「2ちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 2ちゃんとは

2018-11-17

女A「なんでみんなアンドロイドなんだろうねー」女B「ねー」

増田「いやいや、だってさ、2ちゃんアプリも使えるしさ、iOSって電池勝手に使うしさ…」

女A「ふ、ふーん、っていうか誰この人…?」

女B「い、行こ行こ」

https://anond.hatelabo.jp/20181117114626

2018-11-15

anond:20181112170715

それを言うなら、

まれ2ちゃんまとめよりもレベルの高いラノベがある

だな

2018-11-14

川上量生さんがやまもといちろうさんに抗議文を送ったみたいなんでまとめてみた

川上氏の言い分

政府への意見書2ちゃんまとめ状態」って言うけど、最初引用したのは別の人だよ。自分はそれにツッコミいれただけなのに「2ちゃんまとめ」って言うのはいくらなんでも意図的誹謗中傷じゃないの?

ブロッキング議論関係ないのに「ニコ動の有料会員数が減ってる」ってのは名誉毀損じゃないの?

川上量生さんのいつもの思い込み妄想でない限り」っていうのも名誉毀損だよね?

ブログタイトルツイッターアカウント名をわざと入れる嫌がらせやめて。通知来まくって業務妨害だよ。故意でしょ?

山本氏所属している情報法制研究所理事長にも言いたい。なんで山本氏を怒らないの?権利侵害行為容認してない?拡散してない?

なので、謝罪して削除してね。

■やまもと氏の言い分

ごめん、ちょっとよくわかんない。どこが名誉毀損なの?

何を謝ってほしいの?

「主張の裏付けとなる証明」をしてくんない?

ちなみに研究所からお金はもらってないよ。

返答をもらえれば精査するし誤りがあれば謝罪するよ。

ていうか「NTTと密約」とかもなかなか認めなかったし川上さんも不誠実だったんじゃないの?

川上さんも「バカ」とか「総会屋2.0」とか中傷したじゃん。

2018-10-29

正直、増田って昔の2ちゃん層がメインでしょ。

じゃなきゃ、こんなにネット老害が集まってるサービスは珍しい。

ネット老害TwitterとかFacebookでイキって厄介になる前に増田という箱を用意して閉じ込めようとする施策だとすら思う。

2018-10-17

anond:20181017153706

高齢化が進んで寂れた はてな村では 新しい物語を作れる人がいないから、

古い2ちゃんコピペのほうが伸びるんだよ。

2018-09-14

anond:20180914102028

一昔前の2ちゃんみたいに草生やしながら品性下劣、だからな。

いやはや。確かに品性が高尚だ。

自分から怪文書を名乗る元増田とは比べるべくもない。

2018-09-13

最近はむしろ海外にも2ちゃん的なノリの場所が増えてきてネット全体は退行してる感じすらある

2018-09-03

自分より性格の悪い人間はいないと思う

中国人韓国人が嫌い

満員電車では全員死ねって思ってる

歩きスマホ死ねって思ってるけど自分もやる

・女が基本嫌い。特にコンサバ

デキ婚バカにしてたら自分デキ婚した

しか離婚した

自分にも子供いるくせに電車に乗ってくるベビーカー邪魔だなと思う

電車でむかつく奴いるとわざとぶつかる

店員の態度が悪ければこっちも態度悪くする

2ちゃん愚痴スレに入り浸ってる

疲れた

2018-08-28

少し久しぶり

やっぱ楽しいことに夢中になってるとこういうところ見ないな

以前2ちゃんやしたらばをずっと見てたとき精神状態最悪だったし

自分にとって匿名の場が逃げ場だということがよくわかる

2018-08-22

anond:20180822144608

なんJって、5ちゃんですか?

まとめサイトはみたことあるのですが、(ヘタしたらニュースサイトで同じ記事ばかりのよりまとまってるので時々すごいと思う)

こういう「*にたい」「*ね」「*される」「*す」なんて物騒な文言が、

挨拶なんですか。

存じ上げませんでした。

大型匿名掲示板は、調べ物で深堀したときに稀に過去スレッドが出てくることがあるんですが

一年に1回もROMさえしない感じです。

大型匿名掲示板に書き込んだ経験も一度もありません。

まだ2ちゃんときに、aa可愛いので、自分でも使いたくて検索したりすることはありました。

正直欲しいのは。aaくらい。TwitterBotになってる可愛いaaのがあるので充分ですし。

anond:20180822112926

なんかゼロ年代前半2ちゃんの「やらない善よりやる偽善」的なアトモスフィアを感じた。

anond:20180822090833

ひ*ゆきさんて、増田さんが入信したとこって言われてない?

まり2ちゃん、5ちゃんってそっち?

2018-08-15

2ちゃん増田で「日本語の音象徴発見した!」って言ってた人

今どうなったんだろう。

集合論」って繰り返し言っていたのを覚えている。

はてなブロガーってなんぼのもんなの?

増田使ってるだけで他の機能興味なかったけど

はてなブログブロガーに有名な奴とかいんのね

正直すげー狭い界隈の有名人だと思うんだが

なんかちょっと分かってる風というかネットご意見番雰囲気醸し出してるのウケる

2ちゃんコテハン臭がする

2018-08-12

anond:20180812082945

ちゃんとか2ちゃんとか、やったことないんだけども。

ROMは、検索したらひっかかったりして、ゲーム攻略などでみたことはあるよ。

2018-07-20

「今から面白いことやるよー!!」

「ね、この記事面白いでしょ、面白いでしょ??」

っていうテンションで書かれた記事面白いけがないんだよなぁ

だっておいら2ちゃん育ちやし

2018-06-26

Hagex-day.Infoが「故人サイト」になってしまたことを受け入れられない

「故人サイト」という本がある。

 慣れ親しんだブログサイトが突然更新されなくなっても、多くの場合理由など分からないが、その本に出てくるサイトは、タイトル通り、管理人の死去によって「故人サイト」になったものばかりである

 例えば主が病没した場合家族などがその旨を報告すれば、読者は悲しいけれどブログ主との別れを受容することになる。

 刑事事件や不慮の事故海外旅行先の病気などで命を落とされても、報道された人物と、ブログに綴られた情報とのシンクロに誰かが気づくことによって、多くの読者がブログ終焉理由を知るに至るケースもある。

 まさか、私が最も長い期間読んでいたブログが、これ以上ない衝撃的な形で、NHKトップニュースになるような(6/26朝)経緯で、「故人サイト」の仲間入りをしてしまうなんて。


 6月25日朝7時、いつものように「Hagex-day.Info」をチェック。更新されていない。予約投稿であろう「本日一曲」もない。

 いつだったか、数日単位更新がなかったときは、「Hagex心配する人の声まとめ」みたいなのもできる位マメに、精力的に更新されていたブログなのだが、朝イチでは更新されていないことは時にあるので、この時点ではいもの朝だった。

 25日の朝9時前、Twitterトレンドに「hagex」を発見し、「へ~、何で?」と見に行ってみたら、とても信じられない、悪夢のような文字が。字は読める、意味は分かるのだが頭が理解しなかった。

 確かに地元福岡で24日夜に勉強会をする旨を彼は告知していたが、まさか

 Twitterで「この被害者Hagexさんでは」という書き込みを読み進め、「福岡セミナー講師が刺された」「講師とはHagexさんだったらしい」ということは飲み込めたが、「刺殺」ってなんだ。もう生きてないのか、死んじゃったのか。

 どうしても飲み込めなかった。とてもじゃないが咀嚼できる情報じゃなかった。

 刺された人がいたとしても、「人違いでした」というオチ絶対にあると思っていた(”ロング・グッドバイ”みたいに、仕組まれ替え玉じゃないか…と。代わりに死ぬ人がいなければ成立しない、酷い願望なのに本気で考えた)。

 タブレットに表示されたHagexさんのお顔、お名前、知りたくなかった。知る必要なんてなかった。Hagexさんが自ら開示されるならともかく、いったい誰が、こんな形で彼の素顔を知りたいと考えるだろうか。

 25日は他の事が手につかなかった。たまたま仕事を休んでいたのは幸いだった。26日の朝も、目覚めてすぐに「あれは夢だったのでは?」と思った。

 

 夢ではなかった。


 Hagexさんのブログは04年4月から始まったらしい。

 私が読み始めたのはいつ頃だっけ?と、記憶に残る最も古い記事検索してみたら05年のこれ。

  http://hagex.hatenadiary.jp/entry/20050813/p1

 この少し前から読み始めていると思うので、約14年間の「Hagex-day.Info」の歴史のうち、約13年間、ほぼ毎日読み続けていたことになる。

 きっかけは発言小町だったと思う。

 その頃よく発言小町を読んでいたのだけど、Hagexさんやトピシュさんの言うところの「もやもや」を抱くことが多い。

 「いや、これ創作でしょ」「これ、トピ主が変でしょ」等々、突っ込みを入れて楽しみたかった私が見つけたのが「Hagex-day.Info」だったのだ。

 その他、発言小町まとめサイト複数あったのだけど、小町運営会社から抗議があったらしく、ある時期に全てなくなってしまった。

 Hagexさんも、「小町運営会社からはてな削除依頼があったが、削除依頼があってもきちんとユーザーサイドの意見を聞いてくれるのは大変嬉しかった。」と仰っていた。

 その後、ブログ批判したサイト運営会社から名誉毀損信用毀損」を理由削除要請があった際も、即削除することなく、ユーザー意見を聞いてくれたはてなに対し、「ユーザーに対して誠実な対応をしてくれた、はてな感謝!」と綴られている。

 それらを読んでいたので、私も「はてな」には良い印象を持っていた。


 Hagexさんのブログ、ごく初期は普通日記、その後は発言小町から抜粋発言小町から転載が禁じられて以降は2ちゃんねるからコピペが多くの割合を占める。

 事件で初めてHagexさんのブログを訪れた人は、「ただのまとめサイト管理人じゃん。何を騒ぐことがあるのか」と思ったりするのだろうか。

 そういう方(はてなにそんな人はいいか…)は、是非右側の「人気記事」に並ぶエントリークリックしてほしい。特にFacebookバカばかり」とか。

 私は、2ちゃんから転載別に嫌いじゃないし、読み物として読んでいた。面白いと思ったものブックマークもした。

 しばらくの間は、「Hagexさんは、時折投入する渾身のエントリーをより多くの人に読んでもらうために、せっせとまとめサイト的な投稿をしてるのだろう」と思っていたのだけど、「三度の飯よりインターネットが大好き」な彼は、まとめ的投稿結構楽しんでいるのだろう、と考えるようになった。

 でも、Hagexさんの真骨頂は、やはり時折アップされる舌鋒鋭いネット批評

 Hagexさんのお蔭で、仕事子育てに追われる私も、「デマは怖い。デマは、面倒でも火消ししなければすぐに広がってしまう」とか、「これ、掘って行ったらココと繋がるのか。やばいよね」等、ネットと、それに連なる世間の怖さを垣間見ることができた気がする。

 あるいは、TwitterRTされてきて、「何これ、こんな安い話によく食いつくよね」と鼻白む思いで見たサイトが、Hagexさんによってコテンパンに貶されているのを読んでスッキリしたり。

 「“落としどころ”なんて言葉はオレの辞書にはない」と言わんばかりの、どこまでもしつこく、容赦ない筆致に、「これ、食いつかれたら大変だわ…」と嘆息することもしばしばだった。

 一方、Hagexさんの映画音楽評は実にユーモラスで、「観て(聴いて)みようかな」と思わせるものだった。Hagexさんのエントリーが切っ掛けで観た映画は少なくない。

 その中でも最も素晴らしく、紹介してくれたHagexさんに感謝しているのは「ザ・フォール 落下の王国である

 ハゲ子の社畜ぶりを自嘲するエントリー最近飼い始めた「猫先生」を含む、Hagexさんの身辺雑記も楽しかった。

 そういえば、「古本屋さんで買った本にかなり昔の写真が入っていた。アップしたら持ち主が見つかるかな?」というエントリー写真とともにアップされていたこともあった。「写真、アップしちゃって大丈夫?」と思う一方、「Hagexさんロマンチストなのかな」と微笑ましく感じたエピソードだった。


 Hagexさんは福岡出身で、貶しながらもこよなく故郷博多弁を愛していること、タバコが大嫌いなこと、小児を性の対象にする行為断じてさないこと(当たり前の事ではあるけど、これに関しては殊に強いHagexさんの意思を感じた。)など、ブログを通じてHagexさんの人となりが、断片的にだけど見えてきたような気もしていた。



 そんなHagexさんが、故郷で開催する初めての勉強会、その終了直後に問答無用で殺されてしまうなんて。

 あれほどネット上の戦いに精通し、危機管理に自信を持っていたように見えた彼が、理不尽暴力の前にはあまりにも無力だった(というか、誰だって無力だ)。

 Hagexさんは、容疑者とされる人物が、自分と同郷だということを知っていたのだろうか。


 酷すぎて、酷すぎて。

 使い古された言葉だけど、これまでの人生で使う機会もなかった言葉だけど、「神も仏もないものか」という叫びが、私の中で暴れ続けている。

 心中で叫ぶだけでは、やりきれなくて辛いので、心の赴くままにだらだらと綴ったのがこのエントリーです。

 東京で行われた一回目の勉強会結構本気で行きたかったのだが、幼い子を持つ身なので諦めていた。「これから勉強会を定例化するのであれば、いつか行く機会もあるだろう」と思っていたが、その機会はもう訪れない。私はHagexさんに会えない。

 「落下の王国、素晴らしくてソフトも買っちゃいました!」と、なぜコメントを入れなかったのか。

 明日明後日も、ずっと続くはずの日常は、いとも簡単に、あっけなく断ち切られるものでもある。その理不尽さに、恥ずかしながらこの歳になって初めて接した気がする。

 十数年の間、ブログへのアクセスが毎朝の日課だったので、今朝もつアクセスしてしまった。「注目記事」のトップにある記事タイトルにまた悲しい気持ちになる。

 「お前は一体彼の何だからこんなに湿っぽい記事をアップするのだ」と問われれば、「スミマセン、コメントも1~2度つけただけの一読者です」としか言えないのだけど、「それなのに、どうしてこんなに辛いのかな、悲しいのかな。」と自問自答しながら、べそべそと泣きながら、Hagexさんにこの駄文を捧げます


 日常どころか人生を、あっという間に断ち切られてしまったHagexさんはどれほど無念だろう。「安らかに」なんて白々しく言える心境じゃない…と思いつつも、それでもHagexさんの眠りが安らかであることを祈らずにはいられない。

「長い間、本当にありがとうございました。どうか安らかにお眠りください」

いわゆる『やさしい世界』の場って作れないのかな

誰もが、そんな考え方、そんな生き方だっていいと思うよって認められる場

2ちゃんはてなみたいに煽り文化、みないなとこではなく、もっとだれもが認めてもらえる場所

こんなこと書くと、極端な例を出してくる人がいたりするんだろうけど、まぁそれはそれで

現実世界では誰だってつくし意図せず他人を傷つけてしま

ネット世界にくらいそんな場所があっても良いではないだろうか、と思うのは、コンピューターインターネットの普及や発展とともに人生を過ごしてきた世代儚い夢だろうか

2018-06-25

anond:20180625203536

だよな。

zaikabouがネットの古式ルールがどうこう言ってたけど、何を勘違いしてるねんって思ったわ。

そもそもネット古典規則で言えばコテハン現実で殴り合うのを前提としたもの


で、現実ネットを切り離した天空人が2ちゃんねらだったわけよ。

騙り煽り上等。

論破されたらIDかえて元自分を周りと一緒にたたく。

コテは全員基地外扱い。

この刹那的なところにネットネットたるところがあったのに...

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん