「原子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原子とは

2017-06-04

囲碁の配置の数は宇宙存在する原子の数より多いとか

囲碁の配置のパターン数という、人類にとって想像を越えるほど果てしなく膨大なもの

宇宙というゲームの「駒数」とそこまでかけ離れてないということか…

2017-04-07

月がようやく復旧、爆発・崩壊事故から3日

人類の大半がデータとして<太陽系>の中で走るようになってから大分経ったけど

解消されると思われた格差問題は新たなステージ突入してしまった。

いわゆる「時間格差」だ。

太陽系>の処理能力無限じゃないかトークンを支払って処理時間を買わないといけない。

俺みたいに貧乏で大規模な研究や探査が出来ない奴は処理時間が買えず、またその間に差を空けられてしまう。

最近はもうインフレ状態で俺が1日過ごす間に上級市民様は1年は活動してる感じらしい。

太陽系>も拡張はしてるけどそれに貢献している市民に優先的に処理時間が割り当てられるしな。

これだけ速度に違いがあるともう追いつくのは不可能だろう。

ところで忘れてたくらい大昔にりゅうこつ座に探査プローブを飛ばした時のトークンがさっき入ったんだけど

何日か前に播種?された自律探査原子?のエサになって助かったってさ。

1日で何年経ってるんだ...ヤバすぎるだろ。

2017-04-01

http://anond.hatelabo.jp/20170401154117

いやデータ上の存在でも自意識実存はありうるだろ

原子の集まりで出来た意識と0と1の集まりで出来た意識に何の違いがある?

そしてこの宇宙原子の集まり計算したシミュレーションだったからといって

あなた人生茶番になるのか?

2017-03-24

未来予想

国立研究所研究をし、大学教育をする時代が来るんじゃないかと思う。というか、もう来ている。

http://anond.hatelabo.jp/20170323162129

国力と技術を示し資源を確保するための宇宙開発と海底探査、再生医療ナノテク原子物理関係は、各研究機関で。

研究重点大学は一部研究室研究所化が進み、教育ほとんど担わない上席研究員のような教授准教授ポジションを増やすnatureなどには主にこういった研究所寄稿し、将来のノーベル賞もここから出るので安泰。

それ以外の大学教員は、教育を中心に働く。科研費下位クラス研究費が当たれば、どうぞ余った時間内に好きな研究してね(余るかどうかは知らない)、というスタンスになる。そんな研究費での研究でも、大きく当たれば研究所ポストがもらえるだろう。当たらない場合は、学生の頭で考えた持ち込みテーマや、金のかからない研究が増える。そんなことでは大学教員論文の本数は増やせないので、研究所のない大学では教育業績がより重要視され、論文の本数でポストを争うことも減る。

このような未来が見えている現在、一部の、研究重点化されていないのに研究やりたい大学教員阿鼻叫喚であるが、国は一切構わないだろう。経営ができない大学から統合廃校をはかり、少子化に合わせた大学数になる。

2017-03-17

http://anond.hatelabo.jp/20170317213853

概念をどう解釈するかに恣意性があると意味論として完結できなくて困りそう

収束とか前提とかの概念をどう解釈するかはもう説明した。

問題はそれが伝わってないって事でそれ以外ではない。


>(1b)

「集合の内側外側辺、また内側外側辺における動き」の何が分からないのか。

「集合の辺」、「集合の内側」、「集合の外側」、「動き」、どれですか。

揚げ足を取られている印象を受けて腹が立ってるんですが。


>けどまあこの場合でも同音異義語問題は苦しいんじゃないか

犬は生物であり、タンパク質であり、原子でもあります。これらは現実への解釈問題です。

あなたタンパク質で私もタンパク質です。同じですね。でも何が問題なんですか。

2017-02-19

温度って

原子運動の激しさのことらしいけど、時間を極限まで微分したらほぼ全部の物質絶対零度なの

2017-02-16

どうやら日本人は「宗教」が「社会」の下に含まれものと考えているようだけども

人類はいわば物心がつくとともに原子的な宗教を持ったといえるし

世界中どこの民族部族を見ても殆ど社会において宗教存在する

宗教人間社会のつながりはそれだけ密接である

本邦においても天皇を祀り仏教のやり方で人を弔うのだから、十分に宗教社会が融合している

社会宗教関係は、社会宗教宗教社会と言ってもいいほどのもの

日本人宗教嫌いだとか無宗教だというのは、その実とても排他的自分たち宗教を持っているということにすぎないのである

2017-02-13

原子力戦争抑止力

原発関連について思うこと。思考整理のために。

何かと取り上げられる原発関連問題についてですが、「エネルギー資源の点から原発再開・高速炉建設は現状止むを得ない選択肢である」というのが今の私の考え方です。


石油はもって40年」と自分子供の頃からそう言われていて、いまいち危機感が持てなくなっているけれど、少なくとも自分子供のころはレギュラー90円切るようなのが当たり前だったと思うし、確かに昨今の不景気が影響で価格が高騰しているということもあると思いますが、客観的事実として、天井のある資源を使い続ければいずれ枯渇することは当たり前だと思います

エネルギー資源の枯渇が引き起こすのは奪い合いであるといったことは、歴史的に見ればある程度自明だと思います

今の時代簡単資源を巡ってすぐさまに戦争が引き起こされる、といったことは想像しにくいですが、少なくとも産業経済制限がかけられることと思います

そのような情勢において「原子力」というエネルギー源の選択は、再利用技術確立が為されればかなり明るいと思います。(しか3.11のような経済的コストや、使用済み燃料やそれに付随して出る汚染物質の処理のような将来的課題もまだまだあります。)

これらを踏まえ私が感じているのは「戦争への抑止力は、資源生産・確保であり、原子力はその点で抑止力と成り得る」ということです。

漫画の1コマに「戦争は始めるものじゃない。出来る限りの外交手段を尽くした上で結果的に起こるものだ」とありますが、この「出来る限りの外交手段」を選択肢として存在させることが重要であり、エネルギー資源はそこに深く関わっていると思うのです。


一方で原子力の利用は、今の日本の風潮ではかなりシビアものだという感覚をみんな持っていると思います。私は原子力関連においても最もネックなのはその感覚自体と、“安全”を砦に原子力危険ものとただただ批判する人間がいることだと思います

将来のエネルギー安定性と現在安全エネルギー供給を秤にかけることは、個人個人で優先すべき事柄が異なるのでどちらが重きとなるかは一概には言えません。ですが、私は原子力というものに“危険もの”という偏見(バイアス)がかかっているために、秤にかけるまでもなく忌避しているような点があるのではないかと思うのです。そしてそのようなバイアス布教助長している各メディアなどのコメンテーター評論家を見ると、嫌気がさします。「原子力=原子爆弾」という偏見さえも未だに存在するような気もします。


一般に「多少原油輸入にお金はかかっても現在日本の電力は間に合っているんだからいいじゃないか」という意見もありますが、私はこれが対外的には一種侵略(エネルギー侵略)のようなものではないかと感じています

話は変わりますが、2000年代に大きく話題になった「地球温暖化問題」というのがあります温室効果ガスである二酸化炭素が増えることで、地球の保温効果が高まり、平均気温が上昇するという話のものです。(反対論として、地球の平均気温は常に上下を繰り返しており、その周期がいま暖かくなっているだけだとの説はありますが、自分は少なくともCO2の影響で温室効果があるのなら、地球の周期があるにせよ、減らす努力はするべきだと考えていますすみません関係ありません。)

この地球温暖化問題に関して、一部ですが「日本温暖化問題を加速させている」という説があったように記憶しています日本という国は自国には森林がたくさんあるにも関わらず、安価であるという経済性の理由から他国木材を多く輸入しており、その木材アマゾンなどで森林伐採して得られているため、日本温暖化を加速させている原因になっているのではないかというお話です。つまりエネルギー資源においても、自国生産しない代わりに他国から輸入しますがそれは他国資源侵略していることに等しいのではないか、と感じるのです。(確かに資源を輸出するのもその国の自由ですし、対価を払っているのですから問題は無いというのもありますが、自分はあまりこのような動向が良いとは感じません。)

自分はこの地球温暖化問題の点と、化石燃料を輸入してでも国内の電力供給を支えている現在日本の状況に、類似点を感じます

原発を停止し化石燃料を輸入することで国内需要を満たすことは、地球全体の資源をより早く消化してしまうことになっていると考えます。この点で、確かにこれも輸入された燃料ではありますが、再利用することが可能である原子燃料を利用することは、これからの将来を考えて資源的に選択することは仕方が無い、むしろ必要なのではないかと考えています

1国がこの広い世界での資源枯渇を心配する必要があるのかと思われますが、その広い世界資源が枯渇した場合に行われるのは、「その資源を持つものが高い対価で取引要求すること」か、「他国が略奪を行う」か、「新技術によって新たな資源生産する」か、のどれかだと思います

少なくともこの中で一番良いのは「3つ目の資源生産」で、いわゆる「核融合技術が現状あてはまると思いますしかし、現段階で研究ベース技術が商用化され、多くの人に利用されるようになるのはいつ頃かもわからない状態で、「いずれ新技術ができるから化石燃料を使い果たして問題ない」というのは楽観的すぎると思います


再三になります原発関連に関して思うことは、原子力という技術や将来性について議論することをせず、消費者被害者意識だけで言葉を揃えて「安全じゃないものは使えない」「間に合っている」と言うのが、個人的にはあまりきじゃありません。

そして原子力技術者として関わっている多くの人々や、また原子力を使うことを決めた政治家や多くの人々を責め立てることも好きじゃありません。

福島第一事故は確かに人の作り出したものが災いしたものですが、想定されていなかった規模(過去数百年の津波高さの統計による)の津波という自然災害によって起きたという部分が色濃いと思います事故結果論しか語ることはできませんが、これまで原子力を扱ってきた人々が事故を防ぐべく尽力していたこと、またこれから努力なさるだろうことも忘れるべきではないと思います


最後になりますが私は、何か意見をもって議論することが大切だと、EU離脱の時のイギリスを見ていて思いました。その点で思うのは、自分意見を言うことでレッテルを張られる、もしくは感情論批判されるような風潮・雰囲気を壊していくことがいまの日本には大切なんじゃないかなと思います

http://anond.hatelabo.jp/20170213110642

マジレスするとHDDの容量単価とSSDの容量単価はおそらく今年から来年で逆転されると言われてる。

ってかHDDの高密度化とかほとんど限界からな。ヘリウム注入とか言ってるけどクッソ小さい原子を封入して漏れ心配しないほうがおかしい。

振動はともかく衝撃一発でダメになる可能性爆上げだろ。

ってことで、HDDメリットである大容量が生きるのも今年いっぱいくらいまでなわけよ。なら、売り切るしかないじゃない?

2017-01-26

自殺者の考え、または思考停止

「こんな世の中、もうウンザリだ!」

 

これマジで分からんのですよ。

あ、小生、自殺したくなったこと過去数えきれないほどあるでござるよ?

から自殺したいと思ってしまうことがあることは小生、理解できるでござる。

でもその理由代表的だと言われてるこれに関しては全く同意できないでござるよ。

 

ツッコミどころ

「こんな世の中」

これって何と比較して「こんな」なの?

こんな世の中嫌だって言うけど、評価する以上は何か対等なもの比較してるってことだよね?

酸素が嫌だから臭素を吸って生きる」とか言い出すやつがいないように、オンリーワン体験しかしてないはずなのに、

何が「こんな世の中」なの?

ちょっと創作物の異世界モノとかラノベの転生モノとかに影響されすぎじゃないの?

死んだら転生できるとか、

死んだらあの世があるかもとか、

死んだら無になれるとか、

死んだら天国or地獄とか、

全く確証保障実証予測もされていない要素なのに、

その幻想の君の心にしかない理想郷とこの世を比べて「こんな世の中」?

この時点で同情できないし同意できないし共感できないでござるよ。

小生はね。

この世しか観測できないでござるよ。

この世以外の代替物が全く見つからないでござるし、

世界を信じれるだけのメルヘンでもないでござるよ。

からこれには全く賛同できないでござるよ。

もし、死んだ結果ここよりもクソな世界に放り込まれたらどうするんでござるか?

少しは考えて欲しいでござるよ。

 

死ねば助かるなんておこがましいでござるよ。

死んでもこの世界の肉塊になって原子分子クォーツ素粒子もろもろ、残されるでござるよ。

ちゃんと魂が解放される確証もないのに、自殺なんてできないでござるよ。

拙者こそ異世界に行きたかったでござるよ。

でも何度もいうように何の確証もないでござるよ。

それを理解してるからこそ、まだ生きてるんでござ。

2017-01-08

水素水という人類儚い

水素水詐欺だったみたいですが、これは技術の不完全さによって起きた悲劇と言えます

AI囲碁名人を打ち負かしたように、昨今の科学進歩は目覚ましく、やがて人類は本物の水素水を謳歌することになるでしょう。私たちは悲観的になってはいけません。

本物の水素水いかにして作るか

本物の水素水理論上は濃縮還元水素水と呼ばれるものです。

減圧した装置内のH2Oから真空蒸発濃縮法と呼ばれる技術によって水分を蒸発させます

そうすると装置内のH2Oは水分が飛んだことにより成分が濃縮され、超高純度水素けが残ります。これは通常の水素を濃縮した超高純度の水素で、化学式は(H2)2です。

通常の水素原子は純度が低いのですが、真空蒸発濃縮法によってH2Oから水分を飛ばして濃縮することにより(H2)2を取り出すことが可能になります

濃縮還元水素水はこの超高純度水素(H2)2に水を加えることでできあがるものです。

ただこの過程問題があります。(H2)2に元のH2Oと同量の水を加えてもそれはやや水素の増えたH2Oしかないということです。

今回詐欺と言われた水素水は結局この過程問題がありました。

濃縮還元水素水を作成するにあたって肝要な点は、H2Oをできるだけ加えず超高純度水素(H2)2の濃度を高く保つということです。

したがって理論上完全な濃縮還元水素水はH2O含有量ゼロです。理論的に最大限まで水素の力を引き出す場合、(H2)2そのもの摂取する必要がありますしかしそれはもはや液体でないのはもちろんのこと目に見える物体ですらありません。

装置内のH2Oから水分を蒸発させ、その装置内に存在すると仮定されている超高純度水素(H2)2。しか私たちはそれに水分などの溶媒を加えなければ取り出すことができません。

ここに問題があります真空蒸発濃縮法後の装置内にあるとわかっている完全な超高純度水素(H2)2ですが、それを取り出すという作業をするにはどうしてもそれを不完全な形でしか取り出せないということです。

液体ではない水。それが水素水という人類の夢なのです。

2016-11-23

⚪︎×問題で「原子自体が変化することはない」に×つけたら減点されたこと今でも恨んでる。小学生でも核反応くらい知ってるのに

2016-10-31

http://anond.hatelabo.jp/20161030235413

もう完全に脱・人間の流れが出来ちゃったよね。そのうち一部の人間はロボットになるよ。本当に凄い時代に生まれたもんだ。

どこから話せば良いのか皆目解らないが、まずは生命進化を考えるのが良いかもしれない。海で産まれ生命体が、陸に上がり、空を舞い、今や宇宙に飛び出している。生命は、時間と共に複雑化して、機能が向上して、時空間的に拡散していくシステムの一部なのだ拡散して環境が変わる過程で、生命体は、その構造を大きく変えてきた。例えば、海から陸に上がった爬虫類は、魚から見れば驚異のシステムだろう。いま、人間生命を産んだ地球から飛び出そうとしている。果たして人間ロボット、どちらが宇宙で暮らすのに適切な形態だろうか。

現状の世界構造は、原子分子→《DNA》→細胞→《神経》→脳→《言語》→テクノロジー→《プログラミング》→AI、という多層になっている。基本的には、どんどん繋がって複雑になり階層性と知性が上がっていくシステムだ。知性が高いほど、認識出来る時空間スケールが幅広くなる。最近重力波とか認識できるようになったので、昔より知性が上がってます。また、知性が高いものは低いもの認識できるが、その逆は難しい。人間は蟻を認識出来るけれどその逆は…。だから知性の高い宇宙人がいても、人間にはわからない。

次のAIロボットという階層の出現に備えて、その下にいる人間を含むテクノロジー階層の調整が始まっている。おそらく昔は周期表以上の原子がいただろうし、もっと複雑な生体分子DNAもあったはずだ。でも、次の階層の出現と共に淘汰されて消えていったに違いない。新しい階層が出現するときは爆発的・指数的で、一気に多種多様形式が現れて淘汰されて落ち着く。ビッグバンカンブリア大爆発などがそうだったし、いまの100億に迫る人間も爆発の1つ。AIに関して言えば、データ量が爆発している。問題は、次の爆発が起こる間隔も指数関数的に縮まっていて、もはや人間認識出来る時空間スケールを超えてしまうであろうことだ。カーツワイルのいう特異点はすぐそこにある。

人間について言えば、生命体としての進化を諦めている、というか退化している。体を強化せずに、服を着て温調の効いた家で暮らしている。頭を強化せずに、計算機に頼っている。消化の過程も、料理をすることで一部外注している。最近は、体外受精なんて始めちゃってる。体毛は薄くなり、頭はバカになり、親不知が生えなくなり、SEXができなくなった。全部、生命体としての退化に相当する。次の階層が出現するのに備えているのかもしれない。

進化過程環境を変えた生命体は、望んでそうした訳ではない。最初に行くのはは冒険者だが、後に行くのは追い出された者達だ。海での生存競争に敗れた者が、陸に登った。陸での生存競争に敗れた者が、空を舞った。そのうち、追い出された者達が宇宙進出するだろう。新しい環境地獄だ。だからほとんど生き残れない。ただ、幸運にも生き残った者達は大幅な進化を遂げて、見返すだろう。人間だってアフリカの森から追い出されたし、アメリカ人だってヨーロッパから追い出された人々だ。日本でも、漫画家オタクがいまの文化を創っている。おそらく今後の社会は、いまは受け入れられない障碍者LGBT人達が変えていく可能性がある。AIロボットと相性が良いので。

脈絡もなくダラダラと書いたけれど、だいたい漫画版ナウシカに描いてある。

2016-10-10

ああ、水は分子から原子の話をするのはおかしい、みたいなことか

なるほど

2016-08-24

無限時間があれば無限の道を通ることができる。

無限時間があれば無限の道を通ることができる。それは自明のことであり、そこから言えることはなにか、それは世界バランス理由であり、生命誕生であり、永劫回帰証明である

時間に始まりがあれば終わりがある。そして始まりと終わりの間がある。始まりと終わりの間が「時間」でないのであれば、始まりと終わりは時間的接続される。

時間のないところには時間が始まる無限可能性があるからだ。

時間が発生した理由があるなら、時間が終わった瞬間に、かならず次の時間が発生する理由が生まれ、また次の時間が始まる。

いま、時間があるのであれば、時間が始まった理由は必ず存在し、時間は始まりと終わりを繰り返す。もしくは時間は終わることな永遠に続く。

まり時間は中断がある場合もない場合永遠に続く。

無限時間があれば無限の道を通ることができる。

生命が生まれ確率10の230乗分の1であり、宇宙の生まれ時間から考えるに生命は(神の存在なしに)生まれえないとの説がある。

しかし、無限時間があれば無限可能性がある。確率はもう意味をなさない。

進化について理由を求める人々がいる。原子生物が猿になり人間になるには進化論では説明がつかない。地球の生まれ時間から考えるに進化は(神の存在なしに)考えられない。

しかし、無限時間があれば無限可能性がある。世界認識する「人間」が存在するまで無限時間が繰り返され、無限宇宙が生まれ無限生命誕生したのだ。

無限時間があるのであれば、無限の道を通り、無限宇宙を繰り返す。

「私」の想像する、そして想像しない、あらゆる世界が繰り返される。

「私」は無限に生まれ無限に死んでいく。

私の人生無限に繰り返される。

無限人生無限の道を通る。

私の人生とほぼ同じ人生。ただ一度、一言だけ発する言葉が違う人生

わずかな差異しかない人生も、あらゆる差異で繰り返される。

実現しなかったあらゆる「もしも」。それらは無限宇宙で実現される。

人生におけるあらゆる選択無意味であり、あらゆる道はすべて通っている。そして無限に繰り返し通ることになる。

あらゆる可能性があり、あらゆる人々が私で、あらゆる人生を送る。

無限人生可能性。

2016-08-06

ネタバレシンゴジラの処理問題後日談

だったら後半部の、なんとか成分がとか原子構造がとかなんとか博士分析が云々という難しげなやり取り、本当はいらないじゃん。

あのシーンはノートPCのインカメラを使って撮影するという、いかにも若手がやりそうな演出アニメ映画はいベテラン監督がやっているのが、見ているこっちがこっ恥ずかしくて印象に残った。

シンゴジラ批評が盛り上がっているので、個人的に気になったことを…

見終わって、あちゃー、立った状態で逝ってしまわれたか、と思ったのは俺だけじゃないはず。だって、一応、放射性物質から、あのあとコンクリートで覆うんじゃないの?あんな風に自立してたら超巨大建造物になるけど、そのデザインは一体誰が?ザハ先生がご存命であれば、たぶんすごいデザイン案が出ただろう…と本編後のことが気になっている。

せっかく凍結状態にしたのだから、生き返りでもしない限り爆破するようなことはないだろう。とすると死体の処理方法は、そのまま放置、周囲を覆う、解体して移動する、丸ごと移動する、の4つに絞られる。

まず放置した場合東京経済活動を続けることが難しくなる。福島原発事故ときのように、外タレ日本に来てくれないどころの話じゃなく、たとえ都市機能が維持できていても、人が集まらないので経済活動を維持できなくなる。

ではコンクリート壁で囲った場合、それで安心して人が集まるのかといえば、それも疑わしい。穴を掘って埋めるという方法もありがちだが、工費がかかるわりにメリットはそれほどないはず。

解体に関しては、怪獣の闇マーケット存在するハリウッド映画であれば簡単なのだが、日本映画ではそうもいかない。あちらの世界ではキングギドラの肝とかモスラの糸が闇マーケット取引されているんだろうが、こちらの世界だと「人間が手を出すとしっぺ返しをくらう」のが怪獣映画の鉄則だ。オカルト的ではあるが、無性生殖によって増殖したり、細胞から新たな怪獣誕生するのがこちらの伝統である。つまり解体という選択を選んだら、おそらく続編は怪獣大戦ルート突入すると思われる。

では丸ごとどこかへ移動するとした場合、まず放射性物質なので国外へ持ち出すのは難しい。当然ながら国内にも受け入れ先はない。せめてお台場まで運ぶとして(ガンダムと並べたら価値がありそうなので)、それだけで国家予算並の費用がかかってしまい、その費用を別の目的に回したほうが良さそうだ。あるいは東京湾に捨てることも可能だろうが、復活する可能性を考慮すると実行しづらい。

こうして考えてみると、結構やっかいな難題である。おそらく政治家たちが遷都とか首都機能移転に夢中になりつつ、民意翻弄され、マスコミ東京を守ろうとキャンペーンするような、どうしようもなく何も進まない状態が、後日談として妥当なセンではないだろうか。

ここで、この話は一気に残念な方向に向かう。というのも、シンゴジラストーリーは核攻撃回避したことでハッピーエンドになっていたのに、この後日談の推測では、その実態は「核攻撃されたのと大して変わらなかった」ということになるからだ。

話をまとめるとこんな感じになるだろう。

ゴジラ放置される。石棺による封印検討されるが専門家意見が別れる。あと石棺デザイン案で揉める(頭だけ遠くから見えるようにしたら、新しいコマ劇の本物みたいで楽しそうだ)。都心から15キロ圏内避難指示、30キロ圏内避難勧告が出されたまま解除されない。首都圏土地は大暴落する。逆に首都圏以外は土地バブル。急激な円安インフレになる。不安心理から出生率が向上。首都機能移転が推進され、京都遷都実施京都民大歓喜)。9条憲法改正される。ゴジラ対策名目に核保有宣言する。

怪獣映画というのは敵のいない戦争映画みたいなものなので、シンゴジラがどこかネトウヨ寄りになるのは仕方ないとしても、こうして想像すると果たしてあのストーリーハッピーエンドだったのかどうなのか。

まあこういうのって、死体がしれっと消えるのが怪獣映画お約束なので、深く考える意味はあまりないのだが、お約束に頼らない現実寄りのフィクションであるところにシンゴジラ価値があるとすれば、もし続編があるとしたらこうした後日談も描いてほしいところである

http://anond.hatelabo.jp/20160804171358

2016-06-08

自我ってなんだ?

例えば自分存在を一瞬で消滅させた後に原子レベル自分と全く同じクローン人間

別の場所に作り出すような仕様ワープ装置発明された場合転送されたソレは

自分であっても元あった自我消滅する、みたいな話を聞いた。

なるほどと思ったんだけど、それなら自分の右半身だけ一瞬だけ消滅させた後に原子レベル復元したらどうなるんだ?

と思った。

なんとなくだけど元あった左半身とついさっき生成された右半身で構成されるソレは自分のままである気がする。

じゃあその後すぐに同じように左半身も消滅した後に復元したら?

それもなんとなく自分のままである気がする。

じゃあ、右半身と左半身を分断した後それぞれプラナリアみたいに復元して2人の人間を創りだしたら?

よくわからない。

自我ってなんだ。わからなくなってきたよ。

2016-04-26

宇宙あるじゃん

宇宙の中に俺がいるじゃん?

俺を構成する原子素粒子あるじゃん

その素粒子を分解して奥まで覗き込んでそのまた先に…

別の宇宙があるとこっそり思ってるんだけど、その辺どうよ?

2016-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20160410125524

増田さんはサラダ油名前の由来を知ってますかあ?

オリーブ油ごま油と同じようにサラダから作られる油・・・じゃなくて!サラダに使われる油だからなんですよ!

からサラダをあまり作らないご家庭ならサラダ油を持ってなくても仕方がないんじゃないかな~~~で終わってもいいんですけど、あまりにも短いからWikipediaでも見てみましょうか。

サラダ油 - wikipedia

低温下でも長時間結晶化しないように精製されており、サラダドレッシングマヨネーズのような製品の原料として適している。また、味や匂いにクセが無いことも特徴である

またサラダ比較的低温で供されるので、低温で結晶化する成分が多いとざらついた食感となってしまう。油脂は多くの種類の脂肪酸を含み、その中で飽和脂肪酸グリセリンの1、3位に付いた「対称性のよい」ものは低温で結晶化しやすい(この現象天ぷら油を一週間冷蔵庫に入れるだけでも簡単に観察できる)。このため、サラダ油は精製した油を長期間冷蔵(ウィンタリング (wintering) という)し、固化した成分を分離(脱蝋工程)した後に出荷される。

まり、油の中でも低温に強いって事なんですね~オリーブオイルなんて冬は固まっちゃいますよね?ごま油はどうでしたっけ?

まああとはコスト問題もあるんじゃないでしょうか。

他のご家庭も色々と考えて油を購入されてるんですよね!原子の結合の角度とか

2016-03-29

もうダメだ。好きな女の子寝取られ

アトピーゾンビが好きな女の子容姿が良い運動部員に寝取られた。


この世に生を受けた瞬間、棺桶にブチこまれたようなショックを受けた。棺桶の中で「おぎぁおぎあ」と昼夜問わず泣きわめいた。

アトピーゾンビが好きな女の子は、黒髪ロングで清純そうな女の子だった。

だったと過去形なのは、今は清純派AV女優のような紛い物のクソビッチに転落したからだ。


彼氏が出来てから制服を着崩し、長かった髪も短くしていた。彼氏趣味なのだろう。これから彼氏に開発されるのだろう。

純粋な心を汚しながら、あれやこれらを覚えてクソクソビッチになるのだろう。

着けていたマスクを外した女生主を見た気分だ。



時々アトピーゾンビに朝の挨拶をしてくれていた。

おはよう!」「お…オハヨウ…」「フフッ♡」

彼女は溝底に落ちた浮浪者右手差し伸べるような天使だった。

ドブまみれの両手で彼女右手をガッシリ掴んでも嫌な顔一つしなかった。

それからは、彼女の姿を見るたびに、鼓動が早くなり、赤面し、今にも血流音が聞こえて来そうだった。

「僕の人生彼女に捧げよう。彼女に見合う男になるんだ!」

そんな男性ホルモンが活発化した状態学校生活を送っていた。


彼女も、もしかしたら、多少、僅か、微かに、爪の先、針の先、粒子、原子くらいアトピーゾンビ好意を持っているんじゃないかと思っていた。

蓋を開けてみたら、スクール弱者に優しさを振りまく様子をスクール強者に見せることでセックス相手を探していただけだった。

おそらく「誰にでも優しく接するワタシに男子メロメロよ♡」とでも思いながらアトピーゾンビに話しかけていたのだろう。



化けの皮を剥がして内蔵を抉り出してみれば、DKの純情を弄ぶクソビッチだった。

スカートから、すらっと伸びるjk太ももを濫用して幾多のDKの劣情に火を付けてきたのだろうか。

そのお見脚を脳裏に焼き付け、何百回竿を扱いたと思っているのか。精子返せ!


これから春が終わり夏休みが来る。夏休みといえばセックスだ。

生物本来最上の楽しみである異性とのまぐわい。

それを繁殖適齢期に思う存分楽しめる。

こんなチャンスは二度とない。

ゆえに、朝から晩まで、冷房が効かない部屋で汗だくのまま彼氏に密着しながらパンパンパンパン腰を振るのだろう。

人間としての根源的な欲求を満たすために何度も何度も。

その前に別れて欲しい。別れてくださいお願いします。

足!足舐めますから!お願いしますよぉ…。



容姿の良い運動部員はあの元清純JKを好き放題に弄れるのだ。

彼女は、鼻水と一緒に脳みそも一緒に垂れ流しているような鼻垂れ小僧に、すべてを捧げるのだ。

彼女彼氏の劣情を受け止める姿を想像しただけで勃起し、性獣となり、街中の女の子性犯罪被害者にしそうになる。



アトピーゾンビが家でオナニーしている間、彼女彼氏に腰を振っているのだろう。

アトピーゾンビベットで痒み、痛み、不条理理不尽を感じている間、彼女彼氏手をつなぎながら花火を見ているのだろう。

アトピーゾンビ灰色青春を過ごしている間、彼女はかけがえのない素晴らしい青春、一生記憶に残る宝物を手に入れているのだろう。

アトピーゾンビ自殺を考えている間、彼女は新しい生命を産み出す行為ノウハウを夢中になって集めているのだろう。

そして全てを悟ったかのように「童貞とかないわ(笑)」「童貞って一挙手一投足が必死だよね。見てて痛々しい。」「童貞の人とは付き合いたくないわ。精神的に未熟だし。」と嘲笑の目を向けながら、目についた童貞に向かって地雷原を闊歩するように言うのだろう。



容姿が良ければ彼女を寝取ることが出来たかもしれない。

アトピーゾンビでは告白した時点で、いや、話し掛けただけで即通報され、少年院にブチこまれるのがオチだろう。


放課後すぐに神社に行き、財布の中の全小銭を賽銭箱に叩きつけた。

健常者ランドである惑星地球は、前頭葉が退化して思いやりに欠けた人間ばかりだ。

神も仏もいないこんな街で、非健常者の精神錯乱させる毒ガスを撒き散らす健常者が苦しみますようにと祈っておいた。

脳は主語認識しないらしいので、恨み言、呪い言は全部渡り鳥のように自分に帰ってくるのだろうが、他人の不幸を願わずはいられない。

それほど疲労困憊、精神錯乱しているのだ。


この世界に居場所がないのは、コウノトリアトピーゾンビからアトピーゾンビを連れ去り健常者ランドに連れてきたからだ。

そしてあろうことか虐待親の元に送り届けたのだ。

コウノトリ焼き鳥にして余すとこなく喰らい尽くしてやりたい。ご馳走さまでした。



きな子を寝取り返せるだけの容姿を持っていたかっただけの人生だった。

2016-03-27

たまたまソースコードレビューして貰う機会があったので

たまたまソースコードレビューして貰う機会があったので、久々見てもらったら、

「これ、カプセル化通り越して、原子化してません?w」ッて言われたので、ノリノリで定時退社決めてきた😆

2016-03-13

グーグルvsプロ棋士ヒカルの碁より面白い

グーグルが開発したAlphaGoという囲碁プログラムが、

世界トップレベルプロ棋士、イセドルフルボッコにしている。

5番勝負のうち、既にコンピュータが3連勝。いずれもプロ棋士投了(ギブアップ)。


世界中囲碁ファンプロ棋士が動揺しまくってる。

2ch囲碁板でスレが消費され続けている。

私はヘボだけど、この一戦がヤバいことはわかる。

対局者双方のスペックも、観戦する周りの反応も、対局内容も漫画みたいで面白い

ヒカルの碁の登場キャラで例えを交えるとわかりやすい気がしたのでメモする。

1.藤原佐為を超える対局経験

ヒカルの碁に出てくる平安時代幽霊藤原佐為

囲碁に執着を続けて劇中での囲碁歴1000年。

AlphaGo囲碁歴は既に2〜3000年を超えているらしい。

AlphaGo自分学習するプログラム

最初ルールアマチュア棋譜を覚えたあとは、AlphaGo同士で対局を続けて学習する。

その対局数が数千年分に達している。

2.イセドルは塔矢名人より強い

ヒカルの碁の塔矢名人は5冠。7つあるタイトルのうち、5つを持っている。

まず、現在日本トップ棋士井山裕太(25歳バツイチ)は6冠。もうすぐ7冠。

井山裕太世界ランキング17位、イセドルは4位。

ランキングタイトル数だけで言えば、もう塔矢名人なんてかませ犬

(ちなみに藤原佐為vs塔矢名人元ネタ棋譜である依田紀基林海峰ランキング井山裕太よりも下。両者ともに流石に全盛期は過ぎてるけど)

早い話、

藤原佐為を超える経験を積んだグーグルコンピューターが、

塔矢名人より強い井山裕太よりもさらに強いイセドルボコボコにしている状態である

囲碁の盤面変化は宇宙存在する原子より多いw」

囲碁パターン化するのは無理w」

将棋と違って囲碁人間感覚が要るからw」

コンピュータが人に勝つのはまだまだ先w」

囲碁関係者はこれまでこんな感じでドヤ顔していたのに、いざ蓋を開けてみたら一方的過ぎて唖然としてる状態

対局の内容も、これまで人間が打たなかった手をコンピュータが連発していつの間にか勝っている感じ。疑問に思える一手がいつのまにか有利に働いている。

決着は着いたが、AlphaGoとイセドルの対局はまだ2局のこっている。

私みたいにちょっと囲碁が分かる人は、実況を見ながら観戦すると楽しめるかもしれない。

2016-03-11

たまたまあなた観測範囲地政学者が右派ばかりだからといって、地政学ニセ科学扱いしないでほしい

あと、たまたまあなた観測範囲現実主義者ネトウヨばかりだからといって、リアリズム右派と結び付けないでほしい

これらは原子物理学疫学と同じ程度には政治的立場無関係

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん