「肥大化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 肥大化とは

2019-03-24

anond:20190324223022

しろ政治家だろうと優秀なスポーツ選手だろうと歳を取ると傲慢さ頑固さが滲み出てくる、どんな人間自我肥大化から逃れられない、という真理を人類直視するために、積極的著名人晩節を汚してほしいと思う。人類悟りフェーズに移行するべき。

2019-03-18

anond:20190318143652

かにそーゆー傾向あるな

そのクール安心してポジティブにワイワイさわげるものをつねに探してる気がする

寂しがりなくせに自意識だけ肥大化したオタクってほんと人間のクズだわ

2019-03-17

anond:20190314215624

雌の上半身肥大化していることが雄から魅力的と知覚される世界が多すぎる

地球人への翻訳(意訳)ってことなのかな

2019-03-04

二次創作あくま自分のためにやってるとは言っても、やっぱり反応がもらえると嬉しいよ。自分場合はだけど

ただツイを始めたらその反応を求める気持ち肥大化してしまった。手軽に反応してもらえるから作品書くよりもツイで呟くことが中心になった。ツイで呟いて反応がもらえたらスッキリしてしまい、二次創作投稿SNSに乗せる回数はめっきり減った。そしてついでにブロックフォロー解除されることをとても怖れるようになった。フォローが解除されるたびに落ち込んだ。フォローされる喜びよりも外されたショックの方がいつも気持ちを上回った

交流も嫌ではないけれど得意ではないから、毎回誰かとやり取りしたあとはなにか失礼なことを言ってしまってないか不安になっていた

これでは駄目だと思ってツイを辞めたらまた投稿できるようになったけど、今度はモチベーションを保つのが難しくなってきた

ツイに比べると反応も閲覧数も桁違いで低いから、最近では「これ書いたところで誰も見てなくない?」って思うようになった。誰も見ないならそもそも作る必要がないのでは?って思ったらまた凹んできた

自己満足なんだって自分で完結できる強い気持ちが欲しい

2019-02-23

anond:20190223212826

東京のほうが田舎臭い凶悪(ただし車の運転のぞく

食事→高いもの食うわけでなければ東京名古屋も似たようなもん

ファッション→一握りのイケてる層なら東京>>>>>名古屋 だがそれ以外は似たようなもん

自然がない→大高緑地とか代々木公園より広い

名所がない→観光客じゃないから住む場所なら名所なんかいらん

都市しょぼい→東京肥大化し過ぎなだけ

東京は住む場所じゃない。時々行くぐらいがちょうどいい。

2019-02-19

anond:20190219210631

仕事肥大化というかリベラルって口だけで何もやらないよなってはなしじゃないの?

例えば、お前は弱者の為に何をした?

2019-02-09

anond:20190208134100

まず早い段階で倫理道徳面を言葉理解できる子とできない子の差はある

客観的想像力を働かせる事ができない子にも感情面に訴えかける事でそれを自分に関わる問題として自ら行動を制御させる事はできる

野菜食べなきゃおっきくなれないよ、そんなじゃサンタさん来ないよとかはそれ

それでも感情支配され自分でもよく分からなくなってる子とか分かってるけど構ってもらうためだとか別の要因でわざと困らせるようやる子もいる

別に特にやりたくもないし困らせる気もないけど友達と同じ行動を取りたいだけの子もいる

何も考えずテレビで見たのをマネする事に力を傾けたいだけの子もいる

言葉で分からせるためには分からせるための言語理解共感性の下地を作る事が必要だし

下地があってもかまって欲しい子に行動の倫理性を説いてそれを理解させたとしても問題解決しないし場合によっては悪化する

子供のその言動がどこから来るものかの理解が親にも必要でそれでアプローチも変える必要があって

またなぜそれがいけないか客観的正当性言語化と更にそれを言葉で分からせるための子供の立場での主観的発想と表現必要

それが子供社会経験の土壌として外からの影響に対しての取捨選択筋道になっていくんだけど

言葉で分からせる、をただ単に口で伝えるそれだけだと定義するから子供は言ってもわからないでしょ、となる

叱る時手を出すのはそれらの親側の言語化や親自身共感性や社会への倫理観、道徳観の客観的理解の有無も含め、全部すっ飛ばし言葉共感を誘う技術もそれを考える事もしなくても、もしくは出来なくても手っ取り早く動物なすり込みとしてネズミ電流と同じように誰でも容易にできるものから安易に使われて来た部分はあるのかなと思う

少なくとも仮に百歩譲って体罰正当化するなら最低限事前にルールと罰を提示する事と罰として判決理由のような改めてのそこに至った客観的正当性を伴う理由提示必要だろうけどそれさえないただ単に大人側が物事簡単に治めるための手を抜くためのツールとしている場合それは文字通りパブロフの犬のような反射に任せた思考停止しかないし現状の運用としてはそちらに寄っているように見えるからその理不尽さに反発の声があがるようになっているのは当然の事のように思う

感情的にどうにもできない子供へ手をあげて言う事を聞くよう仕向けるのも躾ではなく多くがその実単なる言動の抑止の手段まりになっていてネズミと同じく反復する事での反射的な学習方法とするならそこに論理への理解はないので結局は少し状況が変わるだけでまた新たな学習必要になり効率学習させる側の負担の面でも本人の負担の面でもいいやり方とは言えないと思う

ただでも思春期には感情面が肥大化して世界も広がって当人でさえ自分で舵取りが難しくなるのに下地も土壌もなく判断基準が作れない、作られないまま外の色んなものに触れて影響を受ける事になってそれが反社会的ものだとしたらそれが親にとってもぐら叩きでいたちごっこのようになってしまうのは目に見えているわけだし

そうなったらもう最悪祈るしかないわけで

でも現実親の余裕や知識技術平等であるわけもなく、その差をある程度是正するための幼児学校教育であり、だからこそ教育の場での安易体罰本末転倒で許容されるべきではないんだと思う

あと躾がなってない、は言う人間自覚してるかどうかは知らないけどおおよそその幼児からの土壌の有無、またはそこを怠りその後も相対的に結果が出せていないその事を言われていて躾が出来ない状況をそもそも何で作ったのかという過程への親の怠慢を責める意のもので、その上での体罰による躾と口で伝わらず放置するしかない状況との選択理解価値観下地作りを出来なかったという前提による同グループの中の異なった結果でしかないんだけど、それは言ってしまえば過去に遡らなければ現状どうにもならない事なのでそれを責めるのは人としてどうかと思うから無視すればいいだけだと思う

理解を深めさせる過程の年齢の子に躾がなってないとか面と向かって言ってくるやつはただの何も分かってないクソだからクソの意見なんて無視すればいいだけだと思う

そういう親を無理に責めて暗に子供を制させるよう向ける状況が子供のための教育や躾という意識の枠をこえた不必要公益意識からの焦りによる体罰を生んでいるんだと思う

子供特に幼児の子倫理道徳面での理解必要とされるのは愛情だけでも言葉にする事自体でもなく大人側の徹底的な感情をも含めた論理的思考と計画性を伴ったアプローチ技術とその体系化でしかないし、それが圧倒的に足りてないと思う

そしてその事はセーフティーネットである教育現場への負担としても影響してると思う

この前夕方ニュースかで学童保育の話をやってて子供が泣いてて、それはじゃんけんで勝った方が何かの遊びを出来るって双方ルール理解した上でやった結果で負けた子は悔しかたか思い通りに行かなくて腹が立ったか感情的に抑えられなかったみたいなんだけどそれを忙しそうにしてた大人が勝った子に相手の子が泣いてる事を理由に謝らせてて

一定の体系化と周知は親のためにも子供のためにも現状色んな過程に触れる機会がない、なかった子供に対してのケアとしてもやっぱり必要な事だと思う

親も子供と一緒に親になっていく、親として学びながら、なんていうけどそれは親の情緒面だけの話にすべきだと思う


個人的には幼児の子に手をあげるのは知識以前の大人側の甘さや過信も一因としてあるんじゃないかと思う

子供に対する甘さじゃなく自分に対する、また認識に対する甘さ

何で自分の望みや言葉をただ自分価値観で口に出すだけで自分経験の何十分の一も生きてない存在に通じるなんて甘い考えを持ってるのかと思う

同じ年齢の常識を共有する相手だって通じるとは限らないのに

言語の壁に対してどうして分からないのって叫ぶようなものだし、そういうものだと分かってれば少なくとも通じない事に苛立つ意味の無さは理解できるはずだし、それを手出して事を済ませようとする傲慢さや安易さも分かるはずで

分かってても皆が英会話習う時間お金も余裕もあるわけじゃないように完全な対策を求めるのは酷だってのも分かるけど端から舐めてかかってるようにも見える事も多いし

それは先の親以外の周りの大人もだけど子供という一人の存在に相対するための認識が甘すぎると思う

本当に違う世界の生き物相手にするくらいの心意気でやってもまだ足りないくらいのとこあるのに

から最低限でも知識情報有用指標の共有が求められるんだけど



長いな

2019-02-08

anond:20190208012928

足はともかく胸は見てもらうために肥大化するんだから

本人じゃなくて遺伝子さんサイドの意思ではあるけど

2019-02-01

今、とっても楽しい

もう20年来の友人がいる

その人はそこそこの会社経営する父を持つ地元の名士の子供で、お金に困っていなかった。そのため就職待遇給与よりやりがいを重視し、自らの趣味合致した会社で楽しく働いていた

とても金遣いの荒い人だった。言葉は悪いがボンボンテンプレみたいな人だった

でも、その人の親の会社はいしか潰れ、家を売り賃貸へ。親は過去の栄光にすがりつきプライドだけはいっちょ前だが、数年前に体調を崩しほぼ寝たきりに。僅かな蓄えを切り崩しながら生きてきたが、それも尽きかけ

そして当人会社の再編で昨日クビになった。転職先は未定だ。傍から見ても、中途半端スキル肥大化したプライド、そして大したことない経験、とても欲しがる人材ではない。なにより年齢が若くない。同業他社どころか転職すら危ういだろう

テンプレだと、昔いじめられてたからとっても嬉しい。とかになるのだが、その人とは程よい距離感の友人だったので、恩恵に預かることも、なにか被害を受けたこともなかった。だから、ここ最近の転落劇には素直に同情してたし、力に慣れることには手を貸していた

だが、昨日、その人は過去の栄光を語りだした。金持ちだった頃の思い出、なんで会社が潰れたんだ、どうしてこんな苦労しなけりゃイケないんだ、給料とか気にしたくない。やりたい仕事をしたい!と

その瞬間、なぜか自分の中のその人への感情が変わった。憐憫から嘲笑に。なぜだか分からない、その人も限界だったから弱音を吐いただけのはずだった

それからというもの、その人の話を聞くのが楽しくなった。世間知らずだな~どうしてこうなるまでほっといた?とか思いながら、聞いている。その自尊心他人のせいにする性格を直さない限り次はないだろうな。同居している家族が両方倒れたらどうなるんだろう?何の仕事するんだろう?

しかしたら、気付いていないだけでその人からストレスを感じていたのかも知れない。それなら、それで良い。今、とっても楽しい

2019-01-31

なぜプリキュアは変身すると容姿が変わるのか。またはなぜ変わらないのか。

一番目立つ変化として、髪が肥大化し、場合によっては変色する。これに何の意味があるのか。

これはクッションのためである。激しい運動を行うプリキュアは、当然頭が激しく揺さぶられる。

どんなに鍛えた人間でも脳震盪は防ぐことはできない。髪がエアバッグの役目を果たすことで、戦闘不能になるリスクを下げているのだ。

では髪色はどうか?これはより目立つ色になることで、敵の注意をひきつけるためである。囮になることでプリキュア以外への被害を防ぐためだ。

次なる変化としてはコスチュームだが、これも防護服や囮としての効果によるものだろう。目の前で翻るヒラヒラは地味にうざったいものだ。

しかし、プリキュアは変身しても全身の筋肉脂肪が増えることはない。激しい運動のため筋肉必要であるにも関わらずである

脂肪も衝突時の衝撃を吸収することができるため、肉弾戦を行う際には厚い脂肪の壁と、それを動かす大きな筋力が必要ではないのか。

なぜ戦闘に適した肉体ではなく、髪だけ変化するのか?これでは舐めプと言われても仕方ないではないか

2019-01-30

https://anond.hatelabo.jp/20190130115104元増田さんへ

客観的に見れば私は高学歴かつ大企業に勤務しており十分なスペックだと言える。

十分なスペックがあるのに、女性経験が乏しいとありました。スペックが高いのになぜ女性経験が乏しいんでしょうか?

それと、顔の方は触れられていませんがいかがでしょうか。

恋愛経験が乏しい方は自分ではどうにもできない人を好きになる傾向があるそうです。

百戦錬磨女性は、残念ながらあなたにはおちません。好みの男性を落とせなかったことはない方なら、向こうからアクションを起こしているはず。何もなければ、好みではない可能性が高いです。

他の方がおっしゃっていたように、あなた自尊心肥大化していらっしゃるように思えます

どうか自分を知り、理想相手に求めずに自分を高めて下さい。

とにかく、早く現実を見ろ。お前はいい女に選んでもらえるような男じゃない。

anond:20190130115104

落としたい相手を、八方美人、その他は普通、素性が良くないかも、とか。増田にとってオーバースペックな女に片恋した挙句にこの言い草はいったい何様というか典型的キモ非モテメンタルプライドターゲット自分の器に合ってない不幸。

肥大化した自尊心を身の丈レベルまでゴリゴリ削るか、鏡と掌をじっと穴があくまで見つめ直して身の丈にあった女を探すか、または己の実力を、肥大した自尊心に少しでも近づける努力ぐらいしろ。せめて惚れてる女を貶めたくなるような精神バランスの悪さぐらいは直せ。そうでないと、美人はもちろん、身の丈に合ってるはずの女や男の友人ですら増田に振り向くことなんてありえない。

2019-01-28

人を見下してた

僕は博士前期課程1年生。

自分エリートだと思ってたけど、そうでなかったよって話。

高校は有名な進学校宮廷に進学して首席卒業授業料は成績で免除

自分のことをエリートだと思って自尊心高めで生きてきたけど、研究で躓いてぼろぼろになってる。


世界中の先行研究の人たち、頭良すぎでしょw。

俺がやってる研究を一気に発表するのはずるいよ。泣いちゃう


もう自分がやってる研究にやる気出ないし、教授自分のこと過大評価してるから当たりが辛いし、しんどい

そんなに頭良くないし、進捗出せんて。

首席だろw真面目にやれwとかいうけど、授業出席してレポート出しただけやぞ。

既存のものをただ吐き出しただけだから、頭も使ってないし何も生み出してない。そのへんのプリンタのほうが正確だしすごいと思うよ。


周りの知り合いがガンガン進捗出して、学会出てるのを見るのも辛い。

最近精神狂いまくって辛くて大学には2-3ヶ月くらい行ってないし、

変なプライドけが先行して、山月記の李徴みたいになってる。

家で虎になってるから、袁傪に合うこともないんだろうなぁ、ウケるw。

鬱々としてる間に時間ガンガン進むし、どうしたら良いんだろうなぁ……。

知的労働以外の道を選ぶことも考えてるけど、肥大化した自尊心邪魔して出来ないんだろうなぁ。

その道選ぶなら、自殺したほうがマシかもシレンとも思ってる(もちろん自殺も辛くて苦しいから出来ない。今日もおくすり飲んで寝る。)。


こんなふうになるとは思ってなかったなぁ。みんなも気をつけてね。

どんなにお金名誉地位を渡されても、ゴールはないし、人生は辛く厳しく悲しい。

2019-01-11

anond:20190111211043

物理的な実体があるものは所有が出来たとしても、管理と維持にかかるコスト人生がすり潰される。社会が複雑になればなるほど、そのコスト肥大化してきたし、逃れることもできなくなってきた。

から実体のあるもの自分人生範囲内でのみ所有する生き方が支持されているんだと思う。

2019-01-07

種族レビュアーズ、異世界風俗店にいってポリコレも真っ青なセクハラメイドリーっていう酒場の娘さんにするだけの話なんだが、めちゃくちゃ楽しい

ピンサロに始まりエステソープ、M性感と夜を歓楽街に委ねてきたものとして、つい、漫画版小説と続けて読んでしまった。一話のエルフ姉と五十路過ぎの婆でピークかと思ったら全然ネタが切れない。すげぇ。。。

特に小説漫画の補足で細かくハブられた章間を補ってあまりあるリアルさがいい。休憩タイムでここに以前来た客がどういう人かお嬢が話す間なんかは正直こちらと変わらない。だが、あっちには獣人がいる。ハイエナである。現世では肥大化した陰茎ならぬち○こ(尿道と一緒だからな!)から出産するために命を落とすがあちらでもそれは変わらんらしい(そんなことは書いてない)もとい、漫画割愛されてたハイエナ嬢×天使は最高でした。

そして主人公NTR専門店のために設定を作り込みすぎて寝取られるまでに待ったを一時停止のごとくかけまくる姿を読んだときは、共感性羞恥というかこっちまで闇落ちしそうになった。笑いすぎて最終的に寝取られても正直エロいと感じる前に死んだ。これはこっちでもイメクラワンちゃんサービスあるんじゃねーか?

漫画小説に出てくる野郎共の描かれ方は正直ワキ毛が生え始めて妹の持ってた童話かえるになったお姫様挿絵の半裸おっぱいで抜けたぐらいの中学二年生の頃のしもい会話そのものだ。だが、その突き抜け方が正直眉を潜めたくなるけどお酒を借りても赤裸々に話せねーよ、そんなメンツもとうに消えたよ、もう…みたいな羨ましい感じがあるのだ。

2019-01-04

退職エントリ入社エントリ

これブコメでいうと叩かれそうだから増田に書くんだけど、

自分語りマスターベーションと、肥大化した承認欲求産物しか見えなくなってきた。

しかもそれを、当たり障りないような殊勝な態度で一見ラップしたりしているのが、余計に上記腐敗臭がきつい。

そういう人たちが出してくれる情報は興味深いものもあるしな...って、以前は思っていたけど、

それ踏まえても、なんかもう充分って感じで、最近タイトルでそれとわかった時点で開かなくなった。

知らんがな、勝手にしてくれっていう。

2019-01-03

京大までの受験の思い出(失敗編)

https://anond.hatelabo.jp/20190102063518

https://anond.hatelabo.jp/20190102174908

ダメだった身で恐縮だけど、見てたら俺も自分語りしたくなったので。

中学受験

小学校首都圏某県の公立に通っていた。長男にはありがちだと思うが、低学年のころより通信教材をさせられたり、あちこちの塾にお試しで通わされたりしていた。

中学受験も完全に親の意思によるものである勉強別に好きではなく、塾では机に落書きをしたりしてあまり授業を聞いてなかった。だから当然成績は振るわず、ある日テストで50点をとって(自分ではそれでも上出来と思っていたのだが)ブチ切れた母の命により、それ以来は学校が終わると直帰し祖母らの監視下で勉強強要させられる日々が続いた。志望校も全て親が決め、いざ受験期になっても明日どこの学校を受けに行くのかさえ把握していなかった。

とはいえ元来陰キャ友達も少ないことから自分だけ別の中学に行くことに未練はなく、また特段この学校を受けたかった!というのもなかったため親は恨んでいない。まあクラスメートからいいねと言われるのは気分が良かったし、(勉強は嫌だけど)親に怒られるのも嫌だからしょうがないか、ぐらいのもんだったと思う。むしろ中学受験は大なり小なり「させられるもの」だと長らく思っていたので、東大編の元増田や知り合いの子供が純粋自分意志中学受験をしたというのを聞いてびっくりしているくらいだ。結局(親の)第一志望の御三家は全く歯が立たず、第三志望?くらいの中堅校(中高一貫)に入学

中学高校時代

中学に入る前後から弟が病気で入退院を繰り返すようになり、親や祖父母はそれにかかりきりになった。お陰でこっちはこれまでと打って変わって完全放任。ゆるい文化部に入って暇を持て余した俺は、当時流行っていたMMORPGメイプルストーリーとかそういうやつ)にドはまりした。当然勉強は全くせず、テストは常に一夜漬け。成績は最下位スレスレ状態が高1の終わりまで続いた。相変わらずクラス友達はなく、図書室にこもっていたお陰か現代文だけは良かったが、文筆家になる気はなかったし歴史とかの暗記系が大嫌いだったので理系選択

高2になって、見かねた親が東大生の家庭教師をつける。俺が京大へ興味をもったのは、その先生の「京大単位が空から降ってくる(けど東大単位が逃げてゆく)」という言葉だった。折しも本屋大賞だかがきっかけで森見登美彦を読み始めた俺は、自由楽園としての京大への憧れを一気に膨らませた。当時の京大ホームページアクセスすると大学京都の町並みの影絵だけがボーンとあり、それを横にスクロールしていゆくと最後入口が出てくるといった具合で、他の「普通の」大学とは違うその作りに大いにワクワクした感覚を今でも覚えている(どこかに画像が残ってないだろうか)。

同時に両親とも激務で働く姿を見ていた俺は、会社員自由のない苦痛に満ちた職業というイメージ漠然と持ち始めた。そして自由自分のやりたいことのできる職業大学教授という安直な発想から研究者(当時は「研究」が何かも知らなかった)の道を志す。そのために必要要件も何人かの研究者の略歴を見て「早慶以上で博士課程まで行けばなんとかなる」という勝手イメージを抱き、結論として「京大に入る(滑り止め早慶)」ということだけを目標に高3に突入した。

大学受験(現役)】

再び受験生となった俺は、MMOを休止し何となく予備校に通い始める。当時クラスメートたちは進度の遅い高校カリキュラムを見限り、授業中も内職して予備校の教材をやっていた。だから自分もそんなもんかと思って高校課題は真面目にやってなかったのだが、5月定期試験で相変わらず下から一桁番目の成績だった俺は担任からこっぴどく叱られる。

「お前に学校予備校勉強を並行してやるのは無理だ。予備校を辞めるか、さもなくば学校を辞めて大検を取れ」

恐れおののいた俺はとりあえず担任の教科(数学)だけ予備校を外し、そこから漸く(自分なりに)真面目に勉強をするようになった。

学科は(高校の教科で言う)物理が好き&理屈ばっかりではつまらないという理由工学部物理工学科を選択首都圏学校だったので京大志望はクラス自分一人で、ちょっと一目置かれていた(単にハブられてただけかも)。しかし当然ながら、京大試験問題は難しい。特に積み重ねと言われる数学絶望的だった。でも当時はそこまで深刻には考えてなかったように思う。物理は高3になるまで運動方程式も知らなかったけど、一歩一歩ものにできている感覚があった。化学予備校の教材が奇跡的に分かりやすかった(何せ浪人時代予備校を変えたけど、化学はこっそり現役の時の教材で勉強していたくらいだ)。当時京大では理系でも国語二次試験があって、読書趣味から現文が感覚で解けてた俺には有利だった。元増田の通り、センター数学足切りしか使われないから出来なくてもノーダメージ。あとは英語センター地理を合わせて総合力で何とか、という作戦だった。

高校である教師が言っていた。

現役生はあらゆる点で浪人生より不利だが、唯一有利な点は『落ちたことがない』ということだ。

高3の俺は正にその状態だったと思う。模試でD判定をとっても、周囲が「E判定は良い判定」とか言い合ってるのを聞いて安心していた。試験前日も風邪リスクなど考えず、噂の折田先生像がいつすげ替わるのか番を張っていた(夜になって諦めたけど)。今から見れば完全にただの馬鹿だった。

そんな根拠のない自信は、試験帰りの新幹線慶応に落ちたことを知り、補欠だった早稲田にも繰り上がりはなく、そして3月10日を迎えて完全に打ち砕かれた。後日はがきで送られてきた俺の点数は、合格最低点に(全教科計1000点満点で)80点以上足りなかった。

大学受験浪人)】

私大早慶以外にも何校か受けており、そのうち1校には辛うじて受かっていた。浪人生活はとにかく苦しいと聞く。しかし極限まで肥大化した京大-自由楽園-への憧れと、早慶未満→研究は無理→会社員自由のない人生というイメージから俺は進路に迷った。結局家族で唯一理系だった祖父の「受かった大学師事したい先生がいるならよいが、そうでないならもう一年頑張ってみては」という言葉におされ、俺は浪人生となった。

もう現役のころのような希望はなかった。予備校京大クラスはそこにしかないため、満員電車を乗り継ぎ片道1時間半かけて都心の校舎に通った。中学受験ときは決まった休憩時間には遊べたが、浪人の間はあらゆる時間勉強に費やさなければならないのが本当に辛かった。趣味読書も一切禁じた。もし落ちたら奴隷のような一生しか歩めず、それだったらもう死ぬしかない。そう思いつめているせいか夜はなかなか寝付けず、自習時間や週末に眠り込んでしまうことも度々あった。クラスメートと一切話さず(結局誰一人名前も知らなかった)、昼休みは机に突っ伏していた俺は相当浮いていたと思う。

それでも振り返れば、この一年で俺の馬鹿は(お勉強の面では)だいぶ治ったと思う。物理は難度の高い問題をこなし、得点源といえる域になってきた。化学は詳しい理論(π電子とか)は理解できず丸暗記だが、現役時代と合わせて知識量はそこそこあるはず。国語感覚を廃した分析的な読みを一から勉強し、地理と合わせてセンターで大幅な特典増が見込めた。数学はやはりしんどいが、どうにか100/250点とれれば総合合格点に届く計算だった。

試験前日、俺はやっぱり眠れなかった。ホテルの有線音楽で聞いた『一年生になったら』がずっと頭の中を流れていた。興奮は当日になっても続き、寝不足による不調は感じなかったが、2日目の最後理科試験問題を開いて絶望した。物理が例年よりも簡単すぎる!差別化を図れる唯一の手段を封じられ、動揺した俺は同時に出された化学で手こずりまくった。絶望感とともに帰宅した俺は、迎えてくれた家族の態度から早慶に落ちたことを察し、今度こそ人生が終わったと泣いた。そこから3月10日までは後期(京大にはないので他所)の勉強をする気力も起きず、抜け殻同然の日々を過ごした。

ここでいつか使おうと思って、結局使えなかった話のネタを供養したい。俺は出願期間が始まって速攻で願書を出したから、京大受験番号は(学科を表す千の位+)8番だった。たしかその年の工学部の倍率は2.5倍くらいだった気がする。迎えた3月10日ホームページで見た合格者の番号は

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 9, 11, ...

あの時同じ部屋にいたはずの10番は、今何をしているだろうか?

【その後】

結局俺は最低点には17点届いていなかった。そして死ぬだけの覚悟があるはずもなく、併願した某私大に進学した。この大学に現役で進学し、新歓の時期ばったり会った高校クラスメートの「一浪して○○大!?」という言葉が今も胸に突き刺さっている。

……とまあ、受験生を奮い立たせる目的ならこういう風にBad endで終わった方が良いのかも知れないが、どっこいこれもN年後の今では良い思い出である。あれから俺は京大とは別の国立大の院に進学し、今は民間企業への就職を控えつつ博士課程を終えようとしている。結局私大生活も十分すぎるほど自由だったし、現状研究者も中々自由が効かなそうだし、企業でも上手くマッチングすればかなりやりたいことが出来そうだった。後に残った傷といえば、森見登美彦が読めなくなったことぐらいである。

もちろんこんなのは結果論しかいから、これを読んでる受験生は悔いのないよう今の信念を貫いてほしい。しかしもし将来(受験に限らず)苦い思いをすることがあったら、それがどのようにして「良い思い出」に変わり得るかのヒントとして次の言葉を思い出してほしい。

人生には割と結果オーライな所があって、今の状態が悪いと過去の一つひとつがその原因のように思えてくるが、逆に今が良ければそれらにも意味があったんだと思えるようになるもんです。

これは今の大学である先生が仰っていた言葉だ。過去未来を決めるのでなく、未来過去意味づけるというとまるで(京大編の元増田の)「汗をかけ」へのアンチテーゼみたいだが、そうではない。大事なのはもし受験不本意な結果に終わっても、その後人生で「成功」するチャンスはまだまだ残されているよということだ。私大の院で着実に研究者への道を歩んでいる同期がいる。生涯の伴侶を見つけた後輩がいる。サークル趣味が高じてプロになった先輩がいる。俺だって京大に落ちなければ、今の研究(超絶面白い)には出会えなかっただろう。どんな道でもとにかく今が楽しいという状態にさえ持っていければ、きっと明日だって「落ちたことにも意味があった」と僻みなく言えるようになれるだろう。

全ての受験生と、かつて受験生だった皆が、新時代を迎えるこの年に「成功」出来ることを祈っている。

2019-01-01

腐女子に人気の作品に必ず出てくるキャラ

逆にこれらを入れ込めば確実にヒットするとも言える

ポイント女性品位を下げずに、男性品位相対的貶めること

「男は女様より格が下」と、女性が生まれからずっと

周囲から自動的教育刷り込みがなされているので、

ここを外すと見向きもされない

 

下ネタを言う男キャラ

 下ネタは言うだけで男性品位が下がる、下品から

 モザイクを掛けて陰部を露出するともっとポイントが高い

 下品なことをすればするほど、男性品位が下がり、相対的女性品位上がる

 ただし女性に関わる下ネタ絶対に言わせないこと

 何度も言うが男性品位だけ落とすのが重要

 

・女っぽい男キャラ

 オネエはそもそも女性に人気だけどそっちではなく

 普通に見れば男なんだけど、よりガッシリとした男らしいキャラを出して

 お前女みたいだなと言わせることで女性品位が上がる

 男性の方が力や体格など、女性より勝っているという古から思い込み

 未だ女性の中にも根付いているので、そこを覆すキャラを出すことで効果を発揮する

 

・犬っぽい男キャラ

 見た目以外にも犬が持つような特徴を備えさせ

 他のキャラから犬っぽいと言わせたり、そう感じさせるだけで良い

 人間であるはずのキャラが犬扱いされれば当然品位は落ちる

 よって相対的女性品位が上がる

 

・凛々しい女キャラ

 永遠の憧れの存在なので入れ込んでおく

 ただし絶対恋愛に絡ませてはいけない

 憧れのキャラが今の自分と離れすぎると嫌悪感が生まれ

 じゃあ「凛々しさ」は良いのかと思うかもしれないが、

 腐女子上記効果自分品格がアホみたいに上がり

 プライドだけ肥大化しているので離れすぎているという感覚はない

 

結論から言うと、腐女子は自ら進んで品位を上げることはせず

周囲が何とかしてくれることで自分の格を上げることに終始しているということ

そこを抑えた作品は(少なくとも女性には)絶対にヒットする

イケメンが出ていると言ってヒットしている作品

キャラがかっこいいから受けているんじゃなく、

かっこいいキャラが女様の品位自動的に上げてくれているから受けている

2018-12-30

b:id:soratansuが今年執筆してバズった増田

b:id:soratansuです

今年もおしまいなので、今年バズった増田ブコメを振り返っていきます

https://anond.hatelabo.jp/20180114053554

きじゃない人に好かれて困っている女増田見るたびに

自分意思で(好きになっていない)相手自分を好きになってもらおうとする」片想い

いか暴力的相手の心をひどく傷つけるか

そんなことを推奨しまくるテレビドラマ歌曲いか下劣である

いつも考えさせられる

https://anond.hatelabo.jp/20180214230357

こども3人産みたい」とか言ってる女、「私は28ヶ月死にかけになりたい」って言っているのと同じだしどれだけマゾヒストなんだよって思う

「こども3人ほしい」って言っている男も「俺は最愛女性28ヶ月死にかけにしたい」と言っているのと同じだしどれだけサイコパスなんだよって思う

この増田書いたとき自分コンプレックス肥大化していたんだろうなと思います

今年ホッテントリに乗った増田はこれくらいですね

ブコメ時間があったら追加しま

2018-12-27

職場BL妄想を実況してくる友人

数か月前から高校時代腐女子の友人が毎日自分職場おっさんずラブ妄想を送ってくるようになった。

(もちろん、彼女妄想現実おっさんたちは、結婚しているらしい)

最初は、私も面白がって盛り上がって返信していた。それが悪かったのかもしれない。

数行だった実況はどんどんエスカレートしていった。

午前、午後、仕事終わり。

その三つの時間に、決まって彼女おっさんたちの動きをBL小説でも書いてるのかよ・・と

思うぐらいの長文で実況してくるようになった。

仕事はしなくて大丈夫

心配の返信をするつもりで、話を逸らそうとしたけど、

無駄だった。

どんどん彼女妄想肥大化していく一方だった。

だって負けまい!!と赤安を布教した。

赤安は完全にスルーされてしまったけど。

だんだん彼女に対して、嫌気がさしてきてしまった。


そして私は、仕事の忙しさもあって、イライラピークになり

彼女ブロックしてしまった。

自分でも心が狭いなと自己嫌悪してる。


だって腐女子だ。

自分職場にいる男性のふとした絡みを見て、ちょっとニヤッとすることだってある

でも、二次元キャラでもなければ、ましてや、姿かたちもみたこともない人の、

妄想を延々と聞かされるのは、さすがにちょっと疲れた

彼女が、私の話も同じくらいの熱量で聞いてくれたら、また違ってたのかもしれない。

人の萌えは一切聞かないで、自分萌え一方的に語ってくる人。

そういう人ってオタクやってると一度は出会たことあると思う。(そんなことない?)

これを書いていたら、彼女に対してとても申し訳なくなってきた。

彼女おっさんずラブを延々と実況してくる以外は、とても礼儀正しく仲の良い友人だ。

年明けには同窓会がある。

彼女とも顔を合わすだろう。

その時は、ちゃんと謝ろう。

そして、赤安を布教しよう。

2018-12-16

つぶれる企業の特徴(日本型の経営)

そうだね。

ぶれる企業は、利益関係ない間接部門肥大化すると、無駄な経費が増えて、傾くという特徴がある。

 

技術営業が強くて、無駄な経費が少ない企業は成長し続ける。

総務のような利益を生み出さな部門が幅を利かせている企業は、寄生虫に殺される宿主のように、衰退に向かう。

 

Google持株会社アルファベット)を作って、脱皮を図った。もうしばらくは存続できるだろう。

2018-12-12

性欲の未来

価値観は人それぞれだけど、同性愛に対する嫌悪感近親相姦に対する嫌悪感は、ちょっと違うと思う立場です。

自分が思うに、同性愛も性欲の一形態であって、ホモサピエンス人間)の性欲そのものが他の動物と比べて、(良い悪いは別として)非常に複雑/多様なものなのだろうと思います

 

様々な少数派が他者から攻撃を防御するためには、インターネットという情報交換手段が役に立つ時代になったのでしょうか?

昔は社会の日陰に潜伏していた少数派が、今は可視化されて、みんなが気付くように変化してきたのだと思います

今後も人間欲望は変遷して、ますます肥大化していくのであれば、過去にはなかった新しい性欲の形態が登場して、人々に知れ渡るのかもしれませんね?

 

同性愛に対する嫌悪感は、

近親者同士の恋愛嫌悪感に近いと思っています

いけない事と言う感覚

 

しかしこの感覚は実は曖昧なのです。

国や地域宗教によって、ずいぶん変わります

8親等までダメな国や、同「姓」もダメな国もありました。

実際に血縁者でも事実を知らなければ、

恋愛に落ちることもあるでしょう。

近親婚が合法な国もありますし。

社会的な原因での嫌悪感存在すると思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん