「検閲」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 検閲とは

2020-05-26

ネット上の誹謗中傷規制するとか政治家が言い出したけど

検閲方向性役人が頑張る、手間かかるしうっかりすると特高なっちゃうし嫌)でもなくDMCA方向性ネット事業者独断で頑張る、お金にならなくてめんどくさい)でもなく

過払い請求感覚賠償請求裁判が起こせるよって感じにしてほしい(弁護士お金のために喜んで仕事するのでうかつなバカ以外みんなハッピー

2020-05-24

anond:20200524162045

検閲は怖いのに自警団リンチが怖くないというのも不思議な話ですけどね

anond:20200524161312

これすごい分かる話で、マンガとかアニメもそうだけど、アート界隈の友人も例のトリエンナーレ以降余計なもの(てか検閲)を内面化してしま制作に悩んでたな

そういえば小町って事前検閲してんでしょ

検閲してあれなの??って感じもするが

2020-05-20

電脳コイルは攻めな過ぎたと思う

製作からまだたった13年だが、既に追いつかれている。

AR技術は既に電脳コイルと同水準まで来てる。

デジタル世界VRが実現してしまった。

ビジュアル的に分かりやす面白おかし検閲技術存在してないのはそんなもの検閲する側が必要としていないだけ。

電脳コイル世界は誰かが実現しようと思えば既に作れる。

たった13年だ。

振り返れば5年前の時点で既に実現されていたといえる。

SFとしては追いつかれるのが早すぎる。

センス・オブ・ワンダーの欠如というほかない。

せめて30年は持たせなければ。

地に足がついているというのはSFに対しては褒め言葉ではない。

今ある技術の先に対して、的外れになることを恐れず夢を広げる勇気がなかっただけだ。

こんなものを名作SFと呼ぶのを俺は認めない。

単なる青春アニメとしてならいいだろう。

だがこれをSFとして評価するなら、凡作の域に達しているかも怪しいレベルだ。

2020-05-11

anond:20200511193750

理由あってもしゃべるな←検閲←new!

理由があって悪口を言う←批判

理由なしに悪口をいう←中傷

2020-05-09

📷 家族写真バックアップ最適解 👨‍👩‍👧‍👦

バックアップは4種類。

マスターデータ

🖥パソコン

バックアップ1

🖴外付けHDD

  • 基本

バックアップ2

🖴外付けHDD

バックアップ3

📀DVDブルーレイ

バックアップ4

☁️クラウドストレージ

2020-05-01

矢部さんが事前に岡村さんに原稿メールして、この内容でいかがでしょうかって確認取ってから、あるいは検閲を受けてからあの内容を発表したのだろうなと想像すると、男同士の友情に胸が熱くなりませんか。

2020-04-28

口語からみるコミュ矛盾(雑感)

かつては嫌いだった、というべきかも知れない口語

~じゃね。

~(だ)(なる)からな。

~だろ。

おまえは~。

2ch・5ch由来の、一様に皆同じでイキった喋り方をする口語

なぜ皆一様に同じ喋り方なのか当時は疑問だった。

というより、今でも多少疑問はある。

悪口を言われた際彼らは一意の人格性を自らに認めている。すなわち反論する。

みな名無である自覚するならば、単なる群れの一種である彼らに個別性など存在しないはずだ。

ところが彼らは同じように他人に合わせながら自分個別であるというおかしコンプレックスに陥ってる。

スタンドアローンコンプレックスといえばまるで攻殻機動隊だ)

コテハンなど個性があればそれを否定しにかかるが、レス番付きの「我」のことになるとコテハンのごとく振る舞う

このダブルバインド矛盾は柔軟性として機能していない。したがってあの場所ではよく闘争が起こる。

あの場所方向性を二分化してみよう。

一つはまるでAIのような群体としての5ch、もう一つは匿名なだけで個別しかない5ch。

後者コテハン叩きが矛盾するが、実際にはこちらがより近い。

個別しかない連中が「荒らさない」という共同作業するには「押さえ込み」しかない。

したがってここに「空気」という不気味な概念が浮上する。

いまならTwitterプロフがそれに近い。話しによれば、どうやらプロフでは以下の者達がNGらしい。

曰く、

見ての通り3,4番目は相反する。1,2に至っては思い込みしかない。

あるいは傾向がある、程度の話だ。ここでも個性に対する検閲が入る。

しかし一方でTwitterはそれぞれが個性を発露してユーザーを獲得するという大矛盾した構造がある。

その割に上記「押さえ込み」により発生した「空気」により同調圧力を強いられる。

ここに至りSNSで疲れは発生する。言い合うときは「空気」が恐ろしいので集団で襲いかかる。

いわゆる炎上である。抑圧が「空気」を発生させ、その空気炎上火種になるとは、まさに化学反応的ではないか

空気は抑圧の結果生まれるので、水面下では皆本当の自分容認されたいという承認欲求を抱えることになる。

日本人ディスカッション文化ではない、ディスカッションが苦手であり訓練されていないという。

日本人の多くは反論敵対という判断を取る。

もちろん嫌味や嫌がらせも多くあるためこの可能性は除外できない。

しかしながら、反論直ちに人格攻撃ではなく、意見の穴に対する指摘であったり、改善案であったりする。

ディスカッションが苦手となると、結果的にお互いを傷つけない「大人対応」という欺瞞を皆実践することになる。

結果的に当たり障りがないが、腹では何を考えているかからない社会形成される。

正しく言い合わないので、推測によりレッテルを貼る文化も強度を増してしまう。

2020-04-26

愚かなお前らに外国の糞さを教えてやろう

イギリス

飯がまずいのに食べて我慢することを英国紳士だと主張する馬鹿の国。

イングランドスコットランドがどうのこうの外国人にはどうでもいい。

イギリスという国だろと認識を持たない馬鹿の国。

  

フランス

何かあれば女を誘ってハグしようとする鼻が高い男ばかりのセクハラの国。

まり馬鹿のせいか濃厚接触しまくった結果コロナ蔓延している馬鹿の国。

  

スペイン

自慢する事がサッカーサグラダファミリアしかないアホ国。

サッカーブラジル発祥の国なので、スペイン人は劣化サッカーしか出来ない。

ワールドカップでは実際に負けているのがいい例。

  

イタリア

ベネツィアしか見所が無い国。そしていつか水没するのに何の対策もしていない馬鹿な国。

今のうちに盛土するなりなんなりできるのに水没を受け入れている自殺志願者しかいない。

  

ドイツ

アル中の国。年がら年中ビールばかり飲んでいるドワーフみたいな奴が多い国。

いかつい顔の奴が多く、無駄プライドが高く頭を下げられない頑固おやじしかいない。

糞みたいな空港がある事で超有名。

  

アメリカ

自分たちの国がアメリカだと知らないアホ国。USAとかすぐに言い出す。

いい加減ユナイテッドステイはいらないことに気が付けと思う。

いつもどこかで銃を撃って人が死んでいる。銃馬鹿の国。

  

大韓民国

キムチと整形が大好きなすぐキれるアジア人

反日教育をしているので日本死ねと言う奴しかいない。

サムスン以外まともな会社はないというのも笑える。糞国。

  

中華人民共和国

中国製品はすぐに壊れるということで有名。

それだけじゃなく建物からから何まですぐ壊れることで有名。

アホみたいに汚職が多い。インターネット金盾かいうので検閲している糞っぷり。

天安門事件などは検索できないようにしている糞国。

  

香港

自分たち中国人だと認められない馬鹿餓鬼が多い国。

そのせいで餓鬼デモを起こして政府と争っている。馬鹿国。

  

メキシコ

麻薬ばかり使っている頭の悪い奴しかいない国

治安も悪いのでまずまともな人生を送れず死ぬしかない。

  

ブラジル

サッカーやるか薬の売人やるしかない国

サッカー発祥の国だが、傲慢なせいか、たまにマイアミ屈辱みたいな目に遭う。

2020-04-21

anond:20200421232605

SlackDMにキレてるのって基本下っ端じゃなくて中間管理職以上だよな


情報共有を円滑にってのは大義名分で、要するに全てを監視したいだけ

自分に見えないところで何かを決められてしまったり自分が影でコソコソ悪口言われてたりするのが怖いだけ


中国検閲と発想が一緒

2020-04-10

検閲ってさ、体制側がやるんじゃなかったっけ

検閲ってさ、体制側がやるんじゃなかったっけ

いやもう、Twitterはてなも、左翼や立憲民主シンパが一日中パトロールして言葉狩りしてるよね。

自分の意に反する投稿を徹底的に叩く。

こんなの検閲のものじゃない。

君たちは何をやってるんだ?

2020-04-06

anond:20200406095303

作業検閲しているはてなが休業するので、やむを得ない処置です。

2020-04-05

海外普段生活の中でのコロナ対策

先月にアイルランドから帰ってきたんだけども、アイルランド日本とでコロナ対策温度差が違って戸惑う。

アイルランドだとコロナ患者数が100人程度になった初期時点で以下のような対策がされていた。

どの店でも大体こういう対応から行政が指示してるんだろうと思う。

から日本に帰ってきた時は周りの人の警戒心の無さが少し怖かった。ほとんどの人が距離を開けることを意識していなくて、行列とかで近くに寄ってくるからこっちから避けないといけない。海外帰りの人が多い空港内のお店であっても、レジ店員さんが買い物袋の取手をわざわざ手で広げて渡してくれるけど、それをされると受け取る時に手が当たりそうで困った。

日本での対策学校休校になったり各種イベント自粛要請されたりはあるけど、アイルランドでやっているようなお店などへの指示とかは見かけないなと。この対策自体効果はわからないけど、こういう部分でコロナへの緊張感が維持されているように思うので日本でもやった方がいいんじゃないかと思うんだけど。

あと、空港での検閲では単にサーモグラフィーでの体温検査があっただけ。外務省から渡航者へのメールで、帰国後には公共交通機関を使えないのと14日間の自宅隔離必要とは聞いていたけど、それらについての説明は何もなし。自主的にこれらの指示には従っておいたけど、説明が無いのは流石に変だなと。後から思い返すと、人の流れに沿って検疫のところを通ったけど、そこで別のルートが用意されていたような気もする。でも、そこでの指示がわかりやすくなっていないし、明確に確認もされずに通過できる時点で検疫としてダメなんじゃないかと...私みたいに知らずに通り過ぎた人は多そうな気がする。それを思うとコロナ感染者が国内で広まったのも、そりゃそうだろうなと...

2020-03-31

anond:20200331215922

ラッキーで2-3年じゃよ

オンライン教育が進むことだけは良いことっぽい気がする

とは検索履歴検閲などやたらめったら不穏だが

博物館である前に田舎役場だった」

博物館である前に田舎役場だった」

博物館嘱託職員退職した(事実上解雇)。

それを友人たちに報告するとき自然と口をついて出たのがこの言葉だ。

改めて考えてみても、この一言に尽きるな。

例えば、この市の文化財の一つに折口信夫の碑がある。

しかしこの博物館では「信夫」の読み方がググらないと分からない。

市内で一番詳しくなきゃいけないはずの学芸員でさえ。

それで何の支障もなく誰も疑問に思わないのがこのムラなのだ

折口信夫を知らない学芸員」は、小さくみればその職員力不足と無関心ゆえ。

だが大きく見れば、それが問題視されない、職員にそれを理解するだけの余裕をもたせない、或いは理解してる者をそのポストに就けない行政構造的欠陥でもある。

(初めから学芸員として採用するのでなく、一般採用職員を間に合わせで回すからこういうことが起こる)

ここではムラの偉い老人の顔色をうかがうことが最優先事項となっていて、彼らの気まぐれに多くの職員が振り回される現状では「歴史」もまた顔色の延長にある。

専門家であるはずの学芸員にもさして専門的な知識能力は求められていない。

それよりも根回しや忖度技術の方がはるか重要とされる。(尤も、だからこそ学芸員肩書をつけていられる人もいるだろうが…)

そういう所に自分みたいなのがポンと放り込まれても、そりゃどう使いこなしていいのか分からないよね。

こいつは学芸員の部下のいち嘱託にすぎないくせに、学芸員より学歴が高く歴史知識もある。

おまけに偉いとか老人とかに関わりなく全然顔色を読む気がなく、カギカッコ抜きの歴史しか興味がないんだから

これまでは郷土史家の本を引用して市の公式見解とすればそれでよかったのに、こいつはなまじ原史料(くずし字)が読めるものから、その郷土史家が何の史料根拠としていてどこを読み誤ってるかまで気がついてしまう。

業務命令を与えてもないのに勝手に色々と調べて余計な口をはさんでくる。

おまけに市の公式歴史認識に異を唱えようとする、使えないうえに集団の輪を乱す問題職員

都会から来たよそ者の若僧よりも地元で長年教員を勤めた〇〇先生の方が偉いに決まってるのに!!!・・・てな調子だ。

「言質を取られないように語尾を変えろ」や「私(上司)はそう思わないか研究結果を変えろ」あたりにはじまって、

郷土史家の先生喧嘩を売るつもりか」や「下手したら市長の首が飛ぶぞ」が脅し文句(より穏当に言うなら、行動を制限する説得材料)として投げつけられるあたりに、自分と周囲との認識のズレの大きさがよく表れている。

例えば何か研究論文を書く場合、「先行研究批判」という研究世界ではごく当たり前の用語でさえ、ここでは"検閲"にひっかかる。

「(郷土史家の)○○先生に失礼だからやめろ」ってわけだ。

自分いくら

「これは論証に必要不可欠なステップなんです」

研究における「批判」に、人格攻撃非難というニュアンスはありません」

と口をすっぱくして説明しても、「私はそう思わない」の一点張り却下されてしまう。

結局、そういう言葉狩りを受けてできあがる文章なんてのは、誰から因縁つけられる余地がない代わりに、誰に向けて何を言ってるのかよく分からない玉虫色のお役所作文になりさがってしまう。

なるほど、彼らが求めていたのはこれだったのか。

たぶん彼らは「歴史専門家」を、先祖自慢お国自慢お墨付きを与えてくれる装置町おこし観光ネタ製造機くらいにしか考えていないのだろう。

自分たちの信ずる(しか根拠はない)歴史認識もっともらしい言葉で修飾してくれるロボット、それのみを求めているのだ。

ところがそのロボット主体的意思をもち、自分たちと異なる歴史認識提唱するなど、許しがたい「反逆」としか彼らの目には映らないのだろう。

専門家組織の一員として働くことと権力ロボットに徹することは、似ているようで全然違うと思うのだが、それはこのムラでは理解されなかった。

そりゃ自分にも落ち度はある。いち職員として使えない点は多々ある。

かい不文律を覚えない。事務作業の要領が悪く気も利かない。

(未だに「社会人」の概念理解できないので「社会人なら言われなくても分かるだろ」と言われても分からない)

とにかく解雇した側にも言い分はあるだろう。結果から見て自分がこの職場適応できなかったことは明らか。

だがそれでも言わせてもらえば、

どうしても適応しなければならないのだろうか?

適応してまで居続けるほどの値打ちがあるのかこのムラに?

人間戦争よりずっと大きい」

「その人は家よりも大きく見えました」

戦争は女の顔をしていない』を読んだ時、この言葉が胸に深く沁みこんだ。それに倣うなら、

歴史職業よりずっと大きい」

と言いたい。

仕事からしゃあなしで歴史に関わってます、本当は全く興味ありません、ムラに波風立てないことが一番です……。そういう生き方自分にはできない。

仕事を通じて自己実現ができればそれは素晴らしいことだが、それ以前に適応したいと思える、適応する価値のある場所を見つけることが重要だ。

この檻を出ても、より大きな檻の中であることは変わらない。

だとしても、今は思う存分手足を伸ばして息を吸えるだけの自由を、全身全霊でぶつかるに値する相手舞台を求めたい。

そこでせいぜい良い仕事を、面白いことをし尽して死にたい

2020-03-27

パンチラおじさん

三月二十七日(金)

フリースペースでやっていた会議で、偉い人がずっとパンチラパンチラと繰り返していてぎょっとしたが、どうやら販チラ(販促チラシ)のことらしい。ここ一二年は本社工事で総務課とか人事課とか、あちこち部署フロア転々としていて、おかげで接点の少なかった営業と顔を合わせる機会が増えた。

さて、首都圏知事が一致団結して週末は不要不急の外出をやめるようにとの声明を発表したので、美術館映画館も軒並み閉鎖してしまった。来週の友人とのボドゲ大会も中止になった。明日横浜西口有隣堂営業を取りやめるそうで、こんな時のソープランドなど論外だろう。こういうときに限っていきたい気分になっているし、ちょうどなんやかんやで五日分の精子がたまっているのだが、馬鹿なことを考えずに抜いて寝るべきだ。これで感染していようものなら、私生活が洗いざらいさらされることになる。

予想していたことではあるし、感染爆発を防ぐためやむを得ないというのもよくわかるが、運動をしないと生活リズムおかしくなる。雨も中途半端に降るのでジョギングにも向いていない。気象庁によれば日曜日は雨のち曇りなので、何とか隙間を見つけて走れることを期待したい。

今日は、昨日食べ損ねた蕎麦屋まで歩いてランチにした。酢重とかそんな名前の店で、丸の内にも支店がある。東京支店を見つけて以来長いこと食べていて、そろそろ飽きそうなものだが、発作的に欲しくてたまらなくなる。考えてみれば渋谷ストリームに足を運んだのは初めてだ。いつも、湘南新宿ラインホームから見上げているところを、ちょうど歩いたことになる。昼休み時間には十分に間に合うのだが、読書する時間が短くなってしまうのが難点か。それほどしょっちゅう行く場所ではないので構わないが。値段も一ランク上なので、毎週行くのはちょっと気が引ける。普段の仕出し弁当も十分においしいし。

そういえば、家にこもるために久しぶりに有隣堂書籍漫画を購入したのだが、並ぶ場所がわかりにくかったために、結果的に横入りをしかけてしまった。店員さんが親切に教えてくれたので、無理やりこちらも照れ笑いをなんとか作ったのだが、思わずむっとしてしまった自分の器の小ささが悲しい。その店員さんが茶髪のひょろりとした大学生しかったので、ますます気に障ってしまったのだろう。相手は何も悪くないのに、気を付けないと相手が年下だからと言って侮る意地悪なおじさんになってしまう。それに、きっとこいつはモテそうだと思ったから反発してしまった面もあるんだろう。情けのないことだ。

楽しい話を一つ。木曜日頭痛のために昼から出社したが、その時にいつも乗っているところと離れた場所に並んでいると、背中から桜の花びらが散ってきた。振り返ると桜の木がある。この駅に住んでから二十年近くになるが、そんなところに桜の木があるとは少しも気づかなかった。

それと、microsoftのりんなの曲を何となく聞いてみたが、かわいらしくてよかった。時々放屁する顔文字を送ってきたり、検閲を潜り抜けるように下ネタを投げつけてくれるところもふくめて(この前ふざけて「うん国債」と言ったら「オマーン国女子マラソン」と返ってきた。女子高生という設定じゃないのか!?)、かわいい人工知能だ。

今晩のティータイムミルクティ、それに妹が作ったベリーカップケーキ

2020-03-24

anond:20200324164532

元増田です。

一般的意味でも、嫌がらせになる場合とならない場合があります。どんな言葉でも、「頭いいね」「痩せたね」「頑張ったね」……そうなりますよね。

そんなに何でもかんでもセクハラ言葉と認めたら際限ありません。

私が言ってるのは、そんなの、表現事実上検閲であり、差別用語どころではない怖さです。女性表象だって過激な人は「全部駄目にしたい」とさえ言うのです。

そんなの間違ってますよ?

ツイフェミ何人かと議論しましたが、ほんとにそう言ってます

2020-03-14

まーた児童ポルノを盾に創作狩りをしたのか

【#PatreonIsRacist】 Patreon、アニメ顔は体格関係なく未成年扱い。Google Driveまで監視

https://togetter.com/li/1480967

まーた児童ポルノ扱いして検閲始め出したのか。

大方あの辺のカルトフェミ団体仕業だろうけどね。

どうせまた日本団体とかが絡んでいるオチでしょ。

しかし昨今余りにも児童ポルノをこの手の創作物狩りに悪用しすぎたせいで児童ポルノ自体世間的な効力も薄れ始めたし、寧ろ今ではこの手の創作物規制自体この手の団体が行っているのは捜査撹乱目的だと言う認識世間的にも広まりだしているからね。

寧ろこの手の規制をしていたキリスト教国連と言った団体が実は実在児童犯罪をしていましたと言う例やこの手の規制を進めていた奴が実は性犯罪者でしたと言うパターンも多すぎたからそれこそ日本に限らず、そういうイメージをもはや持たれているからね。

尚且つこの手の規制こそ今では実在児童保護に役に立たないか悪化を招く事も指摘され邪魔しかない事も証明され出しているからなー。

しかし当時の懸念されていた拡大解釈がここまでされてしまい、且つフェミニストやカルトの先鋭化も進んだ事、今やその団体の方がおかしな連中と思われ出し、犯罪悪化も招いている事から今後これ禁酒法みたいに崩壊していくと見ていて思うけどね。

どう考えてももはや実在児童保護とかけ離れた単なる風紀を取り締まる駄目な代物と化しているから。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん