「老衰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 老衰とは

2019-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20190620222924

 キチガイ整形悪魔国家神道が、ウソ欺瞞に目潰して手にした真実は、昭和60年までは夢があったが、

平成に入って終わった。平成は金儲けに走ってみたが、そこにも夢はなかった。

 昭和60年までに老衰幸福死ねた人が勝ち組で、平成時代に生き残ったキチガイ整形悪魔にとっては地獄

2019-06-10

理想の死に方

痛いのも苦しいのも嫌だから自殺ができなくて詰んでる。

理想老衰なのかなあ。でもそこまで生きていたくないよな。みんなの理想の死に方を知りたい。

2019-05-22

anond:20190522172611

ストレス与えて早く死ぬようにするだけやんけ、それ。

もしくは、短命になるように品種改良するかやな。

 

あと、老衰すると当然免疫力も落ちるから病気にもかかりやすくなり、感染源にもなるから牧場という形態に合わんな。

2019-05-12

自殺に憧れている

自分死にたい時に死ぬ

これ以上の幸福はないと思った。

事故とか病気とか老衰とか、

自分で決めたタイミング以外で死ぬのは絶対嫌だと思った。

なので同じ自殺ではあるけど

追い込まれ自殺するってのも絶対NG。

いじめとか借金とかでね。

自分が思う人生の最高潮

その時点で自殺行使できたらどれだけ素晴らしいか

まぁでも難しいだろうな。

人生絶頂時に人生を終わらせる行為は。

そもそもいつが最高潮なのかわからんし。

俺は自分死にたい時に死ぬ!!!

イキったものの、

結局ズルズル生きていくことになるんだろうな。

2019-05-11

銀河鉄道999は実話になるかもね

リアルな話、全ての病気を克服するのは先でも、老衰くらいもう暫くすると克服出来ると思うんだ。

あと100年しないうちにはまず。

不老不死を認める国と、認めない国で戦争すると思うんだよね。

だって、許せないじゃん。

豊かな国に生まれたら不老不死、貧しい国に生まれたら有限の生。

戦争にもならないかな?

本心じゃみな死にたくないんだし、みんな不老不死を認める国に不法移民するもん。

リアル銀河鉄道999世界が始まるのかもな。

2019-05-05

自然消滅したい

病死でもなく、

事故死でもなく、

老衰でもなく、

自殺でもなく、

自然消滅したい。

最高ではないか自然消滅

 

少子化日本自然消滅するのもありだろう。

2019-04-19

anond:20190418235753

私の破滅願望は押し付けちゃいけないのにあなた繁栄の願望は押しつけていいんですね!

死が老衰だけだなんて思ってるんですか?若くして亡くなった方もおられるのに

子供を産まない命も産まなかった命もあなたにとっては無価値なんですね

死んだら子孫に価値が移るようなら偉人存在しなかったでしょうね

でも私が知る限り子孫を残したことでたたえられている方はいらっしゃらないように思えたのですが…?

子供をもうけなくても偉業をなしたとたたえられている方はいるのでしょうが

2019-04-15

anond:20190412214352

その区別は石を投げられるほどのものかね?

あと、小保方の場合は、嘘を論文に書いたことだ。それは間違いなく石を投げられるべきこと。

で、「どこかに隠れてるすごいやつがいるかもしれない!」という考えがある。まあ、そうなのかもしれない。

けど、そのすごいやつは隠れている時点では実績と言えるようなほどはまだ見つけれてない。そりゃ、素人にまでわかるほどの実績まで出せたら表に出るからな。

何らかの着想点と行動力はあるのかもしれないが。

で、そこで見つけて、周りの大人プロデュースして煽れば本物になると考える。承認欲求を満たせてやる気が出ると考える。というのが間違いだと思うね。

そのプロデュースとやらに周りの大人の望む姿になるかのような結果を出すということもあるだろう。

故に小保方は偽装データを用いた。UPQ中澤品質管理自分商品知識を身に着けて品質を見分けるすべもつけないままいっぱい商品を出して偽装品質商品を売りだした。

当人はおだてられて頭が一杯で偽装データ偽装品質商品を作ることの恐ろしさをわからなかった。おだてられて気持ちがいいから深く考えなかっただろう。

周りの大人の望むとおりにベルトコンベヤ式に進み、そして屠殺場に進んだパンダ、、、というより牛に近いか。。

まあ、そういうおだてられて突き進むことの恐ろしさをわかっている人間いるから、英雄には誰もならない。ベンチャーを起こす、大学研究職につく人間が減っている。

故にさらなるパンダを求めるという悪循環大学生ぐらいなら無知ゆえの突撃力があるからと煽ろうとする。だけどそんな世界の黒さは多くの大学生はもううっすら感じてるよ。

英雄」になるハードルは上がっている。まあ、仮に願うにしても今の「どこかに隠れてるすごいやつを見つけてさらし者にしよう!」みたいな風潮のもとでは周りを切って必要なことに集中することが大事だ。

そもそも英雄なんかにならず、ホワイト会社に勤めて、全面的に信頼できる一人の人ともに早めに結婚して孫に囲まれ老衰死ぬ人生のほうが遥かに幸せ有意義ものだろうとは思う。

マグロ稚魚は触るとそれだけで死ぬが、マグロ絶滅しそうだからマグロ稚魚ベタベタ触ってさらし者にして、マグロは死に、それを持って研究振興、若手支援ベンチャー支援なんて言ってるのが日本だ。

2019-04-10

anond:20190410093945

その本物と偽物の境界とやらは紙一重だってことよ。まあ、致命的に論文パクリ認識が甘いのはどうしようもないが、じゃあ、論文パクリ認識が強ければそれで本物になれるか?と言えば否でしょ?

まあ、ヒーローとやらを求められている大人たちにパンダにされたというのはそうだろう。

小保方についてはだいぶ偽装が入っているか真実を断定するのは難しいが、細胞死の際になにかしら特異な現象が起きたのは間違いないだろう。それは別のアメリカでの試験でも確かめられているし。

そして、金なんざ悪いけど「素人にもすごいとわかるような」テーマじゃないと求められてないのはわかる。それでいて失敗は許されない。

細胞死の際に起きる現象がiPSに何か似ていて、「多能性を持つかもしれない」と考えたのかもしれない。本当ならすごかったし、まあ、金はとれたと、、、、。

実際は多能性まではいかなかった。

ならば細胞死の際に起きる別の現象を突き詰めていったらどうだったのか?多能性を持つとしてのSTAP細胞ではなく別の役立つ用途は見えたんじゃないかというのはあるね。

UPQ中澤も似たようなものでしょ。

どれか一つについてきっちり自分が関連する知識をつけて品質管理から全部やれば、その商品についての立ち位置をきちんと磨けたかもしれない。

結局商品が売れて利益が出ればそれで成功した社長様だ。その前に何でもかんでもあれだけ商品を出すのとか無理だわ。

そりゃ、「英雄様」になろうという人間なんか少ない。だって死ぬもんね。まあ、英雄様の卵なんてマグロ稚魚みたいなもんだとは思うわ。マグロ稚魚って素手で触ったらそれだけで死ぬんよ?成長したら何百kgという大物になるけどな。

から英雄様を増やそう」と「英雄になりかけのマグロ稚魚」に「パンダ」になってくれるように周りの大人たちは仕向ける。

ただ、まさに「腐ってやがる。早すぎたんだ」と、腐り落ちた巨神兵彼女はなってしまった。

でも本当に英雄様が現れないから、次々巨神兵の卵を産みだして、腐り落ちた巨神兵を量産する。若い奴はそれを見てるからますます英雄様」にはならない。うん。

英雄様」にも「巨神兵」にも「マグロ」にもならず、普通に暮らして、飯に困らず、一人ぐらい信頼できる人がいて、子供に囲まれ老衰死ぬほうがはるか幸せだね。

2019-03-26

anond:20190326230507

子としても自分成人式を迎える前にパパが老衰で死去って嫌すぎる

高齢出産問題だけはジェンダーを問わずNG

2019-02-26

anond:20190225205015

中庸と呼ばれるポジションを確保するのに、通常は大きな努力必要だということを我々は大いに知っている。

人生に興味がなければ、こんな文章を書くこともないだろう?

増田なんかで自分語りしたら、普通は斧が飛んでくるんだから

平凡な人生には最も似つかわしくない場所だよ。

増田は今それが死後読まれることを想像してワクワクしているんだろう?そのワクワクが生きることだ。人生の興味だ。

俺が小学生のころに遺書を書いたときもそうだったよ。人生絶望しているのに、不思議な高揚感があった。

死ねなかったけどな。

増田自分のことを知ってもらいたいのではないかな。

懸命に凡庸な生を生きてきた自分を、その裏にある凡庸でない考えを。

そしてそれは、生きてるうちでもできると思うよ。

まあどうせあなたは死なないよ。自殺なんかしたら凡庸じゃないもの。それはあなたポリシーに反する。

から普通死ねよ。子供と孫と友人に囲まれて。老衰事故か、死因ナンバーワンのガンかなんかでさ。

それが叶わない凡庸未満が世界に半分以上いることに思いを馳せながらさ。

バキのおじいちゃんって強いのかな

死因は老衰?

2019-01-31

だまされるな!「高齢者在宅医療」なんていうのは香典医療だ!

「住み慣れた環境で」なぞといって、病院へ行かずに「家にいたまま医療が受けられる」とお年寄りをそそのかし、医師高齢者宅を訪問して診療をする「在宅医療」なるものを勧めるむきがあるらしい。だがこんなものは一部医療機関のために役人医師会がつくりだした医者のためのシステムである

まず、医療が受けられるというのがウソである。ただ医師資格を持っている者が来たからと言って「医療を施す」ということにはならない。実際は、費用バカ高いが、やることは外来で受ける診察と同じようなものだ。いやもっと悪い。病院なら詳しい検査をしたり、具合の悪い箇所があれば、専門医の診断を受けることは可能だろうが、「在宅医療」ではできない。しか費用外来診察の何十倍である。今時の医師オールラウンドプレイヤーなどいない。彼らは画像診断など、客観的検査結果に基づいて判断を下すことは、ある程度はできるが、患者ちょっと見て、話したりしただけで診断ができるような医師は、まずいない。風邪誤嚥区別もできないようなのもいる。

高額な医療費を取るくせに、それに見合った医療行為などない、というよりできやしない。ただやって来て、誰にでもできるようなことしかしない。体温・血圧を測ったり、聴診器をあてたり、その程度だ。しかも簡易測定器でやっている。そんなもので正確な測定ができるとでもいうのか。

ちょっと様子を聞いて、せいぜい10分ぐらいで帰る。これだけで何万円という医療費が支払われるのである。仮に半分を経費として差し引いたとしても、時給換算で10万円ぐらいになる。ぼったくりもいいところだ。医療費が1割負担高齢者対象にしたものからこそ成り立つ、楽に金儲けをしたい「医師」のためのシステムである

1年365日、1日24時間対応しており、高額なのは当たり前というようなことらしいが、実際は電話しても出ないことだってあるし、すぐ来てくれと言っても、すぐ来るわけではない。来たとしても緊急の場合は役に立たない。何もしないし、できやしない。本当に具合が悪くなった時には病院へ行かせるべきなのに、それもせず、抗生剤を処方して終わり、なんていうことが横行しているのである。そして高齢者死ぬと在宅医療医に「香典」が転がり込むのである

家族から「どうも様子がおかしい」というような連絡を受けて、高齢者宅を訪問する。こういう医師連中は「この高齢者はもうすぐ死にそうだ」と思ったら、そのまま付き添って看取るようなことはしないで、抗生剤を打ったり、点滴を施したりという程度のことをして、そそくさと引き揚げるのである。そして家族から死んでしまったのではないのかという連絡がきてから再び来るのである。実際の死亡時刻から時間経っていようが構わない。彼らが高齢者宅に行って確認した時を死亡時刻にするのである。死因は碌に確認もせず「老衰」で片づける。そうすることで彼らにはより多くの金銭が転がり込むからである

死亡した日に2回行くと「診療費」と「看取り加算」の両方が請求できるのである。これが医師がいる間に息を引き取ってしまうと「看取り加算」しか取れないのである。だから死にそうだと見極めたら、一旦引き揚げるのであるさらに「ターミナルケア加算」などという法外な金を請求する。死ぬ2週間以内に一度でも診察していれば請求できるのである。彼らは月2回来ることになっているのだから、たいていの場合は「ターミナルケア加算」が受け取れるようになっているのである

かくして高齢者死ぬ度に15~6万円の「香典」が在宅医療医に支払われるのである。今まで月2回、たったの10分程度、高齢者宅に行くことで6~7万円ぐらいの報酬を得ていたのに、死んでしまえば貰えなくなる。だから2、3ヶ月分の収入保証してやるから、その間に次の金蔓を探せ、ということなのだろう。何から何まで医師のための制度なのである

病院に通っていた人が、高齢になり通うのが困難になったから、通っていた病院医師派遣し、いくらか割増の料金をとるというのなら、まだ理屈に合う。だが「高齢者在宅医療」を専門にやっている医者など、高額な医療費目当てにやっているようなのばかりだ。なにしろ開業費用など、ほとんどかからないのだ。診療室を用意する必要もないし、医療器具をそろえる必要もない。「高齢者専門医」を自称しながら「吸引器」も持っていない、看護師を使わず主婦パート助手をさせる、なんていう「先生」がいるのだ。金が惜しくて看護師を雇わず、吸引器も購入しない。目の前に痰がからんで苦しんでいる高齢者がいても「吸引器がないから」と言ってほったらかし。こんなのに来られたって役に立つわけがない。

彼らは「交通費」と称して金をとるが、実費以上の金を巻き上げて平然としている。ある高齢者の家に行くのに1キロしか走っていなくても、20~30キロは優に走れるぐらいの燃料費をぼったくる。彼らが高齢者から交通費名目で受け取った金で、彼らや家族レジャーのためのガソリン代が賄えるようなら、これは詐欺匹敵する犯罪だろう。

目の前にコインパーキングがあっても利用せず、平然と路上駐車をする。「往診中」と貼り出して。コインパーキングを利用したら、患者に料金を請求する者もいる。交通費を取っているのにである

とにかく「金」のことしか頭にないような「医師」が、高齢者宅を訪問して診療するという「高齢者在宅医療」を専門にしているのである

高齢者在宅医療」とは、年寄り病気になっても治療を受けさせず、そのまま自宅で死なせる、というものなのである。そして「訪問診療」をしている医療機関にはお金が入るシステムなのである。もちろん我々が払っている健康保険から支払われる。

もう九十歳も越えたような年寄りを生きさせるのに治療を施す必要はなし、何もせずほっといて自宅で死なせるのがよい、というのがこの国の支配者たちが考えていることなのだ。

しか医師にはしっかり儲けさせるようにしているのである。この国の医療制度国民のためのものになっていない。

はっきり言う。人は寿命の尽きるまで生きる権利がある。人の寿命は年齢によって決められるものではない。百歳でも百二十歳でも何歳であっても、まだ寿命が尽きる時が来ていなければ、病気になったり、怪我をしたり、具合が悪くなったときには医療に携わる人たちは治すことに全力を傾けなければいけない。それをせずに「もう死んで当然の年だから治療をしてやる必要がない」とばかりに、まだ寿命の残っている人間をほったらかして死なせることがあるなら、それは「殺人」であり、そのようなことをしている者に医師たる資格はないのである

医師と呼べるに値しないような連中が「高齢者在宅医療」に群がっている。目当ては高額な医療である。たった10分で数万円転がり込むのである死ねさらに高額な香典を手にする。金目当ての藪医者のための制度である。国や厚労省に本気で医療費を抑えようという気があるなら、「高齢者在宅医療制度など真っ先にぶっ潰さなければいけないものである

2019-01-23

またFXまけた

そろそろ疲れてきた

さすがにもう

9年やってる

年々難しくなる

 

はやく身内全員老衰で死なないか

俺が死ねない

2019-01-21

anond:20190121093216

元増田生殖の話してるんだから、俺やお前の主観なんて全然関係ないだろ。

 

少なくとも俺の孫が老衰死ぬぐらいまでのスパンの話しなきゃ。

2019-01-14

お前の寿命を当てよう。

1000年後、お前は老衰死ぬ

2030年革新的技術発明され、お前は不老不死の体を手に入れた。

それから1000年弱、お前は生き続けた。

ある時からお前は死に別れた家族写真毎日見つめる日々を過ごすようになった。

そしてあの頃を思い出す。不老不死黎明期、あの頃は永遠に生きることに抵抗を持つ人が少なくなかった。

そのせいでお前の家族は皆自然に生きるという道を選択し、100年もすれば残されたのはお前だけになった。

お前はこの900年ほど、ずっと心の中で後悔していた。俺も同じようにすればよかったと。

2019-01-07

日本総理大臣/韓国大統領任期と生没年

名前任期没年享年・死因
朴槿恵2013年 - 2016年存命(66歳)
李明博2008年 - 2013年存命(77歳)
盧武鉉2003年2008年2009年62歳・自殺
金大中1998年2003年2009年83歳・肺炎
金泳三1993年1998年2015年87歳・敗血症
盧泰愚1988年1993年存命86歳)
全斗煥1980年1988年存命(87歳)
崔圭夏1979年1980年2006年87歳・老衰
朴正煕1963年1979年1979年61歳・暗殺
尹潽善1960年1962年1990年92歳・老衰
李承晩1948年1960年1965年90歳・老衰
名前任期没年享年・死因
安倍晋三2006年 - 2007年
2012年 - 現職
存命(64歳)
野田佳彦2011年 - 2012年存命(61歳)
菅直人2010年 - 2011年存命(72歳)
鳩山由紀夫2009年 - 2010年存命(71歳)
麻生太郎2008年 - 2009年存命(78歳)
福田康夫2007年 - 2008年存命(82歳)
小泉純一郎2001年 - 2006年存命(76歳)
森喜朗2000年 - 2001年存命(81歳)
小渕恵三1998年 - 2000年2000年62歳・脳梗塞
橋本龍太郎1996年 - 1998年2006年68歳・腸管虚血
村山富市1994年 - 1996年存命(94歳)
羽田孜1994年 - 1994年2017年82歳・老衰
細川護熙1993年 - 1994年存命(80歳)
宮澤喜一1991年 - 1993年2007年87歳・老衰
海部俊樹1989年 - 1991年存命(88歳)
宇野宗佑1989年 - 1989年1998年75歳・肺癌
竹下登1987年 - 1989年2000年76歳・脊椎変形症
中曽根康弘1982年 - 1987年存命(100歳)
鈴木善幸1980年 - 1982年2004年93歳・肺炎
大平正芳1978年 - 1980年1980年70歳・心筋梗塞
福田赳夫1976年 - 1978年1995年90歳・肺気腫
三木武夫1974年 - 1976年1988年81歳・膵臓癌
田中角栄1972年 - 1974年1993年75歳・肺炎
佐藤栄作1964年 - 1972年1975年74歳・脳溢血
池田勇人1960年 - 1964年1965年65歳・喉頭癌
岸信介1957年 - 1960年1987年90歳・老衰
石橋湛山1956年 - 1957年1973年88歳・脳梗塞
鳩山一郎1954年 - 1956年1959年76歳・肺炎
吉田茂1948年 - 1954年1967年89歳・老衰

見た感じ、日本首相のほうが首は飛びやすいし、韓国のほうが長生きしてるよな。

anond:20190107105913

anond:20190107063634

海外だと自分で飯食えなくなったら放置して餓死させるんだけど

これは昔は老衰って言われててな

日本だと死なせると警察に捕まるから

2018-12-30

anond:20181230014646

タバコで早死にできるとかバカかよ肺がん死ぬその間際まで苦しい苦しいって言って死ぬんだよ肺がんにならなかったら老衰自力で痰を吐きだせないようになって喉に穴空けてゴボゴボ苦しい思いするんだよいずれにしても簡単死ねると思うなただ苦しむ時間が延びるだけだよこのバカ

2018-12-07

anond:20181207135201

生物老衰死ぬのが、まさにそれだぞ。

子供を産んだ親なんて、餌などのリソース無駄にするだけの存在なんで、閉経のタイミングでだいたい死ぬようにできてる。

人間なら50歳ぐらいかな。医療とかの助けがなければそれくらいで死ぬ

2018-11-28

anond:20181128095238

からそれをいうなら他人掲示板みたいに増田を使ってようが

元増田がそれを咎め理由罵倒する権利もねーだろって言ってんだよドアホ

加齢臭通り越して老衰まじかの脳死ジジイかお前、脳みそ働かせろや

2018-11-20

この時間から仕事をするあなたへ

深夜1:00。いまの時間から仕事をもう一度始める人に送る。

いろいろなことがある。いろいろな事情がある。

そうは言っても何も始まらないことも知っている。

さて、がんばりますか。もうひと踏ん張り。

別になんてことはない、きっともっと大変な人だっていることでしょう。

もっとうまくやっている人のことも知っている、でもそのことで、自分自分否定する理由にする必要もないでしょう。

からそんなこと気にせず、"ともあれ"、と気をそらして、さて自分の持ち場でひと仕事しよう。

###

私の場合は、子供がいる。

子供かわいい。唯一無二のたまたま私の元へやってきた天使だ。

疑問を持つ必要もなく、ただただ大切にしようと、私はバカひとつ覚えのように思う。それだけが、親に与えられた贅沢だからだ。

そんな私の子供も、――当たり前だけれど、人として尊重するべき一個の他人で、イヤイヤ期で何をするにも嫌がって、親の器量を試してきたところで、「そんなところを掘っても何も出ないぞ」と思いながら、なだめたりすかしたりおこったり気をそらしたりしながら、千変万化する表情に一喜一憂して、でもまあそんなものかなと、今の時間になると思う。

なんだかんだで、少し気を抜くと今の時間になってしまう。というか、なってしまった。

###

最近ニュースを見ていると、どうも日本老衰の進むおじいちゃんおばあちゃんになってしまっているだなと思うことが多い。しかもどちらかというと良識ある優しい老人ではなく、頑固で考え方を変えない老人だ。

人口減少と少子化/交通インフラ建造物劣化/法人意思決定の硬直化/すぐに血が上るメディアetc...、私達が細胞だったとしたら、私達が赤血球のように体中を巡る流れ一つだとしたら。

日本旅行に来る中国人は、日本の何を面白がっているかって、"郷愁を感じに来ている"、という話をきいた。いい意味でも悪い意味でも"変わっていないこと"を眺めに来てきんじゃないかな。日本製品が売れるとしたら"枯れているから"じゃないかな。

そんなことは、まあ、単なる個人の印象で、正直どうでもいいんだけど、この老人の中で、じゃあ、自分の持ち場は一体何なのかと、仕事や家庭を終えて、もうひと踏ん張りするときに思うのです。

簡単に言うと、「この仕事意味あるかな」なんだけど、それだけじゃなくて、、、

老衰の中での踏ん張り、あるいは覚悟

プロジェクトをなんとか軟着陸させる感じ、

・なんだろう、もうダメなことを、なんとか無事に終えられるように

仕事意味以上に、社会の中での貢献度の低さ・・・なのかな、これは。

90年代ぐらいの閉塞感は、今になって思えばまだ良かったんだな、平和だったんだな、それにムキになったりしていたんだな。

2010年代絶望感は、緩やかに真綿で首を締められるように、致命的に追い詰めてきているような気がする。

###

そういう話がしたいんじゃなかった。

要は、そういうたぐいの絶望感が、深夜になると襲ってくる。

(きっと私個人問題をなにかに例えて話したかっただけだと思う)

そう思うと、もしかしたら、いろいろな種類の絶望感を持って社会の中で、この時間に働いているんだろう。

どうですか?元気でやってますか。

当たり前のことを言えば、結局避けられない問題については、どんな状況でも一つ一つ前に進めていくしかない。(そうだそうだ)

いろいろなことがある。いろいろな事情がある。

だけれど、さて、がんばりましょう。

もうひと踏ん張り。

愚痴です失礼。支離滅裂失礼。ありがとう

2018-11-06

anond:20181106174425

強制わいせつ強姦、まぁ痴漢とか公然わいせつとかも含めて、暗数がどれくらいあるか把握してるなら教えてほしいものだが。

ちなみに無理やりセックスに限っても女性の7.7%が被害経験があるらしいが。

内閣府の「男女間における暴力に関する調査」(平成23年)において,女性(1,751人)に,これまでに異性から無理やりに性交された経験を聞いたところ,「1回あった」が4.1%,「2回以上あった」が3.5%で,被害経験がある女性は7.7%となっている。

http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h26/zentai/html/honpen/b1_s03_02.html

性犯罪全体ではどれくらい経験あるんだろうな。俺も被害には10回くらいあったけど警察に行ったことなんて一度もないし。


一方死因としての自殺は2.5%。

厚生労働省平成 2312 月に公表した「平成 22 年(2010人口動態統

計(確定数)の概況」(以下「平成 22 年人口動態統計」という。)に基づき、

平成 22 年における死因別の死亡者数をみると、自殺による死亡の順位は、

悪性新生物(29.5%)、心疾患(15.8%)、脳血管疾患(10.3%)、肺炎9.9%)、

老衰(3.8%)、不慮の事故(3.4%)に次いで7位(2.5%)

http://www.soumu.go.jp/main_content/000164590.pdf



強姦強制わいせつニュースになるのは、「よくあることだけど滅多に逮捕されないから」じゃないだろうか。

2018-11-05

すっごく我慢すれば不死身

出血多量とか窒息とか低血糖みたいに、物理的に代謝活動ができなくなるのはしょうがないけどさ。

痛いのとか苦しいのとか、あと10秒だけだったら、我慢できそうでしょ。本当にすっごく頑張って我慢すればだよ。

で、10秒もたてばさ、少しは慣れてくると思うんだよ。そうしたら、もう1分だけ頑張れるじゃん?

そうこうしているうちに治っちゃうと思うんだよね。

組体操で落ちたときも、ウィルス腸炎にかかったときも、すっごく痛くて苦しかったけど、ちゃんと治ったし。

から、俺は事故にさえ気をつければ、不死身だと思うんだ。少なくとも老衰死ぬようなことはないよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん