「消化試合」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 消化試合とは

2020-05-25

50の手習って言うけど、50くらいって仕事人生だと消化試合、家庭だと子供結婚して孫を見るか見ないかくらいで生きる目標を無くしがちなとこなんだよね

寿命まではまだ余裕があるので、はてさて何をしていこうかというところ

からこのへんでまた新しく何か目標を作ってみようかなという人が多いんだと思う

オレはボクシングに通うようにした

聞くとこの年代から始める人もそこそこいるらしい

強くなりたいとは思わないけど健康維持にちょうどいいし今のジムフィットネスコースもあって若いヤングギャルもいて目の保養にもなって一石二鳥

ボクシングは使える武器が少ない分、駆け引きや読み合いやフェイント、逆にラッシュで圧倒することもあってなかなか知的スポーツだと思うので、知的派が多い増田達にもオススメできる

もはや消化試合にしてしまった人生

消化せず中断(?)しようかと思っている。

私の他にそんな感じに考えている増田も数人いるんじゃなかろうか

2020-05-06

anond:20200506113334

消化試合人生を送ってる人間からすると、時間を虚無に食わせるにはちょうどいい娯楽なんだよね。

2020-03-11

anond:20200310225709

整形したら?世界変わるよ

俺は変れた

自分ブサイクって思い込みは卑屈になって悪いスパイラルになるんだよね

残りの人士消化試合だと思うならまずは気軽に整形しよう

2020-03-10

こんな惨めな思いをするくらいなら生まれなければよかった

ブサイクに生まれた時点で人からバカにされる一生

どんだけ中身を補おうと知識を蓄えようと豚に真珠

女性タイプを聞いても清潔な人なんて建前を言うがそれは最低限の顔を持って生まれた、いやそれならまだいい、普通以上の顔が前提なのだ

こんな不細工に生まれてきた俺は人権すらない

もう27年我慢してきた それなりに努力してる方だと自負してる

でもそれでも普通以下なのだ 

もう人生消化試合だ なんのために生きてるんだろう 

2020-02-26

ハローワーク相談メールを利用しているのだが

無料相談に乗っていただいていていて、

担当の方には心から感謝している。 

 

今、カウンセラーではないけども、似たような?仕事について 

日々クライアントを励ましたりしている。 

仕事相談もしているのだが、プロってすごいな、と思うのが 

語彙力。

 

私の仕事クライアントメールの文面だけでやりとりするのだが、 

どうしても長くなりがち。 

となると、数がこなせないんだよね。。 

時間がかかってしまう。 

 

ハロワ担当者さんは、何人かいらっしゃるようだけど、 

その中のお一方かな?とても上手な方がいる。 

 

一言で「ズバッ」と刺さるキャッチーで核心をつくような 

言葉をくれるのだ。 

 

こっちがどんな長文で相談を送ろうとも、返事は完結。 

ぱっと見の文量に肩透かしをくらうんだけど、言葉がズドンとくる。 

 

文脈はここでは伏せるけど、端的に例を挙げると、 

消化試合」:2度目のチャレンジに失敗してガックリしてた私に 

2度目は1度目の感動は薄れる、と一言。 

諦めることができた。

 

腰巾着」:全てが受け身で誘っても優柔不断な友人にイライラしてた時に。 

別のリーダーの子には即答でOK出して私を不満にさせた友人を称して。 

嫌われてるのかも、という見方以外にも提示してくれてちょっと心がおちついた。 

 

長い文章いくら書いて送っても、既読スルーされることもあるこの仕事。 

この担当者の方くらいシンプルに、短く確実に相手に届ける表現がしたい。

2020-01-12

anond:20200112043844

分かり過ぎて辛い……。

俺も、人生で最高のチャンスをバックレて棒に振ったから辛さが分かる……。

twitterで知り合ってからもう5年くらい何度もオフ会して一緒に遊んできた女の子友達4人と、去年ついに夏休みディズニーランドに一緒に遊びに行く約束を取り付けたというのに、不運がいくつも重なってその約束を果たせないまま結果的にバックレざるを得なくなってしまった……。

人生でもうあれだけ複数女の子モテることはないだろうし、本当にあの時のバックレを後悔してる。今更twitterに戻って弁明したところで浅ましい言い訳しかならないだろうし、信用も地に落ちただろう。

ここ5年は本当に楽しかった…。5人でいつも行動してて、うち4人は女の子。男は俺1人だけっていう最高にハーレム環境だったのに、去年の不運でそれまでの築き上げてきたハーレムが一瞬のうちに失われてしまった…。マジで後悔してるし、それ以来もう何をやっても楽しくない。当たり前だ。男にとって複数女の子からモテて一緒に遊ぶ以上に楽しい遊びなんて存在しないんだから話題の新作アニメを観ようが新作ゲームをやろうが何をしても本当につまらない。ああ、残りの人生消化試合だなって感じだ。バックレは人生破壊するぞ……。

2020-01-10

弱者を狙ってる時点で「無差別殺人」じゃない

落伍者に転落してから分かった事がある。

それは無差別殺人者たちの心理状態

無差別殺人事件が起こると市井の人間は

毎度のことのように標題のような発言をする。

死にたいなら勝手死ね」というのも多い。

無差別殺人者社会に対して恨みを募らせている。

俺を評価せず、除け者にする「奴等」に怒っている。

限られたパイを独占し続ける「奴等」のせいで

俺の人生はてんで上手くいかないのだ。

注釈を入れるまでもなく「奴等」は社会的上層、

すなわち高収入高学歴容姿に恵まれ

友人や恋人家族に囲まれ、日々笑顔で暮らす人達

俺が今からいくら渇望し、努力したところで

数が限られたパイにありつくことはできない。

椅子取りゲームに勝者した奴等は椅子

そのまま座りっぱなしでくつろいでいる。

椅子に座れなかった俺は死ぬまで立たされる。

座っている奴等から嗤われ、詰られ、

虚仮にされながら、負け確定の消化試合のような

暗澹たる人生粛々と歩むしか道は残されていない。

こんな理不尽な状況なんてぶっ壊れちまえばいい。

いや、自然に壊れることはないだろう。

ならば、俺の手でぶっ壊してやる。

失うものなどない、躊躇する必要もない。

どうやってぶっ壊すか?

正攻法で奴等を倒すのは到底無理だ。

それは今までの人生実証済みだ。

奴等をぶっ殺したところで奴等に与えられる苦痛は一瞬。

奴等に生き地獄を味わわせるにはどうしたら良いか

そう。奴等が後生大事に抱えているものを潰せばいい。

奴等は自分愚鈍判断した他人を蹴落とすことは

躊躇しないくせに、自分にとって価値があると

判断した人間は非常に大切にするようだ。

奴等が大事にするのは恋人や妻、子供だ。

女子供を獲得することは勝者の証である

そもそも女子供自体だって盲目的に奴等に

阿諛追従するような取るに足らない存在なのだから

いくらかぶっ殺したところで良心も痛まない。

奴等そのもの危害を加えるよりも、

奴等の大事にしているものを目の前で

グリグリ踏みにじった方が清々するってもんだ。

っていうロジックなんだと思います

個人の感想です

2020-01-09

ふと思ったんだが

ネットでだらだらしてる時間を、生産的な時間に回したら、いくら稼げるんだろう



と思ったけれど、これから殆どの人の未来は、貧乏人は貧乏人として、そういう時間つぶしというか消化試合生き方しかできなくなるんだろうな。

否定はしちゃダメ

2019-11-17

あー楽しかった

一日いたかったな

もうだいぶ満足してきたからここから消化試合かもしれない

2019-08-09

[]そろそろ諦めた方がいいと思う

加害者である日本と、被害者である韓国

この関係はもう終わってしまったんだよ

現状を消化試合理解した上で続けるなら止めはしないが、もし逆転勝利を未だに信じているのなら、悪いことは言わないから諦めた方がいいと思う

無駄時間を浪費した絶望に打ちひしがれるだけだから

2019-08-06

仕事モチベーションを持ってと言われた場合

別に夫婦ふたりだし

そんな贅沢しないで

そこそこ貯蓄してるし

消化試合みたいに生きてくつもりなので

ふつう給料もらって

なるべく早く帰れて

他ともめないように

面倒くさく無いように

心がけているので

こういった場合

こんなモチベーションでいるのですと説明したらいいのだろう

2019-08-01

親が毒親なのかわからない

今年で25歳になる。郊外育ちの一人っ子。今は地元からかなり離れたところに住んでいる。

まず前提として、私はADHDだ。医者からも診断されている。毎日薬の副作用と戦っている。幼少期から不器用で不注意。協調性はまるでなかった。けれども典型的大人ADHDという代物で、学生時代は少し変わっている子扱いで済んだ。自分障害持ちだということに気がついたのはここ数年の話だ。

そんなわけで幼少期から自分は不得意なことが多い人間だということを自覚していた。だからこそ小中学校勉強を頑張ったが、自分の自頭がそんなに良くないことも察していた。人並みに生きることを目標とした。正直生きていたいと思った瞬間は一度もない。消化試合だと物心がついた時には思っていた。

それでもって親だ。父親仕事が忙しくほとんど家にいなかった。朝遅くに起きて、深夜に帰ってくるような人だった。幼少期の私からしたら土日にだけいる人でしかなかった。ところがどっこい、実はパチンコ依存症だったり酒をやりすぎて身体を壊したりととんでもない人だったらしい。そしておそらくADHDだ。性格、行動、得意不得意が全て私と同じなのだ

最近気がついたが母はそんな父に疲弊していたようだ。自分一人では生きられないくせにトラブルをもたらす父親母親立場になれば当たり前だと思う。よく、母親から父親愚痴を聞かされたものだ。そんな母親の生きがいとなるのは私しかいない。しか父親同様、世話のやりがいがある。リアルたまごっちだね。

不器用な私は母親から何かをしようとするたびに、「あんたにはできないから」「危ないからやめなさい」と言われるようになった。包丁を持たせてもらうことも、火を使わせてもらえることもない。さらに言うと、足の爪すら自分で切らせてもらえなかった。でも私はそんな母のことを嫌だとは思わなかった、むしろ好きだった。ADHD特有空気の読めなさで友達をなくしても家に母がいるからなんの問題もないと思っていた。

結局父親は外に女を作って出て行った。今考えれば逃げたのかな、と思う。そこから父親との関わりは消えた。残された母と私。今思えばここから母の私への依存は始まったのだと思う。私が上京をしたいと言うと「お金がない」「あんたが一人暮らしできるわけない」と言うようになった。地方都市郊外で明るい未来が待っているとも思えないので無理やり上京した。甘い考えだった。何もしてこなかった自分一人暮らしできるわけがなかった。

それから母は頻繁に東京に来るようになった。散らかっている部屋を見て、「やっぱりあんたは一人では生きていけない」と満足げに片付けをして帰っていた。そうなのかもしれないと思った私は男を作って世話をしてもらうことにした。いわゆる共依存だ。結局のところ、私は世話をしてもらわないと生きていけない人間になってしまったが母親依存してはいなかったわけだ。

そんな私の世話に生きがいを覚える母親だが、ADHDだとカミングアウトして信じてもらえなかった。いつも「あんたは何もできない、一人で生きていけない」と言っていたくせに矛盾している。「あんたは大丈夫」と真逆のことを言い放った。ADHDという原因があったから、何もできなかったんだ、そう思えた私の救いは全否定されてしまった。そんなに障害持ちの親にはなりたくないのかと思ってしまった。

就職して東京を離れた。業種は父親と同じ。おそらくADHDであろう父親でも出来る仕事と言う理屈だ。実家からさらに遠方に引っ越した。縁もゆかりもない土地だ。

勤め先で家庭の話を笑い話半分でしたところ、「お前は辛かったんだな」と言われた。私の何が辛いんだろう?これくらいの家庭環境なんて普通なんじゃないか?疑問に思った。帰ってから再考した。確かに私は両親を好きだと言う気持ちはない。死んでも泣けないんじゃないかとすら思う。でもちゃん大学進学までさせてくれた恩はある。好きになれない自分が悪いのではないか、そんな風にしか考えられない。

「辛かった」というワードが引っかかりアダルトチルドレンについて調べたところばちこん当てはまった。過保護母親に、無関心な父親。まさしくだ。そして自分母親から逃げ出したく、父親に認められたいと思っていることに気がついてしまった。

しか自分本心に気がついたからと言って何かを変えられるわけではない。母親地元を捨てて私と二人暮らしをしようとしている。私が今彼氏がいなくて世話をしてくれる人がいないからだ。「あんたは一人で生きていけないんだから」としつこく言われた。もし結婚しても孫の面倒を見るために引っ越してくるらしい。逃げ道はない。そして父親とはもう関わることはないだろう。

自分がかわいそうだとは思わない。ただ、「親が悲しむから死なない」だとか「親孝行をしないといけない」という気持ちがわからない。別にどうだっていいことじゃないか孫の顔を早く見せろと言われるが正直私は自分遺伝子なんて残したくもない。

これは私が悪いんだろうか。親を毒親だとは決して断言しない。ただ決して感謝なんてしたくない。悪いのは親か私か。健全な家庭に育った人に言ったらぶん殴られそうな悩みだ。

私は自分の力だけで生きられるようになりたい。そうすれば母親は放っておいてくれるのだろうか。そして、父親から認められたい、愛されたい。でもそれはどう頑張っても無理なんだろうなと思うとふとやるせなくなってしまう。

2019-07-22

火の丸相撲、刃皇に負けてからの展開が結局最後まで消化試合だったなあ...

2019-06-20

高知県人口減と脱藩マインド

高知県人口が70万人を切ったニュースで思い出した話がある。

少子高齢化人口減と都市地方格差が進んだ結果、進学への情熱が薄れてきているという話。

昔は「良いところに就職するために、いい大学に入る。

そのためには私立進学校に行く。」というのがエリートセオリーみたいなものだった。

だが今は、そんなセオリーが崩れている。

いや正確には「無理してまで良い大学に入らせようとは思わない」「そのために私立進学校に行く必要はない」

という認識小学生中学生の親世代にあるのではないか

高知県高校大学

その前に、高知県大学高校(及び中高一貫校)の事情説明しておく。

まずは高校

進学実績の点で私立公立かで言えば、私立2校が秀でる。

土佐と学芸のことだが、但し中学受験クリアした者に限る。

1990年代当時の感覚では、

  土佐>=学芸>土佐塾(ここまで私立中高一貫)>追手前(県立)>その他県立高校とか明徳とか

であった。

それが今はどうだろう。

県立西高校と県立南高校が統合され、南西高校になるかと思いきや公立中高一貫高知国際中学高校になった。

老舗の中高一貫校である土佐や学芸にとっては脅威である

しか母体西高校の色もあり、英語教育に力を入れているスーパーなんとかハイスクール指定されている。

昔ながらのThe私立進学校は、特色ある公立校に押されつつあるとみられる。

次に大学

高知県にある4年制大学国立大学法人高知大学と、高知県大学、そして高知工科大学の3つしかない。

かつては高知医科大学があったが、高知大学合併して高知大学医学部になっている。

たった3校しかない高知県内の大学で、理工系に限ると、

もはや高知大学高知工科大学の2択だ。

更に機械電気情報といった工学系となると高知工科大学しかない。

理系の進学先

受験難易度の点で見れば偏差値46程度の高知工科大学であればわざわざ難関私立進学校に入らなくても良い。

しろ公立学校の方が家計財政的に助かる。

筆者は土佐高校卒業だが、当時人気だった進学先のひとつ岡山大学であった。

遠すぎず、近すぎない大都会岡山である

あるいは首都圏関西の様々な大学であった。

同級生や年の近い先輩後輩の進学先ら帯広畜産大学から琉球大まであったし、海外留学していったのもいた。

ほぼ100%が進学志望なのは今も昔も変わらないと思うが、志望大学バラエティに富んでいた。しかし今や地元志向が強すぎる。

もちろん地元高知大学の人気も高かったが、今はそれ以上に高知大学志望が増えているという。

「もうちょっと頑張れば、もっと良い大学に行けるのに」と先生が勧めても、

生徒や親が浪人を嫌がり、より確実性の高いところで落ち着こうとするのだ。

あるいは、「もうちょっと頑張れば」というなら理学部から医学部進路変更する。

でも本当に医者になりたいのか?安定した職業を求めているのではないか

まり冒険しなくなった。脱藩マインドが薄れているのだ。

言っておくが国立高知大学高知工科大学も、決してチンケなFラン大学ではない。

だが、やれハーバードMITスタンフォードだ、東大京大だ、早慶阪大だ、

MARCH関関同立だと比べると田舎大学感は否めない。

そして環境。圧倒的に人が少な過ぎて、異なる価値観に触れる機会が都会とは雲泥の差なのだ

月とトイレの方のスッポン。多感な学生時代を、世田谷区人口にも満たない県人口田舎で、刺激の少ない学生時代を送ることになる。

高知から出るだけで消耗する

どこかのうん○こトマトブロガーのせいではない。

たとえば高知から東京大学に進学するとなると、それだけで大変だ。

平均世帯収入の低い高知から物価の高い東京一人暮らしとなれば、不景気ないまおいそれと出せない。

筆者なんか6年も通ってしまったのだ、どれほど親に金を使わせたか

まり金が無い

余裕がないのだ。

一年浪人させて県外の良い大学にいくよりは、現役で高知大か工科大に行き、

県庁市役所に勤めることこそが、堅実な将来であることに疑いはない。

でもそれで新しい時代が切り開けるか?

消耗しないように高知に残り、消化試合人生は「負け」ではないが

そもそも勝負をしていないのではないか

高知県私立進学校に告ぐ

少子高齢化と取り返しのつかない人口減に対応するため、私立進学校も変革の時を迎えている。

ちなみに、土佐高校昭和半ばからずっと1クラス50人×6クラスである

どう考えても多すぎる。

学費を上げてでも人数を減らし、きめ細かい教育ができるようにすべきだ。

脱藩マインドが低い者は公立校に任せ、県外や海外へ送り込める少数精鋭の人材育成校に転換した方がいい。

脱藩マインドを持つ者に磨きをかけろ。世界は広い。

冠する土佐藩の名に叶って欲しい。

でもそうすると、優秀な人材はどんどん高知から離れ、高知県ますます衰退の一途を辿ることになるジレンマがある。

2019-06-05

無職引きこもり

普通に考えて人の役に立とうとしない人に幸せなんてくるわけないわ。

奴隷になるくらいなら一人で死ぬわと偉そうな事言いながらと親の資産食いつぶしてるんだから犯罪者予備軍と言われても仕方ない。

少しの圧力で鬱ですと甘え、他人に優しくされなければ怒り落ち込み、こうなってほしいと欲求も言えない。

自ら消化試合みたいな人生歩んでて楽しいわけないわな。

あ、これ自己紹介から

2019-05-28

自分が無価値に感じる

産む機械、じゃないけど、育児マシーンみたいだな、と思った。

金も時間も無いし要領も悪いか育児仕事家事に全振りするしかない。

でも誰かに褒めてもらえるわけじゃない。だってもっとすごい人がいっぱいいるから。

消化試合のような、ジリ貧になりながら、ぎりぎりになりながらも毎日を乗り切るしかない。

2019-05-06

anond:20190506035703

少なくとも安倍消化試合に入りつつあるから安倍の間はなんにも変わらんと思うぞ

最後の大仕事として改憲やるかも知れんけど消化試合に入ってるとしたら多分やれないわ。やらないんじゃなくてやれない

2019-03-22

死にたい

死にたい

理由は尽きない。

家族はいるが、仲が悪い。

友だち少しだけいるが、向こうが忙しくなかなか会えない。

恋人はいない。というか、以前付き合っていた人にトラウマがあって、もう恋人は作れないだろう。

仕事はまずまずだが、それだけで生きがいにはならない。

その他、顔がよくない、自分臭いのではないか性格・考え方・頭が悪い等。

被害妄想的なネガティヴは止むことがない。

趣味も特技も長所もない。夢も希望もやりたいこともない。

インターネットの〇〇診断をするといつも最低の結果が出る。思考力がない、ネガティヴすぎる、人として魅力がない、云々。

本当にその通りだと思う。インターネットにすら見透かされる、薄っぺら人間になってしまった。

最近はめっきり頭を使わなくなった。ただただ死にたいしか思うことがない。

朝はギリギリまで寝ていて、仕事をし、食べるのが遅いので夜はだらだら食事をしていると時間がなくなり、体力がないので長時間眠る

休日は1日ほとんど眠って夕方か夜に起き、ストレス発散のためネットショッピングで要りもしないものをたくさん買う。そのため生活リズムはガタガタ、1週間に1日は徹夜し、貯金はたまらない。

要は、生きていくのに向いていない。

最低限必要コミュニケーション能力常識、気配り、優しさもない。

もちろん自ら身につけなかったわけではないが、さしたる心当たりもないので、たぶん生まれながらにこういう社会に合わない性格なのだろう。

から、誰から必要とされない、好かれない、愛されない。

残りの人生絶望しかない。長い長い孤独消化試合だ。失敗が怖いやらなんや理由を付けて、自殺する勇気もない。

何もかも中途半端で、見えない何かに怯えながら、この先生きていくのだろう。

たぶん、何もかも俺自身が悪いのは知っている。

2019-03-21

あれから5ヶ月経った

anond:20181014140033

アズレン開始から5ヶ月ちょっと、ようやく一区切りと言われる8章をクリアし、現在安全海域にするための消化試合中。

イベント開催のたびに攻略そっちのけで取り組んだこともあり、結果的に随分のんびりしたペースでここまで来た。

ここまで遊んでみて、今まで遊んだオンゲの中ではかなりきちんとしているというのが一貫した感想かな。

「いいんだよこういうので」と率直に思わせる造りは嫌いじゃない。

明日かなりデカいアプデがあるけど、この調子で続くことを願うばかり。

そして今ある懸念

そんでこれから上級者向けと言われる9章を始めるんだけど、敵戦艦の耐久が15000もあって、しかもほっとくと後方の主力に榴弾打ち込んでくるとか、自爆ボートを素通りさせると1000ダメージとか、相当に物騒な話が聞こえてくる件。

それでさしあたって不安なのは認識覚醒・育成艦の選別・装備強化・スキル強化


ちなみに主力ともいうべき海域攻略艦隊の陣容は以下の通り。

このうちLv100に到達したのは今の所エンプラだけなんだけど、認識覚醒しちゃっていいのかな?

認識覚醒には結構コスト掛かりそうで、攻略艦隊であっても全艦覚醒はキツそうなのが気になる。


それとここまでレベルが高くなると、新しく誰かを育成するのが地味に面倒になりつつある今日このごろ(汗)

結果、クイーンエリザベスサンディエゴレンジャーアークロイヤル、モントピリア、フェニックスヘレナオーロラ、リアンダー、ハムマンシグニットなど、準主力として海域攻略以外のデイリーや周回やイベントガンガン出撃させていて、いざとなればいつでも主力に編入可能な子がいる一方で、入手したはいいけどその後塩漬け状態になってる子が結構いるんだよなあ(一航戦とかデューク・オブ・ヨークとか)

からってわけじゃないけど、もし上述以外で「持ってたら育てるといいよー」って子がいたら教えて欲しい。


装備は、主力に限っては消化器以外は金と紫のみで、それらのうち主砲副砲魚雷艦載機に絞って+6まで強化してるけど、やっぱ9章までに設備も含めて+8くらいまで上げないとキツい?

それやっちゃうと多分パーツが不足するので、集めながら強化になるが…。

ちなみに+6まで上げたのも最近だけど、その結果、色々と軽巡に見劣りしていた重巡勢が普通に軽巡より高火力を叩き出すようになり、強化の効果に驚いた件(もちろん軽巡装備も+6に強化した上での比較)。


あとはスキルか。

大体Lv5くらいまでしか上げていないけど、これもLv7くらいに上げるべき?

そうなると教科書(ry

その他気になる点

特にヘルキャット、これが揃えば5章で就役以来、文字通り不動のスタメンとなったエンタープライズ黄金聖衣を纏った黄金聖闘士状態になってヒャッハー!なので、結構切望している(他の装備はデストロイヤー、バラクーダ、カタパルト×2、全て金)

でも5-2回ってるけどめったに設計図落ちないから、これも黒箱頼みだろうか…。

2019-03-16

誕生日

今日で26歳。

早かった、という感想はない。なんとか、やっとこさここまで来たという感じの方が合っている。

人生ピークは過ぎて、あとは死ぬまでの消化試合なのかも、と思うときがある。

未来よりも過去を思うことのほうが増えた。

夕方、近所の子もの遊んでる声を聞いて、自分の子ども時代をふっと思い出して、あの頃は、日が暮れるとボールが見えなくなって、帰るのが惜しくて。

今この時も、そんな風に、将来、思い返されるのだろうか。

こんな風に、泣きそうになりそうな気持ちになるんだろうか。

2019-03-11

就活って難しい

3月入ってから2週間も経っていませんが、すでに第1志望会社に落ちました。とても辛いです

どうせもう縁が無いだろうからぶっちゃけると某アイドルゲームを作ってるB社です。

割と前から就職したいと思っていて、インターンシップにも参加して、早期応募で採用面接等を受けました。

1次面接からずっと「この会社とは何かズレてる気がする。人はめっちゃいいけど、なんか違う。」って心のどこかで感じてたんですよね。

ただ、まあ割と楽に最終の役員面接まで行けたので上手く行くと思ってました。

はい、最終で落とされました。この会社は割と早くに連絡をしてくるので1週間近く経ってる時点で怪しいとは感じていました。

お祈りメールを受け取ったときもそこまで落ち込みませんでしたね。割と自分的には鬱になるのでは?ぐらいに考えていたのですが、あっさり受け入れました。

で、その会社第1志望ですでに選考を受けていることは親に伝えていましたから、結果を報告しました。

すると「ちょっとゆっくりしてから探したらいい。最悪、院に行ってもいいから。」と言われました。

正直、お祈りメールを受けたショックよりこの親の優しさに泣きそうになりました。

よく考えると僕が何かの選考で落ちるって相当久々なんですよね。

僕は中学受験しましたが、その学校には割とすんなり入ることが出来ましたし、大学もあまり苦労せずに入ることが出来ました。

多分、そういう事情を知っているからこそ優しくしてくれるんだと思っています

親って大切にしないといけないですね。昔、迷惑を相当かけたので本当に申し訳なく感じます

ただ、実を言うとB社を受ける前に某白猫とか黒猫とかが付くゲームを作っているC社も受けて落ちてます

ただ、ここは第1志望では無いですし、元々インターンシップに応募して落としたにも関わらず新卒採用受けてくれとかいう謎なことを言ってきたので試しに受けたという感じなので、ほぼほぼノーカンです。


さて、ここからが本題です。第1志望最初に受けて、ここが通れば他の選考を受ける必要が無いと考えていたので、落ちた後のことを何も考えていません。

自分が行きたいのはゲーム業界のはずです。「はず」なんです。

なのですが、本当にこれでいいのか迷っています

今までの人生を振り返った時にゲームをそこまでやってきたかと言われたら、やってないとはっきり言えるレベルでやってません。

苦手なんですよね、ゲームプレイするのが。

ゲーム自体は好きなんですけど、自分プレイするのがとても苦手です。誰かがプレイしているのを見たり、自分ゲームを作ってみる分には結構面白いと感じるのですが。

ただ、今までゲームをそんなたくさん作ってきたかと言われてると、これも作ってないとはっきり言えます

基本的アイデア力が無いので、「こういうゲームがあると面白いかも」みたいなのが全然思いつきません。ただ、他人意見を聞いてそれにアドバイスみたいな感じで意見を出すのは割と得意だったりします。

さて、こんな僕にゲーム業界ゲームを作ることが出来るのでしょうか?もっとゲームが好きで昔から色んなゲームプレイしてきたっていう方のほうが向いてると自分では思います

でも、他に興味がある業界がありません。自分で作ってきたものには、機械学習を用いた画像認識Webアプリケーションなどがありますけど、これを仕事にしたいとは全く思っていません。

自分は飽きやすいので興味が無いことを始めたとしてもすぐにやる気が無くなります。多分、半年ももたないと思っています

からこそ、少しでも興味のあるゲーム業界を目指しているのですが、現実はとても厳しいものです。

自分がやりたいことも割とここ数年の間にコロコロ変わっているので、ゲーム業界就職したとしても5年10年後には多分違うことをやりたいと思っている気がするのですが。


あと、もう1つ悩んでいることがあります。勤務地です。

B社を志望していたときは「絶対東京がいい」みたいなことを考えていたのですが、落ちてから冷静に考えると「別に東京じゃなくてもよくない?」ってなってきています

正直、東京はたまに行く分には楽しいのですが、住むかってなるとなんか違う気がします。

ただ、イベントとか趣味関係(B社の某アイドルゲームですw)を考えると東京近郊に住んだほうが楽なんですよね。

今は実家の近くである大阪を中心に会社を探していますあんまりないんですけどね。

いっそのこと全然違う場所就職するのも面白いと考えています。例えば、金沢にあるD社とかはエントリーを考えていたりします。

どこで就職しても難易度はあまり変わらないとは思いますけど、東京よりかはちょっと離れた場所のほうが楽なのかなとかは思ったりします。


さて、ここまで色々書いてきましたが、多分殆どの人が「こいつ、文章書くの下手くそだな」って思っていると思います自分でも思っているぐらいですからw

文章力が無いとエントリーシート書くのもなかなか辛いんですよね。

てか、自己PRとか志望動機とかってどうやって皆さんひねり出しているんですかね。正直、第1志望以外はほぼ適当に見つけた会社なので、志望動機なんて書けないんですよ。

エントリーシートを書いていると自分が今までどれだけ何もせずに人生を過ごしてきたかがよく分かります


結局、自分がやりたいことを見つけることが出来ず、特にこれと言って特別なことをしてこなかった人には就活というのはとても辛いものということを少し実感しました。

就活なんてまだ始まったばかりなのに何言ってんだ、こいつ」と言われるかもしれません。ですが、第1志望をすでに落ちている身としては今後の就活なんて消化試合みたいなものです。やる気なんて全く出ません。

親に言われた通り、院に進むのも手だとは思っているのですが、今の研究室でやっていることを院に進んでまでやりたいか?ってなるとやりたくないです。

研究室も割と適当に選びましたからね。正直、結構後悔していたりします。ゲーム開発に全く関係の無いことですし。


新卒採用なんて人生で1度しか経験出来ないことなので、色々飛び込むのもありなんですかね...

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん