「返り討ち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 返り討ちとは

2019-01-10

KKOの反乱は昔は女子供ばかりを狙い撃ちして気持ち悪かったけど

最近はガンマン一騎打ちを挑んだり長年のネット通報者に報復したり185cmのバスケ部員を返り討ちにしたりすがすがしいのが多い

彼らを見てると元航空自衛隊の宅間ってなんであんなことしたんだろうと思う

2018-12-29

anond:20181229071818

基本逃げるのが一番だ。

もはや集団こちらに向かっていったら一人に対する暴力での対抗ではどうしようもないし、

迷惑なやつが暴力でも強かったら返り討ちなだけだ。

ただ、迷惑なやつとそうでないやつと明らかに態度を変えるぐらいはするべきかもね。

2018-12-20

次は初音ミクの新デザが燃やされるのかと思ったけど

二ヶ月ほど前に、その手の燃やし手の側がコテンパン返り討ちにあったので、さすがに及び腰なのかな

燃やし燃やされが不毛な争いだと広く認識されてされるようになったなら、なにより

2018-12-17

anond:20181217092406

こんな見事な顔真っ赤涙目増田たことないわ

イキろうとしたのに返り討ちにあってグズるガキやんけ

  

あれくらいでへそ曲げてたらキリがないぞ

ここより5ちゃんのほうがまだ優しいからそっちでイキれば?

2018-12-11

『来る』をとにかく見て欲しい

いや、マジで面白かったんですよ、『来る』。

でも、見てない人というか、本編見ずに外から見た限りでは「今時単なるホラーか…」と思われてんだろうな…というか自分も見る前はそうだったし…。

しかしまあ、予想外というか予想通りにというか、全然そんなよくある感じの凡百ホラー映画では全くなかったので、今回ここでその真の魅力が伝わるように、興奮冷めやらぬ内に感想を書き殴らせてください。

あと、そのためにここからまあまあガンガン本編のネタバレも盛り込んでいかざるを得ないんですけども、まあネタバレされて面白さが減るという映画でもないと個人的には思いますし、この映画ネタバレなしで見たいと思うような人ならとっくの昔に自分意志で見に行っているだろうとも思いますし、大体の二の足踏んでるか興味がない人にはがっつりネタバレしないとこの映画の一番興味を持ってもらえるだろう部分が伝えられないと思うので、そこら辺御了承の上で以下から読んでください。

まずなんでしょうねこ映画ジャンル分けするとしたら単なる「ホラー映画」というよりも「スタイリッシュハードボイルドホラーアクション」です。

ウソアクションというのはちょっと盛りました。

でも、スタイリッシュハードボイルドホラーなのはマジです。ガチです。

そうジャンル分けした理由説明するためにも、とりあえず簡単なあらすじなんかと共にこの映画面白い部分を紹介していきたいと思います

でもなー、ぶっちゃけ序盤かなりつまんない…とまでは言わないんですけど、ペース遅くてキツいんですよねこ映画……。

とにかくまあ、ざっくり説明すると、とある新婚かつ二歳の娘を持つごく普通の家庭が不可解な怪異によって崩壊していくのがまず第一部なんですが。

このパートで描かれる「ごく普通人生」というものの生々しさがもう凄いんです。すっごいキツい。

まず妻夫木聡演じる「今時のSNSによくいる感じの男」が本当にキツい。

極々普通のどこにでもあるような田舎のそこそこいい家に生まれて、ただただ一般的かつ真っ当な人生を歩んできて、そこそこいい会社に入り、そこそこの女とまともな結婚をしてまともに子供も出来てまともな家庭を築くという、本当にこれこそ日本中央値みたいな人生をまあ恐ろしい程の生々しさで描いてくる。

これは多分人によっては描写の嫌なリアルさとかも含めて相当キツいし退屈だと思います

実際自分も序盤20分ほどこれを見せられている時はチラッと帰ろうかなという思考が過ぎった程に生々しいつらさがありました。

しか安心してください。最終的にこの異様な程の怪演っぷりを見せるSNSによくいる男こと妻夫木聡はこの先もうホント無惨に死にますから

というよりも、こういう家庭が徐々に忍び寄る怪異によって崩壊していく辺りもそれはそれで面白かったりもするんですよ。

まあとにかくそんな感じで、徐々に周囲に不可解な現象が増え、家庭内不和や異常が発生し始めたことで初めて妻夫木他人に助けを求めます

そこで友人に紹介されて出てくるのはやたらアウトロー雰囲気を漂わせるフリーライター岡田准一と、明らかメンヘラビッチスタイルキャバ嬢霊媒師小松菜奈

まずここで結構勘のいい人なら「ん?」となるかと思います自分も完全に「ん?」となりました。

そして、ここら辺から徐々に映画本編の雰囲気も変わり始めます

しかし、残念なことにこのかなり惹かれる感じの雰囲気を漂わせるキャバ嬢霊媒師は、見た目と設定に反して完全な雑魚なので怪異祓いきれずに更に別の助けを求めることとなります

そして次に出てくるのが片目が潰れ、ホームレス一歩手前みたいな雰囲気を漂わせる元テレタレント的な霊媒師でもあった柴田理恵

この人も相当怪演で、というかこの映画出てくる人達全員マジで演技が凄いんですけども、その中でもトップスリーに入るくらいヤバい柴田理恵です。

そんな只者ではない雰囲気を漂わせる柴田理恵とその辺の中華定食屋対策を話し合おうとするんですが、何とそこにいきなり姿の見えない怪異がやってくる。

そして公衆面前でいきなり片腕を斬り飛ばされる柴田理恵こちらの想定以上に相手ヤバいヤツでした。

「マジ!?」といきなりの急展開についていけない我々を尻目に映画は急にアクセルを吹かして猛加速を始めます

実家である新築マンションに残してきた家族が危ない。家族を守るために妻夫木は家に戻って怪異に立ち向かおうとしますが、アッサリと返り討ち

結構レベル悲惨な殺されっぷりを晒ししまったところで第一部は終了します。

そして映画はここから第二部へ。そこまでの急加速からしばしスローダウンして残された妻夫木の妻子の陰鬱シングルマザー生活が始まります

時もあれから一年後へと移っているのですが、事件はまだ解決はしていませんでした。

まあ一部と同じくやたら生々しいシングルマザーの生きづらさ描写を挟みつつも、怪異の影響を未だに気にしている岡田准一キャバ嬢霊媒師が何とか彼女達を支えようと頑張ります

頑張りますが、やはり彼らの手に負えるようなレベルではなく、父親の次は娘を狙う怪異キャバ嬢霊媒師撃退されて重傷。

そして母親も無惨に殺され、娘は怪異に連れ去られてしまます

何も出来なかった岡田准一は何とかキャバ嬢を助け出して第二部終了です。

そして映画は最終部、かつここからが真の本編と言って過言ではない部分へと突入していきます

一部の妻夫木、二部の母を経て、ここから主人公アウトローフリーライターこと岡田准一へと移ってきます

というか、スタッフロールの順番的にも岡田准一最初から普通主人公のはずなのですが、初登場がとにかくスルッと怪しい脇役のような体で入ってくるのでここに至るまで全然主人公だとは思っていませんでした。

そんな、キャバ嬢霊媒師を助け出して病院で付き添う岡田准一の前に、突如キャバ嬢霊媒師の姉を名乗る黒ずくめかつ黒髪ストレートの怪しい女が現れます

この女こそが! この映画面白い部分がギュッと凝縮されて塊になったような存在こと超凄腕霊媒師松たか子なのです!

そしてこの明らかに圧倒的な強者雰囲気を漂わせまくる松たか子の登場を発端に、映画本編も完全にスタイリッシュハードボイルドホラーへとギアを入れ替えます

そう、もうこれが言いたいというか、これだけが言いたくて、紹介したくてこれを書いていると言っていいくらいにとにかくもうこの凄腕霊媒師松たか子メチャクチャカッコいいんですよ!!

それに映画本編もここからずっともう松たか子がカッコいいだけの描写をひたすら繰り返していくんですよ。

もうとにかく例を挙げればキリがない。

まず黒ずくめにコートを着て黒髪ストレートサングラスをかけ、それを外した左眼には引き攣れたような傷のある、病人のような白い肌の松たか子。この時点でもうキャラデザが120点。

その松たか子が終始抑揚のない喋り方をしつつ、とにかく煙草を吸う、吸う、吸いまくる!

あまつさえその煙草の煙を吹きかけることで除霊をする!

そしてこの松たか子宇宙一かっこよく病院食堂ラーメンを啜る!

底知れぬ権力との繋がりを匂わせつつ怪異との対決の準備を進める!

その合間に岡田准一が色々あってやさぐれる

そして病院の待合フロア松たか子スマホKOFプレイしつつ岡田准一の買ってきた缶ビールをグビグビ飲む!

松たか子招集怪異との対決のために日本全国から霊能者が呼び寄せられる!

そんな中でかなりの実力者である雰囲気を纏っていた沖縄巫女集団ババアいきなり全滅!

相手が相当の強敵であることを認めて身を引き締め、散らばって現場を目指す霊能者達!

かつて片腕を奪われながらも、再び怪異との対決に臨む柴田理恵

松たか子の指示で原因となったマンションの前にセッティングされる大がかりな神楽殿と祭壇!

科学分析班なども加えて、まるで双亡亭壊すべしのような雰囲気を漂わせながら松たか子率いる霊能者集団怪異との対決が遂に始まる――!

とまあ、映画本編のあらすじの紹介は一応ここまでとしておきましょう。

勿論この後もあまりにもキレが良すぎる松たか子チョッピングライト松たか子タックルなど見所を挙げればキリがないのですが、そこら辺は実際に見ることで映画の結末と共に確認していただければと思います

さて、これらの語り口の熱量の差からもうおわかりいただているかと思いますが、この映画はそんな風にもうとにかくスタリッシュかつハードボイルド松たか子を堪能する映画なんですよ。

いや、勿論他にも色々と面白いと思った部分もありますよ?

でも、一番の魅力であり見所は何なのかと言われたらやっぱりもう完全に松たか子なんですよ。

うそれくらい本当にカッコいいんですよこの松たか子。こんなもん、反則ですよ。

こんなんオタクならみんな好きになって当たり前みたいな要素だけで作られてるんですよこの松たか子

自分がもしオタク女子中学生だったらこ映画見た明日からもうこの松たか子の真似をして生きるだろうと思ってしまうくらい罪深いほどのスタイリッシュさなんですよ。

あと片腕を失いつつも戦場へ戻ってきた柴田理恵。そしてキャバ嬢霊媒師こと小松菜奈。あと岡田准一

とにかくそんなバッキバキに立ったメインキャラクター達がただただ素晴らしい。それだけで見て後悔はない程の味がある。

そしてそれを支えるバキッとした画作りみたいなのも凄いんですよねこ映画

マンションの前に大がかりな工事で築かれるお祓い専用簡易神社とか、カプセルホテルでスタンバる神主達とか。

とにかく色々なシーンが独特のスタイリッシュさを醸しつつキマっている。

そこら辺もかなり刺さる人にはグッサリと刺さるだろうくらいにいい画がたくさんあります

ストーリーも、同じようにメインのキャラ立ちで惹きつけるものがありつつも若干のギャグっぽさがあった貞伽椰に対して、終始シリアスかつカッチリしてるのでよりメインである霊媒師達のカッコよさみたいなのが際立っていて良かったかなとも思います

まあ、そんな感じで、とにかく実はキャラ映画なんですよね、『来る』。

どこにでもよくある家族怪異に巻き込まれて恐怖するような映画ではなくて、しっかりとした魅力的なキャラクターの活躍面白映画なんです。

夜も眠れない程のホラーというわけでもなく、基本的に強いヤツらが強い怪異ガチンコで戦う映画なんですよ。

映像的にもビックリ方面ギミックは少なくて、そこら辺苦手な人にも安心かと思いますし。

から、是非ともこれまでに書いてきたキャラクター達のどれか一人でも、というか殆ど松たか子柴田理恵のことしか書いてないですが、それが刺さったならば是非とも映画館へ見に行ってください。

そこに惹かれたならば絶対に後悔はしないと思いますので。ええもう、絶対に。

そして、何とか興行的にいい成績を残させて、続編が作れるようにしてください!

いやもう、絶対勿体ないですもんこの松たか子をここで終わらせちゃうの。もっと見ていたいんですよ、このキャラクター達。

是非ともまあ、そんな感じで『来る』をお願いします。

そしてイラストとか二次創作かめっちゃ増えてくれたらいいな!!って!!

2018-12-01

可愛い子と付き合いたい」って強メンタル過ぎるだろ

周りから「アイツ可愛い彼女連れて羨ましいってかムカつく。嫌がらせしようぜ」てなって様々な危害を被る可能性が格段に増すじゃん

自分危険はもとより、下手すりゃその彼女にも危害が加わる恐れもあるから余計罪悪感が増大する

そういう事があるから可愛い子見ても「付き合いたい」ってなる気にならない

なお「あい可愛い彼女を連れてるな。彼氏が憎いか嫌がらせしよう」と思うかって言うと、逆に返り討ちにあうし人に嫌がられることはしたくないからしない

なんだろう俺の性格

2018-11-11

anond:20181111120644

左派が誰かに喧嘩売って返り討ちにあった後はこんなもんよ

今ほかの喧嘩売るネタを探してる最中なだけ

ツイフェミサブカル喧嘩売って返り討ちにあってたじゃん

クソフェミ萌え絵叩きからオタク分断に作戦変更

シュナムルまでもがダブスタ発覚で地に落ちたクソフェミ

萌え絵叩きで返り討ちにあったので

次は経済力勝手オタクを格付けして分断する作戦に出たか

おまえらまともに相手するなよ

anond:20181111011343

2018-11-07

anond:20181107231305

だって死んでないもん

しか自分からネットリンチ仕掛けた上で返り討ちに遭っての逃走

報道してもフェミ暴力性と愚かしさが、広まるだけだから判断は間違ってないよ

anond:20181107223209

自分を殺しにきた相手返り討ちにあった

喜ぶべき事だろう?

2018-10-17

人が真面目に話をしている時に笑っては駄目

真面目に話をしている最中ヘラヘラしてる人は、自分から危険に身を晒している。

ヘラヘラ側は相手を舐めてかかってるからなのかもしれんけど、

自分が真面目な話をしている時にヘラヘラしてたらムカつくと思うんだよね。

で、なんで危険に身を晒しいるかって話なんだけど、

昨今は我慢という耐久性がなくなっている人が目立つようになっちゃったわけで

そういう人たちは衝動で人を殺すこともあるわけで、軽いケガで済めば良いけど本気でキレた人は確実に息の根を止めようとしてくる。

自己防衛のためにも、真面目な話中に相手小馬鹿にしてはならない。

ネットだと対面しないで話すから煽らないと我慢できない人も多い、実際に増田なんかは煽りの塊だよね。

まあネット上だと安全…かっていうと、ちょっとした事で特定されたりするし

やっぱり自重するべき時は自重したほうがいいと思う。

なんでこんな事を書いたかというと、先日知り合いが真面目な話をしていた最中に会話相手ボコボコにしてしまたか

ボコボコに腫れ上がった顔は見たくないくらいに酷かったので本気でキレると危険というのがよくわかった。

原因は「ヘラヘラして笑っていた」だったらしい。

返り討ちにしてやると考える人も少なくなさそうだけど、手を出したら手を出した分で自分にも否があるというのがわかってしまうので、

真面目な話をしている時は「茶化さない」方が無難だと思う。

それに茶化したりヘラヘラしている人って、結局人間的に問題があるからそうなってるんじゃないのかと。

それで怪我してたら、そりゃ自業自得じゃないかなと思わなくもない。

何にしても、真面目な話の時は真面目に締めてしまったほうが良いと思う。

2018-10-03

id:otsuneid:hagexの遺族に何を吹き込んだのか?

http://otsune.hatenablog.com/entry/2018/07/03/030608

遺族は残念ながらネット上の人格についての事情を細かく把握していなかった。

「細かく把握してなかった」って、"ゲス野郎キチガイを煽ったら返り討ちにされて殺されちゃいました(笑)"でもう大体の認識は把握できるんじゃないの?

まさかとは思うけどおっつねさんもしかして岡本hagexの事を遺族に「インターネッツを使って愛と正義のために悪を裁いた偉大なる聖人であるかのように吹き込んだりしてないよな?

正しくは「他人ゴシップのためならおよそ関係のない人間を巻き込んでまで中傷を行い続けた真性のゲスでありいつ殺害されてもおかしくなかったチキンレーサー(自爆)」だろうが


https://anond.hatelabo.jp/20180625202047

https://anond.hatelabo.jp/20180626014530

おっつねさん、顕一郎の遺族に上の記事読ませてちゃん「真実」を伝えてあげてくださいね

はいけませんよ、嘘は。



あ、顕一郎はドラッグ銃器を買えるサイトの使い方に関しても事詳しく紹介からそういう面も忘れないで伝えてあげてね♪

相対主義言い訳にして「注意を喚起たかっただけでしゅううう~~~~~」って周りの連中はアクロバティック擁護すると思うけど

http://www.pinkhacker.com/entry/2016/11/01/080000

http://www.pinkhacker.com/entry/2016/11/07/100000

2018-09-29

anond:20180929230142

結局どこに打てばいいのか。囲碁の考え方#1

さて、ここからが本題。囲碁醍醐味というべきかもしれません。

囲碁価値の高いところから打つゲームです。

まらない地点を争っても勝てません。

で、価値の高いところはどこかというのが問題ですね。

囲碁ビジネス ブルーオーシャン戦略

囲碁ビジネスは似ています

囲碁は誰も手のつけていない広大な土地ブルーオーシャン価値が高いのです。

たくさん石のある場所はいわばレッドオーシャン

既に先行者がいたら、そこは新たな利益になりにくいつまらない価値の低い場所なのです。

そういう価値の低い場所へは、急いで打つ必要はありません。

相対的価値が高くなってきた時点で打ちましょう。

https://gyazo.com/543e3ecaca4c817e309e5243ea324d6f

生きている石のまわりは小さい

生きている石はいわば確定した地です。

そんな将来が確定した石たちのまわりはとても価値が低いです。

生きている石は盤上でもっとも強い石たちです。

強い者に近づいても返り討ちにあうだけで、囲碁では弱い者いじめをしなければいけません。

まだまだ生きてなくて、将来が不安定でどうなるかわからない足元がフラフラしてそうな根拠のない(まだ眼を持っていない)石たちに近づいて利益カツアゲしましょう。




次⇛https://anond.hatelabo.jp/20180929234326

anond:20180929214552

攻め合い

図1 https://gyazo.com/027c88e506012c549ecc8137e00d7f78

多くの囲碁初心者が混乱しやすい図です。

黒△と白□の石がお互いにお互いの味方の石に接続されていません。

このような場合、どこがどうなってるのか、非常にわかりにくいと思います

このようにお互いの生きていない石が独立している場合、「攻め合い」によってどっちの陣地になっているのか見極めることができます

攻め合いの原理簡単で、石の手数が多い方が勝ちます

黒△は2手で取れて、白□は3手が必要ですね。

次は黒盤ですが、手数の多い白が勝ちます

図2 https://gyazo.com/dd629a87b855a815c554c9309505a724

最終図であれば、どこがどうなってるのかわかりやすいのではないでしょうか。

囲碁に慣れてくると、図1のように切り違えてる(お互いに接続されていない形)場面でも最終図のように、どちらがどちらに所属しているのか見えて来ます


セキ

図3 https://gyazo.com/780b4ca19da385def376b88fe102efd5

この図も先程のようにお互いが切り違えている形ですね。

しかしさっきと少し違います

この図は攻め合いになりません。

から白を取れるか手を出してみましょう。

図4 黒から手を出す https://gyazo.com/a10156ee98b933cc361f39731ed4c8cf

Oops...返り討ちにあっていましました。黒から手を出すのは得策ではないようです。

それでは白から手を出してみましょう。


図5 白から手を出す https://gyazo.com/5f0fd53cf42bf3d234d5e25b8cc51827

Oh my... 同じように返り討ちになってしまいました。

どうやらこの形はお互いに手を出すことのできない形のようです。

このような形の事を「セキ」といいます

セキはお互いに手を出せないため、この形のまま放置して終局を迎えます。セキは「0目の生き」です。








はいよいよ19路へ⇛https://anond.hatelabo.jp/20180929222648

2018-09-20

anond:20180918012627

いじめられた方は覚えているのにいじめたほうは覚えてないやつだ。

芸人女にとって、ジップロックとかヒトカラとか体系や髪形をからかった事は中学時代おもしろ人間エピソードの一つに過ぎないんだろうな。

返り討ちにあわないように気を付けて。

2018-08-19

anond:20180818235755

増田さんは「スケベな豚野郎」って返り討ちにされるんですね、判ります

2018-08-08

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.リア充は誰が作った言葉ですか。

オカマとか、腐女子を作った人と同じだ。

ああ、まなざし村は別の人だから間違えないように。

ここだけの話、私も少し前までは誰が作ったか見分けがつかなくてな。

今でも百合とか薔薇とか、右とか左とか、リベラルの種類やPCあたりは正直なところ記憶が怪しい。

たけのこが山で、きのこが里だっていうのはさすがに覚えたが。

Q.しょうもない増田記事ばかりがホッテントリになるのはなぜですか。

ブクマの多さがホッテントリに密接に関係している以上、「ブクマしている人間しょうもないから」というのが答えになってしまうな。

まあ、あくまで君の主張に則った上での回答だが。

まり、その「“しょうもない”中に君が含まれていない」というのが本質的な回答になる。

君がその“しょうもない人間に加担した覚えがあるなら自明の理だが。

今回学ぶべきは、「大局的に見れば、しょうもないモノの方が遥かに多い」ということだ。

その次元内では、しょうもないと思っていないかブクマしているかもしれないし、思っていてなおブクマしている人間だっているかもしれない。

そうして、しょうもないものホッテントリになるわけだ。

幸か不幸か、私の質問会場はしょうもなくないことが多いが。

Q.あなたがやってきた仕事で、最も理解に苦しんだ内容は何ですか。

十数分に一回くらいのペースでボタンを押すだけの仕事だ。

スープにできた膜を食べる仕事も大概だが、こっちはまだ理解できる方だからな。

Q.現代私刑行為が認められた場合、どのようなことになるでしょうか。

昔の日本でも敵討ちは認められていたから、そんな感じになるだろうな。

そういったものを題材にした演目もいくつかあるので、私刑行為ってのは古今東西需要があったわけだ。

私が知っているレベル時代劇とかでも、基本的には悪い奴らを非合法手段や、超法規的措置で成敗するものが多いしな。

はいっても演目になる程度には、理想現実が異なっていることの証左でもあるが。

多くは返り討ちに合うか、そもそも相手出会うこともないまま旅の途中で死んでいたようだ。

武家とかは仇を討たないと家督を継げないなんていう風潮もあり、嫌々やらされることも珍しくなかった。

まり何かを公に認めるということは、しがらみも多くなりやすいってことだ。

まあ、今ではそういうのを司法とかが担ってくれるから、いい時代だよな。

悪い人間自分の代わりに殺してくれるから楽だ。

2018-07-29

anond:20180729232129

その社交辞令自尊心をズタズタにされた経験があるんでな。

二度と同じ轍は踏まん。

自己陶酔のために安易社交辞令を発する相手返り討ちにしてやりたいくらいだ。

2018-07-25

タバコ排気ガス一緒にする喫煙者

バイク排気ガスかけたらキレててワロタ(笑)

お前は普段それと一緒のことやってんだよ

返り討ちにしてボコったら泣いて謝ってきたわ

本当喫煙者って哀れ

2018-07-15

なにやら杏botを巡る一連のデレぽが物議を醸しているようだが私は正直これは素晴らしいデレぽであったと思う!

なにしろシンデレラガールズの顔役である大正義島村卯月様がじきじきに正しい私刑のやり方を実践形式で教えてくれたのである

そう、数と権力は常に正しく、正論さえも覆すパワーがある!!

故に私刑を行う際は独断で突っ走るのではなく、まず周囲の人間(特に声が聞こえる程度には大きく、総選挙順位が高い人間)と相談し、連携をとりながらじわじわターゲットを追い詰めて〆ることが重要なのである!!

権謀術数渦巻く芸能界ではこのぐらいの政治的ムーブをできなければ生き残れない!!!

冴島はここで島村様方に〆られていなければまた独断で突っ走り冗談では済まされない相手に突っかかった挙句今回のように返り討ちに会っていたであろう!!

そう考えるとこの一連の流れは「いじめ」ではなく「教育的指導」、つまり「愛の鞭」といえる!!

やはり島村卯月天使であった!!!ありがとう島村卯月!!!サンキュー島村卯月!!!やっぱり5代目シンデレラガール様は格が違った!!!!!!!!!

2018-07-12

anond:20180712175121

昨日あたりから湧いてるエンジニアのやつも同じ奴なんじゃないかと思ってる

文体が似てる気がするのと、批判されるのわかってて返り討ちにしてやる気満々なあたりが

2018-07-01

anond:20180701172719

ほんと不思議だよな。

一人が多数にリンチとか、どう考えても返り討ちにあうのに馬鹿じゃねーの?って思うよ。

というか、みんな思ってたよ。

2018-06-27

なるほどね。今後は腹くくって【批判】することにしよう

https://anond.hatelabo.jp/20180626123908

クソが。

これが最後通牒だ。

 

 「hagexはイジリを洗練させて、相手を追い詰めながら自分ダメージを受けない手法に長けていった」 だぁ?

 

当たり前だろ! 『適切な反論批判』なら必然的にそうなるだろ!

 Hagex氏は少なくない人が感じている不快感悪徳を[素早く適切に言語化]していただけだ。

他者共感を呼ばなきゃ【炎上】なんかする訳ないだろ!

 

 ここはネットだ!

閉鎖されていて、教師が雑な管理をする 学校じゃねぇ

 Hagex氏が[イジって]いた一例の

イケハヤは懸命に東京で生きる人を侮辱しているし、はあちゅう童貞その他諸々を侮辱している。

奴らは『自らの意思ネット上に自身意見を公開してる』し、そこに『無自覚な悪意悪徳を孕んでいる』から燃えるんだ。

 これのどこがどう『イジメ』なんだ!

 

 殺人犯罪炎上する。それはイジメじゃない。

 コンビニ冷蔵庫に入ったり、おでんツンツンした上に自ら公開するバカ炎上する。これもイジメじゃない。

じゃあ、イケハヤはあちゅうの『自ら公開しているが、無自覚で[見えにくい]悪意』を

『整理して見やす解説する』Hagex氏の どこがどう『イジメ』なんだ?

 

 そう、『無自覚で[見えにくい]悪意』こそ【イジメ】の源泉なんだよ…。

これを減らせなきゃ[お前]や[私]は、ネットだろうがリアルだろうが、よりマシに生きられない。

仲間を集めるのが不得意で、居場所が小さい[お前]や[私]にとって

 【正確で、かつ善を満たした正しい批判】こそが、効力は弱くても しかし確実にイジメに対抗できる数少ない武器なんだ!

 

[お前]がそれを諦めるなり捨てるのは仕方がない。

しかし、[お前]が【イケハヤはあちゅう】の側に立つのなら

 クソ

 

残念だし、非常にしんどいが、しか

[私]は[お前]も討ち滅ぼさなければならない……。

私は 初めてネットアクセスする前に

世界中アクセス出来るということは、世界中が敵に回る可能性がある。」「殺される覚悟がある奴だけが殺しても良い。」

批判される覚悟がある奴だけが批判して良い。」 と、思った事を覚えている。

 今も変わらん。

しかし、今回の件で実社会で刺されるリスク理解したよ……。ネットでのスタンス戦略は変える。

 

一応、補足しとくが。

 私は【イケハヤはあちゅう】が絶対悪だとも根源悪だとも思っていない。

だって同じ面は持っている。ただ、放置すると確実に全体にとって悪だし損だと思っているだけだ。

 【イケハヤはあちゅう】になった方が楽だし得だ。

でも、[お前]や[私]では奴らと同等の『得』を生み出せない。それが出来ない性分だからイジメられる側になってた訳だ。

 私はHagex氏がやってた様に[全員が全員に対し正しく批判する社会]の方が全体に対し善だし得だと[盲信]してるが、

ただ、それって全員が常に痛いって事だし、今回の様に刺されたりもする。

 

 成る程。誰か一人を生贄にするイジメが如何に楽か よく分かる。

からこそ『ネット相互批判の中で悪が磨り潰される事』と、イジメは全くの別物だ。

 

 

 イケハヤはあちゅう 例示の為に本文中で悪魔化したのは悪かった。

 

 

増田へ、“第二の低能先生”に なりたければなれよ。

私がリアルでも返り討ちにしてやんよ

これが[私]から[お前]への最後通牒だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん