「春休み」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 春休みとは

2019-04-12

anond:20190412120030

平日休み仕事が珍しいから、平日はどこでも基本空いてるんだよ

ただ学生向けかつ春休み期間であれば平日でも人が来るってだけで

2019-04-10

anond:20190410074451

学生都心に通学するのをやめてくれればラッシュはだいぶん緩和されるんだけどな。

夏休み春休みには、マジでかなり減る。

八王子でも柏でも大学はいっぱいあるだろう。

バイトなんかやってないでがっつり勉強しろよ。

2019-04-06

劇場グッズの転売ヤーどうにかして

シネコンバイトしてる。

最近若い男の子が出演してる映画のグッズを、毎度まいど初日に買い占めていく転売ヤーがいる。

どんどんエスカレートしていってるので、本当どうにかしてほしい。

ライブビューイングなら、購入数の制限とか、チケット提示とか、本部から指示されることもある。

通常の上映作品劇場グッズは、まあ無法地帯

私が認識してる転売ヤー女性で、認識し始めたはまあ「たくさん買うなあ好きなのかなあ」くらいのレベルだった。

だけどどんどんエスカレートしている。

こないだは「L♡DK」と「PRINCE OF LEGEND」のグッズを、公開日の朝イチでごっそり買い占められて、その人の会計終えたら売り場がすっからかんだった。

LDKは「はじこい」で人気があがりつつある横浜流星くんが出てるし、

プリレジェLDHからグッズ需要結構あるのね。

春休みが始まるタイミングでもあったから、若いからの問い合わせがすごく多くて。

オトナだったら、すまんけど公式通販あたってくれ…ってなるけど、若い子だと公式通販を利用できる環境かどうかわからないじゃない。

送料とか、支払い方法とか、受取方法とか、なんかしら障壁がある子だっている、とおもうんだ(私は少なくとも勝手通販頼める環境じゃなかった)。

でさ、公式通販にくらべたら、やっぱりフリマアプリとかってそのへんのハードルが低いよね。

転売ヤーがいなければ、正規ルートで欲しかったグッズを買えたはずの子たちが、フリマアプリでそれらを見つけて、

(それがどういうことかも理解せずに)転売ヤーから買ってしまうのかなとおもうと、あーほんとうなんとかできないのかなーっておもう。

2019-04-03

anond:20190403144755

別に法学なんざ全く知らんけどその辺が重要ってのは一般常識として知っている

ってかニュース見てりゃ分かるだろ

元増田って、単なる荒らしじゃないなら本当に世間知らずなんだろうな…と思う

春休み中の中学生とかだろうか

ぴかぴかの一年

入学式を来週に控えた新一年生の息子

3月までは保育所に行っていたが、私は在宅ワーカーだし、息子は大人しい子だし、なんとかなるかなぁと思って4月から学童に行かず家にいる。

が、なんともなっていない。

とりあえず春休み目標毎日学習プリント1枚、小学校まで一緒に一往復する、自転車公道を走る練習をする、スクラッチゲーム作り、

これを一通り午前中に一緒にやって、午後からは私は仕事、息子は1人遊びにしようと思ってたんだけど、当たり前に午後までかかるし、夕方ごろに終わったとしても私もヘロヘロ仕事にならん。

学校まで子供の足だと往復1時間かかるし、息子は自転車にハマって隣町まで行きたがるし…家のとなりのコンビニまでもわざわざ車で行く親には辛いぜ

まぁ、息子は楽しそうだしあと1週間体に鞭打って頑張ろう。

2019-04-02

anond:20190402095741

春休み中学生なんだろうな

高校生以上ならそれより先に通ってる学校偏差値持ち出すはずだし

なんか本当に増田子供増えたよなあ…

anond:20190402094423

なんかもうすごいどうでもよい。春休み大学生駄文

2019-03-30

卒業旅行に行かなかった理由

これを書いている人は、この3月大学卒業4月から社会人生活を始める。

と言うと、世の大半の人は、人生最後になるかもしれない春休み友達との旅行などで謳歌しているのだろうと思われるかもしれない。

しかし、卒業旅行送別会などに全員が行く訳などなく、自分はこの1ヶ月半地元に帰り実家にいた。理由は至ってシンプルだ。あまりにもメンタルがやられてしま卒業旅行に行く気になれなかったからだ。

ゼミサークルどこに行っても弄られるキャラを演じる中で、表面上は笑いながらも精神的な負債が少しずつ蓄積されていき、今年の2月ゼミ飲み会でその負債が爆発した。あまりにもしんどすぎた。

その癖に、弄る側の人間は弄られて人はいつも笑いになって美味しいと勘違いしているのだろう、卒業旅行送別会に行かないと言う連絡をすると「なぜ来ないんだよ?暇なら来いよー」と勝手に暇だし行けるだろという圧をかけてくる。何故卒業旅行に行くことが当たり前と思っているのか、そのスタンス疑問視したくなった。

はっきり言って面倒この上ない。

行きたくないものに行かないという選択肢すら出来ないのかと思ってしまった。

かと言って本当のことを言って、雰囲気を壊してしまうのも憚られる。さらに、悩みとして打ち明けたとしても、弄られキャラのためにネタにされ、本当の悩みであってもまともなアドバイスを貰えることなんてない。大学生活最後春休みに、わざわざ精神を削ってまでこいつらの相手をするほど穏やかではなかった。

こういう理由があって、実家に帰ったものの、親と妹が冷戦状態愚痴自分にぶつけてくるような状況、さらにはストレスや悩みから全く離れた生活を送っていると思われ、そのような類の話をしても「そんな訳ない」とすぐに遮られる。

大学生活の中で、本当に精神が落ち着くのは、一人暮らしをしている家の中だけだったが実家に帰ってもそれは変わらなかった。

ただ、大学の知り合いと1ヶ月以上離れたことでかなりメンタルが回復した。これほどまでにリフレッシュするのかと初めて帰省の良さを知ったほどであった。

おかげで明後日に控えた、社会人生活スタート問題なく切れそうであるのだが、始める上でいくつか言っておきたいことがある。

1.弄られて直ぐに拗ねる奴に弄る資格はない。

小学校の時、「自分が嫌だと思うことは相手にするな」と教わったはずだ。にもかかわらす、守れない輩が多すぎる。ゼミ同期にも精神科通いのクソメンヘラ女がいるが、ツイッター上でメンヘラ垢まで作って、人生辛いとしてるのに、ゼミでは弄る側になる。この矛盾が見てて痛々しすぎる。

2.弄られている役の人の中には悩みがあっても言えない人がいる。

弄られる役の人も、人間である以上悩みを持っている。だが、その悩みを打ち明けたとしても、笑いのネタにされてしまうことも多々ある。そのため、言わないで自己解決を図ろうとする。このやり方で上手くいくこともあれど、どこかで躓いてしまう。(実際に今回の自分がそうだった。)

弄られる側の人の中には、人に本音をあまり言わない方もいるが、リアクションおかしいなどいずれ表情に変化が出るものだ。周りでその変化に気づいた方がいたら、是非真剣に話を聞くように受け入れることをお願いしたい。

3.弄られる側の人は怒りたくても怒れない。

弄られる内容や弄ってくる人によっては、反撃したいことも多々あるが、やり返したところでその場の空気が変になることくらい誰でもわかる。普段と全く違うリアクションを取っているわけだから。その異常を覚悟してリアクションを取るくらいなら、少々自分が傷付いても全体の笑いになればいいと思ってしまい、いつも通りのリアクションを取ってしまう。この少しの傷が蓄積されるとやがて取り返しのつかないことになってしまう。そうならないためにも嫌なことに対しては嫌と言っておくことも時には必要である相手に直接言うのが難しい場合には、間に人を介するなどするのもアリだろう。とにかく、取り返しがつかなくなってはもう遅い。

4.辛くなったら休む

無理して弄られるキャラを続けてもやがてガタが来る。その場合には直ぐに休んで1人でいるか若しくは全く別の関係である友達に会ってみることをお勧めしたい。

4月から社会人として仕事が中心になる生活が始まってしまうが、この文を1人でも多くの方が読み、1人でも弄られるキャラの人の救いになり、1人でも愛のない無責任悪口や弄りを止める人が増えることをささやかながら祈っている。

2019-03-27

さすがに春休みからってこれはないだろ

anond:20190327104213

少子高齢化言われているご時世に、観に行く牌が決まってるドラえもんが1位って、それだけ高校生以上が映画を観に行ってないって事でしょ。春休み期間なのに

最近ドラえもん大人が観ても楽しめる!って言っても、そんなの極わずかの人だけだし

2019-03-26

まだ3月なのにもう水着売ってる

春休みとかGW海外へ行くんだろうなぁ

2019-03-24

好きだった女の子の話

失恋しました。

失恋といえるほどのものでもないのだけど、でもきっとこれは恋だったと思います。私は忘れっぽいたちなので、忘れないよう、書き残しておきます。長いし、重いです。

出会ったのは小学1年生のとき。初めて友だちになってくれたのが彼女でした。誰とでも仲良くなれるような優しい女の子彼女は誰とでも仲良くなれる人だけど、私は違った。人見知りで、自分勝手で、今考えるとどうしようもないような性格だったと思います小学から中学校にかけての様々な件で私の性格はひねくれにひねくれ、自分いちばん醜いとまで思うようになっていきます。それでも小学から中学校までの9年間、ずっと仲良くしてくれました。彼女のことが一番大切だと思いました。

転機は高校ときです。彼女特殊高校に、私は普通高校に進学しました。彼女学校と私の学校そもそもシステムが違うため、長期休みが合うことはほとんどありません。臆病者な私は、彼女に連絡することを恐れるようになりました。彼女のことがとても大切だから勉強部活を私みたいな存在邪魔するのは、私自身が許せない。アルバイトを始めたと聞きました。なおさら、連絡なんてできません。そうなると(もうわかると思いますが)、あとは疎遠になっていくだけです。月日が流れれば流れるだけ、彼女神聖化したまま、私の記憶の中の彼女はやさしくてかわいいの子のまま美化されていき、とうといものへと変わっていきますもっともっと大切になっていきます高校生の間にも、数回遊ぶことがありましたが、私の前では昔と変わらずとてもやさしくて、素敵な彼女のままでした。きっとさらにすきになっていたと思います

はたちになると、成人式があります。いろいろな場所に散らばっていた友人たちも地元に集まります私たち同窓会をすることになりました。久しぶりにみんなに、特に彼女に会えることが嬉しくて、人一倍かわいくなりたくて、一番お気に入りワンピースを着て、時間をかけて髪を巻いて、丁寧にメイクをしていきました。かわいいねって言ってくれて嬉しかった。あなたにそう言ってもらいたくてそうしたのだから。この同窓会ときに、今度遊ぼうね、と約束しました。彼女卒業後は就職のため地元を出て都会に行ってしまうらしいのです。とてもとても楽しみにして、大学でのテストもいつもより少し頑張れました。彼女はまだテストがあったようなので、終わったらまた連絡してねと言って、そのときは終わりました。その連絡が来ないまま、彼女が都会へ既に向かっていたことを数日前に知りました。

「いつ遊べそう?」「春休みわっちゃうね」「遊べなかったね〜」「もう都会のほうにいるって本当?」何を言っても傷つけてしまうような気がして、この文章を書いている今も、どうメッセージを送ればいいのかわかりません。高校友達と遊んでいるのならば邪魔したくはないなあ、引越しの準備が思うよりも大変で忙しいのかもしれないし…と思い込むことでなんとか今日まで生きてきました。「どうして知らせてくれなかったのかな」とも思ったけれど、たまにしか遊ばない友達に出発の日時を教えるわけがありません。この結末はただの自業自得です。大切にしたくて、私がいちばん醜いと考えている自分から遠ざけようとして疎遠になるなんて、自分もびっくりするくらいのブーメラン。なんて救えない。彼女にとって昔よく遊んだ程度のお友達になっていただけなんです。どうしようもない、始まってすらいない私の初恋はここで終わります

こんなこと、誰にも話せないから、ここに書きました。友達がずっと恋愛感情を持っていたなんて知ったら気持ち悪がられるに決まってる。なによりこんなことを書いている私が、私のことを一番気持ち悪いと思っているのだから。そう思われたくない。彼女に嫌われることは何より怖い。好きだと言うことも今後絶対にない。叶うこともない。だって彼女女の子で、私も女。彼女はたぶん異性のことを好きになる人です。それでも話せるだけで嬉しかったし、満たされていたし、じゅうぶん幸せだった。ずっとずっと仲良くしてくれてありがとうあなたは私の救いで、大げさかもしれないけれど、光でした。あなたは強い人だから、きっとお仕事もうまくいきますあなたがこれから幸せであるようにここから願っています

2019-03-22

anond:20190322135744

b;id;Arturo_Ui 慢性的披露や不眠が、判断能力・速度を大いに減退させるのは当然の前提なんだけど、「合理的かつ迅速に判断対処できるオレ様」に酔っている増田の片腹痛さ。春休みに入ってガキの釣りシーズンが始まったかな? マジレス

お前こそ「一見正論に見える暴論を冷静な目線で見られるオレ様」に酔ってるだけだろ!!!

2019-03-21

木曜が祝日

なんか、いいね春分秋分らしい。

人の営みなどにまったく関係の無い「天体の動き」が神々しい。

連休になるような忖度などまったく無い。

個人的には水曜が祝日だと嬉しいんだけど、そうはならないのだから自分存在の小ささを思い知らされる。

しかし、金曜に休みを取ればちょっとした春休みになるというのは、ヒトという弱い生き物が懸命に知恵を絞って大自然の中で生きていると感じますね。

2019-03-20

童貞バリ島風俗に行って素人童貞になった

自分スペック

20歳大学生(男)

童貞

女性との交際経験なし

人生告白した回数3回、振られた回数3回


典型的非モテ男。

春休みを利用して友達バリ島旅行に行ったときお話です。


バリ島は海のアクティティだけでなく、綺麗なサンセット景色寺院などの観光地もある有名なリゾート地日本人向けバリ島格安で案内してくれている現地人を友人づてに紹介してもらった僕たちは、バリ島旅行順風満帆に楽しんでいた。

海でのシュノーケリングや街の観光も一息ついた3日目の夜、案内人(現地人だけど日本語喋れる)が僕たち一行に誘いかけてきた。

「疲れてるだろうし、ヌルヌルマッサージも紹介できるから興味あるなら俺のよく行くとこに連れてくよ」

ヌ、ヌルヌルマッサージ...?

なんなのだそれは。興味がわかないわけがなかった。

詳しく話を聞くと、日本でいうソープのようなサービスが受けられるお店があるらしい。

僕は後悔したくなかった。



------------------------------------------------------------------------

内人に車で送迎してもらい、お店に到着した。

結局来ることになったのは僕一人だ。友達たちはホテルで僕の背中を見送ってくれた。

夜も深まっていてあたりは薄暗い。異国の地の夜に1人で風俗店に入るのは少し怖かった。

お店に入ると受付のおばちゃんがこのお店のサービスについて説明してくれた。僕はそんなに英語が得意じゃなく緊張していたこともあり、単語を拾って聞き入れるので精一杯だった。

とりあえず『ジギジギ』(バリで「セックス」を表す意の単語らしい)はしっかり聞き取ることができたので『ok, Yes, Yes』と頷いていた。


半分くらいしか理解できなかった説明タイムが終わると女の子を選ぶことになった。

隣の部屋から続々とインドネシア人女性たちが出てくる。人数にして15~20人くらいはいたと思う。

とにかく緊張していて心臓がドキドキしていたし、選ぶ基準もよくわかっていなかったので、一番若そうで明るそうな女の子を選んだ(可愛かった)。


女の子を選び終わると、料金を払い(日本円で90分9000円くらい)僕とその女の子2人で個室へ移動した。部屋は予想していたよりも清潔で少しだけ安心した。

個室に入ると鍵を掛けられて密室状態になった。どうやら個室の中にあるシャワーを浴びてからプレイは開始されるようだ。


女の子から『服を脱いで』と言われたので言われるがままに服を脱いだ。シャワーを浴びるんだろうなと思って文字通り全裸待機してたんだけど、妙にシャワーの準備に時間がかかっていた。どうしたものかと思って様子を伺っていると、シャワーのお湯の出し方がわからずに困っているようだった。

(え?そんなことあるおかしくない??)と思って見ていると、なんだか彼女もひどく緊張している様子だった。すると、彼女はこう言った。


『今回がはじめてなの』


...?えっ...? first time??

一瞬理解が追いつかなかった。僕が思考を重ねているうちに彼女深呼吸をしていた。しかしそれでもシャワーからお湯が出ることはなく、生ぬるいというか少し冷たい水で体を洗い流された。


彼女自身自分で体を洗うとタオルを巻いて出てきた。ベッドにうつ伏せになるように言われたのでうつ伏せになった。すぐにオイル?ローション?を使ったマッサージが始まった。

僕も、ぼったくられないようにと思って一応事前にネットサービスの内容について下調べしてあったので30分マッサージ60分プレイというイメージを持っていた。

マッサージ技術には正直そこまで期待していなかったが、たったの5分で終わってしまった。

うつ伏せの体勢から顔だけ振り返ると、彼女ポーチから何かを取り出していた。

コンドームだ。


仰向けになってと言われて仰向けになった。彼女も体に巻いていたタオルを恥ずかしがりながら外していた。その間にも彼女は何度も深呼吸をしていて本当に緊張している様子が伺えた。僕の拙い英語力で『Are you OK?』と声をかけた。伝わったかからなかったけど、彼女気持ちを切り替えて頑張ってくれているように見えた。


言葉は通じなくても彼女が頑張っているのは伝わってきた。なのに、緊張のせいか僕のイチモツはまだ全然元気じゃなかった。

それでも彼女コンドーム開封して装着しようとしてくるので僕も事をスムーズに運ぶためになんとか股間意識を集中した。

タマを触ってくれたりしたおかげで半勃ちくらいになり、なんとかゴムが装着された。


次に、彼女ゴムを被った僕のイチモツを口でくわえた。とても苦そうだった。実際彼女も苦そうな顔をしていたので心配になった。そうだ、忘れちゃいけないけど彼女は今回がfirst timeお仕事なのだ。僕は彼女に辛い思いとか苦しい思いをできるだけしてほしくないと思った。

そうこう考えているうちに彼女はイチモツから手を離し、僕の上にまたがった。


え?もう?

だってまだシャワーを浴びてから15分も経っていないよ。僕は曖昧になりながらその光景をただ眺めていた。


挿入された。何も感じなかった。下手したら自慰の方が良いんじゃないかというレベルだった。そのまま彼女騎乗位で腰を振った。

気のせいか、さっきよりも彼女の表情もほぐれている気がして、そのままキスをした。

彼女一生懸命腰を動かしてくれているんだけど、どうも僕は気持ちよくなかった。このままじゃ中折れしちゃうんじゃ...?と思った途端不安になってきた。

相手は初めての仕事で緊張しているのにその上、客に中折れなんてされたら仕事以前に女性としての自信を失ってしまわないだろうか?


絶対に負けちゃいけない。

そう思って僕は膝を立てて自分から腰を振った。

このときからだんだん気持ちよさが分かるようになってきた。しばらくこのままの体勢で続けた。

彼女も途中から吹っ切れたのかわからないけどめちゃくちゃキスをしてきて舌を絡ませてきた。そのまま向こうの方から強く抱きしめてきて、僕はこれが初めての経験だったか比較できなくてわからないけど、セックスが盛り上がってきている気がした。キスをしながら腰を振り続けているうちにお互いに汗ばんで来て、騎乗位も飽きたので正常位に変えた。

正常位のほうが体を動かしやすく、相手の顔もしっかり見えてよかったし気持ちよかった。

体位を変えてから5分ちょいくらいで僕が果てた。


行為が終わった後は水を飲みながらつたない英語コミュニケーションをした。会話と言えるようなレベルのものはなかったと思う。でも、行為をする前のお互いの緊張した表情は完全に消えていた。キスマークを付けられたり、インドネシア電子タバコのようなものの煙の吸い方を教わったりした。正直行為そのものよりも、このときコミュニケーションタイムのほうが楽しかった気さえする。

最後シャワーを浴びてお別れをした。

------------------------------------------------------------------------


本当に満足の行く風俗初体験だったと思う。唯一後悔したことといえば彼女チップをあげ忘れたことか。

ただセックスして終わり、ではなくその後のコミュニケーションの大切さもわかった気がする。

肉体的な気持ちよさ以上に、行為を通してコミュニケーションを取るのが気持ちが通じ合っている感じがしてとても楽しかった。


まさかバリ島でこんな成長を味わえるとは思わなかった。所詮素人童貞なわけだけど、今は少しだけ自身が持てるような気がします。


ありがとう

まぁ転職先が見つかるまでは大人春休みだな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん