「病原体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 病原体とは

2017-08-24

安倍首相加計学園パンデミック

安倍首相加計学園税金ドロボー安倍がお友達加計学園今治市から37億円土地無償譲渡さら今治市愛媛県から事業費の半分の96億円プレゼント。 明らかな不正税金ドロボー国家戦略特区計画なんてのは表紙だけ。安倍自民党税金ドロボー計画。あっせん利得処罰違反に当たる可能性も。

投稿者:kdf*****さん投稿日時:2017/8/23 19:59

さらにこの加計学園には事業費水増し疑惑も。その上、なぜかワインセラービールディスペンサーが設置されるという。加計学園ワインセラービールディスペンダーは安倍総理友達のためのものではないのか。

しか獣医学部であるにもかかわらず病原体封じ込めのための設備が不十分だという指摘もある。場合によっては、加計学園から病原菌感染拡大のパニックに陥る可能性もある。パンデミックの恐れも。

加計獣医学部施設設計図流出研究施設ワインセラー病原体封じ込め不十分、補助金不正の新疑惑http://lite-ra.com/2017/08/post-3404.html @litera_webさんから

2017-01-31

greatchina2が劣化K5に変化した時

http://anond.hatelabo.jp/20170528064815

ネット原住民拠点がまだ、2ちゃんねるであった時代から、その競争相手の中にはいわゆる荒らしたちが多く見られた。誹謗目的とする者や、トンデモを極める者。とんでもない事で出世する者。当時はまだ、掃き溜めの一つに過ぎなかったのだろう。

しかし、2007年以降そんなネット原住民が、活動場所の変化やモデルチェンジ、その中でトンデモを極め始め、そしていつしか、不良顔負けの、嫌われ者と変化していった。この、荒らしSNS進出はいったい何時の時代に遡るのか、いろいろな資料を見てみたが、はっきりとした答えは見つからない。そこで、ネット専門家に話を聞いてみた。

A氏は、栃木で、フリーターという若者時代を過ごし、その後、貧困10年以上追い続けているネット有識者という経歴を持つ。現在執筆を続けるほかインターネットでの出演など、多方面での活躍を行っている。

「私の知る限り、最初からSNS専門として機能していたのでなく、1990年代にはものすごいSNS誕生時期となるのですよ。そのなかでものすごく少数ではありますが、今の荒らしに通じるものがいた。その中で、さらに脚光を浴びる荒らしというのが出てきたんですね。それが2000年代ですか。それで、やはり荒らし時代背景は兎角その後ネット環境絢爛期に入るのですが、その時にですねネット媒体の活発化が目立つようになる。そうなってくると荒らし達が、ツワモノ名乗りするようになる。彼に失礼な言い方になるのですが、足手まといになると。だから穏健派などを排斥すると。やはり、それで周りの人間が素直に、あそうですかと、それならばネットから離れようとはならない。それならば、上を目指そうとなる。私をつまはじきにするような連中がいるんだったら、そうされないレベルになれるようにがんばろうじゃねーか。そういう人たちが、日本各地にあふれるようになる。2010年代前半に2ちゃんねらーSNS進出が加速すると一気にね、まさにそれがSNSにおける荒らしの絢爛期の始まりですね。ネット病原体として機能するようになる。」

「今までは、2ちゃんねらー荒らしの別働隊という形で、中には職業化されていたところもありますけど、そうでなく、2ちゃんねらーとは切れた集団を持ちなおかつ徒党を組んで連合体を組むというのが2010年代前半。それ以降もずっと続いています。」

2ちゃんねるブームの終わりを迎えた2009年南関東のある職業ネットユーザー誕生する。

その名は、「greatchina2」

日本国内における職業荒らしの一大勢力、プロ固定。そして、それの派生系の一つ、「gudachan」その、「gudachan」において、唯一の派生である、この「greatchina2」というネット原住民K5顔負けの行動力活動を行い、日本内外のネット原住民を魅了する。ネット時間いくらかを、荒らしに捧げた彼。その内実を見ていこう。

(未完)

2016-05-02

アルビノ狩りってあまりにも土人過ぎない?

迷信迷信でも「アルビノ病原体」とかそういう恐怖を引き起こす迷信があって狩っちゃうならまだわかるよ

けどアルビノが薬になるとかお守りになるとか、それただの欲じゃん

欲の為に生きてる人間を殺したり手足切ったりするなんて1段階上の土人度だよな

2016-02-28

ワクチン不要論

私はワクチン賛成派だったのだけど、最近、心の中でわきたつ反対論に負けてきている。

それについて、書いてみたいと思う。

ところで、前提条件として、ワクチンはなんのために打つのか。

私は、天然痘のように、この世から病気を消してしまうためだと思ってる。

理屈でいえば、1人が2人以上に感染させることさえしなければ、病原体はこの世から徐々に消滅する。

コンピュータシミュレーションなどしなくても、だれでもそんなことはわかる。

エイズなど、この世から消すことは理屈の上では可能だ。

極端な話、感染者が全員速やかに死に絶えてしまえばいい。

治療薬の開発など、エイズ撲滅には足枷しかない。

エイズの撲滅が難しいのは、治療薬の開発が困難だからではない。

無症状のまま過ごす期間が長いせいで、症状に気が付かないまま病気をばら撒く、その一点に尽きる。

一方で、狂犬病なんかは、この世から消滅させることは難しい。

野生動物からまれ感染するということは、感染している野生動物を全て見つけ出して、次の感染動物を出す前に処分なり隔離なりを実行しなければならない。

世界中野生動物をすべてチェックするというのは、かなり無理がある。

古釘を踏んで感染する破傷風なんかは、世界中の地面を一度すべて火で焼いたりしない限り撲滅は出来ない。

その意味で、天然痘は撲滅しやすかった。

1.感染すると、速やかに必ずわかりやすい症状が出る。

2.一度罹ると、二度とかからない。

3.動物感染したりしない。

同じ特徴を持つ感染症として、麻疹がある。

ある期間、世界中人間ワクチン接種を済ませてしまえば、麻疹ウイルスは次の感染者を出すことができなくなり、麻疹ウイルスはこの世から消滅する。

WHO天然痘の次には麻疹を撲滅するつもりでいる。

本題にはいろう。

インフルエンザについて考えたい。

なぜインフルエンザに毎年かかるのか、インフルエンザが毎年変異を繰り返しているから、と私は理解していた。

ところがだ

2015-07-03

母乳育児について

http://mainichi.jp/shimen/news/20150703ddm041040080000c.html

母乳か本物母乳かなど問題ではない。

感染症検査や適切な滅菌を経ていない母乳凶器だ。

日本南西部ではHTLVという白血病ウイルスの保持率が高く(蔓延と言ってもよい)、

主な感染経路母乳感染である

またHIVも僅かだが母乳感染の可能性がある。

その他にも未知の病原体や"生産者"が摂取した医薬品の溶出がありうる。

母乳育児である種の感染症重症化・致死率が下がるし、

成人後のアレルギー発症率も下がるが、

これは下記のURLにもあるように、「完全母乳」に限った話ではない。

https://note.mu/akachan/n/n5a473f4733d3

免疫学的に効果がある程度の少量のみ母乳で、あとは人工乳でも全く同じだ。

どちらが主だったかによって腸内細菌叢が変わるという報告が出てきているが、

それほどたいした問題ではない。(体質うんぬんの話であって生き死にに関わる問題ではない)

また完全母乳だと子どもが人工乳を受け付けなくなり(好き嫌いで)、

母が急病で「母乳禁」の薬を摂取しなくてはならないときに、

子どもを低栄養晒すリスクがある。

から完全母乳育児なんかやめて、せいぜい半々でいこうや。

あ、いちおう僕は医者です。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん