「けもフレ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: けもフレとは

2019-03-25

けもフレ2かケムリクサしか見れない部屋にでもいんのか

3ヶ月限定とはいえキツそうな部屋だな

男に虐げられた腐女子さんを見てると、よくあるオタク同士の闘いって不毛縄張り争いでしかないなーと思いました

最近だとけもフレ2VSケムリクサみたいな

かわいそうな自分を演じれば無限勝利(感)が得られるので、そういうロールモデル振る舞いがちなのわかります

これ、逆に「手書きブログ腐女子に乗っ取られた! あいつらは平気で人の遊び場を奪うひどい奴ら!!」とかもできるんだよな

いや、手書きブログ最初から腐女子でいっぱいだったけど

2019-03-24

けもフレ2のアンチにはびっくりだよ

結局1クール分まるまるアンチいたな

お疲れ様でした

2019-03-23

11話ショックで慌ててケムリクサを見始めたやつがドヤ顔たつき信じろ とか言ってると寒気がする。

観る人が増えたのはいいことだが、けもフレを持ち出して古参ぶるの恥ずかしいよ。

anond:20190323142651

けもフレ2のバッシングはもう叩きたいだけなのが透けて見えすぎてて怖い

けものフレンズ2に対する批判的なネット世論について思うこと

まず本稿はけものフレンズ2(以下「けもフレ2」とする。)を擁護するわけでも批判するわけでもない。アプリから見てきた自分が今のけもフレ2やそれに対して思うことを述べるだけである(割と長いので、最後の方に自分が言いたい事をまとめたので、とりあえずそこだけ読んでくれればいい。)。

今の制作陣の方には申し訳ないが、やはりけもフレ2はけものフレンズ1(以下「けもフレ1」とする。)と比べると、一段劣ると言わざるを得ないだろう。それ程にたつき監督の作るけもフレ1は面白かった。

ただ、けもフレ1期を楽しんだ層のうち、アプリ版に触れたことのある層はそう多くはないだろう。だからアプリ版の人気からすると1期は出来すぎであり、2期くらいの評価妥当な所だと思う(アプリ版は面白かったが大人気になる事は無かった。)。

けもフレ2の最新話で登場した観覧車けもフレ1で登場した観覧車であり、その観覧車朽ち果て海に沈んでいたこからけもフレ1の否定だ」等という意見を見たが恐らくそれは的外れ意見だと思われる。そもそもけもフレと言う物語出会いと別れというテーマが根幹にある。恐らく観覧車が海に沈んでいたのは、けもフレ1とけもフレ2は同じジャパリパークではあるものの、時間が経過しているということを表現たかったに過ぎない。

そもそもアプリからけもフレ1が出るまでの間にジャパリパークは壊滅している。アプリ版ではジャパリパーク運営されていたが、けもフレ1ではヒトが珍しいという状況になっている。けもフレ2に対してけもフレ1の否定だと言う人は、アプリからけもフレ1になるにあたってアプリ版の否定だと言ったのだろうか。

イエイヌの回だって、自ら別れを切り出しイエイヌに対して、一緒に行こう等という事が本当にイエイヌにとって幸せな事だろうか(ただ、制作陣の表現の下手さがあの超低評価を招いた事は否定出来ない…。)。それは恋愛系の作品で敗れたヒロイン主人公に付き纏うような物である

けもフレ1終了後にたつき監督が解任され、けもフレ2は当初からアンチが多数存在する危険コンテンツになった。そんな火中の栗は誰も拾いたくない。そんな中でどういう経緯か分からないが木村氏が監督になる事になった。そんな木村氏のTwitterにはけもフレアンチ粘着している。それって本当に意味がある事なのか?

社会に出れば誰も悪くないが色々な事が重なってプロジェクトダメになる事なんて日常茶飯事だ。けもフレ1のたつき監督の解任に関しても、誰かが全部悪くて誰かが完全なる被害者なんて事は無いだろう。

最終的に自分が言いたいのは

けもフレ1は傑作

けもフレ2はけもフレ1と比べれば劣るが、アプリから続いてきたテーマ踏襲している

監督に凸しても監督メンタルがすり減るだけでなんの意味も無いからやめた方がいい

という事だ。

ここまで読んでくれた人がいたら本当にありがたい。

2019-03-22

けもフレ2を叩くためにケムリクサ褒めるのはセーフで

艦これを叩くためにアズールレーン持ち出すのはアウトっていう基準がよく分からん

anond:20190322125537

もとからけもフレ(1期)より最初から面白いって言ってる人多かったし

実際二話くらいにはもう面白いって確信できてたよ

変な男キャラアンチが居ただけだよ

はてブではZOZO系の話題になると、とりあえず記事読まずになんでも田端のせいって言っておけば星貰えると思ってる幼稚園児みたいな人が湧いてくる。それって自分で9話見ないでもけもフレ2を叩いけば承認欲求満たせると思ってる人たちとレベル同じで人間として塵すぎると思うのですごく印象悪い。いい加減興味がないなら黙っておくかちゃんと調べるくらいの慎みは持ってほしい。

慎みは大事

2019-03-21

けもフレコピーしたけもフレ2、けもフレコピーしたケムリクサ

どうしてこんなに差がついたのか

構成はどちらも同じなのに

2019-03-20

いまさらけもフレ界隈雑感



  • 「すっごーい」連呼揶揄されてたけど、確かに連呼ワード分散させればいいのに、と思った。「うわぁー(感嘆)」「なるほどなぁー」「めっさ」「気になるぅー」くらい分散させてもまだクドくてウザいのに、1ワード連呼だと絶好の叩きネタになるに決まってるのな。「なにこれなにこれ」はOPCMで言ってるけど、もう知ってるものには使えないから語録としてちょっと弱いにゃー。

2019-03-18

anond:20190318143042

だよな~

人気作があると楽しいからデカ人達がやたら持ち上げたのかと思っている

たつき監督版のけもフレもそんな感じに思ってた

2019-03-17

けもフレ2のイエイヌ

録画してるのやっと見たけど、これで感動になると思った奴らの神経がマジでからない

けもフレ2はずっとフレンズ達が言い合いの喧嘩ばっかりしていて、見ていて疲れる

1はほのぼのしててよかったのに

あとキュルルが何を考えているのかさっぱりわからない。人となりが見えてこない

たつきを降ろしたのには理由があったんだろう。許せない理由が。

たつきがいなくても前ほどじゃなくてもそれなりの人気は保てると思ったんだろう

でもこれじゃあ。

巨大IPをぶっつぶしてまでもたつきにまかせられないほどのことっていったいなんなんだ?

anond:20190317202111

けもフレは一期二期通して、きほん一話ずつ景色が変わるよね。旅行してる感の一助になってる気がする。

二期になって冒険っぽさは減ったかもしれない。モノレールを割とあっさり乗り捨てたのがよくなかったか。あるいはビースト探偵ふたりが神出鬼没すぎて、主人公勢があまり移動してないように思えてしまうのかも。その点、一期の追跡者ふたり組はピッタリ後をつけてくるので、距離感が狂う怖れはあまりなかった。そうだ、アライさん&フェネックの追跡劇が何度も番組の締めになっているのが緊張感を高めているってのはありそうだ。

一期二期共に地図は出てくるが旅路の経路はわからないので、冒険らしさにはあまり貢献してないように思う。他方、ケムリクサでは移動の様子はずっと明示的だ。一島から十島まで。ナンバリングの形であからさまにデフォルメされた道程は、旅の進行を意識させることを意図したものに思える。減っていく水。定期的に現れる"ボス"。切迫感と達成感は、ケムリクサでは計算されて配置されている。題材は剣と魔法ではないけれど、指摘は当たっていると思う。監督RPG由来の冒険の楽しみを前面に押し出している。

決定打はわからないが、仮説2の「先の見えなさ」はかなり大きいでしょう。図書館や赤い木の根など、大まかな目標はあるものの、次の話では何が起こるかは判らない。これが次回予告をしないスタイルとも相まって、ワクワクを高めていると思う。

(話が逸れるが「ストレス回避欲求」に応えたことがけもフレ一期の人気の最大の要因だったのではという定説に、改めて頷いている。毎週安心して視聴できて、しか冒険楽しい。二期とケムリクサ。あえて挑戦したんだろうか。どちらも視聴はストレスフルな作品になった。)

けもフレケムリクサにある冒険してる感の正体知ってる奴おる?

RPG風の作品異能バトル物からはいつの間にか失われてしまった冒険してる感は何なんだろう。

仮説1:受け手ストレス回避欲求に答え続けた結果RPG作品腑抜け

仮説2:戦って勝つことが目的でなく生き延びることが目的となっているから先が見えない

仮説3:レベルアップなどの着実な成長がないためリソース管理によっては先に進むほど状況が悪化

仮説4:データベース消費要素が少ないため世界観の全容が視聴者側に掴みきれない

あー分からん

決定打が見つから

2019-03-16

けもフレはすごい

ニコ生歴代1位と、歴代最下位をとった

 

すごくない?

けものフレンズ2』9話のダメな点&俺ならどういう話にするか

けもフレ』も『けもフレ2』も5分で切った俺だが、2の9話がまた物議を醸してると聞いて興味が湧き、今回はじめてちゃんと見てみた。あーこりゃダメだなと思った。イエイヌ不憫すぎる、ボロボロになるまで守ってくれた彼女を放っておいてサーバルと談笑に興じるキュルカスまじキュルカスなど既報どおりの印象を持ったが、単純にクオリティが低いとも思った。

イエイヌに対して無関心なのが単純に物語としてダメ

イエイヌに対して登場人物みんなが本当に無関心だ。なぜキュルルをさらったのか、その後どうしたかったのか、どうしてボロボロになってまでキュルルを守ろうとしたのか聞きもしない。その無関心っぷりはイエイヌと別れた後、存在のものを秒で忘れるんじゃねーのと思うほどだ。

その象徴が「おうちへおかえり」という言葉を望んだイエイヌに対し、首を傾げながら表情をまったく変えずにオウム返しするキュルルである

キュルルは間違いなくイエイヌがそう望んだ理由理解していない。それどころか「なぜそんなこと言わせようとするんだろう」とすら考えない。本当に、一ミリも、イエイヌに興味を持たずに終わる(その証拠に、イエイヌ目的事情彼女一方的説明するだけでキュルルから尋ねることはついぞなかった)。

これはキュルルがカスだとかbotだとかの以前の問題で、ここまで感情のやり取りがないと物語が成り立たないレベルで致命傷だ。だから必然的視聴者として感じ入ることができない。これは例えばたった一言ボロボロになってもキュルルを守ろうと立ち上がるイエイヌに対し「どうしてそこまで……」と声をかけるだけで話が違ってくる。それがあれば例えば「だってそれがイエイヌですから!」と信念を示すこともできる。いや、画面ではまさにそういう意味合いを持ってイエイヌは戦っているわけだが、それに対するキュルルの興味・理解共感がないからただただ虚しいシーンに成り下がっている。意味ある物語を作ろうとするなら相手への無関心・無理解絶対に避けなければならない。

イベントとその結果がつながってない

ついでに言うなら「ビーストに襲われる」ことと「イエイヌが別れを選んだ理由」が直接つながってないのも出来が悪い。イエイヌがキュルルとの別れを選んだ理由は「キュルルさんを引き離すような真似をしてすみません。仲間を失う気持ちはよく知っていたはずななのに」にあらわれているが、これはビーストと戦ったことやボコられたことと直接関係ない。ビーストボコられたところからつなげたいなら、「私ではキュルルさんを守れませんから」を理由にすべきだし、キュルルとサーバルカラカルの絆を理由にしたいならキュルルと仲違いしたカラカル(&サーバル)が戻ってくる理由スケッチブックの返却ではなくビーストの唸り声を聞いたからにすべき。ケンカしたのにキュルルに危機が迫ると知るや取って返すふたり、キュルルを守るために傷つきながらも強敵撃退する、という流れにすればあの3人の絆をイエイヌ理解でき「引き離すような~」というセリフにつなげることができる(その布石としてキュルルを悪く言うカラカルイエイヌが不満を持つ、外は危険からと言うイエイヌに「ふたり危険なのに家でじっとなんてしてられないよ」とキュルルが言うなどあれば尚良い)。

実のところ似たようなことはどれもやってるのだが、必要セリフ演出をことごとく欠いているためそれっぽいけど全く違う醜悪ななにかに成り果てている。

俺ならどうするか

創作者のはしくれとして俺ならどうするかについても述べておく。

まずイエイヌのやっていることは代償行為である。キュルルはヒトだが本当の主人ではない。彼女には帰りを待つべき主人が別にいる。しかし主人が帰ってこないため、キュルルに偽の安らぎを求めており、そんな「弱さ」を彼女は抱えている。1人&2匹との出会いによってイエイヌは主人の帰還を信じる「強さ」を手に入れ、キュルルたちとの別れを選択する――という点を軸にする。1人&2匹との出会いイエイヌ心の問題解決するのがポイントだ。

具体的には以下のような流れ(※筆者はガチでこの9話しか見てないのでキャラに違いとかあるかも)。

ところでこれはまったくの余談

けもフレ』5分切りを豪語する俺がひとつだけちゃんと見た『けもフレコンテンツがある。それはJRAとのコラボ動画『けいばじょう』。

内容は他愛のないもので、「おおきなたてもの」のそばを通りすがった一行は、その中でサラブレットのフレンズ出会い、「おおきなたてものであるところの「けいばじょう」を案内してもらいつつ最後はかけっこ勝負をする。時間にして3分半ほどと短いが、俺はこの動画が好きである

その理由の大部分を占めるのが3:10から流れるたった5秒の映像だ。

サーバルのかけっこ相手であるあおかげは、その直前、客席(スタンド)に視線を向け、耳を澄ませる。聞こえてくるのはかつてこの競馬場を埋め尽くした大歓声だ。今は失われてしまった、華やかで賑やかだった頃の残響感傷に耽るあおかげの後ろ姿に胸が締めつけられる。彼女は何も語らないし表情すら画面に映らないが、この場所が或るいはかけっこが彼女にとっていか大事か、そのワンシーンで伝わってくる。

向き直ったあおかげの顔にセンチメンタルな色は微塵も残っていない。「本気でいくよ」「負けないんだから」。完璧である

2019-03-15

けもフレ2の9話wwwwwwwwwwwwwwwww

久々に見たが何これ

素人10人集めて脚本作らせたら多分下から2番目くらいの出来じゃないか

泥酔しながら一晩で作ったのか?

 

解釈の差とか好みとかじゃなくて、支離滅裂で話がぶっ壊れてる

太郎枠とか言われてたけど、太郎枠のほうがまだまとも

まじで、カブトボーグチャージマン研!見てるのかと思った

ああそうか、ダイナミックコード枠か?

作画崩壊ならぬ脚本崩壊起こしてるわ

たつきとか角川とかああいうゴタゴタがなければ、変なベクトルで人気出たかもな

二度と他作品に関わらないでほしい

けものフレンズ2の9話が賛否両論理由が完全に納得できた

まあ否定が9割なわけで、自分もなんであれでいいと思えるのかわからなかったんだけど完全に納得行く理由を見つけた。


結論から書くと制作陣及びあれを褒めてる人たちはフレンズのことを人間じゃなくて「人型の人と言葉を交わせるモンスター」、わかりやすくいうとポケモンみたいなものだと思ってるんだよ。

キュルルは傷ついたイエネコ無視してサーバルを褒め、ただ家に帰れと言った。そこがサイコパスじみてると避難されている。

でもGBA以降のポケモントレーナーなら知っているだろう。傷ついたポケモンボックスに入れれば自動回復することを。ポケモンバトルをした人間なら覚えがあるだろう。バトルで倒れたポケモンを労るのを忘れて、勝負を決めたポケモンを褒めてしまうことを。キュルルはフレンズへの接し方がポケモントレーナー気分なのである

ちょっとだけ擁護するとポケモンでもポケモンと人との絆は最重要視されていて、キュルルもサーバルカラカルとの絆は感じているはずである


だが、人とポケモンとの関係一般的には人と人の友達フランズ)同士との関係とは決定的に違う(ポケモントレーナーにもいろいろな人がいて本当に大切にしている人もいるけれど)。

特にけもフレ1期を熱心に見た層から言わせればフレンズ精神性の面では人よりも優れた生き物であるとすら感じられる。サーバルちゃんは間違いなくヒロインだった。2のサーバルは連れ歩いているポケモンレベルの扱でしかない(サトシピカチュウにも特別な絆はあるけれど、サトシピカチュウのそういう文脈でのカップリングはさすがにマイナーだと思う、ましてやほかのポケモンなんてもっとぞんざいな扱いである)。


その違いがもたらす致命的な解釈違いは9話にはっきり表れた。大多数のけもフレファンにはイエイヌが傷つく場面で、日常が壊れ戦って傷つく女の子が見えていた。でもあれがただのモンスターバトルに見える人にとってはモンスターが傷つくのは日常茶飯事であり特に心が痛む光景ではない。


どうしてこんなことになったか監督深夜アニメ出身でないことが深夜アニメにおける少女の扱いの文脈を踏まえない結果につながったのはあるだろう。せめて艦これ如月ショックを押さえておけば。脚本家も前作が深夜の美少女ものとはいえ身体的なダメージギャグになるゾンビという設定だったのが災いしたか



イエイヌの声の井口裕香さんが悪いという考えもある。ちょっと重い愛のある女の子定評のある井口さん。イエイヌの声から人間的な感情がはっきり感じ取れた。もっと最初に獣的な粗暴で怖い感じをだしたり、最後に含みを持たせずあっけらかんと「ありがとう」と言えば大分印象は変わっただろう。9話で主人公をたてるという意味ではマイナス仕事をしたといえる。だが、イエイヌを"フレンズ"にするという意味ではキャラのために最高の仕事をしたと思っている。

けものフレンズケムリクサとエヴァシンゴ

けもフレ2からたつきを外したのは正解だと思う

だって有能な人材を一つのIPに縛り付けるほどの愚行って無いじゃん?

富野が段々とガンダムに縛られて行ったように

庵野エヴァ呪縛から逃れられないように

たつきけもフレから解放してよかったんだと思う

そりゃ続きを見たい人もいるかも知れないけど、シンゴジ作るまでの庵野見てみろよ

あんな才能ある監督が何年エヴァに縛り付けられたよ残念すぎるだろ

そりゃけもフレの功績がクソどもに蔑ろにされるのは忍びないけど、2は2なりに頑張ってるし、等身大の実力が正当に評価されてるじゃん

ん?炎上してるって?だから正当な評価だろ?

anond:20190315094417

けもフレも2も見てないけどゴマクソちゃん周辺の例のアレは楽しんで見てるわ

2019-03-14

けものフレンズ2好きなんだけどさ

けもフレ2を持ち上げたいがために、1期の粗探しをするファンがつらい

とかなんとか

けもフレ1期を楽しんでいた自分が嫌いなのかな?

嫌いじゃないならあまりこういう比較はしないでほしい

どうして1期を楽しんでいたという思い出を汚してまで、2期を持ち上げるんだ

他にもやりようがあるでしょ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん