「エラい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エラいとは

2021-09-10

anond:20210910114824

横だが

一応は診療しているわけね。それはエラい

だけど時間内に話せないってのがよくわからない。何をどのくらいの長さで話したいの?

2021-08-30

anond:20210830155630

よくわからないが、脳に情報を入れていないと落ち着かないってこと?

かに川の流れを見続けるとかエラい人のどうでもいい話を聞いてると身体おかしくなる感じ?

2021-08-12

anond:20210812141607

生きててエラい!って言ってほしいわ

何事もなかったら後4,50年も生き続けないといけないんだぜ?

2021-07-31

anond:20210731102640

ちゃん検証するのはエラい

34分も、よくも無駄検証をさせやがったな。

ホントいかげんにしろよ。

別にしなくてもいいんじゃない? その責任相手押し付けるのは違うでしょ。

能動的に行動して被害者ぶるのは格好良くない

2021-07-29

風評被害を過剰に気にする人

風評被害エラい目に遭ったことがある(=その元になり得るようなあまり適切ではないことをやらかしたことがある)んだろうなと推測している。

風評被害を実際に受けるのと、実際には受けていない段階で受けるのではないか不安になっているだけの状態は異なる。

2021-07-27

anond:20210727182110

零張場亜富『新参者が…チッ』

寒祖内戸『ヒコーキ最近へったね』

嘴袋鳥『防水がいちばんエラいっしょ』

前二者『『その当て字ムリヤリ』』

2021-07-16

anond:20210716203912

全く関係ないけどアニメ宇宙船サジタリウス」で異星に来て翻訳機が「拍手してください」を「握手してください」と誤訳してエラい目にあう話があったなぁと思った。

今の濃厚接触云々をうまく描いてる感じでふと思いたった。それだけ

2021-07-09

anond:20210707154018

反省しているならエラいので大丈夫です。

バイト初日大切なことだけど人生を左右するほどの重要出来事じゃないのです。

就活面接なんかで平気で遅刻するような人間になったら終わりだけどね。

2021-06-19

anond:20210619063749

歳の差があって告ってくる男の嫌な所

「なんかやたらと上から目線で来るところ」

お前より遥かに偉くて賢い!!!

なぜなら俺は歳上で、男だから!!!!!

ってナチュラルに思ってるんだよあいつらは

もっと謙虚にしてれば優しく振ってもらえるかもしれないのに

オレ、エラい!!

から

オマエ、オレのオンナになれ!!

かいう態度で来るから「はあ??????キッッッッッッモ!!!!!!!」と思われるのは当然なんですわ

父の日によせて

父のことを思うとき、いつも思い出す光景があります

それはある週末、スーパーから自転車で、自宅までの帰り道。

当時私は24か25で、週末は友だちと会ったり、都心に買い物に行ったりすることが多かったんですが、なぜかその日は久しぶりに、父と自転車西友に行くことになったのでした。買い物のためというよりも、恒常的に太っていた父の、運動のためだったかもしれません。

スーパーから家まで自転車10ちょっとの道、なんとなく父が先を走り、私が追いかけていく中で、自然と父の背中が目に入って、思ったんです。

あれ、パパの背中、思ってたより小さいんだな…と。

身長170cmちょっとに対し体重は90kg近くあり、どちらかというと「大きい」印象を与える父でしたが、背中丸めママチャリをこぐ姿は、食卓ビールウィスキー焼酎ちゃんぽんで飲んで管を巻いているときよりも、少し縮んだように見えました。

父はその頃60歳近いので、多少は本当に縮んでたのかもしれませんが、小さく見える理由はそれだけじゃないこともわかっていました。私が就職したことで、私のほうの見え方が変わっていたんです。

その頃はネットバブルと言われた時期の真っただ中で、私はそんな会社ひとつに、運良く入れていました。

そこは日本ではわりと大きな「ITベンダー」とか言われる会社の子会社だったので、親会社からエラい人が続々と天下ってきていました。でも当時まだ光ファイバーはおろかADSLすらほとんど普及してない時代Windows 95が出てから数年って時代なんで、大手ITベンダー出身のはずのエラい人たちでも、じつはパソコンほとんど使ったことがなかったり、せいぜいメールの読み書きができる程度だったりしました。そんな人たちがいきなり、ネット会社役員として送りこまれてくるわけです。しか親会社セミナーと称して顧客集めのイベントを開いて、子会社に送り込んだ役員を登壇させ、「ネット御社ビジネスが変わりますよ」みたいな話をさせるんです。

そこで私がやってた仕事ひとつが、子会社に来て早々に付け焼き刃トークさせられる役員のために講演資料を作ることと、講演当日のカバン持ち(会場のプロジェクターパソコンつないだり。当時はパワーポイントみたいな大きなデータ相手先に送るのも、容量制限でできなかったりしたのです)でした。私自身もその会社に入るまでネットほとんど触ったことのないニワカだったので、資料作りといっても実際はもっとコアな先輩社員に依頼してネタ出ししてもらったりする、窓口的な役割です。

そんな、ニワカな私がニワカな役員サポートする不安な構図だったんですが、講演はそれなりに(多分)好評で、親会社主催のものだけでなく外部のイベント出張っていくこともありました。大きなホテルの「なんとかの間」とかの華やかな壇上で、スポットライトを浴びながらネットビジネス活用を語る役員たちは、頭頂部が多少ハレーションしていても(だからこそ?)、いかにもエラい人っぽく見えました。エラい人「っぽい」だけでなく、ニワカであっても数百人を相手に堂々と話ができる、それは一朝一夕には身に着けられないスキルだと今でも思います

大企業出身エライ人たちはトークができるだけでなく、部下の扱いも丁寧で、いや私が若い女からということもおそらくあったのですが、とにかくそういった講演サポート業務の後は、「お礼」と称して素敵なレストランなどに連れて行ってくれました。私はただ窓口になっただけなので、と言うと、じゃあネタ出ししてくれた人たちもみんなで、となり、ずいぶん大人数でごちそうになることもありました(それが会社お金だったのかポケットマネーだったのかは不明)。

そんなわけで私の会社の人たちは、上司も先輩も同僚も、そこそこ大企業文化の中にいて、都会慣れしていました。「肩で風を切る」ってほどじゃないにしろ、少なくとも必要ときには背筋を伸ばして堂々と振る舞える、そんな人たちが、いつの間にか私にとっての「普通」になっていたのです。

それに対し父は、そんな平成っぽいスマートさとは無縁で生きてきました。そもそも、なぜ私が父を「パパ」と呼ぶことになったのかまったく理解できないような「おとっつぁん」的な風貌だし、人前で話す機会があるとしたら会社の朝礼か親戚の法事くらい、しかも話がムダに長くてつまらない、と家族の中で有名でした。素敵なお店なんか結界が張ってあると感じていたらしく、まれ家族旅行で伊豆ホテルに行ったときには、入り口から赤いじゅうたんが敷いてあることにおののき、「あのー、この、じゅうたんの上、歩いていいんすけ?」(いつも語尾がモゴモゴしている)と質問して失笑を買った、とか、ファミレスアイスクリームを注文するときに、「フレーバーを選ぶ」という概念をまったく知らず、「えーこの、バニラチョコレートストロベリーアイス、頼んます」と全フレーバーを読み上げたとか、そんなエピソードには事欠かない人なのです。

そしてその日も、うら若い娘とお出かけの機会だというのに、会社作業服だか私服だかわからない、着心地だけが最高の服装で、ボロボロママチャリに乗って、西友に行くくらいしかできないのです。

でも私は、だからといって、父の存在が恥ずかしいとか、引け目を感じるとかいうわけでもないな、とも思いました。

しろ、その小さな背中にかかっているものの重さを、改めて感じたんです。

岩手県の奥地でだいたい10兄弟の3〜5番めくらいに生まれた父(兄弟姉妹の半分くらいが子どものうちに亡くなってるのでいろいろ曖昧)は、中学校卒業すると集団就職上京し、小さな運送会社に入りました。最初は15歳で運転もできないので、助手として荷物の積み下ろしから始めて、18歳で免許を取って運転手になり、20代でその運送会社社長の娘と結婚、30代で子どもが生まれ、それが私の姉と私になります。姉が生まれたあたりから家族会社のすぐそばに住むようになり、姉と私は毎日祖父や父、社員の人たちが働く姿を見ながら育ってきました。

祖父会社オイルショックかいろいろありながらも、高度成長期バブル景気でそこそこに拡大、多いとき社員(「若い衆」と呼称)数十人を抱えるまでになりました。祖父会社仕事より、地元運送業の顔役的なことをメインでやるようになっていたので、成り行き的に父が現場の切り盛りをしていました。

でも90年代バブル崩壊以降は会社の業績が右肩下がりになり、銀行から貸し剥がしを受け、頻繁に資金ショートするようになっていました。高度成長期に「若い衆」だった運転手さんたちも実際はもう全然若くなく、平均年齢50歳くらいになっており、お子さんがいる人たちもたくさんいました。2021年の今と違って景気は悪く、ネット通販からドライバー需要も発展途上で、万一倒産した場合ベテラン運転手さんでも簡単に次の仕事が見つかる見込みはありませんでした。

これがドラマだったら、私みたいなネット企業で多少の経験積んだ娘が家業に乗り込み、会社ITで立て直し、引いては業界全体を改革していく…となりそうなところです。でも、そうはなりませんでした。まず私自身、いきなり乗り込んで何か改善できるという自信がなかったし、何ができるかもわからないのに親のコネ会社に入るなんて、社員の人たちに申し訳ないと思っていました。また祖父や父には、私に苦労をかけたくないという思いもあったのだと思います

なので私としては、今にも倒れそうな会社というボロボロ自転車を、とにかく倒してはいけない、続けなきゃいけないんだという思いで漕ぎ続ける父を、ただただ後ろから、見守ることしかできなかったのです。

大きくて、小さくて、でもやっぱり大きくて温かい、父の背中

高価なスーツを着てスポットライトを浴びることもなければ、お洒落レストランに部下を従えていくこともない父だけど、私はどんなに誇りに思っていることか。

西友からの帰り道、緑道にかかる橋をのろのろと上っていく父の背中を見ながら、パパの子どもに生まれて本当に良かった、と思いました。

…こういう話って普通結婚式のときかにするんですよね。

照れくさくてなかなか言う機会がなかったんですが、このコロナ下でなかなか会えないので、今やっと言葉しました。

直接言えよって感じなんですけど、まあ、こういう人たちもいるよってことで、この場所に置かせていただきます

2021-06-16

2ch尊敬していた大人twitter狂人になっていた。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/heboya/status/1404757102128599048


このへぼやんってひとは昔、2chモナー板AA長編板ってところでAA職人をやっていた。

モナーAA長編板オマエモナーとかギコ猫とかの三、四頭身くらいのアスキーアートキャラクターを使ってまんがみたいなストーリーものを作る場所だった。わかんないやつはわかんなくていい。

要するに、素人創作コミュニティだ。

ニコ動youtubeジャンプ+もなろうもない時代である

小遣いに乏しかった小学生の俺は娯楽の飢えを満たすためにそこで日夜モナギコたちが織りなすストーリーを貪るように読んだ。


当時、へぼやんはモナーAA長編板のヌシみたいなポジションだった。そう記憶している。

大学生高校生以下が大半を占める状況にあって、希少な三十代。オトナだ。

人生経験比較豊富で、物知りで、オタクで、絵も上手で、コミュニティ内の仕切りも上手かった。

独特のアクの強い韜晦も、当時の俺はオトナっぽさの表れと認識していた。

実際、あの界隈ではご意見番としてそれなりに信頼されていたんじゃないかな。彼のAA作品は思い出せないが(唯一思い出すのは彼の学生時代バイトの思い出を描いたエッセイ作品だ)。

2chを扱ったムック本に彼のまんがが収録されて、すごい人なんだと素朴に感じていた。今思い出すとホモフォビックで「ただしくない」ネタだったが。でもまあ、あの頃がそんなボーイズクラブっぽさがネットの平熱だった。


俺は2000年代中盤にはもうAAを読みも書きもしなくなっていたから、そのあと界隈がどうなっていたかは知らない。

twitter流行りだすと、AA職人たち(自分たちでは「AA書き」と呼んでいた)もそちらに進出したようで、ごくごく稀に懐かしい名前を眼にすることもあった。サ骨っつぁんとかね。

だが、へぼやんのアカウント存在していたことは最近まで知らなかった。

登録日を見ると2009年となっている。相当前だ。

彼が三十歳の誕生日を祝っていたのが2002年頃だったはずだから、たぶんもう50かそれくらいだろう。


どうしてこうなってしまったんだろうな。

別にリベラルであることが間違っているわけではない。というか、思想的には俺もリベラル寄りだ。

しかし、オールドなオタクが無理にリベラルに舵を切ろうとして、結果ついていけない数々の事故例を見るにつけ、悲しいというかなんというか、無常を感じる。

彼らは本気で正しくあろうとしているんだろう。だが、身体に染み込んだ旧弊の鎖がその理想についていかない。

結果、なんだか見当違いな分析とんちんかん義憤を発するなにかになってしまう。

当事者でもなければナチュラルに「人を傷つけない」空気で育ってきた世代でもないだけに、「こうあるべき」の理想が空回りしてしまう。

アップデートするべきという時代雰囲気に迫られ、耳学問や本で学んだふるまいをなんとか身につけようとする。自分たちを置いてけぼりにしつつある「ただしさ」の最終便に乗り遅れまいと必死に追いかけている。

痛いほどよくわかる。俺もそういう世代に属する最後オタクだろうから


まあ、でも、ねえ、へぼやん。

俺たちはすっかりおっさんだよ。

新しい時代へなんていけないよ。

「正しく」なくても、せめて「間違ってない」くらいで許してもらっていいんじゃないかな。

いまあんたがリアルで何やってるかは知らないが、たぶん政治家でもデカい組織のエラいひとでもないでしょう。

いるだけで誰かを圧迫するような立場ではないだろう?

あんたが捨てるべきは、古い時代価値観とかじゃなくて、常に絶対に「正しい」側にいて「間違い」を糾すべし、という、古臭い男らしさだよ。

時代は俺やあんたが変わんなくても変わっていくよ。

誰かを責めなくてもいいんだよ。

からさあ、くだんないJOJOネタだじゃれとかつぶやいてようよ、へぼやん。

2021-06-13

anond:20210613122724

あのおひとな、京都繁華街文房具店でな、エラい無愛想でぶっきらぼうで顎で使うような物言いで買い物したはったで?

2021-06-06

反出生主義はやがて覇権を取る

いまはまだ、結婚して子供作って"幸せな家庭"を築いて…っていうのがある程度共通物語として受け入れられてるから、その根幹を否定する反出生思想への反発はかなり強い

でも、今後どんどん結婚率も出生率も下がってくるわけで、そうして子供を持たない人の方がマジョリティになると、話は変わってくるんじゃないか

マジョリティである子供を持ちたい・持っている人」を否定するから、反出生主義は分が悪い

子供を持ってない人・持てない人・持ちたくない人」にとっては、反出生主義はどちらかというと快く響く

「俺は子供を持ってない/持てないが、だからといって人生の敗北者だということはなく、むしろ倫理的に優れているのだ」っていう理屈を与えてくれるから

エラい哲学者先生が本を書いてるだけあって、論理的破綻もなかなか見つけづらい

絶対とるぞ、覇権

セクハラとか煙草なんかは、昔は当たり前に横行してたのが、いまや「ありえない」って目で見られるようになってる

おんなじことが起きるんじゃないかな?と俺は思います

楽しみですね

2021-06-04

anond:20210604183336

...いや、大事なモンはフツー、カバーするか当たらんようにして気ィ使ってカラダ動かすやろ?(エラいひつこいなコイツTS転生でもすんのか?)

2021-05-22

コアマガジン漫画家達は三浦建太郎の死を侮辱している

コアマガジン雑誌実話BUNKAタブー」の編集部アカウントが、ベルセルク三浦建太郎の死去にこんな言葉を寄せています

https://twitter.com/BUNKA_taboo/status/1395245571464597506

実話BUNKAタブー編集部

@BUNKA_taboo

作者は絶対物語を完結させるべきです。ベルセルク三浦健太郎なんて漫画家として三流以下。

見習うべきは、創価学会教祖池田大作さんです。生死不明なんて揶揄され続け、表舞台に全く出てこないにも関わらず、2018年にちゃっかり『人間革命』を完結させたんです! エラい! 功徳の賜物ですね!


https://twitter.com/BUNKA_taboo/status/1395348467363368964

実話BUNKAタブー編集部

@BUNKA_taboo

このツイートベルセルク信者がいろいろとイチャモンつけて来てますけど、『ベルセルク』を発刊してる白泉社社長であるマシリトが「10年は連載しすぎ」と明確に言ってますからね。30年も続けてるベルセルクはヒットに胡座を掻いてるただの老害です。


https://twitter.com/BUNKA_taboo/status/1395350574548230146

実話BUNKAタブー編集部

@BUNKA_taboo

作者の死によって『ベルセルク』の完結を読めないことを残念がってる読者が多くいるのは理解できますが、同じくらい30年も連載を続けたせいで「終わりが気になるなぁ〜、だけど逝っちゃうー」と地震病気で死んだ読者も山程いるわけです。連載はさすがに10年で完結させるべきかと。



これを、白夜書房子会社コアマガジン内の編集部が発信しているわけです

まりコアマガジンはこの発言公認しているわけです。

コアマガジンにも漫画誌存在しており、そこで描いている作家はこの発言公認している出版社で描いているという事であり、同業者として三浦建太郎先生に対する敬愛追慕侵害に加担している事になります



織田non

綾枷ちよこ

琴義弓介

紙魚丸

いづみやおとは

月野定規

ぐすたふ

アズマサワヨシ

草津てるにょ

ぽるのいぶき

方天戟

ふりすく

うそねこ

武田弘光

道満晴明

らっこ

槍衣七五三太

G=ヒコロウ

月野定規

アスヒロ

高雄右京

石川マサキ

如月群真

四条定史

深山靖宙

うろたん

黒咲練導

玄鉄絢

笹森トモエ

  1億年惑星



この作家陣は、このまま黙っている限り同業者でありベルセルクの作者でもある三浦建太郎先生の死に対する侮辱に加担している事になります


なお、コアマガジン親会社白夜書房はかつて存在した漫画専門店まんがの森」の経営母体でした。


まりまんがの森」の関係者も黙っている限り三浦建太郎先生侮辱に加担している事になります


コアマガジン関係者作家陣の方は何か答えてくださいね


でないと三浦建太郎先生の死に乗っかって敬愛追慕侵害を行う侮辱集団の一員というレッテルが貼られてしまます

2021-05-19

anond:20210113102650

結局物作り大国とか言いつつ作る人には金掛けず、働かせて利益だけ搾取する方がエラいとしてたからじゃね

2021-05-13

anond:20210513070922

🍛『みんなサンデルセンシティブになり過ぎ。

あんなんなー、「究極の選択ごっこ」を恥ずかしげもなくエラいセンセがやってもうてるだけやんかー。』

2021-05-12

anond:20210504161827

176cm。68.6kg。

一応目標達成。俺エラい

4ヶ月で12kg 減は、そんなに異常な痩せ方とはいえまい。

何をやったかって、食事を記録しつつ、栄養バランスをできるだけ崩さず、基礎代謝ギリギリを維持して食事をし続けただけである

そうした結果として、糖質制限 + レコーディングダイエットという王道っぽいムーブになったようだ。

一部機能は有料だが、FinC というアプリがとても役に立った。

2021-05-09

https://news.yahoo.co.jp/articles/0bc293f3c40d8ea8cd68b284438df805485bd1ad

国民の方々を優先してもらいたい。」 って。

いや、そこはワクチン打っておこうぜ。

オリンピック開催されたら、夜の国際大乱交大会も確実に同時開催される。

アスリート諸氏はそこで世界各国の人々と不特定多数と濃厚接触バンバンするんだし、ワクチン打ってないと後々周囲の人間エラい目に遭うんだが。

ボランティアとかが更に地方に拡大するやろ?

2021-05-08

anond:20210508110119

逆シャア?!

あんなの飾りです!

エラい()にはそれが解らんのですよ!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん