「言えばよかった」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言えばよかったとは

2020-05-24

外国人の「署名よろしくねがいします」にやり返した話

京都には結構勧誘とかマルチとか多くて、俺みたいなチーズ牛丼顔はよくカモにされる。イヤホン音楽聞いてても効果なし。両手に荷物持っててもお構いなし。進行通行を「あにょ~スミマセン」と塞いでくる。名刺みたいなのを渡してきて、「少しお話いいですか?」って言ってくる。

京都駅とか、四条らへんは特に多い。大丸とかがある交差点はああいうやつらの激戦区で、あそこ通るたびに外国人に「少しお話いいですか?」って声かけられるし、大学生っぽいやつらもほぼ毎週末に10単位くらいで列をなして「〇〇さんのために募金よろしくねがいします!(よろしくねがいします!)」って大声出してる。まあ後者マルチ違うかもしれんけど…。

結構前、例の交差点信号待ちしてたら外国人に「少しお話いいですか?」って聞かれたので、またかと思いつつ、なぜか「はい」と答えてしまった。

こういうのはなんか恵まれない人達系の話をされたあと、「よろしかったらご署名お願いします。書くだけでいいから。」って言われるのである。「話を聞いた後だから署名拒否するのはなんだか申し訳ない」という心理を用いたテクニックである。ちなみに署名だけで済むはずもなく、たいてい署名したあとには「お気持ちだけでいいので」と募金も促してくる。さらにちなみに、記入欄には電話番号仕事の欄もあったりするのだが、それを空欄にして返そうとすると、「お兄さん仕事は?」とか「書けるとこまででいいから」と再度要求してくる。くっそはらたつ。

俺は外国人の話を聞いてる途中、「なんで『はい』って答えちゃったんだよ俺はよぉ~~~」とずっと後悔していた。そのあとやっぱり「よろしかったらご署名お願いします」と聞くもんで、俺は「いいです」って突き返した。そしたら外国人が「なんで!?」って大声で聞き返してきた。なんか結構な声量で文句を言われてたが、少しびっくりしたので内容は覚えてない。信号が青になったので無視して立ち去った。

俺は後悔した。なんで「はい」って答えたのかもそうだし、なんで文句を言われなきゃならんのかとイライラした。なんで言い返さなかったのか。「お前が怪しいからだよ」って言えばよかったのに。俺がチーズ牛丼から舐められたのだ。

そういうわけで、ここから妄想だけど俺は外国人リベンジすることにした。昨日の話であるコロナが明けた最初の週末だったので意気揚揚と街に繰り出した。「やっぱまだちょっと人少ないな~」とか「マルイ閉店して次何ができるんだろう」とか「ていうかあそこの交差点どっちが北か東かわかんないから目印になる建物立ってくれんかな。ドンキとか」とか考えながら歩いてたら、ついに例の交差点差し掛かった。そしたら案の定外国人に話しかけられた。コロナ明けからしょうがねーな全く。

ちょっとお話いいですか?」

『なんですか?』

「実は外国人留学生支援をやってて~(略)」

『なるほど~』

「ここに署名してくれませんか?」

きた。

『いいですよ。』

俺は名前の欄に「アムウェイ絶対さなマン三世」と書いたあと、他人の書いた署名を次々と二重線で消してやった。

「なにしてるの!やめて!」

ステイアウェイク!(目を覚ませ!)』

俺の喝破にびびった外国人は、来日してまで何をやっているのだろうと己の行動を恥じ、地下鉄にのって祖国へと帰っていった。

気分の晴れた俺は、すき家四条店でチーズ牛丼を食べて帰った。おわり。

2020-05-16

「close contact」を「濃厚接触」って訳した奴が一番のバカ

人との関わりを「接触」という用法はあるけど「関係者接触する」とか取材交渉など明確な意図をもって対象に近づくみたいな限定的な状況にしか使わない

一般に人と会うことを接触なんて言うか?「昨日久々に中学時代友達接触してさー」とかいうやつはいないだろ

ましてやウイルスを移す移さないの文脈で出てきたらこれはもう物理的に相手に触れるという意味にとるのが普通

「Close」を「濃厚」に至ってはなんでわざわざその言葉をチョイスしたと問い詰めたいレベル

接触」とセットでどういうあらぬイメージを人に与えるかなんて2秒考えたらわかるだろ

濃厚接触という言葉イメージのせいで人々の混乱を招き初動での必要な防護が取られなかった側面は間違いなくあると思う

「長時間の同席(面会)」とか普通言えばよかったのに

anond:20200515185028

2020-05-02

[]anond:20200502065319

14歳初体験が無色だった話

このコロナ禍でテレビ局は収録を行えず、音楽番組歴代のヒットソングを流し続けている。

私はこの手の音楽番組は嫌いじゃない。小中学生時代うんざりするほど聴いた曲を「懐かしむ」という新鮮な感覚で聴けるようになった今は、テレビの中の歌手と大合唱するのが楽しくて、つい観てしまう。

この日もまた、その手の音楽番組で盛り上がっていた。学生時代、熱心に聴いていた00年代のヒットソングメドレーとなると、私は息つく暇もなく歌声を重ねる。

歌詞を見ずとも完璧に歌えるその数々に酔いしれ、天井を仰ぐご機嫌な私の歌声は、ある曲がかかった途端ピタリと止んだ。

2005年のヒットソングレミオロメンの「粉雪」。この曲は、当時14歳だった私の「初体験」を彩るテーマソングだ。仰いだ天井とそのイントロが、あの日ラブホテル天井だんだんと思い出させる。

中学校生活の終わりをもうすぐ迎える私は焦っていた。その焦りとは、受験や、進学で離れ離れになる友達との別れに対するものではない。「初体験」を済ませていない自分に対する、ハッキリとした焦りだった。

私の周りの女の子たちは皆早くて、それぞれどこかで仕入れた「年上の男」とさっさと初体験を済ませていた。

中には「2回目は公園でヤった」とか、「毎日学校トイレでパコってる」と語る者もいて、私は公園トイレに行く度に「ここでパコパコ…」と感心していた。

一方私は、友達の家でファミチキを食べて帰るだけの中学生。身なりはギャルで、毎日公園トイレでパコっていそうなのに、処女なのだ

私は心底情けなかった。親から毎日公園トイレでパコっていると思われているのか、夕食の時に突然「コンドームは付けなさい」と注意される自分が。「まだパコってねえよ!」とも言い返せず、部屋にこもってeggアニマルトークを読む日々が。

そもそも、中2の時に「塾に行きたい」と親に頼んだのが間違いだった。周りの女の子たちと同じように、夜中にどっかの年上の男にナンパされ、雑木林初体験を済ませることを夢見ていた私は、夜遊びをするために塾に通うことを思いついたのだ。

それで私は、親に「高校に通いたいから塾に通わせてくれ」と懇願した。雑木林でパコりたい私の目論見を知ってか知らずか、親は「そうか、そうか!」と快諾し、私に2人の家庭教師を付けた。

高校に通いたいなんて嘘をつかずに、「雑木林でパコりたいから塾に行くフリをしたいんだ」と正直に言えばよかったバカからと2人も家庭教師を付けられ、週4日、16時から始まる授業に間に合うように、家に帰る生活を送ることになるとは。

からといって、親に反発することはなかった。「お金がない」と言いながら月謝を払う親を裏切ることはできなかったし、口火を切ったからにはやってやるというギャルの意地があったから。

そうして夜遊びと無縁な日々を送った私は、2人の優しい先生のおかげもあって、中3の夏頃に実施された定期テストで89点という高得点数学で叩き出した。

それ以外は50点前後というしょっぱい点数で、この奇跡の89点は功を奏さず、成績の5段階評価オール1からオール2に上がる程度だったが、私の中にはいしか高校に行きたい」という思いが芽生え始めていた。噓から出た実とはまさにこのことである

そうなると志望校を決めなければならない。しかし、私の学力でいける校則のゆるい高校を探すのは困難を極めた。いくらページをめくっても、「ゥチの高校鬼ギャルの格好ができるょ↑↑」とか、「ルーズは120センチまでォッケー⭐︎」と、eggのノリで高校を案内しない『首都圏高校受験案内』に何度失望したことか。

選べる身分ではないことに気付き始めた頃、私はインターネットの力に頼った。すると早速、OB受験生の質問に答えてくれるという優しい掲示板を探し当て、「ゥチの行ってた高校ギャルの格好ができるょ↑↑って人L lますヵゝ??」と書き込んでみた。

しばらく経って、スレッドが埋まりかけた頃、ようやく1件のレスがついた。「教えてあげるから、会わない?」という、見るからに怪しいレスだった。

その怪しさに、私は戸惑うよりも先に沸き立った。「この怪しいレスをつけた人に会えば、初体験を済ませられるかもしれないぞ」と。このバカは、いくら優秀な家庭教師でもなおせなかったのだ。

私はうぶなふりをして、20歳の男のメールアドレスを聞き出し、「静かなところで話したいから、ホテルで会わない?」という誘いに乗った。ああ、お父さんごめんなさいなんて、一瞬も考えなかった。

私にもついにこの時が来たかと思うと、感慨深いばかり。土曜の昼間のラブホテルだなんて、夜中の雑木林より立派じゃないか誕生日を間近に控えた14歳の冬にして、ようやく初体験を済ませることになったのだ。

いつもより濃い化粧と派手な服に身を包んだ私は、待ち合わせ場所の改札前で20歳の男を待っていた。あと10分もすれば、初体験相手が改札の向こうから現れる。

周りの女の子たちには、インターネット出会った男と昼間にパコったなんて恥ずかしくて言えないから、夜中にナンパしてきたギャル男とラブホでパコったと言おう。そういろいろと考えていると、後ろから「あの…」という細い声が聞こえた。

振り向くと、うつむいた男が立っている。私は、その男が何者かということより、「私より髪が長いなあ」というぼんやりとした感想を抱いて、返事もせずにその長髪を眺めていた。

すると男は「…行こうか」と言って歩き出した。私はようやく「この男が私の初体験の男なのだ」ということに気付き、何とも言えぬままなびく髪を追いかけた。

道すがら、男は何かを話しかけてくるのだが、喧騒に遮られて聞こえない。その何かが物騒なことだったらどうしようと、この期に及んで恐怖を感じた。

それでも私は、時々見える男の表情が笑顔であることだけを頼りについて行く。男の声がはっきりと聞こえたのは、ラブホテルロビーに入ってからだった。

男は「どこでも良いよね」と言って光るボードボタンを押すと、小さなから鍵を受け取り、エレベーターボタンを押した。その一連の流れを見て、こう言っちゃなんだが、こんなもさい男でも慣れているんだなと変に安心した。

部屋に入り腰掛けた瞬間、私はどんな顔をしていればいいのかわからなくなって、一気に緊張した。もしかしたら本当に高校について教えてくれるだけかもしれないけれど、黙ってテレビを眺める男の様子からはその気配を感じられない。

男が突然、「俺、宮崎あおいが好きなんだよね」と呟いた。テレビを見ると、宮崎あおいが何かの新商品をとびっきりの笑顔宣伝している。そして、「シャワー浴びてくる」と言って風呂場へ消えていった。

その時、なぜかわからないけど落ち込んだ。この感情は、同級生男の子告白をした時、「今は勉強に集中したいから」と言ってフラれた悲しみに似ている。だけど、それとは全く違う。なぜかわからないけど、泣きそうになった。

タバコ匂いシャンプー香りが入り混じる部屋で、私はシャワーの音が止むのを待った。そして、揺れる長い髪と、かすめるラブホテル天井を、私はぼんやりと見つめていた。

別れ際、男の顔が聖徳太子に似ていることに気付いた。参考書でよく見た顔だからか、それとも肌を重ねた相手からか、この時になってようやく男に親近感が湧く。しかし男は名残惜しむことなく、私の「ありがとうございました」をかき消すように「じゃあ」と言って、改札を抜けていった。

私は、股が痛くて歩きづらいことや血は意外と出ないという、ありきたりな初体験の事後を実感したけれど、この心と体にしっくりくる初体験感想は見つからず、モヤモヤした。

それからしばらくして、いよいよ志望校が決まった頃、私はまだ何かに焦りながら音楽番組をよく観ていた。誰かの曲の歌詞や声、MV演出といった美しいものに、あれからずっと見つからなかった初体験感想を当てはめて、早く落ち着きたかったのかもしれない。

そして私は、「粉雪」を歌うレミオロメンボーカルを見て「聖徳太子に似ているな」という感想を抱いた時、ようやく落ち着いた。求めていた美しいものではない、その味気ない感想が、初体験感想としてしっくりくるものだったのだ。

揺れる長い髪やかすめた天井宮崎あおい最後になぜか聖徳太子に似ていることに気付いて沸いた親近感、「何がありがとうございますだったんだろう」と考えながら歩いた帰り道、全てが無色だったことに気付いたのだ。

聖徳太子に似ているような気がするレミオロメンボーカルが、私の初体験を彩る色はなかったことを知らせるように、心と体の深いところで鳴り響いただけなのだ

天井ぼんやりと見つめている間に、音楽番組10年代のヒットソングメドレーを流していた。初体験を白く染められたなら、この天井よりももっと高いところに返せるのになあ、などと考えている間に。

14歳初体験が無色だった話

このコロナ禍でテレビ局は収録を行えず、音楽番組歴代のヒットソングを流し続けている。

私はこの手の音楽番組は嫌いじゃない。小中学生時代うんざりするほど聴いた曲を「懐かしむ」という新鮮な感覚で聴けるようになった今は、テレビの中の歌手と大合唱するのが楽しくて、つい観てしまう。

この日もまた、その手の音楽番組で盛り上がっていた。学生時代、熱心に聴いていた00年代のヒットソングメドレーとなると、私は息つく暇もなく歌声を重ねる。

歌詞を見ずとも完璧に歌えるその数々に酔いしれ、天井を仰ぐご機嫌な私の歌声は、ある曲がかかった途端ピタリと止んだ。

2005年のヒットソングレミオロメンの「粉雪」。この曲は、当時14歳だった私の「初体験」を彩るテーマソングだ。仰いだ天井とそのイントロが、あの日ラブホテル天井だんだんと思い出させる。

中学校生活の終わりをもうすぐ迎える私は焦っていた。その焦りとは、受験や、進学で離れ離れになる友達との別れに対するものではない。「初体験」を済ませていない自分に対する、ハッキリとした焦りだった。

私の周りの女の子たちは皆早くて、それぞれどこかで仕入れた「年上の男」とさっさと初体験を済ませていた。

中には「2回目は公園でヤった」とか、「毎日学校トイレでパコってる」と語る者もいて、私は公園トイレに行く度に「ここでパコパコ…」と感心していた。

一方私は、友達の家でファミチキを食べて帰るだけの中学生。身なりはギャルで、毎日公園トイレでパコっていそうなのに、処女なのだ

私は心底情けなかった。親から毎日公園トイレでパコっていると思われているのか、夕食の時に突然「コンドームは付けなさい」と注意される自分が。「まだパコってねえよ!」とも言い返せず、部屋にこもってeggアニマルトークを読む日々が。

そもそも、中2の時に「塾に行きたい」と親に頼んだのが間違いだった。周りの女の子たちと同じように、夜中にどっかの年上の男にナンパされ、雑木林初体験を済ませることを夢見ていた私は、夜遊びをするために塾に通うことを思いついたのだ。

それで私は、親に「高校に通いたいから塾に通わせてくれ」と懇願した。雑木林でパコりたい私の目論見を知ってか知らずか、親は「そうか、そうか!」と快諾し、私に2人の家庭教師を付けた。

高校に通いたいなんて嘘をつかずに、「雑木林でパコりたいから塾に行くフリをしたいんだ」と正直に言えばよかったバカからと2人も家庭教師を付けられ、週4日、16時から始まる授業に間に合うように、家に帰る生活を送ることになるとは。

からといって、親に反発することはなかった。「お金がない」と言いながら月謝を払う親を裏切ることはできなかったし、口火を切ったからにはやってやるというギャルの意地があったから。

そうして夜遊びと無縁な日々を送った私は、2人の優しい先生のおかげもあって、中3の夏頃に実施された定期テストで89点という高得点数学で叩き出した。

それ以外は50点前後というしょっぱい点数で、この奇跡の89点は功を奏さず、成績の5段階評価オール1からオール2に上がる程度だったが、私の中にはいしか高校に行きたい」という思いが芽生え始めていた。噓から出た実とはまさにこのことである

そうなると志望校を決めなければならない。しかし、私の学力でいける校則のゆるい高校を探すのは困難を極めた。いくらページをめくっても、「ゥチの高校鬼ギャルの格好ができるょ↑↑」とか、「ルーズは120センチまでォッケー⭐︎」と、eggのノリで高校を案内しない『首都圏高校受験案内』に何度失望したことか。

選べる身分ではないことに気付き始めた頃、私はインターネットの力に頼った。すると早速、OB受験生の質問に答えてくれるという優しい掲示板を探し当て、「ゥチの行ってた高校ギャルの格好ができるょ↑↑って人L lますヵゝ??」と書き込んでみた。

しばらく経って、スレッドが埋まりかけた頃、ようやく1件のレスがついた。「教えてあげるから、会わない?」という、見るからに怪しいレスだった。

その怪しさに、私は戸惑うよりも先に沸き立った。「この怪しいレスをつけた人に会えば、初体験を済ませられるかもしれないぞ」と。このバカは、いくら優秀な家庭教師でもなおせなかったのだ。

私はうぶなふりをして、20歳の男のメールアドレスを聞き出し、「静かなところで話したいから、ホテルで会わない?」という誘いに乗った。ああ、お父さんごめんなさいなんて、一瞬も考えなかった。

私にもついにこの時が来たかと思うと、感慨深いばかり。土曜の昼間のラブホテルだなんて、夜中の雑木林より立派じゃないか誕生日を間近に控えた14歳の冬にして、ようやく初体験を済ませることになったのだ。

いつもより濃い化粧と派手な服に身を包んだ私は、待ち合わせ場所の改札前で20歳の男を待っていた。あと10分もすれば、初体験相手が改札の向こうから現れる。

周りの女の子たちには、インターネット出会った男と昼間にパコったなんて恥ずかしくて言えないから、夜中にナンパしてきたギャル男とラブホでパコったと言おう。そういろいろと考えていると、後ろから「あの…」という細い声が聞こえた。

振り向くと、うつむいた男が立っている。私は、その男が何者かということより、「私より髪が長いなあ」というぼんやりとした感想を抱いて、返事もせずにその長髪を眺めていた。

すると男は「…行こうか」と言って歩き出した。私はようやく「この男が私の初体験の男なのだ」ということに気付き、何とも言えぬままなびく髪を追いかけた。

道すがら、男は何かを話しかけてくるのだが、喧騒に遮られて聞こえない。その何かが物騒なことだったらどうしようと、この期に及んで恐怖を感じた。

それでも私は、時々見える男の表情が笑顔であることだけを頼りについて行く。男の声がはっきりと聞こえたのは、ラブホテルロビーに入ってからだった。

男は「どこでも良いよね」と言って光るボードボタンを押すと、小さなから鍵を受け取り、エレベーターボタンを押した。その一連の流れを見て、こう言っちゃなんだが、こんなもさい男でも慣れているんだなと変に安心した。

部屋に入り腰掛けた瞬間、私はどんな顔をしていればいいのかわからなくなって、一気に緊張した。もしかしたら本当に高校について教えてくれるだけかもしれないけれど、黙ってテレビを眺める男の様子からはその気配を感じられない。

男が突然、「俺、宮崎あおいが好きなんだよね」と呟いた。テレビを見ると、宮崎あおいが何かの新商品をとびっきりの笑顔宣伝している。そして、「シャワー浴びてくる」と言って風呂場へ消えていった。

その時、なぜかわからないけど落ち込んだ。この感情は、同級生男の子告白をした時、「今は勉強に集中したいから」と言ってフラれた悲しみに似ている。だけど、それとは全く違う。なぜかわからないけど、泣きそうになった。

タバコ匂いシャンプー香りが入り混じる部屋で、私はシャワーの音が止むのを待った。そして、揺れる長い髪と、かすめるラブホテル天井を、私はぼんやりと見つめていた。

別れ際、男の顔が聖徳太子に似ていることに気付いた。参考書でよく見た顔だからか、それとも肌を重ねた相手からか、この時になってようやく男に親近感が湧く。しかし男は名残惜しむことなく、私の「ありがとうございました」をかき消すように「じゃあ」と言って、改札を抜けていった。

私は、股が痛くて歩きづらいことや血は意外と出ないという、ありきたりな初体験の事後を実感したけれど、この心と体にしっくりくる初体験感想は見つからず、モヤモヤした。

それからしばらくして、いよいよ志望校が決まった頃、私はまだ何かに焦りながら音楽番組をよく観ていた。誰かの曲の歌詞や声、MV演出といった美しいものに、あれからずっと見つからなかった初体験感想を当てはめて、早く落ち着きたかったのかもしれない。

そして私は、「粉雪」を歌うレミオロメンボーカルを見て「聖徳太子に似ているな」という感想を抱いた時、ようやく落ち着いた。求めていた美しいものではない、その味気ない感想が、初体験感想としてしっくりくるものだったのだ。

揺れる長い髪やかすめた天井宮崎あおい最後になぜか聖徳太子に似ていることに気付いて沸いた親近感、「何がありがとうございますだったんだろう」と考えながら歩いた帰り道、全てが無色だったことに気付いたのだ。

聖徳太子に似ているような気がするレミオロメンボーカルが、私の初体験を彩る色はなかったことを知らせるように、心と体の深いところで鳴り響いただけなのだ

天井ぼんやりと見つめている間に、音楽番組10年代のヒットソングメドレーを流していた。初体験を白く染められたなら、この天井よりももっと高いところに返せるのになあ、などと考えている間に。

2020-04-20

子供を嫌がる既婚者オタクの恋

連日子供愚痴ばかりの既婚者オタク、まあ育児は大変だし愚痴も出るやろなと思って静観していたらエッそれ大丈夫ですか……? いくら数分といえど山の中に置いてきたらあきまへんで……というような状況になってきた。

様子がおかしくなったきっかけは、既婚者オタクが神絵師に恋をしたかである

登場人物

私 既婚者オタク相互フォロワー(6年くらい)ただし会話したことすらなし なぜ相互になったかの経緯すら忘れた

既婚者オタク 最近新ジャンルにハマった子供が三人だかいオタク 一番下の子が2歳

絵師 既婚者オタク新ジャンルの神絵師 フォロー0だがFFからガンガンしかけてくるタイプ ツイが萌えるし絵がうまい

登場人物ここまで】

既婚者オタク新ジャンルで神絵師に恋をし、神絵師は自カプでツイ検索しているのだろういいねリツイート果てはリプライ他人の自カプを褒めまくる。その検索に引っかかり褒められたいが故に、既婚者オタク毎日頑張っている。とはいえ既婚者オタク専業主婦とは言え三人の子供のお母さんである旦那は激務でワンオペは致し方ない状況なのだというツイートをここ6年で4億回くらい見た。

が、既婚者オタクと神絵師は、回ってくるリツイートを見る程度でわかるくらいに、解釈が合っていない。既婚者オタク新ジャンルのこと何もわからない私が見てもそう思うのだから、既婚者オタクの浮きっぷりはジャンルからして見たらどう映っているのだろうと感じてしまう。でも既婚者オタクは頑張っている。自分からしかけに行けばいいのにと思うが既婚者オタクは「コミュ障」なので神絵師がそっちを向いてくれるのを待っている。冷静に考えて向くわけがないので、最近既婚者オタクがぶっ壊れてきた。子が邪魔だという発言をするようになったのである

もともと既婚者オタク結構アレな感じのオタクで、嫉妬や万能感に苛まれ自己肯定感が激低の、口だけで何にもしないタイプツイ廃であるTwitterにはそういうオタクが溢れかえっているので、同類オタク共感からのおかげでたまに界隈内でプチバズリをする。要するに普通言わないこと、みんなが言わないようにしているレベルのことをドンドン言っちゃうタイプなのだ。そして話は冒頭に遡る(あっこれ時を戻そうって言えばよかった)。

ご存知コロナ禍のおかげで、保育園は休園中、己の時間の確保ができずにぶっ壊れた既婚者オタクが、裏山に子を置いてきたとツイートしたのである

怖すぎて無理で、その瞬間に既婚者オタクブロックした。

今後、どうせ既婚者オタクの恋は成就せず、振り向いてくれなかった神絵師を恨む流れになるのも手に取るようにわかる。6年間のいつもの流れだ。なにもかもがテンプレート通り、神絵師に献上していたネタすら神絵師三次創作というか何一つオリジナリティもない自分で考えてもいない、神絵師の言ってることや界隈者のツイを復唱しているだけで、「オタクであること」「オタクローカルルールを守ること」でしかアイデンティティ確立できない既婚者オタクのようなオタクは山ほどいる。どうしてこんなことになってしまったんですかと嘆かざるを得ないほどには、いる。

既婚者オタク、なんで結婚できたの。それが知りたすぎる。知ったときには既婚者オタクだったから、こんなにSNSでは無茶苦茶なのに、会ったら普通の人だったりするのかな。怖いな。怖すぎる。

さっき既婚者オタクホームに行ったらブロック返しをされていた。子供は迎えに行ったのか?

2020-04-01

anond:20200401004737

ライブハウス観劇に行く人だって国民の何割かでしょう?

政府にカネよこせと言ってる芸術家は、和牛券お魚券と大差ないよね。

から芸術エンタメ券って言えばよかったんだよ。プライドの高さが邪魔する?

2020-03-19

コミュ障友達がいない

とくにこれという病気ではないけど、他人と話すのがとても大変。

ほんの少し話をしただけで、脳みそが数時間~寝るまでずっと興奮状態になる。

えんえんと頭の中で、さっきまでの会話がループする。

あの受け答えはよかった、あれは言いすぎた、こう言うんだった、考えすぎず言葉足らずでも言えばよかった

話をするのは好きだと思う。でも疲れる。

他人の目を気にしすぎなのと、気持ちの切り替えが上手くいかないがつらい。

なにかい方法はないだろうか?

2020-03-18

anond:20200317223119

アドバイスは大変ありがたいのですが、私はこれから会社経営者管理職に対して穏便に離職の手続きをしなければならない立場ですので不満を言うことは差し控えさせていただきます会社の不満点はこれからも働き続ける先輩方が解決すべき問題であって、離職して従業員立場でなくなる私が言うのは筋違いかと思われます」みたいなことを言えばよかったのに。

2020-02-29

美容師告白された

いつもは QB を使っているのだけど、勇気を出して美容室に行ってみた。若くて可愛らしい女性担当してくれた。

カット最後の方でいきなり言われた。

「好いていいですか」

古風な言い回しだが、言葉の発し方は至ってストレートで、恥じらいなどはなかった。突然のことで慌ててしまい、なんとか「はい」と言うのが精一杯だった。

「私も好いていいですか」と言えばよかっただろうか。

しか不思議なのは、そのままカットが終わるまでその話に続きがなかったことだ。レシートにも連絡先が書かれていない。

その気にさせて次も来させようという戦略なのだろうか。だとしたら美容室というのは怖い所だ。

しかし、いきなり連絡先を渡すのはさすがに抵抗があったのかもしれない。そう思うと、奥ゆかしさを感じる。髪が伸びたらまた行ってみようと思う。

2020-02-02

夕陽

たった一つのものばかり こだわっていたあの頃

それを失くした切なさを 何で拭えばいいの

 

今はただ僕の横に あなたの影がないことを

空を眺めながら思っている あの日に戻れたらいいな

 

いつか君と見ていた 夕陽が出ている

そんな優しい光で 僕を照らさないで

 

たくさん話した橋の下で 今は誰と話しているの?

僕のことはもう忘れたのかな

 

止まったままの時計は 時を刻むことはない

ありふれた言葉が 出ては消えていく

 

どこにいるのかも分からないよ

今でも君のことを思ってるのに

 

あの時 夕陽が二人を照らしたように

今はあなたと誰かを 照らしているのかな

 

思い出の公園で 日が暮れるまで

話をしたあなたは 笑っていた

 

僕はもう二度と 振り返らない

そう心に決めたはずなのに

夕陽が僕を包んだ

 

いつか君と見ていた 夕陽が出ている

そんな優しい光で 僕を照らさないで

 

あの時 何を言えばよかったのだろう

あの時 何を言えば変わっていただろう

 

軍手家族 2002

2020-01-29

上司に「焼き鳥何が好き?俺は豚バラなんだけど」って言われて

「砂肝です」って答えたら「おっさんじゃん」って言われた

あの頃私は若いつもりの女だったんだけど、なんて答えればおっさんと言われずに済んだんだろう

ねぎまかな

追記

知らぬ間に人気エントリになっててびっくりです

とりあえずつくねって言えばよかったんだなと思いました

もう何年も前の話だからBBAになった今はあんまり役に立たないかもしれないけど、困ったらつくねって言ってみます

ほんとは砂肝とかハツが好きなんだけどね!ハツ刺し食べたいな!

追記2

上司出身地当ててる方が多くてびっくりです

上司とは別に仲悪いとかではなく「おっさんw」くらいのイジリだったし、中身オッサン自覚あったから凹むでもなく、

「そういやおっさんぽくない焼き鳥ってなんだろう...」くらいなので人間関係心配された方ごめんなさい

コミュ障ではあるけどね!おしゃれな返しは参考にします!

あと一部ツッコミあったぐずぐず文法しました。どうせまともに言及コメントも来ないって思ってたんです...

2019-12-28

会話後の反省会をやめたい

年末は人と話す機会が多い。必然的反省会の回数も増える。

あの時あんな反応をするんじゃなかったとか、ああ言えばよかったとかあれは言わなきゃよかったとか、そんなことばかり考える時間が増える。

しかった時間はいしか後悔ばかりの時間に変わっている。

やめたいのでなにかコツはないですか。

潰れる忘れるまで飲むのは無しな

2019-12-17

anond:20191216155406

このクイズの答えは間違っていますネクタイ男性だけのものじゃない!!女性からネクタイを奪うな✊💢🍤

って言えばよかった。いやよくないわ。

2019-12-07

anond:20191206213523

クソな配達員が多いのはわかる。どうにかしてほしい。しかして、クソな客によってクソな配達員に成り下がったのではないかとも推察出来るので、いかんともしがたい。

まあそれはいいとして、変なことになる前に面と向かって本人に言えばよかったね。低姿勢で、言いたいことはしっかり伝えて。

2019-11-25

彼氏アヘ顔ダブルピース

もう済んだ話ではあるんだけどモヤモヤしているので。

元彼がよくLINEで、なんかのキャラアヘ顔ダブルピースしてるスタンプを送ってきた。

ちょっとおちゃらけ空気にしたいときとか、了解〜イエ〜イみたいな感じで使っていたように思う。

正直キモくて嫌だった。

恐らく、というか確実に彼はそれが「アヘ顔ダブルピース」ということを知らない。

嫌だな〜キモイな〜と思いながら別件でもいろいろあって結局別れてしまった。

たぶん「そのスタンプちょっとイヤなんだよね。アヘ顔ダブルピース検索してみて」と言えば優しい彼はたいへんなショックを受けて何度も何度も謝っただろうと思う。

さらに、それ以降スタンプを送るたびに「これ変な意味あったらどうしよう」と考えるようになってしまっていたかもしれない

いや、言えばよかった言えばよかったな。そういう些細なコミュニケーションを惜しまない、もしくはうまく意識から逃がせるカップルが長続きするんだろうなー。

彼は今でもあのスタンプを使ってるんだろうか。

2019-11-21

なぜ青識亜論は #これフェミアジテーションしたのか

はじめに

2019年11月16日に開催された「これからフェミニズムについて考える白熱討論会 石川優実VS青識亜論」(これフェミ)のくすぶりがいまだに落ち着かない。討論内容としては青識亜論の方がしっかりとしていたようだがとにかく無駄に感じ悪いせいもあって、イベント後になって石川優実が謎の被害者ムーブをしている。いまとなってしまえば、青識亜論の煽りアジテーションさえなければ状況も大分違っていたように思うので大変残念である

自分イベントには参加していないただの外野なので、以下のエントリーやいくつかのツイートをもとに、青識亜論はなぜアジってしまったのかを読み解いてみる。(このイベントに参加された方しかからないこともあるので、間違いがあればご指摘ください)

みやもと八朔)氏の非公式議事録(以下「議事録」)

議事録感想】これからフェミニズムについて考える白熱討論会に行ってきた https://note.mu/haruki839/n/n59830d64491b

司会 九月 小保内太紀氏の感想

青識vs石川イベント 感想殴り書き https://note.mu/noteobonai/n/n87e7c9ac557d

考察

単に討論に勝ちたかったのか?

ネット上の意見としては、元来の煽り体質や、マウントをとって討論に勝とうとした、という見方が多い。だが、自分としてはそれだけではないように感じた。勝つためならば最初からやってもおかしくない。

ここでの論点①~③は後述「補足1」参照


イベント企画者としての思い

青識は、普段からツイッターなどで物議をかもす言動をしていていろいろと信頼されていないところがあるが、今回自分企画たこイベントについては最初から最後までイベント成功を目指し、来場者の満足感を第一に考えていたように見える。準備段階では、一方的な吊るし上げショーにならないように細心の注意をしていたようだ。


以下の討論会後記からもやり込めるのではなく、彼なりに対話大事にしたかった思いが伝わってくる。ただ想定する対話スタイルがあまりにも違いすぎたのは不幸だった。

討論会後記:それでもなお、寛容と対話を(青識亜論) https://dokuninjin7.hatenadiary.jp/entry/2019/11/19/201706


いつ煽ったのか、そしてそれはなぜか?

「それ、正解」「まずはここに来た石川さんに拍手を」がどういう文脈でどういうニュアンス発言されたかについては、議事録からは読み取りにくい。(後述「補足2、3」)

とはいえ、これはあまり弁護の余地はなく、普通に煽りというかナチュラルに超絶上から目線がでちゃったのかなとは思う。

登壇中、石川の話を遮って発言したのは、質問意図が伝わってなかったり、言葉足らずの説明を(その瞬間だけ進行役となって)補うつもりだったのだと思う。しかしそれは討論相手がやるのは逆効果で感じの悪い行為だったようだ。


いつアジったのか、そしてそれはなぜか?

前述の青識のツイートにあるように、論点③「これからの「フェミニズム」」で強めにアジテーションをしたようだ。議事録文字で読むと声量や抑揚が伝わらないためそれほどアジっているように見えない。込められた意味をていねいにひもとくと、以下のようなことが言いたかった(言えばよかった)のではないかと思う。

・我々オタクも傷つけられたら世間に対して怒っていい

フェミの人たちだって最初は小さな声だったが、勇気を出して #MeToo で大きな力となった。

・これを見習って我々も立ち上がって行こう

そしてこれが、多くの来場者へ勇気を与える、このイベントからの最大のメッセージとしたかったのではないだろうか。


だが、そうはならなかった。伝え方とその時点までに醸成させた空気で、会場のみんな一丸となって石川糾弾しよう、フェミに反撃しよう、というアジテーションに見えてしまった。大変残念なことである

補足

長くなって制限を超えたので補足は別エントリーにした

anond:20191121224634

2019-09-27

あと1万円を返さない奴

「来月返すから4万円貸して」と言われたから貸したのに。

1ヶ月後に「今月は色々あって1万円しか返せない。1ヶ月1万円で返す。5万円にして返す」

別に僕は利子が欲しかった訳じゃない。さっさと返して欲しかっただけなのに。

しかに3万円は帰ってきた。だけど一昨日そいつからLINEがあって、「今月は色々苦しくて云々」という内容のものだった。

あと1万円が返せないらしい。なんだそれ。

お前、インスタのストーリーによく上げてるよな。彼女とか友達と呑みにいったりしてんじゃん。

かに俺も悪かったな。お前が最初に返せないといった時、もっと厳しく言えばよかったよな。

なんで貸したんだろ。こんな思いになるなんて。

1円も返ってこなかったら、そいつ実家に乗り込むつもりだったけど、4分の3は返すのが狡猾だ。

今はネットがあって良かったよ。はてなブログで同じ様な「駄目な奴に金あげちゃう人の心理」を長文で書いてあったの。

俺と同じだ。書いてくれてありがとう。俺馬鹿から、そんなに自分のこと分析したくない。嫌になるから

「貸した金はあげたと思え」ってよく言うよね。よく言われた。

でもそんなこと言う人にはこの気持ちわかんないんだろうな。ブログについてはブクマもそんな感じだった。

金の貸し借りで、友達を続けるかどうか判断してんだよこっちは。

自分と長く友達で居てくれる奴は、貸してなんて言わない。貸しても3日以内に返ってくる。

まぁいいや。なんかすっきりした。

お前はどうせこんな文章読んでないだろうけど、読んでたらさっさと返してくれよな。返してくれたらその利子とやらで呑みにいこうや。

そんでお前とは終わり。さよなら売買。

2019-09-17

anond:20190917150034

さんざっぱらe-sportsに関する議論だの批判だのが起きてるの見えない人?

e-sportsの隆盛を標榜して活動しているのに、その存在が足を引っ張っているんだよ。

場を全部調整して面倒臭い部分全部任せられるから

そりゃ大会主催者視点なら願ったり叶ったりなんだろうがな。

  

あと観客は別にプレイヤー限定されへんからな、その辺の表現気を付けた方がええで

市井プレイヤーや観客と言えばよかったな。

それはその通りだ。ありがとう

2019-09-09

マクドナルドポテト交換してもらった

こんなことはじめてだったけど

2,3本くってなんかすんごくぬるくかんじて、食べ始めでこのレベルだと途中からクソマズになると思って交換してもらった

レジそばポテトあつあつ提供してますってでっかい立て看板あるのは前から知ってたか

今後気をつけますっつってもってきてくれたのはアツアツでやっぱりせっかく食べるんだから言ってよかったと思った

前にハンバーガー頼んだときピクルスが1枚しかはいってなかったのも迷ってクレームつけなかったけどやっぱり言えばよかったなあとずっと悔やんでる

追記 妊娠初期で鬱かもしれない

追記

不安をぶちまけた箇条書きに、トラバブコメで沢山のアドバイスや励ましの言葉を頂戴し、感激しました。(全て読んでます)

取り急ぎ、今後は不安に思ったことはネット検索ではなく主治医確認します。

何人かにオススメしてもらった本も買いました。

本当に勇気付けられました、ありがとうございます

★★★★★

毎日、これまでの人生経験したことがない程、やる気が出なくて苦しい。

なんか無人島の波打ち際の小さい石みたいな1日の過ごし方をしている。

引かれそうだし、心配されそうだし、もしかしたら怒られるかもしれないから誰にも相談できない。

でも吐き出したいから書く。

妊活3年を経て、不妊治療でやっと子供を授かった

・欲しくて欲しくて堪らなかった赤ちゃんがやっと来てくれたのに、思っていたほど幸せな気分になれていない

・まだ妊娠初期だから今後どうなるかわからないのが不安なのはある

・でもここへきて本当に子供を産みたいと思っているのかわからなくなった

・大好きな旦那の子供を身籠もれたことは本当に嬉しい

旦那と2人の生活は本当に楽で幸せで楽しかったのに、赤ちゃんが生まれて3人の生活になったら何かが変わってしまいそう

世間子連れの親に厳しすぎる

ママ友が怖い

妊娠4週で髪をブリーチしてしまった。

ネットを漁りまくった結果、髪を染めることは胎児に影響はないと言っている医師が大半だったが、胎児に影響があると不安を煽る記事もたくさんあった。

影響があるとは考えづらいが、全く影響がないと証明する実験論文もないので、やめておいた方が無難という感じらしい。

そういうことを踏まえて、自分のおしゃれよりもお腹赤ちゃん健康を優先して、あえて妊娠初期にブリーチなんてしないという判断のお母さんが多いらしい。

にも関わらず私はやってしまった。

世のお母さんたちが当然選べる安全ルートを私は選べなかった。

赤ちゃん心拍確認できた日、嬉しくて好物のステーキを食べてしまった。

生肉は食べない方がいいとは知っていたけど、焼いてあるから大丈夫だろうと食べた。

でも切ってみると真ん中の方は赤かった。

よくよく火を通してくださいと言えばよかった

もしくは食べるのをすぐ止めればよかった。

でもお腹がすいていたし、すごく美味しかったので全部食べてしまった。

生肉トキソプラズマ感染した場合治療する術があるらしい、よかった

カフェレモングラスミルクティを頼んでしまった。

レモングラス妊娠中良くないと書いてある記事があったので、飲むのを止めてカフェインレスコーヒーを頼んだ。

つわりで一日中気持ちが悪いので、カモミール香りリップクリームを買った。

カモミール妊娠初期に良くないとネットに書いてあった。

・私が怠け者大王になってしまって、家事もろくにせずに寝てばかりいるので、旦那出張から帰ってきて疲れているのに、洗濯をして溜まっていた食器も洗ってくれた。

旦那の両親は神の子を授かったと大喜びで安産のお守りを送ってくれた

・私の両親も張り切ってもうベビーベッドの検討を始めている

旦那もそれぞれの両親も前向きに陽気に励ましてくれるのに、私は何が不満でこんなに自堕落生活を送ってるんだろう

・周りの人に恵まれても、今赤ちゃんは私のお腹にいて、赤ちゃんの命運は私にかかっているというプレッシャーだろうか

・お母さんがあんぽんたんなばっかりに、やっと歩き出した子供自分の車で轢いてしまうかもしれない。

地元の人でも泳がない川で泳がせて溺れさせてしまうかもしれない。

公園自分の子供が他の子供を傷つけるのを止められないかもしれない。

色々書いてすっきりしてきた。

多分考えすぎだ。

もうやめよう、家帰ってカレー作って食べよう。

一応妊婦カレーを食べて平気かググろう。

2019-09-08

彼女自分色に

染めたいかという話。

先日、友人と飲んでいた時に話題に挙がり、うまく説明できなかったのでまとめてみる。

その場はぼくを含め3人で、男性の友人M、女性の友人F。趣味を人と共有することについて、ひいては彼女自分趣味に関わる場合話題になり、3人の意見は次のとおりだった。

M「彼女趣味が共有できたら楽しい自分が興味なかったことでも、彼女きっかけに知れる。」

ぼく「彼女自分趣味に合わせるのは、なんか嫌だ。」

F「ぼくの言うこともわかる。」

当然、ぼくも彼女趣味を共有できたら楽しい。彼の意見が正しい。ならば、ぼくの意見はどのような論旨だったのだろうか。

前提として、ぼくはそれなりに駄目な人間であり、これまでに趣味を人と共有した経験が少ない。「趣味とはひとりでこっそりこつこつやるもの」であり、好きであることを大っぴらにするものではない、というイメージがある。例えばアニメ深夜アニメにハマりだしたのは小4あたりで、当時いわゆる「オタク」は今のような社会権はなく、ぼくは家族にも隠れて膨大な量のビデオテープと過ごしてきた。中学の頃に「おとぼく」の録画が姉にバレた時は脂汗をかいた。これがぼく自身の原因の1つ。

次に好みの問題。ぼくが自立していない分、ぼくは自立した女性が好きだ。相手から一方的に寄り掛かられると倒れてしまう。なので、普段はわかりやすく「歳上が好き」と言っている。彼女に頼られるというのは大変嬉しいが、依存されるとなれば話は違う。パートナーとして精神の拠り所になるのは理想的だけど、人生意味に(必要以上に大きな割合で)組み込まれるのは辟易する。そんな感覚。そんなに変なことは言っていないと思う。

その上で「彼女自分趣味に関わる」ことについて。

彼女が「自分意思で、その趣味のものに興味を持ち、楽しんでくれる」場合。これは大いにハッピーだ。彼女人生も豊かになるし、ぼくも趣味仲間が増える。

彼女が「大好きなぼく君のために、趣味に合わせる」場合。これが駄目なのだ。気を遣われている。彼女がその趣味を楽しむためには、ぼくが必要になる。ぼくがひとりでその趣味を楽しんでいたら、誘わなかったことに怒られるようなイメージ

また「大好きな彼女ちゃんが、ぼくなんかに合わせる」ことにも、ちょっとだけ、違和感を感じるかもしれない。ぼくたち自己肯定感低い族からすると、惚れた人が墜ちてくるように感じるかもしれない。Fも自己肯定感低い族なので、「わかる」の発言はここから来ていると思う。

結局は「趣味は好きにやりたいので、そんなに気を遣わないで欲しい」と言えばよかった話だったのかもしれない。Mの主旨と相反することでもなかった。

ちなみにMには彼女がおり、ぼくにはいない。

2019-08-02

anond:20190802214339

辞めるんじゃなくて少し休みしたいって言えばよかったのに

上司さん増田さんに期待してたんだったら、ショックで今頃泣いてるんじゃない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん