「自己啓発」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己啓発とは

2017-11-20

物事俯瞰してみることが出来ない

最近寒い

鼻で空気を吸うとツンとする。冬なのだろうか。

ワインで酔っている中で思うことがある。

自分小説だったり、どんなものでも神の視点というのか俯瞰してみることが出来ない。

今の自分の低い身分から見てしまう。

主人公が王になる話なら、自分農奴なのだろうなという気持ちで見る。

とても心苦しくなる。

よく、ビジネス書のような自己啓発的なものも苦手だ。

搾取される側から視点で見てしまう。

父親が読めとうるさいが、いかにも成功者は威勢の良いことを言っているが結局は運良く搾取出来ただけとしか思えないのだ。

自分はどこまでも下から視点でいきていくのだろう。

2017-11-16

ビジネス書を読む気になれない

父親からビジネス書を読んだほうがいいと言われた。

そして、自分会社バイトしろとうるさい。

理由としては、これから働くのに必要からだとかいう。

しかし、ビジネス書を読む気にも、バイトに行く気にもなれない。

ビジネス書というのは、どこか好きになれない。

自己啓発的というのだろうか、宗教的というのだろうか。

そんなものを感じる。

そして、経営者御言葉に有り難みを感じることが出来ない。

所詮は、自己利益しか考えていないものだし、カネをくれるわけではないのだ。

そして、自分容姿はどうにもならない。

バイトに行けない理由もそうだ。

父親会社バイトをした時に、何か容姿自分は違い醜いという感覚に陥った。

鏡を見るとやっぱりそうで、肌が醜いし身長も低く顔が大きいか相手不愉快になりそうだ。

そして、何だかんだ社員関係がぎくしゃくする。

多分自分は働くのに向いていないのだろう。

結局、光文社の『世界を揺るがした10日間』を買った。

これはビジネス書とは正反対で、ロシア革命ルポタージュみたいなものだ。

いつかは父親死ぬだろうし、自分もどうにかしないといけないのだろう。

そんなことよりも、どんなことよりも容姿をどうにかしたい。

それが、どんなビジネス書よりも効くはずだ。

2017-11-14

賢者歴史に学ぶ

これは単なる処世術、今風にいえばライフハックの類であって真理どころか法則、仮説ですらない。


この文句を持ち出す輩に「歴史的産物」というもの理解できるとはとても思えない。

歴史上の事実を超歴史的に見るのは床屋談義だけにして欲しい。

自己啓発者やビジネス書ハウツー本を読んで読書とする蒙昧なるものが好むやり口だ。

2017-11-13

うつヌケがお下劣サイテーパロディ漫画より危険理由

話題の「うつヌケ」はお下劣サイテーパロディ漫画より危険だ。

理由はこれを読んだ患者治療拒否する可能性が高いからだ。


うつになった原因は「自分キライになったこと」

うつを克服できたきっかけは「自分を好きになったこと」

科学的根拠が全く見えない言葉とともに、通院や投薬の無意味さを主張する。これがこの漫画の正体といっても過言ではない。

から見ればあの近藤誠医師書籍と同じである


第2話において、うつ病治療を始めたが効果が見えず、薬が増えていくことに恐怖を覚えたこと、そしてドクターショッピングに至ったことが描かれている。

精神医療失望し始めたころに「薬では『うつ』は治らない。なぜなら…」という本に出会い、そこからアファメーション」に傾倒する。


まず「アファメーション」が何なのかをググってみるといい。大半の人が目を覚ますだろう。

このアファメーションは一部で有名な苫米地英人日本に持ち込んだものである詐欺的な自己啓発集団商品化しているケースがあまりにも多い。

ドクターショッピング対象自己啓発ショッピングに切り替わっただけと考えてほぼ間違いないだろう。同じ罠にはまる精神疾患患者はそう珍しくないかである

田中圭一はもちろん医療専門家ではない。それゆえに精神病理について全く無頓着である

脳の器質的な疾患であるとか、そういったことを無視してメンタルヘルスを語っている。

その結果


うつになった原因は「自分キライになったこと」

うつを克服できたきっかけは「自分を好きになったこと」


という非科学的なセリフが登場するのである。いうまでもなく、これらはうつ病の発生原因や回復要因としてまったく因果関係が判明していない。

メンタルヘルス回復の補助としてある程度役に立つかもしれないが、あくま治療のメインは投薬治療である

ストレスで胃に空いた穴は、ストレスを解消するだけではふさがらない。精神疾患もそれと同じだ。


まりこの漫画一見精神病患者の心に寄り添うように見えて、言っていることはマイルド根性論なのだ

うつなんて甘えだ。気合で治せ」というのと

自分キライになったかうつになった。自分を好きになればうつは治る」

というのは、理屈としてはほぼ同じである

うつ病というのは自分の気の持ちようで治る病気なんだ、という、多くの精神科医師が解きたくてたまらない誤解をますます深めているのだ。


うつ病患者をはじめとした精神病患者は、長患いの結果、病院医師に対する信頼を完全に失っている。

そんな折に「薬ではうつは治らない」「アファメーションで治る」と書かれた本を手にしたらどうなるだろうか。

すべてに絶望した末期がん患者が「抗がん剤ではがんは治らない」「手術も抗がん剤も無しでがんは治る」と書かれた本を手にした時と同じことになるのではないだろうか。


最後に。著者も含め、世の中の精神病患者はあまりにも「薬を飲み続ける」ということをネガティブにとらえすぎていないだろうか?

「一生薬漬けの体になってしまった」と嘆く人がいるが、よく考えてほしい。

健康人間でも食べ物を食べ、水を飲み、空気を吸わなければあっという間に干からびて死ぬ

薬がないと生きられない人間と、健康人間には大して差は無い。


まれから生薬を飲まなければいけない人。自分自分注射を打たなければいけない人。

自分意志では歩くことができず、たくさんのチューブにつながれた人…

「生きている人間」のうち、彼らが占める割合はあまりにも大きい。

だが彼らは果たしてみじめなのだろうか。

「一生薬漬けの体になった」と人目もはばからず嘆き、薬を飲まない人生こそを至上とする精神病患者は、彼らの生き方否定している可能性に気付かないのだろうか?


治療のゴールは薬を飲まないことではない。治ったといわれたいために治療放棄するのは絶対に間違っている。

第三者に害を与えかねない病気からこそ、スタンダード治療重要性を常に心に留めてほしい。

2017-11-11

anond:20171111080308

ああ、自己啓発セミナー依存させて金むしり取るから危ないからさ。

自己啓発は本だけでやるものだと思う。本なら1000円ぐらいで済む。特に自己啓発本アマゾン中古でも安くなってること多いし。

anond:20171111073253

いろいろ考えすぎて、やりすぎて疲れてる感があります。まあ、僕も人のこと言えませんが。

脳の休息をとる習慣を設けたほうがいい気がします。マインドフルネスですが、セミナーはむしろ自己啓発新興宗教が新しい稼ぎ場になってるので本だけでいいです。

世界エリートがやってる最高の休息法」久我谷亮

かにマインドフルネス図書館に行ったらいっぱいあるから斜め読みしてよさそうなの見てもいい気がします。

2017-11-07

fだdふぁ

なぜ人は自己啓発にはまるのか それは不安からだ DIO

木の腹は自己啓発の本をもっていたな つまりそういうことだ

なんとかなるさ

2017-10-19

体健やか茶~ダブル

受験人生は一緒だ 目標を達成することには変わりない

受験をせいするもの人生をせいする

情緒 自己啓発ゴミ 

2017-10-16

anond:20171016225037

まれを選べない以上好きも嫌いもないですね

自分を受け入れろなどという自己啓発的な発想がくだらないと思うだけですね

2017-10-13

anond:20171013164630

最後ので分かりにくくなったか

しろ、ツラツラ述べた理屈に加えて、ムカつく客観気取りの書き込み実例を挙げる効果になってるからわかりやすくなったんじゃないの。

だって書き込み読みながら「偉そうに長々語りやがってムカつくな」って思ったっしょ。

もし思わなかったとしたら君はやたらと心が広い人だ。

心が広い人は、普通レベルに心が狭い人が物事イラつく心理理解できず神経逆撫でしやすいから気を付けなよ。

まさに俺は君の自己啓発じみたレス逆撫でされてるからね。

2017-10-12

はてブの分類に関するお願い

たとえば「政治経済」これ政治経済に分けて欲しい。双方にまたがるものは重複させればいい。

あと、政治政治学経済経済学などの線引きが欲しい。現状はクソもミソも一緒でクズ記事ばかりあがってくる。

分ける基準は、床屋談義、印象論、サンプリングを明示しない与太話、○○学と銘打ちながら単なる評論に堕しているもの

ハウツー自己啓発ビジネス書は前者へ、然るべき手続きを踏んだもの方法論がしっかりしたもの後者に分類する。

お願いしま

2017-10-06

自己啓発の使い方と意味勘違いするとバカ以下のクズ人間になるかもしれない

自己啓発の使い方と意味勘違いすると、バカ以下のクズ人間になるかもしれません。


この記事を読んで「コピペ乙」や「具体的じゃない」という人は本当のバカクズに違いありません。

別にバカはいいんです。皮肉でも何でもなく、良い意味「バカ」になれると人生ドンドンと楽しくなっていきますからね。

けれども、クズ人間ダメ自分自身はおろか、周りの人間も不幸にしてしまます自己啓発本の類をバカにしている人もいますが、自己啓発場合によってはかなり使えるノウハウです。

要は使い方しだいですが、意味をハキ違えている勘違い野郎も中にはいますバカ以下のクズ人間にならないためにも、少しばかり自己啓発をしていきましょう。


正しい自己啓発の使い方とかはない?




自己啓発に正しいも間違いもないのですが、人生経験豊富な90歳ブロガーとまだまだ浅い20代ブロガーでは全然説得力が違ってきます

自己啓発とは簡単にいいますと、己の成長を上げたいとする考え方や訓練みたいなもの

そんな立派すぎる考え方を、20代そこそこのブロガー記事自己啓発を書いても、30代以降は何も感じません。これは、30代ブロガーが書いても40・50・60代以降に響かないと同じこと。

別に自己啓発ブログに書くな!」ということではありません。私も自己啓発的なことはよくブログに書いていますからね。


自己啓発が好きならドンドンと書いていく




自己啓発セミナーや本の類が好きな人もいれば、大嫌いな人もいます

私は自己啓発本が好きですが、内容は本当に似たようなことしか書いていません。表現力の違いだけで、中身はほとんど一緒。だからこそ、物書き志望の私としては、そこを勉強するためにも自己啓発本を読んでいます

もちろん、内容も好きですが人によって伝える表現力は千差万別なので、そういう楽しみ方もアリですよ。


20代自己啓発的なことを書かない方がバカに見えない




特殊人生経験を歩んでいない20代以外は、ブログなどで自己啓発的なことを書かない方がバカには見えません。

読む人によっては胸に突き刺さることもあるでしょう。

しかし、大半の20代ブロガーの書く自己啓発的な記事が、薄っぺらく感じるのは年のせいだけでしょうか。


自己啓発の使い方で人生は変わる




うつ病の人が自己啓発本を読んだりすると、何となく心が落ち着くいいます

そういう意味では、自己啓発本は使い方によっては「うつ病に効く」というメリットがあります

自己啓発本バカにしていた人がうつ病になり、自己啓発本を読んでは心が少し楽になってきたというのはよくある話。

私もうつ病になりかけたときには、よく自己啓発本を読んでいましたからね。うつ病悪化しなかったのも、この自己啓発本のおかげかもしれません。

バカに見えるのは可愛いとして、クズ人間までに見えるとやはりもったいない。同じようなクズ人間には評価されてしまますが、成長は望めませんからね。


自己啓発の使い方と意味勘違いするとバカ以下のクズ人間になるかもしれないのまとめ




からといって、むやみやたらに自己啓発記事を書きまくるということは、おすすめできません。

薄っぺら人生を歩んできた人が書いた自己啓発ほど、切ないものはありませんからね。

同じ書くなら、まずは人生経験を積み重ねていくこと。毎日何かしらを考えながら生きていれば、嫌でも人生は厚くなっていきます

自分だけの価値観記事にするのは賛成ですし、同じような価値観を持っている人も継続していれば現れてくるでしょう。そのとき自己啓発を書くタイミング

記事を書いていて自分自身気持ちよくなるような自己啓発が何よりの自己啓発です。

2017-10-02

https://anond.hatelabo.jp/20171002213631

自己啓発って元をただせばアメリカで興ったキリスト教の一派だからな。

自分の素晴らしさに気づくってのは信仰があってこそなのに、信仰(神)無しでそれをやろうとするから増田が言うようなことになる。

2017-09-27

自分肯定してくれる存在

って普通いるものなの?

親も元夫も会社の人も、否定言葉しか記憶にない。

友達友達だと私が勝手に思っていただけだった。

時々、ふとした時に言われたことを思い出す。

「ぶさいく」とか「ずる賢い」とか。

「ガリガリで骨みたい」とか「デブ」とか。

「お前の仕事くそから基礎からやり直せ」とか。

自己啓発みたいな本も読んでみたんだけど、自分自分を認めましょうとかあまり意味がわからなくて…

開き直れということ??

すごいねとか、よく頑張ったねって言われた記憶が無い。

当たり前のことをした、それだけ。

何のために頑張って生きてきたのかわからなくなってしまった。

幸せになりたいとか夢があるとか思っていたけどそうじゃなくて、単に褒めて欲しかっただけなのかもしれない。

おどけて「私すごくない??褒めて!!」って言った時のハイハイみたいな空気が嫌だ。

なんでもできて当たり前みたいな扱いが嫌だ。

生き続ける限りこんな孤独な思いをするならもう人生を終わりにしたい。

2017-09-21

anond:20170921105707

単著って間違いなく専門書じゃなくて怪しげな自己啓発系の本でしょ?

自己啓発系の本なんてどれも似たり寄ったりの内容だから見分けなんてつかなさそうだけど

2017-09-20

https://anond.hatelabo.jp/20170901232336

残念ながら女同士だけでなく男同士でもそういう友人付き合いは多々ある

モテる男と一緒にいると女子と喋る機会が多いし(モテる男は競争率が高いかおこぼれ考えると一緒にいるほうが特)

ハイスペや華やかな仕事をしている男には自己啓発兼ねて近づく

知らない世界の話を聞くのは刺激をもらえるし

そういうのを面倒臭いと思ってたのは若いときだけで、20代後半くらいか

横のつながり増やすのに積極的にそういうのに近づくようになる

2017-09-18

毒親』とかいワード流行っている理由

最近毒親育ちなんですと言っている若者の話が耳に入った。

毒親育ちってなんだ?と思い色々調べてみると、あまり稚拙さに吐き気がした。

毒親とか言うワード。これが流行ったのは、ゆとり世代発言権もつようになったのが大きな原因だろう。

ゆとり世代が台頭してきた時期と、この毒親ブームが来た時期というのは合致する気がするし、所謂毒親育ちの特徴と、ゆとり世代の特徴もぴったり合致する。

自分の考えをもたず、責任他者押し付けマニュアル通りの仕事しかできない。自分の都合が悪くなったら他者押し付けるという考えが、今度は育ててくれた親に向けられた結果生まれたのが毒親だと思う。

こんなこと言われる親が不憫でならない。

自分が生を受けれたのも、衣食住の面倒見てもらったのも、言葉教えてもらったのも、人間として生きるための基礎の施しをしてくれたのは親のおかげだというのに、そんな大恩人の親を『毒』とは。

大恩人の親には、基本的子供服従しなければならない。これが親に養ってもらっている・寄生している子供の、当然のカタチだ。

『脱毒親ビジネス』もだいぶ賑わってそうだけど、そんな書籍を読むよりも、まずは自らの落ち度を認めて大切な親を敬うという風に考えを改めることが、一番の自己啓発になる。

そして全面的に自らの非だと認め、恩人を敬う考えこそが、『脱ゆとり』につながる。

2017-09-13

ブログの月間PV数(スキルアップBLOG)がドンドンと増えている件を考察

ありがたいことにスキルアップBLOGの月間PV数(平均約15万PV)が、ここ数ヶ月でドンドンと増えています

http://www.inoue311.com/

15万なんて簡単だという人もいるでしょうが、これは選べれた人のみが勝ち取れる数字なのです。

やはり継続は力なりでしょうか。

ツイッター等で当記事を紹介して頂いている方もおられるので、本当に嬉しい限り。私自身も為になるブログ記事や素晴らしい記事は紹介しています

Googleアルゴリズム変更で、月間PV数が減ったというブログもちょくちょく聞きます

そんな中でこのスキルアップBLOGはなぜ月間PV数が増えてきているのかを考察していきます

ブログの月間PV数(スキルアップBLOG)が増えている理由



このスキルアップBLOGでは基本的に、ブログ運営自己啓発的なことを好きなように書いています

世の中には様々な考え方がありますので、私の考え方もそのうちの1つに過ぎません。このようにスキルアップBLOGでは、好きなことをドンドンと書いていくのが楽しくてたまりません。

その気持ちを察してか、このスキルアップBLOGファンになって頂いている方も日々増えているのが現状。

コメントもたくさん頂きますし、本当に感謝しかありませんね。


コメント等を貰えるとサイト評価は上がる?




コメントを受け付けないブログサイトは多いものですが、このスキルアップBLOGではコメントを受け付けています

そうすることによって、サイト評価が上がる可能性も出てくるのです。あくまでも可能性なので一概にはいえませんが、実際に月間PV数が増えてきていることから可能性0とは言えません。

なぜコメント等が貰えるとサイト評価が上がるのか。

もちろん、これは私の独断偏見での考察ですが、まずは滞在時間が増えるというものコメントを書いて頂いてる間も滞在時間に含まれるので、コメントをたくさん書かれるほど滞在時間は増えていきます

評価の値に滞在時間も含まれるので、あながち間違いでもありません。滞在時間けが評価の値ではありませんが、少なくとも滞在時間が短いよりは長い方が良いに決まっています


滞在時間を増やすための長文記事無意味




それならと滞在時間を増やすために長文記事を書けばいいと思う人もいるでしょう。

間違いではありませんが、長文記事だと余程の文章力や内容ではない限り、誰も最後まで読んでくれません。

それどころか途中で離脱するので離脱率や直帰率が下がってしまます

たまに長時間動画を貼り付けるブログ記事もありますが、誰もそのブログサイトでは見ません。

滞在時間が短い人は、ぜひコメント欄を導入することをお勧めします。


ブログの月間PV数(スキルアップBLOG)がドンドンと増えている件を考察のまとめ




今の時代は本当に情報収集には困りません。

とくにツイッターSNSの中でも最強の情報収集ツールではないでしょうか。

そのツイッターのおかげでブログの月間PV数もドンドンと増えていますし、とある情報最近DM(ダイレクトメッセージ)等で聞いては仕入れています

そのある情報はまた近いうちにブログ記事しますが、やはりツイッターでの情報収集力は素晴らしいですね。

今のツイッター犯罪者さえも捕まえることもできますし、悪いことをしている人の情報簡単に手に入る世の中。

とにもかくにもこのスキルアップBLOGの月間PV数がドンドンと増えていることに日々感謝しつつ、これからも楽しくブログを書いていきたい今日この頃です。


私のように月間平均15万PVという超人ブロガーになるために、みなさんもブログを書きましょう。

2017-08-21

https://anond.hatelabo.jp/20170821232307

意見ありがとう

流行のそれはいきなりそこから入るんだね。

こういう心理学自己啓発のものって色々読んだことあるんだけど、どうにも腑に落ちないところがあって実践できてない。

結局は「価値観を変えろ」「プライドを捨てろ」という結論にたどりつくだけで…。

2017-08-03

https://anond.hatelabo.jp/20170803134711

こうしたほうが楽しいっていう自己啓発的な意見としては理解できるけど

良質なもの割合は変わっていないとか根拠ゼロの事実認識にはまったく同意できない

2017-08-01

MIT Technology Review

日本語版翻訳記事はてなの学びカテゴリに上がってるのを見るたびに、なんでみんな日本語版なんて読んでるのって思う。

だって本家(英語)はウェブにある記事登録なしに全文読めるのに、日本語版登録してないと途中までしか読めないじゃん。あん価値ないよあのサイト

お前らしょっちゅう英語学習関連記事読んで英語学習に熱心なんだからあれくらい原文で読めろよ。俺?あれくらい辞書引かずに読めるよはてな英語学習記事見て自己啓発英語勉強し続けた模範的はてなユーザーからな俺は!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん