「模倣犯」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 模倣犯とは

2021-08-31

花森さんの硫酸ぶっかけ動機がこれだとわりとしっくりくる

こういう噂を聞いた

硫酸事件

被害者

「花森先輩必ず儲かりますからワンルーム投資しましょ」

花森

しかたねーな(儲かるなら)」

実際は、毎月マイナス 花森の親の遺産が溶ける

花森

詐欺じゃねーか」

被害者

「いや、リスク説明しましたよね。電話かけてこないでください」 

花森

「許さねー 貴様物理的に溶かす!」

硫酸事件起こる! 

花森

お金を溶かされたので相手を溶かしてやろうと思い硫酸ぶっかけました等と供述以下略。。。

もしも、不動産投資で騙されて復讐という動機だったのら 復讐系の動機模倣犯社会情勢の悪化懸念され報道規制されて、わけのわからないつまらない動機として発表されるのがメディアの慣例と常識。その後は沈静化されるようにメディアは動き、裁判メディアには流れなくなります

復讐系の動機犯罪は大体そうなる慣例という噂

本当でしょうか?

2021-08-26

はてなー刃物ガソリンサラダ油使う雑魚オス必死すぎて草」

はてなー「ムキムキ硫酸男こええ~……」

これが現実

あんまり騒ぐとなんとか効果模倣犯が出てしまうぞ

2021-08-25

anond:20210825161139

サリンを作って地下鉄にばら撒く」という話だから難しく考えて後に続かなかった

ガソリンとかサラダ油でもいいし、洗剤を組み合わせて塩素を発生させてもいい

なにせ密閉された場所毒物や可燃性のものを蒔く行為は誰にでも思いつくのに、サリンを作らないとだめ、とこの増田のように考えるから模倣犯がでなかった

anond:20210825161139

サリン系は模倣犯ビビりすぎてかその辺の周知が全然されてないよな

anond:20210825160802

最初模倣犯排除すれば、その後に続くことはない

地下鉄サリン事件だってその手法は単純なのに定着しなかったことを考えると、連続性を切れば意外と何とかなる

2021-08-16

小説・間違わなくても

「命には優劣がある」

「僕からすればホームレスが死んでしまっても構わない」

ホームレス邪魔だし、臭いしさ」

 私は動画配信である

 私がそう配信してから世界面白いほど反応を見せた。

自分がいつホームレスになるかもしれないのだから、そんなことを言うべきではない」

 ──はぁ。

「命は平等尊いもの価値があるかどうかで決めることではない」

 ──そうかい

人間は弱い者を守り、人権を、法律を、福祉を発展させることで繁栄する生存戦略を選んだのだから、見当違い」

 ──ふぅん。

 しかし。

 あなたがいつか上司になるかもしれないのに、上司の陰口を言ったことはないのか? クレーム電話の陰口は? お役所の受付の陰口は? あなたがいつか誰かにとっての陰口の対象になるのなら、陰口をしないのか?

 命の価値が同じなら、自分の愛娘と無縁のホームレスも同じ価値か? どちらかしか救えないのなら、娘が助かって欲しいと祈るのでは?

 日本家長制度を導入していたら政略結婚や男女不平等が正しいのか? それを嫌って現在日本シフトしたのでは? ならば現在の法体制を疑うことが悪にならないはすだろう?

 まるで話にならない。

 私は年間、数百冊の書籍を読み、誰よりも勉強している自負がある。

 だからこそ、システマチック物言いだけれども、間違っているとは思わない。

 ──私は、個人として、陰口を言うこともある。

 ──私は、個人として、ホームレスより愛娘を選びたい。

 ──私は、個人として、生存戦略よりも個人自由整合性を選びたい。

 これは個人の感想である。むしろ批判する人たちに問いたい。

社会的影響力のある者が公の場で個人の感想を言ってはならないと主張するその根拠は?」

普段見てもいないYouTubeチャンネルの内容にまで立ち入って、怒りたいだけ怒り、自分の主張を押し付け行為は正しいのか?」

「私が自殺をしたら、あなた方が私をいじめしたことになるが、あなた方の大好きな『命の価値平等』という主張はどこに行ったのか?」

 例えば「子どもが真似してホームレスを軽視するかもしれない」というけれど、それは「模倣犯になるかもしれないから」とニュース番組を一切見せないのと同じでは?

 あなたの子どもが、あなた方の主張する善悪区別がつかないのなら、「歴史の真似をするかもしれない」といって戦争を教えないのか? すべてを教えて個人に取捨選択させるのが教育なのでは?

 私の動画コメント欄呪詛を吐き出すのが正しい行為か? それを堂々と子どもに見せられるのか? 「将来子どもが何かしでかすかも」という不確定な要素よりも、他人呪詛を吐く姿をこそ子どもに見せてはならないのでは?

 もしかすると、多少の表現の不備はあったのかもしれない(否、あったとすればそれは受け取る側の浅学さ、浅薄であるとも思う)。けれども、私が間違っているとは思えない。仮に誤っていると主張するのであれば、客観的かつ信頼性に足る根拠を示してほしい。私はいつでも謝罪し、反省し、訂正し、その正しさを誠実な態度で以て最大限に広く周知することを誓う。

 勘違いされがちだが、私は基本的論破されたがりなのだ普段から道に外れたセンセーショナルなことを言っている自覚はあるけれども、それは新たな論理で正してほしいことの裏返しだ。それは、強がり掌返しではなく、心の奥からそう思う。

 けれども、その正しい根拠を募っても、いつまで経っても出てこない。だから私は怒っているのかもしれない。

「私のような厄介な人間に、正しさを説いてくれ!」と。

「私程度の小悪党駄々をこねている間に、本当の悪党に対抗する武器を見つけろ!」と。

「正しさを曖昧にして二千年以上も生きてるんじゃない!」と。

 そう言葉にすると、ふつふつと怒りが沸く。たか日本のような小さな国で、数百万人の支持者を持っている程度の小悪党暴走すら止められないのは、あなた人類の怠慢であると──心底、怒っている。

 私を否定できないのであれば、現時点において私が正しいことになる。

 否、正しいかどうかはわからないが、しかし間違っていないことになる。

 もし「正解」という道があるとしたら、私はその縁に立っているだけなのだ。危うい縁に。

 けれども、違反でなければ過ちではない──。

 ◇

 ……と。

 私は、思考を切るためにスマートフォンの画面をオフにする。今日は考えることが多い。浅い割に多いのだ。批判ってものは。

 スマートフォンを手に乗せたまま信号が緑になるのを待つ。手のひらの中で今も生まれているだろう主張の嵐を持て余しながら、ほんの僅か、足元のコンクリートブロック割れているのを感じ、身体を一歩前に進ませる。爪先が少し、車道を踏んだ。

 と、深夜の街に相応しくないスピードの車が近づいてきた。物騒だなぁ、と思いつつも、スマートフォンの裏面を何の気なしに眇めていると、

 身体に強い衝撃が走った。

 衝撃が先か、轟音が先かはわからない。視界が宙を舞い、まるで目ヤニだらけの朝のようにぼやけたからだ。

 続いて、痛み。

 大きな銅鑼を打ったかのような、押して引いての波紋が身体中を暴れている。その振幅は自分身体を越えているように錯覚するほどで、立ち上がることはできない。否、仮に足を踏ん張っても立つことは不可能だろう。なぜなら、膝下がひしゃげて見当違いの方向を向いているからだ。

 次に、不快さ。

 胃の内容物がまるでネズミになったかのように這いずり回る──実際には胃の方が動いているのだろうが、しかし這い上がってくる吐瀉物は鉄臭く、“血の通った何か”を飲み込んだ報いとばかりに喉を押し広げ、ほとんど無抵抗に半固形の何かが口や鼻から垂れる。

 さらに、熱さ。

 命の素がどんどん外に溢れるような、そんな感覚身体の芯は生きる手だてを探してやけに熱っぽく、しかし手足は凍えるほど冷たい。小さな穴の開いた水風船をただ見ているだけしかできないような、取り返しのつかなさと焦燥感。何かを決定的に失う瞬間というのを久々に味わう──忘れていたのかもしれない。あるいは見ない振りを。もしくは「自分は失わない」と高をくくっていたのかもしれない。

 私は、急速に死に向かっていた。

 ぼやけた視界から判断できる限り、交通事故──らしい。私を轢いたと思しき自動車は、「ガードレールに刺さっている」と表現するしかないほどに大袈裟に半壊ならぬ七割ほど破壊されている。

 ──なお、今の私に知る由はないが、この自動車運転手病院へと急いでいた。

 というのも、彼の愛娘が突然大量の吐血をしたため、一も二もなく最高の速度で病院へと向かっていたのだった。

 皮肉なことに。

 運転手は、彼の大切な命を優先したのだ。彼の咄嗟の行動に間違いはなかった。

 私は助けを呼ぼうとするも、体力的な問題なのか、あるいはどこか発声に関わる器官が深刻なダメージを受けているからか、大きな声が出ない。口腔内から聞こえる「ヒュー」という音がやけに空々しい。

 頭を打っていないことが幸いして意識はあるけれども、しかし長く保たないことは確かである。否、どんな仮定の話をしようとも、命を失ったことはないから“失ってみるまでわからない”──。

 そんな“悠長なこと”を考えていると、ふと視界の端で動くものが見えた。それはのっそりと立ち上がり、「く」の字に曲がっていたり、すっくと立ち上がったりしている。何かを引きずる者もいる。

 元々いたのか、騒ぎを聞きつけたのかはわからないが、どうやら人間のようだ。ああ、助けてくれ──!

 そう口元を歪ませると、どうやら仲間同士で話し合いをしている様子だった。冷えは身体中に広がり、今にも意識を失ってしまいそうだ。早く、早く救急車を!

 どのくらい経っただろうか。実際には数十秒くらいなのだろうが、その時間は誇張なく一時間に感じる。身体の中から聞こえる「ぎっぎっ」という音が何に起因するかもわからない。車が焼けているのか、瞳孔の機能が低下しているのか、まぶしくて人間たちの姿が見えない。

 轟音で痺れた耳が復活した頃、声が聞こえた。

「俺らのねぐらにさ、仏さんが転がってたら良くないよな」

警察がうろうろしたらさ、締め付けが厳しくなるもんな」

「な」

「他に行くアテもないし」

 会話からするに、ここに住んでいる住民──ねぐら? つまりここら辺に住んでいる──ホームレスの……集団

「仏さんには悪いけどなァ」

「な」

「すまんなぁ。でも俺らも優先するモンがあるんだぁ」

「手は合わせておこうか」

「だなぁ」

成仏しておくれな」

 な! 待て! 待ってくれ! 私はまだ生きている! ただ、声が出なくて、ア、まぶしくて、身体が、動か……なくて、そん、な死体に向けるよう、な、目を、そんな真似を、命を命とも思わない真似を、なぜできるんだ! ア、ア…考え直してくれ! 今すぐ!

 くぐもったガサガサという音が聞こえる。普段寒さを避けるためのブルーシートか何かだろうか。数人の男たちが私の身体を包み始めた。

 男たちの声は続く。

「口から血の泡が出てるな」

「死んだ後に、肺から空気漏れるんだよ」

へぇ、詳しいね

「俺は前に医者をやってたからさ」

「そっか、お医者さんかぁ。……人生、何があるかわからいね

 いしゃ………? まって……。

「なぁ、この死体こっち見てないか?」

「気のせいだろ! 見るなよ! 目を合わすと取り憑かれるって話だぞ」

 そんなの……“えびでんす”が……ない……よたばなし……で……。

「じゃあ、せーので」

「うん」

「川に流すなんて、罰が当たるかもしんねぇけどさ」

「ま、許してくれなんて言わねぇよ。俺たちの“個人的な事情”だしなぁ」

「……」

「かもなぁ」

「だからさ」

「俺たちは……。

 いや、誰もがみんな、間違ってないのさ。 

 きっとな」

(了)

2021-08-11

anond:20210811010024

いや似たようでその事案は結果が逆なだけに違うリアクションを生むんだよ

木くずは燃える可能性が高いけど、(部外者からしたら)燃えない方がありがたいが、実際は燃えしまった

サラダ油燃えない可能性が高いし、(部外者からしたら)燃えない方がありがたい、実際は燃えなかった

実は知識などなくただの結果論で話している人は置いておいて、

異なる結果になることを想定するかといえば、安全側で見るという点で前者に違う結果になる条件を検討する意義は少なくて後者は意義がある。

前者もごく短時間であれば燃えなかったかもしれないが、そんなギリギリを詰めなきゃいけない理由などなく、危険なんだからやめとけ、で話は終わる。

後者は仮に模倣犯が出てきたときに、どう転んでも燃えないのか検討することに価値はある。それでもってサラダ油安全に使えるってもんだからね。

犯罪のほう助になってないか?って意見もっと可燃性の高いものを使えばいいだけだし)

よって前者は雑に「危険からやめとけ」、で話が終わりだが、

後者は「燃えないに決まってる」で終わってるのは結果論認識できてない人か、詳細に条件を検討天ぷらとかそんなレベルじゃなくてね)したうえでその結論を得た人か、あるいは解像度が低すぎて問題認識できていない人のどれかなんだよね

n番部屋事件

かに日本でも模倣犯出るかもしれんし他人事じゃないかもしれないけどさあ

それにしたって日本で26万人会員は集まらないだろうし、仮に集まったとしても少なくとも千単位通報はされるだろう

26万人、まあ重複を含めても最低でも10万人以上がほとんど誰も警察通報しないってちょっと韓国人の残虐性高すぎない?

韓国人男性の100人に1人が関係者って…

悪いけど完全に韓国人見方変った

レイシストだと言われたとしても100人に1人はもう偏見の域を超えてるわ

一人とか複数人の残虐な犯罪者集団が生まれるのは理解できても、残虐な国民ってのは理解できない

2021-08-10

日本フェミサイドは起きているのか

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/shioshio3.hatenablog.com/entry/2021/08/09/184216

このブログへの反応(ブックマーク)を読んでいて少し気になった事が有ったので、書いてみる。

 

気になったと書いたが、私は多くのブックマークコメント特に人気コメント)に同意である

多くのコメントブログに対して「フェミサイドとは「女だから殺された」という理由犯罪のことだ」という指摘をしていて、これは正しい。

しか小田急線での事件では犯人自身が「女性を狙った」旨の発言をしており、フェミサイドと言って間違いないと思う。

ただ、少し気になる事が有る。小田急線での事件被害者ニュース確認する限り、「男性5人と女性5人の乗客10人が重軽傷を負った」と男女同数なのだ

また上のブログでも無差別殺傷事件被害者が男女ほぼ同数であり、過去事例でもやはり男女ほぼ同数である事が示されている。

 

無差別殺傷事件のうち、女性限定しない非フェミサイド女性を狙ったフェミサイドが有るとすると、前者は被害者が男女同数、後者女性が多くなる筈なので、合計すれば被害者数は女性が多くなる筈だ。(ブクマコメントでも言われている様に、男性のみを狙う場合は無い前提で考えている)

しかし、実際の人数は男女同数となっている。

勿論誤差によって偶然差が埋められてしまった可能性がある。非フェミサイドは男女同数になる筈と言っても当然確率的に誤差が出る、その誤差が偶々男性に偏ると、フェミサイドで多くなった女性被害者の数と合わせてトントンになる可能性が有る。

そもそも被害者の総数が少ないので、そうした誤差の影響は大きく、そうした可能性は十分に考えられる。だからフェミサイドは無い」と言うつもりは無い。(そもそも前述の通りフェミサイドとは動機に対する呼称なので、被害者が男女同数でもフェミサイドフェミサイドである

ただ、フェミサイドが具体的にどういう事に成るかを具体的に考えてみると、イメージで語る場合とは異なるのではないか、という事を提案してみたい。

 

男性被害に遭うフェミサイド

フェミサイドとは女性を狙った殺人の事だ。しかし、実際に通り魔的な犯行女性のみを狙う事は可能だろうか?

具体的なシーンを想像して欲しい、恐らく最初被害者女性を選ぶ事は(遺憾な事では有るが、)容易だ。例えば今回の事件の様に電車内で女性を狙う。

しかし2人目が格段に難しくなる、1人目を傷付けた段階で周囲の人間に気付かれ、逃げられるからだ、逃げる人達を追撃しようとする時、女性だけを選別している暇は恐らく無い、この時点で「女性だけ狙おう」といった選別は難しくなる。手当たり次第に近くの人を襲う場合男性ターゲットになって来るだろう。

更に逃げる人々だけでなく、こちらに立ち向かって来る人間も居るかもしれない。立ち向かって来る人間は男女同数かもしれないし、現在日本規範を反映すると男性が多くなるかもしれない(実際にどうなるかは分からないが)、

そうなると更に女性だけを狙う事は難しくなる。

 

このように考えてみると、女性を狙ったフェミサイドは、実際には女性だけを被害者にする事は難しそうである。実際、明確に女性を狙ったらしい小田急線での事件でも被害者は男女同数となった。

 

フェミサイドをどう考えるか?

タイトルの疑問に自分なりに答えを出すならば、私は「日本フェミサイドは起きている」と思う。少なくとも小田急線での事件動機から言ってフェミサイドである

ただし前述のブログ記事を見る限り、無差別殺傷事件の中で、現在の所フェミサイドの数は少ないかもしれない。(だとすれば一先ずそれは良い事である)(少なければ良いという話でもないが)

海外ではフェミサイド前例は幾つも有るが、日本では今の所は少ないかもしれない。(ただしこれは無差別殺傷事件のみの話であり、痴漢など明確に女性被害者が多くなる犯罪は幾つも有る)

ただ、私が心配なのはこれから増えるのではないか、という事だ。自殺事件報道が有ると自殺件数が増えるらしい(ウェルテル効果と言うらしい)、同じような事がフェミサイドについても起きる恐れが有り、そうなる事が非常に怖い。

フェミサイドの透明化は当然行われるべきでは無いが、マスコミには報道について慎重を期して欲しいと思う。

また、他にも気になる事が有る、今回の小田急線事件での男性被害者の事だ。

今回の男性被害者は5名いるらしい、被害の度合いは分からないが、件の事件が殊更に「フェミサイド」と女性被害が強調されている事について、男性被害者の方達がどう受け止めるのだろうかと心配している。

自分達の被害無視されている、ともし感じているとしたら非常にショックな事だ、その辺り、フェミサイドによる男性被害者についても広く考えられる様になれば良いなと思う。

前述の通り、フェミサイド男性被害に遭い得る、男性も決して他人事ではない。(「自分被害に遭う可能性が有るから真剣に考えよう」という動機の持ち方は余り好ましくないと思うが)

フェミサイドをどうすれば防ぐことが出来るか、という事は真剣に考えるべきだと思う。

 

 

追記

反応の中で気になったものに反応する。

定義明確化

まず「フェミサイド」の定義不明確という反応が有り、これは確かに明確にした方が良いと思う。既に書いた通り「女性から殺された」という動機の部分は定義必須だと思う。

従ってこの反応は完全に間違っていると私は思う。

フェミサイド基本的には女性被害者なら何でも成立するというか、DV殺人や痴情のもつれ事案とかも含まれるので、そもそも無差別殺人リンクすること自体が失当なんだけど

女性被害者なら何でも成立する」では動機ではなく結果を見た定義になってしまう、それでは結果を見て「男女の同数だからフェミサイドではない」と言っている人と変わらない、飽くまで動機判断するべきだ。

また「男性被害者なら何でも」フェミサイドの逆(feminineの逆がmasculineなのでマスキュサイド?)なのか?という問題も発生する。その場合フェミサイドの逆(以下、仮にマスキュサイドとする)の数も膨大になるだろう。マスキュサイドも動機定義するべきだ。

DV殺人や痴情のもつれ事案も含まれるケースが有るというのは同意だが、全てが当て嵌まるとは限らない、「女性である事」が理由では無い場合は含まれいからだ。

特に無差別でない殺人場合殺害理由が「女性である事」であるのか判断する事が容易では無い。不特定ではない為、被害者の他の属性理由である場合や、女性ではなく被害者個人対象にした可能性が有るからだ。

このような理由から、全体の中でフェミサイド割合統計的に知りたい場合不特定の中の偏りを計測できる無差別殺傷事件対象とする事には大変利益が有ると言えるのだ。

 

マスキュサイド(仮)について

ホームレスを狙った殺人オヤジ狩りが有るという指摘は尤もだと思う。

オヤジ狩りはマスキュサイドであると言えるかもしれない。ただし動機が「オヤジは金を持っていると推測した」である場合動機が「男性である事」であるかどうか反論が上がる可能性が有る。

ホームレス男性が多い筈だが、マスキュサイドと言えるかどうか一考の余地があるだろう。

これはフェミサイド定義とも関わってくる話だ、

女性を狙ったが「女性なら抵抗されにくいと推測した」等の場合は、「オヤジは金を持っていると推測した」と同様に女性男性性質に着目しただけで女性憎悪男性憎悪理由では無い。

また男性に多いホームレスの様に、女性に多い職業属性を狙った場合フェミサイドに含むか、という問題もある。

いずれにしても男女対称になるように定義するべきだろうが、やはり定義不明である事は否めない。

 

フェミサイド定義することに意味利益が有るのか、と言う反応については私は有ると考えている。

勿論広く弱者ターゲットにした殺人ヘイトクライムと言うもっと広い定義言葉は有るのだが、フェミサイド動機から定義する為、動機から推測して事前に防止対策を打つことが出来る。

まり動機である女性憎悪への対応や、今回の犯人の様な「無敵な人」を如何に生まない社会にするか、といった対策だ。その中には「フェミサイド」を定義する事で問題がより明確になるものが有る筈だ。

この辺りフェミサイドをどうやって防ぐかという問題については別の増田https://anond.hatelabo.jp/20210808113307)に既に書いたので詳しくは繰り返さないが、こうした問題を考える為にフェミサイドという言葉は役立たせられるべきだろう。

またフェミサイド定義する事が役に立つなら、マスキュサイドを定義する事も役に立つのではないかと思う。オヤジ狩り等マスキュサイドに該当しそうな事件もある為、やはり定義する事は有用ではないかと思う。

ただしフェミサイドもマスキュサイドも、既に書いた通りウェルテル効果の様に模倣犯を生む可能性が有り、気軽に定義したり使う事にデメリットが全く無い訳では無い事には気を付けるべきだと思う。

またフェミサイド男性被害者がどう受け止めるか(または逆にマスキュサイドの女性被害者がどう受け止めるか)という問題もある。この部分について反応している人がかなり少なかった(居ない訳では無いのだが)のは少し驚いた。個人的には非常に心配な部分である

 

あとAEDの話をしている人は何なんだろうか・・・・・余り関係無い話に見えるが、星を集めているという事ははてなの中では共通理解文脈が有る?個人的にはやはりはてなと言うのは異常な場所なのかもしれないという印象を持った・・・

2021-08-09

anond:20210809144052

「男に共感するな/女は共感を語ってもいい」ではなく「犯人共感するな/自分被害者になるかもしれない恐怖は共感してもいい」です。京アニ模倣犯を恐れる気持ちクリエイターのみんなが吐露したけど、あのとき犯人思想は語るなと皆が言った。あれと同じです。逆に女性ミサンドリー殺傷事件起こしたときには批判しますし共感語りしませんし、目の前で男性が殺されそうなら助けます

なぜ私たち小田急テロフェミサイドと呼ぶのか

■私達が小田急線事件フェミサイドだと騒いでいる理由

犯人真意はどうあれ「(特定属性)を殺したかった」と供述することはネット共感を呼び、第二第三の模倣犯が起きるよ(海外ではそうしてテロ連鎖が起きているよ)

・つまり私達が恐れているのは、ネット共感の渦が女性を殺したい模倣犯を生み出すことなのです。

女性としては今電車に乗ることは模倣犯に遭遇するリスクを負うということ

・だから鉄道会社政治家にこういう事件をNOという声明事件防止策を求めている

・だから男性の皆様に、犯人報道から不幸な動機二次創作して共感するのをやめてほしいと訴えている

男性の皆様にお願いしたいこと

犯人のせりふを想像で膨らませて物語化する(私も氷河期世代キモオタおばさんなので我が身に重ねる気持ちはわかります共感度の高いネットでの発言は)自重いただきたい。それはあくまで「あなた物語」です

ヘイトクライム犯人減刑のため、また共感者を集めるために、共感性の高い言葉を使います。よくある不幸をほのめかします。

から犯人気持ちがわかるからと言ってあなた犯罪者予備軍ではありません。むしろ同じような境遇幸せそうなカップルを憎んでいても、実際に見知らぬ人を攻撃しないあなたはカッコいい人間です。

幸せそうに見える女性は同じ非正規労働者パワハラ店長に失敗をなすりつけられてトイレで泣いたのをメイクごまかしてここで綺麗な顔をしているだけかもしれないし、俺でも簡単に刺せそうに見える清楚でにこやかな美少女は元レディースの猛者かもしれません。特に女性社会から笑顔愛嬌と控えめを要請されるので実際より幸せで弱々しく見えがちなのです。

女性達の恐怖や怒りを「まあまあ」とナメたクソリプでなだめる暇があるなら、こんな事件居合わせとき、どうしたら自分の身の安全を確保しつつ通報救助ができるか議論してください

・「あなたの嫁や娘が殺されたら」という言葉で説得しないでください。「女は守られてイージーモード」という妄想を強化します。

それに、守ってくれる男のいない私だって人間です。

無敵じゃなくてよかった

小田急線ニュースを見たとき、これは別の世界線の俺だと思った。

友人にも恵まれ、そこそこの大学に在学し、70人近い部員を抱える部で副部長を務め、順当に行けばそこそこの職に就けるだろう。

俺は、たまたま失うものを沢山持っていたから踏みとどまっているだけで、この犯人とは紙一重だ。

俺に何も無かったら、この犯人と同じ事をしていたに違いない。上手く説明できないけど、確信めいたものがある。

今後事故か何かで全てを失う可能性もゼロではないので、別の世界線の俺ではなく、未来の俺かもしれない。

この事件は、女性への憎悪を背景としたフェミサイド(この言葉は今回の件で初めて知ったが)であることは間違いないだろうが、本質はそこではないだろう。

仮に、犯人に一切の女性憎悪が無かったとしても、抵抗力の弱い女性を優先的に殺した方が人数を稼げるため、同じ結果になっていたと思う。

問題本質は、万引き咎められた程度のことで殺人に踏み切れるほど、彼が何も持っていなかったことではないか

俺が何も持っていなかったら彼になっていたように、彼も何か持っていたら俺になっていた。

俺と彼の違いは本当にそれくらいで、正直に告白すると、俺は彼と同程度の女性憎悪を持っていると思うし、倫理観もだいぶ終わっている自覚もあるし、めちゃくちゃキレやすい。

でも俺は誰も刺さない。失うものが大きすぎるから

現行の制度は、彼のような人を抑止するには不十分であることは明らかで、これは厳罰化よりも福祉の面からアプローチすべき問題な気がする。

彼の立場で考えれば、ブタ箱で暮らす期間が10年になっても100年になっても大して変わらないだろう。(再犯防止という点でいえば有効だと思う。)

ただ、俺には社会学素養が一切ないので、どうすれば解決できるのかは分からない。

しかし、一当事者として、未来犯人として、この問題は提起しておきたかった。

最後に、これは書くか迷ったが、俺は全てを捨てて暴れられる彼のことを心底羨ましいと思った。

俺がこう思うのであれば、同じことを思う人は少なくとも100人くらい居るはずだし、そのうち10人くらいは何も持っていない人で、1人くらいは彼と同じことをするかもしれない。

模倣犯が現れないことを願う。

2021-08-08

やはりインセルは滅ぼすべきであると考える次第である

連続殺人未遂を犯したインセルに触発されて模倣犯が出てくるだろうからその予防のために先にインセルを全員逮捕して即刻処刑するべきだ。

処刑はいわずとも娑婆に出て来られないように徹底的に追い詰めなければならない。

正義鉄槌を下す時が来た。

そう思うね俺は。

2021-06-22

蕎麦マン

アンパンマン界に住んでおりアフロ状の頭部が蕎麦になっている。

ザルやら小皿やらを常備しているが、

ある日バイトテロキッズたちに頭から直で貪り食われて激怒

ローキックで2人仕留めたところで警察に引っ張られる。

一連の流れはユー・チューブ漏れなく配信され、結果的模倣犯が繰り返し現れて彼は姿を消した。

2021-06-19

おはようみんな!

みんな今日何すんの?

自分は本読もかな。宮部みゆき模倣犯。三巻まで読んだけどおもろいねえー。

あと気が向いたら大学課題もやろうと思う。

あ、最近犯罪ノンフィクションにはまっててさ。おすすめノンフィクションあったら教えて!

2020-12-01

未来のミライ

これほど金返せと思った映画模倣犯以来だった

他にもつまらない映画はあると思うけれど

一度金返せレベル映画を見てしまうと映画館に行く気持ちが失せてくる

そういえばデジモンアドベンチャーtriもストーリーが最悪だったな

全6章観たけど毎回同じパターン面白くなかった

良かったのはデジモンの動きだけ

というか毎回思うことだけど制作陣ってこんなの面白いと思っているんだろうか

明らかにまらないのに誰もつまんないって言わないのだろうか

謎だ

2020-09-07

anond:20200907002352

おっさんならともかくSNS生活の一部と化してる愛の欠いた若年層は自慢したがらないの?

模倣犯防止のため報道されていないから知らないだけで

2020-09-01

anond:20200901232939

でもキモ増田は、いなくなると模倣犯が好き勝手始めそうだから、頑張ってほしい

2020-08-27

二次創作界隈の焼きマロ自演問題

ここ最近匿名メッセージ機能マシュマロを使って、精神ダメージを受けるメッセージ通称:焼きマロ、毒マロ)を送られた人がその焼きマロを痛快に斬り捨ててバズったり、傷ついてる姿に多くの人が心痛めて慰める様子がよく話題になっていた。

その焼きマロ流行のなかでのマシュマロ公式発言がこれである

この書き方から見ると、バズってた焼きマロ関連の相当数が自演であったのではないかと疑ってしまう。

これはAIすり抜けたなと思われる京都風な嫌味メッセージ慇懃無礼なクソバイスもあるが、ここ最近のわかりやす貶める言葉や直球過ぎる罵倒AIすり抜けるか?という疑問は確かにあった。

自演してる人はミュンヒハウゼン症候群とでも言うのだろうか。特に最初だけ本物でそのあとに自演にハマってしまってる人もいるという公式暴露はとても怖い。

昨今の被害者になりたがるムーブ自己顕示欲の歪み問題SNSの闇だなと思う。

2020-08-07

anond:20200807135803

くじラックス漫画模倣犯ニュースになってただろ

それでくじラックスの方にも警察が行ってたやろ

エアプか?

2020-08-06

anond:20200806001117

見てないけどどうせスタイルシート使ったイタズラだろ。

増田対策いからな。

前は赤い部屋好きですかとかやってる奴いたし同一人物模倣犯だろう。

んで案外「これ何?」とか言う投稿自体に仕込まれてたりする。

変だと思ったらソース見りゃ分かる。

2020-07-25

遅ればせながら『Dark Knight考察(Party Sceneと絡めて)

まず、『ダークナイト』は、フロイトの「自我超自我・イド」の図式に当てはめると解釈やす映画です。

そもそもジョーカーってなんなの?というと、病院のシーンでハービーに言っていたように、「混沌使者」(Agent of chaos)です。

ゴッサムに秩序をもたらそうとするハービーバットマンに対して、人々の怒りや不安防衛本能)を煽り本能衝動にしたがって行動させることで街の秩序を崩壊させようとするのがジョーカーです。

ここでの秩序とは何かというと、「父権制的な権力」を指します。

これは、明治時代など、近代以前の家父長制でも見られる、父親や「家」といった道徳社会的信用に基づいて人々を従わせる権力を指します。

近代以前の社会では、家長同士の信頼によって地域コミュニティ必要産業社会制度が賄われており、それらの秩序を犯した者がいた場合、例え家族であってもその命を差し出す必要がありました。

父親のもたらす権力・秩序が個人自由優越していた時代です。

一方、近代市民革命以降は、主権者一般市民国民)に移ったことで、上記の「父権制的な権力」に個人自由が優先されるようになります

コミュニティ構成員の間でも格差があったり、それぞれ価値観は異なります

するとどうなるかというと、それぞれの権利の拡大やコミュニティ方針を決める上で争いが起きるようになります

この原動力が、ジョーカー象徴する「人間生理的欲求本能衝動」です。

ダークナイト』の公開された2009年アメリカイラク戦争の泥沼にどっぷりハマっていた時期で、ジョーカーの爆破などテロ行為と合わせて、この映画イラク戦争批判と見る人もいました。

私はこの映画イラク戦争批判だとは思いませんが、「人々の防衛本能によって事態混沌に陥った」という点では共通していると思います

イラク戦争の発端は、アメリカ攻撃する大量破壊兵器イラクにあり、「先制攻撃」の対義名分で侵攻、泥沼に陥りました。

この映画でもそうで、人々が防衛本能によって親しい人物裏切りジョーカーに加担することで一連の計画悲劇は進みます

終盤もジョーカーが市内に仕掛けた爆弾から逃げるために船に乗り込んだ一般市民が船内の爆破を免れるために、囚人船の爆破との二択を迫られる展開となります

終盤の二択のシーンは、人々が社会的信頼や道徳(善)に基づいた振る舞いをすることで危機を免れるわけですが、ここでも生存本能を脅かす不安本能衝動)と社会的信頼(父権制権力)の葛藤が起きているわけです。

この二者の葛藤説明する概念が、フロイトの「自我超自我・イド」です。

これらの概念は、父親のしつけを通じて内面化された父権制権力動物欲望本能衝動葛藤の間で揺れ動く人間自我のありようを表すものです。

この三者関係を表すものとしてよく触れられるのが、ギリシア悲劇の「オイディプス王」やこの寓話を受けた「エディプスコンプレックス」の概念です。

エディプスコンプレックス概念によると、幼児期男児母親との結婚を望むが、父親結婚しているため、その願望が叶うことはない。この時、男児母親との結婚タブーとする父権的な「規範」(秩序)が生まれ男児精神的な去勢経験するとされます

要は、母親結婚したい男児欲望と、それを男児モラルとして彼の心の中で禁止する父権制的な権力との間で葛藤する男児自我の揺れ動きを表しているという話です。

実際、この映画では、ハービー社会的信用を守る地方検事で、ブルース幼なじみであるレイチェル恋人役です。

ブルースレイチェルへの性欲を抑圧し、彼自身が望む秩序を体現する存在で、ブルースの「超自我」の象徴と言えます

一方で、ブルース自身に目を向けると、幼い頃に両親を奪ったギャングに、自分自身幼児期トラウマであるコウモリ」のコスチューム私刑を加えることで、彼らに自分と同じ畏怖(トラウマ)を植え付けようとしています

ブルースが「コウモリシンボルに選んだ理由」と「なぜシンボル必要か」(逐次制裁では模倣犯が出るため、模倣犯が出ないよう、悪漢を怖がらせる、畏怖の対象となるシンボル必要と考えた)は、前作の「バットマンビギンズ」でブルースによる上記そのままの説明があります

まり、「ブルース自身が彼の超自我父親象徴であるコウモリになろうとしている」という話で、先述のエディプスコンプレックスにある、父親の座につこうとする男児精神合致します。

また、ブルース自身葛藤として、彼は街に秩序をもたらすという公益性とは別に、Mob(ギャング)への個人的な恨みで制裁を加えている側面があり、この個人的な恨みが暴走してしまうのではないかそもそも自身の行動はただの私刑リンチ)ではないかという懸念がついて回っています

ジョーカーが焚きつけようとしているのは、ブルースのこの個人的な怒りです。

ブルースがMobの制止と社会秩序の実現という社会道徳ではなく、個人的な怒りでバットマン活動を行なった瞬間、彼はただの犯罪者になります

ジョーカー目的は、このバットマン大義名分を取り払い、自分スケアクロウなどの怪人や、Mobのようなゴロツキと変わらない存在に陥れることです(この企てに成功したのがハービートゥーフェイス)。

取調室でのバットマンジョーカー尋問シーンで“You complete me.”(プロポーズ慣用句です)と言っていることからも分かる通り、ジョーカーバットマンが半ば自分と同じ本能衝動で動いていることに気付いています

(だから、“You and I, are destined to do this, forever.”となる。)

長くなりましたが、パーティーシーンについて。

このシーンでは、老紳士父権制道徳象徴する形でジョーカーに反抗したため、ジョーカーからYou remind me my father, I hate my father!”(お前見てると俺の父親を思い出すんだよ、大っ嫌いな父親をな!)と反感を買います

ここでレイチェルが止めに入り、ジョーカーが口元の傷の由来を話しているのが、この場面の一番重要ポイント

ここで何をしているのかというと、レイチェル象徴的な意味自分の女にしようとしています

というのは、上に書いた通り、ジョーカーバットマンの片割れです。

すると、ジョーカーにもレイチェル的な存在がいてよい、いるはず、という話になります

それがジョーカーが”D’you know how I got these scars?”で始める「傷の由来の話」に出てくる「ジョーカーの悪妻」です。

レイチェルをこの悪妻に重ねているのは、逸話に入る前に“I had a wife, very beautiful, like you.”と言っていることから分かります

ではその悪妻がどのような女性かというと、レイチェルのように慈愛に満ちている反面、ギャンブル狂で、口を裂かれた彼女に寄り添おうとしたジョーカーを拒絶した女性です。

ハービーと同じ検事職にあり、貞淑さを象徴するレイチェルとは真逆存在です。

ジョーカーのしようとしたのは、レイチェル自分の別れた悪妻と重ね、彼女と同じ傷をつけることで、レイチェルをその悪妻と同じ側に落とすことです。

おそらくこの逸話自体は嘘です。この場面以前にもGambolのシーンで傷の逸話がありますが、別の話をしています病院のシーンでハービーに「俺が計画して動く男に見えるか?」(”Do I look like a guy with a plan?”)と言っていることからも、彼がポジショントークしない人間であることが分かります

レイチェルを殺したり、ただ傷物にするのではなく、その前にこの逸話を挟むことで、その傷は彼女へのマーキング意味を持つようになり、シンボル的な意味レイチェルジョーカーの女に堕落します。

彼女はやがてジョーカーさらわれて殺されてしまますが、面白いのは、その時ジョーカー指定した彼女の居場所です(実際にいたのはハービーですが、言葉の上で彼女と結びついていたのが重要)。

ジョーカー彼女の居場所を“She’s at avenue X, in Cicero.”と指定しています

Ciceroとは、共和制ローマ末期の弁論家・政治家哲学者で、彼の政治思想理想とする統治機構は「共和制」でした。

共和制」は、国家主権人民に存する統治機構で、国家元首(王)により支配する独裁制とは対立する統治機構です。つまり父権的制的権力とは対立する概念人民動物本能公共善による秩序をもたらそうとするもので、超自我とイドの調和が取れた状態と見ることもできます

まり超自我とイドの葛藤に揺れるブルースが、本来身を委ねるべき安息場所レイチェルがいた、と比喩的表現されているのです。

(その場所ハービー父親)を置いとくあたり、徹底してジョーカーは底意地が悪い)

とまぁ、パーティーシーンは、これらの葛藤舞台となる場面です。

直前でスリ判事警察長官が殺されて、ハービーが殺されればゴッサム司法崩壊でその王手がかかっていたり、それを阻止すべく大急ぎで対応するブルースと迫るジョーカーサスペンスだったり、ヒースレジャーセリフ回しだったりで見所がいっぱいある、個人的にも好きなシーンです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん