「作品名」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 作品名とは

2018-11-18

anond:20181118214230

少し前にホッテントリに入ってた話だよね

その時「いっぱいあるだろ」ってツッコミ多数だったけど具体的な作品名ほとんど無かったやつね。

火の鳥は挙がってたけどあれは主人公目線では美女に見えてたかノーカンとか言われてたやつ。

結局無いんじゃない?

と思った記憶があるので本当に「いっぱいある」ならぜひあげて欲しい。

2018-11-13

何度も言うが弱キャラや低レアを勧めるなキャラオタク死ね

人様にうんこ勧めてんじゃねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーよ カス

弱いキャラ使うより強いキャラ使うわ 低レアより高レア使うわ リセララキング1位でTire1の最高レア最強キャラこそが正義

使いこなせば強いとか寝言は寝て言え使いこなさなくても強い方がもっと強いわ キャラがいいとか知らん興味ねえ かわいいデータときに可愛さなんて求めてねえ 股間に来るとかふざけたこと言うな物理的に股間に来させるぞ蹴りで

傷ついた?うんこ好きのお前が悪いわ黙ってろ 性能しか見てない厨?お前はうんこしか見えないうんこマンなこのうんこ

うんこ」に「うんこ」と言って何が悪いんだ?お前はアレか?うんこダイアモンドに見えるのか?それとも高級食品か?頭の病院オススメしとくわマジ

うんこだぞ?人にうんこ食えって言ってんだぞお前、スカトロ強要だぞ? お前はウソップうんこ食わせるルフィスレみたいな事してんだぞ?

黙れよクソ喰らいのウジバエ共 おとなしく肥溜めうんこ食ってろよ 人様には人様のメシがあんだよ とびきり上等な

以上、キャラ愛厨がいい加減ウザくて殺意が凄まじい限界オタクうんこまみれな叫びでした 作品名さないのは情けだ 釣りはいらねーよ

まー、作品名出さずともどんなゲームにでも言えるけどな

2018-11-04

[]2018年11月3日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00518227161.361
01398193210.175
02122095174.689.5
03212814134.061
0417115067.627
05151970131.367
06852265.342
0761507983.345
0838281374.038.5
09697511108.945
1069522575.744
111571242379.136
121301201892.443.5
139510309108.538
1452404277.737
1549358173.133
169611239117.141.5
17637489118.944
18636335100.652
1984749589.254.5
208215248186.065.5
21121657554.332
2211314139125.156
231101020392.861.5
1日1615166695103.245

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(152), 自分(118), 話(88), 今(82), 増田(74), 女性(73), 男(70), 問題(59), 前(53), 女(53), オタク(49), 普通(45), 人間(45), 好き(43), 日本(41), 仕事(39), 気(38), 最近(37), 意味(37), 関係(36), フェミ(36), 現実(33), 元増田(33), 社会(32), 男性(31), ー(30), 気持ち(29), 存在(29), 感じ(29), あと(29), ネット(29), 全部(29), 必要(29), 結局(28), 言葉(28), 相手(27), 理由(27), 無理(26), 逆(26), ただ(25), 表現(25), 服(25), 場合(25), 頭(24), 理解(24), ダメ(24), 横(24), 子供(24), BL(23), アイドル(23), 時間(22), バカ(22), 性的(21), 昔(21), 他(21), 嫌(21), じゃなくて(21), 世界(21), キャラ(20), しない(20), 女の子(20), 結果(20), 目(20), 誰か(19), 説明(19), 一部(19), 完全(19), 手(19), 名前(19), 大丈夫(19), キズナアイ(19), 全て(19), 絶対(19), 勝手(18), 会社(18), 自体(18), 句読点(18), 他人(18), 時代(18), 批判(18), 最初(18), 馬鹿(17), 勉強(17), 対象(17), 現在(17), しよう(17), 情報(17), ゴミ(17), 一番(17), 論理(17), 確認(17), 無視(17), 扱い(17), ネトウヨ(17), 人生(17), アホ(16), 議論(16), 人たち(16), 消費(16), フェミニスト(16), 場所(16), デザイン(16), いや(16), 内容(16), 明らか(16), 可能性(16), 主張(16), 例(16), 思想(16)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(74), 日本(41), フェミ(36), 元増田(33), BL(23), じゃなくて(21), キズナアイ(19), ネトウヨ(17), 可能性(16), アメリカ(13), OS(12), PC(12), クリエイター(12), ブルカ(12), マジで(11), 自己責任(11), OK(11), 東京(11), スマホ(9), Amazon(9), はてサ(9), 腐女子(9), 萌え絵(9), ポリコレ(9), わからん(9), 安田(9), Twitter(9), 何度(9), ぶっちゃけ(8), IT(8), カス(8), AKB(8), 価値観(8), IT系(8), キモ(8), 自発的(8), お気持ち(8), ネオリベ(8), 基本的(8), 自由主義(7), 自分たち(7), twitter(7), エビデンス(7), 論理的(7), トラバ(7), 2018年(6), コミュ障(6), 昭和(6), あいつら(6), 渋谷(6), 中国(6), アレ(6), なんや(6), AV(6), ワイ(6), キモい(6), 派遣社員(6), 日本政府(6), ツイート(6), 女性アイドル(6), ブコメ(6), 出版社(6), 普通に(6), 笑(6), -1(5), 男女平等(5), コスプレ(5), 韓国(5), キモイ(5), ダブスタ(5), 自分自身(5), 男性目線(5), s(5), 女性差別(5), にも(5), ある意味(5), なのか(5), ありません(5), hatena(5), 男性向け(5), ???(5), リアル(5), ハッカー文化(5), 差別主義(5), 表現規制(5), ー(5), 名誉男性(5), スペック(5), ブクマカ(5), iPhone(4), いつまでも(4), MasudaKotatsu(4), 産経(4), 1人(4), どんだけ(4), プリパラ(4), YouTube(4), 18禁(4), URL(4), ゲーデル(4), ふたば(4), 被害者(4), 光学迷彩(4), AI(4), 2年(4), ここに(4), 平成(4), 清潔感(4), おちんちん(4), 2人(4), ブログ(4), な!(4), DeNA(4), NHK(4), 若い女(4), C(4), 数年前(4), キレ(4), 主義者(4), アナル(4), 横田(4), 人間関係(4), 加害者(4), 女性の権利(4), 毎日(4), Web(4), イケメン(4), mstdn.jp(4), 奨学金(4), ブクマ(4), 活動家(4), SNS(4), ラノベ(4), 10年(4), .s(4), 5ch(4), ツイッター(4), 上の(4), 麻生(4), プレイ(4), Google(4), いない(4), サブカル(4), 切断処理(4)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

MasudaKotatsu(4), mstdn.jp(4), 句読点(18), 男性目線(5), ガングロ(4), 破局(3), ビキニアーマー(3), 若林(3), リベフェミ(3), s2(3), ネットバトル(3), OS(12), 切断(10), 左派(13), クリエイター(12), IT系(8), ネオリベ(8), メモリ(6), AKB(8), 取り入れ(6), 思春期(6), BL(23), 服装(11), デザイン(16), Amazon(9), 関わり(8), 認知(8), フェミニズム(14), アイドル(23), 自己責任(11), 服(25)

頻出トラックバック先(簡易)

元増田です。 /20181102124018(22), ■「現在の」フェミニストが目指すゴールって何なの? /20181103134107(19), ■論理的な会話を求める夫 /20181102161235(12), ■クリエイター層が右派に付いたままじゃ左派は勝てない /20181103221637(8), ■中国語で出版され、英語でも日本語でも出版されていない技術書の話 /20181103133949(7), ■しがないキャラクターデザイナーですが /20181101205330(7), ■BLキャラデザ /20181103121559(7), (タイトル不明) /20181103005454(6), ■クリームさえあればいいと言うけれど /20181102200154(6), ■復讐は何も生まないという話 /20181101113949(6), ■anond20181102124113 /20181103092150(6), ■「しがないキャラクターデザイナーですが」の人は絶対キャラクターデザイナーの仕事したことない /20181103103137(5), ■マナーのお願いが他人を殴る棍棒なっちゃ問題をどうするか /20181103201306(5), ■自己責任論者の結論とは何なのだろう。 /20181103121331(5), ■増田同人をやめた事について /20181103132042(5), ■給料上げろ、仕事減らせは甘えなの? /20181103173317(5), ■「[作品名]界の[別作品の弱キャラ]」とかい蔑称 /20181103001329(4), ■「ネトウヨ」という言葉 /20181103013612(4), ■evilって言葉使うの、恥ずかしくない? /20181102133049(4), ■フェミニストはフェミニズムの勉強する前に国語勉強しなよ /20181103175655(4), ■なんでエンジニアっておっさんになってから運動したりキャンプしたりすんの? /20181103150808(4), ■anond20181103134107 /20181103155146(4), ■ /20181030121123(4), ■オタク社会運動議論で今の立場を得たんじゃないし /20181103164113(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5764444(1752)

2018-11-03

「[作品名]界の[別作品の弱キャラ]」とかい蔑称

そのキャラが好きかつ、比喩表現として使われてるキャラも好きなオタクとしては殺意すごいんすよねぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Teacher T方式対話仕掛けてやろうか?オ?

好きなキャラが弱キャラばっかでさ、つらいんスわ

性能議論ネタにされ、リセラランクはランク外、似た性能の強いのが実装されれば「◯◯、あっ(察し)」とか

死ねよお前ら、ン?

性能厨が「いやキャラ愛はキモいしオレら以上に害悪なのでw」とか開き直ってると問答無用でTeacher Tスタイル対話したくるわ

ふぁっく♡

2018-11-02

anond:20181102014055

ことぶきつかさは絵柄が変わり過ぎてて(つうか現代ではガンダムオリジンキャラデザやってたんやぞ)語るのに不適。

作品名単体でなら語っていいと思うが。

2018-11-01

史上最も多くのジャンプ主人公を演じた声優

アニメ限定すると小野友樹(おのゆうき)になる

主人公作品名開始年
人吉善吉めだかボックス2012
神大黒子のバスケ2012
東方仗助ジョジョの奇妙な冒険四部 ダイヤモンドは砕けない2016
冬空コガラゆらぎ荘の幽奈さん2018

4回もジャンプ主人公を演じられるようになったのは

1クール単位アニメ化するようになったのも大きかろう

2018-10-31

anond:20181031121514

なるほどなるほど

具体的に作品名を挙げていただけるとタスカタスカ

そういわれると余計に「非常識な周囲」と「主人公格の脇役」の違いがわかんねーや

とあるのそれぞれのキャラ長門でどう違うんだろうか

2018-10-30

悪口になるんで作品名は言わないけどさ

ゴジラにこだわりがあるんなら

良い作品にしようって情熱があるのなら

新山千春を主演にするなんてありえないと思うんだ

2018-10-26

anond:20181025001433

しわかる。

自分原作オタク単推しって言うと少し違うかもしれないけど、キャラクターキャラクター同士の関係性が好きだったりする。

そういう同志と交流したくて作品名キャラ名で検索したりすると、当たり前のように非公式CPや夢や性的な絵がヒットする。

自分スルーできるけど、それは目に入ることに慣れたからであって、ある種の麻痺でもあるんだよね。配慮されてないと感じてしまうという点では、増田さんと同じ気持ち

原作をどう解釈するか、どう扱うかは当然十人十色だし、正しい愛し方があるわけじゃないっていうのはわかる。愛し方が違うだけで、同じキャラが好きな気持ちもよくわかる。わかってるからこそ、こういうところでモヤモヤを吐き出すしかないんだよなー。なんかしんどいよね。寂しいし。

からこそ、増田さんみたいなキラキラした愛し方にはとても惹かれる。元記事読んでて同士が居るって知れて嬉しかったし、少し穏やかな気持ちになれた。

2018-10-25

ジャンルやめたい

ジャンルやめたいというか自カプやめたい。自カプの界隈に入れない。普段文章書かないからまとめられてなくて読みにくい内容になってしまった。

私の活動しているジャンル原作が1年前に終わっていて、今や閑古鳥状態になっている。私は昔から原作が大好きで未だに毎日ツイッター作品名検索をかけたりしているが、殆どツイートしている人はいない。自カプも然りで、元々男女カプがメインのジャンルなのでBLの自カプで目に見えて活動している人口は片手で数える程しかいない。

この間原作の作者作品プチオンリー東京で開催された。私も絶対に参加しようとバイトをして貯めた少ないお金でやりくりして、入稿してなんとか東京まで辿り着いた。底辺サークルなので本自体殆ど売れなかったし、同カプのフォロワーがお情けで買ってくれた程度だったので惨めな思いをした。同人初参加だったし絵も話もお粗末だったのでそこはいいとする。

問題はその同カプのフォロワーで、参加した同カプサークルは私以外全員ツイッターで繋がっている。私は参加者の中で1人だけ相互ではない人がいた。(Aさんと呼ぶ事にする)

会場では初参加でありながら大手サークルのAさんとBさんが隣にいて、大盛況。そして何度かイベントに参加しているCさんがその隣でAさんとBさんと仲良く会話しており、大手のDさんが少し離れたサークルで次々と本を完売させていた。私は底辺だったし同カプの中で1番端に配置されていたので、最後まで会話に入れず浮いていた。そこまでは折り込み済みだったので気にしていなかった。

そうしている内に午後になり、私は少し席を外して他のサークルを物色していた。するとその間に仲良くしていたA、B、Cさんのサークルが全て片付けられており、戻ってきた頃にはもぬけの殻状態になっていた。その後残っていたDさんとだけ挨拶を交わした。

会場を出た後ツイッターを見ると、アフターの楽しそうな画像が流れてきた。Cさんのツイートだった。

Cさんとは普段リプを交わしたりツイートをファボしたりしているので、私の中では仲が悪い訳ではないと思っていた。が、多分嫌われているんだろうな、とこの瞬間思った。

Cさんは所謂誰にでも話しかけるタイプで、同カプの中では頭領の様な風格があった。精力的に活動しているらしく、自カプの二次創作botを作って内輪で楽しんでいた。

以前は私もツイートを楽しく見ていたが、余りにも解釈が合わないので二次創作botブロックした。このブロックしたのがバレたのかもしれない。私は同人は最低限の会話が出来ていたら良いと思っていたので、ツイッターでは一方的ツイートしたりフォロワーツイートをファボしたり、たまにリプする程度でそれなりの距離感を保っていた。

しかしCさんを始めA、B、Dさん達はそれぞれオフ会やアフターをしたりイベント前日に遊んだり、個人友達として関わっているのが見受けられて正直羨ましかった。

今回のアフターも参加していなかったDさんは前日に誘われていて、誘われなかったのは私だけだったらしい。訳の分からない疎外感に蝕まれて、宿泊先で朝から号泣してしまった。

大量の在庫を抱えて東京から出て帰宅する。それだけで良かった。しかあんなに楽しみにして一生懸命準備したのに、行かなきゃ良かったと心底思った。私みたいな底辺はいなくても誰も困らないし、何より同カプのサークルは私以外全員仲が良いから。それになんとなくなんの罪もない自カプの事も嫌いになりそうで怖かった。

アフターに誘われなかったのは未成年だったからかと思ったが、全くそんな事もなかった。

アフターに誘われなかった位で、という話だが、他にも色々あって(これ以上言うと悪口になるので割愛する)自カプの事は今も昔も世界一好きだけど、界隈に馴染めなさすぎてやめたい。今後は他ジャンル作品で参加するつもりはあるけど、今回の自カプでは二度と本は出さないと思う。小さいジャンルでは馴れ合い必要という事を身をもって知らされたという話。

2018-10-23

作品タイトルを間違ってる時点で読む気失せるんだよね

「半分青い総評」 → https://kozaab.hatenablog.com/entry/2018/10/21/222724

これとかさあ、タイトルを見た時点でウンザリよ。

いや分かるよ。『半分、青い。』の事だって

分かるけどさ、これから偉そうにあーだこーだ語ろうとしてる奴がその作品名ミスっちゃあかんでしょ。「あ、コイツちゃん作品見てないんだな」って思われるよ?

2018-10-21

オタクの高年齢化

 私がオタク活動目的ネットを始めたのは8年ほど前、高校生になったばかりの頃だ。あるマンガにはまり、周りにオタクの友人がいなかったためtwitterを始めた。

 作品名検索してキャラの絵を描いていた人たちをフォローし、私も自分で描いた絵を投稿していた。もともとそんなに大手ジャンルではなかったからか、その作品好きな人ならすぐに仲良くなれた。

 作品雰囲気大人っぽいからか、仲良くなった人たちはみんな年上で、大体が20代後半であったり、もう結婚して子供もいる人だったりと年齢層が高めだった。仲良くしていた輪の中では少なくとも、10代は私だけだったように思う。一番年下だったからか、かなり親切にしてもらったし。住んでいる県が近い組作品聖地巡りにも連れて行ってもらってランチをごちそうしてもらったし、今思えば一人だけ未成年がいていろいろ制限もあったのかもしれないと申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

 そのうち作品の連載が終了し、しばらくは完結記念で盛り上がっていた。でも、次第にそれぞれが次の沼を見つけてどんどん移動していったり、twitterに浮上する頻度が減ってそのままいなくなったりしていった。私もあるゲームにはまり、また大学オタクの友人が出来たことで楽しくやっていた。

 その頃のフォロワーとは話すことは減ったものの、twitterでは繋がったままだ。けれど、最近違和感を覚えるようになった。

 私が現在大学生なので、当時のフォロワーほとんどがアラサーアラフォー世代になっている。

 8年前も、仕事愚痴などを呟いていることはよくあった。私も時々プライベート愚痴を呟いてしまうことがあったが、現在オタクアカウントでそういったことを呟きたくないというこだわりでやめている。

 ところが、そのフォロワー達はそのアカウントで好きな作品キャラについて全く呟かなくなり、代わりに日々の愚痴炎上している作品アカウントについての苦言ばかりを呟くようになった。いわゆる「愚痴垢」になってしまったのだ。しかも、一人や二人の話ではない。

 長い付き合いのあるフォロワーからフォロー解除が出来なかったが、ついにこの間他人つぶやき引用RTして文句を言った挙句、そのツイートをした本人とバトっているのを見て耐えられずミュートしてしまった。

 ついでに毎日だるいだの薬を飲んだだのの報告しかしないフォロワーも、銀魂台詞のノリで政治批判をするフォロワーも、引用RTばかりになったフォロワーも、時々ふと現れてはポエムのようなよくわからない呟きをするフォロワーも、オタクグッズを公共の場で出して周囲から奇異の目で見られたことを嬉しそうに報告するフォロワーも、自分の子供の友達妄想するフォロワーも、ご近所トラブル愚痴ばかりのフォロワーも全員ミュートした。

 オタクライフを楽しみたいのに、あんなに仲良くしてもらっていたフォロワー達がみんなよくわからない暗いアカウントになってしまっていることがショックだ。年を重ねたら、オタクはみんなこういうことになってしまうんだろうか。来年から社会人になるが、私もそうなるんだろうか。

2018-10-20

グレーは白になれない

自分漫画作品原作ファンなのだが、二次創作について思うところがあってこの記事を書いている。

二次創作妄想だ。

描かれる世界はいわばパラレルワールドで、キャラクター同姓同名の別人。

妄想では何をしようと自由。この国では思想表現自由で、趣味嗜好も性癖自由だ。

それ自体批判するつもりは微塵もない。そんな権利自分にはない。

どんな二次創作所詮二次創作だ。

二次創作が、原作原作ファンに直接的な影響を与えることは無い。

というか、影響を与えるのは好ましくないことだと思っている。二次創作は法的にグレーゾーンから

 

 

それなのに、原作関連の情報を探すためにサーチをかけたりすると、

大好きなキャラ同姓同名で同じ出で立ちをした誰かが、あられもない姿になっていたり、

大好きな作品名の「ジャンル界隈」で炎上騒ぎになっていたりということが、往々にしてある。

名目上原作とは無関係のはずの二次創作における問題で、原作名前が挙がる。

 

原作ファンからすればどうでもいい話だ。

どうでもいいのに、目に入る。原作が好きというだけで。

 

多様性尊重され、棲み分けが重視される時代から、面と向かって批判することもないし、他人権利尊重したい。

そう思って自衛を試みても、キャラ名や原作名が入っている以上、検索避けがあまり意味をなさない。

 

二次創作の内容に文句があるわけじゃない。

原作ファンがサーチをかけたときに、容易に見えるところにそういうものがあることに、何か引っかかりを覚える。

 

自分は成人で、少年漫画を好んで読んでいるのだが、

同じく原作ファンである少年に「(作品名を)検索したらエロいBLが出てきた」と言われてゾッとしたことがある。

最近では、原作側が特定二次創作主を認識していることが公式的に発表されるという話も度々聞く。

全ての二次創作主にとって、そういった話は他人事ではないはずだ。

 

からといって誰がどうするべきだなんてことが言いたいわけではない。

ただただ長い間つもり続けている、なんだかな、という気持ちをどこかに吐き出したかった。

 

 

追記

「目に入る二次創作の内容自体には特別な関心がないが、

信者棲み分けしていない・受信者がしようと思ってもできない状態には違和感を覚える」

という話

同人誌感想欲しい~とか言ってる場合じゃなかった話

とあるジャンル同人活動をしている。

この話はそのジャンルでよく分からない何かと戦わされているただの同人作家の話である



そのジャンルはかつてものすごく治安が悪く、無断転載炎上誹謗中傷、トレパク、だいたいのバズった問題には必ずアイコンがそのジャンルキャラクターの人が関わっていると言っても過言でなかった。

数年前までは。

当時は学生が多かったということもあり、そういった問題が起きがちだった。

また、ジャンル歴史が少々特殊なため、世代による確執も根強い。

公式地雷だがそのジャンル同人をしていますサークルです。」という作家も少なくない。

数年時が経ち、上の世代結婚や年齢の問題などでリタイアが増え、当時学生だった子たちは成人している。

ジャンルに残った子も少なくはないが、オタクブームの波が来たこともあり、一気に流行ジャンルが増え、ほとんどはジャンル鞍替えしていった。

私はそんな、絶滅寸前とまで言われた状況だったこジャンルに飛び込んだ。

絶滅寸前ではあったが世代交代のチャンスでもあった。

今ならこのジャンルをイチから再生させてもっと平和に盛り上げられると思ったからだ。

幸い同人マナーに関しては大きなジャンルが失敗と反省を繰り返している。

前例確認し、公式を大切にしながら同人をしていくジャンルにしたかった。

私一人でジャンルをどうにかするなどおこがましいかもしれないが、いつだって流れは誰かが作るから生まれる。

流れさえできればあとは私はタダのモブ同人作家に戻る予定だった。



1年目、閉鎖寸前だったお絵かき掲示板お絵描きグループ管理人を一手に引き受けた。

私自身はサークル参加者が居なくなってしまったBLカップリング漫画を描いていた。

管理人を引き受けて驚いたのは特定の最王道カップリング以外は不快に思う人も居るから排除しろというとんでもない意見が飛び交い始めたことだ。

これがもし、最王道カップリング主の管理人だったら、意見を呑むのだろうか?

私が出した結論は、「”全ての”カップリングイラスト隔離」だった。

二次創作において人気があるかないかで、人目にさらして良い悪いと判断することはできない。

所詮、どれも二次創作なのだから

よって同性愛異性愛わずすべてのカップリングイラストは専用グループ作成隔離した。

ここで更に私は驚いた。

王道カップリングはあまりに普及しすぎていて、ジャンル者の感覚麻痺していたのだ。

ありていに言えば「このカップリングは人気なのでみんなが描いているしもはや公式(と思い込んでいる)だからカップリング禁止でも投稿して大丈夫」という感覚だ。

何というか、言葉を失った。

二次創作においては人気問わず、誰だって自分の感じ取ったカップリング公式だと思って絵を描いている。

ファン人気投票によって決められたキャラが「投票の結果だから」と、ある日突然恋人関係を結ぶようなジャンルがあったらご教授願いたいものだ。

二次創作に貴賤はない。

どれもこれも公式関係者でもないのにただの一般人がとち狂って描いてるだけ。

描くなとは言っていない。

隔離グループであれば投稿が許されているのでそちらに投稿して欲しいと要請したにすぎない。

しかし彼らはカップリング否定されたと騒ぎ始めた。

正直マジ疲れる。

思い返しただけで死ぬほど胃が痛い

私のカップリングだって投稿できるもんなら全部ここに投稿してやりてえわ!

おめーらがカップリングだってうから隔離したんだよ!

と怒り狂いながらなんとか人間らしい言葉遣いで彼らを説得した。

1年目が終わりかけの頃、ようやくまともにグループが動き始めたので一安心。(私の新刊もなんとか出た。)


2年目、色んな人と関わりたくてアンソロを出した。

本当にいろんな人が来た。

やばい人かと思ってた人はことに同人に関してはまともな人だった。

結局一番やばかったのは当時色々とサポートし合っていた最も近い仲間だった。

アンソロが発行するという頃、別アカウントで私の悪口を、これまた同じジャンルの人の別アカウントと言い合っていた。

あん気持ち悪い奴に住所を教えたくない」

と言っていたので、アンソロは送らなかった。

後日縁は切られ「あのアカウントが私だっていう確証はあるんですか」などと騒ぎ始めたが、最終的に「私だったからとして何?献本どころか謝礼金くらい出ないの?一万円くらいくれ!」と言っていたのでシカトした。

正直今思い返せばこの時点で私はジャンルの舵取りを失敗していた。

けどこの後、リアル親友が死んでそれどころではなく放置していた。

親友は死んだが、件の相手は生きている人間であることを忘れていた。

生きているということは、私が息をしていると同時に相手も息をし、私が人と話せば向こうも誰かと話している。

まりリアルタイムに私の悪評が広まっていっていたのだ。

水面下で。(お恥ずかしながら気づいたのはここから2年後くらい後になる。)

2年目の終わり、ここで活動を休止していた同カップリングのいわゆる神絵師に捕捉されフォローされる。

私は実のところ先の出来事疲弊していたし、このジャンルの神絵師がどれだけやばい奴揃いか理解していたので、若干戸惑った。

戸惑ったが、相手ものすごく褒めてくれるのでうっかりフォローを返してしまったし、それなりにDMで誕プレ送りあいっことかしてぬるま湯に浸った。

所詮私もこの程度の一般的同人作家だったのだ。だって感想嬉しいもん。

けど、これが更に私を苦しめることになる。


3年目は割と幸せに生きたつもりだったが、今思い返せば変なことがいくつもあった。

まず、例の神絵師だが絶対DMしか私に感想も誕プレも送ってこない。個人的なやり取りもない。

恥ずかしがり屋なのかなと思っていたが、よく考えたら他の人には見えるとこで送ってたわ。私だけかよ。

けど、私はただのオタクだし、推しカプで騒ぐ方が最優先だったので騒いだ。

ハチャメチャに騒いだし新刊も出た。ここで本来なら相容れない感じのカップリングの神絵師に気に入られてフォローされる。

でもまあ、統計的というか、そのカプに苦手な人が多いってだけで私自身はそのカプも全然食うしいいか~と思ってフォロバした。

そのあとたまたまそのカプのオフ会にも呼ばれ、何人かと連鎖的につながった。

いや、この時点で本当に変なんだマジで

そして事件は起きる。

ジャンルの一番でかいイベントが終わった頃、同人誌に掲載していた連絡先に来た一件のメール

それは先ほど書いた例のオフ会あたりで仲良くなったAさんからのものだった。

もうめんどくせーからコピペで載せるわ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇〇様、こんばんは。

イベント名)にて新刊『(作品名)』買わせて頂きました。

こちらの作品、(私の推し)がとても可愛く、色っぽく最後まで楽しく拝見させていただきました。

少し気になる点がございまして、ご連絡の方差し上げた次第です。

同じく(イベント)の”Bさん”の新刊本『(作品名)』ですが、〇〇さんの漫画コマ一部と非常に似た所がありまして……

構図的な偶然かも知れません。勘違いでしたら申し訳御座いません。(トレパク?とまではいっていないのかも知れませんが)

一応ご参考までに画像の方、添付致します。

それでは、突然のメール要件、失礼致します。

これからも、〇〇さんの作品楽しみにしております

―――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というものだった。

めちゃくちゃ厄介なのがこの"Bさん"という人物

オフ会の前にフォローされた相容れないカプの神絵師だ。

そして何と言いますかね、イベントのアフターでも別の作家に同じ指摘をされておりました。

ここでもう私の疑心暗鬼ポイントMAX大変身。(ジャンル関係はない。念のため。)

ちなみに添付画像にはBさんがAさんの構図もパクったという画像も付いてた。正直そっちはそんなにパクってないと思った。

そしてこれ、めんどくさいことに私がBさんに直々にその話をしなければならないという話にまで発展する。

で、マジで本人にDMで話してきたんですけど、

「人に言われたことだったんで、私はそうでもないと思ってるんですけど、トレパクとかする訳ないですよね~」

くらいのノリで言ってきた。

返答はやはり「違います以下略)」だった訳だが、

「私がそういう悪い事してないのはいつも仲良くしてる”Aさん”に聞けば分かる」

という趣旨発言があった。

はい、Aさん。Aさんが告発しておるのに証人もAさん。

これ、闇ですよマジで

仮にAさんの私への告発が本当のことだとする。

とすると

「AさんとBさんは仲良くしているように見えるが実は仲が悪く、特にAさんはBさんのことが嫌いで、Bさんの失態をこれ幸いと私に報告してきた」

ということになる。

逆にBさんは無実でAさんが私に嘘をついたとする。

すると

「AさんとBさんは仲が良いが、実はAさんが私のことを嫌っていて、私とBさんの関係を悪くするために虚偽の告発を私にした」

ということになる。

更に拗らせた考え方をすると

「AさんとBさんは仲が良く、どちらも私のことが嫌いなので、私にトレパクの話題を吹っかけて暴れる様でも見ようと結託した」

という可能性もある。

いずれにせよ碌な話じゃない。

私はそっと、この問題に蓋をした。(後日AさんはTwitterアカウントを消した。)

ついでに愚痴らせてもらうがそのカップリングのもう一人の神絵師Cにもフォローされていたが翌年私が誕生日を祝わなかったという理由リムーブされたのでキレてブロックした。

絵師はみんなああなのか?誕生日祝われ慣れすぎだろ。フォロワーと貸し切りパーティーとか行ってやがる。いや、そんなの毎年付き合えねえって。




4年目、私は商業活動も始めていた。(自分でも未だに驚いている。)

ここで、水面下で私を嫌っている人物が突然浮き彫りになる。

私がこのジャンルに来るよりも前から活動していた大手作家のIである

正直私はしゃべったこともない。

ただそのIとコンビを組んでいる作家が私のフォロワーである

いきさつはこうだ。

その大手作家Iはクラウドファンディングで集めたお金二次創作をしている。

まりにでかい作家なので私も知っている。

関わったことはないが、マジで有名なので疑問に思う人も多く、「募金二次創作はありえへんやろ」と私もTwitterで呟いていた。

それが多分目に留まっちゃったんだね。

私は私で、二次創作で目を付けてもらってオリジナル商業を任されていたのだが、その成り行きがⅠさんには募金二次創作するのと同じに映ってたようだ。

とあるオフ会で「〇〇(私)は色んな大手作家に嫌われている!あいつと関わるのはやめろ!」と言っていたようだ。

ちなみにそのオフ会に私のマブいフォロワーちゃんが居たので、事細かく事情は聴けた。

私を嫌っているという大手作家の例の中にはマジで私の知らない作家がいた。誰だそいつ勝手に嫌われてんのか私。

と思ったらその大手作家は2年目のアンソロの時に縁を切ったアイツの知り合いだった。

まり間接的につながってるのだ全部。こわっ。2年経ってるんやぞ。

そしてその後、ちょっとした事件があり、私が長いTwitter生で初めて鍵をかけるに至る事があった。

私に攻撃する捨て垢が居た。

その時にはすでに私はIをブロックしていた。

捨て垢という時点で十中八九私にブロックされている人なわけだが、私がブロックしてんのは誕生日祝い損ねた神絵師Cと例のIだけなので、おおよその確率でⅠである

これでCだったら誕生日祝われなかったの根に持ち過ぎだと思う。

結局その事件も何とか潜り抜け、結果的にその事件は後日、いい感じの終わりを迎える。

まりに良い感じに終わりを迎えた事件なので詳細を話したいけど、話すと察しの良い人にはすべてが分かってしまうので泣く泣く省略。

けど結構大きい事件だったようで、しかもいい感じに終わったのが許せなかったのか、これをきっかけにⅠは本格的に私を敵視しだす。

そしてこの年も、私の新刊は出た。

けど年末活動してなかった同カプの文字書きが突如謎の人物から誹謗中傷され、なぜか私に「お前かもう一人の神絵師のせいだ。」と呪詛を吐いて消える。

同カプ神絵師には伝えないでおいた。


5年目、同カプ神絵師の様子がちょっとおかしい。

なにやら違うカプのコミュニティと仲良くし始めた。サークル参加やめるとか言ってたが描くのをやめて売り子を始めたらしい。

その中にはⅠと仲が良い作家もいたが、ただの絵描き仲間だろうと思っておいてた。

けど、イベント後にお疲れ様リプを送ろうとしたら、その作家たちの裏垢から書き込みらしきものがあった。

っていうかID見えるようにそのままその垢でそいつらにリプする同カプ神絵師ちょっとしっかりした方が良い。

悪い癖が出てそのIDで辿ってしまった私は、見たくないものオンパレードを見た。

なんかいろいろ察した。

けど同カプ神絵師発言にそういうものはないし、人付き合いでそういうアカウントと仲良くすることもあるよねと思って見ないふりをした。

その年、例年さぎょいぷをしていた同カプ神絵師に「集中したいかスカイプはしない」と言われた。

そういう時もあるよね~と思い、「おっけ~原稿がんばってくだしゃい(^▽^)/」みたいな感じで返しておいた。

若干モヤモヤしてたけど、もう4年の付き合いだし、信じた。

次のイベント当日。最悪だった。

都合が悪く私の知り合い達はあまり来れないと事前に聞いていたので部数が出ないのは覚悟していた。

それにしても最悪だった。

まずⅠを筆頭にその知り合いっぽい奴らが私のサークルの前でわざと避けるジェスチャーをする。

そんなんされたの中学校入学してすぐいじめの標的になった時以来だわ。

私の居る島をカニ歩きであいさつしてた知ってる作家が隣のサークルあいさつし終わってたので、「こんにちわ~^^」って言うと舌打ちして踵を返していった。

隣のサークルの人にめちゃくちゃ心配された。

舌打ちしていった作家は後で調べたらⅠが言っていた私を嫌っているという大手作家ファンだった。

こんなみじめなサークル参加をしたのは初めてだった。

でも結局本は売れた。

売れたけど何かものすごく嫌な気持ちが私の心に住み着いて離れなかった。

おかしいな。ちょっとマイナーもの描いてるから、「興味ないな~」って態度の人と会うのは初めてじゃないはずなのに。

たぶんちょっと変なイベントだったのは間違いなかった

アフターでは同カプ神絵師が黙りこんで全然会話してくれんかった。スケブ拒否られた。

それでもまだ「他の人のスケブしてたししょうがないよね~スケブしんどいの分かるし」とか考えてた私は相当浮かれポンチキである

一緒に参加してた人には「お疲れだったのかな~」とこれまた心配された。

で、「ちょっとイベントでは悲しいこともありましたが、このジャンル好きです!来年も来ます!」と宣言した矢先、

同カプ神絵師に縁を切られた。

4年間イベントの後毎回アフターもした。

誕生日会もした。

同じカプでわいわい盛り上がったし、雑談も話せるやろうと思い私は話題を色々振ってた。

何がダメだったか

色々あるとは思った。

でも、私が彼女に悪意を振るったことはない。

女性には多いことなのだが、きっと何か小さなことが積み重なって縁を切られたというのが正しいんだろう。

それでもだ。私は疑わざるを得なかった。

これまでのことを。

ついに、私を嫌う人のよく分からない波が私の好きなカップリングにまで及んでしまったのではないかと。


今、まっっっっったく創作意欲がわかない。

感想とか本当に新刊を出すたびに1つ来るか来ないかだった。

それでも描き続けた私だったけど、描けば描くほど嫌われるんじゃないかという気持ちがぬぐえない。

私が本を一生懸命描いてイベントに持って行くと不幸になる人がいるのだ。

それがついに私の好きなもの好きな人にまで及んだ。

私は同人をやめるべきなのだと、頭は理解している。

反撃をすべきだという声もあるかもしれない。

でも私の反撃はすでになされているのだ。

本を出す、イベントに顔を見せるだけで、たぶん大勢の人を不幸にしている。

ただでさえ感想を貰うこともほとんどないし、人を不幸にしかしないのなら、それはもう二次創作範疇を超えている。

私の好きなキャラクターで人を傷つけたくはない。

私が消えても正直ジャンルは何一つ傷はつかない。

私が消えても素知らぬ顔で神絵師は同カプの本を描いてくれるだろうし、Iはこれからも人から得た募金二次創作をしてそれを売って、お金を支払うことのない同人をするのだ。


それは私がただ好きなカップリングの本を描いて出すことよりも、よっぽど人を不幸にしない。

らしい。

2018-10-18

好きなジャンルの中に苦手なキャラができてしまった

題名のとおり、長年追いかけてきた大好きなジャンルの中に苦手なキャラができてしまった。

あえて作品名は出さないけれど、わかる人には一瞬でわかってしまうと思う。詮索はやめてほしい。

そのキャラは、新アプリサービス開始に伴い実装された。

結構長く続いているジャンルなのに、このタイミングで新キャラ?と不思議にも思ったが、まあ、既存ユーザーだけでなく、新規ユーザーも取り込んでいくためには必要戦略だろうと解釈した。

元々が大きなジャンルであるために、今更入りづらいという意見も多々見かけるし、結果この新キャラの追加はジャンルの発展に大きく影響を与えたと思う。

当初はその新キャラについても可愛いなくらいの感想しか抱いていなかった。し、自分には元々好きな子がいたからそれだけで満足だったし、わざわざ新キャラの掘り下げもしなかった。

しかも、元々あったポチゲーとその新アプリで、キャラストの内容に食い違いがあったから、新アプリのイベストもメインストも全て読み飛ばしていた。

これが苦手になってしまきっかけの一つでもあったと思う。

ある日、新しい形式イベントの開催が発表された。

それは、運営が用意したストーリーと役に、既存キャラ達の中からピッタリの子を選んで投票して役を争うという形式のものだ。

その中に、あった。

まさに自分の好きなキャラのために用意されたといっても過言ではない程の、ぴったりとか適役とかそんな陳腐言葉では片付けられない程の役があったのだ。

私はもちろん、その役を絶対に取ってやると思ったし、そのためにできる努力は全部した。

学校勉強だってアルバイトだってそっちのけで、今まで以上にのめり込んで投票権を集めた。

実はこのイベント、どのキャラファンがどの役を狙っているのか分かった段階で、またはその役にはそのキャラしか合わないだろうという意見が多くあった時点で、ほとんどそのキャラ当選は決まったようなものなのだ

ファンは全力で役を取りに行くし、それ以外の人たちもその子がその役をやるところが見たいから。

今までもそうだったのだ。「役を譲る」という風潮が、少なからずこのゲームにはあった。

しかし、今回はそこが盲点になった。

結果として、その役は取れなかった。

まさか絶対に取れると思っていた役に割り込んでくるなんて。

当時は「なんで?」という感情しかかばなかった。

私の好きなキャラには、何年間もかけて積み上げてきた歴史があるのだ。

その歴史が、今回のこの役を絶対に取れと言い聞かせてくる。

キャラが、この役をやりたいという声が聞こえてくる。

そのために、この役を諦めた子もいた。

それなのに。

それなのに。

ぽっと出の、1年間も存在していないキャラにその座を奪われようとしている。

そんなことが許されるはずがないのだ。だって私たちは、絶対にこの役を取らなければいけないのだから。それは絶対だ。絶対で、必然で、宿命なのだ

それなのに役は取れなかった。

自分のやってきたことに後悔はない。やれるだけのことは出来たと思う。周りの知り合いもみんな、全力を尽くしていた。

結局は、「向こうの方が人気だった」。ただそれだけなのだけど。

たかが人気なだけで、あの役を取られてしまったのだ。

私達は全得票数殆どをその役につぎ込んでいたのに。

向こうは全部の役の上位10位に食い込みながら、この役を奪った。

どうしてこの役でなければならなかったのか?

もっと他にもたくさんの選択肢があったのに…

あん付け焼刃の設定だけで…

付け焼刃の設定というのも、私が新アプリにおけるキャラクター展開に全くついていけていなかったので、もしかしたら本当はそういった話があったのかもしれないが。

それに私は声優言動から発展させたネタが嫌いだし、それをキャラクターに反映されるのも大嫌いだ。公式ネタとは到底思えないし認めることもできない。

今でも結果発表の瞬間を思い出すと視界が歪む。

差をつけて奪われた1位の称号

自分が全てをかけてつぎ込んだ投票数の何千倍、何億倍にも見える相手得票数

あれ以来、そのキャラが苦手で苦手で仕方なくなった。

キャラ自体は全く悪くないのだ。全て私のわがままだ。それでも、どうしても好きになれなかった。

ライブの時にも、そのキャラの出番がきた時には席を立ってしまった。そんな自分が嫌で嫌で仕方なかった。

自らの中で生まれしまった確執のせいで、たかが2次元キャラクターの顔すら見られなくなってしまった。こんなの普通じゃない

今回この文章を書くきっかけになったのは、役を争ったイベントの開催日程が明らかになったこと。ライブの再上映が決まったことにある。

ここまで書いたらもう、ジャンルも好きなキャラも苦手なキャラも知れてしまったようなものだが、ここはネットルールに従って最後まで伏せることにする。

ライブの再上映には、参加する。

イベントにも、参加することに決めた。

これを機に、自分の中にあるモヤモヤ払拭したいのだ。

これからジャンルに関わっていくために。

これからも好きでいるために。

私の好きなキャラからあんなにも見事に奪い取った役なのだから最後まで鮮やかに演じ切らなければ許さない。

2018-10-17

過激な主張の叩き台として具体的な個人名・組織名作品名出すのって醜悪

だいぶ前からキャラについて吹き上がってることのがネット散見する

個別トラブルでもないのに具体的な個人名・組織名作品名を出して自己主張のためにその対象悪態をつくのは一般的に大問題なんだけど「キャラでしょw」ってことで人々のその意識が薄れてんだろうなぁ

ネット炎上なんて具体的な固有名詞がないとバズらないっていうのはあるけど今回のは酷い

2018-10-15

anond:20181013113202

顔をみて、MS名と作品名を答える

MS名を見て、どの作品にでてどの特徴を持ってるか答える

どちらもできるよ。全てを知ってるわけじゃないけど

ガンダムだけならSDを含めたら数百存在するが多分やれる。

ジム系、ジオン全般は多分無理かな

犬の写真見て犬種名言える人いるよね?サッカー選手の顔みてどこ所属名前言える人いるよね

それと同じ感じでできる。

腐女子ジャンル

腐女子の使うジャンルって単語作品名とかタイトル表現してることが多いんだけどやっぱり違和感あるな。

好きなジャンルって例えばSFとかミステリとかそういうので、作品のものではないよね?

初めて好きなジャンルを聞かれてスポ根って答えたら、いやいやタイトル教えてよ!って言われてびっくりしたので。

2018-10-09

anond:20181009213334

作品名キャラ名で検索して引っ掛かるのは自己責任的な?

それBLでやってもいい?

2018-10-08

ROM専にもなれなくなった腐女子

小さい頃から親の影響でゲームマンガ小説アニメ等々オタク英才教育を受けてきた。

初めは中学生の時出会った夢小説きっかけに夢女子として。サイトを作って小説を書いたり、色んな人とリンクを繋げて交流をし、ランキングサイトにも登録をしていた。

腐女子になったのは高校生になってから。某支部で見かけた小説を見て、自分でも形にしてみたくなったものを細々と投稿していった。

最近スマートフォンゲームに夢中だった。そこで私は初めてツイッターを始めた。

サイト時代は絵チャやチャットを偶にして交流していた私は、サイトから支部活動を移してから何年も長らく他の人との交流をしていなかった。アニメを見て萌えた事は小説に全てぶつけ、マンガを読んで叫びたい程萌えた事も小説にぶつけていた。

そんな私がツイッターを初め、支部に「始めました」とリンクを貼った後。支部フォローしてくれていた人達が話し掛けてくれた。リアルタイム萌え語りをした。それはもうとてつもない喜びだった。

支部投稿したとツイッターで呟けば今までよりも沢山の人が反応をくれた。フォロワーも増えた。それに比例して今まで以上に作品を書くようになった。反応を貰えるのが嬉しくてツイッターサービスを利用して短編も定期的に上げるようになった。とても充実していた。

そんな私が最近、好きだった作家さんや絵師さんすら追うことも無くなった。小説はもちろん萌え語りすらやめてしまった。熱をすっかり無くしてしまったのだ。

その理由は単純に楽しくなくなってしまたから。

今ハマっているスマートフォンゲーム、仮に作品名をゲームAとしよう。ゲームAは若い人が多い。そして、配信が始まったばかりか人口はとても少なかった。そこから話題になるにつれ人は増えていき、作家絵師ROM専も増えていった。

私の支部フォロワーも、ツイッターフォロワーもありがたいことに沢山増えた。感想も沢山貰う事が出来た。前々ジャンルから知っていて同じ作品内で活動出来る事が嬉しいと言われたこともある。正直嬉しかった事も沢山あった。それ以上に気疲れしてしまった。

端的に言えばゲームAはトラブルが相次ぐ界隈となってしまったのだ。音源映像無断転載公式イラストへの加筆・加工、度重なる公式運営に対する炎上、等々。

今まで支部に引きこもっていた私がツイッターに来てしまったばかりに目に付くようになってしまっただけかもしれない。それでもあまりにも多過ぎる。

そしてトドメ人間関係。鍵垢なんてロクなものではない。まるで学生時代派閥争いを見ているようだった。いざこざが原因で垢消しをした人はもう何人も見ている。その度に私の中の何かが擦り切れていた気がする。

気が付けば新規の話すら追わずカードを揃える気力も無くし、つい最近あれだけ開いて検索を繰り返していたツイッターももう二週間開いていない事に気が付いた。あれだけ好きだった人々の新規作品を見ても何も沸いてこない。ぽっかりと何かを無くしてしまった気分だ。

今までは新しいものにハマりジャンルを移動することばかりだったので、今回のようにただ興味を無くして燃え尽きてしまうことは初めてだ。好きになった過去キャラは未だに好きなのにゲームAの作品キャラ無味無臭、本当に何の気持ちも浮かんで来ない。あんなに夢中になってゲームを進め、飽きる程ネタが浮かぶものからその都度作品を書き上げていたのに。アプリを開く気も無くなってしまった。

皆さんは一度でも萌えをお休みしたことがあるんでしょうか。カップリングもそうですが、今はキャラ萌えすら全く無い。小さい頃から何かしらの作品にハマり、常に推しキャラが居た私は今の状況がとても心許ない。人生の楽しみを半分以上奪われた気分だ。

私はまた何かにハマれるのか、それが分からなくて、今までのとても楽しかった何か(主に創作意欲や視聴・読書欲)を無くした現状がとても怖い。

今はのんびりと何も考えずとも出来る、やり込んだ大好きなファミコンゲーム楽しい気持ちリハビリをしながら萌えをお休みしている。

2018-09-27

anond:20180926145321

いや〜本当にどうでもいい内容だった。

他人目線しかない評価基準ないのか

自分なりにやってるならそれでいいじゃん。

認めてもらえないとダメなのか。小さいなぁ。

引退したなら復活しないでくださいね

あと作品名も出さないでね迷惑から

2018-09-25

anond:20180925010558

元の記事言及まで読めてないけどBL勧めても大丈夫なの?

自分もその作品大好きだからまさかここでその作品名を見るとはビックリした

すごくいいよね…切ない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん