「単著」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 単著とは

2020-05-24

ついに単著出してしまったんだが

えっ、もう増田卒業しないといけないんですか?

2020-02-26

最近つまならくなってしまった書き手

ネット発で独特な低めの視点から発言を繰り返し、単著を出したらネット上ではわりと時の人扱いになって、本人もわりとその気になっているらしい感じなのだが、プロの物書きとして身を立てていこうとするにつれて、どんどんつまらなくなってしまっている書き手がいる。

どうしてこうなってしまったのだろうか。この人の創造性が痩せ細っていく過程他山の石として考えてみたい。

自らを繊細で、あいまいで、弱いが、やわらかい知性があり独特の視点をもった書き手として売り出していくことは、諸刃の剣なんだろう。

その人の発言書籍化されて、広い範囲の人々の共感を得るにつれて、書き手はもう弱者ではなくなってしまう。

自分発言根拠自分で掘り崩してしまうというか、読者から共感を得ていた理由自分自身で消去してしまう。受けていた鉄板ネタがなくなってしまう。書くことがなくなってしまう。

そのことを自分でも気づいており、年を取るにつれて独自視点が失われてしまうので、これまで何者でもなかった自分というあいまい状態を脱却して、プロ作家として身を立てようと、クリエイティブクラスタとの付き合いに移行する。

そうすると、自分書き手たらしめていたある種のアマチュアリズムますます失われてしまうので、自己イメージとしては作家であろうとしても、書くことはもうない。

自分コンテンツが痩せ細っていることは自覚していながらも、自己意識としてはすでに作家なので、イベントをしきりにやったり、書いたものにペイウォールを設けて読み手課金させようとするが、周囲の人間は興ざめししまって離れていく。

創造性とは、予期していないときに突然与えられる恩寵のようなものなのだろう。

さまざまなものを吸収していながら、それを外に出そう、売りに出そうと思っておらず、暇になったときに、不意に面白いものができることがある。

そんなふうに、泉が静かに満ちて滴り落ちるような瞬間を待つことができないのなら、もう覚悟を決めて、職業的に、自分毎日油種のようにして絞り上げて、書くしかない。

どちらもできず、自分オリジナリティがある、自分はほかの人がない物を持っている、と思って、クリエイティブな人と付き合って、自分クリエイターになった気持ちになっているだけでは、なにも生み出すことができない。

2020-01-30

90年代活躍したおたく評論家の末路

人気ウェブライターの末路っていう記事があったから、90年代活躍した書き手がその後どうなるかって具体例を書いてみようかな。

その人の名前浅羽通明っていうんだけど、90年代ではそこそこ名前の知られた評論家だった。

単著も多数あって雑誌にもよく寄稿していたけど、2000年以降はほとんど名前を見ない。

雑誌の連載は一つもないし、Webへの寄稿もなし。数年に一冊は本を出すけれど、それも話題になっていない。

今どうやって暮らしいるかというと、蔵書を切り崩して販売しているようだ。古本屋みたいなことをしている。

旬を過ぎた書き手ってつぶしが利かないよね。へたに名前を知られているか都落ち感のある転身はできないし。

こういう仕事って旬のうちにできる限り知名度を稼いでそれを切り崩していくしかないんだろうな。つらいね

2020-01-28

anond:20200128134924

もうちょっと稼いでるイメージなんだけどな

年一くらいで今も新書だけど単著出てるし・・・

単著も出てないのかおじさんは今頃出せてないだろ、たしか

それと比べると80年代末~今まで現役ってけっこうすごいのではないかと。

やや勢いが鈍ったにせよ、中森明夫も生き残ってる方かなと思うが、どうだろう。

2019-11-24

頭の良い人達の中でどうなってるのかはしらんけど、工学部世界とか全然知らん文系一般人的には、

ハゲタカジャーナル投稿しまくって英語査読論文の数だけ稼いでる人とかよりも、単著がある人のがよく見えてしまうんだよなあ。。

2019-11-12

アホか

全体的に低レベルすぎるだろ

「宇崎ちゃん挑発によって自発性を損なって献血してしまう人が現れる」という批判可能性がゼロではないけど限りなくゼロなことを論う詭弁批判です。

限りなくゼロじゃねーよ、オタク君なんて馬鹿が多いんだから山ほど殺到するに決まってるだろ。だから献血に行った人の数が増えたとかドヤ顔でふれまわってたんじゃねーか

天下の羽生結弦のキメ顔の自発性奪取力が、宇崎ちゃん程度の三流漫画の安いおっぱいセリフのそれに負けるとでも?

負けるに決まってるだろ。オタク君なんて馬鹿が多いんだから適当に大きな胸見せておけば爆釣りだろ。そんくらい考えろ


オタクコンテンツにだけ別の基準持ってると疑われても仕方ないですね

当然だろ。クールジャパンだぞ世界に誇る日本の文化だぞ。オタク向けの市場規模どんだけか分かって言ってんのか。オタクコンテンツは何にもまして人間判断力を失わせるミラクルなんだから、そこだけ基準が厳しくなるのも当然。それを熟知した上での批判に決まってるじゃねーか!

多少人の欲望にもとづいてアイキャッチ改善した程度でどうして「自発性が減る」ことが予測できるのか、私には全く納得できませんので、対案を出す必要などは一切、感じません。

とならへんか。

からならないんだってオタク君に向けて胸を出せば自発性は激減して全員我先に売血しにいくの目に見えてるじゃねーか。

対立的な議論の時に自分シリアスな身の上話をフレーバーにする人間詐欺師かアホだと思っています

何言ってるんだ。同情してやれよ。なんかたくさん単著も出してるんだから詐欺師であるはずもアホであるはずもないに決まってるだろ。

anond:20191112112951

2019-10-14

はてなの人は差別は嫌いだけど障がい者叩きは好きなのか

http://web.archive.org/web/20190502210202/https://anond.hatelabo.jp/20150620124355

記事はどうでもいい。記事の下についてるツリーを見て。

青二才という人の失態が、まるで芸能人特集のように並んでる。

悲報青二才岡田育喧嘩を売るが軽くあしらわれ自滅する

青二才はてな歴何年よ?おいらっちベテランはてなブロガーなんやけどwww」

今まで青二才が戦って自爆してきた相手一覧

青二才村長kanose挑発しすぎて直々のお仕置きを受ける

岡田育に戦わずして負けた青二才氏、今度はid:scopedogケンカを挑む

青二才単著を出したけりゃ、他人悪口アクセス自慢よりまずは自分しか書けないことを示さなきゃ!」

高校生文句を言われたと勘違いした青二才が取った行動

いつまでも少年の心を忘れない青二才、26歳になっても元気にピンポンダッシュを楽しむ光景

並んだタイトルを見る限り青二才という人は確かにとんでもないバカを繰り返している。でもここまでくるとバカというよりなんらかの障害を抱えている。「青二才 障害」で検索してみたら青二才という人は発達障害でありかつ躁うつ病なんだって。断言はできないが何度も同じこと繰り返してるなら一部学習障害もあるんじゃないですか。

定期的に攻撃的になり、その後反動活動力低下を繰り返すのは、躁鬱病の症状であり性格問題じゃないと思う。上がり始めの時期に活動量が増えて記事を書き、反響が来る頃にピークに達して、反論した頃落ちていく

こういう障がい者さらして遊ぶのは、Youtuberシャムという人間を持ち上げて遊んでいたのと似たような感じがして好きになれない。シャム青二才という人もどちらも注目されるのがうれしくて喜んでバカ行為を繰り広げてるのかもしれないが、良識あるはてな人間ならこういうのはよくないってブックマークコメントをしてるのかと思ったら彼のバカっぷりをみんな喜んでみてるコメントばっかり。同じ口で差別ダメだと言ってるとしたら頭くらくらする

2019-09-18

高島章弁護士、3か月の業務停止処分新潟日報

最初に:しばき隊リンチ事件原告側に本件を使った中傷が行われているようだ。下記を参照あれ。M氏を貶めないように。



日報33面より。刑事事件保釈保証金300万円の横領であった。周知の通り、高島氏は新潟水俣病第三次訴訟団の弁護団長、および朝鮮総連新潟県本部顧問弁護士を務めていた。

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190917495600.html

ツイッター上での旺盛な発言特にシールズ(のち未来のための公共)への批判、およびその実力団体とされている対レイシスト行動集団(旧:レイシストをしばき隊)のリンチ事件への告発者の一人として知られている。一部には筋の通った昔ながらの革新派弁護士という評判もあった。

現時点では残念ながら謝罪はない。新潟県弁護士会長現在勤めている斎藤裕について友人と過去説明したこともあり、自身副会長を務めていたときがあっため実際に看過できない内容であった可能性がある。

 高島氏の事務所は17日午後、ひっそりとしていて、電話にも応答がなかった。

 高島氏は1993年4月に同会登録新潟水俣病第3次訴訟などでは弁護団長を務めた。水俣病訴訟支援する民間組織事務局の萩野直路さん(65)は「訴訟では認定を勝ち取るために尽力してくださった。残念だし、驚いている」と話した。

このように特に新潟水俣病関係からの悪評がある人物には見えなかったが、ツイッターからはしばしば私生活の苦しさが窺われる呟きをしている。同時に、長きにわたるがん患者らしきことを呟いており、先日退院した旨自身アカウントで呟いていたかと思う。

懸念されるのは新潟水俣病の扱いである。周知の通り、先日の参院選当選した打越さく良弁護士は高島氏と激しく対立してきたしばき隊神原元や野間易通と親交があり、特に神原ヘイトスピーチ訴訟では一緒に原告弁護士として闘ったという。神原懲戒請求弁護士としての罷免要求すら上記履歴活動を顧みず平気で行っていた。打越は前掲第三次団の最高裁敗訴直後に擁立することが立憲民主党本部主導で発表された落下傘候補であるしばき隊の中心人物である李信恵単著を出した影書房8月中旬水俣病ツイッターでいいがかりをつけていたため、県下の人運動を打越らカウンター諸氏が牛耳り出すのではないか

現に構成員である香山リカは、新潟県で行われているいきづらさを抱えた人たちの演芸である「こわれものの祭典」に、東京出張圧力をかけている。カウンター新潟水俣病関係者の人権が両立すると彼らが考えているとはおよそ考えられない。県下の人運動でも気に入らなければ平気で弾圧する連中なのである対立するろくでなし子が登壇する予定であったため、運営圧力をかけ妨害した)。

考え過ぎかもしれないが、日本共産党にとっての被差別部落問題同様、一方的解決した問題にさせられてしまわないか心配である

追記

詳細を読むと

 依頼人が昨年9月、県弁護士会に懲戒請求して発覚した。高島氏は私的流用を認め、協会には毎月10万円ずつ返済しているが、依頼人側が負担した20万円や示談金として預かった10万円の一部は、いまだに依頼人側に返還していないという。

ということである斎藤裕会長は元々新潟市BRT反対運動の中心人物で、共産推薦で新潟市長選に出馬善戦した市民活動家でもあった。しかし去年、この直後の新潟市長選において夏の新潟県知事選での敗北による旧民進党政治家から不満が噴出する中、共産党はBRT廃止論撤回することになる。このことを激しく非難自身選挙で争った自民党非主流候補応援した。共産ですら手に負えない人物となった斎藤はいわば封じ込められる形で県弁護士会長就任したのではないかと推測する。

さて、とはいえ斎藤氏は前述の神原弁護士常任幹事である自由法曹団員でもある。最近新潟水俣病関係裁判記録が破棄されたと県弁護士会長として訴えた。しんぶん赤旗も全国記事水俣病を取り上げるなど、神原野間有田芳生らの異常な氏への中傷批判をにじませつつあった。そのようななか、発覚から1年が立ったものの、ついに法曹中央圧力に抗しきれなくなって、処分に踏み切ったと思われる。処分に応じても謝罪はしないという高島氏の態度はそういうことだろう。

 とはいえ、詳細は割愛するが、元々市民活動家としての斎藤氏は、小柳聡の政治資金記載漏れ懲役刑になるに違いないと扇動するなど「合法倫理性に欠けると言えなくはないが、訴えるのはきわどい」行動が多かった。同時に、県の弁護士代表になったものとして、自分がどれだけ危険凶器を振り回してきたか真摯反省して頂きたいとおもう。

2019-08-11

anond:20190811103722

男女逆転した源氏物語ちょっと興味あるかな

それも単著ではなく、男性の作者・女性の作者、そうだな、夫婦がいいかな。

議論して、どちらの目からみても明らかにおかしい点がないようにしてストーリを作った方がいい

執筆の際では、約10人の公認愛人を持ち、数百ともいわれる愛人がいた

ロシア最強の女帝エカチェリーナ2世など、実在人物が参考になると思う。

2019-07-22

Oculus Rift Sを買ったので感想を書く

動機

家にセンサー設置とかするのめんどくせと思ってたので、それが不要になったのが一番の決め手

スイッチVRラボを遊んでVRおもろいやんってなってたけど、これがなければ買ってなかった

うちのノートPCグラボがGTX1060でスペックは満たしてたし、Oculus Questじゃなくてこっちにした

HDMIではなくディスプレイポートを使うのでそこは注意

感想

箱がくそかい宅配ボックスに入らないよ

ケーブル邪魔背中に回せば腕には引っかからないものの、存在を感じてしま

この辺は完全スタンドアロンのもの比較してみたい感じ

画面は綺麗。遠近感も普通に感じる。自分が歩いたりしゃがんだりすると景色もそのように動くので違和感はない

立ち上がる時に仮想の壁に手をかけて立ち上がろうとしてつんのめったりする

主観視点ゲームやるのはとてもいい、独特の操作方法による楽しさがある

客観視点ゲームVR意味なくね?と思ってたけど、やっぱりテレビでやればよくね?って感じ

人によっては手元でミニチュアを動かしてるみたいで楽しめるみたいだけど、考え方の違いか

仮想空間自分で手を動かして将棋の駒を動かす意味があるのか?みたいなこと考えちゃう

あと映画も楽しめるというので、BigscreenBetaというアプリプライムビデオを観た

映画館よりも画質がよくないので、これは映画館というよりホームシアターって感じ


酔い

今までゲームやってて一度もゲーム酔いを感じたことがないんだけど

VR人生初めて(あっこれヤバい!)と感じましたのよ

FPSでは普通にやってるスティック移動が、VRで見るとぐらぐらしてヤバい

からテレポートでの移動が主流みたい

おもろいか

VRというガジェット面白い。だが、Wiiの時も思ったが、ゲーム楽しいのか新しい体験楽しいのかがわからない

テニスというスポーツ面白いなら、じゃあそれをVR空間で腕振ってプレイするのは面白いか?テレビWiiリモコンなら?コントローラでやるテニスはどうか?

面白いとはなんなのかわからなくなってきた

装着の手間なんかもあるので、気軽にやろーというものではないね

飽きるかもしれない

遊んだゲーム

・H3VR

これがやってみたくてVRを買ったようなもん

リロードボルトアクションを手動で行うのだが、コントローラの形状のせいで一部やりにくい場合がある

・QuiVR

単著のある増田が確か書いていたなと思って買った

トラッキング問題か構え方の問題か、弓を引いた手をうまく認識してくれないことがある

・The Forest

VRモードがあったのでプレイ、でもVR恩恵あんま感じねえな

このゲームスティックでぬるっと移動するので酔いそう感がすごい

・V-Racer Hoverbike

首の傾きでハンドリングするバイクレースゲー、前に扇風機を置くといいらしい

座って遊べるのがよい

・その他

基本的に部屋が広くないと、自分が移動する系の要素が利用できないので

部屋の片づけをしようと思った

最後

VRするとき用の使い捨てマスクを100枚入り買ったので、これがなくなるまでは遊ぶ

2019-05-24

BuzzFeed編集長の逃走

BuzzFeed Japan創刊編集長5月31日をもってBuzzFeed Japan退職するという。同社は設立から4年近くたったが、一向に黒字化する気配がない。一般的に質の高い記事を作れば作るほど儲けから遠ざかるインターネットメディアにおいて持続可能という言葉は大変重要である。それゆえ黒字化を果たしてこそ一人前、言い換えればメディアとしてのスタート地点に立ったといえるのに、そこに辿り着く前に編集長が退任した。

結局、投資フェーズで金をジャブジャブ使い、そろそろ黒字化をと迫られたらトンズラするあるある話でしかない。それを「2019年独立し、フリーランス記者メディアコンサル」とさも優れた実績のように謳っている。さら6月からシニアフェローとしてBuzzFeedに関わるという。意味がわからない。だったらなぜ独立するのだ?というかシニアフェローとはなんだ?

BuzzFeed Japan人材流出が目立ったところでもある。記憶に新しいのは、BuzzFeed Kawaiiを立ち上げてわずか1年余りで辞めた日西。退職エントリで「辞めていく私にKawaiiのこととか全然書いちゃっていいよーと言ってくれる偉い人がいる会社」と綴っていたが、1日と経たず会社からクレームによりほぼ全ての内容を削除した。このエントリは少なくないBuzzFeed社員が推奨していたのだから絶対に消させるべきではなかった。職場理不尽な指令にすら抗えない者たちが社会問題点を指摘しても空虚なだけだ。

初期メンバーも多くが辞めている。例えば元弁護士ドットコム編集長渡辺BuzzFeedに馴染めなかったようで2年持たずにハフポスト移籍。その後消息を絶ってしまった。

毎日新聞からやってきたエース記者の石戸は硬派な記事を出していたが単著評価などを巡って対立。1年数ヶ月前に退職し、昨秋には幻冬舎plusでBuzzFeed上層部パワハラ告発をしていた。さすがの石戸もこんなに早く編集長が逃げ出すとは予想できなかっただろう。

播磨谷、朽木といった勢いがあった若手も30歳になると高給の同業他社転職朽木曰く「いま必要なの、70歳まで働いて100歳まで生きてしまったとして老後のための貯金を月40万円(ここ要検討)×12カ月×30年=1億5000万円分いかに早めに作れるかのプランでは、と思ってキャリアを考え直した経緯がある。あと40年しかないし回り道してる時間はないのよね。」だそうだ。BuzzFeed Japanは回り道であるらしい(爆)。退職者にその程度の評価しかされない職場は悲しいものである。(つづく)

2019-04-22

anond:20190422095918

なに幻想もってるかわからないけれど小説家だって名乗った瞬間小説家だよ。

商業単著があろうがなかろうが、Webサイトで公開してようがしてまいが関係ない。

全く同じ問題に見えるよ。

2019-04-06

品田 悦一(しなだ よしかず、1959年1月30日[1] - )は日本日本文学研究者東京大学総合文化研究科言語情報科学専攻教授。専門は日本古代文学歌謡和歌特に万葉集』の東歌)。

群馬県出身東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学聖心女子大学文学教授などを経て、2004東京大学准教授2011年10月教授。初の単著万葉集発明』では、『万葉集』が近代国民国家文化装置として「国民歌集」の地位を与えられるようになり、「創られた伝統」として成立していくことになった過程研究。同著は中国語訳もなされた。斎藤茂吉万葉集享受研究でも知られる。

ネトウヨは「学者は信用できない」と反知性主義に逃げるしかない。

2019-03-10

anond:20190310134919

なるほど了解した

これらの団体と反りが合わないのは

例えどんな社会的地位と持って単著を出しまくってても似非フェミあるいはフェミのふりをしたソーシャルジャスティスバーサーカーってことか

2019-01-18

anond:20190118233103

一理ある

分野によって共著が当たり前の所と単著しかない所、カンファレンス文化の有無など差が激しいし、意味不明な他分野の業績は一律に評価基準から外してしま場合もあるだろう

学際分野それ自体が一つの分野として巣立たないうちは、この問題から逃れられない

2018-10-28

新書単著まで出してるようなのが頓珍漢なこと言ってるのをツッコミ入れたらセレクティブエネミー!て、ええー…

誰が言っても野放しにしろってことかよ…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん