「bing」を含む日記 RSS

はてなキーワード: bingとは

2021-06-18

duckduckgoって

中身bingなのにbing全然注目されてなくてかわいそう

2021-06-07

anond:20210606115535

https://web.archive.org/web/20080305225407/http://www.c-sawat.com/index2.html

https://web.archive.org/web/20080723202836fw_/http://www.c-sawat.com/release/yumeoto/dl.html

これじゃね

ユメミルトメ音楽映像

主題歌:the everlasting light

約束の夢~

----------------------------

自分に架せられた運命に立ち向かう強い決意と

愛する人を想い、まっすぐに見つめる主人公琴音の

姿が表現された主題歌に仕上がりました。

https://www.alchemics.co.jp/users/bandit/vocal9999_damepo.html

によると、

(*1)#7(3:52)

とあり時間がぴったり

更に曲名歌詞、歌の紹介文と歌詞がそれぞれ一致。

公式サイト残ってない、乙女ゲーム主題歌しか計画立ち消えで歌詞アーカイブすらなく、誰も保管していない理由も納得がいくし

出てきている何人かの質問者が全員女性なのも、乙女ゲームの関連曲だと考えるとかなり自然

下に書いてるが、管理番号のついた音楽CD雑誌付録)としても流通していたようだから、おそらくデバイス的に磁気テープCDしか流せなかったであろう有線で流れてもおかしくはない

隣のmp3へのリンクが残っていたら一発だったのだが、残念ながらmp3はどう探してもアーカイブが見つからなかった

公式サイトドメインエロサイト占拠されてるから不用意にオリジナルURLは開かないように

主題歌女性向けゲーム、「B's-LOG 2005-12 付録 夜のMUSIC BOX」(*1)にも収録

とのことで、一応メルカリがヒットするから買ってみればいいんじゃね。プレミア価格なっちゃってるが

(注1:転売により法外に高いという意味ではなく、元の雑誌よりも高くなってるねという意味。もう売れてるが1800円くらいだった。)

(注2:2021/06/07 13:00 JST時点で売り切れ。入手したければ言及先と同じくCD付きの雑誌古本として買ってくれ。)

または歌手のRIKOさんという人がまだ活動しているから本人にTwitterなりで聞けばわかるかも

https://rikovoice.sakura.ne.jp/

強調しておくが、上記はまだこれじゃないか?という手がかりを示したに過ぎない。

確定というわけではなく、ここから確証を得るには雑誌付録を実際に入手してのレポートやRIKOさんの回答を待つ必要がある。

RIKOさんについてはあまり考えず晒ししまったがご容赦願う。貼ったリンク個人活動とはいえ公式Webサイトやしええやろの精神や。

追記

どうやって調べたんだ

普通にググったら出るくね

。。。と思ったけど、よく考えると普通にググったわけではないので一応解説する

Google, Bing, DuckDuckGoでそれぞれ歌詞フレーズ適当に拾って検索

最近Google頭が悪いので必ずダブルクォーテーションをつける、20年前の情報とかどうせ出てこないので検索ツールで結果の上限を2010年くらいに絞って検索

あとはそれらしい解説サイト(古き良きインターネッツ個人サイト)が残ってれば見に行き、それらしい情報を見つけたらメーカー公式サイトを見に行く

古すぎてドメインが失効している場合は更にそのリンクURLWayback Machine で再度検索

まあネットで調べるときの定石を潰して行った感じだが

普通歌詞がHITするが、どう切り出して探しても当たらず、たまたまサビの「Everlasting + 約束の夢」と一致する曲名があったので注目して深掘りした

最初の手がかりは、上でも紹介している RIKOさんのサイト歌曲タイトルを見つけた(着目した)のがクリティカルな手がかりになった

逆に言うと「この曲のタイトル全体がテキスト記載されている」「現存してWeb検索に引っかかるサイト」がないとどうにもならず、

その条件を満たすのは上記RIKOさんのサイトまたは 「BANDiTの隠れ家」しかないので、どちらかを探し当てられるかどうかに掛かっている

そこから先は、(そもそも雑誌レポートが無いのでまだ推測の域だが、)Web Archiveから得られた断片的な情報想像で補っただけに過ぎない

したがって、手がかりを文字から追えないYouTube世代情報は、後々YouTubeサービス終了したときに丸ごと歴史が空白になるんじゃないか危惧している

ちなみに別のトラバにも書かれている通りで、歌の検索場合は「さだめ」など表記ゆれやすフレーズ検索ワードから外すのもコツではある。

「運命」になったり「宿命」になったりするし、ダブルクォーテーションを足すと逆に表記ゆれ対応できなくなるため。

はてなろう主人公

主観的にはマジで普通に検索しただけなんだよなあ

クソほど褒められててンギモヂイイ…なろう主人公の気分をリアル体感している。また俺なんかやっちゃいました?

検索技術はもしかしたら売りものになるのかもしれんな

おまえらリテラシーあげてけ

余談

ユメミルクスリはいいぞ

https://www.youtube.com/watch?v=KRNHj7JzTCU

余談2

こういうのが好きなら神様のメモ帳を読め

 

(ヽ´ん`)7e7c-p9zx

2021-05-21

ワイ、bing検索サジェストが酷すぎて無事死亡

最近リモートワークが流行ってるじゃないですか?ワイの所もリモートワークしててZoomを使ってたんだわ

Zoomって画面共有機能があるからワイの画面を映しながら会議をしてて、その会話の中で検索する必要があったのね

それでMicrosoft bing検索しようとしたのよ

検索窓にsと打ちはじめてみたらサジェストが出てきて思わず手が止まってしまった

sbi証券ログイン画面

sbi証券

suumo

smbc日興証券イージートレードログイン

supjav

sex48手無料動画

steam

southwest airlines

がずらっと出てきた

仕様がわかんねえんだけど何も知らない会議参加者からしたら仕事用のPCで株取引をして家を探しててエロ動画検索しててsteamのゲーム探してた海外旅行を考えてるやつって思われるじゃん

ビビってしまって無言で閉じてそのあとしどろもどろになってZoom会議を終えた

bing検索サジェスト、ひどくないですか?

2021-05-17

anond:20210517141653

いや、分からんよ…

しかしたら、生まれからすぐ何らかの拍子に非表示にしたままで、

本当は表示できるのに気が付かないだけかもしれないよ

というか、そういうこと本当にあるのでやめてほしい

あと、インストールして最初に起動したときにやたらバルーンチュートリアルされて、

面倒なのでスキップしたら、後で暇なときチュートリアルできないとかやめてほしい

あと、アップデートするとかのタイミングで設定いじられるとか、

検索エンジンGoogleからBingにされるとか

から、表示されないか現実ゲームではないのではなくて、

しかしたら表示する方法があるのかもしれないから、

何もない空間をひたすら右クリック的な何かをするとかしていれば、

メニューダイアログが表示されるかもしれない

2021-05-11

ネット問題解決しにくくなったなと思う

Googlebing(DuckDuckGo)で検索しても解決しない、

どこか質問しようにも、だいたい閲覧すらされない、

返信にお金を払うとしても適切な回答得られない、

炎上させるような文句でうまくアクセスを稼げた場合になんとか有益な回答がつく。


有名人場合は、Twitterなどでつぶやいたら解決するのだろうか。

2021-04-26

AirTagへの見解畏敬の念bingキャッシュ版)続き

3.情報リテラシーの問題

 紛失防止タグを提供する事業者にとって最大の問題がこの利用者の情報リテラシーの問題です。

製品がスマートフォンと組み合わせて使うハードウェアという特質上、かつすれ違いを通じた第三者の位置情報を扱うため本当に様々な問題が発生します。

まず第一に仕組みを理解してもらうのが本当に難しい。Bluetoothを通じたすれ違いでトラッキングするアプリといっても、その仕組を一瞬で理解してもらうのは至難の業です。GPSトラッカーと誤解されることも非常に多いです。そのため製品の説明の仕方には細心の注意が必要です。

 また、例えば製品がうまく動かない、という問題一つとっても、スマートフォンとハードウェアを組み合わせた製品ですので、それがアプリの問題か、端末のOSの問題か、通信環境の影響か、操作の認識の違いか、端末そのものに起因する問題か、電波の影響かなど様々な原因が考えられます。位置情報に関する問題も多いです。位置情報がずれている、間違っている、覚えのない位置情報が表示されたという問題は、利用者にとっては不安そのものです。弊社でもカスタマーサポートチームは電話対応を設けてこれら問題に寄り添い状況をひとつひとつ確認し丁寧に対応します。また保険サービスを設けて、万が一モノが見つからないといった場合にはサポートによる捜索の支援、保険による支払いを行うといったサービスも展開しています。

しかしそれでも、中には期待に沿うことができず、厳しいお言葉やレビューをいただくこともあります。そのアプリの評価を見て購入を控えるお客様も多数います。しかしそれでも、そういった声をひとつひとつ噛み締めてサービスの改善を繰り返していくしかないわけです。

 一方Appleは「探す」アプリのデフォルトのアプリに組み込みです。アプリをダウンロードすることも必要なれけば、レビューの評価の影響もない。

言ってしまうとアプリ内から問い合わせフォームすらない(笑)

これではなにかあっても完全にユーザーの泣き寝入りです。Appleはこれらのユーザーへの対応をどうするのでしょうか? 

これは、非常に無責任でアンフェアですし、これによって紛失防止タグそのものへの不信感がおきてしまう懸念もあります。

以上、現時点で紛失防止タグ領域において先行してやってきた私が抱く現時点の見解をまとめました。

しかしながら、Appleも当然これら問題を認識した上で今回のAirTagを製品として販売してきてるわけです。

 僕たちもクラウドトラッキングという仕組みを思いついたとき、当然これをAppleそのものがやる可能性というのは考えました。しかし実際のところそれはできないだろうと思ってました。なぜならアイディアとしては素晴らしいのですが、現実的には上記のような問題やリスクが多数山積みになり、Appleの規模ほどの会社では実現は難しいと思ったからです。

しかし、それでも、Appleはやりきりました。製品化を実現したのです。

これは本当に凄まじいイノベーションだと思います。今回の様々な製品発表の中でAppleにとっても最も賭けなのは間違いなくこのAirTagでしょう。

これには畏敬の念を禁じ得ません。これは確実にARへの布石ですので、Appleが今後切り開く今後の未来にワクワクします。

 そして願わくばこれを機にこの落とし物防止タグの領域に興味を持ってくれる人が一人でも増え、大切な持ち物に身につけてもらうことで、なくしものがなくなってくれることを願うばかりです。

あと、最後にこそっと小言をいわしてもらうと、今回Appleの探すネットワークに注目が集まってますが、本来はそのシーンというのはほとんどないはずです。だって財布の場所がわかるからといって、財布を外に放置したがる人はいないですよね笑? むしろ紛失を未然に防ぐ仕組みの方が本来役に立つはずです。

そうした本質的な解決すべき課題にフォーカスをせず、なくしても見つかるというところだけを強調するのはAppleの邪悪さを感じますね。 

きっとAirTagが市場に出回った後は世界中で

「おおAirTagよ。私がなくした大切なモノが見つかったのはApple様のおかげです!」

という声が溢れることでしょう。まるで本当の神様ですね。ただ、Appleはそもそもなくすことを未然に防ぐこともできたはずなのですが。

 ちなみにMAMORIOには忘れ物防止通知機能だったり、世界最小クラスの小ささを活かして財布や鍵につけても邪魔にならずずっと快適に使えます。ARで探せる機能もちゃっかり実装しています。今回蚊帳の外のAndroidユーザーも対象です。

 製品も世界最小クラスのタグ型、かわいいレザーチャームと組み合わせて使えるスクエア型、薄さ1.7mmで財布にぴったりワイヤレス充電で繰り返し充電して使えるカード型タイプなど様々な用途に合わせて種類があります。

まぁ、あとあんなにデカデカとリンゴマークのロゴがついたおしゃれタグを持ち物の目立つところに付けたら盗んだらまっさきに捨ててくださいといっているようなもので防犯効果はゼロですが、MAMORIOは盗難リスクにも配慮して目立たないようなデザインにもなってます笑 

MAMORIO

https://mamorio.jp/

ぜひ一度検討してみてくださいね。

さぁ、皆で今日を紛失浄化令の最初の記念日にしましょう。

AirTagへの見解畏敬の念bingキャッシュ版)

以下は、2021/04/24 時点 (クローラー最後アクセスした時点) で表示されていた Web ページのスナップショットです。これは、検索結果のランク付けのために使用されたページのバージョンです。実際のページは、最後キャッシュされた状態から変更されている可能性があります。変更後のページ (強調表示なし) を表示するには、最新のページにアクセスしてください。

どうも。Appleが新しく発表したAirTag、すでにお買い求めになった方も多いのではないでしょうか?

私はそのAirTagと目下同じ領域製品となるMAMORIOという紛失防止タグを開発・販売する日本スタートアップをしています

AirTagが発表され、様々なことがわかってきましたので現在のところの見解をまとめておきたいと思っております。今後変わる可能性はありますが。

現時点のAirTagへの見解は?

Appleにとっても相当危険な賭けだろうなという認識です。ニッチ領域としてスタートアップがやるのと、世界一企業がやるのとではユーザーから求められる水準や期待値がかなり違うはずです。現在の紛失防止タグという製品が抱えるそういった課題点をどれくらいクリアできているのか、あるいは今後向き合うつもりなのかが問われていると思います

現在の多くの紛失防止タグが抱える課題点は大きく分けて3つあります

探知精度、プライバシー利用者情報リテラシーです。それぞれについて解説します。

1.探知精度の問題

電波距離数十メートルBluetoothを用いて追跡を行う場合BT範囲外においては第三者スマートフォン端末の位置情報活用してトラッキングを行う仕組み(弊社ではクラウドトラッキングと呼んでいる)があります

MAMORIOではMAMORIOアプリDLして登録しているiPhoneAndroidユーザーネットワークを通じてトラッキングを行っています。AirTagではこれをOSレベル実装世界中の全iOS端末で匿名トラッキング実施する仕組みだと説明されていますAppleではこれを何億人のユーザーが探してくれると表現していますが 、では果たしてこれは具体的に何%の確率で見つかるのでしょうか? 今現在アクティブな端末数は?見つかっている数は?  ユーザーにとってはそれが真っ先に知りたいはずです。しかし、AppleはAirTagを探す手伝いをしたデバイスが誰のものか、Appleですらも知ることはできないと言っています。つまり見つかるかどうかはわからないし統計も取れないということです。あくまで探してくれる「かも」、見つかる「かも」、という仕組みの話を言っているだけになります。 Apple製品であれば利用者も圧倒的に多いはずですが、それでも仕組み上 、人が訪れないエリア電波遮断された状況などでは見つけることは不可能です。つまるところAppleのいう「探す」ネットワーク果たして本当にどれくらい有効機能しているのかは誰にもわかりません。あなた想像の中にだけあります

 MAMORIOでは日々ユーザー間のすれ違いの数をアプリで誰にでも見れるように公開し改善をおこなっています。また端末間のすれ違いだけではなく、より確実に忘れ物や落とし物が見つかるよう全国鉄会社700路線の遺失物センターに専用の受信機を設置し、設置場所ウェブサイト上に公開、地点名での位置情報登録し落とし物が届けられたら見つかる仕組み構築しています。当然、AirTagの仕組みに比べたら遥かにユーザー数は少ないですし、100%落とし物忘れ物が見つかるわけではありません。だからこそ可能な限り真摯事実を伝えることが大事だと思ってやっています

 Appleのやり方はこうした製品の前提となる説明飛ばし、非常に作為的で不誠実な伝え方ではないかと思います

 また、位置情報の誤差の問題もあります。「探す」アプリ自分iPhoneの端末の位置情報を見てもらえばわかると思いますが、自ら通信するiPhoneですら誤差が生じていてずれているのがわかると思います。屋内ではGPSの精度はかなり落ちるのです。ましてやAirTagは第三者とのすれ違いを活用する以上どうしても誤差が発生するはずです。また拾った人がAirTagの電池を抜いてしまった以降は当然追跡はできません。最後にあったはずの場所をここだと思って探していたら、とっくに持ち去られてしまっていて見つからない、という可能性は大いにあります

また、GPSを組み合わせて位置情報特定する以上、数メートル〜数十メートルの誤差は発生します。住宅密度の高い場所であれば実際の場所とは異なる隣りの家やビルを指し示す可能性はかなりあります。AirTagが入った自分の盗まれた財布がここにあると思い怒鳴り込んで入っていったら実は違っていてトラブルになった、ということが起こりうる可能性は非常に高いです。日本ではすいませんでした!の笑い話ですむかもしれませんが、海外であればそのまま不法侵入で射殺されてもおかしくありません。このようなリスクについてAppleはきちんと利用者説明を行っているのでしょうか?

この問題MAMORIOももちろんついてまわりますが、事前に仕組みや機能についてある程度理解をしていただいた上で購入する層を対象としているMAMORIOと違い、AppleブランドであるAirTagではユーザー層も多岐に渡るはずです。 当然利用者が多くなればなるほど、見つからなかった、そんなことは知らなかったという声や事例も多いはずです。その際のネガティブな声でAppleブランド毀損してしま可能性はあります。そういったリスクを背負ってなおAirTagを出したという判断に対してただただ感服です。

また同じ問題UWBを用いたトラッキング機能もついてまわりますUWBの特徴は数センチ単位での位置特定可能指向性ではありますが、電波である以上遮蔽物や環境の影響は大きく受けます。どれくらいの近さだと見つかるのか、遮蔽物の影響はどれくらいか、利用する環境によって異なるため、実際にユーザー期待値を下回る可能性も高いです。

 それでも世界最高の企業であるApple社が手掛ける以上、既存の紛失防止タグよりも素晴らしいユーザー体験であることは間違いありません。見違えるような体験になるはずです。しかし大多数のユーザーにとって紛失防止タグというのは未だ未知の存在であることも事実で、はたしてAirTagを初めて触ったユーザーがそのユーザー体験を許容するか、紛失防止タグのものへのネガティブ評価になりかねないか非常に懸念しています

2.プライバシー問題

2つ目はプライバシー問題です。物の場所を探せるということは、当然ストーキング行為などに使われるというリスクがあります。紛失防止タグ以外のGPSラッカーにもこの問題はありましたが、GPSラッカーがそこそこの大きさ(スマホサイズ)、短い電池寿命(3日程度)、通信回線契約の有無(通信キャリアへの契約必要)といった形で、利用条件が限定されるのに対し、紛失防止タグは極小(小銭サイズ)、長寿命(1年程度)、通信契約不要匿名利用可)といった特徴があります

 しかしながら、前述の通り紛失防止タグBluetoothを用いている仕組みゆえ、第三者スマートフォンとのすれ違いによってしか位置情報特定することしかできません。そのためストーキングのために悪用するには対象が偶然タイミングよく他のユーザーの近くを通らなければ位置情報特定はできません。今までの紛失防止タグは精度とプライバシー絶妙バランスがこうした問題の発生を防いでいたとも言えます

しかし、Airtagは違いますiPhoneの普及率を考えると通信精度はGPSラッカーを上回り、屋内でもかなりの精度がでる可能性が高く、小さく、長寿命で、匿名性の高い追跡デバイスとして猛威を振るう可能性があります。(またその普及度と知名度ゆえにそういった悪意を誘発してしま可能性もあります

もちろん、Appleはこの問題に対して様々な対処を行っていると述べています

 例えば、近くに第三者のAirTagがあれば手元のスマートフォンに通知を行う、また近くのAirTagを鳴らして探せるというものです。ストーカー目的第三者のAirTagが近くにあれば、スマホがお知らせてしてくれる、探せるから安心といえば聞こえはいいですが、あくまでこれはiPhoneを持っているユーザーに限っての話しです。Androidユーザーは当然この恩恵には預かれません。つまるところAndroidユーザーは誰でもAirTagによって追跡されてしま可能性があるということです。Apple企業としてプライバシーを大切にする姿勢は称賛に値します。が、だからといってそれはiPhone製品を使っていなければ誰でも位置情報を追跡されるリスクを背負わされるということにはならないはずです。

まりAppleのやっていることはこうです。

Androidをお使いのあなたはAirTagでストーキングされても気が付かない可能性があります。でもストーキングされてもすぐにわかから安心そう、iPhoneならね」。

このようなやり方には非常に狡猾な悪意を感じます

 またApple第三者のAirTagが近くにあるとき以外にも、登録者のスマートフォンからAirTagが一定期間(3日程度)離れた場合、音が鳴って周囲に存在を伝えると言っていますAndroidであっても、NFCをかざせば音の止め方や詳細がわかるといいます。これでAndroidユーザーなら安心、、、となるのでしょうか?

 今この時点でAirTagを知っているような情報感度の高い熱心なAppleファンにとってはAirTagやその仕様常識かもしれませんが、Androidユーザーや多くの人にとってAirTagはまだまだ未知のプロダクトです。ましてやシニア層が多い日本ならなおさら。どこからもなくタグから音がなったときにそれに対して誰しもが第三者のAirTagと気づいて適切に対処することはできるのでしょうか? またそういったことへの啓蒙Appleは行うのでしょうか? またAppleは「探す」ネットワークサードパーティーに向けて開放しており、今後様々な形状や特徴を持ったデバイスが登場する可能性があります。AirTagであれば象徴的なデザインなので、すぐにそれと認識することができるかもしれませんが、それ以外のサードパーティーデバイスを逐一見分けることは一般ユーザーには不可能です。なんだか見たことのないデバイスから音が鳴ってなにかの故障電池切れかなと思っていたら、実はトラッキングされていた、という可能性が誰にでも起こりうる可能性があります。そのリスクAndroidユーザーさらされているのです。

また鳴るタイミングが周囲の人間にはコントロールできない以上様々な状況で鳴ることがありえます大事センター試験中になり始めたら? 車の運転中にAirtagがいきなりなり始めたら? 静粛なコンサート中になり始めたら?

また、深夜の暗い家や屋外であればなり始めても見つけられないことも想定されます。深夜にゴキブリの影を見つけてそのまま見つけられなかったことを考えて見てください。ぞっとしますよね。

女性ならストーカーに使われる可能性もあるAirtagの音が自分の部屋で鳴るだけでそれを見つけるまでは恐怖でいっぱいになるはずです。あるいは誰かが嫌がらせでその音を鳴らすだけで相手を追い込むことも可能です。

そういった状況でも落ち着いて誰しもが適切に対応ができるようApple信者以外の全ユーザーにも啓蒙をご丁寧に行ってくれるのでしょうか? 本当にありがたい話ですね。

さらAppleは「探す」ネットワークについては、匿名化を行いAppleでさえも一切のデータを持ち得ないとしています

電気通信事業法では、公共電波通信を扱う事業者責任として利用者通信の秘密の保護は厳重に定められておりますが、一方で裁判官の令状による通信履歴等の 取得・提供児童ポルノの閲覧に対するブロッキングなどの緊急避難通信の秘密の侵害に当たらず状況に応じて適切な対応を行うことが求められます

Appleはこういった犯罪悪用リスク可能性についても、仕組み上自分たちはデータを一切保有しておらずわからいか責任はないといっているのです。各種電気通信事業法を遵守し事業を展開している通信キャリアが構築した通信インフラ網やそれを利用する人々のスマートフォンネットワークフリーライドし、悪用にもされうる可能性のある新たな通信サービスを構築・提供しその責任放棄しています。これは非常に危険なことだと思います

 もちろん当然、MAMORIOでも同じ問題は発生しえます。そのためMAMORIOでは製品の利用にあたっては各種法令を参照して運営するとともにサービス登録にあたっては利用規約プライバシーポリシーを明示し、データも厳重かつ適切に管理を行い取り扱っています。今後も必要認証制度を適切に取得していくつもりです。また関係当局より打診があった際はそれが規約合致する適切なものである限り、事業運営者として対応真摯におこなっていくつもりです(現在のところそういった事例はおきていませんが)

 こうした事業運営責任所在を明らかにせず、匿名化し、運営者自らがそれを知りえないからといってその責任は許されるものではないのではないでしょうか? 

文字数制限のためhttps://anond.hatelabo.jp/20210426022649に続きます

2021-04-07

anond:20210407110835

しかに。

最近検索するのもいらん手間がかかることが増えた。

個人的には、検索エンジンでは、Bingが一番クソだと思う。

2021-02-19

anond:20210219155317

ピノチェト https://anond.hatelabo.jp/keyword/%E3%83%94%E3%83%8E%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%88

ここにはたまにピノチェト政権の失敗を指摘する増田がいるようだ。

不勉強チリ経済状態がどうなっているのか全然知らなかったので"チリ 経済"で検索(Bing)してみたら少なくとも1ページ目はポジティブ記事が並んだ。

Wikipediaのページも引っかかり、Miracle of Chileチリ奇跡という項目があってピノチェト政権は概ね称賛されている。アマルティア・セン(Amartya Sen)ら一部から否定的に論じられているらしい。

Google検索するとネガティブ記事も引っかかる。それらはピノチェト政権の話ではなく現ピニェラ政権下で資源価格下落により不況になった話と、再生可能エネルギーへの転換に突き進んだ結果電力価格が高騰してデモ引き起こした話と、政府の緊縮政策から電車運賃値上げをして反発を招いている話など。貧富の差が大きいことが不満の根底にあるらしい。

新自由主義全面的否定するものでは無さそうだな。

2021-01-16

昔見たとあるサイトを探してて数時間ググっても見つからなくてもしやと思ってbing検索したら一発で出てきた

グーグル八分害悪だなと思った

2020-12-09

Microsoft Rewardsなる謎のポイントサービス

つの間にか出来てたんだな

なんで動物かわいい画像検索するとお金ならぬポイントが貰えるんだよ

拡張機能入れたらデフォルト検索エンジンはBingになったしNewTabページもEdgeみたいになったけど

まあええわ、Chromeのままでイケるっぽいししばらく使ってみよ

やってる事同じでもこれが楽天ツールバーとかだったら断固お断りだったけど

まあMicrosoftなら付き合ってあげる気にもなるだろう

2020-12-06

Webページ”のための検索エンジンが欲しい

Google検索で探しているものが見つからない、もしくは探している情報が3ページ目以降にあるということが増えてきた。DuckDuckGo等も使ってみているが、DuckDuckGoは結果の表示にbing活用しているので鮮度の低い情報がヒットしてしまう。結局Googleを使わないと目的のページが見つからなかったりするのでDuckDuckGoで調べてみて出てこなかったらGoogleを使うようにした。

Googleはもともとウェブ検索ではウェブサイトの結果しか返していなかったが、2012年あたりから「すべて」という非常にあいまい検索結果を返すようになった。近年(いつ頃かは不明)ではカード型でいろんな情報を「これ探してるんじゃない?」とばかりに表示するようになった。おかげで検索結果の1番目を観るまでにスクロールをしないといけないような有様だ。Googleサービスなので仕方がないのかもしれないがYouTube検索結果を目立つように配置している。これも正直非表示にしたい。これについては「検索ワード -site:youtube.com」にすれば出てこなくすることはできる。しかし、他にも動画共有サイト存在する上に見たいわけではないサイトが出てくる。そしたら今度はuBlacklistという拡張機能を使って消す。これくらいしないとGoogle検索は使えたものではない。

動画を探すでもなく、有名人情報を探すでもなく、ただ最新のニュースを調べたいだけではない時、“Webページ”を探すための検索エンジンが欲しい、と思う。今ではGoogleに倣えと他の検索エンジンもGoogleのような見た目をするようになってしまった。“Webページ”だけを結果として表示してくれたかつてのシンプルだったGoogleのような検索エンジン、どこかないだろうか。

2020-08-19

日本語ネットってどうしてこんなのになったんだろう

日本語における母集団を全部確認できないので、自分観測範囲だけになってしまうが、

検索をかけても問題解決しないことが多くなった。

炎上させない限り、まともな回答がつかないなど)


思いつくままに仮説を挙げてみる。

 仮説①:Googleなど検索サイト日本語対応に熱心ではない。

 仮説②:https対応できない、サービスが終了したなどにより、良質なサイトが消えた。

 仮説③:記事の質よりもアクセス数を重視しているので、質が低下した。検索サイトは質を考慮しない。

 仮説④:情報をまとめるだけの能力がある人物がいなくなった。

 仮説⑤:短い動画が主流になり、難しい話ができなくなった。

 仮説⑥:検索サイト機能はより洗練されているが、自分検索能力が成長していない。

 仮説⑦:今のWeb機能が、情報をまとめるのに適していない。もしくは機能不足。


仮説①について。

Google日本語をさぼっていても、bingDuckDuckGoなど別の検索サイトを使えば、仮に母集団に良質な記事があるのであれば、見つかると思うがどうも見つからない。

Wikipediaは信用ならないと言われ、確かに怪しい所はあるが、まだマシだ。

もっと一般に求められている情報が変わってきたというのもある。

いかネット上で盛り上がっていることに乗るか、という使い方をする場合だと、Twitter検索するだろうし、情報の出どころを確認する、反対の意見がないか確認するといったことはしなくてよい。

そもそもニーズがないのだから営利企業対応しない。日本大学から新しい検索エンジンが出てくるわけでもない。


仮説②について。

デザインが古いなどあっただろうが、昔のWebサイトの方が質が高かったように思える。


仮説③について。

有料の記事についても、特に質が劇的によくなっているかというとそうではない。有料メルマガも同様。

どうせWebで読まれ記事なんて1日経ったら他の内容に興味を持たれて忘れられるので、それほど質は必要ないのかもしれない。

営利目的ではなく、趣味でやっている人は質を良くしようというモチベーションはあるだろうが、営利目的で質が関係ないならKPIに入れない。


仮説④について。

Webライターと言われる人が、元は出版社に勤めていたということがあり、Web次世代の人を育てられなかったのだろう。

過剰にWeb親和性が高い人は、炎上させるなどグレーゾーンを攻めるのが生存戦略となっているし、

ある段階から身の回り地位は低いが能力が高い人を使うことになっており、自身情報をまとめていない。(本を出しても影武者が書くなど)

SNSが広まって、多くの人がテレビで嫌われていたコメンテーターになった。


仮説⑤について。

スマホに移行したこともあるだろうが、言葉を尽くして人に説明して納得してもらう、というのができなくなった。


仮説⑥について。

検索サイトヘルプで新しい検索方法解説されているわけではないので、どうやって成長させるのか疑問がある。

検索能力を上げるための検索も、能力がなければできないとなると、どうするのか。

SEO的な能力を上げるのはビジネスになっているのでできるだろうが、インテリジェンスに近い検索個人試行錯誤でなんとかなるものなのか。


仮説⑦について。

togetterはてブのような、記事リンクを集めるような機能はあるが、論理的な結びつきなどを示さない。

コンピュータの性能は上がったが、表記のゆれをチェックするくらいしか進化していない。

多くのプログラマーも興味関心は低いのだろう。プログラム環境だけは進化している。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん