「シンシア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シンシアとは

2019-06-19

米18歳少女、友人殺害起訴 ネットで知り合った男が10億円で持ちかけ 動画撮影も促す

https://www.cnn.co.jp/usa/35138679.html

アラスカ司法局によると、デナリ・ブレマー被告(18)はインターネットを通じ、インディアナ州在住のダーリン・シルミラー被告(21)と知り合った。シルミラー被告資産家を装って、ブレマー被告の友人のシンシアホフマンさん(19)を殺害すれば少なくとも900万ドル(約10億円)を支払うとブレマー被告に持ちかけ、「殺人動画写真」を送るよう促したとされる。


愚かしい・・・

2019-04-24

DQFFにおける女キャラ役割

http://b.hatena.ne.jp/entry/lastline.hatenablog.com/entry/2019/04/24/105404

これ、半分くらいはその通りなんだけど半分くらいは詭弁っぽい。

ドラクエについては1~4、8~10については異論はないが

5はそもそも人間よりもモンスターの方が多い。また、誰と結婚しても回復役はベホマが使える主人公勇者である男の子であろう。補助としても、フバーハスクルトが使える男の子の方が有用である

まりキャラ(嫁&女の子)は全員「何の役割もない役立たず、ルイーダ放置してOK」扱いなわけで

それは回復・補助役以下の扱いだろう。

キャラでそういう扱いなのは、全作通してもトルネコテリーくらいなのに。

6は序盤こそミレーユが補助に回りがちだが、回復役としてはベホマを覚えるチャモロの方が適任であろう。そもそも職業システムのため最終的に誰を補助役にするかはプレイヤー次第である。これは7も同様で、キャラクターの性別は固定されているが役割分担は職業次第である

職業次第と言っても、女キャラアイラ以外全員(ミレーユバーバラマリベル)が

「力や装備できる武器が弱く(=肉弾戦には向かず)、MPが高い(=魔法を使わせるのが向く)」キャラなので

必然的回復・補助役攻撃魔法役を行う事になる。

が6,7共に特技が強いため攻撃魔法そもそも使わない人が多く、上記の女キャラ回復・補助役として使う人が大多数。

11では回復や補助役はセーニャかロウであり、男女ともにいる。どちらも、ベホマベホマラーが使える。また主人公ベホマ使用できる。ベホマズンを使えるのは、主人公とセーニャのため、この点を考慮するとセーニャの方が回復向きだろうか。

ロウ攻撃魔法も使えるし、主人公物理攻撃主体だがセーニャは回復が主な役割

中盤のみ攻撃も出来るようになるが、ロウ一人だけじゃ回復が足りずセーニャも回復専門で使う人が多い(装備の都合上、回復攻撃両方同時にはさせにくい)。

序盤と終盤は完全に回復・補助専門キャラ

ついでにローラ姫、シンシア、ターニアミーティアエマといった

戦うパーティキャラではなく(エマは超序盤のみ加入するがアイテム補助と応援しかしない)

物語上の役割も「典型的ヒロイン」な女キャラも多い。

FFについては大体が育て方次第ってのはその通りだが、

役割分担が明確な4はローザが「回復キャラ物語上も典型的ヒロイン」だし

やはり回復専門キャラであるポロムは敢えて無視したのか存在を忘れたのかどっちなんだ。

あと1や3を性別不詳とするのも無理があり過ぎる(あれ女だと思ってるプレイヤーいたのか?)

つーか3は「少年たち」なんだから男だろうよ(リメイクで全員に名前個性をつけられて、男3人女1人になったが)

やはり後付けだが1の主人公として他作品に出ているウォーリアオブライトも男だし。

2の主人公フリオニール一人だろう。5も明確にバッツが主人公。6は微妙(開発中はティナが主人公扱いだったが後付けで全員主人公扱い)だが。

2019-02-07

シンシア

南沙織って知ってるか?って上司ドヤ顔で言われたから、シンシアですよね?って答えたのに無視された。

間違えたかなーって思ったけどあってんじゃねーか。

2019-01-07

ラムザアルマ幻覚説、シンシアドラクエ幻覚説、キーファオルゴ・デミーラ説、チャモロエビルプリースト説、リノアアルティミシア

没案の残滓なのもあるけど

こういうダークっていうか悲劇っぽい深読み妄想が根強いのって何なんだろう

2018-11-17

今年のアカデミー賞作品賞にひっかかりそうな映画たち

自分ブログにでも書こうかなと思ったけど、だいたい https://www.metacritic.com/pictures/oscar-best-picture-contenders-for-2019?ref=hp からパクリだしそんなに力いれて調べてないので増田に放流します。

本命は『スター誕生』、『BlacKkKlansman』、『グリーンブック』あたりか。ノミネーションだけなら『ファースト・マン』や『女王陛下のお気に入り』も。


BlacKkKlansmanスパイク・リー監督

今年のカンヌで『万引き家族』の次点グランプリを獲得した、黒人映画永遠トップランナーの最新作。

黒人なのにKKKにもぐりこんでしまった潜入捜査官の実話を描く。

スパイク・リー監督作のなかでは『ドゥ・ザ・ライトシング』や『マルコムX』をも凌ぐ評価を獲得している(そして興行的にもここ十年で自己最高)。

公開時期が夏季であることと、ややコメディよりのタッチノミネーションに不利に働くかもしれないが、トランプ政権下において「ブラックリブス・マター」運動はまだまだ意気軒昂。「黒人映画」枠競争を勝ち抜くポテンシャルは十分だ。


ブラックパンサー(ライアン・クーグラー監督

解説不要だろう。今年米国内で最高興収をあげた作品にして、マーベル映画史上でも最も支持された傑作ヒーロー映画

アメリカ国内外黒人問題歴史的視点にめくばせしてオスカー好みの社会性もばっちり備えているものの、やはり「アメコミ映画」のレッテルがネック。

まだまだ白人男性・おじいちゃん大勢を占めるオスカー会員にあっては弱い。ギリギリノミネーションがあるかどうか、といったポジションだろう。

余談だが一時期新設されそうだった「ポピュラー映画賞」部門ブラックパンサーを受賞させるために作られるのだという噂だった。裏返せば、作品賞本選に選ばれる格ではない、と会員からみなされているのだろう。


Can You Ever Forgive Me?(マリエルヘラ監督

落ち目ライター有名人手紙文章捏造して高値で売る詐欺に手を出し、それが嵩じて博物館から実物を盗みだそうと企む実録犯罪コメディ

日本ではあまり知られていないけれど主演のメリッサ・マッカーシーアメリカで今いちばんアツいコメディアンのひとり。

夫のポール・フェイグと組んで『ブライズメイズ』、『SPY』、『ゴーストバスターズ(リメイク版)』などの陽性の笑いでヒット作を飛ばしてきた。

そんなマッカーシーが一転してシリアスブラックコメディに挑戦し、見事大成功。本年度の主演女優賞ノミネートが確実されている。

演出したヘラ監督の手腕も高く評価されており、初の監督ノミネート、さらには作品賞も夢ではない。


Eighth Grade(ボー・バーナム監督

インディーからまれた今年最大のダークホース

とある気難しい現代っ子少女中学生最後の一週間を描いた青春コメディ

中学生版『レディ・バード』にもたとえられる(中二病的な意味で)痛々しくも切ない、みずみずしくもどんよりとしたフレッシュローティーンライフ描写が広範な支持を集めている。

監督は若干28歳のコメディアンで、なんとユーチューバー出身アメリカ映画界における新世代の台頭を予感させる一本。すでに数多くの映画祭や映画賞にピックアップされている

オスカーコメディ敬遠する一方で、サプライズ的なインディー作品を好む傾向にあるが、はたしてこの作品の出目は吉とでるか凶と出るか。最悪でも脚本賞ノミネートは固いか


女王陛下のお気に入りヨルゴス・ランティモス監督

ロブスター』、『聖なる鹿殺し』と強烈かつキテレツ作風で知られるランティモス監督最新作にして初の時代劇

アン女王を演じるオリヴィア・コールマンを巡る二人の家臣(レイチェル・ワイツとエマ・ストーン)のバトルを描く百合時代劇……たぶん百合だとおもう。

すでに巨匠地位確立したランティモス監督過去作のなかでも群を抜いて評価が高く、今年のベネツィア国際映画祭でも第二位にあたる審査員賞を勝ち取った。オスカー前哨戦となる各種賞レースももちろん名前を連ねている。

今年の本命作のひとつとも目されるが、ランティモス特有変態さ加減が(今回は脚本までは書いてないとはいえ)どこまでお上品なオスカー会員たちに受け入れられるか……。


ファースト・マンデイミアン・チャゼル監督

ラ・ラ・ランド』で幻の作品賞受賞というなんともかわいそうな結果に終わった(それでも本人は史上最年少で監督賞を獲っているが)デイミアン・チャゼルライアン・ゴズリング

そんな彼らのリベンジマッチが実録宇宙開発物語ファースト・マン』だ。人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロング船長スポットライトを当て、彼の視点からドラマを描く。

企画段階から作品ノミネートは当然、という空気のなかでプレッシャーを跳ねのけて見事高評価を集めた。ノミネーションはほぼ確実といっていいのではないだろうか。反面、今度こそ受賞なるかというと、今ひとつパンチがきいてないようで不安が残る。


グリーン・ブック(ピーター・ファレリー監督

オスカー前哨戦の最も重要とされるトロント国際映画祭で観客賞に輝いた作品。ここ十年で同賞を得た作品オスカー本選にノミネートされなかった例はたった一回しかないのだ。

黒人差別が法的に是認されていた時代アメリカで、自分ちょっとレイシスト入っている用心棒白人男が南部コンサートを開きに来た黒人ピアニストを送迎する仕事を命じられる。最初は「黒人のくせに上等なスーツを着てお上品にピアノなんぞひきやがって……」と反感を抱く用心棒だったが、行く先々で差別待遇を受けるピアニストに対してだんだんシンパシーが湧いてきて……という内容。

ほろ苦くもユーモアメッセージ性に満ちた内容はまさしくオスカー好み。「分断されたアメリカ」というテーマタイムリーさもある。ちなみに監督は『メリーに首ったけ』などのロマコメで知られるファレリー兄弟の兄。このところは過去のヒットコメディリメイクなどで仕事に恵まれなかったが、もともと潜在的に持っていた社会派なセンスが一挙に花開いた。


If Beale Street Could Talkバリージェンキンス監督

ムーンライト』で一昨年の作品賞を獲得したジェンキンスの最新長編。今度こそはチャゼルにかっさらわれた監督賞もいただいて完全制覇を目論む。

原作は今年日本でもドキュメンタリー映画私はあなたのニグロではない』が公開された、黒人小説家ジェームズボールドウィンによる短篇濡れ衣をきせられて収監された夫を助け出すために奮闘する若き妊婦お話

テーマ重厚さも話題性も十分だが、公開が当初予定していた11月から12月にのたことが若干きがかり。クリスマス狙いのブロックバスター大作のなかで埋もれてしまう恐れがある。


Mary Queen of Scots(ジョージィ・ルーク監督

互いにイングランド王位をかけてあらそったスコットランド女王メアリーイングランド女王エリザベス一世を、それぞれシアーシャ・ローナンマーゴット・ロビーという旬な女優が演じる。

脚本担当したのは『ハウス・オブ・カード』や『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』などの現代政治劇の名手、ボー・ウィリモン。

いずれもオスカーノミネーション歴を有した名前ぞろいでクオリティ保証されている。同じくイギリス舞台にした時代劇である女王陛下のお気に入り』がライバルか。


ROMA(アルフォンソ・キュアロン監督

世界的に見れば今年最も評価の高い映画といっても過言ではない。ベネツィア国際映画祭の最高賞。

1970年メキシコ・シティで家政婦として働く女性とその一家ドラマモノクロで撮る。

評価の高さと『ゼロ・グラビティ』でオスカーを獲ったキュアロン知名度があれば当然作品賞も……となりそうなものだが、障害は多い。

まずスペイン語映画であること。長いオスカー歴史のなかでこれまで十作品外国語映画作品賞にノミネートされてきたが、受賞にいたったものは一つとしてない。

次に Netflix 映画であること。カンヌみたいに公に締め出すことはしないにしても、アカデミー会員のなかでも動画配信サービス勢に対する反感は根強い。一昨年の『最後の追跡』やドキュメンタリー作品例外として、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』『マッドバウンド』といった作品たちもその年最高クラスの称賛を受けながらもオスカーノミネートには至らなかった。

いちおうネトフリも『ROMA』については配信に先駆けて劇場公開を行うなどの「オスカー対策」をやっているが、はたしてどうなることやら。

ちなみに Netflix でも来月に配信される。驚くべき時代になったものだ。


アリ― スター誕生ブラッドリー・クーパー監督

ショービズ映画古典リメイク。この八十年で三回目の映画化です。

本年度大本命に数えられる一本。批評家・観客からの圧倒的な支持率もさることながら、商業面でも大ヒット(現時点で世界興収三億ドル突破)を飛ばした。主演のブラッドリー・クーパーレディ・ガガの演技もさることながら、これがイーストウッド降板を受けての初監督となったブラッドリー・クーパー演出にも嬉しい驚きが満ちているとかなんとか。

監督役者脚本、成績と四方に隙のない完璧映画に見える。

だが、一昨年の『ラ・ラ・ランド』、昨年の『スリー・ビルボード』と「早すぎる大本命」はかならずバックラッシュに晒されるのがオスカーという場。12月以降に猛然と差してくるであろう後続期待作たちを振り切れるかどうか。


Widows(スティーブ・マックイーン監督

2013年アカデミー作品賞を獲得した『それでも夜はあける』のスティーブ・マックイーン最新作。オスカー獲得後の第一作でもある。

シカゴでヘマをやらかして死んでしまった強盗たちの四人の未亡人ヴィオラ・デイヴィスエリザベス・デビッキミシェル・ロドリゲスシンシア・エリヴォ)が亡夫の後を継ぎ女だけの強盗団を結成するちょっと変わった犯罪映画

マックイーンとヴィオラ・デイヴィスというアカデミー賞受賞コンビ鉄板の出来。

そのパワーでジャンルムービーを嫌うオスカーノミネーションを勝ち取れるかが見どころだ。


Boy Erased(ジョエル・エドガートン監督

厳格なキリスト教である両親のもとで育ったゲイ少年ルーカス・ヘッジス)が教会同性愛矯正プログラム(いわゆるコンバージョンセラピー)に放り込まれセラピストとバトルする青春ドラマ

近年では『ダラスバイヤーズ・クラブ』のジャレド・レトがそうだったように、LGBTもの俳優にとってオスカー像への近道だ(スカーレット・ヨハンソンみたいに非LGBT俳優LGBTの役を演じることに倫理的非難が高まりつつあるにしても)。

批評家から評価的には作品賞には届かないかもしれないが、演技賞ではノミネートが有望視されている。

トランプ政権下でLGBTに対する抑圧が増しつつあるだけに、時事性も捉えているかもしれない。


Vice(アダム・マッケイ監督

GWブッシュ政権下で「史上最悪の副大統領」とも呼ばれたディック・チェイニー副大統領クリスチャン・ベール激太り(何度目だ)+ハゲという負の肉体改造で演じたブラックコメディ政治劇。

他にも妻リン・チェイニー役にエイミー・アダムスラムズフェルド国防長官役にスティーヴ・カレルGWブッシュ役にサム・ロックウェルなどアカデミー賞級の芸達者がずらりと並んでいる。

題材としてはなかなかトリッキーだがマッケイ監督の前作『マネーショート』がそうだったように、ツボにはまれば一挙にアカデミーノミネートまで行ける。

同じく政治ネタでライバルだった『フロントランナー』(ジェイソン・ライトマン監督)の評判がいまひとつ芳しくないのも本作にとっては好材料


The Old Man and the Gun Now(デイヴィッド・ロウリー監督

名優にして名監督ロバート・レッドフォード引退作。15才で逮捕されたときから人生を通じて強盗を繰り返してきた70才の犯罪者(レッドフォード)と彼を追う刑事ケイシー・アフレック)、そして彼に惹かれていく女性シシー・スペイセク)を描く実話犯罪コメディ

作品ノミネートは微妙なところだが、レッドフォードはまず間違いなく主演男優賞候補入りするだろう。

ちなみにデイヴィッド・ロウリーの前作であるゴースト・ラブストーリー『A GHOST STORY』は今日から封切り。観に行け。

一方で、実話犯罪・老人・名監督にして名俳優共通する要素の多い作品としてクリント・イーストウッド監督の『The Mule』にも注目しておきたい。こちらは80才の麻薬の運び屋をイーストウッドが演じる。映画祭などでもまだ未公開なため、どう転ぶかはまだわからないが、近年のイーストウッド作品に対するアメリカ人の冷め方からすると賞レース的な意味での期待はあまりできなさそう。



その他有望そうな作品

メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー作品賞をさらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全のこのエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-09-27

香港映画女性活躍

タイトルほど大した話ではないのだが、

昔の香港中国アクション映画を見ていると、女性アクションが目立つ。

というか、むちゃくちゃ多くね?と思った。今の欧米映画と比べても多い。

特に活躍していたのは80~90年代だと思うが、香港女武打星(女性アクションスター)なる言葉もあったくらいだ。

アンジェラマオに始まり(正確にそうなのかはわからないが)、

ジュディ・リーシンシアカーンムーンリー大島由加里(シンシアラスター)、シンシア・ラスロック、(シンシア多いな)

そして当然、世界アクション女王となったミシェール・ヨーもいる。

ジャッキー・チェン映画では普通女優アクションを演じることも有名だし、

ジャッキー映画以外でも、アニタ・ムイマギー・チャンジョイウォンブリジットリンらが普通アクションを演じる映画がある。

女性が戦うシリーズでも皇家師姐やワンダー・ガール東方三侠、ツインズ・エフェクトなどもあるし、映画敵役女性が登場し主人公と戦うことも珍しくない。

藤純子梶芽衣子志保美悦子らがいた日本と比べても十分多いのではないかと思う。

こんなに女性主体的活躍が描かれるって、映画史的にはかなり特殊なのではないだろうか?

今の映画界の女性キャラクタ主体性云々という基準から見ても、ある面ではかなり先を行っていたように思える。

もちろん、東アジア儒教思想の国なので、現在のようなジェンダー感ではないだろうが・・

それでここまで女性活躍していたことは素直に驚く。

もっともそのせいでムーンリーらの痛ましい火傷事故も起きたのだが(その後アクション映画でまた復帰)

これってジェンダー論?とかで扱われるようなネタではないのかもしれないが、ちょっと驚いたので書いておく。

2017-01-20

[]高遠るい「SCAPE-GOD(スケープゴッド)」

スケープゴートをもじったタイトル

出てくるキャラは羊の角がはえてるひつじさんと呼ばれる神様少女

地球に特異っつうのがせめてくるけど、それを守るために戦うレズの女と神様少女

うーんみかるんボアザン、これと続けて読むとさすがにこのノリに飽きてくるな

打ち切りっぽいのに1巻でそれなりに伏線も回収してまとめてるのは根性あるなとは思うけど

シンシアからキャラが地味にでてるのが一番面白かったかなあ

あいつとあいつの娘とかねw

2017-01-18

[]高遠るいミカるんX」

女子高生二人が合体して裸の巨人になって宇宙人と戦う話

第一部までしか読んでなかったから改めて最初からラストまで通読

面白かった

ノリが合う人にとってはめちゃくちゃ面白いと思う

伏線もしっかり回収されてるし、作者のファンならシンシアザミッションキャラモブで出てくるのもニヤリとさせられる

シンシア~は、たまにまとめブログとか2chとかふたば話題になる、女版バキのマンガのやつね)

しかしるんなの母親シンシアあいつに似てると思ったらまさか本人だったとは・・・

父親のほうはぜんぜん覚えてないけど

すごい一大スペクタクルになってるのにマイナーすぎて(まあクセあるからしょうがないけど)、すごく悔しい

最終巻もamazonレビュアーたったの3人だし

たった8巻の中にぎゅぎゅ~っといろんなエッセンスがつまってるから密度も濃い

アニメクール見終わったような満足感がある

特撮とか燃えとか好きならはまれるかもね

グレンラガンの熱さに近い気がする

そんな感じ

あとは百合好きにも琴線に響くところがあるかもね(自分がそうだから

2017-01-09

ドラクエ4シンシア幻覚説とかドラクエ5山奥の村の墓増えるデマとかFFTラムザアルマ幻覚説(公式否定される)とか

なぜ悲惨な方に悲惨な方に勝手想像するんだ?(FFTしょうがいかもしれんが)

ありのまま受け止める精神が欠けすぎているだろ

行間を読む前に本文をちゃんと読めよ

2015-10-22

ヌイた女リスト(随時アップデート

次元(非AV)

篠崎 愛 井上 和香 釈 由美子 小池 栄子 佐藤 江梨子 深田 恭子 優香 真鍋 かをり MEGUMI 広末 涼子 ほしのあき 長澤 奈央 浅尾 美和 桜庭 あつこ 藤原 紀香 雛形 あきこ 深津 絵里 熊田 曜子 吹石 一恵 松金 洋子 叶 恭子 叶 美香 乙葉 安 めぐみ 原 幹恵 さとう珠緒 菅野 美穂 

次元(AV)

高井 桃 北原 多香子 めぐり藤浦めぐ) 春菜 はな 白石 茉莉奈 沖田 杏里 川上 ゆう 篠田 ゆう 入江 愛美 紗倉 まな JULIA 琴乃 麻美 ゆま 水野 朝陽 澁谷 果歩 神咲 詩織 

次元ゲーム

ピーチ姫 ローラ姫 ムーンブルクの王女 女僧侶 女賢者 女剣士 女武闘家 女遊び人 女勇者 女魔法使い マーニャ ミネア アリーナ ロザリー シンシア ネネ アレクスの妻 アッテムト付近のほこらで雷に打たれて死ぬシスター ビアンカ フローラ マリア サンタローズで跳びはねるシスター ターニア ミレーユ バーバラ サリィ カガミ姫 ジュディ サンディ シスターアンナ ディーネ ユリナ マウントスノーで凍っているシスター アイラ エイミ カヤ グレーテ コスタール防具屋の妻 ニコラのメイド パミラの弟子 フォズ ライラ ゼシカ メダル王女 ミーティア シセル マリー ミリー ムリー メリー ユリマ 赤坂 美月 セシリア エルミナ レディ・ハーケン エマ博士 マリエル リルカ リルカの姉 カノン アルテイシア ケイト エイミー モモ リンダ アンテノーラ マリナ コレット ちょっとえっちなおねーさん ヴァージニア マヤ ミレディ ベアトリーチェ ユウリィ ラクウェル ファルメル ベリエール フィオレ アーシア エニル カスミ ナツメ エリカ アンズ アカネ ミカン ツツジ アスナ ナギ スモモ メリッサ スズナ カミツレ フウロ ホミカ ビオラ コルニ クリス フグリ ハルカ ヒカリ セレナ メイ トウコ ベル アズサ アララギ博士 ジョーイ ジュンサー カンナ カリン プリム シロナ カトレア シキミ パキラ ドラセナ ふりそでのキリカ ふりそでのシオネ ふりそでのカレン ふりそでのアサミ OL アイドル アロマなおねえさん イタコ ウェイトレス うきわガール オカルトマニア おじょうさま おとなのおねえさん カウガール きとうし スクールガール せんせい センパイとコウハイ テニスプレイヤー ナース バッドガール バトルガール パラソルおねえさん ビキニのおねえさん ピクニックガール フシギしまい ふたごちゃん ふりそで ベーカリー ほいくし まいこはん マダム ミニスカート メイド メルヘンしょうじょ リポーター エリートトレーナー サイキッカー スカイトレーナー ベテラントレーナー ホープトレーナー ポケモンブリーダー ポケモンレンジャー ラブラブカップル ロケット団のしたっぱ アテナ マグマのしたっぱ カガリ アクアのしたっぱ イズミ ギンガ団のしたっぱ マーズ ジュピター プラズマ団のしたっぱ フレア団のしたっぱ コレア アケビ モミジ バラ 

次元漫画

2013-06-24

割りと原作通りなキャラ付けの多いスパロボでも、富野ガンダム勢は全然違うよな

キンゲシンシアみたいに原作内面を掘り下げる描写が殆ど無かったキャラをそうするならまだしも、皆して正義の味方のいい子ちゃんにしちゃうのは原作好きから見ればどう映るんだろう

実際原作カミーユスパロボオリジナルキャラの軽いノリ見たら後ろから撃ちかねないだろ

戦いを遊びにすんなとかキレてさ

2013-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20130619194343

「今のゲームは…」というのは、年寄りの繰り言っぽく聞こえるかもしれない。けど、なんにせよ「遊び」って大事だなーとは思います自分の中の原体験は、大昔の「ドラゴンクエストⅣ」の初プレイ時。

主人公は、自分が何者とも知らず、名もない山奥の村にひっそり村人に隠されて暮らしていた勇者末裔。第五章冒頭で、その村は魔王軍勢発見され、幼い主人公を守るべく、幼馴染みのシンシア主人公のフリをして、身代わりになるシーンがあるのですね。で、当然軍勢に敵うわけもなく、死ぬ。というより、あえて死んで「勇者末裔は死んだ」と思わせることで、主人公の命を守ろうとするわけです。

全てが終わり、魔王軍勢が去った後、廃墟になった生まれ故郷の村を隠れ家から出てきた主人公は見る。ぼーぜんと村を歩くけれど、足が向くのはシンシアといつも話していた…そしてシンシアがついさっき殺された、村の中央の花畑。で、そのシーンに感情移入していればしているほど、シンシアの死んだその場所を「しらべる」せずにはおれないのですね。そうすると、そこには「はねぼうし」という頭用防具が落ちている。

当たり前ですが、「何か落ちたようだ」とか、そういうフリは一切無い。でもって、「はねぼうし」を見つけようが見つけまいが、話の展開には何の影響もない。ゲームの進行上、完全な「遊び」に過ぎない。でも、このシーンがあったことで、自分にとってはドラゴンクエストⅣは忘れられないゲームになりました。もちろん、私の主人公が、デスピサロを倒すそのときまで「はねぼうし」を被り続けたことは言うまでもありません。(ちなみに、数値上はこれも完全にムダ。所詮「はねぼうし」は「はねぼうし」であって、店で普通の値段で買える単なるアイテムに過ぎないし、後々いくらでも強力な頭用防具は登場するので。)

ドラゴンクエストⅣのこのイベントも、もちろん制作者側の狙いに基づくものだし、今となっては陳腐な演出の一つなのかもしれません。ただ、当時の感覚として、このとてもひっそりとした仕掛けは、RPGとはそもそもなんだったかということを訴える制作者の姿勢として、とても好ましく感じられました。シンシア羽根帽子は、ドラゴンクエストⅣの提供するものが、紙芝居ではなくロールプレイである、というメッセージだったのだと思っています。そういう「遊び」って、多分いまはあんまり理解もされないし流行らないんだろうなと思うと、まあ、確かになんだか残念ではありますね。それが、一般人の感慨なのか、ゲーマーとしての感慨なのかは自分にはよく分かりませんが。

2012-05-28

ざんねん!わたしのぼうけんはここでおわってしまった!

>ご連絡有難う御座います

>今回お問い合わせ頂きました件に関しましては、

>弊社からのもので間違いございません。

>今回出品IDをお書き頂いておりません為

>出品内容がご確認できておりません。

>もしお心当たりがございましたら

>出品取り消しをお願い致します。

>ご不明な点など御座いましたら出品IDと該当商品ページの

URLを再度お知らせ下さい。

>*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Sincere Inc Store Yahoo!

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sincere-inc/index.html

Sincere Inc Store 楽天市場

http://www.rakuten.co.jp/sincere-watch/index.html

株式会社 シンシア

>〒541-0046

大阪府大阪市中央区平野町4丁目6番3号 大明ビル6F

>TEL:06-6226-1002 FAX:06-6226-9002

E-mail:store@sincere-inc.jp rakuten@sincere-inc.jp

>*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

>----- Original Message -----

>From:

>To: <info@sincere-inc.jp

>Sent: 2012

>Subject: ヤフーオークション廃盤商品を出品した件

>> ヤフーオークション御社廃盤商品を出品した所、

>>

>>

>>

>>

>>

>>

>> id:sincere_center

>>

>>

>>

>> 株式会社シンシアです。出品されている商品は弊社製品取り扱い(現在廃盤商品)の模造品です。出品削除をこちらからも掛けれますが、出品者様のID規制が掛かってしまます。すみやかに出品取り消しをお願いいたします。

>>

>> と御社を名乗る質問が来たのですが、このID御社で間違いないのでしょうか?

>> ホームページ上に一切無く、

>> 怪しいので騙りかどうか確認したいのでメールしました。

2012-01-06

[]dododo4

企業分析入門 第2版 - クリシュナ・G. パレ

ビジネス統計学【上】 - アミール・アクゼル

実行力100%の会社をつくる! - 大久保 恒夫

デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方 (ハヤカワ新書juice) - ティム ブラウン

デザインイノベーション デザイン戦略の次の一手 - ハルトムット・エスリンガー

ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術 - 棚橋 弘季

発想する会社! ― 世界最高のデザインファームIDEOに学ぶイノベーション技法 - トム・ケリー

人を伸ばす力―内発と自律のすすめ - エドワード・L. デシ

世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある - シンシア スミス

イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10人材 - トム ケリー

米内光政 (新潮文庫) - 阿川 弘之

山本五十六 (上巻) (新潮文庫) - 阿川 弘之

最低で最高の本屋 (集英社文庫) - 松浦 弥太郎

エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746)) - オースン・スコット・カード

ロボット兵士戦争 - P・W・シンガー

戦争請負会社 - P.W. シンガー

子ども兵の戦争 - P.W. シンガー

戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA) - 神林 長平;

桃色トワイライト (新潮文庫) - 三浦 しをん

障害のある人がいる家族の肖像 - ステェン ランゲ

2011-12-31

[]read it later用

☆5  エヴィアンワンダー  

☆3  おたんこナース    

☆5  カルバニア物語

☆4  さかしき人にみるこころ

☆2  さよならを教えて

☆5  すぎなレボリューション

☆3  バツイチランタン

☆3  バーバーハーバー

☆4  チキタGOOGOO

☆3  ナッちゃん

☆5  ランドリオール

☆5  聖★高校生

クソ  空をとぶ3つの方法

☆5  フラワー・オブ・ライフ

☆3  リトルバスターズエクスタシー

☆2  私立彩陵高校超能力部

☆5  パンプキンシザース

☆4  辺境警備

☆3  癒しの葉

☆2  うみねこのなく頃に

☆3  クロカン

☆4  イリヤッド

☆4  狼と香辛料コミック

☆3  I/O Revision

☆4  赫炎のインガノック

☆2  白光のヴァルーシア

☆4  よつばと

☆5  昴 + MOON

☆3  スクールランブル

☆4  北斗の拳

☆5  め組の大吾

☆5  シャカリキ!

☆4  モンキーターン

☆2  トッキュー

☆2  蒼天の拳

☆3  海猿

☆3  我が名は海師

☆3  風子のいる店

☆5  7SEEDS

☆2  2代目はコスプレーヤー

☆5  石の花

☆2  ヨザクラカルテット

☆3  ゴッドハンド輝

☆4  キャノン先生とばしすぎ

☆3  竜+恋

☆4  バンブーブレード

☆4  ありがとう

☆2  東京家族

☆3  かりん(吸血鬼)

☆4  Ef the latter tale

☆4  神童

☆2  Garden

☆3  ぱいなっぷるARMY

☆3  漆黒のシャルノス

☆2  REC

☆3  ゴア・スクリーミング・ショウ

☆3  神のみぞ知るセカイ

☆5  EXTRAVAGANZA

☆1  銃刀

☆3  Mindead Blood

☆4  度胸星

☆5  惑星年代記

☆3  年上の彼女

☆4  未来日記

☆4  しゅごキャラ

☆4  無限回廊

☆5  プラネテス

☆4 ラストイニング

☆4 奈緒子

☆4 BANANA FISH

☆5 夜叉+イヴの眠り

☆5 しゃにむにGO

☆3 吉祥天女

☆4 ゆるやかな川の流れのように

☆4 桜の園

☆3 ラヴァーズ・キス

☆4 八雲立つ

☆5 花咲ける青少年

☆2 パパのさがしもの

☆4 ニューヨーク・ニューヨーク

☆3 パッションパレード

☆4 獣王星

☆5 3月のライオン

☆5 風と木の詩

☆4 デーモン聖典

☆1 黒神

☆5 OZ

☆3 屍姫

☆2 Maple Colors2

☆5 機動戦士Gundam The Origin

☆5 サイコスタッフ

☆3 からくり変化あかりミックス

☆4 少女ファイト

☆3 スキップ・ビート

☆2 花子と寓話のテラー

☆2 Bloody Monday

☆3 Honey Rose

☆4 Under the Rose

☆1 セキレイ

☆5 アニメがお仕事!

☆2 ガンダム 天空の学校

☆2 ガンダム 若き彗星の肖像

☆5 銀河鉄道999

☆1 女神の鬼

☆5 もっけ

☆2 アンネ・グリークス

☆4 電脳コイル

☆3 るろうに剣心

☆4 女王様の犬

☆2 最終進化的少年

☆3 きみはペット

☆2 鉄のラインバレル

☆4 LAST MAN

☆4 自殺島

☆5 家畜人ヤプー

☆5  奈津の蔵

☆3  夏子の酒

☆3  蔵人

☆4  チャイルドプラネット

☆2  はやてブレード

☆2  プラスチック解体高校

☆3  朱鷺色三角

☆4  コンチェルト・ノート

☆4  俺たちに翼はない

☆2  Angel Heart

☆2  とっぱら

☆5  Fate/Zero

☆5  流血女神伝

☆5  Baldr Sky

☆5  どんぐりの家

☆3  戯言シリーズ

☆5  化物語シリーズ

☆4  氷の海のガレオン

☆3  暗い部屋

☆5  Papa told me

☆4  BMネクター

☆4  からくりサーカス

☆5  クオ・ヴァディス

☆5  サルト・フィニート

☆1  SA(スペシャル・エー)

☆4  デビルマン

☆5  デビルマンレディー

☆2  ドロテア 魔女の鉄槌

☆5  バイオレンスジャック

☆3  ハニカム

☆4  花やしきの住人たち

☆4  ブラック・ラグーン

☆5  フルメタル・パニック!

☆3  まりあ・ほりっく

☆4  ヤサシイワタシ 

☆2  ラーゼフォン

☆2  会長はメイド様!

☆3  千夏のうた

☆4  よいこの黙示録

☆5  火の鳥

☆4  Working!

☆5  高杉さんちのお弁当

☆3  コッペリオン

☆5  ガンスリンガーガール

☆5  スティール・ボール・ラン

☆4  いばらの王

☆2  こえでおしごと

☆3  とある魔術の禁書目録コミック

☆4  とある魔術の禁書目録

☆5  とある科学の超電磁砲

☆4  フルメタル・パニック!コミック

☆3  まんまんちゃん、あん

☆3  ミカるん

☆3  メイド諸君

☆4  ログ・ホライズン

☆4  花の慶次

☆3  魔方陣グルグル

☆4  14歳

☆4  AI-REN

☆5  AV列伝

☆5  EDEN

☆4  Real Cloth

クソ  Rewrite

☆4  Ringlet

☆1  聖剣の刀鍛冶

☆4  アイリス・ゼロ

☆3  アクセル・ワールド

☆4  あしながおじさん

☆5  イティハーサ

☆5  ヴィンランド・サガ

☆4  進撃の巨人

☆3  ヴェルサイユのばら

☆4  うさぎドロップ

☆3  オイレンシュピーゲルスプライトシュピーゲル

☆5  オフィス北極星

☆5  彼氏彼女の事情

☆4  キーリ

☆1  KISS×SIS

☆4  キミノカケラ

☆3  こどものじかん

☆4  シュヴァルツシュマーケン

☆3  シュガーダーク

☆1  ビリオネアガール

☆4  シュガーはお年頃

☆4  シュヴァリエ巴里編

☆2  シンシア・ザ・ミッション

☆2  すた・ぐら

☆4  スマッシュ!

☆4  すもももももも

☆3  絶対可憐チルドレン

☆2  ゼロイン

☆4  ちょっと江戸まで

☆5  ディスコミュニケーション

☆4  ナツノクモ

☆2  ナポレオン 獅子の時代

☆5  ニコイチ

☆4  バーバ・ヤーガ

☆5  鋼の錬金術師

☆3  バクマン

☆5  はるか17

☆4  ひもろぎ守護神

☆3  ボーイズ・オン・ザ・ラン

☆4  ルサンチマン

☆4  マブラヴオルタトータルエクリプス

☆5  マルドゥック・スクランブル

☆4  マルドゥック・ヴェロシティ

☆4  みそララ

☆4  みつどもえ

☆3  ユーベルブラット

☆4  ヨイコノミライ

☆4  ヨルムンガンド

☆5  医龍

☆1  鉄のラインバレル

☆2  ローゼンメイデン

☆4  ザ・ワールドイズマイン

☆3  鬼灯さんちのアネキ

☆4  狂四郎2030

☆2  ヴァンパイア

☆4  極東学園天国

☆4  銀英伝コミック

☆4  攻殻機動隊コミック

☆2  わたしのおうちはHON屋さん

☆3  出るトコ出ましょ

☆2  少女革命ウテナ

☆4  西洋菓子骨董店

☆4  低俗霊DAYDREAM

☆3  低俗霊MONOPHOBIA

☆5  百舌谷さん逆上する

☆5  漂流教室

☆2  秒速5センチメートル

☆5  風光る

☆3  弁護士のくず

☆3  放課後のカリスマ

☆4  忘却の旋律

☆4  魔王REMIX

☆5  遊戯王

☆2  妖怪ハンター闇の客人

☆4  螺子とランタン

☆5  機動警察パトレイバー

☆3  めぞん一刻

☆4  嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

☆5  宮本から君へ

☆5  化物語シリーズ

☆5  少女不十分

☆5  Baby Step (今年のベスト)

☆5  シアター!

☆4  フリーター、家を買う

医龍

将国のアルタイル

海街diary 

君のためなら千回でも

サイコスタッフ

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

世界のすべての七月

罪と罰(コミック版)

天才柳沢教授の生活

ディスコミュニケーション

T.E.ロレンス

母なる夜

文学少女シリーズ

HUNTER×HUNTER

プルンギル~青の道~

マルドゥック・スクランブル

目隠しの国

ごっこ

神様ドォルズ

シュガーはお年ごろ

女王の花

自虐の詩

ディーふらぐ

Fate/ZERO

辺境警備

マルドゥっく・ヴェロシティ

まおゆう

メイド諸君

ウィッチクラフトワークス

君へ届け

CLOTHROAD

この彼女はフィクションです

聖なるかな

ディエンビエンフー

超弩級彼女

ドラゴン桜

花やしきの住人たち

ベルサイユのばら

放課後のカリスマ

闇金ウシジマくん

ヨイコノミライ

破天荒遊戯

フラクタル

星守る犬+続星守る犬

魔法少女まどか☆マギカ

もし高校野球の女子マネジャードラッカーマネジメントを読んだら

青空エール

女王の花

銀の匙

軍靴のバルツァー

さよならフットボール

1/11

星を継ぐものコミック

水の森

鉄風(天才×マゾ!)

オールラウンダー廻マキちゃん可愛い)

センゴク

センゴク外伝 桶狭間戦記

恋愛ラボ

eensy-weensy モンスター

惑星のさみだれ

うそつきパラドクス

マギ -MAGI-

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん