「知的障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 知的障害とは

2018-07-20

anond:20180720162414

「時給2000円以上」って言ってるところに知的障害があるように思う

2018-07-19

anond:20180719204059

ここにもそれ自称してる人がたまにくるけど正直ただの知的障害の人にしかみえない

女とヤリたくてたまらなくてとにかく女の味方をすることが目的になってるような感じ

2018-07-18

anond:20180717173436

高校卒業しても意味ないよ。どうせ難病で在宅勤務しかできないんだから学歴なんかクソの役にも立たないね

就職しないで働くなら学歴なんて何の役にも立たないんだから、そんなことに金と時間を使うべきではないよ。

俺も難病持ちの中卒だが、プログラマで在宅で働いてるよ。(戀塚氏ではない)

とにかく一刻も早く在宅で仕事を見つけること。ランサーズあたりで探す。

どんな仕事でもいい。どんだけ安くてもいい。まずは在宅で働くこと自体に慣れること。

仕事のやりとりや、きちんとコミュニケーションを取って、きちんと納期を守ることなどを学び、実績を作る。

また一刻も早く勉強を開始すること。俺はブログラミングを強く薦める。難病持ちが働けるのはプログラマしかない。

俺の知ってる人には、脳性まひで手足がまともに動かないプログラマが二人いるが、自分で稼いで暮らしてるよ。

ちなみに学歴が要らないというのは、学力が要らないという意味ではない。

学力は要る。あればあるほどよい。とにかく勉強すること。

小学校レベル学力ではまともな人間として話にならない。

なんでそれで高校に行こうと思ってるんだ?

まずは最低でも中学レベル国語数学完璧にこなすことだろ?

知的障害学習障害があるんだったらスマン。

もしそうだったらお手上げなので生活保護しかないと思う。

2018-07-13

新型出生前診断中絶体験談

 40代前半の女性です。

新型出生前診断経験し、

初めて気づいたことや考えたことがあったので、

備忘録として残します。

 メディアがこの問題について発信する情報は、同診断を受けないことを決断した人、

あるいは受けて陽性が確定したけれども生むことを選んだ人を取り上げる「美談」が殆どで、

陽性確定者の多数派である中絶手術体験者の声が反映されていないと感じます

このため、手術体験である私の考えをお伝えします。

<経緯>

 30代の終わりから不妊治療を始め、40代の始めだった2016年体外受精で初の妊娠

同年に新型出生前診断を受けたところ、18トリソミーであることが確定し、手術。

<手術に踏み切った理由

・当時の私には、重要資格試験が目前に迫っていました。

試験勉強育児を両立させるために、健康であることは大前提でした

夫婦共に健康なので、子ども健康状態で産まれると思い込んでいました)。

 

 医療ケア児であれば、受け入れる施設も限られ、お世話に忙殺されることが予測されます

「もし産むと、あなた毎日家の中で赤ちゃんに付きっ切りだよ」と夫に言われ、

自分キャリア崩壊する怖さからわず「それは無理」と言い返しました。

 さらに、その子が将来、認知症などで要介護状態になれば、入れる老人ホームはあるのか。

ネット上には、医療ケア児の受け入れ先や成長後に関する情報ほとんどなく、不安に駆られました。

胎児女の子でした。心配なのは、この社会知的障害者に多発する性被害です。

施設に入れたとしても職員から被害を受けるのではないか

あるいは通所途中で誰かから……と考えると、とても我が子にそんな辛い体験はさせられないと思いました。

私たち夫婦染色体異常の子どもが産まれたとなると、

家族や親戚までが世間差別的な目にさらされるかもしれず、

もはや「自分たちさえ良ければ産める」という問題ではないと思いました。

 また私自身、高度な知性を要求される仕事従事しています

知的障害児を生んだ場合、私の知性すら信用されなくなるのではないか

人知からも憐みの目を向けられるのではないか、と懸念しました。

 そしてこのように考えること自体自分の中に知的障害者への差別意識があるのだと、

認めざるを得ませんでした。

<なぜ、新型出生前診断を受けたのか>

 私たち夫婦高齢なだけに、「障害がないことを確認し、安心してその後の妊娠生活を過ごしたい」と考えて

同診断を受けることにしました。

私としては、「事前に疾患がわかれば心の準備ができる」とも思っていました。

その時点では、どんな疾患のある子でも受け入れて産もう、と漠然と考えていたのです。

 ところが、いざ診断で陽性判定が出ると、上記に述べた様々な不安が一気に押し寄せ、

坂道を転がり落ちるかのように、気持ち中絶手術へと傾いていきました。

 しかし、実際に手術によって死産した我が子と対面した時、愛しさが込み上げ、

「なぜ息をしていないの。お願いだから生き返って!」と号泣しました。

手術を受けてから後悔しても遅いのです。

ももし、この診断を受けていなければ、とりあえず出産し、

覚悟を決めて育てていっていたかもしれません。

<新型出生前診断を受けるかどうか迷う人へのメッセージ

 「安心したいから」という理由で受ける人は多いようですが、お勧めしません。

私たち経験上、陽性判定を受けると冷静な判断力が失われ、未知の将来への恐怖心から

とにかく「生活が変わらない選択肢」を選びたい強い誘惑に駆られます

 従って、診断を受けるのは、

「陽性の場合は産まない」と決めた時のみとするのが良いと思います

 陽性でも産み育てることを決めているのであれば、「心の準備」は産んだ後からでも間に合うのではないでしょうか。

染色体異常を持って生まれてくる可能性への心配はあるにしても、

あらゆる状況を想定して、妊娠中に情報収集しておけばいいと考えます

カウンセリングのあり方>

 私がカウンセリングを受けたのは、出産予定先だった大学病院産婦人科からでした。

18トリソミーとして生まれ子ども知的身体的特徴について説明がなされました。

ただ、私たち親が知りたいのは、「そのような疾患を持つ子どもをどうやったら育てていけるのか」です。

 医療ケア児には、健常児にとっての保育園幼稚園学校に代わる施設はあるのか。

親が共働きでも育てることは可能なのか。

成人後の住居や生活費はどうするのか。

老後は介護施設に入れるのか、など。

 そうした社会サポートに関する情報医師からほとんど与えられず、私たち不安に駆られるばかりでした。

是非、これらの情報に詳しい専門家カウンセラーとして配置して欲しいと思います

 

メディアのあり方>

 冒頭で述べたように、新型出生前診断に関してメディアに登場する当事者には偏りがみられるため、

診断を受けるかどうかを迷う人にとってはあまり参考になりません。

 私自身、診断を受けるかどうか、手術に踏み切るかどうかを判断する際に、

手術体験者の声をメディア上に求めましたがほとんど得られず、

心細さを抱えながら性急な判断をせざるを得ませんでした。

 メディアが同診断に関する美談ばかりを取り上げることは、中絶手術を選ぶことを暗に非難するメッセージとなり、

手術体験者はますます沈黙を守ります

その結果、手術体験からアドバイスが発信されないために、受診者及び受診者予備軍が的確な判断ができないという、

悪循環に陥っているように感じます

 是非メディアが、多様な声を報道することを望みます

以上、ご参考まで……。

**上記投稿内容の著作権について**

はてな匿名ダイアリー投稿については、はてラボ利用規約第6条にある次の規定適用されます

3. ユーザーは、本サービスにおいて自己作成投稿した作品など、本サービス送信した著作物について、著作権を有するものします。

匿名であることをもって著作権放棄されているものではありません。無断での転載等を行わないようご注意ください。

継続的無断転載を繰り返すサイトブログ事業者等には、はてなから情報削除やサービスの停止などの要請を行う場合があります

(出典 https://anond.hatelabo.jp/help

anond:20180713195143

知的障害があるのでしょう

多めに見てやっていただけませんか

2018-07-11

死刑制度あったって廃止にしたって変わらん

それほどの重犯罪を犯す奴は自分死ぬなんてこれっぽっちも思ってない軽度の知的障害

死んで元々と腹くくって悪事を働いてる奴くらいしかいないからだ

煮詰まった増田のようなな

2018-07-08

anond:20180708120258

そう。自己責任知的障害とか2次方程式からないとか視覚障害勉強時間が異様にかかるとかなら仕方ないけど

どうせこの女ヘイトは2次方程式ぐらいわかるんだろ。

2018-07-06

anond:20180706001645

知的障害って外見と関係ないはずなんだけど、なんでだろね

2018-07-03

まりにもジャップサヨクが情けないんで俺も『パヨク』って言葉が使いたくなってきた

ネトウヨとき知的障害児の群も効率的駆逐できない知者気取りの凡夫の群れ

ジャップには本当に根本的に知能と呼べる天性がない

2018-07-02

anond:20180702090947

知的障害でもなく、見た目にエグい障害でもないのに、何故嬢の気持ちを慮らなければならない。

この程度の差別的人間は山ほど居るのな。

2018-07-01

anond:20180701102352

「男は選り好みしなくてもタダで女とヤレる場所はない」のは、

女が男より遥かにセックス忌避する生き物故に男女間ではセックス需要供給バランスが取れないからであって…

売春も同じなんだろうな。

男は(例えヘテロ男が男相手であっても)女よりセックス忌避感がない生き物だから

女の底辺売春婦と違って、若くてイケメンだったりマッチョだったりする(他の仕事も選ぼうと思えば選べるであろう)人でも

安価売春する事を選ぶ人が出て来る。

女で若い美女なら、他に何らかの他の仕事に就けない要素(それこそ知的障害とか)があるか強要されない限り誰もやらないだろう。

2018-06-29

https://anond.hatelabo.jp/20180629145918

ふわっとしたイメージで受け止めてる所が頭悪いしお前こそ知的障害なんじゃない?

憧れてた人がADHDだった

仕事先で憧れてる女性がいたんだ、多分俺の4つくらい年上。

いつも会ったら笑顔で、服装もオシャレで、俺のとこはクソ田舎なんだけど都会的な雰囲気のあるきれいな人。

柔らかい喋り方で先輩風とか感じさせないし、雑談おもしろい。

仕事でも理路整然と話すし、アイデアもよく出してくれて、頭の回転早い人だと思ってた。

今度飲みに誘おうかと思って、同僚に相談した時に、先輩がADHDだと聞かされた。

同僚は悪い意味で言ったわけじゃなく、ADHDなのにそれを感じさせないしすごいよなって褒めていたが俺はショックだった。

申し訳ないがADHD知的障害の類じゃないとは分かってるが、なんというかイメージが良くない。

それを聞いた瞬間に憧れの気持ちが一気に崩壊した。

同僚が誰かと勘違いしてるんじゃないか疑ったが、ショックの方がデカすぎて今はなにも考えられない。


見た目は普通だし、話してても違和感なかったんだよな。そんなADHDっていんの?

あー、まじでショック。告白する前に知って良かったのかもしれないが、ショックがデカい。

誰か

祖父痴呆

祖母介護

・妹知的障害

家族逮捕

1か月以内にこれが全部きたときの心の逃げ方を教えてください

便器の水を触った手と握手をすることはできない

小学校の時に、異常行動を取る同級生がいた。

そいつは大量のトイレットペーパー便器の水につけて、素手で触って遊ぶ癖があった。

月一くらいの頻度で、便器で遊ぶそいつの姿が目撃されたり、便器が詰まったりする事態が発生していた。

他にも授業中に立ち上がってウロウロしたり、女子スカートをめくったりといったことを日常的に行う奴だった。

 

もちろん教師から再三注意はあったが、直る気配はなかった。

注意されればその場では直すと言うし謝るのだが、結局同じことを繰り返す。

会話には問題がないので知的障害でもない。ただの問題児として扱われた。

今考えれば発達障害なのだろうが、当時はそんな言葉が無かった。

 

そいつ同級生から〇〇菌と呼ばれ、そいつに触るのは汚らわしいこととして扱われた。

まりそいつはいじめられていた。

 

 

いじめは悪いことだ。

しかし実際「皆仲良く」は現実的ではない。

共同体所属する以上、最低限のモラルを共有していなければ、人付き合いは困難だ。

 

私はそいつ積極的に関わらなかったが、触れられそうになると避けるくらいのことはした。

いじめは悪い事だと理解していたが、便器うんこが付着する面を撫でた手だ。さすがに忌避感が勝った。

 

 

そいつに対して、周囲はどういう態度を取ればよかったんだろうか。

便器の水を喜んで触り、授業を邪魔して面倒をかけ、女子性的いやがらせを行う奴に対して、一つの個性として受け入れて、友達になり、握手しろというのか?

 

 

たまに、うっかり、モラルに反することをしてしまうのは仕方がない。

人間なので間違いはあるし、知らないことはできない。

しかモラルを知ってなおモラルを共有できない人間は、共同体から歓迎されない。

個人共同体とのアンマッチが発生した時、人間抗体のように異分子攻撃する。

 

それはやめることはできないだろう、と思う。

大人になった今でも、トイレ水遊び趣味人間と仲良くできる気はしない。

私に子供がいれば、そんな子と仲良くするのはやめなさい、と言いたくなるだろう。

逆に、便器に触れた手で触られることの方がいじめに思える。

モラルを共有できない相手には極力関わりたくないし、私の共同体から出て行って欲しいと思う。

同様に、人を罵倒してばかりの人間とも極力関わりたくないし、私の共同体から出て行って欲しい。

それはいじめだろうか?

anond:20180629013448

反応早すぎて草

知的障害っぽさもあるくせに素早いのな

2018-06-27

anond:20180627192003

それどうなん。例えば重篤知的障害とか、本人に同意を取ることすら難しい訳じゃん。

逆にボーダー付近の人でちょっと自覚がある人なんか、自分障害者だと判明するのが嫌で診断を拒否するとかあり得るじゃん。

障害者福祉って本来当人同意関係なく障害があるものすべてに分け隔てなく施されるべきものなのだから同意を取らなけりゃ障害者じゃないってのは違くない?

2018-06-25

anond:20180625200210

元増田になんで可哀そうという論調が生まれるのかというのがあったのでそれにそって可哀そうという話をしたんですが

知的障害の方でしたか失礼しました

2018-06-24

anond:20180624101941

気持ちは分かるが、そのアプローチは筋悪だと思う。

大勢にとっての「美」というのは、建前をどう取り繕おうと厳然として存在していて、ミスコンが無くなろうが表現法律規制しようが、消し去ることは不可能だ。

「建前から始めずに何から始めるんだ」というが、臭いものに蓋をするやり方では本質的解決には決して至らない。

統計的に「大勢の人が美しいと感じる容姿」「大勢の人が不細工と感じる容姿」は確かに存在するのだから、それを単にオープンにしようという行為圧力規制するのは、それこそが「統計的な美の基準であっても公表すべきではない」という価値観押し付けであり固定化だとさえ言える。

大切なのは2つ。

統計的な美の基準」のもとで「評価が劣る者」が、不当に差別されることのないようにしていくこと。

そして、「統計的な美の基準」とは異なる「個人にとっての美の基準」を正当に評価していくことだ。

私たち社会先天的能力の優劣に応じて、得るもの失うものが異なる社会肯定している。

それこそ知能に応じて、その後の人生が人それぞれになるのは周知の通りだ。

しかし一方で、極度に知能の劣る者(知的障害を抱えたもの)に対する不当な差別肯定されていない。

能力が劣るものでも、ある一定水準以上の生活を行うことは基本的人権範疇として保障されているし、例えば「運動能力に難があるから頭脳労働であっても雇用拒否する」などといったような因果関係のない不当な扱いは一切認められないとされている。

統計的な美の基準」において劣ると評価されたものが、優れると評価されたものと異なる人生を歩むことは肯定する。その上で、特段に外見が醜いとされる者であっても極端な不利益を被らないよう適切な保護を行っていくこと、容姿の美醜とは因果関係のない事柄についてまで容姿の劣る人間に不当な扱いを行わないようにしていくことができる社会を目指す方が、よっぽど直截的でしか現実的だと私は思う。

また、元増田危惧している「統計的な美の基準」が「個人にとっての美の基準」を侵食して価値観画一的固定化していってしまリスクについては確かに存在すると考えられるが、これを防止するため「統計的な美の基準」の公表表現自体規制しようという発想は、如何にも筋悪だ。

問題本質は個々の人間自身が「自身価値観マジョリティのそれと異なっていても良い」という自信を持てず、安易マジョリティ意見に流されてしまうことの方にこそあるのだからマジョリティ意見を覆い隠してしまっては、自分価値観自身の持てない人間は、実態不明瞭となったマジョリティ価値観自分価値観の食い違いを今以上に恐れるようになって、今以上に「空気を読む」ことに神経を使い、自身価値観マジョリティのそれと一致させようという忖度誘引するキッカケを生むことにさえ繋がる可能性がある。

統計的な美の基準」と「個人にとっての美の基準」が異なっていても良いのだと啓蒙すること。そのために必要なのは統計的な美の基準」の実態隠蔽することではなく、それを明らかにした上で個々人の価値観尊重することの大切さを知らしめていくことにこそあるだろう。

2018-06-23

anond:20180623151040

しかし重度知的障害個体でも淘汰されず、

同族が手厚くサポートして生存できる種族ホモ・サピエンスのみ

この点では唯一無二の知的生命であるからこそ成し遂げられるといえる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん