「上下関係」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上下関係とは

2017-10-18

反抗的って何なんだろう

昔のことに愚痴を言うのはあまりよくないことだ、と言われてきた。過ぎたことに拘って何になるのか、とも言われた。

でもただぼやきたいだけの時もある。 人間だもの

幼少期、私はあまり言葉が上手くなかった。人並みには喋っていたと思うのだが、自分の怒りの理由不快感の根源をうまく大人言葉説明することができなかったのだ。

とても歯がゆかった。自分が感じている『何がどう、と説明できるわけではないがとにかく嫌だ』という感覚を、ただのわがままのように受け取られることが耐えがたい苦痛だった。

今の自分が遡ってそれらを言語化するなら例えば「どうして自分がやりたいと言ったわけでもない楽しくもない習い事に無理やり連れていかれなければならないのか」という訴えである

文句があるなら口で言え」と拳骨を食らわされながら育った。「お前は万年反抗期から」と厄介者扱いもされた。

だが私の記憶をどれほど掘り返しても『親からきちんと言葉を尽くして説明された』記憶は驚くほど少ない。最近記憶まで検索範囲を広げてみても、結果は同じことだ。

「それは理屈が通ってない」と私がいくら主張したところで、「お前より三十年以上長く生きてるんだから親の方が世の中の事をよくわかってるんだ」という亀の甲より年の劫理論聞く耳を持たない

或いは偉い学者先生が言ってることだから正しい。彼らの主張は大抵の場合対人論証を含んでいて、要するに『子供の言うことだから正しくない』と思っていることはよくわかった。

文句があるなら言えと言ったか文句を言ったに過ぎない。

だがどれだけ言葉を尽くして説明しても無駄だった。言い争いの結果は始まる前から決まっていて、彼らにとって私の言い分は最初から「ただの言い訳であるとか「口答え」であるとか、そんな風にしか思われていなかった。

黙って言うことを聞く以外の選択肢そもそも存在しておらず、激しい言葉を選ぶなら『対等な、意思ある人間として扱われた覚えは一度もない』ことになる。

彼らには切り札がある。経済的問題だ。

何か議論が行き詰まると必ず「誰の金で生活してると思ってるんだ」という一言に辿り着く。

「何か言いたいことがあるなら自分でちゃんと稼いでから言え」というのが親としての彼らの主張であって、それは当時の私にとっては本当にどうしようもない事柄であったので、一切の交渉不可能であることを思い知るだけだった。

大学に行きたくなかった。本当は専門学校なり美大なりに行って、何かを表現する技術を身につけたかった。

けれど、彼らにとってそれは「逃げ」であって、「お前は落ちこぼれたか受験から逃げたいだけだ」と決めつけられていたし、大学に行かないなら家を追い出す、とも言われた。

これは彼らの常套手段である経済的な支えが皆無である子供相手に「意に沿わないことをするなら経済的支援を打ち切る」と脅しをかけるのは二択とすら言えない。

高校生にもなればなんとかバイト、という手段が発生するが、それ以下の子供に対して「稼ぎがないこと」を理由発言権事実上ないものとするのは些か横柄であると言わざるを得ない。

小学生の頃には既に明言されていた指標なので、「(稼ぎのない)お前の言うことには何の価値もない」と言ったも同然である

付言すれば、私の成績が悪化たことに対して「やる気がないなら勉強したいけどお金がない他の子供に投資する」という脅迫めいた発破を常に繰り返した。

彼らにとっては「よく勉強する口答えも贅沢もしないいい子」でなければ出来損ないだったのだろう。はっきり言って苦痛だった。

常に親との致命的な価値観の違いを感じていた。

かに金銭的なことや現実的事柄というのは疎かにしてはならない。義務は果たさねばならない。ルールは守らねばならない。

けれど、人にはそれぞれ価値観がある。自分が何を大事だと思うのかは自分しか決められないことだ。

かにとって「金になるかどうか」が一番大事であることは否定しない。けれど、私はそこに重きを置かない。それだけのことだと思う。

子供の為を思わない親はいない」なんて言葉は何の慰めにもならない。「自分の思う『子供にとって一番いい』状態以外は全て問題である」という態度を取り続ける人間を、どう受け止めれば良いのだろう。

例えば対等な友人関係於いて「お前の為を思って言ってるんだから、お前は俺の言う通りにすればいいんだ」などと言われて納得するだろうか。

対等でなくても良い。会社上下関係於いて「お前は新人なんだから口答えしないで黙って働け」などと言われて納得するだろうか。恐らく十数年前ならそれが普通だったのだろうと思う。でも今そんなことを言えば間違いなく『パワハラである

家庭、というのは自由選択事実上不可能人間関係である特に子供にとっては、経済的社会的要因から必然的にその拘束を受ける。

親が叶えられなかった夢を叶える為、代理戦争を戦わされる子供もいる。

家庭内不和をどうにか修復する為、極端にいい子で居続けたり、問題児として集中砲火される役を引き受ける子もいる。

選べない環境の為に、選べる自分の振る舞いや考え方を変質させていく。

自分意思を持つことを悪いことだ、逸脱だ、とされ続けながら、ひっそりと生き延びている。或いは死にそびれている。


彼らの理論に従うなら、今現在でも私には何一つ発言権がない。

精神的に問題があり、大学に行きこそしたが「普通の人が当たり前のようにできる卒業すらままならない」人間だったので私は晴れて役立たずの称号を授かった。

彼らが私を見下しているように、私もまた彼らを見下している。

「いい大人で稼ぎもあるくせに子育て一つまともにできないような人間の言うことを聞く必要がありますか?」

喉元まで出かかる言葉をどうにかして飲み込んでいる。

『成長する為にはあなたが許さないと』

なんてのは嫌という程言われ続けている。カウンセリングでもそう。自己啓発本の類でもそう。宗教絡みも大抵は、そう。

若い頃の苦労は後々為になるから

なんてのも聞き飽きた。選べなかった人生のことをあれこれ言うよりは手持ちのカードを切るしかないという諦めを持てと、そういう話なんだろう。

ある意味で、私はもう私のことについては諦めがついていると言っても良い。

今更どうにもならないことを嘆く必要はないし、それが何かの助けになるとも思わない。

ただこうして文句を言いたいだけのこともある。

昔の私が言えなかったことを、代わりに言わなければならない、と思うこともある。

そうして多分、「今まさに昔の私と同じ状態にいる」誰かの目に留まることを、ほんの少しだけ期待しているし、あわよくば「昔の私を作ろうとしている」誰かの親になるべき人の目に留まってほしいとも思っている。

確たる主張があるわけではないが、「それは我慢するべきことなのか」「我慢させるのが当然なのか」を一度冷静に考えて貰えれば何よりだと思う。


それに、私は「私のことは諦めた」とは言ったが「私の人生ギブアップした」わけではない。

それだけは、ぼやき最後に付け加えておく。

2017-10-14

女同士のセクハラは難しい

学生時代女友達に抱きつかれたり、冗談で胸を揉まれたりスカートめくられたりしたことのある女性も多いことだろう。学校友達同士のこういう光景は珍しくないし、アニメ漫画でもこういったシーンは平和で微笑ましいものとして描写され、特に男性向けの美少女アニメにはほぼ100%登場する。

しかし私はそんな女性からの過剰なスキンシップがどうも苦手だ。

もちろん他人友達同士でやっている分には一向に構わないし、アニメ漫画文句をつける気も更々ない。

ただ、自分がされるのはあまり良い気持ちはしないし、自分友達にそういったことは出来ないしやりたくもない。

私がこの「女→女セクハラ問題」について考えるきっかけとなった人物がいる。大学とある女性先輩である

ある日私が大学内を一人でブラブラと歩いていると、突然背後からかにガッと胸を掴まれた。私がびっくりして振り返ると「おっ、E(カップ)くらい?」とにこやかな表情で笑いかける部活女性先輩(以下M先輩とする)。突然の出来事に多少戸惑いつつも「凄~い!よく分かりますね~!」などと適当な返しをする私。

自分で書いていて思うが、わざわざ事細かに描写するのも馬鹿馬鹿しい、実に「よくある」光景である

この出来事において私がまず引っ掛かったのは「M先輩と私は大して仲良くもない」ということである。このとき私とM先輩とは知り合ってから日も浅く、当たり障りのない会話くらいしかたこともなかった。その程度の仲でこういった行為ができることにまず驚いたのだ。

M先輩は私と仲が良いつもりだった、あるいは仲良くなりたかったのかもしれないし、いずれにせよ彼女なりのスキンシップだったのだろう。

だが、仲良くなるためのスキンシップ、あるいは仲良し同士のスキンシップとしてもこれは少々危険ではなかろうか。

この一件でM先輩がまず私にしてきたことは「後ろから胸を掴む」である

まず 後ろから、つまり誰か認識できない状態で突然こんなことをされたら相手が誰であれ怖い。正直「チカン!」と悲鳴を上げられ突き飛ばされても文句は言えない。実際ひどいビビりの私は心臓が止まるかと思った。

また身体的特徴は本人にとってコンプレックスである可能だって高い。胸なんて最も分かりやすい例で、小さくて悩んでいる人もいれば 反対に大きくて変に目立つ・太って見えると悩んでいる人もいる。幸い私は胸に関してのみ言えば 自分のもの特に不満はない。M先輩は、私にはコンプレックスがないと思ってやったのかもしれないし、実際ないのは確かだが、そんなことは結果論にすぎない。しかし恐らくはそんなことまるで何も考えずにやったのだろう。そもそもコンプレックスがあろうとなかろうと、いきなり触られてサイズを外で言われれば愉快ではない。

ここでM先輩の人物像について言及したい。彼女簡単に言うと「体育会系」の人間で、上下関係にうるさく、男勝りで、かなりハッキリと感情表現をする人だった。

またM先輩は女性にしてはかなりの長身かつショートカットボーイッシュ雰囲気も相まって、特に部内の女性からイケメン」扱い、例えるなら宝塚男役スターのような扱いをされていた。

M先輩自身もその扱いに満更でもなかったからなのか、「可愛い女の子が好き」などとよく言っており、私を含む女性陣にハグをする・頬にキスをするなどといったボディタッチをしていた。一応補足しておくが、M先輩には彼氏がおり、同性愛者というわけではない。

そんな彼女からスキンシップは、少なくとも女性陣の間では「王子からサービス♥️嬉しい♥️」という空気があった。

私はM先輩からこのスキンシップを受けるたび「も~やめてくださいよ~(笑)」というような態度を取るしかなく、結局最後までこういった行為は止まらなかった。

客観的に見れば「嫌ならはっきり本人にそう言えばいいじゃん」と思うだろう。しかし実際この立場に立ってみると、それがなかなか難しい。

私はスキンシップが苦手なだけであってM先輩のこと自体別に嫌いなわけではなかった。M先輩も私のことを恐らく後輩として気に入って、そういう風に接していたのだろう。

そんな彼女に「実はあのスキンシップ嫌なんですよね」と言うのは結構勇気がいる。M先輩は話せば分かってくれたかもしれないが、彼女を傷付けてしまうかもしれないし、以前のような接し方をお互いにできなくなってしま不安があった。

また、私以外の人が彼女スキンシップをどう思っていたのかは分からない。

しかし私が感じた限りでは、当時の部内では、M先輩からスキンシップは喜ぶべきで、下手に「やめてください」などと言えば、こっちが「好意的なノリを拒否してM先輩を傷つけた」悪者になりかねない雰囲気だった。

男性に同じことをされたら、(少なくとも大学内では)どんなイケメンの人気者だろうと躊躇なくやめろと言えるし、周りもこちらの味方になってくれるだろうに、相手が女だからということでそれが難しくなる。

結局この一件以降も私はM先輩と特別仲良くなることはなく、彼女卒業し私も部活を辞めた今、私と彼女の接点はほぼないのだが、未だに部内では「イケメン王子様のM先輩」という風潮が残っており、私はこのことを愚痴ることもできず モヤモヤしたものを感じている。

セクハラは何も男女間特有のものだけでなく女同士でも存在し、それ故に悩ましい。

アスペに悪気がないなんて絶対嘘だ

アスペってそういう障害から悪気がなくても人を怒らせてしまうとよく言われるが、

自分の関わったことのあるアスペ勝手自分の中で上下関係を作って、上とか関わると得すると思った人には不自然に媚びまくり

下だと思った人にはありえないくら露骨罵倒する感じだった。

自分が下に見られていたアスペ露骨罵倒してくるので言い返したら寄生をあげて動物みたいに威嚇のような動きをして罵倒してきた。

興奮しすぎて口から泡ふいてたし動物かなにかに思えてこれ以上関わらないでおこうとしか思えなかった。

障害って言われるのも納得した

そのアスペが上認定してるのも虚言癖があって自慢ばかりしているような人ばかりで、陰できもいとか足臭いとか悪口言われてるのに必死で媚びてて可愛そうだった。

2017-09-27

anond:20170927203842

それは女がいくら上に行っても、下の奴の面倒なんか見たがらないからだよ。

学歴を得れば同等以上の学歴のある男としか付き合わず、金を得れば男にも同等以上の金を求める。

立場の強くなった女がこれなんだから、女の立場が弱いことなんて何の理由にもならない。

ハナからそういう生き物だという方が自然だ。

から上下関係のきちんとした組織が生まれにくい。群れて足引っ張り合うのがせいぜい。

政治家二世が女だと、地元を軽視して、挙句地盤ごと潰したりするでしょ。

そりゃ男も個人レベルじゃいくらでも例外はいるが、少なくともそうすべきという規範はあった。

それを古臭いからとぶち壊したはいいが、代わりになるものを女は打ち出せないでいる。

2017-09-18

ホワイト企業ブラック企業を作る

私は運輸系の企業で働いている。

運輸系というと昨今のトラック運転手や船員の高齢化人手不足問題

残業未払い、休みの少なさ、過剰な労働時間という話題には事欠かない業界だ。

そんなななかで私の勤めるこの会社は定時で帰れて有給ボーナスもしっかりでる俗に言うホワイト企業である

だがしかし、当社のホワイト環境というもの下請け企業ブラック労働によって成し遂げられているのだ。

具体的に言うと当社は元請けという立場であり自分で運ぶことももちろんするが

そこからさら下請け企業仕事を割り振り手数料を頂いて利益を得ている。

ここまではいいのだがその金額がかなりえげつない

なぜかというと詳しくは言わないが下請け企業は我が社から仕事がないと立ち行かないし

荷物を受注先を開拓する体力もなく立場が非常に弱いのである

それを良いことに必要最低限の運転資金がなんとか残る具合で調整し残りを当社が搾り取っているわけだ。

こんなことが許されるのかと若手の社員から異論があるが現在の良好な福利厚生給与は全てこれで成り立っているのだから表立っては誰も言えない。

これから何かが起きそうな気もするがその時が起こるまで当社はこの搾取体質をやめはしないだろう。

よくブラック企業自助努力やそれが出来ないなら潰すことを是とする意見があるが

このような下を犠牲にする企業存在する限りブラック企業はなくなることはないと思う。

なぜなら弱みのある立場のある企業は無数にありビジネスにおいて上下関係存在する限り同じ構図が無限に生み出されるからだ。

ブラック企業問題に詳しい人達はこの現状についてどう考え、どうするべきと思いますか?

2017-09-12

anond:20170912225703

会話がない。←人のせい

文法教育がない。←人のせい

上下関係がない。←人のせい

人に敬意を抱かない。←自分のせい

自分価値があると思いたい。←自分のせい

それに尽きるよ。

2017-09-09

anond:20170908230300

三親等未満は結婚してはいけないという法律はあるけど

セックスはしてはけいないという法律はないか

法律上はしていいのではないか

道徳的タブー説明は難しい。

兄弟も友人も師弟関係のような上下関係

横のつながり、一般的人間関係恋人夫婦間を除いて

性的関係がないようになっているから(セフレ特殊

昔ながらの風習で近親間もそのようになっているのだろうか。

2017-09-08

上から目線

それ上から目線じゃない?

といって話を妨げるのを聞く。客観的な指摘や主観的な助言に対してよく言われ、なにか自分がいけないような気持ちになる。本に見下すような態度や命令なら兎も角、指摘や助言に上からも下からもあるかと思うのだが、どうだろう。年下からの助言を無意味だという理由はないし、年上からの助言を無闇に信用する理由もないと思う。そこには指摘されるべきものがあって、それを率直に述べただけで「人生の先輩を気取っているのか」と主に同年代に言われるのは馬鹿らしく、また興醒めする。実際のところ、上から目線を感じることは不快であることと同じで、それを感じるのはその人自身であって、その人の認識問題しかないと思う。折角の指摘や助言を「上から目線」で片付けるのはもったいない反論できるならしたほうがいい。昨今、個性を称え、上下関係の束縛が薄らいでいるという。上司や先輩だからといって特別権利を持つわけでないと主張してきた者たちが「上から目線」と連呼するとしたら、それはワガママしかない。

また、たとえ指摘や助言でなくとも、例えば人間について思想視点を持った人なら誰に対しても、あるいはとても落ち着いて発言をする人に対しても、上から目線だという人たちがいる。この人たちはおそらく何か別の理由不快なのだろうと思うが、私の知るところではない。

2017-09-04

紛失を「盗んだ」と表現する人

昔の職場にいた。備品の紛失を「盗んだ」と表現する人。管理職だった。自分と直属の上下関係はなかったが、嫌な感じだった。

オフィスちょっとした備品一時的行方不明になることはある。例えば、会議室ノートPCモニタをつなぐケーブルとか。誰かが忘れてつけたまま居室に帰ったとか、どっかにまぎれたとか、そういったことで一時的にどこに行ったかからなくなるようなこと。大体すぐに見つかる。普通モラル会社なら本当に盗む人はいない。

その管理職の人は、そういった時に、全社宛てのメーリングリストや社内チャットで「誰ですか○○を盗んでいった人は」とか、そういう嫌らしい書き方をする。嫌な人だなーと自分は思っていた。

大体、そういった状況でそういう場所発言するその第一目的は物品が見つかるという解決に導くことである。それをわざわざ、気づいた当人が言い出しにくいような言い方をする。それで管理職って言えるのか。

その人、テレビラピュタ放送されたときに社内チャットにわざわざ「バルス」とか書き込みにくるような精神年齢の人だったし(なぜかこの件がこの人の代表的な行動として印象に残ってる)、しょうがないのかもね。でも嫌だったので、その人が転職して辞めていったときはほっとした。

自分もものの言い方に気を付けないとなと思った思い出。

2017-08-27

増田でもわかる通信障害まとめ

先日の大規模障害について理解確認を兼ねて書いてみたいと思います。多分来週辺りに日経IT Pro特集してると思いますが。

AS(autonomous system)

インターネットは「ネットワークネットワーク」とも言われ、要はISPが沢山繋がったイメージです。

ただISPの中もそれなりに大きなネットワークですので、ある統一したポリシに従って運用される必要があります。そのポリシが適用されるネットワーク単位AS=autonomous system=自律システムです。なので必ずしも1ISP=1つのASであるとは限りませんし、最近コンテンツサービスを持つ事業者、つまりAmazonYahooGoogleもまたAS運用しています

AS自分情報を他のASに伝え、他のAS内に居る人がアクセスできるようにします。それが「経路情報」と呼ばれるものです。これを交換することで地球の裏側のネットワークにでも辿り着けるようにするわけです。

Tier1 AS

フラット関係でお互いに情報交換すれば解決しそうな話ですが、現実世界と同じようにAS間には力関係、つまり上下関係が生じます

ISPですと、下位のISPはより上位のISPから「経路情報」を購入しなければ世界へ繋がれません。その最上位に位置するのがTier1と呼ばれる事業者です。現在は約10社ほどですが、彼らが経路情報を互いに交換して作られるのがインターネット上の全ての経路情報フルルートになります

Tier1は米国事業者が多いのですが、買収したことでNTT-ComやソフトバンクはTier1となっています

道案内の仕組み

いよいよ本題です。

AS間でやり取りする経路情報はざっくり言えば「10.0.0.1/24アドレスを持つAS1に行くには、AS10AS20とAS30を通ってきてね!」という情報です。この情報を受けたAS200は、この逆順に辿るように案内すれば10.0.0.1/24に辿れるわけです。簡単ですね。

ただし、ISPであれば複数AS接続しているのが普通です。なので別のAS100からは「10.0.0.1/24アドレスを持つAS1に行くには、AS150とAS100を通ってきてね!」という情報がもたらされるかも知れません。単純に考えて、AS100の経路の方が経由するASが少ないので速そうですのでこれを優先して案内するようにします。単純ですね(実際には他要素を加味して制御します)。

これら情報を受けたAS200は繋がっている他のASに対して、同様に「10.0.0.1/24アドレスを持つAS1に行くには、AS150とAS100とAS200を通ってきてね!」と伝搬してあげたりもします(しない場合もあります)。

こんな風に経路情報を交換するプロトコルがBGPです。経路情報は定期的に交換するのではなく、変更があった際に広告(advertise)されます

道案内を間違えたら…?

ところでAS基本的自分情報を出すものですが、実は誰でも他ネットワーク情報を出すことができます。つまり自分(AS)の管理していないIPアドレス」に対しても「この順路で来てね!」という案内が出せてしまます認証なんて面倒なものはありません。IPアドレスが割り当てられたからといって、それがどのAS内に属しているかは実は別問題なのです。

もちろんある程度防ぐ仕組み、チェックする仕組み(経路フィルタ)は存在しますが、どのような経路情報を出すか、来た経路情報をどう料理するかは非常に難しいもので、また全てのASが同じポリシで運用する保証はありません。

Google先生の過ち(推測)

Google管理するAS15169はNTT-Comに関する誤った経路情報広告したとの報道があります

詳細は不明ですが、素直に読むならNTT-Comが管理しているIPアドレスについて「ここにこんなネットワークがあるよ、ここを通ってきてね!」情報を出したと言うことでしょう。

影響が広がった原因(推測)

NTT-Comに関する間違った経路情報が流れたなら迷惑するのはNTT-Comだけのはずです。

が、実際には多くのネットワークに波及しました。不思議ですね。

1.経路吸い込み

もしTier1が受け取った経路情報を何もフィルタすることなく下位のISPに伝搬すれば、当然下位ISPへどんどん誤った経路情報が伝わっていきます

最上であるTier1から到達性のない経路情報を知らされても、下位ISPはそれを信じるしかありません。

誤った経路情報で誤った経路に誘導されることを経路吸い込みといい、悪意を以て行われる場合であれば経路ハイジャックと呼ばれます

1.1.ASパスによる選択

ただし本来NTT-Comが出している正しい経路情報が無くなったわけではないのです。

上述の通りBGPでは優先度判断の一つにASパスの長さがあります

それまで「NTT-Com→AS1000→AS2000→AS3000→AS4000」だった経路情報が「NTT-Com→AS1111→AS2222」となったなら、後者がBGPレベルで優先されてしま可能性はあります

1.2.TTLによるパケット死亡

NTT-ComはTier1ですから、海底ケーブルを含む多くのバックボーンを持っています。他ネットワークへの中継点としてISPに限らず通信網として非常に重要です。

NTT-Comと全く関係のない業者Webサイトであっても、「Webサイトが属するASAS3333→AS4444→NTT-ComのASAS5555→…」という経路情報が伝搬されている可能性があります

通常は途中のNTT-Comを通ればはやーいとなるはずが、そのNTT-Comへ行くための経路情報が変わってしまえば大きく迂回してしまう経路になるかも知れません。

パケットには生存時間(TTL)と呼ばれるものがあり、あまりに多くのルータを経由すると(Windowsなら128)到達不能として破棄されます

ただそもそもが誤った経路情報なので、途中のNTT-Comに辿り着いたと思ったら全く別のネットワークのためデフォルトルートに投げられてしまい、彷徨って同様に消えたのかも知れません。

1.3.ロンゲストマッチによる選択

10.1.0.0/24とか10.1.0.0/25の意味がわかる人向けです。

そもそもルータはより細かいプレフィックスが長い)ネットワークへ優先してルーティングする(ロンゲストマッチ)ため、長いプレフィックス広告してしまうことで経路吸い込みを起こせてしまます(ロンゲストマッチルータに於ける大原則なので最優先されます)。

この事象は割りとよくあり、2008年パキスタンAS国内からYoutubeへのアクセス規制するための偽情報を誤って外部へ広告アクセスできなくさせる事象を起こしています

2.経路変更に時間を要した

現在フルルートは約65万経路と言われてますが、お高いBGPルータにとってもこの経路情報の大きさは非常に大きな負荷であり課題とされてます

経路情報ASの内部に対しても(内部ネットワーク内での経路情報として)伝搬する必要があり、どちらかといえばこの各AS内部での伝搬時にルータ負荷上昇が発生し遅延が生じたのではという説があります(この辺は自信なく怪しいです。IGP詳しい人に)。

巨大なネットワークであればあるほど内部の経路情報収束には時間を要してしまうこと、わずか8分の間に約10万経路の追加とその取消が生じたことで完全復旧まで時間を要した可能性があります


いかがでしたか?(キュレーションサイト風)

AS自体は条件(https://www.nic.ad.jp/ja/ip/asnumber.html)を満たせば事業者に限らず誰でもAS番号を取得し運用できますので、興味を持った人はBGPオペレータになって「指先一つでインターネットを壊せる」緊張感に酔いしれましょう(※BGPオペレータに対する個人の感想です)。

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826091140

帰国子男もそれ言ってたな

なにかと上下関係に持って行きたがるって

ルミネCM日向市PR

最近話題日向市PR2015年炎上したルミネCMがただ男女逆にしただけっていうツイートが流れてきたけど、どうしたらそういう風に見えるのか。

ルミネCM職場上司という上下関係がある中での発言でその上司は異性だったのに大して、日向市PR上下関係存在しないその辺にいた同性のサーファーだったというだけでもかなり違うと思うのだけど男女逆にしただけと言えるのだろうか。

2017-08-25

アドラーを少し勉強したら変わるかもよ

アドラーを少しずつ勉強し始めた私が来ましたよ

https://anond.hatelabo.jp/20170825010818

> おそらく、人間が最も不幸な状態というのは孤独なのだろう。

アドラー幸せ人間関係の中にしか無いと言っている。なので、極めて「正しい」。

> しかし、現実には容姿やら金やらが絡んでいる。「孤独ひとつにまとめることはできない。自分容姿が醜い。これだけで毎日が不幸になる。

アドラーでは、これを原因論、と言っている。~~だから~ていうのが原因論ね。

全部やめて目的論で読み替えろと言っている。

孤独になっているのではなく、目的があって孤独になっていると考える。

何か理由があって、孤独でいたいのではと考える。

例えば、その孤独は「金があれば」「容姿がよければ」解消するのだろうか。

「金があれば」「容姿がよければ」孤独は解消されるのだ、という可能性に納得したいためにそう思い込もうとしていると考える。

大抵はそのどちらか、または両方が解消されても駄目で、第三のもっとショックな原因を知ることになる。

あ、原因論にこだわった場合ね。

人間関係上下関係で成り立っていると、他人が羨ましくなりやすい。

他人を羨む時、どこかで、他人を見下す。

顔が良くなるってことは、それよりも、良くない顔を見下したい、ってことに違いないからだ。

多分あなた自分のことに興味がありすぎる。

アドラー

自己受容(たいしたことのない自分を受け入れる。特に優れていることもなく、劣っていることもない、普通である自分を受けいれる)

他者貢献(他人のために貢献する。テイクを考えちゃ駄目)

他者信頼(相手を信頼する。相手を信頼していなければ他人のために貢献しても嬉しくないからね)

幸せプロセスだと言っている。

まずは自己受容からだ。

感覚的には、自分自身に対して無関心になること。

どんな顔してたか忘れちゃうくらい。

不細工だなんてことを気にしている時点で、自分に興味がありすぎる。

https://anond.hatelabo.jp/20170825042648

欲情を煽るような服装を避けた服装=実際の性被害にあった人の服装と被るから意味なしどころか害悪

夜中の独り歩きは自分で避けてても人身事故職場等の影響で歩かざるを得ない状況がある

なのに夜や夕方に起きた性犯罪ニュースに「夜中の独り歩きは避けろ」と女性が好きでその時間に出歩いたと前提して書き込むから気に食わない。

酒の席の参加は男女関係なく飲み会等の問題であって、参加しないとコミュニティに居づらくなる空気

上下関係を壊すと職場でやりづらくなる空気根本的な問題

2017-08-08

「ッス…」ってやつ

男性挨拶のつもりでやってるんだろうし、対等な立場の男同士では「ッス…」って返せばいいのかもしれないけど、上下関係がある場合とか、そうでなくても女としてはどう返せばいいの?

明らかにちゃんと挨拶する気ない相手に「こんにちは」とか「お疲れ様です」とかまともに言うの馬鹿らしくて無視したくなってしまう。

ぽんぺ

説明必要なのかは判らないけれど「ぽんぺ」ってのは「ぽんぽんぺいん」の略語

何となく可愛らしい表現を持ってはいものの、いわゆる生理痛や便意に伴う腹痛をやんわりと表現出来る言葉として用いられている言葉

で、その「ぽんぺ」という言葉を、30代半ばの男性の友人がよくツイッターで呟くんです。

30半ばって社会的に見れば立派な大人じゃないですか。なんならケツ毛だって生えてる。学生からしたらオッサンですよね。

その人が何で「ぽんぺ」という言葉を用いて腹痛を表現するのかが理解できないんです。

「腹がいてぇ」とか、何なら「うんこ漏れそうでしんどい」とかじゃ駄目なんですかね。

彼が「ぽんぺ」と呟くたびに、彼の有する属性や顔と「ぽんぺ」という言葉が持つイメージミスマッチを感じてしまうんです。

価値観の違いもあるでしょうし、究極にどうでもいい問題

内心、いい年して何言ってんだ、と思うところもあるけれど、微妙上下関係があって彼に伝えるのは難しい。

このまま行くと40歳になってもその先も「ぽんぺ」って言い続けるのかなーと思ってしまう。

ネットで人を馬鹿にする人って心底嫌いだなと思うのに、自分も同じように馬鹿にしてるじゃんと感じてしまうことが何より辛い。

2017-08-07

なんでお前に

なんでお前に成績見せなきゃいけないねん。成績見せて、お前はどうすんの?僕のが成績高いってことにガッカリするの?それともこんなもんかって馬鹿にするの?なんでお前に、成績が将来の関係に何も作用しない、純粋友達でいたかったお前に、なんでお前に、成績を見なきゃいけないの。成績を見せることで上下関係生まれる。それで全ての言葉に差が生まれる。それでいいの?それが同期なの?そんなんでいいの?

身の回りにある話がパチンコだの、バカ女だの、先輩後輩の上下関係だの、

ニコイチセルシオだの、下世話で下らなくて、ああ、俺は周りの人間に恵まれていないと思っていた若いころ。


もっと素晴らしい人たちと交流を持ちたいと思った。

そういう人たちと中身のある、深い話をしたいと願った。


そして東京でそういう人たちと出会った。

しか相手にされなかった。


田舎から出てきたダサいコミュ障サブカル憧れ兄ちゃんなど何の価値もなかったのだ。

見た目さえよければまた違ったのだろう。

しか田舎でさえモサかったのだ。

東京においては、東中野でさえもモサ扱いだった。


なにか創作ができるかというとそうでもなく、ただの三流大学生のまま卒業し、三流の商社に入り、

モテもせず、仕事もたいしてできず、すぐに拗ね、もう40を過ぎた。


こうなってはならぬ。

2017-08-01

上下関係ミスったときリカバリー法ってないの?

こいつ話し方アホっぽいなぁ、とか、明らかに年下だよな、ってあいてに上から目線、あるいはタメ口で話して、実は先輩だったとか、年上だった場合ってどうリカバーすればいい?

自分はわからなくてもう2年近く、タメ口で話してる

相手は何も言って来ないのが辛い

けど、いきなり敬語にするのはおかしいでしょ?

どうしよう

2017-07-25

僕は体育会系部活顧問だけど

普通に

試合負けろーーー!!!!」

って思ってるよ。声には出さないけど表情には出ているかもね。

すまんが、僕はデモシカ新人教員なので君たちのスポーツに付き合うつもりはない。スポーツがしたいなら河川敷でもいって勝手にやってろ。大人を巻き込むな。

親は黙ってろ、僕はスポーツマンじゃないしそういう専門家でもない。僕を変えようとしても無駄だぞ、僕の対応になっとくできないなら地域スポーツクラブにでも通わせろ。ここでは僕が顧問責任者だ。

学校はいい加減、運動部というクソガキ製造装置廃止しろ政府は何をやっているのか。誰が生徒をスポーツキチガイ奴隷にしようとしているのか? 経団連か? 日本会議か?

たとえ顧問としてであっても合宿に駆りだされて体育会系のノリに吐き気を覚える。彼らの問答無用上下関係という習慣と根性重視の精神論には耐えられない。もっと社会に疑問をもて、肩の力を抜いて自分人生生きろよ。かれらが無自覚社畜としての洗脳を喜んで引き受けているとしたら、悪夢だね。

教員ってもっと知性と言語を大切にする仕事だと思ってたよ。

あー、すべての生徒と顧問がクソみたいな運動部から開放されて楽しい放課後がおくれますように!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2017-07-21

https://anond.hatelabo.jp/20170720214441

「超絶的に偉い人の前でも(君は)できるのか」という問は本質を突いていると思いますね。

例えば観閲式で激励される時などは脱帽しないですよね。でも御前会議などのとき軍人が着帽のままというのもおかしい気がします。TPOがあるということでしょうか。

教会礼拝する時には脱帽のような気がします。

そうすると、着帽のままでいるというのは、「あなたは私にとって畏敬する人ではない」という意味か、あるいはそういう上下関係強制に対する反逆の表明という意味を持つのでしょうか。ひっくり返って着帽のままというのが相手への親密さの表現になったり、「私は気取っていませんよ、この場でリラックスしていますよ」という意味の表明になったりしているのでしょうか。

あるいはそういう文化的メッセージすら消えた単なる慣習になっている人も多いかもしれませんね。そういう人にとっては、人前で脱帽するというのが「神社に来たら柏手を打つ」ぐらいに非常に特殊な場面のみのルーチンとして痕跡を留めているぐらいの話なのかもしれません。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719132229

男は人間関係上下関係しか築けない、って事の現れなのかも

女に対しても、ご主人様として女の上に君臨するか、

女を母親扱いして自分子供ポジションに収まりたがるか、のどちらかで

女が男に求めがちな、対等な大人同士の関係を築く、ってのは

男にとっては難しいんだろうと思う

本能的なものなのか、社会的ものなのか分からないけど

元増田の5歳児の記事も、著者が女だから反発したがる男が多いだけで

言ってるのが(「夫は犬」の著者のように)男だったら同意する男は沢山いそう

遥か昔から言われている「男は妻を母親扱いしたい」を女性視点で見たというだけの、何番煎じか分からん内容でしかないし

2017-07-13

埼玉県警東京電力共通性新潟県議会より)

https://anond.hatelabo.jp/20170531221941

以前柏崎刈羽原子力発電所再稼働に向け東電が提出する原子力規制委員会への申請書で、新潟県放射性物質放出への事前同意権が削除されたという話を長く報じた。

結局何が言いたいのか、という趣旨コメントも頂いた(すいません)。

最近でも新潟県議会でやりとりを行っている。

http://www.niigata-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=727

7月10日のやりとり、14:25- 20:30辺りを参照。参考までに質問者記事ttp://yosimotoseagreen.blog13.fc2.com/blog-entry-777.html

「明らかに規制委のことなんだけど日本的あいまい発言を~」と言うあたり、クジラックス曖昧な言い方相応に応じたところを作文する埼玉県警に似ており、もうこういう国なんだと改めて感じた。防災局との認識共有も動画中で疑問視されているが、官庁としての新潟県庁の気風も課題となる。フェリー船の購入トラブルでは副知事の関与した度合いも焦点であったし、新潟日報こちらの県の検証委員会報道について「これ以上県職員責任を負わせたくない」ので泉田知事の追求を求める立場であった。

免振重要棟でも結構微妙かつ重要なやりとりをしているが、

泉田は国の法律拒否権を確保すべきという立場で、申請書への事前同意権重複記述はその代わりだった。米山安易にそういう行動をとっていない(悪く言うとアグレッシヴさが足りない)のは、原子力規制委員会とのやりとりに拘泥しすぎることで安全協定よりそちらが優位に立つと主張されないようにしたいということなのだ、と善意でとらえれば思った。免振重要棟についてもつまるところそういう上下関係を持ち出されないように、ということかと思う。

言い換えると、5月末に廣瀬氏が来訪したのは ※ 規制委の確認しない拒否権存在しない ※ ことにしたくて言質を取りに来たのである。当時、泉田撤退に追い込んだ新潟日報県内ローカルで実際に拒否権裏付けが減るのではと論じたことも傍証となる。委員会最近一見東電にやや厳しく映る挙動をしているのも同様である

まあ、それでどうすりゃ良いのよ、という話については、申し訳ないが答えられない。答えられないから書いている。

書いて、とにかく書いて整理したい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん