「NHKスペシャル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: NHKスペシャルとは

2022-06-30

世界人口80憶人

You Tube を見ていたら、過去NHKスペシャルが上がっていた。『生命~40億年のはるかな旅』。

宇宙飛行士毛利衛さんが進行役で、「これ見たことあるわー」と思って調べたら1994年制作だった。28年前か。

冒頭ナレーションで、世界人口56億人、と言っていて、その頃はそうだったんだなと思う。今は1年で、7900万人ずつ増えていて、来年には80憶人を越える。

と言うか、私が小学生の時に習ったのは人口40億人で、それでも「急激な人口爆発」とか言われていたけど、そこから2倍になったのか。凄い増え方だ。よく養えているなと思う。

半世紀かからなくて、人口が2倍になって、それでいて、80年代以前にはよくあった飢餓が、頻度としては減ってきているのはすごいことだ。

2022-04-25

世紀を越えてっていうNHKスペシャルがあってさ

そのテーマ曲を久々に聞いてたら(いい曲なんだなこれが。「世紀を越えて」で検索すれば出てくるから聴いてみて)その頃の感覚みたいなのが思い出された。

番組自体は、20世紀の諸問題21世紀にはどうやったら解決できるかっていう、最終的には前向きな番組だったとおもうんだけど、21世紀なんでこんなになっちゃったんだろうね。少なくとも、20世紀より悪くなるとは思ってなかったからなあ。

あれから20年か。今見たらどんな気分なんだろう。

あの当時放送たか意味があったんであって、今見てもアレか。

Wikipediaによると権利関係製品化はされてないらしい。

2021-11-21

NHKスペシャルでも連続香港問題中国一帯一路での進出を扱ってるので時代は変わったな、と。

40代以降の悪感情には響いていくんだろうな。

2021-07-09

昔録画してたNHKスペシャルパナマ文書の回をみた

本人確認のためにレンタル業者パスポートを渡したとか

バッグが盗難に遭ったとか

個人情報漏れアンギラにある会社責任者として勝手登記されてしまった話をしていた。

最近だと不正アクセス個人情報XXX件漏れましたみたいな事件がよく起こってるけど、

こういうペーパーカンパニーたてる用途で使われてないか検索できるサービスがあったら嬉しいと思った。

2021-04-18

Nスペ 密着 新型コロナ集中治療室は、歪な考えに偏った看護師達のICU

4月17日NHKスペシャル看護師たちの限界線〜密着 新型コロナ集中治療室〜」は一部の偏った考えの若い看護師達だけの歪なICU

コロナ真っ只中に理事長室6億円改修し、看護師ボーナスカット給与減額の病院NHKが密着

4月17日NHKスペシャル看護師たちの限界線 〜密着 新型コロナ集中治療室〜」は、悪名高き、理事長室に6億円浪費し、看護師ボーナスは全カットするという最低最悪で名をはせた東京女子医科大学病院に密着した。

https://president.jp/articles/-/36960?page=3

だがNHKは、理事長室6億円の問題にはスルー。何故か現場看護師と師長だけに密着し、病院経営者がどう考えているかなどのインタビューも出てこない。

そうだ、彼らは出てこれないのだ。自分運営側問題を指摘されることとなるから

ここに登場する看護師達の歪さに皆は気づいただろうか

まぁ理事長理事長室でオナニーしているダメ病院なのは医療現場関係ないと言う人もいるだろう。私にとっても直接関係ない私大なので、私にとってもどうでもいい。

だが番組に出てくる看護師達は、歪である

これは現場を知ってる人、例えば同じく医療従事者で看護師の私の妻も、何処か違和感を感じたり考え方の偏りに疑問を持っていた。

それをこれから記載していきたい。

歪な点1:男性看護師がいない

大学病院ICUであれば、大抵何人かは男性看護師がいる。彼らの多くはドライフットサル以外は冷静な低燃費モードで働いているイメージがある。

しかし、ここには男性看護師が居ない。

何故か?

間違いなくボーナスカット給与減額が効いている。看護師400人退職希望とのことだが、おそらく多くがまともに給与ボーナスを払う病院転職したはずだ。

夏に辞めた人間はまだ賢い。冬にも減額されたのだから

このような病院からは早く皆が逃げ出すべきだ。

歪な点2:中堅以上の看護師が見えてこない

何故か20代が多い。

退職して再雇用といった、この病院にずふずぶの人間まで呼び出しているが、子供の手が掛からなくなって、進学費用をガンガン稼ごうと考える40代はなぜ少ないのか?

この病院は中堅看護師が少ない。若手だけで回している。

全ての部署ICU応援を求めることからも、若い人のほうが重症化しにくいから率先して当たらせているというわけではない状況だ。

部署応援を求める前に、よくICUが判ってる40代が出てくるはずだ。

少なくとも60代を呼び寄せない。

これは給与カットだけでなく(この問題も大きいが)、恐らく病院組織自体カルチャー/制度に何らかの大きな問題があるからこんな歪な状態になっている。

歪な点3:取材を受ける皆が使命感を抱いている。看護師理想の姿を求めて頑張っている

「頑張ってる人間にとって、それは当たり前だろう」「お前が斜に構えているからだ!!」と怒る方もいるかもしれないが、これは危ない。

これは、短距離走ではない、これはマラソンだ。ずっと走り続けるんだ。無酸素運動域/限界心拍域に入れば時間は持たない。

日本人だけのレイプ合法化妊娠中絶禁止運動も同じだ。激しくぶち上げることを24h365日ずっと続けられない。真理だとしても。

レッドゾーンに入ったとしても、修正しなければならない。

そうしなければ走り切れないからだ。

そうしなければバーンアウト(燃え尽き症候群)する。

だが出てくる現場看護師は皆、理想や使命感を持ち、仕事にあたっている。

問題は、こんな人ばかりだということだ。

まぁこれで家族を食わせなくちゃならないんで」とか言ってる人がいない。

恐らくそんな人はボーナスカット給与減額で真っ先に別の病院に移ったのだろう。

その結果、使命感や自分看護燃えている若い人が純粋培養されて、その考え方にこのICUは包まれている。

そして燃え尽きて辞める。

辞めたら採用して再教育する手間がかかる、そして短い期間で辞めていくという悪い循環に入っている。

これが一番このICUの異常な点だ。

年齢や経験と共に考え方は変わる。

そんな色んな考え方の人が居ないんだ、ここには。

給与減額されて理事長室に6億円浪費されても、それでも残ったのは、こんな使命感をもった若い看護師達だけなんだ。

ではこの病院はどうすれば良かったのか

理事長室6億円オナニーバカげているが、どうせならその醜悪さを、このコロナをチャンスに捉えるような醜悪さに発揮すべきだった。

東京都は山ほど金を持っている。

少なくともオリンピックを誘致する時には「俺たちはこんなにキャッシュがあるぞ」と自慢していた。

ならその東京都に金を使わせればいい。

コロナ受入1人につき700万円/日。

追加加算費用: ICU利用1500万円/日 レスピ利用2000万円/日 エクモ利用8000万円/日(1人あたり)

など、吹っかければいい。

要は東京都コロナ受け入れを諦めさせるか、膨大な費用を払って受け入れるかの二者択一を迫ればいい。

東京都は山ほど金を持っていると世界に自慢していたんだから医療崩壊の危機、命のために、ケチるなんてせこいことを、あの馬鹿マンコはしないはずだ。

東京都が受諾すれば、高額な報酬に惹かれて、経験のある看護師ボーナスステージとばかりにやってくる。

彼らは金と手間やリスクを勘案する妥当カルチャーをこのICUに吹き込み、純粋培養して歪な自分を痛めつける暴走組織(ICU)全体がすることはなかったはずだ。

恐らく東京都は、こんな高額な要求はのまないだろう。

なら受け入れなければいい。調整を頑張ったが、合意に至らなかったとリリースすればいい。

そしてコロナを受け入れないのが一番賢いんだ。

◆Rape..lZFE

2021-04-04

俳優田中邦衛さん死去 88歳「北の国から」などで存在感


2021年4月2日 22時10

テレビドラマ北の国から」や「新選組!」、映画学校」など、数々の作品存在感のある役柄を演じて親しまれた俳優田中邦衛さんが、先月24日、老衰のため亡くなりました。88歳でした。

田中邦衛さんは昭和7年岐阜県で生まれ昭和30年劇団俳優座」の養成所に入りました。

昭和32年に「純愛物語」で映画デビューし、昭和36年から始まった映画若大将シリーズでは加山雄三さん演じる主人公若大将」のライバル青大将」の役を演じて、存在感あふれるコミカルな演技で人気を集めました。

その後も、映画化もされた民放の人気ドラマ若者たち」で両親を亡くした5人きょうだい長男の役を演じたほか、ヤクザ映画の「網走番外地シリーズや「仁義なき戦いシリーズでは、悪役としても存在感を見せるなど、幅広い役柄を演じました。

中でも、昭和56年に始まった民放ドラマ北の国から」のシリーズでは、北海道富良野市大自然の中で息子と娘の成長を見守る寡黙な父親の役を20年以上にわたって演じ、温かみのある演技で幅広い年代視聴者をひきつけました。

また、平成5年に公開された山田洋次監督映画学校」では夜間学校に通う中年男性を熱演し、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しました。

このほか、平成16年NHK大河ドラマ新選組!」では近藤勇養父、周斎の役を演じ、平成17年NHKスペシャルで放送された終戦60年企画ドラマ「象列車がやってきた」では戦時中動物園で象を守り続けた飼育員を演じました。

平成11年紫綬褒章平成18年には旭日小綬章を受章しています

田中さんは、平成22年に公開された映画最後の忠臣蔵」に出演し、平成24年に亡くなった俳優地井武男さんのお別れの会に姿を見せていましたが、その後、俳優活動から遠ざかっていました。

家族によりますと、田中さんは先月24日、老衰のため、家族に見守られながら息を引き取ったということです。

葬儀家族葬の形ですでに執り行われ、お別れの会などの予定はないということです。

札幌市民

田中邦衛さんの死去について、30代の会社員男性は「大往生ではないでしょうか。北海道といえば『北の国から』。『北の国から』といえば田中邦衛さんだというイメージです」と話していました。

また、50代の女性は「とても有名な方なので残念です。それほど年をとられていたなんて、知らなかったので驚いています」と話していました。

倉本聰さん「気持ちの中に大きな穴」

田中邦衛さんが出演した民放ドラマ北の国から」を手がけた脚本家倉本聰さんは「気持ちの中に大きな穴があきましたね。とにかく人間的にも友人的にも無二の人です」と心境を語りました。

また、このドラマでの配役について「さまざまな候補者がいてその中で誰がいちばん情けないんだろうという議論になって、邦さんになった」と明かしたうえで、「ドラマを通じてとても演技が成長していったと思う。彼の芝居は、本人はとても悲劇的なのに端から見ているとなんともおかしくなる。これが彼の神髄だと思う。情けなさの中に詩がある」と評しました。

そして「邦さんは亡くなったけれど、僕の中で、彼が演じた五郎は厳然と富良野で生きています。またあしたスーパーに行くと、『先生』なんて言われて肩をたたかれるような気がします」と田中さんをしのんでいました。

加山雄三さん「今は何もことばにならない」

映画若大将シリーズ田中邦衛さんと共演した加山雄三さんは自身ホームページコメントを発表し「ショックです。邦さんに連絡をとりたくてとりたくて、ずっと気になってて、不思議なことに、2日前若大将DVDで邦さんの姿を見たばかりだったんだよ。信じられない。今は何もことばにならない。寂しいよ本当に寂しい。邦さん本当にありがとう」とつづりました。

山田洋次監督「一緒にいるだけで楽しい気持ちに」

田中邦衛さんが亡くなったことを受けて、田中さんが出演した映画学校」の山田洋次監督は「田中邦衛さんへ 善良が服を着て歩いているような人だった。一緒にいるだけで楽しい気持ちになるようなすてきな人だった。あん俳優が、あん日本人いたことを誇りに思う」とコメントしています

役所広司さん「本当にすばらしい俳優さん」

田中邦衛さんが亡くなったことを受けて、映画最後の忠臣蔵」で共演するなど長年親交のあった俳優役所広司さんは「邦衛さんには大変お世話になりました。ここ数年ずっとお元気なのか気がかりでした。スタッフにもキャストにも愛された、本当にすばらしい俳優さんでした。覚悟はしていましたが、悲しいです。邦さん、お疲れ様でした」というコメントを寄せました。

吉岡秀隆さんと中嶋朋子さんがコメント

田中邦衛さんが亡くなったことについて、民放ドラマ北の国から」の共演者コメントを発表しました。

息子の役を演じた俳優吉岡秀隆さんは「いつか、この日が来ることを心のどこかで覚悟しておりました。今は邦衛さんの笑顔しか思い浮かびません。自分覚悟の小ささとあなたの大きな優しさに涙しかありません」とコメントを寄せました。

また、娘の役を演じた俳優中嶋朋子さんは「幼い頃から、今まで、何も変わることなく、人として、深く接してくださいました。田中邦衛さんという存在出会い、見守っていただけたことは、かけがえのない宝ものです。役者として、人として、大切なものをたくさん教えていただきました。本当に本当に感謝でいっぱいです。大好きです。出会う人をみんな幸せにしてしま少年のように無邪気な笑顔ばかりが胸に浮かびます天国でも、たくさんの人を幸せにしてくださいねありがとうありがとうありがとう」とコメントしています

2021-02-14

NHKスペシャル「異例の放送中止」にチラつく官邸の影…局内の疑心暗鬼が止まらない

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80106

はてなブックマーク

https://b.hatena.ne.jp/entry/panel/?is_bm=1&mode=confirm&url=https%3A%2F%2Fgendai.ismedia.jp%2Farticles%2F-%2F80106

ここでは今日も大量の資本が投下され、森元氏のアクロバティック擁護などをはじめとして1億総奴隷化活動が展開されているが、

いつまでも国民がお前らのなすがままにされ続けると思ったら大間違いだ!!!!!

2020-12-30

anond:20201230210731

原爆投下 黙殺された極秘情報

原爆投下アメリカによる奇襲攻撃であり、そのために空襲警報さえ出せなかったという定説

果たして、これは真実なのか――。

NHKスペシャル取材班は、元通信隊員ら当時を知る人々をたずね、日米の資料を紐解く。

陸海軍の諜報部隊は、B29の謎のコールサインを傍受していたという驚愕事実が、しだいに見えてくる・・・・・・。

https://honto.jp/netstore/pd-book_27192615.html

2020-12-05

anond:20201205193801

いうてもそんな高くないみたいやで

昨日NHKスペシャルに出てた女はパチと風俗両方で働いて月10だって

2020-11-30

貧者と付き合わないのが幸せのコツ

そこそこ太い実家に生まれて、それなりの大学卒業させてもらって幸せにやっているから思う。

twitterとかNHKスペシャルで見る貧しい人たちってのを観測領域に入れないように生きている。

嫉妬深く、怒りっぽく、自虐的な人たちをかわいそうだとは思うのだけど、

自分にはどうすることもできないし、どうにかしてあげたいとも思わない。


毎日、それなりに仕事に忙しく、家族や友人と楽しくやっている中で、

社会正義」のために自分人生時間を削るのはバカバカしいなあと思っている。


周りの同僚や友人、過去恋人含めて、それなりに年収のある家庭で育っていて、

気の合う合わないはあっても、理解不能ということはなかった。

SNStwitterはやらずFACEBOOKオンリーにしている。

みんな、それなりにポジティブ毎日生活を楽しんでいて、

時々一緒にイベントやったりホームパーティ呼ばれたり、キャンプ行ったりしている。


老後の心配とか、仕事いきなり無くなったら?みたいなことは無くはないんだけど、

実家の金をくいつぶす気なら、おそらく自分の代くらいは無収入でも多分余裕で全うできる。

子供に残してあげたいから、まあ普通に働いてコツコツ資産積み立ててるけど。

娘も勉強が好きみたいで、何だか良い中学校に入って今はダンスに熱中してるみたいだし

毎日楽しそうに学校に行ってる。妻とも仲良くやっている。

でも、これすべて貧しい人と付き合いが、一切ないからだよなぁと思う。

まあ、君は君で頑張ってくれ。くらいしか感想ないんだけども。

追記

金持ち増田やらないだろっていうけどさ、増田FACEBOOKで書けないこと気兼ねなく書けるので良いんだよ。読んでもらうためと言うより、書き捨てられる場所かな。

底辺下がると中間層も下がるっていうけど、どうかなぁ。自民党がやってくれてる限りは、結構先だろうなと思ってる。

2020-11-24

アニメが好きなんじゃなくてアニメ流行ってるからすきなんだろうが(追記

アニメ好き ゲーム好き vtuber好き

いろいろオタク文化があるけど殆ど人間がそれが流行ってるから好きなんだろうが

おっさんやおばさんがなんでドラマが好きかわかるか?

それはドラマ流行ってたから好きなんだよ

それでいいじゃねーか

なにを斜に構えてんだ

おまえら所詮そういった流行りが好きなだけのコミュニティ人間なんだよ

人がいないところには寄り付かない 圧倒的にその姿勢が正しいよ

増田もそうだ

どっかでバズった増田みて流行ってそうだから居着いてるだけだろ

そういうもんなんだよ

おまえらコンテンツの良し悪しではなく集客力の良し悪しでしかものを見てない

でもそれは正直人間生物として正しいんだ

から斜に構えないでくれ

おまえは紛れもなく一般人

 

追記

こんな権威もクソもない増田に対してイラっと来てしまうのならそれこそ一般人なのだ

他人意見が気になる

他人の評判が気になる

周りを気にしてコンテンツを選ぶことをやめない限り大波に乗るものしか無い

自分が心から良いと思えるものでさえそれは他人から植え付けられた価値観の寄せ集めでしかないのだから

評論家がなぜ評論家を名乗れるかわかるか

奴らは特定分野を限りなく脳にいれるから

奴らには良し悪しはわからない いや おおよその人も良し悪しなんてものはわからないのかもしれない

から何でも頭に入れる 口に含む 情報だろうがなんだろうが

すべての波に乗れば大波にのるのは簡単な事 しかしそれは同時に大変な事 それゆえ評価される評論家は博識者ばかりだ

一個の流行に乗って良し悪しを語るような奴はコミュニティへの生存戦略として間違っていない

周りから良いとされるもの摂取していくのは正しいんだよ

おまえらはそれでいい

 

おまえらが大絶賛するラーメンハゲのあの名言

おまえら情報を喰う客側に視点を置いていない

だがそれで正しいんだよ

それが正しいかラーメンハゲは屈して成功に乗った

おまえらはなんにも間違っちゃいない

間違ってるのは大波に乗らずにしったこっちゃないと海底を潜り進むほうなんだから

2020-08-28

anond:20200828110928

はてなぁは誰も半沢直樹見てないからじゃね?

知り合いのはてなぁもNHKスペシャル見てるって言ってたし

2020-07-10

小学校低学年の息子の性教育に悩んでる。

息子は幼い頃からNHKスペシャルの人体、人体Ⅱを録画して繰り返し見るくらい、身体の成り立ちや仕組みに興味を持っている。なので、基本的なことはだいたい理解しているのだと思う。

そんな下地があるからか、月経とそれに伴う身体の不調について説明した時もすんなり理解して、私が月経の間は子どもだけでお風呂に入ってくれるようにもなった。

自分が性の話題タブーとされた家庭で育ったから、月経を恥ずかしいことでもなんでもない、当たり前の身体の仕組みなんだと息子に伝えられたことは良かったと思ってる。

そんな息子が未だに解けない謎がどうやって卵子精子受精するのかということ。子ども向けの図鑑には、受精については説明があっても、セックスについては当然説明が無い。まだ幼稚園の頃から何度も質問されたし、今でもなぜ結婚していないのに子どもができるのか、などと聞いてくる。だいたいのことは理解できているのに、きっとそこだけぼんやりしてるんだろうな。それは知りたくもなるよね。

これまで子どものいろんな質問真摯に向き合って答えてきたつもりだけど、セックスについては自分の中の抵抗が強すぎる。とりあえず、もう少し大きくなって適切な時期になったら説明するね、と毎回逃げている。

だけど、子ども真正から質問してきたことに目を背けてしまたことがずっとひっかかっている。これで良いんだろうか。

当たり前の生の営みをフラットに伝えたいのに、なんでこんなに抵抗を感じてしまうんだろう。結局のところ、私はセックスを恥ずかしく隠すべきことだと考えていて、息子に知られたくないし、想像されたくない。性をタブーにしたくないとは思っていても、ここが自分限界らしい。

まぁでも、自分子どもの頃に親からセックスについて真正から説明されたら嫌だっただろうし気持ち悪く感じてしまっただろうなとも思う。

このまま大きくなって友達から聞いたりインターネット情報仕入れたりして、なんとなく理解していくんだろうか。

2020-07-05

[][]作戦9日目 パワー

 九州は大雨で大災害こちらは、雨が降ったり止んだりグズついたハッキリしない天気。それに引きづられたのか、アタイの心もグズついたハッキリしない。久々に図書館に行ってみたり、動画アマプラNHKスペシャル戦国』の第一回)を見たり、ダラダラ過ごす。艦これの方も、ダラダラ。なんか、パワーが欲しい…

本日の主な戦果

アタイ艦隊の主な戦果は、こんな感じ。

2020年梅雨イベ】
《E1-2》タシュケント掘り
《その他》


おけけパワー中島

半年後、このワードを覚えている人がどれだけいるか、楽しみ。

おけけパワー中島とは (オケケパワーナカジマとは) \[単語記事\] - ニコニコ大百科

https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%8A%E3%81%91%E3%81%91%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E4%B8%AD%E5%B3%B6

2020-06-07

昨夜、NHKスペシャルをつけていて、音声だけ流れていてなんとなく聞いてる。

みたいな状況だったんだけど、それでもちょっと面白いこと言ってる人いるなと思ったら斎藤幸平さんとかい哲学者だった。

良かった

2020-05-11

anond:20200511142536

NHKスペシャル日本の緩い規制で成果を挙げたのがJapanese miracleと言われていて、衛生観念等も非常に良い作用があったんだろうけど、移動を防げたのは言いづらいけどそれが大きいよね。同調圧力村社会監視

2020-04-22

NHKスペシャル解決事件 file.08「JFK暗殺

NHKスペシャル 未解決事件

2020年4月29日(水) 夜7時30分~ episode Ⅰ “はめられた”男

2020年5月 2日(土) 夜9時00分~ episode Ⅱ 浮かび上がる“黒幕

キター

2020-04-18

NHKスペシャル見てるが物流が死にかけてるんだな

もういつもどおりコンビニスーパー日用品買うことは出来なくなる前提で考えたほうが良いかね?

2020-04-05

[]NHKスペシャル 人生100年時代を生きる 終の住処はどこに 20181117

サ高住 サービス付き高齢者向け住宅特集

本来、要介護度が低い人の受け皿として作られた施設が抱えている問題について取り上げる

介護認定が1,2の人でも徘徊で手間がかかると目が離せずに手間と人件費がかかって利益が出ない

施設民間から利益をあげないと給料も出せない

から入居の時点で介護度によって選別をしたり、徘徊する人は退去させたりする

介護度が高い=介護報酬が高い人が優先的に受け入れたりする

本来目的の受け皿の役目を果たせなくなっている

施設長が一人でずっと昼も夜も対応してたりしてほんとかわいそうだった

2020-03-14

NHKスペシャル『“奇跡の子と呼ばれて』を観た

東日本大震災津波被害に遭った釜石で、奇跡的に難を逃れた子供たちのその後を追ったドキュメンタリー

街が壊滅した釜石で、子供たちが率先してより安全高台を目指し、数百人が生存したストーリーは当時「釜石奇跡」と称された。

しかし、それは当事者達にとって、歴史の表層でしか無いという事を思い知らされた。

子供たちの多くは助かったが、家族や友人を亡くした人も少なくない。

奇跡の裏に、今もなおそれぞれに苦悩がある。

綺麗な歴史だけでなく、目を背けたくなる歴史をあえて掘り起こすことも、また必要なんだと感じる。

素晴らしい特集だった。

2020-02-17

なんとなくサイボーグについて考えていた。

いわゆる脳を残してあとは機械でもいいのか悪いのか的な。

ゆるく考えるにあたって、以前見た「NHKスペシャル シリーズ人体」が思い出された。

最近医学常識化していることとして、「脳は司令塔ではなく内臓一種である

という考え方が主流になってきているとかなんとか。

例えば腸から脳へと信号が送られ、それを脳が受け取って情緒が変化するなど。

そして欠損した人は欠損部分に近い臓器が欠損臓器の信号などを代替する。

全身サイボーグ化する事自体、こういう相互関係を失うことでもある。

いかいかと言われると、総体として人間ではなくなってきていることは確か。

人間機能としては後退しているように思える。

繊細で壊れやす情緒的だから人の体には価値があるような気がする。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん