「懐古厨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 懐古厨とは

2021-04-24

日本インターネット女性蔑視史をを振り返れば「まーん」はそもそも

インターネット懐古厨の皆様はご存知だろうけど「まーん」はインターネットでは比較的新しい部類のネットスラングで、少なくともガラケーユーザー揶揄する「ポチポチ」や、ケシカラン画像投稿する女性ユーザーを指していた「女神」などよりも新しい。
この「女神」、「電車男」以降は女性2ちゃんねらーを指すようになっていくが、そもそもは前述したとおりケシカラン画像投稿する女性ユーザーを指していた。

2ちゃんねる黎明期では女性ユーザーと判明することが珍しく、女性ユーザーが登場したスレッドでは一種の「祭り」のように大騒ぎすることが定番化していた時期があり、まぁ言ってしまえば「オタサーの姫」扱いされていた(オタサーの姫はまーんよりも新しいネットスラング)。
そこからピンク」側でけしからん画像投稿する女性ユーザーが増えて、優れた能力を有するユーザーを指す「神」から派生してケシカラン画像投稿する女性ユーザー限定して「女神」という呼称が用いられるようになったのだ。
女神」の対象が拡大するのは前述したように電車男以降である

オタサーの姫」という言葉から察せられるように、何かにつれてスレッド内で持ち上げられる傾向にあった女性ユーザーをよく思わないユーザーは少なからず居た。
注目すべき点はこの女性ユーザーをよく思わないユーザー性別不明という点である
シカラン画像投稿するしないに関わらずスレッド内で「女神」と持ち上げられるとスレッド主題から外れて盛り上がってしまうことが多く、言わば「スレが荒れる」状態へ陥ってしまう傾向が確かにあった。

そこで用いられたアンチテーゼ意思表示が「まーん」である。多用された板はニュー速VIPだ。
その当時「ねとらじ」が流行するようになると容易に「ねとらじDJ」の男女がわかるようになった。すると当然「女神ミームが発生し、ニュー速VIPは一時期「女神」による「ねとらじ」が席巻してしまう。
ニュー速VIP別にねとらじ」だけの板ではなく、その他の面白そうなスレまで「dat落ち」する憂き目にあってしまい徐々に「女神」への風当たりが強くなっていったのだ。

さて、ここでこのエントリに着目した当時の様相を知る元VIPPER女性へ1つの質問をしてみたいと思う。
アナタは「女神」へ対して「まーん」と書き込んだ経験がありますか?
もし「無い」と言うのであれば、このエントリ偽史として投げ捨ててくれ。
もし「有る」と言うのであれば、その当時の様相を思い出し、なぜ同性へ「まーん」と言い放ったのか教えて欲しい。

以上だ。

2021-04-12

2000年を越えてからスポーツ漫画面白くない

懐古厨じみていることは認識しているのだが、

最近スポーツ漫画あんまりおしろく感じない。

2021-03-29

東京BABYLON

アニメ制作中止になって「キャラデザが元に戻るなら歓迎」「肩幅帰ってこい」みたいなツイートを大量に見かけたけど

原作知らない自分からするとあれの何がいいんだ???っていう感じだから

古の漫画の再アニメ化のようなメディア展開はやっぱり懐古厨向けの商売に振り切るのが正解なんだろうなと思わされた。

いやあの肩幅どう見たっておかしいじゃん……どこがいいのさ……。

2021-03-23

pixiv創作BL小説オワコン化してる

腐女子として苦言を呈したい。

内容のないr-18短編ばっかり量産されていて悲しい。

懐古厨なのはわかってるけど5年前とかは面白い作品がきちんとあった。

心の繋がりをしっかり描写する濡れ場が好きだから今大量に転がってる低コストで低クオリティ作品から好みのものを発掘するのが苦痛

引き算のエロを覚えてくれ!詰め込めば良いってものじゃないんだよ!

まあ商業読めって話なんですがね。

2021-03-08

anond:20210308195818

懐古厨おじさんには申し訳ないが

その手のゲームリリースされてるのはスマホゲー市場(とその他一部分)だけで

ゲーム業界っていうクソデカい括りで見たら、そういう腕前を磨くゲームの方が圧倒的なシェア率だぞ

やっすい原価で莫大な利益を生み出してくれる金の成るなのは間違いないけどそこまで利益を生み出せるのは少数

ゲーム20年と+αの俺ですらこの程度は知ってるんだから現実を見よう

その程度の視野しか持てないなら既にゲームというものに興味がないんだよ貴方

2021-02-27

ダイパリメイクが来た

純粋に大好きだったはずのポケモンという作品に対して、自分がどういう感情を抱いているのかわからなくなってきてしまったので、長々としたお気持ちを吐き出させて欲しい。

めでたく25周年!という時にこんな文を書いている時点で、自分はもう純粋作品を楽しめてはいない気はするが。

ポケモンが昔からずっと好きだった

ダイパ世代自分は、小学校から帰ったらなんとなくアニポケを見て、DSを開いては夢中で冒険し、兄弟友達と遊ぶとなれば対戦や交換で盛り上がり、夏休みには映画を見に行く。そんなありきたりな日常を過ごしていた。

長くなるので諸々の話は割愛するが、現在自分が今一番好きな作品は何か?と問われたらすぐに「ポケモン」と答える程度には好きだ。まあ、歴戦のポケモンファンたちに比べれば自分ライト層の方ではあるのだが。

でも、最近作品プレイしている時、昔ほどの「たまらなく好きだ!!!」という感覚が無いことに気づいた。

夜な夜な布団でこっそりプレイするほど熱中していたあの頃のような熱量を持てていない。

今も昔も変わらず大好きなはずの作品なのに。

原因を考えてみたりもした。自分公式ターゲットから外れた可能性は高いかもしれないと思った。ポケモンって基本子供をメインターゲットに作られている作品だろうから。でも過去作は変わらず好きだし……まあそれには思い出補正も含まれるのかもしれないけど……自分価値観がそう急に変わったとは思えなかった。

……のである日、「自分が変わったのではなく公式が変わってしまったのかもしれない」と思い、ネットポケモンに対するファンの不満や愚痴アンチ意見などを検索してみた。自分公式盲目になりがちなきらいがある為、何かに気づけるかもしれないなと思って。

結果、それらの意見に納得できる部分が沢山あることに気づいてしまった。

不満点については自分でも整理しきれていないし、ここでは伏せさせて貰う。気になる人は自分検索して欲しい。

それでもやっぱりポケモンが好きだという思いは自分の中にずっとあり続けた。

ゲームなんやかんや楽しみながら追った。GOTCHA!が出た時もリアルタイムで見て泣いてた。

なので今回のポケモンプレゼンツもすごく楽しみにしていたし、この下書きも綺麗さっぱり消すつもりだった。



ポケモン歴史みたいなムービー、単純にワクワクできた。思い出がたくさん詰まってたから。

ポケスナの情報、好きなポケモンたちがイキイキしているのがすごく嬉しかった。

ポケマスの情報。まあ嬉しい。なんやかんやログイン続けてるゲームだし。


ダイパ映像が流れた。時が止まるかと思った。

ついに来るんだ、ダイパリメイクが。

思い出の詰まったシンオウがついにSwitchで旅できるんだ。




???

グラフィックダッッッッッッッッッサ!!!!!!!!!ゲームキューブとかで出たゲームHD版か!?

本当に令和に出る、しかポケモンかい世界的有名コンテンツの本編のゲーム!!!!????

バトル画面もしょっっっぼ!!!これが第8世代?嘘だろ???カブイは別物だったが、剣盾まで順当に進化していったはずであろうグラはどうしたんだよ!!!!8世代同士なら流用しやすモデルとか沢山あったろ!!!!なぜそれをしなかったんだよ!!!何のためにライバルの部屋に木彫りのグレッグル置いた!???

外伝っぽいアルセウスは自社開発!?リメイクが本編扱いになるだろうにそれを差し置いて外伝制作!?

そのアルセウスもアレの後に出したか映像よく見えてるだけで全然CGクオリティ高くないしな!!!

ダイパ忠実再現??じゃあもう3DSダイパVCでも出してろ!!!!!

っていうかそんなに再現に拘るとか言うんなら2画面のハードで出せ!!!!!!

辛い。何もかもを投げ出して今すぐゲーフリ本社に泣きながら殴り込みに行きたい。

自分の好きなシンオウ地方は、多分リメイクでは見られない。

静かで仄暗く、厳かで美しい。

そんな大好きだったダイパ雰囲気を、自分はあの映像から感じられなかった。

15年自分が抱いていたシンオウイメージをぶち壊された気分。まあイメージなんて所詮感性問題だろうけど。



ああ、自分が待ち侘びてた「のちの世代の最新システム導入したダイパリメイク」なんて全部幻だったんだ。

ゲーフリはダイパリメイクなんて作りたくないくらダイパのこと嫌いなんだ。

大好きな作品を作った会社は、10周年当時に「究極のポケットモンスター」なんて銘打って発売しておきながら、その作品思い入れなんて全く無かった。どうせキッズが鬱陶しく絡んでくる作品くらいにしか思ってないんだろう。

新地方にシンオウポケが少なかったのだって、「リメイクへの伏線!」とか例の如く言われてたけど、ただ単にシンオウがゲーフリに嫌われてたからなのかな。

もう何もかもが辛い。

部屋に飾られたポケモンのグッズを見るだけで悲しくて涙が出てくる。

「好きな作品が過剰な改悪リメイクされるくらいなら一生リメイク来ないで欲しい」とここ十数年で何度も内心願ってきたものだけれど、こんな辛い気持ちにさせられると思ってなかった。しか原作に忠実とか言ってるリメイクで。

楽しみっていう純粋意見ももちろん見かけた。正直羨ましい。自分もそう思える人間でありたかった。

リメイクトレーナーデザインを大幅に変えられてないのが嬉しい」「当時の等身っぽいグラで遊べるの良い」「ストーリー準拠っぽいし」みたいな意見を沢山見た。そういう意見も分からなくもない。

でも、逆に「リメイクは別作品から」「パラレルワールドから」と割り切れた方が自分にとっては救いだった。

ぶっちゃけ今の時代に合ってるか?これSwitchで令和に世界作品が出すクオリティじゃないでしょ。


グラしか批判するとこ無ぇのか?って言われそうだけど、ストーリーキャラデザは大きな変更なさそうだから今のところ別に意見は無いので。

自分第一報でまだどうなるか分からないこの時点で軽率に叩くような発言なんてしたく無いけど、吐き出さざるを得ないくらいショックだった。退化したグラもだし、外伝作るために丸投げ外注されたっぽいのとか、諸々。

ゲーフリへの不信感が増していく一方だ。辛い。



……何が嫌かって、こんな気持ちになっていながらも発売されたら結局買ってしまうであろう自分が一番嫌だ。

多分、こんな気持ちになるくらいならコンテンツから離れるのが正解なんだろう。

最初の方にも言ったが、自分はきっと既にメインターゲット層なんかではない。

今の時代の子供達がこれを純粋に楽しんでくれるっていうんなら、老害であろう自分は黙ってこのリメイクを受け入れるし、大人しくDSでDPtをやって過去の思い出に浸る。

どうせつらつらお気持ち述べたって、懐古厨思い出補正でまた何か言ってるわって流されるだけだし。

結局、自分は一回好きになったコンテンツからは完全に離れることなんてできない、どうしようもないオタクだ。

だってポケモンのことが好きだ。大好きだ。だからこそこの気持ちをどうして良いかからない。

公式ポケモン人質にでも取られているような最悪の気分。

純粋に大好きだったはずの作品に、こんな気持ちを抱えて一晩中泣く日が来るなんて。

寝て起きた時、全部夢だったらいいのに。

2021-01-25

二次創作における、原作否定お気持ち表明

面白くも何ともない話だが、原作否定の多さに辟易する気持ちを吐き出したかった。

なるべく冷静に、客観的に、何なら評論のように書いたつもりだ。

 

 

 

 

 

サブカルチャーが発達してどれくらいの年数が経っただろう。

一番に脚光を浴びたのはやはり秋葉原かもしれない。オタクメイド喫茶コスプレ、これまで日陰にひっそり存在した物がメディアで大きく取り上げられ、日本アニメ漫画文化世界にまで広く知れ渡った。もはやサブカルの枠に留まらない娯楽とも言える。

 

今日私が主題にしたい同人、引いては二次創作に関しても同じだ。コミックマーケットなどは今やメジャーな催し物。夏コミ冬コミ、詳しくない人でも単語は聞いたことがあるだろうし朧げながら様子も浮かぶはず。テレビ報道されるからだ。SNSで見る人もいるかもしれないし、ゆりかもめの混雑具合で知るかもしれない。

 

今、かつてサブカルと呼ばれた物たちはメジャーになりつつある。

胸に手を当てて考えてみてほしい。芸能人アニメキャラ漫画キャラコスプレ写真を上げるようになってはいいか。やたらとボーイズラブを題材にした作品が増えてはいいか腐女子主人公ドラマ普通に放映されていないか。どこでも手に入るコスプレ衣装書店に我が物顔で並んだボーイズラブ本、有名俳優や人気アイドルが演じる男同士の絡み、一つくらいは心当たりがあるだろう。

 

したがって、これまで息を潜めていたカテゴリーが脚光を浴びる時代で、大手を振って楽しめる環境が整ったというわけだ。

私は何もそれらを否定したいわけではない。ボーイズラブ、いいじゃないか腐女子、いいじゃないか。母数が増えれば増えるほど、良作に出会確率も跳ね上がるのだし。

かく言う私も腐女子歴は長く、同人活動歴もそこそこの、いわゆるオタである。ちなみに独身だ。

 

前置きが長くなったが、私が言いたいのは腐女子同人作品の数が増えるにつれて蔑ろにされる物が見えてきた、ということであるタイトルに戻った。

ここで言う同人作品というのは、漫画アニメなど原作ありきの作品に対する二次創作のみに限らせていただく。コミックマーケットなどで毎年スペースを獲得できるような大手同人サークル様やオリジナルで精力的に活動されている方々には何ら物申したいことはないのであしからず

 

 

2007年、と聞いて同人関係で何があったか思い出せる人はいるだろうか。

今でこそ当たり前に存在し、二次創作と切っても切り離せないpixivサービスを開始したのだ。初めこそ作品数は少なく、今のように漫画を上げる人は稀で一枚絵ばかりの謂わば地味なSNSだったが、2010年くらいからだろうか、個人サイトから移行する人が増えてpixiv隆盛期に入った。今なお衰えない勢いで、新しいサービスも続々と導入されており、私もずっとお世話になっているツールだ。投稿も閲覧も簡単で、二次創作には不可欠だろう。

 

私はpixivが作られる前から腐女子だった。個人ホームページを持ち、自分の絵や文章をひっそりと投稿していく時代だ。今でも古の腐女子として度々話題に上っているのを目にするかと思う。

若い子は知らないだろうが、一つお気に入りホームページを見つけるだけでも苦労し、そこから△△受け同好会、愛され□□ランキングといった名前リンクを辿って、自分の好みを探すといった困難さだ。当然、こうこうこういった地雷が含まれます、などといった注意書きはなく、リンクカップリングじゃない場合も多かったので左右完全固定の方への配慮などもない。読み始めて無理だったらブラウザバック。これが個人サイトの鉄則であるタグ一つで好きな物が見られる今とは雲泥の差。

 

話が少し逸れたが、要は今これだけ楽に取捨選択できる環境に置かれているくせに、二次創作に携わる者の文句が多いということだ。慣れとはげに恐ろしきかなと感じるばかり。

時代が違うことは理解している。懐古厨、オバサンは黙っておけと言われたなら黙るしかないだろう。否、私はまだ世間的にオバサンと呼ばれる年齢ではないのだが、念のため具体的な数字は伏せておく。

地雷だなんだ、苦手だなんだ。それはまだ良い。二次創作界隈のクレームとしてはひよっこみたいなものだ。苦手はあって然るべき。必要以上に貶めなければ誰も何も言わないだろう。

 

私が最も言いたいのは、原作に対する二次創作視点からクレームの多さ。

ようやく本題に入ったと思った人もいただろう。私も思いました。申し訳ない。

 

近頃サブカルサブカルでなくなり、腐女子同人などの秘めるべきものが大きく取り上げられ、比例して携わる人口も増えている。

からだろうか、まるで二次創作が本筋だと言わんばかりの勢いで物を言うではないか。そこ退けそこ退け我が推しカプのお通りじゃい!と目を血走らせて叫びそうである

カップリングの片方が結婚した。ギャー!

カップリングの片方が実は女好きだった。ギャー!

隠し子がいた。ギャー! 女キャラと付き合った。ギャー!

ここは動物園かと見まごうほどの凄まじさだ。騒がしいことこの上ない。

 

二次創作幻覚だ。妄想だ。だから何をやっても良い。当然だ。私もそうして活動してきた。原作にない部分だからこそ二次創作で補完したり、原作ではくっつかないと分かっているからこそカップリングにしてチュッチュさせたりして皆で楽しむわけである同人誌の発行も萌えの共有。これいいよね、最高だよね、そんなふうに言い合えるときの尊さといったらない。

しかし、近頃はどうも原作ありきということを忘れているように思う。己の見たいもの原作で見られなかったからと言って、平気でアンチのような発言をするのはいかがなものか。

幻覚妄想を形にするのは自由にやって良いのだ。それこそを楽しむための活動なのだから

そうして逃げ道が与えられているというのに、何故いちいち文句を言う? 有り得ない、そんなことしない、解釈違い! 全員黙っとれ、である

原作様にあやかって作品作りをしておいて、よくもまあ言えたものだ。解釈違いと言うのなら、二次創作を目にした原作者こそが言いたいものだろう。

 

そして、さら問題なのはSNSでそういった否定意見が広く拡散される傾向にあることだ。

二次創作グレーゾーンだ。完全にアウトではないが皆目を瞑っているだけ。盛り上がるのは良いが、検索除けもせずに投稿すれば人目に触れる数は格段に上がる。

原作者様に駄目だと言われたなら、鶴の一声ですべて葬らねばならない危うい趣味なのだと忘れてはいいか? 己らが覇権を握っているのだと勘違いしていないか

原作はこうだけどこっちのほうが良いと思うのなら、黙って作品昇華すれば良いだけの話。皆それを待っている。共有したがっている。二次創作本質とは本来そういうものだろう。

 

こういったことが頻繁に起きるので、公式様が何かを出す度にこちらはひやひやものだ。また荒れるのではないか。また否定意見に溢れるのではないか。また見たくないものを見なければいけないのではないか

私はそこそこフォロワーの多い二次創作者だが、フォローほとんどしていない。見たくないものを避けるためだ。それでも否定意見が氾濫し、流れてくるためにしょっちゅう目につく。推しカプは好きだが、界隈が嫌いでどうにかなりそうだ。

サブカル市民権を得たこと、人口が増えたこと、容易に投稿閲覧できる便利ツールがあること、SNSの普及や情報社会、様々な要因があるのだろうな。

 

初めからネット存在し、SNSの波に乗って生きてきた若者にとってはそれが普通のことだから仕方がないのかもしれない。

それにしても、心が弱すぎだと感じてしまう。同調しないとやっていけないのか。否定で盛り上がってからでないと作品作りができないのか。個人サイト叩き上げられた歴戦の猛者を見てみろ。面構えが違う。

 

否定意見に対してさらなる反論をすると界隈が荒れてしまうのは言うまでもないことだ。推しカプのイメージは地の底に落ちる。

歴戦の猛者たちはその心得でぐっと口を噤んでいるだけで、何も思っていないわけではない。

けっして君たちが主流じゃない。原作否定が許されているわけでもない。もう少しだけで良いか視野を広く持ってくれ。

 

 

ここまで読んでくれてありがとう

こんなふうに軽く書いているが、結構つらい。好きな界隈で活動が狭められることの苦しさ。原作が好きだと言ってはならない雰囲気。どう考えてもおかしいだろう。原作が好きだからこそ二次創作世界に足を踏み入れたのではないのか。

必死に唇を噛んで黙っている人がいるのなら、貴方は一人ではないよと勇気付けたい。

 

すべてのオタクが楽しく二次創作に携われますように。

これを結びの言葉とする。

2021-01-23

anond:20210122234638

要はインターネットキモオタのものだったか内輪ノリ通用したし、万が一そのクサいノリに死ぬほど腹が立ってたやつが居たとしても、キモオタ同士だったか現実世界の殴り合いに踏み切れなかったから血を見ることもなかったってだけでしょ

今の方が良いとは言わないけどいつまで懐古厨やってんのって話よ

2021-01-04

anond:20210104202958

懐古厨かもしれんが今思えば曙ボブ・サップやってた頃のほうが興行としての面白さは上やったな

2021-01-01

anond:20201231215636

懐古厨ったって、現役で育児してておかいつ見ているお母さん達は

育児母親けがやるもの」って言説に一番反発する層だし、

改名文句つけるのってどうせ普段おかいつなんか一切見てない育児なんかしてない層だけだよなあ

そんなのに媚びてもしょうがなさそう

他年齢層向けの番組はいなばぁとみいつけたで、ジェンダー関係ない番組名なのにおかいつだけ浮いてて変だし

2020-12-31

おかあさんといっしょ

「お母さん食堂」のからみで「おかあさんといっしょ」が上げられていたので、ちょうど今自分の子供が小さくて一緒に見ることも多く、ジェンダー問題とか家問題観点で気づいたところを書いてみる。

  • たいそうのおねえさん

レギュラー登場人物は「うたのおにいさん」「うたのおねえさん」「たいそうのおにいさん」「たいそうのおねえさん」(以上五十音順)と4人いて、このうち「たいそうのおねえさん」は2019年から新設されたキャラクターで、「たいそうのおにいさん」と対等に(立ち位置も横並びで)体操コーナーなどを担当する。(それ以前の体操のお姉さんに相当するキャラクターは「身体表現のおねえさん」と呼称することになったらしい。参考: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AD%E3%81%88%E3%81%95%E3%82%93)この「昇格」はいわゆるSDGs意識したものと思われる。要するに今出演している「たいそうのおねえさん」は「初代たいそうのおねえさん」なわけだが、現「たいそうのおにいさん」と共にかなり身体能力も高く、とても素敵です。

  • おうちの人

たいそうのおにいさんとたいそうのおねえさんがそれぞれ子供ペアになって体を使った遊びをするコーナーがあるのだが、視聴者大人側のことを「おうちの人」と表現する。(例えば「おうちの人とやってみてね〜」みたいな言い方。)これはジェンダーというより親がいない子や視聴時に親と一緒にいない子を意識した表現かな?(おうちが無い子供はどうするんだ!という批判可能かもしれないが。)

番組中の着ぐるみ人形劇コーナー。女の子キャラのチョロミー、男の子キャラムームーロボットのガラピコという3人のキャラメインキャスト。チョロミーは活発で気も強くアウトドア派(昔風にいうと「おてんば娘」)でムームーちょっと内気なインドア派とキャラ付けされている。

以上、他にもなにか思い出したら追記します。

個人的に「おかあさんといっしょ」という番組名の変更はありだと思います。変えるとなると大人懐古厨)はギャーギャーうるさいかもしれないが、小さな子供番組名の変更なんて気にしないと思うしね。

anond:20201231174520

ドラはあの声優切り替えのタイミング懐古厨切ってるからそいつらも別にかばいたくないっていうね

2020-12-16

anond:20201216202816

ほう......ゆ虐ですか

ゆ虐はストレス解消に良いらしく、うつ病患者が読んでいるというデータもあります

それにあの特大カタルシス格差エンド

これも即効性のストレス解消コンテンツです

ハッピーエンドも添えて精神バランスも良い

それにしてもこのご時世にゆ虐でここまでの長文を書くとは、超人的な懐古厨というしかありませんね

2020-11-15

恥ずかしいけど書く

”もう少しであの中3のころの空気を、熱情を感じられるのかもしれない”

”あの透明な満足感のある空気に”


ダセえなあ懐古厨がよ!!!!!!

2020-11-13

anond:20201113140136

ある言語に「統一」することはそもそも不可能なのだ

現時点で、国際語となっている英語には、すでに多数のバリエーション(つまり方言)が存在しているのだ。イギリス英語アメリカ英語オーストラリア英語が違うことはよくネタにもされるので普通に知っているだろうが、英語母語とする話者一定いる地域誕生すればそこには必ず方言誕生するのだ。仮に日本公用語英語と定め、数世代あとに日本人が英語母語とするようになっても、気候歴史文化等々が他とことなるこの地で話される英語は必ず「日本英語」、ジャパニーズイングリッシュ英語日本弁になってしまうのだ。つまり統一」など最初からできないのだ。(そして、極めてリアル想像すれば、方言である日本英語」は、英語話者の中では、おそらく社会的差別される方言になるのだ。日本でも、方言話者がどのように扱われるかを見れば、それは簡単理解できるのだ。)


日本語を廃することは不合理なのだ

なぜなら、言うまでも無く、日本という地や文化歴史等々についてこれまで書かれた文献はそのほとんどが「日本語」で記されているのだ。日本に住む者にとって極めて重要情報源ほとんどが「日本語」なのだ。にも関わらず、それらの文化リソースを、数世代後の我々の子孫はそれを母語レベル理解することができなくなってしまうのだ。これはものすごいロスなのだ。もちろん、「その代わりに膨大な英語圏に関する文化リソースを手に入れられる」じゃない?と反論したいのだろうが、それは怪しいのだ。なぜならば、言葉文化はセットだからなのだ文化的な背景、自然文物に対する理解がない中で言葉だけを習得しても、それは月面で育つ地球人のようなもので、言語文化資産の十全な継承などおぼつかない、それは単に「全く新しい文化を一から作る」のとほとんど同じことなのだ。それは「古文漢文」がかなりの割合で読めなくなってきている現代日本が抱える問題でもあるのだ。


移行期間云々のこと

移行期間といっても、切り替えるだけなら実はそれほど時間はかからず、おそらく数世代完了するのだ。上で触れた「文語口語」の切り替えなど、一世代もかからなかったのだ。つまりそういうことは大した問題ではないのだ。ただ、その先に誕生するのは、上で述べたように「日本語的英語を使い、英語文化バックボーンはなく、かつ過去自分たち自身リソースへのアクセス力までも失った、新しい文化を一から創出しなくてはならない1億人」なのだ人口1,000人の小さな島で起きたことなら、その悲劇理解する人すらやがていなくなるだけで終わるだろうが、世界に大きな影響を与えるそれなりの規模の国家で行ったらどうなるか、想像するだに悲惨なのだ。まあ、日本が没落することで喜ぶ国があるとすれば、その国にとっては喜ばしいことなのだ。

日本語的英語」って?

英語公用化された第一世代は、日本語が入り交じった、たどたどしい英語を使うのだ(これを「ピジン」という。)一部の人は、留学などを通して「正しい英語」を身に付け特権階級化するが、だいたいの人はピジンの方を使うのだ。そうして次の世代になると、最初からピジン母語として使いこなし始めるのだ(これを「クレオール」という。)上の方で、日本公用語英語にしても、使用されるのは「日本語的英語」になる、というのは、つまりこの「クレオール」のことを指しているのだ。

たとえば「洋食」。カツ。カレーライス。いずれも食のクレオールなのだ。仮に「正しいカツレツとは○○である」とか「カリアー&ライスは一バリエーションであってそもそも英国式カリアースパイスドシチューだ」みたいな蘊蓄を並べて啓蒙しようとする人がいても、残念ながら世間では「かつ丼」やら「カレー」が登場し、オリジナルの「カツレツ」や「カリアー&ライス」とは全く別の料理が定着し文化になってしまうのだ。かつ丼カレーうまいから仕方ないのだ。言語でも、それと全く同じ事が起こるのだ。仮に最初一所懸命カツレツを作るフランス料理人を招いて教えてもらったところで、最終的に定着するのは「かつ丼なのだ。従って、「日本語を廃して英語公用語化しよう」なんて主張しても、「日本の食を全て『フランス料理』にするために和食廃止する」ことにはならなくて、単に「日本の食を全て『かつ丼』にするために、和食廃止する」みたいな訳分からないことにしかならないのだ。そもそもかつ丼うまいのは、和食うまいからなのだ。つまり本末が七転八倒なのだ

最後にただし……

ここまで書いて何だが、元ネタの話に戻るなら、結局「言語は滅ぶものなのだ。これは避けられないことなのだ。日本だって10年前と現在ではかなり違うのだ。むしろ言語は日々滅びており、そして日々滅びることをやめたとき言語は「死ぬ」のだ。方言が生まれるのも、見方を変えれば「標準語の滅び」だし、方言が消えるのも、見方を変えれば「標準語(という新たな方言)の誕生なのだ。そこに貴賤はないのだ。だから言語学者は「言語が滅びてはいけない」というような価値判断をもって言語に向き合うべきではないのだ。もちろん、自分研究対象としていた言語話者絶滅したら途方にくれるのは理解するが、それは文化史論的な見地から言うと、一つの現象に過ぎないのだ。たとえば、関西では最近TV等の影響もあり、日常的にかなり関東風のイントネーションで話す姿を多く見かけるようになってきているのだ。これは、一種の「滅び」でもあるし「誕生」でもあるのだ。なのに、「滅び行く関西弁を守れ」とか言い出したら、それは愚かなのだ。そういうのは、たとえば生物多様性が失われる……といった話とは全く違ってただの懐古厨なのだ。そのあたりを勘違いすると、元ネタ言語学者のように妙なエッセイを書き散らすことになるのだ。

日本廃止論への反論は、上に書いたように政策的にマイナスであり、そして現実的にも不可能だという話に尽きるのであって、「滅び行く言語を守れ」みたいな感情論に落とし込んではいけないのだ。感情論現実の利の前には極めて無力なのだ

2020-11-06

anond:20201106002544

単なる懐古厨だろ

先進的なデザインについて来れてない

ずっと中古車を漁っていればいいよ

2020-10-15

20年以上守ってきたジャンルに裏切られた話

あるジャンル20年以上もの間、没頭していた。青春を捧げたと断言できる。

どのジャンルか詳細はボカすが、90年代末のポケモンブーム真っただ中に登場した、漫画ゲームアニメメディアミックス作品だ。

比較マイナーだが作品名を聞けば、30歳前後なら誰もが口にすることだろう。「あー懐かしい」「そんなのあったね」「まだやってたんだ」と。

まさにそのような、最新の情報を調べようともせず、調べても「昔の方がよかった」などと抜かし、そのくせ恥ずかしげもなくファン自称しては雑語りをするような連中を啓蒙する活動を何年も続けてきた。

かに一度「死んだ」ジャンルではあることに違いないのだが、10年も前にゲームの新作を出して復活して以来何作も続編を出し、web漫画も連載中で、新しいグッズもたくさん発売されている。

今ではれっきとした、「生きた」ジャンルなのだ。出戻りや懐古厨どもに好き勝手言われる筋合いなど微塵もないのだ。


健やかなる時も病める時も、自分ジャンル人一倍貢献してきた自負がある。

復活前の空白期間からwiki運営していたし、希少な資料から情報を得るために国会図書館にも足を運んだ。

イベントには公式非公式わず顔を出した。ジャンル最大級の合同誌に寄稿したこともある。

ゲームが出れば毎回現物複数DL版も購入したし、ブログツイッター考察だってした。

そして暇さえあれば作品名で検索し、雑語りを見つけてはツイッターフォロワーたちと一緒にRTした。

東に懐かしいと言うニワカあれば 行って 現行作品認知しろと言ってやり

西に昔の方がいいと言う懐古厨あれば 行って 思い出補正だろと言ってやり

南に低迷期の不人気作品disあれば 行って お前の感性浅薄だと言ってやり

北に喧嘩炎上があれば 行って 有害な方を制裁してやり

そうしてあらゆる方面から20年以上という気の遠くなるような歳月を、ジャンルを支えることに費やしてきたのだ。

アニメが終わったとか主人公が変わったとか雑誌連載が終わったとか、そんなくだらない理由で脱落したお前らに代わって、ずっとずっと。


そんなジャンルを、なぜ離れたのか。早い話が、疲れてしまったのだ。

自分フォロワーたちがどれだけ半可通を見つけ出して正しい知識啓蒙しようとも、思い出に憑りつかれて過去を美化し続けるゾンビのようなオタクたちが毎日毎日無数に湧いてくる。

更には自らの無知不見識無礼を棚に上げて我々をブロックする者やレスバを仕掛ける者、過激派レッテル張りをする者など、反感を隠そうともしない者も少なからず現れた。

しかし決定打となったのは公式姿勢である

自分が、否、我々がこれだけ作品への認知や売り上げに貢献してきたにもかかわらず、こともあろうに今年始まったスマホアプリ懐古厨に媚びた。

ボイスに、戦闘システムに、デザインに……随所に「みなさんご存じのあの頃」の要素をちりばめたのだ。

システムキャラシナリオが気に食わないとか、バグが多いとか、展開がへたくそだとか、そういった点はいくらでも庇ってきた。

せっかくシリーズ始動に伴って一新した部分もあったのに、間違いなくそれを支持していた人もいたはずなのに、ノスタルジーのためだけにそれらを否定して退行する姿勢うんざりしてしまった。

そうして公式から錦の御旗を下賜された懐古厨どもは出戻りと合流して急速に勢力を増し、ギルド様相を呈している。

いかに我々が精鋭といえど、もはや手に負えないほどの規模に膨れ上がった。

ブログ放棄した。ツイッタージャンル者の99%をブロックした。

必死に守り抜いた結果がこれでは殉教者か、はたまた道化か。どちらにせよ自分の戦いは終わった。

今後は他ジャンルでひっそりとやっていく。もしどこかで見かけても、そっとしておいてほしい。

2020-10-13

昔のFFナンバリングはヤバかった。どうヤバかったのか教えたるわ。

わいはこの記事元増田や。

https://anond.hatelabo.jp/20201013101726

6から初代まではさすがに最近やないやろとはしょった。すまんな。

とはいえ、昔のFFナンバリングはヤバかった。どうヤバかったのかまとめていこうと思う。

6はまじヤバい。まず値段がヤバい。定価1万1400円。シーズンパスとか付いてない。ドットヤバい。最高級のドット打ちだ。ゲームドットクオリティでいうと国宝レベル主人公が固定されてなくてプレイヤーそれぞれ思い入れのあるキャラが違う、多様性ある意味でもヤバい。この作品から剣と魔法だけじゃなくて機械や銃とかガンガン出てくるようになる。純粋ファンタジーでなくてもいいよなとFFらしさを方向付けたような作品

5はジョブシステムヤバい。後続の作品でも5のジョブシステムをマジ超えられてない。モノマネとか乱れ打ちとか青魔法とか全部ここが初見。あとラスボスエクスデス知名度がマジヤバい時間が経っとるから遊んでない人も多いのにめちゃくちゃ知られとる。歴代で一番有名なFFラスボスだと思う。ファファファ!

4が音楽がマジヤバいファミコンイメージが抜けてないところに重厚音楽脳味噌直撃する。オープニングから赤い翼の重厚音楽がどうだスーファミすごいだろ!期待していいぞ!と黄金時代を告げる。舞台ヤバい。地上、地下となってスケールはぁすっごいなあと思ったところに月だ。月の静寂感もヤバい音楽で月!って感じを訴えてくる。とにかく4は音楽ヤバい

3はクリスタルヤバいクリスタルはだいたいFFにはある。だけど、ここのクリスタルが一番ヤバい。それがクリスタルタワー。全部キンキラキンに光っとる。意味わからんクリスタルのタワーである必要が全くわからん。とにかくラストダンジョンだと視覚的な格を見せつけてくる。このクリスタルタワーの何が一番ヤバいかというと休憩できるところが正攻法では一切ない。裏技使わんとセーブポイントも休憩ポイントもない。まともにやったらしんどくてたまら鬼畜ダンジョン

2はシステムガラッと変えてくるのがヤバい。成長システムレベルアップや経験値じゃない。実際に行動したアクションに則って対応したステータスが上がる。ロマサガ前身となったシステム。1で成功したのに2ではシステムをガラッと変えてくる大胆さがヤバいブラッドソードヤバいラスボスも一撃で倒せる。あんまりにヤバかったのでリメイクでは弱体化されたり、入手できる場所が変えられたりしとる。FFナンバリングで最強の武器は2のブラッドソード

1はストーリーヤバい。昔の作品からしたことないだろと思って甘く見てるとマジヤバい意表ドンと突かれる。歴代FFナンバリングで一番ビックリした覚えがある。昔の作品なのにインパクトがめちゃくちゃある。そりゃこんな作品の続編やったら買って遊びたくなるよなと納得するインパクトがある。

さすがに1から6やってない人も多いから、あんまり昔の話してもしょうがいか懐古厨と思われるからやめとこかなと思ったけど、昔のFFナンバリングのヤバさが伝わってくれたら嬉しい。

2020-10-05

物事マウント取らないと受け取れなくなるのが老化の始まり

なのではないか最近思う。

そしてそれは30代から始まるのではと。

親は私が子どもの頃(つまり親が30代の頃)、好きな漫画を教えたり読ませたりすると、「AKIRAの影響受けてるから」とAKIRA差し出して読ませて来たりした。

妖怪漫画を見せれば水木しげるを、少女漫画を見せれば美内すずえを納戸から取り出してくる。

肝心の漫画感想は「まぁ、面白いんじゃない?」で、子ども心にちょっと小馬鹿にされてるのがヒシヒシ伝わってきた。

好きなアニメを見てても、横で父親と「○○の系譜だ」「今時の子はこういうのが好きなのか」とぺちゃくちゃ。

そして「今、私が新しいと思っていて、大切な人と共有したいこと」を「二番煎じだ」と遠回しに指摘して、一緒に楽しんでくれない。

そのくせ、勧められた漫画を「面白かった」と言った時だけ機嫌が良くなり、自分子どもの頃、それがいかに新しかたか語った。

子ども心に「こいつら懐古厨のクソだな」と思った。

そして現在

30代になった私の友人が最近、なろう小説でパクりを見つけたと、

十年くらい前のアニメから引っ張ったネタパク(曰く、モノローグが作中モノローグ改変コピペに見えるらしい)を指摘してきた。

「こんなのがランキング上位なんだけどww 今時の子は○○も知らんのか」

そりゃ知らんやろ。なろう現役世代10年前に深夜アニメとか見てる訳ないやろ。

せいぜい親の録画を横で見てたくらいのものだろう。

因みに友人も息が長い…というか、10年以上前にハマったジャンルに未だしがみついて、「○○が劣化した」「ファンに媚びるようになった」とか言ってしまタイプで。

私は今、twstにハマってるのだが、布教する度に外側の騒動を拾って来て「厨ジャンルなんでしょ? やだよw」とマウントを取ってくる。

キャラ大事にしてるゲームなのに、布教した際に「推し声優キャラ実装されたらやる」と言われた時は殺意も芽生えた。

多分だけど、彼女、興味はあるのだ。

興味はあるのだけど、決定打がないので、外側の浅いところを突き回してマウントを取っている。

そのくせ、その外側の浅いところが全てなので、私の話とか聞きやしないのだ。

多分、始めたは始めたで、「顔のいい○○じゃん」と暫くネタ弄りで来るだろう。

彼女は5chとニコニコ全盛期が受け止められるMAX情報量なので、あの頃のような弄りから入らないと新しいことが理解できない。

今のところ、私はまだ『余白』を持っているつもりでいるが、私と彼女同級生

もう少ししたら私も、男性アイドルものゲームをみんなドルマスうたプリのパクり、ループものをみんなまどマギのパクり、SFをみんなAKIRA系譜と言うようになるのだろう。

そうしないと、新しいものは刺激が強すぎて老化で神経が保たなくなるのだ、多分。

あーあー、80になっても羽生くんの良さが分かるうちの祖母みてぇになりてぇなぁ。

anond:20201005004808

マナーの悪い懐古厨のせいで初代キャラ自体が疎まれたりするんだろ

ポケモンは「過激派のせいでシリーズ自体の印象が悪くなった」って事が他作品に比べて物凄く多い。初代だけでなく金銀オタクダイパキッズとかもそう

何故「初代」をもっと褒めたたえないのか。

何故みんな初代であるものもっと褒めたたえないのだろうか。

初代が素晴らしいと言うと脊髄反射レベル懐古厨という発言が出てくる。

例えばポケットモンスターは赤・緑こそが世に出てきたためにシリーズ化されたので最強の存在は赤・緑だろう。

ディズニーで言えば、ミッキーマウスクラシックミッキーこそ初代のミッキーマウスなのでこちらも最強だろう。

テイルズオブシリーズでは、テイルズオブファンタジアこそが最強だ。

ゲームで他にも言えば、ドラゴンクエスト1、ファイナルファンタジー1、スーパーマリオブラザーズなどがある。

これこそが最も褒めたたえられるべき作品だろう。

何せこれらの作品が世に出なかったら後のシリーズが無かったのだから

ゆえに初代をもっと褒めたたえることが重要だ。

仮面イダシリーズだって仮面イダーが、ゴジラシリーズだってゴジラが、ウルトラマンシリーズだってウルトラマン

ガンダムシリーズだって機動戦士ガンダムが、最強だろう。

これは懐古なのではなく、初代こそが全てを作ったルーツであり、それこそが最強なのが当たり前なのだ

それにも関わらず昨今は初代というもの懐古厨などとバカにしだす風潮が後を絶たない。

初代を懐古として馬鹿にするということはその作品死ねといってるのと変わりがない。最低最悪の思想だ。

初代を最高の物と受け入れられない人間が多すぎると言う事なのだろうか。

例えば「ポケモン主人公レッド!最強なのはレッド!初代だから!」

というと、これに対して怒り狂う人間などが多い。

いいだろうか。ポケモンの初代主人公レッドであり、それ以降はみなレッド以下なのだ

なぜなら初代ポケモン存在しなければ後の作品存在していないのだから

ゆえに、レッドこそが最強だから間違ってはいけないよとみんなが認識するべき事項なのだ

それを否定した時点で作品を全てなかったことにするという話になる。

このように過去に生まれた最強最大の傑作初代作品こそが素晴らしいということを理解していただきたい。

懐古なのではなくごく自然の当たり前の事だからだ。

違うよ!サンムーン主人公の方が好きだ!なんて言う否定してくる人もでてくるかもしれない。

これは大バカ者だ。つまりポケモン主人公抹殺するような失礼な発言である

何が言いたいのかお分かりだろうか。そう、ご先祖様だ。

ポケモンのご先祖様を侮辱するということは、つまり作品存在しなくてよかったことになる。

何が起こるのかと言うと、存在否定だ。

代作品を否定し、初代最高という思いを認められないというのはすなわち作品自体否定しているということになる。

まり先祖を消し去る行為なので、サンムーン存在も消えると言う事になる。

分かるだろうか。これにて、初代こそが最強最大であり未来永劫に渡って褒められ続けるものになる。

サンムーン主人公が最高!」

「いいや違うよ。サンムーンは初代の足元にも及ばないよ。分かったね。じゃあ謝って」

「ごめんなさい。今日から初代様を最高と言うね!」

「うむ」

このようにならなければいけない。

ガンダムで言えば、初代ガンダムのRX78-2ガンダムこそが最強であり、もしもそれを認められないのならば

持っているガンプラを全て破壊しなければならない。作品否定からだ。作品存在しなくてもいいよということだからだ。

お分かりだろうか。

これでこの増田を書いている自分はどのようにしたいのかを説明させていただく。

シンゴジラ最高!」

「初代ゴジラが最高だから謝るように」

仮面イダゼロワン最高」

仮面イダーが最高だから謝るように」

ウルトラマンZ最高!」

ウルトラマンが最高だから謝るように」

このように、きちんと思い知って貰いたい。後続作品は初代作品は超えられないということに。

特に最近の子供などが、このようなことをしっかりと理解しないというのがある。

ヒーリングっど プリキュアが一番凄い」

「二人はプリキュアが一番だから謝らなきゃだめだよ。ほら、ちゃんと謝って!」

「ごめんなさい」

というように、相手が何歳であっても、幼稚園児だろうがその前だろうが、きちんと初代こそが素晴らしい

ということを思い知らせなければいけない。

最初に始めたものこそが偉い。最初にやったものこそが最強。どんなことだって実際その通りだ。

ゆえにその認識をしっかりと持たなければいけない。

天皇だって神武天皇こそが一番偉い。そして神武天皇がいたからこそ今上天皇の今がある。

宇宙誕生がなければ地球誕生していない。そういうことなのだ。

まり初代を否定すると言うのは私は死んでもいいですと言ってるのも同じことなのだ。

iphoneがあったかiphoneの後継機種がある。そんな当たり前なことだ。

もしも過去に戻って初代作品をぶっ壊したらどうなるだろうか。

存在が全て消えてしまうと言う事だ。

それをみんなが理解するべきなのだ

これは決して懐古厨などというものではない。

初代こそがもっと褒めたたえられ、その他の作品よりも素晴らしいのである

この増田を読んだ人は、今後、初代を否定するものが現れた場合

このように論破をしていただきたい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん