「高井」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 高井とは

2022-09-22

anond:20220921183908

太氏から役員報酬3ヶ月分の20%を、代表取締役副社長執行役員を務める高井文寛氏から役員報酬3ヶ月分の10%を自主返上

である太氏は、娘の不祥事を詫びる意味返上

高井文寛は、梨沙氏を孕ませたことを詫びる意味返上

と考えれば、まぁ確かに自然だわな。

2022-09-21

anond:20220921183313

不倫妊娠辞任でほかの役員報酬返納?わけわかめ

 同社は、梨沙氏が既婚男性との交際妊娠理由に、辞任を申し出たことを受け、受理に至った。

これに伴い、太氏から役員報酬3ヶ月分の20%を、代表取締役副社長執行役員を務める高井文寛氏から役員報酬3ヶ月分の10%を自主返上したいとの申し出があったとし、それらの受理も決定したという。

 山井梨沙氏は、2012年にスノーピーク入社創業家3代目として20203月社長就任した。アパレル事業を立ち上げる

https://twitter.com/atonton28/status/1572055495074287617

https://twitter.com/atonton28/status/1572055496718438400

最近三木那由多先生高井ゆと里先生など、哲学分野でも男性ではない方々の活躍が目立っており、人選のジェンダーバランスもある程度マシになっていくことは期待できると思いますが。

2022-09-09

高井容疑者にしても須藤早貴容疑者にしても、逮捕されるまでにそれなりの時間があったけどメディアに追われてたよね。

あれって警察機関のどのくらいの位置にいる人がリークしてるんだろ......

2022-02-23

anond:20220223211023

危険金利上昇は外貨借金金利の上昇だ。だから、経常黒字を維持して、外貨借金が増えない状態では問題ない。

もっとも、国内金利が上昇すれば比較金利の安い海外から金を借りて外貨借金が増えるという問題があるから、非基軸通貨国で経常赤字国では危険というもんだいはあるな。むしろ日本のほうが金利が安い今では問題ないだろう。

ハイパーインフレはもっぱら供給破綻起因でしょ。そのうちの一つに外貨借金が増えすぎて輸入という供給破綻するという問題もある。他にも経済制裁中東が一手に石油供給を担ってた上での戦争戦争による自国焦土化もあるがな。

なるほどね。

外貨建て国債でなければ危険金利上昇は発生しない」「自国通貨建て国債の増加によるハイパーインフレは発生しない」ってことでいい?


https://takaitakashi.com/archives/42022

高井たかしの主張とほぼ同じだけど、増田もこの人の意見に賛成?

2022-02-18

anond:20220218105455

俺の読みたい本が電子化されていない

一例:高井祐「あっちゃんといっしょ」(りぼんマスコットコミックス)

電子書籍一方的な負け、というか勝負にすらなってない

2022-02-06

anond:20220206185953

高井って名字、なにか別の漢字に誤解されることあんのかな?

はしごだかの方の高井かどうかは伝える必要あるかもしれないけど

2021-09-25

セクキャバコンドーム

セクキャバは抜き無しだが、

高井議員かいうのが、緊急事態宣言出たのにセクキャバ行って退職になった。

その時、「ズボンの中に写生してしまったが、嬢がおしぼり提案」というのがあった。

  

じゃあ、おむつかというと、オムツでは気持ちよくないだろう。

で、コンドームどうか?と思ったら。

すごいな、世の中、そんなの常識みたいにみんなやってんだな。

  

思いついたら神だと思ったんだが、こりゃ革命だ。

セクキャバコンドーム絶対クセになるなあ。

2021-08-19

anond:20210818095517

宮迫もやがそもそも森もなんでこんな叩かれなあかんかったのよ

佐々木もや

そこまで悪いことしたか

渡部もそうや

のぶみあかん

乙武小林も張本も

野田古市もええやろ

川谷もええわ

上原もええわ

東袋もええわ

中田もええわ

橋本ももうええわ

藤本木下もええし出川もええよ

粗品もええ

せいやもええ

堤下もええ

西野もええ

綾部もええ

中川ええわ

浜田もええ

脳なんとかはあかん

高橋あかん

小森はえ

木下もええ

門倉もいろいろあったんやろな

島袋和月小畑もえ

板東もええ

御法川もええ

三田もええ

島田アカ

酒井アカ

高須はえ

宮崎喜多嶋もええし山路も瀧も国母もええよ

沢尻はもう少し待てや

伊勢谷もや

アスカはもうええわ

マツキはあかん

ナオキあかん

ユウキはえ

あびるはえ

清水あかん

徳井もええ

岡村もええ

友井はあかん

新井あかん

海老蔵もええ

唐田と東出と矢口もええ

なっちもええ

加護もええ

吉澤あかん

三枝渡辺はえ

一場と桃田もええよ

内田もええよ

園田

谷岡も

小保方もええわ

堀江もええ

西村もええか

前園もええよ

中田あかん

神戸瀬戸はええよ

伊良部ももうええか

沙知代もほんまはあかんけどしゃあない

清原もええよ

田代もええよ

押尾はあかん

山本はええよ

琴光喜もええよ

式秀もええ

朝青龍もええよ

山本山もええよ

貴ノ富士もええ

日馬富士もええ

佐村河内もええよ

一二三と柿沢はアカ

小出はえ

ベッキーガリクソンオロゴンもええよ

草彅と稲垣もええ

田口山口あかん

田中山下はえ

木下あかん

小渕はあかん

中川ええ

野々村はええよ

高井はええけど本多あかん

河井はあかん

河村やって汚いことしたけど給料返納するしもうええやん

ほんまに許されんのは小山田DaiGoぐらいや

2021-01-08

anond:20210107220238

何を見て「目の当たり」にしているとか思ったのか知らないけど、勘違いだと思う。

  

かに自民党利益供与をしているよ。

でもお前らに利益供与しているところを「目の当たり」にできるわけないだろ。

どんな敏腕ジャーナリストだ。

お前らが普段目の当たりにしているのは、増田ツイッターの、何を言っても反論してくる支持者とかだろ。

やつらが利益供与を受けている支持者だとでも?

そんなわけねー。

 

お前らが目の当たりにしているのは、反ポリコレ層。

正義が行動の主軸にある人たち。トランプ支持者みたいなもん。

 

自民とは支持者を守って利益を渡すと思われている、のではないよ。

正義マンは支持者でも切り捨てると思われている。

 

しかも実際に速攻で切り捨てているよ。セクキャバ高井みたいにな。自民だったら猛烈な反省ポーズを促させてギリギリ守っただろう。リベラルっていうのは、オバマもずっとトランプに言われてた。ノーベル平和賞が欲しいがためにアメリカを優先しなかったとか。

正義をするからには実際そうなるんだ。正義不寛容で冷淡で犠牲を強いるものだ。

これを支持できるのは、守られなくても自分はなんとかできると思える富裕層とか、正義価値信仰している大学教授思想家とか、自分絶対公明正大で悪になったことなどないと考えている良識()派だけだ。

 

こういう話はずーーーっとされているんだけど、お前らは「正義を信じないのは悪人だけだ」とか頭のなかで思っているから、立民を信じない国民バカで、自民支持者は金をもらっているとかい妄想から離れられないんだよな。

もらってねーよ。

そんなこと思っているから支持できないんだよ。

俺たちは自民支持者とかじゃないの。反おまえらだよ。

おまえら人間はどんなニュースがあったってお前らに反対にするにきまってるだろ。お前らは変わってないんだから

2020-08-18

はてな顕名ダイアリー

鈴木俊哉(21):彼女と話が通じなくてつらい

 -田中義朗(58):うんち

  -三杉亜矢子(43):ミソジニー

 -吉田康友(32):でもKKOは話が通じてもゴミなんですよね

 -高井洋介(32):それはお前が悪い

  

2020-07-04

さらの『天気の子感想

感想要約

『天気の子』は"子どもたち"(陽菜さんと帆高さん)が自然災害対立する話ではなく,実際には"大人たち"と対立する話であるという視点大事だと感じた。

『天気の子概要

『天気の子』では"大人たち"や社会は,"子どもたち"と"世界の仕組み"のふたつを無視していることが描かれる。

そして偶然にもそのふたつを兼ね備える子どもたち,つまり世界の仕組みを担っていた子どもたち(陽菜さんと帆高さん)が,今度は今まで自分たち無視してきた社会無視するという決断をする。

この決断が天気の巫女をやめて東京沈没を選ぶということだった。

『天気の子』内容の確認

自然災害無慈悲かつ強力なので人々は受け入れるしかないが,天気の子人柱にするなどの方法はあった。(これが"世界の仕組み")

しか世界のことに興味を持つ"大人"はほとんどおらず,大人の多くは自分生活を優先していた。

同様に子どもたち(帆高や陽菜さんたち)を優先する大人もあまりいなかった。

たとえば警察は帆高の天気の巫女の話を無視して仕事を進めた。

児童保護施設陽菜さんたちがあのまま暮らしたいという意思無視した。

須賀さんも家出した帆高が東京で暮らすことを手助けしていたが結局は娘のために帆高を島に帰らせようとした。

大人たちが良識的で常識的対応を続けた結果,帆高たちは追い込まれしまった。

帆高は一度は手に入れた3人暮らし幸せをもう一度実現するために,人柱になった陽菜さんに対して帆高は自分たち幸せに生きるために社会のことは無視しよう,と伝える。

陽菜さんが天気の巫女をやめて雨は降り続き東京沈没する。

④数年後に帆高が東京に戻ると,何人かの大人たちは東京沈没を受け入れている様子が見られた。(もともと海だった場所を埋め立てた土地がまた海に戻った,など)

これは①の自然災害は受け入れるしかないものという態度が一貫している。

帆高はこれで本当に良かったのかと自問する。そして自分たちならきっと大丈夫だと確信して終わる。

感想タイム

改めて,帆高と陽菜さんの決断はよかったかと考えるとあんまりよくはないだろう。

最も良い可能性とは大人たちが子どもたちのことを理解し,世界の仕組みを知り,一致団結して自然災害対峙することだった。しかしそうはならなかった。

じゃあ陽菜さんの命と東京とでどっちが大事か,とか聞かれてこっちですとか言える人もあんまりいないだろう。それはつまり帆高のやったことが間違ってると言える人もあんまりいないということである

から自分は帆高たちのことはあんまり悪いとは感じない。

そもそも帆高たちには人柱東京を選ぶトロッコ問題スイッチたまたま与えられただけで(陽菜さんにとっては自殺東京かを選ぶスイッチである),彼らは別に英雄総理大臣とかじゃない。彼らが人々を助けなきゃいけない理由特にない。

だがしかし陽菜さんは一度は晴れを届けるという形で人々と関わることを自分生き方の形として納得していたので,陽菜さんにとって人柱になることはそういった生き方の延長線上にはあったかもしれない。

帆高の言葉は,そうやって新たに獲得できたばかりの天気の巫女というアイデンティティも捨てて生きていこうという提案だったわけだ。

この辺は前作の『君の名は。』より話が一段階難しくなっているなと感じる。『君の名は。』では,三葉は隕石から町を守るにあたって父親(大人たち)の協力を得られなかったが,結局子どもたちだけでうまく問題解決することができた。

一方で『天気の子』では東京沈没はうまく回避できなかったし,世界の在り方だけでなく,これから陽菜さんたちはどう生きていけば良いのかという彼ら自身問題まで提示されている。

君の名は。』の話を出したので,『天気の子』含めこれら2作における"世界の仕組み"観についてちょっと振り返る。

これら2作では何か神様のようなものもつ絶対的ルール(黄昏時とか入れ替わりとか天気の巫女とか)と,自然が持つ絶対的な脅威が関連している。

これらは新海誠監督の美しい自然描写や生々しい街の描写によってより説得力を持つものになっている。

まず世界に都会(東京)と自然があり,そしてその両方を支配している絶対的ルールがある,というのが世界観の基本にある。そして2作ではその絶対的ルールに巻き込まれ若い男女がテーマとなっている。

都会と自然の中に同じ神秘的な仕組み現れるというのは現代アニミズム的な思想を感じる。

君の名は。』では神秘的な存在というのは,神の領域としてしか現れず,つまり肉体(?)を持つ神様のようなものが目の前に現れるということはなかったが,『天気の子』では雲の魚や龍のような存在が描かれていて,神秘的な存在の具体的な描写が新しく行われていると思った。あの龍みたいなやつかっこいい。

ちなみに雨が続くやつは台風ではなく巨大な寒冷前線(真夏に雪が降ったのも特徴)として描かれている。これは非現実的災害として描かれていた。

『天気の子』の大人たちについて,彼らの対応が極端に間違ってたかというとそうでもないだろう。一応,陽菜さんが空に消えた夜に多くの人が陽菜さんが泣く夢を見たらしいが,それでも天気の巫女とか信じて行動するのは難しいだろう。

とくに刑事たちの働きぶりは淡々としていて彼らの思想が見えてこないと最初は感じたがむしろ仕事内面が出ないというのがまさしく大人らしい態度だったのだろう。

高井刑事が帆高にイラついたり,安井刑事が泣いている須賀さんに声をかけるというシーンは彼らの人間味を出しているが,しかし彼らはとくに雨や天気の巫女については言及しなかった。(つまり世界の仕組みを認知していないあるいは興味がなかった)

その一方で,世界のことに興味があり,また就活中の身でありながら帆高や陽菜さんを助けるためにバイクでお尋ねものになってくれた夏美さんは"大人たち"には全く当てはまらない人物として描かれていると感じた。

夏美さんのこの作品における存在意義,特に就活に失敗するような描写がなんの意味をもっていたのか,夏美さんが持つ就活問題が帆高たちとの関わりでどう変化したのか,あるいは変化しないならなぜそんなシーンを入れたのかを結構不思議に思っていたのだが,こう考えるとあのシーンは夏美さんが大人たちの側の人間ではないことを描写していただけだったのかもしれない。

ついでに帆高が銃持つ必要あったのかという疑問もあって,最初陽菜さんの天気の巫女の力と対比するための帆高の力として与えられたのかな〜〜くらいに思っていたがあれもやはり帆高と社会対立を深めるための舞台装置だろうと思っている。

『天気の子』は大人たちと子どもたちの対立を強調しているが,これらに当てはまらない大人も当然いた。

天気の巫女人柱の仕組みについて知っている老人や,雲の上についてはしゃいで話す研究員などは世界の仕組みに関心のある人たちだった。また立花さんや天気の巫女の一環で関わった人たちのように,誰もが帆高たちの邪魔をしていたわけではない。

須賀さんについて振り返ると,家出理由を明かさないがとにかく東京暮らしたいという未成年の帆高の意思を初めて尊重仕事と住処を与えたひとだった。しかしやがては帆高を匿うことのリスクを考えて,万札と帽子を渡し帆高に帰るように伝えた。

(よくあんなにパッと出せるお金があるなと思った。)

帆高の家出理由最後まで明かされなかったが,深刻な事情あるかないかに関わらず意思を受け入れるというのは尊重の仕方として正しい形だろう。

須賀さんは最後は帆高のもう一度陽菜さんに会いたいという心に,妻を亡くしもう一度会うことが叶わない自分と通ずるものを感じたのか,警察対立し帆高を解き放つ選択をとる。

ここは帆高解放連盟のなかでも夏美さんや凪(先輩)たちとは全く違う動機を持っている感じがする。須賀さんはなんというか常に帆高を対象として動くキャラだなという感じがした。初対面でビールたかるシーンから想像できないキャラクターの広がり方だった。

そんな感じで『天気の子』はどうにもならない話だったという感じがあるが,帆高はまだ未来があると確信してたので今後に期待大。

帆高まとめ

家出し,東京ホームレスになり,高1で好きな女の子ラブホ宿泊し,東京沈没させた。

2020-06-07

意識高井系を意識筒井系に空目して、めちゃくちゃお気持ち表明してきそうだな〜と思ったけどよく考えたらそれは意識糸井系だった

2020-05-02

岡村さんの議論がややこしいすぎる

女性蔑視貧困風俗産業深夜ラジオが混じっていてややこしい。

如何せん感情が伴う議論からしょうがないんだけど

活動家自分たちポジションに持ち込もうとしてさらにややこしくしている感じがある。

事実だけをまず挙げて議論対象にあっているか会話してほしい。

すぐ感情に持っていかないでほしい。これは自分にも当てはまるので自戒必要である

というかなんで女性蔑視議論になっているかからないんだよな。

貧困になる可能性がある人達に対する配慮が欠けていたのならわかるけど、

岡村さんは女性蔑視をしていたのかな?

風俗に行く男性は全員女性蔑視をしている男性」って理屈なのかな?

もしこういう理屈なら少しばかり暴力的結論づけだと思う。

(実際どのくらいの男性蔑視しているかどうかはわからないし、

風俗レポとかあげる人は女性蔑視傾向に見えやすいけど)

横道に逸れて悪いが最近少し話題になった高井議員はその行動の是非は脇に置いて、記事内容を見る限り女性蔑視をしていたようには思えなかった。

各々の意見があるのはわかるけど、活動家の人たちが好き勝手

理論を組み立てすぎなんじゃないの。


ラジオを聞かないで意見している人たちもいるし、

もうここまでくるとまともな議論なんて無理なんだろうな。

一つだけお願いあるとしたら、活動家たちの記事ばかりが注目されて岡村さんの

発言が切り取られさら捏造されないこと祈るばかりだ。絶対不可能な願いだけど。

そしてこれですら結局は当事者たちを無視したポジショントークなんだよな。

2020-04-21

立民・福山幹事長、党支持率下落はセクキャバ高井議員が原因」 https://www.sankei.com/politics/news/200421/plt2004210038-n1.html

アイツが悪さをしなければ…と除籍(除名)処分にした議員に党支持率下落の責任をおっかぶせる発言公式の場で行い、それで支持率が上がると思っているのだろうか?

次の政党支持率調査が楽しみw

anond:20200421120523

緊急事態宣言後に、首相の会食を批判していた議員が、風俗店で超濃厚接触したこと問題なので

風俗で逝ったこ自体平時であれば辞職するほどの問題ではないんだよなぁ

ガチ逮捕されるレベル犯罪でなければ議員辞職なんて出てこねえよ。

仮に高井与党議員だったとしても批判はあろうが辞職だの離党だのにはならない。

要するにおまえの脳内エミュレートされてる「野党」っていうのが

野党憎しの脳内しか存在しない妄想野党」にすぎないってこった。

anond:20200421111123

高井閣僚ではないし枝野総理ではない

なんの任命責任だ?

比較になってない比較

ダブスタダブスタと繰り返すだけだから

ネトウヨ馬鹿にされる

anond:20200421111123

皮肉としては、筋を通せばどうよ? でいいんだが、実際的にはそうもいかないと思うんだよな。

やっぱ辞職を求めたり総理任命責任を追及したりを、パフォーマンス目的でしてきたのが間違っていたんだよ。

 

お前さんの言うような問題があったから、枝野高井たかしを速攻で党から除名したけど、それじゃ済んでないのは明白だし。じゃあっていうんで本当に筋を通して、今度は本当に自分たち自分たちの求めてきた通りのことをしたら、例えば枝野責任を取って自粛したら、組織が衰退ひいては瓦解するのが目に見えている。

からそれはさすがにできんだろ。できないことを求めていたし、それがブーメランしている訳だよ。

 

二度と不埒人間がでないように引き締める、とか、そんなんじゃ済まないと思うんだよね。

無理だし。他人を常に攻撃している限りブーメラン発生は不可避だわ。

これも一種ガバナンス不足だろう。

2020-04-17

anond:20200417112037

実は高井たかし地元選挙区なんだけど、俺の周りのおっさんおばさん相当冷淡なんで、無所属で出ても次の選挙無理だと思うわ。

俺の周りのことなんで、それでも比例があればわからんかったが。

高井たかし自民党流に処理すべきだったのでは

自民党だったら、とりあえず個人の裁可に任せる(なお実質)という形に持っていったと思う。

 

そしたら、まず本人的には、ある程度面子が守れたかもしれない。

まり、党的にはワンチャン議席が守れたかもしれない。

付随的に、議員がしくじった時に党が守ってくれるなら、他の議員に対する求心力にもなっただろう。

どう考えてもそうしたほうがよかったはず。

 

しかし立民の枝野はこれができなかった。

身内をかばいまくる安倍批判してきた手前、できなかったのかな?

それか、今の支持層を保つためにはそうしたほうがいいという判断かな?

議員たち自身がそういう自民政治が嫌で独立した人たちだから、やりたくないのかな?

 

うーん。悪いことしたやつを即座に切るのは公正といえば公正だけど、これで本当にいいのだろうか。

文春砲意図通りに党の政治が操られてしまっているともとれるし。

いやまあ、どっちみち大勢には影響しないから、与太話のネタ程度のことではあるんだけどね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん