「アンソロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アンソロとは

2020-05-26

舞台からハマった」と言う人が苦手

Twitterでは絶対に言えないので吐き出しに来た。

私は舞台化されている作品同人活動をしている。

数年前の公演で好きなCP舞台版に登場し、その公演をきっかけにCPを好きになった人が増えた。

もちろんSNS同人イベントでも人が増え、今まで顔見知りばかりで活動していた当CPも賑やかになった。

それ自体は嬉しかったのだが、舞台きっかけに好きになった人たちはキャラクターではなく『キャラクター解釈し、演じた俳優』を見ているのだ。

原作からそのCPにハマった人たちと舞台からハマった人たちとでは温度差があるように感じる。

舞台しか観ていない人、原作の他CP活動をしていたが舞台活動CPを変更した人、いろんな人がいる。

ただ、舞台から好きになったという人たちと話していて「おや?」と思うことも多々ある。

好きなシーンや好きになったきっかけの話になると、舞台の内容を話し出すのはどうかと思う。

このシーンが良かった。ではなく、役者の演技について話し出すのだ。

原作ではキャラクターの表情まで描かれていないのに、あのセリフであの表情をするのが彼らの心境に合っていて好き。といったかんじだ。

ちなみに、そのシーンでキャラクターがどんな心境だったか公式から発表されていない。

また、俳優を元に同人活動をしている。

俳優好きな物キャラに持たせたり、俳優の着ていた服を着せたり、キャラの特技が俳優の特技になっていたり、俳優発言を取り入れたり。

それが一度や二度ではない。俳優ありきでキャラクターを描かれるともやもやする。

しか俳優同士のCP創作しだす人までいた。中にはR18の作品も。

それはもうナマモノだ。演じているキャラクターなど関係ない。

べつに舞台の話をするなと言うわけではない。舞台きっかけでハマるのも悪いことではない。私も全力で彼らを演じてくれた俳優の事は好きだ。

ただ、私は原作の二人が好きで活動をしているため原作の二人を見てどう感じたのかを知りたいだけなんだ。俳優解釈を聞いているわけではないのに。

最初そそういった発言をここまで気にすることはなかったが、それが積み重なるとさすがにストレスになる。

俳優の話は俳優の話として、原作とは別物だと考えてほしい。

推しCPは前回の公演と今回の公演で演じている俳優が違うのだが、「別公演で見てたらハマらなかったと思う」と発言している人を見かけてしまった。

本当に俳優ありきなんだなと、俳優としてしか見ていないんだなと、なんとも言えない気持ちになった。

それから今日に至るまで、舞台からハマったことを公言している人たちが主催アンソロジーが発行された。

案の定各自あとがきのページには「舞台でハマりました!」「舞台のあのシーンが良かったです!」というコメントオンパレード。むしろ主催たちがそんな状態だ。

中には俳優さんの名前を出している人もいた。主催確認しなかったのか、それで良しと思ったのか分からないが、私の感覚だとアンソロでそれはあり得ない。

あとがきは一番最後のページに掲載されていた。せっかく良い話だったと余韻に浸っていても、あとがき舞台意識して描いたと言われたら冷めてしまう。

その二人じゃなくても成立するんじゃ?という内容の作品もあった。アンソロならもっとキャラクターに向き合ってほしいと思うのは贅沢なのだろうか。

読む人の中には舞台を観ていない人もいるかもしれない。実写化否定的な人もいるかもしれないのに。そこまで気にするのは神経質なのだろうか。

舞台とは関係ないが、その人たちがこのCPが一緒にグッズ化されなかった事を烈火のごとく怒っているのもはっきり言って怖い。

いつだったか販売されたグッズには、CPの内一人の姿しか無かった。

それを見た彼女たちは、なんでペアじゃないんだ!この会社商品は二度と買わない!と大騒ぎしていたのである

それから何度もその件を引っ張り出しては文句を言っている。

舞台のおかげでグッズになる頻度が上がっただけで、元々そのキャラクターのグッズが出ることの方が珍しいんだが。

まりに荒れているので、購入したなんて言える雰囲気ではない。グッズ化、素直に嬉しかったのになぁ…。

舞台化、実写化する作品が増えた今、私と同じような経験をした人もいるかもしれない。

逆に、愚痴対象となった相手気持ちが分かるという人もいるかもしれない。

これは私の考えだが、舞台原作に限りなく近い二次創作だと思っている。

俳優解釈が合うかどうかで好きか嫌いか別れるのではないだろうか。

2.5作品全体に言えることだが、同じキャラクターを演じていても解釈まで丸っきり同じとは限らない。それぞれの俳優に合った表現もあると思う。

長々と愚痴を綴ったが、舞台否定しているわけではない。このような発言をしている人たちを嫌っているだとか、憎んでいるというわけでもない。

素晴らしい作品を作られる方たちなのに何故…という気持ちからである

しか作品と作者は別物。要は好きなメディア解釈違いなのだ

同人趣味世界なので無理して仲良くしようとする必要もない。

少し距離感を考えながら付き合っていこうと思う。


読んでくれた人がいたらありがとう

念のためにフェイクが入っているので、分かりにくかったらすいません。

2020-05-22

同じジャンルに神と呼ばれている文字書きがいる

同じジャンルに神と呼ばれている文字書きがいる

ジャンルの規模は中規模くらい

一時期は旬ジャンルだったかもしれない

今は新規が入ってくることも少なく、だいたい見たことのあるメンバーでゆるーく続いている

私は自分で言うのもなんだけど、そのジャンルの中ではかなり絵の上手い方だと思う

今まで描いていたジャンルが大きいジャンルばかりで、まわりにはほとんどプロみたいな人もいた

自分より上手い人がいて当たり前、敵わなくて当たり前、っていう感覚だったから、自分が誰かに嫉妬するイメージは今までわかなかった

正直、今のジャンルに来てから居心地が良かったのは認めます

アンソロには引っ張りだこだったし、作品ブクマRT自体は前ジャンルより少なくても、とにかく感想がたくさんもらえた

不思議なことは、pixivでのブクマ数が前ジャンルより少ないのに、イベントでは前ジャンルより多く本が売れた

自惚れでなく、同じCPの人はほとんど自分の本を買っていたと思う

プレゼントがもらえることも多かった

Twitterも、これまで絵以外は嫌がられるだろうと思ってあまり呟かないようにしてたけど、日常愚痴にすら励ましのリプライが来て、自分は今人気者なんだと錯覚した

とにかく毎日が充実していた

それもHさんのことを知るまでの話だ

神と呼ばれている文字書き、仮にHさんは、私と逆カプだった

からHさんの作品は読んだことがなかった(そもそもR18以外の小説はあまり読まないというのもある)

Hさんのことは、skypeジャンル友達と話しているときに知った

好きな二次創作の話になって、一人が「正直、解釈が一致すれば逆でも読める」と言って、みんながそれに賛同した

私も、好きな二人だったら左右はわりとどちらでも良かった

リバはあまり好かれないという頭があったし、自分CP(Hさんの逆CP)の方が圧倒的に数が多かったから、わざわざ逆CPを描こうという頭がなかっただけだ

「正直、解釈が一致すれば〜」と言い出した一人が、「特にこの人が好き」と言って作品URLを貼った

それが私がHさんの作品を見た最初の瞬間だった

驚いたのは、私以外のその場の全員が「読んだことある」「好き」と口々に言ったことだ

私はかえって読んだことがないと言うのが恥ずかしくて、黙っていた

その後しばらく、みんなHさんの作品のすごさについて熱弁していた

プロフィールに左右固定過激と書いている人もいるのに、みんな逆も読んでるんだなあ、と意外な気持ちで聞いていた

Hさんの作品がなかったらここまでこのジャンルにはまらなかったと言っている人もいた

さすがに気になって、通話が終わった後でHさんの作品を読んでみた

正直、私には良さがよくわからなかった

何というか、起承転結から文体からから何まで、私が今まで読んできたCP小説とあまりに違っていて、まずすごく読みづらかった

話の内容は、なんか道徳教科書を読まされてるみたいな気分になった

正直説教くさい

キャラクターについて断定的に書かれていて鼻につくというか

文豪みたいな雰囲気を予想していたけど、淡々事実けが書かれている感じで、文章がすごく綺麗!とも感じなかった

ちょっとすごいな、と思うところがあるとすれば、キャラクター台詞がすごくリアル

「ああ、このキャラこういうこと言うよね」っていう、再現率の高さ?

ただ、一方でやっぱり、私が読みたい二人の話じゃない

一言でいって萌えない

合わないなーと思って、読むのをやめた

私がそんな冷めた感想を持った一方で、よく通話しているメンバーたちは、事あるごとにHさんの話をした

CPということで、今まで話題に出せず、我慢してた分爆発した感じ

話を聞いてると、やっぱり皆Hさんの作品の「セリフリアルさ」が好きみたいだ

「ほぼ原作」とまで言う子もいた

私は勇気を出して「暗い話が多いよね」と言ってみた

私はどんなCPでも、ハピエンが好きだったので、そのせいでちょっとHさんの作品は合わないのだということを細やかに主張したかった

ちなみに特に攻めが浮気する話が苦手でしょうがないのだけど

まさにそのテーマでHさんは小説を書いていた

最後にハピエンになるための当て馬とかじゃなくて、ガチ浮気する

説得力があるだけに辛かった

Hさんも逆とはいえ同じ二人が好きなはずなのになぜこんなことをするのだろうと思った

「暗いけど、これが真実だという気がする」

と誰かが言った

「Hさんは原作を正しく読んで、キャラクターを正しく書いている」

というのがみんなの共通認識みたいだった

正しい二次創作って何?と私は鼻で笑いそうになった

BLにしてる時点で改変だし、ファンタジーなのに

とにかくみんなが急に言葉の通じない人になったみたいで怖かった

HさんはTwitterをやっていた

私はどんな人か気になって、Hさんのことを検索してみた

私はブロックされていた

何もした覚えがなかったのでちょっとショックだった

けど、他の子ブロックされてるからROM垢で追ってる、といっていたので、

CPブロックする人なんだろうと思った

私もHさんの作品は好きにならないし、このままお互いによく知らないままで終わればいいやと思っていた

あるイベントの後、いつものメンバーでアフターをすることになった

Twitterでも呼びかけたので、知り合いが知り合いを呼ぶ感じで、いつもより大規模な集まりになっていた

一人が、Hさんに声をかけたらしい

OKされたことを興奮して報告していた

私はブロックされてるから避けるようにしなきゃな、と思いつつ

Hさんはどんな人なのだろうと少し気になった

当日、主催の人が借りてくれたレンタルスペースに集まって

はじめての人も多いということで全員自己紹介をした

そのときにHさんのことをはじめて見た

思っていたより普通の人、というのが第一印象だった

普通OL、という感じ

顔は超美人というわけではないけど、小綺麗にしていて、彼氏がいると言われても驚かないレベル

あととっつきにくい人だと思ってたけど、かなりよく喋るし笑顔も多い

寡黙で怖い人が来ると思っていたので意外だった

私はあまり知らない人と積極的に話せるタイプではないので、

いつも通話している子たちと引っ付いて行動していた

フリータイムになると真っ先にみんなHさんのところに向かった

CPなんですけど見てます

片思いフォローなんですけど好きです

みんな口をそろえて似たようなことを言った

Hさんは作品が始まったばかりの頃に一度だけサークルで出て、そのあとはしばらく新刊を出してなかったらしい

本楽しみに読みますという人たちに「すごく直したいところ多くて 恥ずかしい」とはにかんでいた

空気が変わったのは、Hさんが一人に「新刊買いました」と伝えたとき

の子は今回、全年齢のCP要素が少ない本を出していた

「私逆CPなのに…いいんですか?」と声が震えていた

一方で、周囲の子たちが100%笑顔じゃなくなったのを私は感じていた

作品見せてくれるだけで嬉しい、とみんな言っていたけれど、やっぱりどこかでHさんと絡める逆CPの人が羨ましかったんだと思う

Hさんはpixivだと、正直絵があんまり上手くない人でも、自分と同じCPならよくコメントしたりしていた

たぶんそれを狙って、全年齢の話に両方のCPタグをつけ始めたことがいるのも私は知っていた

みんなHさんが自分作品に興味がないことを、「逆CPから仕方ない」で誤魔化していた

Hさんは「サンプル見て、これは買おうって決めてたので」と言った

空気を感じたのかわからないけど、「逆CPの人には、自分ツイートとか地雷だったら申し訳ないなって、ブロックさせてもらってるんです」という説明も付け加えた

嘘だ、と私は思った

私はつい気になって、別ジャンル用のアカウントでHさんのアカウントを見たことがあった

フォロー欄には逆CPの人も数人いた

Hさんは作品で選んでいる

極めつけは、Hさんに新刊を買ってもらったと知って舞い上がるその子一言だった

「Hさんに読んでもらえるなんて、認められた感じがする」

その場ではみんなに合わせて笑っていたけど、あの瞬間のこと、私は一生忘れられないと思う

たぶんあの場にいた子の中に、私の他にも同じこと考えた人がいるんじゃないかと思う

私たちは失格ってこと?」

もちろん、Hさんに悪気があったわけじゃないのはわかっている

誰にだって好きな作品を選ぶ権利はある

正直、このジャンルに来てから人との距離が近くなったから、身内買いに疲れていたところはあるし

だってHさんの作品は好みじゃなかったから読むのをやめたし

誰が悪いわけでもないんだけど

いろいろ、残酷だって思った

そのあとHさんは他の人と話し始めたので、私たちグループはHさんから離れた

「いや〜このジャンル天才いね」と一人が言った

「○○さんの新刊は〜だったし〜」とお互いの作品をほめ合う空気の中で、誰かが私の作品について触れた。

「○○さんのはとにかくかわいい二人って感じ!」

「最高の萌え提供してくれる〜」

これまでなら普通に嬉しく受け取っていた言葉だった

だけど今の私には、Hさんの小説と違って、中身のない、BLテンプレキャラを当てはめただけの話、と罵倒されたように聞こえた

だって自分なりの解釈があって二次創作をしてるつもりだ

だけどHさんみたいな人はきっとどこかで私のことを、チープで人に媚びてる絵師だと馬鹿にしてるんだろう

一言だってそんなこと言われたわけじゃないのに、私の気持ちはどんどん沈んでいった

しばらくすると、次のイベントの告知があった

私は一瞬、参加するか迷った

以前ほどは楽しめない気がしていた

だけど、ここでやめてしまうには惜しい気持ちもあった

相変わらずHさんのツイートを覗いてしま

こないだのイベントが楽しかったのか、新刊を出せるかわからないけど次もたぶん出ますと書いていた

私は迷った末、出ることにした

CP要素が少ない、解釈重視の本を描くと、心に決めていた

だって、私だってという悔しさに突き動かされていた

誰かへの嫉妬をこんなに強く感じたのははじめてだった

そのイベントは、コロナで中止になりました

イベントがないのに原稿を完成させる気にもなれなくて、全てが有耶無耶になってしまった感じがした

私はなんとなくやる気がなくなって、ジャンル友達とは絡むけど新しい作品をあげたりはしない、落書きをたまに描くくらい、って感じでやっていた

Hさんに対する気持ちも、関わることがなければすっと消えていった

だけど最近私たちグループの内の1人(仮にFちゃん)がある告知を上げていた

Fちゃんは、前のイベントときにHさんに新刊を買ってもらって喜んでいた子です

告知の内容は、FちゃんとHさんが合同誌を出すというものだった

Fちゃんとは、あれからグループで頻繁に通話してたけど、合同誌のことは私たちの誰も、一言も聞いてなかった

から何、って感じなんだけど

Fちゃんの中で、やっぱりHさんは私たちより上なんだ、と思った

表紙と告知絵をFちゃんが描いていたけど、いつものFちゃんより丁寧に描いてるな、と私はわかってしまった

Fちゃん結構めんどくさがりだし、前にアンソロ原稿ミスを指摘したけど所詮二次創作からいいよって直してなかったし

そもそも文字書きの表紙やるの嫌だって言ってなかったっけ?

告知絵までわざわざ別に書くなんて、本当に嬉しかったんだね

ここまで書いて改めて自分が嫌になった

こんなに難癖をつけなきゃ生きてられない人間だだっけ?

同人ってこんなに苦しくなってまでやること?

アカウントを消そうと思ったけど、

今のジャンル友達リアルでも何回も会ってるし

感覚的には普通友達と同じだ

簡単に切るなんてできなかった

こないだ、Hさんの感想箱に「ずっとこのジャンルにいてほしいです」というメッセージが来ていた

私は早く消えてほしい

正しさとかよくわからない原動力同人やんないでほしい

もうやだ

ごめんなさい

以上でした

2020-04-26

シングルマザーの家庭で姉が腐女子の弟

弟だが、

幼い頃から最遊記やらテニスの王子様やらのアンソロ本を読んでたせいかホモ空間萌えるようになってしまった。

姉は就職後、腐を卒業して結婚現在は二児の母に。

一方俺は風俗出会い系刹那的快楽を貪りながら、お気に入りの実況者コミュ二次創作を漁るような男になった。

身体は女が好きで心は男が好きという感じで、明らかに自己の中でセクシュアリティが分裂している。

自分が何なのかわからない。

まともな人間になりたい。

2020-03-15

同人活動疲れた

二次創作で新しいジャンルに行くと、皆がツイッターでキャッキャと楽しく交流していて活気があって、同人誌アンソロとか合同イラスト本とかやってて楽しそうだな…って思う。

でも、自分過去同人活動絵描き)をやってきて色々疲れてしまった。

小説の表紙絵を描いて欲しいと粘着された

・カプ派閥内でパクったパクられたの論争に巻き込まれた(同じカプだし発想も似てくると思うんだけど)

友達の友達のところで売り子をしたら、売り上げと本の残数が合わないと難癖をつけられ結構お金を払わされた

個人開催オンリーの共催をしたら、準備期間中主催が別ジャンルにハマって運営放棄してしまい、共催皆で主催仕事を肩代わりした

打ち上げの呑み会は大抵その場にいない人の悪口大会になる

幸いにも(?)上記のようなサークルの対人関係のあれこれだけで、読者から本についてクレームを言われることはなかったのでそこだけは良かったけど…。

なのでもう同人活動や幅広い交流はせず、ツイッターの片隅でひっそり絵を描いて過ごしていきたい。

2020-03-09

ジャンル内での嫌いな文字書きについて

これはたんに愚痴、というか嫉妬なんだけど。

私は腐女子文字書きです。いまのジャンルにきて何冊か同人誌も出しててイベントもでてる。

いまのジャンル同人活動このジャンルが初めてという方が多く、そのせいかイベントにでる、という発想がない人が多い。

前のジャンル同人誌を作り慣れてる方が多くて、アンソロ企画とかもたくさんあった。でも、いまのジャンルネットで満足終わり〜って感じ。

若い子が多いからかなあ?(しらんけど自撮りあげてる子が多いから、若い子が多いと勝手に思ってます

私は本作るの好きだし、イベントっていう雰囲気が好きなのでみんなもイベントでて本出してほしいな〜って思う。

でもそんなん個人勝手だし、イベントにでるのってお金かかかるし本作るのたいただではないし気安く参加できるものでもないってのもわかる。地方の方は遠征するだけで大変だし。私も地方組なので遠征費にはいつも苦しい思いしてますし。

でも、イベントでないけど本作って通販だけやります〜とかなんか違くない??と思ってしまう。こういう思考がもう古い?

あとそれが成り立つのって人気がある人だからなんだよなぁ。人気がない目立ってない文字書きがイベントでもなくBOOTHで本だしたってまず売れない。

通販だけでしかもそれで本が売れるってのは人気があるからできることなんだよ。それを自覚してるのかしてないのか。人気ある目立つ人がそういうことするから他の人もイベント出ないで通販だけでいっかーってなってる。

人気の人がイベント出てくれるとその方目当てのサークル参加一般参加が増えてにぎわうんですよね。だから出てほしい。

私が、あなたイベント出るから私もでようって思いました!って言われるくらい神作家になれればいいんですがね。全然だめ。

私がなんでイベントでるかってのは、まず第一に欲しい本があるから。締切がないと自分の本を出せないかイベント申し込んで退路をふさぐ。あとは実際に自分の本を手に取ってくれる方見れるの嬉しいし、隣のサークルさんと仲良くなったりできるから

でもさーいまはもうツイッター友達できてていまさら輪に入れないんだよねぇ。イベント出会いを求めるのは間違ってるのか?

ツイッターだと相手の顔見えないからどんなトーンで話せばいいか距離の詰め方とかわかんない。SNS弱者。だからこそ作品勝負!ていうか、こんな素敵なの書いてる人と仲良くなりたいって思ってほしい。いやここまで自分で書いててわがまますぎて笑える。自分はなにもしないでまわりからしかけられたい褒められたいってどんだけ受け身だよって話ですね。

前置きが長すぎた。

嫌いな人の話。嫌いっていうか嫉しすぎる人。

その人はめっちゃうまい小説書く(しか友達も多い)が、「もっと感想欲しい」「みんなお世辞だと思ってる」「自分小説はだめだ。下手」「うまい文字書き摂取したい」みたいな自分小説卑下するようなこと言う。じゃあそれ以下の評価しかされてない私は一体なんなんだ!?って鬱ってしまう。感想だってめっちゃもらってるのにそういうこと言うの感想送った人にたいして失礼じゃない?自分の書いたものを正当に評価できないのはわかるけどいいねとかブクマとか数値化されて目に見えて評価されてるんだからそういうこと言わんでもよくない!?嫉妬に狂って毒マシュマロ送ってしまいそうだよ。

その人さ言葉センスがすごくて私がじゃ絶対に思いつかないような表現で殴ってくる。すごい。でも書いては消すっていうか、ちょっと書いてみた〜ってツイッターにあげてみんなに褒めてもらって、でも続きは思いつかないから書かないって平気で言う。私だったらちょっと反応もらえたら嬉しくて何がなんでも無理してでも書き上げようって思うのに。

書き上げてアップするとか、本にしてイベントで売るっていう発想もないらしい。感想欲しいってことは承認欲求はあると思うんだけど。本出せばいくらでも感想もらえるだろうに……。なんでそこでやめれるんだろう。

私が彼女くらいの表現力、言葉センスがあればイベントでて本にしてみんなに褒めてもらって、また調子乗って本出すよ。

書けば絶対感想もらえるのに書かないで、ちょっと書いて褒められて、でも書かなくて。みんなが本出してくれること期待してる人が書かなくて、誰も待ってない私が命削って本だしてるのなんかたまに馬鹿らしくなる。私の印刷代全部上げるから本だしてくださいって土下座したいくらい。そのほうがみんな喜ぶのは目に見えてるし。

でない神本より、でたくそ本っていうけど、でもでた神本だったらそっちのがいいわけじゃん?

まあその人はどんなに魅力的な文章が書けても小説最後まで書き上げる能力、本にする能力がないってことで、その点においては本出した私すごいじゃんって慰めてる。逆に誰も待ってないのに命削って本出すってドMじゃん。感想フォームQRコード載せても感想来ないのに本出し続けてるってある意味才能じゃん?

他にもツイッターSS書いてるいいねたくさんもらう人いるけど、本だしたいって口ばかりでだしたことない人多い。

実際本を出してる分、その点においては私のほうが優れてるって自分を慰めてるけど、そもそもそんなとこで勝手に優劣つけてなんとか相手を下に見ようとしてる私ってレベル低いな……。性格悪い?っていうかなんかもうダメ人間すぎて自己嫌悪の嵐。なんかもっと素直な人間になりたい。同人って趣味だし、楽しいから書く!本をだす!以上!!って感じで生きたい。

同人活動ってか、ツイッター交流しようとするのがむいてない〜〜〜〜!!!

承認欲求ありありのくせに、そこまで上手な小説も書けず、でもプライドだけ人一倍の人ってどうやって自分納得させて生きてる????そんな人間私だけなのか……。

趣味なんだから嫌ならやめればいいじゃんね。でも小さい頃から創作してきて、創作できない自分価値を見出せない。

リングフィット毎日してるのに全然精神まで健康にならないよ……。筋肉が足りてないのか。

2020-03-05

僕の心のヤバイやつ2巻とも買って読んだよ

例のコラムから興味持って無料で読める部分とか、ツイッターのやつとか、皆の考察ずっと読んでた。

コロナのせいでなんとなくショッピングモール内の本屋行きたくなくてうだうだ無料分だけ読んでウオー!ってなってたんだけど、今日ハロワ失業保険認定に行かないといけなくて、ハロワ内のこもった空気でもうコロナは諦めたのでその足で本屋に行った。

イトーヨーカドー内の本屋は小さくて、横のちゃちい飴とるゲームは少し子供いたのに本屋コーナーには子供寄り付いてなかった…漫画コーナーも小さくて「ネット連載の漫画あるかな…」と少しどんよりした気持ち漫画コーナーにIN!

まず新刊コーナーにシメジシュミレーション発見しかし同時発売の少女終末旅行アンソロ2巻がない!別の日にそっちは買うかって思ってシメジシュミレーション持ったら店員が背後から少女終末旅行アンソロ2巻を補充してくれた!見透かされてる!!

しかも小さいのに邦キチ!映子さんが全巻平積み!欲しかったけど見つからなかったやつ!

店員オススメコーナーに自分が今一推ししてる魔女と野獣があってちょっと怖かった。

肝心の僕の心のヤバイやつが見つからない…てか秋田書店とか少年チャンピオンコミックが異様に少なかった…少年漫画青年漫画も棚一つずつしかないので3回ウロつけば見つかるはずなんだけどな…人気あるみたいだし売り切れかな?とレジに行こうとしたら

人気漫画コーナー

にあった!レジの目の前だから気づかなかった!!


そんなわけで待望の僕ヤバを2巻全部読みました。

ツイッターほど仲良くないんだ!?ってちょっと驚いた!山田ってチョロめだと思ってたんだけど攻略難度めっちゃいね!即バッドの選択肢けっこうあったよね!

鼻血出してるとこと好きだってとこで泣いちゃった…

山田だけ見てると高校生漫画みたいだけどしっかり中学生なのすごいし、ヒロイン一人固定ものなのにサブキャラもめちゃめちゃ好きになっちゃう…すごい。

足立市川からしたらクソウザイしちょっと怖いけど意外と悪いやつじゃないし、変態神崎が原さんと上手くいってたり女子好感度高かったり、萌ちゃんビッチっぽいけど山田を守ってたりテスト良かったり漫画読んでたり(ニワカっぽいけどバキの生原稿めっちゃ喜んでた)、小林さんが一番チョロそうだったり、吉田さんは怖いけど山田のために怒ったり、原さんもけっこうムッツリスケベっぽそうだし勘づいてるし優しいし…先生担任ちゃん市川のこと見てるし保健室先生普通にいいし…ナンパイセンがいい人そうなのもリアル感ある。おねぇっていいね

太田(太ってる影の薄いやつ)はわからん

とにかくめっちゃ中学生だよね。いいよね。

あとなんで何回も何回も読み返しちゃうんだろ。とにかくヤバイ。ずっと二人を見てたい。自分になかった青春を二人は謳歌してほしい。

怖い想像なんだけど市川は「僕は頭がおかしい」って思ってたり、保健室で休まないといけない程の頭痛持ちって…脳に物理的に爆弾抱えてたりしないよね?脳腫瘍とかくも膜下出血とかないよね?勝手心配になった…

2020-02-24

推しCPを殺された話

7年も8年も前の話。

TLで推しCPを一人語っていたら、普段から空リプで会話する仲のフォロワーに「地雷だ」と言われた。

そのフォロワー(以下F)が居る時は語るのをやめようと思ったけど、よくよく考えたらFは常にTLに居て、私はそのCPを語ることが無くなった。

気付いたら、私はそのCP萌えられなくなっていた。

どんなに昔の推しCPだろうと今でも愛でられるのに、そのCPだけは【自分推していたCP】という実感が無くて、TLに流れてくる知らないジャンル可愛いCP漫画を読んでるみたいな、他人一次創作漫画を読んでるみたいな感覚で、私の推しCPは【どうやらかつて自分が好きだったらしいCP】【他人推しCP】になっていた。

私は本当はこのCP推してなどいなかったのではないかと悩みもした。その悩みに向き合うのが嫌で、余計そのCPに触れられなくなった。

正直、ずっと怒っていた。7年も8年もずっとだ。

でもFは良い奴だしめちゃくちゃ慕ってくれる可愛い奴で、嫌いじゃない。むしろ大好き。

そもそも当時はワードミュー機能も無かったか自衛手段ブロックくらいしか無かったし、私が気持ち良く語っているところに水を注すのも相当勇気が要ったろう、ブロックさよならなんてそんな簡単なことはしたくなかったのだろうと思い、本人には不満をぶつけずに7年8年心から仲良くしてここまで来た。

もついこの間。Fがそのことを全く覚えていないことがわかった。「地雷を主張したことが無い」と宣った。信じられなかった。信じられるわけがなかった。

お前が私の推しCPを殺したのに?

あんまりにも、あんまりな結末で、どうして良いかからなかった。

どうしてこんなに長い間怒っていたのか、わからなかった。いや、謝ってほしいと思っていたかと訊かれればそりゃ何も無いよりはその方が良かったけれど、何年も前の事なのだからと、時々思い出しては一人切なくなって、誰の話どのCPとも言わずTwitterちょっとした愚痴として投げるくらいにとどめてきた。

勿論こんな怒りは最初から、何にもならない虚無だったのだとわかっている。それにしたって、今の自分の虚無っぷりにどうして良いかからない。7、8年溜め込んだ怒りが一気に虚無に変わって、仕事帰りのラーメンでも太刀打ち出来なかった。

Fも忘れているくらいなら、せめて好きでいたかった。

いっそこれで吹っ切れて例のCPを愛でられるんじゃないかと思って久々に支部を見に行ったけど、もう【他人推しCP】という感覚ですらなくなっていた。無。とにかく無。何が尊いのかもわからなかった。好きだったはずなのに。アンソロまで買いに行った、大好きな大好きなCPだったのに。

Fが地雷の件を忘れているくらいなら、私がそのCP推しいたことも覚えていないのだと思う。

私の推しCPは何処に行ってしまったのだろう。好きでいられるはずだったこの7、8年をどう受け止めたら良いのだろう。

この年月を返してもらうことは出来ないし、好きだった気持ちも返ってこないし、謝罪があれば多少スッキリはするかもしれないけれどそういう話じゃないし、そもそも覚えていないことを謝ってもらうことなんて出来ない。

私はどうしたら良かったんだ。いや、あぁしたら良かったこうしたら良かったなんてのはわかってるんだ無駄なんだ。わかってる。

じゃあ今、どうしたらいいんだよ。誰か教えて。

2020-02-16

2020冬アニメ折り返し感想

継続含む。語彙を失いこれしゅきぃ……しか言えなくなるやつは特に言わない。

異世界かるてっと2

キャラ紹介と設定説明にひたすら尺を食われ、ほぼ下準備で終わってしまったのが第1期。スピンオフありがちな最初から学生設定の学パロやればいいのにと思っていたが、元の話を踏まえた上で作品を越えたキャラ関係性を少しずつ積み重ねているのには好感が持てる。ターレルのすれ違いを察したり、守護者以外からもさすアイされちゃうアインズくんいい。

その積み重ねの上で第2期がギャグ展開になったのにはホッとした。ここから明確な目的を持った真面目なお話をやるには、シリアスシナリオ犠牲にしても許される作品(昔のスパロボにおける東映動画東映テレビ事業部・葦プロ枠)が無いから難しい。逆に全部を均等に持ち上げようとしてさすが◯◯展開が連続シナリオゴミになるのでは?と不安視していた。本当にギャグで良かった。

このすばは原作ギャグからギャグ犠牲になる分には「まあカズマさんだし」「駄女神はこういうことする」と納得される。細長い人は半モブからギリギリ許された感(ヴィーシャなら炎上した)。

新しく来た盾の人も(かるてっとより落ちるだけで)人気あるから、Wのゴライオン的な扱いは無理だろうなと思っていたら、空気になっていた。Aのナデシコみたいな「お客様待遇されるって事前予想よりはマシか……。

空挺ドラゴンズ

名古屋人がドラゴン動力飛行艇から降下して城攻めする話だと思ってた。ファンタジー捕鯨グルメまんがだった。

ミカに「妹を丸呑みしたドラゴンはどんな味がするか、食べて確かめたい」みたいな目的は無さ気だし、竜獲って食いつつ世界設定を見せていく感じの話っぽいね

画面が明るいのが良い。照明の話ね。

個人的にオタ向けのフル3DCGアニメテレビシリーズといえば全カットを暗いロケーションにしたがる印象があった。というかアルペジオからしばらく暗い場所いっぱい出せる題材(深海とか宇宙とか)ばかり狙ってアニメにしてたまである

暗いのはCGの粗をごまかすためだから……と諦めてたんだけど、最近は画面が明るいものが増えてきてありがたい。これも雲の上が明るいのは当然として、船室の灯りでもキャラの表情がちゃんと見える。

ライティングだけじゃなく、カラーリングも変わってきている。以前のCGアニメは少しくすんだ(センチネルカラーやそれを濁らせたような)色が多かったけど、最近ビビッドな色も増えて、これも画面の明るさに影響してそう。

こういう変化は特定CG制作会社の話でなく、全体的にそう。業界で何か革命でも起きたんだろうか。

インフィニット・デンドログラム

NEEDLESS』『マガイモノ』の今井神先生執筆するコミカライズ版は、ホビージャパン無料Web漫画サイト コミックファイアにて大好評連載中!(ダイレクトマーケティング

https://hobbyjapan.co.jp/comic/series/dendro/

全話無料公開されてるので読んでね!(ダイレクトマーケティング

コミックスはHJコミックス6巻まで、原作ライトノベルHJ文庫12巻まで発売中!(ダイレクトマーケティング

HJ文庫といえばドラマCD付き特装版。デンドロもドラマCD付き特装版出してくれないかな。12巻のカグヤとの会話でああそういえばこれってネメシスヒロインのつもりなんだっけ?ってなるくらい、アズライトさんのヒロイン力がものすごいので、ドラマCDでアズライトメインの話やってほしい。藤林先輩とおまけで女化生先輩も出してほしいね。隣に住んでるフランス美女も。

あとHJは定期的にザガン様のドラマCD付き特装版出して。六畳間もドラマCDエル編出して。やくめでしょ。

推し武道館いってくれたら死ぬ

サブカル系でもないのに鮭って。ギャグ漫画かよ……平尾アウリって百合アンソロで毎回不条理ギャグ漫画描いてる人だわ。じゃあこれギャグ漫画だわ。

でもギャグだと思って見ても、えりぴよしかいない舞菜列には涙出る。

アニメ主題歌でちょっと前の流行歌カバーするの流行ってるよね。歌詞意味アニメキャラの心情でオーバーライドして勝手イメージソング認定するオタクの遊びを公式!?みたいな驚きも薄れてきた。

今回は桃色片思いなのはファンからアイドルへの想いと、アイドルから特定の)ファンへの想いという双方向解釈。えりぴよ視点だとイカレたドルオタギャグ(非ガチ恋)なんだけど、舞菜視点では桃色のファンタジーガチ恋……?)。

というかえりぴよさんが一人狂ってるだけで、ChamJamのメンバーは全員普通百合漫画みたいなことしてるよねこれ。普通百合漫画描けるならエクレアでもやってくれませんかね平尾先生

ゾイドワイルド ZERO

最初期に帝国共和国戦争!って古参イダーおじさんがキャッキャしてたけど、ジェノピノ共和国首都襲撃未遂の直後に皇帝大統領握手するくらい友好関係アピールしてる……一部のタカ派軍人が互いに脅威を煽ってるだけでは?

ワイルド無印で言うとまだベーコンが死んですぐなので、ここからジェノピノの復活と、玩具漫画バレしてる凶悪な大型ゾイドの大暴れが楽しみ。

あとはZiフォーミング周りの設定かな……コンセプトアート設定でやってるからただの先祖殺しだよ説もあるけど、現状だとゾイド撒いて地球人を根絶やしにしてから地球惑星Zi化改造する悪の侵略者ゾイド星人にしか見えねえ。

話とは関係ない所で残念なことがある。玩具ではゾイドの改造(武器の交換・増設)を売りにしてるのに、アニメでは改造の扱いが雑。ライガーが銃砲装備してもすぐパージちゃう

ずっとレオメカに強い描写をしてる割に、ライガーの姿が大きく変わる強化は2回(ビーストライジング)とも地球惑星Ziにするマシンのパワーで謎進化してるのもなんだかなぁアニメは改造推し捨ててんの?

ゾイド紹介コーナーで言ってる設定がアニメ本編と食い違うのも気になる(ライジングライガーレオが改造、クワガノス配備済み、など)。この辺の足並みの揃わなさ(前年の「フリーダム団」と「チームフリーダム」みたいな)はメディアミックス的にどうなのよタカトミ。

22/7

ナナニジのことは理解者と倉岡さんくらいしか知らないけど見ている。計算中見ておけばよかった……割りきれないラジオ聞いておけば……くらてん聞いておけば……ネット上の古参アピール見るのしんどい……おっさん芸人キャバ通いとか知らんがな……。

今回のOPEDCMでいくつか聞いた限りなんだけど、この子達の歌って歌詞暗くない?今どきのグループアイドルってこんなもん?

アニメの話もちょっと暗め。暗い≠つまんない。でも二次元アイドルってたいてい明るく楽しく元気良くで、途中でちょっとパート入っただけで大炎上する核地雷原みたいなとこあるじゃん?当然の結果ですとか憎いよぉとか。それにナナニジは生放送ラジオマンスリーゲストDJ阿弥陀如来を送り込んでくるヤバいグループという認識があったから、放送前の個人的な予想とはまったく違って、かなりびっくりしている。でも当番回メンバーの闇を見せていくスタイル、俺は好き。俺は。

とりあえず中の人パーソナリティコンテンツストーリーは別ものだろうし、ヨナヨナのことやラジオ聞いてないことや計算中見てないことは忘れよう。壁≒先聖センセイ≒秋元康という邪推もやめよう。

映像研には手を出すな!

商売としてどうなるかはともかく、確実に今期最大級話題作になる感じのやつ(レビュアーズが国内外バカウケかつチキンレースアクセルベタ踏みのまま崖から離陸したので、「今期一番の」とは言いづらい)。

水崎氏、リアルな演技云々言ってたから、昔のディズニー映画的なフルアニメーションやりたいのか今どきマニアックな…と思ってたら、普通アクションに予備動作入れたいって話だった。そりゃ未来少年コナンに釣られてるわけだからそっちだよねぇ。空想科学読本でイジられるような身体能力には目を瞑るくらいのリアル指向

浅草氏のデザイン線多くね?原動画描くこと一切考慮せずにSF的に正しいデザインちゃう昔のスタジオぬえみたいなことしてる……安彦良和にお前が回頭シーン描くんだぞ?って言われちゃうやつ!(あれ実際には佐藤元がやったらしいけどね)

クライアントであるロボ研の目の前で前面投射面積の話しちゃう浅草氏のコミュ障っぷりが辛い。お前そこは高橋良輔に倣ってリアルロボがいかアンリアルか(同時に故に格好良いことを)フィルムで魅せろよ……なんで端から押井守パト方向に行っちゃうんだよ。コミュ力ありそうな水崎氏まで巨大ロボはリアルじゃない談義に乗ったらダメでしょ。映像研の方々はデリカシーってご存知ない……?

それにしても浅草氏はアニメが作りたくて設定考証兼デザインイメージボードやってきたのに、映像説得力をまるで信じられてないんだな。なんで巨大ロボはリアルじゃないから云々と悩んでるんだ。いかにもまんがな見た目の戦車デザインしてまんがな動きを演出して、それを女子高生にぶった斬らせて予算勝ち取ったくせに。あんアンリアルものを自信持って人前で上映できるなら巨大ロボも十分ありでしょうが。そこんとこが今後描かれるかどうかで個人的に大嫌いな作品になるかもしれん。

2020-02-03

アンソロジー寄稿した作品

アンソロジー寄稿した作品をしばらくたったあと作者が自らpixivなどで公開するパターンがあるが

私はアンソロジー寄稿した作品アンソロジーしか読めないことに美徳を感じる。

本当に、そのアンソロのためだけに描きました、アンソロじゃないと読めませんということでレア感があってなんだかいい。

アンソロの買い時を逃してしまったファンにとっては後だしの作品公開は嬉しいことだと思うが、アンソロ寄稿した作品はそこでしか読めないということに美しさを感じる。

2020-01-27

腐女子なんだけど前自カプが連載途中で死別した時、A×Bの大手の人はそれを生かして(?)2人が幸せになれるわけなかったよなあ!?みたいな方向の創作に行って地獄アンソロかいうの出したんだけどB×Aの人は「実は生きてた、再会してハッピー」「天国では会える」みたいな方向にやたらわかれて、次のジャンルオンリーでは同じ島にハッピー路線の人と地獄アンソロが隣で並んでてこの光景地獄だよって感じで笑った

2020-01-24

予期せぬ同人トラブルに巻き込まれている

楽しそうじゃんという危機管理低い頭で、アンソロ参加したら発行直前で叩かれだして涙目

主催ツイート事細かに読んでれば防げたかもしれないけど、張り付いてないかしらねーーーよ

でも主催やばい

若いから文が稚拙なのかなと思ってたけど、今考えればやばい

やめたいけどもう原稿出しちゃったし

もうどうにでもなれ!!

でも参加者ってだけで名前晒すのやめてや!!!!泣くわ!!!

2019-12-29

死んだエロ漫画雑誌Girls forMを振り返る

Girls forMとは?

ガールフォーム(G4M)は逆転無し女性上位を謳ったエロ漫画雑誌不定期刊で高くてページが分厚い割に中身がペラい。LO編集が同じ?なので煽り文がウザい。クソ雑誌だった。

……クソ雑誌ではあったけど、M向けという点においては唯一無二の雑誌だった。

G4Mは12月27日発売のVOL.20をもって休刊した。

これからはもう二次マガ(これも電子オンリーになった)に女性上位小説紛れこんでないかな……とか、マショウで逆転の無い童貞いじりものいかな……とか、どっかそれっぽいアンソロねえかな……とか、そういう探し方をするしか無い。どれも特殊な嗜好で蠱毒やってるやつじゃねえか。ふえぇ……そんな打率低いとこから自分好みの作家探すの辛いよぉ……。

以下個人的な印象。期間を分けたが、刊行間隔が不定期なので必ずしも巻数と一致しないし、あくまでも印象なので期間も正確ではない。

初期

豆(作家名)を中心に玉蹴り・去勢跋扈し、果ては殺害に至る作品もあった。ゲスト的にあかざわRED黒龍眼(当時はこくりう名義?)といった作家も参戦してたり。一方でこれはただの騎乗漫画では?というものも多数あり、良く言えば幅がある、素直に言えば的を絞りきれていないクソ雑誌感丸出しだった。

そもそもM向け漫画を描ける作家の発掘がまるで足りておらず、編集部手持ちのLO作家らしき作家のクッソ雑でどこで抜かせたいのかハッキリしない漫画や、ただの甘々ロリ漫画でページを半分くらい埋めていた。

これは初期じゃないけどLO作家単行本発売宣伝LO向けロリ漫画をG4Mに載せたのなんだったの?ただのロリ漫画なんかお呼びじゃなかったんだけど。あんものに金払ったのかと思うと怒りさえ湧いた。今でも許せない。

中期

看板作家だった豆が単行本発売と共に離脱。G4Mはこの単行本1冊出してサヨウナラタイプ作家が非常に多く、cloverサークルハイパーピンチ」の人)や紅維まと(ゲームking exit」の作者)らも単行本発売と同時に載らなくなった。辛い。この二人は特に良い作家だったので本当に辛かった。もっと読みたかった……。

編集部的には大嘘作家名)を豆の次の看板にしたかったのか、凝った設定(というか女尊男卑社会もの)の連載やらせようとしたりしてたけど、あれスベってたな。どうせ大嘘はJCJKの脚と尿にしか興味ないんだし、そこをじっくりやらせればいいのにな。

プレイに関しては豆離脱と同時に玉潰し・去勢ネタが減り、逆アナル作品が非常に増えていった。本番やるなら騎乗位か逆アナルって法律編集部にあったとしか思えない。

結局騎乗位を毎回やってた丸居まるが中期から末期の事実上看板だったんじゃねえかな……「女性上位なだけでM向けでもなんでもないやつ」って一般需要あったしな。なんで他社から出た単行本の方がキツめのプレイしてんだよ。あと宮元一佐も甘々だったけど一般ウケはかなり良かった。ニッチ雑誌一般ウケとは?

本番以外も含めると赤ちゃんプレイやBDSMいかにもSMクラブっぽいの)、ニャンガースなどネタの幅は増えた一方で、同じ号でのネタ被りも散見され、編集無能説が俺の中に湧き上がっていった。既に逆アナル作家がいる中で複数人が逆アナルネタやるとか、社会疲れたサラリーマンにローションマッサージというシチュまで被るとか、そこは調整できなかったのか?と。

キツめのネタは捕食系の死亡エンドが主。描写自体残酷さはかなり抑えられている。

末期

離脱する作家が多い一方で同人作家からの発掘もあり、女の子に弄ばれるマイクローンいいよね!とか、水着みたいなピッチリした衣服大好き!とか、ヤバげな一芸に特化した作家も集まってくる。そういうやつに限って抜き所がハッキリしていて、新人作家ぼんやりした作品よりも出来が良いから、余計に明後日の方向に先鋭化していく。

ただプレイのものは全体的に丸くなったというか、男にそこまで酷いことをしなくなった(去勢はほぼ無い)ため、初期の読者からプレイヌルいかダメだという指摘もあった。この雑誌は逆転無し女性上位だけは徹底していたけれど、その結果彼女の尻に敷かれるのか、そのまま顔騎で窒息死させられるとこまで行くのか、という指針を刊行初期に示せなかったのはマズかった。

結局読者に全部求められたまま、一般ウケ狙いの甘々と特定作家ニッチ属性責めの二極化で突っ走ってしまった。甘々の対極が玉潰しかニッチ属性に変わっただけだこれ!

まあヌルいと言っても、シュガーミルクあたりは男が縛られてカッターで切り傷付けられたりするの描いてたりしたけど。あとおねショタでもcloverのきっずすてーしょんをちょっと緩くしたような、ショタ人生捻じ曲げて壊しちゃう系も多くて、絵面の過激さとは別にこれはこれで残酷だったり。

そんなこんなで、個人的には憎みきれないものの、雑誌の死は当然みたいなところがある。死が結果なら過程も死ばかりだった。エロゲブランドコラボして同じ世界観の元で作家に描かせるみたいなのもやってたけど(前々号だっけ?)、そのブランド担当者退職でこないだ潰れた……。

最終号(Vol.20)は

薄い(物理的に)。これで税込1100円はボッてるでしょ。しかも再録2本って。正味200ページぽっち。内容も薄い。絶対ボッてるって。

漫画漫画の間のページは全てG4Mレーベル既刊の広告。その作家が今号に載ってるかどうかも関係なく、とにかく広告。あ、もう終わるんだなって感じの構成をしている。

しかし薄い。ペラい。読者プレゼントディビ単行本9月発売)サイン入りはともかく、販促品セットは在庫放出しかない。

見てて辛い。最後花火というよりも、絞り滓みたいな最終号だった。

感想

何度も書くが、G4Mは死ぬべくして死んだ。愚か者の当然の宿命だ。

これ二次マガみたいに◯◯特集でくくりを作るしか無かっただろうな。

玉蹴り特集前立腺責め特集!とか。半分くらいそのくくりでやって、あとは自由(連載とか)って感じにすれば、まだ指針を示しやすかったのでは?……でもお題無しだったのにネタ被りさせまくってた編集部だし、同じことか。エレンシアコラボは被らなかったというか、各人が己の趣味嗜好に走っただけ……。

宮元一佐丸居まるの甘々な騎乗漫画が求められちゃうのはパイを考えたら当然なので、逆にここを看板にして売りつつ、過激めなのを裏の看板にしていく方向性は……無かっただろうな。編集趣味か、女尊男卑社会ネタやたら多かったしな。最後までやってたし。

カップルでキツいSMプレイみたいな方向性でやってる作家も少なかったし、というかキツければキツいほど付き合う方向の話自体が少なくて、だいたい道具のように使い捨てられてた。やっぱり編集趣味では?

そのため作風の幅は広いようで狭かった。なので毎回シチュプレイも違うのになんでもハイレベルで描けたclover離脱は本当に痛かった。ヤリマンに辱めを受けたい需要はあったのに供給されなかった哀しみ。

それにしても作家集められてないし逃がしてるの本当にクソ。

あとふたなりアナル作家にふたチンポ描かせないとか、編集脳味噌腐ってんじゃないのかな?まあぴりりねぎすたーきーも良い作品ばっかだったけど、やっぱり可愛い女の子巨根でヒイヒイ言わされたかった。ディビ単行本同人から(だと思う。G4M本誌で見てない)ふたなり入れるなら、この二人にも描かせれば良かったのに。

今となっては陵辱の言い換え語になってるNTRもM向けでやれただろうに(というか寝取られ・寝取らせはマゾッホもやってた定番プレイ)、これやってる作家もほぼ居なかったな。まあこういう精神的な責めはダメって読者もネット見たらめっちゃ多かったし、これは妥当か。ダブルエスサイズ最終話は最高だったのに、めっちゃ批判されてたもんな。

いやそれでもclover無償の愛みたいなやり方はできるだろ!あと高に載ってたヤリマン彼女自分以外とヤりまくってる漫画とか、あれG4Mでやれよと思ったよもったいねえ。

商業でM向け雑誌やってるのが唯一の美点だったのにな。休刊でその美点も消えて、もうクソな部分しか思い出せねえ。これ以上何を言っても貶すことになるからお礼を言って終わる。

好きな作家単行本出してくれてありがとう

2019-12-18

anond:20191218145540

その数倍、BLに落ちる層がいるけどね

小学生の娘曰く、今一番流行ってるのは鬼滅らしい

娘はしのぶさんがかわいい!って言ってるだけだが(親からみても腐の素質はなさそうだ)

中にはそこからBLに行く子も出てくるだろうなあ

と、娘と同じ年の頃C翼や星矢同人アンソロ読んでた身としては思う

2019-11-18

わたモテアンソロ感想

谷川ニコ

よっ原作者原作者以外が書いたらぶん殴られるけど、原作者が書く分には仕方ないね

ここ最近の群集劇らしさは無いものの、もこっちのもこっちらしさと、こみなんとかさんの関係ちゃんと丁寧に掘り下げられてて、掘り下げられてるだけに、この二人の関係を本編で見抜いてるきーちゃんの恐ろしさにはねるの良い。

関係ないですが、アンソロ2があるなら、ラヂヲヘッドさんをゲストにお呼びしませんか?

辻真先

ベテランから何しても良いと思うなよ、と若干イラっとしてしまったが。(特に表紙のうっちー枠ここ? と悟ったあたりで)

良い意味でも悪い意味でも同人誌って感じで、嫌いじゃないよ、嫌いじゃ無いけど、うーむ。

青崎有吾

一番ミステリを書くのがうまい奴が一番わたモテを上手に書けるわけじゃ無いの、当たり前なんだけど、当たり前だからこそ、なんでこの企画通ったのか不思議になるわ。

原作ネタを丁寧に拾って、かつそこからぐぐんと膨らませる、裏染くんの推理みたいなできでとても面白かった。

ただちょっと普通かなあ。円居挽作品みたいに、もう一度本編を読み直さなくちゃ! という焦燥感かられるほどではなく、普通にただ「ありそー! こういう掘り下げありそー!」で終わってるというか。

ある漫画がもってる当たり前の側面を当たり前に見せてくれただけで、もちろんこれはこれで面白くてよいのだけど、円居挽がなあ、円居挽がああだったからなあ。

相沢沙呼

オチから逆算してこの配役にしたんだろうけど、オチすき。

ただのそのオチに向かうまでの道中は本編ではまだほとんど掘り下げられてないキャラを、かなりガッツリ掘ってるけど、ちょっと質感が湿っぽい感じがしなくもない。

(湿っぽいの相沢沙呼らしさな気がしてるけど、これは単にデビュー作のラストの謎解き中ずっと登場人物が泣いてたからだと思うんだよ)

もこっちが良い意味でも悪い意味でも空回りしてこそで、もこっちと同じ目線に立つキャラってのはなかなか難しそう。

良い意味でも悪い意味でも夏帆相沢沙呼してて、谷川ニコちゃんインストールした前後の二人と比較するとそこが残念かも。

(わかんないけどね、夏帆が本編でもああだと逆輸入されれば違和感なくなると思うし)

円居挽

で、で、でたー、ツイッター面白さと作品面白さのバランスが最も悪いミステリ作家ただし2次創作は除く! の本領発揮だあああああ!!!

わたモテ読書ほぼ全員が抱いてるあの疑問をミステリ仕立ての奇妙な謎とともに解き明かす見事な展開。

修学旅行からのいわゆる「わたモテ第二部」をもう一度読み返したくなる、わたモテを新たな切り口で見せてくれた、とんでもなく良い作品だった。

もちろん、物語としても、ミステリ仕立てで、そのミステリの謎解きにわたモテらしい実在アニメ漫画が関わってくるのも良いし、わりかしアンソロジーとしてのオチ感もちゃんと出てて面白いんだけど。

それ以上に、わたモテという作品解釈をこうするというのが、とにかくすごい。なんていうか、こう、「おめえらの知ってるわたモテってこっちの面だけなのか?」という挑発じみた展開でもあって、こりゃまじですごい、面白い。

あと、全方位的なカップリングの面もちゃんと抑えてるのもにくくて、うっちーすこの僕も量は少ないものの良いうっちーうっちーいい。

わたモテという作品本質情報が乗ってるよ、いいのこれ、最終回であかすやつじゃないの? 大丈夫? と心配になるわ。

そりゃまあ、こいつの作品面白く無いなら、そもそもこんな企画を立ち上げるなよって話なんだから、これだけのクオリティもそりゃそうなんかもだけど

それでも、さすがのさすがで、こりゃすごいわ。

カイジキングレオの回想も一緒に買ってきたんだけど、こりゃカイジの方はわくわくすっぞ!

総評

円居挽に読むものも食べるものも抜くもの支配される人生も悪く無いのかもしれませんね。

わたモテアンソロ

原作者ってやっぱすげえんだな

面白さの桁が違うわ

あと紹介する作品面白いのに自作品の出来にそれが一切反映されないツイッター芸人さんは、逆転裁判の時も思ったけど二次創作だと面白いのなんなん?

カイジも買ったから楽しみ

2019-11-11

anond:20191111172643

俺は今年で31だがBLアンソロ書店においてたのは普通にたことあるぞ。

先にネットでそういうもんがあるっていう知識は知ってたから中身は読んだことないが。

anond:20191111173506

アニメイトがない東北田舎書店ワンピBLアンソロ平積みしてあったの見たことある

まだ連載初期でぎりぎりいとうみきおが生きてたくらいの時期だったと思う

anond:20191111162640

ふーん今はそれほどでもないのかな?

ワンピースくらいまでなら普通に書店にBLアンソロ置いてあったよ

今はどうだか知らないけどさ

星矢とかセーラームーンエロアンソロを間違って読んじゃったトラウマ話って今の30~40代には定番

anond:20191111171737

彼女池袋アニメイト行ったときかに全年齢アンソロとか、全年齢(?)なのにエロいBLとかはいくつも見たんだけど、元増田の言ってるような「何十年も少年誌の横にBLアンソロが置いてあった」みたいなのはおかしいと思ったんよね。

anond:20191111170609

実態確認してないけど全年齢アンソロ自体存在するからね。

BLコーナーにまとめられてるのかも知らんけど

anond:20191111170941

たことない人に説明するの難しいな。。

スクエアエニックスとかゲーム系の出版社なら、隣に大型の資料集置いたりするでしょ。

同じように、少年誌棚の隣に少年誌BLアンソロが置かれてたんだよ。

もちろん別の棚、それこそエニックス系の隣にアンソロ棚があることもあったけど。

年上の腐女子の知り合いいないの?聞けばマジで教えてくれるよ。

anond:20191111170812

アンソロ置いてるような本屋ってコミックコーナーだけでかなり広く取ってる大型本屋だけだろうし

それで少年誌の隣にアンソロなんて配置にする?

その前に青年誌じゃない?

メイトみたいなオタク専門書店ならあったかもしれないが…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん