「にじさんじ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: にじさんじとは

2020-05-31

anond:20200530162811

なんでもリアタイでチェックだけはしておきなよ

にじさんじ見てる?琴葉姉妹はすき?

同じことを何度繰り返したら泣き止むの

2020-05-27

にじさんじ公式声明の俺の妄想が混じった読み方

鳴神裁はしばく

 

今までもそれっぽく知らせてるけどボイスのタレントへの収入は購入した額からプラットフォーム手数料を引いた金額の半額だからYouTube投げ銭するのはYouTubeへ何割か持ってかれての半分だからBOOTHの方が安くて多めに送れるよ。今までもBOOTHYouTube投げ銭以外のプラットフォームを試してるけどあんま上手く行ってないし、ずっとこのままじゃダメだとも思ってるからまたなんか変化あるかもしれないからついてきてくれな

あとなんかソニーかに操られてるとかタレントちゃんと扱わねえとか言ってる奴居るけど

ソニーとは仲良くやってるよ、でもうまくいかないこともあるけどそこらへんはライバー相談した上でちゃんとやるよ。それは自社でもそんなもんだよ。いつも通り仲良くやってるよ。だからソニー操り人形になるとか無いよ。ていうかざけんなよぶっとばすぞ鳴神。お前そんなことになったら今までの客が消えるのわかっててなんでそんな無茶するんだよアホか鳴神アホだろ鳴神。

 

(ここは妄想)

辞めるやつに関しては言及できないけど、基本的コメントするまでも無いよ。

辞める奴は辞める。

今までもなるべく辞める人は説得してるけど、辞めるって固く決意した人を止められないし、止めるのもやっぱ違うでしょ。

 

あと笹木が復活出来たのは本当に奇跡から安っぽく復活を願わないでね。あの当時だから出来たことかもしれないけど、あの当時でもいろんな大人が頑張ってたからね。

(ここまで妄想)

 

あと鳴神お前マジ覚悟しろよ鳴神、去年も同じような濡れ衣かけてうちにイチャモン付けやがって、熨斗付けて返してやるから覚悟しろよ。あとちゃんソース確認しろよ。お前のソース毎回フワフワしてんぞ。

うちは大学生サークルみたいなノリだけど必死こいてやってるだけであまり不利益被る茶化し方してたらお前手加減しなくなるぞ

 

(ここから妄想)

あ、これは弊社の今後の方針なだけでお客様方に強制するものではありませんので、むしろ鳴神君大好きでも弊社はちょっと態度が冷たくなるだけでそこら辺は強制しないといいますか。

あと普通にこういう噂に流されてる人は多分ニワカだと思うし、ニワカどころかコロナで色々行動が塞がれてる弊社の状況が読めないぐらい参ってしまってる人間だと思うので、落ち着いて、しょうもない配信見て笑って帰ってくださいね

 

言うほど裏側ってのも面白く無いし、大体の噂って半分の大したことない部分が真実で、大した事のあるところって妄想と誇張が入った嘘なんで…マジで落ち着いてね…心配させてごめんね…

 

あとちゃんと見てる人はわかると思うけど、なんだかんだ色々濁すのは配慮してくれるライバーとかで、運営必要があったら色々見せますんで…

わかんなかったら運営に聞くのもいいよ…ただあんまりナメた話聞いたらこういう感じでズバズバやるからね…

(ここまで妄想)

 

とりあえず本当心配かけてメンゴ、これからも上手いことやりますね。お疲れちゃ〜ん。

2020-05-26

いちからの言いたいこと解説Vtuber事務所にじさんじ運営

2020年5月25日にいちから株式会社リリースした文章解説オタク向けに行う。

ベンチャーの出す文章なんて99%投資家向けアナウンスなんだから割引いて考える必要がある。

※ライバータレント

ソース

所属ライバー及び当社事業言及した動画について

https://www.ichikara.co.jp/news/1116/

■前文

先日投稿された、にじさんじライバー及びにじさんじ運営等に関する動画(以下「当該動画」)に関して、にじさんじファン並びに関係する皆様にはご心配やご不安をお掛けしていることをお詫び申し上げます

ここを素直に信じるのはピュア相手あくま投資家。以後の文章もそれを念頭に置いてね!

■ ボイス販売に関する所属ライバーへの報酬について

当社所属ライバーデジタルボイス売上については、販売プラットフォームから当社が受領する金額(売上からプラットフォーム手数料を除いたもの)のうち、その50%をライバー報酬として支払っております

※一部タイアップ案件を除きます

所属ライバーも「これ出しちゃうんだ」と配信で言うほどのことですが、これはつまり投資家への相場説明です。

いちからは半分ライバーに出すのが当たり前で、世論もこれを歓迎し、ラインを下げるのは厳しいッス勘弁してください、でも一部なら下げもセーフです!

という言い訳

また、将来的な経営判断としてボイス販売実施するプラットフォームが変更となった場合でもこの条件に変動はないという事実を、当社所属ライバーに対して “ライバー内の代表者を通じて”  ”(ライバー任意参加の)ビデオ会議” の2つの方法によって5月18日23日の間に周知しています

これも面白い

一般的にライバー従業員ではなく請負委託関係にあり、とくに同社ライバー契約条件格差現在継続しているか不明不勉強でごめん)は有名で十把一絡げにできないはずなのに、「ライバー内の代表者を通じて」という事態が発生している。

団体交渉が生じていると予想され、これも投資家へのシグナルです。〆ると組織的抵抗を受けますヤバいっす。

(本件は当該動画投稿される以前の決定であり、当社がその動画内容によって意思決定を変更したものではないことを強調するために記載しています。)

あっそう(無関心)

意思決定を変更してないのはそうだろうけど、こうやって釈明せざるを得ない状況にはなっちゃいましたね。

なお、当社は現在使用しているグッズ等の販売プラットフォームに関して様々な検討を行っていることは事実ですが、現在までに決定した事実はございません。この点に関しては、当社内及びライバーとの話合いを踏まえて、ファン関係者の皆様にお伝えすべき事項が決まった際に、改めてお伝えいたします。

通訳します。

投資家要請プラットフォーム変更の検討が発生し、決定しなければならない状況にあるが、今の所なんも決まってないですゴメンナサイ」

圧がかかってますね。Booth現在使ってるECサービス)なんて辞めてウチのシマで売ってよ、よくある要請です。

■ 他社と進行中の共同プロジェクトに関する、ライバーへの返答について

現在、当社が他社とともに進行している共同プロジェクトに関して、当該動画内で言及されている、「音楽活動に関する進退」に対するライバーの心情を軽視するような返答を行った事実はございません。

これどうなんだろうね。これは複数パターンある

  1. 実際無い。大嘘
  2. プロジェクト進捗悪い上にライバーと拗れてる事実はありません(必死

まあどっちでもええわ。

当社は、当社顧問弁護士及び当社法務担当を交えて協議を行い、当該動画所属ライバー及び当社の事業活動に不当な損害を与えるものとして、法的措置を含めた厳正な対処検討しております

テンプレ。でも鳴神くんは1回対処されてみてほしい。

にじさんじ運営に関する一切の権利は当然に当社に存在し、当社株主を含めた他社から不適切干渉を受けることは契約上も実務上もないことを、改めてお伝えをさせていただきます。当社は、にじさんじファン所属ライバーを含め、当社に関わる全員にとってより良いサービス提供することを目指して運営をしてまいります

当社は今後とも引き続き、長く安心して応援できる運営体制環境構築に努めてまいります

これもテンプレ。適切なご指導いつもありがとうございます

まさか指導不適切だったり干渉呼ばわりされるようなこと、あるわけないじゃないですか。これからも頑張ります

■総括

これがアップランド社のような現場人間がのたうち回っている会社なら、極めて一般常識に由来する素直さで読むことができる。

が、いちからは何十億円も出資を受け、財務総務に大手金融大手監査法人から人材招聘する大規模スタートアップである

もはやそこら辺の中小企業とは比べ物にならないほどのガバナンス能力を持つ企業の出すリリースの"素直"はどこにあるのだろうか?

僕にはわかりません。

そもそも現在にじさんじ事業は回収期なのかどうかって話でもあるんですが、そこの認識ズレがあるのかもしれませんね。

チャンネル登録、高評価Twitterフォローよろしくねがいします。

2020-04-29

anond:20200427160037

youtubeスーパーチャット(「コメントを目立たせる」ための課金機能)を投げた人ばかり構って、投げない人はその投げた人が構われてるのを延々と黙って見続ける時間が増えた

スーパーチャットを投げた人の名前配信の終わりに読み上げる配信者も増加(つまり配信大事な1コーナーとして扱ってる)

そもそも他のYouTuberの場合登録者数が100万人規模であっても、あまりスーパーチャットの量がないこともあって、都度話を止めて「〇〇さんありがとうございます」って言ってることが多くない?

スーパーチャットの量が多いところだとスーパーチャット(投げ銭)がされると投げ銭のお礼をするアニメーションが画面の左上とかに出るだろ。

「Thanx 〇〇!」みたいなアニメーションで当たり。Twitchで多いよな。

あと一部の投げ銭に特化した配信とか1時間配信時間ずっと投げ銭のお礼してるだけの放送とかあるからそれに比べたらだいぶマシだわ。

にじさんじでいうと「にじぱちぱち」が後者機能類似しているんだけど、思ったより流行ってないのが予想外だわ。

たぶん課金煽ってるみたいに思われたり、邪魔だって思われてるんだろうけど、最後に読み上げるより良いと思うんだけどな。

いずれにせよ、スーパーチャットを読まれ自己顕示欲を満たしたい人のための妥協策として仕方ない範囲だろ。

個人的には要らないと思ってるけど。

youtubeでのファンクラブのような扱いのメンバーシップという有料機能も加わると、メンバーシップ会員しかファンとして認めない排他的配信者も続出

企業勢もメンバーシップ会員しか見れない限定配信を連日おこない、もはや一般視聴者配信すら見ることができない

バーチャルyoutuberを名乗りながら、youtube以外のサイト配信を始め、そこでも会員限定配信を行うせいでyoutubeとそのサイトの両方の会員になるために課金しないと配信すら見れないパターンも頻発

この辺はニコニコチャンネルができた頃となんも変わってないよな。

時代って回るよな。

総じてVTuberだけの話じゃなくない? っていうかこういうの繰り返されてない? 

2020-04-27

VTuberの集金ムーブがひどすぎる

みんなバーチャルyoutuber見てる?

俺は見てたけどもう疲れた

ゲリラとか、長時間配信とか疲れた理由は色々あるけど、一番の理由最近では当たり前のようになってしまった集金ムーブ

youtubeスーパーチャット(「コメントを目立たせる」ための課金機能)を投げた人ばかり構って、投げない人はその投げた人が構われてるのを延々と黙って見続ける時間が増えた

スーパーチャットを投げた人の名前配信の終わりに読み上げる配信者も増加(つまり配信大事な1コーナーとして扱ってる)

youtubeでのファンクラブのような扱いのメンバーシップという有料機能も加わると、メンバーシップ会員しかファンとして認めない排他的配信者も続出

企業勢もメンバーシップ会員しか見れない限定配信を連日おこない、もはや一般視聴者配信すら見ることができない

バーチャルyoutuberを名乗りながら、youtube以外のサイト配信を始め、そこでも会員限定配信を行うせいでyoutubeとそのサイトの両方の会員になるために課金しないと配信すら見れないパターンも頻発

・口を揃えたようにほとんどのVTuberが「みんな無理しないでー」と言うがグッズ連発、有料サイト誘導スパチャ要求のための記念配信連発と、ひたすらに金をせびる(無理しないで、金出せる限り出せ、という意味かな?)

最近人気の個人VTuberも、にじさんじやホロライブみたいな企業VTuberも、こんな奴らが増えてきてる

バーチャルyoutuberブームから2年以上、せっかく配信自体は楽しく見てたのに、この半年ほどで急激に集金ムーブが増えたせいで今じゃ業界自体気持ち悪くてたまらない

小銭払えばいいだけ?そりゃそうだ

でも、無料youtubeでの配信から見てるんだよこっちは

youtuberなら例えばヒカキンさんが同じことやってみろよ?こんなの大ブーイングだろ

今までは無料で見て、その上でファンになって、そして応援したいからグッズ買ったりする、っていう健全な流れだったじゃん

何でいきなり有料の会員登録させられたり、金払わないとファンとして認めてもらえなかったり、更には配信すら見れないんだ?

ファンになる前に、視聴者になる入り口すらねーよ、今のVTuber

もう消えちまえよ乞食ども

anond:20200427123816

ロゼトーマス

鋼の錬金術師』に登場するキャラクター

ロゼ・R・クロフォートとは、『約束の地リヴィエラ』に登場するキャラクターの一人。

ロゼリリエンタール

Triangle18禁PCゲーム「魔動装兵クラインハーゼ」のメインヒロイン

ロゼ

RPGテイルズ オブ ゼスティリア』のヒロイン

ロゼ

六神合体ゴッドマーズ』に登場するマーグの副官。

妄音ロゼとは、UTAU向けに作成された音声ライブラリおよび、そのイメージキャラクターである

天々座理世(てでざ りぜ)とは、Koiによる日本四コマ漫画、「ご注文はうさぎですか?」に登場するキャラクターである

神代利世(かみしろりぜ)

東京喰種」に登場するキャラクター

リゼ・ヘルエスタとは、いちから株式会社運営する「にじさんじ所属ブラコンバーチャルライバーである

エリゼ・シュバルツァーとは、英雄伝説 閃の軌跡に登場する登場人物であると同時にシスコン兄を愛するブラコンであるCV後藤沙緒里

カタリナとは、スマートフォンゲームグランブルーファンタジー」の登場人物であるフルネームはカタリナ・アリゼ

ジョルジュ・ビゼー(1838~1875)とは、19世紀に生きたオペラを中心とした作曲家である

ジェラール・グリゼー(1946~1998)とは、クラシック音楽のうち現代音楽に属する作曲家であり、1970年代から始まるスペクトル楽派の始祖の一人である

A・オリゼーとは、一般的に麹または麹菌と呼ばれる菌の一種である

2020-02-20

自分年収Youtube換算する遊び

Youtuberが年間再生数×0.3円稼いでいると仮定

個人事業主から社員の大体1.3倍稼ぐ必要があると仮定する

 

参考

https://ytranking.net/ranking/mon/?mode=view&date=202002

 

年収3000万円の人 → 年間再生数1.3億回級

月の再生1083万回は、国内Youtubeチャンネルランキング180位くらい

ってことは180人以上はこれ以上稼いでる可能性が大ってこと?すごいね

(よく見ると個人わずかっぽいけど)

 

ちなみに

178位 ディズニー公式

179位 モンスト公式

183位 ガッチマンゲーム実況者)

 

年収2000万円の人 → 年間再生数8666万回級

月の再生数722万回は、国内Youtubeチャンネルランキング300位くらい

 

ちなみに

290位 ホリエモン

301位 プリキュア公式

318位 ナナヲアカリ歌手歌い手

 

年収1000万円の人 → 年間再生数4333万回級

月の再生数361万回は、国内Youtubeチャンネルランキング700位くらい

 

ちなみに

699位 BBC News Japan

704位 にじさんじ公式

714位 Perfume

728位 アブ(ゲーム実況

 

年収600万円の人 → 年間再生数2600万回級

月の再生数216万回は、国内Youtubeチャンネルランキング1150位くらい

216万回って行けそうかな

一芸あればワンチャンって感じ?無理か・・・

 

ちなみに

1100位 マックスむらい

1154位 わため(VTuber

1175位 tvasahi

1178位 DELISH KITCHEN

1188位 ウェザーニュース

 

年収400万円の人 → 年間再生数1733万回級

月の再生数144万回は、国内Youtubeチャンネルランキング1650位くらい

行けそうな気がしないでもないけど、ライバルを見るとまだまだきつそう

 

ちなみに

1600位 へんないきものチャンネル

1609位 森永乳業公式チャンネル

1657位 ラトナ・プティVTuber

1690位 本当にあった感動する話まとめ

1713位 勝間和代が徹底的にマニアックな話をするYouTube

 

年収200万円の人 → 年間再生数866万回級

月の再生数72万回は、国内Youtubeチャンネルランキング2750位くらい

ここらへんが生活足切りラインだとしたら結構多いよねYoutubeチャンネル企業チャンネルも多いから実際にはもっと少ないが)

 

72万回再生ってかなり人気者のイメージ

まり普通に働いて年200万くらい稼いでる人はそのくらい価値あることしてるってことだな(そうか?)

労働コスパめっちゃ高く感じる

 

ちなみに

2793位 SEGA

2724位 Adobe公式チャンネル

2727位 パズドラ公式チャンネル

ここらへんでも公式チャンネル沢山あるね

月72万回ってかなり高いしな

https://ytranking.net/ranking/mon/?p=136&mode=view&date=202002

 

年収100万円の人 → 年間再生数433万回級

月の再生数36万回は、国内Youtubeチャンネルランキング4200位くらい

 

ここらへんになると個人勢がたくさんいて「私もできそう」って気がするけどこれでも実は上位勢

https://ytranking.net/ranking/mon/?p=211&mode=view&date=202002

 

ちなみに

4181位 外務省

4212位 吉本新喜劇チャンネル

4240位 国税庁チャンネル

 

吉本Youtubeに対するやる気の無さが感じられて良いね

 

 

※注意事項

例であげてるチャンネルは大抵別口でビジネスやってるから注意

企業アカウントなんて単なる動画インフラに使ってるだけだし

あくま再生数だけで考えた場合の遊び

 

参考

10位 月5679万回(HIKAKIN

100位 月1616万回

1000位 月256万回

10000位 月3万500回

20000位 月280回

 

※これ登録されてる分だけ

2020-02-05

[]ホロライブが今年は来るっぽい

予兆を捉えたので書いてみる

たぶん4月5月くらいまではホロライブがかなり伸びてくると思う

追ってないVtuber好きは一度チェックしてみると良いか

(ちなみに私はホロライブ新参、ようやく名前を覚えたところ)

 

今回トリガーとなったのは4期生桐生ココ

たった一人のライバーが、既に成熟しつつあるVtuber界隈のバランスを崩すことなんてできない、と思っていたのだが

桐生ココはいくつかの強い仕組みを作ってしまい、どうやらそれを実現してしまうかもしれない

 

1.あさココLive

その仕組の1つがあさココLiveという朝6時から20分やってるニュース生放送

既に今朝のあさココLiveは同時接続数2万人という大台に乗せている(※1)

今日たまたま高い値を出したわけではなく、ここ2週間くらいは1万人以上安定して出してきていている

そしてそこで報じられる内容は、辛口なディスに見せかけたホロライブ宣伝

まり現状でも毎朝1万人以上(動画勢を入れれば10万人以上)にホロライブ宣伝をしていることになり

ライバー全体にバフを掛け続けている状態になっている

(実際、Vtuber登録数増加ランキング上位がホロライブばかりだ)

 

このあさココLiveのすごいところは、ホロライブについて1ミリも知らなくても何故か面白いところだ

面白くなきゃ2万人が早起きして朝6時に動画を見るなんてないだろう

龍が如く日本語を覚えたというその口調は非常に乱暴だが、笑いのセンスは高く根は非常に真面目だ

 

2.ARK: Survival Evolved

仕組みの2つ目

ARKというゲームをご存知だろうか?

恐竜が出てくるオープンワールドサバイバルゲームで、5年以上前からある割と知られたゲームなのだ

桐生ココがそのゲームの大ファンということもあって、ホロライブサーバーを自腹で立てることになった

マイクラVtuber界隈で流行っていて、それが緩いコラボのような上手い仕組みになっている、というのはVtuberファンは知っていると思うが

中々マイクラ以外でそういう流れを作れていなかった

ARKでも同様にかなり難しい、そもそもARKマゾゲーの類なので、桐生ココはおそるおそる「みんなやってくれるかな?(やってくれないだろうな)」といった感じでサーバーを立てた

が、サーバーの設定がかなり初心者に優しい設定にされていたためか、瞬く間にホロライブ人気配信者を虜(重度の廃人)にしてしまった

 

わずか1週間ちょっとでホロライブ勢が10人以上参加し、ARK配信だらけになるという異常事態になったわけだが

それによりあまり絡みのない同士での突発コラボが発生する

→ ファンは複窓視聴を強いられる

→ 普段見ないライバーや知らないライバーも見ることになる

→ 面白いので登録する

という好循環が生まれ

まり行われない人気ライバー同士が絡むことで同接数も跳ね上がる事態となった

まさにホロライブは「次のマイクラ」を見つけたわけだ

 

ちなみにこのARKというゲームは、公式設定ではかなりマゾゲーで取っ付きにくい

なので「ゲーム流行らせるための導入部分」がかなり最難関なのだ

桐生ココがゲーム難易度を調整し、更には初心者に優しく教え、ARKの魅力を非常に上手く説明していくので

視聴者と他のライバーが同時にARK面に堕ちるという事態に至った

ここが割と重要ポイントだと思う

SteamARKランキング1位になったらしい。セールしてないのに)

 

ホロライブが来る理由

今は連鎖反応の時代

去年、にじさんじが急進した背景に切り抜き動画存在があるが

最近ホロライブの切り抜き動画が徐々に伸び始めている

これは単純に面白いというのもあるし、ライバーがあまりにもARKをやるのでガチ勢でも追いきれないと言う事情もある

切り抜きが上がり始めると当然それ経由で知る人が出始めて動画を見に来る→それを見た人がSNS拡散する、という好循環が起き始める

どこまで軌道に乗るかはまだ未知数だが、個人的には恒常化すると思っている

 

私は詳しくなかったのだが、ホロライブにもかなり人気の高いライバーが居る

初見が誰かにハマるというのは十分考えられる(私もその一人だけど)

やがて全部追いきれなくなり、更に情報を追うためにはあさココLiveを見るしかなくなるという流れができるのではないかと思う

 

やや心配されてるのは、ARKの見所をすごいスピードで消化していってるところで、1ヶ月以内にボスを倒してしまうのではないか杞憂スプラッシュおじさんの間でもっぱらの噂だが

ちょうど2月下旬に新MAPが解禁されるらしいので、3月までは持つのではと考えている

4月以降はバフが切れるだろうからそこから先の展開は不明ではあるけど、とりあえず上半期はちょっとしたお祭り状態になるのではないかと思う

というか今まさにプチバズってる

祭りに乗るなら今だ、ファン新参結構いる

   

桐生ココ:https://www.youtube.com/channel/UCS9uQI-jC3DE0L4IpXyvr6w

ホロジュール https://schedule.hololive.tv/

 

※1. Youtube LiveにおけるVtuber配信の同時接続相場:人気ライバーの得意ジャンルで大体1.5万人、非常に注目度が高い・あるいはコラボで最大3万人程度。一般的には500〜5000人程度が多い。この界隈は2万人あたりに壁があるようだ(他の界隈だと10万人とか行く)

 

____

 

ブコメ

 

1st FESやった後だぞ

 

これはごもっと

触れなかったけど、上で書いた流れは新規客が増える外側の話で、その前にあったHorolive 1st FESが内側の話なんだよね

それが同時期に起こってるから「あっ、来る!」と思った

良いものが既にあって、あとは拡散システムさえあればバズるコンテンツより拡散システムのほうが作るのが難しい印象ある)

 

___

 

読み返してみたら、まるでARK効果桐生ココが狙ったかのような感じに読めてしまうな

ARK効果結構ラッキー現象だったと思う、布教成功桐生ココがうまかったからだけど

 

てかあまりに人気ライバー廃人ムーブをして、配信外でもずっとプレイしているので

最終的に布教したはずの桐生ココがドン引きしてサーバーを止めようとする流れがげぼ面白かった

ゲーム取り上げるお母さんか?

でもそんくらい夢中になってる人の配信って面白いよね

 

___

 

桐生ココのスタンスエンジョイガチ勢かもしれないね

「このゲーム面白い、みんなやろうよ」っていうスタイル

ゲーム実況動画作成者ってそういえばこんな感じだった気がする

とにかくその人が楽しんで、オススメして、結果ビジネスに変わってしまったけど

そういえば桐生ココは収益化してないんだった

2020-01-09

なぜ自分現在Vtuber界に嫌悪感を示すかようやく分かった

なんの才能もない人間が女であるというだけで煽てられて金を稼ぎまくってるのがムカつくからだわ。

にじさんじVtuber可能性を潰しただの何だの言ってたけど結局はただの嫉妬

本当に自分は救いようのない人間だな。

俺がバーチャルユーチューバーが嫌いな理由

バーチャルキャバクラホストだのなんだの言われてるけどそれ自体別にいい

どんなものであれ時代が経てば形は変わるものから

俺が嫌なのは人気になるやつが最初から決まってること

面白い面白くないじゃなくてこの会社からで人が集まってる

名前で言えばにじさんじって所は最初から数万人単位で人が集まってその後も数千人単位で人が集まってるらしいね

なんつうのかな オタクオタクしてないんだよね

このブランドのバッグだから〜とか肩書ですべてを決めるまんさんと変わらんやん 中身全く見ずにただ放流してきたキャラ脳死で推す

その中身も面白いかと言われればゲーム雑談しかしてねえし

人によってはツイキャスとかふわっちバカにしてる奴らいるけど それ以下だろ

変に俯瞰ヅラしてるのがキモい

視聴者キャラ共にな

2020-01-07

vチューバー界隈はもう滅茶苦茶

ゲーム部→パワハラ全員声優入れ替え

ドル部→ぶっちゃけから見ててなんで崩壊したのか分からないがなんか崩壊してる ただファンが転生先までストーキングして今いるドル部と対立してるあたりドルファン民度が知れる

ホロライブ→勢いがすごそうに見えるがファンの層としてはユニコーン特化 実質アイドル部と変わらない 許された男ライバー以外が少しでも関わっただけで炎上 普通に怖い 時間問題 ドル部と同じ道を歩んでいる

にじさんじニコ生同窓会 ファンも完全に入れ替わってアホしか残ってない ニコ生主の残飯食ってキャッキャッしてる連中

ここ数年でここまで発達してここまで崩壊してるコンテンツ他にないわ すげえよ

2020-01-06

このままのスピード世界が回ったら

にじさんじメンバーはどこまで増えるんだろう

2019-12-30

VRライブの現状

去年の年越しのときキズナアイらが出演するVRライブCount0があったが

今年は年越しVRライブがまったくない

VRライブプラットフォームクラスター無料個人イベントがあるくらいで閑散としている

https://cluster.mu/

Oculus QuestでもリリースされたVARKというVRライブプラットフォーム

イベントの気配はないわ評価はめちゃくちゃ低いわでかなり悲惨

https://www.oculus.com/experiences/quest/2245906048808858/?locale=ja_JP


VRライブだけじゃなくvtuber年越しイベント自体にじさんじぐらいしかなく

この一年VRライブvtuberブームが終わったどころか斜陽になってきたことを象徴してる気がする

VRライブvtuberが出てきたときはすごい未来な感じがしてワクワクしてたのに

なんでこうなった?

2019-12-29

にじさんじマリカ

先に言う。推し優勝おめでとう。嬉しい。

でも自分推しファン民度が低いことが他方面に露呈していてつらいな

2019-12-25

Vtuberオワコン

正確には動画系のVtuberオワコン

この世の春を謳歌しているにじさんじ始め配信系は全然オワコンじゃない。

ゆえに動画勢が好きな人からするとオワコン

Vtuber見てる時間よりアニメ漫画映画見てる時間の方が遥かに長いので答え出てるじゃんとなるが、

それも含めてオワコン

もうちょっと面白い未来になると思っていたんだけどな。

2019-12-19

にじさんじってすごかったんだな

他がぼろぼろ過ぎるとも言う

2019-12-18

Vtuber界隈はにじさんじ勝利とか思ってるオタク

見てろよ…来年はナナニジが天下とって「やはり資本には勝てない」というところを思い知らせてやるからな…

「アズマリム」がアズリムった騒動に進展があったので。anond:20191215031303

https://twitter.com/as_chisei/status/1207066455973302272

本日12/18に新運営会社Chiseyの社長さんからの発表があったので、今までの話と合わせて考察します。

(前回と同じく、個人的主観も混ざっているので、間違いとかあるかもしれません。ご了承ください)


12/18 13:10最終更新最初に公開したやつと大幅にかわってるところもあります。ちょこちょこ情報追記とか考察編集してます。】


9月からCyberVより運営を引き継いでいた

 →CyberVの発表と一致。事実

・アズマリム本人と協議し、お互い了解の上で本人の個人運用個人勢)へ移行する準備中だった

 →新情報

上記理由により、まだ引き継ぎの発表をしていなかった

 →12/12にCyberVが移管を発表する予定だったのを、アズマリムとChiseyが難色を示した(fanicon情報理由が上の話だということでしょう。

  ChiseyとしてはCyberVから移管とアズマリ個人勢への移行を同時に発表する予定だった、と推測。

  が、CyberVとしてはもう移管作業が終わってる上に、いつまでもアズマリ運営が自社だと思われるのも困るのでここで発表しようとしたのか?

  (もう自社のものではないプロジェクトの問い合わせ窓口業務いつまでも労働を割ける余裕も義理もないだろうし)

・アズマリムが投稿した内容は、移管前の話であり、アズマリムとCyberVの話が食い違ってるのも事実だけど、うちは知りません。

 →まぁそうだろうなって感じではある。

報酬の支払いについての件も知らない。少なくとも9月以降の支払いに関しては本人と合意していた。

 →5月8月そもそも本来CyberVの管轄でもないはずなのでなんとも…。

  しかし、アズマリムの話だと9月以降の支払いもなかったようなことを言っていたが…?

  →「プロジェクト利益」と書かれているあたり、稼働報酬ではなく普通YouTuberとしてのチャンネル収益ファンコミュ収益あたりのみの支払い契約か?

   そこから割合での分配なのか、固定額を天引きしての支払いなのかにもよるけど、後者だった場合アズマリムへの支払いがなかったという話も説明ができそうではあるが。

…と推測していたのですが、一部違うポイントを指摘していただいてたので、読み直してそこを再考しました。

かにCyberVは契約終了後に支払いしていたとは書いてなかったですね(契約間中は月数十万を81に支払っていたと書いてるが)

契約終了後は、「9月イベントや他イベント(おそらくDIVE XRなど)の出演費用配信機材の無償提供スタジオ以外でも配信ができるようモーショントラッキング設備をCyberV負担で開発・提供」となってました。

これに関しては読み間違いからの憶測をしてしまい、申し訳ありません。

ただ、この情報と、「アズマリムは12/7の告発直後まではYouTubeTwitterやfanicon(こちらは12/10のCyberV発表時点まで)にログインできていた」という話を鑑みるに、5~8月動画配信収益やfanicon収益はアズマリムに直接入っていたと見れます

そこまでログインできるなら収益の振込先の指定もできるはずなので。4月まではYouTubeはCyberVが管理していた可能性が高いですが、多分CyberV所属中もfanicon収益は直接アズマリムに入っていたんじゃないかなぁと考えています

まぁ散々言ってる通り、CyberVからしたら5月以降は自社所属ではないので報酬支払いをする必要がまずないわけで。本人希望での活動継続だし。

となると、やはり5月以降もそれまでどおりの報酬を貰えるとアズマリムが勘違いしていた説が濃厚です。

現在協議中らしいので、また後ほど追加情報が出るだろうと思います。あとは81側からなにかアクションがあれば全方面から情報が揃うことになるのですが…。

Chiseyの発表内容としては、少なくとも現時点ではCyberVの発表に対立するようなものはないですね。


【ここから自分の推測。↓↓】

~19年4月:CyberV(+DELTAGAMES、スパーククリエイティブ

5~8月フリー(実質個人勢同等)、CyberVが面倒を見ていた

9月~??:Chisey

??~:完全に個人勢へ移行

完全に個人勢に移行する予定だった、というのは新情報ですね。

アカウントパスワード変更の件は、アズマリムが個人勢に移行しようとしていたということはChiseyは根本的に触ってない可能性が高い(共有はしてるだろうけど運用は本人とママのみ?)

12/7の騒動以降、CyberVが触れないのは妥当だとしても(9月移管の時点で変更してて知らされてない可能性も否定できないので)、CyberVが言う通りChiseyも触れなくなったのが事実だとしたら

・本人が嘘をついて囲っている

ママと呼ばれる初期から専属スタッフが取り上げて囲っている

のどちらかだろうという推測は間違っていなかったとみてよさそうです。

しかし、これでアズマリムの証言に新たな嘘がでました。

運営と連絡が取れていない

 →9月以降の運営のChiseyとは話し合いしている。

  5~8月そもそもCyberVは運営じゃないが、フルトラ配信などをしている時点でCyberVの設備を使っていることは確実なので、該当期間も連絡は取れている。

  そうなると、アズマリムがいう「連絡の取れてない運営」って?

  5月以降はCyberVは運営じゃないんだから、連絡とったところでそうそう反応してくれる方がイレギュラーなのでは?

  鳴神裁の配信で、「アズマリムはChiseyのことを"間の会社"と指していた」という話があったんですよね。

  これ、「CyberVとの連絡を取り持つ会社マネジメント?)だと思っていた」と取れるんですよ。

  だから運営と連絡が取れない」っていうのは、Chisey経由でCyberVに連絡を取ろうとしていたけど無視されたととっているのではないかという。

  アズマリム側では、CyberVがずっと運営でChiseyは仲介という認識だったと思われる。

  が、「連絡がたびたびとれない」=5~8月無所属期間でCyberVからしたら業務優先度は下なので妥当、「連絡がとれない」=10月以降は9月イベントも終わってCyberVは完全に手を離れたので妥当という…。

  「企業から別の企業所属個人勢になるまでの間の会社」って取り方もあるんですけど、さすがにそれだとChiseyに失礼すぎるんだよなっていう…。

そして、どっちとも取れなかった話にも進展がありました

約束事項を履行されていないっていう話に関して。やっぱフルトラ関連じゃないですかねこれ。

 →CyberVが提供していたモーショントラッキング設備はおそらくフルトラに対応していない(パチ配信などの自宅でしてると思われる配信は全部バストアップだったので、9月までのフルトラ配信もCyberVのスタジオでやっていたと思われる)

  →「11月以降フルトラができる」と言っていたので、11月にCyberVが提供しているモーショントラッキングがフルトラに対応できるようにアップデートする予定だった

   →11月が終わってもフルトラにアプデされないので「約束が違う!」

…って流れじゃないですかねこれ?あくま想像ですけど、流れ的に自然かなと。

CyberVが自社負担で開発したというモーショントラッキングはおそらくフルトラに対応してないのですが、もしかしたら「11月にフルトラできる」って言ってたのは11月にフルトラ対応にアプデ予定だったとかなのかなっていう。

そうなると「開発間に合わなかったよゴメンネ」って話ではあってCyberVにも悪い点があるってことになるんですけど…。

ちなみに親会社のCyberZはmemmaのスマホアプリ対応だったりとかOPENRECの機能追加などで度々こうやって「開発間に合わなかったわスマン延期するわ」をやっているのでわりとありえる話でもあります…。

(ちなみに、全身フルトラに関しては一応にじさんじが「にじ3D」という形で配信者にiPhoneXのトラッキング機能とOculusRiftを利用した1人でも使える全身フルトラアプリ制作していたりするので、技術的にはできなくはないです)


たまに話題になっているんですが、5月以降の活動に関してはアズマリム本人が希望していたものだとCyberVの声明にあります

それを引き継ぎ先が見つかるまでCyberVが面倒見をしていたってだけなので。


うーん、そうなると

報酬支払い→アズマリムの勘違い

運営と連絡が取れない→アズマリムの勘違い

約束が守られなかった→アズマリムの勘違いかCyberVの落ち度か不明

・18年11月の件→アズマリムの嘘が濃厚

って感じですかね…。

CyberVにも落ち度はあるけど、アズマリムのほうが勘違いによる自爆してる可能性が高いんだよなこれ…。確信犯で嘘ついてる可能性もまだあるけど…。

あと、U氏によると来週81と話し合いがあるそうで、それによってまた追加情報があるかも?

にじさんじ、数年前のゲーム実況者みたいだな

数人でつるんで放送する感じ

こうなると俺は見なくなるんだよね

苦手だなあ

2019-12-17

最近私はvtuberを見るのにハマっており、特ににじさんじ、ホロライブvtuber動画を見ている。

これらのvtuberゲーム実況雑談配信などのライブ中心であり、対極的なvtuberはおそらく動画中心のvtuberであると思う。

自分語りをつづけると、以前某ゲーム実況&演劇をするvtuber集団をかなりの頻度で追っていた。

といっても入れ込んでいたわけではないのであの一件以降も特に精神障壁を感じることなく動向を追っていたし、むしろ彼らの問題自体にとても興味があった。

問題公式が”Ctuber”という言葉皮肉にも的確に表現してしまった概念についてのものだったように思える。

これらは対比されて某SNS上で大いに取り上げられたように思う。

簡単に言えば“ガワ(キャラクター設定)”と“前世(中の人)“の問題である

ライブ中心のvtuberは”中の人”の特徴が支配的になるのに対して、動画中心のvtuberは極端な話が”ガワ“があれば中の人代替可能であると、そういう話だったと思う。後者のあり方を公式は”Ctuber”と呼んだのだと自分解釈している。

そしてこれも個人的観測に基づくものだが”Ctuber”という概念視聴者層、とくに”信者”層にあまり受け入れられなかったように思う。ライブが中心でない彼らでさえそうだった。

ここで初めのライブ中心のvtuberの話にもどる。

彼らに対する印象をSNSや某掲示板で見ているときに上の一件を思い出して面白いことに気がついた。

俗にいう”信者”と“アンチ”のやりとりを見ていた時のことである。(心象への影響が面倒なので肯定派、否定派と呼ぶ)

否定派があるvtuberの“前世”がした倫理的にはあまり許されることではない過去を取り上げて攻撃していた。

上の一件をもとにして考えるならば、ライブ中心のvtuberは“前世”にも大いに依存した存在であり、そこを擁護するべきのだと私は予想した。

主だった擁護は“ガワ”と結びつけるな、というものだった。

肯定派の意見は、”ガワ”と”前世”は完全に分離されて然るべきだ、と言っているという意味vtuberとは”Ctuber“であると言っているのと変わらない。

しろ前世”が中心的なライブ中心vtuberにおいて、その肯定派に”Ctuber”理論を主張するものが多いというのはどういうことなのだろうか?

また、一つ穿った見方をすると、”ガワ”を守るために”前世”を切り捨てて見ないフリをするというのはいかがなものか、ましてや活動が”前世”の力量に大いによっているvtuberにおいてはどうなのか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん