「本能寺」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 本能寺とは

2021-05-26

本能寺

お坊さんが性欲とか食欲とかあらわにしてそう

2021-03-14

anond:20210314102141

いよ!待ってました名飛び火!

所詮綺麗な包装紙で包んでもその実態は、証拠なき私刑

それを是とするのもやぶさかなしだが、自分はオッケー他人はアウトはいただけない。

まさに好機。是非はあるのかダブスタか。まさにMeToo本能寺

2021-02-26

anond:20210225174345

明智光秀本人が織田信長を殺したなんて話はなくて、

本能寺ごと炎上して死体も残ってないという話。

2021-02-22

予定日3日前、おしるしが来たけど破水もしてなかったので家でゴロゴロしてた。

なんだかお腹が痛いような気がして、寝れずにFGO周回をスタート。(当時は復刻本能寺が開催されてた)

今思えばあれば陣痛だったんだけど、我慢できる程度の痛みが陣痛のわけないと思って、痛みが来ると周回ストップ、痛みがなくなると再開で夜通しFGO

さすがに4時過ぎて、痛みの間隔を計ったら7分で、慌てて病院へ行った。

結局生まれたのは午前11時過ぎ。生まれた当日は興奮して寝れず、FGOを周回した。(出産当日は母子別室だった)

子供はもうすぐ4歳になるけど、未だにFGOを止められないのはこういう変な思い出があるからだと思う。

2021-02-17

源平→源氏VS平氏という分かりやすい構図。ラスボス格の清盛に対して、一度は敗れた源氏御曹司辺境で力をつけて逆襲するというオーソドックス貴種流離譚。ただし、めぼしいキャラクターが他に義経木曽義仲くらいしかおらず、平教経とかいうよくわからん奴を義経ライバルに据えてしまうくらい平氏側の人材がいない。あとみんな似た名前で覚えづらいのも地味に難点。

南北朝→敵味方が目まぐるしく入れ替わってマジでよくわからん。大きな戦で決着がつくということもなく延々と争い続けている。勝ったら身内で争いはじめる。負けてもゴキブリのように復活する。主人公格のくせに何をしたいのかよくわからない尊氏もさりながら、「優柔不断な後醍醐」像が定着したのもグダグダ感が増している要因かもしれない。後醍醐評価路線でやればワンチャン

戦国時代群雄割拠で各地方ドラマがあり、群像劇としてさまざまな視点から物語ることができる。天下人になったと思われた信長本能寺死ぬという驚きの展開、秀吉の驚異のサクセスストーリー、そして家康権力掌握が関ヶ原という天下分け目の大戦で決まる分かりやすさ。消化試合感のある大坂の陣真田幸村のおかげで最後の盛り上がりを見せた。やっぱ戦国時代っきゃねえよ。

幕末暗殺粛清陰謀歴史が進んでいく陰湿さ。打つ手打つ手裏目幕府。ただのテロリスト集団長州。佐幕の強硬派として長州いじめていたくせにいつのまにか幕府を裏切っている薩摩奥羽越列藩同盟でもうひと盛り上がりあるかと思ったら瓦解して終わる戊辰戦争維新の最大の功労者無駄に戦いを起こして惨めに死ぬ西南戦争。全体的にグダグダで、スカッとした盛り上がりに欠ける。キャラ人気に頼る他なし。

2021-02-10

本能寺黒幕はやっぱり秀吉でしょ

あそこで信長が死んでくれなかったらもう天下人になるタイミングないでしょ

2021-02-03

天伝の悪口を言う

舞台刀剣乱舞天蒼空の兵〜大阪冬の陣〜をdisる

【前提】これは刀ステのほぼ全演目を時にライビュ時に配信時に現場で見た上で基本的に末満さんとはセンスが合わないと思っているオタクによる悪口である

【おことわり】

・嫌なら観るなについて→刀剣乱舞ファンとして「今度こそは」の期待とか一度追いかけ始めたものから退却できないサンクコスト効果とかで引くに引けないんですよ

・この感染症さな劇場に行くなよ→ごめんて……

(1)長い。中だるみする。ちょくちょく挟まれ殺陣のせいで話が分からなくなる。

しょっぱなからアレですがこれは仕方ないと思う。上演時間ありきで脚本作るから

殺陣については私のアクション適正が低い。アクションを見慣れてない人間って殺陣が始まると

・「とおけんだんしが敵とたたかってるー!がんばえー!」くらいにIQが下がる

戦闘の背景にある対立構造、誰と誰が何故(何を賭けて)戦っているのか等の情報認識できなくなる

・結果として全ての殺陣が「代わり映えのしない場面」に見える

という現象が起こります(個人の感想です)

刀剣乱舞を題材にしている上殺陣特に売りにしてるステで殺陣を減らすわけにも行かないのも分かるのでこれも仕方ないとは思う。アクション適正上げてから来いってね。

(2)台詞が頭に入って来ない

末満さんの詩情が体質に合わない(完)

これに尽きてしまうとは思うんだけどもう少し悪口を。末満さんって滅茶苦茶台詞量多くないですか?一つ一つの台詞も長いし。青空のような人ってなんやねんいいこと言ったような雰囲気で無理矢理まとめんなて。

筆者は小説でも長い台詞や長いモノローグを嫌うのでマジで合わない。長台詞はここぞの一回くらいしか許されないと思ってる。心情の説明台詞モノローグに頼るのならもうそれは物語の形を取る必要はなくて増田で長文語りしとけよって思う。舞台物語をやるのなら、物語の展開からキャラクターの心情を追えるように手を変え品を変え尽力するのが職人仕事だと思ってる。

(3)複数ライン物語を同時並行する割にそれらが交錯しない。一つの物語でやる必要あった?一時間舞台二個やればよくない?って思う。

今回で言うと多分ストーリーラインが二筋あって

①秀頼と一期の「自分は誰であるのか」という物語…秀頼「自分秀吉の作った天下の上のお飾りに過ぎないのではないか自分が本当に秀吉の子であるかも定かではない。自分は本当に天下に立っていていいのか」→太閤から秀吉との繋がりを保証された上で「これはわしの戦だ!」・一期「弟がいてようやく成立する兄としての自己像以外に依って立つところがない」→「歴史を守るのが私の使命だ」(一期の物語誤読してるかも。すまぬ)

弥七真田信繁の「歴史に抗いたい」物語…しにたくヌェ〜〜ってやつ。序盤家康が「お前の知るわしがわしの全てではない」(物語は語り手の視点恣意に影響され、ある事柄完璧に語り尽くすことは不可能)からの諸説の可能性の提示からの決められた物語に納得いかね〜〜俺は後世のお前らの語る歴史のための駒じゃね〜〜俺の闘志を無かったことにすんじゃね〜〜ってやつ

①②って特に相互作用働いてないと思うんですよね

関連性のない複数ストーリーラインが(殺陣や長台詞ガンガン交えて)同時進行するからま〜〜〜〜じで集中力途切れるし作品全体も散漫な印象になる

あと諸説ってめっちゃ連呼してたけどなんかダサい

あと細々したところで家康の戦への欲求とかね。正直家康のあのキャラ付け加州の見せ場作りと三英傑の物語やりましたってアリバイ作りのためとしか思えない。ちなみに戦への飢えについての話は義伝でもうやってんですよ……再利用かよ……

(4)弥七真田信繁の行動原理に納得行かない

諸説に逃げて生き延びればそれで良いってなんか随分控え目だけどそれこそミュのみほとせの信康みたいにコソッと逃げればよくない?弥七が言ってた通り諸説の余裕があるならその余裕に自力で滑り込むことは可能では?史実を守る本能に導かれた刀剣男士にナイナイされちゃうの?そっかあ……

「生き残りたいポン!」「諸説に逃げるポン!」「俺らを助けるオリジナル刀剣男士作るポン!」「だから逸話集めのために刀剣男士斬るポン!」「だから派手にドンパチ起こして刀剣男士誘い込むポン!」って論理の飛躍を感じる。

(5)物語恣意性、物語無き物の物語、無かったことにされた物語についての話はもうやってるんだよなあ……

ミュのむすはじとあおさくでやってるんだよなあ……

今作で特に別解を出したわけでもなく、ただ無かったことにされた物/者たちの憤りにスポットライト当てたところで終わってるし

(6)いつもの謎のやついい加減にしてクレメンス

三日月と山姥切国広と結の目となんやかやを巡る時空SFっぽいやつ

ようわからん(完)

基本、作中の本筋に関わらず、また作中で解決されない謎って作品鑑賞のノイズになると思うんですよ。ステはこの謎と三日月の行く末を全作品を通してのサブストーリーにしていますが。

ちゃん考察しつつ追ってればワクワクするんだろうけど。いや連載モノなら○○編をやりながら全体としてはワンピース探したり黒ずくめの組織追ったりするのが普通なので別に刀ステが下手打ってるとは言い切れませんが。

ただね〜〜〜〜やけに難解だし時系列スターウォーズ形式だし末満さんは意味深キーワード大好きだしですっきりしなすぎて私にとってはノイズなんすよ。公式解説本出してくれ。図解してくれ。

そもそも作中での情報開示渋ってファン考察に委ねるのやめてくれ。本能寺再演で左右逆とかキャス変にも意図があるとかそういうのほんといいんで……そういう場外戦が許されるのはエヴァだけなんですよ……

まあ昨今はインターネットSNSのお陰で場外戦が盛り上がりやすくなっているから、そういう作り方もアリ寄りのアリなんでしょうが……

ツイッター考察読んでもいまいちわからんってか読む気も失せるのよ……結の目ってなんなんだよ……

(7)真田十勇士の処理雑すぎワロタ

史実存在してはいけないもの」を登場させたか物語内で回収しないといけないのは分かる。でも集団自決から無駄死にって雑じゃね?てか登場させる意味あった?物語ある刀剣遡行軍が回収したポン!って次作への伏線のためか?

(8)キャラクターが多すぎて登場に必然性がない

これはどちらかというと過去作、悲伝や慈伝への悪口ですね。維伝以降大分気にならなくなった。登場されるためだけの登場シーンが多いし「このシーンは大般若じゃなくて小夜の方が当人性格や来歴踏まえて相応しいだろ」(キャラ適当です)みたいなシーンが頻出してた。

今回はまあ……主人公の一期とそれを支え受け止める弟二振り、一期とシンクロしてアイデンティティに悩む秀頼、一期と秀頼に秀吉のことを話してなんかいい感じにする太閤江戸の終わりに物語を持つ者として江戸を始めた家康対峙する加州、今回の主人公ではないけどシリーズ主人公である山姥切国広という具合でそれぞれに役割があったかな。宗三は必然性に劣るけど、一振くらい作品中の葛藤から距離を置いて渦中のキャラを諌めたり助けたり話を進めたりするゲリラサポーターキャラがいるのは悪いことじゃない。

(9)加州顔濃ッ

ごめんて

ごめんけどキュートでけだるく飄々とした加州というキャラクターからキュートが抜け落ちてただのハンサムになってんだよな〜〜〜〜いや演技は良かったよ全然加州だった

ただ加州っぽい媚びがなかった。まあ主の前じゃないから当たり前だけど

ただただHandsomeになっていた

「愛されっこないよね」とか言われても「せやな……お前は多分愛する側やな……」って言いたくなるくらいハンサムだった

【よかったところ】

ステアラをよく活用してた。クライマックス360度の戦闘を次々見せる場面はとても華麗だった。

弥七が健気でかっこよかった

最後巨神兵みたいな出来損ない刀剣男士のデザインFGOっぽくてかっこよかった

2021-01-31

本能寺が変

なんか気の抜けた感じになる

2021-01-25

京都人地球環境破壊している

京都の住所。

例えば京都市役所は「京都京都中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地」贅沢な名だね。

京都京都本能寺前町448」でいいじゃん

京都市民の住所のせいで、どれだけのインクが浪費され地球環境に負荷を与えていると思っているのだ。

京都市民は自分たち地球環境破壊しているのを自覚すべし

2021-01-19

anond:20210119235129

本能寺でどうやって全員射殺するんだよ

トランプ議会襲撃クーデターを見て思うこと

やっぱりリンカーンの時も、515/226の時も、三島の時も、本能寺の時も

敵のスパイがこっちにいて敵軍をこっそり中に入れてるんだろうな

真っ向から押し込むと全員逮捕されてるか射殺されているはずだ

クーデターへの道は一日にならず

2021-01-12

有名なお寺

日本人が知っている3大有名なお寺といえば

金閣寺

本能寺

少林寺

だと思うけど、異論ある?

2021-01-10

明智光秀暗殺されそうになっていた

羽柴秀吉に加勢が欲しいと織田信長手紙織田信長自身秀吉に書かせた

明智光秀暗殺計画がバレないよう織田信長は少数で本能寺に入った

しかし、明智光秀暗殺計画漏れていたため本能寺の変を起こした

明智光秀を撃つために、もともと中国大返し計画されてた

2020-12-25

三国志とか信長の野望シリーズ追っかけてる人

あれなんなん?やる事毎回同じでしょ?

「今作の島津家めっちゃ強い!」とか

本能寺フラグ回避したら隠しイベントが!」とか

そういう差異を楽しんでるの?

2020-11-09

anond:20201108200516

信忠本能寺が攻められたときに京にいなければ助かってた

てか信長信忠同時殲滅可能性が低ければ光秀挙兵自体なかった可能性が高い

2020-09-16

名言格言を「~かも知れない」で〆るとだいたい台無しになる

来た! 見た! 勝ったかもしれない

敵は、本能寺にあるかもしれない

2020-08-07

アーチーチーwwアーチーww燃えてるんだwww廊下wwwってあるけどさ

本能寺廊下ってあったの?

2020-07-29

本能寺ら辺で待ち合わせ

焼かれちゃいますね。

2020-07-17

anond:20200716192026

民宿てよりホテルって感じ!

ホテル本能寺かもしれん!名前も聞き覚えがある!

ただ京都第三(第二)観光ホテル?みたいな名前だった気もするんだよなあ。検索してももちろんないけど。墓地が隣接してて、かつもう閉業してて京都第○ホテルなんてないよね。

とりあえずありがとうホテル本能寺っぽい!すっきり~!

2020-05-15

本能寺があるなら理性寺は?

理性寺(りしょうじ)は実在する!

なのでここでは本能寺の亜種でも考えてみたいと思う

煩悩寺

除夜の鐘に叩き出されて行き場を失った108の煩悩が集まる場所

才能寺

ここでの修行を通じて何かの才能が芽生える

不能

性的能力一時的封印する代わりに理性に磨きをかける技を体得できる

本熊寺

本を読んでいる熊の仏像が安置されている

本態

自分の本当の姿を見つける修行をする寺

本能煩悩寺

本能から煩悩から解放されているので欲することも迷うこともなく日々ほのぼのしている

2020-05-03

FGO剽窃疑惑擁護名言

FGOに歴史書からの剽窃が発覚?「文章がほぼ一致してる」「Fateに今更言うの?」 - Togetter

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673065

そもそもキャラ含めて実在人物説明が何かしらから引用されてなければおかしいし今更問題

そのまま引用しなくても、資料の内容を消化して自分言葉に直すことはできますそもそも件のプロフィールは出典の明記などの引用要件を満たしていません)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673129

どの辺が剽窃なのか理解に苦しむ。線引かれている部分がほぼほぼ歴史的に用いられてきた名称じゃん....。逆に、これに独創性を加えてどうするんだよ。

固有名詞以外の部分の言い回し酷似しているか問題になっています(「歴史的に用いられてきた名称」に関しても、「足速き馬駆る者たち」といった訳は日本でそこまで一般的なんでしょうか?)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673164

ゲーム解説文に何言ってんだ、って感じ。 これが論文などの、後に定説として広まりそうな文書や有料の書籍についての事ならわかるけどさ。 基本無料ゲーでパロディオマージュネタいっぱいのFGO解説文を「定説」にする奴がいたらそっちが笑われるだろ。

定説」にならないか他人文章を借用しても問題無し、とは……?

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673278

史実伝承を書いただけで剽窃と言われてもね。

史実伝承」そのものと、「史実伝承について解説した文章」は違います

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673286

これは剽窃じゃなくね、指摘されてる言い回しは他でも使うでしょ。

たぶんここでの「言い回し」はやはり固有名詞等のことだと思いますが、たとえば「聖エルモの火」自体一般的名称だとしても、「嵐のさなかに船のマストなどに(で)見られる〜」という説明がここまで一致するのは偶然とは考えにくいです。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673351

まあ、引用元が何かアクションを起こしたら、出典明記すればいいってだけで、他人が大騒ぎして炎上させるほどのこととは思えない。

他人が大騒ぎして炎上させる」ことの是非はともかく、引用の出典は文句を言われたら書けばいいというようなものではありません(そもそも件のプロフィールでは、引用部分が「」でくくられてなかったり中途半端に改変されたりしてるので、出典明記以外にも「引用」の形式として不十分です)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673352

パクリ」と「被り」の区別出来ない人っぽい印象。該当部分が剽窃元とされる文献独自解釈でないのなら、本件は「パクリ」ではなく、「被り」の可能性が高いと感じる。

解釈自体一般的ものだとしても、「元来〜として崇拝され」「顕現(だ)と信じられるようになった」「さまざまな危難から緊急に人々を救う神として崇められ」といった言い回しが偶然「被る」可能性はどの程度あるんでしょうか。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673587

日露戦争小説漫画を描いたら「司馬遼太郎許可をもらったのか?」「江川達也許可をもらったのか?」と外野が騒ぐみたいな案件ですね。

日露戦争を描いた完全新作小説が、なんの説明もなく「まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。」で始まったらビックリしませんか(このぐらい有名なフレーズならパロディで通るかもしれないが)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673661

しかし、これ剽窃というには抜き出し個所は固有名詞がらみが多くてむしろ「改変するほうがさすがに問題だろ」という発想しか持てないところ。聖エルモの火も説明必要だしアルゴナウティカもカストルボルックスという固有名を出すためには避けられない話だし、正直糾弾するにも微妙ラインしかえんなぁ。

たとえば「聖エルモの火」自体一般的名称だとしても(略)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7673821

FGOの『「A」「B」の通称を持ち』が 書籍の『「A」または「B」と呼ばれ』の剽窃だと言うなら 「A」「B」は筆者のオリジナルで、実際には呼ばれてないってことになるんじゃないのか…。 通称が「剽窃だ!」って何ぞ。

「二人の王たち」「二柱の神」自体剽窃だという話ではなく、「固有の名をも(持)っていなかった」まで含めた流れが酷似しているということじゃないでしょうか。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674088

これ本の方は、『ホメーロス風讃歌』と呼ばれる紀元前7から6世紀歴史的ものだぞ、日本語訳こそ何度目かの翻訳2004年なだけで。 個別具体的に内容を知ってるかは別としても、無断転載も何も常識的範疇の内容だぞ。

FGOが参照したと思われるのは、翻訳ではなく訳者自身による注釈・解題の部分です(そもそも、たとえ保護期間の切れた古典翻訳だったとしても訳者著作権は発生します)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674211

「この織田信長逸話歴史教科書から剽窃だ!!」レベル言いがかりしか見えん

ttps://kotobank.jp/word/%E6%9C%AC%E8%83%BD%E5%AF%BA%E3%81%AE%E5%A4%89-135228

天正 10 (1582) 年6月2日京都本能寺宿泊中の織田信長が,家臣明智光秀の謀反にあって襲撃され自殺した事件

天正10年(1582明智光秀織田信長京都本能寺に襲い、滅ぼした事件

1582明智光秀がその主織田信長京都本能寺に襲撃した事件

1582年(天正10)6月2日明智光秀京都四条西洞院本能寺織田信長を急襲して自殺させた事件

1582年、毛利氏と対戦中の羽柴(豊臣)秀吉救援のため本能寺宿泊中の織田信長が、やはり中国攻めのため丹波亀山城まで先発していた明智光秀に襲われ自害した事件

本能寺の変ぐらいメジャー事件説明でも、このぐらいの言い回しの違いはふつうに発生するようですね。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674244

こういうのは基本「オリジナルにあらざるもの即ち悪」位のフワッとしたバイアス以上のものではないんだけど(件の箇所にオリジナル性があるかって前提になる話すら無いし)、

オリジナルにあらざるもの即ち悪」とは言いませんが、オリジナルでないのなら引用であることを明確にした方がいいんじゃないでしょうか(「件の箇所にオリジナル性があるかって前提になる話すら無い」というのは、ディオスロイ説明は誰が書いてもああい文章になる可能性がある、ということですか?)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674257

クッソめんどくさそう。教科書に同じこと言えるの?

教科書が何らかの著作物文章を(出典を明記せず著者に無断で)これと同じぐらいそのまんま使ってることが見つかれば、この件と同じかそれ以上に問題になると思いますよ。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674514

本の方、中身を確認してきたけど、1990年平凡社から2004年単行本化。正直、この パクられ になって本の方も解題や注の大元は『Dictionnaire de la Mythologie Grecque et Romaine』とかかなり多数の本による物だが、引用明記はしてないでしょ....。(referenceで一括しては乗って居るけど。)

他人著作物を参考にするのと、他人著作物の一部をそのままの形で使用する引用混同してませんか。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674518

ただ単に元ネタ解説必要な事項を抜き出してUIの枠内に収まるようにしたようにしかみえないけど、それって剽窃

しかに「必要な事項を抜き出してUIの枠内に収まるようにした」だけかもしれませんが、それはつまり、参考にした著作物存在が明らかな上で自分言葉への変換が不十分、ということになりませんか。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674600

ゲーム画面に引用元とか貼られても現実に引き戻されるだけなんで、シナリオ公開後にTwitter公式垢が「なお今回の○○はこちらの方々の協力で完成しました!」て公表すればいいと思う。 ん? 違う? 著作権への対価を支払えって話までやる?

FGOプレイヤー満足度って、引用の際の出典明記より優先されるものなんですか?

ttps://togetter.com/li/1501534#c7674681

noah34266899 確実に70年以上前の古い歴史書には著作権ないよ。

著作権保護期間は、出版ではなく著作者の死後から70年です。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7676622

基本的Fateメガテン系みたいな明確な原典のあるものでなくとも、今時大規模なゲーム作りや映画作りをやろうとすれば植生とか建造物とか諸々で膨大な参考資料を使うわけですけど。クレジット書籍名なんて早々見ないでしょ?大体こういうのは「考証」とか「監修」として、そういう諸々を纏めた担当者が載るわけ

他人著作物を参考にするのと、他人著作物の一部をそのままの形で使用する引用混同してませんか。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7676920

百田尚樹剽窃だと騒がれたときにも思ったけど、引用元の文章そもそも何かの引用だと思わないのかな。歴史的事実だよね。元の文章オリジナルだということがかなり恥ずかしいんだけど。

しかに「引用元の文章そもそも何かの引用である可能性もありますね。元ネタが見つかったら教えてください(それから、「歴史的事実」と「歴史的事実について解説した文章」を混同してませんか)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7677420

仮に、出典を明記するとして、どこに明記すれば良いんだろうね? 部の終了毎にスタッフロールに入れるとしてもそれをみれるようになるまでに何ヶ月かかかるわけで

ttps://togetter.com/li/1501534#c7677424

キャラごとに明記しようとすると文字数が足りんぞ。

あのプロフィール?の下に、(沓掛良彦訳『ホメーロスの諸神讚歌』 (ちくま学芸文庫)より)とでも入れるだけの余裕もないんですか?スクロールバーが見えてるから字数制限特になさそうな印象ですが(もちろん出典書いても引用部分をカッコで括ったりする必要はある)

ttps://togetter.com/li/1501534#c7677603

というかこれ一部のプロフィール神話ディオスロイとは、というあれなんですよねで別のプロフィール覧ではこの物語(fate)、サーヴァントとしてのディオスロイが語られてるのですのよね

ttps://togetter.com/li/1501534#c7677626

物語上での型月世界にも実在する神話史実物語から型月のエッセンスを加えているのでこうややこしくなるんだなぁと、(あとギャグやパロはやりますがこういう世界解説大事にするみたいなんで尚更

神話伝説歴史由来のFGOキャラクターに、FGOオリジナルの要素が含まれている(FGOに限らずフィクションなので当たり前)ことは、今回の件とは何の関係もありませんね。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7677666

あと他の出典かかない伝奇作品に飛び火はアウトで。ジャンルが消し飛びかねない。

参考と引用混同

ttps://togetter.com/li/1501534#c7678351

元ネタ解説に参考文献があるのは明白だから参考文献として記載しろっていう意見ならわかるけど、パクリ云々は伝承歴史解説だと似たような感じになるんじゃねって気もするしうーん…。

「似たような感じ」にはなるかもしれませんが、細かい言い回しが一致するのは別問題です。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7679688

taiheyou 引用がどうたらならパソコンゲームのころから言わないとおかしいんでねえの。そもそも文章コピペとか以前になんらかの文献を参考に設定作った時点で引用必要な代物なら引用必須たべ?

ttps://togetter.com/li/1501534#c7679708

単語コピペが雑って叩く位ならええけどね。引用要求するならアーサー王説明した時点で必要だわ。参考文献がないわけないもん。

引用と参考の混同

ttps://togetter.com/li/1501534#c7681687

tastasto パクり扱いで訴訟ならまだしも創作物論文レポート基準要求すんのガチでやめてほしいんだが。

論文レポートでも創作物でも、適切な「引用」の要件基本的に同じです。

ttps://togetter.com/li/1501534#c7682349

翻訳における文章オリジナル性ってどれくらい? I love you.を「月が綺麗ですね」くらいやればオリジナルだと思うけども。

ハードル高くないですか……?

ttps://togetter.com/li/1501534#c7682850

そもそも古代の神や人物なんてそもそも文献が少ないし ロクに記述がないのでちゃんとした訳文も少ないから 同じ出展を当たったがゆえに同じような文章になるなんてよくあること

まりFGO担当ライター沓掛良彦氏の『ホメーロスの諸神讃歌』(の注釈・解題)を参照したわけではなく、さらにその大元資料に当たってあのプロフィールを書いた、という主張でしょうか。それで細かい言い回しまで酷似するとは考えにくいのですが。


正直、この人たちがファンのフリしたアンチに見えてきた。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん