「時代の空気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 時代の空気とは

2019-02-28

君は僕が守るから

なんか一時、アニメでこのセリフをやたらと聞いた気がするんだが、その割に例えばどの作品?と言われてもなかなか思いつかない。

このセリフ、大っ嫌いなんだよね、俺。

特に語尾の「から」。「から」ってなんだ、「から」って。

「君は僕が守る」

それでいいじゃないか

いや、「から」に罪は無いよ?

「迂闊に出てくるから」は、戦場で迂闊に出てくるからお前死んじゃったじゃないかって言いたいのがわかる。

けど、「君は僕が守るから」は守るから何なの?

その「から」に込められた登場人物の思いがわかれば、その時代の空気を読み解く一助になりそうな気がする。

まあ、このセリフをよく聞いたってのも俺が適当に言ってるだけなんだけど。

2019-02-18

空気感を味わいたいのはいつ?

尾崎豊とかビートルズ、Xジャパン

今聴いてもそりゃ良いけど、あの空気感があるからこそだと思うんだよね。

んで、もし戻れるならいつの時代の空気感を感じたいかなって思ったわけですよ。

もちろん音楽以外でもいいよ。

2018-11-15

自己啓発

本屋に行くと大量の自己啓発書が置いてあるしネットでもそういう芸風の人多いし。

これが「時代の空気」というやつなんだろうか。

数年後に今を振り返ってみてどう感じるのか楽しみ。

2018-11-09

anond:20181109152142

現代化はまじで無能

描かれたその時の時代の空気があってこそ……

現代からこそ少し前の時代を楽しく見れるのに

時代の改変はおそ松みたいな成長ものじゃない限りアカ

2018-09-22

anond:20180922012425

時代の空気が終わっとると書いたんだけど、それを読もうよとか言われて話も通じない。もうダメだこりゃ

anond:20180922000028

ノースコリア帝国も逆らって恐ろしい目にあいたくないか将軍様万歳とみな言ってるんだよ

多数派の陰に隠れて皆で一様に同じ言動をとれば

偉大な将軍様であっても多数派否定するのは難しいから取れる一番安全な策だとテンプレート通りに動くんだ

昭和生まれおっさん時代みたいに自由平和時代じゃないんだからさあ

いつまでも少年時代の気分で若者に語るのはやめようよお

時代の空気を読もうよお

2018-07-07

オウムだけ切り離して語っても意味ないよね

当時はオカルトブーム新宗教ブーム、終末思想ブームがあったわけでさ。

から思えば異常だけど、霊能力者がごく普通にテレビ出るわ、超能力者科学者と討論するわ、夏になったら必ず心霊写真のコーナーがあって、霊媒師が「これは何とかの霊で……」って言ってタレントがまじめにうんうんって頷いてさ。

あと反原発運動とか、ノストラダムスとか、帝都物語とか。

から考えたら信じられないほど、「人智には測れない世界がある!」って受容されてたわけよ。

そりゃたいていの人は「そんなわけない」って思ってただろうけど、「ひょっとしたら……?」という空気は色濃くあったよ。

当時オウムを持ち上げてた文化人って、あれは面白半分に取り上げてたんじゃなくて、「科学じゃ認知できない世界があるのかも……」って空気のなかで、大真面目に「修行するぞ!」ってグループが現れて、勢力を拡大してたもんだから、「やべー! ついに来ちゃった?」って思ったんだと思うよ。中沢新一なんかさ。

とにかく当時の時代の空気をなかったものにして「オウムがやばかった」「当時肯定してた奴らは戦犯」みたいに断罪するのはちょっと違うと思うのよ。

というか、オウム的なものに惹かれるのって、多かれ少なかれ大抵の人にあったと思うのよ。

だってオウム前世少女とかスプーン曲げとか霊視とか、その延長線上にあるもののはずで、それらは国民ほとんどが普通に受容していたものなんだからさ。

2018-05-18

言うてもたか大学体育会たか交流戦なのに、いちいち文科相が出てきてコメント出すのも変な話で。

日大のケツの拭き方が全くもってなってないこともあるが、安倍政権的には自分たち責任が一切ないところでちゃんとやってます感を出すのにちょうど良いと思ってたりもするのかもね。

あとなー、日大フェニックスの件と安倍政権の件は当然だけど何の関係もない。当たり前だ。でも「同じ構造になっている」ことにすら目をつむって見ないようにしてる奴らは、さすがにニブすぎる。

そういう「時代の空気」って案外馬鹿に出来ないもんで、これを肯定し続けるとその先は地獄

70数年前はリアル戦争地獄を見たわけだが、21世紀地獄戦争じゃなくて、日常戦争的(に過労死させられたり無制限労働を許容する法律が通りそうになってたり)になる可能性の方がずっと高くて、戦争死ぬ可能性よりもむしろ嫌だよなーと思ったり。

2018-05-03

小学生の頃やってたフラッシュゲーム

昨夜ベッドに入ってさて寝ようかというとき小学生の頃にフラッシュゲームで遊んでいたことをふと思い出した。

覚えているタイトルもあれば、シーンを途切れ途切れにしか思い出せないものもある。

元ネタも分からずにナナカクラッシュやってたな。

サマァフラワァの人の続編、結局完結したのかな。

マテリアルスナイパー好きだったな。

ギコ猫逆転裁判きっかけで、今では逆転裁判ファンなんだよな。

中でもシミュレーションゲームが好きだったので「さつき荘の疑惑」を無性にやりたくなりプレイしていた。

小学生の頃は親のPCで遊んでいたゲームを、大学生になったいま自分スマホプレイしている。

あの頃のゲームは途中でうざったい広告が出ない。

だがその代わり、作者が失踪してしま放置されたままのゲームもある。

なんだか不思議時代だった。

私はあの時代の空気感がたまらなく好きだ。

2018-03-24

古い作品を今アニメ化するのは嬉しい、でも舞台現代にするのやめろよ!!!!!!

その時代の空気ってやつがあるんだよ!!!!!

スマホ持たせんな!!!!!!

バカヤローーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!!!!!

2018-02-12

落ちぶれて行った人気芸能人を追い抜いた芸能人ファンをしてて思う

若手当時、ファンをしていた芸能人が人気芸能人番組に出た。

けちょんけちょんに言われて、貶され、馬鹿にされていた。

そういう売りをしていたかどうかは記憶にない。ただ、世間的に馬鹿にされることが多かったのもまた事実

それでもその芸能人は、くじけることはなく、活動の幅を広げていった。

今やその芸能人売れっ子になった。

まず、最初売れっ子になったと感じたのは周りの扱いだった。別人のように褒めるようになった。

それから番組に出ても、スペシャル扱いになる。

そうやって認識が変わってからも、貶す人、下に見る人は居た。

それが、今や落ちぶれている芸能人だ。

まり人は、芸能界では、空気を読む。風を読むことが大事なのだ

その人は、その芸能人が「売れた」ことに気付けなかった。「勢い」を感じ切れなかった。

立ちまわれなかったのだ。それは多分、いろんなことに対して。

思うのは、それは正直な人間性からではないのかということ。

個人的に、掌を返した芸能人の方が心象はかなり悪い。いつまでもなにを言われてたか覚えている。

それは動画に残り、新たなファンにも伝わる。

でも若手のときも今も貶している人は、本気で、馬鹿にしていたのだ。そこに嘘が無い。今も貶しているということ。

……しかしだからと言って、その正直な人を庇う気にもならないが。

多分、なにかを貶すということ自体が、時代の空気に沿わないのだろうなと考える。

2018-02-05

anond:20180205222517

名前言ってはいけないの子は、もうネット中毒みたいなもんだから手遅れだと思うんだよね

これは舌鋒鋭いことを言って持て囃された人が通りがちな道だと思うんだけど、

過激なことを言って自分発言賞賛されると、自然発言エスカレートして先鋭化していく

名前言ってはいけない子はずーっとそうやって生きてきてるから、もうちょっとやそっとじゃ承認欲求得られないんでしょ

そういうのは、いつか時代の空気に合わなくなった瞬間に一気にタコ殴りにあうんだけど

そう考えると、うまくコントロールして長期間それなりにやれてる有吉とかマツコってすごいよな

坂上は近いうちに事故りそうな感じするし、梅沢はもう半分事故ってるようなもんだし

2017-11-30

男とメンズリブオタクエヴァ

おおよそ男社会というのが成立していたのはバブルが崩れて不景気が訪れるまで、

まり大企業にパワーがあって年功序列で男一人が定年まで働けば家族を養えていた時代の話だ。

そのあとウーマンリブが持て囃されたのも女も働かなにゃ食えなくなったのを「女性社会進出」とか言って誤魔化しただけの話であって、女性の権利を認めたわけではない。

その男社会の中でオタク排除された存在だったかというとそんなことはなくて、在りし日のオタク自身たちも強烈な男社会を構築し、

知識コレクションによるオタクマウンティングタワーを立て、女子供排除していたわけである

ゆえに不景気による男社会崩壊した後のオタクたちは、知識による他者との競争ではなく、より自身の中にある欲望に素直な「萌え文化を生み出す。

そこはかつて男に求められた能力がなくても、本当に「好き」という気持ちだけで居場所を与えてくれる自由社会である

90年代に一大ブームとなったエヴァは、庵野監督の今の自分の気分を作品にしたいというコンセプトの通りにそんな過渡期の時代の空気を映していて、

まりあれはお姫様を助けなければいけないという男の役割を全うできない王子様(シンジ)と、王子様より強くありたいお姫様アスカ)のジレンマお話である

最終回では多様な世界二次創作を包括する世界観提示され、一つの世界観に対する知識コレクションを競っていたそれまでのオタク文化との決定的な違いを打ち出した。

かくして「萌え」を手に入れたオタク文化は男社会に入れないもの達を内包して急速に発展していった。それが90年代から今までのオタク文化に起きていることである

2017-10-24

15年前はもっと薄ら左翼がでかい顔してたよな

サッカー国際試合日の丸振ったり日本をみんなで応援することにすら

違和感(具体的な理由はない)」を表明する「知識人」がメディアゴロゴロ居た

最近はてサtogetterで笑われてたけどhttps://togetter.com/li/1163464

これぐらい支離滅裂日の丸アンチでも15年前・20年前なら別に笑われずに人権があったし

何なら権力的に他の意見日の丸振ったり掲げたりする人)を攻撃して圧迫する側だった


俺が十台の頃はとりあえず日本否定的に言えばクールっていうのがあって

ばかなおっさんガバガバ論理でも日本を悪く言っとけば知的だと認めてもらえるみたいな感じがあった

いまみたいにその論理をチェックされたり「その日本ギリギリ生きてるお前は何様やねんw」と笑われることなんかなかった


30代の俺でも書き留めとかないと忘れてしまうぐらい「空気」はどんどん変わる

いかに頭の悪い薄ら左翼支配的に振舞っていたか忘れてはならない

いま居る残党サヨクはあの時代の空気を吸って無考えに身につけた習慣の亡霊だ

anond:20171023233302

2017-08-01

その3 無職のおれが、今なら勝てると思った話

また、昔のことを思い出した。

「ねえ、ケンカしよ!?」

目の前の男に突然言われて一番ありがたくないセリフである

最寄り駅でバスを降りた瞬間、目の前にいる巨体の不良にだ。

カンチセックスしよ」とは大違いだ。

これほどギャップのある「しよ違い」もなかなかないだろう。

ただ、彼からセックスしよ」と言われたら、半端なく恐ろしい。「ケンカしよ」のほうでよかったと今では安堵している。

================================

リョウ幼稚園の頃からとんでもない不良だった。

家はスナック経営、不良のアニキがいて、なるべくして不良になっていた。

から、久しぶりに会った時にまさか「ねえ、ケンカしよ!?」なんて言われるとは夢にも思わなかった。ジャイアンみたいだった幼稚園児の彼に言われるなら話はわかるが、今だにこいつはこんなことを言うのか……と民度の低さに呆れた。

そして、僕はリョウ無視して足早に去った。

今でもたまに思い出す。

人間、本当の恐怖を感じたときには震えるということあの時に知った。

バス停で震えながら無視して去った時の瞬間、あの時代の空気、全部覚えている。トラウマだ。たぶん、今リョウに会っても、きっと逃げるんだろうな…。

================================

ただひとつ間違いなく言えるのは、今の僕ならあの頃のリョウを間違いなくボコボコにできるということ。

だってバス停からまれたのは小2の時だから

僕は今、36歳だし。あの頃に戻れたら、きっとやり直せるはずだよね。

それにこう言ってやる。

「お前、巨体っていうか、ただのデブからね。まわりのお母さんとかに体格がいいとか言われてるかもしれないけど、ようするにただのデブからね」って。

まあ、自分も今はデブだけどな!

================================

いくら当時のリョウが巨体だったとはいえ、小2ではたかが知れている。小2相手では正当防衛にしないと色々面倒なので、デコピン程度でイナフだ。もちろん、あらゆることにおいて負ける要素はひとつもあるまい。相手芦田愛菜さん、いや、芦田愛菜サマなら話は別だが、リョウのようなDQN相手なら学力でも負けるわけがない。あと、こちとら暇すぎて無数のAVを見てるから、あらゆるテクを知っている。幼い頃から実家スナックに出入りしていたとはいえ、小2にあっち方面経験では負けまい。おまけに、今はDMMの見放題chライト(R18)で毎日ヌイている。アップロードされているほぼすべての作品をチェックし、気に入った作品をじっくり見ている。冒頭のインタビューすらしっかり見る。あとは、抜く瞬間に50代の熟女作品にしてみたり、シーメール作品にしてみたり、自分にあらゆる性癖を植え付ける活動にも余念がない。それだけは自信がある。そのおかげで、今ではあらゆるジャンル作品パッケージを見るだけで身体が反応するようになってしまった。はたして、小2の男がここまでアダルト経験をしているのか? アソコを鍛錬しているのか?

否、しているわけがないだろう。

そんなことはどうでもいい。

とにかくあらゆる場面において、圧勝のはずだ。

================================

小学校の頃のつながりが今はまったくないので、リョウが今どこで何をやっているのか見当もつかない。

リョウがもしイケメンに成長していたら悔しい。

リョウ自分スナックを繁盛させて、店舗リニューアルなんてしていたら悔しい。

リョウがもしこの世にいなかったら……



それは悲しい。生きていて欲しい。

これ以上、まわりの人間が死んでいくのはいやだ。

(まあ、リョウはまわりの人間ってわけではないが)

かといって、リョウ自分よりいい人生送っていたら悔しい。

そうでなかったら、まじめに生きてきた自分バカみたいじゃないか

まてよ……でも36歳無職という今の状況を鑑みると、さすがにこの勝負、負ける可能性が高いな。

やはり、ケンカ相手小学生を選ぶに限る。

================================

どんなに過去を振り返ろうが、あの頃に戻ったら圧勝できようが、

現実ではこんな僕にも明日は来るし、蛇口をひねれば水は出るし、ネットだって見ることができるのだ。時の流れは永遠に残酷なままだ。

いい加減、過去を思い出すのはやめようかな。

これで最後にしよう。現実と向き合って戦わねば。もう36歳だし。

ってことでドラクエ11の続きやろうかな。

================================

ちなみに、実名こそ伏せているが(あ、リョウ実名だった。キタムラくんも)、本当にあった話なので完全なるノンフィクションであるダイアリーであり、ルポタージュである小説ではない。思いつくままに書いている。タイトルが「おれ」なのに本文で「僕」なのは、自信のなさのあらわれかもしれない。

その1

https://anond.hatelabo.jp/20170801120514

その2

https://anond.hatelabo.jp/20170801153106

2017-05-23

ネット右翼に活気があった時代を生きていた人が羨ましい

私の政治運動デビュー2009年4月4日ネトウヨ旋風の時代だ。ちなみに生まれ1985年2月27日

当時の愛読本小林よしのり漫画だった(今は左翼転向してしまった)。

そういう生い立ちがあるので社会人2年目くらいの頃からネット右翼について興味があって、ネトウヨについてよく調べていた。

私の世代は、2ちゃんねらーサブカルからって特別ネトウヨに詳しい人なんて居なかった。ネトウヨについて調べていたのなんて私くらいだ。別に右翼思想に興味があるわけではない。参加者やそのバイブルについて興味があるのだ。

こう言うと不謹慎かもしれないが、ネット右翼ロマンを感じてしまう。2ちゃんねるとある板の不気味な感じとか、デモ行進をそこらじゅうで起こしていたこととか、右派なのに左翼スタイルで行動していたこととか、不気味な出版物原稿料印税を稼いでいたこととか、薄暗くて、どことなく惹かれるところがある。ほかの人がカルト宗教とか左翼過激派とかヤンキー暴走族に惹かれるのと似たようなもので、私はネット右翼ロマンを感じる。

しかし、残念なのはあの時代をもう経験できないことだ。

ネット右翼系の出版物がそこらじゅうにあっていつでも新品を買えた時代桜井誠掲示板で討論していた時代大学2ちゃんねるなどでネット右翼オルグしていた時代ニコニコ動画愛国動画が乱舞していた時代日本人胡散臭い過激思想を大真面目に信仰していた時代。あの歪んだ2000年代を、私はもう経験することが出来ない。1日でいいからあの時代の空気経験してみたかった。

あの時代経験したあなた達が羨ましい。

2017-05-20

オウム真理教があった時代を生きていた人が羨ましい

俺の誕生日1995年3月20日地下鉄サリン事件の日だ。

実家上九一色村に隣接する市町村にある(今は平成の大合併で同じ市町村になってしまった)。

そういう生い立ちがあるので中学生くらいの頃からオウム真理教について興味があって、オウムについてよく調べていた。

俺の世代は、上九一色村の隣だからって特別オウムに詳しい人なんて居なかった。オウムについて調べていたのなんて俺くらいだ。別に信仰に興味があるわけではない。起こした事件活動について興味があるのだ。

こう言うと不謹慎かもしれないが、オウム真理教ロマンを感じてしまう。麻原彰晃の不気味な感じとか、バイオテロ化学テロをそこらじゅうで起こしていたこととか、宗教団体なのにパソコン屋や飲食店経営していたこととか、隣の村に不気味な施設を建てていたこととか、薄暗くて、どことなく惹かれるところがある。ほかの人が心霊現象とか超常現象に惹かれるのと似たようなもので、俺はオウム真理教ロマンを感じる。

しかし、残念なのはあの時代をもう経験できないことだ。

オウム真理教経営してるパソコンショップがそこらじゅうにあっていつでも行けた時代ビートたけし麻原彰晃テレビで対談していた時代。隣の村にサリン工場があった時代テレビアーナンダが水中クンバカをしていた時代エリート胡散臭い宗教を大真面目に信仰していた時代。あの歪んだ平成一桁を、俺はもう経験することが出来ない。1日でいいからあの時代の空気経験してみたかった。

あの時代経験したあなた達が羨ましい。

2016-10-25

時代のせいにはしたくはないけど

岡井ちゃんがはじめて私たちの前に姿を現した2002年6月ハロモニ

当時20歳だった私は、一人暮らしワンルームマンションの14型のテレビデオぼんやりと見ていた。


8歳の岡井ちゃんアイドルとは無関係に思える「カントリー・ロード」をたどたどしく歌っていた。

その姿はどうしても有名になりたい才気あふれる特別女の子というよりは、

大人が笑ってくれたり褒めてくれたり叱ってくれたりすることがうれしくてしょうがない、

ただの人懐っこいひとりの子どもというように見えた。

私はハロプロキッズに対して得体の知れない忌避感と哀れみを感じた。

あんなにもかわいい子どもたちにも関わらず、なにかマズいことが起きているという直感

それをどういう言葉で表したかは人それぞれだが、ネット上ではそれなりに共有されていたように思う。

ただ、彼女たちが成長し魅力を増していく過程のなかで、それは杞憂だったと誰もが手のひらを返した。

私もその一人だ。


ところで、「今2016年アイドルになろうとしている15歳くらいの女の子」がいるとして

の子アイドル恋愛についての事実認識は、

(それに何を感じ、どう行動するかは個人差はあれど)

私やこれを読んでいるあなたと大きく違わないのではないだろうか。

どうしたって突き付けられる事件が多すぎる。


当時の私はアイドル恋愛について何も考えたことがなかった。

そしてそこに無頓着なのは私だけではなかったのではないかと思う。


モーニング娘。ブレイクする1999年まではアイドル冬の時代と言われていた。

諸説あるだろうが、その始まりおニャン子クラブ解散する1987年とするなら

もはやその連続性のなかでアイドル文化を捉えられる人たちはきわめて少数になっていた。

1997年安室奈美恵20歳結婚した。

オジサンと言っていい年齢の男性とのできちゃった婚だったが

多くの人々が祝福し、「CAN YOU CELEBRATE?」が日本中結婚式で歌われた。

2000年には木村拓哉工藤静香結婚した。

ジャニーズでも20代になれば結婚してアイドルのまま家族を持つ時代がやってきたのだと誰もが思った。



そのようなおおらかな空気の中でモーニング娘。女性アイドルを復活させ、岡井ちゃんオーディション合格した。

意志をもってアイドルになった、というより気づいた時にはなっていたというほうが近いのかもしれない。

ハロプロ女性アイドルに再び春を呼び戻した頃も、恋愛絶対的禁忌ではなかった。

週刊誌報道はスルーされ、ファンのため息がなにか風を起こすようなことはなかった。



今とあまりにも違う。

しかし、時代はなぜか前近代的な方向に動き始める。



その時代の空気の変化の中に一番最初に巻き込まれ傷ついてきたのが

実は℃-uteであるということはもっと知られてもいいと思うし、

℃-uteファンでも忘れてしまっている人もいるのではないだろうか。

詳しくは書かないが、ファン事務所の締め付けが厳しくなる中で

実績のある先輩たちはある種の図太さを見せながらサヴァイヴしていったが

℃-uteメンバーはいきなり力尽きるように表舞台から次々と姿を消していった。



℃-uteBerryz工房のことを、きれいな空気のなかで大切に育てられ

人生の大半をアイドルに捧げた純粋性の高いエリートであるように言う人は多い。

私も一面ではそれは正しいし、彼女たちの清冽オーラ

年月と愛情をかけないと生まれないタイプのものだと思う。

一方で、最も「アイドルである自分」と「本来自分」を、

長い時間をかけて深く引き裂かれてしまったのもまた彼女たちなのではないだろうか。

そして、岡井ちゃんやまいまいや梨沙子のような、本当に幼い頃からキャリアスタートさせた子ほど、

その欺瞞合理化するような術をいまだ持てず、混乱の中にいるのではないだろうか。

「今2016年アイドルになろうとしている15歳くらいの女の子」や

ここ数年でアイドルを好きになったファンたちとは見えている世界があまりに違うのだ。



舞美ちゃんブログ更新を待っている間、夢幻クライマックスを何回も聴きながら

岡井ちゃんにとって「強くなりすぎた」とはどういうことなのか、

なにが舞美ちゃんを「さみし」くさせているのか、私はずっと考えていた。

2016-09-16

http://anond.hatelabo.jp/20160916172842

夕方アニメみるのはせいぜい小学生までで中学生高校生にもなってみてるのはオタクの人みたいな

時代の空気やった気がするんやけど地域によっても違うんかな?

2016-09-10

http://anond.hatelabo.jp/20160910120513

いまの時代の空気感っていうと、なろう系全般かなぁ。

ファンタジーテンプレメタ的に扱おうとする姿勢のものが、見てられないレベルで古くなってしまっていると思う。

あとは、てーきゅうみたいな早口日常系時間アニメとか。

00年台のアニメの痛さ

最近、ちょい昔の00年台アニメを見なおした。撲殺天使ドクロちゃんとか、大魔法峠とか、以上にテンションが高くて当時は面白かったんだろうなという生暖かい気持ち最後まで見れた。なんとなく、アニメ全体に漂う寒さというか痛さというかアニメ自体がその時代の空気をパックしているようなそんな感じがした。

最近は10年後、コレを見たらノリが痛いと思うようなアニメってあるかな。直近だと「このすば」あたりはちょっとやばそう。

2016-07-21

田中康夫『なんとなく、クリスタル

ハードカバー文庫本では注釈の載っている位置が違うのだけど、文庫版の注釈の載せ方の方がこの作品の持つスノビズムを前面に押し出すことで描いている時代の空気をより強く感じることが出来るので読むなら文庫本お勧めです。

2016-07-15

http://anond.hatelabo.jp/20160715231839

いまいち何が良いのか、自分には分からなかったよ。

絵も、なんか、うーん・・・て感じ。

ノルウェイの森でも同じようなズレ感覚を味わった。

ノルウェイの森とかホットロードとか、その時代の空気が分からない人は読むな、なんじゃないの?

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20160618201958

オタクとしては自分欲望に取り込めるなら、右でも左でもどっちでもいいはず

今、右寄りの波が来ているのはオタクに関わらずなんだよなー

時代の空気ってやつ

かつての学生運動の「空気」と同じだよ

理屈は後からつけてるだけ

2016-06-04

シロクマ先生の変節

シロクマ先生デビューした頃は「他人適応に興味があります」とか何とか言って

社会適応できてないヲタクm9(^Д^)プギャーする炎上芸で人気を博した人なのに

今は「あと5年は遊びたい!」という時代の空気にちゃんと「適応」した人たちを

やおら叩き始めて、どうしたどうした、シロクマ先生

ある時代に良く適応した人たちが、時代の移り変わりと共にかえって不適応になってしまうのは、

別に今の時代に始まったことじゃないでしょう。

高度成長期青春を生きた高齢者たちが、今の価値観からすれば、ややもすると滑稽に映るように。

いつでも後出しジャンケンで、「そんなこと言われても今さら遅いよ!」

という集団ばかりを狙い撃ちに超絶なる上から目線打擲していった結果、

つの間にやら先生の関心が社会適応よりも、超然的な価値へのコミットに変わったんでしょうか。

それとも、ほとんどすべての人間がそうであるように、歳を重ねた結果、保守化しただけでしょうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん