「NPB」を含む日記 RSS

はてなキーワード: NPBとは

2021-02-09

anond:20210208223007

日本プロ野球で一番下手な選手って、常人からすれば神のごとき運動神経センスの持ち主だからね。

普通の人は甲子園にさえ出られない、その中でもほんのひとつまみが進むNPB世界最高峰フィジカルエリートたち。

2021-01-10

anond:20210109195546

NPB規定では、日本学校一定年数通った人は日本人選手扱い

大豊泰昭とかもそれで日本人選手扱いだった

2020-12-25

マイルドBラン

マイルドヤンキーのあしらい方は簡単だ。どっちみち高卒程度の知能しかいから、その程度の文章力対応すればいい。

私が危惧しているのは「マイルドBラン」である東京にも地方にも田舎にもいる厄介な人々である

Bランは、野球(NPB)の下位チームを「Bランク」と呼称していることから採られている。

マイルドBランには次のような特徴がある。

1.大学は出ているが、アカデミアの中で行われている学問はさっぱりわからない。

2.マイルドヤンキーにみられるような動物のような顔つきはいない。

3.語学は当然できない。

4.中高一貫校に進学できるほどの知能ではない。ただし、近年増加している低偏差値中高一貫にならどうにか通える程度。

5.知り合いに音大卒がいるが、ローカル国際の1次切り程度で、その人物のレヴェルがわからない。

6.「苦学してる人はどこにでもいる」という親を持つ人物が多い。「だれがどこで苦学したのかCVを出して」と子供にいわれると、親は顔を真っ赤にしてキレる。

7.英語の授業で流暢な発音を行う同級生を笑ったことがあるが、大学入試センター試験リスニング試験のための教材の発音は笑わない。(この手のダブスタ馬鹿が多い)

8.料理が下手。

9.高卒でも短大卒でも大学院卒でもないために、地元と切り離されている人物が多い。

10.洋書を買いに行く経験が少ない。

11.マイルドヤンキーのような粗暴な自己主張はない。

12.子供勉強の面倒を見ることができないので、仕方なく塾にやる。

13.ソシャゲをやる。

14.酒やたばこパチンコ風俗にドハマりしている人物は少ない。このため、子供もドの付くあほではないが、親と似たり寄ったり。

15.犯罪に手を染めるケースは少ない。

16.高校受験ではうまくいったが、大学受験で失敗した。

17.親が貧乏であるケースと、金持ちであるケースの2パターンがある。しかし、どちらの親であっても知能は一緒。

以下追加してみてください。

2020-12-23

anond:20201223113032

セントラル・リーグ - Wikipedia

1950年代ロビンス/ホエールズ

1954年から1959年まで6年連続最下位

秋山登

1956年入団。その年に25勝で新人賞を受賞。

以降、1964年まで二桁勝利を続ける活躍通算193勝。

ホエールズ一筋で1967年引退

1960年代スワローズ/アトムズ

1960年から1971年までの12年間で最下位6回。

金田正一

わずとしれた400勝投手スワローズ通算では353勝。

1951年から1964年まで絶対的エースとして君臨した。

佐藤

1964年から1967年まで4年連続二桁勝利スワローズ通算48勝。

石戸四六

1966年から1969年まで4年連続二桁勝利スワローズ一筋で通算70勝。

1970年代前半のカープ

V9を謳歌する巨人とは対照的に、1967年から1974年までの8年間で5回の最下位

外木場義郎

1965年広島カープ入団して、プロ勝利ノーヒットノーラン

1968年に21勝を挙げてエースとなると、1976年まで8回の二桁勝利を挙げる。

カープ一筋で通算131勝。キャリアで3回のノーヒットノーランを達成した。

安仁屋宗八

1968年23勝を挙げると3年連続で二桁勝利

木場とのダブルエースとしてカープ通算90勝。

1980年代スワローズ

1979年から1986年までの8年間で5回の最下位

尾花髙夫

1982年12勝を挙げると、そこから6回の二桁勝利を挙げた。スワローズ一筋で通算112勝。

梶間健一

尾花と並ぶエースとして5回の二桁勝利スワローズ一筋で通算85勝。

1990年代タイガース

1987年から2001年まで15年で10回の最下位

マット・キーオ

87年から3年連続二桁勝利。実働4年でNPB通算45勝。

湯舟敏郎

92・93・97年に二桁勝利タイガース通算59勝。

藪恵壹

1996年から3年連続二桁勝利タイガース通算84勝。

川尻哲郎

3度の二桁勝利タイガース通算56勝。

2000年代ベイスターズ

2002年から2015年までの14年間で10度の最下位

三浦大輔

1997年10勝して以降、ベイスターズ一筋で7度の二桁勝利通算184勝。

2010年代スワローズ

2013年から8年間で5度の最下位

石川雅規

2002年新人王を獲得して以降、通算11回の二桁勝利

スワローズ通算173勝で現役。

小川泰弘

2013年入団して16勝を挙げ、最多勝新人王を獲得。

スワローズ通算75勝で現役。

疲れたからパ・リーグは任せるわ。

anond:20201223113032

万年最下位国鉄スワローズで363勝した金田正一でしょそりゃ

万年最下位イメージほど国鉄最下位になってるわけじゃないけど、金田が在籍した15シーズンでチームが833勝したうち、43.5%で金田勝ち投手になってるわけで、金田がいなけりゃ万年最下位だったのは疑いようもない。DELTA社が算出した金田国鉄在籍15年間の累積WARは124.2で、つまり金田の代わりに「平均的なNPBの1軍レベル投手が在籍していた」場合国鉄の勝ち星は124も減った計算になる(国鉄のチーム力からすれば「平均レベル投手」でさえ貴重な主戦力たり得、おそらく国鉄が用意できる人材はその域に達しないことを考えると、国鉄が失う勝ち星はさらに増えたものと考えられる)。

2020-10-28

anond:20201026190134

NPB時代遅れな点として「アマチュアで好成績をあげた選手が、子供の頃からファンだったプロチーム入団できないのはおかしい」という考えがいまだに蔓延っている事が挙げられる。

MLBNFL等ではこういう考えがほぼ払拭されており「例えどんな田舎の弱小チームでも、MLBNFLスタメンになるという事は大きな栄誉であり、人生勝ち組」なのであり、プロを目指すにあたって子供の頃ファンだったチームに入る事を始めから想定しない。ある程度の年数を経ればFA権が発生し、好きなチームに入る道はある。

スポーツシーズン制で、田舎が嫌な人はオフシーズンに好きなだけ都会生活ができる。

また、アメリカ大学スポーツ文化が盛んで、地域によっては「プロよりもカレッジスターになりたい」という子供も多い。カレッジで夢を叶えた人は後の人生ボーナスステージプロチームの選り好みはしない。

anond:20201027184650

>完全ウェーバー制、サラリーキャップ制、ドラフト指名権のトレード

いいですね、同意

巨人ライバル阪神でも中日でもない、ソフトバンクでも西武でもない。

ライバルスマホゲームyou tubeSNS

もっと戦力均衡を図らなければNPB自体巨人ソフトバンク諸共沈没しかねないという危機感を持たねばならない。

2020-10-27

anond:20201026190134

野球選手は各球団に入るのではなくてNPBという組織に入るのですよ

からどの球団に行くかというのは入社後の配属のようなもの

「俺は経理部が良かったのに総務部からいやだ、辞めます」なんてのはただの我儘

昔と違って何年か勤務すれば異動出来る制度(フリーエージェント)があるんだから、それまで努力しろっつー話

2020-07-17

上原田沢ルール文句を言う前に上原プロテクトについて説明しろ

巨人上原浩治投手田沢ルールについて即座に廃止すべきと述べている

これについては私も同感だ

田沢ルールNPBドラフトを経由せずに直接MLBに行った選手は、帰国一定期間NPBプレー出来ない

ただ、上原投手はその前に上原プロテクトというルール盲点を使って人的補償指名回避した件について説明すべきである

2018年広島カープの丸選手FAにより巨人移籍したため、広島カープ人的補償を得ることが可能となった

その際、巨人プロテクトリスト作成したわけだが、リスト作成前に上原は膝の怪我理由自由契約となった

そして広島カープ人的補償として長野選手指名したわけだが、プロテクト前に自由契約⇒その後すぐに契約ということを

認めてしまうと、人的補償回避するため有力選手を全て自由契約人的補償指名後に再契約ということが可能となってしま

こんなルール盲点をついた汚いやり方をする奴がルールについてどうこう言う資格は無いと私は思う

上原人的補償指名する意味あるの?⇒上原別に要らない ただ功労者である上原プロテクトしなくて済むので若手有望選手を1人余分にプロテクトすることが出来る

一旦自由契約になったんだから他の球団上原を獲得できるんじゃないの?⇒既に巨人とは話がついており、例え他球団交渉しても適当理由で断られるだけ

2020-07-15

田澤ルールの内容は誰一人としてわかっていない

anond:20200714202728

選手会のページを引用するけど

 NPBが導入したルールは、アマチュア選手が、NPBドラフト拒否し、海外球団選手契約した場合において、当該球団退団後2年間(高卒選手場合は3年間)の、NPB所属球団との契約禁止するというものです。

 このルールでは、田沢純一選手が、レッドソックスを退団したとしても、その後2年間NPBに復帰することができません。

http://jpbpa.net/reform/other.html

これ、普通に読めば2016にレッドソックスリリースされてとっくに2年たってるから切れてるんですよ。

で、今回一部の新聞などで、「日本帰国後2年」とかいきなり記載が変わってるんですよ。

ただ、野球規約にも新人選手選択会議規約にもなく、「申し合わせ」として決まってて明文化されていない事項ではあるっぽいんですよね。

から実際の運用がどうなのか、わかりようがない。

ないんだけれども……

そこをNPBでも選手会もつっこんでどうこうするのがマスコミ仕事じゃないの??何やってるの???と思ってます

誰も知らないルール」の内容を「問題問題だ」と大きく騒いでいて、誰一人問題の中身を把握していないのではないか

2020-07-14

田澤ルールについて

メジャーリーグベースボールボストン・レッドソックス等で活躍した田澤純一投手が13日、日本独立リーグ BCリーグ埼玉武蔵ヒートベアーズ入団した。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200713/k10012512801000.html


日本歴代3位のメジャーリーグ388試合登板というリリーフ投手としてメジャーリーグで積み上げた数字の割には、日本では知名度が低いだろう。

それは通常、日本スター選手になり満を持してアメリカに渡る選手が多い中、田澤選手日本プロ野球所属した経験が無いかである


田澤ルールというものをご存知だろうか。

日本プロ野球NPB)の選手契約に関するルールだ。

日本ドラフト拒否して直接海外挑戦した場合日本に戻っても高校出身選手は3年間、大学社会人出身選手は2年間、ドラフト指名できない」

というものだ。

プロ野球12球団の申し合わせ事項となっており、通称で田澤ルールと呼ばれる。

これはまさに田澤選手が引き金となって作られたルールであり、本人が希望したとしても、巨人阪神などのいわゆるプロ野球球団にはすぐに入団できないということである

田澤ルールができた経緯

田澤選手は、高校卒業後、社会人野球のJX-ENEOSに進んだ。

JX-ENEOS活躍して評価を高め、複数球団からドラフト1位候補として名を挙げられるようになった。

しかし、ドラフト指名が確実視されていた2008年メジャーリーグMLB)挑戦を打ち出した。アマチュア有望株のMLB挑戦について、当時の球界には一大騒動が巻き起こった。

田澤選手NPBの全球団ドラフト指名を見合わせるよう文書を送付し、バッシングを受けながらも最終的にMLB球団契約した。

これを受けて、NPB球団は事後的に上述のルールを定めたのである

日本人のMLB挑戦

日本人のMLB挑戦自体比較的新しい歴史である

1995年野茂英雄氏をパイオニアとして(ただし、日本人初のメジャーリーガー1960年代村上雅則氏)、その後数々のプロ野球選手アメリカに渡ったが、ルール問題が発生するたびにその都度整備されてきた。

野茂氏のMLB移籍も複雑な話だった訳であるが、長くなるためここでは割愛する。


NPBを経ずにMLBに行こうとする日本選手が現れるのはどんな背景があるのか。

一度NPBに入ってしまうと、原則9年は海外移籍できない。

海外移籍のためのフリーエージェント権利を得るのに9年の1軍登録必要からだ。2軍暮らしが長ければもっと時間がかかる。

原則と書いたのは、ポスティング制度を利用すればそれより短い期間で移籍できるからである

しか球団が認めなければポスティングでは移籍できないので、海外フリーエージェント権を得ない限り移籍自由保証されない。

MLBに挑戦するのが30歳近くなれば、選手によっては全盛期を過ぎていることもある。

数年間日本で実績を積んでMLBステップアップしよう等ということはできないのである

田澤ルール目的

目的は有望選手国外流出を阻止することにある。

日本選手自由海外球団契約できることは、NPBレベル低下につながる。

田澤ルール抑止力として働いていることは間違いない。

しかしながら、「NPBからオファーがあったにも関わらず、それを蹴って海外球団契約されてはNPB面子が立たない。面子を立てなかった選手の面倒は見ない」という裏の声が聞こえてしまうように思えてならない。

一方で日本球団は、チェン・ウェインリン・イーハウなどといった台湾の有望選手を獲得している。

また、昨年には異例中の異例で、2018年MLBドラフト1巡目指名を受けたが契約に至らず、2019年にも再度の1巡目指名確実と言われたカータースチュワートMLBを経ずにNPB入りしている。

田澤選手の今後

今季、田澤選手日本独立リーグプレーすることになる。

ここ数年の田澤選手アメリカでもマイナー暮らしで、力は落ちてきていると見られる。

したがって、田澤ルールが無かったとしても今の実力でNPBで投げれるかは未知数だ。まして2年後、3年後にNPB球団が獲得する保証はない。

とは言うものの、インタビュー記事からすると、田澤選手自身もこのルールには従っている。

しかし、将来の選手のためにも、このようなルールが少しでも変わっていくことを願っていることも事実のようだ。

https://full-count.jp/2020/07/14/post829635/

田澤ルールは田澤選手が渡米した事後にできたルールから、田澤選手には適用されないのではという説もある。

もっとも、NPB球団が田澤選手ドラフト指名する動きが無いため表面化していないが。

NPBルール検証

レベル報酬の面でNPBMLBに敵わない以上、アマチュアプロわず今後も多くの選手MLBを志望するだろう。

しかし、この田澤ルールについては、大物アマチュア選手MLB志望を口にすると、たびたび話題にはなったものの、深い議論には至らず置き去りになっているように思える。

この年数はアマチュア選手にとってどんな心理的影響を与えるのか。年数を変えたらどうなるのか。

同じ目的を達成するのに、他の手段ではダメなのか。どうしてもこのルールである必要があるのか。

議論を重ねた上で、最終的に結論は変わらないかもしれない。しかし今はまだその議論がなされていない。選手契約移籍に関する問題は発展途上だ。

NPBにおかれてはこの田澤ルールが本当に妥当なのか、今一度検証されたい。

2020-07-07

anond:20200707111710

性的な部分に限らない「物語」をいったいどう構築してアピールすればいいのかっていう話なんだよね、↓見て思ったんだけど

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.com/shimoshiho/n/n37e94405e0e6

例えば高校野球はかなりの例外はあるにせよ「おらが県の代表」という物語があり、プロ活躍する未来ヒーローを見られるかもしれないという要素もあって、あれほどの巨大な営みになっている

それこそNPBMLBに比べれば競技レベルは劣るし、実際「なんでメジャー観ないの」って煽られることもあるけど、それでも国内地元球団として今までやってきたことが大きな意味を持っている

Jリーグもそりゃ当時のバブルやら何やらに支えられた部分はあるにせよ、1から今あるものを築いてきたわけだ

別に女子スポーツに限らない話として、純粋競技能力が最強のもの以外は何らかの物語抱き合わせで売らなければ興行としては成り立たないというだけの話で、それはいかなるスポーツにしても同じことだ

将棋なんかに至ってはもう明らかにトッププロよりAIの方が強いと誰もがわかってしまったので、単に強いという以外の魅力をみんなして模索している最中

単に地元のチームというだけなら田舎の県にもそれなりの数はある

そういう中で「このスポーツのこのチーム/選手応援しようと思う理由は何か」というのは、プロスポーツとしてやっていく以上誰もが常に問われている

女子スポーツけがそれを一方的に突きつけられているわけじゃないんだから被害者ヅラするのは正直どうかと思う

まあ女子というのはひとつの大きな個性ではあるし、ジェンダー論で客呼べるなら呼んでみりゃいい

女子野球にせよ女子サッカーにせよ、ネットフェミフェミしてる暇があったらあいつら買い支えてやったらって思うんだけどね

自分はやんないけど

2020-07-01

anond:20200701114755

NPBに限れば球団がない県の方が余裕で多いのに、わざわざそれも北海道にぶつけてくるかなあ

2020-05-30

高校野球NPB主催トライアウト妄想してみた

https://hochi.news/articles/20200529-OHT1T50336.html

細々とスカウト活動するより、NPB主催トライアウト大会を開けば面白いと思ったので妄想してみた。

12球団が、それぞれ12名の招待選手候補リストアップする。

・招待選手の重複などはNPBで調整し、144名の招待選手リスト作成する。

・招待された選手は、個人意思で参加・不参加を決定する。

・144名の招待選手を、1チーム18名の8チームに分ける。

・4チーム×2の予選リーグを行い、上位2チームによる決勝トーナメントと、下位2チームによる順位決定トーナメントを行う。

試合は無観客で行い、12球団スカウトのみ観戦する。

試合TV中継し、収益寄付する。

・今年のドラフトにおける高校生指名は、大会参加選手と事前に辞退した選手の中から行う。

2020-05-06

anond:20200503201454

そりゃマークハントの国にはNPBNFLもなくてラグビーが「もっともと身体能力の良い人間の辿り着くところ」だからそうなるわ

なんで「野球アメフト」と言ってるのかを1から10まで説明すべきだったのに省略してしまってごめんなアスペ

2020-03-03

転売に関するクレームメルカリではなく鹿島アントラーズに出そう

メルカリevil企業であるのは今に始まった話じゃない。不正転売への対策がずっと弱いままで改善姿勢が見られないか東証に上がれなかったのだ。

そんな企業文句言ったところで何も変わらない。

だが、関連企業クレームを出すことは出来る。

去年メルカリ傘下になった鹿島アントラーズや、鹿島サポーター関係者などにクレームを出すことが効果的だ。

例えば鹿島社長宛に「反社片棒担いでますよね」とDMするのも良いし、Jリーグ界隈で鹿島関連のイラスト仕事をやってる千田純生氏などにに「お前はevilメルカリ片棒を担ぎ続けるのか」とツイッタークレームを出すのも良い。

これが目立つようになると鹿島としては何か対策せざるを得なくなるし、その上位であるJリーグとしてもスルーは出来ないだろう。Jリーグはいち早く競技を中断してNPBとも連携するなどコロナ対策スポーツ界をリードするイメージを得ようとしているのに、メルカリ存在と行動がそれに反しているからだ。勝ち点剥奪J3への降格すらあり得る。

とばっちりに見えるが、グループ企業なのだから連帯責任を負ってもらおう。

2020-01-25

anond:20200125090127

関西本拠地にして85年もやっといて

2冠王経験者の生え抜き主砲と、NPB史上最高の3冠王外人

偶然揃った85年のたった1回しか日本一になれてない球団が何だって

2020-01-05

野球自体をくさしてる奴らピントずれてるよ

急激な「野球離れ」で球界が直面する厳しい未来東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00321767-toyo-soci

これについてるブコメでいくつかイライラするのが散見されたので。

観戦としての野球の人気は他の追随を許さないと思う。

高校野球言わずもがなプロも数万のスタンドが平日でも毎日埋まるんだぜ。

メジャーなんかよりめっちゃ埋まってる。

中継も利権絡みでMLB.tvみたいなのしてないかもったいないことしてるけど一念発起してNPBでやったら相当儲かると思う。

野球自体見るのはすげー面白いんよ

なり手が少なくなってるのが問題なんよって記事読めばわかるはずなのに自分野球嫌いだからってああいブコメする奴ら嫌い。大嫌い。

2019-10-11

anond:20191011190836

から格ゲー」は一社独占じゃねえんだからストVが潰れても他の格ゲーへ行けばいいって話だろ。

それでおまえは「ストVKOFルールが違うから代わりにならない」と言うわけだが、

その理屈ならNPBMLBだってルールが違うんだから代わりにはならないということだ。

でも実際のところNPBMLB選手が行き来しているし、

ストVKOFだってプレイヤーは行き来している。

構造はどちらも同じで、おまえの理屈採用するかぎり「一方はスポーツでもう一方はスポーツじゃない」なんてことにはならない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん