「ツイ廃」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ツイ廃とは

2020-10-11

黒瀬深って何者なの?

https://twitter.com/Shin_Kurose?s=09

この人はなんなの?

ツイ廃ネトウヨインフルエンサー

リツイートで流れて来てなんとなくプロフィール見たんだけどなんでフォロワー12万人もいるの??

不思議

ツイ廃の人ってリアル友達いないの?

Twitterに一日張り付いてるような奴って、なにしてんだろって思う

フォロワーさんと仲良し!って言ってるけど、ネットで喋るんじゃなくてリアルで会う人とかいないのか?

オタクアカウントから、一日Twitterしてるような、おはようからおやすみまで呟いてる奴よく見るんだけどさ、なんでそんな暇あるのって思う

今日見に行った映画面白くってさー、みたいな内容なんてさ、なんでTwitterに呟くんだ?

俺は家で家族かにそういう話しちゃうし、休みの日も家事をしたり友達遊んだりとかいろいろしてたらすぐに一日終わるし、Twitterで呟いてる時間って正直ないんだけど

Twitterであれこれツイ廃が呟いてる内容なんて、リアルで遊んでる友人とか家族に喋っちゃうからいちいちTwitterで呟かないわ

それにオタク垢の場合リアルで喋ったことをツイで喋って身バレもいやなんで、リアルで会話した内容はツイでは言わない

となると、ますます喋る内容がなくなる

ツイ廃の人って、リアルであってる人とかと会話してないのか?

2020-09-28

anond:20200928145534

シンプルにうわあって思った

アカ3つも使い分けるツイ廃みたいだし歪んじゃったんかな

2020-09-14

anond:20200914111826

許斐剛先生は本人がイケメン好きでイケメンキャラ量産して女性読者が喜ぶことを本人も喜んでいるようだったし、

許斐剛先生自身ブロマイドを発売するなど突き抜けた姿勢だったよね

イケメンがたくさん出てくるのと同時に想像を絶する異常な展開も多かったから、

東大ツイ廃クラスタ男子学生99%)みたいなところでも更なる異常展開が期待されウケているっていう特殊立ち位置だった

2020-09-04

枯れたツイッターのために

おすすめツイッターbotおしえてください

流行りの話題有名人日常議論のための議論ツイ廃の垂れ流しももうたくさんです

無意味でくだらなくて役に立たないbotだけをフォローした垢にしたいです

2020-08-31

友人が亡くなってるかもしれない

タイトルの通りだ。

友人が亡くなってるかもしれない。

この事に気がついたのは数時間前で、自分はそれを某ソシャゲ内のたまたま見たフレンド一覧のログイン時間から気がついた。

正確には友人がこの所ログインしていない事に気がつき、何かあったのだと思った。

友人のゲームコメントには一言入院中」とだけ書かれていた。


友人は2年程前に病を患ったが、闘病の後快復しており、

去年の年末はまだ完全に治ったわけではなかったがゲームイベントに一緒に赴きだらだらと遊んだしかもその後自分が体調を崩して寝込んだ。


年明けには海の向こうで何やら新型のアレが流行だしたと言う所だったが、まだそこまででもなかってので普通に開催されたバンドライブマスクをつけながら一緒に観た。

ただ直前再発したかもということはツイッター上で報告したのを確認しており、無理はするなよ的なやり取りをした覚えがある。

当日もあまり具合は良くなさそうだったが、ライブの直前まで某コラボカフェいたとか話を聞いた。

この時友人が死ぬ。なんて思うわけもなく、ずっとこのまま適当関係は続くものだと思っていた。


友人は高校同級生だ。

たまたま名簿順の前後で、クラスで唯一オタク化が進んでいたオタク同士だったので2人で話す事が多かった。ただそんなに趣味が合ったというわけではなかったので深い話などする事もなく、アニメ漫画の好きなキャラの話とか他愛もないことを話していただけだった気がする。

唯一、年明けに見に行ったバンドけがたまたま本当に2人だけの共通項で、そこから一緒に出かける関係になったんだったかな確か。


友人との関係はそんな感じで薄っぺらくて、主にメールと友人のHPmixiツイッターって感じで細々と場所を変えながらたまにやり取りを交わして続いていた。家がそこそこ近かったのもあって高校で離れてからもたまに家の近所で会ったりして。

でもお互い相手の家に入った事はない。いつも私の家の前で立ち話をしていた。私は友人の家は知らない。山を一つ超えたらあるぐらいしか知らない。打ち込んでて本当に友人だったのかな…と思う。


お互い割と口数が少ないのもあって、本当に腹を割って話したという事がないのだ。

自分は本当にコミュ障なのだが友人はコスプレをやってたりした事もあって知り合いが多そうだった。

でも近所で同級生でというと自然自分になるのかなといった感じで、利用…というと語弊があるかもしれないが丁度いい埋め合わせ相手として見ていたのかなと感じる事もなくはなかった。

自分は前述の通りコミュ障でオンにもオフにも全く知り合いがいないので、自分を気にかけてくれるありがたい存在だと思ってるので気にしていないし、寧ろ自分でいいのかなと良く思ったものだ。


長々と語ってしまったが、最初に戻る。


とりあえずツイッターで友人の安否を確認しようと思った。

友人は割とツイッターを見ている方なのだがTLにはいなかった。

慌てて前にやり取りしたDM画面から友人のトップ画面に飛んだ。

固定にはお知らせとして一月前の状況が書かれていた。

病状は悪化し、もう余命いくばくもない事、これから緩和ケアになるという事。

ツイッターアカウントは消そうと思うが消せるかわからない事などが綴られていた。

友人の呟きを辿ると入院時の呟きがずっと続いていて2週間前に止まっていた。


自分ツイ廃ではあるが、友人と繋がっている方は今は殆ど見ずに別のアカウントで下らない事を垂れ流している。

友人の報告にも何も返せず、最後の呟きにも何も言えず、ただ友人は普通に生きているのだろうと信じ切って普通に生活していたのが本当に悔しくて情けなくてどうしようもなく愚かだなと思って、ただどこにも吐き出す所がなくてここに吐き出しにきた。

凄い薄っぺら関係だったけとそれでもやっばり自分にとって数少ない大事な人だった。

もうリプも貰えないし迷惑もかけられないし会えないとか信じたくないな。

ライブイベントもいつ行く?とか話す事も頑張ってチケット取る事ないんだな。

友人は自分なんかよりも辛い環境で耐えて、真面目に生きてきたのにな。どうしてだろ。


ただの書き殴りなのでここまで読む人いないと思うけど読んでくれてたらお疲れ様でした。ドラマチックな展開とかなくてすいません。

亡くなってるかもしれない、というのは単に呟きが止まってるだけかもしれないのかが、上記の通り関係希薄なので訃報がここまで届かないのもあってわからいからです。

たまにあるツイッターの遺族からの報告も多分望み薄です。

どうにか住所調べて親御さんに話聞きに行ってもいいんだけどそれも難しそうなんですよね…だからつの日か風の便りが届くのを待つしかできない。


生きていてくれたらいいんだけどなぁ。

2020-08-15

8月15日に記しておきたい怖い祖父の話

大正まれ祖父は、坊主頭メガネをかけ、こけた頬に冷たい眼差しを持ち、いつも気難しそうな顔をしていた。息子であるから聞く話でも、私は祖父に対して怖いというイメージしか抱いていない。第一印象も第二印象も、とにかく怖い。祖父を評する言葉はそれ以外に無い。もっとも、祖父は私が生まれる7年前に亡くなっている。だから、私が見る祖父はいつも仏壇の脇に飾られた白黒写真のみであり、その気難しそうな佇まいを見るたびに幼心にピシッとした気分になり、怖い爺さんだなぁと思うだけだった。私にとって祖父は、無機質な写真のみで完結していた。

対照的祖母はとても優しい人で、おっとりしたお婆ちゃんだった。私は末の孫だったこともあり、とにかく甘やかされていたので、特にそう思うことも多かった。祖父とは会ったこともないが、祖母とは長い時間を共にした。私は幼稚園に入る前、母が働いている間は朝から夕方まで祖母の家に預けられていたので、祖母とは二人きりの長い時間をゆったりまったり過ごしていた。かなり幼い頃の記憶だが、何故だかその日々のことは断片的によく覚えている。暴れん坊将軍と蒸し芋が大好きな未就園児だったので、祖母とは気が合い可愛がられた。

祖母は幼い頃の私にとって第二の母のような存在で、お話もたくさんしたけれど、既に亡くなっている祖父遺影インテリアのように飾らせているだけで、その人となりについては何一つ聞いたことがなかった。息子であるはずの父や叔父からも、祖父の話は聞いたことはほとんどない。思い出話も一つも聞いたことがない。祖父がどんな人かと聞いても「おっかねぇ(怖い)人だった」と返ってくるくらいだ。そんなこんなで、私が知る祖父像は極めて薄い。とても薄っぺらい。お前の爺さんだよと言われてもピンと来ることはなく、いつまで経っても白黒写真遺影の人でしかなかった。

そんな祖父遺影の脇には、立派な額に入れられた賞状が飾ってある。内容は、抑留生活を慰労し、銀杯を贈られたという内容で、すでに故人になっている祖父政府が贈ったものだ。戦後日本には57万人以上もの人々がシベリアへ連れて行かれており、祖父もその一人であった。『祖父戦争へ行き、シベリア抑留をされていた』たったそれだけの漠然とした事実が、私の中の祖父像を大きく占めていた。小さい頃から、「うちのじいさん、ロシアに連れてかれたんか」と単純に思っていた。どこからともなくの知識で、多くのシベリア抑留者がそうであるように「終戦時は満州にでもいて、捕まったんだろう。だが、どうにか生き延びて帰ってきた」と思っていた。

去年、祖母が97歳で亡くなった。50過ぎの時にヘビースモーカーが祟って肺癌で亡くなった祖父に反し、かなりの大往生である。そこで私は、葬式での親戚が口にした言葉で「祖母が嫁いだ翌日に、爺さんに赤紙が来た」と耳にした。おいおい、なんだそのタイミングは。ドラマかよ、と思った。そもそも祖父母はお見合い結婚だし、祖父戦後抑留され、長いこと家に帰って来なかったし、つまりそれが事実なら祖母は長々と見知らぬ姑と過ごしたことになる。しかも、ど田舎山中にある村で、家業農家という典型的な家だった。時代時代とはいえ、婆ちゃんは肩身の狭い思いをしていたんだろなぁと可哀想に思った。

その頃から興味が沸いていたんだと思う。

遺影の中で怖いオーラを放っているだけの、実態の無い祖父像について。

私はどこからともなく『兵籍簿』の存在を知り、取り寄せたいと決意して、去年の8月15日実家終戦番組を見ながら父に話を切り出して頼んだ。兵籍簿の取り寄せは三等親まで可能で、孫の私でも可能だが、故人の息子にあたる父が取り寄せた方が、必要書類が少なく済むからだ。父は戦争映画などを見るのが好きな人だし、その手のものに興味があるタイプなので、あっさりOKしてくれた。断られたらどうしようと思っていたので、聞いた時はタイミングを見極めドキドキだった。

兵籍簿の取り寄せは案外簡単だ。やり方は調べればネットに載っている。うちの祖父陸軍なので、県の恩給科に電話で問い合わせ、手続きを始めた。ちなみに、海軍だと厚生労働省になる。陸軍であれば『〇〇県 兵籍簿』あたりで調べれば、どこの県もやり方を導いてくれるだろう。発行に際して必要ものは、対象者が故人の場合申請者との繋がりがわかるための除籍謄本戸籍謄本といった、役所簡単に発行してもらえる書類。あとは申し込み用紙を書いて郵送する。コピー代などで数百円かかるが、あまりにも簡単なので、もっと早く取り寄せればよかったと思った。

まぁ、取り寄せた所で、どうせ祖父はちょろっと満州にいて、そのままシベリアに連れてかれていたんだろう。祖父は誰にも戦時の話をしなかったので、家族の誰しもがそう思っていた。語らずに亡くなったがために、語るまでもない軍歴だったのかと、我々は思い込んでいたのかもしれない。みんなが祖父戦争について知っていたのは、彼が『シベリア抑留されていた』たった一言事実のみであるのだから

待望の兵籍簿は一か月かからずに送られてきた。

当時の書類ということで、読み難く難解な旧字も多かったが、やはり同じ日本語なのでほとんどは解読可能だった。それもネットで調べられた。

読み解いてまず驚いたのが、祖父1940年から43年2月まで、きっちり軍生活をしており、一度は満期除隊をしていたということだ。その時は主に満州国境警備をしていたらしい。大きな作戦戦闘に関わることなく、晴れて日本へ戻っていたのだ。もしかしたら亡き祖母は知っていたかもしれないが、祖父は息子たちへ語らずに亡くなったので、満期除隊をしていたことなど誰も知らなかった。

次に驚いたのは1944年2月祖父除隊からほぼ一年後に再び徴兵されており、(祖母が嫁いですぐに赤紙が来たエピソードは日付けから事実だと裏付けられた、祖母マジでお疲れ様すぎる)今度は満州ではなく、北海道の先にある『千島列島』に行っていたことだった。私は先入観からてっきり、祖父満州終戦を迎えたと思っていたので、想像していた祖父人生はガラリと色を変えた。

千島列島……千島列島……たくさんの島が連なる北海道の向こう側……北方領土……。そうか、そこにいた人たちもシベリアへ連れて行かれたのか……。そりゃそうか。

千島列島といえば、日本降伏後にソ連が乗り込んできた占守島の戦いが有名だが、祖父は『新知島(シムシル島)』から途中で『得撫島ウルップ島)』に回され、その二度目の徴兵では約一年半の千鳥列島生活を送り、終戦を迎えていた。兵種はずっと砲兵終戦時は上等兵だった。祖父はヒョロ長い体を駆使し、轟音の轟く砲をぶっ放していたのだろうか。なんともたくましい。

お恥ずかしいことに、私は新知島のことも、得撫島のことも、「なんか名前は聞いたことあるなぁ〜」程度で何一つ知らなかった。千島列島ソ連が攻め入った経緯すらも、占守島の戦いの名前漠然としているだけで、よくわかっていなかった。

どんな所か調べたくなった。特に長くいたらしき得撫島について。当時の千島列島について。

祖父のいた部隊結果的には戦闘をしておらず、言わば活躍をしたわけでもないので、ほとんど資料がなくて見つけ出すのには苦労した。

得撫島はもとより、千島列島自然の宝庫であると同時、一年を通してほとんど霧に包まれ、風も強く、ましてや長い長い冬を有する極寒の地。白夜であり、夏の夜は極めて短い。夏でも長袖は欠かせない。ほぼ無人島。そんな場所で「はい今日から暮らしてね〜」となったら苦労していないわけがない。制空権を奪われていたので、空から米軍攻撃もあった。制海権も奪われており、艦砲射撃が降り注ぐ。戦時中その海域では民間人も含め、2-3万人の人が亡くなっている。祖父のすぐ後に続いて小樽港を出港した同郷の部隊は、魚雷を撃ち込まれ沈没。冬の海に投げ出され、当時は軍機密に隠され2000人以上が死んでいた。祖父もほんの僅かな順番が違っていたら死んでいた。私もこの世にいない。数奇な巡り合わせで今の私は生きている。

得撫島ラッコの島と呼ばれるほどラッコがいるらしい。オットセイもいるらしい。祖父は間違いなく野生のラッコを見ただろう。自然豊かな大地。現代人の私が見たこともない美しい景色を、祖父は計らずとも見ていた。不本意戦時下に望んでもない場所へ飛ばされてはいるが、愛くるしいラッコちゃんとの遭遇が顰めっ面の祖父の心を癒してくれていたことを願わずはいられない。

兵籍簿には、祖父召集や転属などの略歴が淡々と日付けと共に記されていた。必要最低限の事務的情報であるが、その一つ一つの行間にも目に見えぬ多大な苦労があったはずだ。

昭和20年

8月15日終戦

9月29日ソ連により武装解除

10月19日ソ連により得撫島出発

10月24日ソ連ポートワニー上陸以降土工作業従事

昭和23年

7月22日舞鶴上陸

古ぼけた紙は語っていた。戦争8月15日に終わっていなかった。南方の激戦地のように食糧に困る事はなく、敵と遭遇することも戦闘もしなかったとはいえ祖父戦後も長らく闘い続けていた。自分血縁である祖父が歩んだ具体的な数字を見せられ、これはリアルなことだったと肌身に伝わってきた。日本がしていた戦争と、祖父存在への深みが増した。

シベリアでの日々を、祖父の白黒写真の顔と合わせて想像してみた。マイナス40度の永久凍土で働く、ろくな装備もない日本兵たち。栄養失調。ひもじい。所々にシラミが沸く。病気流行る。ご飯は堅い黒パン。粗末なスープ戦争は終わったのに、周りがどんどん死んでいく。いつまで経っても日本に帰れない。故郷よりももっと寒い、極寒の異国の地。日本には結婚生活を1日しか送らなかった嫁が待っている。祖父は雪深い土地で生まれ育ったから、シベリアでも適応能力が多少なりともあったのだろうか。そう思うことが唯一の救いである。

祖父が何も語らずに亡くなったのは何故か。千島列島を盗られた背徳感か。過去抑留生活に蓋をしていたのか。赤化教育を受けたことによる偏見を隠すためか。南方の激戦地に比べたらと、自分の半生は話すまでもないことだと思っていたのか。祖父の心を知る事はできない。私は想像することしかできない。祖父日本に帰ったが、一切を語らずに亡くなった。故郷山村とは掛け離れた四季の彩りのない場所で、途方もない八年もの戦争と闘ったのに、一言も喋らずに亡くなってしまった。

ここでは政治的な話はしない。

兵籍簿を読むことによって、それまで漠然としていた祖父存在がぐんと近づいた。存在のものを実感した。祖父ちゃんと生きていた。過酷時代を生き抜いた。ドラマ映画主人公になるような経歴ではないが、私が一分で根を上げるような過酷環境に長々と身を投じていたのは明らかだ。じいさんすごい。マジでお疲れ様すぎる。生き抜いてくれてありがとう。じいさんが頑張ってくれたおかげで、私はこんな平和世界ツイ廃をしながら、ソシャゲに夢中になれて、推しに心血を注ぎ、それを通して素晴らしい友人と出会うことが出来た。夏にはクーラーの効いた部屋でアイスを食べられるし、冬には暖かい部屋でアイスを食べられる。平和は素晴らしい。色んな国の友達もいる。その中にはじいさんが憎んでいた国の人もいるかもしれない。私は紙切れ一枚で戦地へ送られることなく、空や海からの脅威を感じることもなく、当たり前の明日をのほほんと待ちながら好きなように生きている。これは素晴らしいことだ。そんな当たり前のことを、強く思った。

兵籍簿を取り寄せて良かった。兵籍簿はどこからともなく知った物だが、私はこれを読まなければ自分流れる血に関してとても大事なことを知らずに死んでいた。

仏間へ行き、再び祖父遺影を見上げた。祖父は相変わらず怖い顔をしている。けれど、もうそれだけではなくなっていた。その遺影漠然とした無機質なものではなく、凄惨時代を生き抜いた血が流れているのだ。仏間を見下ろす祖父は、計り知れない威厳を背負っていた。

2020-08-12

Facebook投稿すると、特定人達からマッハで"いいね"がつく

botとか、そういう設定なのかなぁとも思ったけど。

特定の人たちは常にFacebookを見ているようで、こちらが何の投稿をしてもマッハで"いいね!”をつけてくれる。

こちらが関心のある技術的な(いわゆる、特定の人しかからないような話題)でもマッハいいねをつけてくるので、

絶対それ意味わかってないよね?」と思って、だんだんそういう人たちに引き気味になって、Facebook投稿自体億劫になってきた。

マッハでどんな投稿に対してもいいねしてくる人たちは、ツイ廃ならぬ、Facebook廃という感じの人なんだろうか。

常にFacebookをチェックするのが面白いという感覚がないので、何が面白いのか、なぜ常に見ているのか、理解できない。

平日の昼間にFacebookをのいいねを押している人、頻繁にコメントしている人(当方、平日の朝と昼休みにチェックするからなんとなくわかる)については

仕事中にFacebook見てるのか。仕事しろよ。そんなんだから仕事終わらないんだぞ。休日や深夜までアピールとかおかしいぞ。」とまで思ってしまう。

似たような体験をした人、Facebook常にチェックしているよという人の意見を聞きたいです。

(Facebookと異なり「Twitterを常に見てしまう人」のことは、なんとなく理解できる。匿名だし、文句も笑いも多い気がする。)

2020-07-30

中期中絶をした話

おはようからおやすみまで、どうもツイ廃です。


ツイッターで低用量ピルや緊急避妊薬、望まない妊娠などの話題が上がるたびに思い出す数年前の出来事

私は中期中絶をした。


7月29日NHKの「おはよう日本」で

予期しない妊娠で苦しむ女性と緊急避妊薬を薬局で購入できるようにとの活動特集され、

ツイッターで様々な意見が飛び交っている。

その様々な意見を見ている中で、

中絶をした人の体験談などはあまり聞かないかイメージで語っている人も多いだろうが」

というような文章を目にした。


そもそも中絶という選択肢に直面しない限り、中絶について調べもしないだろう。

そして中絶という選択肢に直面し調べた私でも、体験談などはあまり見られず、病院やまとめのサイトばかり見ていた気がする。

体験談が少ないのであれば書かせていただこうではないか

このブログバズるかどうかなんてさっぱり分からないが、より多くの人に、そして困ってる人に一例として読んでもらえたら嬉しい。


なんとなく偉そうな感じになってしまったが、本当にこの当時はどうしようもない人間だったので

読んでて不快感を覚える人もいるかもしれない。

現代社会の闇がかなり見える文章になるかもしれないが、ご了承願いたい。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


大学2年生の冬。

私はパパ活をしていた。

それもいわゆる「本番あり」のものだ。

普通にアルバイトもしていて、大学生の一人暮らしとしては苦しくないぐらいの給料は貰っていた。

ただ、物欲無限で、もっとお金が欲しかったのだ。


出会い系も使っていたが、一番多いのはツイッターだった。

いつものようにDMでやり取りをし、日時と場所を決め、その男の人と会った。

ゴムを付けてセックスをし、相手がイったため私もぼんやりのんびりしていたらまた相手が挿入してきた。

ぼんやりしている時にゴムを捨てていたのはなんとなく見ていた。股の感覚もいつもとなんだか違う。


慌てて「ねえゴムは??ゴムつけてるの???」と聞いた。

相手からの返答は有耶無耶ものだった。

絶対に付けていないと思い、相手を蹴飛ばす勢いで拒否したらさすがに離れた。

その後シャワーを浴び、股もいつもより念入りに洗いホテルを後にした。

この時慢心せずに産婦人科に行きアフターピルを貰うべきだったのだが

パパ活をしているという後ろめたさと、直接的に中に出された訳ではなかったので大丈夫だろうと考えていた。

産婦人科に行ったことが無かったため心理的ハードルも高かった)


それからひと月ほど経ち、とあることに気が付いた。

生理が来ない。

しか学校アルバイト(割と力仕事系)(とパパ活)で忙しく、生理周期も安定していなかったためとりあえずスルーした。


そしてこの頃から何とも言えぬ気持ち悪さを感じるようになった。

食欲はあるが、胃が固形物を受け付けない。量も食べられない。

しかし腹は減るのでゼリー豆腐をすする毎日

アルバイト先の人たちにも「最近なんか胃が気持ち悪いんですよね~」などと呑気に喋り、

季節柄もあり胃腸炎なんじゃない?と色んな人に返されていた。

もちろん胃腸炎などでは無く、立派なつわりだったのである


そして春になり、大学3年生になった。

相変わらず体調が思わしくなく、友達何の気なしに上記事情を話していたら

冗談半分で食べづわりなんじゃない?と言われた。

血の気が引いた。生理も来ていない。


その日の帰り道、意を決してドラッグストア妊娠検査薬を購入。

駅のトイレ検査をし、見事に陽性。

泣きそうになりながら電車産婦人科を調べ、直近で予約をした。


初めての産婦人科。内診で妊娠検査をし、やはり陽性。

しか中絶が出来ない病院だったため、検査のみでその日は帰宅


後日、初期中絶可能産婦人科へ。

しかし週数が経ち、中期中絶の時期に入ってしまっていたため別の病院を紹介される。


そして紹介された産婦人科へ。

週数としては確か12週とかで、なるべく早く手術を、とのことだった。

その場で2週間後に入院が決まり費用入院時に全額支払い。

金額は65万円程度。

貯金があるわけもなく、母親に泣きながら電話をした。

決して裕福では無い家庭で、私が行きたい大学に行かせてくれて、一人暮らしをさせてくれた親に

なぜ自分はこんなことをお願いしているのだろう。

本当に本当に自分が情けなくて、こんなことになった自分が悔しくて、涙が止まらなかった。

母親は優しく話を聞いてくれ、すぐにお金を手配してくれた。

母親は、頻繁に男と遊ぶ姉を見て、ずっと「遊ぶのは構わないけど妊娠だけはしないようにね」と笑うように言っていた。

こんな絶望的な親不孝を自分がするなんて。


問題中絶同意書だった。

医者事情もやんわり話し、父親の欄は無しではできないか交渉したが

少しでも連絡が取れる可能性があるならサイン貰ってきてくださいと言われた。


タイミング的にも心当たりがあるのは生で入れてきた男だけだったので、ツイッターDMを送った。

中絶などという単語はもちろん出さず、また会いたいんだけどどう?的なものを。

無事会えることになり、当日待ち合わせ場所に向かうと想定とは違う男がいた。

実は原因のセックスの際、もう一人の男と合わせて3人でホテルにいた。

このもう一人は会った後にDMが送られてきたのだが、私は原因の男の別垢か何かだと勘違いしやり取りをしていたのだ。

その場で原因の男にDMを送ってみたが、返答は無かった。

しかし私としても後が無いため、申し訳なく思いながらもなんとか説得しそのもう一人に同意書へサインを貰い帰宅した。


同意書を提出し費用を払い、個室に通される。

入院は5日間で、1日目の朝に入院、3日間かけて子宮口を拡張、4日目の午後に強制出産、5日目の午前中に退院

子宮口の拡張のために、棒を少しずつ入れていった。

1日目はなんとも感じなかったが、3日目ともなると生理痛のような重たい感覚が広がり

元気など1ミリも出なかった。

4日目の強制出産は、全身麻酔で眠っている間に終わっていた。

重たい感覚が無くなり、やっと解放された安堵でご飯をめちゃくちゃおいしく感じた。


そして退院1週間後に経過観察。

子宮妊娠のための膜(うろ覚え)も破れておらず、再度妊娠可能問題なし。

もし万が一この膜を傷つけてしまったらもう妊娠できない可能性があることは事前にきちんと説明を受けていた。


そして中期中絶退院して終わりではない。

強制出産」と書いた通り、中期中絶あくま出産であり、死産扱いになる。

火葬病院が手配してくれるので、私は遺体は一度も見ていない。

しか死産届を役所に出すのは私の仕事だ。

これも父親名前を書く欄があるため、同意書と同じ男の情報を書いた。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


以上で一連の話は終わりのはずである

どこかに自分で記録を取っていたわけでもなく、うっすらとした記憶だけで書いているので順番や細かい部分は違う可能性はある。

嫌なことは大抵寝たら忘れる人間であることが裏目に…。


そして少しだけ補足や余談。

・産むという選択肢は無かったのか

→無かった。親の金学校に通っているし、卒業してくれとも言われていたし、相手が正確に誰かも分からないし、好きでもない人間DNAを持った子供を産もうとは私は考えられなかった。予定外の妊娠で産む人は、その勇気と決意を尊敬します。

費用について

最初に65万円を払ったが、社会保険国民保険出産一時金を申請できるため40万ぐらいは戻ってくる。当時は父親扶養に入っていたため、申請が通ってお金が振り込まれたかは私では確認できていない。


私はこの出来事日常的に気に病んだりすることは無いが、影を落とすことは不意にある。

先日親知らず相談歯医者に行った際、麻酔したことはあるかと聞かれた。

病気の手術はしたことが無かったため即座に「無い」と答えたが、直後に中絶の際に麻酔していたことを思い出した。

何の手術?などともし聞かれたら…と考えてしまい訂正することもできなかった。

それと産婦人科の問診票には、妊娠経験と回数を記入する欄がある。

こればかりは嘘を付けないので、今後産婦人科にかかる際は「1回」と書かなければいけない。

中絶以来産婦人科にはかかっていないが、今後望んだ妊娠でかかったりした際にも

「1」という数字が付きまとうのは苦しい。


とても仲が良くて信頼のおける友人たちにはこの話をしているため、たまに「彼氏とやっていたら途中でゴムが外れていた」などの相談が来る。

その際には迷わずアフターピルを飲め、産婦人科に行け、と言っている。

生理が来ないことに怯えて生きるのは本当につらい。そのまま怯えて待っていたら妊娠する可能だってある。

だったらアフターピルを飲んで安心を手に入れた方が良いのだ。


今は彼氏がいて、付き合い始めの頃にこの話はしている。

もし次に付き合う人がいたとしても、この話を受け入れてくれる人でないと出産はできないなあ。

きっと妊娠して産婦人科に通っている最中に、妊娠経験があることが分かってしまうと思うから


ちなみに中絶パパ活からは足を洗ったが、風俗では働いた。

今はそれも完全にやめ、正社員として働いている。


色々と意見もあるかもしれないが、あくまで一例であり、そして恐らく一番自業自得な例だと思っている。

ゴムを付ける約束はしていたのに生で入れてきた男も悪いと思ってはいるが、私も十分悪いことをしている。

私の神作家だった人

皆さんは最近バズった同人女性たちの神作家を巡る様々な感情漫画をご存知だろうか?

この漫画は神作家創作に衝撃を受けた同人女性たちの感情の乱れを描いたとても面白いオムニバス作品なのだが、読み専の女性主人公の回がある。一言でいえば彼女は神作家ネトストだ。

ネトスト=ネットストーカー

まりネット上の人に対して執着する行為だが私も身に覚えがある。このエントリーではこの漫画を読んで、こんなことしていたな……という共感から結構長い間していたので心の整理のために1度書いておきたいと思った私のフェイクを入れたネトスト思い出話である。けっきょく隙あらば自分語りするんだ、オタクって……とぬるい目で見ていただけたら幸いです。

まず私は完全なる読み専である学生時代オタクになって個人サイトpixivTwitterと通ってきたが神作家とお近づきになろうと思ったことはなく、傍観者でいたいと思っている。なので時々感想を送ってみたりイベントでお手紙を送ってみたりしても匿名性はできるだけ維持したい(お手紙にはさすがに記名するが)と考えていて、観覧専用のアカウントで神作家を(できるだけフォローしないけど)フォローし、いいねをつける。これが私のスタイルなのだ

だが、感じていただけただろうか……この不審者感を。ひっそりとネトストになりやすタイプなのだ。実際、今から話す私の神作家だった人(以下Aさん)のツイートを私は毎日全部読んでAさんと交流していた人も把握していたが、この全員誰もフォローしていなかった。Aさんのアカ彼女フォローする人数よりフォロワーの方が多かったし、彼女は通知は切っていたのでたとえ私がフォローしても彼女認知されることはなかっただろうが、私はネトストをしていることを少しでも勘づかれたくなかった。

私はAさんのアカウント毎日8年近く見ていた。普通に怖いと思う。毎日ルーティンと化してしまって通学通勤中、寝る前、Aさんがどんなツイートをしたのかチェックしていた。Aさんはツイ廃だったので基本的に70~100くらいのツイートをしていて毎日飽きなかったし、それくらい執着するほど私にとってウイットに富んでいて面白い価値観だった。

もうAさんがアカ消しして数年以上経つの10年近く前の話だが、当時私がハマったジャンルでAさんは支部で少し暗めの作品を公開していた。明るい作風ジャンルだったので最初は珍しい、こういう解釈をするんだとかそんな風にしか思ってなかった。ちょっと気になってリンクから個人サイトにとんでブログを読んでみると、その作品の物凄い長文の解釈をいくつも投稿していた。それに驚いたが試しに読んでみると面白くて、全部読んだ。確かAさんがインタビューズを始めた時も全部読んだ。すごく興味深く面白かった。

そう面白いのだ、文が。私なんかじゃ到底考えられない解釈、本編のちょっとした会話から微細な心情を読み取り、それを言語化する能力……。全てに圧倒され、彼女は私の神作家になった。

私はAさんが1番好きだという小説作家を読み始め、好きだというゲーム世代ではないけどプレイした。すごく面白くて、そこの会社作品は今でも買っている。ついでにいうとそのゲームリア友に勧めたら、その子の方がハマってその作品関連会社就職した。

話をAさんに戻すが、彼女作品更新ペースはそんなに早くなかった。支部作品をあげることはあまりなく、新刊を落とすこともあった。だが私はAさんのブログツイートを読めれば満たされていたので、今思うと彼女作品が好きというよりも彼女解釈や考え方が好きだったのだと思う。

こういったようにAさんはツイ廃だが作品更新頻度は低かった+本は成人向けが多かったので当時の私は彼女の本を買えなかった。ただ、当時作品を買えない・見れないながらファンだったので何かしらを手に入れたかった私はイベントサインをお願いした。サインといっても素人から…と困っていらしたが恥ずかしそうにひらがな手帳PNを書いてもらった。その時、「うれしいです!」と言ってくださったのを今でも覚えている。これが唯一の交流

Aさんは私が彼女と(一方的に)出会ってから8年間、1度空白の期間があったものジャンル移動をしなかった。かくいう私はその8年間にジャンル移動をして、Aさんのいるジャンル同人は見る回数が減っていった。それでも楽しそうにそのジャンルを話すAさんが好きだったのでAさんのツイート毎日見ていた。私の中でAさんは「好きなジャンルの神作家から「神作家兼興味深い人」になっていったのだろう。

アカ消しした時には、なんとなくその前のツイートから感じていたがやっぱり寂しかった。ツイ廃のAさんのことだからこっそり戻るかもしれない…と思ってアカしから数年経った今でも、Aさんとリアルでよく交流していた方ののフォロー欄を確認することがある。みつからないけど。

こうして文章化してみると8年ネトストの異様さと共に、Aさんを起因として思い出が沢山あることに気付く。色々あったな。

まり説得力はないかもしれないが、良心の呵責は感じているので、たとえAさんの個人的情報を感じ取ってしまっても検索したりだとかは一切していないし、彼女の本当の個人情報は本当に何も知らないことを明記しておく。

ただ最後に知って欲しいのは、私のような赤の他人粘着するような人間がいるということと、8年間毎日ツイートを見るとそれだけで個人情報結構かるということだ。知ろうとしなくても検索しなくても、なんとなくわかる。

多分だけどAさんの下の名前実家のある県とざっくりとした市町村。Aさんがおそらく住んでいた場所は私も縁のある場所だったのでなんとなく絞れてしまった。Aさんはとあるイベントがある時に「会場が近いので嬉しい」といったツイートとそれに関連する話をした。それだけで普段利用する沿線はわかるし、普段ツイートから更に活動範囲は絞れてしまう。本当に気をつけて欲しい。市町村が3つくらいに絞れた状態で「近くに交番病院学校宗教施設などがある」といった情報何気なく普段ツイートでするとさらに住んでいるところが絞れるだろう。実際にやってみたことはもちろんないが、Aさんはツイ廃だったこともあり、普段ツイートからこういった情報は感じられた。

本人にとっては何気ない日常ツイートかもしれないが、塵も積もれば山となるし、世の中にはネトストがいるので気をつけて欲しい。

最後怖い話になったかもしれないが、私にとってAさんは影響を与えてくれた思い出の人だ。実際に顔を見た事はイベントの数回しかない。でも彼女の数少ない当時買えた全年齢向け同人誌とサインは今でも宝物だし、沢山の言葉を覚えている。

今でもAさんが戻ってくるんじゃないかと考えてしまうし、1度元気であることを確認したいと思っていたが、この同人女性の漫画を読んで彼女を探すのはもうやめにしようと思った。それがこの長ったらしいエントリーを書いた理由だ。なぜかわからないけど、Aさんはもう私の中で思い出なのだな、とハッキリ感じたのが大きいかもしれない。ありがとう

まり身体が強くないようだったが、今元気でいるだろうか。彼女存在ルーティンから外れて数年たつがやはり時々思い出す。

こうしてAさんは私の中で思い出になっていっているが、もしAさんがアカ消しをしていなかったら私は今でもAさんのネトストだっただろうな……とも思う。

2020-07-29

アプリ作れたらよいけどどこから手を付けていいのかわからん

作れたらTwitterマストドン(と他SNSサービス)をいっぺんに見れるマルチクライアントアプリが欲しい Twidere的な

何故かっていうとかつて存在した某SNSサービスから難民が鳥か象に分岐たから負いきれない

それだけならTwidereで非常にありがたいのだけど、TL見ながら投稿ができないのが難点

開発できもしないのに偉そうだなあ自分

亡きShootingStar系の…でなくてもいいか文字だけでいいからTL見ながらその場で投稿できる機能があればかつてツイ廃だった身としては嬉しい TLと投稿画面が切り替わるのがだるい

今までもGoogle日本語入力の使い勝手そのままで罫線一覧や数字キーボードのみが出せたら楽だし作れたらいいのにと思ってた

Gboardは記号一覧の表示のデカさとステッカーが気に入らんから却下

どこから手を付けていいのかわからん

泥厨だし自分さえ使えればよいのだけど言語なるものが多々あるらしいし、プログラミングも授業の一部分で日本語プログラミング?で亀を動かすソフトしか軽く触ったことがない

英語赤点ギリギリだったし数学赤点常連というカスっぷり

ぐちぐちぼやいてばかりであるが、どっから手を付ければいいのかわからん

不満を飲み込んでばかりのままじゃいけないとはわかってるけど難しすぎそうでこわいんだな

というぼやきの放流

2020-07-19

三浦春馬さんの訃報で起こった心境の変化

私はツイ廃ツイッター廃人だ。

日中、暇があればスマホを握り、ツイッターを眺め、くだらないことを呟き、フォロワーと会話したり互いにいいねを付け合い馴れ合っている。

絵師でもない、

インフルエンサーでもない、

ただのひっそりとした非公開の愚痴垢だ。

そんな私は昨日の三浦春馬さんの訃報Twitterタイムライン上で知った。

別段三浦春馬さんにこれと言った思い入れはない。

演技の上手い美しい人で、

時折バラエティなどに出るとその真面目さや繊細さが目立つ素敵な人だと認識していたくらいで、

彼が出演している作品をチェックしたり映画舞台に足を運んだ事もない。

しかしたら出演していたドラマちゃんと見た事すらないかもしれない。

私にとって彼はそれくらいの人だ。

だが、それくらいの人のはずなのに、私はいま彼の死にものすごくショックを受けている。

今まで自分は軽くサイコパスなのではと思っていた。

三月の暮れ、志村けんさんが亡くなったときも「あぁ残念だな」と思った程度で、

志村けん訃報を聞いて泣いている」

「悲しくて仕事が/家事が手につかない」と言っている一般人の呟きやインスタのポスト理解できなかった。

もともと身内の通夜葬式でもお経の最中うたた寝をしてしまうくらいの人間なので、

私は今後芸能人訃報を聞いても対岸の火事という感じで心が揺さぶられることなどないのだろうと達観していた。

そんな私がなぜか今ものすごいショックを受けて、ツイッターで一切くだらないことが言えなくなっている。

なぜだろう。

昨日の音楽の日城田優さんの歌唱ももらい泣きしてしまった。

もちろん城田優さんのファンでもない。

Twitterを開く気になれずなんとなく5chの芸スポスレを見てみると、

志村けん訃報を聞いたときの私のように

ファンでもないのになんでそんなに悲しんでるの?」という書き込み散見していた。

今もモヤモヤは晴れず、なぜだかずっと落ち込んでいる。

有名人自殺の後には後追い自殺が増えるというけれど、

後追いなんかではなく、

ただ何の思い入れも接点もない私がここまで落ち込み引きずるんだから

これがトリガーになり向こう側へ自分もという気持ちになる人が出てくるのはわかる。

何の責任とか誰のせいとか、原因なんて本人にしかからない。

しかしたら本人もわかっていないかもしれない。

私が今理由がわからないまま落ち込んでいるように、

誰にも本当の事なんてわからない。

綺麗事を並べても、汚い事実を探し出しても、もう真実なんてわからないのだ。

いろいろな意味で、出来るだけ多くの人が早く日常を取り戻せますように。

私はこのままTwitterをやめてしまうかもしれないけど。

2020-07-12

出戻り腐女子お気持ち表明

 私は腐女子である過去には自らイベントに参加し本を頒布するなどもしたが今はただの出戻りROM専である

私が二次界隈から去っている間に、この創作世界にも様々な変化があったように思う。

主に夢だ。

こんなにも市民権?をとっているとは過去腐女子には想像もつかなかった世界である


 私は夢は苦手であるけど、夢の人にケチをつける気はない。

彼女らは大変に気遣って住み分けし、支部ではタグを入れて事前注意をしてくれるし、別に避けているわけではないが彼女らの主張をSNSなどで見たことがない。少なくとも私は。

 しか最近ちょっと胸に来ることがあった。

原因はTwitterである

そしてその相手は同じ腐女子なのである

 女体化

別に嫌いではない。支部ジャンル女体化を描く人はいく人もいる。しか大勢いるそのうちの一人にもやっと来る。

 その人はいわゆるツイ廃で、心を病んでいる。よく死にたいツイートをしている。自らメンヘラ自称している。

私は過去経験から、8割くらいの二次同人女過去未来現在のどこかで心を病んだことがあると思っているので別にそれは気にならない。

 TwitterというのはSNSの中でも危険度の高いツールだと思う。呟きツールというだけあって、脳と指先が直結している。

気軽に自分自身についてツイートする。そして自分の好きなキャラについて考察したりする。

しかこちらは同時に同じような意見を見ることになるので、彼女キャラ考察というのはキャラでなくてご自身セルフ考察であるなあというのが分かってしまうのだ。

しろそのキャラは某人気王道バトル少年漫画主人公であるので、間違ってもフロイト的な、全ての心の問題は性問題であるみたいな、そういう考察にはなり得ないのだ。

 女体化作品でも作者が透けて見えなければよかった。たとえキャラ崩壊してだれおま状態でも気にならない。

しかしこんな明確に自分問題キャラ投影して、このキャラ考察はこうでこうで、などと大真面目に語られるともはや二次というより彼女彼女自身を描いたエッセイ?を見せられているような気になってしまうのだ。

 エッセイも好きだ。しかし、それは自分客観的に見れていたらの話ではないか

明らかに美化?した理想悲劇主人公女体化。もはやなり変わり夢と化している男性キャラ

絶世の美人(元はフツメン男性キャラである登場人物全員このキャラを愛している。総受け固定、などと語られると

自分ではなく好きなキャラを語っているというつもりなので)、こちらとしてはヲチ目線で見るしか無くなってしまうではないか

 男体のままならまだ自分ごまかすことができたかもしれないが女体化

もちろんこちらは見なきゃいいだけの話なのだが、こんな彼女リアルな友人も見ているだろう垢で、欲求不満です通りすがりの誰でもいいみたいな作品をその女体化キャラリアルチックに描かれられると、そんな赤裸々で大丈夫かとハラハラしてしまう。

なんだかひと昔前の携帯小説援助交際女子高生みたいなこと言っている。

援助交際ってお金目的なんだと思ってたけど、あれ、普通に欲求不満なだけの人もいたのだろうか? 

 ご本人は喪女発言もしている。

こういう自分の願望を自覚しているなら夢創作でやるだろう。

BLという隠れ蓑を纏っているなら他人にその願望をバレたくはないと思っているんじゃ無いだろうか。多分だけども。

きっと未来死ぬほど後悔しそうな気がするのだけど、ひと事ながら大丈夫なのだろうか。

それとも恥ずかしいと思うのは私がオババだからで今の若い人は平気なのかな。

追記

なんかこう書くとエラソーだなと思ったんで付け加えますが、正直BL性的表現というのは私も含め全て自己投影だと思ってます

自分の性についておおらかに表現するのに抵抗がある女性が、男性同士です、私とは無関係ですよ、という名目の元に性的もの創作物として昇華させていると思ってます

夢が苦手なのはそれが覆い隠されてないからってだけです。皆おおらかになったんだなあ。時代だね。

と思ったけど三次元があったな。三次元は私履修してないのでわからない。

2020-06-10

発達障害SNS公表する理由

ブコメより

発達障害SNSで自ら公表してる人見かけるけど、発達障害じゃない人にとっては発達障害のことがよくわかってないんで、変な人って捉えられるだけだよなあって、外野から冷ややかな目で見てるゴメンなさい。

勝手に考えた

当事者同士でつながりあって情報交換するため。

②健常者目線善意クソリプを減らしたいから。(「そこまでやらなくてもいいんじゃないですか?」「うちの子だってそんなもんですよ!」)

公表したほうがコミュニケーションが円滑になるから

公表して当事者勇気を与えたい、少しでも健常者の偏見とのギャップを埋めたいから。

⑤早期に療育を受けたので、公開するのが当たり前だったから。(障害の程度が重いかも)

⑥深く考えてなかった。思いついたら即ツイートツイ廃

デメリットが変な人だと思われる程度なら、メリットのほうが多い気がする。

2020-05-29

子供産んでからツイ廃に磨きがかかった

そして、自分他人区別がつきにくくなり、他人の苦しみを自分のことのように考えてしまってやばい

やばい

Twitter楽しいけど依存しすぎだ!!

Twitterママアカウントがたくさんあって、わかりみが深いツイがたくさんあるからのぞいてしまう!!やばい!!

2020-05-18

うつっぽくなると全然知らない人のツイッターを見る趣味がある

キモめの趣味なので誰にも言ってないけど。

フォローもしてないしされてないしインフルエンサーでもなくて、自分人生絶対関わらないだろうなという人達

適当ワード検索で引っかかった人とか知り合いの知り合いの知り合いくらいの人とか何人かブックマークしてたまに見ている。

広義的にはネットウォッチだし本人に知られたらキモいのはわかってるので、趣味とか合いそうでもフォローしない。ただ、自分無関係な人が楽しそうにしてたり逆に落ち込んでたり急に彼氏が出来てはしゃいでたり…辛くてしにたい時に自分以外の人が人生送ってるのを見ると何故か安心したりするんだ。

ただ特に好きだったハイテンションツイ廃人さんが3月始めからずっと呟いてないで心配。その人と仲が良い人達もその人について何も呟かないし…

2020-05-06

ツイッター小休止中

ツイ廃くらいつぶやいてたけどなにかつぶやいてもまず反応ないし…リツイートどころかイイねもつかないし。

で、たまに通知があると、「あなたツイートのこの部分は勘違いですよ」

意図的にしているツイートです」

あなた引用非生産的ですね」

              

クソリプにならないように、ほとんど引用ツイートもしないのに、たま〜〜にやるとこうなっちゃうのは、やっぱり自分クソリプラーなんだろうな…。

              

とにかく、誰かの発言感想を書くのはやめた。

日常ツイート少しだけと、きれいなもの楽しいものに「素敵!」って言うだけ。

2020-04-20

子供を嫌がる既婚者オタクの恋

連日子供愚痴ばかりの既婚者オタク、まあ育児は大変だし愚痴も出るやろなと思って静観していたらエッそれ大丈夫ですか……? いくら数分といえど山の中に置いてきたらあきまへんで……というような状況になってきた。

様子がおかしくなったきっかけは、既婚者オタクが神絵師に恋をしたかである

登場人物

私 既婚者オタク相互フォロワー(6年くらい)ただし会話したことすらなし なぜ相互になったかの経緯すら忘れた

既婚者オタク 最近新ジャンルにハマった子供が三人だかいオタク 一番下の子が2歳

絵師 既婚者オタク新ジャンルの神絵師 フォロー0だがFFからガンガンしかけてくるタイプ ツイが萌えるし絵がうまい

登場人物ここまで】

既婚者オタク新ジャンルで神絵師に恋をし、神絵師は自カプでツイ検索しているのだろういいねリツイート果てはリプライ他人の自カプを褒めまくる。その検索に引っかかり褒められたいが故に、既婚者オタク毎日頑張っている。とはいえ既婚者オタク専業主婦とは言え三人の子供のお母さんである旦那は激務でワンオペは致し方ない状況なのだというツイートをここ6年で4億回くらい見た。

が、既婚者オタクと神絵師は、回ってくるリツイートを見る程度でわかるくらいに、解釈が合っていない。既婚者オタク新ジャンルのこと何もわからない私が見てもそう思うのだから、既婚者オタクの浮きっぷりはジャンルからして見たらどう映っているのだろうと感じてしまう。でも既婚者オタクは頑張っている。自分からしかけに行けばいいのにと思うが既婚者オタクは「コミュ障」なので神絵師がそっちを向いてくれるのを待っている。冷静に考えて向くわけがないので、最近既婚者オタクがぶっ壊れてきた。子が邪魔だという発言をするようになったのである

もともと既婚者オタク結構アレな感じのオタクで、嫉妬や万能感に苛まれ自己肯定感が激低の、口だけで何にもしないタイプツイ廃であるTwitterにはそういうオタクが溢れかえっているので、同類オタク共感からのおかげでたまに界隈内でプチバズリをする。要するに普通言わないこと、みんなが言わないようにしているレベルのことをドンドン言っちゃうタイプなのだ。そして話は冒頭に遡る(あっこれ時を戻そうって言えばよかった)。

ご存知コロナ禍のおかげで、保育園は休園中、己の時間の確保ができずにぶっ壊れた既婚者オタクが、裏山に子を置いてきたとツイートしたのである

怖すぎて無理で、その瞬間に既婚者オタクブロックした。

今後、どうせ既婚者オタクの恋は成就せず、振り向いてくれなかった神絵師を恨む流れになるのも手に取るようにわかる。6年間のいつもの流れだ。なにもかもがテンプレート通り、神絵師に献上していたネタすら神絵師三次創作というか何一つオリジナリティもない自分で考えてもいない、神絵師の言ってることや界隈者のツイを復唱しているだけで、「オタクであること」「オタクローカルルールを守ること」でしかアイデンティティ確立できない既婚者オタクのようなオタクは山ほどいる。どうしてこんなことになってしまったんですかと嘆かざるを得ないほどには、いる。

既婚者オタク、なんで結婚できたの。それが知りたすぎる。知ったときには既婚者オタクだったから、こんなにSNSでは無茶苦茶なのに、会ったら普通の人だったりするのかな。怖いな。怖すぎる。

さっき既婚者オタクホームに行ったらブロック返しをされていた。子供は迎えに行ったのか?

2020-04-11

anond:20200411155323

増田みたいなこと言っている奴って、炎上騒ぎとか見てヤバいユーザー多数派だと勘違いしているエアプか、逆に普通ユーザーじゃ触れないようなドロドロしたコミュニティにまで踏み込んで痛い目みたことのあるツイ廃かって印象。

なんだかんだ言っても、ほどほどの距離で楽しんでいる分にはTwitterが一番平凡なSNSだよ。

そもそも日本での存在力じゃ

TwitterInstagramFacebook

って感じじゃない?

2020-04-10

ツイ廃だけど、数日間ツイッターから離れてて、その間ずっと心が安らいでる。

でも何かをする度に頭の中ではツイッター投稿してる。これ食べた。部屋の掃除してた。この映画みた。いつものフォロワーいいねをするところまで予想がつく。わかってる。

オフで会ったことがある人もいるけど、殆ど現実で関わることのない人間からいいね

フォロワーは何を思っていいねしてるんだろう。

自分はいつも何を思いながらいいねしてたんだっけ。フォロワー好感度上げたいかいいねしとくか、とかだっけ。そうかも。

くだらないの分かってるのに。

2020-03-21

1※100日後に死ぬ

 →死ぬのを待つの不謹慎→お呼びでない客層エンド

 →死までのカウントダウンメメントモリ→2

 2※99日目に単行本バレ

  →カウントダウンリアルタイム台無しツイ廃エンド

  →紙まとめなにも問題なし→3

  3※100日目電通展開

   →電通仕込みで余韻台無し→ワニ追悼絶望エンド

   →むしろ今以外ないだろ→ワニ死亡エンジョイエンド

一番財布ゆるめるのはエンジョイ

そう考えると別にコンテンツ化という点で間違ってないんだな

2020-02-16

anond:20200215135903

何年も前だけど、政治家秘書アルファアカウントを凍結させた主婦たち。

中心はワーママツイ廃数名だったが、あちこちに噛みつきボロが出て、Togetter炎上

だいたいは垢消し。一人は某有名子役と揉めた教師で古のねらーとわかり俺的には最高に面白かった。

そこから炎上は追いかけるようにしている。

2020-01-24

奥さんゲーム実況にはまってて辛み。

大前提自分は極度のコミュ症だし人嫌い。

ネット流行に乗れず、YouTubeLIVE配信視聴者達が仲良くワチャワチャ楽しくやってる感じとかマジ気持ち悪くて無理。生理的に嫌。

でも奥さんが完全にゲーム実況中心の生活で本当に精神まいっちんぐ

奥さんは、もともと大のゲーム好きでツイ廃だしネット人間だし、ニコニコとかYouTubeゲーム実況にはまるエリート中のエリート

それで楽しく毎日イキイキしてて、辞めてとも言えないし、そもそも何を根拠に辞めさせる権利あるのかって話だし。

かなり我慢してきたけどソロソロ限界

軽くノイローゼ気味。

そもそもなんで自分は、ああいうノリだったり、雰囲気、コミニケーションの温度感吐き気を催すんだろう。この嫌悪感の根源も謎。

わりと小規模のサブカルの仲良し集団が昔から凄い苦手なんだよな。

この気持ち分かる人いるかなー

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん