「俺女」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 俺女とは

2019-10-01

anond:20191001102336

俺女がおるんやからワイ女がおってもおかしないやろ・・・決めつけはやめーや

2019-08-17

俺女

女子校で中一から一人称俺だった友達、久しぶりに会ったら店員に対しては私って言ってたけど、私に対しては俺って言ってた。好き。一生好き。

2019-08-06

権利フリーな女体はないもの

俺女の子好きやねん。だからできることなら、性的搾取とかしたくない。

でさ、お金もらって知らんおっさんセックスすることが、ほとんどの場合積極的選択肢になりえないよなあ……そりゃあ中には風俗に曇りなき生きがいを感じてる子もいるかもしれんけど、そもそも風俗ヤクザシノギだし。

俺はこれからも、仕方なく身を売っている子を買うことになるのか。そうして搾取や悪に加担することになるのか?

セックスはしたい。でも完全に権利フリーな女体がない。もうドール買おうかな……

2019-06-13

独身税とか言い出す女全員自殺する呪いかけたい

https://note.mu/sumomodane/n/n100d70e27871

ほんとに女はいらんから。なんどか試したけど俺女性に性欲持てない人なんだわたぶん。とーぜん結婚願望ないし、結婚してないことで自己卑下する気持ち全然ないわけ。資産もあるし女友達いるから、貧乏からだろとかモテいからだろっていわれても鼻で笑いとばせるしなんならそういう性格ブス内面が顔にも表れてるメスバエどもを見るとを哀れむ余裕さえある。

ただ、こういう資産2000万なくて老後が不安で男に依存しないと生きていけないプライドのかけらもないなめ足ペロリストのくせに一丁前に屈辱を感じてるみたいなんだよな。だからご主人様には尻を振りつつ見下せるほかの男を探さざるを得ない精神分裂気質におちってんだよおこの雑魚フェミカス豚どもは。こいつら意地でも俺みたいな独身男を見下せないと分裂した精神が保てないらしいんだよね。自分の子供以上に独身男にペナルティを課すことに情熱燃やしてるんだけどなんなのかね。お前どうせ将来旦那に捨てられて独身になるんだから俺と同じ立場になったときのこと考えて身の振り方決めろよって言いたいんだが、務めを果たさずにただ乗りしてるから独身税課せとか寝言をほざきよる。そういう理屈を言うなら先生保護者から殺せよお前は何の権利があって自分が気に入らないやつを弾圧するような言葉を口に出してんだ勘違い♀が。お前独身女性のこと全く考慮してないだろどういう教育遍歴があればこういう発言できるんだよ。独身男性だけにペナルティ課すならそれは差別だしどうあがいてもお前の言ってることただのうんこだろ。自分うんこからって他人うんこ臭くないと思うなよ。

そこまでやられたらこっちだってお前のような他人迷惑しかかけない生産性マイナス産業廃棄物死ね親に懺悔土下座毎日やって24時間以内に一万回地面に頭打ち付けられるようになってから自殺しろっていちいち言わないといかんわけよ。

頼むから放っておいてくれよ。そしたら仲のいい女性以外のことなんてどうでもいいんだよ。呼吸はしてもいいか発声はしないでくれ。エターナルミュートで頼むわ

2019-03-26

anond:20190326104429

一人称「私」ってだけで叩かれるから、皆「俺」を使ってたけど。

素で俺女な人?

2019-03-24

男VS女の戦いになるんだったら俺女側につきたいな

モテそうだし

2019-02-23

anond:20190223140801

俺というのが俺女結婚書類があってマンション住まいならニート扱いされないのに残念だなw

2019-01-14

浮気を問い詰められた際の親父のイカ発言ランキングTOP10

齢30前にして真面目だと思っていた親父の浮気が発覚した。

最初疑惑段階であった時は否定し、2度目に発覚した際は素直に謝罪したのだが、その後も浮気相手を上手に言いくるめて関係継続していた。

さすがにこれはマズいと家族総出で決定的な証拠を抑え、親父を問い詰めることに。

……が、その際の親父の発言があまりにもアレだったので、怒りを込めてランキング形式で発表したい。

10位「実はな……俺のスマホは盗聴されてるんだ」

浮気相手用に用意していたガラケーについて問われ、神妙な顔で言い放った一言10位にランクイン。

女とのやりとりを全残ししてのこの言い様に、「穏便に話しあおう」と言っていた母親を初手からキレさせた切れ味の鋭さを評価

第9位「貧しい家に生まれ地方から働きに出たものの頼る人もない。そんな人を放っておけると思うか?」

散々エロい会話履歴を母に見られているというのに、まさかの情に訴える作戦に出てきたこ発言が第9位。

もちろん「そんな相手と週3でホテルに通う必要はどこにあるのか」という母の質問の前に撃沈した。

第8位「(100万円は)道端で知り合った不幸な身の上の名も知らぬ女の子にあげた」

預金通帳から消えた100万の使い道を問われた際、浮気相手の懐を守ろうとして放った男気溢れる嘘が堂々の第8位。

仮にそれが事実だとしても、親父が外でそんなことをしていたら普通に気持ち悪いと思うのだが……

第7位「俺を煮るなり焼くなり好きにしろ! どう扱われてもいい。それがお前たちへの贖罪だ」

埒が明かず「浮気相手を呼び出して話し合おう」と言うなり、床に大の字になった父なりの誠意を表したこ発言が7位に登場。

当然「じゃあ、浮気相手を呼び出すからそこで見ていてくれ」と返された。

ってか、親父はなぜ無理矢理いい話に持っていこうとするのだろう。

第6位「そういうのは無しだ!!!

渾身のパフォーマンスに「浮気相手を呼び出すからそこで見ていろ」と返された際の魂の叫びまさかの6位に。

60前のオッサンが床の上で駄々をこねる姿なんてそうやすやすと見られるものじゃなく「ほう、これが……」と少し感動した。

第5位「わかった。こうなったら殺し合いだ。オラ、来いよ」

だんまりを決め込む親父に「辞めるのか辞めないのかどっちなんだ」と弟から問われて……の5位。

出がらしのブルース・リーの様なポーズを決めて挑発された弟の「どういうこと?」顔を引き出した手腕の見事さを評価

第4位「俺を殺してくれないか? 俺の保険金でお前たちには幸せ暮らしてほしい。それが俺のいまの望みだ」

相変わらずの『無茶な理屈でいい話にしてなあなあ作戦』に打って出た往生際の悪さを評価しての第4位。

かねた弟が「頭イカれてんじゃねえのか」とビンタするなり「親に手を出すとは何事だ!!」とブチギレた。

第3位「さて、もう遅いからそろそろ寝るとするか」

まさかタイミングで放った絵に描いたような悪手を取ってきたインパクト評価し第3位。

当然寝かせてくれるわけもなく、落ち着きかけてきた母の怒りを余計に焚きつける結果となった。

第2位「大好きだったお父さんと俺の鞄のかけ方が同じらしいんだよ」

開き直り続けてきた親父が落ち着いてきた所で「何故そこまで入れ込むのか」と尋ねた所、返ってきた言葉が涙の第2位。

頼んでもないのに彼女からもらったという父親写真を見せてきたが、鞄を肩から斜めにかけてるおっさんが写っていた。

いや、普通おじさんの肩掛けカバンって大体こうじゃね……? タテかナナメしかなくね……?

っていうか、そんなこと言われて嬉しいもんなの?俺女からにそんなこと言われたらどんな美人でも「は?(笑)」って言っちゃうんだけど。

もし親父を褒めるポイントがそこしかなかったのだとしたら、あまりにも悲しすぎる。

第1位「俺は今から大仏になる」

「俺は黙秘権を貫くぞ!証拠は何もないんだからな!俺が黙ってればどうにもできない!」と決定的な証拠の数々を前に言い出した親父。

埒が明かないので、親父が恐れる北海道叔父さんに電話をかけることになった瞬間の意味不明発言が悲願の第1位。

全員「???状態の中、目を閉じて座禅を組んだまま動かなくなってしまう親父。

叔父さんに叱られても無言を貫き、引き倒してもそのポーズを崩さず、横転した大仏姿のまま1時間以上も粘り続けた。

「俺にはこいつの血が流れてるのか……」と、ドン引きした弟の顔がいまだに忘れられない。

以上。

親父は会社地域でそこそこ頼られるタイプ人間で昔から割としっかりしてるイメージだったため、ここまでのめちゃくちゃな態度には驚いたし、正直引いた。

この年になって親からクソみたいな人間性のカミングアウトをされると、かなりキツい。本当にこれが同一人物なのか?と思った。

弟も相当ショックを受けたのかなんなのか、しきり「なんかコジコジ読みてえな……」と呟いていた。コジコジ面白いけど。

なお、親父は今もバレバレ偽装工作をしながら、今度こそバレてないと思いこんだ浮気を続行中なので、

母は「別れるつもりはないが、妻としてさすがに限界。両者絞りカスになるまで潰す!」と、興信所弁護士らのお世話になることに。

離婚しちゃえば?と言ってはみたが「それだけで終わっちゃうでしょ?」と微笑むばかり。怖いのでこれ以上聞かないことにした。

「母さん、俺のことめちゃくちゃ愛してるからな~w」と事あるごとに言っている親父よ。

もうすぐ慰謝料に加え、母親に出してもらった金で買った車も趣味コレクションも全て取り上げられるだろう。

そして、今まで母親に甘え続けて何でも己の思うがままになっていたあの日々はもう帰ってこない。

絶対離婚したくないけど、これから先は浮気相手同棲しつつ実家を行き来したい」なんて生ぬるい考えは、浮気相手とのLINEの中だけにしてもらおうじゃないか

そうして大仏になっても絶対逃げられなくなった時、親父はようやく気づくことになるだろう。

「仏の顔も三度まで」と。

2018-12-23

俺女なのに、何回増田書いても数名から認定されるんだが

証明しようがないから信じなくてもいいがひとことだけ言わせてほしい。

俺は本当に女なんだ。

俺が人間として男尊女卑であることは否定しないがなぜ男扱いする。

俺今までに増田書いてて4回バズったんだけど、

毎回男とは書いていないのになぜか性別を男扱いしてくる人がいる。

短文のおもしろタグつくネタでだぜ。

なんでなん。

ツイッターでもよく男と間違われて、一回フェミからクソリプされたことあるんだけど

男の人ってしょっちゅうあい逆セクハラの矢面に立ってるの?怖すぎない?

2018-12-06

anond:20181206114730

ちょまどさん居るのドコドコーーー

っていうかとおもったか残念 俺女増田もいるぞ

2018-11-28

anond:20181128092245

俺女とか、女のくくりに入れないで欲しいわ

一人称の話

ネットなんて匿名の吐き溜めなんだし、一人称なんてどーーーだって良くないですか?

俺女、僕女は嫌われる。

思うに、それらが嫌われるのは「一人称『俺』だけど女ですー!」みたいなアピールする存在いるからではなかろうか。知らんけど。ギャップ萌え狙ってるのか?

それってもう、女が使う「俺」「僕」に対する嫌悪じゃないよね。





ぼくが「私」と言えなくなってしまったのは、いつからだろう。

幼い頃から自分名前一人称に相応しくないと思い込んでいた。

最後ちゃん名前で呼ばれたのはいつだろう。

小学校の頃は、まだ呼ばれていたかも知れない。

親は、ぼくを名前で呼ばない。

それは別にネグレクトだとかモノ扱いだとかそういうことではなくて、具体的には言えないけれどとにかく名前では呼ばれなかった。

このことは友人からもたまにからかわれていて、ぼくとしても恥ずかしいのであまり言いたくはない。この友人は後にぼくが「私」と言えなくなった原因の発端に少し関わってくる。

中学に上がってから名前で呼ばれることは、多分なかった。

皆、苗字でぼくのことを呼んだ。

クラスに必ず何人かはいる、「ああ、そう言えばそんな名前だったよね」って人種だった。親しくない訳じゃあないんだ。

高校の頃には、自分名前が嫌いになった。

キラキラDQNと言われるような名前じゃない。

読みづらい訳でもなく、むしろこれ以外の読み方はできない、ってくらい分かりやす名前だ。

ひと目で女と分かる名前

高校二年、性自認が揺らいだ。

春頃に軽く精神を病んで、学校を休んだ。

この精神を病むことになった原因に、さっきの友人が絡んでくる。ぼくは今も、この人が苦手だ。

また学校へ通うようになっても、スクールカウンセラーと、ではあるが定期的にカウンセリングを続けた。

何かしらの病名がついた訳ではないが、後から思えばあの時のぼくの精神状態は最悪だったし、おかしかったとも思う。

きっかけが何だったのか、分からない。

気付いたら、自分が女であることに嫌悪感を抱いていた。

膨らんだ胸も、柔らかい身体ラインも、生理も、高い声も、女性らしくあることを強制されること(校風としてはむしろである前に一人の人間であることを尊重されることが多かったように思うが)も、嫌でたまらなかった。

ひと目で女と分かる名前も、「私」という一人称を使うことも、苦痛で仕方なかった。

奇しくもぼくが通うのは女子校であり、周りには女子しかいなかった。

これが共学であれば、自己自己たらしめるもの他者であるように、男子という存在によってさら自分が女であることを意識してしまっていたかも知れない。

だが、友人たちのはしゃいだ高い声にすら苛立ちが隠せなかったこともある。

とにかく、「私」と言えなくなったぼくは、自分苗字一人称とすることに逃げた。苗字に「さん」を付けて呼ぶこともあった。

自分名前は相変わらず嫌いだった。

友人から認識されず、親からも呼ばれない名前

漢字機械的に記された自分の氏名を見ると、それが自分のものではないようにすら思えた。

ほとんど時を同じくして、ネット世界で辿り着いたのが「ぼく」という一人称だ。

本当の自分とは全く関係のないHNを使っているので、その名前一人称とすることもあったが、「ぼく」と言うのがしっくりきた。

ネットですら「私」と言えない事実からは目を背けた。

本名への嫌悪からHNに「ちゃん」を付けて呼ばれることはどうしても受け付けず、誰かと仲良くなるたびに、それ以外の呼び方をして欲しいとお願いした。


であることへの嫌悪感は、今はもうほとんどない。

ジェンダーとしての女性ステレオタイプ押し付けられることには少し抵抗を覚えるけれど、身体への嫌悪はなくなった。

それでも自分名前を好きにはなれないし、公的な場以外で「私」とは言いたくない。

理解しろ!!! と大声で主張することはしないが、私的な場面でのそういった選択多様性に対して、もっと寛容な世界になれば良いのになあ、と思う。

正式な場では男も女も「私」と言うんだから、と指摘する人がいるが、嫌いなものは嫌いなのだ

ぼくはネット中の人物としてのパーソナリティを持ってはいるけれど、それは現実世界のぼくとは別人だ。

ネットの中でくらい、「ぼく」と言っても良いじゃないか

現実では、嫌でも「私」と言っているのだから






……という文章を発掘し、懐かしくなったのでここに葬ることにする。

2018-11-24

anond:20181124222319

付き合うことになった時点、または付き合いを意識した時。

言わないと隠してるみたいで相手に悪いと思うならそれでいいと思うよ。

でも重々しく告白するとなんだかな~だから、軽めに(但し軽すぎないように)「俺女性とお付き合いしたことってないんですよね~。至らないと思いますが宜しくお願いしまっす!」的なので良いと思う。

以上三十路後半童貞からの助言でした!

2018-11-08

anond:20181108084626

男性だって乱暴な口利くやつは嫌がられるとか職を失うだろ。

俺女別に一人称くらい気にしない男性と仲良くすればいい。

もし「個人的には苦手」なことがあっても、

それを公的に表出すべきじゃないという指摘は、

お気持ちしかないフェミにも、

お気持ち狩りする性欲ドリブン男にも

とてもよい指摘だ。

逆に個人的に苦手という部分を表出すべきじゃないというのも判断の一つではあるが、

ブログを読むとまず共感あっての「公的に出すな」の指摘が成り立たないというのがわかる。

というか、なんで横からブログ読まずにいっちょかみしてきたのすぐ上の増田

anond:20181108083555

公的意見私的意見対立してもよい。建前を守れるのが大人だ。

しかもそのブログことによっては付き合うかもしれないけど、初対面としては印象マイナスだよねと行っている。

 

俺女社会俺女社会にこうなってほしいと主張し広く運動するまで何を考えてるかは伝わってこない。

相手言葉遣い個人的人格判断をして何がわるいのかわからない。

私的な場でも一切悪く思われたくないなら乱暴な口を利かなければ良い。

俺女を僕は嫌いだから付き合わないが、俺と自称するかどうかは自由だと認める!」

みたいな言い回しって、一見正当そうに見えるけど、実は排除の論理隠蔽してるだけなのよね。巧妙に隠蔽される時点でより悪質というか。

この言い回しをする人って、俺女ー僕の関係しか見てないだけで、俺女社会{僕、Aくん……}の関係性に気づいてないわけだし。僕の意見内包される社会意見多数派とき偏見による排除が成立しているのだけど、これは個人意見であり別カテゴリでは普通にするからセーフだろと言えるのは、大体の場合多数派である自分が安寧に暮らしていられるという確信によるものなんだろうなぁ。

2018-10-23

一人称

※筆者は女

小さいときのことはよく覚えていないが、多分自分のことを"あたし"とか言っていたと思う。

小学校に入って、高学年になり、親友銀魂オタクになった。所謂俺女だ。自分銀魂こそ読んでなかったものの、親友の姿がかっこよくて、真似して"俺"と言うようになった。最初はカッコつけだったけど、すぐにその言葉自分のものになった。

そして中学校に入り、全く新しい友達(中学受験した)とつるんでいく中で、だんだん精神が丸くなっていった。自覚はあまり無かったが、中高一貫の6年間ずっと一緒だった親友に聞いてみると、自分はえらく丸くなったらしかった。

そして丸くなったことで、新たな言葉を獲得した。"僕"だ。

その言葉はとてもしっくり来た。最初からそこにあったみたいに。"僕"と呼ぶことで、自分自身が性別を超えた、何かニュートラルものになれた気がした。性自認は全くの女だけど、語り手としてはニュートラルでいたかった。

"俺"はだんだん使わなくなった。高校に上がる頃にはもう全く使ってなかったと思う。

そして大学生になって、バイトをはじめた。普通飲食店ホール高齢者ばかり来る店なので、言葉遣いは厳しく指導された。

普段使う言葉咄嗟の時に出てくるから日常的に綺麗な言葉を使いなさい」というのを店長から口酸っぱく言われたものだ。いらっしゃいませ、とか〇〇円でございます、とか、定型文は覚えるだけでいいけれど、定型の会話以外のところでそれを痛感した。普段言葉に"です"と"ます"を付けた言葉しか咄嗟に喋れなかった。その実感があって、店長言葉自分の中で重いものになった。

プライベートな場面だけでも"僕"と呼び続けていると、いつか就職面接や、大事な場面でポロッと出てしまうかもしれない。そう思うとちょっと印象は良くないなと感じた。

"僕"という言葉自分ニュートラルに感じているけれど、世間一般ではそうじゃない。

その位置を占めるのは"私"だ。

やっぱり、今後のことを考えれば、"私"と言った方がずっといい。そう思った。

それで、頑張って言葉矯正した。半年もすればすっかり"私"が一人称になっていた。

しかし、"私"、もしくは"あたし"という言葉は、なんとなくしっくりこない。矯正効果バッチリで、無意識に出る言葉はもう"私"だが、そう言う度に違和感がある。"ぼく"よりは語感が良くないし。

この違和感はなんだろう。("あたし"はさすがに女言葉だけど)"私"と言っている限りはこれはニュートラル言葉のはずだ。なのにどうして。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん