「フロイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フロイトとは

2018-11-17

最近フロイトを読み始めて超自我エスというもの概要を知ったんだけど、自我立ち位置って「委員長ヒロインと性奔放系ヒロインの板挟みにあってる主人公キャラ」って認識でいいのかな。

多分間違ってる。

2018-11-12

anond:20181112145141

なるほどね。

でも、これも俺の個人評価だが、歴史的意味があるとしても、正誤の点で、誤に区分したいなあ。社会契約説フロイト心理学と同じ箱に分類すべきだと思う。

いや、もうされてて、それを認めない人たちがいて、そこが争いの一員なのか。

2018-11-05

[]2018年11月4日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0013820054145.338.5
016810310151.638
0260456176.047
0337285177.141
04182354130.847
05253325133.052
06226179280.992
07383818100.562
0854308657.123.5
09395363137.544
10566231111.378
1187770088.548
1251508199.627
13657799120.036
14486236129.938.5
155610270183.437
163910730275.128
1756474184.733
18698556124.033
19106821177.533
201381238789.833
211491313288.137
221061056699.743.5
23180170337946.368.5
1日1705343878201.740

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(165), 自分(134), 女性(93), 男(84), 女(84), 今(77), 話(77), 増田(64), 男性(61), 問題(60), 日本(54), フェミ(54), 前(48), 相手(47), 社会(47), 人間(46), 感じ(44), 好き(43), 仕事(40), 必要(39), 意味(38), 最近(37), ー(36), 気持ち(36), 目(35), 言葉(35), 関係(34), オタク(34), ネット(32), 気(32), 他(31), 普通(30), レベル(29), バカ(28), 手(27), 場合(27), 結局(27), あと(26), 子供(26), 存在(25), 今日(25), しない(25), 金(25), 世界(24), 主張(24), 嫌(24), 時間(24), 幸せ(24), 誰か(24), 別(23), 頭(22), 顔(22), 現実(21), 自由(21), 理由(21), 他人(21), 批判(21), 子(21), 立場(20), 結婚(20), ネトウヨ(20), 性的(20), 会社(20), じゃなくて(20), 昔(20), 感情(19), エロ(19), 可能性(19), 馬鹿(19), 時代(19), 友達(19), 無理(18), 仕方(18), 結果(18), 作品(18), 日本語(18), フェミニズム(18), 当たり前(18), 理解(18), アニメ(18), 一番(18), 議論(18), ファン(17), 全部(17), 女の子(17), 日本人(17), 自体(17), 行動(17), 心(17), 服(17), 国(16), 最初(16), アメリカ(16), 無視(16), 思想(16), 能力(16), 話題(16), 親(16), 事実(16), 暴力(16), 体(16), 先(16), しよう(16), 全く(16), 世の中(16)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(64), 日本(54), フェミ(54), ネトウヨ(20), じゃなくて(20), 可能性(19), アメリカ(16), ツイッター(14), 韓国(14), ゾーニング(13), なのか(12), AV(12), 自分たち(12), 元増田(11), 被害者(11), キモ(11), 中国(10), スマホ(10), Twitter(10), GOODPOST(9), キズナアイ(9), …。(9), ツイート(8), イケメン(8), なんだろう(8), キモい(8), 男女平等(8), わからん(8), 管理職(8), article(7), 東京(7), 基本的(7), 娘(7), いいんじゃない(7), 上の(7), GOODJAP(7), 何度(6), NHK(6), KKO(6), にも(6), 普通に(6), ブクマ(6), BL(6), マジで(6), 萌え絵(6), お気持ち(6), 1人(6), いいね(6), BADJAP(6), トラバ(6), アプリ(6), 悪いこと(5), ネトウヨ認定(5), ここに(5), キツ(5), 分からん(5), 2人(5), 夫婦(5), ありません(5), な!(5), コミュ障(5), 私たち(5), リアル(5), その子(5), 外国人労働者(5), はてブ(5), 肉体労働(5), おまえら(5), マナー違反(5), 発達障害(5), ヤバい(5), いない(5), 1000円(5), レイシスト(4), 表現規制(4), 上から目線(4), 沖縄(4), ガチ(4), 脳内(4), 私達(4), 毎日(4), 痴女(4), this(4), 20代(4), ちんこ(4), 漫画家(4), 1年(4), ブログ(4), 一方的(4), 差別主義(4), SNS(4), 感情的(4), 男女差別(4), 男性向け(4), ブルカ(4), 二次創作(4), ぶっちゃけ(4), モブ(4), コレ(4), オタ(4), フロイト(4), is(4), 昭和(4), 抱き枕(4), イギリス(4), 性犯罪(4), アメリカ人(4), 具体的(4), Google(4), 犯罪者(4), なっちゃった(4), 女子高生(4), 腐女子(4), ソシャゲ(4), or(4), 外国人(4), エロい(4), 何回(4), 1時間(4), 女性専用車両(4), 社会的(4), OK(4), ブコメ(4)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

法治(5), ネットフェミ(4), 問お(3), 立候補者(3), 防寒(3), 年賀状(7), シスヘテロ(3), ふたり(5), 肉体労働(5), 管理職(8), マスター(6), 客層(5), 股(7), モブ(4), コ(4), 養っ(5), this(4), 従う(8), マナー(14), 稀(7), 民族(6), 1000円(5), 隙(5), フェミニズム(18), そのよう(6), カフェ(5), 抑圧(9), 議員(9), 狙っ(9), キャリア(8), 男女平等(8), 憧れ(8), デザイン(13), 覚える(8)

頻出トラックバック先(簡易)

anond20181104062939 /20181104065044(14), ■マスターと呼んでくれる女性結婚したい /20181104130604(13), ■三大味の感想 /20181030122119(11), (タイトル不明) /20181104184325(10), ■猫って触るとどんな感じ /20181104005859(7), ■26歳が熟女パブ面接を受けた話 /20181030072026(6), ■女性であることによる感情労働 /20181104142709(6), ■最も性的消費されているのは男性ではないか /20181104214426(6), ■彼女行為したくない /20181104233118(6), ■ファンに手を出した俺の末路 /20181104184637(5), ■【真剣相談】夫の手癖の悪さと相手気持ちを考えない障害。これなんていう病気? /20181104110725(5), ■ /20181104075509(5), ■サイン /20181104075933(5), ■洋式トイレで地面に一本グソが落ちてた /20181104174525(5), ■anond20181104010237 /20181104011130(5), ■「現在の」フェミニストが目指すゴールって何なの? /20181103134107(5), ■仲のいい夫婦はいないのではないか /20181104215017(4), ■anond20181104130235 /20181104204115(4), ■電車内でJK見たながらシコってるおっさん晒されてるんだが /20181104213814(4), ■天使イメージを覆した漫画、他にない? /20181104225844(4), ■どうしても言いたくて /20181104001927(4), ■EXILEが一曲も歌えない事に気づいた /20181103192820(4), ■追記 /20181104020238(4), ■男性器は着脱式でいい /20181104092055(4), ■フェミニズムが反発される理由 = 雑な一般化 /20181104095610(4), ■anond20181104105431 /20181104111511(4), ■anond20181104111636 /20181104111744(4), ■オタク女性架空男性性的に消費する行為はどこまで許されるのか /20181104114046(4), ■男オタクの長文 /20181103192435(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5765801(1357)

変更点

日中に多重投稿された増田単語の集計対象から外した

2018-11-04

anond:20181104050546

フロイト精神分析は、彼自身の臨床によって体系化 → 一部改善 → 体系化 ... と発展してきたものから、指摘は間違っていないように思われるし、彼の治療法はもう最前出なくなってしまったと考えるのが妥当だ。

ただ、欲動/抑圧や無意識/意識/超自我などの考え方は、なかなか普遍性があるように思える。

科学的な証明ができる類のものでは無いが、思想としてはまだ生きていると思う。

anond:20181104042844

唯性論なんて言われるし、否定はしずらい。

人間本能の壊れた動物だとか言う心理学者もいたんだけど、

人間の性をチンコ的な性に留めず、それがぶっ壊れた末、文化権力などを生み出していると考えるとフロイト的かもしれん。

チンコのみならず、性エネルギー対象結構広い。

まぁ科学的な面から説得力が無いと言われればそれまでなんだけど、今読んでも面白いぞ。

anond:20181104042844

なんでフロイトが何でもかんでも性の抑圧のせいにしてしまったのかというと、おそらく当時のフロイトの居た社会は性に関する抑圧が強かったからで、実際患者治療してみるとそういう抑圧をしている患者が多かったからなんじゃないかと思う。

しか社会は変化し続ける。場所によっても違っている。何がどの程度抑圧されるかは時代場所で違っている。

2018-10-31

今朝6時すぎ、小便を漏らしました

そのとき夢を見ていたのですが、覚えているのは

おばあちゃんちで洋式便座に向かって小を致そうとすると、便器から水が溢れてきたのです

そして下半身にぬるい温かさを感じるに至りまして、がばりと跳ね起き風呂場へ向かいました

フロイト先生でなくとも、夢と身体との関係が読み取れるでしょうね

今回は迅速な対応によって水害による被害は着衣のみで食い止めることができました

寝る前につい飲んでしまった日向夏ドリンクダメ押しになったでしょうか

お気をつけくださいまし

anond:20181031081748

いやいや、なんでも性抑圧のせいにしたのでバカにされるが、フロイト診療した当時の社会で、性が抑圧されていたのは恐らく事実だと読んだぞ?

それにフロイトさなくても言いたいことの基本は変わらないしね。

言っとくけど、エロ本読まなかろうが男は女をレイプしたいと思ってるからエロ本で発散しないとイライラしだすまである

anond:20181031081503

フロイト持ち出す時点でネタなんだろうけど、面白いと思ってるんだろうか。

anond:20181031081137

性についてどうしたって非対称な現実があるのはその通り。

でもそれが、フィクション描写されなかったら加速されずにマシになる? なんで?

どうあっても現実現実であり続けるんだぞ。

性的欲望社会に抑圧されたらろくなことにならないと、キリスト教圏で診療していたフロイト先生もおっしゃってる。

2018-10-13

社会学はきちんとした学問だっていうのはいいが、米国でも審査デタラメ

http://www.afpbb.com/articles/-/3193041

要するに、日本だけじゃなくて、世界中で「社会学学問的信頼が揺らいでるのだからもっと科学的にきちんとしろ」って言われてるんだよね。社会学者がいい加減なことばっかりやってるってバレちゃったんだから心理学フロイトユングの業績を科学的に見直したように、社会学者もきちんとしろよ。

2018-10-12

AKB48がオリンピックに出たら恥ずかしいだろ? って全然思わないけれど。

オリンピックアイドルが出ていけない理由って、そいつAKB48を恥ずかしい目で見てるからだよね。

何でもかんでもエロ説明しないといけないフロイト先生みたいな人。

葉巻を吸ったら男根メタファー

吹奏楽男根メタファー

それぐらいエロにあらゆる物が見えてしまう人。

まあ、そのなんだ。

きみがエロいことはわかったから。

うん。

なんだ。

安倍晋三が、マリオコスプレして土管を突き破って世界の裏側に行っちゃう国なんだよ。

アニメゲームマンガキャラアイドルぐらいしか、新しい文化がない国なんだよ。

恥ずかしいというのなら、ものまねHIPHOPMCバトルを「ありがたやありがたや。イケてる文化だ」と礼賛するそのしょっぱい精神をまずなんとかしたまへ。

XJAPPANより水樹奈々のほうが海外から見たらオリジナリティあるのだから

初音ミク千本桜愛子様が踊る時代に「キズナアイは恥ずかしい~」とか、自分がじじーの老害になってしまたことをまず嘆いて、ボケ防止トレーニングでもやっておきたまへ。

そういう俺も「いまの若いオタクガンダムも見てない。エヴァすら見てない」

と思う老害になってしまった。

魂が若返る方法を誰か教えてくれ。

2018-10-11

anond:20181011184334

エビデンス

実証重視の方々にとっては「物語」の代表に見えるであろう精神分析系の心理療法も、ちゃん効果確認されるようになってきたたことです。

それこそ、そのエビデンス(論文)でも提示されればいいんじゃないですかね。

この辺りのこと?

Jonathan Shedler,"The efficacy of psychodynamic psychotherapy."(American Psychologist 2010)

Falk Leichsenring,Sven Rabung,"Effectiveness of Long-term Psychodynamic Psychotherapy: A Meta-analysis"(JAMA 2008)


フロイト理論の諸々の失敗

精神分析医のフィーリス曰く(1)、フロイト派のセラピービクトリア時代の人たちには、うまく機能していたが20世紀半ば以降、人々の「性格の鎧」の質が変わり、セラピーはうまく機能せずに行き詰まって失敗することが多かった。

フロイト派の精神分析法は、「幼少期の体験が成人してから人格の基礎となる」というものが骨子の一つ(2)だが、そのことに大打撃を与える調査が出てきた。1990年代マシュマロ実験の文献を詳しく調べたマーティンセリグマンは、幼年期のできごとが成人してから人格に影響を与えるということは、ひどい心的外傷や栄養失調があった場合にはありうるかもしれないが、それ以外では有力な証拠ほとんどないと結論づけている(3)。子供時代と成人してから性質に、ごくわずかな相関は認められるが、それは主に遺伝的(生まれつきの)性質、つまり概して明るいとか気難しいといった性質の反映として説明できるという。

また心理学者のバウマイスター一同がフロイト提唱する理論メカニズムの数々を現代の文献と付き合わせて検証したところ、最も最悪な理論昇華説だということが判明した(4)。そもそも昇華説には根拠がない上、事実はその逆だと考えられる理由が多いからだ。

もちろん、フロイト理論示唆的で興味深いものが多いし、余談だが「快感原則彼岸」については現代思想の中ではかなり重要位置づけになっている。ラカン執拗にこの論文にこだわるわけだしね。

それに、フロイト批判をしたバウマイスターは、フロイト提唱する説でエネルギー重要位置に置かれていることに敬意を表して、フロイトが使っていた自己を指す言葉自我(エゴ)」を使って、「自我消耗」という言葉を「人の思考感情や行動を規制する能力が減る現象」に名付けた。自我消耗に関しては、後に脳波記録検査法(EEG)で脳内の前帯状皮質におけるスパイク発火(エラー関連陰性電位)が対応する脳機能であることが確認された(5)。


科学的な心理学

著名な心理学者であるスティーブン・ピンカーは、 今回で言えば「人生全体」「物語の蓄積」「人生の深み」といったことで、科学基本的研究方略である単純化(simplify)」を退けようとしていることに苦言を呈している(6)。 研究対象をとなる複雑な現象をいろいろなレベル単純化し、いろいろなレベルごとに 解明していくことを拒んで、複雑な現象ありのまま理解しようとしていたのでは研究はいつまでたっても現状に停滞したままになる。単純化を嫌って、複雑な現象を複雑なままで捉えようとする人文系学問に多く見られるのこうした研究方略を、ピンカーは完全な正確さを求めて「原寸大の地図」 を作った愚かな地図職人を描いたホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)の寓話批判している。

現代心理学の始まりブント(Wilhelm Wundt: 1832-1920)のライプチヒ大学での心理学実験室創設とされるように、そのスタートから科学を目指したものだった(7)。 人文学科学化と言っても、物理学化学実験を導入するのではなく、心理学実験手法神経科学実験手法(EEGfMRIなど)を取り入れればいいのである。また、国際的科学心理学学会APS(Association for Psychological Science)の会長だったカシオッポはこうした点に注目し、心理学科学と他の文系学問とのハブとなるべきであると主張している(8)。

個人的には、人生全体から人間理解フロイト理論人間理解よりも、人類史から人間理解(進化心理学)(9)や神経科学から人間理解の方(10)がより多くのことと整合性が有ると思うし、「物語」を一切考慮しないで休職者の約53%を予測したリシテア(11)といったことの研究心理学がより一層取り組んでいくことを願ってるわ。


▼出典

(1)Allen Wheelis,"The Quest for ldentity"(New York: Norton,1958).

(2)Sigmund Freud,"Drei Abhandlungen zur Sexualtheorie(『性理論三篇』)"(1905)

(3)M.E.P.Seligman,"What You Can Change and What You Can't :The Complete Guide to Succesful Self-Improvement"(New York:Alfred A.Knopf,1993).

(4)Roy F. Baumeister,Karen Dale,Kristin L. Sommer,"Freudian Defense Mechanisms and Empirical Findings in Modern SocialPsychology: Reaction Formation, Projection, Displacement, Undoing, Isolation, Sublimation, and Denial"(Journal of Personality,1998)

(5)Michael Inzlicht,Jennifer N. Gutsell,"Running on Empty: Neural Signals for Self-Control Failure",(Psychological Science 2007)

(6)Pinker, S."Science Is Not Your Enemy: An impassioned plea to neglected novelists, embattled professors, and tenure-less historians." (New Republic, 2013)

(7)Bringmann, W. G., Bringmann, N. J., & Ungerer, G. A."The establishment of Wundt's laboratory: An archival and documentary study." (W. G. Bringmann, & R. D. Tweney (Eds.), Wundt studies: A centennial collection (pp. 123-157). Toronto: Hogrefe. 1980)

(8)John Cacioppo,"Psychology is a Hub Science"(Observer 2007)

(9)Martin Daly, Margo Wilson,"How evolutionary thinking inspires and disciplines psychological hypotheses." Pp. 15-22 in XT Wang & YJ Su, eds., Thus spake evolutionary psychologists.(Peking University Press,2011)

(10)一例を挙げれば、心の理論(Theory of mind)における神経科学役割とか。サイモン・バロン=コーエンが有名だろうが、研究は色々有りすぎて挙げきれない。

(11)HR テクノロジーで、人や組織パフォーマンスの最大化を図る 「リシテア/AI 分析サービス販売開始(https://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2016/1201.pdf)

日本臨床心理学における査読論文価値

anond:20181009215657

心理学について書こうと思ったら、お一人書いてくださった方がいたので、そこで「特殊」とされていた臨床心理学について書きます

臨床心理学系の大学院博士号を取って、現在大学で臨床と研究をしています

論文事情を書こうと思ったら、背景にある臨床心理学事情になりました…。そして「日本の」と書いたのは、日本の固有の事情もあるためです。

はじめに

臨床心理学における研究は、おおよそ以下の3つに分けられます

 1:ブコメであったような、症例報告から始まってランダム対照試験まで行くという医学疫学的な研究

 2:事例研究やそれを踏まえた臨床論的研究

 3:その他の調査研究ちょっと大雑把ですがゆるしてください、そして私のメインはここです)

少々雑な括りで、中間位置する方や例外もままいることを踏まえ、あくまでも概要を述べているということを踏まえたうえでお付き合いください。

論文事情

https://anond.hatelabo.jp/20181009215657 では心理学論文事情として以下の順序を挙げていらっしゃいました、

 査読付き英語論文>>>>査読日本論文>>査読なし日本論文(いわゆる紀要査読有り紀要も含む)

これは、1と3を自分研究領域にしている臨床心理学者にもほぼそのまま当てはまりますし、海外でも同様です。

そのため、競争が激しい業界院生さんだと、Predatory Journalに投稿しているケースも残念ながら見ます

特殊なのは、「2:事例研究やそれを踏まえた臨床論的研究」を中心としている人たちです。

この方々の多く(全員ではありません)は、場合によっては「論文」というものを軽視すらしていますし、査読論文の数も非常に少ないです(大学に勤めている以上、建前で「論文書かないとね」と言ったりはしますが)。

これは分野外の人からはよく見えないため(もちろん業績調べればわかります)、中々ややこしい問題です。

私の観測範囲ですが、下手にこういう人たちが多い大学就職しようとしたり、あるいは就職してしまったりすると、論文業績が多い人はかえって冷めた目で見られたりすることすらあります

このような信じられない断絶が臨床心理学の中にあるので、業界からはわかりにくいのです。

ちなみに「2:事例研究やそれを踏まえた臨床論的研究」の人たちの業績に対する意識は人文系に近く、私も完全にはよくわかりません。ただ少なくとも、英語査読論文を無条件でありがたがったりはしません。

しろ”深みのある”事例研究理論検討が尊ばれ、そうしたものに特化した特定学術雑誌論文や、あるいは書籍などを重視する印象です。

業界事情(長いです)

なぜ学問を行う場である筈の大学において、こんな断絶が起こるのでしょうか。

つの要因は単純に「世代」です(繰り返しますが大雑把な区切りです)。

世代によって何が違うかというと「臨床心理学に対する考え方」が違います

もっと具体的には「エビデンスを重視するか否か」の違いです。

エビデンスを重視しないなんてバカ?」と思う方も多いと思います

私も7割同意しますが、これにはこれで事情があります

先ほど書きましたが、2の人たちが重視するのは事例研究です。

https://anond.hatelabo.jp/20181009215657 には、「事例研究には物語以上の価値はないのでは」とありました。

「そう見えるのは仕方ないだろうな」と思う気持ちと「物語価値過小評価しすぎですよ」という両方の気持ちを抱きます

なぜかと言えば、「クライエントの人生」を理解しようとすれば、どうしても「物語」というフレーム必要になるからです。

古典的な臨床家(心理療法をやる人)は、クライエントの人生全体を見ます

クライエントが訴える問題(やる気が出ないとか、落ち込むとか)を全てと考えるのでなく、むしろ人生における氷山の一角と捉えます

そして、クライエントの人生をそのものを見つめ、その人がより良く人生を歩んでいけるよう、どうにかこうにか支援をしていくわけです。

(「大きなお世話」「思いあがるな」と思われる方もいるでしょうし、下手すると実際にクライエントにとっても大きなお世話になります

その人の知能や症状の程度、パーソナリティなどを数値化して客観的に捉えることは心理学の得意技ですが、それでその人の人生全ては捉え切れません。

人生というものを捉えようとした時、どうしても物語必要になります

もちろん、物語ですから完全に同じ事象再現されることはまずありません。そのため、厳密な「エビデンス」はそこから得ることはできません。

ですが、だからといって物語意味がないわけでもありません。

物語から自分は何も学んだ覚えはない」という人がいたら、それは物語意味がないのではなく、恐らくその人に学習能力がないためです。

物語を蓄積していくことで、我々は人間に対する理解をより深いものにしていくことができます

そのため、日本臨床心理学者は「エビデンスなんかいらない」というよりも、「物語を蓄積してくしか、やりようがない」と思っていた部分もあると思います

またもう少しフォローしますと、単に物語を乱立させるのでなく、蓄積された様々な「物語」を体系づける理論の構築自体は脈々と行われてきました。

それが、「2」の後ろ半分「それを踏まえた臨床論的研究」です。

フロイト精神分析なんかは、今でも理論精緻化され続けていて、それはそれで読むと非常に面白いですし、人間理解に大いに役立ちます

というわけで昔の臨床心理学は、多分に人文的というかアート的な学問領域でした。学んでみると非常に面白いのですが学問としての欠点もたくさんあります

最たる点が、多くの方が既に感じていらっしゃる通り、物語性を重視するあまり客観性エビデンスをあまりに軽んじてしまたことです。

 ◆

しか1990年代の後半頃でしょうか、「認知行動療法」と「エビデンス重視」の立場が、アメリカから日本へ本格的にやってきました。

心理療法の一つである認知行動療法エビデンスを非常に重視します。

例えば「うつ病」ならば、患者抑うつの程度を測定し、「認知行動療法を行うと抑うつの程度が有意に下がる!」みたいな研究バンバンやるわけです。

当時の学会の様子は今でも覚えていますエビデンス重視の方々は「それエビデンスあるんですか?」と、どこかの誰かのようなセリフを旧来の臨床心理学者に容赦なく投げつけ、大変気まずい空気を作り出していました。(別に悪いことではないですが)

残念ながら旧来の臨床心理学者はそれに真っ向から反論することができません。なぜなら、実際の所エビデンスは無いからです。

ただし、客観的エビデンスが求められる研究では、「客観的に扱える要素」しか扱うことができません。

そういう「客観性」では捉え切れない人間の心を探求していったのが、これまでの臨床心理学だったはずです。

ですから多くの人にとって、「エビデンス」というものが極めて底の浅いものに見えたという部分もあると思います

実際私もそう感じる部分はありました。確かにエビデンス大事だけど、余りに機械的人間の心を扱いすぎていないか?と。

それって、本当に臨床心理学が目指していたことだっけ?

とはいえ、旧来の臨床心理学者がその文学性に浸りすぎ、客観性過小評価していたのは間違いないと思います

エビデンスに対して「人生の深みをわかっていない」「客観性が全てではない」と言っても、インチキしか聞こえないでしょう。

要するに、物語偏重し、エビデンス全否定する姿勢は間違っていますが、エビデンス偏重し、物語全否定するのも同様におかしいと、私自身は思います

そういう微妙バランスというか面白さが臨床心理学の中にはありますし、どちらも人を支援する上では大事視点だと思います

 ◆


まぁその後は各学会大学内で、明に暗に色々な小競り合いがあって、現在は昔よりもだいぶ両者が折り合いつつある雰囲気です。

一つは、純粋な「2:事例研究やそれを踏まえた臨床論的研究」の人たちが減ったという単純な理由です。大御所の多くが高齢化し、以前よりはだいぶ比率が少なくなりました。

逆に、認知行動療法がだいぶ浸透した結果、若い世代では認知行動療法が専門外でも、エビデンス重視の考えは馴染みのあるものになっています

また、認知行動療法の人たちも”表面的な”エビデンスが全てではないという姿勢の人が増えてきました。

また、個人的にすごく大事だと思うのが、実証重視の方々にとっては「物語」の代表に見えるであろう精神分析系の心理療法も、ちゃん効果確認されるようになってきたたことです。

これによって、「エビデンスが全てではない」と意地を張らなくても良くなってきたのだと思います

結局、エビデンス否定するのではなく、自らエビデンスを出すことで (とはいえ研究殆ど海外ですが)、問題は解消されつつあります学問としてこれはとてもよいことだと思います

 ◆

つい最近中室牧子さんとかによって、教育業界エビデンス視点を持ち込む動きがありますが、同じように、日本臨床心理学にもエビデンス視点を持ち込もうという動きが20年程前にあったのです。

エビデンスに対する考え方の違いは、人間理解に対する考え方の違いであり、それが論文業績に対する考え方の違いにもつながっていたという話です。

これを読んでみて、改めて「臨床心理学ってクソだな」と思った人もいるかもしれませんが、こういうゴタゴタも乗り越えつつ、少しずつ学問としてブラッシュアップされていっている臨床心理学が私は大好きです。

長くなってしまいました、すいません。

おまけ

長くなったついでで恐縮です。

https://anond.hatelabo.jp/20181011091532 「再現可能性が4割」の部分に

https://anond.hatelabo.jp/20181011091734 「びっくりするほど信用できない学問だな てか学問かそれ 」というコメントを見かけましたが、これ心理学だけの問題じゃないんですよ。

Natureが少し前にいろんな研究者に調査しましたが、理系領域だって再現性は決して高くありません。

https://www.nature.com/news/1-500-scientists-lift-the-lid-on-reproducibility-1.19970

しろ追試をちゃんとやって、どれが再現できるか否かをふるいにかけ、学問を発展させようとする態度こそが科学的だと私は思います

2018-10-02

anond:20181002074342

現代精神医学においてフロイトラカン知識必須じゃないです。歴史的価値があるのは認めますが。

「ブンカケイノキョウヨウ」くらいに捉えておいたほうがよいです。

2018-09-30

anond:20180930164535

フロイトアドラーや今どきマズローを好きな連中っすからね…無自覚なだけで深層心理があるんだぁ!って言いたいんやろね

2018-09-16

哲学的マンガ

オススメなどありますか?

なんと言うか、漠然哲学的なのではなく、特定思想とかなりシンクロ率が高いみたいなのを知りたい。

 

最近読んだ中では、

 ・「進撃の巨人」は「ニーチェ

 ・「ペット」フロイト

だなと思った。

 

そのようなものがあったら、教えて欲しい。

 

追記

沢山のコメブクマありがとう

とても参考になった。

 

漫画哲学素養が乏しく、カバー範囲が狭いのだが、回答できるコメブクマだけ回答させてもらう。

 

新劇おkなら 伸びたと雲の王国なんてどうです

ドラえもんニーチェ的に読むと言うのは、過激な試みに見える。

一方、当方能力絶対的に足りない感じもする。

 

大島弓子は、ゲスタイ・カレポンで一作描き上げた。

どうもこれはそうっぽい。読んでみる。

 

フロイト哲学でいいのか?だったら無意識を扱ったマンガは多そう(パプリカ含め)

教養晒していると思うけど、バカなので大目に見て下さい。

パプリカはどうやらそうっぽいので、これも読んでみよう。

 

よく知らないけど手塚治虫の「ブッダ」は仏教思想シンクロしてるらしいな。伝聞なので間違ってたらゴメン(意味不明ファンロードでなんか凄いの読んだ記憶あるが内容とか何一つ思い出せんので偽記憶かも

ブッダレベルシンクロしている漫画が、哲学的マンガと言って差し支えないものなのではないかと考え直した。

手塚治虫解釈が入っているかもしれないが、仏典仏教からマンガを起こしているからな。

なので、今回の質問はかなり曖昧質問だったかもしれない。

 

ブッタとシッタカブッタ

ちょっとググって見た。内容紹介には「宗教でも心理学でもない」ってあるんだけど、心理学仏教ミクスチャーとして読んでみよう。

 

オーダーとずれるけど面白いよ /有罪無害玩具http://tirasimanga.web.fc2.com/TUM/043/043.html 下校時刻の哲学的ゾンビ https://omocoro.jp/kiji/64616/

未読のweb漫画発見。ありがたや。

 

蒼天航路は、儒教から道教皇帝社稷を語ったり、庶民思想や、ヤクザ者の思想まで東洋思想デパート状態

これも要チェックで読んでみる。

 

キン肉マンにはニーチェ用語が頻繁に出てきた記憶がある。

なんかこっちの方が鬼気迫るものがあるな。

俺にそれを読み解く能力があるかが疑問だが、チェックしてみよう。

 

2018-09-07

anond:20180905110334

これ全く信じてない。

ていうか、男は支配の代わりにセックスを求めるとか言い出す言説は全面的に信じない。

性欲と支配欲を分離して、しかも互いに代替できるとか、フロイトの亜種かなにかだろ。

2018-08-22

消えゆく霧をつかむように記憶を引留める

夏休み最後の昼寝

うとうととしていると浅い眠りから目が覚めた

自分の心に変な緊張感が残っていることに気づく

すぐさま消えていく霧をつかむように記憶をたどると、寝ているうちに夢を見ていたのだと

僕は華奢な美少女を布団の中で抱きしめようとしていた

同時にそれが母親であるという確信を抱いていた

緊張感と、安堵感

ためらいと、欲望

夢の中ではすべてが複雑に同居していた

学生時代フロイトを読んだその日から自分の中に屈折した母への性交願望があるのには気づいていた

母とはそんなに良好な関係とは言えない

現実母親は、大柄なオバハンなのにどうして夢の中ではちっちゃくてできれいでかわいかったのか?

そして、現実には口うるさく世話焼きでうっとおしいのに、夢の中では無口で清楚だったのか?

だんたんとはっきり目覚めを感じるうちに、濃く立ち込めていた辛い気持ちも晴れていった

どこにも吐き出せない体験だったので、聞いて欲しかった

2018-08-08

anond:20180807222403

心理学部卒だけど、ユングフロイトは1年時の授業で教科書に1行、記述あるかないかぐらいの扱いだった。授業で教授言及したのも1年で30秒くらい。

いわゆる実験心理学認知心理学とか知覚心理学とか)の教授の授業を中心に取ってたからかもしれんが、アドラーマズローに至ってはまったく記憶にない。

アドラーマズロービジネス課題解決するための仮説として使うイメージ

そういう意味では有用だと思ってる。

anond:20180807222403

心理学の初等授業で話す理屈はこう。

人間の心は観測できないから、心理学科学として怪しいのは当たり前。

だけども、心が実在するという仮定のもとで仮説を積み上げるとうまく説明できることが確かにあって、その仮説は現実生活に確実に役立つ。現実に役立てることができる、ということが心理学という学問を成り立たせているのだ。

(ちなみにそういう訳でフロイトだとか夢診断とかは心理学界隈でも評判が悪い)

2018-07-24

??「それは○○のメタファーです」

患者八百屋さんに行ったら、白くて、太くて長いものが…」

フロイト「それはずばり、男根メタファーです!」

医者男根やなくて、大根やろ!」

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん