「平準化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 平準化とは

2020-09-21

anond:20200921013251

えーと、なんだか誤解されているようだけど絶対社会保障を利用するな、とか言ってるわけではないんだよ。

結果的に運悪く社会保障を利用する状況になることがあることは分かってるし、仕方ない。

ただ、積極的にその可能性が高まる行動をすべきではないと思うし、特に元増田のように年収400万未満なら特に意識すべきだと思うよ、ということ。

年収400万を越えてるならまあふつう社会保障に頼らなくても済むようにがんばって生きればいいんじゃない、と思う程度だよ。

がんばった結果、運悪く生活保護になったりしてもそれは仕方ないし生活保護を受けるべきと思うよ。

確率的にそういうことは起きるわけだし、国という仕組みでそういう運の悪いケースを平準化して助ける仕組みがあるのは俺も賛成だよ。

ただ、みんながみんな生活保護になる可能性の高まる選択を取ってると、国全体として平準化するにしても限界があるので、個々人でできるかぎり受益超過にならないようがんばるべき、ということ。

2020-08-23

競走馬の素質でなく、オッズの偏りで判断する賭け方

競馬には必勝法とは言わないまでも、確率的に優位に立つ賭け方が存在する。

この方法では、競走馬に関する知識は全く必要無い。端的にまとめると、

① 実際の「馬単」のオッズから、「単勝」の控除無し推定オッズを算出する。具体的には、

② 実際の「単勝オッズが、控除無し推定オッズを越える馬番の「単勝」に賭ける。

というものだ。複数の「馬単馬券計算に組み込むことで偏りを補正し、補正した値と実際の「単勝オッズ比較するのである

そして、控除無し(=胴元の取り分を抜いた)オッズを越える馬にだけ賭けるわけなので、期待値100%以上となる。

まあ、確率事象なので、1レースだけ賭けて確実に儲かるという手法ではないが、長期的には優位となる賭け方である

実践編>

具体例を示すと、計算やすいと思うから、挙げておくね。

多頭数だと計算が面倒なので、昨日の札幌5レース新馬戦、6頭立て)から

馬単」の最終オッズは以下の通り。

1-29.2 2-111.3 3-1135.5 4-1128.0 5-191.9 6-13.1
1-362.3 2-390.8 3-2159.5 4-2149.3 5-2113.8 6-24.6
1-459.7 2-477.5 3-4320.9 4-3317.2 5-3263.6 6-332.0
1-544.6 2-568.3 3-5280.3 4-5249.6 5-4255.0 6-429.1
1-65.2 2-69.4 3-688.0 4-680.8 5-659.1 6-524.5

これらから、「単勝」の控除無し推定オッズを算出する。

まず、1番の馬を1着とする「馬単」のオッズの逆数和は、1番だと1/9.2+1/62.3+1/59.7+1/44.6+1/5.2≒0.356227。

2,3,4,5,6番では、0.233436、0.031697、0.034046、0.043304、0.646403。

ここから、「単勝」の控除無し推定オッズは、1番だと、(0.356227+0.233436+0.031697+0.034046+0.043304+0.646403)/0.356227≒3.8倍。

2,3,4,5,6番では、5.8倍、42.5倍、39.5倍、30.4倍、2.1倍。

そして、実際の「単勝オッズは、

12.9
24.6
338.9
435.3
523.6
61.8

である。まだ、推定オッズ理屈説明していないが、少なくとも、この例においては、推定オッズの大小と実際のオッズの大小の並びが揃っており、推定オッズ妥当性が確認できる。

推定オッズに0.8(=1-控除率)を掛ければ、値もかなり近くなる。)

しかし、実際のオッズ推定オッズを超えなかったため、今回のレースは「見」となる。

少頭数なので、オッズの偏りも小さいのだろう。

ちなみに、実際の「単勝オッズ÷「単勝」の控除無し推定オッズで、「単勝オッズの適正度がわかる。

(値が小さいほど、実際のオッズ相対的に低い。つまり、買われ過ぎている。)

計算すると、以下のとおりである

10.767
20.798
30.916
40.893
50.777
60.864

ひとつ上の表のとおり、単勝人気は6,1,2番の順だったが、適正度を見ると、6番よりも1,2番の「単勝」が買われ過ぎていたことがわかる。

「見」となった場合は、このように、人気馬同士の「単勝馬券の適正度を比較して、それが高い「お得な馬券」を買っても良いのかもしれない。

その場合、このレースでは、6番がお薦めとなる。

理屈編>

以下では①の部分を説明する。

計算方法だけわかれば十分というのであれば、読む必要はない。

最初は、オッズの求め方と、オッズ購入者数の関係について。

例として、1番の馬の単勝馬券を2000人が、その他の馬の単勝馬券8000人が買ったとする。

その場合、1番の馬が勝てば、10000人の賭け金を2000人が分け合うことになるので、単勝オッズは、10000/2000=5倍になるだろう。

まり、(1番の単勝オッズ)=(全購入者数)÷(1番の単勝馬券購入者数) …(☆)である

(実際のオッズでは控除率考慮したりでもう少し複雑であるが、省略する。)

この式から、1番の単勝馬券購入者数は、そのオッズ反比例するということがわかる。

まり、「購入者数はオッズ反比例する」…(★)のである

たくさん買われた馬のオッズは低くなるのだから反比例なのは当たり前と言えよう。

次は、「単勝」の推定オッズの算出方法について。

どうやって推定するかというと、1番の馬を1着とする「馬単」の購入者数を使うのである

ここで、1番の馬を1着とする「馬単」を購入した人は、仮に「単勝しか購入できない場合、どの馬券を購入するだろうか考えてほしい。

1番の馬を1着とする「馬単」は、1着が1番、2着がその他の馬の馬券なので、「単勝」であれば、1番の馬券を購入するはずである

そのことから、1番の馬を1着とする「馬単」の購入者数を足し込んで、「単勝」の推定購入者数とするのである

よって例えば、4頭立てで、「1-2」の馬券を1000人、「1-3」の馬券を2000人、「1-4」の馬券を3000人購入するとしたら、1番の単勝を6000人が購入すると推定するのである

ここも、「馬単」の1着側での人気馬は「単勝」でも人気になるのだから推定できるのは当たり前だと言えよう。

そして、(☆)の式を使えば、推定購入者から単勝」の控除無しの推定オッズが算出できる。

あとは、1番の馬を1着とする「馬単」の購入者数とオッズ関係がわかれば良い。

まず、(★)の考え方から馬単「1-2」の購入者数は、「1-2」のオッズ反比例する。馬単「1-3」の購入者数も、もちろんそのオッズ反比例する。

よって、1番の馬を1着とする「馬単」を購入した人数の総和は、1番の馬を1着とする馬単オッズの逆数和に比例するということになる。

まり、「『馬単』の購入者数は、オッズの逆数和に比例する」ということになる。

以上をまとめると、「馬単」のオッズ→(逆数和)→ある馬を1着とする「馬単」の購入者数=「単勝」の推定購入者数→(☆式)→「単勝」の控除無し推定オッズ

として、実際の「単勝オッズ推定オッズ比較するという流れである

ちなみに、「3連単」のオッズからも、馬番毎に1着固定のオッズの逆数和を計算して、「単勝」の控除無し推定オッズが算出できる。

3連単」になると、計算量が格段に増えるが、その分だけ偏りが平準化されるはずなので、可能なら「3連単」のオッズを使った方が良い。

まあ、それでもプログラムを組まずにExcel計算できるレベルなので、もし興味を持ったのなら、今日レース検証してみるのも容易だろう。

2020-07-21

よい機能仕様書とは何かって考えると何を書くか定義されてメンテナンスする運用がまわってる、これにつきる。

何を書くかは各々の現場で変わるから平準化は鼻から捨てる。どうやって業務フロー仕様書メンテナンスを組み込むのか、それが大事

2020-06-20

anond:20200620223941

県民経済計算

https://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/sonota/kenmin/kenmin_top.html

の"結果の概要"を見てたら国内地域ごとの浮沈はまだら模様だけど、東京って賃金下落傾向だし、沈んでる側の地域なんだなと意外に思った。

いよいよ衰退している田舎地域も一部に見受けられるけれど、同じく大都市大阪ゼロ成長みたいだし全体的には平準化されてきてるのかな。

2020-05-23

anond:20200523233531

終身雇用破綻していったら強くなると思う。

転職が少ないか会社ごとに独自ルールいつまでも残る。

会社ごとの独自ルールが残るから個別会社ごとに別のシステムを作る必要がでてきてSIが発達する。

転職が多ければ、転職者がすぐに成果を出せるように会社ごとのルール平準化される。

会社ごとのルール平準化されると、個別会社ごとにシステムを作る部分が減る。

あと、プログラミング教育を受けた学生就職するようになったら、

個別会社最適化はその会社やらせれば済むようになるし、効率化していくと思う。

2020-05-03

入学月を全国一律にしなくてもよいのではないか

47都道府県で一週間ずつずらせば、ランドセル販売ラッシュなど様々なピークを平準化できると思われる。

2020-04-18

これセメントいてーな案件だろ

ピースボート」の船旅を企画実施する旅行会社ジャパングレイス」(東京都新宿区)のツアーで、運航中止による旅行代金の返金を巡ってトラブルが起きていたことが15日、分かった。同社が提案した3年間分割に対し、顧客が反発。日本旅行業協会は同社から事情を聴き、指導することにしている。

「安定した経営のためには、お客様への払い戻しを平準化させていただく必要が出て参りました」と理解を訴えた。

同社の旅行業約款には、旅行開始前に払い戻しが生じたときは、解除の翌日から起算して7日以内に払い戻すと定めている。

2020-03-04

テレワーク社会インフラ弊害検討

冒頭

< 弊害とは言いすぎなんだけど、現在社会設計オフィス集約型のインフラ投資が前提にある中で、
今後多数の企業が常時テレワーク可に転換した場合に起こりうる
インフラへの影響(特にどちらかといえば悪いほうへの影響)を検討してみる。
特にエビデンスはなく、思い付きです。有識者増田意見を聞きたい。 >

考察

2020-02-23

翼人種や爬虫類人乳房があるのが気になる人

そんなにいるのか…


なんとなくたとえば全員人型のサキュバスの血を引いてるとかでエロティックさが平準化したおかげで
人間型を模す」のがエロスタンダードになっている

まり授乳用の乳房ではなくエロース用の乳房である

ボインはお父ちゃんが吸うためにあるんやでぇ~赤ちゃんのもんとちがうのんやでぇ~


成体に比べ卵があまりに小さいため、授乳で幼体を育てるのが生物的に理にかなった戦略である
なお、授乳器官が胸の乳房になったのは神様趣味

この理屈だと一般に小型の卵で生まれる大型恐竜にはおっぱいがあったほうがいいことになるのだが…

まあ、この世界神様恐竜おっぱいつけるのあんまり趣味ではなかったのだろう

2020-02-05

anond:20200205132802

一言で言うと「学生就職平準化のため、大学が推薦枠を絞り学生自由応募を禁止する」のが問題である

これを冒頭にいれやがれ

東北大学工学部機械系の就活における推薦制度の闇

社会人になって何年か経つが、母校の教授記事に出ていて驚いた。

理系大学院生を就活疲れから救う 大学推薦制度を改良、1カ月半で就活完了 | 日経 xTECH(クロステック)

自分は途中から自由就活に切り替えて就職した身だが、本件に関して思うところが多くあるので書いた。

あくまで当時の話だが、制度の一番の問題点を偉そうに記事で語っていたので、あまり変わっていないのだと思う。

「良いところに就職できそうだから工学部」という高校生に向けて内情が伝わればいいと思っている。

以下長文。まとめだけ読んでも良い。

背景

問題点に入る前に、東北大学工学部機械系の就活の特徴から話そうと思う。

講義研究がきつく、就活に対して理解がない教授が多い

学部3年生を過ぎると、落とすと即留年実験や厳しい進級要件に追われ、研究室配属後は、平日休日区別なく働かされる学生結構割合存在する。

また、元記事教授を始めとして、多くの教員バイトインターン就活を快く思っていない。

講義ゼミ説明会面接のために休ませて欲しいと言う申し出を認めない人も多い。

そのため、地理的な不利と相まって就活時期の動きが相当制限されるのが事実である

その分、非常に推薦の求人が多く就職には困らない

ただ、そのような鍛えられた工学大学院生需要は高く、加えて地方ながら旧帝大名前一定の評価があるらしい。

実際、真面目に就活をしなくても無内定にならない程度には求人が来る。

推薦については、景気にあまり関係なく学生200人に対して毎年2倍以上の枠が安定して存在する。

動物のお医者さんという北大舞台にした漫画に「人買い」のエピソードがあるが、学部合同説明会はまさにあのような様相となる。

メーカー系だとCore30はもちろん、日本代表する超大企業が揃っており、企業を選ばなければ就活には全く困らない。

例を上げると、

など、枚挙に暇がない。

ただ、業界に著しく偏りがあったり、大手子会社中小企業も多数含まれているのも事実である

この少子化と売り手市場において、そんな推薦に対して多少の物足りなさを覚える就活ガチ勢もいる。

推薦を就職担当が一元管理しており、それなりに面接負担がある

大学推薦というと、研究室の学生教授が知った企業コネねじ込む、といったイメージが強いと思うが、これは一昔前の話であり今は中々聞かない。

記事にもある通り、大学推薦と言う制度自体機械系全体で管理しており、各教授の推薦状の発行を制限しているため、基本的に抜け駆けは許されていない。

就活時期の推薦選考フローは以下の通りである

  1. 企業からの推薦要請に応じて大学側が推薦枠の数を決定する
  2. 大学学生募集をかける。1次募集・2次募集がある。
  3. 企業担当者との「ジョブマッチング面談」もしくは就職担当者との面談によって推薦対象者を決定する
  4. 推薦状が発行される
  5. 企業選考へ進む(大手企業場合、1次面接か2次面接をすっ飛ばせるだけの企業が多い)

3,5で分かる通り、自由就活に比べてES選考グループディスカッション足切りはないが、人気の大手企業を狙う場合、ある程度頑張って学内選考および企業選考を勝ち残る必要がある。

制度問題点

ここまで書くと、大変さはあるかもしれないが世間一般から見ると恵まれているという意見が多数だろう。俺もそう思う。

問題点は背景で書いた以下の規定および、記事の以下の規定である

企業からの推薦要請に応じて大学側が推薦枠の数を決定する

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/013000472/?P=2

大学推薦制度を利用する企業が、自由応募制度東北大学機械系の学生採用することは認めない。


このような仕組みにおいて何が起こるのか?

以下はリクルーターにも聞いて裏を取った当時の実話である

~事例1:推薦応募開始前~

企業「今年は採用目標を増やすので推薦枠を15人設けてくれませんか」

就職担当「一部の企業学生が集中しすぎると他の企業不公平になるからダメ。5人で。」

企業「じゃあ残りの10人は自由で応募いただくということで」

就職担当「推薦された学生が不利になる可能性があるからダメ。うちの学生自由で取った事がわかったら来年から推薦枠なくすから。」

企業・・・

~事例2: 推薦応募開始後~

ト○タ、ホン○等の人気企業の推薦枠を競って学生数十人が争う。

からあぶれた人々は自由応募をすることを禁止されているため、泣く泣く諦める。

推薦を取り直そうと2次募集を見ても、人気企業の枠は1次募集で埋まっているため、行きたい会社が残っているとは限らない。

自由応募で別業界を狙うか、子会社領域の違う会社妥協することとなる。


完成車や重工等の花形業界を狙う学生は、小さい頃から車や飛行機に夢を持ち、必死勉強してきた人揃いである。

そんな人達が、

夢の企業への就職可能性を閉ざされる。

大学に隠してでも人材を確保するぞという気概で、黙って自由応募を受け付けてくれる企業存在する(した)。

しかし、昔からの長い付き合いがある人気企業は、大学報復を恐れて受け付けてくれないことが多いのが現状である

非常に理不尽ルールであり、一刻も早く見直すべきだと思う。


なお当時、就活担当職員(※1)に対して自由応募を認めてくれるよう必死に訴えかけたところ、非常に面倒くさそうに当時の就職担当教授につないでくれた。

ただ、件の教授就活時間をかけず研究に没頭することの重要性や、別の会社でもやりたいことはできるなどの一般論を説くばかりで、あまり話が通じなかったので諦めてしまった。

結局、自分外資や推薦が来ていない業界に切り替えて自由就活を行い、最終的に複数内定を得ることとなった。

まとめ

一言で言うと「学生就職平準化のため、大学が推薦枠を絞り学生自由応募を禁止する」のが問題である

これらが曖昧になり、抜け駆けや裏切りを許してしまうと、大学推薦制度に対する学生企業の信頼がなくなり、制度崩壊してしまうから

記事のこの意見や、背景にも一定同意はするが、学生企業希望無視して推薦枠を意図的に絞っていることを言わないのはフェアでないと思う。

そもそも面接が何度もあり、落ちることがある時点で推薦制度の意義は崩壊しているのである

進学先を就職と言う軸で考えている学生の一つの判断材料となれば幸いである。


※1 上から目線で態度が悪いので学生から非常に嫌われていた

追記

快挙を修正しました。

2019-12-29

自治体向けシステムの完成度について

anond:20191229095749

田舎市役所現場より。

中小自治体は、ほとんどがパッケージシステムに移行しててすでに平準化されている。


いやいやどうだろう。

うちも全国数十カ所で採用実績あるパッケージシステム業務を行ってるけど、

大抵の部署では完成度が低くて結構難儀してるわけよ。

幼保関係説明しよう。

ある児童が保育1号認定(幼稚園ことな)と保育2号認定保育園ことな)を併願するってとき

 ※保育園は朝から夕方まで預かるから仕事するならこっちを希望するのが普通

かつ

幼稚園はお昼には迎えなきゃいけないので保育園に受かるまでのつなぎで入れるというパターン。定員は無いので無条件で入れる。

ていう情報登録できなきゃ仕事にならない。

しかしうちで採用しているシステムは、児童が1号と2号両方の認定を受けるという状況を想定してない。

なので1号認定システム管理しつつ、エクセルで2号認定者のリストも作って人力管理しなきゃならない。

平成24年に新設された制度に6年経っても対応していない。

今年10月に始まった幼保無償化だってシステムリリース全然間に合わなくて、結局ワードエクセルで数千通の認定証を発送したわけよ。法施行日の10月1日ギリギリにな。

全国チェーンのベンダーですらこんな具合。

保育の場合に限らず、役所の全部署がこんな具合なのよ。近隣自治体もみんなそう。

自治体業務IT化ってのは、元記事にある京都市ほどの超大規模自治体から、うちみたいな人口20万そこらの田舎市役所まで等しく抱えてる果てしないウンコなわけよ。

(念のために言っとくけど別段おかしカスタマイズをしてるんじゃなくてパッケージまんまに近い状態だぞ)

から↓で言われている、

国が作って全国の自治体に使わせろよ

https://b.hatena.ne.jp/onesplat/20191228#bookmark-4679270211702992386


というのは一理あるわけよ。

なんで国会で全国共通法律を作ったのに千カ所ある自治体がそれぞれシステム開発に悩まないんといけないんだ。

国の方で法律システムセットで作れよと。

つっても完成度も使い勝手も両立したシステムが出来上がるわけが無いのは俺もわかる。

きっと法律一本ごとに数百億円の予算を投じたクソが練りあがるわけよ。

なんかこう、抜本的ないい方法ないの?

京都市基幹系システム刷新失敗の考察について

京都市基幹系システム刷新失敗の考察

https://www.orangeitems.com/entry/2019/12/28/084402

俺はとある中小自治体情シスをやったことがあるので、色々と思うところがある。

この記事だと、要件定義できない京都市が悪いで終わってしまいそうで、まあそうなんだけど事情も色々あるんだよというところで、フォローしてみたい。

まず、俺のいる自治体の話をしよう。

俺が情シスにいた10年程前に、今回の京都市のようにレガシーシステム刷新した。刷新前は担当SE一人しかメンテナンスできないような、人間機械がセットでようやく動くようなシロモノだった。

それを、某ベンダーパッケージシステムをほぼカスタマイズせずに導入する形で刷新した。

当然多くの問題があったが、当時の上司大手SIER出身で庁内でも力があり、市長も強く後押ししてくれたので押し切った。

今回の件に関して、自治体ごとにバラバラに開発するのは無駄って意見も多くあったけど、これは認識が古い。

中小自治体は、ほとんどがパッケージシステムに移行しててすでに平準化されている。

では、なぜ同じことが京都市ではできないのか?

それは、京都市政令指定都市であることが大きいと思われる。

政令指定都市は、都道府県並みの権限を持った基礎自治体で、簡単に言うと市と都道府県両方の業務をやってるようなもんだ。

業務の幅が非常に広く、対応できるパッケージシステム存在しない。

故に、政令市独自システムを作るしかない事情がある。

国が標準システム作っても同じ事で、それは政令市では使えない。

それと、政令市のような巨大組織では部局間の独立性が高いことも事態を難しくしている。

ウチのような小さい組織なら原課を説得して回ることも難しくないが、巨大組織で同じような根回しは困難だろう。

その結果何が起こるかというと、「変えるのは良いけど今と同じことができないと許さない」という思考停止した要請が原課から投げつけられることになる。

要件定義なんてできるわけない。

情シス担当が異動でころころ変わるせいだという指摘も多いが、これは、そういう問題じゃないと思う。

では、なんで原課は今と同じに拘るのか?それは、今までそれが正しいという前提でやってきたので、違う結果が出ると今までが間違ってた事になって大変困るからだ。

ウチの場合も旧システムとは完全には一致しなかったが、納得できるところまで擦り合わせて、最後は諦めて押し切った。

でもそれは、一致しないのが1件とか2件だったから押し切れたのであって、規模が大きいとそれが数百件になってしまうかもしれない。

その場合責任問題になるので、なかなか担当レベルでは踏み切れないだろう。

ただ、今までが正しかったという事を誰も証明できない以上、正しい計算で出てきた新しい答えを正解とする決断をしないと、事態は前に進まない。

結局、旧システムとの答え合せをどこかで諦めて、新システムから出たものが正しいかどうかを地道に突き詰めて、正しい結果なら今まで間違ってましたって認めるしかないのだけど、その決断ができないせいでこじれて何億もの税金が消えていくわけだ。

その決断は誰がするのか?それは情シス担当なんかじゃなく、間違いなく市長だろう。

この案件市長政治的決断で処理すれば問題にすらならないもので、推測だけど、他の政令市ではそれで押し切った部分があるんじゃなかろうか。

ということで、個人的には全て市長が悪い案件だと思っているのだけど、当の市長担当者が責められてそうで怖い。

そこに要件定義ができないせいだとか書かれたら、さらに責め立てられる理不尽なことになりそうなので、あんまり担当者を責めないであげてほしいと思う。

2019-08-19

いつか心置きなく休める日が来ると信じることを辞めたい

そんな日が来ることは絶対にないと理解しているのに、信じることを辞められない。

信じることを辞められるかも知れないけど、そうしたらその一ヶ月後ぐらいには首を吊っている気がしてならない。

子供の頃からずっと願っていて、いつか叶うと思いたいけど絶対無理だろう思いそれでも願い続けていた。

人生は終わることのないレースで、休憩時間はあってもそれは未来に向けてエネルギーを養う速度を競うもう一つのレース会場であることに気づかなければよかった。

長い長い休みは、自分計画を立てて未来を築き上げることが出来るかどうかを試す最も人生に差がつく期間なのだと知るのは死ぬ瞬間がよかった。

せめて自分に人並みのことな簡単にこなせる能力があって、それなのに何でもソツなくこなせるだけの凡人として振る舞えたのなら、もっと力を抜いて生きられただろう。

実際の自分は極めて無能かつ能力精神バランスも歪で、人並みの事が出来ない時もある代わりに時として凄いことをやってのけるポテンシャルを秘めているかのように振る舞わなければ社会に居場所を持てなかった。

とても疲れる。

生きることそのものがとても疲れる。

ただ生きるだけのことになぜここまでコストをかける必要があるのかと悩むこともあるが、結局人類がまだまだ貧しいだけなんだという事に気づいて諦める。

富裕層に対して流れている金が全て平準化された所で、それは60億の下流階級を生み出すだけで終わる程度の富しか人類はまだ蓄えられていない事実を受け入れるしかないのだ。

何とか生きるために何とか自分の脳力を鍛えて、社会適応できているかのような振りをしてその日その日を生きながらも、いざ倒れてもしばらくは死なない程度の金を何とか貰ってはいるが、正直そろそろ限界だ。

倒れ込みたい。

倒れ込んだあとで、起き上がらなければいけないと急かされることなくずっとずっと倒れていたい。

多分、ほんの数日だけでも「もう二度と頑張る必要はない」と思いながら過ごせたのなら、それだけでもう十年ぐらいは頑張れるのだろう。

だがその日は永遠に来ない。

二度と頑張る必要がない未来など絶対に手に入らない。

たとえ植物人間になったところで、何も聞こえていないフリをしながら顔見知りが自分に対して吐きかける愚痴を聞き流すことに消耗していくはずだ。

終わらない眠りの中でも、もしも起きたら会社遅刻する寸前だったり、家が火事で死にかけていたりするのではという焦りを日になんども思いついては憔悴することだろう。

疲れた

本当に疲れた

疲れることに疲れた

疲れることに対して疲れることがなくなれば疲れなくなるのかも知れない。

必要なのは安らぎではなくて健康的な疲労なのだろうか。

そんなものを手に入れる機会がこの人生に残っているならいいが、無いのならそろそろ私は限界だ。

2019-07-15

anond:20190715142413

それ、転職が少なかったからだと思う。転職者が多ければ、転職者がすぐ仕事ができるように、違う会社間でも事務作業平準化されるはずだった。だけど実際は終身雇用制だったから、それぞれ会社ごとの独自業務ができあがった。

事務手続きがどの会社もだいたい同じであれば、システム自動化するにも1社1社にかけるコストを小さく済むけど、現状は会社ごとにかなり違うからシステム開発も大変になってる。だからなかなか自動化されない。

2018-11-27

地方現場から見た技能実習生リアル

ニュース話題になっていて賛成反対はどちらにも言い分はあると思う。その一方実態を分かっているのかな?という意見もあるので実態を伝えられればと。

特定を避けるため実習生出身国仕事内容に関してはボヤっとした記述します。私は一緒に働きながら面倒を見る「指導員」という立場普段から話したり、たまに飲みに行ったりしています

賃金について

正社員として時給850円からスタートする。

こちらでは最低賃金が800円程度(すみませんがぼかさせてください)で、日本人スーパーレジ打ちやパート保育士も同程度の賃金です。

腕が良ければ時給は上がりうちの場合は現時点の最高額は1200円(聞いた中で)。

残業手当、土曜出勤などあれば休日割増賃金も付き、額面で16万円~20万円前半。忙しければ20万円台後半、別途ボーナスが年2回、数10万円出るのと帰国時に退職金が数10万円出ます

毎月の給料から税金社会保障が控除されるので手取りは13-16万円くらい、年金など帰国時に手続きすれば返金されるらしいので、国的にはプラスにならないけど本人たちからすると毎月引かれている感覚

そのほかにかかる費用としては社宅家賃(2万円)電気水道光熱費光ファイバー(実費人数割で1万円程度)

毎月8-10万円程度送金している、送出機関はら100万円ほどを親戚から借りている(人による)といっていたので生活節約していると思います(後述)、なお彼らの本国での給与は額面3万円/月程度だそうです。

そのほかに会社本国送出機関に0.5万円/月、監理団体に3.5万円/月を負担。監理団体は定期的に生活実態仕事内容、給与残業代が支払われているかどうかチェックしている。

金額妥当性だが、現制度書類のやり取りが煩雑だし、実習機関企業のこと)も中小企業だったりするからあれこれ面倒を見てあげないと何もできなかったりするので、きちんとした仕事をするんであればこの程度は必要なのだろうと思う。

うちの高校新卒初任給が18万円/月(みなし残業無し)これで近隣企業より15%くらい高い。税金年金などの社会保険料で引かれて手取りは15万円くらい。さら通勤生活に車が必須、今の若者自動車保険はめちゃくちゃ高いので車を安い軽にしても本体価格税金、維持費ガソリン代、保険で3-5万円ちかく飛んでいく。

大学卒だともっと初任給は高いけど、実家から通えなければ家賃負担がある。(うちの会社は社宅があるけど)

メディアに出演している人たちには理解できないだろうが、これが地方実態。じゃあ車の必要ない都会がいいかといわれれば、やはり通勤圏内実家がないと家賃死ぬし、通勤系内といっても実家から通うために片道1時間満員電車に揺られれば精神死ぬ都心実家があるか、場所わず会社に近くに割安な社宅がある企業就職しないとなかなかハードゲームだなと思う。

生活について

60平米超の2LDKに4名で生活している。洗濯機冷蔵庫炊飯器、布団、各種洗剤や食器など家具家電類は会社にて新品購入し貸与しており初期費用は掛からない。周りの会社から遊びに来た実習生の話を聞くともっと狭い部屋に2段ベットとかだから、うちの待遇はいい方だと思うけど、本人たちはもっと1部屋に人数を詰め込んで家賃水道光熱費の頭割り金額が少なくなる方がいいとのこと。

ちなみに日本人の社宅は個室だけど、家具家電類は自分でそろえる必要がある。

自転車は一人1台会社で買い貸与している。

有給半年10日、国に戻る際には休みを取り消化率は最終的に100%となる。

8-10万円程度送金するということで、もちろん自炊こちらは地方なので野菜も肉も安い。

そしてとにかくよくコメを食べる、社員農家が多いのでコメを社宅に運んでいるがすさまじい量を消費している。

酒は第3のビールとかチューハイなど安いのが主で、普段晩酌するという感じではなく週末近隣企業からも集まってパーティなどをしている時に飲むようです。基本外食はしていない、たまに一緒に飲みに行くのが唯一の外食だと言っていた。(もちろんおごる)飲みに行けばがんばん日本酒飲んで(熱燗が好き)、刺身本国では食べないけど日本ではたくさん食べる。日本ご飯はおいしいそうです。

質素暮らしだけど無理な節約はしていないと思う、本当に貧乏暮らしした人はわかると思うけど500mlペットボトルジュースなんて買えないよね。普通にコンビニお菓子ジュースを買っているし何より喫煙率が結構高くタバコ吸ってるの見ると余裕あるよなと思う。私は年収実習生より高いけど、子供ができてタバコはやめた。妻子持ちだともうタバコ吸えるのって結構稼げる人だけじゃないだろうか。iPhoneはXとか8Plus?みたいな大きいの使ってて本国にも買ってあげていた、周りの日本人はみなAndroidで、もう最新のiPhone羨ましいとも思わないけど、彼ら的にはステータスらしい。

ただSIMは入れていない、社宅のWifi運用しているところは堅実だなと思う。

その他レジャーなどは本人たちのFB、インスタを見ると山に登ったりBBQをしている。やはり若い人が多いので青春って感じがまぶしい。中には奥さん実習生日本に来てたりして月曜か金曜を有給にして定期的に会ったり。会社としては社員旅行や忘年会の際、実習生無料で参加できるようにしている。

30歳くらいになると奥さん子供本国に残してきているので、寂しくないか聞いたところ、インターネットがあれば平気だと言っていた。毎日テレビ電話1時間しているとのことで、確かに都会の働きマンよりコミュニケーション取っているのかもしれない。

仕事について

定時に行って定時に帰る週休2日制だけど、稼ぎたいので残業休日出勤はやりたがる。運転免許がないので、できる仕事は限られる。あとは重いものを持ったり寒かったりするきつさはある。また職場環境として一緒に働く日本人若者だとフレンドリーだけど、とにかく60代に多いんだけど威張っていて日本語ができないばかりに馬鹿にされても言い返せないのが悔しいと飲んだ時いっていた。自分現場では許さないけど。

仕事内容が一番議論違和感を感じるところ。工種というのが限定されすぎている。T型フォードつくってた時代と違って、今は生産性の向上って多能工への対応必須になっている。先進国ではより平準化稼働や付加価値増大の観点から多能工化しないと本人たちの給与も増えない。

それなのに建前論ばかりニュースでやっている、職人が1日8時間うまく使って最大に売上を出そうとすればそんなことはできない。

日本語力について

これは人によりけりです。耳がいい人は1年くらいで日常不都合なく過ごせるようになる。3年たっても話せない人は話せない。ただ、覚えが速い人は日本語のドラマ見たり教科書買ったり自分努力もしている。うちの会社場合はだいたい3年でN3というのには受かる、優秀な実習生N2合格するそうで女性の方が言語習得が速い印象、うちの会社男性のみなのでいまのところN3までが最高。N2になると本国日本企業就職でき月給5万円くらいもらえるそうだ。

日本人英語と同じ傾向で、読み書きの方が意思疎通しやすい。漢字交じりの文章ラインしてきて、大体伝わるしこちらの文章も読めている。

なぜ逃亡するのか。

ニュースを見ているとひどい会社がある。監理団体次第なのかなと思う、うちの監理団体は厳しくて残業代なんかも計算間違えてるとすぐチェックが入るし、とてもあんなことはできないけれど、報道が嘘ついているとも思えないので。

https://news.yahoo.co.jp/byline/sunainaoko/20181126-00105142/

今の制度では、3年とか5年で帰るので、うちみたいに本国側に進出する予定なら別だけど経営側は待遇改善へのモチベーションが低くなると思う。

一方でホワイト環境でも逃げる人はいる。というか今の制度だと基本3年で本国にも戻らなくてはならないけど、あと1年働けば弟が大学卒業できるからどうしても残りたいと逃げる相談を受けたことがある。会社退職金の額を確認して思いとどまらせたけど。

あと聞いたのは、逃げれば当然闇で働くので源泉徴収されない、特に大きいのが年金。でも逃げた人って景気後退局面では当然治安の悪化につながるんじゃないだろうか。だから今の受け入れ方は危うさがあると思う。それで治安対策費用を使う羽目になったら本当に最悪のマッチポンプ、そんなお金あればもっと若者お金かけたり、少子化対策すべきだったのに・・・

今の議論について現場からどう感じるか。

日本少子高齢化を考えると、平均年齢の若いから人を受け入れる流れは変わらないとみている。

もう10年早く若者結婚して子供をたくさん育てられる国になるよう少子化対策していれば間に合ったかもしれないけれど、氷河期世代冷遇し後戻りのできないところまで来てしまった。また実習生たちも節約し、本国に送金しているので人数がたくさん来ても、日本人若者ほど地域社会お金が落ちない。この間飲んだ時に本国に建てた家を見せてもらったけど、すごい豪邸だった。親が勝手に買っちゃったらしいけどね。

日本に魅力を感じてもらってるうちに、ちゃん移民定住してもらい社会の一員になってもらいたい、もしかすると中央官庁の裏では、もうそロードマップができているのかもしれないけどね。子供が増えない以上、なし崩し的な労働力としての受け入れでなく、コミュニティの一員としての移民受け入れに転じるべきだと思います

ただ話をしていると半数くらいは1/3の給与もらえれば本国で働く方がいいと言っている。聞いた中では日本に定住したい人もまだ半数くらい入るけど、日本で働いて本国不動産家族用途別にもう一つ買って、もう一つの方の賃貸収入があったり、すごい値上がりしたりしているのを見ると現時点の収入より将来に希望が持てるかどうかって大事だなと思う。どう考えても治安病気になったとき制度など日本の方が整ってるんだけどそれもいつもまで維持できるかなぁ。

2018-11-20

給与賞与は上げたものは下げられないのが通常

(本人に相当の瑕疵がある場合は別)

従業員モチベーションの維持が難しい

人材流出可能性がある

それでも一部の上げすぎた人の給与を下げる方法

→一度、全員のバランスを取るように上げる

会社の業績が悪いを理由に全員を下げられる

その後、その人を全額戻す必要はない。

平準化するために、売上が戻っても利益が上がらないから、戻す必要がない。

人事コンサルタンティングから聞いた方法

2018-10-12

anond:20181012094032

方言はいくつかの要素が挙げられるが、重要な要素の一つが発音だと思う

ズーズー弁」などはその代表例だ。鼻にかかった発音フランス語のように聞こえなくもない。

最近お笑い番組和歌山のご婦人が「ダ」行だかなんだかを、

「ダ、ディ、ドゥ、デ、ド」としかいえないというのを見たが、

50音を教科書通り発音しない人は結構多かったはずだ

上野発の夜行列車内で車掌が「つぎはメト、メトに停まります」と放送したのを聞いたとき

軽い衝撃を受けたが、行った先ではもっとひどかった

東北の人の会話がまったく聞き取れないし、語彙も未知なものばかりだった

1980年代でこうなのだからテレビラジオ以前の活字メディア時代はなおさらだろう

幕末維新期の志士たちが「ばい」とか「ぜよ」とか語尾につけるだけで、

方言いっちょ上がり」みたいな感覚なのだろうが、安直な発想だ

小説なら発音イントネーションは隠せるが

映像や音声になるとうそくさい

実際には、おそらく互いに「は~、こいつ何しゃべってんだ、全然わかんねぇ」とか思っていたのではないかな?

松本清張砂の器」により、東北弁に似た発音出雲地方の一部でも見られることが知られるようになったと思うが、

21世紀の、発音平準化した現代ではむしろその意味するところはわかりにくいだろう。

同じひらがな、かたかなで書かれているからといって、日本語話者全員が同じように発音するわけではないのは、

同じラテン文字を使っているからといって、同じように発音するわけでないのと似ている

2018-09-20

anond:20180920011754

努力すると上の階層に行けなくはないんだけど、実感としてはその後歳を取るほどきつくなってくるんだよな。

上の階層に行くと、努力はみんなしてるから時間がたてばたつほどそこは平準化されて生まれ持った遺伝子とか育った環境とかの本人ではどうしようもないところでしか差がつかなくなってくる。

例えば今流行りのプログラミング能力とか、俺がどんだけ勉強しても中々馴染まなくて困ってるところをどうやって勉強したのか聞くと「小さい頃に親父に習って自然と身についたわ」みたいな反応が返ってきたりする。一事が万事そんな感じになっていく。

持って生まれた高い能力で幼少期から無駄な苦労をせずにスクスクと育ってきているか人間的余裕も桁違いだしね。仕事にはそういうところが効いてくるなとしみじみ思う。

最近研究で(参照先はいま見つけられないんだが)、生まれ育ちと後天的努力のどちらが人生成功寄与するかという研究があって、歳を重ねるほど親の能力で子の成功ほとんど説明できるようになっていくという結論だった。

2018-08-27

anond:20180827143854

貧困国の水準で平準化されて陸続きの先進国のほうは貧しくならないの? 

綺麗な水が泥で濁るみたいな。

2018-06-13

anond:20180613010902

20代後半までは維持楽だよ。
問題は30代入ってから

まさにこれな。

20代の時より代謝量が減るのに食事量がそのままだからカロリーオーバーになるんだよな。

理屈で言えば増田の言うように摂取カロリーを減らせばよいわけだが、牛丼大盛り食ってたヤツが並盛りにしたりハンバーグライスセット食べてたヤツがハンバーグ単品とかって、言うほど楽な選択じゃない。


あと体重を維持できたとしても、食事コントロールだけだと40歳超えたあたりから体型が悪くなるらしい。

自分はそうでもないが、一般的には腹だけ出て手足が細くなって餓鬼みたいな体型になる。女の場合は腹に加えて尻とか内股な。


筋トレの極意とは、単に体脂肪率減少やパワーアップにあらず、全身への肉付きを平準化させる事にある事を増田はいずれ知ることになるだろう。

2018-03-25

仕事も「家事」に含めるべき

最近「見えない家事」って話題になったじゃん

作業としてはしっかりあるのに

家事として認識してもらえない家事

例えばゴミ出しにおける「新しいゴミ袋をゴミ箱に設置する作業」とかそういうやつね

この「見えない家事」の最もたるって「仕事」なんじゃないかと思うんだよ

夫婦間での家事負担平等だと感じるときって

(実際にポイントつけてる人は少ないだろうけど)

家事ポイント」的なものの量が夫婦で同じになったときだと思うんだよね

例えば

妻が夕飯の用意(ポイント10)したら

夫が洗濯ポイント3)皿洗い(ポイント3)子供の寝かしつけ(ポイント4)したら

平等

みたいな

そこで聞きたいんだけど

仕事から帰ってきた夫の「家事ポイント」は何ポイントになってる?

もしかして0ポイントになってない?

仕事から帰ってきた夫を「今日はまだ何も家庭に貢献してない」とか思ってない?

仕事も立派な家庭のための「家事」だと思うんだよ

よく

ママの一日のスケジュール」みたいなのでさ

「パパは朝7時に出勤して帰るのは夜の10時過ぎ!それまでワンオペ育児ママ自分時間全然ありません!」

みたいなの見るけどさ

かにワンオペ育児自分時間がとれないだろうけど

その裏に朝7時に出勤して夜10時過ぎまで仕事自分時間がないパパの存在があること忘れられてない?

平日の仕事とか休日の車の運転とか

そういうパパのやってることが「見えない家事」になってない?

仕事から帰ってきたあとゴロゴロしてるパパの今日家事ポイントは0ポイントってのはいくらなんでも不公平なんじゃないか


※仮に父親サラリーマン母親専業主婦(or育休中)で話ししたけど、共働きでも専業主夫の家庭でもとにかく家庭の外で行われている家庭のための労働も「家事」として扱うべきじゃないかという話です



・追記

微妙に違う方向にとらえられてるけど

話をわかりやすくするために「男がサラリーマンで女が専業主夫家庭におけるポイント」みたいな話をしただけで

別にポイント制にしろとか

男は仕事をしてきたんだから家事は一切しなくていい

と言ってるわけじゃない

基本的に「家庭内負担量をなるべく平等にすべき。そしてその負担には仕事も含めるべき」ということが言いたい

から当然

夫婦合意のうえ

仕事よりもその間の家事負担の方が負担量が大きい」ということならば

帰宅積極的家事をすべきだし

フルタイムで働いてる妻が専業主夫の夫に

今日仕事で疲れてるから家事全部任せた」と言うこともアリだ

あとブコメでも言われてるけど負担量じゃなくて

お互いの自由時間の量を同じにするって方向もアリだと思う

よく「仕事給料として成果が見えやすいが、家事は見えないか評価されない」と言われるが

個人的には逆だと思ってて

仕事って月に1回しか成果が還元されないし

昇給してもどう努力、苦労したのか可視化されにくいのに

家事はその努力が即時反映、可視化されるんと思うんだよ

例えば食事だったり

部屋がキレイになってたりとかね

からこそ仕事負担が家庭で評価されづらいんだよね

・追記2

わかってくれてる人も多いけど

ようは

夫婦間で負担量に不平感があるといけないから話し合って合意と納得のうえなるべく平準化したいよね

②そのとき負担していることに「仕事」も含めるべきだよね(仕事しているのは夫でも妻でも二人共でもどれでもいい)

という話がしたかったわけで

別に貢献度をポイント制にしろだとか

男は家事しなくていいとか

男VS女の話がしたかったわけではないんだ

(同じような仕事してる共働き夫婦家事は妻ばかりやってたらそれはおかしいよねって話しでもあるわけだし)


とにかく話し合いの結果(あくまで例として夫サラリーマン専業主婦で話すけど)夫が帰宅するまでの妻の家事負担のほうが大きいってんなら

その家庭では帰宅後の夫が家事するべきなんじゃないの?

そういうのって個人や家庭によって違うもんだし

そもそもそいう負担帳尻合わせは当日中にしなくても

一週間かけてやればいいじゃん

平日は妻の方が負担大きいか休日は夫が家事多めにやるとかさ(逆もしかり)

ただ夫が日中、平日は一切家事をしていない人扱いになってない?ってこと

余談だけど

普段自分生理出産育児楽勝でした」って言うと「個人差あるのに一緒にするな」と噛みつきそうな人に限って

「(自分がつらいから)生理出産育児全女性が苦しんでる」みたいなこと言いがちだよね

2018-03-15

anond:20180315112724

男女問わずさなきゃいけないはず→理解できる

でも、富の平準化を阻んでいるのは別に女に限った話じゃないのに、なぜ「お前女だろ」になるのかな?そこにジェンダーギャップが潜んでいる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん