「原子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原子とは

2020-05-23

anond:20200523000706

人間大自然の一部

大自然は、均衡を是として変動していく

原子は安定したがるから

イレギュラー神の手によって均される

2020-05-04

ウイルスが少ない →→→ 陰性

陽性 → 2.5人に移す → 2.5人の間で相互に移る → 

→ 2.5人が2.5人に移す → 2.5 * 2.5 = 6.25人が2.5人に移す → 2.5 * 2.5 * 2.5 = 15.625人が

でもさ、

2.5人ってなんかおかしくね? 濃厚接触者の中にもらう奴がいたり、陽性の中にスーパースプレッダーがいたりするよな。なんで? ウイルスが少ない →→→ 陰性だけど、「ウイルスが少ない = 非感染」ではないんじゃね? 未感染の奴らの中に陽性をぶち込むと陽性が生まれるのは間違いないけど、それにウイルスが少ない陰性の奴が関与してるんじゃね?

高濃縮ウラン235の棒をベリリウムの容器にミッチリ密に詰め込むと、ウラン235自然崩壊で発生した中性子が周りにあるウラン235原子に直撃したり壁に反射したりして他の原子崩壊させて核分裂連鎖的に起こって大量の陽子電子中性子が飛び出して高熱が発生するけど、ちょうどそんな感じでウイルスが少ない陰性の奴らがミッチリ密に詰め込まれると、ウイルスが周りにいる奴に感染したり間を置いて飛び出したりして他の奴に集中して陽性や中等症や重症者が発生するんじゃね?

2020-04-29

意識とは何だろうか

なんでただの原子集合体なのに意識を持つんだろうな。

不思議じゃ。

2020-04-27

僕の考える新型コロナ感染状況「ウイルス経験者はかなり多い?」

以下、僕の妄想医学的根拠は何もありません。

まず、ウイルス感染定義の話になるんだけど

ウイルスを体内に入り込む」=「感染」とするのだったら結構多くの人が新型コロナウイルス感染経験しているのではないかと思ってる。

「一杯の水にクレオパトラが飲んだワインの水分子がいくつ含まれいるか」みたいな問題たことある

だいたい推定するに10こくらいの水分子が回り回って含まれてるらしいのよ。

原子分子がどれだけ小さいかアボガドロ数がどれだけ大きいか)をイメージするのに持ってこいで高校科学の授業では定番問題

ウイルス分子は小ささのレベルが違うけど、ウイルス日常目に見えているものと比べると圧倒的に小さく、イメージしづらいものだと思う。

ウイルスの小ささから考えると、満員電車に1人感染者がいた場合乗客ほとんどすべてが多い少ない関わらず幾分かのウイルスを体内に取り込んでしまっている可能性が高いのではないのかな。

しかし、東京ではコロナが表面化した後も満員電車に近い状況が長らく続いたけど、電車100人感染!とかは起こってない。

それはなぜなのか。

ウイルスが体内に入ってから症状がでるまでにはいくつかのフェースがあるんじゃないかと。

1 ウイルスが体内に入る

2 ウイルス繁殖やす場所に移動する

3 繁殖やす場所で十分に繁殖する

4 症状が出る

という具合。

第3フェーズの人がいわゆる無症状患者と言われている人たち。

では、第3フェーズまでいかないケースは体内でどのような事が起こっているのか素人なりに考えてみると、体内に入ったウイルスが広義での免疫によって駆逐される、という事が起こっているのは。

城内に入った敵が本丸に届く前に味方兵士によって全滅するようなイメージ

この際も唾液や胃液によって駆逐されるケースもあれば、細胞内まで侵入しながらも体内の免疫システムによって駆逐される場合があるかと。

そうすることによって小さく感染し、小さく回復している人は結構いるのではないか。このような人がいわゆる獲得免疫を得ているかは謎。ただ、免疫システムによって体内に入ったウイルス駆逐した経験があるわけなので、もう一度ウイルスが体内に入った際、少しは有利に戦える???

東京など人口密集地域ではフェーズ1、フェーズ2の人がだいたい20%くらいいるんじゃないのかというのが僕の推察。

これはリアルタイムウイルス保持者の割合ではなく、ウイルス経験者ね。

逆に、大量のウイルスを体内に入れてしまい、体の免疫システムでは対処しきれなくなるとフェーズ3、フェーズ4と発症まで行ってしまう。

なので、感染予防ではウイルスを完全にシャットアウトすのことも今は大事だけだ、もっと大事なのは大量のウイルスを一気に体内に取り込まないようにする、ということかなと思う。

クラスター感染の経路を見ると、食事や会話をするところで起こってる。食事や会話では飛沫が直接口や鼻に入るので、ウイルスを大量に取り込んでしまうということが起こりやすいのか。

ちょっと飛躍するが、ウイルスをほんの少量だけ体内に取り込むのは(リスクはあるが)体内に獲得免疫を得るために今後大事になってくることかも知れんな。

以上、僕の妄想医学的根拠は何もありません。

2020-04-15

[] 情報という概念が何らかの概念の近似であるという可能

https://anond.hatelabo.jp/20070905170808

13 年前に書かれた増田エントリーです。

観念的な問い. 古典力学量子力学の近似ととらえるように、

情報科学における情報という概念情報を包括するようなさらに高次な概念の近似としてとらえることが可能か。

ただし、ここで書いているのは量子情報のことではなくて、情報のものの高次な概念があるのではないか

いただいたコメントまとめ:

 情報の高次元=量子情報でいいのではないか

 認知によってその場が変化することで、情報が発生する。

 同様に、情報理論は近似であって、実はなんらかの極限状況だと、エントロピー性質とかがおかしくなるとか。

  • 情報がなにかの近似ではないのかと言われて、直感的におもいうかぶこと:

 シュレーディンガー波動方程式というものがある。原子の周りを電子が飛び回ってる単純なモデルがあって、それを特定するのは確率しかないみたいな。

 でも、時間をとめることができればそれがどこにあるかは特定できる。この場合は「時間で切り取っている」というケース。

 問. 現実をある面で切り取ったもの情報か。

 久保亮五先生の『統計力学』の最初のところにはお金を分配するだけの簡単金融経済モデルが出てくる。

 気体の「体積」「1分子あたりの熱エネルギー」「モル数」はそれぞれ違う次元の数。

 ディスク上の情報構造物の「占有領域」「最低/平均ブロックサイズ」「圧縮した場合バイト数を表現するのに必要レジスタ幅」はまったく意味が違うのに、いずれもバイト数で表される。

 これは情報科学根底にあるトラブルの原因ですが、いまは統計力学情報理論の間に安易な橋渡しができないことだけを意識するように。

 ただ、気体でも極端に自由度の低い系(絶対零度近くとか、強い磁場の下にあるとか)では体積は圧力にも温度にも比例しない。

 それと似たような話として、自由度の低い情報構造物情報理論適用外。

 個々のビットの間の関係恣意的であって、あまり統計的扱いに向かない。

 問. 古典力学の前提で、粒子間の引力も斥力も無視するとボルマン統計量子力学ならボーズ統計フェルミ統計に従うという話があるが、

 すべてのアプリケーションが書き出すビット列にそういう統計を考えることは可能か。

 アプリケーション各論を展開できるほど柔軟で包括的数学を使えば、情報構造物ミクロ理論は好き勝手に展開できる。ただし、それはアルゴリズムの単なる記述ではないのか。

当方が二十代の頃になんとなく発した問いにリアクションいただいたこととを、大変ありがたく思います

未だにこの辺の答えは出ていません。 あまりこういう問い立てや考えることをしなくなってきたのもあります

識者の方々におかれましては、何かコメントいただければと存じます

2020-03-25

anond:20200325164102

大気流出するプロセスは3つ。気体が惑星にとどまれないほど高温に加熱されて起こる「熱的散逸」,化学反応や荷電粒子との反応でエネルギーを得た原子分子惑星から放り出される「非熱的散逸」,そして「隕石彗星の衝突」で大気が吹き飛ばされるプロセスだ。

 現在地球では,主に非熱的散逸大気流出している。流出量は,最も軽くて流出やす水素でも1秒間に3kgだ。だが,地質学的なタイムスケールでは大きな影響を及ぼしうる。また,天体が衝突すると大量の大気が一気に失われる。恐竜絶滅させたとされる6500万年前の隕石の衝突では,全大気量の10万分の1が失われた。

 こうした大気流出惑星大気の謎の多くが説明できる。例えば,火星大気が薄いのは,火星小惑星帯の近くにあり,隕石衝突が頻繁に起こったためだ。火星誕生から1億年以内に大気の大半を失ったとするシミュレーション結果が出ている。

2020-03-21

anond:20200320184750

どこでもドアくぐった人間はいちど原子に分解されるので

厳密にいうとその時点で死を迎えていて

出口で再構成された人体は以前の記憶は保っているもの精巧コピーしかない

みたいな話?

2020-03-19

秩序について考える

なんで物理現象に「目的」があると考えようとするのか……? 

anond:20200319154828


そもそも自己組織化とはって話なのだけど

それ以前に分子は揺らぐからな?

直球で”量子生物学なんてのが存在する

[TED] 量子生物学生命の最大の謎を解明するか? How quantum biology might explain life's biggest questions

https://youtu.be/_qgSz1UmcBM

主催: 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構]第1回量子生命科学研究会 

http://jsqls.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20170721094035-5ECB4947B99026F0697B5E1404FED6EBBD60A6A4F2DBD759583B5F5F5C1A96CC.pdf


そして、熱運動的なゆらぎ

[分子生物学][生物物理学] 生命現象の基本にゆらぎを発見

https://brh.co.jp/s_library/interview/58/

からの、『脳の「ゆらぎ」を応用した超低消費電力のコンピュータ』を作れるのではとかやってる

https://wisdom.nec.com/ja/technology/2017011301/index.html



いずれにせよ、日本物理学会は、

生命システムは複雑ではありますが,非生命物質と同じ,通常の物質系(原子分子イオンなど)からできています.したがって,
材料的には生命と非生命物質の間に本質的な違いはありません.
それでは,「生命」と「物質」の違いはどこにあるのでしょうか.

(略)

生命物質から自律的に動く人工的な生命システムを創り,「生命」と「物質」の違いに迫る研究を進めています

https://www.biophys.jp/highschool/E-26.html


とか言ってるので、生物は何かは結局よくわからないが、

”生きる意味を考える” ということは

自己組織化分子の振る舞いや目的を考えるということで概ね正しいので

夕飯はコロッケではなくてスパゲティー🍝

2020-03-18

anond:20200318130734

それって、大根は泥がついてるから食えない、とか言ってるのと一緒だろ。ちょっと洗えば泥は流せるし、芯まで染み込んでいるわけでもない。オッサンを経由した原子分子が含まれているであろう空気、水、食物を一切拒絶してさっさと死んだらいいんじゃね?とか言われんで。

2020-03-14

人の心とエントロピー

きっと誰かがもう考えてることだと思うけど、人の心もエントロピー増大させようとしてるのでは?

エントロピーって「乱雑さ」と捉える事が多いけど、言い換えれば「偏りなく平均化されているか」みたいなこととも言える(よね?調べたら情報系だと平均情報量をエントロピーというらしい。関係あるか知らんけど)

人類はどんどん住むところを広げて、今は世界中あらゆるところに住んでいる。

ダイバーシティであらゆるタイプ人達活躍できる世の中にしようとしている。

情報を広げる手段はどんどん発達して、インターネット世界中に発信できるようになり情報の偏りができにくくなった。

生物本能で子孫を残そうとするのは、原初の生き物の元になった分子自己複製の性質を持っていたからだという説があると聞いたことがある。大元分子が持っていた性質本能として残っている。

エントロピーだって物理法則で「エントロピー増大の法則」があるんだから生物本能として残っていたっておかしくない。

生き物自体エントロピーを減らしている存在ではあるけれど(いろんな分子原子機能を持つために無理やりその形を取らされている)、もしかしたら分子原子だけではない概念としてエントロピーが増大できるように最適化されているのかもしれない。

人は集落を作り固まって住む性質があるけどそれは生存本能とのトレードオフの結果そちらが採用されているだけで、もし生きるのに支障がなければあらゆるところに偏在して固まることな孤独に生きたほうが落ち着くのかも。

現代になり生活が楽になるにつれ、核家族化など小クラスタ化して単独で生きる人が増えているのは自然な変化なんじゃないだろうか。

2020-03-03

anond:20200303220816

何でもいいなら、水素原子を作る水素原子とかはないんじゃないですか

2020-02-24

anond:20200224153633

ワイらみんな電子やで。

炭素原子の回りをくるくる馬鹿みたいに24時間回ってるやで。

2020-02-20

並行世界糸井重里が偽糸井重里に置き換えられていってる

早いところでは埋蔵金を探してた時から、本格的になったのはほぼ日を始めた時くらいから、並行世界糸井重里が偽糸井重里に置き換えられていってる。偽糸井重里原子レベルで本物とまったく同じだから見た目は変わらないし、性格記憶言語センスもまったく変わらない。でも本物とは一切関係ない、ただ原子構造が同じだけの偽者糸井重里。そしてどうやらこの世界糸井重里もついに偽糸井重里に置き換わったらしい。糸井重里がいなくなるのは寂しい。

2020-02-17

当たったら即死系の能力が嫌い

原子崩しとかザ・ハンドみたいなのは攻撃しても全然当たらないから見てるとムカってくる

あと大抵使い手がバカから舐めプしたり簡単に騙されたりするとこも苦手

最高に主語が小さい話題

私の原子が動いてる

2020-02-14

チョコレート概論

この世の構成物は解明されていないダークマターを除き全て原子還元説明できる。

これ故バレンタインチョコレートは最終的に原子であり、原子である以上我々と同一である

同一である以上バレンタインチョコレートにさほどの価値は生じない。

しろ量子論的な立場に立ってチョコレートをもらえた可能性ともらえない可能性を考えてみよう。

チョコレートをもらえた状態ON、もらえない状態をOFFと考えても、

量子の振る舞いにおいては両方の結論を同時に選択しているのであり、

したがって私はチョコレートをたくさん頂いていると結論することができる。

翻って膨張宇宙論採用するならばやがて宇宙は収縮して我々の地球もなくなるのであり、

いやそれ以前に太陽赤色矮星となり地球を飲み込むのであって、チョコレートの過多など取るに足らぬこである

取るに足らぬこである

2020-02-09

anond:20200209133108

気づくの遅くね?

俺は小3の時点で自分原子集合体に過ぎないことに気づいていたぞ。

俺もお前も同じ原子番号12の炭素原子だ。

2020-01-19

お前らも所詮原子の集合なんだぜ?

お前らほぼ炭素原子なんやで?

アホみたいに陽子の回りを電子くるくる回っとるんやで?

2020-01-12

Kubernetesがいっこうに理解できない

仕事Kubernetesというものを使わないといけないので勉強している。

自分理解では

1)CRI仕様を満たすコンテナランタイムがワーカーノードのcgroupsを操作し、

2)kube-proxyカーネルモード場合)はワーカーノードiptables操作し、

3)Envoyサイドカーとして注入された場合は注入されたPodiptables操作し、

4)K8sコントローラとして動くxxプラグインは全部etcd上のリソースwatchポーリングしていて、変更通知が来たらアクションを起こすので必ずkubernetesのコアサービスの後追いをする

原子的な更新をしないとダメもの(etcd、cgroups、iptables仮想ネットワークインタフェースOSストレージマウントポイント)の動きに注目すればきれい理解できる気はしているんだけど、この考え方はあってるんだろうか

CNI CSI CRI といろいろあるけど、、

2019-12-03

anond:20191203192035

とりあえず物質の三態変化やる中学理科から高校物理にかけてやりなおせば

常人で6年かかる知識をここで得ようとか無理無理

とはいえやすがないと読みすすめる気力もないかもしれないからざっくり目次だけ書くと

エネルギーには身近なものだけでも

速度エネルギー

位置エネルギー

エネルギー

エネルギー

音波エネルギー

電気エネルギー

があってここにかいた全部の種類を高校でやるぞ

高校が3年の最後まで全部授業をやるなら原子エネルギーもやるここでe=mc2の莫大さを知る

たとえば原子爆弾の爆発では原子核分裂エネルギーをつかった爆発だが

音、速度、位置、熱、光、音波、電気、全部出てたんだよね 

一つずつ丁寧にエネルギーがどう変化して動いたか計算してやらないと

「なんかドーンってなっていっぱい死んだ」っていう理解で終わりにしちゃだめなんだ

それだけじゃ原子炉の平和利用もつかえない、

昔の人にとっての災害と同じで祈るしかできないことになる。

  

あとは高校化学化学エネルギーやるよな、つきつめれば量子的エネルギーなんだが

で、その上にようやく素粒子がくるから反物質の話

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん