秀なので後にシリーズ化したゲームは初代ならほとんどやってると思う

家族との思い出のゲームを書く

ゲームウォッチ 小学校のころ親がハマってどっかのフェリーから海に捨てるところを見たとおもう、後で思うとタイタニックかよ。そうでもしないと決別できなかったようだ

・(ファミコンドラクエ1 最初自分で買った据え置きゲーム機に差し込んだソフト。なお中学ごろ一瞬だけmz731にoh!mzにのってたマシン語手入力でいろんなゲームやってたことがあるけどどっかで数字まちがえてバグってたのでそのうち飽きた

・(ファミコン麻雀 うちの父親が即降りピンフ学費を稼いで大学にいっていた話が聞けた

セガサターンとかプレステキラーコンテンツもろもろ(バーチャロンパラッパラッパーサクラ大戦やら同級生あたり)→サークルの友人、なかでものちに伴侶となる人とけっこうやってたし結婚してもバーチャスティック2台も買っておいてた

・(ドリキャスPSO 子供乳幼児とき夜泣き紛らわすためにやってた、初めてギルド雑誌に載った、初めてオフ会にいった

・葛の葉ライドウ2作目 自分がやったことがあるのを子供が覚えていた

ペルソナ4 自分がやったことがあるのを子供が覚えていた

外国フラッシュゲームhttps://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=22468 自分プレイしたことがあるのを子供が覚えてた

・(PC、VITA)PSO2 家族3人でアカウントとって緊急まわったりしてた、子供が高学年か中学生だったけど親と一緒ならギリギリプレイOKだった(R12だか)、中学プレイヤーが珍しいかフェスタで壇上に登って即負けしてきた、ガチPCプレイヤーの自分が真っ先に飽きてスパっと止めて子供にもやんわり止めさせた

・(PCスマホグラブル 家族の誰にもはまらせなくてよかったブラックゲーム明日から古戦場だけど逃げようとおもってる

・(スマホ)FGO 家族3人でやってる 今日の18時からまた新規だな

 11本になったな タイトル書くだけで、移り住んだ4軒の家のどこに据え置きや充電器をおいてたか思い出せる

あとはもう他人にすすめられてやったゲームとか100や200は超えてるとおもうけど並べる気にはならないなぁ

ノベルゲーム面白いラノベ買うよりずっとかさばらないので安いとおもうようになったがwin10で動かす方法がよくわからんので箱捨てたい

 

おっと、妊娠祝いに職場のお仲間にスケルトンゲームボーイもらったな、あのときありがとう

パパからママへのお願いで、これってありでしょうか?

子どもが生まれて3ヶ月、完全に生活破綻してしまった。仕事でも家でも、冷静な判断ができない。イライラがうまく処理できない。原因は睡眠不足なんだと思う。この3ヶ月、3時間以上の連続睡眠がない。

子供は夜、3時間おきに夜泣きで起きて、ミルクをあげる。夜泣きする度、妻も僕も起きて、ミルク母乳を準備し抱っこする。子供ミルクを25分くらいかけて飲む。妻も僕も眠気と疲労が常にぬけない。言いあいも増えてしまった。

夜泣きはいつまで続くのか…、子どもによって違うらしいが、夜泣き半年から一年続くらしい。これはつらい。こんな僕では、妻にも申し訳ない。

そんな状態なのだが、妻にこんな提案をするのはありだろうか、なしだろうか。

「平日の夜は寝かせてほしい。」

もちろん、休日子供の世話は全てする。平日も朝はできる限り早く起きて、子供を見るようにする。そのうえで、平日の夜は寝かせてほしいと思っている。

そうしないと、いつか仕事で大きなミスをしそう。信頼も失ってしまう。それくらい追いつめられている。しかし、妻に愛想をつかれるのはさけたい。妻とは仲良くいたい。

やっぱりこんな提案をすると、妻は俺を見損なうだろうか。意見がほしい。

2020-06-10

anond:20200610155021

うちは近所の赤ん坊夜泣きガクブルしてる。何だと思ってるのか。

2020-06-09

赤ん坊夜泣き対策ライフハック

防音の箱に入れて1時間くらいそっとしておいてあげるだけ、しばらくすると落ち着いて泣き止む

ペット用防音室とかで換気機能のついてるやつがググればでてくる

やすよりも泣き止むのも早いのでお勧め

QOLがけた違いに上がるそ、やっぱ金かけるとこにはかけるのが正解だな

2020-06-08

anond:20200608232821

おっすももポルポト育児の話が始まるのかな? 日本でもヤマギシ会もあったね

つづけてどうぞ

興味あるよ、君の育児論(架空

服は?幼児教育夜泣きおねしょ離乳食?おしめかぶれ?発達障害児?予防注射友達関係?親戚づきあい

いじりきれないほどネタがあるよね育児ジャンルって

2020-05-31

男手ひとつで娘を育てるのって大変?

「娘が15歳になりました、2歳で別れて男手ひとつで育てて、

ママママ夜泣きしてつらかったけど、今はいろいろゆうこと聞いてくれます

この歌をきくと当時を思い出します」

ってユーチューブのどっかの90年代の歌のコメントにあって、

なぜだか感動してしまった

独身だけど子供だけほしいと思うようになってきた

養子縁組とかって大変なのかねえ

2020-04-29

妻の女の子が欲しいという欲求にどのように向き合えばよいでしょうか

夫婦ともに30代半ばです。

妻は専業主婦をしており、私は会社員です。

なかなか妊娠が難しい人もいる中、私たち夫婦幸運にも2人の男児を授かることができました。

妻は結婚から子供男の子1人、女の子1人欲しいと言っていました。

また女の子2人でもいいが、男の子2人はどうしても嫌だということも言っていました。

自分としては子供は授かりものだし、どちらが生まれてもよいと思っており、特段希望はありませんでしたので

女の子が産まれるといいね自分としてはどちらの子が産まれても嬉しいよ」と伝えていました。

3人目に関しても妻は欲しがっていますが、自分収入では3人目は難しいと考えており、

2人でも子育ては大変なので、これ以上育児負担を増やすのは自分的にも、妻の負担的にも難しいかなと考えております

1人目の男児出産したあとに、妻の思いとしてどうしても2人目は女の子が欲しいという気持ちがあり

2人目の子作りのときに、妻が女の子妊娠やす体位や時期などをネットで調べ、それを実践しました。

実際購入までには至りませんでしたが、結構怪しい女の子が生まれやすくなる薬?的なのを妻が買っていいか聞いてきたこともありました。

それくらい妻は女の子妊娠することにかけていました。

しかし、妻の思いも虚しく2人目も男の子妊娠しました。

妊娠中に男児だと分かってから、かなり妻が情緒不安定になりました。

元々怒ると黙ったり物にあたることがありましたが、ドアの開け閉めが強くなったり、突然夜泣き出したりと不安定な状況が続きました。

女の子じゃないなら育てられない」「男の子はどうしても嫌!!」

と言った感じで怒鳴ったり、逆に何も言わずに黙り込んで何もしないという状態になったり。

妊娠中は情緒不安定になるのはよくあることだと思って、なだめたりそっとしておりたりしながら、過ごしていました。

後で妻から聞きましたが、出産入院中の病院で夜いつも泣いていたそうです。

それくらい妻にとっては女の子が欲しかったということです。

2人目の妊娠出産後、周りのママ友女の子妊娠したことがわかったときや、年賀状女の子出産報告を見た時など思い出したように

不機嫌になったり、また物に当たるようなことがあります

ただ2人目を虐待するとかはないですし、1人目と同じように優しくよいママとして振る舞ってくれています

妻も夜自分の前でしか女の子がいい」ということは言わないので、ママとして問題があるとは思っていません。

妻とも色々会話したのですが、妻の中で女の子を産み育てることが人生目標というか、やりたいことだったということだそうです。

とはいえ3人目は先ほど述べたように難しいですし、仮に3人目を養うくらい収入が増えたとしても3人目も女の子が確実に産まれ保証はありません。

少し前に自分自身に投資してはどうか?という提案は少し効果があったようです。

自分の為に好きな化粧品洋服をかったり、セルフケアする時間を確保したりすることで、QOLが上がっているように見えます

ただやはり女の子が欲しいという欲求代替になるほどの効果はなく、思い出したように不安定になることがあります

もしこの投稿を見た人の中で同じように悩み、克服したり代替できた人がいれば教えて欲しいのです。

2020-03-16

出産して15日経った

・0時から9時ごろまで1時間に1回グズって泣く。落ち着いたと思って横になっても数十分後には泣くので寝れない。途中子を泣かせたまま何もせず放置したり、3分くらいトイレに逃げてしまった。昼間は実母に子をお願いして3時間くらい寝た。

夜泣き対応中にLINEオープンチャットでもやろうかと思ったら格安SIMは年確できなくて使えなかった。圧倒的孤独

新生児落屑が進んできた。お腹と指が乾燥してる感じ

・うんちの回数が減った。日に2〜3回。ただ量はすごい。旦那オムツ替えするタイミングでしている。

・子の泣き声で動悸が起きる。

・2週間検診に行った。子の成長は問題なし。母乳止めたいと相談すると1ヶ月まで頑張れとのこと。具体的にどう頑張ればいいか教えてほしい。

・まだ悪露が出ているので湯船はNG

・私の下痢が続いているので整腸剤を処方された。

会計待ちの間に入院中にお世話になった助産師さんが母乳状態を見てくれて、止める方法を教えてくれた。私の精神を優先しての判断とのこと。

産後ケアとして再入院もできるらしい。市の助成を使えば日帰り3000円くらい(泊まりもある)で、子を預けて個室で休める、昼食つき。正直そういうのを手続きする余裕もない

右手首が痛い。腱鞘炎

寝不足ストレス基本的にずっと頭痛肩こり立ちくらみ

今日死にたい旦那と子が元気ならそれでいい

2020-03-09

育児たいへん

新生児の子の父です。

平日8-17時の仕事です。育休は取らず、在宅併用で週2日ほど出社しています。出社している2日は義母助っ人で来てくれます

妻は、一般的には産後肥立ちが悪いと呼ばれる状態にあります育児家事へのやる気があるためつい動いてしまい、回復が遅れているものと思われます

育児リソースは私、妻、義母の2+1です。

発生するタスクは、

ミルク(3時間サイクル)、おむつ交換(2~3時間に1回)、沐浴(1日1回)、泣き対応(突発的に、夜間頻度高)、ミルク嘔吐対応まれに)です。

クリティカル問題点は、ミルク対応でまとまった睡眠が取れないということです。

どちらかは起きないなど当番やルール作成対応できそうですが、実際泣くと2人とも起きてしまうため、2人とも寝不足です。

当初は私が日中担当で、妻が夜間担当の2交代制を敷く理想を掲げてはいましたが崩壊しています

また、妻は体調が悪いため、夜間を担当させることすらためらわれます

結果として、私は眠いまま、在宅もしくは出社し仕事をしています仕事効率が落ちています

妻は、日中は寝ているはずですが、起きていることもしばしばで、この点もよくありませんが、急に生活リズムを変えろというのも厳しい気がします。

義母は、孫に会えるので喜んで日中育児担当してくれますが、義実家には要介護の義祖父がいるため、週2日が限界です。

義実家に妻子を置くことも考えましたが、上の理由から義実家に断られました。妻自身も反対しました。

私の実家は遠方のため、そもそも戦力外です。

それ以外の育児タスク問題点はありません。

夜間の夜泣き対応が体力使う点が時点の懸案です。

その次は食事ゆっくりとれない点です。

片方が泣き対応スタンバイしておく必要があります

ワンオペ時は食事をとる選択肢がなくなります

もう少し大きくなるとまた違うのだろうと思い頑張っていますが、土日も休まらないのでどうしたものかというのが正直なところです。

子供は大変かわいく虐待などはありえないぐらい大切に扱っています

タスクへの大変さが問題です。

2020-02-28

子供を家で育てるのはやめるべきではないか

子供を産んだら20年間365日24時間専用の施設に預けるルールにした方がましではないだろうか?

親が子供に会いたいなら週末にちょっと顔を見にくればいい。

理由は以下だ。

設備投資

・親の育児能力が低い子供の救済

ピークコトロール

・親のキャリア問題

1.設備投資

子供ができた家庭は、おもちゃや小さい滑り台やウレタンマットを購入する。また、机や箪笥の角には頭をぶつけても大丈夫なようにゴムを取り付けている。

子供ができたすべての家庭がこれらをそろえるのは無駄ではないか

ちっちゃい子供が過ごす場所社会として限定すれば、設備投資費が少なくて済む。

家賃問題もある。夫婦二人なら四畳半のボロアパートでつつましく暮らすことも可能だ。しかし、子供が騒ぐと近隣住民迷惑になってしまう。だから子供ができたらそれなりの防音設備のある部屋に引っ越さなければいけない。それが不可能だったら最初から子供を作ることをあきらめてしまう。残念だ。だったら、子供が暮らす部屋と両親が暮らす部屋を完全に分けた方が良いだろう。

地味な問題だが、自宅に救急箱をちゃんと用意していない家庭もあるだろう。子供が転んでけがをするたびにマキロン探しをしている親は多いはずだ。「最後マキロン使ったやつ誰だ!」と。保育園ちゃん備品管理をしているはずなのでそういうことは少ない。こういう些細なことでも、各家庭と育児専用施設設備力の差が感じられる。もはや子供が両親の家に住む合理的理由はないと思う。

2.親の育児能力が低い子供の救済

率直に言って世の中の親の大半は育児が下手だと思っている。

知識技術や体力や精神面でプロ保育士レベルに達していない人が大半だと思う。

だって子供をまともに育てられる気がしない。こんなの素人には不可能だと思う。

だったら24時間プロの元に置いておいた方がましではないか

僕は特別おかしなことを言っているとは思わない。自分の子供がプロ野球選手になれるかもしれないと思ったらリトルリーグに入れてコーチ野球を教えてもらうだろう。名門中学に入れるかもしれないと思ったら専用の塾に入れるだろう。であれば、自分子育てが下手だと自覚している親がいたとして、その親が育児を一切放棄して専用の施設に預けたとして、それは正しい選択だと思う。親にとっても子にとってもそっちの方が良いはずだ。そして、ほとんどすべての親は子育てが下手だと思うのでそうすべきだ。

例えば「叱る」と「怒る」は違うとよく言う。しかし、口で言うほど簡単なことではないだろう。あまり表に出さないだけで、苦しんでいる親はたくさんいると思う。

ついカッとなって子供をキツく罵ってしまったり手を出してしまったりして後悔した経験がある親はたくさんいるはずである

社会制度の方が変わっていかないといけない。親を支えないといけない。

ニュースを見ていると「こんな奴が子供を作るなよ」と思うことは多いだろう。しかし、それを言ったところで子供は救われない。また、そういうことを口に出す人が増えると「自分なんかが子供を作っていいのだろうか」と気後れしてしまう人が増える。それは不本意だ。

問題本質は「子供を作った人が責任をもって子供を育てないといけない」というルールにある。「子供を作っても育てないでいい」というルールにするべきだ。

3.ピークコトロール

核家族ピークコトロールしづらい。もし2人の親に2人の子供がいたとする。これならぎりぎり回る。しかし、突然片方の親が熱を出して寝込んでしまったとする。急に一人で二人の面倒を見ないといけなくなる。詰む。

これが保育施設であれば、(普段からゆとりを持った人員配置ができているなら)保育士さんが一人か二人寝込んだとして、何とか融通可能だろう。

また、夜泣きという問題もある。日中働いている両親が深夜に数時間おきに起きて授乳をして、睡眠不足なまま朝から会社に行くのは、不健康だし非効率だ。施設であればシフトを組んで夜勤を作れる。こっちの方が良い。

4.親のキャリア問題

子供を作ると、ハッキリとキャリア毀損する。男女関わらず。

給料を増やしたいなら子供を作らないほうが圧倒的に有利だ。

特に「家で資格試験などの勉強をできるか否か」が大きなポイントだ。これはいくら社会子育て世代に受容的になったり経営者が寛容な制度を作ったって関係ない。

日本子育てしている人に冷たい社会だ」などという言説は(事実かもしれないが)本質を外している。

子供を作ると家で勉強する時間がほぼ取れなくなる。その時点で社会がどう変わろうと無理なものは無理なのだ

だったら、子供を育てる専門の人とそれ以外の子供を育てない人に分けたほうが社会効率が良くなる。

これは、経済学の基礎である比較優位法則」で説明できる。

キャベツを作るのが得意な人とニンジンを作るのが得意な人が、それぞれ別々に5キロずつキャベツニンジンを作るより

片方がキャベツを10キロ、もう片方がニンジンを10キロ作るほうが効率がいいだろうという理論だ。

親は子育て時間を取られるよりも、子供施設に預けて自分キャリアのために時間投資した方が社会全体が豊かになるに決まってる。

いくつか反論があると思うので先回りして答えておこう

1.子供がかわいそうだ

素人の親が子供を育てるほうがよっぽど子供にとってかわいそうだと思う。

小学生にもなってお箸が持てなかったり敬語が使えなかったり虫歯だらけだったりする子供を見たらかわいそうに思う。

有名国公立大学に入れる才能を持っていたのに高卒の両親が上手に伸ばしてあげられなかったりすることがある。残念だ。下層社会再生産になってしまう。

今の育児環境の方がよっぽどかわいそうだ。

補足として個人的感情を言うなら僕は親が嫌いだ。こんな奴が子供作るなよと思っている。

2.親がかわいそう

子供は親のために生きてるのではありません。

少子化観点でいうと「自分で育てれないなら子供を作らない人」と「自分で育てなくていいなら子供を作る人」の量を比べると、どちらも一定数いると思うが、後者の方が多そうだから子供が増えると思う。

親にとっても悪い話だけではないと思う。

親にも親の人生がある。

今の社会子供を作ると人生ほとんどを子供に持っていかれる。

親も自分人生謳歌できるべきだ。

仕事に熱中したり趣味を楽しんだりしていいはずだ。

現代社会では子供を最優先にしない親に対する風当たりが強すぎる。変えていかないといけない。

あと、こう言う意見を言うと「自分にとっては子供が全てだ。自分子供のために全てを捧げている。他の人もそうすべきだ」的なことを言う人が出てきそうだ。

多分そういうことを言うせいでみんな困ってるんだと思う。自覚して欲しい。

大体会社にいる「自分仕事に全てを捧げています」系の人は仕事できてない人が多いので、そういうこと言っちゃう親は子育て下手な親だと思う。

3.地域社会や大きな家族大事

それはそうだが、デメリットも大きい。

ジジババに子供を預けた時に「これはアレルギーから食べさせないでください」といったら、ジジババが「好き嫌いはよくないから」と言って食べさせた結果マーライオンになった。というような話はよく聞く。

周囲も育児素人であるという点は変わらない。

4.ポルポトがー!

それはポルポトが悪いのであって制度が悪いわけではないと思う。

5.今の保育園の現状分かってんのか

親のキャリアのところで触れたが、比較優位法則説明がつく。税金を減らして各家庭で親が育児にかかわる時間を増やすのと、税金を増やして親が育児にかかわる時間を減らすのでは、後者の方が生産性が高い。よって税金を増やせばいい。

今よりはるか資金を投入できる前提で考えるべきだ。

6.施設による虐待リスク

それはそうだと思うが、比較で言えば家庭より安全だと思う。

殺人事件加害者児童に対する性的虐待加害者も身内が一番多い。

知り合いの介護士も、他人介護はできたが自分の親の介護はめちゃくちゃ辛かったといっていた。程よく他人じゃないと感情が入ってしまって逆に辛いんだろう。

2020-02-19

anond:20200219163002

他者が介入しない、自分の好きなことだけする人生なんて、めちゃくちゃつまんなくない?

結婚して旦那のDVに苦しんでる妻が、うんそうだねって同意すると思うか?

子供ができて、隣人に夜泣きがうるせーぞと文句言われてる母親が、うんそうだねって同意すると思うか?

ってことなんだと思うよ。

そりゃ、楽しくやれてる妻や母親大勢いるかもしれんけど、苦しんでるヒトの声がネットには蔓延している。

2020-01-17

甥っ子がかわいすぎて自分の子供が出来るのが怖い

甥っ子がかわいい

まれときから4歳になる今日まで、2、3か月空かずに頻度高く会っていた。

そのおかげかとても懐いてくれていて、兄から「遊びたいといってるよ」「いつ来るのと聞いてきた」などと報告してもらうと嬉しく、

より一層かわいいなぁという想いがあふれてきてしまう。

私は元々子供好きではないし、苦手な方であったが、甥っ子は特別だ。

遊びに誘われれば全力で応えるし、多少周りから変な人と思われても平気だ。

甥っ子が笑ってくれればそれでいい。

甥っ子は目鼻立ちが整っているというわけではないが、愛嬌がある顔で、笑い顔は恵比寿様のようになる。

たまに泣いたりもするが、声質なのかあまり騒がしくなく、話す声もとてもかわいい

人の足に抱きついてきたりするなど、いわゆる末っ子のような甘え方もする。

ようは、甥っ子がかわいい。かわいすぎると思っている。それゆえに、不安なことがある。



ここで話が変わるが、自分はまだ小梨

今後、もし授かればパートナーと一緒に育てていきたいと思っている。

ただ、ふと思うことがある。

0歳のとき夜泣きが酷すぎたらどうしよう

1歳のときごはんを食べない子だったらどうしよう

2歳のとき、イヤイヤ期が始まったらどうしよう

3歳のとき、言う事を聞かない子になったらどうしよう

よくある、育児をする上での悩み事ではあるが、もしこれが自分の身に降りかかった場合

「甥っ子はこうじゃなかった」

などと思ってしまうのではないかと、比較してしまうのではないかと、心配している。



自分の子供を甥っ子より可愛がれなかったらどうしよう」


一番の心配事だ。

リアルの友人にもふっと相談してみたことがあるが、自分の子供は特別だよ、と返された。

一般的にはそうかもしれないが、果たして私の場合でも当てはまるだろうか。


世の中の甥っ子姪っ子スキー人達は、どうしているのだろうか。

同じような状況になったことがあれば、是非聞いてみたい。

2020-01-16

懺悔 言い訳追記

変な時間に目が覚めてしまって寝付けなくなったので書く。

このことを何度も何度も思い返して毎回苦しくなってきた。ここに吐き出して一旦終わりにしたい。

私は大学四年になりたての頃、当時付き合ってた彼氏の子妊娠してることが分かった。相手社会人だったし私も単位はなんとかなったので結婚出産卒業専業主婦になった。

初めての育児はとても大変で夫にイライラをぶつけまくった。夫はその頃異動があったり、デキ婚のことで親と揉めて絶縁状態になったり、子供夜泣きに付き合ってくれたりで徐々に疲れていきうつ病になって働けなくなった。

傷病手当金失業手当、私の実家からの援助でなんとか3年ほど凌いだ後、たまたま友人の紹介で正社員として採用された私が働き出すことになった。(夫のうつ病が長引いたのはゆっくり休ませてあげられなかった私のせいでもあると思う。当時は本当に子供自分生活費のことで頭がいっぱいだった。申し訳ない。)

私は新社会人かつ子育て主婦、というよく分からない状態で、今にして思うと社風とも全然わずパワハラまがいのことも受けながら安月給で必死に働いた。正直仕事だけでいっぱいいっぱいで家に帰れば寝てたかった。実際家事や育児は段々と自宅療養中の夫任せになっていき、夫から苦情を言われることが増えた。夫婦喧嘩が増えてセックスに私が誘っても拒否されるようになった。それどころかちょっと手が触れるのも嫌がられた。まぁ、薬の影響とかストレスとか色々あるししょうがないよね、とは思っていたがかなり辛かった。職場でも怒られて、家でも夫とはうまくいかず、育児を夫に頼る時間が増えたせいかあれだけママっ子だった子供も私に懐かなくなっていった。

そんななかで私は人生で1番の間違いを犯してしまった。同僚と不倫してしまったのだ。期間としては半年にも満たなかったけど、頭のおかしくなっていた私は彼だけが毎日の救いになっていた。現実逃避というのか、もう何も考えたくなくって将来どころか数ヶ月先の家族旅行計画さえ立てるのが億劫になった。数ヶ月先も今と同じように生活してるなんて無理でしょと思っていた。今にして思うとありえないが、不倫相手とギクシャクしだすと更に救いを求めて学生時代の同性の友人にまで不倫相談をした。このことがきっかけで複数の友人を失った。

まぁそんなめちゃくちゃな精神状態不倫してたのであっさり夫にもバレた。離婚するか、なんて話にもなったがなんだかんだでお互い関係修復のために努力していこう、という結論になった。この時の話し合いでやっと自分の辛さを夫にキチンと話せた。夫の辛さも理解できた。

夫が私に優しくなった。そのおかげで少しだけ精神状態が安定して、夫や子供に気を回せるようになった。そして私が変わると夫も変わり、病状も回復し再び正社員として働き始めた。共働きは本当に大変で、そのころ子供学校トラブルがあったりで、結局私が家族を支えるため仕事を辞めた。収入不安があったが、余裕がなくなった自分が如何に暴走して周りの人達を傷つけるか痛いほど理解していたので仕方なかった。今はまた専業主婦だ。仕事を辞めて冷静になるとまぁよくあん理不尽で最も自分に向いてなさそうな仕事をしてたなぁとボンヤリ思う。転職を考える余裕もなく、とにかく自分と周りを責めていた。

夫のことはすごく傷つけてしまった。夫や子供を失うかもしれない、となってやっと自分にとって夫や子供がどれほど大切か理解できた。自分との関係を修復することを選択してくれたことに本当に感謝する。一生をかけて償っていきたい。

一方で取り返しがつかなくなったのは友人関係だ。完璧自業自得だが学生時代の友人は全て失った。直接私が不倫を打ち明けた子以外にも噂は広まってるかも、と思うともう学生時代の友人誰にも怖くて連絡できない。SNSもやってないので向こうからも連絡も来ない。それにもともと、独身バリバリ働いていた友人たちと主婦お金にも時間にも余裕のなかった自分話題や考えが合わなくなっていた。寂しいけれどしょうがない。

仕事を辞めて友人を失って、それでも家族は残ってくれた。今、夫も子供も元気にしている。私に笑顔を向けてくれる。それだけで本当にありがたい。これから先、自分キャパ理解して家族第一優先で生きていきたい。そして少し落ち着いたら、余裕を失わない範囲でまた働きに出たい、友人も新たにできたらいいなと思っている。専業主婦で1年ほど過ごし家族だけの世界はやはり少し寂しいことに気づいた。でも自分場合家族仕事、友人関係、をバランスよく保つことができるだろうか、また外の世界必死家族を傷つけてしまったら、と不安になる。この辺のバランスの取り方が今後の課題かな。

この約10年間は激動だった。家族の大切さと、人間環境によって簡単に間違いを冒すんだということを知った。人間性より環境。あと友人関係簡単に崩れるということ。この先の10年は穏やかに過ごせますように。

言い訳追記

環境のせいにするな同じ環境でも大抵の人は不倫なんてしない、と書かれてあった。その通りだ。ただ馬鹿みたいだけど、環境云々については自分の中では再発防止策のつもりだ。若かりし頃は自分は真っ当な人間だと思っていたし、人並みの倫理観正義感もあるどちらかと言えば善人寄りの人間だと信じていた。自分の本当の人間性について知ることはなかったし、今だって少しはまともな人間になれたのか確認する術はない。アラサーの今どうやれば人間性が向上するのか、全く分からない。だからせめて、そんなことができない、そもそもしたくならない環境必要だと思っている。あくまで私という人間にとっては、人間性より環境、だと考える。

あと一点、不倫相手とギクシャクしてから友人に相談するのでなくて、なぜ不倫する前に友人に相談しなかったか、という指摘についてボンヤリ考えた。夫婦生活がうまくいかない、育児しんどい、このような悩みを友人たちは理解してくれないだろう、もっと詳しくいうと、上記のような悩みが生じるのは私が若くしてデキ婚たからで、普通の人は普通幸せ結婚して子供かわいいんでしょ?結婚生活って幸せいっぱいなんでしょ?辛いってなんで?と思われるだろうことが容易に想像できたから。というか実際にそういうニュアンスのことを言われたからだ。当時友人たちは皆二十代前半の女の子からそんな認識で当たり前なんだけど。そう言えば働き始めてから職場お姉様が「絶対今は大変やろ、無理しなや、今乗り切れたらラクになるからね」と、しきりに声をかけてくれていた。その方は子育て離婚経験されていたので、きっと私の普段の様子をみて心配してくれていたのだろう。だけど、年齢も一回り以上上で、職位も全く違う彼女にあまり甘えたり相談することができなかった。この辺が若くして結婚出産するデメリットだなと今なら思う。年齢に合わせると悩みが合わず、悩みに合わせると年齢が上過ぎて心を開きにくい。今となっては色々あって私も老け込んでしまったので、子供のお母様達とも特に違和感なく溶け込めていると信じているのだけれど、最初の頃は浮いてたしな。

2020-01-04

母親の苦労・苦痛について言われるたび「じゃあ産むなよ」と思う

妊娠つわりホルモンバランスが乱れ、吐き気が止まらず、常に体調が悪い状態

胎児奇形になったり先天性の病気にならないよう、食べてはいけないものや飲んではいけない薬があるため、

食事に気を遣い、病気にも感染しないようにしなければならない。

しか共働き化が進んでおり、病原菌ウヨウヨした環境である通勤労働はしなくてはならない。

 

陣痛出産。何十時間も苦しんだり、脳出血を起こしたり、多量出血で生死の境を彷徨ったり。

会陰をハサミで切断する痛みもよくわからいくらいの陣痛の激痛。

 

産後、0歳児保育。夫は外で労働するので家事育児は育休取得した妻のワンオペ

授乳乳首に裂傷ができ、夜泣きで眠れず、精神状態思考力はボロボロに。

赤子が泣きわめくのでトイレにも行けず、自分食事もとれず、寝ていなくて憔悴した状態でいると、

から仕事して疲れて帰ってきたのだから、家では癒されたいのに、部屋が散らかっているし、飯ができていないし、

子供がうるさいし、全く癒されない。俺が稼いできた金で食ってる専業主婦のくせに、一日中家にいるくせに、なんだそのざまは」と文句を言われる。

質的母乳が出ない、乳腺炎を起こした、乳首の傷が悪化して痛みが酷すぎて授乳できない、

などの理由ミルクを使うと「完全母乳でないと母親失格」と難癖をつけられる。

 

復職。運よく保育園に受かることができて復職できても、子供が頻繁に発熱して、

そのたびに迎えにこいと言われて、同僚から白い目で見られながら早退しなければならない。

保育園のお迎え時間のために時短勤務して、早退が多いことで子無し時代よりも大幅に待遇は下がり、

そのせいでフルタイム勤務で稼げている夫からはきつく当たられ、労働育児家事・厳しい周囲の目で身体精神疲弊しきった状態が数年続く。

 

そうやってお前は育てられましたよって言われても、母親感謝しようっていう気持ちが起こらない。

じゃあ、産むなよ。育児が大変なことなんか、事前情報でわかりきってることじゃねえかよ。

つわり出産も保育も死ぬほどキツくて、しかも近年は夫の賃金ダウンや教育費の高騰により

共働きしなければいけなくなっているから、専業主婦で良かった90年代までと比べて母親のキツさはマシマシになっていて、

そんな情報いくらでも転がっている当たり前のことじゃねえかよ。

「私はお前のために、私の手首を切ってあげました。私は首を吊ってあげました。感謝してください。」って言われても、

頼んでねーよ、有難くねーよ、ただただ怖えよってなるだろ。

産んでくれって頼んでないし、そんな死ぬほどの苦労されるなら産まれたくもねえよ。

いや避妊しとけよ。ふざけんなよ。そうして母親死ぬほど苦労して育てた子供が育っていっても、高校生になったら死ぬほど勉強しなきゃいけないし、

大学生になったら死ぬほど就活しなきゃいけないし、採用されたらされたで地獄みたいに労働納税し続けないといけない人生が待ってるだけなんだよ。

産むなよ。母親もつらいし産まれ子供もつらいんだから産むなよ。予期できるんだから産むなよ。

何が嬉しくて自分から地獄に突っ込んで、感謝をせびるんだよ。どういう神経してるんだ。迷惑だ。

 

id:zeromoon0 すごい事実を書いちゃうけど、大部分の親は子供感謝しろなんてほとんど思ってないぞ。むしろ有難い有難いと思ってるぞ。

大部分の親がどうであろうが、俺は母親に「苦労したか感謝しろ」と言われているんだが? それが俺の事実なんだが?

それに、有難いと思っていようが、親が身勝手子供生産して受験地獄労働地獄に放り込む事実は変わらないんだが?

「大部分の親は子供に有難い有難いと思ってる」のどこが「すごい事実」なんだ? 大丈夫か? カスなのか?

関東地方公立小に勤めていた30代の男性は数年前、担任する4年生のクラス父親を亡くした子どもがいた。

ほかのクラス担任校長と話し合い、保護者は呼ばず、子どもが将来の夢などを考える授業に変えた。

ところが、保護者からは「上の子もの時はやったのに、どうして今年はないのか」「楽しみにしていたのに」などの苦情が寄せられた。

子どもから文句はなかったという。

https://www.asahi.com/articles/ASK5B5Q4MK5BUTFL01N.html

大部分の親は、ほとんどの親は、子供感謝しろなんて思ってない。

そうですか。へぇー。

 

id:norinorisan42 見ず知らずの家族愚痴を見るたびに、「文句は直接いえ」「他人が見る前提の増田愚痴るな」と思う/この手の連中、独りよがり理屈以外の反論たことない

育児愚痴・夫愚痴アカウントのほうがよほど人数が多いうえにうるっっっっっせえんだよなああああああああ!!!!!!

てめえが産みたがって産んだくせして「育児が大変すぎて子供が可愛くない」だの「夫が非協力的」だのよおおおおおお!!!!!!

夫に頼まれて産んだのに夫が協力しないならまだしも、てめえが産みたがって夫に協力させて我欲で産んだくせして!!!!!!

 

id:baikoku_sensei 増田さん、そうやって憎まれ口を叩けるのも、命を与えてくださったお母さんがいらっしゃるからでしょ

"憎まれ口叩き権"を与えてくださってありがとう母親感謝しろと?

俺に、そういう内心を持つように、命じているのか?

 

id:kpkpkpchang 自分母親に言いたいことを言えない人は、世間母親一般呪詛を撒き散らしがち。

夫に言いたいことを言えないか男性一般呪詛を撒き散らしているママアカウントどもにもぜひ同じことを言って頂きたいですね。

 

id:rtyujbvcd それは増田母親クズなだけだ、他の女性と一緒にするな。お前の母親クズなだけ。

子供感謝されようとする母親クズ、なるほどね。2分の1成人式をやってほしがる親は全員クズということで。

 

id:tableturning じゃあ産むなよ自己責任とみんなが言い続けた結果日本は深刻な少子化少子化になってからは女が産まないのが悪いに変わり子供さらに減りあなた負担する分も倍々で増えていく。本当に必要なのは苦労削減

少子化の何が困るって、お前や俺が老いて働けなくなり介護必要になったとき納税者や介護者がいなくなる問題だろ。

そのために納税者や介護者を産んでおけって話だろ。

そして納税者や介護者が老いて働けなくなり介護必要になったときのために、また未来納税者や介護者を産んでおくんだろ。

今生きてる人間の老後のために、これからも生まれさせられる人間が出続けるんだろ。もううんざりだ。

 

id:damonon 直接親に言え系のコメントは全部逸らしてるからやっぱり刺さってるんですね。ここで呪詛を撒き散らしてもすっきりするどころかモヤモヤした気持ちのままであることに気づいたら同じことを直接親に言いましょうね。

学生時代に「産んでくれと頼んでない。勝手に産んで、育てざるを得ない状況に自分を追い込んでおいて、息子に何を求めるんだよ」と言ったら

なんでそんなこと言うのおーーーと泣きやがった。そしてそれ以降も似たような愚痴を繰り返しやがる。進歩ゼロ知的障害かよ。

実家は出ている。正月帰省して不快な思いをした。帰省するなと?父親にも弟にも会うなと?まあ二度と帰省しなきゃいいだけだろうな。クソ母。二度と顔も見たくない

 

id:yuuula8192 こういう人を見て「あー世間妊婦に優しくない人がいるってこういう人の存在なんだなー」とブコメ含め勉強になる。妊娠出産子ども関連は幸せな家庭しか周りにいない幸福者なので、大変勉強になります。お大事

不幸になって欲しい。

これにスターつけた奴らも。

 

id:Arturo_Ui 出産育児苦痛理由で殺される幼児もいる。自分がそういう母子を愚弄できる立場なのか、少しは考えような // どの程度の苦痛なのか事前に仮想体験可能なら、「産まない」選択をする人はもっと増えるはずだが。

虐待され殺された幼児を愚弄した覚えは全くありませんが。

 

id:key_llow 恋愛家族自己実現などの建前を引っ剥がすと、社会は今生きてる人間福祉にありつくために新しい人間労働地獄に送り込む必要を持っている。増田の怒りはその建前に苦役が誤魔化されている歪みから来ているよね。

完全にそう。母親への私怨のみではない。母親への私怨は大きなきっかけにはなったが母親と切り離したところに世間おためごかしへの憎しみがある。

 

id:imanot 親と言いつつ父親の話が全然出て来なくて母への憎悪や見下しだけがあるのが強いミソジニーを感じる、製造責任(この言い方嫌いだけど)を男に問わないのってホモ仕草強者にへつらってるからなのかね

父親感謝をせびらないし自分いかに苦労してきたかという長話をしないし俺がしてくれと頼んだことをしてくれるからですわ。

お前が子供を欲しがる妻の言いなりになって協力しなければ俺は生まれずに済んだのにとは思うが強烈に憎むほどではないね

最も憎いのは主犯

 

id:kitano__ow お前はゴミだわ。なんでお前みたいなゴミクズがこの世に存在しているのか不思議。とにかくお前が死んでくれる事をただ願うのみ。いちいち必死反論してるようだが、クズはお前ただ一人。早く死んでくれないかな。

傷つきました!謝ってください!

 

id:bigapple11 女だがわかるよ。子供は親の究極のエゴだ。それは否定しようがない。/前半、世の大半の男があえて「見ないふりをしている」女達の「現実」がこと細かく書いてあって増田男性と知り感動した。勤勉だと思った

しかし女が被害者で男が加害者という感覚を具体性を持ってすりこまれ苦痛しかないわ。

では女に生まれたかたかというとそれもごめんだしな。

男に生まれようが女に生まれようが地獄だ。

 

id:wuzuki 精子だった頃に真っ先に着床したのは貴方だったのでは、というのは反論にはならないかな。/ 仕事学校ダルい、と言う人には「じゃあ辞めれば」と言えるように、気軽に子どもを手放せるようになればいいとは思う

精子責任能力があると?

法に触れた少年ですら保護されるのに精子自己責任問われるとは凄いな。

そこまでして親を擁護したいか

 

インセルじゃねー

書かれてないことを妄想で補完お疲れ様です

女性嫌悪でもねえ、元カノ憎んでねえ、同僚の女憎んでねえ、弟の彼女のことも憎んでねえ、むしろ母体苦痛については一般的な女好きの男よりも理解しているほうだろ

2020-01-03

anond:20200103183458

もちろん子供いる夫婦ワンルームじゃなかったけど、子供子供部屋放り込んで夜泣きしてもだいたい放置って言ってたな。まあ底辺らしいか多数派がどうなのかは知らん。

anond:20200103181443

子どもが生まれたらそりゃそうでしょう。

 

え?子どもにもチンした冷食オンリーでいいよ、

赤ちゃん夜泣きしてもワンルームでいいよ、

洗濯?一週間ごとでいいっしょ、臭いとかクレーム言うほうが頭おかしいんだよ!

っていう親も増えているかもしらんが

それって底辺

 

っていうか男だって結婚してそれでいいと思えるのは底辺だよ。

2019-12-29

夜泣きの子対応してたら寝れなくなってしまった

チョコレートでも食べるか

2019-12-25

anond:20191225175107

1年10か月前はほぼスルーされてたみたいだけどな

たまたまブクマされるとこの手の話はすぐ爆釣れになるけど殆どは日付すら見てない

昔の増田だと指摘してるブコメもあるけど他人ブコメも読まないんだろうな

馬鹿の一つ覚えみたいにミルクしろミルクしろと言ってるけど、夜泣きする子はミルクの方が添い寝授乳できなくて大変な事すら知らない

2019-12-14

anond:20191213175114

1歳くらいで普通による長く寝るようになるものなのに夜泣きみたいに夜も起きて、2歳くらいから喋り出すところを言葉も覚えない3歳児には、ご両親はさぞ心配しただろうな。

2019-12-11

お空の上から選びました・前(短編小説)

「またやっちゃった…」

ヒロコは苛立ちと罪悪感でいっぱいになった胸を抑えて深く溜め息を付いた。

間も無く3歳になる娘のユウが赤くなったあどけない頬をめいっぱい歪ませて泣きじゃくっている。

嫌な周波数の泣き声がヒロコの脳に刺さり容赦なくさぶる。

片付けても片付けてもおもちゃを散らかし、いたずらばかりするユウをきつく叱りつけたのだ。

手をあげる必要などなかったことはわかっている。

同じことを何度繰り返せばいいのか、また抑えきれない怒りを発してしまった。

掌がヒリヒリと痺れている。

我に返った時には遅く、ユウは火が付いたように泣き出した。

それでもヒロコはすぐには動けなかった。

その様子を他人事のように見詰め、抱き寄せる事も出来ず、これを宥めるのも自分仕事かとうんざりし、またそう考えてしま自分が嫌だった。

夫の帰りは今日も遅いのだろう。

激務の為、終電になることがほとんどだ。最後に娘が起きている時間に帰ってきたのはいつの事だったろうか。

日が傾き始めた窓の外に目をやり、逃れられない娘の泣き声と孤独感にヒロコはまた溜め息をついた。

──

「こんなはずじゃなかったのに」

ヒロコはサキの家のリビングクッキーを齧りながら言った。

「イヤイヤ期は大変よね」

サキは応じる。

ヒロコの学生時代の友人だ。

サキの子供はユウの2つ上の男の子で、サキ企業勤めのいわゆるワーママである

ヒロコにとっては気の置けない親友であり、育児の先輩だ。

最近は忙しくて会う機会も減っていたがサキが2人目の出産を間近にして産休に入った為、久しぶりにお茶でもどうかと招待を受けたのだ。

「可愛くない訳じゃないんだけどね、時々イライラが止まらないの。本当にひどいんだよ。なんで何回言ってもわからないんだろう」

自分の家にはない、物珍しいおもちゃの数々に目を輝かせているユウを横目に、ヒロコはまた溜め息をつく。

「片付けは出来ないし、気付いたらすぐ散らかすし、昨日もリビングに水をぶちまけるし、トイレットペーパーは全部出しちゃうし…。毎日毎日片付けに追われてる…!すぐにビービー泣いてうるさくて頭おかしくなりそう。この子、私のこと嫌いなのかなって本気で思う事がある」

愚痴は次から次と溢れ出す。

サキは時折自身体験を交えながらヒロコの言葉にうんうんと耳を傾ける。

ヒロコがアドバイスなどを求めていないことはよくわかっている。

ただただ言葉を吐き出したいだけなのだ

まだ意思の疎通もままならない子供と一日過ごしているだけでどれだけ気力と体力が削られるかサキもよく覚えている。

久しぶりに人と話をしている高揚感と充実感に夢中になるヒロコの気持ちはよくわかった。

「…そろそろ保育園のお迎えに行かないと」

サキカップを置いた。

時間が過ぎるのはあっという間だ。

長居してごめんね」

ヒロコも席を立ち、ユウの散らかしたおもちゃを片付ける。

「帰るよ」

その一言でユウの顔がぷうと膨れた。

「やだ」

ヒロコの目が吊り上がった。

「また始まった…!ワガママ言わないで!!」

「やあぁー!あそぶ!あそぶの!!」

ユウはおもちゃギュッと握りいやいやと首を振る。

「もう時間なの!これ以上いたら迷惑でしょ!」

さなから乱暴おもちゃを取り上げると、ユウはわぁっと泣き声を上げた。

「はぁ…。もううるさい!泣かないでよ!行くよ!」

ヒロコはユウを抱き上げようとしたが、ユウは泣いて暴れ、その手から逃がれようとする。

カァッと目の前が赤くなるような感覚に襲われ、反射的にヒロコの右手にグッと力が入ったが視界にサキの姿が入り、ヒロコは震わせた拳を抑えた。

その分声はヒートアップする。

「泣いたって時間から仕方ないの!暴れないで!」

強引にユウを引き寄せ、そのまま引きずるようにして玄関へ向かう。

「みっともない所見せてごめんね。いつもこんなで…ホントごめん」

辛そうに頭を下げるヒロコにサキは困ったような笑顔を返すと、本棚から一冊の本を取り出してヒロコに渡した。

「ね、良かったらこれ、読んでみて」

──

ヒロコは疲れていた。

「こんなはずじゃなかったのに」

もっと育児って楽しいものだと思ってたのに。

お母さんだからメイクもお洒落ちゃんと出来なくて、髪を振り乱して鬼の形相で子供に怒鳴り、お母さんだから子供の為に我慢ばかりで辛い事ばかり。

ユウの寝顔を見て愛しいと思っても、朝になればまたあの1日が始まると思うと恐怖すら感じた。

の子を産んでいなければ…考えても仕方のないifが頭の中を駆け巡る。

夫は今夜も終電での帰宅になると連絡があった。

めしい。子供の事など考えず、仕事だけしていればいい夫が恨めしかった。

独りの時間はとても長く、虚無で満たされていた。

ふとヒロコはサキに渡された絵本の事を思い出す。

(絵本か…)

本屋へは何度か行ったが子供に何を選べばいいのかわからず、無難そうな物を数冊買ったきりだ。

読み聞かせをしてもユウはすぐに飽きてしま最後まで読み切れた事もなく、読んでいる最中絵本を破かれて怒って以来、開くのをやめた。

サキは何故、絵本なんかを渡して来たのだろう。

から取り出し、表紙を撫ぜた。

『この子は、ママをおこらせるためにいきています

絵本はそんな一文から始まった。

「えぇ…どういうこと?」

口の端に自然と笑みが浮かんだ。

静かなリビングにページをめくる乾いた音が響く。

いたずらで母親を困らせる可愛くない子供が、デフォルメされた絵柄で描かれていた。

(そう、毎日こうよ。嫌になる。この子ユウみたい)

嫌な感情が胸を巡る。

気分が悪くなり、一度は絵本を閉じようかと思った。

しかし、めくるごとにヒロコの手が震えだした。

(あ、このママ…)

絵本の中の母親自分が重なっていく。

(私だ…私がいる…)

『はっきり言って、おこらないママなんかダメだと思う!

あたしがあんたをうんだんだもん!

大好きすぎるからおこるのよ!あんたにはママよりしあわせになってほしいの!!

それがおこるってことなのよ!』

絵本の中のママは涙と鼻水で顔を汚しなから子供に叫んでいた。

ヒロコの目から知らずに涙がこぼれた。

(うん、私、怒りたいんじゃない。ユウが大好き。大好きだから怒ってしまうんだ…!私、間違ってなかったんだ…!)

胸が、身体中がカァッと熱くなった。

堰を切ったようにとめどなく涙が溢れてくる。

ヒロコは絵本を抱き締めて嗚咽を上げた。

ヒロコは昨夜泣き腫らしてむくんだ瞼をこすりながらも、穏やかな気持ちでいた。

今朝も早くからユウは冷蔵庫野菜室に積み木を放り込むいたずらをしていた。

いつものように怒鳴り付けたヒロコだったが、泣いているユウを自然に抱き締める事が出来た。

「あのね、ママはユウが好きだから怒ったんだよ。わかる?ユウの事がどうでもよかったら、怒ったりもしないの。だからユウが悪い事をしたら怒るのよ」

そう。こうやって子供に素直な気持ちを伝えれば良かったのだ。

今はまだ全ては伝わらないかも知れない、けれどきっとわかってくれるはず。

心持ちが違うだけでこんなにも余裕を持っていられるなんて。ヒロコは晴れやかさすら感じていた。

──

もしもしサキ?昨日はありがとう絵本、読んだよ」

追い詰められていた自分気持ち理解し、黙って絵本を渡してくれたサキ感謝を伝えようとヒロコは電話を掛けた。

「何て言うか、助けられた気持ち。私、いっぱいいっぱいだったんだと思う…」

「私もそうだよ」

サキの声は安堵したような響きがあった。

「いい絵本だったでしょう?私も辛いときに読んでるんだ。怒るのは悪いことじゃない、子供の為だって思えると気が楽になるよね」

「うん。ユウにちゃんと向き合えた気がする」

しばらく話を続けたあと、あぁそうだとサキは言った。

「あの絵本を書いた作家さんの講演会が再来週あるんだけど行ってみない?」

講演会?」

そんな堅苦しいのはちょっと…とヒロコは尻込みした。

「ユウも騒ぐしそんな所に連れていけない…」

大丈夫子供連れでも安心して行ける講演会なの。作家さんが子供と遊んでくれたり、絵本読み聞かせをしてくれたりするんだ。親も子供も楽しめていい息抜きになるよ」

本を一冊読んだだけ、どんな人かもわからない絵本作家講演会に3000円も出すのは専業主婦のヒロコにとっては少し高いなと思う金額だった。

だが、子供も沢山来ると言う話だし、ユウにもいい刺激になるかも知れない。

熱心に勧めてくれるサキに押され、せっかくだからと参加を決めた。

講演会と聞いて構えていたが、会場に入って拍子抜けした。

椅子も置かれていないホールブルーシートが敷かれているだけ。

子供大人もその上で体育座りをして待っている。

「なんなの、これ?」

わず口をついて出た言葉サキが拾った。

「知らないとちょっと驚くよね。まぁ座って座って」

サキに促されるまま、ブルーシートの端にそっと腰を降ろした。

キョトキョトと辺りを見回しているユウにサキが声を掛ける。

「ユウちゃん、これから楽しいお兄さんが来て遊んでくれるよ。ご本も読んで貰おうね」

サキの息子ケンタは場馴れしているのか、サキに寄り掛かるようにして静かに座っていた。

ケンタくん、お利口さんだね。ユウとは大違い」

「そんなことないよ。全っ然ダメな子なんだから今日はユウちゃんいるから良い子のフリしてるだけ。もうすぐ赤ちゃんも産まれるんだからもっとお兄ちゃんらしくして貰わないと困っちゃう。ね?ケンタ?…あ、ほら始まるよ!」

それはヒロコが想像していた作家講演会とは全くかけ離れたものだった。

絵本作家と聞いてかなり年配なのだろうと勝手に思っていたヒロコは、40半ばに見える気取らない格好をしたこ男性絵本作家その人であることも驚いた。

作家本人が壇上を降りて子供と触れ合い、子供達が楽しめるように趣向を凝らした様々な遊びが繰り広げられた。

時には大人も一緒に歓声をあげるような賑やかなもので、気付けばユウもキャッキャと声を上げて遊びの輪の中で満面の笑みを浮かべていた。

(凄い…)

今まで自分が知らなかった世界が広がっている。

絵本作家って本当に子供好きなんだね」

そっと囁くとサキ悪戯っぽく笑う。

「この人は特別だよ。こんなに子供の為に自分からやってくれる作家さんなんて聞いたことないもの。生の意見を聞きたいって日本中回って年に何本も講演会開くんだよ。絵本も発売前に講演会読み聞かせして、感想を聞いて手直しするの。凄いでしょ?」

サキ、詳しいね

「前にね、仕事でこの人のイベントに関わった事があって。妥協しないでこだわりを貫く姿勢とか、誰に対してもフランクで、作家なのに偉ぶらない所とか、凄く温かみがあって純粋な人だからファンなっちゃったんだ。しかも、ちょっとかっこいいじゃない?」

作家の事を語るサキの瞳はキラキラと輝いていた。

絵本読み聞かせもなんて上手なんだろう、とヒロコは思った。

子供達は食い入るように作家の手元を見詰め、声を上げて笑っている。

(これがプロ読み聞かせ…!ユウなんて私が読んでも最後まで聞かないのに、こんなに子供の心を掴むなんて。やっぱりプロは違うのね。私もあんな風に感情を込めて読んでみたらいいのかな)

作家は、二冊の本を読み終わり、次が最後読み聞かせだと告げた。

講演会も佳境である

もう終わってしまうのか…と残念な気持ちになるヒロコは気付かないうちにもうこの作家ファンになっているのだ。

新作だと言うそ黄色い表紙の絵本は、作家が渾身の思いを注いで全国のママ達の為に描き上げたのだそうだ。

この明るくて楽しい、優しさに溢れた人が私達ママの為に描いてくれた絵本とは一体どんなものなのだろう。

ヒロコの胸は期待に掻き立てられた。

世界中でママにしたい人はたったひとりでした』

読み上げられた一文にヒロコは頭を殴られたような気がした。

何故子供を産んでしまったのかと後悔が過る事もあった。

周りを見れば大人しい子供もいるのに何故ユウのようないたずらばかりする子だったのかと妬ましい気持ちになることもあった。

子供が親を選んで産まれてきただなんて考えたこともなかったのだ。

作家感情を溢れさせた独特の声音絵本を読み進め、ページを捲っていく。

空の上から下界を覗き、ママになる人を探す沢山の赤ちゃん達。

ひとりぼっちで寂しそうなママを喜ばせたいんだと飛び込んでいく魂。

ヒロコの心は激しく揺さぶられた。

気付けば茫沱たる涙が頬を濡らしていく。

子供は空の上で己の人生を決めてから母の胎内に降りてくる。

母に喜びを与える為に産まれるのだ。

ヒロコは肩を震わせしゃくり上げて泣いた。

その背中を優しくさするサキの頬にも涙が伝う。

そこかしこから鼻をすする音が聞こえる。

作家の声もいつの間にか涙声に変わっていた。

作家を中心に会場の空気が一つになったような感覚をヒロコとサキは味わった。

同じように感じる来場者は他にもいたのではないだろうか。

(自分絵本を読みながら泣くなんて、とても繊細な人なんだ…)

作家自分に寄り添ってくれるような気持ちになり、ヒロコはその涙が温かく感じた。

ママ…?」

ヒロコが泣いている事に気付いたユウが、どうしたの?と母の頬に手を伸ばす。

ヒロコは反射的にその小さな体をギュウと抱き締めた。

「ユウ、ありがとう

何故かはわからない。無性にそう言いたくなった。

「私の為に産まれてきてくれたんだね。ありがとう

講演後に開かれた即売会でヒロコは迷わず黄色い表紙の絵本を買った。

そのまま作家サインが貰えると言う。

感動と感謝を伝えているとまた涙が溢れてきた。

作家はにこにこしながら『ユウひめ、ヒロコひめへ』と言う宛名の下に2人の似顔絵を描いて手渡してくれた。

──

翌日からヒロコはユウに、そのサインの入った絵本積極的読み聞かせた。

講演会で見た絵本作家の姿を脳裏に思い浮かべ、それと同じように読み聞かせをしたのだ。

冗談を言うシーンでユウは笑う。

もう一度ここを読んでとヒロコにせがむ。

こんなこと今まで一度だってなかったのに。

この絵本はまるで魔法のようだと思った。

「ユウもこんな風にお空の上からママを選んだんだって。覚えてる?」

「うん。おじいちゃん

ユウは絵本の中の神様を指差す。

「このおじいちゃんにユウも会ったの?」

「うん」

幾人もの子供たちから聞いた話を元に絵本を描いたとあの作家は言っていた。

本当だ、ユウも産まれる前の記憶を持っているんだ、とヒロコは確信した。

「どこが良くてママを選んだの?」

「うーん…ママかわいい

照れたように小首を傾げながら舌足らずに答えるユウをヒロコはきゅっと抱き締める。

ママ嬉しい~!ユウも可愛いよ!可愛いママを選んだんだからユウが可愛いのも当たり前だよね~!」

ヒロコは幸せ気持ちで満たされていた。

子供からこんなにも愛を貰えると気付かせてくれたこ絵本は、ヒロコにとって正にバイブルとなったのだ。

後半はこちら↓

https://anond.hatelabo.jp/20191211112403

2019-11-20

おとな、夜泣きをする

6年前にブラック会社新卒入社して夜泣きしたり、5年前に仕事やらかしてめちゃくちゃに怒られて泣きながら仕事やめたり、4年前に給料未払いで仕事させられたりと働くことになかなか御縁がなかった者です。

ここ3年くらい、小売店舗の接客業をしててうまいこと自分に噛み合ってたので満足していたんですよ。

色々任されたり、相談されたり、可愛い後輩がたくさんできたりと。

だけど今日また夜泣きしました。

しんどくて。

ちょっと疲れちゃったよ俺様

----

自分は出勤時間が遅くて10時半出勤21時半退勤なんだけど世の中のおとなこれだけ働いて、夜泣きせずに頑張ってるの?

えらい、美味しいメロンを贈りたくなる

2019-11-16

ばばあ→おばあさん

アミダおばあさん

砂かけおばあさん

まんゆうき 〜おばあさんとあわれなげぼくたち〜

アルゼンチンおばあさん

棺桶おばあさん

ボンネットおばあさん

白粉おばあさん

小豆おばあさん

夜泣きおばあさん

納戸おばあさん

クソおばあさん

庫裏おばあさん

疱瘡おばあさん

甘酒おばあさん

4時おばあさん

ブーメランおばあさん

手長おばあさん

木綿ひきおばあさん

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん