「チート能力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チート能力とは

2021-11-23

チート異世界漫画で思うこと

主人公チート能力で救済されるために、治療困難な病気にされる村人達可哀想

2021-11-14

異世界に転生してチート能力を身に着けたと(勘違いしてた)チー牛が異世界でイキリ散らしてたら

ある日突然異世界から現世に引き戻され、チート能力を失ったにも関わらずずっとイキリ散らした態度を

取っていたらさてどうなるか。っていうなろう系へのアンチテーゼって考えると最高のエンターテイメントだわ

2021-10-13

2021夏アニメ感想

ヴァニタスの手記

シャフトみたいな画面でボンズが動かしてるアニメ

OP映像では主人公の男2人が平和パリを旅していたが、本編では主人公と女キャラのどうみてもセックスしか見えない吸血シーンがあったのでOP詐欺に感じた人も多そう

ボンズから見たがボンズじゃなければ見なかった

かげきしょうじょ!!

ジャンプ改から少女マンガMELODY移籍した異色の経歴を持つ原作

完全ノーマークだったが今期で一番面白かった

ただ宝塚レベルで歌が上手いキャラ表現するのはさすがに声優では若干厳しさがあったと思う

自分宝塚知識が少々あったが全く知らない人にはどう見えていたのかが気になる

EDは実際に宝塚音楽を作っている人の曲で、回に合わせてボーカル歌詞が変わるのが凝っていて良かった

次期男役トップスターに元宝塚声優七海ひろきキャスティングされており当然非常に合っているのだが、ソマリと森の神様のシズノなどかっこいい女性キャラ以外も演じられる人なので今後はさらに役の幅を広げてほしい

実は結構原作カットしたり入れ替えたりしているらしいが各キャラ十分掘り下げられており違和感もなくとても良い構成だった

ぜひ同スタッフで2期がほしい

カノジョ彼女

ラブコメではなくギャグとして見れば面白

主人公内面への切込みが足りず、舞台装置としてしか扱われていないように感じた

目立った作画崩れはなく女の子が可愛くて面白かったのでこれで十分

小林さんちのメイドラゴンS

1期再放送に引き続き視聴

京アニ内でのスタッフ変更はあったと思うが特に劣化は感じなかった

イルルとタケトが好き

ふたなり好きとは分かり合えない

Sonny Boy

どうなるかと思ったが着地はしっかりしてくれたので満足

正直途中の話はよく分からない部分も多かった

最終回は実際はNTRではないと分かっていてもきつい

ひぐらしのなく頃に

やっと終わった

沙都子はどんなに勉強が苦手でもあんなに時間が使えたらさすがにルチーアでの勉強ぐらいなんとかなったのではないか

自分はこれがひぐらし初視聴だったので昔からファン感想が聞きたい

平穏世代韋駄天

そこまで期待していなかったが画面が楽しくて面白かった

OPED雰囲気が全く違うが作品には合っていたと思う

レイプされる聖職者は最高

ここで終わるのかと思ったら原作がそこで数年止まっているらしい

まちカドまぞく(再放送

評判が良いので視聴

年1本ぐらいはこういう日常系アニメが見れるぐらいの精神的な余裕がほしい

テンポは若干微妙だが日常系アニメテンポを良くしすぎると単調な印象になりやすそうだし難しいところである

迷宮ブラックカンパニー

異世界転移モノだが漫画原作だし主人公勝ち組側の成人男性だしチート能力はないしハーレムは作らないし一番ヒロインムーブしているのは男の娘だし迷宮魔物存在する世界観の割には住宅がどう見ても現代日本だし魔力の概念は8話にやっと出てくる

そしてOPED女性声優が歌うのかと思いきやどちらも普通男性バンド

いわゆるなろう系だと思って0話切りした人には念のため1話を見てほしい

10話のリムとソラがかわいすぎる

その他

2クール作品は白い砂のアクアトープを視聴中

アクアトープを見ているとたまにサクラクエストの方が面白かったという気がするのだが思い出は美化されるものなので多分どちらも同程度

アニメ特別気になるものはないがヴァンガードが深夜に移動してきたのは意外だった

2021春アニメ感想

2021冬アニメ感想

2020秋アニメ感想(01/29追記)

2020夏アニメ感想

2020春アニメ感想

2020冬アニメ感想

2019秋アニメ感想(02/06追記)

2019夏アニメ感想

2019春アニメ感想

2019冬アニメ感想

2018秋アニメ感想

2018夏アニメ感想

2021-09-22

anond:20210807183529

読んでみればいい作品とかよく聞くけど、「そんなの知ったことか」と。

広告を見る限りは、頭チ○コのドクズチート能力でイキって、逆らえない女性を脅した挙げ句レイプしてるだけ。しか女性だけじゃなく、その弟たちまで人質に取る形で。おまけにゾンビにまで欲情してるし見てられない。

正直、作者の童貞丸出し中学生妄想を無理矢理見せられてるようでめちゃくちゃ恥ずかしいし、こんなの見せられてることが非常に腹立たしい。

読みたいとも思わない漫画のしかもきっつい広告を一点集中で延々と見せられるのは不快しかないし、スワイプ広告とは違う意味で最悪の広告

マジでサバ女帰ってきてってレベル

2021-07-25

劇場アニメ映画大好きポンポさん』極私的感想(すごくネタバレ

感想というか脳内の吐き出しなので超乱文。

総合点は★★★★☆(星4つ)

自分原作コミックスシリーズ通読済み。原作はかなり好き。

映画版は主に特典マンガ目当てだけど2回視聴。

2回目の前に制作陣のインタビュー記事などを読んで細かいネタが仕込まれているのに感心しつつ楽しめました。

作画で動いていたのはすごく良かった。

特に編集作業シーンを「切る」ことに注目してアクションのある絵に再構成していたのは面白かった。せっかくのアニメなんだから動きのあるシーンはあってしかるべきだなあと。

あとこれは明確には示されてなかったので多分なんだけど。

撮影パートクライマックスである「みんなでアイデア出して偶然虹まで撮れたカット」も切ったんだよね?

撮影パート成功象徴のようなカットまでも切ることで、ジーン君の「映画のためには他の全てを切ることも厭わない」という面を表しているんだと思う。

しかし、それを明示してしまうと「空気を読んで仲良くすることを大事にするマス層」には理解不能で嫌われてしまうだろうから匂わせるにとどめたんだろうなと思っている。

ところで全体的にジーン君がウェットというかシリアスというか常人の枠から半歩しか踏み出していないという感じを受けた。

原作ではもっと狂人なんだよなあ、特に巻が進むほどに。「友情を、会話を、家族を、生活を、切れ!」とか原作ジーン君は言わない。

当たり前すぎるからわざわざ言わない。「息を吸え! 息を吐け!」って普段あんまり言わないじゃないですか

でもまあ1巻ベースだとああい解釈もアリだと思う。むしろジーン君の物語って感じも出たと思うし、そもそもまり狂人狂人してるとマス層がまったく感情移入できなくなるから映画版としてはあれで正解だと思う。

さて、ここから減点材料なんだけど、アラン君および資金調達パートがぜんぜん響かなかった。

まずアラン君、お前は何なんだ。

再会して「あの時はノート悪かったな」とか言ってたけど、特に謝るほどのことでは無くないか

たまたま雨の日にぶつかったらジーン君がノートを水たまりに落としただけじゃん。寝坊してメモやななにやらぶちまけつつ部屋を飛び出すような粗忽ジーン君なんだし。

ところでそういえば、その粗忽シーンもちょっと違和感あるんだよね。映画だけの男ジーン君が大事オーディションの日に寝坊したり資料ぶちまけダッシュしたりするかね?制作インタビューによるとナタリーちゃんとの出会いのシーンをインパクトあるものにするためにすれ違い構成にしたっぽいんだけど、それってストーリーのためにキャラが捻じ曲げられてるよね。いや、構成自体は悪くはないんだけど、やっぱりそのためにキャラを捻じ曲げられると違和感あるんだよねえ。違和感と言えばナタリーちゃんがニャリウッドに上京するためにバイトで金貯めたっていうシーンでビルの窓磨きしてたけど、あれって上京してからバイトじゃないとおかしいよね。原作にも窓磨きバイトのシーンあるけどニャリウッドでのことだし。ナタリーちゃん故郷農村地帯みたいだしビルなんてあるの?いやいまどきドコにでもそれなりのビルくらいあるのかもしれないけどミスマッチだとは思う。

まあ話を元に戻してアラン君ですよ。

アラン君が謝るってことは、元々のシナリオ的には学生時代アラン君はもっとひどい奴にするはずだったんじゃない?それこそ、一度拾ったノートを破るとかまた捨てるとかするはずだったんじゃない?それなら「あの時はノート悪かったな」「暗記してたから平気」に違和感無くなるんよね。でもそこまでやっちゃうとあまりに悪すぎて資金調達したとて許されないというか、ジーン君とお茶することすら「なにこいつ?」って感じになってしまうから描写をぬるくしたのではないかなとか思いました。

でまあアランからも一回離れて資金調達なんですけど、最悪、ポンポさんなりおじいちゃんなりの私財とかコネクションとかで調達できないものなんかね?二人とも超有名ヒットメーカーなわけだし、財産コネクションもすごいだろうし、なんなら主演のマーティンさんだって世界一俳優なんだからだってうなるほど持ってそうだしスポンサーになってもらえないもんかね?縁もゆかりもない銀行出資を頼むより先にいくらでもアテはあるんじゃないの?いや、もちろんそういうアテを全部当たって、それでも足りなかったんだっていうならハイソウデスカとしか言えないんですけども。

問題資金調達会議パートですよ。

まずアラン君、クビを賭けたギャンブルをした風だけど、そもそもその職場を辞めようかと思ってたくらいだからノーリスクギャンブルだよね。なんだかなあ。

そんでクラウドファンディング生中継でって無茶にもほどがあるけど、それ以上にひどいのは役員連中の手のひら返しの速度ですよ。頭取が出てきてOKしたとたんに「融資成立だー! ワッハッハー!」じゃないんだよ。お前数秒前まで大反対してたじゃねーか頭取がOKしたらまるで「ボクも本心では融資たかったんだけど立場上できなかったんだよね。結果として融資成立してヨカッタヨカッタ」みたいなポーズ決めてんじゃねーよ。いや、そういう変わり身の早さで出世してきたヤツだと言われたらハイソウデスカなんですけど。

アラン君に話を戻して、彼は「クリエーターでないマス層の感情移入先」として作られたキャラなんだと思うんですよ。

監督である平尾隆之氏のインタビュー記事(例えば https://gigazine.net/news/20210720-pompo-the-cinephile-takayuki-hirao-interview/)なんかを読んでいると「マイノリティマジョリティに一矢報いる」というテーマをお持ちのようなんですね。

マジョリティ」=「マス層」ですよ。

このテーマ商業作品表現するのは非常に難しいテーマだと思うんですよ。

だって多数の人に受け入れてもらうことが商業成功なわけですよ。マジョリティ快感を得てもらわないといけないわけですよ。そうしないとお金が儲からないわけですよ。

しかしね、「マイノリティマジョリティに一矢報いる」ストーリーで「一矢報いられたマジョリティ側の人間」が快感を得るかっていうと難しい。だって矢が刺さってるんだよ。痛いじゃん。それで快感なのってドMくらいじゃん。

そこでアラン君の登場なんですよ。アラン君はマジョリティ側の人間なんだけどマジョリティ世界強者である上司取引先をしくじったりして、いまいちうまくいっていない状態なわけですよ。つまりマジョリティ世界という巨大なピラミッド底辺層なんですよ。でもピラミッド底辺から数的にはかなりのボリュームゾーンなんですよね。この層の人たちが「なろう系ヒットの母数」だと思うんですけどね。マジョリティ世界に身を置きながらもうまくいか底辺はいずっているのでいっそのこと異世界転生して現世のしがらみリセットしてチート能力無双したいとみんな思っている。「みんな」ですよ。つまり「マス層」ですよ。

そんなアラン君はマイノリティ側と見下していたジーン君が思いのほか成功していたもんだからマジョリティからマイノリティジーン君を手助けするポジションに立とうと思い立つわけですね。異世界転生強くてニューゲームですよ。コミュ障マイノリティが苦手な資金調達ネゴシエーションリア充なオレ様がやってあげようってーわけですよ。同じ立場ならみんなそう思う。コミュ障天才クリエーターマネージャーになってソイツと社会架け橋になるだけでオコボレもらいてえなあって誰だってそう思う。オレだってそう思うんですよ。コミュ障から無理なんですけどね。そんな知り合いもいないし。

そんなマス層の夢と希望を託されたのがアラン君なわけですよ。

まりアラン君は、平尾氏の「マイノリティマジョリティに一矢報いる」というテーマ実現のために生み出された舞台装置なんですよ。いまいちうまくいっていないマジョリティ感情移入先であり、途中からマイノリティ側に与してマジョリティ側への一矢となる存在なんですよ。テーマ商業成功を繋ぐための存在なんですよ。

でも、なんかつまらねーんだよなあ。

思うに「マイノリティマジョリティに一矢報いる」というテーマと「ポンポさん」という題材の相性が悪かったんじゃないかなあ。

ケミストリーですよ。逆シナジーですよ。

原作ポンポさんはね、マジョリティことなんて基本的無視してるんですよ。あくまでも映画業界の中でクリエイター役者などの能力があり個性的な人々にフォーカスして活躍を描いているんですよ。「すごい人がすごい能力を発揮してすごい活躍しました。」っていう話なんですよ。これは「チート無双系」にも通じると思うんですけど、すごい人がすごい活躍をするだけでも面白い話は作れるんですよ。

そんな原作ポンポさんに「マイノリティマジョリティに一矢報いる」というテーマを盛ろうとしたら、そのままじゃうまく盛り付けられないよね。なので、アラン君&資金調達パートで補強したんだろうね。でも、原作にはまったく存在しなかったテーマ盛り付けるために、かなり強引でイビツで不格好な補強になっちゃってるんだよなあ。

結論

原作ファンとしては、ポンポさんには原作存在しないテーマは乗っけずに素直なアニメ化だけしてほしかったなあ。

と思いました。(小並感

2021-07-05

anond:20210705094040

悪くない案だと思うけれど、中国人はなにか我々が思いつかない方法を編み出して

くるのでたぶんイタチごっこになると思う。チート能力にかけては、彼らのほうが思考の速度が早いので。

2021-06-21

anond:20210621105105

テクやらちんこまんこで堕ちるほどの快感があったらいいねという2次元特有セックスファンタジー

なろうのチート能力と分類的にはおなじやつ

ガチSMの人だって体の刺激というよりはシチュエーションや施す相手に興奮しとるしな

浮気燃えるだって背徳感なくなったら飽きるし

エロのためのフィクションスパイス

2021-06-17

anond:20210616220951

ゼロパンティーなら実質パンティー履かせてないことになるかと思ったが駄目だったかちんちん。このバカ犬ー!と罵倒されるゼロのおちんちん異世界召喚されたおちんちんレベル999のおちんちんドラゴンより強いおちんちんチート能力付きのおちんちん

とにかく語尾にパンティーを履かせるという意味不明なことをしてすまなかったおちんちん。以後気をつけるおちんちん

2021-06-13

anond:20210613210416

なろう系に完璧主人公なんかいたっけ?

チート能力持たされてるだけで女に弱かったり頭が弱かったり性格腐ってたり

なにかしら欠陥があるというか、所詮完璧とは程遠い作者の限界が透けて見えるよね

2021-05-28

なろう系にありがちなこととツッコミ

異世界転移系にありがちな事とツッコミ

・転生したが、仕事が苦しい(つまらない)からむしラッキー

転職もせずに不満ばかり言ってないで、転職しろよと思う。主人公有能なんだろ?

 有能なのに何で転職しないの?

 え?景気が悪いか転職出来ない?あのね、優秀な人は景気に左右されないんだよ?

 むしろ、景気が悪い所を助けて欲しいから優秀な人は真っ先に確保されるくらい引っ張りだこよ?

 ぶっちゃけ就職氷河期でも超大手なんかは普通に優先的に上位大限定採用活動してたよ。

・今までの社会に縛られなくて済む、やりたいことだけやって、自由に生きるよ!

異世界に飛ばされ、スタート時点でどこの組織にも所属せず、そこで人間関係を一から構築って

 それただの「フリーランス飛び込み営業」やから

 信用ゼロ状態フリーランス飛び込み営業する事が苦ではない人間が何で

 現実世界社畜独身生活に全く潤いを作れなかった人間がどうやって

 フリーランス飛び込み営業ノウハウを得る事が出来るの?

チート能力もらったし、やりたいことだけやって生きていく

武力系だった場合:なに?ストリートファイト生計立てたかったの?

 そんな暴力衝動持ちがよく社畜としてガマンできたね?そこまで耐えられてるのなら

 もちろん、武力をむやみやたらに振るうような事はしないよね?やってるけど。

生産系だった場合:なに?信用ゼロ人間が作る怪しい道具を飛び込み営業で売り込む

 営業力があるのになんで現代社会通用してないの?社会的信用ゼロ状態での営業しか

 詐欺犯罪が多かったり品質一定に保つ事の出来ない中世ヨーロッパでどうやって信用を勝ち取るの?

政治系だった場合:誰がどこの馬の骨とも知れぬ人間の、よく理解出来ない方策に従うの?

駄作なろうの中でもここら辺をある程度形作ってるだけでまだマシに見えるというトリック

正直これを満たしていない代表作を上げるとするなら、転生スライムだろうね。

2021-05-25

オナニーすると3つくらい課題解決する

オナニーすると、射精した瞬間に頭がめっちゃ冴えてその時抱えている問題解決するひらめきが一瞬で頭に浮かんでくる。あの問題はこうすればいい。この件はこうするべきだ。みたいな。これが俺の人生めっちゃ役に立ってる。この射精した瞬間に頭が冴えて課題解決するチート能力を持ってるのってもしかして俺だけ?

2021-05-13

anond:20210513185537

あー、つまり努力経験で上に行くんじゃなくて、チート能力あるかないかだけで決まる世界ってことか

anond:20210513142612

勇者が前提とする情報が間違えてただけで後先考えて無くはないでしょ

異世界チート系が「チート能力を得るまで」がアイデアの部分で、そこ分かっちゃえばもう良いかなって気分になるのに対して

追放系の場合は「なんで気付けなかったか」がアイデアの部分になるんだと思う

そこわかっちゃえば後は同じだから、そろそろ読まなくて良いかなって気分になる

2021-05-12

anond:20210512115952

解雇もの面白いんだけど、好みではないな。うざい元仲間達がうざいから。前世知識とか、もらったチート能力とか、地球から持ち込んだ何かで無双もいいじゃん。見た目弱そうなオレ君が実はすごかったってだけで十分「あいつすげーー!」ってなるから

2021-04-27

anond:20210427195254

でもスパイダーマン責任あるじゃん

なろうはクズがとりあえず奴隷を買ったあと周りに復讐orよちよちされるためにチート能力を振りかざす話だらけだし。

やっぱアメリカ人日本人精神性の違いなのかな。

2021-04-20

anond:20200419232637

即死チートが最強すぎて~」は、その手のチート能力を持った有象無象を殺しまくるなろうコメディ

 

セーブロード能力定番チートなので、有象無象の一人に居たな。

 

実際、そうしてお話で見せられてみると、言うほど最強な能力というわけではない。

本当にキツイやつ相手には無限に殺され続けるハメになるだけだ。

2021-04-06

anond:20210406104024

まぁ風俗キャバクラは言い過ぎだと思うけど、

20代の内に積極的婚活すれば低収入であっても9割は結婚できるよね女は

弱者女性の7割は結婚で救われてる訳だし(内閣府調査によると結婚配偶者から暴力暴言に悩んでる女は30%程度なはず)

誰にでも平等に与えられる「若さ」(=子供産んでくれやすそう)というチート能力が、女にはある

よほどのブサイク病気持ちとかでない限り、その能力は強力なカードとなる

男にはそれがない。完全に実力社会

2021-03-03

こんな あにめに まじれす しちゃって どーすんの

「俺だけ入れる隠しダンジョン」というアニメをご存じだろうか?


ざっくり内容を説明する。


ある異世界の話。

そこまで地位の高くない貴族の家の長男である主人公が、

ひょんなことから自分の好きな能力想像できる能力」「自分相手能力を改変したりする能力」などチート級の能力を手に入れる。

しかしそれら能力を使うためにはライフポイントを消費し、0になると死んでしまう。

ライフポイント回復するには人を助けて満足感を得たり、食欲を満たしたり、エッチなことをして満足感を得なければならない…


こんな感じ。

いわゆるお色気系アニメだ。


ニコニココメつけながらこのアニメを見ているのだが、どうにもコメントがおかしな方向に行っている。


ラッキースケベや、突然のお色気シーンに

「なぜそうなるwww」「そうはならんやろwww」系のコメント。

いかにもニコニコらしく、理解できる。


しかし、いかんせんチート能力というものがあるせいか

「なぜこうしない」「ここは○○して××すべきだろ」みたいな明らかにそれやったら物語面白さぶっ壊してますよねみたいなことを指示してくるコメントがある。


それにつられてかはわからないが、お前は話を聞いていたのか?というコメントも見られる。


例えば、最近の話で主人公とその仲間がドラゴンを討伐する話があった。

主人公たちの作戦は「そのドラゴン陸上型、つまり空を飛べないドラゴンなので、落とし穴に落として身動きをとれなくする。そこを一網打尽にする」というもの

落とし穴の準備が終わってさあドラゴンをおびき寄せる、というときに、

ドラゴン空飛ぶからうまくいかないだろ」という話を聞いていないコメントが流れた。

突っ込みとして「いやこのドラゴン空飛べないから、さっき言ってたよ?」というコメントも流れた。


スタッフキャストの方には申し訳ないが、正直、一世一代の神アニメというわけでもなく、ある評価サイトで60点というギリギリ及第点アニメ

個人的には何となく見て笑いながら過ごすにはいアニメだとは思っているが、

面白くないアニメへの怒りからこういうよくわからないコメントが飛び出してしまうのだろうか…


(実はすべてわかった上でのネタコメントで、「マジレスすんじゃねぇよ」と言ってる俺のほうがおかしいのかもしれない。

向こうは向こうで『こんな ねたこめんとに まじれす しちゃって どーすんの』と思ってるかもな)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん